目次《ジャンプ先で項目タイトルをクリックすれば、この目次に戻れます》


本ファイル名称=breast_001


→トップページへ戻る


お手数ですが、もう一度下記のリンクをクリックしてください:

情報データベース(乳がん)のトップページへ






《この資料の目次に戻るためには、上記の標題行をクリックしてください》

最新情報、アドバイス、当ファイル作成上の原則



最新情報のご案内


このファイルには、部位別に米国での現在の標準的な治療法に関する情報(の在処)を記述しています。最新情報は、関連の部位別情報データベース(このファイルの「トップページへ戻る」のリンクからジャンプ)の「治療ニュース、論文、総説」のところをご覧ください。

上記の項目には、欧米の約 50 の専門雑誌、学会報告、ニュース、などのサイトの最新号に於けるがんの治療に関する情報の在処を、可能なかぎり包括的にご紹介しています。決して、極々少数の記事だけを載せているようなものではありません。患者さんや家族さんのご参考にしていただけるものと思います。



《この資料の目次に戻るためには、上記の標題行をクリックしてください》

アドバイス


治療を医者に決してお任せにならないことをお勧めします。このファイル(もし不十分でしたら、本やインターネットの他の資料)を勉強することで自ら状況を把握され、医者と対等に議論する姿勢を忘れないようにしてください。



《この資料の目次に戻るためには、上記の標題行をクリックしてください》

当ファイル作成上の原則


複数の資料を参考にしてこのファイルを作成していきますが、各参考資料の内容を無理にまとめることはせず、原則として参考資料ごとに全て併記しておきます。重複したり、場合によっては資料間で矛盾しているように思われる場合があるかも知れませんが、データを残すことを重視しました。



《この資料の目次に戻るためには、上記の標題行をクリックしてください》

疾患名 =乳がん( Breast Cancer )


資料 001-B=_転移性`乳がん_の_治療_(資料ご紹介の作成年月='10/9)


資料名=eMedicine


このコーナーでは、上記の資料の内容の概略をご紹介しています。各ページには、当該ページに対応する原資料サイトのページへのリンクを設定してありますが、原資料サイト での ページ構成変更により、リンク切れとなっております場合は、本家サイトの

リンク集のページ

の、「情報の存在を ご紹介しているサイト」の項目に 当該原資料サイトへのリンクを収載しておりますので、そこからジャンプしてください。《当該原資料サイトには、早期_乳がん_の_治療_等、非常に厖大な情報が記述されています。本ファイルで 内容イメージを ご紹介しているのは、そのうちの_全身的`治療_に関する部分のみです》

尚、このコーナーでご紹介しております原資料の日付は下記の通りです :

原資料更新時期=May 26, 2010 

本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_転移性`乳がん_の_全身的`治療_


概観


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

顕著な_進歩《複数》 が なされつつある--【・*に於いて |*←〈その〉¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_早期__ステージ__乳がん_】〓〓、しかし、多くの_患者さん《複数》_ は 依然として 発症する_【・*を |*←_再発_ 、及び、 _転移 】┏┓。    加えるに、5 〜 10% の _乳がん__患者さん《複数》__は 持つ_【・*を |*←_転移性_の_病気_--【・*の時点で |*←_病気現出 】┏┓。    --【『 』であるが…|『¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_】〓〓 は 続けている_【 ∬ (する)ことを | ∬=_改善_する 】 』】〓〓、依然として¨※¨は 存在しない 【・※←治癒(否定)--【いったん『 』すると…|『遠隔_転移_《複数》 が 発症する 』】┏┓。    --【『 』であるが…|『一部 の ¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_】〓〓 は _利益_を得る--【・*から |*←_外科的__切除_--【・*のために |*←〈一つの〉孤発性 の _再発_】〓〓、そして、多くの_患者さん《複数》_ は 必要とする_【・*を |*←_放射線`療法_--【・*のために |*←■_緩和{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉_特定的な_箇所】|-又は-|■__根治的な_¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_脳転移_ 』】〓〓、_一般的には _再発性_ 、又は、 _転移性__乳がん_ は ¨ ∬ ¨ねばならない 【 ∬=_全身的_に アプローチされる《 _治療__効果_ が 全てのサイト《複数》に 到達するため 》 】┏┓。    ¨※¨が 存在する 【・※← 2 つの主要な_治療`介入_《複数》】__ : ___ホルモン療法_ 、及び、 _化学療法_┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Systemic Treatment of Metastatic Breast Cancer

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_ホルモン療法_


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

--【・*のためには… |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =持つ_【・*を |*←_ホルモン`レセプタ`陽性_ の _病気_--【・*無しで |*←■_〈一つの〉生命を脅かす的な成分《 例えば、かさ高な _肝臓__転移_《複数》 》】|--|■__全身的__症状_《複数》{ ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=必要とする_【・*を |*←直ちの 緩和_治療_ 】】〓〓、_ホルモン療法__は _一般的に ¨※¨である 【・※←〈その〉初回 の _選択_される_治療_ 】┏┓。    _奏効率_《複数》_は ¨※¨である 【・※← より高い_--〔・*によるほうが |*←_化学療法_】〓〓、しかし、《 _化学療法_では 》¨※¨も同様に高い【・※←〈その〉頻度{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_潜在的_に 危険的な_毒性_】〓〓、そして、¨※¨は 存在しない 【・※←_証拠_(否定){=『 』という(右記)}¨=『_患者さん《複数》_ が  より_長期間 _生存_する--【・*の結果として |*← ∬ (する)こと | ∬=受ける_【・*を |*←初回_化学療法_ 】┏┓。    〈一つの〉試み{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_ホルモン操作だけによる治療】〓〓 は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=評価する_【・*を |*←[『 』(→右記)であるか否か… |『 _ホルモン療法__が ¨※¨である 【・※←_効果的_ 』(か否か)《 このようなこと_は ¨※¨である 【・※←不可能--【もし『 』なら…|『_ホルモン療法_ が 実施される--【・*と一緒に |*←_細胞`毒性`的__化学療法_ 』】 》 】┏┓。    このこと_は 特に¨※¨である 【・※←重要_--〔『 』の場合…|『〈その〉_患者さん_ が 持つ_【・*を |*←_再発_した_病気_ 』】--【『 』の理由で…|『_第二線__ホルモン療法_ の _利益__は ¨※¨である 【・※←ほぼ50%】〓〓、そして、失敗{ ∬ (する)ことの}¨ ⌒〔 ∬=_利益_を得る--【・*から |*←初回_内分泌`治療_ の 試み 】〓〓 は 関連している--【・*と |*←_第二線__ホルモン療法_ の _治療`挫折_ 』】┏┓。    _一般普通的_ な _ホルモン療法_《複数》 、及び、 _用量_《複数》 が 以下に リストされている┏┓。

テーブル 6 : _乳がん_に使用される_ホルモン_治療薬_《複数》
《 _用量_等 詳細については、原文をお読みください。以下には、_治療薬_の 名称だけを記述します。 》
_閉経後

◆ tamoxifen 

or
◆ _アロマターゼ阻害薬_《 anastrozole、letrozole、exemestane 》 

or
◆ fulvestrant 

or
◆ megestrol 


_閉経前

◆ tamoxifen 

or
◆ _アロマターゼ阻害薬_ + _黄体化`ホルモン`放出`ホルモン《 LHRH 》_ 

or
◆ leuprolide 

or
◆ goserelin 

or
◆ megestrol 



(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Hormone therapy

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

化学療法


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_細胞`毒性`的__化学療法_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_】〓〓 は 当初 構成された--【・*から |*←_単剤__レジメン_ 】┏┓。    現在では、_併用`治療_ が まず考慮されるx【・*によって異なってくるが |*←〈その〉_患者さん_ の _活動ステータス_--【・*の理由から |*← より高い_奏効率_《複数》 】┏┓。    しかし、--【・*に於いて… |*←〈その〉_状況設定_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_進行期_ の _病気_】〓〓、〈その〉目標{ ∬ (する)ことに於いての}¨ ⌒〔 ∬=決める_【・*を |*←〈一つの〉_治療__レジメン_ 】〓〓 は ¨ ∬ ¨(すること である)べきである 【 ∬=_伸長_させる_【・*を |*←_生存期間_--【 ∬ (する)一方で∬=維持する_【・*を |*←〈一つの〉良好な_生活の質_ 】┏┓。

--【『 』の場合…|『〈その〉_患者さん__が 持つ_【・*を |*←生命を脅かす的 な _病気_や _重症の__症状_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =必要とする_【・*を |*←迅速な 解消 】 』】〓〓、¨併用{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_細胞`毒性`的__薬_《複数》】〓〓 が ¨ ∬ ¨(である)と考えられる 【 ∬=¨※¨である 【・※←優先される的--【・*の理由から |*←それらの高い_奏効率_ 、及び、 ¨¨_早期_の開始{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_臨床的`利益_ 】┏┓。

_ランダム化__臨床試験_《複数》_ は _示して在る_【・*を |*←〈一つの〉_生存`利益_{☆による}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉¨使用{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉 2 剤_併用__レジメン_--【・*と比較して |*←〈一つの〉_単剤`治療_】〓〓、しかし、それら は ¨ ∬ ¨して在らない 【 ∬=導いて在らない--【・*へ |*←広範な採用{☆の}¨ ⌒〔 ☆←この_臨床`実地_】、--【・*の理由から |*←以下のこと】__ : __


〈一つの〉 2 番目の状況《 これ は 次第に ¨※¨と なりつつある【・※←_一般普通的_ 》〓〓_は ¨※¨の時である 【・※←『〈一つの〉_細胞`毒性`的__化学療法剤_ が _併用_される--【・*と |*←〈一つの〉_分子標的`治療`薬_《__ホルモン療法_ではなく 》 】┏┓。    これらの_分子標的`治療`薬_《複数》 は しばしば持つ_【・*を |*←非常に_低_い_奏効率_《複数》--【『 』の場合…|『_投与_される--【・*として |*←_単剤_ 』】〓〓、しかし、それら は 提供する_【・*を |*←追加_利益_--【『 』の場合…|『_投与_される--【・*との併用で |*←_細胞`毒性`的__化学療法_ 』】┏┓。

テーブル7 : _転移性`乳がん__に対する_標的_化学療法_
mougitaro 注:薬品分類 、及び、 _用量_については、原文をお読みください。

名称 全体的__奏効率_ _副作用_
capecitabine 30% 発疹、手足症候群、_下痢_、粘膜炎
docetaxel 30〜68% _骨髄`抑制_、_脱毛症_、皮膚反応、粘膜炎、体液貯留
doxorubicin 35〜50% _骨髄`抑制_、_吐き気_/_嘔吐_、粘膜炎、_下痢_、_心臓`毒性_、_脱毛症_
_リポゾーム化_doxorubicin 記載なし _好中球`減少症_、_脱毛症_、口内炎、手足症候群、 より少ない_心臓`毒性_
epirubicin 35〜50% _骨髄`抑制_、粘膜炎、_吐き気_/_嘔吐_、_心臓`毒性_
gemcitabine 記載なし _骨髄`抑制_、_吐き気_/_嘔吐_、インフルエンザ様症候群、LFTs_上昇
nab-paclitaxel 58〜62%、33% より少ない_ニューロパシー_ 、及び、 アレルギー_反応_
paclitaxel 25〜50% _骨髄`抑制_、_脱毛症_、_ニューロパシー_、アレルギー_反応_
trastuzumab 10〜15% 発熱、アレルギー反応、_心臓`毒性_/_うっ血性`心不全_
vinorelbine 35〜45% _骨髄`抑制_、_吐き気_/_嘔吐_、便秘、_疲労感_、口内炎、食欲低下


テーブル8 : _転移性`乳がん__に対する__併用__レジメン_
mougitaro 注:_用量_ 、及び、 _投与_スケジュールについては、原文をお読みください。

_レジメン_名称 構成_ 化学療法剤_
XT capecitabine、docetaxel
XP capecitabine、paclitaxel
XN capecitabine、navelbine
…… gemcitabine、paclitaxel
…… carboplatin、paclitaxel
…… carboplatin、docetaxel
…… paclitaxel、bevacizumab


テーブル8’ : _HER2−陽性__転移性`乳がん__に対する__レジメン
mougitaro 注:_用量_ 、及び、 _投与_スケジュールについては、原文をお読みください。

構成_ 化学療法剤_
trastuzumab、paclitaxel
trastuzumab、docetaxel
trastuzumab、vinorelbine
lapatinib、capecitabine
paclitaxel、lapatinib

◆◆◆◆◆編集メモ:ここまで一旦投稿済み◆◆◆◆◆--

〈その〉初回_選択_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_化学療法_】〓〓 は _高度に_影響される--【・*により |*←〈その〉_患者さん_ の 個人的な歴史{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←以前の _治療薬_曝露 】┏┓。    例えば、--【もし『 』なら…|『 doxorubicin_が ¨※¨であった 【・※←〈一つの〉成分{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_先行`実施の__化学療法_ 』】〓〓、〈その〉_腫瘍__細胞《複数》__は 持つ_【・*を |*←〈一つの〉 より高い¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_耐性_ の 発生】〓〓、そして、¨※¨が 存在する 【・※←〈一つの〉関連性{☆の}{★への}¨ ⌒〔 ☆←一生 での _累積的_総_用量_⌒〔 ★←〈その〉¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_潜在的_に_生命に関わる_的 _心筋障害_--【・*の結果として |*←この_薬_ の 使用 】┏┓。

それ《 ∬ すること(右記)》〓〓は 重要である……∬=理解している_【・『 』ということを… |『--【もし『 』なら…|『 1 年間以上 が 経過して在る--【・*以来 |*←完了{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_補助療法_ 』】〓〓、_患者さん_ の _腫瘍_ は ¨ ∬ ¨しそうである 【 ∬=_反応_する_【・*に |*←〈一つの〉以前に_投与_された_薬_ 、又は、 _併用_--【『 』であるかのように…|『当該_薬_ 、又は、 _併用_ は 全く _投与_されたことがない 』】 』 】┏┓。    大部分の_患者さん《複数》_ は 曝露されて在る--【・*に |*←※の両方 |※←〈一つの〉_アントラサイクリン系`化学療法剤_《 つまり doxorubicin 》〈一つの〉タキサン系化学療法剤《 docetaxel 、又は、 paclitaxel 》 --【・*に於いて |*←_補助療法__状況設定_ 】┏┓。    ¨治療{☆の}{★による}{▼に於ける }¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_⌒〔 ★←〈一つの〉タキサン系化学療法剤⌒〔 ▼←〈その〉_転移性_ の _状況設定_{☆の後の}¨ ⌒〔 ☆←_治療_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_補助療法__状況設定_】〓〓 は ¨ ∬ ¨(である)ことがある 【 ∬=¨※¨である 【・※←困難_--〔・*の理由から |*←残存_毒性_ 】┏┓。    --【『 』であるが…|『タキサン系化学療法剤《複数》_は ¨※¨ではない 【・※←_心臓__毒性_的 』】〓〓、それらの_薬_《複数》 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=もたらす_【・*を |*←■_長引く_ニューロパシー_《 特に paclitaxel の場合 》】|-又は-|■_浮腫の問題《 特に docetaxel の場合 》〓〓、そして、このこと は させる--【・*を § に ||*←_更なる__投与_| § ←問題的 】┏┓。    置換{☆の}{★への}¨ ⌒〔 ☆←一つのタキサン系化学療法剤⌒〔 ★←他のタキサン系化学療法剤】〓〓_は ¨※¨である 【・※←可能的】、--【・*によって異なってくるが |*←〈その〉性質{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_慢性__毒性_ 】┏┓。    --【もし『 』なら…|『〈その〉_腫瘍_ が _再発_して在る--【・*の すぐ後に |*←_投与{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_補助`化学療法_{ ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=含む_【・*を |*←〈一つの〉タキサン系化学療法剤 】 』】〓〓、 ∬ (する)こと | ∬=変える_【・*を |*←〈その〉_投与_スケジュール 〓〓 が ¨ ∬ ¨(である)ことがある 【 ∬=¨※¨である 【・※←_効果的_ 】┏┓。
◆◆◆◆◆編集メモ:ここまで一旦投稿済み◆◆◆◆◆--

少なくとも 3 分の 1 の _乳がん__患者さん《複数》_{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←タキサン系化学療法剤−_耐性_{☆による}¨ ⌒〔 ☆←_投与_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← 3 週間ごとの paclitaxel 】〓〓 は _反応_する--【『 』の場合…|『〈その〉同一_薬_ が _投与_される--【・*で(やり方) |*←〈一つの〉_毎週 1 回の_スケジュール の _低__用量_ 』】┏┓。    〈その〉 CALGB 9840_臨床試験_ は 報告した_【・*を |*←〈一つの〉_改善_された■__全体的`奏効率_--【・*に於いて |*←_患者さん《複数》_{ ∬ ((を)した)}¨ ⌒〔 ∬=受けた_【・*を |*←_毎週 1 回の__投与_ での paclitaxel 】--【・*と比較して |*← 3 週間ごとの_投与】《 40%28% 》】|-及び-|■__中央値での__病気`進行`まで`期間_《 9 ヶ月間5 ヶ月間 》 】┏┓。    しかし、注意 が 必要である--【 ∬ (する)ことに於いて | ∬=観察する_【・*を |*←_副作用_の_進行_《 特に_ニューロパシー_ 》 】┏┓。

--【・*に加えて… |*←〈その〉¨使用{☆の}¨ ⌒〔 ☆←タキサン系化学療法剤《複数》 、及び、 _アントラサイクリン系`化学療法剤_《複数》】〓〓、さまざまな_その他の__化学療法剤_《複数》 が ¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=使用される--【・*で(やり方) |*←_単剤_ 、又は、 タキサン系化学療法剤との_併用_ 】┏┓。    capecitabine《 Xeloda® 》_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉_経口__薬_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =■_本質的に 代表する_【・*を |*←〈一つの〉持続`製剤{☆の}¨ ⌒〔 ☆← より古い_代謝`拮抗薬_5-fluorouracil 】|-そして-|■_提供する_【・*を |*←自己_投与_の 利便性】┏┓。    _薬_《複数》{☆のような}¨ ⌒〔 ☆← capecitabine 】〓〓_は 持つ_【・*を |*←非常に 少ない_骨髄`抑制_の_副作用_】〓〓、そして、それらの_薬_《複数》 は _選択_される--【『 』の場合…|■_〈その〉_患者さん_ の _骨髄_ が ダメージを 受けて在る--【・*により |*←先行`治療】|-そして-|■_¨※¨が 存在する 【・※←〈一つの〉希望{ ∬ (する)ことの}¨ ⌒〔 ∬=_併用__投与_する_【・*を |*←〈一つの〉_骨髄`抑制_的な _薬_--【・*のために |*← より迅速な_効果_ 】 』】┏┓。    --【・*として… |*←〈一つの〉_単剤__治療薬_】〓〓、capecitabine_は 持つ_【・*を |*←〈一つの〉_全体的`奏効率_25 〜 30%--【・*を伴って |*←_最小限_ の _毒性_ 】┏┓。    --【 ∬ (された)場合に…∬=_併用_された--【・*と |*←〈一つの〉タキサン系化学療法剤 】〓〓、〈その〉_全体的`奏効率_40 〜 50% が 観察されて在る--【・*と共に |*←〈一つの〉_中央値での__全体的`生存_面 での _利益_3 〜 15 ヶ月間 】┏┓。
◆◆◆◆◆編集メモ:ここまで一旦投稿ずみ◆◆◆◆◆--

もう一つの _代謝`拮抗薬_gemcitabine《 Gemzar® 》 は _典型的には__投与_される--【・*との併用で |*← paclitaxel −ベース の ¨結果《複数》{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←〈一件の〉_フェーズ_3__臨床試験_{ ∬ ((を)した)}¨ ⌒〔 ∬=比較した_【・*を |*← paclitaxel--【・*と |*←〈その〉_併用__レジメン_--【・*に於いて |*←_局所`進行期_ 、及び、 _転移性_ の _乳がん__患者さん《複数》_ (*)┏┓。    総数 529 名の患者さん《複数》 が _ランダムに振り分けられた--【 ∬ (する)ように | ∬=受ける_【・*を |*←※の いずれか |※←■_paclitaxel + gemcitabine |-又は-|■_paclitaxel だけ《 いずれも 3 週間ごとの_投与_ 》 】┏┓。    _全体的`奏効率_《 41%26% 》 、及び、 _全体的`生存期間_《 18。6 ヶ月間15。8 ヶ月間 》_は ¨※¨であった 【・※←_有意に _改善_された--【・*に於いて |*←〈その〉 paclitaxel / gemcitabine_治療`患者さん`グループ_--【・*と比較して |*← paclitaxel_ 単剤`治療__グループ_ 】┏┓。

(*)意味がとりにくい文章構造となっていますが、原文通りです。

vinorelbine《 navelbine 》_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉ビンカ・アルカロイド】〓〓、そして、それ は 標的する_【・*を |*←チューブリン{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_有糸`分裂`紡錘体_】〓〓、そして、それ は _投与_される--【・(やりかた)|静注で_毎週 1 回の_ベース 】┏┓。    vinorelbine は しばしば使用される--【・*として |*←〈一つの〉_単剤_--【・*の後に |*←_治療_{☆による}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉タキサン系化学療法剤 、又は、 _アントラサイクリン系`化学療法剤_】、、《 もたらして_【・*を |*←_全体的`奏効率_25% 》 】┏┓。    しかし、--【 ∬ (された)場合には…∬=使用される--【・*として |*←〈一つの〉_第一線_ 、又は、 _第二線_ の _治療薬_ 】〓〓、vinorelbine は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=持つ_【・*を |*←_全体的`奏効率_最高 40% 】┏┓。

--【・*のように… |*←_ホルモン療法_の場合】〓〓、〈その〉チャンス{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_利益_{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←_化学療法_】〓〓 は 関連している--【・*に |*←〈その〉成功{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=達成された--【・*により |*←〈その〉_先行__レジメン_ 】┏┓。    --【『 』であるが…|『¨※¨が 存在する 【・※←時としての 満足させる的 _奏効_《複数》{☆による}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉_薬_{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=使用された--【・*に於いて |*←〈その〉_第三線_ 、又は、 _第四線__状況設定_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_ 】 』】〓〓、それら_は ¨※¨である 【・※←〈その〉例外--【・*という よりも |*←〈その〉通例 】┏┓。    そのようなわけで、_患者さん_特徴《複数》、 _先行__治療_《複数》 、及び、 〈その〉予想される_毒性_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←これらの_レジメン_《複数》】〓〓 が ¨ ∬ ¨ねばならない 【 ∬=考慮される 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Chemotherapy

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

HER-2 陽性_転移性`乳がん_の_治療_


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

--【・*に於いて… |*←〈その〉_転移性_ の _状況設定_】〓〓、〈一件の〉_中軸的__フェーズ_3__臨床試験_ が 比較した_【・*を |*←■__第一線`化学療法_《 doxorubicin / epirubicin + cyclophosphamide 、又は、 paclitaxel + trastuzumab 】|--|■__化学療法_だけによる治療--【・*に於いて |*← HER-2 陽性の_患者さん《複数》_ 】┏┓。    trastuzumab + _化学療法_ は 伴った_【・*を |*←〈一つの〉_有意な_改善_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_病気`進行`まで`期間_《 7。4 ヶ月間4。6 ヶ月間 》、 _奏効率_《 50%32% 》 、及び、 1 年後__生存率_《 mougitaro 注:原文通りです 》《 25。1 ヶ月間20。3 ヶ月間 》--【・*と比較して |*←_化学療法_だけによる治療 】┏┓。    加えるに、¨※¨が 存在する 【・※←_証拠_{ ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=示唆する【・『 』ということを… |『 最初からの trastuzumab 使用{☆との併用での}¨ ⌒〔 ☆←_化学療法_】〓〓 は _伸長_する_【・*を |*←_生存期間_--【・*と比較して |*←_順次`実施__投与_《 trastuzumab 使用を初回_化学療法_では_病気`進行_した時点まで 保留 》 】┏┓。    --【・*に基づき… |*←これらの_結果《複数》_】〓〓、〈その〉米国 FDA  は _認可_した_【・*を |*← trastuzumab--【・*のために |*←_第一線`治療_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_ 】┏┓。    しかし、〈その〉問題{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_最適な_実施`期間`長{☆の}¨ ⌒〔 ☆← trastuzumab_治療_】〓〓 が 引き続き¨※¨である 【※←未解決 】┏┓。

_臨床的__証拠_{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=サポートする_【・*を |*←継続しての trastuzumab_ 治療_{☆の後の}¨ ⌒〔 ☆←初回_病気`進行_ 】〓〓 が 現れて在る┏┓。    _後ろ向き`方式__研究《複数》_ が 記述して在る_【・*を |*←〈一つの〉_奏効_{☆による}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆← trastuzumab ⌒〔 ★←_多重_ライン の _治療_《複数》】〓〓、そして、¨患者さん《複数》{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=治療された--【・*により |*← 2 種類超 の trastuzumab −含有__レジメン_《複数》 】〓〓 は ¨ ∬ ¨(する)ようである 【 ∬=持つ_【・*を |*←_有利的な__全体的`生存_ 、及び、 _病気`進行`まで`期間__結果状況_《複数》 】┏┓。    _最近_、〈一件の〉_前向き方式__ランダム化__研究_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← 112 名 の ¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_HER2 −陽性__転移性`乳がん_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =初回_病気`進行_している--【・*では |*←〈一つの〉 trastuzumab −ベース_治療_ 《 GBG-26/BIG 3-05 と呼ばれる_研究_ 》〓〓 が 報告した【・『 』ということを… |『 trastuzumab / capecitabine は もたらした_【・*を |*←〈一つの〉 より_長期間の__進行無し`生存_《 8。2 ヶ月間5。6 ヶ月間 》  、及び、 _全体的`生存_《 25。5 ヶ月間20。4 ヶ月間 》--【・*と比較して |*←〈その〉 capecitabine だけの_治療`患者さん`グループ_ 』 】┏┓。    _全体的`奏効率_《複数》も、また、_有意に _改善_された--【・*に於いて |*←〈その〉_併用__治療__グループ_--【・*と比較して |*←〈その〉 capecitabine 単独_グループ_《 48。1%27% 》 】┏┓。     より_大規模_ な _臨床試験_《複数》_ が 現在 _進展中_である--【 ∬ (する)ことのために | ∬=評価する_【・*を |*←〈その〉_活性_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← trastuzumab--【・*に於いて |*←_多重_ライン の _治療_《複数》 】┏┓。
◆◆◆◆◆編集メモ:ここまで一旦投稿済み◆◆◆◆◆--

もう一つの _薬_{ ∬ (される)}¨ ⌒〔 ∬=使用される --【・*に於いて |*←〈その〉¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆← HER-2 陽性_転移性`乳がん_】〓〓_は ¨※¨である 【・※← lapatinib 】┏┓。    lapatinib《 〈一つの〉_チロシンキナーゼ`抑制薬_ 》 は _認可_された--【・*に(時) |*← 2007 年--【・*のために |*←〈その〉¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆← HER-2 陽性の_患者さん《複数》_--【・*の後に |*←_病気`進行_{☆による_治療_ではの}¨ ⌒〔 ☆← trastuzumab 】┏┓。    この_小分子_ は 知られている_【 ∬ (する)ことが | ∬=ブロックする_【・*を |*←_多重_ の _上皮`成長`因子`レセプタ《 EGFR 》_《複数》《 HER-1 、及び、 HER2 》 】〓〓、そして、この薬_は ¨※¨である 【・※←_一般的に_忍容性`良好_--【・*を伴って |*←_下痢_、 皮膚`発疹、 _疲労感_ 、及び、 _吐き気_--【・*として |*←〈その〉主要な_毒性_《複数》 】┏┓。    〈一つの〉¨分析{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_心臓__毒性_】〓〓 は 見出した_【・『 』ということを… |『 1。7%の_患者さん《複数》_{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=曝露された--【・*に |*← lapatinib 】〓〓 は 経験した_【・*を |*←_左室`駆出率《 LVEF 》_低下《 _症状_性 は 0。2% 》《 この値_は ¨※¨である 【・※← より_低_い_--〔・*よりも |*← trastuzumab の場合 》 】┏┓。    _前臨床_データ_ は _示して在る_【・『 』ということを… |『相乗的な_活性_{☆の間の}¨ ⌒〔 ☆← lapatinib、 と、trastuzumab 』《 導いて--【・*へ |*←〈一件の〉_ランダム化_¨¨研究{☆の}¨ ⌒〔 ☆←この_併用_ 》 】┏┓。    〈一件の〉_フェーズ_3__臨床試験_{☆を含む}¨ ⌒〔 ☆← 296 名の_重度に__先行治療`経験`有り の_、 trastuzumab_治療−抵抗性__転移性`乳がん__患者さん《複数》_{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=振り分けられた--【・*に |*←■_lapatinib 単独による治療|-又は-|■_lapatinib / trastuzumab 】〓〓 が _最近_報告された┏┓。    _併用`治療_ が _有意に _改善_した_【・*を |*←_進行無し`生存_期間《 8。4 週間12 週間 》--【・*と比較して |*← lapatinib_単剤`治療_】、--【・*を伴って |*←〈一つの〉_非−_有意な_傾向{☆への}¨ ⌒〔 ☆←_改善_された_中央値での__全体的`生存期間_ 】┏┓。    _下痢_ 、及び、 _発疹__が ¨※¨であった 【・※←〈その〉最も_一般普通的_ な _副作用_《複数》 】┏┓。    〈一つの〉_非−_症状_性 の 左室`駆出率《 LVEF 》_低下 が 見られた--【・*に於いて |*← 5%の_患者さん《複数》_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_併用`治療`患者さん`グループ_--【・*と比較して |*← 2%{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉 lapatinib_単剤`治療`患者さん`グループ_ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Treatment of HER2+ Metastatic Breast Cancer

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_乳がん_ での _抗−_血管新生__治療_


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_血管新生_ は 認識されている--【・*として |*←〈一つの〉キー・プロセス{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←¨¨〈その〉_病気`進行 、及び、 _転移_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_ 】┏┓。    bevacizumab《 Avastin® 》_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉ヒト化_モノクロナル抗体_{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=向けられた--【・*に |*←_血管内皮`成長`因子《 VEGF 》_《 この物質 は 及ぼす_【・*を |*←〈一つの〉独立した 影響--【・*に |*←〈その〉新_血液_形成{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_腫瘍_《複数》 》《 _血管新生_ 》 】┏┓。    bevacizumab は _最近_米国 FDA _認可_されて在る--【・*のために |*←¨第一線治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_HER2 −転移性`乳がん_(*) の _患者さん《複数》_--【・*に基づき |*←¨結果《複数》{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_フェーズ_3_Eastern Cooperative Trial (ECOG) 2100 _臨床試験_ 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←この_臨床試験_】〓〓、〈その〉¨追加{☆の}{★への}¨ ⌒〔 ☆← bevacizumab ⌒〔 ★← paclitaxel {☆としての}¨ ⌒〔 ☆←_第一線`治療_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆← 347 名の_評価`可能 な__患者さん《複数》_】〓〓 が _伸長_させた_【・*を |*←_進行無し`生存_期間《 11。8 ヶ月間5。9 ヶ月間 》】〓〓、そして、増加させた_【・*を |*←_客観的`奏効率_《複数》《 36。9%21。2% 》 】┏┓。    しかし、_中央値での__全体的`生存期間_ は _有意には 変化しなかった┏┓。

(*)原文では、このように 「 HER-2_転移性`乳がん_」となっています。_HER2 −陽性_のことなのか、_HER2‐陰性のことなのか、未確認です。

〈その〉 AVADO study (Avastin and Docetaxel in Metastatic Breast Cancer) は _ランダムに 振り分けた_【・*を |*← 736 名 の _HER2 ‐陰性_局所`進行期__乳がん__患者さん《複数》_--【 ∬ (する)ように | ∬=受ける_【・*を |*←■_docetaxel だけ|--|■_docetaxel + bevacizumab《 7。5mg / kg 、又は、 15mg / kg を 3 週間に 1 回 》 】┏┓。    --【・*の時点で… |*←〈一つの〉_中央値での_フォローアップ 10。2 ヶ月間】〓〓、_中央値での__進行無し`生存_期間 は _統計的に__改善_された--【・*に於いて |*←〈その〉 bevacizumab_グループ_《複数》--【・*と比較して |*← docetaxel だけ《 8。0 ヶ月間8。7 ヶ月間8。8 ヶ月間--【・それぞれ 》 】┏┓。    一つの説明{☆への}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉劇的に 異なる _改善_度{☆に於ける}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_進行無し`生存_{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=観察された--【・*の間で |*←〈その〉コントロール、と、bevacizumab −含有__グループ_《複数》 】⌒〔 ★←〈その〉 E2100 study〈その〉 AVADO study《 5。9 ヶ月間0。8 ヶ月間 》】〓〓 は ¨ ∬ ¨(である)ことの可能性がある 【 ∬=¨※¨である 【・※←〈その〉_メトロノーム的 な _投与_量/スケジュール{☆の}{ ¶ ところの#←}¨ ⌒〔 ☆← paclitaxel ⌒〔 ←#¶ =使用された--【・*に於いて |*← E2100 study 《 このこと は ¨ ∬ ¨(する)と考えられる 【 ∬=それ自体、もたらす_【・*を |*←_抗−_血管新生__効果_《複数》 》 】┏┓。

--【『 』であるが…|『〈その〉_生物学{☆の背景にある}¨ ⌒〔 ☆←このこと】〓〓 は 引き続き¨※¨である 【※←_捕捉`困難的_ 』】〓〓、〈その〉増加した¨使用{☆の}{ ★ に於ける}{▼と比較しての}¨ ⌒〔 ☆←_補助療法_タキサン系化学療法剤⌒〔 ★←¨患者さん《複数》{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=治療された--【・*に於いて |*←〈その〉米国−後援 の E2100 trial 】⌒〔 ▼←〈その〉欧州−主導 の AVADO trial 】〓〓 が ¨ ∬ ¨(する)かも知れない 【 ∬=貢献した--【・*に |*←〈その〉観察された差異《複数》 】┏┓。    〈その〉最も_一般普通的_ な _グレード3_/4の_有害`事象_《複数》 は 含んだ_【・*を |*←■_感覚_ニューロパシー_《 23。5% 》 、及び、 高血圧《 15% 》--【・*に於いて |*←〈その〉 E2100 study 】】|-そして-|■__発熱性__好中球`減少症_《 17% 》 、及び、 _下痢_《 7% 》--【・*に於いて |*←〈その〉 AVADO study 】┏┓。

¨結果《複数》{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←〈一件の〉_フェーズ_2__臨床試験_XCALIBr (Xeloda in Combination With Avastin as First-Line Treatment for HER2-Negative Metastatic Breast Cancer)】〓〓も、また、_示した_【・*を |*←若干の_利益_{☆による}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉¨追加{☆の}{★への}¨ ⌒〔 ☆← bevacizumab ⌒〔 ★←_化学療法_ 】┏┓。    〈一つの〉中間_分析_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← 106 名の患者さん《複数》】〓〓 が 見出した_【・『 』ということを… |『 capecitabine / bevacizumab_は ¨※¨である 【・※←_忍容`可能的 で _活性的_--【・*を伴って |*←〈一つの〉_全体的`奏効率_38% 』 】┏┓。    --【・*の後に… |*← 12。9 ヶ月間 の フォローアップ】〓〓、_進行無し`生存_期間_は ¨※¨であった 【・※←失望させる的な 5。7 ヶ月間 】┏┓。

〈その〉 North Central Cancer Treatment Group (NCCTG) N0432_フェーズ_2__臨床試験_ は 調べた_【・*を |*←〈その〉 docetaxel / capecitabine / bevacizumab--【・*として |*←_第一線`治療_--【・*に於いて |*← 45 名 の _転移性`乳がん__患者さん《複数》_ 】┏┓。    〈その〉 6 ヶ月後の_進行無し`生存_率 、及び、 _全体的‐生存率_は ¨※¨であった 【・※←それぞれ 77% 、及び、 96% 】┏┓。    この_レジメン_ は 、しかし、持った_【・*を |*←高率 の _グレード_3/4_好中球`減少症_《 77% 》 】┏┓。    これらの_研究《複数》_ は 示唆する【・『 』ということを… | ∬ (する)こと | ∬=達成する_【・*を |*←最大限の_有効性_--【・*により |*←_分子標的`治療`薬_《複数》 〓〓 は ¨ ∬ ¨(する)と考えられる 【 ∬=依存している--【・*に |*← ∬ (する)こと | ∬=適切に_選択_する_【・*を |*←_化学療法__併用_《複数》 】┏┓。    現在、 より_大規模_ な _フェーズ_3__臨床試験_《複数》_{ ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=評価する_【・*を |*←〈その〉_利益_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← bevacizumab + 如何なる_化学療法__レジメン_--【・*に於いて |*←¨¨_第一線`治療_ 、及び、 _第二線`治療_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_ 】〓〓 が _進展中_である《 RIBBON I and II 》 】┏┓。    --【・*の理由から… |*←〈その〉_有望的_ な _結果《複数》_{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=見られた--【・*に於いて |*←_進行期`乳がん_ 】】〓〓、bevacizumab は 追加されつつある--【・*に |*←_補助`化学療法__レジメン_《複数》--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_切除_された、 _高リスク__乳がん_《 BETH trial 》 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Antiangiogenic Therapy in Breast Cancer

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

転移性`乳がん_ での _補助的 _ビスフォスフォネート薬__治療


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

もう一つの クラス の 標的_全身的`治療_《 これ_は ¨※¨である 【・※←補充的_--〔・*に |*←_化学療法_ 、及び、 _ホルモン療法_の両方 》〓〓 は 含む_【・*を |*←_薬_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =緩和する_【・*を |*←〈その〉ダメージ{☆への}{★からの}¨ ⌒〔 ☆←_骨_ ⌒〔 ★←_転移性_ の _病気_】┏┓。    --【・*の理由から… |*←_乳がん_ の 持つ 傾向{ ∬ (する)ことの}¨ ⌒〔 ∬=_転移_する_【・*に |*←〈その〉_骨_ 】】〓〓、これらの_薬_《複数》_は ¨※¨である 【・※←特に重要 】┏┓。    一つのクラス_は ¨※¨である 【・※←〈その〉_ビスフォスフォネート薬_《複数》《 例えば、zoledronate、Zometa® 》】〓〓、そして、これらの_薬_《複数》 は 作用する--【 ∬ (する)ことにより | ∬=■__抑制_する_【・*を |*←破骨`細胞 機能】|-そして、それにより-|■_低下させる_【・*を |*←_骨_再吸収《 これ_は ¨※¨である 【・※←必須的_--〔・*に |*←_病気`進行_{☆の内部での}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉皮質 》 】┏┓。    _比較`臨床試験_《複数》 は _示して在る_【・『 』ということを… |『_ビスフォスフォネート薬__投与_ は 伴う_【・*を |*←〈一つの〉遅れ{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉新しい_骨関連`事象《 SRE 》_《複数》 の 発症《 それにより、 低下させたり、遅らせたりして_【・*を |*←〈その〉必要性{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_緩和的__放射線`療法_、 _病理学的__骨折_の ための_外科手術_ 、及び、 麻薬性`鎮痛薬 の 使用 》 】┏┓。

--【・*に於いて… |*←〈その〉_状況設定_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_転移性_ の _病気_】〓〓、_ビスフォスフォネート薬_《複数》_は 持つ_【・*を |*←ほとんど無い 、又は、 全く無い※ |※←_生存への_効果_ 】┏┓。    しかし、_静注__ビスフォスフォネート薬_《複数》 は 実際に¨ ∬ ¨(する)ようである 【 ∬=提供する_【・*を |*←継続的な_効果_{☆への}¨ ⌒〔 ☆←_骨_--【・*にわたり |*←それらの_薬_ の 使用期間】〓〓、そして、この理由から、 _毎月 1 回の__投与_ は 続く--【・*にわたり |*←無期限の期間--【・*に於いて |*←_乳がん_¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_骨転移_ 】┏┓。

〈一件の〉_最近_ の _研究_ は 調べた_【・*を |*←〈その〉_潜在的¨役割{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_ビスフォスフォネート薬_《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆← がん _治療−_誘発の__骨損失_】〓〓、そして、見出した_【・『 』ということを… |『_アロマターゼ阻害薬_《複数》 、又は、 アンドロゲン_欠損_〓〓 は ¨ ∬ ¨(である)ことがある 【 ∬=¨※¨である 【・※←_リスク`要因_《複数》{☆への}¨ ⌒〔 ☆←_骨減少症_、 _骨粗鬆症_ 、及び、 _骨折_】〓〓、そして、これ は ¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=軽減される--【・*により |*←適切な_ビスフォスフォネート薬__治療_ 』 】┏┓。

〈その〉¨追加{☆の}{★への}{▼に於ける }¨ ⌒〔 ☆← zoledronate ⌒〔 ★←_ホルモン療法_⌒〔 ▼←〈その〉_補助療法__乳がん__状況設定_】〓〓 は 、しかし、_最近_見出された_【 ∬ (する)ことが | ∬=減少させる_【・*を |*←_病気無し`生存_--【・*だけ(程度) |*← 36% 】┏┓。    〈一件の〉 より_大規模_ な 、_ランダム化__フェーズ_3_(SWOG 0307)_臨床試験_ が 現在_進展中_である--【 ∬ (する)ことのために | ∬=更に 評価する_【・*を |*←〈その〉重要性{☆の}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_その他の__ビスフォスフォネート薬_《複数》{☆を含む}¨ ⌒〔 ☆← zoledronate ⌒〔 ★←〈その〉¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_早期__ステージ__乳がん_ 】┏┓。

_一般的な__副作用_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_ビスフォスフォネート薬_《複数》】〓〓 は 含む_【・*を |*←_骨_、関節 、又は、 _筋肉_ の 痛み、 _吐き気_、 _嘔吐_ 、及び、 _下痢_ 】┏┓。    _経口__ビスフォスフォネート薬_《複数》_は 持つ_【・*を |*←〈一つの〉 より高いリスク{☆への}¨ ⌒〔 ☆←_胸焼け_ 、及び、 _食道炎_--【・*と比較して |*←_静注__投与_の_ビスフォスフォネート薬_《複数》 】┏┓。    次第に 認識されつつあるの_は ¨※¨である 【・※←〈その〉_副作用_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_顎`骨壊死_《 〈一つの〉特に 困難で、 不快な_合併症_{☆を伴う}¨ ⌒〔 ☆←_ビスフォスフォネート薬_で_治療_された_患者さん_の 3%での発症 》 】┏┓。    ¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←基礎にある _経口__病理学{☆のような}¨ ⌒〔 ☆←以前の 当該領域への_放射線`照射必要性{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_侵襲的_ な 口腔_治療_《複数》】劣った 歯科`衛生】〓〓_は ¨※¨である〔・※←リスクが高い{ ∬ (する)ことの}¨ ⌒〔 ∬=発症する_【・*を |*←_顎`骨壊死_ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Adjunctive Bisphosphonate Therapy in Metastatic Breast Cancer

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_監視・観察`作業_


概観


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

推奨《複数》{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=_監視・観察する_【・*を |*←_病気__反応_--【・*に於いて |*←〈その〉_転移性__状況設定_ 】〓〓 は さまざまである┏┓。    _一般的に、 _毎月 1 回の_評価{☆から成る}{ ∬ (する)ことのための} ¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉病歴 、及び、 身体検査_⌒∬=評価する_【・*を |*←_病気`進行_ 、及び、 _毒性_《複数》 】_〓〓_が ¨※¨である 【・※←_妥当的 】┏┓。    _腫瘍_マーカー《複数》{☆のような}¨ ⌒〔 ☆←_がん`胎児性`抗原《 CEA 》_、 CA15.3 、及び、 CA27.29 】〓〓 が ¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=使用される--【・*との併用で |*←_診断_画像`検査、 病歴 、及び、 身体検査--【 ∬ (する)ことのために | ∬=_監視・観察する--【・*の間中 |*←_活性的_ な _治療_ 】┏┓。    CA15.3 、及び、 CA27.29 は 関連する--【・*に |*←〈その〉_病気_コース--【・*に於いて |*← 60 〜 70% の _患者さん《複数》_】〓〓、一方、CEA_レベル_《複数》 は 関連する--【・*に於いて |*← 40% の _患者さん《複数》_ 】┏┓。    しかし、_データ__は ¨※¨である 【・※←不十分_--〔 ∬ (する)ことのためには | ∬=推奨する_【・*を |*←〈その〉¨使用{☆の}¨ ⌒〔 ☆← CEA、 CA15.3 、又は、 CA27.29 だけ--【 ∬ (する)ことのために | ∬=_監視・観察する_【・*を |*←_治療_への_反応_ 】┏┓。    注意 が 必要である--【 ∬ (する)場合には∬=解釈する_【・*を |*←〈一つの〉上昇しつつある CEA、 CA15.3 、又は、 CA27.29_レベル_《複数》--【・*の間に |*←〈その〉最初の 4 〜 6 週間{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉新しい_治療_ 】〓〓、--【『 』であることから…|『偽性 の _早期_上昇 が ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=起きる 』】┏┓。

標準化された_ガイドライン_《複数》{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←画像`検査】〓〓 は 未だ 確立されていない〓〓、そして、それ は ¨ ∬ ¨(される)べきである 【 ∬=個別対応化される--【・*のために |*←それぞれの_患者さん_ 】┏┓。    _一般的に、 CT スキャン《 胸部、 腹部 、及び、 _骨盤部_ 》、 MRI、 _骨_スキャン 、又は、 PET/CT が 実施される--【『 』の場合…|『_症状_《複数》 が 変化したり、_腫瘍_マーカー が 上昇する 』】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Monitoring

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

循環`血液中`腫瘍`細胞《 CTC 》


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_循環`血液中`腫瘍`細胞《 CTC 》_《複数》_は ¨※¨である 【・※←_細胞《複数》_{§(の性質の)}{ ¶ ところの#←}¨ ⌒〔 §←存在している_--〔・*の中に |*←〈その〉_血液_ 】⌒〔 ←#¶ =持っている_【・*を |*←抗原的 、又は、 _遺伝子_的な 特徴《複数》{§(の性質の)}¨ ⌒〔 §←類似している_--〔・*に |*←〈一つの〉_原発__腫瘍_タイプ 】┏┓。    〈その〉米国 FDA  は _最近__認可_した_【・*を |*←〈その〉 CellSearch System《 Veridex 社製 》--【・*のために |*←検出{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_循環`血液中`腫瘍`細胞{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_ 】┏┓。

…(中略:CellSearch System に関する一般的説明)…

_研究《複数》_{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=実施された --【・*により |*← Cristofanilli 達_【 ∬ して | ∬=使用して_【・*を |*← CellSearch System 】〓〓 は _示して在る_【・*を |*←〈一つの〉_予後_的 有用性 、及び、 予測的 使用--【・*のために |*←_循環`血液中`腫瘍`細胞《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_ の _患者さん《複数》_ 】┏┓。    _循環`血液中`腫瘍`細胞−_陽性_ の _患者さん《複数》_《 7。5ml の_血液_中に 5 個超 の _循環`血液中`腫瘍`細胞《複数》 》〓〓 は 示された_【 ∬ (する)と | ∬=持つ_【・*を |*←〈一つの〉 より劣った_進行無し`生存_ 、及び、 _全体的`生存_--【・*よりも |*←〈その〉_循環`血液中`腫瘍`細胞−_陰性_ の _患者さん《複数》_ 《 17%36% 》 】┏┓。

〈その〉存在{☆の}{★に前もっての 、及び、 ▼に引き続いての}¨ ⌒〔 ☆← 5 個超 の _循環`血液中`腫瘍`細胞《複数》⌒〔 ★←_ホルモン療法_ 、又は、 _化学療法_⌒〔 ▼←〈その〉_治療_ の 最初のサイクル】〓〓 は 、また、_予後`予測する_【・*を |*←〈一つの〉 より劣った_結果状況_ 】┏┓。    しかし、〈その〉現在までの_研究《複数》__は 持つ_【・*を |*←わずかに小さな サンプル・サイズ《複数》】〓〓、そして、〔何も無い( no )_データ_ 〕 が サポートする(の否定)_【・『 』ということを… |『〈その〉¨使用{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_循環`血液中`腫瘍`細胞 検査】〓〓 が もたらす_【・*を |*←_全体的`生存_】〓〓 、又は、 それ が 改善する_【・*を |*←_生活の質_ 』 】┏┓。    --【・*によれば… |*← ASCO _ガイドライン_《複数》】〓〓、〈その〉¨使用{☆の}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_循環`血液中`腫瘍`細胞《複数》⌒〔 ★←_乳がん_】〓〓 は 推奨されない--【・*のために |*←■_〈その〉_診断_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_】|-又は-|■_影響を与える_治療__決定_《複数》 】┏┓。    現在、SWOG は 実施しつつある_【・*を |*←〈一件の〉_大規模__前向き方式__臨床試験_--【 ∬ (する)ことのために | ∬=取り組む--【・*に |*←〈その〉_臨床的_¨使用{☆の}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_循環`血液中`腫瘍`細胞 ⌒〔 ★←_乳がん_】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Circulating tumor cells (CTCs)

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_転移性`乳がん_ での 手術


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

--【『 』に従い…|『最新の_全身的__化学療法_ が ¨※¨となって在る【・※← より_効果的_ 』】〓〓、いくらかの_転移性__乳がん_の_患者さん《複数》_{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←無傷の_原発__腫瘍_《複数》】〓〓 は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=持つ_【・*を |*←■__長期的_安定的 遠隔`疾患】|-又は-|■_--【・*さえも |*←〔何も無い( no )証拠 〕{☆の}¨ ⌒〔 ☆←残存_転移性_疾患〈一つの〉--【・*の後に |*←_治療_ 】┏┓。    _最近_、 興味 が 増加して在る--【・*について |*←〈その〉¨役割{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_外科的__治療`介入_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_原発__腫瘍_--【・*のために |*←これらの_転移性`乳がん__患者さん《複数》_ 】┏┓。    数件の_単一_施設 _患者さんグループ_ 、及び、 _後ろ向き`方式__研究《複数》_ が _調べて在る_【・*を |*←この問題】〓〓、そして、結論している_【・『 』ということを… |『¨※¨が 存在する可能性がある 【・※←〈一つの〉_生存`利益_--【 ∬ (する)ことに | ∬=受ける_【・*を |*←_外科的__切除_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉無傷の_原発__腫瘍_ 】 』 】┏┓。

現在のところ、それ《=『 』か否か(右記)》〓〓は ※である 【・※←知られていない 【・=『〈一つの〉_選択_バイアス が 影響している--【・*に |*←これらの_知見_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉_生存`利益_{☆を有利とする}¨ ⌒〔 ☆←_外科手術_ 』(か否か)】〓〓、そして、〈一件の〉_前向き方式__ランダム化__比較`臨床試験_ は 全く 実施されて在らない--【 ∬ (する)ことのために | ∬=取り組む--【・*に |*←この問題 】┏┓。    しかし、〈その〉定説{=『 』という(右記)}¨=『手術は実施すべきでない--【・*に於いて |*←〈その〉_状況設定_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_転移性_ の _病気_ 』】〓〓 は 確実に 一掃されて在る--【・*が選ばれるようになって |*←批判的`評価{☆の}¨ ⌒〔 ☆←[『 』(→右記)であるか否か… |『 _外科的_に達成された局所コントロール が ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=_導く--【・*へ |*←_改善_された_生存_--【・*として |*←〈一つの〉¨一部{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_集学的__治療_ 』(か否か)]┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Surgery in Metastatic Breast Cancer Treatment

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_分子標的`治療`薬_の_進歩


概観


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

〈その〉最初の成功例{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_分子標的`治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←如何なる がん 】〓〓 は 最初に 記述された--【・*に |*← 1896 年--【・*により |*← Thomas Beatson--【『 』の時に…|『彼が実施した_【・*を |*←〈一件の〉両側 _卵巣`摘出術_--【・*のために |*←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_閉経前の__乳がん_ 』】┏┓。    それ以来、 〈その〉_生物学`的_時代{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆← がん _治療_】〓〓 が 花開いて在る〓〓、そして、我々の¨¨知識{☆の}¨ ⌒〔 ☆← がん _生物学】〓〓 が 拡大して在る┏┓。    --【『 』に従い…|『増加した数の_分子標的`治療`薬_《複数》 が 示す_【・*を |*←_有望性{☆への}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_ 』】〓〓、〈その〉目標_は ∬ (する)ことである 【 ∬=最良に 最適化する_【・*を |*←これらの 高価で_毒性_的な _治療_《複数》{☆による}¨ ⌒〔 ☆←既存の _抗 がん アプローチ《複数》 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Advances in targeted therapy

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

新規な_HER/ErbB_レセプタ__薬_《複数》


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

わずかに 3 分の 1 の HER-2 陽性_転移性`乳がん__患者さん《複数》_ が _反応_する_【・*に |*←_単剤_trastuzumab 】〓〓、そして、大部分の《 全部ではないにしても 》_患者さん《複数》_ は 生じる_【・*を |*←_耐性_ 】┏┓。    --【 ∬ (する)ことをすべく …| ∬=克服する_【・*を |*←_耐性_ 】〓〓、trastuzumab は 修飾されて在る_【 ∬ して | ∬=使用して_【・*を |*←〈一つの〉共有結合リンカー--【 ∬ (する)ことのために | ∬=結合する_【・*を |*← DM1《 〈一つの〉誘導体{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_微小管`不安定`化`薬_maytansine 》 】┏┓。    --【 ∬ (する)ことにより | ∬=活用する_【・*を |*← trastuzumab--【 ∬ (する)ことのために | ∬=標的する_【・*を |*←〈その〉_細胞`毒性`的__活性_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← DM1--【・*へ |*← HER-2_過剰`発現__細胞《複数》_ 】〓〓、trastuzumab − DM1《 TDM-1 》 は 提供する_【・*を |*←〈一つの〉_新規な_メカニズム{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=克服する_【・*を |*← trastuzumab への_耐性_ 】┏┓。    〈一件の〉_フェーズ_1_¨¨_臨床試験_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← 3 週間に 1 回の TDM-1 】〓〓 は _示した_【・*を |*←〈一つの〉_臨床的`利益_率 53%--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =_病気`進行_していた--【・*では |*←_先行`実施の_trastuzumab_治療_ 】┏┓。    加えるに、_予備的な_¨結果《複数》{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←〈一件の〉_フェーズ_2_¨¨_臨床試験_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← TDM-1 】〓〓 は 報告した_【・*を |*←〈一つの〉_全体的`奏効率_43% 】┏┓。    〈その〉最も_一般普通的_ な _有害`事象__は ¨※¨であった 【・※←一過性の_血小板`減少症_】《 _心臓`毒性_ は 観察されず 》 】┏┓。

pertuzumab《 〈一つの〉_ヒト化__モノクロナル抗体_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =ブロックする_【・*を |*←〈その〉_活性化{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉 HER-2_レセプタ_--【 ∬ (する)ことにより | ∬=妨げる_【・*を |*←ダイマー化 】 》】〓〓_は ¨※¨である 【・※←_研究_中】〓〓、そして、それ は 得て在る_【・*を |*←_有望的_ な _早期__結果《複数》_--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =_病気`進行_して在る--【・*では |*← trastuzumab −含有__レジメン_《複数》 】┏┓。    2 件の_フェーズ_2__臨床試験_《複数》_{ ∬ ((を)した)}¨ ⌒〔 ∬=含んだ_【・*を |*← trastuzumab −_治療−抵抗性_、 HER-2 陽性_転移性`乳がん_ 】〓〓 は _示して在る_【・*を |*←〈一つの〉_全体的`奏効率_18 〜 24% 、及び、 _臨床的`利益_率 45 〜 50%--【『 』の場合…|『 trastuzumab が _併用_された--【・*と |*← pertuzumab 』】┏┓。    この_併用__レジメン_ は 今や _進展しつつある--【・*へ |*←_フェーズ_3__臨床試験_《複数》_{☆を含む}¨ ⌒〔 ☆← CLEOPATRA (Clinical Evaluation of Pertuzumab and Trastuzumab) _臨床試験_《 この_臨床試験_ は ¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=比較する_【・*を |*←_第一線_trastuzumab / docetaxel /_プラセボ_trastuzumab / docetaxel / pertuzumab --【・*に於いて |*← HER-2 陽性_転移性`乳がん_》 】┏┓。

neratinib《 HKI-272 》_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉_経口__不可逆的__チロシンキナーゼ`抑制薬_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← HER-2 、及び、 _上皮`成長`因子`レセプタ《 EGFR 》_ 】┏┓。    _予備的な__フェーズ_1__データ_{☆からの}¨ ⌒〔 ☆← 23 名 の HER-2 陽性 、又は、 _上皮`成長`因子`レセプタ《 EGFR 》__陽性__進行期`乳がん__患者さん《複数》_】〓〓 は _示した_【・*を |*←_抗−腫瘍__活性_--【・*に於いて |*← 7 名 の患者さん《複数》 】┏┓。    〈一件の〉_フェーズ_2__非ブラインド化__研究_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_局所`進行期__乳がん_】〓〓 は _示した_【・*を |*←■_〈一つの〉 16 週間_進行無し`生存_率 75%--【・*に於いて |*← 36 名 の trastuzumab −未経験 の _患者さん《複数》_】|-そして-|■_51%--【・*に於いて |*←_先行治療`経験`有り の__病気_ 】┏┓。    数件の_進展中_ の _フェーズ_1_/2_臨床試験_《複数》_ は _研究_しつつある--【・*に於いて |*←この_チロシンキナーゼ`抑制薬__併用_ + trastuzumab、paclitaxel 、又は、 vinorelbine--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆← trastuzumab −_治療−抵抗性__乳がん_ 】┏┓。    _その他の__上皮`成長`因子`レセプタ《 EGFR 》__チロシンキナーゼ`抑制薬_《複数》{☆のような}¨ ⌒〔 ☆← gefitinib 、及び、 erlotinib 】〓〓 は _研究_されて在る--【・*との併用で |*← trastuzumab 、及び、 _内分泌`治療_《 但し、 結果 は _失望させる的_ 》 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Novel HER/ErbB Receptors Agents

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_新規な__抗−_血管新生__薬_


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_小分子_血管内皮成長因子レセプタ《 VEGFR 》_チロシンキナーゼ`抑制薬_《複数》 は 提供する_【・*を |*←いくつかの_潜在的`可能的 な _利益_《複数》--【・*と比較して |*←抗体_治療_《複数》--【・*を含めて |*←_経口__投与_の可能性、 〈一つの〉 より短い 半減期 、及び、 _多重_−標的_効果_《複数》 】┏┓。    〈一件の〉_非ブラインド化_、 _多施設__フェーズ_2__研究_ が 評価した_【・*を |*← sunitinib《 〈一つの〉_経口__多重_−標的_キナーゼ__抑制薬_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←血管内皮成長因子レセプタ《 VEGFR 》、及び、 _血小板`由来`成長因子_】 》--【・*として |*←_単剤`治療_--【・*に於いて |*← 64 名 の _転移性`乳がん__患者さん《複数》_{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=以前に_治療_された --【・*により |*←〈一つの〉_アントラサイクリン系`化学療法剤_ 、及び、 タキサン系化学療法剤 】┏┓。    _中央値での__病気`進行`まで`期間_ 、及び、 _全体的`生存期間__は ¨※¨であった 【・※←それぞれ 10 週間 、及び、 38 週間】《 〈その〉最良の_奏効_《複数》 は 観察された--【・*に於いて |*←_三重陰性_ 、及び、 HER-2 陽性 の _病気_ 》 】┏┓。    大部分の_有害`事象_《複数》_は ¨※¨であった 【・※←_グレード 1  、又は、 2 の _疲労感_、 _吐き気_ 、及び、 _下痢_】〓〓、しかし、56%の_患者さん《複数》_ は 必要とした_【・*を |*←_用量_引き下げ 】┏┓。

sunitinib は 、また、_示した_【・*を |*←_活性_--【・*との併用で |*← paclitaxel 、及び、 _順次`実施_的に docetaxel--【・*として |*←_第一線`治療_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_--【・*を伴って |*←それぞれ_全体的`奏効率_33% 、及び、 72% 】┏┓。    axitinib《 もう一つの _経口__チロシンキナーゼ`抑制薬_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←血管内皮成長因子レセプタ《 VEGFR 》《複数》 》〓〓 は _示した_【・*を |*←_有望的_ な _抗−腫瘍__活性_--【・*との併用で |*← docetaxel--【・*に於いて |*←〈一件の〉_ランダム化__フェーズ_2_¨¨_臨床試験_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_第一線`化学療法_--【・*に於いて |*← 168 名の患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_局所__再発性_/_転移性_ の _乳がん_ 】┏┓。    〈その〉_全体的`奏効率__は ¨※¨であった 【・※←■_40%--【・*に於いて |*←〈その〉 axitinib / docetaxel_グループ_】|--|■_23%--【・*に於いて |*←〈その〉 docetaxel_単剤__グループ_】《 _同様_な 結果--【・*に(比較対象) |*← E2100 からの結果 》 】┏┓。    〈その〉最も_一般普通的_ な _有害`事象_《複数》 は 含んだ_【・*を |*←_下痢_《 60%》、 _吐き気_《 53%》、 _疲労感_《 49%》、 _口内炎_《 44%》--【・*を伴って |*←〈その〉_併用__レジメン__グループ_ での _発熱性`好中球`減少`症_の 増加《 16%》 】┏┓。

_その他の_血管内皮成長因子レセプタ《 VEGFR 》_チロシンキナーゼ`抑制薬_《複数》{☆のような}¨ ⌒〔 ☆← pazopanib、 vatalanib、  cediranib、  motesanib 】〓〓 が 、また、開発中である┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Novel Antiangiogenic Agents

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

抗−血管`新生/HER-2_薬_による_二重ブロック


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

HER-2 標的_治療_ は _研究_されて在る--【・*との併用で |*←_血管新生__抑制薬_《複数》--【・*を伴って |*←_有望的_ な _結果《複数》_ 】┏┓。    HER-2_過剰`発現_ は 伴う_【・*を |*←〈一つの〉増加{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_血管内皮`成長`因子《 VEGF 》__レベル_《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_原発_ がん 《複数》 】┏┓。    _併用__治療_{ ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=標的する_【・*を |*← HER-2、 _上皮`成長`因子`レセプタ《 EGFR 》_ 、及び、 _血管内皮`成長`因子《 VEGF 》_径路《複数》 】〓〓 は もたらす_【・*を |*← より 強い _抑制_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←ヒト_乳がん__細胞_ライン《複数》--【・*よりも |*←_抑制_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←如何なる_単一_ 、又は、 二重の 径路 】┏┓。

〈その〉¨役割{☆の}¨ ⌒〔 ☆← HER-2、と、血管内皮成長因子レセプタ《 VEGFR 》との クロストーク】〓〓 は 調べられて在る--【・*に於いて |*←〈一件の〉_フェーズ_2__臨床試験_{ ∬ ((を)した)}¨ ⌒〔 ∬=_併用_した_【・*を |*← trastuzumab、と、bevacizumab--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆← HER-2 陽性_転移性`乳がん_ 】┏┓。    --【・*に於いて… |*← 37 名の評価可能な_患者さん《複数》_】〓〓、〈その〉_全体的`奏効率__は ¨※¨であった 【・※← 54。1%--【・*を伴って |*←〈一つの〉 16%の_発症`頻度_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_左室`駆出率《 LVEF 》_低下 】┏┓。    加えるに、_早期__データ_{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←〈一件の〉 50 名 の _患者さん_による_単一__グループ__研究_{ ∬ ((を)した)}¨ ⌒〔 ∬=評価した_【・*を |*← lapatinib / bevacizumab--【・*に於いて |*←_重度に__先行治療`経験`有り の_HER-2 陽性_転移性`乳がん_¨患者さん《複数》 】〓〓 は _示した_【・*を |*←徴候{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_臨床的__活性_--【・*を伴って |*←〈一つの〉 12 週間_進行無し`生存_率 62% 、及び、 _無視可能的_¨¨_証拠_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_心臓__毒性_ 】┏┓。

もう一つの _血管新生__抑制薬_pazopanib が _研究_された--【・*に於いて |*←〈一件の〉_ランダム化__フェーズ_2__研究_--【・*との併用で |*← lapatinib--【・*と比較して |*← lapatinib 単独--【・*に於いて |*←_化学療法−_未経験_、 HER-2 陽性_転移性`乳がん_ 】┏┓。    〈一つの〉 45%_奏効率_ が 観察された--【・*に於いて |*←〈その〉_併用__グループ_--【・*と比較して |*← 28%{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉 lapatinib 単 独_グループ_《 12 週間後 》 】┏┓。    _有害`事象_《複数》 は 含んだ_【・*を |*←_下痢_、 _発疹_、 _吐き気_ 、及び、 上昇した 肝機能`検査値《複数》《 わずかに 5%の_患者さん《複数》_ が 経験した_【・*を |*←_心臓`毒性_--【・*に於いて |*←〈その〉_併用__グループ_ 》 】┏┓。    追加的 な ¨¨_臨床試験_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← lapatinib {☆との併用での}¨ ⌒〔 ☆←_内分泌`治療_ 、又は、 _その他の__分子標的`治療`薬_《複数》】〓〓_が ¨※¨である 【・※←_進展中_ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Dual Blockade by Antiangiogenic/HER2 Agents

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

インシュリン_成長_因子-1_レセプタ__抑制薬


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

インシュリン_成長_因子-1《 IGF-1R 》 の _過剰`発現_ は 伴う_【・*を |*←〈その〉発達{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_】〓〓、そして、それ は 関連する_【・*に |*←_病気無し`生存_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_原発__乳がん_ 】┏┓。    IGF-1R −媒介 の _成長_ 、及び、 _抗−アポトーシス 信号 は 起きる--【・*を通じて |*←〈その〉 phosphatidylinositol 3-kinase (PI3K)/Akt 、及び、 mitogen-activated protein kinase (MAPK)径路《複数》 】┏┓。

現在までのところ、 _治療薬_開発{ ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=標的とする_【・*を |*←〈その〉 IGF 径路 】〓〓 は 焦点を当てている--【・*に |*← IGF-1R_モノクロナル抗体_《複数》 】┏┓。    _研究《複数》_ は _示して在る_【・『 』ということを… |『これらの_化合物_《複数》 は 持つ_【・*を |*←_抗−腫瘍__活性_--【・*に於いて |*←いくつかの_乳がん_モデル《複数》--【・in vitro 、及び、  in vivo で 』 】┏┓。    _乳がん__細胞_ライン《複数》{☆を伴う}¨ ⌒〔 ☆← IGF-1R_過剰`発現_】〓〓 は ¨ ∬ ¨(である)ようである 【 ∬=¨※¨である 【・※← より_耐性_的_--〔・*に |*← trastuzumab 、及び、 エストロゲン レセプタ−標的_治療_《複数》】〓〓、そのようなわけで、_臨床試験_《複数》_ は 焦点を当てつつある--【・*に |*←_ホルモン療法__治療−抵抗性_や HER-2 陽性 の _病気_ 】┏┓。    この_戦略_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←二重`標的】〓〓 は 採用されつつある--【・*に於いて |*←〈一件の〉_進展中_ の _フェーズ_2__臨床試験_{☆の}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆← CP-751,871《 〈一つの〉_モノクロナル抗体_{ ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=標的する__【・*を |*← IGF-1R + _アロマターゼ阻害薬_exemestaneexemestane_単剤`治療_⌒〔 ★←_閉経後の_¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_ホルモン`レセプタ`陽性__進行期`乳がん_ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Insulin Growth Factor-1 Receptor Inhibitors

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

PI3K/AKT/mTor_抑制薬


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

--【・*の中で… |*←シグナル径路《複数》】〓〓、〈その〉 PI3K/AKT/mTor 径路 は 考えられている【・※であると|※←_高度に__活性的__--〔・*に於いて |*←ヒト_乳がん_ の _発生_ 、及び、 _病気`進行_ 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←_乳がん_】〓〓、この 径路は¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=_活性化される--【・*を通じて |*← PI3K --【・*により |*←膜蛋白質_レセプタ_《複数》{☆を含む}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉 ErbB/HER ファミリーの_成長因子__レセプタ_《複数》、 IGF-1R 、及び、 ER 】┏┓。    PI3K  は _活性化_する_【・*を |*←下流 Akt 】、、《 導いて--【・*へ |*←■_mTor の リン酸化】|-そして-|■_促進{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん__細胞_の_生存_ 、及び、 _化学療法剤_・_分子標的`治療`薬_《 trastuzumab、や、tamoxifen のような 》への_耐性_ 》 】┏┓。

_構成的に__活性的_な_遺伝子`変異_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆← PI3K 】〓〓 が 記述されて在る--【・*に於いて |*←最高 40% の _原発__乳がん__腫瘍_《複数》】、、《 示唆して_【・*を |*←〈一つの〉¨役割{☆の}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆← PI3K ⌒〔 ★←_乳がん_の 発がん 》 】┏┓。    SF1126_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉_化学的 _結合体_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← LY294002 】《 〈その〉最も_研究_された PI3K _抑制薬_ 》 】┏┓。    この_化合物__は 持つ_【・*を |*←〈一つの〉広いスペクトラム の_抑制_{☆を通じての}¨ ⌒〔 ☆← Akt 、及び、 mTor_【 ∬ して | ∬=もたらして_【・*を |*←_抗−腫瘍_ 、及び、 _抗−血管新生__活性_ 】┏┓。    〈その〉水溶性である SF1126_は 持つ_【・*を |*←〈一つの〉良好な_薬物`動態論`的__プロフィール_】〓〓、そして、それ_は ¨※¨である 【・※←_忍容性`良好__--〔・*に於いて |*←_マウス_のシステム《複数》 】┏┓。    _フェーズ_1__臨床試験_《複数》__が ¨※¨である 【・※←_進展中__--〔・*により |*←この_化合物_ 、及び、 _その他の__新規な__抑制薬_《複数》 】┏┓。

--【・*に於いて… |*←_前臨床的__乳がん_モデル《複数》】〓〓、_哺乳類のラパマイシン標的タンパク質(mTOR)__抑制薬_《複数》 は _実体的に _抑制_する_【・*を |*←_腫瘍__成長_ 】┏┓。    --【・*に於いて… |*← 109 名 の _先行治療`経験`有り の__局所`進行期_ 、又は、 _転移性__乳がん_ の _患者さん《複数》_】〓〓、_単剤`治療__活性_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_哺乳類のラパマイシン標的タンパク質(mTOR)__抑制薬_temsirolimus 】〓〓 は 得た_【・*を |*←〈一つの〉_客観的`奏効率_9%《 10 例の_部分奏効_《複数》 》 】┏┓。    --【・*に基づき… |*←_前臨床的__データ_{ ∬ ((を)した)}¨ ⌒〔 ∬=示した_【・*を |*←〈一つの〉相乗的_効果_{☆の間の}¨ ⌒〔 ☆←_哺乳類のラパマイシン標的タンパク質(mTOR)__抑制薬_、と、_内分泌`治療_ 】】〓〓、_臨床試験_《複数》_ は 焦点を当てて在る--【・*に |*←_併用`治療_ 】┏┓。    当初の_ランダム化__臨床試験_《複数》_{ ∬ ((を)した)}¨ ⌒〔 ∬=調べた_【・*を |*← letrozole 単独 、又は、 temsirolimus との_併用_ 】〓〓 は 示した_【・*を |*←〔何も無い( no )_有意な__臨床的`利益_ 〕--【・*に於いて |*←_局所`進行期_ 、又は、 _転移性__乳がん_ 】┏┓。

しかし、〈一件の〉_フェーズ_1_¨¨研究{☆の}¨ ⌒〔 ☆← letrozole + _毎日_投与_の everolimus《 もう一つの _選択_性 _哺乳類のラパマイシン標的タンパク質(mTOR)__抑制薬_{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉良好な_安全性`プロフィール_ 》〓〓 は 示された【・※であると|※←_有望的__--〔・*を伴って |*← 1 例の_完全奏効_ 、及び、 1 例の_部分奏効_--【・*に於いて |*← 18 名の患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_進行期`乳がん_ 】┏┓。    〈その〉最も_一般普通的_ な _有害`事象_《複数》 は 含んだ_【・*を |*←_口内炎_《 50%》、 _疲労感_《 44。4%》、 _下痢_《 38。9%》 】┏┓。

--【・*に於いて… |*←〈一件の〉_最近_ の _研究_{☆による}¨ ⌒〔 ☆← Baselga et al (2009)】〓〓、〈その〉¨追加{☆の}¨ ⌒〔 ☆← everolimus 】 〓〓 は _有意に 増加させた_【・*を |*← letrozole の_有効性_《 _抗−増殖 応答{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=定義された --【・*により |*←低下{☆の}¨ ⌒〔 ☆← Ki67  の _発現_】 》--【・*と比較して |*← letrozole /_プラセボ_ 】┏┓。    〈その〉_研究_ は 含んだ_【・*を |*← 270 名 の _閉経後の_¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_手術`可能的__エストロゲン`レセプタ`陽性__乳がん_ 】┏┓。    生検《複数》 が 得られた--【・*の段階で |*←_ベースライン_ 、及び、 _治療_後 2 週間 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=PI3K/AKT/Mammalian Target of Rapamycin (mTor) Inhibitors

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

HSP90_抑制薬


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_熱ショック蛋白_90《 HSP 90 》_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉_分子`シャペロン_{ ∬ (される)}¨ ⌒〔 ∬=必要とされる--【・*のために |*←安定性 、及び、 機能{☆の}¨ ⌒〔 ☆←いくつかの_発現_した 、又は、 _活性化された シグナル蛋白質《複数》 】┏┓。    --【 ∬ (する)ことにより …| ∬=直接に _抑制_する_【・*を |*← HSP 90 】〓〓、¨¨不活性化、 不安定化 、及び、 分解{☆の}¨ ⌒〔 ☆←さまざまな シャペロン−依存性 クライエント 蛋白質《複数》】〓〓 が 起きる〓〓、そして、それ は もたらす_【・*を |*←_抗−腫瘍__活性_、 _抗−_血管新生_ 、及び、 アポトーシス--【・*に |*←_がん細胞《複数》_ 】┏┓。    〈一件の〉_前臨床的__研究_ は 報告した【・『 』ということを… |『 HER2_は ¨※¨である 【・※←特に 影響されやすい_--〔・*に |*←分解--【 ∬ (された)場合に∬=曝露された--【・*に |*←〈その〉 HSP 90_抑制薬_tanespimycin (KOS-953) 】 』 】┏┓。

〈一件の〉_フェーズ_1_¨¨研究{☆の}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆← trastuzumab / tanespimycin ⌒〔 ★← 25 名の患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_進行期__固形`腫瘍_《複数》】〓〓 は 得た_【・*を |*←〈一つの〉_奏効_--【・*に於いて |*← 5 名の患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆← HER-2 陽性_転移性`乳がん_ 】┏┓。    更に、_最近_報告された_フェーズ_2__結果《複数》_{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←¨¨trastuzumab / tanespimycin {☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆← trastuzumab_治療−抵抗性__転移性`乳がん_ の _患者さん《複数》_】〓〓 は _示した_【・*を |*←〈一つの〉_全体的`奏効率_26% 、及び、 _臨床的`利益_率 63% 】┏┓。    _薬_−関連__毒性_《複数》 は 含んだ_【・*を |*←_疲労感_、 _下痢_、 _めまい_ 、及び、 _頭痛_ 】┏┓。    _グレード3/4 の _疲労感_、 AST 上昇 、及び、 _頭痛_ が 観察された--【・*に於いて |*←それぞれ 2 名の患者さん《複数》 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=HSP90 Inhibitors

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

PARP 抑制薬


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

polyadenosine diphosphate ribose polymerase (ADP) polymerase (PARP)_抑制薬_《複数》 は 最初 開発された--【 ∬ (する)ことのために | ∬=調べる_【・*を |*←〈その〉¨役割{☆の}¨ ⌒〔 ☆← PARP-1《 〈一つの〉_核`酵素_{☆に関与している}¨ ⌒〔 ☆← DNA 修復 》 】┏┓。    しかし、これらの_薬_《複数》 は 、また、証明されて在る_【 ∬ (する)ことが | ∬=持つ_【・*を |*←_抗−腫瘍__活性_--【・*に於いて |*←_乳がん__細胞《複数》_ 】┏┓。    BRCA1  、及び、 BRCA2 −欠陥 _細胞_ライン《複数》_は ¨※¨である 【・※←欠陥的_--〔・*に於いて |*←_相同`組換え_】〓〓、従って、 依存する_【・*に |*← PARP-1--【・*のために |*← DNA 修復 】┏┓。    BRCA −欠陥性_細胞《複数》_{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=_処理_された--【・*により |*← PARP_抑制薬_《複数》 】〓〓 は _示す_【・*を |*←〈一つの〉増加{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_DNA 断片化_ 、及び、 _細胞_死 】┏┓。

〈一件の〉_フェーズ_1 B_研究_ は _示した_【・『 』ということを… |『 BS-201《 〈一つの〉 PARP_抑制薬_ 》 _は ¨※¨であった 【・※←_忍容性`良好_--【・*との併用で |*←いくつかの_化学療法剤_《複数》--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_進行期__固形`腫瘍_《複数》』 】┏┓。    そのようなわけで、PARP_抑制薬_ は ¨ ∬ ¨(する)ことの可能性がある 【 ∬=持つ_【・*を |*←〈その〉_潜在的`可能性_{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=改善する_【・*を |*←〈その〉¨有効性{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_一般普通的_に使用される_化学療法剤_《複数》--【 ∬ (する)こと無しに | ∬=追加する(の否定)_【・*を |*←_有意な__毒性_《複数》 】┏┓。    _臨床試験_《複数》_{☆の}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆← PARP_ 抑制薬_《複数》⌒〔 ★←_乳がん__患者さん《複数》_】〓〓_は ¨※¨である 【・※←_進展中_】、--【・*を含めて |*←〈一件の〉_フェーズ_2__研究_{☆の}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_化学療法_{☆が 有り、又は、無し での}¨ ⌒〔 ☆← BSI-201 ⌒〔 ★←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_三重陰性__転移性`乳がん_ 】┏┓。    〈その〉 PARP_抑制薬_《複数》 AGO14699 、及び、 AZD2281 が 、また、開発されつつある--【・*に於いて |*←_フェーズ_1_ 、及び、 _フェーズ_2__臨床試験_《複数》_--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_進行期`乳がん_ 】┏┓。

_結果《複数》_{☆による}¨ ⌒〔 ☆← BSI-201 】〓〓 が プレゼンされた--【・*に於いて |*←〈その〉_ASCO 2009_年次会議_ 】┏┓。    --【・*との併用で… |*←_従来的な__化学療法_】〓〓、〈一件の〉_フェーズ_2__研究_ が 見出した_【・『 』ということを… |『--【・*により… |*← BSI-201 】〓〓、¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_転移性__三重陰性__乳がん_】〓〓_が 持った_【・*を |*←_有意な__改善_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_全体的`生存_ 、及び、 _進行無し`生存_--【・*と比較して |*←_化学療法_だけの場合 』 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=PARP Inhibitors

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

Farnesyltransferase 抑制薬


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

〈その〉 Ras_発がん`遺伝子__ファミリー__は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉キー成分{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉 MAPK シグナル径路】〓〓、そして、これ は 促進する_【・*を |*←_分裂`促進`性__活性_ 】┏┓。    異常な Ras_発現_{ ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=もたらす_【・*を |*←下流 シグナル伝達 】〓〓 が 報告されて在る--【・*に於いて |*←_乳がん_】、--【『 』であるが…|『 Ras_遺伝子`変異_《複数》_は ¨※¨である 【・※←稀_--〔・*に於いて |*←_乳がん_ 』】┏┓。    Farnesyltransferase_抑制薬_《複数》《 FTIs 》{☆のような}¨ ⌒〔 ☆← tipifarnib  、及び、 lonafarnib 】〓〓 は 開発された--【 ∬ (する)ことのために | ∬=ブロックする_【・*を |*← farnesyl 化 、及び、 引き続いての¨¨_膜`局在`化_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← Ras 】┏┓。    当初、 _早期__臨床試験__データ_ は 示唆した【・『 』ということを… |『 FTIs は ¨ ∬ ¨(する)ことの可能性がある 【 ∬=_変調`修飾_する_【・*を |*←_内分泌 _反応_ 』 】┏┓。    しかし、〈一件の〉_フェーズ_2__ランダム化__臨床試験_{☆の}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆← letrozole {☆が 有り、又は、無し での}¨ ⌒〔 ☆← tipifarnib ⌒〔 ★←_進行期`乳がん_】〓〓 は 失敗した_【 ∬ (する)ことを | ∬=満たす_【・*を |*←それの_第一次的_エンドポイント 】┏┓。    _最近_、 〈一件の〉_フェーズ_2__臨床試験_ が _示した_【・*を |*←〈一つの〉_全体的__臨床的`利益_率 24%--【・*に於いて |*←エストロゲン レセプタ− 、又は、 _ホルモン療法_−_治療−抵抗性_乳がん__患者さん《複数》_{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=治療された --【・*により(手段) |*← tipifarnib 】〓〓 が 刺激しつつある_【・*を |*←改めての興味{☆への}¨ ⌒〔 ☆←これらの_薬_《複数》 】┏┓。    HER-2 陽性_腫瘍_《複数》 が 得た_【・*を |*←〈その〉大部分の_臨床的`利益_--【・*から |*←〈その〉¨追加{☆の}¨ ⌒〔 ☆← FTIs 】_【 ∬ して | ∬=示唆して_【・『 』ということを… |『 HER-2_は ¨※¨である 【・※← Ras の上流 』 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Farnesyltransferase Inhibitors

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

Src_キナーゼ__抑制薬


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

dasatinib_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉_新規な__経口__キナーゼ__抑制薬_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =標的する_【・*を |*←〈その〉 Src ファミリー _キナーゼ_《複数》 、及び、 BCR-abl 】┏┓。    現在、dasatinib は _認可_されている--【・*により |*←〈その〉米国 FDA --【・*に於いて |*←〈その〉¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_慢性`骨髄性`白血病_ 】┏┓。    〈一件の〉_前臨床的__研究_ は 明らかにした_【・*を |*←〈一つの〉 dasatinib −感受性_シグネチャー--【・*に於いて |*←〈その〉_基底`細胞`型`乳がん_サブタイプ 】┏┓。    加えるに、_予備的な__結果《複数》_{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←〈一件の〉_フェーズ_1__研究_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← gemcitabine / dasatinib 】〓〓 は _示した_【・*を |*←_抗−腫瘍__活性_--【・*に於いて |*←〈一人の〉_患者さん_{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_炎症性__乳がん_ 】┏┓。    _フェーズ_1_ 、及び、 _フェーズ_2__臨床研究_《複数》{☆の}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆← dasatinib《 _単剤_ 、又は、 capecitabine との_併用_ での 》⌒〔 ★←さまざまな_乳がん_サブタイプ《複数》】〓〓_が ¨※¨である 【・※←_進展中_ 】┏┓。    〈その〉¨併用{☆の}¨ ⌒〔 ☆← dasatinib、と、_アロマターゼ阻害薬_《複数》】〓〓_が 、また、¨※¨である 【・※←_進展中__--〔・*に於いて |*←_ホルモン`レセプタ`陽性__転移性`乳がん_ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Src Kinase Inhibitors

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

資料 001-A=ステージ4_乳がん_の_治療(資料ご紹介の作成年月='10/5)


資料名=CancerConsultants


このコーナーでは、上記の資料の内容の概略をご紹介しています。各ページには、当該ページに対応する原資料サイトのページへのリンクを設定してありますが、原資料サイト での ページ構成変更により、リンク切れとなっております場合は、本家サイトの

リンク集のページ

の、「情報の存在を ご紹介しているサイト」の項目に 当該原資料サイトへのリンクを収載しておりますので、そこからジャンプしてください。《当該原資料サイトには、当サイトでご紹介している以外にも豊富な情報が記載されておりますので、原資料サイトをご覧になることを強くお勧めします》

尚、このコーナーでご紹介しております原資料の日付は下記の通りです :

原資料更新時期=(記載なし) 

本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

概観


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==_診断_された【・※であると|※←_ステージ_4__乳がん_ 】━━_は 持つ_【・*を |*←_病気_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==拡大して在る--【・*から |*←〈その〉罹患した_乳房部_--【・*へ |*← 1 箇所以上の 遠隔`箇所《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←身体 】┏┓。    歴史的に、_転移性`乳がん_ は 考えられて在る【・※であると|※←_非−治癒`可能的_】__ : __〈その〉目標{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_治療_】━━_は ∬ (する)ことであって在る 【 ∬=■_提供する_【・*を |*←_症状_の_緩和】|-そして-|■__伸長_させる_【・*を |*←生活の期間 、及び、 質 】┏┓。    しかし、¨※¨が 存在してきて在る 【・※←いくつかの重要な_進歩《複数》{ ∬ ((を)した)}¨ ⌒〔 ∬=もたらした_【・*を |*←〈その〉¨追加{☆の}¨ ⌒〔 ☆←多くの より多い_治療__選択肢_《複数》{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=_管理_する_【・*を |*←この_病気_ 】┏┓。    これら は 含む_【・*を |*←今や 広範となった¨使用{☆の}¨ ⌒〔 ☆←タキサン系化学療法剤_化学療法_】開発{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_分子標的`治療_《複数》】開発{☆の}¨ ⌒〔 ☆← より_活性的_ な _ホルモン療法__薬_《複数》 】┏┓。

以下の記述_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉_一般的な_概観{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨治療{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_ 】┏┓。    〈その〉¨¨存在{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_ホルモン`レセプタ《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_乳がん__細胞《複数》_】━━ は 決める_[『 』(→右記)であるか否かを… |『 _ホルモン療法__が ¨※¨である 【・※←〈一つの〉_治療__選択肢_ 』(か否かを)] 】┏┓。    --【もし『 』なら…|『〈その〉 がん _が 持たない_【・*を |*←エストロゲン 、又は、 プロゲステロン _レセプタ_《複数》 』】━━、〈その〉主体{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_治療_】━━_は ¨※¨である 【・※←_化学療法_ 】┏┓。    _治療_ は 、また、¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=含む_【・*を |*←_外科手術_、 _放射線`療法_、 _分子標的`治療_ 、又は、 これらの_併用_《複数》 】┏┓。    _集学的__治療_《 これら は 使用する_【・*を |*←複数の_治療_方式《複数》 》━━ は 次第に 認識されつつある--【・*として |*←〈一つの〉重要なアプローチ{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=■_改善する_【・*を |*←治癒のチャンス】|-又は-|■__伸長_させる_【・*を |*←_生存期間_ 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←いくらかのケース《複数》】━━、参加{☆への}¨ ⌒〔 ☆←〈一件の〉_臨床試験_{ ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=使用する_【・*を |*←新しい、 革新的 な _治療_《複数》 】━━ が ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=提供する_【・*を |*←〈その〉最も_有望的_ な _治療_ 】┏┓。

状況《複数》{§(の性質の)}¨ ⌒〔 §←独自な_--〔・*に |*←それぞれ の _患者さん_ 】━━ が ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=影響する_【・*に |*←『どのように これらの_一般的 _治療_原則《複数》 が 適用される のか 』 】┏┓。    〈その〉_潜在的__利益_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_集学的_ケア、 _臨床試験_への 参加 、又は、 _標準的__治療_】━━ は ¨ ∬ ¨ねばならない 【 ∬=比較 考量される--【・*に対して |*←〈その〉_潜在的_リスク《複数》 】┏┓。    〈その〉情報{☆の}¨ ⌒〔 ☆←このサイト】━━ は 意図されている--【 ∬ (する)ことのために | ∬=■_助ける_【 ∬ (する)ことを | ∬=教育する--【・*に |*←_患者さん_--【・*について |*←_治療__選択肢_《複数》 】|-そして-|■_容易にする_【・*を |*←〈一つの〉相互 、又は、 共有の _決定_作業{☆との}¨ ⌒〔 ☆←_治療_チーム 】┏┓。

〈その〉トピック《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←このセクション】━━ は 含む_【・*を |*←以下のもの】 :



(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: CancerConsultants Patients)(タイプ別)
「英文原題」=Overview

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

ホルモン療法


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

〈その〉成長{☆の}¨ ⌒〔 ☆←ある種の_乳がん__細胞《複数》_】〓〓 は ¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=防止される 、又は、 遅くされる--【 ∬ (する)ことにより | ∬=低下させる_【・*を |*←〈その〉曝露{☆への}¨ ⌒〔 ☆←エストロゲン 】┏┓。    これ_が ¨※¨である 【・※←目標{☆の}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_ホルモン療法_⌒〔 ★←〈その〉¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_ 】┏┓。

エストロゲン_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉必須的な 女性_ホルモン{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =産生される--【・*により |*←〈その〉_卵巣_ 、及び、 副腎《複数》 】┏┓。    それ は 受け持つ_【・*を |*←多くの重要な_機能_《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉身体】、--【・*を含めて |*← ∬ (する)こと | ∬=■_発達させる_【・*を |*←女性 臓器《複数》--【・*に於いて |*←思春期--【・*として |*←妊娠への準備 】|-そして-|■_維持する_【・*を |*←_心臓`血管`系_ 、及び、 _骨_ の 健康 】┏┓。    --【・*無しでは… |*←エストロゲン】〓〓、〈その〉女性の身体 は ¨ ∬ ¨(する)ことができない 【 ∬=維持する_【・*を |*←妊娠】〓〓、そして、それ は ¨※¨である 【・※←罹患しやすくなる_--〔・*に |*←心臓病 、及び、 _骨粗鬆症_ 】┏┓。

エストロゲン は 、また、¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=_引き起こす_【・*を |*←ある種の がん  の 成長 】┏┓。    〈その〉_乳房部_、子宮 、及び、 _その他の_女性`臓器《複数》 は 構成されている--【・*から |*←_細胞《複数》_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =成長刺激を受ける--【 ∬ (された)場合に∬=曝露された--【・*に |*←エストロゲン 】┏┓。    これらの_細胞《複数》_ は 含む_【・*を |*←エストロゲン_レセプタ_《複数》 】┏┓。    エストロゲン{ ∬ ((を)している)}¨ ⌒〔 ∬=循環している--【・*の中で |*←〈その〉_血液_ 】〓〓 は 結合する_【・*に |*←これらの_レセプタ_《複数》】〓〓、そして、刺激する_【・*を |*←成長−関連_ の _活性《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_細胞_ 】┏┓。    --【『 』の場合…|『_細胞《複数》_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =持つ_【・*を |*←エストロゲン_レセプタ_《複数》 】〓〓 が がん化する 』】〓〓、¨¨曝露{☆への}¨ ⌒〔 ☆←エストロゲン】〓〓 は _増加させる_【・*を |*←〈その〉 がん  の 成長 】┏┓。    _がん細胞《複数》_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =持つ_【・*を |*←エストロゲン_レセプタ_《複数》 】〓〓 は ¨※¨と呼ばれる【・※←エストロゲン_レセプタ_−_陽性_ の  がん 《複数》 】┏┓。

_切除_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_卵巣_《複数》《 〈その〉臓器{§(の性質の)}¨ ⌒〔 §←最も大きく担当する_【 ∬ (する)ことを | ∬=産生する_【・*を |*←エストロゲン--【・*に於いて |*←_閉経前の_女性《複数》 】 》〓〓_は ¨※¨である 【・※←一つの_効果的_ な アプローチ{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=除去する_【・*を |*←エストロゲン の 産生 】〓〓、そして、それ は _一般普通的_に 使用される--【・*に於いて |*←多くの国《複数》 】┏┓。    もう一つの アプローチ_は ∬ (する)ことである 【 ∬=使用する_【・*を |*←_薬_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=達成する_【・*を |*←〈一つの〉同様な_効果_--【 ∬ (する)こと無しに | ∬=_切除_する_【・*を |*←_卵巣_《複数》 】┏┓。    これらの_薬_《複数》 は 含む_【・*を |*← tamoxifen、や、_アロマターゼ阻害薬_と 呼ばれる より新しいクラスの_薬_《複数》 】┏┓。

_アロマターゼ阻害薬_《複数》 は 効果を現わす--【 ∬ (する)ことにより | ∬=_抑制_する_【・*を |*←〈その〉身体内 での エストロゲン生成 】┏┓。    _アロマターゼ_は ¨※¨である 【・※←〈その〉酵素{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =開始させる_【・*を |*←〈その〉転換{☆の}{★への}¨ ⌒〔 ☆←エストロゲン ⌒〔 ★←それの_活性型】┏┓。    _アロマターゼ阻害薬_《複数》 は 効果を現わす--【 ∬ (する)ことにより | ∬=_抑制_する_【・*を |*←_アロマターゼ 《 このことにより、低下させる_【・*を |*←身体中の_活性_エストロゲン_レベル_ 》 】┏┓。    このこと は ¨※¨である 【・※←対照的_--〔・*の場合と(比較対象) |*← tamoxifen《 この_薬_ は 効果を現わす--【 ∬ (する)ことにより | ∬=ブロックする--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←エストロゲン| ∬=入る--【・*に |*←〈一つの〉_細胞_ 】--【・*を通じて |*← ∬ (する)こと | ∬=直接に結合する_【・*に |*←〈その〉_細胞_ の エストロゲン_レセプタ_《複数》 】 》 】┏┓。

現在、3 つの_アロマターゼ阻害薬_《複数》 が _認可_されている--【・*のために |*←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_閉経後の_¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_】__ : __Femara®《 letrozole 》、 Arimidex®《 anastrozole 》 、及び、 Aromasin®《 exemestane 》 】┏┓。

--【・*のためには… |*← より詳細な情報】〓〓、参照されたい_【・*を |*←「_乳がん__に対する__ホルモン療法_」の項目(*) 】┏┓。

(*)原文には、当該文書へのリンクが設定されています。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: CancerConsultants Patients)(タイプ別)
「英文原題」=Hormonal Therapy for Metastatic Breast Cancer

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_化学療法_


概観


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_化学療法_ は ¨※¨である 【・※←全ての_治療_{ ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=含む_【・*を |*←〈その〉¨使用{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_薬_《複数》{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=殺す_【・*を |*←_がん細胞《複数》_ 】┏┓。    ¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =持たない_【・*を |*←エストロゲン/プロゲステロン_レセプタ_《複数》 ¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =_反応_しない--【・*に |*←_ホルモン療法_ ¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =必要とする_【・*を |*←_症状_緩和 {☆からの}¨ ⌒〔 ☆←_進行_性 の _乳がん_】〓〓 が ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=_利益_を得る--【・*から |*←¨治療{☆による}¨ ⌒〔 ☆←_化学療法_ 】┏┓。    現在¨※¨が 存在する 【・※←いくつかの_標準的__治療__レジメン_《複数》】〓〓、そして、約 25%の¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =受ける_【・*を |*←_化学療法_ 】〓〓 が ¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=経験する_【・*を |*←〈一つの〉_完全寛解_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←彼らの がん 】┏┓。

〈その〉タイプ{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_化学療法_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =_選択_される 】〓〓 は _¨※¨によって異なってくる【・※←〈その〉目標{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_治療_ 】┏┓。    --【もし『 』なら…|『〈その〉目標{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_治療_】〓〓_が ¨※¨である 【・※←_症状_緩和 、及び、 _生活の質__改善_ 』】〓〓、それ《 ∬ すること(右記)》〓〓 が  より望ましいことがある……∬=_選択_する_【・*を |*←〈一つの〉_化学療法_{☆を伴う}¨ ⌒〔 ☆←_最小限_ の _副作用_《複数》 】┏┓。    他方、--【もし『 』なら…|『〈その〉目標{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_治療_】〓〓 が  ∬ (する)ことである 【 ∬=試みる_【・*を |*← がん の治癒 】 』】〓〓、■_¨治療{☆による}¨ ⌒〔 ☆← より_攻撃的_ な _化学療法__レジメン_《複数》】|-又は-|■_参加{☆への}¨ ⌒〔 ☆←_臨床試験_《複数》_{ ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=評価する_【・*を |*←新しい_治療__戦略_《複数》 】〓〓 が ¨ ∬ ¨(である)かも知れない 【 ∬=¨※¨である 【・※← より適切 】┏┓。

それ《 ∬ すること(右記)》〓〓は 重要である……∬=注意深く考慮する_【・*を |*←〈その〉目標{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_治療_ 】┏┓。    このことの理由の一つ_は ¨『 』(右記)¨ということである『初回_治療_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_ステージ_4__乳がん_】〓〓_は ¨※¨である 【・※←_典型的には_ より_効果的_--【・*よりも |*← ∬ (する)こと | ∬=再_治療_する_【・*を |*← がん { ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =_再発_して在る 】┏┓。    これ は ¨※¨ということ が理由である【・※←『_がん細胞《複数》_ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=¨※¨となる【・※←_耐性__--〔・*に |*←_治療_ 』 】┏┓。    ¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =■_興味がある--【・*に |*←_攻撃的__治療_】|-そして-|■_目標_が ¨※¨である 【・※←治癒 】〓〓 は ¨ ∬ ¨しても良いであろう 【 ∬=考慮する_【・*を |*←_攻撃的__治療_ 、又は、 _臨床試験_への参加--【・*として |*←彼らの 最初の_治療_ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: CancerConsultants Patients)(タイプ別)
「英文原題」=Chemotherapy Treatment of Metastatic Breast Cancer

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

タキサン系化学療法剤


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

近年、 _化学療法剤_の 1 クラスであるタキサン系化学療法剤《複数》 が 広範に 使用されて在る--【・*に於いて |*←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_ 】┏┓。    Taxotere®《 docetaxel 》 、及び、 Taxol®《 paclitaxel 》_は ¨※¨である 【・※←いずれもタキサン系化学療法剤《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =--【 ∬ (された)場合に∬=_併用_ 、又は、 _順次`投与_で 使用された --【・*と一緒に |*←_その他の__化学療法剤_《複数》】〓〓、¨ ∬ ¨(する)ようである 【 ∬=持つ_【・*を |*← より多くの_抗 がん _活性_--【・*よりも |*←以前の_非−タキサン系_化学療法剤_--【・*のために |*←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_ 】┏┓。    〈その〉最良の_投与_スケジュール{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←タキサン系化学療法剤《複数》】〓〓 は 依然として評価されつつある┏┓。    いくつかの_研究_ は _示す_【・『 』ということを… |『 より頻繁な_投与_ が ¨ ∬ ¨(である)ことの可能性がある 【 ∬=¨※¨である 【・※← より優れている_--〔・*よりも |*←_標準的__投与_スケジュールである 3 週間に 1 回_投与_ 』 】┏┓。

¨結果《複数》{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←〈一件の〉_大規模__臨床試験_】〓〓 は _示す_【・『 』ということを… |『 Taxotere® が もたらす_【・*を |*← より高い_抗がん__奏効率_《複数》、 _進行無し`生存_ 、及び、 _全体的`生存_--【・*と比較して |*← Taxol® 』《 Table 1 を参照 》 】┏┓。

Table 1 : _乳がん__治療_に於ける Taxotere®対Taxol®
  Taxotere Taxol
_抗がん_奏効率 32% 25%
_進行無し`生存_期間 5。7ヶ月間 3。6ヶ月間
_全体的`生存期間_ 15。4ヶ月間 12。7ヶ月間


- Abraxane®《 ナノ粒子 アルブミン結合 paclitaxel 》 -


〈一つの〉新しい技術{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=患部`供給する_【・*を |*←_抗がん__治療薬_《複数》 】〓〓 が _最近_開発されており、 ¨※¨と呼ばれている【・※←ナノ粒子 アルブミン結合《 nab 》技術 】┏┓。    Abraxane®_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉_治療薬_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =患部`供給する_【・*を |*←〈その〉_化学療法_薬_paclitaxel_【 ∬ して | ∬=使用して_【・*を |*← nab 技術 】┏┓。    この技術 は 使用する_【・*を |*←アルブミン《 〈その〉身体中に最も 豊富に存在している蛋白質 》--【 ∬ (する)ことのために | ∬=直接 患部`供給する_【・*を |*←〈その〉 paclitaxel--【・*へ |*←_がん細胞《複数》_ 】┏┓。

Abraxane® は 提供する--【・*を |*←いくつかの 利点《複数》--【・*と比較して |*←〈その〉_伝統的_な_剤型_ の paclitaxel《 この薬 は Taxol®と呼ばれ、 構成される--【・*から |*←〈一つの〉_毒性_のある 化学`溶媒 + paclitaxel 自体 》 】┏┓。    --【・*により… |*← Abraxane®】〓〓、50%多い_薬_ が ¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=_投与_される】〓〓、そして、 より多くの_活性的_ な _薬_ が 供給される--【・*へ |*←_がん細胞《複数》_】〓〓、そして、_患者さん《複数》_ は 経験する_【・*を |*← より少ない_副作用_《複数》 】┏┓。

--【・*に於いて… |*←〈一件の〉_臨床試験_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =直接比較した_【・*を |*← Abraxane®--【・*と(比較対象) |*← Taxol®--【・*に於いて |*←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆← 454 名の患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_ 】】〓〓、Abraxane® は 2 倍にした_【・*を |*←_抗がん__奏効率_《複数》】〓〓、そして、_有意_に_伸長した_【・*を |*←_病気`進行`まで`期間_--【・*を伴って |*← より少ない_副作用_《複数》--【・*と比較して |*← Taxol® 】┏┓。《 Table 2 を参照 》

Table 2 : Abraxane® は Taxol®よりも_結果状況_を_改善_する。

  Abraxane® Taxol®
奏効率 33% 19%
_病気`進行`まで`期間_ 23。0週間 16。9週間
_全体的`生存期間_ 65週間 55。7週間
グレード 4 の_好中球`減少症_ 9% 22%



(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: CancerConnect.com)(タイプ別)
「英文原題」=Taxanes

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_併用_化学療法_レジメン


概観

本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_併用_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆← 2 つ以上の_化学療法剤_《複数》】〓〓 は ¨※¨と呼ばれる【・※←_レジメン_《複数》 】┏┓。    _レジメン_《複数》 は 示されて在る_【 ∬ (する)と | ∬=殺す_【・*を |*← より多くの_がん細胞《複数》_--【・*よりも |*←単一の_化学療法剤_ 】┏┓。    これ は ¨『 』(右記)¨が理由である『それぞれ の タイプ の _薬_ は 妨げる--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←_細胞《複数》_| ∬=複製する 】--【・*で(段階) |*←異なるポイント《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←それらの_細胞_ の ライフサイクル 』 】┏┓。    --【『 』であることから…|『全ての_がん細胞《複数》_ が ¨※¨の状態にある わけではない【・※←〈その〉同一の発達フェーズ--【・同じ時に 』】〓〓、_化学療法__レジメン_《複数》_は 持つ_【・*を |*←〈その〉能力{ ∬ (する)ことの}¨ ⌒〔 ∬=妨げ、殺す_【・*を |*← より多くの_がん細胞《複数》_ 】┏┓。

〈その〉_最適な_スケジュール{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=_投与_する_【・*を |*←_レジメン_《複数》 】〓〓 は 依然として 評価されつつある┏┓。     ∬ (する)こと | ∬=_投与_する_【・*を |*←_化学療法剤_《複数》--【・順次に《 同時に ではなくて 》 〓〓 は _示して在る_【・*を |*←有望性 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: CancerConnect.com)(タイプ別)
「英文原題」=Combination Chemotherapy Regimens

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

タキサン系化学療法剤を含む_レジメン_

本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_現行の__研究_ は _示す_【・『 』ということを… |『〈その〉以下のタキサン系化学療法剤−含有__レジメン_《複数》 は 改善する_【・*を |*←_結果状況_《複数》--【・*よりも |*←単一の_化学療法剤_ 、又は、 _伝統的__レジメン_ 』__ : __

〔 doxorubicin + paclitaxel《 AT_レジメン_ 》


2 件の_臨床試験_《複数》_{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=公刊された --【・*に(時期) |*← 2001 年 、及び、 2003 年 】〓〓 が _示して在る_【・『 』ということを… |『¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =受ける_【・*を |*← AT_レジメン_ 】〓〓 は  より_長期間 _生存_する¨※¨である 【・※← がん 無しの状態--【・ より_長期間】経験する_【・*を |*←〈一つの〉 より_長期間の_ がん が再び_進行_するまでの期間--【・*よりも |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =受ける_【・*を |*←_一般普通的_ な _化学療法__治療_{☆による}¨ ⌒〔 ☆← 5-fluorouracil / doxorubicin / cyclophosphamide《 FAC_レジメン_ 》 】 』《 テーブル 3 参照のこと 》 】┏┓。

テーブル 3 : _転移性`乳がん__治療_に於ける AT_レジメン_対 FAC_レジメン_
  AT_レジメン_ FAC_レジメン_
がん _再発_までの期間《2001》 8。3ヶ月間 6。2ヶ月間
平均_生存期間_《2001》 23。3ヶ月間 18。3ヶ月間
_病気`進行`まで`期間_《2003》 8。1ヶ月間 6。6ヶ月間


〔 TAC_レジメン_《 Taxotere®/doxorubicin/cyclophosphamide 》 〕


--【・*の試みとして… |*←_更なる__治療__改善_】〓〓、〈一つの〉第三の_薬_ が 追加されて在る--【・*に |*←〈その〉 AT_レジメン_】〓〓、そして、評価された--【・*として |*←初回¨治療{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_ 】┏┓。    部分的な 、又は、 _完全_ な 消失{☆の}{★の後の}¨ ⌒〔 ☆← がん ⌒〔 ★←_治療_{☆による}¨ ⌒〔 ☆← TAC_レジメン_】〓〓 は 起きた--【・*に於いて |*← 77% の _患者さん《複数》_ 】┏┓。    --【・*の時点で… |*←_治療_から 2 年後_】〓〓、60%近くの_患者さん《複数》__が ¨※¨であった 【・※←_生存_している 】┏┓。

〔 Gemzar®《 gemcitabine 》 + Taxol®《 GT_レジメン_ 》


¨結果《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈一件の〉_臨床試験_{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=報告された --【・*に(時期) |*← 2004 年 】〓〓 は _示す_【・『 』ということを… |『 Gemzar® + Taxol®《 paclitaxel 》 は 改善する_【・*を |*←_生存_--【・*よりも |*← Taxol®だけの場合--【・*に於いて |*←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}{ ¶ ところの#←}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_⌒〔 ←#¶ =停止して在る_【 ∬ (する)ことを | ∬=_反応_する_【・*に |*←_アントラサイクリン系`化学療法剤__治療_ 】 』《 テーブル 4 を参照のこと》 》 】┏┓。

テーブル4 : Taxol®単独よりも_生存`利益_で優れるGemzar®/Taxol®
  Gemzar/Taxol Taxol単独
1 年後_生存率_ 70。0% 60。9%
_全体的`生存期間_ 18。5ヶ月間 15。8ヶ月間


--【・*に… |*← 2004 年 5 月】〓〓、〈その〉米国 FDA  は _認可_した_【・*を |*← GT_レジメン_--【・*として |*←初回¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_--【・*の後に |*←_治療`挫折_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←先行実施の_アントラサイクリン系`化学療法剤_−含有__化学療法_】、--【『 』でない限り…|『_アントラサイクリン系`化学療法剤_ が _臨床的_に 禁忌であった 』】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: CancerConnect.com)(タイプ別)
「英文原題」=Regimens that Include a Taxane

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_分子標的`治療_


概観


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_分子標的`治療`薬_《複数》_は ¨※¨である 【・※←_抗 がん _治療薬_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =干渉する_【・*に |*←_特定的な_径路《複数》{☆に関与している}¨ ⌒〔 ☆←_がん細胞《複数》_ の 成長 、又は、 _生存_ 】┏┓。    いくつかの_分子標的`治療`薬_《複数》 は ブロックする_【・*を |*←成長シグナル《複数》の_がん細胞《複数》_への 到達】__ : ___その他の__薬_《複数》 は 低下させる_【・*を |*←〈その〉_血液_供給{☆への}¨ ⌒〔 ☆←_がん細胞《複数》_ 】__ : __そして、 更に、_その他の__薬_《複数》 は 刺激する--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←〈その〉_免疫_システム| ∬=認識し、攻撃する_【・*を |*←_がん細胞《複数》_ 】┏┓。    --【・*によって異なってくるが… |*←〈その〉_特定的な_標的】〓〓、_分子標的`治療`薬_《複数》 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=■_遅くする_【・*を |*←_がん細胞の成長】|-又は-|■_増加させる_【・*を |*←_がん細胞 の 死滅 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: CancerConnect.com)(タイプ別)
「英文原題」=Targeted Therapy

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

HER-2を標的とする_治療


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

20 〜 30%{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_】〓〓 は _過剰`発現_する_《過剰に多く産生する》【・*を |*←〈一つの〉蛋白質{☆と呼ばれる}¨ ⌒〔 ☆← HER-2 】┏┓。    _過剰`発現_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←この蛋白質】〓〓 は _導く--【・*へ |*←増加した成長{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_がん細胞《複数》_ 】┏┓。    幸いにして、〈その〉¨開発{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_治療_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =_特定的に標的する_【・*に |*←_HER2 −陽性__細胞《複数》_ 】〓〓 が _改善_して在る_【・*を |*←_結果状況_《複数》--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_HER2 −陽性__乳がん_ 】┏┓。

Herceptin®《 trastuzumab 》


Herceptin®_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉_薬_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =認識する_、そして、結合する--【・*に |*←_HER2 −陽性__細胞《複数》_ 】┏┓。    〈その〉_効果_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆← Herceptin®】〓〓 は 考えられている_【 ∬ (する)と | ∬=含む_【・*を |*←減少した_細胞_成長 、及び、 増加した_細胞_死滅 】┏┓。    ¨結果《複数》{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←〈一件の〉重要な_臨床試験_】〓〓 は _示す_【・『 』ということを… | ∬ (する)こと | ∬=追加する_【・*を |*← Herceptin®--【・*に |*←_化学療法_ 〓〓 は 改善する_【・*を |*←_生存_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_進行期__HER2 −陽性__乳がん_ 』 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: CancerConnect.com)(タイプ別)
「英文原題」=HER2-targeted therapy

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

Avastin《 bevacizumab 》


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

Avastin®_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉_分子標的`治療`薬_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =ブロックする_【・*を |*←〈一つの〉蛋白質{☆と呼ばれる}¨ ⌒〔 ☆←_血管内皮`成長`因子《 VEGF 》_ 】┏┓。    _血管内皮`成長`因子《 VEGF 》_ は 刺激する_【・*を |*←〈その〉成長{☆の}¨ ⌒〔 ☆←新しい_血管_《複数》 】┏┓。    _薬_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =干渉する_【・*に |*←_血管内皮`成長`因子《 VEGF 》_ 】〓〓 は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=遅くさせたり、停止させる_【・*を |*←〈その〉成長{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_がん細胞《複数》_】〓〓、そして、、また、¨ ∬ ¨(する)ことの可能性がある 【 ∬=改善する_【・*を |*←〈その〉患部`供給{☆の}{★への}¨ ⌒〔 ☆←_化学療法_⌒〔 ★←_がん細胞《複数》_--【 ∬ (する)ことにより | ∬=正常化させる_【・*を |*←_血液_供給 】┏┓。

--【・*に於いて… |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}{ ¶ ところの#←}¨ ⌒〔 ☆←_進行期_、_HER2 ‐陰性_乳がん_⌒〔 ←#¶ =受けたことがない_【・*を |*←先行実施の_治療_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_転移性_ の _病気_ 】〓〓、_治療_{☆による}¨ ⌒〔 ☆← Avastin® + paclitaxel 】〓〓 は もたらした_【・*を |*←〈一つの〉 より_長期間の__病気`進行`まで`期間_--【・*よりも |*←_治療_{☆による}¨ ⌒〔 ☆← paclitaxel だけ 】┏┓。    〈その〉¨追加{☆の}¨ ⌒〔 ☆← Avastin®】〓〓 は 、しかし、¨ ∬ ¨しなかった 【 ∬=_有意_に_改善_する (の否定)_【・*を |*←_全体的`生存_ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: CancerConnect.com)(タイプ別)
「英文原題」=Avastin® (bevacizumab)

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_骨転移_の_管理_


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_乳がん__細胞《複数》_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =拡大して在る--【・*に |*←〈その〉_骨_《複数》 】〓〓 は ¨※¨と呼ばれる【・※←_骨転移_《複数》 】┏┓。     がん  は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=拡大する--【・*へ |*←〈その〉_骨_《複数》--【『 』の場合…|『個々の_がん細胞《複数》_ が 離れる--【・*から |*←〈その〉もともとの_腫瘍_】〓〓、そして、移動する--【・*の中を |*←_血液_循環 、又は、 リンパ系】〓〓、そして、それら が 定着する--【・*の中に |*←〈一つの〉小さい_血管_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉新しい領域 』】┏┓。    〈その〉_細胞_ は それから、成長する--【・*へ |*←もう一つの _腫瘍_ 】┏┓。    ¨管理{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_骨転移_《複数》】〓〓 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=含む_【・*を |*←〈一つの〉_ビスフォスフォネート薬_ 】┏┓。

_ビスフォスフォネート薬_《複数》


_ビスフォスフォネート薬_《複数》_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉部類{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_薬_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =減少させる_【・*を |*←〈その〉速度{☆の}¨ ⌒〔 ☆←骨の破壊{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆← がん _患者さん《複数》_ 】┏┓。    _臨床試験_《複数》_ は _示して在る_【・『 』ということを… |『_ビスフォスフォネート薬_《複数》 は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=■__有意_に減少させる_【・*を |*←〈その〉数{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_骨折_《複数》{ ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=起きる--【・*により |*← がん { ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =拡大して在る--【・*に |*←〈その〉_骨_ 】|-そして-|■_低下させる_【・*を |*←〈その〉痛み{☆に伴う}¨ ⌒〔 ☆←_骨_を 巻き込んだ がん 』 】┏┓。

--【・*に(時)… |*← 2003 年 11 月】〓〓、〈その〉 American Society of Clinical Oncology は 推奨した_【・*を |*←〈その〉¨使用{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_ビスフォスフォネート薬_Zometa®《 zoledronic acid 》 、又は、 Aredia®《 pamidronate 》--【・*のために |*←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_骨転移_{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_ 】┏┓。    〈その〉_最適な_使用`継続期間 、又は、 _最適な__ビスフォスフォネート薬__投与_時期 は 依然として 評価されつつある--【・*に於いて |*←_臨床試験_《複数》_ 】┏┓。    _研究者《複数》__は ¨※¨である 【・※←希望を持っている_【・『 』ということに… |『_ビスフォスフォネート薬_《複数》 は ¨ ∬ ¨(する)ことの可能性がある 【 ∬=助ける_【 ∬ (する)ことを | ∬=_予防_する_【・*を |*←いくらかの_患者さん《複数》_での_骨転移_発症 】--【もし『 』なら…|『_ビスフォスフォネート薬_《複数》 が _投与_される--【・*の前もって |*←_骨_への拡大 』】〓〓、 』 】┏┓。

--【・*のためには… |*← より詳細 な 情報】〓〓、参照されたい_【・*を |*←〈その〉「_骨__合併症_《複数》と がん 」の項目(*) 】┏┓。

(*)原文には、当該文書へのリンクが設定されています。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: CancerConnect.com)(タイプ別)
「英文原題」=Management of Bone Metastases

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

治療__改善_への_戦略


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

〈その〉開発{☆の}¨ ⌒〔 ☆← より_効果的_ な  がん _治療_《複数》】━━ は 必要とする_【・『 』ということを… |『新しい、そして、革新的な _治療_《複数》 が 評価される--【・*で(対象) |*← がん _患者さん《複数》_ 』 】┏┓。    _臨床試験_《複数》__は ¨※¨である 【・※←_研究《複数》_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =評価する_【・*を |*←〈その〉_効果_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←新しい_薬_《複数》や_治療__戦略_《複数》 】┏┓。    将来の_進歩{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_】〓〓 は ¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=もたらされる--【・*から |*←〈その〉継続した評価{☆の}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆←新しい_治療_《複数》⌒〔 ★←_臨床試験_《複数》_ 】┏┓。    参加{☆への}¨ ⌒〔 ☆←〈一件の〉_臨床試験_】━━ は ¨ ∬ ¨(する)ことの可能性がある 【 ∬=提供する_【・*を |*←アクセス{☆への}¨ ⌒〔 ☆← より良好な_治療_《複数》】━━、そして、それ は _進歩させる_【・*を |*←〈その〉既存の知識{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←この がん 】┏┓。    _¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==興味がある--【・*に |*←_臨床試験_への参加 】━━ は ¨ ∬ ¨(する)べきである 【 ∬=ディスカスする_【・*を |*←_臨床試験_ の リスクと_利益_--【・*と(相手) |*←主治医《複数》 】┏┓。

分野《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_活性的_ な _研究_{ ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=目的とする_【 ∬ (する)ことを | ∬=_改善_する_【・*を |*←〈その〉¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_ 】〓〓 は 含む_【・*を |*←以下のもの】┏┓。

_骨転移_への新しいアプローチ : denosumab


denosumab_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉_開発`段階 の _薬_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =標的する_【・*を |*←〈一つの〉蛋白質{☆と呼ばれる}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉 RANK ligand 】┏┓。    この蛋白質 は 制御する_【・*を |*←〈その〉¨活性{☆の}¨ ⌒〔 ☆←破骨細胞《 _細胞《複数》_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =破壊する_【・*を |*←_骨_ 】 》 】┏┓。    denosumab は _示して在る_【・*を |*←_有望的_ な _結果《複数》_--【・*に於いて |*←■_〈その〉¨管理{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_骨転移_】|- また、同様に -|■_〈その〉¨管理{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_骨損失_{☆による}¨ ⌒〔 ☆← がん _治療_ 】┏┓。

denosumab は 直接に比較された--【・*と(比較対象) |*←〈その〉_ビスフォスフォネート薬_Zometa®--【・*に於いて |*←〈一件の〉_フェーズ_3__臨床試験_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =組込んだ_【・*を |*← 2,000 名超 の _乳がん_¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_骨転移_《複数》 】┏┓。    〈その〉_結果《複数》_ は _示した_【・『 』ということを… |『 denosumab_は ¨※¨であった 【・※← より_効果的__--〔・*よりも |*← Zometa®_--〔 ∬ (する)ことに於いて | ∬=遅らせる_【・*を |*←_骨格系__合併症_《複数》{☆のような}¨ ⌒〔 ☆←_骨折_】脊髄`圧迫_骨_への手術_骨_への_放射線`照射 】 』 】┏┓。
◆◆◆◆◆編集メモ:ここまで一旦投稿スミ◆◆◆◆◆--

_分子標的`治療_


_上皮`成長`因子`レセプタ《EGFR》__抑制薬_


_上皮`成長`因子`レセプタ《 EGFR 》_《複数》_は ¨※¨である 【・※←小さな蛋白質《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =見出される--【・*の上に |*←全ての_細胞《複数》_ の 表面 】┏┓。    _上皮`成長`因子`レセプタ《 EGFR 》_ は 専ら 結合する_【・*に |*←小さな蛋白質《複数》{ ∬ ((を)している)}{ ¶ ところの#←}¨ ⌒〔 ∬=_血液_中で 循環している 】⌒〔 ←#¶ =_成長因子_《複数》と 呼ばれる 】┏┓。    〈その〉結合{☆の間の}¨ ⌒〔 ☆←_上皮`成長`因子`レセプタ《 EGFR 》_と_成長因子_《複数》】〓〓 は 刺激する_【・*を |*←_生物学`的_プロセス{☆の内部での}{ ¶ ところの#←}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_細胞_⌒〔 ←#¶ =促進する_【・*を |*←制御された_細胞__成長_ 】┏┓。    しかし、--【・*に於いて… |*←多くの_がん細胞《複数》_】〓〓、_上皮`成長`因子`レセプタ《 EGFR 》_ は 非常に_過剰`発現_されている〓〓 、又は、 〈その〉_上皮`成長`因子`レセプタ《 EGFR 》_ の _生物学`的_プロセス{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =正常的には 刺激する_【・*を |*←_細胞__成長_ 】〓〓_が ¨※¨である 【・※←恒常的に _活性的_】、、《 導いて--【・*へ |*←〈その〉制御されない 、そして、過度の _成長_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_がん細胞《複数》_ 》 】┏┓。    いくつかの_薬_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =_抑制_する_【・*を |*←_上皮`成長`因子`レセプタ《 EGFR 》_ 】〓〓 が 開発されて在る〓〓、そして、それら は 現在 評価されつつある--【・*に於いて |*←〈その〉¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_ 】┏┓。

Tarceva®《 erlotinib 》_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉_上皮`成長`因子`レセプタ《 EGFR 》__抑制薬_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =_認可_されている--【・*のために |*←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_進行期__非`小細胞`肺がん_ 】〓〓、そして、それは 評価されつつある--【・*に於いて |*←〈その〉¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_その他の_ がん 《複数》{☆を含む}¨ ⌒〔 ☆←_進行期`乳がん_ 】┏┓。

ワクチン


一つの_戦略_{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=刺激する_【・*を |*←〈その〉_免疫_システム--【 ∬ (する)ことのために | ∬=攻撃する_【・*を |*←_がん細胞《複数》_ 】〓〓_は ¨※¨である 【・※←〈その〉¨使用{☆の}¨ ⌒〔 ☆←ワクチン《複数》 】┏┓。    _がん細胞《複数》_ は しばしば 現す_【・*を |*←¨¨特定の 小蛋白質《複数》、や、炭水化物《 _抗原_《複数》 》¶ ところの#←}--【・*の上に |*←それらの_細胞_の 表面⌒〔 ←#¶ =現れない--【・*の上に |*←健常_細胞《複数》_ 】┏┓。    ワクチン《複数》 は しばしば 構成される--【・*から |*←これらの_特定的な__抗原_《複数》《 これら は ¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=■_採取される--【・*から |*←〈その〉_患者さん_ の _がん細胞《複数》_、 他の_患者さん_ の _細胞《複数》_ 】|-又は-|■_作成される--【・*に於いて |*←〈一つの〉実験室》 】┏┓。    --【『 』の場合…|『これらの_抗原_《複数》 が _注射_される--【・*の中へ |*←〈その〉_患者さん_の身体 』】〓〓、〈その〉_免疫_システム は 認識する_【・*を |*←それらの_抗原_《複数》--【・*として |*←「外来物質」】〓〓、そして、¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=攻撃する_【・*を |*←〈その〉_がん細胞《複数》_{ ∬ ((を)している)}¨ ⌒〔 ∬=発現している_【・*を |*←〈その〉_抗原_《複数》 】┏┓。    _研究者《複数》_ は 今や 評価しつつあるさまざまな_戦略_《複数》--【 ∬ (する)ことのために | ∬=促進する_【・*を |*←〈その〉_免疫_応答{☆に対する}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_注射_された _抗原_《複数》 《 例えば ∬ (する)こと | ∬=結合する_【・*を |*←〈その〉_患者さん_自身の_免疫__細胞《複数》_--【・*と |*←〈その〉_特定的な__抗原_《複数》--【・*に於いて |*←〈一つの〉実験室--【・*の前に |*←_注射_ 】┏┓。

_ホルモン療法_ の _進歩


_研究者《複数》_ は 続けている_【 ∬ (する)ことを | ∬=評価する_【・*を |*←方法《複数》{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=_改善する_【・*を |*←_ホルモン療法_ 】--【 ∬ (する)ことにより | ∬=評価する_【・*を |*←新しい_薬_《複数》 、又は、 既存_薬_の 新しい_投与_方法《複数》 】┏┓。    Aromasin® 、及び、 Faslodex®《 fulvestrant 》 は _認可_されている--【・*のために |*←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =停止して在る_【 ∬ (する)ことを | ∬=_反応_する_【・*に |*← tamoxifen 】〓〓、しかし、それら は _認可_されていない--【・*のために |*←初回_治療_ 】┏┓。    しかし、_研究_ は 今や _示す_【・『 』ということを… |『これらの 2 つの_抗−エストロゲン_薬_《複数》 は ¨ ∬ ¨(である)ようである 【 ∬=¨※¨である 【・※← より優れる_--〔・*よりも |*← tamoxifen--【・*として |*←初回¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_転移性_ の _病気_ 』 】┏┓。    _抗がん__奏効_《複数》_は ¨※¨であった 【・※← 3 倍多い_--〔・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=治療された--【・*により |*← Aromasin® 】--【・*と比較して |*←¨患者さん《複数》{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=治療された--【・*により |*← tamoxifen 《 41%17% 》 】┏┓。    _治療_{☆による}¨ ⌒〔 ☆← Faslodex®】〓〓 は 、また、もたらした_【・*を |*← より多くの _抗がん__奏効_《複数》--【・*よりも |*← tamoxifen 】〓〓、そして、¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =受けた_【・*を |*← Faslodex® 】〓〓 は 経験した_【・*を |*←〈一つの〉 より_長期間の__病気`進行`まで`期間_ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: CancerConnect.com)(タイプ別)
「英文原題」=Strategies to Improve Treatment

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他