目次《ジャンプ先で項目タイトルをクリックすれば、この目次に戻れます》


本ファイル名称=esophageal.nm2


→トップページへ戻る


お手数ですが、もう一度下記のリンクをクリックしてください:

情報データベース(消化管系)のトップページへ






《この資料の目次に戻るためには、上記の標題行をクリックしてください》

最新情報、アドバイス、当ファイル作成上の原則



最新情報のご案内


このファイルには、部位別に米国での現在の標準的な治療法に関する情報(の在処)を記述しています。最新情報は、関連の部位別情報データベース(このファイルの「トップページへ戻る」のリンクからジャンプ)の「治療ニュース、論文、総説」のところをご覧ください。

上記の項目には、欧米の約 50 の専門雑誌、学会報告、ニュース、などのサイトの最新号に於けるがんの治療に関する情報の在処を、可能なかぎり包括的にご紹介しています。決して、極々少数の記事だけを載せているようなものではありません。患者さんや家族さんのご参考にしていただけるものと思います。

********************
当ファイルの目次ページへ

アドバイス


治療を医者に決してお任せにならないことをお勧めします。このファイル(もし不十分でしたら、本やインターネットの他の資料)を勉強することで自ら状況を把握され、医者と対等に議論する姿勢を忘れないようにしてください。


********************
当ファイルの目次ページへ

当ファイル作成上の原則


複数の資料を参考にしてこのファイルを作成していきますが、各参考資料の内容を無理にまとめることはせず、原則として参考資料ごとに全て併記しておきます。重複したり、場合によっては資料間で矛盾しているように思われる場合があるかも知れませんが、データを残すことを重視しました。

********************
当ファイルの目次ページへ

疾患名 =食道がん(Esophagus Cancer 又は Esophageal Cancer)


資料 A2=_治療_の 全体像《 ACS 資料のご紹介》(ご紹介作成年月='11/2)


資料名= ACS


このコーナーでは、上記の資料の内容の概略をご紹介しています。各ページには、当該ページに対応する原資料サイトのページへのリンクを設定してありますが、原資料サイト での ページ構成変更により、リンク切れとなっております場合は、本家サイトの

リンク集のページ

の、「情報の存在を ご紹介しているサイト」の項目に 当該原資料サイトへのリンクを収載しておりますので、そこからジャンプしてください。《当該原資料サイトには、当サイトでご紹介している以外にも豊富な情報が記載されておりますので、原資料サイトをご覧になることを強くお勧めします》

尚、このコーナーでご紹介しております原資料の日付は下記の通りです :

原資料更新時期=August 20, 2010 

本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

ACS資料の性格


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

この情報 は 代表する--【・*を |*←¨見解《複数》{☆の}¨ ~~〔 ☆←〈その〉¨医者《複数》や看護婦《複数》{ ∬ ((を)している)}¨ ~~〔 ∬=活動している--【・*で |*←〈その〉 American Cancer Society's Cancer Information Database Editorial Board 】┃。    これらの見解《複数》 は 基づいている--【・*に |*←@彼らの¨解釈{☆の}¨ ~~〔 ☆←¨研究《複数》{ ∬ (された)}¨ ~~〔 ∬=公刊された --【・*に |*←医学雑誌《複数》】|- また、同様に -|A彼ら自身の専門家としての経験 】┃。

〈その〉¨治療情報{☆に於ける}¨ ~~〔 ☆←この文書】〓〓_は ¨※¨ではない 【・※←¨公式ポリシー{☆の}¨ ~~〔 ☆←〈その〉 ACS 】〓〓、そして、それ は 意図されていない--【・*として |*←医学的な¨アドバイス{ ∬ (する)ことのための}¨ ~~〔 ∬=代用となる--【・*の |*←¨専門的技術、や、判断{☆の}¨ ~~〔 ☆←患者さん の 治療チーム 】┃。    それ は 意図されている--【 ∬ (する)ことのために | ∬=助ける--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←患者さん、及び、患者さんの家族さん| ∬=行う--【・*を |*←情報を持っての決定--【・*と一緒に |*←主治医 】┃。

患者さん の 主治医 は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=持つ--【・*を |*←¨理由《複数》{ ∬ (する)ことの}¨ ~~〔 ∬=提案する--【・*を |*←〈一つの〉¨治療計画{§(の性質の)}¨ ~~〔 §←異なる--【・*とは |*←ここに記述されている一般的な治療選択肢《複数》 】┃。    ためらわないで尋ねること--【・*に |*←主治医--【・*について |*←¨疑問《複数》{☆に関する}¨ ~~〔 ☆←患者さん の 治療選択肢《複数》 】┃。 (*)。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(最新 医学レビュー 06/04/2010)(最新 改訂 08/20/2010)
「英文原題」=Disclaimer

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_一般的_治療_情報


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

--【『 』の後に…|『〈その〉 がん  が 発見され、 _ステージ_決めされた 』】〓〓、〈その〉_治療_チーム は ¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=ディスカスする_【・*を |*←〈一つの〉_治療_計画 、又は、 _治療__選択肢_--【・*と |*←_患者さん_ 】┏┓。    それ《=『 』ということ(右記)》〓〓は 重要である……【・=『_患者さん_ が 時間を使う--【 ∬ (する)ことのために | ∬=考える--【・*について |*←全ての__選択肢_《複数》 】 』 】┏┓。    --【 ∬ (する)ことに於いて …| ∬=_選択_する_【・*を |*←〈一つの〉_治療_計画 】〓〓、〈その〉 2 つの主要な_要因_《複数》{ ∬ (する)ことをすべき}¨ ⌒〔 ∬=考慮する 】〓〓_は ¨※¨である 【・※←_患者さん_ の _全体的_身体的 健康状態 、及び、  がん  の _ステージ_ 】┏┓。

それ《 ∬ すること(右記)》〓〓は しばしば良い考えである……∬=求める_【・*を |*←〈一つの〉セカンド・オピニオン 】┏┓。    〈一つの〉セカンド・オピニオン は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=■_提供する_【・*を |*← より多くの情報】|-そして-|■_助ける--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←_患者さん_| ∬=自信を持つ--【・*について |*←〈その〉_選択_された_治療_計画 】┏┓。

…(中略:セカンド・オピニオンを求める保険会社の存在)…

〈その〉_選択肢_《複数》{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_食道がん_】〓〓 は 含む_【・*を |*←_外科手術_、_化学療法_ 、及び、 _放射線`療法_ 】┏┓。    _その他の__治療_《複数》{☆のような}¨ ⌒〔 ☆←_内視鏡的`粘膜`切除術_、 _ラジオ波`焼灼法_ 、及び、 _光線`力学`療法_】〓〓 が ¨ ∬ ¨(される)ことがある 【 ∬=使用される--【・*のために |*←_早期_ がん  、及び、 前がん状態 】┏┓。    ¨いくつか{☆の}¨ ⌒〔 ☆←これらの_治療_《複数》】〓〓 は 、また、¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=使用される--【・*として |*←_緩和的__治療_--【『 』の場合…|『全ての がん は _切除_てきない 』】┏┓。    _緩和的__治療_ は 目的とする_【 ∬ (する)ことを | ∬=解消する_【・*を |*←_症状_《複数》{☆のような}¨ ⌒〔 ☆←痛み、や、飲み込み困難 】〓〓、しかし、それ は 予想されない_【 ∬ (する)と | ∬=治癒する_【・*を |*←〈その〉 がん 】┏┓。    --【・*によっては… |*← がん の_ステージ_や_患者さん_ の _一般的な_医学的 状況】〓〓、異なる_治療__選択肢_《複数》 が ¨ ∬ ¨(される)ことがある 【 ∬=使用される--【・単独で 、又は、 _併用_で 】┏┓。

それ《 ∬ すること(右記)》〓〓は 重要 である……∬=ディスカスする_【・*を |*←全ての_選択肢_《複数》 、及び、 それらの可能的な _副作用_《複数》--【・*と |*←〈その〉主治医 】--【 ∬ (する)ことのために | ∬=助ける_【 ∬ (する)ことを | ∬=行う_【・*を |*←〈その〉_決定_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =最も良好に 適合する_【・*に |*←_患者さん_の ニーズ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(最新 医学レビュー 06/04/2010)(最新 改訂 08/20/2010)
「英文原題」=General treatment information

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

外科手術《紹介`省略》


《内容イメージの ご紹介は省略します(原文をお読みください)》

_放射線`療法_


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_放射線`療法__は ¨※¨である 【・※←〈その〉¨使用{☆の}{ ∬ (する)ことのための} ¨ ⌒〔 ☆←高−エネルギーの_放射線__⌒∬=殺す_【・*を |*←_がん細胞《複数》_ 】┏┓。    _外部線源`放射線療法_ は 焦点を当てる--【・*の |*←_放射線_--【・*から |*←身体の 外--【・*へ |*←〈その〉 がん 】┏┓。    このタイプの_放射線`療法_ は 最もしばしば使用される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=_治療_する_【・*を |*←_食道がん_ 】┏┓。    _内照射`放射線`療法_《 _近接`照射`療法_とも言われる 》 は 設置する_【・*を |*←_放射性_物質--【・直接*の中へ 、又は、 その近くへ |*←〈その〉 がん 】┏┓。

_放射線`療法_ は ¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=使用される--【・*として |*←〈その〉_第一次的_《 主要な 》¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_食道がん_--【・*に於いて |*←いくらかの_患者さん《複数》_ 】┏┓。    それ は 最もしばしば使用される--【・*のために |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =受けられない_【・*を |*←_外科手術_--【・*の理由から |*←劣った健康状態 】┏┓。    実際のところ、 いくらかの医者《複数》 は 考える_【・『 』と… |『_放射線`療法_ は ¨ ∬ ¨(である)ことができる 【 ∬=¨※¨である 【・※←同等に_効果的_--【・*と比較して |*←_外科手術_--【『 』の場合…|『_放射線`療法_ が _併用_される--【・*と |*←_化学療法_ 』】 』 】┏┓。

_放射線`療法_ は ¨ ∬ ¨(である)ことがある 【 ∬=実施される--【・*の後に |*←_外科手術_--【 ∬ (する)ことのために | ∬=殺す_【・*を |*←如何なる 微小な残渣{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_がん細胞《複数》_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =残されているが、余りにも 小さくて 発見できない 】┏┓。    この_治療_ は ¨※¨と言われる【・※←_補助療法_ 】┏┓。    --【『 』の場合…|『_放射線`療法_ が 使用される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=緩和する_【・*を |*←_症状_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_食道がん_ 《 痛み、 _出血_、 飲み込み困難 のような 》】〓〓、それ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=¨※¨と呼ばれる【・※←_緩和_治療_ 】┏┓。

最もしばしば、_放射線`療法_ は _併用_される--【・*と(併用`相手) |*←_外科手術_、や、_化学療法_ 】┏┓。    _放射線`療法_{☆との併用での}¨ ⌒〔 ☆←_化学療法_】〓〓 は ¨ ∬ ¨(である)ことがある 【 ∬=¨※¨である 【・※←_治癒的__--〔・*のために |*←いくらかの_患者さん《複数》_】〓〓、そして、それ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=提供する_【・*を |*←良好な _症状_解消 、及び、 _生存期間__伸長_--【・*のために |*←_その他の__患者さん《複数》_ 】┏┓。

〈その〉タイプ{☆の}{★と呼ばれる}¨ ⌒〔 ☆←_放射線`療法_⌒〔 ★←_近接`照射`療法_】〓〓_は ¨※¨である 【・※←_有用的__--〔 ∬ (する)ことに於いて | ∬=縮小させる_【・*を |*←_腫瘍_《複数》《 それにより、 _患者さん《複数》_ は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=飲み込む--【・ より容易に 》 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←この_治療_手順_】〓〓、_放射性_の シーズ が 設置される--【・*の中へ |*←〈その〉_腫瘍_--【・*を通じて |*←〈一つの〉内視鏡 】┏┓。    この技術 は ¨ ∬ ¨(される)ことができない 【 ∬=使用される(の否定)--【 ∬ (する)ことのために | ∬=_治療する__【・*を |*←〈一つの〉非常に大きな領域 】〓〓、従って、 それ は  より 良好に 使用される--【・*のために |*←〈一つの〉方法{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=解消する_【・*を |*←_症状_《複数》《 がん の _治癒_のためよりも 》 】┏┓。
_放射線`療法_ の _副作用_


_副作用_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_放射線`療法_】〓〓 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=含む_【・*を |*←以下のもの】 :

これらの_副作用__は ¨※¨である 【・※←しばしば より悪化する--【『 』の場合…|『_化学療法_ が _放射線`療法_と 同時に実施される 』】┏┓。    --【・*の間に…|*←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉食道】〓〓、〈その〉_放射線_ は 殺す_【・*を |*←〈その〉正常_細胞_《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉粘膜】、、《 導いて--【・*へ |*←飲み込み時の 痛み 》 】┏┓。    この_副作用_ は _改善_する--【・*の後に |*←_治療_終了 】┏┓。    大部分の副作用《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_放射線`療法_】〓〓_は ¨※¨である 【・※←一時的】〓〓、しかし、いくらかの稀な_副作用_《複数》 は ¨ ∬ ¨(である)ことがある 【 ∬=¨※¨である 【・※←恒久的 】┏┓。    例えば、 _放射線_{☆への}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉胸部】〓〓 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=_引き起こす_【・*を |*←肺へのダメージ】〓〓、そして、このこと は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=_導く--【・*へ |*←呼吸`障害、息切れ 】┏┓。

話し合ってもらいたい--【・*と |*←主治医--【・*の前 、及び、 その間に |*←_治療_--【・*について |*←■_『どのような_副作用_《複数》 が 予想されるのか 』】|-そして-|■_如何なる方法《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =そのような_副作用_《複数》 が ¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=低下される 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(最新 医学レビュー 06/04/2010)(最新 改訂 08/20/2010)
「英文原題」=Radiation therapy

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

化学療法


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_化学療法_ は 使用する_【・*を |*←_薬_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =_投与_される--【・*を通じて |*←〈一つの〉静脈 、又は、 口腔 】--【 ∬ (する)ことのために | ∬=_治療する__【・*を |*← がん 】┏┓。    これらの_薬_《複数》 は 入る--【・*に |*←〈その〉_血液_循環】〓〓、そして、到達する_【・*に |*←全ての領域{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉身体】〓〓、そして、させる--【・*を § に ||*←これらの_治療_| § ←_有用的__--〔・*のために |*← がん { ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =拡大して在る 】┏┓。    --【・*によっては… |*←〈その〉¨¨タイプ 、及び、 _ステージ_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_食道がん_】〓〓、_化学療法_ は ¨ ∬ ¨(される)ことがある 【 ∬=実施される】 :

_化学療法_単独では 稀にしか _治癒_しない_【・*を |*←_食道がん_ 】┏┓。    しばしばそれ は _併用_される--【・*と |*←_放射線`療法_、や、_外科手術_ 】┏┓。

_化学療法_ は しばしば実施される--【・*と一緒に |*←_放射線`療法_ 】┏┓。    この_併用_《 _化学`放射線`療法_と呼ばれる 》 は ¨ ∬ ¨(である)ことができる 【 ∬=¨※¨である 【・※←有用的_--〔・*のために |*←_大きな_腫瘍_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =他の方法では除去できない 】┏┓。    それ は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=縮小させる--【・*を |*←〈その〉_腫瘍_】《 _外科手術_ が _選択肢_と なれる 程度まで 》 】┏┓。    _化学`放射線`療法_ は 、また、しばしば使用される--【・*の前に |*←_外科手術_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆← より小さな_腫瘍_《複数》 】┏┓。     ∬ (する)こと | ∬=使用する_【・*を |*←_化学`放射線`療法_ + _外科手術_ 〓〓 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=助ける--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←_患者さん《複数》_| ∬= より_長期間 _生存_する--【・*よりも |*←_外科手術_だけの場合 】┏┓。    --【・*に於いては… |*←いくらかのケース《複数》】〓〓、_化学`放射線`療法_ は ¨ ∬ ¨(される)ことがある 【 ∬=使用される--【・*として |*←〈その〉唯一の_治療_ 】┏┓。    これ は ¨ ∬ ¨(である)ことがある 【 ∬=¨※¨である 【・※←〈一つの〉良好な_選択_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =受けられない_【・*を |*←_外科手術_--【『 』の理由で…|『彼ら が 持つ_【・*を |*←_その他の_重要な 健康問題《複数》 』┏┓。    これ は 、また、¨ ∬ ¨(である)ことがある 【 ∬=¨※¨である 【・※←〈一つの〉_選択肢_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =受けられる_【・*を |*←_外科手術_ 】┏┓。    いくつかの_研究《複数》_ が _示して在る_【・『 』ということを… |『_化学`放射線`療法_ は ¨ ∬ ¨(である)ことがある 【 ∬=¨※¨である 【・※←同等に_効果的__--〔・*として |*←〈その〉主要な_治療_--【・*と比較して |*←〈その〉_外科手術_』 】┏┓。    _化学`放射線`療法_ は 、また、¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=実施される--【・*の後に |*←_外科手術_ 】┏┓。    このアプローチも、また、¨ ∬ ¨(する)ようである 【 ∬=助ける--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←_患者さん《複数》_| ∬= より_長期間 _生存_する--【・*よりも |*←_外科手術_だけの場合 】┏┓。

多くの 異なる_化学療法剤_《複数》 が ¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=使用される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=_治療する__【・*を |*←_食道がん_ 】┏┓。    しばしば¨併用{☆の}¨ ⌒〔 ☆← 2 つ以上の_薬_《複数》】〓〓 が 使用される《 以下のような 》

_その他の__化学療法剤_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =使用されて或る--【 ∬ (する)ことのために | ∬=_治療する__【・*を |*←_食道がん_ 】〓〓 は 含む_【・*を |*← carboplatin、 oxaliplatin、 doxorubicin (Adriamycin®)、 bleomycin、 mitomycin、 methotrexate、paclitaxel (Taxol®)、 vinorelbine (Navelbine®)、 topotecan、irinotecan 】┏┓。    〈その〉_薬_trastuzumab《 Herceptin® 》《 この_薬_ は よりしばしば使用される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=_治療する__【・*を |*←_乳がん_ 】 》〓〓 は ¨ ∬ ¨(である)ことがある 【 ∬=¨※¨である 【・※←_有用的__--〔・*に於いて |*←いくらかの_食道がん_ケース《複数》 】┏┓。《 但し、--〔 ¨¨trastuzumab が∬ (する)ことのためには | ∬=効果を表す 】 》〓〓、〈その〉_がん細胞《複数》_ は ¨ ∬ ¨( )ねばならない 【 ∬=持つ_【・*を |*←過剰発現した蛋白質 HER-2--【・*の上に |*←それらの_細胞_《複数》 】┏┓。    このこと は 見られない--【・*に於いて |*←大部分の_腫瘍_《複数》 】┏┓。

_化学療法剤_《複数》 は 殺す_【・*を |*←_がん細胞《複数》_】〓〓、しかし、それら は 、また、¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=ダメージを与える--【・*に |*←いくらかの正常_細胞《複数》】、《 導いて--【・*へ |*←いくつかの_副作用_《複数》 》 】┏┓。    _副作用_《複数》 は _¨※¨によって異なってくる【・※←〈その〉使用された_特定的な__薬_《複数》、 それらの_用量_、及び、_治療_期間 】┏┓。    _一般普通的_な_副作用_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_化学療法】〓〓 は 含む_【・*を |*←以下のようなもの】 :

血球数`低下 は 結果として起きる--【・*から |*←〈その〉影響{☆の}{★への}¨ ⌒〔 ☆←_化学療法⌒〔 ★←造血_細胞《複数》_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_骨髄_ 】┏┓。    このこと は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=もたらす_【・*を |*←以下のこと】 :


特定の_薬_《複数》_は 持つ_【・*を |*←それら独自の_特定的な__副作用_《複数》 】┏┓。    例えば、 5-fluorouracil は しばしば_引き起こす_【・*を |*←_下痢_ 】┏┓。    cisplatin は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=_引き起こす_【・*を |*←_神経_、及び、_腎臓_障害 】┏┓。    doxorubicin、及び、epirubicin は いずれも ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=_引き起こす_【・*を |*←心臓`障害--【『 』の場合…|『一定以上の_薬_ が _投与_された 』】┏┓。    --【『 』であるが…|『大部分の_副作用_《複数》 は _改善_する--【いったん『 』すると…|『_治療_ が 中止される 』】 』】〓〓、いくらかの_副作用_《複数》 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=続く--【・*にわたり |*←_長期間、又は、恒久的 】┏┓。    --【『 』の場合…|『主治医 が 計画する_【・*を |*←_治療_{☆による}¨ ⌒〔 ☆←_化学療法_ 』】〓〓、_患者さん_ は ¨ ∬ ¨(する)べきである 【 ∬=必ず ディスカスする--【・*について |*←■_〈その〉_薬_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =¨ ∬ ¨(される)であろう 【 ∬=使用される 】|-そして-|■_〈その〉_有り得る的__副作用_《複数》 】┏┓。    知らせること--【・*に |*←_治療_チーム--【『 』の場合…|『_患者さん__が 持つ_【・*を |*←_副作用_《複数》 』】〓〓、--【『 』であるように…|『それらの_副作用_《複数》 が ¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=_治療_される 』】┏┓。    ¨※¨が 存在する 【・※←方法《複数》{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=_予防_したり、_治療_する_【・*を |*←多くの_副作用_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_化学療法_ 】┏┓。    例えば、 多くの 優れた_薬_《複数》_が ¨※¨である 【・※←_入手`可能的_--【 ∬ (する)ことのために | ∬=_予防_したり_治療_する_【・*を |*←_吐き気_、及び、_嘔吐_ 】┏┓。

¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒【 ☆←_食道がん_】〓〓 は しばしば 持っていた_【・*を |*←問題《複数》{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←体重`減少--【『 』の前に…|『〈その〉 がん が _診断_される 』】┏┓。    _治療_{☆のような}¨ ⌒〔 ☆←_化学療法_、_放射線`療法_、及び、_化学`放射線`療法_】〓〓 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=_引き起こす_【・*を |*←痛い_傷《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉口腔、及び、喉 】┏┓。    これらの傷《複数》 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=困難に_させる_【 ∬ (する)ことを | ∬=十分に食べる--【 ∬ (する)ことのために | ∬=得る_【・*を |*←良好な栄養 】〓〓、そして、このこと は させる--【・*を § に ||*←体重`減少| § ← より悪化 】┏┓。    いくらかの¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒【 ☆←_食道がん_】〓〓 は 必要とする_【・*を |*←_栄養チューブ_ の 設置--【・*の前に |*←_治療_ 】┏┓。    このこと は 可能にさせる--【・▽が¨ ∬ ¨されるのを||▽←液体`栄養| ∬=直接に 到達される--【・*の中へ |*←〈その〉腸 】--【 ∬ (する)ことのために | ∬=■__予防_する_【・*を |*←_更なる_体重`減少】|-そして-|■_改善する_【・*を |*←栄養`補給 】┏┓。    このこと は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=させる--【・*を § に ||*←_治療_| § ← より_忍容しやすい 】┏┓。    _栄養チューブ_《複数》 は ¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=容易に 撤去される--【『 』の場合…|『それらが もはや 必要でなくなった 』】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(最新 医学レビュー 06/04/2010)(最新 改訂 08/20/2010)
「英文原題」=Chemotherapy

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

内視鏡`治療


内視鏡的 粘膜`切除術


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

内視鏡的 粘膜`切除術_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉技術{ そこで¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =〈その〉内側`粘膜{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉食道】〓〓 が _切除_される--【・*により |*←器具{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=装着された--【・*に |*←〈その〉_内視鏡 】┏┓。    内視鏡的 粘膜`切除術 は ¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=使用される--【・*のために |*←¨¨_異形成`症_《 前がん状態 》、及び、いくらかの 非常に_早期_で _焦点`病巣`的_な《 つまり、_単一_で 小さい_腫瘍_ 》な がん 《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉食道 】┏┓。    _治療_{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=抑える_【・*を |*←胃酸--【・*により |*←〈一つの〉プロトン・ポンプ_抑制薬_】〓〓 が 実施される--【・*の後に |*←〈その〉異常_組織_ の _切除_ 】┏┓。    このこと は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=助ける_【 ∬ (する)ことを | ∬=防ぐ_【・*を |*←_病気__再発_ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、本資料の「資料名」のページ、又は、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(最新 医学レビュー 06/04/2010)(最新 改訂 08/20/2010)
「英文原題」=Endoscopic mucosal resection

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

光線`力学`療法


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_光線`力学`療法__は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉方法{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=使用される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=_治療する__【・*を |*←食道`前がん状態、及び、_早期__食道がん_ 】┏┓。    これらの疾患《複数》 は ¨ ∬ ¨(される)ことがある 【 ∬=発見される--【『 』の時に…|『_バレット食道_ が 生検される 』】┏┓。    _光線`力学`療法_ は 、また、¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=使用される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=助けになる--【・*の場合に |*←_症状_《複数》--【『 』の場合…|『〈一つの〉 がん が _再発_して在る--【・*の後に |*←_その他の__治療_ 』】┏┓。    _光線`力学`療法_ は 開始される--【・*により |*←〈一つの〉_注射_{☆の}{★の中への}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉_非−_毒性_ の 化学物質⌒〔 ★←〈その〉_血液_ 】┏┓。    この化学物質 は 可能にされる_【 ∬ (する)ことを | ∬=集中する--【・*に於いて |*←〈その〉_腫瘍_--【・*にわたり |*←数日間 】┏┓。    それぞれ、〈一つの〉特殊なタイプ の レーザー光線 が 焦点を当てられる--【・*に |*←〈その〉 がん --【・*を通じて |*←〈一つの〉_内視鏡 】┏┓。    この光線 は _引き起こす_【・*を |*←変化《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉化学物質{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =集中して在る--【・*の中に |*←〈その〉_がん細胞《複数》_ 】┏┓。    〈その〉光線 は 変える_【・*を |*←〈その〉_非−_毒性_化学物質--【・*へ |*←〈一つの〉新しい化学物質{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=殺す_【・*を |*←_がん細胞《複数》_ 】┏┓。

〈その〉利点{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_光線`力学`療法_】〓〓_は ¨『 』(右記)¨ということである『それ は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=殺す_【・*を |*←_がん細胞《複数》_--【・*を伴って |*←非常に少ないダメージ{☆への}¨ ⌒〔 ☆←正常_細胞《複数》_ 』 】┏┓。    しかし、--【『 』の理由で…|『〈その〉化学物質 が ¨ ∬ ¨(される)ねばならない 【 ∬=活性化される--【・*により |*←光線 』】〓〓、それ は わずかに ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=殺す_【・*を |*←_がん細胞《複数》_{☆の近くの}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉食道の 内側 表面《 つまり 光線が 到達する範囲 》 】┏┓。    この光線 は ¨ ∬ ¨(する)ことができない 【 ∬=到達する(の否定)--【・*に |*← がん 《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =拡大して在る--【・*まで |*←食道 の より 深部、又は、_その他の_臓器《複数》 】┏┓。

_副作用_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_光線`力学`療法_】〓〓 は 含む_【・*を |*←■_発赤、又は、変色{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉皮膚】|-そして-|■_過敏性{☆への}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉日光などの 光源《複数》 】┏┓。    これらの_副作用_ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=続く--【・*にわたり |*←最高 6 週間--【・*の後に |*←_治療_】〓〓、そして、それら は 、 いくらかの場合、 ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=¨※¨である 【・※←_重症 】┏┓。    --【・*の理由から… |*←_左記の__副作用_】〓〓、_患者さん《複数》_ は ¨ ∬ ¨( )ねばならない 【 ∬=室内に留まる--【・*にわたり |*←_治療_後 6 週間 】┏┓。    _狭窄_《 非常に狭くなった領域 》 が 、また、起きる--【・*に於いて |*←約 3 分の 1 の_患者さん《複数》_ 】┏┓。    これらの は しばしば 必要とする_【・*を |*←拡張法による_治療_ 】┏┓。

この_治療_法 は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=_治癒_する_【・*を |*←いくらかの非常に_早期_ の _食道がん_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =拡大して在らない--【・*へ |*← より深部の_組織_《複数》 】┏┓。    しかし、この_治療_手順_ は 破壊する_【・*を |*←〈その〉_組織_】〓〓、従って、 それ《 ∬ すること(右記)》〓〓は 困難なことがある……∬=確信する【・『 』ということを… |『 〈その〉 がん が 拡大して在らない--【・*へ |*← より 深い層《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉食道 』 】┏┓。    --【『 』であることから…|『〈その〉光{ ∬ (される)}¨ ⌒〔 ∬=使用される--【・*に於いて |*←_光線`力学`療法_ 】〓〓¨ ∬ ¨(する)ことの可能性がある 【 ∬=到達する_【・*にだけ |*←_がん細胞《複数》_{§(の性質の)}¨ ⌒〔 §←食道の 表面近くに ある 】 』】〓〓、_細胞《複数》_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← より深部の がん 《複数》】〓〓 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=残る】|-そして-|■_成長する_【・*に |*←〈一つの〉新しい_腫瘍_】┏┓。    _患者さん《複数》_{ ∬ ((を)した)}¨ ⌒〔 ∬=受けた_【・*を |*←この_治療_ 】〓〓 は 必要とする_【 ∬ (する)ことを | ∬=受ける_【・*を |*←フォローアップ内視鏡 】--【 ∬ (する)ことのために | ∬=確実にする_【・『 』ということを… |『〈その〉 がん が _再発_して在らない 』 】┏┓。    それらの_患者さん_ は 、また、必要とする_【 ∬ (する)ことを | ∬=受け続ける_【・*を |*←_薬_{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=止める_【・*を |*←胃酸の産生《 つまり、プロトン・ポンプ_抑制薬_ 》 】┏┓。    現在のところ、 _光線`力学`療法_ は 使用されつつある--【 ∬ (する)ことのために | ∬=_治療_する_【・*を |*←_バレット食道_】|-及び-|■_非常に_早期_ の がん 《複数》{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=発見された--【・*の中に |*←_バレット食道_ 】┏┓。    --【『 』の場合…|『_光線`力学`療法_ が 使用される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=_治療_する_【・*を |*←_異形成`症_《 前 がん 状態 》 --【・*に於いて |*←_バレット食道_】 』】〓〓、それ は 低下させる_【・*を |*← がん_進行_の 可能性--【・半分に 】┏┓。

_光線`力学`療法_ は 、また、しばしば使用される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=_治療する__【・*を |*←大きな がん 《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =ブロックしている_【・*を |*←〈その〉食道 】┏┓。    このような場合、 _光線`力学`療法_ は 意図されない_【 ∬ (する)ことを | ∬=破壊する_【・*を |*←全部{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉 がん 】〓〓、そうではなくて、それ は 意図される_【 ∬ (する)ことを | ∬=殺す_【・*を |*←十分な がん --【 ∬ (する)ことのために | ∬=改善する_【・*を |*←〈その〉_患者さん の 飲み込み 能力 】┏┓。    _現行の__研究《複数》_ は 調べつつある_【・*を |*←正確な¨役割{☆の}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_光線`力学`療法_⌒〔 ★←_食道がん_の_治療_ 】┏┓。    これらの__研究《複数》_ は 比較する_【・*を |*←_光線`力学`療法_ の _結果《複数》_--【・*と(比較対象) |*←_その他の__治療_《複数》{☆のような}¨ ⌒〔 ☆←_外科手術_、や、レーザー《 がん を 蒸発させる 》 】┏┓。    _研究者《複数》_ は 、また、_研究_しつつある--【 ∬ (する)ことのために | ∬=改善する_【・*を |*←_光線`力学`療法_--【 ∬ (する)ことにより | ∬=■_開発する_【・*を |*←新しい_光`増感剤_《複数》】|-そして-|■_評価する_【・*を |*←新しい方法《複数》{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=患部供給する_【・*を |*←〈その〉適正な量の光線--【・*に |*←〈その〉 がん 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、本資料の「資料名」のページ、又は、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(最新 医学レビュー 06/04/2010)(最新 改訂 08/20/2010)
「英文原題」=Photodynamic therapy

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

レーザー焼灼法


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

この技術 は 使用する_【・*を |*←〈一つの〉レーザー{☆と呼ばれる}{ ¶ ところの#←}¨ ⌒〔 ☆← Nd:yag レーザー⌒〔 ←#¶ =放出される--【・*を通して |*←〈その〉_内視鏡--【 ∬ (する)ことのために | ∬=殺す_【・*を |*←_がん細胞《複数》_ 】┏┓。    それ は 使用される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=開通させる_【・*を |*←食道 】--【『 』の場合…|『食道 が 閉塞されている 』】┏┓。    このこと は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=改善する_【・*を |*←飲み込み困難 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、本資料の「資料名」のページ、又は、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(最新 医学レビュー 06/04/2010)(最新 改訂 08/20/2010)
「英文原題」=Laser ablation

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

ラジオ波`焼灼法


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

--【・*に於いて… |*←この技術】〓〓、〈一つの〉バルーン が 挿入される--【・*へ |*←_バレット食道_の領域 】┏┓。    そのバルーンは ふくらませられる--【『 』のように(目標)…|『〈その〉バルーン表面 が 接触する_【・*に |*←〈その〉食道 内側`粘膜 』】┏┓。    それから、高パワー・エネルギー が 使用される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=殺す_【・*を |*←〈その〉_細胞《複数》_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉粘膜 】┏┓。    正常_細胞《複数》_ が 成長してきて、 置き換える_【・*を |*←〈その〉バレット_細胞《複数》_ 】┏┓。    〈その〉_患者さん_ は ¨ ∬ ¨(する)必要がある 【 ∬=使用し続ける_【・*を |*←_薬_《複数》{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=ブロックする_【・*を |*←胃酸`産生 】--【・*の後に |*←この_治療_手順_ 】┏┓。    _内視鏡`検査《 + 生検《複数》 》〓〓 が その後 定期的に実施される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=監視する_【・*を |*←如何なる_更なる_変化《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉食道`粘膜 】┏┓。    _ラジオ波`焼灼法_ は 稀に_引き起こす_【・*を |*←狭窄《 食道を 狭める 瘢痕_組織_ 》 】┏┓。    それ は ¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=使用される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=_治療する__【・*を |*←_異形成`症_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_バレット食道_領域 】┏┓。    この_治療_ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=低下させる_【・*を |*←リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆← がん の 発症{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_左記の_領域 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、本資料の「資料名」のページ、又は、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(最新 医学レビュー 06/04/2010)(最新 改訂 08/20/2010)
「英文原題」=Radiofrequency ablation (RFA)

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

アルゴン・プラズマ`凝固`法


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

この技術_は ¨※¨である 【・※←類似している_--〔・*に |*←レーザー_焼灼_法 】┏┓。    それ は 、また、使用される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=開通させる_【・*を |*←食道--【『 』の場合に…|『〈その〉_患者さん__が 持つ_【・*を |*←飲み込み困難 』】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、本資料の「資料名」のページ、又は、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(最新 医学レビュー 06/04/2010)(最新 改訂 08/20/2010)
「英文原題」=Argon plasma coagulation

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

電気`凝固`法


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

この方法 は 含む__【 ∬ (する)ことを | ∬=焼き切る_【・*を |*←〈その〉〈その〉_腫瘍_--【・*により |*←電流 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←いくらかのケース《複数》】〓〓、この_治療_ は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=助ける_【 ∬ (する)ことを | ∬=解消する_【・*を |*←食道 閉塞 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、本資料の「資料名」のページ、又は、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(最新 医学レビュー 06/04/2010)(最新 改訂 08/20/2010)
「英文原題」=Electrocoagulation

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_ステージ_ごとの_治療_


ステージ 0〜2《紹介`省略》


《当サイトでは 進行期・転移性のケースの治療法に重点を置いておりますため、この項目のご紹介は省略します(原文をお読みください)》

_ステージ_3_


(グループ・テーマ=現行治療1 _食道がん_ ≫ _ステージ_ごとの_治療_ ≫ _ステージ_3_)

本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

がん 《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←この_ステージ_】〓〓 は 含む_【・*を |*← がん 《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =■_成長して在る--【・*を通って |*←〈その〉食道の壁--【・*へ |*←〈その〉外側の層 】|-そして-|■_拡大して在る--【・*へ |*←近くの_リンパ節_《複数》】┏┓。    _ステージ_3_ は 、また、含む_【・*を |*← がん 《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =■_成長して在る--【・*を通って |*←食道の全ての層《複数》】|-そして-|■_成長して在る--【・*の中へ |*←近くの臓器《複数》、又は、_組織_《 T4 段階 》 】┏┓。

この_ステージ_ は _治療_される--【・*とほぼ同様に |*←_ステージ_2_の_病気_ 】┏┓。    _治療_ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=含む_【・*を |*←_化学療法_ 、と、 それに続いての_外科手術_、又は、_化学`放射線`療法_ 、と、 それに続いての_外科手術_、又は、_外科手術_だけ 】┏┓。    いくらかのケースでは、〈その〉 がん は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=_完全_に消失する--【・*の後に |*←_化学`放射線`療法_】〓〓、そして、_外科手術_ は ¨ ∬ ¨(される)ことがある 【 ∬=回避される 】┏┓。    しかし、¨※¨は 存在しない 【・※←テスト(否定)∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=明確に証明する_【・*を |*←このこと 】┏┓。    --【もし『 』なら…|『 がん が 発見される--【・*に於いて |*←近くの_リンパ節_《複数》--【『 』の時に…|『それらの_リンパ節_《複数》 が _外科的__切除_された 』】 』】〓〓、_化学療法_《 しばしば_放射線`療法_と一緒に 》 が ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=提供される--【・*の後に |*←_外科手術_ 】┏┓。    この_治療_ は 実施される--【・ よりしばしば_--〔・*のために |*←_腺がん_《複数》--【・*よりも |*←食道_扁平上皮がん_《複数》の場合 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、本資料の「資料名」のページ、又は、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(最新 医学レビュー 06/04/2010)(最新 改訂 08/20/2010)
「英文原題」=Stage III

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

ステージ_4


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_ステージ_4A_食道がん_ は 拡大して在る--【・*に |*←遠隔の_リンパ節_《複数》】〓〓、一方、_ステージ_4B _食道がん_ は 拡大して在る--【・*に |*←_その他の_臓器《複数》、又は、_組織_《複数》 】┏┓。    いくらかのステージ_4A_食道がん_ は ¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=_完全_に_切除_される--【・*により |*←_外科手術_ 】┏┓。    --【もし『 』なら…|『〈その〉医者 が 考える_【・『 』と… |『_切除_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←全ての がん 】〓〓_が ¨※¨である 【・※←可能 』】〓〓、_外科手術_ が ¨ ∬ ¨(である)ことがある 【 ∬=¨※¨である 【・※←〈一つの〉_選択肢_ 】┏┓。    もう一つの _選択肢__は ∬ (する)ことである 【 ∬=実施する_【・*を |*←_化学`放射線`療法_--【・まず最初に 】┏┓。    それから、--【もし『 』なら…|『〈その〉 がん が 十分に 縮小する--【 ∬ (する)ことのために | ∬=_切除_する 】 』】〓〓、_外科手術_ が ¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=実施される 】┏┓。    しばしば、〔何も無い( no )_治療_ 〕〓〓 が ¨ ∬ ¨(する)ことができる(の否定) 【 ∬=_治癒_する_【・*を |*←_ステージ_4__食道がん_ 】┏┓。    そのような場合、 _治療_ は 実施される--【 ∬ (する)ことのために だけ | ∬=助ける_【 ∬ (する)ことを | ∬=解消する_【・*を |*←_症状_《複数》 】┏┓。    _放射線`療法_ が ¨ ∬ ¨(される)ことがある 【 ∬=使用される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=助ける--【・*に対して |*←痛み、や、飲み込み困難 】┏┓。    _化学療法_ が 、また、¨ ∬ ¨(される)ことがある 【 ∬=実施される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=試みる_【 ∬ (する)ことを | ∬=助ける--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←_患者さん《複数》_| ∬=調子よくなり、 より_長期間 _生存_する 】〓〓、しかし、〈その〉_利益_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_化学療法_】〓〓_は ¨※¨ではない 【・※←明確 】┏┓。    いくらかの_患者さん《複数》_ は より優先する_【 ∬ (しない)ことを | ∬=受けない_【・*を |*←_治療_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =持つ_【・*を |*←深刻な_副作用_《複数》 】〓〓、そして、_選択_する_【・*を |*←_【 ∬ (する)ことを | ∬=受ける_【・*だけを |*←_治療_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=維持し、_改善_する_【・*を |*←快適さ、及び、_生活の質_ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、本資料の「資料名」のページ、又は、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(最新 医学レビュー 06/04/2010)(最新 改訂 08/20/2010)
「英文原題」=Stage IV

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

再発性__食道がん


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

--【『 』の場合…|『〈一つの〉 がん が 戻る--【・*の後に |*←_治療_ 』】〓〓、それ は ¨※¨と呼ばれる【・※←_再発_性 】┏┓。    --【もし『 』なら…|『〈その〉 がん が _再発_する--【・*に |*←原発箇所、又は、その近く 』】〓〓、それ は ¨※¨と呼ばれる【・※←〈一つの〉_局所__再発_ 】┏┓。    --【もし『 』なら…|『〈その〉 がん が _再発_する--【・*に於いて |*←遠隔の 臓器《複数》、又は、_組織_《複数》《 _肝臓_のような 》】〓〓、それは¨※¨と呼ばれる【・※←〈一つの〉遠隔_再発_ 】┏┓。    ¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉_再発_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_食道がん_】〓〓 は _¨※¨によって異なってくる【・※←_再発_箇所、及び、最初に実施されていた_治療_ 】┏┓。

--【もし『 』なら…|『〈その〉最初の がん が _内視鏡`的_に _治療_されていた--【・*により |*←_内視鏡`的_粘膜_切除_、又は、_光線`力学`療法_ 』】〓〓、それ は 最もしばしば_再発_する--【・*に |*←食道 】┏┓。    このタイプの_再発_ は しばしば_治療_される--【 ∬ (する)ことにより | ∬=_切除_する_【・*を |*←〈その〉食道 】┏┓。    --【もし『 』なら…|『〈その〉_患者さん_ が ¨ ∬ ¨(する)ことができない 【 ∬=受ける_【・*を |*←_外科手術_--【・*の理由から |*←_その他の_健康上の問題《複数》 』】〓〓、〈その〉 がん は ¨ ∬ ¨(される)ことがある 【 ∬=_治療_される--【・*により |*←_化学療法_、_放射線`療法_、又は、それら両方 】┏┓。

--【もし『 』なら…|『 がん が _局所_的に_再発_する--【・*の後に |*←_外科手術_ 』】〓〓、_放射線`療法_、や、_化学療法_ が ¨ ∬ ¨(される)ことがある 【 ∬=使用される 】┏┓。    --【もし『 』なら…|『_放射線`療法_ が 最初に 実施されていた 』】〓〓、再度の_放射線`療法__は ¨※¨である 【・※←稀な _選択肢_ 】┏┓。    --【『 』の場合…|『_化学療法_ が 実施されていた--【・以前に 』】〓〓、それ《 ∬ すること(右記)》〓〓は 依然として可能である……∬=実施する_【・*を |*←_更なる__化学療法_ 】┏┓。    時として〈その〉同一の_薬_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =以前に使用された 】〓〓 が 再び使用される〓〓、しかし、しばしば_その他の__薬_《複数》 が 使用される┏┓。

_食道がん_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =_再発_する--【・*に |*←_その他の_臓器《複数》、又は、_組織_《複数》 】〓〓 は _治療_される--【・*と同様に |*←_ステージ_4_ の がん 】┏┓。    _緩和的__治療_《複数》 が 実施される--【・必要に応じて 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、本資料の「資料名」のページ、又は、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(最新 医学レビュー 06/04/2010)(最新 改訂 08/20/2010)
「英文原題」=Recurrent esophageal cancer

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

緩和_治療


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

概観


_緩和`治療__は ¨※¨である 【・※←_治療_{ ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=目指す_【 ∬ (する)ことを | ∬=解消する_【・*を |*←_症状_《複数》 】┏┓。    それ は 目的としていない_【・*を |*← がん の _治癒_ 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←いくらかのケース《複数》】〓〓、_緩和`治療_ は 実施される--【・*と一緒に |*←_その他の__治療_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =目的とする_【 ∬ (する)ことを | ∬=_治癒_する_【・*を |*← がん 】┏┓。    その他の場合、_緩和`治療_ は 実施される--【『 』の場合に…|『〈一つの〉_治癒__は ¨※¨である 【・※←不可能 』】┏┓。    〈その〉主要な目的{☆の}¨ ⌒〔 ☆←このタイプ の _治療_】〓〓_は ∬ (する)ことである 【 ∬=改善する_【・*を |*←〈その〉_患者さん_ の 快適性、及び、_生活の質_ 】┏┓。

_食道`拡張_


--【・*に於いて… |*←この_治療_手順_】〓〓、〈一つの〉器具{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =シリンダーのような 形をしている 】〓〓 が 挿入される--【・*に |*←〈一つの〉食道領域{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =閉塞している 】┏┓。    〈その〉目標_は ∬ (する)ことである 【 ∬=■_開く_【・*を |*←〈その〉閉塞された領域 】|-そして-|■_可能にする_【・*を |*← より良好な飲み込み】┏┓。    この_治療_手順_ は ¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=繰り返される┏┓。    ¨※¨が 存在する 【・※←小さなリスク{ ∬ (する)ことの}¨ ⌒〔 ∬=穴を開けてしまう--【・*に |*←〈その〉食道 《 穿孔 と呼ばれる 》 】┏┓。    --【・*の後に… |*←この_治療_手順_】〓〓、〈その〉食道 は 開いたままになっている--【・*にわたり |*←わずかに 約 2 週間】__ : __従って、 食道`拡張 は 後続される--【・*により |*←_その他の__治療_《複数》{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=開いたままにしておく_【・*を |*←〈その〉食道 】┏┓。

食道ステント


〈一つの〉ステント_は ¨※¨である 【・※←器具{☆から成る}¨ ⌒〔 ☆←メッシュ 素材 】┏┓。    最もしばしばステント《複数》 は 製造される--【・*から |*←金属】〓〓、しかし、それら は ¨ ∬ ¨(される)こともある 【 ∬=製造される--【・*から |*←プラスチック 】┏┓。    _【 ∬ して | ∬=使用して_【・*を |*←_内視鏡 】〓〓、ステント《複数》 は 設置される--【・*の中へ |*←〈その〉食道--【・*にわたり |*←〈その〉_腫瘍_ の 長さ 】┏┓。    一旦 設置されると、ステント《複数》 は 自己−拡張《 広がる 》して、¨※¨となる【・※←チューブ{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =助ける_【 ∬ (する)ことを | ∬=拡げておく_【・*を |*←食道 】┏┓。    〈その〉成功{☆の}¨ ⌒〔 ☆←これらのステント《複数》】〓〓 は _¨※¨に かかっている【・※←使用されるステントのタイプ、及び、設置`位置 】┏┓。    ステント《複数》 は ¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=解消する_【・*を |*←飲み込み困難--【・*に於いて |*←大部分 の ¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =_治療_される 】┏┓。    ステント《複数》 は ¨ ∬ ¨(される)ことがある 【 ∬=使用される--【・*の後に |*←拡張--【 ∬ (する)ことのために | ∬=保つ--【・*を § に ||*←〈その〉食道| § ←開いた状態 】┏┓。

_電気`凝固`法_


この方法 は 含む_【 ∬ (する)ことを | ∬=焼き切る_【・*を |*←〈その〉_腫瘍_--【・*により |*←電流 】┏┓。    いくらかのケースでは、この_治療_ は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=助ける_【 ∬ (する)ことを | ∬=解消する_【・*を |*←食道 閉塞 】┏┓。

_光線`力学`療法_


この_治療_ は ディスカスされている--【・ より詳細に--【・*に於いて |*←〈その〉セクション「_内視鏡`的__治療_」 】┏┓。    それ は ¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=使用される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=■_除去する_【・*を |*←表面層《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_腫瘍__組織_《複数》】|-そして-|■_助ける_【 ∬ (する)ことを | ∬=解消する_【・*を |*←食道閉塞 】┏┓。

レーザー_内視鏡


--【・*に於いて… |*←この_治療_】〓〓、レーザー光線 が 当てられる--【・*に |*←〈その〉 がん --【・*を通じて |*←〈一つの〉_内視鏡 】┏┓。    〈一つの〉_外科的__切除_ は 必要でない┏┓。    〈その〉レーザー は 開通させる_【・*を |*←〈その〉食道--【 ∬ (する)ことにより | ∬=蒸発させ、凝固させる_【・*を |*← がん _組織_ 】┏┓。    〈その〉使用されるレーザー は ¨※¨というものである【・※← Nd:yag レーザー 】┏┓。    約 70 〜 80% の _患者さん《複数》_ が ¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=_利益_を得る--【・*から |*←レーザー_内視鏡 】┏┓。    しかし、〈その〉 がん は 再度 成長してくる〓〓、従って、 〈その〉_治療_手順_ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=必要となる_【 ∬ (される)ことを | ∬=繰り返される--【・1 〜 2 ヶ月に 1 回 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←いくらかのケース《複数》】〓〓、このタイプ の レーザー_治療_ は 実施される--【『 』の前に…|『〈一つの〉食道ステント が 設置される 』】┏┓。

_放射線`療法_


_外部線源`放射線療法_ は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=助ける_【 ∬ (する)ことを | ∬=解消する_【・*を |*←いくらかの_症状_《複数》{☆による}{★のような}¨ ⌒〔 ☆←_進行期__食道がん_⌒〔 ★←痛み、及び、飲み込み困難 】┏┓。    _放射線`療法_ は しばしば使用される--【・*に対して |*← がん { ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =拡大して在る--【・*に |*←〈その〉脳、又は、脊椎 】〓〓、しかし、それ は 、また、使用される--【 ∬ (する)ことに於いて | ∬=_治療_する_【・*を |*←飲み込み困難{☆による}¨ ⌒〔 ☆←食道`閉塞 】┏┓。    --【もし『 』なら…|『〈一つの〉領域 が 以前に_治療_されたことがある--【・*により |*←_外部線源`放射線療法_ 』】〓〓、その領域 は ¨ ∬ ¨(されることができない)と考えられる 【 ∬=再び_治療_されることができない--【・*により |*←_外部線源`放射線療法_ 】┏┓。    そのような場合、 _近接`照射`療法_ が ¨ ∬ ¨(である)ことがある 【 ∬=¨※¨である 【・※←〈一つの〉_選択肢_ 】┏┓。    _近接`照射`療法_ は 特に¨※¨である 【・※←有用的_--〔・*に於いて |*←食道`閉塞 の 解消 】┏┓。

痛みの管理


痛みのコントロール_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉重要な 関心事_--〔・*にとって |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒【 ☆← がん 】┏┓。    しかし、¨※¨が 存在する 【・※←多くの方法{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=_治療_する_【・*を |*← がん 性 疼痛 】┏┓。    ¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆← がん 】〓〓 は ¨ ∬ ¨(する)べきである 【 ∬=直ちに 知らせる--【・*に |*←_治療_チーム--【もし『 』なら…|『_患者さん《複数》__が 持つ_【・*を |*←痛み 』】┏┓。    〈その〉_治療_チーム は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=提供する_【・*を |*←_薬_《複数》、及び、_その他の__緩和的__治療_《複数》{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=解消する_【・*を |*←痛み 等の _症状_《複数》 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、本資料の「資料名」のページ、又は、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(最新 医学レビュー 06/04/2010)(最新 改訂 08/20/2010)
「英文原題」=Palliative therapy

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_研究・治療_の 新動向


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_研究_{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉¨¨_治療_、及び、_予防_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_食道がん_】〓〓 は 実施されつつある--【・*に於いて |*←多くの 医療センター《複数》、 大学病院《複数》、及び、_その他の_施設《複数》{☆にわたる}¨ ⌒〔 ☆←全米 】┏┓。

_遺伝子`学


_研究者《複数》_ は 見出して在る_【・*を |*←多くの_遺伝子_変化《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =¨ ∬ ¨(する)ようである 【 ∬=させる--【・▽が¨ ∬ ¨するように||▽←食道の 正常_細胞《複数》_| ∬=変化する_【・*に |*←_食道がん_ 】┏┓。    彼ら は 期待している_【・『 』ということを… |『_更なる_進歩 が ¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=_導く--【・*へ |*←新しい 検査法《複数》{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=発見する_【・*を |*←_食道がん_--【・*の時点で |*← より_早期_な、 より_治癒可能な 段階 】 』 】┏┓。     ∬ (する)こと | ∬=理解する_【・*を |*←これらの_遺伝子_変化《複数》 〓〓 は ¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=_導く--【・*へ |*←■_新しい_分子標的`治療《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =打ち勝つ--【・*に |*←これらの 異常な_遺伝子_《複数》の 効果《複数》 】|-そして 最終的に-|■__遺伝子__治療_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =修復する_【・*を |*←〈その〉異常な DNA 変化《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_食道がん__細胞《複数》_ 】┏┓。

薬物`治療


数件の_臨床試験_《複数》__が ¨※¨である 【・※←_進展中__--〔 ∬ (する)ことのために | ∬=テストする_【・*を |*←新しい方法《複数》{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=_併用_する_【・*を |*←_薬_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =既に知られている【・※であると|※←_食道がん_に 有効 】--【 ∬ (する)ことのために | ∬=増強する_【・*を |*←それらの_薬_の_有効性_ 】┏┓。    _その他の__研究《複数》_ は テストしつつある_【・*を |*←〈その〉最良な方法《複数》{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=_併用_する_【・*を |*←_化学療法_--【・*と |*←_放射線`療法_ 】┏┓。

新しい_薬_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =標的する_【・*に |*←特定の 物質《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_がん細胞《複数》_ 】〓〓 が ¨※¨となりつつある【・※←使用可能 】┏┓。    これ は ¨※¨と呼ばれている【・※←_分子標的`治療_】〓〓、そして、それ は ¨※¨であって在る 【・※←成功的_--〔・*に於いて |*←いくらかの_その他の_ がん 《複数》 】┏┓。    それ は 今や テストされつつある--【・*に於いて |*←_食道がん_ 】┏┓。    例えば、 _薬_《複数》{ ¶ ところの#←}〓〓 が テストされつつある⌒〔 ←#¶ =干渉する_【・*に |*←〈その〉_分子《複数》{☆の中の}{ ¶ ところの#←}¨ ⌒〔 ☆←_食道がん__細胞《複数》_ 】⌒〔 ←#¶ =コントロールする_【・*を |*←_がん細胞《複数》_ の _成長_、及び、拡大 】┏┓。

_免疫`療法_


実験的 _治療_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =増強する_【・*を |*←〈その〉_患者さん_ の _免疫__反応_{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=戦う--【・*に対して |*←_食道がん_--【・ より_効果的_に 】〓〓 が テストされつつある--【・*に於いて |*←_臨床試験_《複数》_ 】┏┓。

スクリーニングと_予防_


--【『 』であることから…|『〈その〉比率{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_腺がん_】〓〓 が 上昇する 』】〓〓、努力《複数》 が なされつつある--【 ∬ (する)ことのために | ∬=低下させる_【・*を |*←肥満 《 〈一つの〉重要なリスク_要因_{☆への}¨ ⌒〔 ☆←このタイプの がん 《 及び いくつかのタイプ《複数》についても 》】┏┓。    --【・*に於いて… |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_バレット食道_】〓〓、_研究者《複数》_ は _研究_しつつある_【・*を |*←検査法《複数》{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=決める_【・*を |*←『どの_患者さん《複数》_ が ¨ ∬ ¨(する)であろうか 【 ∬= がん を 発症するようになる 』 】┏┓。    彼ら は 、また、_研究_しつつある_【・*を |*←新しい方法《複数》{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=■_破壊する_【・*を |*←_バレット食道_の 粘膜】|-そして-|■_促進する_【・*を |*←それの置き換え{☆による}¨ ⌒〔 ☆←正常 粘膜 】┏┓。    _研究_ は 、また、続いている--【 ∬ (する)ことのために | ∬=見出す_【・*を |*←方法《複数》{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=止める--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←_バレット食道__細胞《複数》_| ∬=変化する_【・*に |*←前がん、又は、 がん 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、本資料の「資料名」のページ、又は、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(最新 医学レビュー 06/04/2010)(最新 改訂 08/20/2010)
「英文原題」=What`s new in esophageal cancer research and treatment?

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

資料 A



資料 Source

原文へのリンク: 本コーナーでは、記事概要の迅速なご紹介を目的としています。詳細・内容は、下記リンク先の原文をお読みになって、ご確認ください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、トップページへのリンクです。ご了解をお願いします)


American Cancer Society のホームページ



当サイトの部位別治療法のページへ


key words(編集用の記述):がん、がん、癌、腫瘍、白血病、メラノーマ、欧州、米国、アメリカ、標準治療、抗がん剤、抗がん剤、抗癌剤、血液、リンパ、脳、乳がん、肝臓、胃、大腸、小腸、結腸、直腸、子宮、卵巣、精巣、頭頸部、肺、膵臓、前立腺、皮膚、甲状腺、腎臓、膀胱、神経

A0+ ステージ決め



【食道がんのステージ決めについて】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

ステージ決めというのは、がんが拡大しているかどうか、もし拡大している場合には、どの程度か、を決める作業である。食道がんの治療と予後は、がんのステージに大きくかかっている。

食道がんのステージ決めのためのデータは、画像検査に内視鏡検査や生検を組み合わせて得られる。
食道がんのステージ決めに最も一般的に使われるシステムは、TNM システム(American Joint Committee on Cancer{AJCC}制定)である。TNM システムでは、3種類の情報の組み合わせを使う。:
◇Tは、原発がん(最初に発生したがん)の大きさと、それが食道の中や近くの臓器にどの程度拡大しているかを表す。
◇Nは、食道の近くのリンパ節へのがんの拡大について表す。
◇Mは、がんが転移(遠くの臓器への拡大)したかどうかを表す。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【Tの各段階】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

◇Tis (上皮内がん):がんは、上皮(食道の最も内側{食物が通る側}の粘膜)だけに限定されている。
◇T1 :がんが粘膜固有層(2番目の層)か粘膜下組織(3番目の層)の中まで侵入している。
◇T2 :がんが固有筋層(4番目の層)まで侵入している。
◇T3 :がんが外膜(5番目の層で、最も外側)まで侵入している。
◇T4 :がんが、隣接した組織に侵入している。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【Nの各段階】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

◇N0 :がんは、近くの(所属の)リンパ節へ拡大していない。
◇N1 :がんは、近くのリンパ節へ拡大している。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【Mの各段階】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

◇M0 :遠くへの転移なし
◇M1a :近くのリンパ節を越え、遠くのリンパ節へ拡大している。
◇M1b :遠くの臓器へ拡大している。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【ステージのグループ化】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

上記のようにして T、N、Mの各段階が決められたら、それらを統合してグループ化し、ローマ数字の I〜IV(普通の数字で言えば、1〜4)でステージを表現する。

◇ステージ0(Tis 、 N0 、 M0): 食道がんの最も初期の段階。上皮内がんとも呼ばれる(がん細胞が上皮{じょうひ:食道の内面の粘膜}に限局されているという意味) がんは、上皮の下の結合組織に侵入しておらず、リンパ節にも他の臓器にも拡大していない。

◇ステージ I (T1 、 N0 、 M0): がんが、固有層か粘膜下組織へ侵入している。しかしそれ以上深い部分や、リンパ節や遠い場所へは拡大していない。

◇ステージ II : サブステージ 2つに分けられる。
‥‥ステージ IIA (T2 か T3、 N0 、 M0): がんは固有筋層に侵入している(又は、さらに、外膜へ拡大している)。しかし、リンパ節や遠くの場所へは拡大していない。
‥‥ステージ IIB (T1 か T2、 N0 、 M0): がんは、粘膜固有層、粘膜下組織、固有筋層へ侵入しているが、外膜へは侵入していない。しかし、食道の近くのリンパ節に拡大している。

◇ステージ III (T3 、 N1 、 M0 ;又は T4 、 N0〜N1、 M0): 外膜及び食道の近くのリンパ節に拡大している。又は、外膜を越えて、近くの臓器(気管など)に拡大している(リンパ節に拡大しているかいないかは関係ない)。しかし、遠くの場所へは拡大していない。

◇ステージ IV : サブステージ 2つに分けられる。
‥‥ステージ IVA (TやNに無関係、 M1a): 遠くのリンパ節に拡大している(食道がんが食道の上のほうにある場合、頸部のリンパ節に拡大しており、食道の下の方にある場合、腹部のリンパ節に拡大している)
‥‥ステージ IVB (TやNに無関係、 M1b): さらに遠くのリンパ節か、その他の遠くの場所(肝臓、骨、脳、など)へ拡大している。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


A1+ 食道がん治療の概観

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

ステージ決めができると、治療チームと患者さんで、治療計画について討議する。全ての選択肢を時間をかけて考察することが重要である。治療計画の選択にあたって、考慮に入れるべき主な要因は、全体的な健康状態とがんのステージである。

セカンド・オピニオンを求めるのが良い考えである場合がしばしばある。セカンド・オピニオンによってより多くの情報を得られ、選んだ治療計画に確信を持つための助けになることがある。保険会社によっては、患者さんがセカンド・オピニオンを求めていることを、支払いの条件にする会社もある。

食道がんの最初の治療としては、外科手術、化学療法、放射線療法、などがある。他の治療(機械的ステント、光力学的治療、など)は、全てのがんを除去できなかった場合に緩和治療として使用される。

がんのステージや患者さんの一般的な健康状態により、上記の治療法を単独で実施したり、併用して実施したりする。

患者さん自身の必要性に最も適合する決定をするには、全ての治療選択肢と、それらの副作用について、医者と討議することが重要である。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


A2+ 外科手術

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

食道がんのステージにより、外科手術でがんとその周囲の一部の組織を切除することがある。外科手術を、その他の治療(化学療法、放射線療法、など)と併用することもある。

外科手術としては、主として 2 つの方法がある。

まず、食道切除術というのは、食道のがんを含んでいる部分を切除し、食道の上のほうの部分を、ほとんどの場合、胃に接続する手術である。食道の近くのリンパ節も切除する。この方法は、早期食道がんで、胃まで拡大していないケースで実施される。具体的な手術のやりかたには、さまざまな技術やアプローチがある。患者さんは、これらのことについて、外科医と徹底的に討議すべきである。外科医は、手術の手順を図解して説明してくれるはずである。

食道の扁平上皮細胞がんは、食道の中央か上の方の部分で発生することが多い。また、食道の内部で広範囲に拡大する傾向がある。従って、食道の大きな部分を切除する必要がある。仮に拡大が限定されていても、がんの両端側の、十分な広さの正常組織を切除して、確実にがんを全て除去する必要がある。手術のための切開は、胸部、又は、上腹部で行う。それぞれのアプローチは利点と欠点を持っているので、医者と討議が必要である。

食道がんのある部分を切除した後、胃を、上胸部又は頸部で食道と接続することがある。外科医の大部分は、(切除した食道の)代替部分として胃を使用する。何故なら、胃には血液供給が豊富であり、また、接続個所が 1 個所で済むからである。胃を使えない場合、代替部分として、小腸か大腸の一部を使用することがある。この場合、手術は複雑になる。何故なら、代替部分として使用している小腸や大腸の切片に、血液が十分に供給されるようにする必要があるからである。

二番目の一般的な手術法は、食道胃切除術で、がんを含んでいる食道の下部と、その部分に隣接している胃の上部とを切除する方法である。食道の近くのリンパ節も切除する。次いで、胃の残っている部分(胃の下部)と、食道の上のほうの部分とを接続する。

がんが食道の外へ拡大していない場合、外科手術によってがんを治癒可能な場合がある。残念ながら、大部分の食道がんのケースでは、十分に早期に発見されない。従って、治療の目的が治癒にあるのか、症状の軽減にあるのか、理解しておくことが必要である。外科手術により、80%以上のケースで、えん下障害(飲み込むのが難しいこと)が軽減できる。

食道切除術や食道胃切除術は、簡単な手術ではない。患者さんの大部分は、手術後 2 週間の入院が必要である。

外科医のなかには、これらの手術を腹腔鏡を使って実施可能な者がいる。この場合に必要な切開は、腹腔鏡の設置のためだけの大きさの、小さなものですむ。このような方法を、低侵襲性の手術という。但し、このような手技を行う外科医は、高度に熟練している者であることが必要である。

他の手術と同様、食道がんの手術にも合併症と、長期入院の原因となるリスクというものがある。手術中には、心臓発作、肺や脳の塞栓が起きることがある。胃と食道の接続部に漏れが生じることがある。これらの合併症は、過去に於けるほどには多くはない。手術の技術が改善したからである。

手術後、胃からの食物排出が非常に遅くなることがある。(胃の収縮をコントロールする神経が外科手術で影響されていることがあるため) これにより、頻繁な吐き気や嘔吐が起きることがある。

感染は、外科手術全般に存在するリスクである。

狭窄(狭まり)が、胃と食道との接続部で発生することがあり、10〜15%の患者さんで飲み込みが困難になることがある。こういった狭窄は、内視鏡技術によって拡大可能である。手術後、胃酸が食道へ逆流することがある。これは、手術で下部食道括約筋が切除されたり、変形したりしているからである。このことにより、胸焼けが起きることがあるが、制酸薬で治療される。

これらの合併症が、生命に関わることがある。そのようなケースが起きるリスクは、食道がん手術に病院・医者がどの程度熟練しているかによって、大きく変わる。最近の研究で、このような手術が頻繁に実施される病院の場合、手術後 1 ヶ月以内の死亡率は約 3%であるのに対し、経験不足の病院・医者の場合は 17%である事実が示されている。

従って、医者に対して堂々と、その医者がどの程度経験があるのか、その者が手術を実施した後、何パーセントの患者さんが死亡したのか、を確認すべきである。また、病院の選択も重要である。病院は、その病院の生存データを患者さんたちに提供すべきである。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


A3+ 化学療法

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

化学療法では、抗がん剤を服用したり、静脈注射したりするのが普通で、その場合、薬は血液中に入って全身に到達する。従って、化学療法は、がんが食道の外へ拡大したケースで有用である。がんのタイプやステージにより、化学療法を主要な治療として実施することもあれば、手術の前に実施(つまり、術前補助療法)したり、手術の後に実施(つまり、補助療法)したりすることもある。

化学療法を主要治療として実施する場合、放射線療法や外科手術が併用されなければ、食道がんの治癒は通常できない。現実には、化学療法が実施される状況として 3 つの状況がある:

◇緩和治療: 緩和治療の目的は、症状(嚥下困難{飲み込みにくい}や、痛み、など)のコントロールである。緩和治療を、治癒を目的とした他の治療法と併用して実施することもあるし、治癒が困難な場合は、単独で実施することもある。

◇手術前の治療: 手術前に、腫瘍のサイズを縮小してより完全に腫瘍を除去すべく、化学療法を実施することがある。このような状況での化学療法の使用は、未だ研究中であり、標準的な治療ではない。

◇化学放射線療法: 化学療法を放射線療法と併用して実施すると腫瘍のサイズを縮小できることがあり、手術を容易にすべく、手術の前に、この併用を実施することがある。多くの医者は、化学放射線療法を手術の前に実施することで、治癒のチャンスが改善されると考えているが、このことは確定的に証明されているわけではなく、臨床試験が行わている段階である。時によっては、手術が不可能な患者さんのケースで、化学療法と放射線療法とを併用することがある。

食道がん治療のために使用される化学療法剤としては、5-fluorouracil(5-フルオロウラシル、5-FU)、cisplatin(シスプラチン)、carboplatin(カルボプラチン)、bleomycin(ブレオマイシン)、mitomycin(マイトマイシン)、doxorubicin(ドキソルビシン)、methotrexate(メトトレキセート)、paclitaxel(パクリタキセル)、vinorelbine(ビノレルビン)、topotecan(トポテカン)、irinotecan(イリノテカン)、などがある。

上記のような化学療法剤に、患者さんの約 10〜40%が反応し、腫瘍が顕著に縮小する。がんが進行したケースでは、これらの化学療法剤の併用療法に、患者さんの約 17〜50%が反応する。但し、化学療法だけでは効果は一時的なものである。最近の研究では、早期食道がんの場合、化学療法は放射線療法と併用したほうがより効果的であることが示されている。

化学療法剤は、がん細胞を殺すが、若干の正常細胞にもダメージを与え、その結果、副作用が起きることがある。これらの副作用は、薬のタイプ、投与量、投与期間の長さ、によって異なる。化学療法剤使用に伴う一時的な副作用としては以下のようなものがある:
◇吐き気、嘔吐
◇食欲不振
◇脱毛
◇下痢
◇口内炎

化学療法を受けている患者さんで、以上のような副作用が起きた場合は、直ちに治療チームに言うこと。それらの副作用に効果的に対応するためである。

化学療法剤は、骨髄にある造血細胞にダメージを与えることがあるため、血球数が少なくなることがある。その結果起きることがあるのは:
◇感染リスクの増大(白血球不足による)
◇軽度の切り傷やケガによる出血やアザ(血小板の不足による)
◇疲労感、息切れ(赤血球の不足による)

大部分の副作用は、治療を止めれば消失する。髪は通常、治療が終了すれば伸びてくる。副作用の問題がある場合は、治療チームに告げること。化学療法の一時的な副作用に対しては、多くの治療法がある。例えば、吐き気や嘔吐に対しては、制吐剤が有効である。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


A4+ 放射線療法

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

外部線源放射線療法では、身体の外のマシンからの放射線をがんにあてる。このタイプの放射線療法が、食道がんの治療のためには、最も一般的に使用される。内部放射線療法(近接照射療法ともいう)では、放射性物質をがんの中に直接入れる。

患者さんによっては(とくに、一般的な健康状態の問題で外科手術が困難な患者さん)、放射線療法を主要な治療として実施することがある。現実に、化学療法と組み合わせれば、放射線療法が外科手術と同等に効果的であると考える医者もいる。

手術を実施した場合、放射線療法を、外科手術では除去しきれなかった微量のがんを殺すために実施することもある。放射線療法を、症状(痛み、出血、飲み込みにくさ、脳へ転移した場合の諸症状、など)の緩和のために実施することもある。

放射線療法自体では、食道がんを治癒することはできないが、飲み込みにくさを除去するためには、非常に効果的な治療である。放射線療法を受けた患者さんの 70%以上で、少なくとも一時的に飲み込みにくさを除去できる。症状緩和のために放射線療法を使用することの利点は、副作用が比較的に少ないことである。最も一般的には、放射線療法は化学療法や外科手術と併用する。放射線療法を化学療法と併用することで治癒できることもあるし、症状を好適に除去したり、生存を伸ばしたりできることもある

放射線療法の副作用には、皮膚障害、胃の不調、下痢、疲労感、などがある。大きな問題として、飲み込むときの痛みがある。これは、放射線療法により食道の正常な粘膜がダメージを受けるからである。この問題は、粘膜が再生すれば解消する。大部分の副作用は一時的なものである。

化学療法によって放射線療法の副作用が増強されることがある。胸部への放射線照射により、肺がダメージを受け、呼吸困難や息切れが起きることがある。このような副作用が起きた場合、直ちに医者に告げること。このような問題を解決する方法がしばしば存在するからである。

近接照射療法は、腫瘍を縮小するのに効果的であり、患者さんはより容易に食物を飲み込めるようになる。近接照射療法が使用されるのは、主として症状の緩和の目的である。何故なら、非常に広い範囲をこの方法で治療することはできないからである。近接照射療法の場合、放射性物質の「種」を、内視鏡を使って腫瘍に挿入する。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


A5+ 光力学的治療(PDT)

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

光力学的治療(PDT)が実施されるのは通常、食道がんが非常に早期に発見されたか、又は、他の治療の後に再発した場合である。 PDTでは、最初に、特殊な毒性のない化学物質を注射する。この化学物質は、数日間がん細胞に集まるように設計されている。次に、(もちろん上記の化学物質ががん細胞に集まっている間に)、特殊なレーザー光を内視鏡からがんにあてる。このレーザー光によって、がん細胞の中に集まっている化学物質が変化し、その変化した新しい化学物質ががん細胞を殺す。

PDT の利点は、がん細胞を殺す一方で、正常な細胞にはほとんど障害を与えないことである。欠点は、化学物質を光で活性化する必要がある点で、つまり、光が到達するような比較的浅い位置にあるがんに対してしか使えない点である。食道の深いところや、他の臓器に拡大しているケースでは使用できない。(*)

(*)mougitaro注:食道がんはほとんどの場合、上皮(食道の表面の粘膜)から発生するので、早期のがんには使用できるが、光が届かないような位置にあると、使用できないということになる。

PDT の副作用は、皮膚の発赤や褪色、太陽などの光に対する過敏症、などである。このような副作用は、治療後、最高 6 週間続くことがあり、重症になることがある。従って、患者さんは通常 6 週間は、室内にとどめおかれる。

予備的ないくつかの研究に於いて、PDTによって非常に早期の、深い組織へ拡大していない食道がんの治癒ができた。しかし、これらの研究では、フォローアップ期間は短かかった。

PDTをがんの治癒の目的で使用するのであれば、がんが深部に拡大していないのが確信できる場合に限るべきである(PDTで使用する光は、食道の内部表面に近いがん細胞だけにしか到達しないから)。現時点では、PDTが使用されるのは、バレット食道(*)及び非常に早期の食道がんの治療用としてである。

(*)mougitaro注:強い酸性の胃内容物が食道の下部に逆流することにより、食道のその部分の組織が変化して、がんが発生しやすい状態になっているもの。

PDT の主要な使用目的の一つは、緩和治療としての使用で、進行性食道がんが食道をふさいでおり、放射線療法の後に再発したケースの治療である。このようなケースで、PDTによってがんの全てを破壊できるとは限らないが、患者さんの飲み込む能力を改善するに十分なだけはがん細胞を殺すことができる。

食道がんの治療に於ける PDTの役割については現在評価中で、他の治療法(外科手術や、レーザーを使ってがんを焼き切る、といった)との比較が行われている。また、PDTの改良も研究されている(光を受けて変化する化学物質の改良、レーザーを最適にがんにあてる方法、などの面で)。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


A6- 臨床試験

(省略)

A7- 代替療法

(省略)

A8+ ステージ別の治療



【ステージ0】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

このステージは、米国では通常見られない。しかしアジアの国々(中国、日本、など)ではより一般的である。このステージの場合、外科手術が最適で、治癒のチャンスは最高である。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【ステージ I 】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

このステージの大部分のケースで、がんを外科的に切除する。化学療法や放射線療法を手術前に実施することがある。

患者さんに何らかの健康上の大きな問題があって外科手術が困難な場合、放射線療法と化学療法との併用で治療をすることがある。1 件の研究によれば、患者さんのなかには、化学療法と放射線療法との併用により、がんが治癒し、手術が不要な人もいることが示されている。つまり、化学療法と放射線療法との併用は、患者さんが外科手術を受けられなかったり、受けるのを望まない場合の、一つの選択肢である。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【ステージ II 】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

ステージ II の場合の治療選択肢は、ステージ I の場合と同じである。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【ステージ III 】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

ステージ III の食道がんに対する治療の主要な目標は、症状(痛み、飲み込みにくさ、など)の予防と除去である。 治療の選択肢としては、外科手術だけ、又は、放射線療法と化学療法との後に外科手術、又は、放射線療法と化学療法のみ、などである。治療結果は、化学療法を放射線療法に併用した場合のほうが、放射線療法のみの場合よりも、良好である。

治療選択肢の利益とリスクについては、患者さんと医者とで討議をすること。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【ステージ IV 】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

ステージ IV では、がんが遠くの臓器まで拡大していることから、通常は治癒は可能ではなく、緩和治療(飲み込みにくさなどの症状の除去)が標準的な治療である。化学療法も実施することがある。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


A9+ 緩和治療

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

緩和治療というのは、症状を軽減することを目的とした治療のことである。個々の状況によっては、緩和治療を治癒を目的とした治療と併用する場合もあるし、治癒が可能でない場合には、緩和治療を単独で実施することもある。

◇放射線療法: 外部線源放射線療法により、進行性食道がんに於ける症状を軽減できることがある。放射線療法を既に実施ずみの場合には、もう一つの選択肢として、近接照射療法がある。近接照射療法は特に、食道の閉塞を解消するのに有効である。

◇電気凝固法: 電流でがんを焼き切る方法である。この方法により、一定のケースで食道の閉塞を解消できる。

◇光力学的治療: 緩和治療として有用な場合がある。しかし、この方法で除去できるのは腫瘍の表面だけであるため、使用目的は、食道閉塞の解消だけに限定される。

◇レーザー内視鏡法: この方法では、レーザー光線を内視鏡を通じてがんにあてる。従って、外科的な切開は不要である。がんが部分的に食道をふさいでいる場合、特殊なレーザー光線(Nd:yagレーザーというもの)でがんを蒸発させ、凝固させるというこの方法が有効なことがある。患者さんの約 70〜80%のケースで、この方法が有効である。しかし、この方法は、6〜8週間に 1 回ずつ繰り返す必要がある。場合によっては、この方法を、食道にステントを設置する前に実施することがある。

◇食道への金属ステント設置: ステントというのは金属製の網で、これを内視鏡を使って、食道の内側に設置する。これにより、食道は開いたままになる。この方法が成功するかどうかは、がんがどこにあるかということと、ステントのタイプの選択が妥当かどうか、にかかっている。この方法は飲み込みにくさを解消するために実施され、実施された患者さんの 80%以上で有効である。

痛みの除去は患者さんにとって重要な関心事である。特定の神経の周囲でがんが成長すると、強い痛みがあることがある。しかし、がんに伴う痛みの除去に有効であることが証明された手段が存在する。痛みがある場合、直ちに治療チームに言うこと。治療チームが痛み解消のための薬剤による治療、その他症状軽減の緩和治療を処方してくれる。(*)

(*)mougitaro注:痛みその他の一般的な問題に対する対応法については、本サイトの「支援治療」のページで構築中です。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


A10+ 新しい研究と治療



【遺伝学分野】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

食道の正常な細胞をがん化させる原因となっているらしい、多くの遺伝子変異が発見されている。さらに研究が進めば、より早期に食道がんを見つけたり、新しい遺伝子治療(食道がんの細胞内の異常な遺伝子変異を修復する方法)が可能になるであろう。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【薬による治療】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

食道がんに有効である薬を併用して有効性を高めようという目的で、臨床試験が進展中である。

また、新しい薬として、がん細胞中の特定の物質に標的をあてたものが、使用可能になりつつある。この「分子標的治療」は、他のタイプのがんで成功しているもので、それが食道がんでテスト中である。また、血管新生阻止剤(がんに栄養を供給する血管が新しくできるのを阻止する)も使用可能になりつつある。血管新生阻止剤も、他のがんで成功しているものであり、食道がんでもテストされることになろう。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【免疫療法】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

未だ実験的な方法であるが、患者さんの免疫システムを活性化させて、食道がんとより効果的に戦えるようにさせる方法が、臨床試験で評価中である。

免疫療法の一つの方法は、モノクロナル抗体を使用するものである。モノクロナル抗体を実験室で作成し、患者さんの体内に注入すると、モノクロナル抗体が食道がん細胞を探しだす(特定の蛋白質{がん胎児性抗原(CEA)、HER-2、など}を含む細胞を探しだすのである)。このようなモノクロナル抗体に関する臨床試験が現在進展中である。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ