目次《ジャンプ先で項目タイトルをクリックすれば、この目次に戻れます》


→トップページへ戻る


お手数ですが、もう一度下記のリンクをクリックしてください:

情報データベース(血液・リンパ系、骨髄)のトップページへ




********************
当ファイルの目次ページへ

本ファイル名称=childhood_NHL


最新情報、アドバイス、当ファイル作成上の原則



最新情報のご案内


このファイルには、部位別に米国での現在の標準的な治療法に関する情報(の在処)を記述しています。最新情報は、関連の部位別情報データベース(このファイルの「トップページへ戻る」のリンクからジャンプ)の「治療ニュース、論文、総説」のところをご覧ください。

上記の項目には、欧米の約 50 の専門雑誌、学会報告、ニュース、などのサイトの最新号に於けるがんの治療に関する情報の在処を、可能なかぎり包括的にご紹介しています。決して、極々少数の記事だけを載せているようなものではありません。患者さんや家族さんのご参考にしていただけるものと思います。

********************
当ファイルの目次ページへ

アドバイス


治療を医者に決してお任せにならないことをお勧めします。このファイル(もし不十分でしたら、本やインターネットの他の資料)を勉強することで自ら状況を把握され、医者と対等に議論する姿勢を忘れないようにしてください。


********************
当ファイルの目次ページへ

当ファイル作成上の原則


複数の資料を参考にしてこのファイルを作成していきますが、各参考資料の内容を無理にまとめることはせず、原則として参考資料ごとに全て併記しておきます。重複したり、場合によっては資料間で矛盾しているように思われる場合があるかも知れませんが、データを残すことを重視しました。

********************
当ファイルの目次ページへ

疾患名 =小児非ホジキンリンパ腫( Childhood Non-Hodgkin's Lymphoma )


資料 A2=治療 の 全体像《ACS資料ご紹介》(ご紹介作成年月='10/7)


資料名=ACS


このコーナーでは、上記の資料の内容の概略をご紹介しています。各ページには、当該ページに対応する原資料サイトのページへのリンクを設定してありますが、原資料サイト での ページ構成変更により、リンク切れとなっております場合は、本家サイトの

リンク集のページ

の、「情報の存在を ご紹介しているサイト」の項目に 当該原資料サイトへのリンクを収載しておりますので、そこからジャンプしてください。《当該原資料サイトには、当サイトでご紹介している以外にも豊富な情報が記載されておりますので、原資料サイトをご覧になることを強くお勧めします》

尚、このコーナーでご紹介しております原資料の日付は下記の通りです :

原資料更新時期=07/09/2010 

本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_治療_の決定


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

--【『 』の後に…|『_リンパ節_ が _診断_され、検査 が 実施されて在る--【 ∬ (する)ことのために | ∬=決める_【・*を |*←_病気_の_ステージ_ 】 』】〓〓、_治療_チーム は ¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=ディスカスする_【・*を |*←〈その〉_治療__選択肢_《複数》--【・*と(相手) |*←〈その〉_患者さん_ 】┏┓。    〈その〉最も重要な_要因_《複数》{ ∬ (する)ことに於いての}¨ ⌒〔 ∬=_選択_する_【・*を |*←〈一つの〉_治療_ 】〓〓 は 含む_【・*を |*←〈その〉 がん  の タイプ 、及び、 _ステージ_】、--【『 』であるが…|『_その他の__要因_《複数》 が 、また、¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=演じる_【・*を |*←〈一つの〉_役割_ 』】┏┓。

--【『 』の前に…|『〈その〉_治療_ が 開始される 』】〓〓、それ《 ∬ すること(右記)》〓〓は 良い考えである……∬=尋ねる--【・*に |*←〈その〉_治療_チーム--【・*について |*←〈その〉_治療__副作用_《複数》 】┏┓。    彼ら は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=話す--【・*に |*←あなた--【・*について |*←_一般普通的_ な _副作用_《複数》、 それらの_持続`期間_ 、及び、 それらの_重症度 】┏┓。

--【『 』であっても…|『〈その〉_病気_ が ¨ ∬ ¨であるように見える 【 ∬=限局している--【・*に |*←〈一つの〉単一の 腫れた_リンパ節_ 』】〓〓、_非ホジキンリンパ腫_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←小児_患者さん《複数》_】〓〓 は 通常 拡大して在る--【『 』までに|『それ が _診断_される 』】┏┓。    _リンパ腫__細胞《複数》_ は おそらく 存在している--【・*に(場所) |*←_その他の_臓器《複数》】〓〓、しかし、それら_は ¨※¨である 【・※←あまりにも小さい--【 ∬ (される)ことのためには | ∬=医者によって感じられたり、画像上で見られる 】┏┓。    このことにより、全ての 小児¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_非ホジキンリンパ腫_】〓〓 は 受ける_【・*を |*←_化学療法_《 これ は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=■_到達する_【・*に |*←身体の全ての部分《複数》】|-そして-|■_殺す_【・*を |*←_リンパ腫__細胞《複数》_《 どこに存在していても 》 》 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(最新 医学レビュー 07/08/2009)(最新 改訂 07/09/2010)
「英文原題」=Making treatment decisions

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

外科手術《紹介`省略》


《内容イメージの ご紹介は省略します(原文をお読みください)》

放射線`療法


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_放射線`療法__は ¨※¨である 【・※←〈その〉¨使用{☆の}{ ∬ (する)ことのための} ¨ ⌒〔 ☆←高−エネルギー の ビーム《複数》_⌒∬=殺す_【・*を |*←_がん細胞《複数》_ 】_ 】┏┓。    _放射線`療法_ は 一時は 使用された--【・非常に_一般普通的_に--【 ∬ (する)ことのために | ∬=_治療_する_【・*を |*←小児¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_非ホジキンリンパ腫_ 】┏┓。    しかし、--【『 』であることから…|『医者《複数》 が 開発して在る_【・*を |*← より_効果的_ な _化学療法__治療_《複数》 』】〓〓、〈その〉¨使用{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_放射線`療法_】〓〓 は はるかに 限定されるようになって在る┏┓。

_放射線_{ ∬ (される)}¨ ⌒〔 ∬=焦点を当てられる--【・*に |*←〈一つの〉 がん --【・*から |*←身体の外部にある線源 】〓〓 は ¨※¨と呼ばれる【・※←_外部線源`放射線療法_ 】┏┓。    これ_が ¨※¨である 【・※←〈その〉_放射線`療法_タイプ{ ∬ (される)}¨ ⌒〔 ∬=最もしばしば使用される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=_治療_する_【・*を |*←_非ホジキンリンパ腫_ 】┏┓。    放射線療法_は ¨※¨である 【・※←かなり類似している--【・*に |*← X 線検査】〓〓、しかし、〈その〉放射線療法_は ¨※¨である 【・※←より強い 】┃。    〈その〉治療自体_は ¨※¨である 【・※←痛みはない 】┃。    --【・『 』の前に…|『治療 が 開始される 』】〓〓、〈その〉放射線療法チーム は ¨ ∬ ¨であろう 【 ∬=実施する--【・*を |*←注意深い測定《複数》--【 ∬ (する)ことのために | ∬=決める--【・*を |*←@〈その〉正確な¨角度《複数》{ ∬ (する)ことのための}¨ ~~〔 ∬=狙いをつける--【・*を |*←〈その〉放射線ビーム《複数》 】】|-そして-|A〈その〉適切な放射線用量 】┃。    各回の治療 は 続く--【・*にわたり |*←わずかに数分間】、--【・『 』であるが…|『〈その〉準備時間《 患者さんの位置を治療位置に固定 》__ は 通常 必要とする--【・*を |*← より長い時間 』】┃。    最もしばしば、放射線による治療 は 実施される--【・毎週 5 日間 で 数週間 】┃。

¨※¨が 存在する 【・※←いくつかのケース《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =_放射線`療法_ が ¨ ∬ ¨(される)ことがある 【 ∬=使用される 】 :



〔 _放射線`療法_ の 可能的な リスク、_副作用_ 〕


短期的な 副作用《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_放射線`療法_】〓〓 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=含む_【・*を |*←軽度の 日焼け状の 皮膚 障害《複数》 、又は、 _疲労感_ 】┏┓。    ¨¨_放射線`療法_{☆への}¨ ⌒〔 ☆←腹部】〓〓 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=_引き起こす_【・*を |*←_吐き気_、 _嘔吐_ 、又は、 _下痢_ 】┏┓。    しばしば、これらの_影響_ は 消失する--【・*の後に |*←短期間 】┏┓。

可能的な _長期的__副作用_《複数》{☆の}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_放射線`療法_⌒〔 ★←小児_患者さん《複数》_】〓〓 は ¨ ∬ ¨(である)ことがある 【 ∬=¨※¨である 【・※← より深刻的 】〓〓、そして、それら は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=起きる--【・(時期)|何年もしてから 】┏┓。 :


--【・*の理由から… |*←これらの 可能的な_長期的__影響_《複数》】〓〓、医者《複数》 は 試みる_【 ∬ (する)ことを | ∬=■_避ける_【・*を |*←_放射線`療法_の使用{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←小児_患者さん《複数》_】】|-又は-|■_可能な限り限定する_【・*を |*←使用される_放射線_の_用量_ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(最新 医学レビュー 07/08/2009)(最新 改訂 07/09/2010)
「英文原題」=Radiation therapy

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

化学療法


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_化学療法_ は 使用する_【・*を |*←_抗がん`治療薬_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =通常■__投与_される--【・*の中へ |*←〈一つの〉静脈】|-又は-|■_経口で 服用される 】┏┓。    これらの_薬_《複数》 は 入る--【・*の中へ |*←_血液_循環】〓〓、そして、_達する_【・*に |*←身体の全ての領域《複数》】、、《 させて--【・*を § に ||*←この_治療_法| § ←有用--【・*のために |*← がん 《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =広く拡大する 傾向がある 】--【・*のように |*←_リンパ腫_《複数》 》 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←いくらかのケース《複数》{=『 』のような(右記)}¨=『_リンパ腫_ が ¨ ∬ ¨(する)ことの可能性がある 【 ∬=達して在る--【・*に |*←〈その〉脳 、又は、 脊髄 』】〓〓、_化学療法_ は 、また、¨ ∬ ¨(される)ことがある 【 ∬=_投与_される--【・*の中へ |*←〈その〉_脳脊髄液 】┏┓。

〈その〉¨治療{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←小児¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_非ホジキンリンパ腫_】〓〓 は 使用する_【・*を |*←〈一つの〉¨併用{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_化学療法剤_《複数》{ ∬ (される)}¨ ⌒〔 ∬=_投与_される--【・*にわたり |*←一定の期間 】┏┓。    〈その〉_薬_の数、 それらの_用量_《複数》 、及び、 _治療_期間〓〓 は _¨※¨によって異なってくる【・※←¨¨〈その〉タイプ 、及び、 _ステージ_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_リンパ腫_ 】┏┓。    ¨いくつか{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_薬_《複数》{ ∬ (される)}¨ ⌒〔 ∬=_一般普通的_に使用される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=_治療_する_【・*を |*←小児_リンパ腫_ 】〓〓 は 含む___ : __


医者《複数》 は 実施する_【・*を |*←_化学療法_--【・*で(やり方) |*←サイクル《複数》《 〈一つの〉_治療_期間 が 後続される--【・*により |*←〈一つの〉休息`期間--【 ∬ (する)ことのために | ∬=与える--【・*に |*←〈その〉身体_【・*を |*←回復のための時間 】 》 】┏┓。    それぞれ の _化学療法_サイクル は _一般的に 続く--【・*にわたり |*←数週間 】┏┓。    大部分の_化学療法__治療_《複数》 は 実施される--【・*で(やり方) |*←〈一つの〉外来−ベース】〓〓、しかし、いくらかの_治療_《複数》 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=必要とする_【・*を |*←〈一つの〉入院 】┏┓。

〔 _化学療法_の可能的なリスク 、及び、 _副作用_ 〕


化学療法剤《複数》 は 効果を現わす--【 ∬ (する)ことにより | ∬=攻撃する--【・*を |*←¨細胞《複数》{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==分裂しつつある--【・急速に 】━━、そして、このこと_が ¨※¨である 【・※←¨理由{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==それらの薬《複数》 が 効果を現わす--【・*に対して |*←がん 細胞《複数》 】┃。    しかし、その他の¨細胞《複数》{☆のような}¨ ~~〔 ☆←骨髄、口や腸の粘膜、毛根《複数》】━━ が 、また、分裂する--【・急速に 】┃。    これらの細胞《複数》 は 、また、¨ ∬ ¨の傾向が強い 【 ∬=影響される--【・*により |*←化学療法】━━、そして、このこと が ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=導く--【・*へ |*←副作用《複数》 】┃。

¨副作用《複数》{☆の}¨ ~~〔 ☆←化学療法】━━ は かかっている--【・*に |*←@¨タイプ、及び、用量{☆の}¨ ~~〔 ☆←投与された薬《複数》】|-そして-|A投与された期間の長さ 】┃。    これらの副作用《複数》 は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=含む--【・*を |*←以下のもの】 :


これらの副作用《複数》_は ¨※¨である 【・※←通常 短期的】━━、そして、消失する--【・『 』の後に…|『治療 が 完了する 』】┃。    --【もし『 』なら…|『深刻な_副作用_《複数》 が 起きた 』】〓〓、_化学療法_ は ¨ ∬ ¨(ねばならない)ことがある 【 ∬=低減されたり、遅らされる 】┏┓。    ¨※¨が しばしば 存在する 【・※←¨方法《複数》{ ∬ (する)ことのための}¨ ~~〔 ∬=緩和する--【・*を |*←これらの副作用《複数》 】┃。    例えば、¨※¨が 存在する 【・※←¨薬《複数》{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=投与される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=予防したり緩和する--【・*を |*←吐き気、や、嘔吐 】┃。    _薬_《複数》{☆と呼ばれる}¨ ⌒〔 ☆←_成長因子_《複数》】〓〓 が ¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=_投与_される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=維持する--【・*を § に ||*←血球カウント《複数》| § ← より高い 】┏┓。    必ず、 尋ねること--【・*に |*←医者 、又は、 看護婦--【・*について |*←_薬_《複数》{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=緩和する_【・*を |*←_副作用_《複数》 】〓〓、そして、彼らに 知らせること--【『 』の場合…|『_患者さん《複数》_ が 持つ_【・*を |*←_副作用_《複数》 』】--【『 』であるように…|『それらの_副作用_《複数》 が ¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=_管理_される--【・_効果的_に 』】┏┓。

_腫瘍`崩壊`症候群__は ¨※¨である 【・※←もう一つの 可能的な_副作用_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_化学療法_ 】┏┓。    それ は 時として起きる--【・*に於いて |*←小児¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =持っていた_【・*を |*←非常に多数の_リンパ腫__細胞《複数》_--【・*の中に |*←〈その〉身体--【・*の前に |*←_治療_ 】┏┓。    --【『 』の時に…|『_化学療法_ が 殺す_【・*を |*←これらの_細胞《複数》_ 』】〓〓、これらの_細胞《複数》_ は 壊れて、 放出する_【・*を |*←_細胞《複数》_の中味--【・*の中へ |*←〈その〉_血液_循環 】┏┓。    このこと は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=圧倒する_【・*を |*←〈その〉_腎臓_《複数》《 _腎臓_《複数》 は ¨ ∬ ¨(する)ことができない 【 ∬=一度に排出する_【・*を |*←これらの 大量に放出された物質《複数》 》 】┏┓。    過剰の量の 特定のミネラル物質《複数》 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=影響する_【・*に |*←〈その〉心臓 、及び、 神経系 】┏┓。    この症候群 は ¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=_予防_される--【 ∬ (する)ことにより | ∬=■_確実にする_【・『 』ということを… |『〈その〉_患者さん_ が 得る_【・*を |*←多量の水分--【・*の間に |*←_治療_ 』】|-そして-|■__投与_する_【・*を |*←特定の_薬_《複数》{☆のような}¨ ⌒〔 ☆←重炭酸塩、 allopurinol 、及び、 rasburicase《 これらの_薬_《複数》 は 助ける--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←〈その〉身体| ∬=排出する_【・*を |*←_がん細胞《複数》_から放出された物質《複数》 】 》 】┏┓。

--【・*に加えて… |*←上記の_副作用_《複数》】〓〓、¨※¨が 存在する 【・※←可能的な _長期的__影響_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_化学療法_--【・*に於いて |*←小児_患者さん《複数》_】、--【・*のような |*←可能的な 影響《複数》{☆への}¨ ⌒〔 ☆←後になっての 受胎可能性 】┏┓。    これらのこと は 記述される--【・*に於いて |*←〈その〉セクション「小児_患者さん_ での _非ホジキンリンパ腫__治療_後に 何が起きるか?」 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(最新 医学レビュー 07/08/2009)(最新 改訂 07/09/2010)
「英文原題」=Chemotherapy

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

モノクロナル抗体


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

抗体《複数》_は ¨※¨である 【・※←蛋白質《複数》{ ∬ (される)}¨ ⌒〔 ∬=普通に_産生される--【・*により |*←〈その〉身体の_免疫_システム--【 ∬ (する)ことのために | ∬=助ける_【 ∬ (する)ことを | ∬=戦う--【・*と |*←_感染症_《複数》 】┏┓。    人工バージョンである_モノクロナル抗体_《複数》 は ¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=デザインされる--【 ∬ (する)ことのために | ∬=攻撃する_【・*を |*←〈一つの〉_特定的な_標的{☆のような}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉物質{☆の上の}¨ ⌒〔 ☆←_リンパ腫__細胞《複数》_の 表面 】┏┓。

いくつかの_モノクロナル抗体_《複数》 が 今や 使用されている--【・*として |*←¨治療{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_リンパ腫_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←成人_患者さん《複数》_ 】┏┓。    ¨いくつか{☆の}¨ ⌒〔 ☆←それらの_モノクロナル抗体_《複数》】〓〓 は 今や _研究_されつつある--【・*のためにも |*←使用{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←小児_患者さん《複数》_ 】┏┓。

rituximab《 Rituxan® 》_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉抗体{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =認識し、結合する_【・*に |*←〈一つの〉物質{☆と呼ばれる}¨ ⌒〔 ☆← CD20《 この物質 は 見出される--【・*の上に |*←〈その〉表面{☆の}¨ ⌒〔 ☆←いくつかのタイプ の _リンパ腫__細胞《複数》_ 》 】┏┓。    この結合 は ¨ ∬ ¨(する)ようである 【 ∬=_引き起こす_【・*を |*←_リンパ腫__細胞_ の 死滅 】┏┓。    rituximab は _研究_されつつある--【・*のために |*←使用{☆と一緒での}¨ ⌒〔 ☆←_化学療法_ 】┏┓。    _患者さん《複数》_ は 通常 受ける_【・*を |*←_静注_点滴--【・(頻度)|_毎週 --【・*にわたり |*← 4 週間 】┏┓。    _一般普通的_ な _副作用_《複数》_は ¨※¨である 【・※←通常 軽度】〓〓、しかし、¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=含む_【・*を |*←悪寒、 発熱、 _吐き気_、 発疹、 _疲労感_ 、及び、 頭痛 】┏┓。    --【『 』の場合でも…|『これらの_症状_《複数》 が 起きる--【・*の間に |*←〈その〉最初の rituximab 点滴 』】〓〓、それ《 ∬ すること(右記)》〓〓は _非−通常的 である……∬=これらの_症状_ が _再発_する--【・*で |*←それより後の_投与《複数》_ 】┏┓。

_その他の__モノクロナル抗体_《複数》{☆のような}¨ ⌒〔 ☆← ibritumomab 《 Zevalin® 》 、及び、 tositumomab《 Bexxar® 》】〓〓_は ¨※¨である 【・※←類似している_--〔・*に |*← rituximab 】〓〓、しかし、これら は 結合されている_【・*を |*←放射性`活性な_分子《複数》 】┏┓。    これらの_薬_《複数》_は ¨※¨である 【・※←いくらか より難しい_--〔・▽が¨ ∬ ¨するのが||▽←医者《複数》| ∬=_患者さん_に_投与_する 】--【・*の理由から |*←放射性`投与_ の 必要性 】┏┓。    これらの_薬_《複数》 は 時として使用される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=_治療_する_【・*を |*←成人¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←一定の_リンパ腫_《複数》 】〓〓、しかし、これらの_薬_の 小児_患者さん_ での 有用性 は 開始されたばかりである_【 ∬ (される)ことが | ∬=_研究_される 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(最新 医学レビュー 07/08/2009)(最新 改訂 08/19/2010)
「英文原題」=Monoclonal antibodies

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

骨髄、及び、末梢血_幹細胞`移植


概観


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

これらの_治療_ は 使用される--【・*のために |*←いくらかの 小児_患者さん《複数》_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =_リンパ腫_ が _再発_した--【・*の後に |*←〈一つの〉_寛解_期間 】┏┓。    これらの_治療_《複数》 は 可能にさせる--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←医者《複数》| ∬=使用する_【・*を |*← より 高_用量_ の _化学療法_--【・*よりも |*←通常 _忍容される_用量_ 】┏┓。    _高用量`化学療法_ は 破壊する_【・*を |*←〈その〉_骨髄_】〓〓、そして、このこと は 妨げる--【・▽が¨ ∬ ¨されるのを||▽←新しい_血液__細胞_《複数》| ∬=形成される 】┏┓。    このこと は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=_導く--【・*へ |*←生命を脅かす的な _感染症_、 出血 、及び、 _その他の_問題《複数》--【・*の理由から |*←_低_い_血液__細胞_数 】┏┓。

医者《複数》 は 試みる_【 ∬ (する)ことを | ∬=回避する_【・*を |*←上記の問題 】--【 ∬ (する)ことにより | ∬=_投与_する_【・*に |*←〈その〉小児_患者さん 】_【・*を |*←〈一つの〉点滴{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_血液_−形成 _幹細胞_《複数》--【・*の後に |*←_治療_ 】┏┓。    _幹細胞_《複数》_は ¨※¨である 【・※←非常に 初期の_細胞《複数》_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=作り出す_【・*を |*←新しい_血液__細胞_《複数》 】 】┏┓。

これらの_幹細胞_《複数》 は ¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=■_採取される--【・*から |*←〈その〉小児_患者さん_--【・*の前に |*←_治療_】《 _自家`幹細胞`移植_ 》】|-又は-|■_提供される--【・*から |*←もう一人の人】《 _他家`幹細胞`移植_ 》 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(最新 医学レビュー 07/08/2009)(最新 改訂 08/19/2010)
「英文原題」=Bone marrow and peripheral blood stem cell transplant

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

自家`幹細胞`移植


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

--【・*に於いて… |*←〈一つの〉自家 _骨髄_移植 、又は、 _末梢__血液__幹細胞`移植_】〓〓、_血液−産生_幹細胞_《複数》 が 採取される--【・*から |*←_患者さん_ の _骨髄_ 、又は、 _血液_循環--【・*の前に |*←_治療_ 】┏┓。    〈その〉_骨髄__幹細胞_ 、又は、 _末梢__血液__幹細胞《複数》 は 注意深く 凍結保存される┏┓。

_患者さん_ は その後 受ける_【・*を |*←_高用量`化学療法_ 、及び、 時として_放射線`療法_ 】┏┓。    このこと は 破壊する_【・*を |*←全ての_細胞《複数》_{☆の中の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_骨髄_--【・*と一緒に |*←_がん細胞《複数》_ 】┏┓。    〈その〉凍結された_細胞《複数》_ は 融解され、戻される#←--【・*の中へ |*←_患者さん_の身体--【・*として |*←〈一つの〉輸血--←#【・*の後に |*←_治療_ 】┏┓。

このタイプ の 移植 は 実施される--【・(頻度)| より 頻繁に--【・*よりも |*←〈一つの〉_他家`幹細胞`移植_ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(最新 医学レビュー 07/08/2009)(最新 改訂 08/19/2010)
「英文原題」=Autologous stem cell transplant

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_他家`幹細胞`移植_


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

〈一つの〉移植{ ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=使用する_【・*を |*←_細胞《複数》_{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←_患者さん_とは 他の人 】〓〓 は ¨※¨と呼ばれる【・※←他家`_骨髄_移植 、又は、 他家`_末梢血_幹細胞`移植_ 】┏┓。    _細胞《複数》_{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←他の人】〓〓 は ¨ ∬ ¨(される)ことがある 【 ∬=使用される--【『 』の場合…|『_リンパ腫__細胞《複数》_ が 見出される--【・*の中に |*←_患者さん_自身の_骨髄_ 』】--【 ∬ (する)ことのために | ∬=避ける_【 ∬ (する)ことを | ∬=戻してしまう_【・*を |*←_がん細胞《複数》_--【・*に |*←〈その〉_患者さん_--【・*の後に |*←_治療_ 】┏┓。

〈その〉ドナー の 組織タイプ《_HLA 型_とも呼ばれる》 は ¨ ∬ ¨(である)べきである 【 ∬=¨※¨である 【・※←ほぼ同一_--〔・*に |*←〈その〉_患者さん_の組織タイプ--【 ∬ (する)ことのために | ∬=助ける_【 ∬ (する)ことを | ∬=_予防_する_【・*を |*←¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←重要な問題《複数》{☆に伴う}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉移植 】┏┓。    通常このドナー_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉兄弟 、又は、 姉妹--【もし『 』なら…|『彼ら が 持つ_【・*を |*←〈その〉同一の組織タイプ_--〔・*と |*←〈その〉_患者さん_ 』】┏┓。    --【もし『 』なら…|『〈一人の〉親_が ¨※¨である 【・※←〈一つの〉近接マッチ{☆への}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_患者さん_ 』】〓〓、〈その〉親 の _細胞《複数》_ が 時として使用される┏┓。    --【もし『 』なら…|『¨※¨は 存在しない 【・※←近縁者(否定){☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉良好なマッチ 』】〓〓、〈その〉_細胞《複数》_ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=来る--【・*から |*←〈一人の〉 HLA −マッチ の _非−近縁 ドナー 】┏┓。

〈その〉_幹細胞_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉_他家`幹細胞`移植_】〓〓 は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=来る--【・*から |*←¨一つ{☆の}¨ ⌒〔 ☆← 3 つのソース《複数》】__ : __

◆ 骨髄 : 〈その〉_幹細胞_《複数》 は 採集される--【・*から |*←〈その〉ドナー--【・*の間に |*←数回の_骨髄`穿刺_ 手順《複数》 】┏┓。 


◆ 末梢_血液_ : 〈その〉_幹細胞_《複数》 は 採集される--【・*から |*←〈その〉_血液_--【・*の間に |*←_アフェレシス《成分献血》_ 】┏┓。    アフェレシス_は ¨※¨である 【・※←類似している_--〔・*に |*←献血】〓〓、しかし、--【 ∬ (する)ことの代わりに | ∬=行く--【・*へ |*←〈一つの〉採血バッグ 】〓〓、〈その〉_血液_ は 行く--【・*の中へ |*←〈一つの〉特殊な マシン{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =■_濾過して採取する_【・*を |*←〈その〉_幹細胞_《複数》】|-そして-|■_戻す_【・*を |*←_血液_の_その他の_部分--【・*へ |*←その人 の 身体 】┏┓。    この方法_は ¨※¨である 【・※←現在 より_一般普通的_--【・*よりも |*← ∬ (する)こと | ∬=採集する_【・*を |*←_幹細胞_《複数》--【・*から |*←〈その〉_骨髄_ 】┏┓。 


◆ 臍帯血 : これらの_幹細胞_《複数》 は 採集される--【・*から |*←〈その〉_臍帯《へその緒》_{ ∬ ((を)している)}¨ ⌒〔 ∬=付いている--【・*に |*←〈その〉胎盤--【『 』の後に…|『〈一人の〉赤ちゃんが 産まれて、〈その〉へその緒 が 切られた 』《 この_血液__は ¨※¨である 【・※←豊富_--〔・*に |*←_幹細胞_《複数》 》 】┏┓。    〈その〉_血液_ は それから、凍結され、保管される--【『 』まで…|『それ が 必要とされる--【・*により |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉同一の 組織タイプ 』】┏┓。    臍帯血 は ¨※¨となりつつある【・※←〈一つの〉 より_一般普通的_ な _幹細胞_ソース】、--【『 』であるが…|『¨※¨は 多くない 【・※←入手可能な 検体《複数》 』】┏┓。 



(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(最新 医学レビュー 07/08/2009)(最新 改訂 08/19/2010)
「英文原題」=Bone marrow and peripheral blood stem cell transplant

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_治療_の実際


(グループ・テーマ=現行治療1 小児_患者さん_ での _非ホジキンリンパ腫_ ≫_骨髄、及び、末梢血_幹細胞`移植_ ≫ _治療_の 実際_)_《項目全体を一応まとめたので、次はチェック→ファイル組込み、暫定HTML化実施のこと》_《 _幹細胞`移植_の項目全体を、まとめ完了後にアーカイブにコピーしておくこと 》

本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_幹細胞_《複数》{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=採集された --【・*から |*←〈一人の〉ドナー 、又は、 〈その〉_患者さん_】〓〓 は 注意深く 凍結され、保存される┏┓。    〈その〉_患者さん_ は それから 受ける_【・*を |*←_高用量`化学療法_ 、及び、 時として_放射線`療法_ 】┏┓。    このこと は 破壊する_【・*を |*←全ての 残存している_がん細胞《複数》_--〔・しかし また*をも |*←全ての正常_細胞《複数》_{☆の中の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_骨髄_ 】┏┓。    --【・*の後に… |*←_治療_】〓〓、〈その〉凍結されてあった _幹細胞_《複数》 が 解凍され、 戻される--【・*へ |*←〈その〉_患者さん_の身体--【・*として |*←〈一つの〉輸血 】┏┓。

--【・*の間…|*←その後 3 〜 4 ヶ月間】〓〓、〈その〉_患者さん__は ¨※¨である 【・※←リスクが高い状態_--〔・*への |*←■_深刻な_感染症_《複数》--【・*の理由から |*←〈一つの〉_低_い 白血球カウント】|-そして-|■__出血_--【・*の理由から |*←〈一つの〉_低_い_血小板_カウント 】┏┓。    --【・*の間…|*←この期間】〓〓、輸血 、及び、 _血小板_輸血 、及び、 _静注__抗生物質_《複数》による治療 が しばしば使用される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=_予防_したり _治療_する_【・*を |*←_感染症_《複数》 、又は、 _出血_問題《複数》 】┏┓。

〈一つの〉_幹細胞`移植__治療_手順__は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉複雑な_治療_ 】┏┓。    --【もし『 』なら…|『〈その〉医者 が 考える_【・『 』と… |『_患者さん_ が ¨ ∬ ¨(する)ことの可能性がある 【 ∬=_利益_を得る--【・*から |*←〈一つの〉移植 』】〓〓、〈その〉ベストな 医療施設{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=受ける_【・*を |*←移植 】〓〓_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉全国的に 認められた がん センター{そこで ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =〈その〉スタッフ_が 持つ_【・*を |*←経験{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_治療_手順_ 、及び、 回復期間 での _管理_ 】┏┓。

…(後略:コストに関するコメント)…


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(最新 医学レビュー 07/08/2009)(最新 改訂 08/19/2010)
「英文原題」=What a stem cell transplant involves

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_副作用_


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

〈その〉可能的な_副作用_《複数》{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←_幹細胞`移植_】〓〓 は _一般的に 分類される--【・*に |*←_早期_ 、及び、 _長期的_ な _影響_《複数》 】┏┓。

〈その〉_早期__合併症_《複数》 、及び、 _副作用_《複数》 は 基本的に¨※¨である 【・※←同一_--〔・*に |*←_合併症_《複数》/_副作用_《複数》{☆による}¨ ⌒〔 ☆←_高用量`化学療法_】〓〓、そして、それら は ¨※¨によるものである【・※←ダメージ{☆への}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_骨髄_ 、及び、 _その他の_急速に 分裂している_細胞_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉身体 】┏┓。    それら は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=含む_【・*を |*←_血液`細胞`数_低下《 --【・*を伴って |*←_感染症_ 、及び、 _出血_リスク の 上昇 》_吐き気_、_嘔吐_食欲低下口内炎脱毛症、etc. 】┏┓。

¨一つ{☆の}¨ ⌒〔 ☆←最も_一般普通的_で深刻な 短期的 影響《複数》】〓〓_は ¨※¨である 【・※←〈その〉増加した¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_感染症_{☆による}¨ ⌒〔 ☆←細菌、 ウィルス 、又は、 真菌 】┏┓。    _抗生物質《複数》 が しばしば _投与_される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=試みる_【 ∬ (する)ことを | ∬=_予防_する_【・*を |*←_感染症_ 】┏┓。    _その他の__副作用_《複数》《 赤血球や_血小板_数 の 低下のような 》〓〓 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=必要とする_【・*を |*←輸血 等の _治療_《複数》 】┏┓。

いくつかの_合併症_《複数》 、及び、 _副作用_《複数》 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=■_持続する--【・*にわたり |*←_長期間】|-又は-|■__治療_後 何年もするまでは 起きない 】┏┓。    これら は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=含む_【・*を |*←以下ののもの】__ : __

◆ _移植片`対`宿主`病___ : __これ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=起きる--【・*に於いて |*←_他家`幹細胞`移植_ 】┏┓。    このこと は 起きる--【『 』の場合…|『〈その〉ドナー の _免疫_システム_細胞《複数》_ が 攻撃する_【・*を |*←組織_【・*を |*←〈その〉_患者さん_の皮膚、_肝臓_ 、及び、 _消化管 』】┏┓。    _症状_《複数》 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=含む_【・*を |*←_脱力感_、 _疲労感_、 口渇、 発疹、 _吐き気_、 _下痢_、 皮膚や目 の 黄変《黄疸》 、及び、 _筋肉_痛 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←_重症の_ケース《複数》】〓〓、_移植片`対`宿主`病_ は ¨ ∬ ¨(である)ことがある 【 ∬=¨※¨である 【・※←_生命に関わる_的 】┏┓。    _移植片`対`宿主`病_ は しばしば 記述される--【・*として |*←_急性_ 、又は、 _慢性_《 移植後 どの程度の時間が経過しているから 発症するかにより 》 】┏┓。    _薬_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =弱める_【・*を |*←〈その〉_免疫_システム 】〓〓 が しばしば_投与_される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=試みる_【 ∬ (する)ことを | ∬=コントロールする_【・*を |*←_移植片`対`宿主`病_ 】┏┓。 


◆ 肺への_放射線`ダメージ 


◆ _甲状腺 、又は、 _その他の__ホルモン産生 臓器への 障害 


◆ 受胎能力への障害 


◆ _骨_の 成長への障害 


必ず 話してもらいたい--【・*と |*←主治医--【・*の前に |*←〈その〉移植--【 ∬ (する)ことのために | ∬=知る--【・*について |*←可能的な_長期的_影響《複数》 】┏┓。

--【 ∬ (する)ことのためには… | ∬=もっと知る--【・*について |*←_幹細胞`移植_《複数》 】〓〓、参照されたい_【・*を |*← ACS の資料「_骨髄_ 、及び、 末梢_血__幹細胞`移植_《複数》」(*) 】┏┓。

(*)原文には、当該文書へのリンクが設定されています。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(最新 医学レビュー 07/08/2009)(最新 改訂 08/19/2010)
「英文原題」=Possible side effects

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_病気_のタイプ、_ステージ_ごとの_治療_法


概観


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_一般的に、 全ての小児¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_非ホジキンリンパ腫_】〓〓 は _治療_される--【・*により |*←_化学療法_】〓〓、しかし、〈その〉_治療_ は 異なる--【・*により |*←〈その〉¨¨タイプ 、及び、 _ステージ_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_リンパ腫_ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(最新 医学レビュー 07/08/2009)(最新 改訂 08/19/2010)
「英文原題」=Treatment of non-Hodgkin lymphoma by type and stage

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_ステージ_1_、2の_リンパ芽球性`リンパ腫《紹介`省略》


《当サイトでは 進行期・転移性のケースの治療法に重点を置いておりますため、この項目のご紹介は省略します(原文をお読みください)》

ステージ_3_、4の_リンパ芽球性`リンパ腫


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

〈その〉¨治療{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←小児¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_進行期_リンパ芽球性`リンパ腫_】〓〓_は ¨※¨である 【・※←_長期間を要する《 最高 2 年間を必要 》 】┏┓。    _治療__は ¨※¨である 【・※← より_集中的__--〔・*よりも |*← より_早期_ の _リンパ腫_《複数》の場合 】┏┓。    _治療_ は 実施される--【・*として |*← 3 フェーズから成る_化学療法_{☆による}¨ ⌒〔 ☆←_多重_ の _薬_《複数》】〓〓、そして、それ_は ¨※¨である 【・※←非常に似ている_--〔・*に |*←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_高リスク__急性`リンパ性`白血病_《 より多くの情報については、参照されたい_【・*を |*←「小児_白血病_」の項目(*) 】┏┓。    _髄腔内`化学療法_ が 、また、実施される--【・*の中へ |*←〈その〉脊髄液--【 ∬ (する)ことのために | ∬=殺す_【・*を |*←如何なる_リンパ腫__細胞《複数》_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =到達している可能性がある--【・*に |*←〈その〉脳 、又は、 脊髄 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←いくらかのケース《複数》】〓〓、_放射線`療法_ が ¨ ∬ ¨(される)ことがある 【 ∬=実施される--【・*に |*←〈その〉脳 、及び、 脊髄 】┏┓。

(*)原文には、当該文書へのリンクが設定されています。

〈その〉_治癒率_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←これらの_リンパ腫_《複数》】〓〓 は _範囲を持つ--【・*から#の間の ||*←約 70% |#← 80%超 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(最新 医学レビュー 07/08/2009)(最新 改訂 08/19/2010)
「英文原題」=Treatment of stages III and IV lymphoblastic lymphoma

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_ステージ_1、2の_非`切れ込み核`細胞`性`リンパ腫_《 _バーキットリンパ腫_ 》《紹介`省略》


《当サイトでは 進行期・転移性のケースの治療法に重点を置いておりますため、この項目のご紹介は省略します(原文をお読みください)》

_ステージ_3、4の_非`切れ込み核`細胞`性`リンパ腫_《 _バーキットリンパ腫_ 》


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

小児¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←このタイプ の _非ホジキンリンパ腫_】〓〓 は 必要とする_【・*を |*← より_集中的_ な _化学療法_ 】┏┓。    --【『 』の理由で…|『これらの_リンパ腫_《複数》 は ¨ ∬ ¨(する)という傾向がある 【 ∬=急速に成長する 』】〓〓、〈その〉_化学療法_サイクル《複数》_は ¨※¨である 【・※←短い】、--【・*を伴って |*←少ない休息期間{☆の間の}¨ ⌒〔 ☆←_治療_コース《複数》 】┏┓。

例えば、〈一つの〉_治療_計画{☆と呼ばれる}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉 St. Jude Total B_レジメン_】〓〓 は 代わる代わる_投与_する_【・*を |*← prednisone / cyclophosphamide / doxorubicin / vincristine--【・*と |*← cytarabine / methotrexate--【・(頻度)| 3 〜 4 週間ごとに--【・*にわたり |*←トータル 6 〜 8 ヶ月間 】┏┓。    _その他の__同様_ な _レジメン_《複数》_は ¨※¨である 【・※←〈その〉 German BFM プロトコル 、及び、 〈その〉 French LMB プロトコル 】┏┓。    _化学療法_ は ¨ ∬ ¨ねばならない 【 ∬=実施される--【・*の中へ |*←〈その〉脊髄液 】┏┓。

〈その〉_治癒率_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←小児¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←このタイプ・_ステージ_の_非ホジキンリンパ腫_】〓〓 は _範囲を持つ--【・*から#の間の ||*←約 70% |#← 80%超 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(最新 医学レビュー 07/08/2009)(最新 改訂 08/19/2010)
「英文原題」=Treatment of stages III and IV non-cleaved cell (Burkitt) lymphoma

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

ステージ_3、4の_大細胞`型`リンパ腫《未分化を含む》


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

大細胞`型`リンパ腫《複数》 は あまり¨ ∬ ¨しない 【 ∬=含む (の否定)_【・*を |*←〈その〉_骨髄_ 、又は、 脊髄液】〓〓、しかし、それらの組織を含む場合、必要とする_【・*を |*← より_集中的_ な _治療_ 】┏┓。

_化学療法__は 通常¨※¨である 【・※← doxorubicin、prednisone、vincristine、methotrexate 、及び、 可能的には、6-mercaptopurine 、又は、 cyclophosphamide--【・*にわたり |*← 9 〜 12 ヶ月間 】┏┓。    いくらかの医者《複数》 は _治療_する_【・*を |*←_びまん性`大細胞型` B 細胞性`リンパ腫_--【『 』のような やり方で…|『彼ら が _治療_するであろう_【・*を |*←小さな_非`切れ込み核`細胞`性`リンパ腫_《 別項目に記述 》】┏┓。    _髄腔内__化学療法_ が 、また、実施される--【・*の中へ |*←〈その〉脊髄液 】┏┓。

_現行の__臨床試験_《複数》_ は 焦点を当てつつある--【・*に |*←■_〈その〉_治療_期間の 長さどのような_薬_《複数》_が ¨※¨である 【・※←重要_--〔 ∬ (する)ことに於いて | ∬=_治療_する_【・*を |*←_大細胞`型`リンパ腫_】『 』(→右記)であるか否か… |『 異なるタイプ の _大細胞`型`リンパ腫_《複数》 が ¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=_治療_される--【・同様に 』(か否か)】┏┓。

〈その〉_治癒率_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←小児¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_進行期__びまん性`大細胞型` B 細胞性`リンパ腫_】〓〓 は _範囲を持つ--【・*から#の間の ||*← 70% |#← 80%超】〓〓、しかし、それ_は ¨※¨である 【・※←わずかに より_低_い_--〔・*の場合 |*←未分化 _大細胞`型`リンパ腫_ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(最新 医学レビュー 07/08/2009)(最新 改訂 08/19/2010)
「英文原題」=Treatment of stages III and IV large cell (including anaplastic) lymphoma

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

再発性__リンパ腫


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_一般的に、--【もし『 』なら…|『〈その〉_リンパ腫_ が _再発_する--【・*の後に |*←_治癒的__治療_ 』】〓〓、それ《 ∬ すること(右記)》〓〓は ずっと 難しい……∬=_治療_する 】┏┓。    可能な場合、  より_集中的_ な _化学療法_《 通常__幹細胞`移植_を含む 》 が 推奨される┏┓。    このこと は しばしば実施される--【・*の中で |*←〈一件の〉_臨床試験_ 】┏┓。    _臨床試験_《複数》_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← より新しいタイプ の _治療_】〓〓 が ¨ ∬ ¨(である)ことがある 【 ∬=¨※¨である 【・※←〈一つの〉_選択肢_ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(最新 医学レビュー 07/08/2009)(最新 改訂 08/19/2010)
「英文原題」=Treatment of recurrent lymphoma

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_治療_・_研究_の 新動向


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

遺伝子学


--【『 』のように…|『注記した--【・*に於いて |*←〈その〉セクション「私は 小児_患者さん_ での _非ホジキンリンパ腫_の 原因を知っているか?」(*)】〓〓、_科学者《複数》_ は 実現しつつある_【・*を |*←大きな_進歩{ ∬ (する)ことに於いての}¨ ⌒〔 ∬=理解する_【・*を |*←『どのようにして、DNA 変化《複数》 が させるのか--【・▽が¨ ∬ ¨するように||▽←正常なリンパ球《複数》| ∬=変化する_【・*に |*←_リンパ腫__細胞《複数》_ 】 』 】┏┓。

(*)mougitaro 注:当該セクションのイメージは ご紹介していません。原文をお読みください。

∬ (する)こと | ∬=理解する_【・*を |*←〈その〉_遺伝子_変化《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =しばしば起きる--【・*に於いて |*←_非ホジキンリンパ腫_ 〓〓 は 提供しつつある_【・*を |*←洞察{☆への}¨ ⌒〔 ☆←『何故、これらの_細胞《複数》_ が ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=あまりに急速に成長するあまりに_長期的_に _生存_する進化しない--【・*へ |*←正常、 成熟した_細胞《複数》_ 』 】┏┓。    究極的に、 この情報 は ¨ ∬ ¨(される)ことの可能性がある 【 ∬=使用される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=開発する_【・*を |*←¨治療{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_リンパ腫_ 】┏┓。

この_進歩 は 既に_導いて在る--【・*へ |*←大きく_改善_された、そして、高度に_敏感な 検査《複数》{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=検出する_【・*を |*←この_病気_ 】┏┓。    検査《複数》{☆のような}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_ポリメラーゼ`連鎖`反応《 PCR 》_】〓〓 は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=明らかにする_【・*を |*←_非ホジキンリンパ腫__細胞《複数》_--【・*に基づき |*←¨いくつか{☆の}¨ ⌒〔 ☆←これらの_遺伝子_変化《複数》 】┏┓。    このテスト は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=発見する_【・*を |*← 1 つの_腫瘍__細胞_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← 100 万 の 正常_細胞《複数》 】┏┓。    それ_は ¨※¨である 【・※←有用_--〔 ∬ (する)ことに於いて | ∬=確認する_【・*を |*←『どの程度 _完全_に _リンパ腫_ が 破壊されて在るのか?--【・*により |*←_治療_】〓〓、そして、_再発_ が 起こりそうか? 』 】┏┓。

新_治療_の_臨床試験_


大部分の 小児¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_非ホジキンリンパ腫_】〓〓 は _治療_される--【・*に於いて |*←大きな 医療センター《複数》《 ここでは、_治療_ は しばしば含む_【・*を |*← ∬ (する)こと | ∬=参加する_【・*に |*←_臨床試験_《複数》_{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=提供する_【・*を |*←〈その〉最も 最新の ケア 】┏┓。    いくつかの重要な問題《複数》 が 今や _研究_されつつある--【・*に於いて |*←_臨床試験_《複数》_】《 以下のような 》__ : __



(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(最新 医学レビュー 07/08/2009)(最新 改訂 08/19/2010)
「英文原題」=What`s new in research and treatment of non-Hodgkin lymphoma in children?

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

資料 A


資料名=ACS('06/4)


American Cancer Society のホームページ
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ

原資料更新時期=March 10, 2006


本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

治療の概観


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分をすぐ後ろの【※← 】で説明しています)

この資料の性質

この情報は代表する【・*を |*←¨見解 (※の)¨【:※←¨医者や看護婦 {※ところの}¨【∵※←奉仕している【::*に |*← American Cancer Society's Cancer Information Database Editorial Board::】∵】:】・】。   これらの見解は基礎としている【・*を |*←彼らの¨解釈 (※に関する)¨【:※←¨研究( 複数 ) {※ところの}¨【∵※←医学雑誌に発表された∵】:】| -AND- |彼ら自身の専門家としての経験・】。

¨治療情報 (※の中の)¨【・※←この文書・】は※ではない【・※←公式の¨ポリシー (※の)¨【:※← American Cancer Society:】・】そして、☆を意図していない【・☆←医学的な¨アドバイス {※ところの}¨【:※←置き換える【∵*を |*←¨専門的な技術や判断 (※の)¨【::※←個々の患者さんの治療チーム::】∵】:】・】。   ¨治療情報 (※の中の)¨【・※←この文書・】は意図している【・*を |*←助ける【:☆が¨§¨するように|☆←患者さんや家族さん|§←情報を持った上での決定をする【∵*と共に |*←治療チーム∵】:】・】。

個々の患者さんの医者は¨※¨かも知れない【・※←持っている【:*を |*←¨理由 (※の)¨【∵※←¨提案すること {※ところの}¨【::※←ここに記述した一般的な治療選択肢と異なる::】∵】:】・】。   遠慮しないでほしい【・*を |*←質問する【:*に |*←担当の医者:】【:*について |*←具体的な治療選択肢:】・】 (*)。

(*)mougitaro アドバイス:以上の記述は、言うまでもなく、米国の医師に関するものです。 日本では、ご自分のケースでの治療選択肢について医者に質問することは、米国に優るとも劣らずに重要なことです(その理由については、各種マスメディアで報じられるようになっていますから、ここでは省略します)。 ただし、現実には、日本でも医者に対して遠慮せずに質問する患者さんや家族さんが最近増えてきています。 これは、非常に良いことだと思います。 医者に治療に関する決定を任せるべきではありません。

治療の原則

【・*の前に…|*←治療が開始される・】、¨※¨は良いことである【・※←治療チームに質問する【:*について |*←治療に伴って起こる可能性のある副作用:】・】。   彼らは説明できる【・*について |*←一般的な副作用の種類| -AND- |副作用の続く期間の長さ| -AND- |副作用がどの程度重症であるか・】。

【・*であっても…|*←病気が¨※¨であるように見える【:※←限局している【∵*に |*←一個所の腫大したリンパ節∵】:】・】、病気は通常、拡大している【・*までに…|*←それが診断されたとき・】。   非ホジキンリンパ腫の細胞は、おそらく存在している【・*に |*←その他の臓器・】が、それが小規模であるために、検出できないことがあるのである。 これが¨※¨の理由である【・※←治療が実施される【:*に|*←身体全体:】・】。   このタイプの治療は呼ばれる【・*と |*←全身的治療(化学療法)・】。   この方法が※である【・※←唯一の¨方法 (※のための)¨【:※←がん細胞の全てを殺す:】・】。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

化学療法


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分をすぐ後ろの【※← 】で説明しています)

化学療法の全般論

以下のリンク先の記述をご参考にしてください。但し、システムの都合上、以下のことにご注意ください
◇本記事と完全にマッチした内容になっていない場合もあります。その場合は、適宜ご判断くださいますようお願いします。
◇リンク切れになっていましたら、ここからジャンプして、目次をお使いください。


化学療法の効果

化学療法の副作用の全般

副作用への対処

治療チームはしばしば¨※¨ことができる【・※←提案する【:*を |*←¨方法 (※のための)¨【∵※←これらの副作用を軽減する∵】:】・】。   薬( 複数 )は¨※¨ことができる【・※←化学療法剤と同時に投与する・】【・*のために |*←予防したり軽減する【:*を |*←吐き気や嘔吐:】・】。   ¨薬( 複数 ) {※ところの}¨【・※←成長因子として知られる・】は¨※¨ことがある【・※←投与される【:*のために |*←保つ【∵☆が¨§¨であるように|☆←血球数|§←高い∵】:】・】。

腫瘍崩壊症候群

腫瘍崩壊症候群は※である【・※←化学療法の¨副作用 {※ところの}¨【:※←リンパ腫の細胞の急激な崩壊により起きる:】・】。   【・*の時に…|*←リンパ腫細胞が破壊される・】、これらの細胞は開き、放出する【・*を |*←内容物・】【・*へ |*←血液循環・】。   このことは、影響することがある【・*に |*←腎臓、心臓、神経システム・】。   この副作用は¨※¨ことができる【・※←予防する・】【・*により |*←確実に、させる【:☆が¨§¨するように|☆←患者さん|§←十分な水分をとる:】| -AND- |使用する【:*を |*←特定の薬(重炭酸塩、allopurinol、rasburicase、など):】(これらのことは助ける【:☆が¨§¨するように|☆←身体|§←がん細胞から放出された物質を体外へ排出する:】)・】。

長期的な副作用について

¨※¨が存在する【・※←治療による長期的な¨影響 (※に対する)¨の可能性【:※←いくつかの臓器(腎臓、肝臓、精巣、卵巣、脳、心臓、肺、など):】・】。   【・*があれば… |*←注意深い経過観察・】、生命に関わるような副作用は稀である。   しかし、【・もし*なら…|*←重症の副作用が起きた・】、化学療法は¨※¨ことがある【・※←軽減する、又は、停止する必要がある(少なくとも一時的に)・】。   注意深い※は重要である【・※←経過観察、及び、化学療法剤の用量調節・】【・何故なら*であるから…|*←いくつかの副作用は恒久的である・】。   しかし、いくつかの副作用(精巣へのダメージ)は避けるのが困難であることがある。

以下の薬は伴う【・*を |*←不妊症の高いリスク・】:

◇carmustine (BCNU)
◇lomustine (CCNU)
◇busulfan (Myleran, Busulfex)
◇chlorambucil
◇cyclophosphamide (Cytoxan)
◇procarbazine
◇mechlorethamine (Mustargen)
◇melphalan (Alkeran)

(これらの薬のいくつかは、広く使用される【・*のために |*←リンパ腫の治療・】)

全ての 3 種類の小児の非ホジキンリンパ腫は治療される【・*により |*←全身的な併用化学療法・】。   主要な差異は※である【・※←どの薬が使用されるか、どれだけの期間投与されるか・】。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

放射線療法


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分をすぐ後ろの【※← 】で説明しています)

放射線療法は使用する【・*を |*←高エネルギーの放射線・】【・*のために |*←殺す【:*を |*←がん細胞:】・】。   ¨放射線療法 {※ところの}¨【・※←身体の外部からがんへ放射線をあてる・】は呼ばれる【・*と |*←外部線源放射線療法・】。   これが※である【・※←放射線療法の¨タイプ {※ところの}¨【:※←最もしばしば使用される【∵*のために |*←非ホジキンリンパ腫を治療する∵】:】・】。   放射線療法は一時使用された【・*のために |*←治療する【:*を |*←非ホジキンリンパ腫を有する小児の患者さん:】・】。   しかし、現在では一般的に、可能な限り避けられる。   時々、放射線療法は使用されることがある【・*に於いて |*←小用量・】【・*と共に |*←化学療法・】。

放射線療法は¨※¨ことがある【・※←使用される・】【・*のために |*←緩和する【:*を |*←¨症状 {※ところの}¨【∵※←¨リンパ腫 {※ところの}¨【::※←巻き込む【∵:*を |*←内臓(脳、脊髄、など)∵:】::】∵】:】・】 -OR- 【・*の場合…|*←リンパ腫が痛みを起こす【:*のために…|*←リンパ腫が神経を圧迫する:】・】。

治療直後の¨副作用 (※の)¨【・※←放射線療法・】は¨※¨ことがある【・※←含む【:*を |*←軽度の皮膚障害、疲労感:】・】。   ¨放射線療法 (※への)¨【・※←腹部・】¨※¨ことがある【・※←引き起こす【:*を |*←胃の不調、下痢:】・】。   しばしば、これらの副作用は消失する【・(時期)|短期間の後に・】。

最もダメージのある¨副作用 (※の)¨【・※←放射線療法・】は起きる【・(時期)|多年が経過後・】。   主な長期的な副作用は以下のものである:

◇胸部放射線療法は¨※¨ことがある【・※←引き起こす【:*を |*←肺のダメージ:】・】、そして、もたらす【・*を |*←呼吸困難・】。   稀であるが、肺がんが起きることがある【・*の後に |*←肺の放射線療法・】。   少女は持つであろう【・*を |*←より高い¨リスク (※の)¨【:※←後年乳がんが発症する:】・】。
◇¨副作用 (※の)¨【・※←脳の放射線療法・】は通常※となる【・※←最も重症【:*の後に |*←治療後 1〜 2 年:】・】、そして、¨※¨ことがある【・※←含む【:*を |*←頭痛や思考困難:】・】。
◇筋肉や骨のがん(肉腫と呼ばれる)が¨※¨ことがある【・※←起きる【:*に於いて |*←放射線療法を受けた領域:】・】。   同様に、消化管のがんも※である【・※←より発症しやすい・】。   【・*であるから…|*←非常に多くの小児の¨患者さん (※を有する)¨【:※←リンパ腫:】が治癒する・】、これは大きな問題である。
◇胸部放射線療法は¨※¨ことがある【・※←影響する【:*に |*←心臓:】【:*により |*←ダメージを与える【∵*に |*←心臓に栄養を供給している血管∵】:】・】。   これはもたらすことがある【・*を |*←心臓発作・】。

放射線療法は¨※¨ことがある【・※←させる【:☆が¨§¨するように|☆←化学療法の副作用|§←悪化:】・】。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

ステージごとの治療選択肢


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分をすぐ後ろの【※← 】で説明しています)

¨治療 (※の)¨【・※←ステージ I 、及び、II のリンパ芽球性リンパ腫・】

約 85% から 90% の¨小児患者さん (※の)¨【・※←このステージ・】は治癒されるであろう。 全ての¨小児患者さん (※の)¨【・※←ステージ I 、及び、II のリンパ芽球性リンパ腫・】は仮定される【・*であると |*←持つ【:*を |*←より拡大した病気:】・】。   彼らは治療される【・*により |*←¨全身化学療法 {※ところの}¨【:※←化学療法剤( 複数 )の併用:】・】。   典型的な併用レジメンは含む【・*を |*← CHOP (cyclophosphamide, doxorubicin, vincristine ,prednisone) | -OR- | COMP (cyclophosphamide, vincristine, methotrexate, prednisone) ・】。   最良の¨結果 (※による)¨【・※← CHOP レジメン・】は得られた【・*の場合…|*←当該レジメンに続いて実施した【:*を |*← 24 週間の¨治療 (※による)¨【∵※←より集中度の低いレジメンである 6-mercaptopurine + methotrexate (錠剤の服用)∵】:】・】。

しかし、いくらかの医者は感じる¨何を?→『 』¨『 ¨併用レジメン {※ところの}¨【・※←さらに多くの化学療法剤( 複数 )を含む・】が¨※¨ではなかろうか【・※←もっと有効である・】 』。   一つのレジメン( BFM と呼ばれる)は使用する【・*を |*← 8 種類の化学療法剤・】【・*の間 |*←最初の 2 ヶ月間・】、そしてそれに続いて実施する【・*を |*←より集中度の低い¨治療 (※による)¨【:※← methotrexate + 6-mercaptopurine の錠剤投与を 2 年間:】・】。

【・*に於いても… |*←いずれのレジメン・】、¨化学療法 (※による)¨【・※←通常 methotrexate ・】も実施される【・*へ |*←脊髄液・】【・(程度)|少なくとも 4 回(それぞれ 1 週間間隔)・】。   ¨化学療法剤 {※ところの}¨【・※←脊髄液に投与された・】は移動していく【・*へ |*←¨脳や脊髄の領域全体 {そこに※ところの}¨【:※←がん細胞が隠れていることがある:】・】。   この「髄腔内注射」による化学療法は助ける【・*を |*←防止する【:☆が¨§¨することを|☆←がん細胞|§←中枢神経系に残存していく:】・】。

¨治療 (※の)¨【・※←ステージ III 、及び、IV のリンパ芽球性リンパ腫・】

¨治療 (※の)¨【・※←小児の患者さんでの進行性のリンパ芽球性リンパ腫・】は※である【・※←常に長期間が必要(最高 2 年間が必要)・】。   治療は実施される【・*として |*← 3 フェーズの¨化学療法(※による)¨【:※←複数の化学療法剤:】・】。   BFM レジメンがしばしば使用されるが、¨※¨が存在する【・※←もう一つの集中治療の¨フェーズ (※の後の)¨【:※←最初の数ヶ月間:】・】。

化学療法は実施される【・*へも |*←脊髄液・】。   治癒率は※である【・※←約 60% から 80% ・】。

¨治療 (※の)¨【・※←ステージ I 、又は、II の小児型のくびれのない細胞型(バーキット、又は、バーキット様)リンパ腫・】

¨治療 (※の)¨【・※←これらのリンパ腫・】は、非常に有効であるが、しばしば含む【・*を |*←外科手術、及び、化学療法・】。   【・もし*なら…|*←腹部の大きな腫瘍・】、※は重要である【・※←できるだけ多くの腫瘍を除去する・】。   その後、¨治療 (※による)¨【・※←化学療法・】は非常に有効である(治癒率 90% 以上)。 通常の¨長さ (※の)¨【・※←治療・】は短い【・(程度)| 9 週間から6 ヶ月間の範囲・】。   通常、数種類の化学療法剤が使用される【・*を含めて |*← cyclophosphamide、vincristine、doxorubicin、prednisone ・】。   大部分の小児がんの専門医は感じる¨何を?→『 』¨『 9 週間の治療が充分である 』。   ¨化学療法 (※への)¨【・※←脊髄液・】は必要とされる【・*な場合だけ…|*←リンパ腫が成長している【:*の周囲に |*←頭部、又は、頸部:】・】。

¨治療 (※の)¨【・※←ステージ III 、又は、IV の小児型のくびれのない細胞型のリンパ腫・】

¨治癒率 (※のための)¨【・※←¨小児の患者さん (※を有する)¨【:※←このタイプのこのステージの非ホジキンリンパ腫:】・】は 70% から 80% である。 ¨リンパ腫細胞 (※の)¨【・※←このタイプのリンパ腫・】は持つ【・*を |*←非常に速い成長速度・】。   従って、¨小児の患者さん (※を有する)¨【・※←このタイプの非ホジキンリンパ腫・】は必要とする【・*を |*←集中治療(治療コースと治療コースとの間の休みの期間があまりない)・】。

一つの有効な治療スケジュール(St. Jude "Total B" と呼ばれるレジメン)では交互に投与する【・*を |*← cyclophosphamide + doxorubicin + vincristine と cytarabine (ara-C) + methotrexate 【:(やりかた)| 3 から 4 週間ごとに交替し、全体として 6〜 8 ヶ月間実施:】・】。   もう一つの治療レジメンは※である【・※← BFM レジメン・】。   化学療法は¨※¨ねばならない【・※←脊髄液にも投与する・】。

¨治療 (※の)¨【・※←ステージ I、又は、II の小児の大細胞(未分化型を含む)リンパ腫・】

¨治癒率 (※のための)¨【・※←小児の¨患者さん (※を有する)¨【:※←このタイプのリンパ腫:】・】は※である【・※← 90% 以上・】。   治療は構成される【・*から |*←短いコースの¨化学療法 (※による)(☆の間の)¨【・※←わずかに 4 種類の(時々もっと多くの)化学療法剤・】【:☆← 3 から 6 ヶ月間:】・】。   通常の化学療法レジメンは含む【・*を |*← cyclophosphamide、vincristine、prednisone、doxorubicin 又は methotrexate ・】。   化学療法は投与される【・*へ |*←脊髄液・】【・*の場合のみ…|*←リンパ腫が存在する【:*の近くに |*←頭部、又は、頸部:】・】。

¨治療 (※の)¨【・※←ステージ III、又は、IV の小児の大細胞(未分化型を含む)リンパ腫・】

¨治癒率 (※のための)¨【・※←小児の¨患者さん (※を有する)¨【:※←進行性の大細胞リンパ腫:】・】は※である【・※← 70% から 80% ・】。   大細胞リンパ腫は¨※¨ことがある【・※←巻き込む【:*を |*←骨髄、又は、脊髄液:】・】。   いくらかの腫瘍専門医は治療する【・*を |*←大細胞リンパ腫・】【・*と同様に…|*←彼らが治療するであろう【:*を |*←小さいくびれのないリンパ腫(【∵もし*なら…|*←実際のリンパ腫が B ー細胞性の大細胞リンパ腫である∵】)| -OR- |リンパ芽球性リンパ腫(【∵もし*なら…|*←実際のリンパ腫が T ー細胞性の大細胞リンパ腫である∵】):】・】。

髄腔内化学療法は重要であり、全身的な化学療法は通常含む【・*を |*← doxorubicin、prednisone、vincristine、methotrexate、、及び、おそらく 6-mercaptopurine または cyclophosphamide ・】【・(期間)| 9 から 12 ヶ月間にわたって・】。   現在進展中の臨床試験は焦点をあてている【・*に |*←治療の長さ| -AND- |大細胞リンパ腫の治療のためにどの化学療法剤が重要か| -AND- | T- 細胞、及び、B- 細胞タイプが同様に治療可能かどうか・】。

¨治療 (※の)¨【・※←再発性のリンパ腫・】

一般的に、【・もし*なら…|*←リンパ腫が再発した場合【:*の後に |*←治癒的な治療:】・】、治療はより困難になる。   臨床試験への参加が最も適切なアプローチである。 しばしば臨床試験は含むであろう【・*を |*←いくらかの種類の集中療法、それに続く造血幹細胞移植・】


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

その他の治療法


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ

以下の治療法については、原文をお読みください。

◇外科手術
◇幹細胞移植

(幹細胞移植については、以下もご参考になるかも知れません)

以下のリンク先の記述をご参考にしてください。但し、システムの都合上、以下のことにご注意ください
◇本記事と完全にマッチした内容になっていない場合もあります。その場合は、適宜ご判断くださいますようお願いします。
◇リンク切れになっていましたら、ここからジャンプして、目次をお使いください。


幹細胞移植


本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

研究と治療の新動向


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分をすぐ後ろの【※← 】で説明しています)

¨研究 (※に関する)¨【・※←¨原因、診断、治療 (※の)¨【:※←小児の非ホジキンリンパ腫:】・】は進展中である【・*に於いて |*←多くの医療センター、大学病院、その他の全米の組織・】。   科学者たちは為しつつある【・*を |*←大きな¨進歩 (※に於ける)¨【:※←理解する【∵*を |*← DNA の変化がどのようにして、正常のリンパ球をリンパ腫に変化させるか∵】:】・】。

よりよい¨理解 (※の)¨【・※←¨遺伝子( 複数 ) {※ところの}¨【:※←巻き込まれている【∵*に |*←特定の¨転座 {※ところの}¨【::※←しばしば非ホジキンリンパ腫でみられる::】∵】:】・】は提供しつつある【・*を |*←¨洞察 (※への)¨【:※←何故このような細胞が¨※¨ことがある【∵※←過度に急速に成長する| -OR- |過度に長く生きる| -OR- |進歩しない【::*へ |*←成熟した¨細胞 {※ところの}¨【∵:※←正常の免疫反応に関与する∵:】::】∵】:】・】。   究極的には、この情報は使用されるであろう【・*に |*←¨治療法 {※ところの}¨【:※←がん細胞の異常な DNA の効果をブロックし、回復する【∵*を |*←細胞成長に対する正常なコントロール∵】:】・】。

¨進歩 (※に於ける)¨【・※←¨理解 (※の)¨【:※←非ホジキンリンパ腫に於ける DNA 変化:】・】は既に提供している【・*を |*←大いに改善され、高度に感度の良い¨検査法 (※のための)¨【:※←この病気を検出する:】・】。   ¨検査法( 複数 ) (※のような)¨【・※← polymerase chain reaction (PCR) 法・】は¨※¨ことができる【・※←見つける【:*を |*←非ホジキンリンパ腫の細胞:】【・*により |*←遺伝子の転座、又は、再配列・】・】。   この検査法は¨※¨ことができる【・※←発見する【:*を |*←¨ 1 つのがん細胞 (※の中の)¨【∵※← 100 万の正常細胞∵】:】・】。   この検査法は※である【・※←有用【:*に於いて |*←決定する【∵*を |*←治療により、どの程度完全にリンパ腫が治療されたか| -AND- |再発が起きそうか否か∵】:】・】。

いくつかの重要な問題について研究が進展中である【・*に於いて |*←臨床試験( 複数 )・】:

◇¨※¨であるか 『 (疑問)※←全ての限局性の(ステージ I、II)非ホジキンリンパ腫は¨※¨ことができる【・※←同じように治療する・】』?
◇¨治療期間の長さ (※に対する)¨【・※←各タイプの非ホジキンリンパ腫・】はどの程度か?
◇¨※¨であるか『 (疑問)※←特定の¨薬( 複数 ) {※ところの}¨【・※←正常な骨髄細胞のより迅速な回復を助ける・】(成長因子)は持つ【・*を |*←¨役割 (※に於ける)¨【:※←¨治療 (※の)¨【∵※←小児の¨患者さん (※を有する)¨【::※←非ホジキンリンパ腫::】∵】:】・】』?
◇¨※¨であるか 『 (疑問)※←より集中度の低い治療が提供する【・*を |*←高度に集中された治療と同等に良好な治療結果・】、そして、それによって、避ける【・*を |*←いくらかの長期的な副作用( 複数 )・】』?

モノクロナル抗体

この新しい療選択肢は※である【・※←評価の初期の段階・】。   人工の¨抗体 {※ところの}¨【・※←探して破壊する【:*を |*←リンパ腫の細胞:】・】が開発されつつある。 これらの一つである rituximab(Rituxan )が臨床試験中である【・*に於いて |*←一定のタイプの小児リンパ腫( 複数 )・】。

これらの進歩の大部分は研究されつつある【・*に於いて |*←臨床試験( 複数 )・】。   小児の患者さんは常に最適に治療される【・*に於いて |*←これら臨床試験の一つ・】。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ