目次《ジャンプ先で項目タイトルをクリックすれば、この目次に戻れます》


→トップページへ戻る


お手数ですが、もう一度下記のリンクをクリックしてください:

情報データベース(生殖系)のトップページへ






《この資料の目次に戻るためには、上記の標題行をクリックしてください》

本ファイル名称=endometrial.nm2


最新情報、アドバイス、当ファイル作成上の原則



最新情報のご案内


このファイルには、部位別に米国での現在の標準的な治療法に関する情報(の在処)を記述しています。最新情報は、関連の部位別情報データベース(このファイルの「トップページへ戻る」のリンクからジャンプ)の「治療ニュース、論文、総説」のところをご覧ください。

上記の項目には、欧米の約 50 の専門雑誌、学会報告、ニュース、などのサイトの最新号に於けるがんの治療に関する情報の在処を、可能なかぎり包括的にご紹介しています。決して、極々少数の記事だけを載せているようなものではありません。患者さんや家族さんのご参考にしていただけるものと思います。

アドバイス


治療を医者に決してお任せにならないことをお勧めします。このファイル(もし不十分でしたら、本やインターネットの他の資料)を勉強することで自ら状況を把握され、医者と対等に議論する姿勢を忘れないようにしてください。


当ファイル作成上の原則


複数の資料を参考にしてこのファイルを作成していきますが、各参考資料の内容を無理にまとめることはせず、原則として参考資料ごとに全て併記しておきます。重複したり、場合によっては資料間で矛盾しているように思われる場合があるかも知れませんが、データを残すことを重視しました。

疾患名 =子宮内膜がん(Endometrial cancer)


資料 B=_子宮`内膜`がん_治療プロトコル_


資料名=Medscape Reference


このコーナーでは、上記の資料の内容の概略をご紹介しています。各ページには、当該ページに対応する原資料サイトのページへのリンクを設定してありますが、原資料サイト での ページ構成変更により、リンク切れとなっております場合は、本家サイトの

リンク集のページ

の、「情報の存在を ご紹介しているサイト」の項目に 当該原資料サイトへのリンクを収載しておりますので、そこからジャンプしてください。《当該原資料サイトには、当サイトでご紹介している以外にも豊富な情報が記載されておりますので、原資料サイトをご覧になることを強くお勧めします》

尚、このコーナーでご紹介しております原資料の日付は下記の通りです :

原資料更新時期=May 20, 2011 

本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

当資料の紹介


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_治療__プロトコル_《複数》{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_子宮`内膜`がん_】〓〓 が 提供される--【・以下に】、--【・*を含めて |*←_全般__治療__推奨_《複数》_推奨_《複数》{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_限局`期_、 _転移性_、 _再発性_、及び、_高リスク の _病気_】リスク_分類_《複数》 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、本資料の「資料名」のページ、又は、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Reference (Updated: May 20, 2011)
「英文原題」=Treatment Protocols

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_全般的_治療_推奨_


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_子宮`内膜`がん_ は _治療_される--【・主として*により |*←_外科手術_{☆を含む}¨ ⌒〔 ☆←_子宮摘出術_、 _両側`卵管卵巣`摘除術_、 _腹部`骨盤部`洗浄_、 _リンパ節__評価_】__ : ___進行期_ の _病気_ の _患者さん《複数》_ は ¨ ∬ ¨(される)ことがある 【 ∬=_治療_される--【・*により |*←最大限の_外科的__腫瘍細胞`減少_ 】┏┓。


¨※¨は 存在しない 【・※←_一般的な合意(否定){☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←『何が⇒⇒¨※¨であるのか? 【・※←〈その〉_最良の__化学療法_ 』--【『 』であることから…|『_非常に_少ない_フェーズ_3__研究《複数》_しか_実施_されて在らない--【 ∬ (する)ことのために | ∬=_比較する_【・*を |*←_異なる__化学療法`レジメン_《複数》 】 』】┏┓。

¨※¨は 存在しない 【・※←ガイダンス《複数》、や、推奨《複数》(否定){☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_第二線_、及び、_第三線__治療_ 】┏┓。

_救助《サルベージ》治療__薬_《複数》{☆のような}¨ ⌒〔 ☆← paclitaxel 】〓〓 は ¨ ∬ ¨(である)ことの可能性がある 【 ∬=¨※¨である 【・※←〈一つの〉_選択肢_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_第二線`治療_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =持つ_【・*を |*←_病気__再発_--【・*の後に |*←_第一線`化学療法_ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、本資料の「資料名」のページ、又は、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Reference (Updated: May 20, 2011)
「英文原題」=General treatment recommendations for endometrial cancer

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_限局`期_の_病気_への_治療_推奨_《紹介`省略》


《当サイトでは 進行期・転移性のケースの治療法に重点を置いておりますため、この項目のご紹介は省略します(原文をお読みください)》



リスク分類《紹介`省略》


《この項目のご紹介は省略します(原文をお読みください)》

リスク分類に基づく_術後_補助`化学療法_


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

低リスク_、又は、_低−中等度_リスク


¨※¨は 存在しない 【・※←_証拠_(否定)∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=_示す_【・『 』ということを… |『 _術後__補助`化学療法_ が 減少させる_【・*を |*←¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨¨_再発_、又は、_死亡_{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←_低リスク_、又は、_低−中等度_リスク の _子宮`内膜`がん_ 』 】┏┓。    _補助`療法_{☆による}¨ ⌒〔 ☆←_化学療法_、又は、プロゲステロン_薬_《複数》】〓〓 は _推奨されない┏┓。

_高−_中等度_リスク


_患者さん《複数》_ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=_利益を得る--【・*から |*←_術後__補助`放射線`療法_ 】┏┓。

_高リスク_


_補助`療法_ は _推奨される--【・*のために |*←_全ての_¨患者さん《複数》--【・*を含めて |*←_放射線`療法_、及び、_化学療法_ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、本資料の「資料名」のページ、又は、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Reference (Updated: May 20, 2011)
「英文原題」=Postoperative adjuvant chemotherapy based on risk classification

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_転移性 / _再発性 / _高リスク_ケース での _推奨_化学療法


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_単剤_治療_




_併用_治療_




(*)原文にサイクルの長さは記述されていません。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、本資料の「資料名」のページ、又は、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Reference (Updated: May 20, 2011)
「英文原題」=Chemotherapy recommendations for metastatic, recurrent, or high-risk disease

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

資料 A2=_治療_の全体像《ACS 資料のご紹介》(ご紹介作成年月='11/1)


資料名=ACS


このコーナーでは、上記の資料の内容の概略をご紹介しています。各ページには、当該ページに対応する原資料サイトのページへのリンクを設定してありますが、原資料サイト での ページ構成変更により、リンク切れとなっております場合は、本家サイトの

リンク集のページ

の、「情報の存在を ご紹介しているサイト」の項目に 当該原資料サイトへのリンクを収載しておりますので、そこからジャンプしてください。《当該原資料サイトには、当サイトでご紹介している以外にも豊富な情報が記載されておりますので、原資料サイトをご覧になることを強くお勧めします》

尚、このコーナーでご紹介しております原資料の日付は下記の通りです :

原資料更新時期=08/18/2010 

本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

ACS資料の性格


〔 この資料の性格 〕


この情報 は 代表する--【・*を |*←¨見解《複数》{☆の}¨ ~~〔 ☆←〈その〉¨医者《複数》や看護婦《複数》{ ∬ ((を)している)}¨ ~~〔 ∬=活動している--【・*で |*←〈その〉 American Cancer Society's Cancer Information Database Editorial Board 】┃。    これらの見解《複数》 は 基づいている--【・*に |*←@彼らの¨解釈{☆の}¨ ~~〔 ☆←¨研究《複数》{ ∬ (された)}¨ ~~〔 ∬=公刊された --【・*に |*←医学雑誌《複数》】|- また、同様に -|A彼ら自身の専門家としての経験 】┃。

〈その〉¨治療情報{☆に於ける}¨ ~~〔 ☆←この文書】━━_は ¨※¨ではない 【・※←¨公式ポリシー{☆の}¨ ~~〔 ☆←〈その〉 ACS 】━━、そして、それ は 意図されていない--【・*として |*←医学的な¨アドバイス{ ∬ (する)ことのための}¨ ~~〔 ∬=代用となる--【・*の |*←¨専門的技術、や、判断{☆の}¨ ~~〔 ☆←患者さん の 治療チーム 】┃。    それ は 意図されている--【 ∬ (する)ことのために | ∬=助ける--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←患者さん、及び、患者さんの家族さん| ∬=行う--【・*を |*←情報を持っての決定--【・*と一緒に |*←主治医 】┃。

患者さん の 主治医 は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=持つ--【・*を |*←¨理由《複数》{ ∬ (する)ことの}¨ ~~〔 ∬=提案する--【・*を |*←〈一つの〉¨治療計画{§(の性質の)}¨ ~~〔 §←異なる--【・*とは |*←ここに記述されている一般的な治療選択肢《複数》 】┃。    ためらわないで尋ねること--【・*に |*←主治医--【・*について |*←¨疑問《複数》{☆に関する}¨ ~~〔 ☆←患者さん の 治療選択肢《複数》 】┃。 (*)。

(*)mougitaro アドバイス:以上の記述は、言うまでもなく、米国の医師に関するものです。 日本では、ご自分のケースでの治療選択肢について医者に質問することは、米国に優るとも劣らずに重要なことです(その理由については、各種マスメディアで報じられるようになっていますから、ここでは省略します)。 ただし、現実には、日本でも医者に対して遠慮せずに質問する患者さんや家族さんが最近増えてきています。 これは、非常に良いことだと思います。 治療に関する決定を医者に任せるべきではありません。

_一般的_治療_情報


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

--【『 』の後に…|『全ての検査_結果《複数》_ が _レビュー_されて在る 』】〓〓、主治医 は ¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=推奨する_【・*を |*← 1 つ以上の_治療__選択肢_ 】┏┓。    あわてないでもらいたい--【 ∬ (する)ことについて | ∬=決定する 】┏┓。    --【もし『 』なら…|『¨※¨が 存在する 【・※←何か 理解できないこと 』】〓〓、求めること--【 ∬ (する)ように | ∬=再度説明してくれる 】┏┓。    〈その〉_選択_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_治療_】〓〓 は 主として_¨※¨によって異なってくる【・※←〈その〉 がん のタイプ、 _ステージ_ 】┏┓。    _その他の__要因_《複数》も¨ ∬ ¨(する)ことの可能性がある 【 ∬=演じる_【・*を |*←〈一つの〉部分--【 ∬ (する)ことに於いて | ∬=_選択_する_【・*を |*←〈その〉最良の_治療_計画 】┏┓。    これら は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=含む_【・*を |*←_患者さん_の年齢、 _患者さん_の_全体的_健康状態、 子供を もうける意思の有無、 _その他 個人的な考慮《複数》 】┏┓。    必ず、理解してもらいたい_【・*を |*←¨¨全てのリスク《複数》 、及び、 _副作用_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉異なる_治療__選択肢_《複数》--【 ∬ (する)ことの前に | ∬=決定する 】┏┓。

それ《 ∬ すること(右記)》〓〓も 良い考えである……∬=得る_【・*を |*←〈一つの〉セカンド・オピニオン 】┏┓。    このこと は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=■_提供する_【・*を |*← より多くの情報】|-そして-|■_助ける--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←_患者さん_| ∬=自信を持つ--【・*について |*←〈その〉自分が_選択_した_治療_計画 】┏┓。

…(後略:米国 での 保険会社の セカンド・オピニオンに関する要求)…

¨※¨が 存在する 【・※← 4 つの基本的なタイプ《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_治療_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_子宮内膜がん_】__ : ___外科手術_、 _放射線`療法_、 _ホルモン療法_ 、及び、 _化学療法_┏┓。    _外科手術__は ¨※¨である 【・※←〈その〉主要な¨治療{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←大部分の¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←この がん 】┏┓。    しかし、一定の状況下、 〈一つの〉¨併用{☆の}¨ ⌒〔 ☆←これらの_治療_《複数》】〓〓 が ¨ ∬ ¨(される)ことがある 【 ∬=使用される┏┓。    〈その〉_治療__選択_ は ¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=_¨※¨によって異なってくる【・※←〈その〉 がん  の タイプと_ステージ_ 、及び、 _患者さん_の_全体的_医学的 状況 】┏┓。

〈その〉以下の 数章《複数》 は 記述する_【・*を |*←〈その〉異なるタイプ の _治療_《複数》 】┏┓。    これ は 後続される--【・*により |*←〈一つの〉章{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_標準的__治療__選択肢_《複数》{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←それぞれの _病気__ステージ_ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(最新 医学レビュー 10/22/2009)(最新 改訂 08/18/2010)
「英文原題」=General treatment information

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

外科手術《紹介`省略》


《内容イメージの ご紹介は省略します(原文をお読みください)》

_放射線`療法_


概観


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_放射線`療法__は ¨※¨である 【・※←〈その〉¨使用{☆の}{ ∬ (する)ことのための} ¨ ⌒〔 ☆←高エネルギー の _放射線_《 X −線のような 》_⌒∬=殺す_【・*を |*←_がん細胞《複数》_ 】_ 】┏┓。    _放射線`療法_ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=実施される--【 ∬ (する)ことにより | ∬=設置する_【・*を |*←_放射性_物質《複数》--【・*の中に |*←〈その〉身体《 _腫瘍_の近く 》 】┏┓。    この方法 は ¨※¨と呼ばれる【・※←_内照射`放射線`療法_ 、又は、 _近接`照射`療法_ 】┏┓。    もう一つの _選択肢__は ∬ (する)ことである 【 ∬=照射する_【・*を |*←_放射線_--【・*から |*←身体の外《 X −線検査と類似した_手順_で 》 】┏┓。    この方法 は ¨※¨と呼ばれる【・※←_外部線源`放射線療法_ 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←いくらかのケース《複数》】〓〓、※の両方 |※←_近接`照射`療法_ 、及び、 _外部線源`放射線療法_  が 実施される┏┓。    ¨¨〈その〉_ステージ_ 、及び、 _グレード_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉 がん 】〓〓 は 助ける_【 ∬ (する)ことを | ∬=決める_【・*を |*←■_『どの身体領域 が ¨ ∬ ¨の必要があるのか? 【 ∬=曝露される--【・*に |*←_放射線_ 』】|-そして-|■_『どの_放射線`療法_の 方法 が 使用されるべきか 』 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(最新 医学レビュー 10/22/2009)(最新 改訂 08/18/2010)
「英文原題」=Radiation therapy

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

近接`照射`療法


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

--【・*のためには… |*←膣部`_近接`照射`療法_】〓〓、〈一つの〉円筒{ ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=含む_【・*を |*←〈一つの〉_放射線_源 】〓〓 が 設置される--【・*の中へ |*←〈その〉膣部 】┏┓。    --【・*によれば… |*←この方法】〓〓、〈その〉_放射線_ は 主として 影響を与える--【・*に |*←〈その〉領域{☆と接している}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉円筒】、--【・*のような |*←〈その〉_子宮`膣部_《 〈その〉膣部の 上 3 分の 1 》 】┏┓。    近くの 構造《複数》{☆のような}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_膀胱_ 、及び、 _直腸_】〓〓 は 得る_【・*を |*← より少ない_放射線_曝露--【・*よりも |*←〈その〉領域{☆と接している}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉円筒 】┏┓。

この_治療_手順_ は 実施される--【・*に於いて |*←〈その〉_放射線_科{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉病院 、又は、 ケア・センター 】┏┓。    --【・*の約 4 〜 5 週間後に… |*←〈その〉_子宮摘出術_】〓〓、〈その〉外科医 、又は、 _放射線__腫瘍_医 が 設置する_【・*を |*←〈一つの〉特殊なアプリケータ--【・*の中へ |*←〈その〉_患者さん_の 膣部】〓〓、そして、_放射性`物質の ペレット《複数》 が 入れられる--【・*の中へ |*←〈その〉アプリケータ 】┏┓。    ¨※¨が 存在する 【・※← 2 つのタイプの_近接`照射`療法_{ ∬ (される)}¨ ⌒〔 ∬=使用される --【・*のために |*←_子宮内膜がん_】__ : ____低_線量`率 、及び、 _高`線量`率_┏┓。

--【・*に於いては… |*←低_線量`率_近接`照射`療法_】〓〓、〈その〉ペレット《複数》 は 通常 そのままに して置かれる--【・*にわたり |*← 1 日間《 1 回につき 》 】┏┓。    〈その〉_患者さん_ は ¨ ∬ ¨(する)必要がある 【 ∬=動かないでいる--【 ∬ (する)ことのために | ∬=防ぐ--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←〈その〉ペレット《複数》| ∬=動く 】--【・*の間 |*←_治療_】〓〓、そして、_患者さん_ は 通常 留めおかれる--【・*に |*←〈その〉病院--【・*にわたり |*←一晩 】┏┓。    数回の_治療_《複数》 が ¨ ∬ ¨(である)ことがある 【 ∬=¨※¨である 【・※←必要 】┏┓。

--【・*に於いては… |*←_高`線量`率__近接`照射`療法_】〓〓、〈その〉_放射線__は ¨※¨である 【・※← より強力 】┏┓。    それぞれの _投与_ は 必要とする_【・*を |*←〈一つの〉非常に短時間《 通常 1 時間未満 》】〓〓、そして、〈その〉_患者さん_ は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=帰宅する--【・*に(時) |*←その日 】┏┓。    --【・*のためには… |*←_子宮内膜がん_】〓〓、_高`線量`率__近接`照射`療法_ は しばしば 実施される--【・(頻度)|_毎週 1 回 、又は、 _毎日_1 回--【・*にわたり |*←少なくとも 3 回 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(最新 医学レビュー 10/22/2009)(最新 改訂 08/18/2010)
「英文原題」=Brachytherapy

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

外部線源`放射線療法


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

--【・*に於いては… |*←このタイプ の _治療_】〓〓、_放射線_ は 患部`供給される--【・*から |*←〈一つの〉_放射線_源{☆の外の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉身体 】┏┓。

_外部線源`放射線療法_ は しばしば 実施される--【・(頻度)| 1 週間に 5 回で 4 〜 6 週間 】┏┓。    〈その〉皮膚{ ∬ ((を)している)}¨ ⌒〔 ∬=覆っている_【・*を |*←〈その〉_治療_領域 】〓〓 は 注意深く マークされる--【・*により |*←恒久的なインク 、又は、 タトゥー類似の 色素の_注射_ 】┏┓。    〈一つの〉特別な 型{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_骨盤部_ 、及び、 背面`底部】〓〓 が 個別に作成される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=確実にする_【・『 』ということを… |『〈その〉_患者さん_ が 固定されている--【・*に(場所) |*←正確に 同一の位置--【・*のために |*←各回の_治療_ 』 】┏┓。    それぞれ の _治療_ は 必要とする_【・*を |*←半時間 未満】〓〓、しかし、_毎日_の 来院{☆への}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_放射線_センター】〓〓 は ¨ ∬ ¨(である)ことがある 【 ∬=¨※¨である 【・※←疲れさせる的 で 不便 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(最新 医学レビュー 10/22/2009)(最新 改訂 08/18/2010)
「英文原題」=External beam radiation therapy

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

放射線`療法_の_副作用


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_一般普通的_ な _副作用_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_放射線`療法_】〓〓 は 含む_【・*を |*←_疲労感_、_胃の不調《不快感・胸焼け・吐き気》__軟便_ 】┏┓。    深刻な_疲労感_《 これ は ¨ ∬ ¨(しない)ことがある 【 ∬=起きない--【・*まで |*←_治療_開始後 約 2 週間 》〓〓_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉_一般普通的__副作用_ 】┏┓。    _下痢__は ¨※¨である 【・※←_一般普通的_】〓〓、しかし、それ は ¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=コントロールされる--【・*により |*← OTC_薬_《複数》 】┏┓。    _吐き気_ 、及び、 _嘔吐_ が 、また、¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=起きる】〓〓、しかし、それら は ¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=_治療_される--【・*により |*←_治療薬_ 】┏┓。    _副作用_ は ¨ ∬ ¨(する)という傾向がある 【 ∬=悪化する--【『 』の場合…|『_化学療法_ が 実施される--【・*と一緒に |*←_放射線`療法_ 』】┏┓。

皮膚の変化《複数》_は 、また、¨※¨である 【・※←_一般普通的_《 _治療_領域の 皮膚が 日焼けのように 感じたり、見えたりする 》 】┏┓。    --【『 』の時に…|『〈その〉_放射線_ が 通過する_【・*を |*←〈その〉皮膚--【・*へ |*←〈その〉 がん 』】〓〓、それ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=ダメージを与える--【・*に |*←皮膚_細胞《複数》_ 】┏┓。    このこと は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=_引き起こす_【・*を |*←刺激{☆から▽までの}¨ ⌒〔 ☆←_軽度の_一時的な 赤み |▽←恒久的な 変色 】┏┓。    〈その〉皮膚 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=放出する_【・*を |*←水分】《 このこと は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=_導く--【・*へ |*←_感染症_ 》〓〓、従って、 ケア が 必要である--【 ∬ (する)ことのために | ∬=清潔にし、保護する_【・*を |*←_放射線_を 浴びた領域 】┏┓。

_放射線_ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=刺激する_【・*を |*←〈その〉_膀胱_】〓〓、そして、排尿上の問題《複数》 が ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=起きる 】┏┓。    _膀胱_への刺激《 _放射線性`膀胱炎_と呼ばれる 》〓〓 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=もたらす_【・*を |*←不快感 、及び、 頻尿 】┏┓。

_放射線_ は 、また、¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=_導く--【・*へ |*←血球数 低下】、、《 もたらして_【・*を |*←_貧血_《 赤血球数低下 》 、及び、 白血球`減少 】┏┓。    〈その〉血球数 は 通常 戻る--【・*へ |*←正常値--【・*以内に |*←_放射線`療法_終了から 数週間 】┏┓。

_骨盤部__放射線`療法_ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=_引き起こす_【・*を |*←瘢痕`組織の形成{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉膣部 】┏┓。    〈その〉瘢痕`組織 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=させる--【・*を § に ||*←〈その〉膣部| § ←狭い 】┏┓。
…(中略)…
_骨盤部__放射線`療法_ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=ダメージを与える--【・*に |*←〈その〉_卵巣_《複数》】、、《 もたらして_【・*を |*←_過度に早期の閉経 》 】┏┓。    しかし、このこと は ¨※¨ではない 【・※←問題`事項--【・*にとって |*←大部分の¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =_治療_されつつある--【・*のために |*←_子宮内膜がん_ 】、--【『 』の理由で…|『彼ら は 既に 通過して在る_【・*を |*←閉経--【・■_自然的に】|-又は-|■_--【・*の結果として |*←_外科手術_{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=_治療する__【・*を |*←〈その〉 がん 《 _子宮摘出術_ 、又は、 _卵巣__切除_ 》  』】┏┓。

_骨盤部__放射線`療法_ は 、また、¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=_導く--【・*へ |*←〈一つの〉停滞{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉体液{ ∬ ((を)している)}¨ ⌒〔 ∬=灌流している--【・*から |*←〈その〉脚 】┏┓。    このこと は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=もたらす_【・*を |*←_重症の_腫れ《 _リンパ浮腫_ 》 】┏┓。    _リンパ浮腫__は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉_長期的__副作用_】《 それ は 解消しない--【『 』の後にも…|『_放射線`療法_ が 完了した 』】 》 】┏┓。    実際の所、 それ は ¨ ∬ ¨(しない)ことがある 【 ∬=現れない--【・*の間 |*←_治療_完了から 数ヶ月間 】┏┓。    この_副作用__は ¨※¨である 【・※← より_一般普通的_--【もし『 』なら…|『_骨盤部__リンパ節_《複数》 が _切除_された--【・*の間に |*←_外科手術_{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=_切除_する_【・*を |*←〈その〉 がん 】 』】┏┓。

_放射線_{☆への}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_骨盤部_】〓〓 は 、また、¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=弱める_【・*を |*←〈その〉_骨_《複数》】、、《 導いて--【・*に |*←_骨折_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉腰 、又は、 _骨盤部_の_骨_《複数》 》 】┏┓。    それ《=『 』ということ(右記)》〓〓は 重要である……【・=『女性《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =持ったことがある_【・*を |*←_子宮内膜がん_】〓〓 は 直ちに コンタクトする_【・*に |*←主治医--【もし『 』なら…|『彼ら が 持つ_【・*を |*←_骨盤部_ の 痛み 』】 』 】┏┓。    そのような痛み は ¨ ∬ ¨(する)ことの可能性がある 【 ∬=起きている--【・*から |*←〈一つの〉_骨折_、 _再発した_ がん  、又は、 _その他の_深刻な 原因《複数》 】┏┓。

--【もし『 』なら…|『_患者さん__が 持つ_【・*を |*←_副作用_《複数》{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←_放射線`療法_ 』】〓〓、ディスカスすること--【・*と |*←主治医 】┏┓。    ¨※¨が 存在する 【・※←いろいろな事《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =_患者さん_ が できる--【 ∬ (する)ことのために | ∬=■_解消する_【・*を |*←これらの_症状_《複数》】|-又は-|■__予防_する_【・*を |*←これらの_症状_《複数》の 発生 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(最新 医学レビュー 10/22/2009)(最新 改訂 08/18/2010)
「英文原題」=Side effects of radiation therapy

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

化学療法


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_化学療法__とは ¨※¨である 【・※←¨使用{☆の}¨ ⌒〔 ☆← がん と 戦う_薬_《複数》{ ∬ (される)}¨ ⌒〔 ∬=_投与_される--【・静脈_注射_で 、又は、 _経口_で 】┏┓。    これらの_薬_《複数》 は 入る--【・*に |*←_血液_循環】〓〓、そして、到達する_【・*に |*←全ての領域{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉身体】、《 させて--【・*を § に ||*←この_治療_法| § ←_潜在的`可能に 有用--【・*のために |*← がん { ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =拡大して在る--【・*を超えて |*←〈その〉_子宮内膜 】 》 】┏┓。    --【『 』の場合…|『この_治療_法 が _選択_される 』】〓〓、_患者さん_ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=受ける_【・*を |*←〈一つの〉¨併用{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_薬_《複数》 】┏┓。    _併用__化学療法_ は 時として 作用を 表す--【・ より良好に--【・*よりも |*←_単一_ の _薬_--【 ∬ (する)ことに於いて | ∬=_治療する__【・*を |*← がん 】┏┓。

_薬_《複数》{ ∬ (される)}¨ ⌒〔 ∬=使用される --【 ∬ (する)ことのために | ∬=_治療する__【・*を |*←_子宮内膜がん_ 】〓〓 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=含む_【・*を |*← paclitaxel《 Taxol® 》、carboplatin、doxorubicin《 Adriamycin® 》、cisplatin 】┏┓。    最もしばしば、複数の_薬_《複数》 が _併用_される--【・*のために |*←_治療_ 】┏┓。    〈その〉最も_一般普通的_ な _併用_《複数》 は 含む_【・*を |*← carboplatin / paclitaxel 】〓〓、そして、 より_一般普通的_でなく 使用される_レジメン_《複数》 は 含む_【・*を |*← cisplatin / doxorubicin、paclitaxel / doxorubicin 、及び、 cisplatin / paclitaxel / doxorubicin 】┏┓。    --【・*に対しては… |*← がん 肉腫】〓〓、〈その〉_化学療法剤_ifosfamide《 単独で 、又は、 _併用_で--【・*との |*← carboplatin、cisplatin 、又は、 paclitaxel 》 が しばしば使用される┏┓。    しかし、〈その〉¨併用{☆の}¨ ⌒〔 ☆← carboplatin / paclitaxel 】〓〓 は 、また、しばしば使用されつつある--【・*に対して |*← がん 肉腫 】┏┓。

_化学療法_の_副作用_


これらの_薬_《複数》 は 殺す_【・*を |*←_がん細胞《複数》_】〓〓、しかし、、また、ダメージを与える--【・*に |*←いくらかの正常_細胞《複数》_】〓〓、そして、このこと は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=_引き起こす_【・*を |*←_副作用_《複数》 】┏┓。    _副作用_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_化学療法_】〓〓 は _¨※¨によって異なってくる【・※←〈その〉_特定的な__薬_《複数》、 _投与_量、 _投与_期間 】┏┓。    _一般普通的_ な _副作用_《複数》 は 含む_ :

また、 大部分の_化学療法剤_《複数》 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=ダメージを与える--【・*に |*←〈その〉_血液_−産生_細胞《複数》_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_骨髄_ 】┏┓。    このこと は もたらす_【・*を |*←血球数`低下】 :


大部分 の _副作用_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_化学療法_】〓〓 は 解消する--【『 』の時に…|『〈その〉_治療_ が 終了する 』】〓〓、しかし、いくらかの_副作用_《複数》 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=続く--【・_長期間 】┏┓。    異なる_薬_《複数》 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=_引き起こす_【・*を |*←異なる_副作用_《複数》 】┏┓。    例えば、doxorubicin は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=_ダメージを与える_【・*に |*←〈その〉心筋--【・時間と共に 】┏┓。    〈その〉可能性{☆の}¨ ⌒〔 ☆←心臓ダメージ】〓〓 は 上昇する--【『 』につれて…|『 doxorubicin の 総_用量_ が 増加する 』】〓〓、従って、 医者《複数》 は 設定する_【・*を |*←〈一つの〉限度{=『 』に関しての(右記)}¨=『どの程度の_用量_ が _投与_されるか 』 】┏┓。    cisplatin は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=_引き起こす_【・*を |*←_腎臓_ダメージ 】┏┓。     ∬ (する)こと | ∬=摂取する_【・*を |*←多量の水分--【・*の前 、及び、 その後に |*←_化学療法_ 】〓〓 が ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=助ける_【 ∬ (する)ことを | ∬=保護する_【・*を |*←〈その〉_腎臓_《複数》 】┏┓。    ※の両方 |※← cisplatin 、及び、 paclitaxel 〓〓 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=_引き起こす_【・*を |*←_神経_ダメージ《 _ニューロパシー_ 》 】┏┓。    このこと は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=_導く--【・*へ |*←¨¨無感覚、 チクチク感 、又は、 痛みさえも{☆の}¨ ⌒〔 ☆←手足 】┏┓。    ifosfamide は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=障害する_【・*を |*←〈その〉_膀胱_粘膜_【 ∬ して | ∬=_引き起こして_【・*を |*←_膀胱_からの_出血_《 _出血性`膀胱炎_ 》 】┏┓。    このこと は ¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=_予防_される--【 ∬ (する)ことにより | ∬=摂取する_【・*を |*←多量の水分 、及び、 mesna という_薬_--【・*と併行して |*←_化学療法_ 】┏┓。    --【 ∬ (する)ことの前に …| ∬=開始する_【・*を |*←_化学療法_ 】〓〓、必ず_ディスカスすること--【・*について |*←〈その〉_薬_《複数》 、及び、 _有り得る的__副作用_《複数》--【・*と |*←_治療_チーム 】┏┓。

--【『 』の場合…|『_患者さん_ が 持つ_【・*を |*←_副作用_《複数》--【・*の間に |*←_化学療法_ 』】〓〓、覚えておいてもらいたい_【・『 』ということを… |『¨※¨が 存在する 【・※←方法《複数》{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=_予防_したり_治療_する_【・*を |*←多くの_副作用_《複数》 】 』 】┏┓。    例えば、最新の_抗−_吐き気__薬_ は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=_予防_したり低下させる_【・*を |*←_吐き気_ 、及び、 _嘔吐_ 】┏┓。    必ず話し合うこと--【・*と |*←主治医 、又は、 看護婦--【・*について |*←如何なる_副作用_《複数》でも{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =_患者さん_ が 経験しつつある 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(最新 医学レビュー 10/22/2009)(最新 改訂 08/18/2010)
「英文原題」=Chemotherapy

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

ホルモン療法


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_ホルモン療法__は ¨※¨である 【・※←〈その〉¨使用{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_ホルモン_ 、又は、 _ホルモン_ブロック_薬_《複数》--【 ∬ (する)ことのために | ∬=戦う--【・*と |*← がん 】┏┓。    このタイプ の _ホルモン療法__は ¨※¨ではない 【・※←同一(の否定)--【・*とは |*←_ホルモン_《複数》{ ∬ (される)}¨ ⌒〔 ∬=_投与_される --【 ∬ (する)ことのために | ∬=_治療する__【・*を |*←〈その〉_症状_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←閉経 】┏┓。

プロゲスチン《複数》


〈その〉主要な_ホルモン療法_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_子宮内膜がん_】〓〓 は 使用する_【・*を |*←プロゲステロン−様 の _薬_《複数》{☆と呼ばれる}¨ ⌒〔 ☆←プロゲスチン《複数》 】┏┓。    〈その〉最も_一般普通的_に使用されるプロゲスチン《複数》_は ¨※¨である 【・※← medroxyprogesterone 《 Provera® : _注射_剤、と、錠剤がある 》 、及び、 megestrol acetate《 Megace® : 錠剤 》 】┏┓。    これらの_薬_《複数》 は _効果_を表す--【 ∬ (する)ことにより | ∬=遅くする_【・*を |*←〈その〉_成長_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_子宮内膜がん__細胞《複数》_ 】┏┓。    _副作用_《複数》 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=含む_【・*を |*←血糖値 上昇--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←糖尿病 】┏┓。    ほてり、 寝汗 、及び、 体重`増加《 体液`うっ滞 、及び、 食欲増加による 》 が 、また、起きる┏┓。    稀に、_深刻な_血栓《複数》 が 見られる--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆による治療中の}¨ ⌒〔 ☆←プロゲスチン《複数》 】┏┓。

tamoxifen


tamoxifen《 〈一つの〉_抗−エストロゲン_薬_で しばしば_乳がん__治療_に使用される 》 が 、また、¨ ∬ ¨(される)ことがある 【 ∬=使用される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=_治療_する_【・*を |*←_進行期_ 、又は、 _再発性__子宮内膜がん_ 】┏┓。    〈その〉目的{☆の}¨ ⌒〔 ☆← tamoxifen_治療_】〓〓_は ∬ (する)ことである 【 ∬=防ぐ--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←循環しているエストロゲン| ∬=刺激する_【・*を |*←_成長_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_がん細胞《複数》_ 】┏┓。    --【『 』であっても…|『 tamoxifen は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=妨げる--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←エストロゲン| ∬=育てる_【・*を |*←〈その〉_がん細胞《複数》_ 】 』】〓〓、それ は 作用を表す--【・*のように |*←〈一つの〉弱いエストロゲン--【・*に於いて |*←身体 の _その他の_領域《複数》 】┏┓。    それ は ¨ ∬ ¨しない 【 ∬=引き起こす (の否定)_【・*を |*←_骨損失_】〓〓、しかし、それ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=_引き起こす_【・*を |*←ほてり 、及び、 膣部`乾燥 】┏┓。    ¨患者さん《複数》{ ∬ ((を)している)}¨ ⌒〔 ∬=服用している_【・*を |*← tamoxifen 】〓〓 は 、また、持つ_【・*を |*←〈一つの〉増加した¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_深刻な_血栓《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉脚 】┏┓。
◆◆◆◆◆編集メモ:ここまで一旦投稿済み◆◆◆◆◆--

_生殖腺`刺激`ホルモン−放出`ホルモン 作動薬


大部分の¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_子宮内膜がん_】〓〓 は _切除_されて在る_【・*を |*←_卵巣_《複数》--【・*として |*←¨一部{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_治療_ 】┏┓。    _その他の__患者さん《複数》_では、_放射線`療法_ が させて在る--【・*を § に ||*←彼らの_卵巣_《複数》| § ←不活性 】┏┓。    このこと は 低下させる_【・*を |*←〈その〉産生{☆の}¨ ⌒〔 ☆←エストロゲン】〓〓、そして、そのこと  は 、また、¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=遅くさせる_【・*を |*←〈その〉_成長_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉 がん 】┏┓。    _生殖腺`刺激`ホルモン−放出`ホルモン 作動薬《複数》_は ¨※¨である 【・※←もう一つの 方法{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=低下させる_【・*を |*←エストロゲン_レベル_ 】┏┓。    これらの_薬_《複数》 は 停止させる_【・*を |*←エストロゲン産生{☆による}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_卵巣_《複数》--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =¨※¨である 【・※←_閉経前 】┏┓。    例《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_生殖腺`刺激`ホルモン−放出`ホルモン 作動薬《複数》】〓〓 は 含む_【・*を |*← goserelin《 _Zoladex®_ 》 、及び、 leuprolide《 _Lupron®_ 》 】┏┓。    これらの_薬_《複数》 は _注射_される--【・(頻度)| 1 〜 3 ヶ月間に 1 回 】┏┓。    _副作用_《複数》 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=含む_【・*を |*←如何なる_症状_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←閉経】、--【・*のような |*←ほてり 、及び、 膣部`乾燥 】┏┓。    --【もし『 』なら…|『これら の _薬_《複数》 が 使用される--【・*にわたり |*←_長期間《 何年も 》】〓〓、これらの_薬_《複数》 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=弱める_【・*を |*←_骨_《複数》《 時として_骨粗鬆症_ が 発症する 》 】┏┓。

_アロマターゼ阻害薬_


--【『 』の後にも…|『_卵巣_《複数》 が _切除_された 、又は、 機能していない 』】〓〓、エストロゲン は 依然として産生される--【・*に於いて |*←脂肪組織 】┏┓。    これ が ¨※¨となる【・※←〈その〉身体 の 主要な エストロゲンの 源 】┏┓。    _薬_《複数》{☆と呼ばれる}¨ ⌒〔 ☆←_アロマターゼ阻害薬_《複数》】〓〓 は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=停止させる--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←このようなエストロゲン| ∬=産生される 】〓〓、そして、低下させる_【・*を |*←エストロゲン・_レベル_--【・_更に 高度に 】┏┓。    例《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_アロマターゼ阻害薬_《複数》】〓〓 は 含む_【・*を |*← letrozole《 Femara® 》、 anastrozole《 Arimidex® 》 、及び、 exemestane《 Aromasin® 》 】┏┓。    これらの_薬_《複数》 は 最もしばしば 使用される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=_治療する__【・*を |*←_乳がん_ 】〓〓、しかし、それら は ¨ ∬ ¨(である)ことがある 【 ∬=¨※¨である 【・※←有用_--〔・*に於いて |*←〈その〉¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_子宮内膜がん_ 】┏┓。    _副作用_《複数》 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=含む_【・*を |*←関節・筋肉`痛 、及び、 ほてり 】┏┓。    --【もし『 』なら…|『これらの_薬_《複数》 が 使用される--【・*にわたり |*←_長期間《 何年間も 》】〓〓、これらの_薬_《複数》 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=弱める_【・*を |*←_骨_《複数》《 時として_骨粗鬆症_が発症 》 】┏┓。    これらの_薬_《複数》 は 依然として _研究_されつつある--【・*のために |*←使用{ ∬ (する)ことに於いての}¨ ⌒〔 ∬=_治療する__【・*を |*←_子宮内膜がん_ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(最新 医学レビュー 10/22/2009)(最新 改訂 08/18/2010)
「英文原題」=Hormone therapy

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_ステージ_ごとの_治療__選択肢


_診断_《紹介`省略》


《当サイトでは 進行期・転移性のケースの治療法に重点を置いておりますため、この項目のご紹介は省略します(原文をお読みください)》

_ステージ_1_《紹介`省略》


《当サイトでは 進行期・転移性のケースの治療法に重点を置いておりますため、この項目のご紹介は省略します(原文をお読みください)》

_ステージ_2_《紹介`省略》


《当サイトでは 進行期・転移性のケースの治療法に重点を置いておりますため、この項目のご紹介は省略します(原文をお読みください)》

_ステージ_3_


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_ステージ_3_ の  がん  は 拡大して在る--【・*の外側に |*←〈その〉子宮 】┏┓。

--【もし『 』なら…|『〈その〉外科医 が 考える_【・『 』と… |『全ての 見える がん  が ¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=_切除_される 』】〓〓、〈一つの〉_子宮摘出術_ + _両側`性__卵管`卵巣`摘出術_ が 実施される┏┓。    時として¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_ステージ_3_ の  がん 】〓〓 は 必要とする_【・*を |*←〈一つの〉_根治的__子宮摘出術_ 】┏┓。    〈一つの〉_骨盤部_ 、及び、 _傍`大動脈__リンパ節_摘除 が ¨ ∬ ¨(される)ことがある 【 ∬=実施される 】┏┓。    _骨盤`洗浄液_ が ¨ ∬ ¨(される)であろう 【 ∬=採取される】〓〓、そして、〈その〉網 が ¨ ∬ ¨(される)ことがある 【 ∬=_切除_される 】┏┓。    いくらかの医者《複数》 は ¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=試みる_【 ∬ (する)ことを | ∬=_切除_する_【・*を |*←如何なる 残存 がん 《 _腫瘍`体積`減量`手術_ 》 】〓〓、しかし、 ∬ (する)こと | ∬=する_【・*を |*←このこと 〓〓 は 証明されて在らない_【 ∬ (する)と | ∬=助ける--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←_患者さん《複数》_| ∬= より_長期間 _生存_する 】┏┓。

--【『 』の場合…|『検査{☆の前の}¨ ⌒〔 ☆←_外科手術_】〓〓 が 明らかにする_【・『 』ということを… |『 がん  が 拡大して在る--【・余りにも 遠くへ--〔 ∬ (する)ことのためには | ∬=_完全_に_切除_する 】 』】〓〓、_放射線`療法_ が ¨ ∬ ¨(される)ことがある 【 ∬=稀に実施される--【・*の前に |*←如何なる手術 】┏┓。    〈その〉_放射線`療法_ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=縮小させる_【・*を |*←〈その〉_腫瘍_--【 ∬ (する)に十分なだけ | ∬=させる--【・*を § に ||*←_外科手術_| § ←〈一つの〉_選択肢_ 】┏┓。

_ステージ_3A


〈一つの〉 がん  は ¨※¨と見なされる【・※←_ステージ_3 A 】--【『 』の場合…|『それ が 拡大して在る--【・*に |*←■_〈その〉組織{ ∬ ((を)している)}¨ ⌒〔 ∬=カバーしている_【・*を |*←子宮】《 〈その〉_漿膜 》 】|-又は-|■__骨盤部_の_その他の_組織《複数》{☆のような}¨ ⌒〔 ☆←卵管《複数》、や、_卵巣_《複数》《 _付属器_ 》】┏┓。    --【『 』の場合…|『このこと が 起きた 』】〓〓、_治療_{☆の後の}¨ ⌒〔 ☆←_外科手術_】〓〓 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=含む_【・*を |*←_化学療法_、 _放射線`療法_ 、又は、 それらの_併用_ 】┏┓。    _放射線`療法_ は 実施される--【・*に |*←〈その〉_骨盤部_ 、又は、 腹部・_骨盤部_の両方 】┏┓。    時として 膣部_近接`照射`療法_ も 、また、使用される┏┓。

_ステージ_3B


--【・*に於いて… |*←この_ステージ_】〓〓、〈その〉 がん  は 拡大して在る--【・*に |*←〈その〉膣部 】┏┓。    --【・*の後に… |*←_外科手術_】〓〓、_ステージ_3 B の  がん  は ¨ ∬ ¨(される)ことがある 【 ∬=_治療_される--【・*により |*←_放射線`療法_《 _化学療法_も_併用_のことあり 》 】┏┓。

_ステージ_3C


これ は 含む_【・*を |*←■_ がん 《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =拡大して在る--【・*に |*←_骨盤部_ の _リンパ節_《複数》 《 _ステージ_3 C1 》|-及び-|■_ がん 《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =拡大して在る--【・*に |*←大動脈 周囲の_リンパ節_《複数》 《 _ステージ_3 C2 》 】┏┓。    _治療_ は 含む_【・*を |*←_外科手術_ 、と、 それに続いての_化学療法_ 、及び、 _放射線`療法_ 】┏┓。

…(中略:_高−グレード_ がん の場合の手術)…
--【・*の後に… |*←手術】〓〓、_化学療法_、 _放射線`療法_ 、又は、 それらの両方 が ¨ ∬ ¨(される)ことがある 【 ∬=実施される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=助ける_【 ∬ (する)ことを | ∬=防止する_【・*を |*← がん _再発_ 】┏┓。    〈その〉_化学療法_ は 通常含む_【・*を |*←〈その〉_薬_《複数》 carboplatin 、及び、 paclitaxel《 より_一般普通的_ではない_薬_《複数》として cisplatin 、及び、 doxorubicin 》 】┏┓。

いくらかの¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉_ステージ_3_子宮`_がん肉腫_】〓〓 は しばしば受ける_【・*を |*←〈その〉同一のタイプ の 手術{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =使用される--【・*のために |*←〈一つの〉_高−グレード_ がん 】┏┓。    --【・*の後に… |*←_外科手術_】〓〓、_放射線`療法_、 _化学療法_ 、又は、 それらの両方 が ¨ ∬ ¨(される)ことがある 【 ∬=使用される 】┏┓。    〈その〉_化学療法_ は しばしば含む_【・*を |*←〈その〉_薬_《複数》 paclitaxel 、及び、 carboplatin 】〓〓、しかし、ifosfamide + paclitaxel 、又は、 cisplatin が ¨ ∬ ¨(される)ことがある 【 ∬=使用される 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(最新 医学レビュー 10/22/2009)(最新 改訂 08/18/2010)
「英文原題」=Stage III

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

ステージ_4


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_ステージ_4 A : これらの がん 《複数》 は 成長して在る--【・*の中へ |*←〈その〉_膀胱_ 、又は、 腸 】┏┓。

_ステージ_4 B : これらの がん 《複数》 は 拡大して在る--【・*へ |*←_リンパ節_《複数》{☆の外の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_骨盤部_ 、又は、 _傍`大動脈_領域 】┏┓。    この_ステージ_ は 、また、含む_【・*を |*← がん 《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =拡大して在る--【・*へ |*←〈その〉_肝臓_、 肺《複数》 、又は、 _その他の_臓器《複数》 】┏┓。

〈その〉_患者さん_ は ¨ ∬ ¨(する)と考えられる 【 ∬=持つ_【・*を |*←〈その〉最良のチャンス--【もし『 』なら…|『全ての 可視の がん  が ¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=_切除_される】〓〓、そして、生検《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉腹部】〓〓 が ¨ ∬ ¨しない 【 ∬=示す (の否定)_【・*を |*←_がん細胞《複数》_ 』】┏┓。    このこと は ¨ ∬ ¨(である)ことがある 【 ∬=¨※¨である 【・※←_有り得る的_--【もし『 』なら…|『〈その〉 がん  が 拡大して在る--【・*にだけ |*←_リンパ節_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉腹部 、及び、 _骨盤部_ 』】┏┓。    --【・*に於いては… |*←大部分のケース《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_ステージ_4__子宮内膜がん_】〓〓、〈その〉 がん  は 拡大して在る--【・余りにも遠くへ--〔 ∬ (する)ことのためには | ∬=_外科手術_で_切除_する 】〓〓、そして、このこと は 意味する【・『 』ということを… |『 〈一つの〉_外科的_治癒_は ¨※¨である 【・※←不可能 』 】┏┓。    ただ、〈一つの〉子宮_切除術_ 、及び、 両側 _卵管`卵巣`摘出術_ が 依然として¨ ∬ ¨(される)ことがある 【 ∬=実施される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=_予防_する_【・*を |*←過度の_出血_ 】┏┓。    _放射線`療法_ が 、また、¨ ∬ ¨(される)ことがある 【 ∬=使用される--【・*の理由から |*←_左記 】┏┓。    --【『 』の場合…|『〈その〉 がん  が 拡大して在る--【・*に |*←_その他の_部分《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉身体 』】〓〓、_ホルモン療法_ が ¨ ∬ ¨(される)ことがある 【 ∬=使用される 】┏┓。    _薬_《複数》{ ∬ (される)}¨ ⌒〔 ∬=使用される --【・*のために |*←_ホルモン療法_】〓〓 は 含む_【・*を |*←プロゲスチン《複数》 、及び、 tamoxifen 】┏┓。    _アロマターゼ阻害薬_《複数》 が 、また、¨ ∬ ¨(である)ことがある 【 ∬=¨※¨である 【・※←有用的】〓〓、そして、それら は _研究_されつつある┏┓。    _高−グレード_ の  がん 《複数》 、及び、 検出可能なプロゲステロン・_レセプタ_《複数》を有さない がん 《複数》 は ¨ ∬ ¨しそうにない 【 ∬=_反応_しそうにない【・*に |*←_ホルモン療法_ 】┏┓。

_併用_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_化学療法剤_《複数》】〓〓 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=助けになる--【・*にわたり |*←一定の期間--【・*に於いて |*←いくらかの¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_進行期__子宮内膜がん_ 】┏┓。    〈その〉最もしばしば使用される_薬_《複数》_は ¨※¨である 【・※← paclitaxel《 Taxol® 》、doxorubicin《 Adriamycin® 》 、及び、 carboplatin か cisplatin の いずれか 】┏┓。    これらの_薬_《複数》 は しばしば使用される--【・_併用_で 】┏┓。    _ステージ_4_ の  がん 肉腫 は しばしば_治療_される--【・*により |*←〈その〉_同様_ な _化学療法_ 】┏┓。    cisplatin、ifosfamide 、及び、 paclitaxel が 、また、¨ ∬ ¨(される)ことがある 【 ∬=_併用_される 】┏┓。    ¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_ステージ_4__子宮内膜がん_】〓〓 は ¨ ∬ ¨(する)べきである 【 ∬=考慮する_【 ∬ (する)ことを | ∬=参加する_【・*に |*←_臨床試験_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_化学療法_ 、又は、 _その他の_新しい_治療_《複数》 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(最新 医学レビュー 10/22/2009)(最新 改訂 08/18/2010)
「英文原題」=Stage IV

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

再発性__子宮内膜がん


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

がん  は ¨※¨と呼ばれる【・※←_再発性_--【『 』の時に…|『それが 戻ってくる--【・*の後に |*←_治療_ 』】┏┓。    _再発_ は ¨ ∬ ¨(である)ことがある 【 ∬=¨※¨である 【・※←_局所的_《 当該 がん が発生した場所 、又は、 その近く での _再発_ 》 、又は、 遠隔的《 拡大{☆への}¨ ⌒〔 ☆←臓器《複数》{☆のような}¨ ⌒〔 ☆←肺《複数》 、又は、 _骨_ 》 】┏┓。    _治療_ は _¨※¨によって異なってくる【・※←¨¨〈その〉量 、及び、 位置{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉 がん 】┏┓。    --【もし『 』なら…|『〈その〉_再発した がん _が ¨※¨に存在している 【・※←〈その〉_骨盤部_だけ 』】〓〓、_放射線`療法_ が ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=提供する_【・*を |*←〈一つの〉治癒 】┏┓。    ¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆← より広範な_再発_《複数》】〓〓 は _治療_される--【・*と同様に |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_ステージ_4__子宮内膜がん_ 】┏┓。    _ホルモン療法_ 、又は、 _化学療法_ が _推奨_される┏┓。    _低`グレード_ の  がん 《複数》{ ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=含む_【・*を |*←プロゲステロン・_レセプタ_《複数》 】〓〓 は ¨ ∬ ¨(する)という傾向が より強い 【 ∬=良好に_反応_する_【・*に |*←_ホルモン療法_ 】┏┓。     より高_グレード_ の  がん 《複数》 、及び、 ¨¨ がん {☆を有しない}¨ ⌒〔 ☆←検出可能な_レセプタ_《複数》】〓〓 は ¨ ∬ ¨しそうにない 【 ∬=縮小しそうにない--【・*の間に |*←_ホルモン療法_】〓〓、しかし、それら は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=_反応_する_【・*に |*←_化学療法_ 】┏┓。    _臨床試験_《複数》_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←新しい_治療_《複数》】〓〓_は ¨※¨である 【・※←もう一つの _選択肢_ 】┏┓。

--【もし『 』なら…|『_患者さん《複数》__が 持つ_【・*を |*←_その他の_医学的 条件《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =させる--【・*を § に ||*←彼ら| § ←受けられない_【・*を |*←_外科手術_ 】 』】〓〓、_放射線`療法_単独 、又は、 _ホルモン療法_との_併用_ が _一般的に 使用される┏┓。    〈その〉_予後_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←これらの_患者さん《複数》_】〓〓_は ¨※¨ではない 【・※←同等的に良好(の否定)--【・*と比較して |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =受けられる_【・*を |*←_外科手術_ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(最新 医学レビュー 10/22/2009)(最新 改訂 08/18/2010)
「英文原題」=Recurrent endometrial cancer

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_研究_・_治療_の新動向


分子`病理学


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_最近_ の _研究_ は _改善_して在る_【・*を |*←我々の 理解{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←『どのようにして、¨¨変化《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←一定の 分子《複数》】〓〓 が ¨ ∬ ¨(する)ことができるのか 【 ∬=させる--【・▽が¨ ∬ ¨するように||▽←正常な_子宮内膜_細胞《複数》_| ∬= がん 化する 】 』 】┏┓。    それ《=『 』ということ(右記)》〓〓は 数年前から 知られて在る……【・=『ダメージを受けたり、欠陥がある DNA《 _遺伝子`変異_《複数》 》 は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=変化させる_【・*を |*←重要な_遺伝子_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =制御する_【・*を |*←_細胞__成長_ 】 』 】┏┓。--【もし『 』なら…|『これらの_遺伝子_ が ダメージを受ける 』】〓〓、コントロールされない _成長_ が ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=もたらす_【・*を |*← がん 】┏┓。

時として、_子宮内膜がん_ 、及び、 _結腸がん_ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=¨ ∬ ¨(する)ように見える 【 ∬=伝わる--【・*に於いて |*←〈一つの〉家族 】┏┓。    我々は 今や 知っている_【・『 』ということを… |『¨いくつか{☆の}¨ ⌒〔 ☆←これらの家族《複数》】〓〓_は 持つ_【・*を |*←〈一つの〉 より高いリスク{☆への}¨ ⌒〔 ☆←これらの がん 《複数》--【『 』の理由で…|『彼ら_は 持つ_【・*を |*←〈一つの〉遺伝的な 欠陥{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←特定の_遺伝子_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =正常では 助ける_【 ∬ (する)ことを | ∬=修復する_【・*を |*←ダメージ{☆への}¨ ⌒〔 ☆← DNA 】 』】 』 】┏┓。    --【もし『 』なら…|『これらの修復酵素《複数》 が 正しく 働いていない 』】〓〓、¨¨ダメージ{☆への}¨ ⌒〔 ☆← DNA 】〓〓 は  より¨ ∬ ¨しやすい 【 ∬=持続する】〓〓、そして、_引き起こす_【・*を |*← がん 】┏┓。    _同様_ な DNA 修復`欠陥《複数》 が 、また、見出されて在る--【・*に於いて |*←_子宮内膜がん__細胞《複数》_{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←いくらかの¨患者さん《複数》{☆を有しない}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉遺伝的な 傾向{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=発症する_【・*を |*←これらの_病気_ 】┏┓。    ¨一つ{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉正常な_遺伝子_《複数》{§(の性質の)}¨ ⌒〔 §←担当している_【 ∬ (する)ことを | ∬=抑える_【・*を |*←_腫瘍__成長_ 《 PTEN_遺伝子_と 呼ばれる 》 が しばしば¨※¨である 【・※←異常_--〔・*に於いて |*←_子宮内膜がん_《複数》 】┏┓。

検査《複数》{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←上記の 、及び、 _その他の__遺伝子_変化《複数》】〓〓 が いつか¨ ∬ ¨(する)ことの可能性がある 【 ∬=助ける_【 ∬ (する)ことを | ∬=見出す_【・*を |*←_子宮内膜がん_《複数》--【・_早期_に 】┏┓。    _子宮内膜がん_《複数》{☆を有しない 、又は、 不活性化している}¨ ⌒〔 ☆←_その他の__腫瘍_抑制_遺伝子_《複数》{☆のような}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉 retinoblastoma (Rb)_遺伝子_ 、及び、 p53_遺伝子_】〓〓 は ¨ ∬ ¨(である)という傾向がある 【 ∬=_再発_しやすい--【・*の後に |*←初回_治療_ 】┏┓。    検査《複数》{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←これらの 、及び、 _その他の_DNA 変化《複数》 は ¨ ∬ ¨(される)ことの可能性がある 【 ∬=いつの日か 使用される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=助ける_【 ∬ (する)ことを | ∬=■_予測する_【・*を |*←『その がん  が どの程度_攻撃的_で あるのだろうか 』 】|-そして-|■__選択_する_【・*を |*←〈その〉最良の_治療_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←個別 の _患者さん_】┏┓。    〈その〉_長期的_目標{☆の}¨ ⌒〔 ☆←この分野の_研究_】〓〓_は ¨※¨である 【・※←_遺伝子_治療{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=正常化する_【・*を |*←〈その〉 DNA 異常《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =させた--【・*を § に ||*←〈その〉_子宮内膜_細胞《複数》_| § ←悪性 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(最新 医学レビュー 10/22/2009)(最新 改訂 08/18/2010)
「英文原題」=Molecular pathology of endometrial cancer

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

腫瘍_マーカー、新_治療_、外科手術


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_腫瘍_マーカー《複数》


分子《複数》{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=放出された --【・*から |*←_がん細胞《複数》_】〓〓 は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=助ける_【 ∬ (する)ことを | ∬=検出する_【・*を |*←_再発_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←いくつかのタイプ の  がん 】┏┓。    例えば、 CA 125_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉有用なマーカー--【 ∬ (する)ことに於いて | ∬=見つける_【・*を |*←_再発性__卵巣がん_ 】┏┓。    _最近_ の _研究《複数》_ は 見出す_【・『 』ということを… |『_血液_検査《複数》{☆への}¨ ⌒〔 ☆← CA 125 】〓〓 は 、また、¨ ∬ ¨(である)ことがある 【 ∬=¨※¨である 【・※←有用的_--〔 ∬ (する)ことに於いて | ∬=見つける_【・*を |*←_再発性__子宮内膜がん_】、--【『 』の前に…|『_腫瘍`病巣__が ¨※¨である 【・※←見える_--〔・*により |*← CT 、又は、 MRI スキャン《複数》 』】〓〓、 】 』 】┏┓。     ∬ (する)こと | ∬=測定する_【・*を |*← CA 125_レベル_--【・*の前に |*←_外科手術_ 】〓〓 は 、また、¨ ∬ ¨(である)ことがある 【 ∬=¨※¨である 【・※←有用的--【『 』の場合…|『それ《=『 』ということ(右記)》〓〓のようである……【・=『〈その〉 がん  が ¨ ∬ ¨(する)ことの可能性がある 【 ∬=拡大して在る 』】┏┓。    これ は ¨ ∬ ¨(である)ことがある 【 ∬=¨※¨である 【・※←有用的--【 ∬ (する)ことに於いて | ∬=決定する_【・*を |*←■_どの_患者さん_ が ¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=_利益_を得る--【・*から |*←_外科的__ステージ_決め】|-そして-|■_どの_患者さん_ が ¨ ∬ ¨(される)であろう 【 ∬=_安全的_に _治療_される--【・*により |*←子宮_切除術_--【・*無しに |*←_リンパ節_採取 』 】┏┓。

新しい_治療_《複数》


_研究者《複数》_ は 調べつつある_【・*を |*←新しい_薬_《複数》、_併用__レジメン_《複数》 、及び、 _分子標的`治療`薬_《複数》--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒【 ☆←_進行期__子宮内膜がん_ 】┏┓。    〈その〉¨使用{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_補助`化学療法_《 _放射線`療法を_併用_することあり 》】〓〓_が 、また、¨※¨である 【・※←_研究_中 】┏┓。

_外科手術_( _センチネル`リンパ節_摘除 )


《この項目のイメージご紹介は省略します。原文をお読みください》


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(最新 医学レビュー 10/22/2009)(最新 改訂 08/18/2010)
「英文原題」=Tumor markers  New treatments  Surgery

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

資料 A



資料 Source

American Cancer Society ホームページ
原文へのリンク: 本コーナーでは、情報の在処と記事概要の迅速なご紹介を目的としています。内容そのものや最新情報は、下記リンク先の原文をお読みになって、ご確認ください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、トップページへのリンクです。ご了解ください)


American Cancer Society のホームページ



当サイトの部位別治療法のページへ


key words(編集用の記述):がん、がん、癌、腫瘍、白血病、メラノーマ、欧州、米国、アメリカ、標準治療、抗がん剤、抗がん剤、抗癌剤、血液、リンパ、脳、乳がん、肝臓、胃、大腸、小腸、結腸、直腸、子宮、卵巣、精巣、頭頸部、肺、膵臓、前立腺、皮膚、甲状腺、腎臓、膀胱、神経

更新日付

最初のまとめ:2005年 9月 20日

A0+ ステージ決め

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

ステージ決めは、診断で得た情報を分析して、がんがどの程度拡大しているかを決める作業である。子宮内膜がんの治療を選択するための要因として、ステージが最も重要である。患者さんは、治療チームに対し、自分自身のがんのステージを確認し、治療に関して十分熟知した上での選択ができるようにすべきである。
子宮内膜がんのステージを記述するために使用するシステムは、FIGO (Federation of Gynecology and Obstetrics)によるシステムである。このシステムは、外科的なシステムである。つまり、手術の結果切除した組織を基に、ステージがん決めを実施するシステムである。FIGO システムに於いて、がんはステージ I からステージ IV に分類される(これらのステージのうち、いくつかについては、更に細かく分類する:例えば、ステージ II は、ステージ IIA、IIB、IIC に細分類される)。

ステージシステムで問題とするのは、がんがどの程度遠くまで拡大しているかである。局所的に拡大していることもある(子宮の他の部分への拡大のこと)。また、リンパ節へ拡大していることもある。子宮内膜がんからは、骨盤内や、(大動脈に沿って)更に遠くの位置に存在しているリンパ節へ拡大することがある。。大動脈とは、大きな動脈で、腹部と骨盤部の背面(つまり、背骨の前)に沿って走っており、下半身に血液を供給している。大動脈に沿って(まとわりついたような感じ)位置しているリンパ節を、大動脈周囲リンパ節という。がんは、より遠方の臓器(肺、肝臓、骨、脳、など)に拡大することがある。

◇ステージ I :がんは子宮の体部に限局しており、リンパ節や遠方へは拡大していない。
‥‥ステージ IA :がんの最も早期の段階であり、がんは子宮内膜(子宮の内面の粘膜)に限局している。‥‥ステージ IB :がんは、子宮内膜から出ているが、子宮筋層の中間以下にまでしか拡大していない。
‥‥ステージ IC :がんは、子宮内膜から出ており、子宮筋層の中間を越えている。

◇ステージ II :がんは子宮の体部から出て、子宮頚(子宮の、より低い部分で、膣の隣り)へ拡大している。リンパ節や遠い個所には拡大していない。
‥‥ステージ IIA :がんは子宮の体部、及び、子宮頚管内膜の腺(子宮頚の内面粘膜を形成している腺)に存在している。
‥‥ステージ IIB :がんは子宮の体部、及び、子宮頚の間質(子宮頸の支持結合組織)に存在している。

◇ステージ III :がんは、子宮の外に出ているが、骨盤領域に留まっている。
‥‥ステージ IIIA :がんは、子宮の漿膜(子宮の外面にある組織層)か子宮付属器(子宮のすぐ横にある卵管や卵巣のような組織)に拡大している。又は、腹水(腹腔に存在している液体)内にがん細胞が存在する。
‥‥ステージ IIIB :がんは、腟に拡大している。リンパ節や遠くの個所へは拡大していない。
‥‥ステージ IIIC :がんが子宮の近くのリンパ節(骨盤部、又は、大動脈周囲のリンパ節)に拡大している。(がんのサイズには関係ない)

◇ステージ IV :がんは、以下のいずれかの個所に拡大している:
膀胱か直腸の粘膜 又は 鼠径部のリンパ節 又は 子宮から離れた臓器(骨、肺、など)
‥‥ステージ IVA :がんは、直腸か膀胱の粘膜に拡大している。リンパ節には拡大していることがあるが、遠くの個所へは拡大していない。
‥‥ステージ IVB :がんは、子宮から離れた臓器(骨、肺、など)に拡大している。がんのサイズやリンパ節への拡大には関係ない。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


A1+ 治療の概観

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

診断がなされると、診療チームは、患者さんに治療選択肢のどれかを勧める。この時患者さんは、決定を急がないこと。何か理解できないことがあれば、再度説明するよう求めること。

治療法を選ぶ場合に考慮される要因の中で最も主要なのは、がんのタイプと、ステージである。

その他の考慮すべき要因としては、患者さんの年齢、患者さんの全体的な健康状態、子供をもうける意図があるかどうか、その他の個人的な考慮事項、などである。

治療法を実際に選択する前に、必ず、それぞれの治療法のリスクと副作用について理解しておくこと。

セカンドオピニオンを聞くのも良いかも知れない。それによって、より多くの情報が得られ、自分が選択する治療方法について、自信を持つ上で助けとなる。(保険会社の中には、特定の治療方法については、償還を認める条件としてセカンドオピニオンを求めるところがある。しかし、通常の治療方法については、セカンドオピニオンを求めることはない(*))

(*)mougitaro注:もちろん、この括弧の中の記述は、米国に特有なものです。しかし、日本の一般的な医者のレベルの低さを考えると、何らかの形で複数の医者の意見を聞くのは有意義であると考えます。

子宮内膜がんの治療法としては、基本的に 4 種類の治療法がある。つまり、外科手術、放射線療法、ホルモン療法、化学療法である。外科手術が大部分の場合に主要な治療法となる。しかし、一定の状況では、いくつかの治療法を組み合わせることがある。治療の選択は、がんのタイプ、ステージ、患者さんの全体的な状態、による。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


A2+ 外科手術

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

子宮内膜がんに対する主要な治療法とは、外科手術による子宮全体(子宮頸部を含む)、卵巣、卵管、の切除である。この手術は通常、腹部の切開により実施する。腟の切開によって子宮を切除することも可能であるが、この方法では、がんの拡大の程度を確認するのが困難である。しかし、腹腔鏡による手術の場合には、膣の切開によることが可能である。

子宮を腹部切開で切除する場合、手術の名称は、「腹式子宮摘出術」、及び、「両側卵管卵巣摘出術」という。子宮と子宮頸部とだけを切除する方法(単純、又は、全子宮摘出術、という)が勧められることは稀である。

リンパ節検体採取が必要な場合は、腹式子宮摘出術時の切開によって実施可能である。腟式子宮摘出術(腟の切開を通しての子宮切除)で手術を実施する場合には、腹腔鏡を使ってのリンパ節検体採取が可能である。

手術は、全身麻酔下、又は、部分麻酔下に実施する。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【根治的子宮摘出術】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

この方法でも子宮全体を切除する。しかし、この方法の場合には、子宮に隣接した組織(子宮傍組織、直腸子宮ヒダ、子宮頚に隣接した腟の上部{ 1 インチ程度})も切除する。この方法は、がんが子宮頸部や子宮傍組織に拡大している場合に実施する。

この方法を実施した場合の、手術後の入院日数は、平均 7 日間である。

この手術の結果、子供をもうけることは不可能になる。合併症は高頻度ではないが、過度の出血、創傷感染、泌尿器系や腸管系へのダメージがあることがある。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【骨盤リンパ節、及び、大動脈周囲リンパ節切除】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

この手術の目的は、がんがリンパ節に拡大しているかどうかを確認することで、手術としては、骨盤、及び、大動脈周囲のリンパ節をいくつか切除する。

この手術は通常、単純腹式子宮摘出術や根治的な腹式子宮摘出術のための腹部切開を通して実施する。腟式子宮摘出で手術を行う場合には、腹腔鏡を使用してこれらのリンパ節を切除する。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【腹腔鏡使用のリンパ節検体採取】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

子宮内膜がんに対する通常の手術は、腹式子宮摘出術と、当該手術中に実施するリンパ節検体採取である。
腹腔鏡手術は、比較的に新しい技術であるが、非常に小さい切開孔を通じてリンパ節を切除するため、手術後の回復が早い。

現在、この方法がはたして従来の手術法と同等に子宮内膜がん治療に有効かどうか、研究が進展中である。但し、多くの腫瘍医は、腹腔鏡によるリンパ節検体採取が効果的であると考えており、患者さんに対して選択肢の一つとしてこの方法を提示している。腹腔鏡を使用すると、腹部臓器の状況を視覚的に確認可能である。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【外科手術後の回復】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

腹式子宮摘出術の場合、入院期間は通常、3〜5 日間である。完全な回復には、4〜5 週間を必要とする。腹腔鏡の使用をした腟式子宮摘出の場合は、入院期間は通常、1〜2 日間、完全回復に 2〜3 週間が必要である。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


A3+ 放射線療法

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

放射線療法では、高エネルギーの放射線を使用してがん細胞を殺す。放射線のあて方の一つは、(X線写真をとるのと同様に)、身体の外からあてる方法で、外部線源放射線療法という。もう一つは、放射性物質をがんの近くに埋め込む方法で、近接照射療法という。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【近接照射療法】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

がんがどの程度拡大しているかによって、どの程度の広さの骨盤部に放射線をあてる必要があるのかが決まる。場合によっては、腟の上部 1/3 だけに放射線をあてれば良い場合があり、この場合には、放射性物質埋め込み用の装置は腟から入れる。

子宮摘出手術の 4〜6 週間後、上記の装置を膣から入れ、この装置に放射性物質の小粒を入れる。何度かの治療が必要となることがある。腟からの近接照射療法では、近くの組織(膀胱、直腸、など)には放射線の影響はほとんどない。この方法を実施する場所は、病院の放射線室である。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【外部線源放射線療法】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

外部線源放射線療法のほうが、より一般に知られた方法であり、放射線療法を身体の外からあてる。場合によっては、近接照射と外部線源照射の両方を実施することもある。

外部線源放射線療法の場合は、1 週間に 5 日の治療を 4〜5 週間続ける。治療領域の皮膚には注意深く目印のインクマークをつける。それぞれの患者さんに合わせて、骨盤部と腰の型を作り、治療の時に、毎回正確な位置に照射できるようにする。

各回の治療に必要な時間は、30 分未満である。しかし、毎日放射線センターへ通うのはたいへんだし、不都合であることもある。

一般的な副作用の一つは、重症の疲労感である(治療が始まってから 2 週間ほどして起きることがある) 放射線ががんに達する前に皮膚を通過するため、皮膚の細胞にダメージを与えることがある。この副作用は稀であるが、起きる場合には、程度に大きな幅(一時的で軽度の発赤から、恒久的な変色まで)がある。皮膚から液体が分泌されることがあり、これは感染の原因となり得る。従って、放射線があたる領域の皮膚は清潔にして、皮膚が損なわれたり感染したりするのを予防する必要がある。


下痢も一般的な副作用であるが、通常は一般薬(処方せん無しで薬局で買える薬)でコントロール可能である。膀胱への刺激により、放射線膀胱炎が起きることがある。その結果、不快感があったり、頻尿になったりすることがある。

骨盤への放射線照射の結果として、腟の狭窄症(膣が瘢痕組織によって狭くなる)が起きることがある。しかし、この副作用は、膣の壁を腟ストレッチャー(腟を伸ばすためのプラスチックやゴムのチューブ)の使用などによって伸ばすことで、予防可能である。

放射線療法による副作用が起きた場合、その副作用について治療チームとディスカスすること。それらの副作用を軽減したり、予防するための方法が存在するからである。

骨盤への放射線照射によって、骨盤の骨が弱まることがある。子宮内膜がんの治療として骨盤部への放射線療法を受けた人は、骨盤の骨が骨折するリスクが若干高い。従って、骨盤に痛みを感じた場合には、医者に直ちに連絡すること。痛みの原因が、骨折、がんの再発、などであることがある。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


A4+ 化学療法

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

化学療法では、抗がん剤を服用したり、静脈注射したりするのが普通で、その場合、薬は血液中に入って全身に到達する。従って、化学療法は、がんが子宮内膜の外へ拡大したケースで有用である。

化学療法に於いては、複数の化学療法剤を併用して投与することがある。この併用化学療法は、時として、単独の化学療法剤よりも有効である。

子宮内膜がんを治療するために使用される化学療法剤としては、ドキソルビシン(アドリアマイシン)、シスプラチン、パクリタキセル(タキソール)、などがある。

これらの薬は、がん細胞を殺すが、若干の正常細胞にもダメージを与えることがあり、その結果、副作用が起きる。従って、副作用を最小限にするための注意が必要である。

これらの副作用は、薬のタイプ、投与量、投与期間の長さ、によって異なる。症状としては、吐き気や嘔吐、食欲低下、口内炎、腟の潰瘍、脱毛、などがある。

化学療法剤は、骨髄にある造血細胞にダメージを与えることがあるため、血球数が少なくなることがある。その結果起きることがあるのは:
◇感染リスクの増大(白血球不足による)
◇軽度の切り傷やケガによる出血やアザ(血小板の不足による)
◇疲労感、息切れ(赤血球の不足による)

大部分の副作用は、治療を止めれば消失する。化学療法の副作用の多くに対しては、治療法があることを覚えておくこと。例えば、吐き気や嘔吐の予防や治療には、制吐剤が有効である。副作用の問題がある場合は、治療チームに告げること。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


A5+ ホルモン療法

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

子宮内膜がんのホルモン療法に使われる薬として主なものは、プロゲスチン(黄体ホルモンに類似した、薬のグループ)である。プロゲスチンのなかで最も使用されているのは、酢酸メドロキシプロゲステロン(Provera{注射剤、錠剤})と、酢酸メゲストロール(Megace{錠剤})である。これらの薬は、子宮内膜がんの成長を遅くする。

タモキシフェン、(乳がんの治療のためにしばしば使用される薬)も、進行性、又は、再発性の子宮内膜がん治療に使用されることがある。タモキシフェン治療の目的は、身体の中のエストロゲンが子宮内膜がん細胞の成長を刺激するのを予防することである。

タモキシフェンは、エストロゲンの子宮内膜がん細胞刺激を抑える作用をもっているが、身体の他の個所では、弱いエストロゲン的な作用をもっている。これにより、タモキシフェンには、早期の閉経による骨量低下や心臓障害を抑える効果があるようである。

子宮内膜がんの患者さんの場合は、多くのケースで、卵巣の切除を受けているか、又は、放射線療法によって卵巣が活動しなくなっている。その結果、エストロゲンの産生は低下しており、がんの成長が遅くなっていることがある。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


A6- 臨床試験

(省略)

A7- 代替治療

(省略)

A8+ ステージ別治療選択肢

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

mougitaro 注:以下の記述に於いて、「グレード」という用語が出てきますが、これはステージとは異なる概念で、ステージががんの拡大の程度を言うのに対し、グレードは、がんの悪性度(正常細胞とどの程度違っているか)を言う言葉です。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【ステージ I 】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

内膜生検や D&C(*)の結果、がんがグレード 1 である場合、外科手術の程度は、ステージ決め手術の結果によって決まる。子宮切除と両側の卵管卵巣摘出術(BSO)が実施される。子宮を切除し次第、切除した子宮を検査して、どの程度の広さ、深さにがんが拡大しているかを調べる(肉眼で観察することも、顕微鏡下に観察することもある)。

(*)mougitaro注: D&Cというのは、子宮の入り口を広げ、特殊な器具を入れて、子宮内面の粘膜を掻き取る技術のことです。

がんが子宮体部の上 2/3 に存在し、子宮壁の厚さの半分以下の深さにしか拡大していない場合、リンパ節を切除しないか、又は、骨盤部や大動脈周囲のリンパ節の一部を切除することがある。これらのリンパ節にがんが存在せず、かつ、骨盤内部や腹部のスペースから採取した洗浄液や組織・細胞検体にもがん細胞が存在しない場合、これ以上の治療(放射線療法など)は必要ないであろう。骨盤部のリンパ節にがんが存在する場合には、骨盤部全体への放射線療法が勧められることがある。

内膜生検や D&C(*)の結果、がんがグレード 2 又は 3 である場合、又は、がんが子宮壁の厚さの半分以上の深さまで拡大している場合、骨盤部や大動脈周囲のリンパ節を検体採取する。網(腹部臓器を覆っている脂肪組織)の生検も行うこともある(とくに、乳頭状漿液性タイプのような子宮内膜がんの場合)。

骨盤部のリンパ節へ拡大していない場合でも、がんのグレードが高中等度である場合(グレード 2、3、外側 3 番目の筋肉層以上への浸潤、リンパ管血管の浸潤)、しばしば放射線療法を膣、又は、骨盤部分に実施する(再発リスク低下のため)。リスク要因が低い場合(外側 3 番目の筋肉層までは浸潤していない、リンパ管血管浸潤なし)、手術後の放射線療法は実施されないことがある。

最近の研究から、手術後に骨盤部放射線療法を実施すると、がんの再発リスクを低下できるが、生存率の面では、再発が起きてから骨盤部放射線療法を受けた場合と同等であることが示されている。再発してから放射線療法を実施するほうが、放射線療法を受ける必要のある患者さんが少ないという利点がある。

子宮内膜がんが再発する場合、膣に再発するケースが多い。従って、多くの医者は、膣に於ける近接照射療法だけの実施を勧める。しかし、医者のなかには、骨盤部全体への放射線療法を勧める者もいる。

プロゲスチン療法がとくに多く実施されることがあるのは、若い患者さんで、がんが早期ステージであり、患者さんが子供をもうけることを希望する場合である。この実験的な治療法により、がんが縮小して、妊娠可能になることもあるが、このアプローチは非常に議論の多いものであり、リスクが無いというわけではない。これまでに数百名の患者さんでこのアプローチが実施され、報告されているが、リスクも報告されている(がんの再発、子宮の外への拡大、など)。プロゲスチン治療を始める前に、産婦人科の腫瘍医や病理医(がんのグレードの確認のため)からのセカンド・オピニオンを聞くことが重要である。患者さんは、このアプローチが、確立された治療法ではないことを理解する必要がある。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【ステージ II 】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

標準的な治療は、外科手術と放射線療法との併用である。ステージ IIA の場合、外科手術の内容は最も普通には、子宮摘出と両側の卵管卵巣摘出術(BSO)であり、通常は骨盤部と大動脈周囲のリンパ節の切除と生検を行う。手術の後に通常、放射線療法を実施する。

子宮頚が肉眼的にがんに浸潤されている場合(ステージ IIB)、一つの選択肢は、根治的な子宮摘出術(子宮、子宮周囲の組織、腟の一部、の切除)と両側の卵管卵巣摘出術(BSO)の実施である。もう一つの選択肢は、まず放射線療法を実施してから、単純子宮摘出術と両側の卵管卵巣摘出術(BSO)を実施する方法である。

骨盤部と大動脈周囲のリンパ節の大部分は切除し、これらのリンパ節をチェックする。これらのリンパ節にがんが存在する場合、手術後の放射線療法の照射領域には、骨盤部のリンパ節も含める。さらに、大動脈周囲のリンパ節も含めることがある。大動脈周囲のリンパ節にがんが存在する場合には、がんの再発を予防する治療を評価している臨床試験に参加しても良いであろう。

若干のケースに於いては、ステージ 1 や II であっても、患者さんに手術を受けるだけの体力がない場合がある。このような場合、放射線療法だけで治療する。(約半数の患者さんが治癒する)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【ステージ III 】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

肉眼で見える全てのがんを切除可能であると判断された場合、子宮摘出術、及び、両側の卵管卵巣摘出術(BSO)を実施する(骨盤部や大動脈周囲のリンパ節の検体採取は実施することもしないこともある)。時によっては、根治的な子宮摘出術が必要な場合がある。ステージ III のケースでは通常、手術後に骨盤部への放射線療法を受ける。時によっては、膣への近接照射療法を実施することがある。大動脈周囲のリンパ節に拡大している場合は、上腹部への放射線療法を追加することがある。

肉眼で見えるがんの全てを切除することができないと判断された場合、子宮を切除せずに放射線療法を実施することがある。放射線療法を実施してがんが縮小すれば、外科手術が選択肢となることがある。もう1つのアプローチは、臨床試験(がんの再発を予防する治療を評価している試験)への参加である。

時によっては、がんの拡大を示しているのが、腹部から採取した液にがん細胞が含まれることだけである、というケースがある。このようなケースでは、外科手術や病理分析で判断されるリスク要因を考慮して、手術後の治療が実施される。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【ステージ IV 】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

がんが広範囲に拡大している場合、手術による治癒は困難であるため、子宮摘出術や両側の卵管卵巣摘出術の目的は、過剰の出血を予防することとなることがある。放射線療法も、同じ目的で使用されることがある。

遠くの臓器への転移がある場合、ホルモン療法がしばしば実施される。しかし、グレードが高いがんや、プロゲステロンレセプタが検出されないがんの場合、ホルモン療法は奏功しにくい。

進行性の子宮内膜がんの患者さんの約 20〜40% の患者さんに於いて、併用化学療法が一時的にでも有効であることが示されている。使用される薬は、ドキソルビシン(アドリアマイシン)、パクリタキセル(タキソール)、シスプラチン、シクロホスファミド、フルオロウラシル(5-FU)、メトトレキセート、ビンブラスチン、である。これらの薬は通常、2 つの薬を併用する。

ステージ IV の子宮内膜がんの患者さんは、臨床試験(新しい化学療法や、その他の全身的な治療に関する)への参加を考慮すべきである。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【再発性の子宮内膜がん】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

治療内容は、がんの量と位置とによって異なる。再発がんが骨盤部のみに存在している場合には、放射線療法により治癒の可能性がある。再発の規模がより大きい場合には、ステージ IV の場合と同様な治療を行う。つまり、ホルモン療法か化学療法が勧められる。プロゲステロンレセプタが検出される低グレードのがんのほうがホルモン療法に反応しやすい。グレードが高いがんやプロゲステロンレセプタが検出されないがんはホルモン療法によるがんの縮小が得られにくいが、化学療法にはより反応しやすい。

もう一つの選択肢は、臨床試験への参加である。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【他に重大な健康上の問題がある患者さんの場合】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

他に重大な健康上の問題があって、外科手術が困難な場合、放射線療法のみ、又は、ホルモン療法との併用が実施されることが多い。これらのケースの予後は、手術が可能なケースほどには良好ではない。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


A9+ 研究、治療の新動向



【子宮内膜がん分子病理学】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

家族性の子宮内膜がんのケースでの研究などが基になって、子宮内膜がんの場合には、PTEN という遺伝子(がん抑制遺伝子)に変異がある(部分的、又は、完全に不活性化している)ことが多い事実が知られてきている。

このような遺伝子の変異を検査することで、子宮内膜がんを早期に発見することが可能になるかも知れない。PTEN 以外のがん抑制遺伝子である Rb 遺伝子や p53 遺伝子に変異があるがんは、再発しやすい傾向がある。将来は、これらの遺伝子を検査することでがんの悪性度を知ったり、患者さんごとにベストな治療法を選択可能になるかも知れない。

この分野の研究の長期的な目標は、遺伝子治療(子宮内膜がんの原因となるような遺伝子変異を修正する)である。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【腫瘍マーカ】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

子宮内膜がんの再発を検出するために有用なマーカは、CA125 である。最近の研究では、CA125 を検出する血液検査の結果は、CT や MRI などでがんが検出できるようになる前に、再発がんを発見するために有効であることが示されている。手術前に CA125 のレベルを調べることで、がんが拡大しているかどうかを知ることができることがある。このことは、個々の患者さんについて、外科的ステージ決めが利益があるかどうかを知ったり、子宮摘出術により安全に治療可能かどうかを、リンパ節検体採取なしで、知るために有用かも知れない。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ