目次《ジャンプ先で項目タイトルをクリックすれば、この目次に戻れます》


→トップページへ戻る


お手数ですが、もう一度下記のリンクをクリックしてください:

情報データベース(乳がん)のトップページへ




********************
当ファイルの目次ページへ

最新情報、アドバイス、当ファイル作成上の原則



最新情報のご案内


このファイルには、部位別に米国での現在の標準的な治療法に関する情報(の在処)を記述しています。最新情報は、関連の部位別情報データベース(このファイルの「トップページへ戻る」のリンクからジャンプ)の「治療ニュース、論文、総説」のところをご覧ください。

上記の項目には、欧米の約 50 の専門雑誌、学会報告、ニュース、などのサイトの最新号に於けるがんの治療に関する情報の在処を、可能なかぎり包括的にご紹介しています。決して、極々少数の記事だけを載せているようなものではありません。患者さんや家族さんのご参考にしていただけるものと思います。

********************
当ファイルの目次ページへ

アドバイス


治療を医者に決してお任せにならないことをお勧めします。このファイル(もし不十分でしたら、本やインターネットの他の資料)を勉強することで自ら状況を把握され、医者と対等に議論する姿勢を忘れないようにしてください。


********************
当ファイルの目次ページへ

当ファイル作成上の原則


複数の資料を参考にしてこのファイルを作成していきますが、各参考資料の内容を無理にまとめることはせず、原則として参考資料ごとに全て併記しておきます。重複したり、場合によっては資料間で矛盾しているように思われる場合があるかも知れませんが、データを残すことを重視しました。

********************
当ファイルの目次ページへ

疾患名:乳がん (Breast cancer)


乳がん(Breast cancer)

資料 A2=_治療_全体像《ACS》(資料ご紹介の作成年月=09/7)


資料名=ACS


このコーナーでは、上記の資料の内容の概略をご紹介しています。各ページには、当該ページに対応する原資料サイトのページへのリンクを設定してありますが、原資料サイト での ページ構成変更により、リンク切れとなっております場合は、本家サイトの

リンク集のページ

の、「情報の存在を ご紹介しているサイト」の項目に 当該原資料サイトへのリンクを収載しておりますので、そこからジャンプしてください。《当該原資料サイトには、当サイトでご紹介している以外にも豊富な情報が記載されておりますので、原資料サイトをご覧になることを強くお勧めします》

尚、このコーナーでご紹介しております原資料の日付は下記の通りです :

原資料更新時期=05/13/2009 

本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

概観


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
******************************

〔 この資料の性格 〕


この情報 は 代表する--【・*を |*←¨見解《複数》{☆の}¨ ~~〔 ☆←〈その〉¨医者《複数》や看護婦《複数》{ ∬ ((を)している)}¨ ~~〔 ∬=活動している--【・*で |*←〈その〉 American Cancer Society's Cancer Information Database Editorial Board 】┃。    これらの見解《複数》 は 基づいている--【・*に |*←@彼らの¨解釈{☆の}¨ ~~〔 ☆←¨研究《複数》{ ∬ (された)}¨ ~~〔 ∬=公刊された --【・*に |*←医学雑誌《複数》】|- また、同様に -|A彼ら自身の専門家としての経験 】┃。

〈その〉¨治療情報{☆に於ける}¨ ~~〔 ☆←この文書】━━_は ¨※¨ではない 【・※←¨公式ポリシー{☆の}¨ ~~〔 ☆←〈その〉 ACS 】━━、そして、それ は 意図されていない--【・*として |*←医学的な¨アドバイス{ ∬ (する)ことのための}¨ ~~〔 ∬=代用となる--【・*の |*←¨専門的技術、や、判断{☆の}¨ ~~〔 ☆←患者さん の 治療チーム 】┃。    それ は 意図されている--【 ∬ (する)ことのために | ∬=助ける--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←患者さん、及び、患者さんの家族さん| ∬=行う--【・*を |*←情報を持っての決定--【・*と一緒に |*←主治医 】┃。

患者さん の 主治医 は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=持つ--【・*を |*←¨理由《複数》{ ∬ (する)ことの}¨ ~~〔 ∬=提案する--【・*を |*←〈一つの〉¨治療計画{§(の性質の)}¨ ~~〔 §←異なる--【・*とは |*←ここに記述されている一般的な治療選択肢《複数》 】┃。    ためらわないで尋ねること--【・*に |*←主治医--【・*について |*←¨疑問《複数》{☆に関する}¨ ~~〔 ☆←患者さん の 治療選択肢《複数》 】┃。

〔 この資料の概観 〕


このセクション は 始まる--【・*で |*←_一般的な_コメント《複数》{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←タイプ《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_治療_《複数》{ ∬ (される)}¨ ⌒〔 ∬=使用される --【・*のために |*←_乳がん_】┏┓。    このこと は 後続される--【・*により |*←〈一つの〉ディスカッション{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉典型的な_治療__選択肢_《複数》{☆に基づく}¨ ⌒〔 ☆←_ステージ_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉 がん 《  及び、 〈一つの〉小さなセクション{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←妊娠期間中の_乳がん_ 》 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(issue= May 13, 2009 )
「英文原題」=Detailed Guide: Breast Cancer  How Is Breast Cancer Treated?

******************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

治療の全般的タイプ《複数》


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
******************************

_治療_《複数》 は ¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=分類される--【・*に |*←大まかな_グループ_《複数》】、--【・*に基づき |*←『どのように、その_治療_ が 働くか? 』 、及び、 『どの時点で その_治療_ が 使用されるか? 』 】┏┓。

〔 _局所__治療_、と、_全身的__治療_ 〕


_局所__治療_ は 意図される_【 ∬ (する)ことを | ∬=治療する_【・*を |*←〈一つの〉_腫瘍_--【・*で |*←当該_腫瘍_の箇所--【 ∬ (する)こと無しに | ∬=影響する_【・*に |*←身体の他の部分 】┏┓。    _外科手術_ 、及び、 _放射線`療法__は ¨※¨である 【・※←例《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_局所__治療_《複数》 】┏┓。

_全身的__治療_ は 意味する_【・*を |*←_薬_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==_投与_される--【・_経口_で 、又は、 静脈_注射_で--【 ∬ (する)ことのために | ∬=到達する_【・*に |*←_がん細胞《複数》_--【・身体の何処にあっても 】┏┓。    _化学療法_、_ホルモン療法_、_分子標的`治療__が ¨※¨である 【・※←_全身的__治療_《複数》 】┏┓。

〔 _補助療法_ 、及び、 _術前`補助`療法_ 〕


¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==持たない_【・*をも |*←〔如何なる検出可能な がん 〕--【・*の後に |*←_外科手術_ 】━━ は しばしば受ける_【・*を |*←補助《 追加の 》_全身的__治療_ 】┏┓。    医者《複数》 は 考えている_【・『 』と… |『--【・*に於いて… |*←いくらかのケース《複数》】━━、_がん細胞《複数》_ は ちぎれる--【・*から |*←〈その〉_原発_の_乳がん__腫瘍_】━━、そして、始める_【 ∬ (する)ことを | ∬=拡大する--【・*の あちこちへ |*←〈その〉身体--【・*を通じて |*←_血液_循環 】--【・*の段階でさえも |*←_病気_の_早期__ステージ_ 』 】┏┓。    これらの_細胞《複数》_ は ¨ ∬ ¨(される)ことができない 【 ∬=■_感じられる(の否定)--【・*で |*←身体検査】|-又は-|■_見られる(の否定)--【・*により |*← X −線検査 、又は、 _その他の_画像検査《複数》】━━、そして、それらの_細胞《複数》_ は 引き起こす_【・*を |*←〔何も無い( no )_症状_《複数》 〕(の否定) 】┏┓。    しかし、それらの_細胞《複数》_ は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=確立する_【・*を |*←新しい_腫瘍_《複数》--【・*に於いて |*←_その他の_臓器 、又は、 _骨_《複数》 】┏┓。    目標{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_補助療法_】━━_は ∬ (する)ことである 【 ∬=殺す_【・*を |*←これらの隠れた_がん細胞《複数》_ 】┏┓。

全ての_患者さん_ が 必要とするわけではない_【・*を |*←_補助療法_ 】┏┓。    _一般的に言えば、--【・もし『 』なら…|『〈その〉_腫瘍__が ¨※¨である 【・※← より大きい】━━ 、又は、 〈その〉 がん  が 拡大して在る--【・*に |*←_リンパ節_《複数》 』】━━、それ は  より可能性が大きい_【 ∬ (して在る)ことの | ∬=拡大して在る--【・*を通じて |*←_血液_循環 】┏┓。    しかし、¨※¨が 存在する 【・※←_その他の_特徴《複数》《 いくつかは 以前に ディスカスされている 》¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=決める_[『 』(→右記)であるか否かを… |『 〈一人の〉_患者さん_ が ¨ ∬ ¨(する)べきである 【 ∬=受ける_【・*を |*←_補助療法_ 』(か否かを)】┏┓。    推奨《複数》{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←_補助療法_】━━ は ディスカスされる--【・*に於いて |*←■_〈その〉セクション《複数》{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←これらの_治療_《複数》】|-そして-|■_セクション{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←_治療_{☆に従っての}¨ ⌒〔 ☆←_病気__ステージ_ 】┏┓。

いくらかの_患者さん《複数》_ は _投与_される_【・*を |*←_全身的__治療_《 通常_化学療法_ 》--【・*の前に |*←_外科手術_--【 ∬ (する)ことのために | ∬=縮小させる_【・*を |*←〈一つの〉_腫瘍_--【・『 』を期待して…|『そのこと は ¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=可能にさせる_【・*を |*← より_低_侵襲度の 手術 』】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(issue= May 13, 2009 )
「英文原題」=Detailed Guide: Breast Cancer  General Types of Treatment

******************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_外科手術_


_ランペクトミー_ 、及び、 _乳房部__切除術_


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
******************************

大部分の¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_】━━ は 受ける_【・*を |*←何らかのタイプの_外科手術_ 】┏┓。    手術《複数》{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_局所__治療_】━━ は 含む--【・*を |*←_乳房部_−温存手術、_乳房部__切除術_、_腋の下`リンパ節_サンプリング/_切除_ 】┏┓。    ¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==受ける_【・*を |*←__乳房部_手術 】━━ は、また、 ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=決める_【 ∬ (する)ことを | ∬=受ける_【・*を |*←_乳房部_再建《 同時 、又は、 後日 》 】┏┓。

〔 _乳房部_−温存手術 〕


--【・*に於いて… |*←これらのタイプの手術】━━、わずかに一部{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉罹患した_乳房部_】━━ が _切除_される、--【・『 』であるが…|『_切除_される量 は ¨※¨によって異なってくる【・※←■_サイズ/位置{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_腫瘍_】|-そして-|■__その他の_要因《複数》 』】┏┓。    --【・『 』の場合…|『_放射線`療法_ が ¨ ∬ ¨(される)であろう 【 ∬=実施される--【・*の後に |*←_外科手術_ 』】━━、小さな金属性のクリップ《複数》《 これら は ¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=現れる--【・*の上に |*← X −線画像 》━━ が ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=設置される--【・*の中に |*←〈その〉_乳房部_--【・*の間に |*←_外科手術_--【 ∬ (する)ことのために | ∬=マークする_【・*を |*←¨¨領域{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_放射線`療法_ 】┏┓。

- _ランペクトミー -


この手術 は _切除_する_【・*を |*←わずかに_乳房部_の 小塊 、及び、 周辺のマージン{☆の}¨ ⌒〔 ☆←正常組織 】┏┓。    _放射線`療法_ が 通常 実施される--【・*の後に |*←_ランペクトミー 】┏┓。    --【・もし『 』なら…|『_補助`化学療法_ も ¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=実施される 』】━━、〈その〉_放射線`療法_ は 通常 遅らせられる--【・『 』まで…|『〈その〉_化学療法_ が 完了する 』】┏┓。

- 部分`_乳房部__切除術_ 、又は、 _乳房部`扇状`切除術_ -


この手術 は _切除_する_【・*を |*← より多くの_乳房部_組織--【・*よりも |*←〈一つの〉_ランペクトミー 】┏┓。    --【・*の場合… |*←_乳房部`扇状`切除術_】━━、¨¨4 分の 1 {☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_乳房部_】━━ が _切除_される┏┓。    _放射線`療法_ が 通常実施される--【・*の後に |*←_外科手術_ 】┏┓。    この手術の場合も、_放射線`療法_ は ¨ ∬ ¨(される)ことがある 【 ∬=遅らされる--【・もし『 』なら…|『_化学療法_も¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=実施される 』】┏┓。

--【・もし『 』なら…|『〈その〉病理担当医 が 見つける_【・『 』ということを… |『¨※¨が 存在する 【・※← がん --【・*に |*←周辺部{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉組織片{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=_切除_された --【・*により |*←〈その〉_乳房部_温存手術】 』】━━、〈その〉外科医 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=必要とする_【 ∬ (する)ことを | ∬=_切除_する_【・*を |*← より多くの組織 】┏┓。    この手術 は 呼ばれる--【・*と |*←〈一つの〉_再`切除_ 】┏┓。    --【・もし『 』なら…|『〈その〉外科医 が ¨ ∬ ¨(する)ことができない 【 ∬=_切除_する_【・*を |*←十分な_乳房部_組織--【 ∬ (する)だけの | ∬=得る_【・*を |*←クリアな_外科的_マージン《複数》 】 』】━━、〈一つの〉_乳房部__切除_ が ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=必要となる 】┏┓。

--【・*のために… |*←大部分の¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_ステージ I_ 、又は、 ステージ II の_乳がん_】━━、_乳房部_温存手術《 _ランペクトミー/部分`_乳房部__切除術_ + _放射線`療法_ 》___は ¨※¨である 【・※←同等に_効果的_--【・*と比較して |*←_乳房部__切除術_ 】┏┓。    _生存率_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=治療された--【・*により |*←これらの 2 つのアプローチ《複数》 】━━¨※¨である 【・※←同一 】┏┓。    しかし、_乳房部_温存手術_は ¨※¨というわけでではない 【・※←〈一つの〉_選択肢_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←全ての¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_】《 参照してもらいたい_【・*を |*←下記の『_ランペクトミー、と、_乳房部__切除術_との間の_選択_』の項目 》 】┏┓。

_放射線`療法_ は 時として¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=省略される--【・*として |*←¨一部{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_乳房部_温存手術 】┏┓。    ¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==¨ ∬ ¨しても良い 【 ∬=考慮する_【・*を |*←_ランペクトミー{☆無しの}¨ ⌒〔 ☆←_放射線`療法_ 】━━ は 典型的には 持つ_【・*を |*←以下の全ての条件《複数》】 :


- 可能的な_副作用_《複数》 -


_副作用_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←これらの手術】━━ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=含む_【・*を |*←痛み、一時的な腫れ、圧痛 、及び、 ¨¨硬い瘢痕組織{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==形成される--【・*に |*←〈その〉手術箇所 】┏┓。    --【・*と同様に… |*←全ての手術《複数》】━━、¨¨出血 、及び、 _感染症_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉手術箇所】━━_が 、また、¨※¨である 【・※←あり得る 】┏┓。

--【・#1であればあるほど…|#1←『_乳房部_の_切除_された部分が より大きい 』】━━、なおさら#2である#2『それ《=『 』ということ(右記)》━━が より可能性が大きくなる……【・=『¨※¨が 存在する 【・※←〈一つの〉顕著な変化{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_乳房部_の形状--【・後になって 』 】┏┓。    --【・もし『 』なら…|『〈その〉_乳房部_ が 非常に 変化して見える--【・*の後に |*←手術 』】━━、それ《=『 』ということ(右記)》━━が 可能である……【・=『受ける_【・*を |*←何らかのタイプの再建手術《 下記を参照のこと 》 、又は、 小さくする_【・*を |*←_非−罹患側の_乳房部_のサイズ--【 ∬ (する)ことのために | ∬=させる--【・*を § に ||*←〈その〉_乳房部_《複数》| § ← より対称的 】 』 】┏┓。    それ《 ∬ すること(右記)》━━さえも 可能である……∬=受ける_【・*を |*←そのような手術--【・*の間に |*←〈その〉初回の手術 】┏┓。    それ《 ∬ すること(右記)》━━は 非常に重要である……∬=話す--【・*と |*←主治医《 及び、 おそらく_形成`外科医_とも 》--【・*の前に |*←手術--【 ∬ (する)ことのために | ∬=■_得る_【・*を |*←感じ{☆の}¨ ⌒〔 ☆←『どのように 自身の_乳房部_ が ¨ ∬ ¨(する)であろうか 【 ∬=見える--【・*の後に |*←手術 』】|-そして-|■_知る_【・*を |*←『何が 自身の _選択肢_《複数》であろうか 』 】┏┓。

〔 _乳房部__切除術_ 〕


_乳房部__切除術_ は 含む_【 ∬ (する)ことを | ∬=_切除_する_【・*を |*←全部{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_乳房部_組織 】、--【・時として*と一緒に |*←_その他の_近傍の組織《複数》 】┏┓。

--【・*に於いて… |*←〈一つの〉_単純`乳房部`切除術_ 、又は、 _全`乳房部`切除術_】━━、〈その〉外科医 は _切除_する_【・*を |*←〈その〉_乳房部_全体、--【・*を含めて |*←〈その〉乳首】━━、しかし、それ は ¨ ∬ ¨しない 【 ∬=_切除_する (の否定)_【・*を |*←腋の下_リンパ節_《複数》、や、¨¨_筋肉_組織{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←_乳房部_よりも下部 】┏┓。    時として このこと は 実施される--【・*のために |*←両方の_乳房部_《 〈一つの〉二重_乳房部__切除術_ 》、--【・特に『 』の場合…|『当該手術 が 実施される--【・*として |*←_予防的_手術{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←女性《複数》{§(の性質の)}¨ ⌒〔 §←_乳がん_のリスクが非常に高い 】 』】┏┓。    大部分の_患者さん《複数》_ は 、--【・もし『 』なら…|『彼ら が _入院_する 』】━━、(は)¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=帰宅する--【・翌日に 】┏┓。

〈一つの〉_非定型`根治的`乳房部`切除術_ は 含む_【 ∬ (する)ことを | ∬=_切除_する_【・*を |*←〈その〉全部の_乳房部_ 、及び、 いくつかの 腋の下_リンパ節_《複数》 】┏┓。    これ_は ¨※¨である 【・※←〈その〉最も_一般普通的__外科手術_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_⌒〔 ¶==受ける_【・*を |*←全_乳房部_の_切除_ 】┏┓。

--【・*のためには… |*←いくらかの¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==持つ_【・*を |*← より小さい_腫瘍_《複数》 】】━━、一つの_選択肢_ は ¨ ∬ ¨(である)ことがある 【 ∬=¨※¨である 【・※←〈一つの〉 より新しい_治療_手順_{☆と呼ばれる}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉_皮膚`温存的−乳房部`切除術_《 この場合、大部分の皮膚{☆の上の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_乳房部_】《 〈その〉乳首 、及び、 乳輪 以外の 》 が 残される--【・無傷で 》 】┏┓。    この_治療_手順_ は 記述される--【・ より詳細に--【・*に於いて |*←「_乳がん_の_研究_・_治療_で 新しいものは何か?」の項目 】┏┓。

〈一つの〉_根治的__乳房部_切除術__は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉広範囲の手術{ そこでは¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==〈その〉外科医 は _切除_する_【・*を |*←〈その〉_乳房部_全体、腋の下の_リンパ節_《複数》 、及び、 〈その〉胸壁の_筋肉_《 _乳房部_の下の 》 】┏┓。    この手術_は かつては¨※¨であった 【・※←非常に_一般普通的_ 】┏┓。    しかし、--【・*の理由から |*←¨¨変形 、及び、 _副作用_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==この手術が 引き起こす 】そして、 --【・『 』の理由で…|『〈一つの〉_非定型`根治的`乳房部`切除術_ が 証明されて在る【・※であると|※←同等に_効果的_--【・*と |*←〈一つの〉_根治的__乳房部__切除術_ 』】━━、それ は 稀にしか実施されない--【・今日では 】┏┓。

- 可能的な_副作用_《複数》 -


--【・*は別として |*←_術後_痛 、及び、 〈その〉外観上の _乳房部_形状変化】━━、可能的な_副作用_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_乳房部_切除術_ 、及び、 _ランペクトミー】━━ は 含む_【・*を |*←外傷`感染、_血腫《 外傷への_血液_蓄積 》 、及び、 _漿液腫_《 外傷への透明液の蓄積 》 】┏┓。    --【・もし『 』なら…|『腋の下の_リンパ節_《複数》 が 、また、_切除_される 』】━━、_その他の__副作用_《複数》 が ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=起きる《 参照すること_【・*を |*←下記の「腋の下の_リンパ節__郭清_」の項目 》 】┏┓。

〔 ランペクトミー、と、_乳房部_切除術_との間での_選択_ 〕


多くの¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_早期‐乳がん】━━ は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=選択する--【・*の間で |*←_乳房部_温存手術、と、_乳房部__切除術_ 】┏┓。

〈その〉主要な利点{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉_ランペクトミー】━━_は ¨『 』(右記)¨ということである『それ は 可能にさせる--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←〈一人の〉_患者さん_| ∬=維持する_【・*を |*←大部分{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_乳房部_ 】 』 】┏┓。    〈一つの〉不利点_は ¨※¨である 【・※←〈その〉通常の必要性{☆の}{★の後の}¨ ⌒〔 ☆←_放射線`療法_《 しばしば 5 〜 6 週間を必要とする 》⌒〔 ★←_外科手術_ 】┏┓。    《 但し、少数の¨患者さん《複数》{ ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=受ける_【・*を |*←_乳房部_温存手術 】━━ は ¨ ∬ ¨(しない)ことがある 【 ∬=必要としない_【・*を |*←_放射線`療法_《 上述のように 》】━━、--【・『 』の一方で…|『少数の¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==受ける_【・*を |*←〈一つの〉_乳房部__切除術_ 】━━ も ¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=必要とする_【・*を |*←_放射線`療法_{☆への}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_乳房部_領域 』】 》 】┏┓。

--【 ∬ (する)場合には…∬=決める--【・*の間で |*←〈一つの〉_ランペクトミー、と、_乳房部__切除術_ 】━━、必ず得ること_【・*を |*←全ての 事実《複数》 】┏┓。    _患者さん_ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=持つ_【・*を |*←〈一つの〉当初の優先感覚{☆への}¨ ⌒〔 ☆←_乳房部__切除術_--【・*として |*←〈一つの〉方法{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=可及的早急に 済ましてしまう 】┏┓。    _患者さん《複数》_ は ¨ ∬ ¨(する)という傾向がある 【 ∬=優先する_【・*を |*←_乳房部__切除術_--【・ よりしばしば_(・*よりも |*←彼らの外科医《複数》--【・*の理由から |*←_左記の_感覚 】┏┓。    しかし、事実_は ¨『 』(右記)¨ということである『大部分の場合、_乳房部__切除術_ は ¨ ∬ ¨しない 【 ∬=もたらす (の否定)_【・*を |*←■_何らの より良好なチャンス{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_長期的__生存_】|-又は-|■_ より良好な_治療__結果状況_(の否定) 】┏┓。    _研究_《複数》{ ∬ ((を)している)}¨ ⌒〔 ∬=フォローしている_【・*を |*←何千人もの_患者さん《複数》_--【・*にわたり |*← 20 年間以上 】━━ は 示す【・『 』ということを… |『--【・『 』の場合…|『_ランペクトミー が 実施できる 』】━━、_乳房部__切除術_ は ¨ ∬ ¨しない 【 ∬=もたらす (の否定)_【・*を |*←何らの より良好なチャンス{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_生存_--【・*よりも |*←_ランペクトミー__】(の否定) 】┏┓。

--【・『 』であるが…|『大部分の_患者さん《複数》_ 、及び、 彼らの主治医《複数》 は 優先する_【・*を |*←_ランペクトミー_ + _放射線`療法_--【・『 』の場合…|『それ_が ¨※¨である 【・※←〈一つの〉妥当的な_選択肢_ 』】 』】━━、〈その〉選択 は ¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=¨※¨によって異なってくる【・※←一連の要因《複数》{☆のような}¨ ⌒〔 ☆←下記】 :


--【・*のためには… |*←いくらかの_患者さん《複数》_】━━、_乳房部__切除術_ が 明確に¨ ∬ ¨(である)と考えられる 【 ∬=¨※¨である 【・※←〈一つの〉 より良好な_選択肢_ 】┏┓。    例えば、_ランペクトミー_ 、又は、 _乳房部_温存_治療_ は 通常 推奨されない--【・*のためには |*←以下のような_患者さん《複数》_】 :

_その他の_要因《複数》も¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=必要とする_【 ∬ (される)ことを | ∬=考慮される 】┏┓。    例えば、_若年_の¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_ 、及び、 〈一つの〉既知の BRCA _遺伝子_変異】━━_は ¨※¨である 【・※←非常に高リスク_(・*について |*←〈一つの〉二番目の がん 】┏┓。    これらの_患者さん《複数》_ は ¨ ∬ ¨しても良いであろう 【 ∬=考慮する_【 ∬ (する)ことを | ∬=受ける_【・*を |*←〈一つの〉_乳房部__切除術_《  又は、両側の_乳房部__切除術_さえも  》 】--【 ∬ (する)ことのために | ∬=■__治療_する_【・*を |*←〈その〉 がん 】|-そして-|■_低下させる_【・*を |*←¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←二番目の がん 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )
「英文原題」=Surgery for Breast Cancer

******************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

腋窩(腋の下)`リンパ節`摘除


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
******************************

--【 ∬ (する)ことのために …| ∬=決める[『 』(→右記)であるか否か… |『 〈その〉_乳がん_ が 拡大して在る--【・*に |*←_腋の下`リンパ節_《複数》 』(か否か)】━━、¨いくつか{☆の}¨ ⌒〔 ☆←これらの_リンパ節_《複数》】━━ が ¨ ∬ ¨(される)ことがある 【 ∬=_切除_され、顕微鏡下に観察される 】┏┓。    これ_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉重要な¨一部{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_ステージ_決め 、及び、 _治療_決定 】┏┓。    --【・『 』の場合…|『〈その〉_リンパ節_《複数》 が 罹患している 』】━━、¨※¨が 存在する 【・※←〈一つの〉増加した 可能性{=『 』という(右記)}¨=『_がん細胞《複数》_ が 拡大して在る--【・*を通じて |*←_血液_循環--【・*へ |*←_その他の_箇所《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉身体 』 】┏┓。

上述のように、_腋窩(腋の下)`リンパ節`摘除__は ¨※¨である 【・※←¨一部{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉_根治的_ 、又は、 _非定型`根治的`乳房部`切除術_ 】┏┓。    それ は 、また、¨ ∬ ¨(される)ことがある 【 ∬=実施される--【・*と一緒に |*←〈一つの〉_乳房部_−温存手術{☆のような}¨ ⌒〔 ☆←_ランペクトミー_ 】┏┓。    約 10 〜 40 の《 但し、通常は 20 未満の 》_リンパ節_《複数》 が _切除_される┏┓。

¨¨存在{☆の}{★への}¨ ⌒〔 ☆←_がん細胞《複数》_⌒〔 ★←〈その〉_腋の下`リンパ節_《複数》】━━_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉重要な要因{ ∬ (する)ことに於いての}¨ ⌒〔 ∬=考慮する_【・*を |*←_補助療法_ 】┏┓。    _腋窩(腋の下)`リンパ節`摘除_ は 使用される--【・*として |*←〈一つの〉テスト{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=ガイドする_【・*を |*←_その他の__乳がん__治療__決定_《複数》 】┏┓。

- 可能的な_副作用_ -


_その他の_手術《複数》と同様に、痛み、腫れ、出血 、及び、 _感染症__が ¨※¨である 【・※←可能的 】┏┓。

〈その〉主要な 可能的な_長期的_影響{ ∬ (する)ことの}¨ ⌒〔 ∬=_切除_する_【・*を |*←_腋の下`リンパ節_《複数》 】━━_は ¨※¨である 【・※←_リンパ浮腫_《 腕の腫れ 》 】┏┓。    このこと は 起きる--【・『 』の理由で…|『如何なる 過剰な体液{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉腕《複数》】━━ は 正常状態では 戻る--【・*へ |*←〈その〉_血液_循環--【・*を通じて |*←〈その〉_リンパ システム 』】┏┓。     ∬ すること | ∬=_切除_する_【・*を |*←〈その〉_リンパ節_《複数》 ━━ は 時として させる--【・▽が¨ ∬ ¨するように||▽←このような体液| ∬=滞り、腕に 蓄積する 】┏┓。

約 4 分の 1 の¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==_切除_された_【・*を |*←_腋の下`リンパ節_《複数》 】━━ は 起こす--【・*を |*←_リンパ浮腫_ 】┏┓。    それ は 、また、起きる--【・*に於いて |*←最高 5%の¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==受ける_【・*を |*←〈一つの〉センチネルリンパ節`生検《 下述 》 】┏┓。    時として、〈その〉腫れ は 続く--【・*にわたり |*←わずかに数週間】━━、そして、その後 消失する┏┓。    _その他の_場合、〈その〉腫れ は 続く--【・*にわたり |*←_長期間 】┏┓。    方法《複数》{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=_予防_したり 低下させる_【・*を |*←影響《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_リンパ浮腫_ 】━━ は ディスカスされる--【・*に於いて |*←〈その〉「_乳がん__治療_の後に何が起きるか?」のセクション(*) 】┏┓。    --【・もし『 』なら…|『_患者さん_の 腕が ¨※¨である【・※←腫れている、張っている 、又は、 痛みがある_(・*の後に |*←_リンパ節_手術 』】━━、必ず`話すこと_【・*に |*←誰か{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_治療_チーム--【・直ちに 】┏┓。

_患者さん《複数》_ は 、また、¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=持つ_【・*を |*←短期間 、又は、 _長期間の_困難{ ∬ (する)ことの}¨ ⌒〔 ∬=動かす_【・*を |*←腕 、及び、 肩 】--【・*の後に |*←手術 】┏┓。    無感覚{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉皮膚{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉上部の内側の腕】━━_は ¨※¨である 【・※←もう一つの_一般普通的__副作用_--【・『 』の理由で…|『〈その〉_神経_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==コントロールする_【・*を |*←そこの箇所での感覚 】━━ は 通過している_【・*を |*←〈その〉_リンパ節_領域 』】┏┓。

(*)原文には、当該文書へのリンクが設定されています。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )
「英文原題」=Axillary lymph node dissection (ALND)

******************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

センチネル`リンパ節`生検


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
******************************

--【・『 』であるが…|『_腋窩(腋の下)`リンパ節`摘除__は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉_安全的_な手術】━━、そして、それ は 持つ_【・*を |*←わずかに_低_率の 深刻な_副作用_《複数》 』】━━、多くのケース《複数》では、医者《複数》 は 代わりに¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=実施する_【・*を |*←〈一つの〉_センチネル`リンパ節`生検_、、《[ この]生検 は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉方法{ ∬ (する)ことの}¨ ⌒〔 ∬=知る_[『 』(→右記)であるか否かを… |『 がん  が 拡大して在る--【・*に |*←_リンパ節_《複数》 』(か否かを)】--【 ∬ (する)こと無しに | ∬=_切除_する_【・*を |*←全ての_リンパ節_《複数》 】》 】┏┓。

--【・*に於いて… |*←この手順】━━、〈その〉外科医 は 発見し、_切除_する_【・*を |*←〈その〉「センチネル_リンパ節_」《 〈その〉最初の_リンパ節_《複数》{ その中へ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==〈一つの〉_腫瘍_から排液される】━━、そして、〈その〉¨¨_リンパ節_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==最も¨ ∬ ¨しそうである 【 ∬=含む_【・*を |*←_がん細胞《複数》_--【・もし『 』なら…|『 _がん細胞《複数》_ が 開始して在る_【 ∬ (する)ことを | ∬=拡大する 】 』】 》 】┏┓。    --【 ∬ (する)ことのために | ∬=する_【・*を |*←左記のこと 】━━、〈その〉外科医 は 注射する_【・*を |*←〈一つの〉_放射性`物質、や、青色の色素--【・*の中へ |*←■_〈その〉領域{☆の周囲の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_腫瘍_】|-又は-|■_皮膚{☆の上の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_腫瘍_ 】┏┓。    _リンパ管《複数》 は ¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=運ぶ_【・*を |*←これらの物質《複数》--【・*の中へ |*←〈その〉_センチネル`リンパ節_《複数》--【・*にわたり |*←それから数時間《複数》 】┏┓。    〈その〉医者 は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=■_使用する_【・*を |*←〈一つの〉特殊な器具--【 ∬ (する)ことのために | ∬=検出する_【・*を |*←〈その〉放射活性{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_リンパ節_《複数》{ その中へ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==〈その〉_放射性`物質《複数》 が 流入する 】|-又は-|■_探す_【・*を |*←_リンパ節_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==変色して在る_(・*に |*←青色 】┏┓。《 これらの手順《複数》_は ¨※¨である 【・※←別個の方法《複数》{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=発見する_【・*を |*←_センチネル`リンパ節_ 】━━、しかし、これらの手順《複数》 は しばしば一緒に実施される--【・*として |*←〈一つの〉ダブルチェック 》    〈その〉医者 は それから 切開する_【・*を |*←〈その〉皮膚{☆の上の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉領域】━━、そして、_切除_する_【・*を |*←〈その〉_リンパ節_《複数》 】┏┓。    これらの_リンパ節_《複数》《 しばしば 2 〜 3 個 》━━ は それから 注意深く 観察される--【・*により |*←〈その〉病理担当医 】┏┓。

--【・もし『 』なら…|『¨※¨は 存在しない 【・※← がん (否定)--【・*の中に |*←〈その〉_センチネル`リンパ節_《複数》 』】━━、それ《=『 』ということ(右記)》━━は 非常に ありそうにない……【・=『〈その〉 がん  が 拡大して在る--【・*へ |*←_その他の__リンパ節_《複数》 』━━、 従って 、〔何も無い( no )_更なる__リンパ節__切除_ 〕━━ が 必要とされる(の否定)┏┓。    そして、 〈その〉_患者さん_ は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=回避する_【・*を |*←〈その〉_潜在的__副作用_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉全 _腋窩(腋の下)`リンパ節`摘除_《 _副作用_については上記参照のこと 》 】┏┓。

--【・もし『 』なら…|『〈その〉_センチネル`リンパ節_《複数》_が 持つ_【・*を |*← がん 』】━━、〈その〉外科医 は ¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=実施する_【・*を |*←〈一つの〉全 _腋窩(腋の下)`リンパ節`摘除_--【 ∬ (する)ことのために | ∬=チェックする_【・*を |*←『どれだけの数の_その他の__リンパ節_ が 巻き込まれているのか 』 】┏┓。    このこと は ¨ ∬ ¨(される)ことがある 【 ∬=実施される--【・_センチネル`リンパ節_生検 と同時に 、又は、 その数日後に 】┏┓。    〈その〉タイミング は ¨※¨によって異なってくる【・※←『どれだけ容易に 〈その〉 がん  が ¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=見られる--【・*の中に |*←〈その〉_リンパ節_--【・*の時点で |*←_外科手術_ 』 】┏┓。    --【・もし『 』なら…|『それ《=『 』ということ(右記)》━━が明らかである……【・=『〈その〉_センチネル`リンパ節_ が 含む_【・*を |*← がん 』】━━、〈その〉外科医 は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=実施する_【・*を |*←〈一つの〉_腋窩(腋の下)`リンパ節`摘除_--【・直ちに 】┏┓。    しかし、それ以外の場合、〈その〉 がん  は ¨ ∬ ¨(される)ことがある 【 ∬=ようやく発見される--【・*により |*←本格的な 顕微鏡`観察{☆による}¨ ⌒〔 ☆←〈一人の〉病理担当医】--【・『 』の後に…|『〈その〉_センチネル`リンパ節`生検_ が 実施された 』】┏┓。

〈一つの〉_センチネル`リンパ節`生検__は ¨※¨ではない 【・※←常に適切(の否定) 】┏┓。    それ_は ¨※¨である 【・※←最も好適--【・『 』の場合に…|■_¨※¨が 存在する 【・※←〈一つの〉単一の 直径 5cm 未満の_腫瘍_--【・*に |*←〈その〉_乳房部_】|-且つ-|■_何も無い( no )_化学療法_ 、又は、 _ホルモン療法_ 〕 が 実施されて在る(の否定)|-且つ-|■_〈その〉_リンパ節_ が ¨ ∬ ¨しない 【 ∬=大きくなっていると思われる (の否定)】┏┓。

_センチネル`リンパ節`生検_ は 必要とする_【・*を |*←高度の熟練 】┏┓。    それ は ¨ ∬ ¨(される)べきである 【 ∬=実施される--【・*によってだけ |*←〈一つの〉_外科チーム{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==持つ_【・*を |*←経験{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←この技術 】┏┓。    --【・もし『 』なら…|『_患者さん_ が 考えている_【 ∬ (する)ことを | ∬=受ける_【・*を |*←この タイプの生検 】 』】━━、尋ねること--【・*に |*←_治療_チーム_[『 』(→右記)であるか否かを… |『 彼ら が 行っている_【・*を |*←_センチネル`リンパ節`生検_--【・定常的に 』(か否かを)] 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )
「英文原題」=Sentinel lymph node biopsy (SLNB)

******************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_乳房部_再建術


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
******************************

--【・*に続き… |*←〈一つの〉_乳房部_切除術_《 又は、何らかの _乳房部_温存手術《複数》 》】━━、〈一人の〉_患者さん_ は ¨ ∬ ¨(する)かも知れない 【 ∬=希望する_【 ∬ (する)ことを | ∬=考慮する_【 ∬ (する)ことを | ∬=再建してもらう_【・*を |*←_乳房部_マウンド 】__ : __このこと は ¨※¨と呼ばれる【・※←_乳房部_再建術 】┏┓。    これらの手順《複数》 は 実施されるわけではない--【 ∬ (する)ことのために | ∬=治療する_【・*を |*← がん 】━━、そうではなくて、--【 ∬ (する)ことのために | ∬=回復する_【・*を |*←〈その〉_乳房部_の 外観--【・*の後に |*←_外科手術_ 】┏┓。    --【もし『 』なら…|『_患者さん_ が 受けることになっている_【・*を |*←_乳房部_手術】━━、そして、考えている_【 ∬ (する)ことを | ∬=受ける_【・*を |*←_乳房部_再建術 】 』】━━、それ《 ∬ すること(右記)》━━は 重要である……∬=相談する--【・*と |*←〈一人の〉_形成`外科医_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==¨※¨である 【・※←〈一人の〉エキスパート{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_乳房部_再建術 】--【・*の前に |*←_外科手術_ 】┏┓。

決定《複数》{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←■_タイプ{☆の}¨ ⌒〔 ☆←再建術】|-及び-|■_再建術実施 の タイミング】━━ は ¨※¨によって異なってくる【・※←個々の_患者さん_の医学的 状況 、及び、 個人的な 優先順位《複数》 】┏┓。    _患者さん_ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=持つ_【・*を |*←〈一つの〉選択{☆の間の}¨ ⌒〔 ☆←_乳房部__切除術_と 同時の 再建術 実施 、又は、 後日の 再建術実施 】┏┓。    ¨※¨が 存在する 【・※←いくつかのタイプの 再建術 】┏┓。    いくつかのタイプでは、使用する_【・*を |*←生理食塩水 、又は、 シリコン`インプラント《複数》】━━、その一方では、_その他の_タイプ は 使用する_【・*を |*←組織《複数》{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←_患者さん_の身体の _その他の_箇所《複数》《 自家`組織`再建 》 】┏┓。

--【・*に関しては… |*←〈その〉さまざまな再建_選択肢_《複数》】━━、参照されたい_【・*を |*← ACS の文書「_乳房部__切除_後 の _乳房部_再建」(*) 】┏┓。    _患者さん_ は 、また、¨ ∬ ¨しても良いかも知れない 【 ∬=話す--【・*と |*←〈一人の〉女性{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==受けたことがある_【・*を |*←_患者さん_が考慮中のタイプの再建術 】┏┓。

(*)原文には、当該文書へのリンクが設定されています。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )
「英文原題」=Reconstructive surgery

******************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

外科手術_で 何を予想すべきか


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
******************************

以下のような項目で、乳がん の 手術につき 一般的説明が 記述されています。内容自体については、原文をお読みください。

◇手術_前
◇_外科手術_
◇手術 後
◇_乳房部`切除`後`疼痛`症候群_


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )
「英文原題」=What to expect with surgery、 Post-mastectomy pain syndrome

******************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

放射線`療法


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
******************************

〔 _外部線源`放射線療法_ 〕


これ_は ¨※¨である 【・※←〈その〉最も_一般普通的_なタイプ{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_放射線`療法_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_ 】┏┓。    〈その〉_放射線_ は 焦点を当てられる--【・*から |*←〈一つの〉身体 の 外にあるマシン--【・*へ |*←〈その〉領域{ ∬ ((を)した)}¨ ⌒〔 ∬=罹患した--【・*に |*←〈その〉 がん 】┏┓。

程度{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_放射線_】━━ は ¨※¨によって異なってくる【・※←■__[『 』(→右記)のいずれであるか… |『 〈一つの〉_ランペクトミー_ 、又は、 _乳房部_切除術_ が 実施された 』(のいずれであるか)]】|-そして-|■_『 』(→右記)であるか否か… |『 _リンパ節_《複数》 が 巻き込まれている( つまり、_リンパ節_《複数》に がん が拡大している ) 』(か否か)] 】┏┓。    --【『 』の場合…|『〈一つの〉_ランペクトミー_ が 実施された 』】━━、〈その〉_乳房部_全体 が 受ける_【・*を |*←_放射線_】━━、そして、〈一つの〉追加の 補強用 _放射線_ が _投与_される--【・*に |*←〈その〉_乳房部_領域{そこで ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==〈その〉 がん  が _切除_された 】--【 ∬ (する)ことのために | ∬=_予防_する_【・*を |*← がん _再発_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉領域 】┏┓。    --【・*によっては… |*←¨¨サイズ 、及び、 程度{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉 がん 】━━、_放射線_ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=含む_【・*をも |*←〈その〉胸壁 、及び、 腋の下領域 】┏┓。    --【・*に於いては… |*←いくらかのケース《複数》】━━、〈その〉_放射線_照射 領域 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=含む_【・*をも |*←_鎖骨上`リンパ節_《複数》《 鎖骨の上方にある_リンパ節_《複数》 》 、及び、 _内胸`リンパ節_《複数》《 胸骨の下で、胸部の中央にある_リンパ節_《複数》 》 】┏┓。

--【『 』の場合…|『実施される--【・*の後に |*←_外科手術_ 』】━━、_外部線源`放射線療法_ は 通常 開始されない--【『 』までは…|『〈その〉組織《複数》 が 可能になって在る_【 ∬ (する)ことが | ∬=回復する--【・*の間 |*←約 1 ヶ月間 】 』】┏┓。    --【『 』の場合…|『_化学療法_ も ¨ ∬ ¨(される)予定である 【 ∬=実施される 』】━━、_放射線`療法_ は 通常 遅らされる--【『 』まで…|『_化学療法_ が 終了する 』】┏┓。

--【『 』の前に…|『_治療_ が 開始される 』】━━、〈その〉_放射線_チーム は ¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=実施する_【・*を |*←注意深い 測定《複数》--【 ∬ (する)ことのために | ∬=決める_【・*を |*←■_〈その〉正確な 角度《複数》{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=狙う_【・*を |*←〈その〉_放射線_ビーム《複数》 】|-そして-|■_〈その〉適切な_放射線__用量_ 】┏┓。    当該チーム は ¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=つける_【・*を |*←¨¨いくらかのインク・マーク《複数》 、又は、 小さなタトゥー《複数》{ ¶ ところの}--【・*に於ける |*←_患者さん_の皮膚⌒〔 ¶==当該チーム が ¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=後になって使用する--【 ∬ (する)ことのために | ∬=焦点を当てる_【・*を |*←〈その〉_放射線_--【・*の上に |*←〈その〉正しい領域 】┏┓。    _患者さん_《複数》 は ¨ ∬ ¨しても良いであろう 【 ∬=話す--【・*と |*←_治療_チーム--【 ∬ (する)ことのために | ∬=明らかにする_[『 』(→右記)であるか否かを… |『 これらのマーク《複数》 が ¨ ∬ ¨(である)であろう 【 ∬=¨※¨である 【・※←恒久的 』(か否かを)】┏┓。

ローション《複数》、パウダー《複数》、脱臭剤《複数》 、及び、 制汗薬《複数》 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=邪魔になる--【・*に |*←_外部線源`放射線療法_】━━、それで、_治療_チーム は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=指示する--【・▽が¨ ∬ ¨しないように||▽←_患者さん《複数》_| ∬=使用しない_【・*を |*←_左記の_もの《複数》--【『 』の前に…|『_治療_《複数》 が 終了する 』】┏┓。

_外部線源`放射線療法__は ¨※¨である 【・※←良く似ている_--〔・*に |*← X −線検査】━━、しかし、〈その〉_放射線__は ¨※¨である 【・※← より強力 】┏┓。    〈その〉_治療_そのもの_は ¨※¨である 【・※←無痛 】┏┓。    各回の_治療_ は 必要とする_【・*を |*←わずかに数分間】、--【『 』であるが…|『〈その〉準備時間《 _患者さん_が実際の_治療_を受けられるようにするまでの時間 》__ は 通常 必要とする_【・*を |*← より長時間 』】┏┓。

〈その〉最も_一般普通的_なスケジュール{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==_乳房部__放射線`療法_ が 実施される 】━━_は ¨※¨である 【・※← 1 週間に 5 日間《 月曜日から金曜日まで 》で、約 6 週間 】┏┓。

〔 _加速`乳房部`照射 〕


〈その〉_標準的_アプローチ{ ∬ (する)という}¨ ⌒〔 ∬=実施する_【・*を |*←_外部線源`放射線療法_--【・1 週間に 5 日間で多週間に わたり 】━━ は ¨ ∬ ¨(である)ことがある 【 ∬=¨※¨である 【・※←不便_--〔・*のために |*←多く の _患者さん《複数》_ 】┏┓。    いくらかの医者《複数》 は 今や 使用しつつある_【・*を |*←_その他の_スケジュール《複数》《 --【・*のような |*← ∬ すること | ∬=照射する_【・*を |*←わずかに より大きな線量の 日_用量_--【・*にわたり |*←わずかに 3 週間 __ : __このスケジュール は ¨ ∬ ¨(する)ようである 【 ∬=効果がある--【・_標準的_スケジュールと同様に 》 】┏┓。    _投与_する_【・*を |*←_放射線_--【・ より大きな線量で_【 ∬ して | ∬=使用して_【・*を |*← より少ない_治療_回数《複数》 】━━ は 呼ばれる--【・*と |*←「低分割 _放射線`療法_】 】┏┓。

より新しいアプローチ《複数》{ ∬ (されている)}¨ ⌒〔 ∬=現在_研究_されている 】━━ は 含む_【・*を |*← ∬ すること | ∬=実施する_【・*を |*←_放射線`療法_--【・*にわたり |*←更に より 短い 期間 】┏┓。    --【・*に於いては… |*←〈一つの〉アプローチ】━━、 より大きな_放射線__用量_《複数》 が 照射される--【・毎日】━━、しかし、〈その〉照射コース は 短縮される--【・*に |*←わずかに 5 日間 】┏┓。    --【・*に於いては… |*←もう一つのアプローチ《 _術中`放射線`療法(IORT)_と呼ばれるもの 》】━━、〈一つの〉単一の 大_用量_の_放射線_ が 照射される--【・*に於いて |*←〈その〉手術室--【・*の直後に |*←_ランペクトミー_《 _乳房部_の 切開部 が 閉じられるよりも前に 》 】┏┓。

_その他の_タイプの 加速`照射《複数》 が 記述される--【・*に於いて |*←〈その〉セクション{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←_近接`照射`療法_ 】┏┓。    それ《=『 』ということ(右記)》━━が 望まれている……【・=『これらの より新しいアプローチ《複数》 が ¨※¨であると分かる【・※←少なくとも 同等_--〔・*に |*←〈その〉_現行の_、_標準的_な_乳房部_照射 』 】━━、しかし、ほとんど無い※ |※←_研究《複数》_ ━━ が 実施されて在る--【 ∬ (する)ことのために | ∬=比較する_【・*を |*←これらの新しい方法《複数》--【・直接に--【・*と |*←_標準的_な_放射線`療法_ 】┏┓。    それ《=『 』ということ(右記)》━━は 知られていない……【・=[『 』(→右記)であるか否か… |『 〈その〉 より新しい方法《複数》 が ¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=依然として¨※¨である 【・※←同等に適切--【・*として |*←_標準的__放射線`療法_--【・*の後に |*←多くの年数 』(か否か)] 】┏┓。    この理由から、 多く の 医者《複数》 は 依然として 見なしている--【・*を § であると ||*←それらのタイプの_放射線`療法_| § ←実験段階の方法《複数》--【・現時点では 】┏┓。    ¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==興味がある--【・*に |*←これらのアプローチ《複数》 】━━ は ¨ ∬ ¨しても良いであろう 【 ∬=求める_【・*に |*←彼らの主治医_【 ∬ (する)ことを | ∬=参加する_【・*に |*←進展中の_臨床試験_《複数》_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←加速`_乳房部_`照射 】┏┓。

- _3 次元`原体照射法(3D-CRT)_ -


--【・*に於いて… |*←この技術】━━、〈その〉_放射線_ は _投与_される--【・*により |*←特殊なマシン《複数》--【『 』であるように…|『その_放射線_ が 照射される--【・ より良好に--【・*に |*←〈その〉領域{そこで ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==〈その〉_腫瘍_ が 存在している 】 』】┏┓。    このこと は 可能にさせる--【・▽が¨ ∬ ¨されるように||▽← より多くの 健常な_乳房部_組織| ∬=温存される 】┏┓。    _治療_《複数》 は 実施される--【・1 日に 2 回で 5 日間 】┏┓。

〔 _外部線源`放射線療法_の 可能的な_副作用_《複数》 〕


〈その〉主要な 短期的な _副作用_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_外部線源`放射線療法_】━━_は ¨※¨である 【・※←腫れ、や、重苦しさ{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_乳房部_】日焼け のような 皮膚 変化《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_治療_領域】_疲労感_ 】┏┓。    _治療_チーム は ¨ ∬ ¨(する)かも知れない 【 ∬=勧める--【・▽が¨ ∬ ¨するように||▽←_患者さん《複数》_| ∬=避ける_【 ∬ (する)ことを | ∬=曝露する_【・*を |*←_治療_された箇所の皮膚--【・*に |*←日光 】--【『 』の理由で…|『日光への曝露 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=悪化させる_【・*を |*←皮膚 変化《複数》 』】┏┓。    変化《複数》{☆への}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_乳房部_組織 、及び、 皮膚】━━ は 通常 消失する--【・*以内に |*← 6 〜 12 ヶ月間 】┏┓。

--【・*に於いて… |*←いくらかの_患者さん《複数》_】━━、〈その〉_乳房部_ は ¨※¨となる【・※← より小さく、固い--【・*の後に |*←_放射線`療法_ 】┏┓。     ∬ すること | ∬=受ける_【・*を |*←_放射線`療法_ ━━ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=影響する_【・*に |*←当該_患者さん_のチャンス{ ∬ (する)ことの}¨ ⌒〔 ∬=受ける_【・*を |*←_乳房部_再建術 】┏┓。    _放射線`療法_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_腋の下`リンパ節_《複数》】━━も ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=引き起こす_【・*を |*←_リンパ浮腫_ 】┏┓。

--【・*に於いて… |*←稀なケース《複数》】━━、_放射線`療法_ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=弱める_【・*を |*←〈その〉肋骨《複数》】、《このこと は ¨ ∬ ¨(する)ことの可能性がある 【 ∬=導く--【・*へ |*←〈一つの〉_骨折_》 】┏┓。    過去に於いては、¨一部{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉肺《複数》 、及び、 心臓】━━ は  より¨ ∬ ¨しやすかった 【 ∬=受ける_【・*を |*←いくらかの_放射線_】、《このこと は ¨ ∬ ¨(する)ことの可能性があった 【 ∬=導く--【・*へ |*←_長期的_ダメージ{☆の}¨ ⌒〔 ☆←これらの臓器《複数》》--【・*に於いて |*←いくらかの_患者さん《複数》_ 】┏┓。    最新の _放射線`療法_装置 は 可能にさせる--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←医者《複数》| ∬= より良好に 焦点を合わせる_【・*を |*←_放射線_ビーム《複数》 】━━、従って、これらの問題《複数》_は ¨※¨である 【・※←稀--【・最近は 】┏┓。

〈一つの〉非常に稀な_合併症_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_放射線`療法_{☆への}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_乳房部_】━━_は ¨※¨である 【・※←発生{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_二次的_な がん {☆と呼ばれる}¨ ⌒〔 ☆←_血管肉腫_《 参照されたい_【・*を |*←「_乳がん_とは 何か?」の項目(*) 】┏┓。    これらの 稀な がん 《複数》 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=成長し、拡大する--【・急速に 】┏┓。

(*)原文には、当該文書へのリンクが設定されています。

〔 _近接`照射`療法_ 〕


_近接`照射`療法_《 _内部`放射線`療法_とも呼ばれる 》━━_は ¨※¨である 【・※←もう一つの方法{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=患部`供給する_【・*を |*←_放射線`療法_ 】┏┓。    --【 ∬ (する)ことの代わりに | ∬=照射する_【・*を |*←_放射線_ビーム《複数》--【・*から |*←身体の外 】━━、_放射性 の 種《複数》 、又は、 ペレット《複数》 が 設置される--【・直接*の中へ |*←〈その〉_乳房部_組織{§(の性質の)}¨ ⌒〔 §←隣接する_--〔・*に |*←〈その〉 がん 】┏┓。    _近接`照射`療法_ は しばしば 使用される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=追加する_【・*を |*←増強分の_放射線_--【・*に |*←〈その〉_腫瘍_箇所《 --【・*と併行して |*←_外部線源`放射線療法_{☆への}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_乳房部_全体 》 】、--【『 』であるが…|『それ は ¨ ∬ ¨(される)ことがある 【 ∬=使用される--【・それだけで 』】┏┓。    _腫瘍_サイズ、_腫瘍_箇所 、及び、 _その他の_要因《複数》 が ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=限定する_【・*を |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=受ける_【・*を |*←_近接`照射`療法_ 】┏┓。

¨※¨が 存在する 【・※←異なるタイプ《複数》の_近接`照射`療法_】《 以下のような 》 】┏┓。

- _腔内`近接`照射`療法_《 MammoSite® 》 -


この方法による_近接`照射`療法_ は 構成される--【・*から |*←〈一つの〉小さなバルーン{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=付けられた--【・*に |*←〈一つの〉細いチューブ 】┏┓。    〈その〉しぼんだバルーン は 挿入される--【・*の中へ |*←〈その〉スペース{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=残された--【・*により |*←〈その〉_ランペクトミー_ 】━━、そして、当該バルーン は 満たされる--【・*により |*←〈一つの〉食塩水 】┏┓。  《 このこと は ¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=実施される■_--【・*の時点で |*←_ランペクトミー_】|-又は-|■_--【・*の後に |*←手術から 数週間 》    〈その〉バルーン 、及び、 チューブ は 設置されたままにされる--【・*を通じて |*←〈その〉_治療_《 チューブ末端 は _乳房部_から 突き出た状態で 》 】┏┓。    1 日に 2 回、放射能源 が 注入される--【・*の中へ |*←バルーン内部--【・*を通って |*←〈その〉チューブ】━━、そして、その後、当該 放射能源 は 除去される┏┓。    このこと が 実施される--【・*にわたり |*← 5 日間--【・*として |*←〈一つの〉外来 _治療_ 】┏┓。    〈その〉バルーン は その後 しぼめられ、除去される┏┓。    このシステムは 持つ_【・*を |*←商品名 Mammosite® 】┏┓。    このタイプの_近接`照射`療法_ は 、また、¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=見なされる--【・*と |*←一種の 加速`乳房部_照射 】┏┓。    --【・*と同様に… |*←_その他の_タイプ の 加速_乳房部_照射】━━、¨※¨は 存在しない 【・※←_研究《複数》_(否定)∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=比較する_【・*を |*←_結果状況_《複数》{☆による}¨ ⌒〔 ☆←このタイプの_放射線`療法_--【・直接に*と |*←_標準的_な_外部線源`放射線療法_ 】┏┓。    それ《=『 』ということ(右記)》━━は 知られていない……【・=『〈その〉_長期的__結果状況_《複数》 が ¨ ∬ ¨(である)であろう 【 ∬=¨※¨である 【・※←同様に良好 』 】┏┓。

- _組織内`照射法_ -


--【・*に於いて… |*←このアプローチ】━━、いくつかの小さな、中空の チューブ《複数》《 カテーテル《複数》 》__ が 挿入される--【・*の中に |*←〈その〉_乳房部_{☆の周囲の}¨ ⌒〔 ☆←_ランペクトミー_の領域】━━、そして、それら は 設置したままにされる--【・*にわたり |*←数日間 】┏┓。    放射性のペレット《複数》 が 挿入される--【・*の中に |*←〈その〉カテーテル《複数》--【・*の間 |*←毎日 短時間】━━、そして、それら は 除去される┏┓。    この方法による_近接`照射`療法_ は 使われて在る--【・ より長い間】《 そして、 持つ_【・*を |*← より多くの証拠{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=サポートする_【・*を |*←このアプローチ 】 》━━、しかし、それ は もはや それほどは 使用されない┏┓。

- _近接`照射`療法_の 使われ方 -


--【『 』の一方で…|『これらの方法《複数》 は 時として使用される--【・*として |*←方法《複数》{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=追加する_【・*を |*←〈一つの〉増強{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_放射線_{☆への}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_腫瘍_箇所 《 --【・*と一緒に |*←_外部線源`放射線療法_{☆への}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_乳房部_全体 》】━━、これらの方法《複数》 は 、また、_研究_されつつある--【・*に於いて |*←_臨床試験_《複数》_--【・*として |*←〈その〉唯一の_放射線_ソース{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==受けた_【・*を |*←_ランペクトミー_ 】┏┓。    この意味で、これらの方法《複数》 は ¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=見なされる【・※であると|※←タイプ《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_加速`部分乳房部`照射 】┏┓。    _早期__結果《複数》_ は ¨※¨であってきて在る 【・※←_有望的_】━━、しかし、_長期的__結果《複数》__は 未だ¨※¨ではない 【・※←入手可能的】━━、そして、それ《=『 』かどうか(右記)》━━は 明らかでない……【・= ∬ すること | ∬=照射する_【・*を |*← がん の周囲領域だけ ━━ が ¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=低下させる_【・*を |*← がん の_再発_--【・*と同等に |*←_乳房部_全体への_放射線_照射 』(かどうか) 】┏┓。    ¨結果《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_研究_《複数》{ ∬ (されつつある)}¨ ⌒〔 ∬=現在 実施されつつある 】━━ が おそらく 必要とされるであろう--【『 』の前に…|『 より多くの医者《複数》 が 推奨する_【・*を |*←_加速`部分乳房部`照射《 APBI 》_--【・*として |*←〈一つの〉_標準的__治療__選択肢_ 』】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )American Cancer Society )(最新 医学レビュー 09/18/2009)(最新 改訂 09/18/2009)
「英文原題」=Detailed Guide: Breast Cancer  Radiation Therapy

******************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

概観


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
******************************

_放射線`療法__は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉_治療_{☆による}¨ ⌒〔 ☆←¨¨高エネルギーの ビーム《複数》 、又は、 粒子《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==破壊する_【・*を |*←_がん細胞《複数》_ 】┏┓。    この_治療_ は ¨ ∬ ¨(される)ことがある 【 ∬=使用される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=殺す_【・*を |*←如何なる_がん細胞《複数》_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==残存している--【・*に |*←〈その〉_乳房部_、胸壁 、又は、 腋の下_の領域--【・*の後に |*←_乳房部_温存手術 】┏┓。    _放射線`療法_ は 、また、¨ ∬ ¨(される)ことがある 【 ∬=必要とされる--【・*の後に |*←_乳房部_切除術_--【『 』の場合に…|■_ がん のサイズ_が ¨※¨である 【・※← 5cm 超 】|-又は-|■_ がん  が 見出される--【・*の中に |*←〈その〉_リンパ節_《複数》』】┏┓。

¨※¨が 存在する 【・※← 2 つの主要な 方式《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==_放射線`療法_ が ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=実施される 】┏┓。 :

《以降のセクションで記述されています》


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )
「英文原題」=Detailed Guide: Breast Cancer  Radiation Therapy

******************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_外部線源`放射線療法_、_近接`照射`療法_


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
******************************

〔 _外部線源`放射線療法_ 〕


これ_は ¨※¨である 【・※←〈その〉最も_一般普通的_なタイプ{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_放射線`療法_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_ 】┏┓。    〈その〉_放射線_ は 焦点を当てられる--【・*から |*←〈一つの〉身体 の 外にあるマシン--【・*へ |*←〈その〉領域{ ∬ ((を)した)}¨ ⌒〔 ∬=罹患した--【・*に |*←〈その〉 がん 】┏┓。

程度{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_放射線_】━━ は ¨※¨によって異なってくる【・※←■__[『 』(→右記)のいずれであるか… |『 〈一つの〉_ランペクトミー_ 、又は、 _乳房部_切除術_ が 実施された 』(のいずれであるか)]】|-そして-|■_『 』(→右記)であるか否か… |『 _リンパ節_《複数》 が 巻き込まれている( つまり、_リンパ節_《複数》に がん が拡大している ) 』(か否か)] 】┏┓。    --【『 』の場合…|『〈一つの〉_ランペクトミー_ が 実施された 』】━━、〈その〉_乳房部_全体 が 受ける_【・*を |*←_放射線_】━━、そして、〈一つの〉追加の 補強用 _放射線_ が _投与_される--【・*に |*←〈その〉_乳房部_領域{そこで ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==〈その〉 がん  が _切除_された 】--【 ∬ (する)ことのために | ∬=_予防_する_【・*を |*← がん _再発_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉領域 】┏┓。    --【・*によっては… |*←¨¨サイズ 、及び、 程度{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉 がん 】━━、_放射線_ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=含む_【・*をも |*←〈その〉胸壁 、及び、 腋の下領域 】┏┓。    --【・*に於いては… |*←いくらかのケース《複数》】━━、〈その〉_放射線_照射 領域 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=含む_【・*をも |*←_鎖骨上`リンパ節_《複数》《 鎖骨の上方にある_リンパ節_《複数》 》 、及び、 _内胸`リンパ節_《複数》《 胸骨の下で、胸部の中央にある_リンパ節_《複数》 》 】┏┓。

--【『 』の場合…|『実施される--【・*の後に |*←_外科手術_ 』】━━、_外部線源`放射線療法_ は 通常 開始されない--【『 』までは…|『〈その〉組織《複数》 が 可能になって在る_【 ∬ (する)ことが | ∬=回復する--【・*の間 |*←約 1 ヶ月間 】 』】┏┓。    --【『 』の場合…|『_化学療法_ も ¨ ∬ ¨(される)予定である 【 ∬=実施される 』】━━、_放射線`療法_ は 通常 遅らされる--【『 』まで…|『_化学療法_ が 終了する 』】┏┓。

--【『 』の前に…|『_治療_ が 開始される 』】━━、〈その〉_放射線_チーム は ¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=実施する_【・*を |*←注意深い 測定《複数》--【 ∬ (する)ことのために | ∬=決める_【・*を |*←■_〈その〉正確な 角度《複数》{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=狙う_【・*を |*←〈その〉_放射線_ビーム《複数》 】|-そして-|■_〈その〉適切な_放射線__用量_ 】┏┓。    当該チーム は ¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=つける_【・*を |*←¨¨いくらかのインク・マーク《複数》 、又は、 小さなタトゥー《複数》{ ¶ ところの}--【・*に於ける |*←_患者さん_の皮膚⌒〔 ¶==当該チーム が ¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=後になって使用する--【 ∬ (する)ことのために | ∬=焦点を当てる_【・*を |*←〈その〉_放射線_--【・*の上に |*←〈その〉正しい領域 】┏┓。    _患者さん_《複数》 は ¨ ∬ ¨しても良いであろう 【 ∬=話す--【・*と |*←_治療_チーム--【 ∬ (する)ことのために | ∬=明らかにする_[『 』(→右記)であるか否かを… |『 これらのマーク《複数》 が ¨ ∬ ¨(である)であろう 【 ∬=¨※¨である 【・※←恒久的 』(か否かを)】┏┓。

ローション《複数》、パウダー《複数》、脱臭剤《複数》 、及び、 制汗薬《複数》 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=邪魔になる--【・*に |*←_外部線源`放射線療法_】━━、それで、_治療_チーム は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=指示する--【・▽が¨ ∬ ¨しないように||▽←_患者さん《複数》_| ∬=使用しない_【・*を |*←_左記の_もの《複数》--【『 』の前に…|『_治療_《複数》 が 終了する 』】┏┓。

_外部線源`放射線療法__は ¨※¨である 【・※←良く似ている_--〔・*に |*← X −線検査】━━、しかし、〈その〉_放射線__は ¨※¨である 【・※← より強力 】┏┓。    〈その〉_治療_そのもの_は ¨※¨である 【・※←無痛 】┏┓。    各回の_治療_ は 必要とする_【・*を |*←わずかに数分間】、--【『 』であるが…|『〈その〉準備時間《 _患者さん_が実際の_治療_を受けられるようにするまでの時間 》__ は 通常 必要とする_【・*を |*← より長時間 』】┏┓。

〈その〉最も_一般普通的_なスケジュール{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==_乳房部__放射線`療法_ が 実施される 】━━_は ¨※¨である 【・※← 1 週間に 5 日間《 月曜日から金曜日まで 》で、約 6 週間 】┏┓。

〔 _加速`乳房部`照射 〕


〈その〉_標準的_アプローチ{ ∬ (する)という}¨ ⌒〔 ∬=実施する_【・*を |*←_外部線源`放射線療法_--【・1 週間に 5 日間で多週間に わたり 】━━ は ¨ ∬ ¨(である)ことがある 【 ∬=¨※¨である 【・※←不便_--〔・*のために |*←多く の _患者さん《複数》_ 】┏┓。    いくらかの医者《複数》 は 今や 使用しつつある_【・*を |*←_その他の_スケジュール《複数》《 --【・*のような |*← ∬ すること | ∬=照射する_【・*を |*←わずかに より大きな線量の 日_用量_--【・*にわたり |*←わずかに 3 週間 __ : __このスケジュール は ¨ ∬ ¨(する)ようである 【 ∬=効果がある--【・_標準的_スケジュールと同様に 》 】┏┓。    _投与_する_【・*を |*←_放射線_--【・ より大きな線量で_【 ∬ して | ∬=使用して_【・*を |*← より少ない_治療_回数《複数》 】━━ は 呼ばれる--【・*と |*←「低分割 _放射線`療法_】 】┏┓。

より新しいアプローチ《複数》{ ∬ (されている)}¨ ⌒〔 ∬=現在_研究_されている 】━━ は 含む_【・*を |*← ∬ すること | ∬=実施する_【・*を |*←_放射線`療法_--【・*にわたり |*←更に より 短い 期間 】┏┓。    --【・*に於いては… |*←〈一つの〉アプローチ】━━、 より大きな_放射線__用量_《複数》 が 照射される--【・毎日】━━、しかし、〈その〉照射コース は 短縮される--【・*に |*←わずかに 5 日間 】┏┓。    --【・*に於いては… |*←もう一つのアプローチ《 _術中`放射線`療法(IORT)_と呼ばれるもの 》】━━、〈一つの〉単一の 大_用量_の_放射線_ が 照射される--【・*に於いて |*←〈その〉手術室--【・*の直後に |*←_ランペクトミー_《 _乳房部_の 切開部 が 閉じられるよりも前に 》 】┏┓。

_その他の_タイプの 加速`照射《複数》 が 記述される--【・*に於いて |*←〈その〉セクション{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←_近接`照射`療法_ 】┏┓。    それ《=『 』ということ(右記)》━━が 望まれている……【・=『これらの より新しいアプローチ《複数》 が ¨※¨であると分かる【・※←少なくとも 同等_--〔・*に |*←〈その〉_現行の_、_標準的_な_乳房部_照射 』 】━━、しかし、ほとんど無い※ |※←_研究《複数》_ ━━ が 実施されて在る--【 ∬ (する)ことのために | ∬=比較する_【・*を |*←これらの新しい方法《複数》--【・直接に--【・*と |*←_標準的_な_放射線`療法_ 】┏┓。    それ《=『 』ということ(右記)》━━は 知られていない……【・=[『 』(→右記)であるか否か… |『 〈その〉 より新しい方法《複数》 が ¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=依然として¨※¨である 【・※←同等に適切--【・*として |*←_標準的__放射線`療法_--【・*の後に |*←多くの年数 』(か否か)] 】┏┓。    この理由から、 多く の 医者《複数》 は 依然として 見なしている--【・*を § であると ||*←それらのタイプの_放射線`療法_| § ←実験段階の方法《複数》--【・現時点では 】┏┓。    ¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==興味がある--【・*に |*←これらのアプローチ《複数》 】━━ は ¨ ∬ ¨しても良いであろう 【 ∬=求める_【・*に |*←彼らの主治医_【 ∬ (する)ことを | ∬=参加する_【・*に |*←進展中の_臨床試験_《複数》_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←加速`_乳房部_`照射 】┏┓。

- _3 次元`原体照射法(3D-CRT)_ -


--【・*に於いて… |*←この技術】━━、〈その〉_放射線_ は _投与_される--【・*により |*←特殊なマシン《複数》--【『 』であるように…|『その_放射線_ が 照射される--【・ より良好に--【・*に |*←〈その〉領域{そこで ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==〈その〉_腫瘍_ が 存在している 】 』】┏┓。    このこと は 可能にさせる--【・▽が¨ ∬ ¨されるように||▽← より多くの 健常な_乳房部_組織| ∬=温存される 】┏┓。    _治療_《複数》 は 実施される--【・1 日に 2 回で 5 日間 】┏┓。

〔 _外部線源`放射線療法_の 可能的な_副作用_《複数》 〕


〈その〉主要な 短期的な _副作用_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_外部線源`放射線療法_】━━_は ¨※¨である 【・※←腫れ、や、重苦しさ{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_乳房部_】日焼け のような 皮膚 変化《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_治療_領域】_疲労感_ 】┏┓。    _治療_チーム は ¨ ∬ ¨(する)かも知れない 【 ∬=勧める--【・▽が¨ ∬ ¨するように||▽←_患者さん《複数》_| ∬=避ける_【 ∬ (する)ことを | ∬=曝露する_【・*を |*←_治療_された箇所の皮膚--【・*に |*←日光 】--【『 』の理由で…|『日光への曝露 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=悪化させる_【・*を |*←皮膚 変化《複数》 』】┏┓。    変化《複数》{☆への}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_乳房部_組織 、及び、 皮膚】━━ は 通常 消失する--【・*以内に |*← 6 〜 12 ヶ月間 】┏┓。

--【・*に於いて… |*←いくらかの_患者さん《複数》_】━━、〈その〉_乳房部_ は ¨※¨となる【・※← より小さく、固い--【・*の後に |*←_放射線`療法_ 】┏┓。     ∬ すること | ∬=受ける_【・*を |*←_放射線`療法_ ━━ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=影響する_【・*に |*←当該_患者さん_のチャンス{ ∬ (する)ことの}¨ ⌒〔 ∬=受ける_【・*を |*←_乳房部_再建術 】┏┓。    _放射線`療法_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_腋の下`リンパ節_《複数》】━━も ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=引き起こす_【・*を |*←_リンパ浮腫_ 】┏┓。

--【・*に於いて… |*←稀なケース《複数》】━━、_放射線`療法_ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=弱める_【・*を |*←〈その〉肋骨《複数》】、《このこと は ¨ ∬ ¨(する)ことの可能性がある 【 ∬=導く--【・*へ |*←〈一つの〉_骨折_》 】┏┓。    過去に於いては、¨一部{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉肺《複数》 、及び、 心臓】━━ は  より¨ ∬ ¨しやすかった 【 ∬=受ける_【・*を |*←いくらかの_放射線_】、《このこと は ¨ ∬ ¨(する)ことの可能性があった 【 ∬=導く--【・*へ |*←_長期的_ダメージ{☆の}¨ ⌒〔 ☆←これらの臓器《複数》》--【・*に於いて |*←いくらかの_患者さん《複数》_ 】┏┓。    最新の _放射線`療法_装置 は 可能にさせる--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←医者《複数》| ∬= より良好に 焦点を合わせる_【・*を |*←_放射線_ビーム《複数》 】━━、従って、これらの問題《複数》_は ¨※¨である 【・※←稀--【・最近は 】┏┓。

〈一つの〉非常に稀な_合併症_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_放射線`療法_{☆への}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_乳房部_】━━_は ¨※¨である 【・※←発生{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_二次的_な がん {☆と呼ばれる}¨ ⌒〔 ☆←_血管肉腫_《 参照されたい_【・*を |*←「_乳がん_とは 何か?」の項目(*) 】┏┓。    これらの 稀な がん 《複数》 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=成長し、拡大する--【・急速に 】┏┓。

(*)原文には、当該文書へのリンクが設定されています。

〔 _近接`照射`療法_ 〕


_近接`照射`療法_《 _内部`放射線`療法_とも呼ばれる 》━━_は ¨※¨である 【・※←もう一つの方法{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=患部`供給する_【・*を |*←_放射線`療法_ 】┏┓。    --【 ∬ (する)ことの代わりに | ∬=照射する_【・*を |*←_放射線_ビーム《複数》--【・*から |*←身体の外 】━━、_放射性 の 種《複数》 、又は、 ペレット《複数》 が 設置される--【・直接*の中へ |*←〈その〉_乳房部_組織{§(の性質の)}¨ ⌒〔 §←隣接する_--〔・*に |*←〈その〉 がん 】┏┓。    _近接`照射`療法_ は しばしば 使用される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=追加する_【・*を |*←増強分の_放射線_--【・*に |*←〈その〉_腫瘍_箇所《 --【・*と併行して |*←_外部線源`放射線療法_{☆への}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_乳房部_全体 》 】、--【『 』であるが…|『それ は ¨ ∬ ¨(される)ことがある 【 ∬=使用される--【・それだけで 』】┏┓。    _腫瘍_サイズ、_腫瘍_箇所 、及び、 _その他の_要因《複数》 が ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=限定する_【・*を |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=受ける_【・*を |*←_近接`照射`療法_ 】┏┓。

¨※¨が 存在する 【・※←異なるタイプ《複数》の_近接`照射`療法_】《 以下のような 》 】┏┓。

- _腔内`近接`照射`療法_《 MammoSite® 》 -


この方法による_近接`照射`療法_ は 構成される--【・*から |*←〈一つの〉小さなバルーン{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=付けられた--【・*に |*←〈一つの〉細いチューブ 】┏┓。    〈その〉しぼんだバルーン は 挿入される--【・*の中へ |*←〈その〉スペース{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=残された--【・*により |*←〈その〉_ランペクトミー_ 】━━、そして、当該バルーン は 満たされる--【・*により |*←〈一つの〉食塩水 】┏┓。  《 このこと は ¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=実施される■_--【・*の時点で |*←_ランペクトミー_】|-又は-|■_--【・*の後に |*←手術から 数週間 》    〈その〉バルーン 、及び、 チューブ は 設置されたままにされる--【・*を通じて |*←〈その〉_治療_《 チューブ末端 は _乳房部_から 突き出た状態で 》 】┏┓。    1 日に 2 回、放射能源 が 注入される--【・*の中へ |*←バルーン内部--【・*を通って |*←〈その〉チューブ】━━、そして、その後、当該 放射能源 は 除去される┏┓。    このこと が 実施される--【・*にわたり |*← 5 日間--【・*として |*←〈一つの〉外来 _治療_ 】┏┓。    〈その〉バルーン は その後 しぼめられ、除去される┏┓。    このシステムは 持つ_【・*を |*←商品名 Mammosite® 】┏┓。    このタイプの_近接`照射`療法_ は 、また、¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=見なされる--【・*と |*←一種の 加速`乳房部_照射 】┏┓。    --【・*と同様に… |*←_その他の_タイプ の 加速_乳房部_照射】━━、¨※¨は 存在しない 【・※←_研究《複数》_(否定)∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=比較する_【・*を |*←_結果状況_《複数》{☆による}¨ ⌒〔 ☆←このタイプの_放射線`療法_--【・直接に*と |*←_標準的_な_外部線源`放射線療法_ 】┏┓。    それ《=『 』ということ(右記)》━━は 知られていない……【・=『〈その〉_長期的__結果状況_《複数》 が ¨ ∬ ¨(である)であろう 【 ∬=¨※¨である 【・※←同様に良好 』 】┏┓。

- _組織内`照射法_ -


--【・*に於いて… |*←このアプローチ】━━、いくつかの小さな、中空の チューブ《複数》《 カテーテル《複数》 》__ が 挿入される--【・*の中に |*←〈その〉_乳房部_{☆の周囲の}¨ ⌒〔 ☆←_ランペクトミー_の領域】━━、そして、それら は 設置したままにされる--【・*にわたり |*←数日間 】┏┓。    放射性のペレット《複数》 が 挿入される--【・*の中に |*←〈その〉カテーテル《複数》--【・*の間 |*←毎日 短時間】━━、そして、それら は 除去される┏┓。    この方法による_近接`照射`療法_ は 使われて在る--【・ より長い間】《 そして、 持つ_【・*を |*← より多くの証拠{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=サポートする_【・*を |*←このアプローチ 】 》━━、しかし、それ は もはや それほどは 使用されない┏┓。

- _近接`照射`療法_の 使われ方 -


--【『 』の一方で…|『これらの方法《複数》 は 時として使用される--【・*として |*←方法《複数》{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=追加する_【・*を |*←〈一つの〉増強{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_放射線_{☆への}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_腫瘍_箇所 《 --【・*と一緒に |*←_外部線源`放射線療法_{☆への}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_乳房部_全体 》】━━、これらの方法《複数》 は 、また、_研究_されつつある--【・*に於いて |*←_臨床試験_《複数》_--【・*として |*←〈その〉唯一の_放射線_ソース{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==受けた_【・*を |*←_ランペクトミー_ 】┏┓。    この意味で、これらの方法《複数》 は ¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=見なされる【・※であると|※←タイプ《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_加速`部分乳房部`照射 】┏┓。    _早期__結果《複数》_ は ¨※¨であってきて在る 【・※←_有望的_】━━、しかし、_長期的__結果《複数》__は 未だ¨※¨ではない 【・※←入手可能的】━━、そして、それ《=『 』かどうか(右記)》━━は 明らかでない……【・= ∬ すること | ∬=照射する_【・*を |*← がん の周囲領域だけ ━━ が ¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=低下させる_【・*を |*← がん の_再発_--【・*と同等に |*←_乳房部_全体への_放射線_照射 』(かどうか) 】┏┓。    ¨結果《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_研究_《複数》{ ∬ (されつつある)}¨ ⌒〔 ∬=現在 実施されつつある 】━━ が おそらく 必要とされるであろう--【『 』の前に…|『 より多くの医者《複数》 が 推奨する_【・*を |*←_加速`部分乳房部`照射《 APBI 》_--【・*として |*←〈一つの〉_標準的__治療__選択肢_ 』】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )American Cancer Society )(最新 医学レビュー 09/18/2009)(最新 改訂 09/18/2009)
「英文原題」=Detailed Guide: Breast Cancer  Radiation Therapy

******************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他


_化学療法_


概観


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
******************************

_化学療法__は ¨※¨である 【・※←¨治療{☆による}¨ ⌒〔 ☆← がん を殺す _薬_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==¨ ∬ ¨(される)ことがある 【 ∬=_投与_される--【・静脈_注射_で 、又は、 _経口_で 】┏┓。    〈その〉_薬_《複数》 は 移動する--【・*を通って |*←_血液_循環--【・*へ |*←_がん細胞《複数》_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←身体の 大部分の箇所《複数》 】┏┓。    _化学療法_ は 実施される--【・サイクル《複数》の 形で《 つまり、同一内容を一定期間ごとに繰り返す 》】、《_治療_の 各回 が ¨ ∬ ¨されて…| ∬=後続される--【・*により |*←〈一つの〉回復期間 》 】┏┓。    _治療_ は 通常 続く--【・*にわたり |*←数ヶ月間 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(最新 医学レビュー 09/18/2009)(最新 改訂 09/18/2009)
「英文原題」=Detailed Guide: Breast Cancer  Chemotherapy

******************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

化学療法の実施タイミング


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
******************************

¨※¨が 存在する 【・※←いくつかの 状況《複数》{ その中で¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==_化学療法_ が ¨ ∬ ¨(される)ことがある 【 ∬=推奨される 】┏┓。

〔 _補助__化学療法_ 〕


_全身的`治療_{ ∬ (される)}¨ ⌒〔 ∬=実施される --【・*に |*←_患者さん《複数》_{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←〔何も無い( no )証拠 〕{☆の}¨ ⌒〔 ☆←がん 《 _外科手術_後に 》】━━ は ¨※¨と呼ばれる【・※←_補助療法_ 】┏┓。    --【『 』であるが…|『_外科手術_ は 使用される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=除去する_【・*を |*←全ての がん { ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=見られる 】 』】━━、_補助療法_ は 使用される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=殺す_【・*を |*←如何なる_がん細胞《複数》_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==¨ ∬ ¨(する)ことの可能性がある 【 ∬=残存している《 _外科手術_の 時に 見つけられずに 》 】┏┓。    _補助療法_{☆の後の}¨ ⌒〔 ☆←_乳房部_温存手術 、又は、 _乳房部__切除術_】━━ は 低下させる_【・*を |*←¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_ の _再発_ 】┏┓。    ※の両方 |※←_化学療法_ 、及び、 _ホルモン療法_ ━━ が ¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=使用される--【・*として |*←_補助療法_《複数》 】┏┓。

--【・*に於いてさえも… |*←_病気_の 早期】━━、_がん細胞《複数》_ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=■_分離する--【・*から |*←〈その〉_原発__腫瘍_】|-それから-|■_拡大していく--【・*を通って |*←_血液_循環 】┏┓。    これらの_がん細胞《複数》_ は ¨ ∬ ¨しない 【 ∬=引き起こす (の否定)_【・*を |*←_症状_《複数》】━━、そして、それら は ¨ ∬ ¨しない 【 ∬=現れる (の否定)--【・*の上に |*←画像`検査《複数》】━━、そして、それら は ¨ ∬ ¨(される)ことができない 【 ∬=感じられる--【・*の間に |*←〈一つの〉身体検査 】┏┓。    しかし、--【もし『 』なら…|『それらの_がん細胞《複数》_ が 許される_【 ∬ (する)ことを | ∬=成長する 】 』】━━、それら_がん細胞《複数》_ は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=確立する_【・*を |*←新しい_腫瘍_《複数》--【・*に於いて |*←身体 の 他の 箇所《複数》 】┏┓。    目的{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_補助__化学療法_】━━_は ∬ (する)ことである 【 ∬=殺す_【・*を |*←検出されなかった_がん細胞《複数》_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==移動して在る--【・*から |*←〈その〉_乳房部_ 】┏┓。

〔 _術前補助`化学療法_ 〕


_化学療法_{ ∬ (される)}¨ ⌒〔 ∬=実施される --【・*の前に |*←_外科手術_】━━ は ¨※¨と呼ばれる【・※←_術前`補助`療法_ 】┏┓。    しばしば、_術前`補助`療法_ は 使用する_【・*を |*←〈その〉同一の_化学療法_内容{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==使用される--【・*として |*←_補助療法_ 《 つまり、手術の前に実施か、後に実施かの差だけ 》 】┏┓。    --【・*の点では… |*←_生存_】━━、¨※¨は 存在しない 【・※←差異(否定){☆の間の}¨ ⌒〔 ☆← ∬ すること | ∬=実施する_【・*を |*←_化学療法_--【・_外科手術_の 前 】┏┓。    〈その〉主要な_利益_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_術前`補助`療法_】━━_は ¨『 』(右記)¨ということである『それ は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=縮小させる_【・*を |*←大きな_腫瘍_《複数》--【『 』であるように…|『それらの_腫瘍_《複数》 が ¨※¨である 【・※←十分に小さい_--〔 ∬ (される)ことのために | ∬=_切除_される--【・*により |*←_ランペクトミー_《 _乳房部__切除術_の 代わりに 》 】 』】 』 】┏┓。    もう一つの可能的な利点{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_術前補助`化学療法_】━━_は ¨『 』(右記)¨ということである『医者《複数》 が ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=確認する_【・*を |*←『どの程度 〈その〉 がん  が _反応_するであろうか?--【・*に |*←〈その〉_化学療法_ 』 】┏┓。    --【もし『 』なら…|『〈その〉_腫瘍_ が ¨ ∬ ¨しない 【 ∬=縮小する (の否定)】━━、〈その〉医者 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=試みる_【・*を |*←異なる_化学療法剤_《複数》 】┏┓。

〔 _進行期`乳がん__に対する__化学療法_ 〕


_化学療法_ は 、また、¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=使用される--【・*として |*←〈その〉主要な¨治療{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶== がん  が 既に 拡大して在る--【・*の外側に |*←〈その〉_乳房部_ 、及び、 腋の下 領域--【■_『 』の時点で…|『〈その〉 がん  が _診断_される 』】|-又は-|■_--【もし『 』なら…|『 がん  が 拡大する--【・*の後に |*←初回の_治療_《複数》 』】 】┏┓。    長さ{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_治療_】━━ は ¨※¨によって異なってくる【・※←以下のような要因《複数》】 :



(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(最新 医学レビュー 09/18/2009)(最新 改訂 09/18/2009)
「英文原題」=When is chemotherapy used?

******************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

化学療法の実際


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
******************************

--【・*に於いて… |*←大部分の場合《複数》《 特に_補助療法_ 、及び、 _術前`補助`療法_の場合 》】━━、_化学療法__は ¨※¨である 【・※←最も_効果的_--【『 』の場合…|『_併用_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←複数の_薬_《複数》】━━ が 使用される 』】┏┓。    多くの _併用__レジメン_《複数》 が 使用されている━━、そして、それ《=『 』ということ(右記)》━━は 明確になっていない……【・=『いずれかの 単一の_併用__レジメン__が ¨※¨である 【・※←明らかに ベスト 』 】┏┓。    _臨床_研究_《複数》 は 続けている_【 ∬ (する)ことを | ∬=比較する_【・*を |*←現在 最も_効果的_な_治療_《複数》--【・*に対して |*←別の_レジメン_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==¨ ∬ ¨(である)ことの可能性がある 【 ∬=¨※¨である 【・※← より良好 】┏┓。

¨いくつか{☆の}¨ ⌒〔 ☆←最も_一般普通的_に使用される_併用__レジメン_《複数》】━━_は ¨※¨である 【・※←以下のようなもの】 :

_その他の__化学療法剤_《複数》{ ∬ (される)}¨ ⌒〔 ∬=使用される --【 ∬ (する)ことのために | ∬=治療する_【・*を |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_ 】━━ は 含む_【・*を |*← cisplatin《 Platinol® 》、vinorelbine《 Navelbine® 》、capecitabine《 Xeloda® 》、ペギル化リポソーム doxorubicin《 Doxil® 》、gemcitabine《 Gemzar® 》、mitoxantrone、ixabepilone《 Ixempra® 》 、及び、 アルブミン−結合 paclitaxel《 Abraxane® 》 】┏┓。    〈その〉_分子標的`治療`薬_《複数》 Herceptin® 、及び、 Tykerb®__ が ¨ ∬ ¨(される)ことがある 【 ∬=使用される--【・*と共に |*←これらの_化学療法剤_《複数》--【・*のために |*←_腫瘍_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==¨※¨である 【・※← HER-2 / neu −_陽性_ 《 これらの_薬_《複数》 は ディスカスされる--【・ より詳細に--【・*に於いて |*←〈その〉「_分子標的`治療_」のセクション 》 】┏┓。

医者《複数》 は 実施する_【・*を |*←_化学療法_--【・*で |*←サイクルの形】《 それぞれの_治療_期間の後に、休薬期間を 設ける 》 】┏┓。    〈その〉_化学療法_ は 始まる--【・*に |*←最初の日{☆の}¨ ⌒〔 ☆←それぞれ の サイクル】━━、そして、その後、〈その〉身体 は 与えられる_【・*を |*←時間{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=回復する--【・*から |*←_化学療法_の 影響 】┏┓。    〈その〉_化学療法剤_《複数》 は その後、繰り返される《 次のサイクルの開始 》┏┓。    時間{☆の間の}¨ ⌒〔 ☆←_化学療法剤_の _投与_《複数》】━━_は ¨※¨である 【・※←_一般的に 2 、又は、 3 週間】━━、そして、それ は 異なる--【・*に従って |*←〈その〉_特定的な__化学療法剤_《複数》 、又は、 _併用__レジメン_《複数》 】┏┓。    いくらかの_薬_《複数》 は _投与_される--【・ より 頻繁に 】┏┓。    これらのサイクル《複数》 は _一般的に 続く--【・*にわたり |*←トータルの期間として 3 〜 6 ヶ月間《 _補助療法_として実施の場合 》】、--【・*によって異なってくるが |*←使用される_薬_《複数》 】┏┓。    _治療_ は ¨ ∬ ¨(である)ことがある 【 ∬=¨※¨である 【・※← より_長期的__--〔・*のためには |*←_進行期`乳がん_ 】┏┓。

〔 _投与`集中`化学療法_ 〕


医者《複数》 は 見出して在る_【・『 』ということを… | ∬ すること | ∬=実施する_【・*を |*←〈その〉_化学療法_サイクル--【・ より密着して ━━ は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=■_低下させる_【・*を |*←可能性{=『 』ということの(右記)}¨=『〈その〉 がん  が ¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=戻ってくる 』】|-そして-|■_改善する_【・*を |*←_生存_--【・*に於いて |*←いくらかの_患者さん《複数》_ 』 】┏┓。    このこと は 通常 意味している_【・『 』ということを… |『通常 は 3 週間ごとに実施される_化学療法__レジメン_《 例えば AC → T 》を 2 週間ごとに実施する 』 】┏┓。    加えるに、〈一つの〉_薬_《 _成長因子_ 》∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=助ける_【 ∬ (する)ことを | ∬=上昇させる_【・*を |*←_白血球_数 】━━ が _投与_される--【・*の後に |*←〈その〉_化学療法_--【 ∬ (する)ことのために | ∬=確実にする_【・『 』ということを… |『〈その〉_白血球_数 が 戻る--【・正常に--【・次のサイクルに間に合うように 』 】┏┓。    このアプローチ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=導く--【・*へ |*← より多くの_副作用_《複数》】━━、そして、それ_は ¨※¨である 【・※← より実施 が 困難】━━、従って、 それ は わずかに 使用される--【・*のために |*←_補助療法_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆← より高い可能性{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_再発_ 】┏┓。    _最近_、 このアプローチ が 、また、使用された--【・*のために |*←_術前`補助`療法_ 】┏┓。    ¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==_治療_された--【・ よりしばしば 】━━ は  _腫瘍_の 縮小が より顕著であった━━、そして、そのような_患者さん《複数》_ は ¨※¨であった 【・※← より傾向が少ない_【 ∬ (する)ことの | ∬= がん  が _再発_する 】━━、そして、_生存_した--【・ より_長期間--【・*よりも |*←〈その〉¨患者さん《複数》{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=_治療_された --【・3 週間ごとに】┏┓。

(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(最新 医学レビュー 09/18/2009)(最新 改訂 09/18/2009)
「英文原題」=How is chemotherapy given?

******************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

副作用


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
******************************

_化学療法剤_《複数》 は 効果を現わす--【 ∬ (する)ことにより | ∬=攻撃する_【・*を |*←_細胞《複数》_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==分裂しつつある--【・急速に 】━━、《 このこと が ¨※¨である 【・※←理由{=『 』ということの(右記)}¨=『それらの_薬_《複数》 が 効果を現す--【・*に対して |*←_がん細胞《複数》_ 』 】┏┓。    しかし、身体 の 中の_その他の__細胞《複数》_{☆のような}¨ ⌒〔 ☆←_細胞《複数》_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_骨髄_】粘膜{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉口腔 、及び、 腸《複数》】毛根《複数》━━ も 分裂する--【・急速に 】┏┓。    これらの_細胞《複数》_ は ¨ ∬ ¨(される)という傾向がある 【 ∬=影響される--【・*により |*←_化学療法_】《 このこと が ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=導く--【・*へ |*←_副作用_《複数》 》 】┏┓。    いくらかの_患者さん《複数》__は 持つ_【・*を |*←多くの_副作用_《複数》】--【『 』の一方で…|『_その他の__患者さん《複数》_ は 持つ_【・*を |*←少ない_副作用_《複数》 』】┏┓。

_副作用_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_化学療法_】━━ は ¨※¨によって異なってくる【・※←当該_薬_ の タイプ、 使用量、 _治療_期間の 長さ 】┏┓。    ¨¨いくつか{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉最も_一般普通的_な 可能的な _副作用_《複数》】━━ は 含む_【・*を |*←以下のようなもの】 :

これらの_副作用_《複数》 は ¨※¨である 【・※←通常 短期的】━━、そして、消失する--【『 』の後に…|『_治療_ が 終了する 』】┏┓。    それ《 ∬ すること(右記)》━━は 重要である……∬=知らせる--【・*に |*←_治療_チーム--【もし『 』なら…|『_患者さん《複数》_ が 持つ_【・*を |*←如何なる_副作用_《複数》 』】━━、--【『 』であることから…|『しばしば¨※¨が 存在する 【・※←方法《複数》{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=緩和する_【・*を |*←_副作用_《複数》 】 』】┏┓。    例えば、 _薬_《複数》 が ¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=_投与_される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=_予防_したり、緩和する_【・*を |*←_吐き気_ 、及び、 _嘔吐_ 】┏┓。

いくつかの_その他の__副作用_《複数》_が 、また、¨※¨である 【・※←_可能的_ 】┏┓。    ¨¨いくつか{☆の}¨ ⌒〔 ☆←これらの_副作用_《複数》】━━ は わずかに見られる--【・*により |*←特定の_化学療法剤_《複数》 】┏┓。    _治療_チーム は ¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=提供する_【・*に |*←_患者さん《複数》__【・*を |*←情報{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉可能的な_副作用_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_特定的な__薬_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==_患者さん《複数》_ が 受けている 】┏┓。

〔 月経`変化《複数》 〕


--【・*に於いて… |*← より_若年_の_患者さん《複数》_】━━、変化《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←月経`周期《複数》】━━_は ¨※¨である 【・※←もう一つの _可能的_な_副作用_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_化学療法_ 】┏┓。    _過度に早期の閉経 、及び、 不妊_症_は ¨※¨である 【・※←_可能的_な 恒久的な_合併症_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_化学療法_ 】┏┓。    いくつかの_化学療法剤_《複数》 は ¨ ∬ ¨(する)傾向が強い 【 ∬=このような_副作用_を持つ--【・*よりも |*←_その他の__薬_《複数》 】┏┓。    --【・#1であればあるほど…|#1←『_患者さん__が ¨※¨である 【・※← より_年配_ 』】━━、なおさら#2である#2『彼女 が ¨ ∬ ¨(する)傾向が強い 【 ∬=¨※¨となる【・※←閉経 、又は、 不妊 』--【・*の結果として |*←そのような_化学療法_ 】┏┓。    --【『 』の場合…|『このような_副作用_《複数》 が 起きる 』】━━、それ は 、また、¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=導く--【・*へ |*←急速な _骨損失_{☆による}¨ ⌒〔 ☆←_骨粗鬆症_ 】┏┓。    但し、ここでも、¨※¨が 存在する 【・※←_薬_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=助ける_【 ∬ (する)ことを | ∬=_予防_する_【・*を |*←この_可能的_な_副作用_ 】┏┓。

_患者さん《複数》_ は ¨ ∬ ¨(する)ことができない 【 ∬=頼る--【・*に |*←_化学療法_--【 ∬ (する)ことのために | ∬=防ぐ_【・*を |*←妊娠 】━━、そして、 ∬ すること | ∬=妊娠する--【 ∬ (している)間に∬=受けている_【・*を |*←_化学療法_ ━━ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=■_導く--【・*へ |*←先天性異常】|-そして-|■_干渉する_【・*に |*←_治療_ 】┏┓。    この理由から、それ《=『 』ということ(右記)》━━は 重要である……【・=『_閉経前の_¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==¨※¨である 【・※←性的に_活性的_ 】 が ディスカスする#←--【 ∬ (する)ことについて | ∬=使用する_【・*を |*←受胎調節 --←#【・*と |*←彼らの医者《複数》】 』 】┏┓。    それ《 ∬ すること(右記)》━━は _安全的_である……∬=持つ_【・*を |*←子供《複数》--【・*の後に |*←_化学療法_の終了 】━━、しかし、それ《 ∬ すること(右記)》━━は _安全的_ではない……∬=妊娠する--【・*の間に |*←_治療_期間 】┏┓。    --【『 』の場合…|『_患者さん《複数》__が ¨※¨である 【・※←妊娠している--【『 』の時に…|『_患者さん《複数》_ が 得た_【・*を |*←_乳がん_ 』】 』】━━、_患者さん《複数》_ は それでも¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=_治療_される 】┏┓。    _化学療法_ は ¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=_安全的_に 実施される--【・*の間に |*←〈その〉最後の 2 つの妊娠_3`半期_《複数》 】┏┓。

〔 _ニューロパシー_ 〕


いくつかの_薬_{ ∬ (される)}¨ ⌒〔 ∬=使用される --【 ∬ (する)ことのために | ∬=治療する_【・*を |*←_乳がん_ 】━━ は 、--【・*を含めて |*←タキサン系化学療法剤《複数》《 docetaxel 、及び、 paclitaxel 》、 _白金系`化学療法剤_《複数》《 carboplatin、cisplatin 》 、及び、 ixabepilone 】━━(は)¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=傷害する_【・*を |*←_神経_《複数》{☆の外の}¨ ⌒〔 ☆←脳や脊髄 】┏┓。    このこと は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=時として導く--【・*へ |*←_症状_《複数》《 主として手足 》{☆のような}¨ ⌒〔 ☆←無感覚、痛み、焼けるような 、又は、 刺すような 感覚《複数》、寒冷や熱への感受性、脱力感 】┏┓。    大部分の場合、これ は 消失する--【いったん『 』すると…|『_治療_ が 停止される 』】━━、しかし、それ は ¨ ∬ ¨(である)ことがある 【 ∬=¨※¨である 【・※←_長期間 _持続性--【・*に於いて |*←いくらかの_患者さん《複数》_ 】┏┓。

〔 心臓`障害 〕


Adriamycin®《 doxorubicin 》、epirubicin 、及び、 いくつかの_その他の__薬_《複数》 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=引き起こす_【・*を |*←恒久的な 心臓`障害--【もし『 』なら…|『それら が 使用される--【・長期間 、又は、 高_用量_で 』】┏┓。    このことから、医者《複数》 は しばしばチェックする_【・*を |*←〈その〉_患者さん_ の 心臓`機能--【 ∬ (する)ことの前に | ∬=使用する_【・*を |*←これらの_薬_《複数》 】┏┓。    彼ら は 、また、注意深くコントロールする_【・*を |*←〈その〉_用量_《複数》】━━、そして、使用する_【・*を |*←_心エコー検査_などの 検査《複数》{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=モニターする_【・*を |*←心臓`機能 】┏┓。    --【もし『 』なら…|『〈その〉心臓`機能 が 始める_【 ∬ (する)ことを | ∬=低下する 】 』】━━、¨治療{☆による}¨ ⌒〔 ☆←これらの_薬_《複数》】━━ は ¨ ∬ ¨(される)であろう 【 ∬=中止される 】┏┓。    にも関わらず、--【・*に於いて… |*←いくらかの_患者さん《複数》_】━━、心臓`障害 は 必要とする_【・*を |*←長期間《 発症するまでに 》 】┏┓。    彼ら は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=示す_【・*を |*←徴候《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←心臓`機能 の 低下--【・何ヶ月 、又は、 何年も 後になって 】┏┓。

〔 _化学療法`起因`脳`機能`障害_《 ケモブレイン 》


もう一つの 可能的な_副作用_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_化学療法_】━━_は ¨※¨である 【・※←「ケモブレイン」 】┏┓。    多くの¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==受ける_【・*を |*←_化学療法_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_ 】━━ は 表明する_【・*を |*←〈一つの〉わずかな 低下{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←精神`機能 】┏┓。    ¨※¨が 存在することがある 【・※←いくらかの問題《複数》{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←集中 、及び、 記憶】、《[ この]問題は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=続く--【・*にわたり |*←_長期間》 】┏┓。    しかし、大部分の_患者さん《複数》_ は 実際に 機能する--【・良好に--【・*の後に |*←_化学療法_ 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←_研究《複数》_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==見出して在る_【・*を |*←ケモブレイン--【・*として |*←〈一つの〉_治療__副作用_ 】】━━、〈その〉_症状_《複数》 は 最もしばしば 消失する--【・*以内に |*←数年間 】┏┓。    --【・*のためには… |*←いくらかの情報】━━、参照されたい_【・*を |*← ACS の文書「ケモブレイン」(*) 】┏┓。

(*)原文には、当該文書へのリンクが設定されています。

〔 _白血病_発症のリスク上昇 〕


非常に稀に、特定の_化学療法剤_《複数》 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=原因となる_【・*の |*←_急性`骨髄性`白血病_《 〈一つの〉_命を脅かすような_ がん {☆の}¨ ⌒〔 ☆←_白血球_《複数》 》 】┏┓。    --【『 』の場合…|『これ が 起きる 』】━━、それ は 通常¨※¨である【・※←_治療_から 10 年間以内 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←大部分の_患者さん《複数》_】━━、_化学療法_ の _利益_{ ∬ (する)ことの}¨ ⌒〔 ∬=■__予防_する_【・*を |*← がん  の _再発_】|-又は-|■_伸長させる_【・*を |*←_生存 】━━ は ¨ ∬ ¨(する)と考えられる 【 ∬=はるかに凌駕する_【・*を |*←〈その〉¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←この深刻であるが、稀な_合併症_ 】┏┓。

〔 不調感 、又は、 _疲労感_ 〕


多くの_患者さん《複数》_ は ¨ ∬ ¨しない 【 ∬=感じる (の否定)【・※であると|※←同程度に好調--【 ∬ (した)ことの後には | ∬=受けた_【・*を |*←_化学療法_ 】--【『 』のようには…|『彼ら が 以前に感じていた 』】┏┓。    ¨※¨がしばしば 存在する 【・※←残存的な 感覚{☆の}¨ ⌒〔 ☆←身体の痛み 、及び、 〈一つの〉軽度の身体機能低下 】┏┓。    これら_は ¨※¨である 【・※←非常に微妙な変化《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==わずかに明らかになる--【・*により |*←注意深く 質問する_【・*に |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==受けた_【・*を |*←_化学療法_ 】┏┓。

_疲労感__は ¨※¨である 【・※←もう一つの _一般普通的_な《 しかし、しばしば見過ごされる 》問題{☆にとっての}¨ ⌒〔 ☆←受けて在る_【・*を |*←_化学療法_ 】┏┓。    これ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=続く--【・*にわたり |*←最高 数年間 】┏┓。    それ は ¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=助けられる】━━、従って、 それ《 ∬ すること(右記)》━━は 重要 である……∬=知らせる--【・*に |*←医者 、又は、 看護婦--【・*について |*←それ《 _疲労感_ 》 】┏┓。    --【・*のためには… |*← より多くの情報{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←『何を _患者さん_ が できるのか--【・*について |*←_疲労感_ 』】━━、参照されたい_【・*を |*←〈その〉 ACS 文書「 がん _患者さん_ での _疲労感_」(*) 】┏┓。    運動、昼寝 、及び、  ∬ すること | ∬=大切に使う_【・*を |*←体力 ━━ が ¨ ∬ ¨(される)と考えられる 【 ∬=推奨される 】┏┓。    --【もし『 』なら…|『¨※¨が 存在する 【・※←睡眠 に関する問題《複数》 』】━━、これらの問題《複数》 は ¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=_治療_される 】┏┓。    時として¨※¨が 存在する 【・※←うつ状態】、《[ そして]この問題は ¨ ∬ ¨(される)ことがある 【 ∬=助けられる--【・*により |*←カウンセリング、や、_治療薬《複数》》 】┏┓。

(*)原文には、当該文書へのリンクが設定されています。

(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(最新 医学レビュー 09/18/2009)(最新 改訂 09/18/2009)
「英文原題」=Detailed Guide: Breast Cancer  Chemotherapy

******************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

ホルモン療法


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
******************************

_ホルモン療法__は ¨※¨である 【・※←もう一つの 形 の _全身的`治療_ 】┏┓。    それ_は 最もしばしば使用される--【・*として |*←〈一つの〉_補助療法_{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=助ける_【 ∬ (する)ことを | ∬=低下させる_【・*を |*←¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆← がん _再発_{☆の後の}¨ ⌒〔 ☆←手術 】、--【『 』であるが…|『それ は 、また、¨ ∬ ¨(される)こともできる 【 ∬=使用される--【・*として |*←_術前`補助`療法_ 』】┏┓。    それ は 、また、使用される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=治療する_【・*を |*← がん { ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==■__再発_して在る--【・*の後に |*←_治療_】|-又は-|■_拡大して在る 】┏┓。

_卵巣_《複数》_は ¨※¨である 【・※←〈その〉主要な 源{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_ホルモン_エストロゲン--【・*まで |*←閉経 】┏┓。    --【・*の後に… |*←閉経】━━、少量 の エストロゲン が 依然として 産生される--【・*に於いて |*←身体 の 脂肪組織{そこで ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==〈一つの〉_ホルモン_{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=産生された --【・*により |*←〈その〉副腎】━━ が 転換される--【・*へ |*←エストロゲン 】┏┓。

エストロゲン は 促進する_【・*を |*←成長{☆の}¨ ⌒〔 ☆← 3 分の 2 の_乳がん_《複数》《 つまり_乳がん_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==含む_【・*を |*←■_エストロゲン_レセプタ_《 エストロゲンレセプタ陽性 の  がん 《複数》 》】|-又は-|■_プロゲステロン _レセプタ_《複数》《 _プロゲステロン−_陽性__乳がん_《複数》 》 】 》 】┏┓。    このことから、いくつかのアプローチ《複数》{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=■_ブロックする_【・*を |*←¨効果_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←エストロゲン】|-又は-|■_低下させる_【・*を |*←エストロゲン_レベル_《複数》 】━━ が 使用される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=治療する_【・*を |*←_エストロゲン`レセプタ`陽性_ 、又は、 _プロゲステロン−_陽性__乳がん_《複数》 】┏┓。    _ホルモン療法_ は ¨ ∬ ¨しない 【 ∬=助ける (の否定)_【・*を |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶== がん _が ¨※¨である 【・※←_エストロゲン`レセプタについても_プロゲステロン`_レセプタ_についても 陰性 】┏┓。

〔 tamoxifen 、及び、 toremifene《 Fareston® 》 〕


これらの_抗−エストロゲン_薬_《複数》 は 作用を表す--【 ∬ (する)ことにより | ∬=一時的にブロックする_【・*を |*←エストロゲン_レセプタ_《複数》{☆の上の}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん__細胞《複数》_ 】、《 妨げて--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←エストロゲン| ∬=結合する_【・*に |*←エストロゲン_レセプタ_《複数》 】 》 】┏┓。    これらの_薬_《複数》 は 服用される--【・_毎日--【・*として |*←〈一つの〉錠剤 】┏┓。

--【・*のためには… |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_エストロゲン`レセプタ`陽性_ 、又は、 _プロゲステロン−_陽性_の がん 《複数》】━━、 ∬ すること | ∬=服用する_【・*を |*← tamoxifen--【・*にわたり |*←手術後 5 年間 ━━ は 低下させる_【・*を |*←¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆← がん _再発_--【・約 半分に 】┏┓。    tamoxifen は 、また、¨ ∬ ¨(される)こともできる 【 ∬=使用される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=■_治療する_【・*を |*←_転移性`乳がん_】|- また、同様に -|■_低下させる_【・*を |*←¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_発症{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←高リスク の 女性《複数》 】┏┓。    toremifene は 作用を表す--【・*と同様に |*← tamoxifen 】━━、しかし、それ は それほど 頻繁には 使用されない┏┓。

〈その〉最も_一般普通的_な_副作用_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←これらの_薬_《複数》】━━ は 含む_【・*を |*←_疲労感_、 ほてり、 膣部`乾燥 、又は、 おりもの 、及び、 _気分`変動_《複数》 】┏┓。

いくつかの¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶== がん  が 拡大して在る--【・*に |*←骨《複数》 】━━ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=経験する_【・*を |*←〈一つの〉「_腫瘍_フレア」{☆を伴う}¨ ⌒〔 ☆←¨¨痛み 、及び、 腫れ{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_筋肉_《複数》 、及び、 _骨_《複数》 】┏┓。    この_副作用_ は 通常 消失していく--【・急速に】━━、しかし、いくらかのケースでは、〈その〉_患者さん_ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=発症する_【・*をも |*←_血液中_の_カルシウム__レベル_上昇{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==¨ ∬ ¨(される)ことができない 【 ∬=コントロールされる 】┏┓。    --【『 』の場合…|『_左記の_ことが 起きた 』】━━、〈その〉_治療_ は ¨ ∬ ¨(される)ことがある 【 ∬=中止を必要とされる 】┏┓。

稀な、しかし、 より深刻な_副作用_《複数》_が ¨※¨である 【・※←可能的 】┏┓。    これらの_薬_《複数》 は ¨ ∬ ¨(する)ことの可能性がある 【 ∬=増加させる_【・*を |*←¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆← ∬ すること | ∬=発症する_【・*を |*←子宮 の  がん 《複数》《 _子宮内膜がん_ 、及び、 子宮_肉腫_ 》 】┏┓。    話すこと--【・*に |*←主治医--【・直ちに--【・*について |*←如何なる_非−通常的な 膣`出血《 〈一つの〉_一般普通的_な_症状_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←これら 2 つの がん 《複数》 》 】┏┓。    大部分の 膣`出血_は ¨※¨ではない 【・※← がん が 原因(の否定)】━━、しかし、この_症状_《複数》 は 常に 必要とする_【・*を |*←直ちの 対応 】┏┓。

もう一つの 可能的な 深刻な_副作用__は ¨※¨である 【・※←血栓《複数》《 これら は 通常 形成される--【・*に |*←脚部《複数》 》 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←いくらかのケース《複数》】━━、これら は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=導く--【・*へ |*←〈一つの〉心臓発作、 卒中 、又は、 肺塞栓 】┏┓。    直ちに連絡すること--【・*に |*←医者 、又は、 看護婦--【・直ちに--【もし『 』なら…|『_患者さん_ が 発症する_【・*を |*←¨¨痛み、赤み、腫れ{☆の}¨ ⌒〔 ☆←下腿《 ふくらはぎ 》息切れ胸の痛み突然の_重症の_頭痛混乱会話や動作 の 困難 』】┏┓。

--【・*によって異なってくるが… |*←_患者さん_ の 閉経ステータス】━━、tamoxifen は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=持つ_【・*を |*←異なる 影響《複数》{☆への}¨ ⌒〔 ☆←_骨_《複数》 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←_閉経前の__患者さん《複数》_】━━、tamoxifen は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=引き起こす_【・*を |*←いくらかの__骨密度_低下】━━、しかし、--【・*に於いては… |*←_閉経後の__患者さん《複数》_】━━、それ は ¨※¨である 【・※←しばしば良い_--〔・*のために |*←_骨_の強度 】┏┓。    影響《複数》{☆の}{★への}¨ ⌒〔 ☆← toremifene ⌒〔 ★←_骨_《複数》】━━_は ¨※¨である 【・※← それ程 明確でない 】┏┓。

--【・*のためには… |*←大部分 の _患者さん《複数》_{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_】━━、¨¨_利益_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←これらの_薬_《複数》】━━ は 凌駕する_【・*を |*←〈その〉リスク《複数》 】┏┓。

〔 fulvestrant《 Faslodex® 》


fulvestrant_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉_薬_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==やはり 作用する_【・*に |*←〈その〉エストロゲン_レセプタ_ 】━━、しかし、--【 ∬ (する)ことの代わりに | ∬=ブロックする_【・*を |*←エストロゲン_レセプタ_ 】━━、この薬 は 除去する_【・*を |*←エストロゲン_レセプタ_ 】┏┓。    この薬_は ¨※¨である 【・※←しばしば_効果的_--【『 』であっても…|『〈その〉_乳がん__が もはや _反応_しない--【・*に |*← tamoxifen 』】┏┓。    この薬 は _投与_される--【・*で |*←_注射_--【・_毎月 1 回 】┏┓。    ほてり、 軽度の_吐き気_ 、及び、 _疲労感__は ¨※¨である 【・※←主要な_副作用_《複数》 】┏┓。    それ は 現在は _認可_されている--【・*のためだけに |*←使用{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_閉経後の_¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_進行期`乳がん_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==もはや _反応_しない--【・*に |*← tamoxifen 、や、 toremifene 】┏┓。

〔 _アロマターゼ阻害薬_《複数》 〕


3 つの_薬_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==停止させる_【・*を |*←エストロゲン産生--【・*に於いて |*←_閉経後の__患者さん《複数》_ 】━━ は _認可_されて在る--【 ∬ (する)ことのために | ∬=治療する_【・*を |*←※の両方 |※←_早期‐乳がん 、及び、 _進行期`乳がん_ 】__ : __letrozole《 Femara® 》、anastrozole《 Arimidex® 》 、及び、 exemestane《 Aromasin® 》┏┓。    これらの_薬_《複数》 は 作用を表す--【 ∬ (する)ことにより | ∬=ブロックする_【・*を |*←〈一つの〉酵素《 アロマターゼ 》∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=作る_【・*を |*←少量のエストロゲン--【・*に於いて |*←_閉経後の__患者さん《複数》_ 】┏┓。    これらの_薬_《複数》 は ¨ ∬ ¨(する)ことができない 【 ∬=停止させる--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←_閉経前の__患者さん_ の _卵巣_《複数》| ∬=作る_【・*を |*←エストロゲン 】━━、 従って これらの_薬_《複数》 は わずかに¨※¨である 【・※←_効果的__--〔・*に於いて |*←_閉経後の__患者さん《複数》_ 】┏┓。    これらの_薬_《複数》 は 服用される--【・_毎日--【・*として |*←錠剤《複数》 】┏┓。

いくつかの_研究《複数》 が 比較して在る_【・*を |*←これらの_薬_《複数》--【・*と |*← tamoxifen--【・*として |*←_補助__ホルモン療法_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_閉経後の__患者さん《複数》_ 】┏┓。     ∬ すること | ∬=使用する_【・*を |*←これらの_薬_《複数》《 単独で 、又は、 tamoxifen の後に 》 ━━ は 示されて在る_【 ∬ (する)ことが | ∬= より良好に低下させる_【・*を |*←¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆← がん _再発_--【・*よりも |*← tamoxifen だけの 5 年間_投与_ 】┏┓。

--【・*のためには… |*←_閉経後の_¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶== がん 《複数》_が ¨※¨である 【・※←エストロゲン、や、プロゲステロン_レセプタ_−_陽性_ 】】━━、大部分の医者《複数》 は 今や 推奨する_【 ∬ (する)ことを | ∬=使用する_【・*を |*←〈一つの〉_アロマターゼ阻害薬_--【・*の いずれかの時点で |*←_補助療法_ 】┏┓。    しかし、いくつかの重要な疑問《複数》 が 未だ 回答されて在らない┏┓。    それ《=『 』かどうか(右記)》━━は 未だ 明確ではない……【・= ∬ すること | ∬=開始する_【・*を |*←_補助療法_{☆による}¨ ⌒〔 ☆←これらの_薬_《複数》の うちの一つ ━━_が ¨※¨である 【・※← より優れている--【・*よりも |*← ∬ すること | ∬=■__投与_する_【・*を |*← tamoxifen 】|-それから-|■_スイッチする_【・*に |*←〈一つの〉_アロマターゼ阻害薬_ (かどうか) 】┏┓。    --【もし『 』なら…|『 tamoxifen が 最初に _投与_される 』】━━、それ《=『 』ということ(右記)》━━は 明確ではない……【・=『どの程度の 期間、tamoxifen が ¨ ∬ ¨(される)べきである 【 ∬=_投与_され続ける 』 】┏┓。    〈その〉最適な 長さ{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨治療{☆による}¨ ⌒〔 ☆←_アロマターゼ阻害薬_《複数》】━━ は 未だ 決定されて在らない━━、また、それ《=『 』かどうか(右記)》━━は 示されて在らない……【・=『いずれか一つの_薬_{☆のうちの}¨ ⌒〔 ☆←これらの_薬_《複数》】━━_が ¨※¨である 【・※← より優れている_--〔・*よりも |*←その他の_薬_《複数》 』(かどうか) 】┏┓。    _研究《複数》_{ ∬ (されている)}¨ ⌒〔 ∬=現在実施されている 】━━ が ¨ ∬ ¨(する)と考えられる 【 ∬=助ける_【 ∬ (する)ことを | ∬=答える--【・*に |*←これらの疑問《複数》 】┏┓。

〈その〉_アロマターゼ阻害薬_《複数》 は ¨ ∬ ¨(する)という傾向がある 【 ∬=持つ_【・*を |*← より少ない深刻な_副作用_《複数》--【・*よりも |*← tamoxifen 】__ : ___アロマターゼ阻害薬_《複数》 は ¨ ∬ ¨しない 【 ∬=原因となる (の否定)--【・*の |*←_子宮 がん_《複数》】━━、そして、非常に稀に引き起こす_【・*を |*←血栓《複数》 】┏┓。    しかし、_アロマターゼ阻害薬_《複数》 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=引き起こす_【・*を |*←_筋肉_痛 、及び、 関節 の 硬直/痛み 】┏┓。    〈その〉関節痛 は ¨ ∬ ¨(である)ことがある 【 ∬=¨※¨である 【・※←類似している_--〔・*に |*←〈一つの〉新しい感じ{ ∬ (する)ことの}¨ ⌒〔 ∬=持つ_【・*を |*←関節炎--【・多くの関節で 同時に 】┏┓。    --【『 』の理由で…|『_アロマターゼ阻害薬_《複数》 は 除去する_【・*を |*←全てのエストロゲン--【・*から |*←_閉経後の_患者さん《複数》 』】━━、それらの_薬_《複数》 は 、また、引き起こす_【・*を |*←_骨密度_低下】、《 時として導いて--【・*へ |*←_骨粗鬆症_ 、及び、 _骨折_《複数》 》 】┏┓。    多くの¨患者さん《複数》{ ∬ (される)}¨ ⌒〔 ∬=治療される--【・*により |*←〈一つの〉_アロマターゼ阻害薬 】━━ は 、また、_治療_される--【・*により |*←_薬_《複数》{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=強化する_【・*を |*←彼らの_骨_《複数》 《 --【・*のような |*←_ビスフォスフォネート薬_《複数》 》 】┏┓。

〔 _卵巣`機能`抑制_ 〕


--【・*に於いて… |*←_閉経前の__患者さん《複数》_】━━、 ∬ すること | ∬=_切除_する 、又は、 シャットダウンする_【・*を |*←〈その〉_卵巣_《複数》《 これら_は ¨※¨である 【・※←〈その〉主要な ソース{☆の}¨ ⌒〔 ☆←エストロゲン 》 】━━ は _効果的_に させる--【・*を § に ||*←〈その〉_患者さん_| § ←_閉経後の_状態 】┏┓。    このこと は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=可能にさせる--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←_その他の__ホルモン療法_《複数》| ∬= より良好に 効く 】┏┓。

恒久的`_卵巣`機能`抑制_ は ¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=実施される--【 ∬ (する)ことにより | ∬=_外科的_に_切除_する_【・*を |*←〈その〉_卵巣_《複数》 】┏┓。    この手術 は ¨※¨と呼ばれる【・※←〈一つの〉_卵巣`摘出術_ 】┏┓。     よりしばしば、_卵巣`機能`抑制_ は 実施される--【・*により |*←_薬_《複数》{☆と呼ばれる}¨ ⌒〔 ☆←_黄体化`ホルモン`放出`ホルモン《 LHRH 》_類縁体《複数》{☆のような}¨ ⌒〔 ☆← goserelin《 _Zoladex®_ 》 、又は、 leuprolide《 _Lupron®_ 》 】┏┓。    これらの_薬_《複数》 は 停止させる_【・*を |*←〈その〉シグナル{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==〈その〉身体 が 送信する--【・*に |*←_卵巣_《複数》--【 ∬ (する)ことのために | ∬=産生する_【・*を |*←エストロゲン《複数》 】┏┓。    これらの_薬_《複数》 は ¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=使用される--【・単独で 、又は、 tamoxifen との_併用_で--【・*として |*←_ホルモン療法_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_閉経前の__患者さん《複数》_ 】┏┓。これらの_薬_《複数》 は 、また、_研究_されつつある--【・*として |*←_補助療法_《複数》{☆と一緒での}¨ ⌒〔 ☆←_アロマターゼ阻害薬_《複数》--【・*に於いて |*←_閉経前の__患者さん《複数》_ 】┏┓。

_化学療法剤_《複数》も、また、¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=ダメージを与える--【・*に |*←〈その〉_卵巣_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_閉経前の__患者さん《複数》_】━━、それで、それら《 _卵巣_《複数》 》━━ は もはや 産生しない_【・*を |*←エストロゲン 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←いくらかの_患者さん《複数》_】━━、_卵巣_機能 は 回復する--【・数ヶ月〜数年後に】━━、しかし、その他 の _患者さん《複数》_では、〈その〉¨¨ダメージ{☆への}¨ ⌒〔 ☆←_卵巣_《複数》】━━_は ¨※¨である 【・※←恒久的】━━、そして、導く--【・*へ |*←閉経 】┏┓。    このこと は 時として¨ ∬ ¨(である)ことがある 【 ∬=¨※¨である 【・※←〈一つの〉助けになる《 意図していないとしても 》_副作用_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_化学療法_--【・*の点で |*←_乳がん_ の _治療_】━━--【『 』であるが…|『それ は させる--【・*を § に ||*←〈その〉_患者さん_| § ←不妊 』】┏┓。

全ての これらの方法《複数》 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=引き起こす_【・*を |*←閉経_症状_《複数》{☆のような}¨ ⌒〔 ☆←ほてり、 _寝汗_、 膣部`乾燥、 気分`変動《複数》 】┏┓。

〔 megestrol acetate 〕


megestrol acetate《 Megace® 》_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉プロゲステロン−様 の _薬_{ ∬ (される)}¨ ⌒〔 ∬=使用される--【・*として |*←〈一つの〉_ホルモン療法_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_進行期`乳がん_】、--【・通常*のために |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶== がん 《複数》 が ¨ ∬ ¨しない 【 ∬=_反応_する (の否定)--【・*に |*←_その他の__ホルモン療法_《複数》 】┏┓。    それの主要な_副作用__は ¨※¨である 【・※←体重`増加】━━、そして、この薬 は 時として 使用される--【・ より高_用量_で--【 ∬ (する)ことのために | ∬=回復させる_【・*を |*←体重`減少{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_進行期`乳がん_ 】┏┓。    この薬_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉 より古い_薬_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==もはや あまり しばしばは 使用されない 】┏┓。

〔 _その他の_ホルモン コントロールの方法 〕


アンドロゲン《複数》《 男性_ホルモン 》 が ¨ ∬ ¨(される)ことがある 【 ∬=考慮される--【『 』の後に…|『_その他の__ホルモン療法_《複数》{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_進行期`乳がん_】━━ が 試みられた 』】┏┓。    それら_は ¨※¨である 【・※←時として_効果的_】━━、しかし、それら は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=引き起こす_【・*を |*←男性化`_症状_《複数》{☆のような}¨ ⌒〔 ☆←体毛`増加、や、低声化 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(最新 医学レビュー 09/18/2009)(最新 改訂 09/18/2009)
「英文原題」=Detailed Guide: Breast Cancer  Hormone Therapy

******************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_分子標的`治療_


分子標的`治療_とは


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

--【『 』につれて…|『研究者《複数》 が 知って在る_【・*を |*←〈その〉_遺伝子_変化《複数》{☆に於ける}{ ¶ ところの#←}¨ ⌒〔 ☆←_細胞《複数》_⌒〔 ←#¶==引き起こす_【・*を |*← がん 】 』】━━、彼ら は 可能になって在る_【 ∬ (する)ことが | ∬=開発する_【・*を |*← より新しい_薬_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==_特定的に 標的する_【・*を |*←これらの_遺伝子_変化《複数》 】┏┓。    これらの_分子標的`治療`薬_《複数》 は 作用する--【・異なった やりかたで--【・*とは |*←_標準的_ な _化学療法剤_《複数》 】┏┓。    それらの_分子標的`治療`薬_《複数》_は しばしば 持つ_【・*を |*←異なった《 そして、  より_重症度 の 低い 》_副作用_《複数》 】┏┓。    それらの_薬_《複数》 は 最も しばしば 使用される--【・*と一緒に |*←_化学療法_--【・現時点では 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(最新 医学レビュー 09/18/2009)(最新 改訂 09/18/2009)
「英文原題」=Detailed Guide: Breast Cancer  Targeted Therapy

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

HER2/neu 蛋白質 を標的とする_治療


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

〔 trastuzumab《 Herceptin® 》


trastuzumab_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉_モノクロナル抗体_《 〈一つの〉人工バージョン{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉非常に_特定的な__免疫_システム蛋白質 》 】┏┓。    この薬 は 結合する_【・*に |*←〈一つの〉成長−促進 蛋白質{☆と呼ばれる}¨ ⌒〔 ☆← HER2/neu《  、又は、 HER-2 》】、《[ そして]この蛋白質は 存在している--【・正常よりも より多量に--【・*の上に |*←表面{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_乳がん__細胞《複数》_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←約 5 分の 1 の _患者さん《複数》_》 】┏┓。    _乳がん_《複数》{☆を伴う}¨ ⌒〔 ☆←過度に多量 の この蛋白質】━━ は ¨ ∬ ¨(する)という傾向がある 【 ∬=成長し、拡大する--【・ より_攻撃的_に 】┏┓。    trastuzumab は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=助ける_【 ∬ (する)ことを | ∬=遅くする_【・*を |*←この成長 】━━、そして、また、¨ ∬ ¨(する)と考えられる 【 ∬=刺激する--【・▽が¨ ∬ ¨するように||▽←_免疫_システム| ∬= より_効果的_に 攻撃する_【・*を |*←〈その〉 がん 】┏┓。

trastuzumab は _投与_される--【・*として |*←〈一つの〉_注射_{☆への}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉静脈】、--【・(頻度)|通常 1 週間に 1 回 、又は、  より高_用量_で 3 週間に 1 回 】┏┓。    〈その〉最適な _投与_実施 期間長 は 未だ 知られていない┏┓。

trastuzumab は しばしば使用される《 _化学療法_と一緒に 》--【・*として |*←〈一つの〉_補助療法_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_HER2 −陽性_ がん 《複数》--【 ∬ (する)ことのために | ∬=低下させる_【・*を |*←¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_再発_ 】--【『 』の場合…|■_〈その〉_腫瘍__が ¨※¨である 【・※← より大きい_--〔・*よりも |*←直径 1cm 】|-又は-|■_〈その〉 がん  が 拡大している--【・*へ |*←〈その〉_リンパ節_《複数》』】┏┓。    この薬 は _投与_される--【・*と一緒に |*←_化学療法_--【・*にわたり |*← 3 〜 6 ヶ月間】━━、そして、その後は、_投与_される--【・単独で《 通常トータル 1 年間 の _治療_ 》 】┏┓。    _研究《複数》_{ ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=調べる_【・*を |*←『どの程度の期間、この_薬_ が 必要とするのか?_【 ∬ (される)ことを | ∬=_投与_される 】 』 】━━ が ¨※¨である 【・※←現在進展中 】┏┓。

trastuzumab は 、また、¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=縮小させる_【・*を |*←いくらかの_HER2 −陽性__進行期`乳がん_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==■__再発_した--【・*の後に |*←_化学療法_ 】|-又は-|■_続ける_【 ∬ (する)ことを | ∬=成長する 】--【・*の間も |*←_化学療法_】┏┓。    _治療_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==_併用_する_【・*を |*← trastuzumab--【・*と |*←_化学療法_ 】━━ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=効果を表す#←--【・ より良好に--【・*よりも |*←_化学療法_だけ--←#【・*に於いて |*←いくらかの_患者さん《複数》_ 】┏┓。

--【・*と比較して… |*←_化学療法剤_《複数》】━━、〈その〉_副作用_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆← trastuzumab 】━━_は ¨※¨である 【・※←比較的に軽度 】┏┓。    _副作用_《複数》 は 含む_【・*を |*←発熱/悪寒、 脱力感、 _吐き気_、 嘔吐、 咳、 _下痢_ 、及び、 _頭痛_ 】┏┓。    これらの副作用《複数》 は 起きる--【・ より_低_頻度に--【・*の後に |*←〈その〉最初の_投与_ 】┏┓。

〈一つの〉 より深刻 な _潜在的__副作用__は ¨※¨である 【・※←心臓ダメージ{ ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=もたらす_【・*を |*←_うっ血性`心不全_ 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←大部分の《 しかし、全部の ではない 》_患者さん《複数》_】━━、この_副作用_ は ¨※¨であって在る 【・※←一時的】━━、そして、_改善_して在る--【『 』の時に…|『〈その〉_薬_ が 中止された 』】┏┓。    ¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←心臓`障害《複数》】━━_は ¨※¨である 【・※← より高い_--〔『 』の場合…|『 trastuzumab が _投与_される--【・*と一緒に |*←特定の_化学療法剤_《複数》{☆のような}¨ ⌒〔 ☆← doxorubicin《 Adriamycin® 》 、及び、 epirubicin《 Ellence® 》】┏┓。    主要 な _症状_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_うっ血性`心不全_】━━_は ¨※¨である 【・※←息切れ、 脚の腫れ、 _重症の__疲労感_ 】┏┓。    ¨患者さん《複数》{ ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=持つ_【・*を |*←これらの_症状_《複数》 】━━ は ¨ ∬ ¨(する)べきである 【 ∬=直ちに医者に 連絡する 】┏┓。

〔 lapatinib《 Tykerb® 》


lapatinib_は ¨※¨である 【・※←もう一つの _薬_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==標的する_【・*に |*←〈その〉_HER2 −陽性_蛋白質 】┏┓。    この薬 は _投与_される--【・*として |*←〈一つの〉錠剤--【・*に |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_進行期__HER2 −陽性__乳がん_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==もはや応答しない--【・*に |*←_化学療法_ 、及び、 trastuzumab 】┏┓。    この薬 は 、また、_研究_されつつある--【・*として |*←〈一つの〉_補助療法_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_HER2 −陽性_ の _患者さん《複数》_】━━、しかし、現時点では、それ は わずかに 使用される--【・*のために |*←_進行期`乳がん_ 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←_進行期`乳がん_】━━、それ は しばしば_投与_される--【・*と一緒に |*←〈その〉_化学療法剤_capecitabine《 Xeloda® 》 】┏┓。

〈その〉最も_一般普通的_ な _副作用_ は 含む_【・*を |*←_下痢_、 _吐き気_、 _嘔吐_、 発疹 、及び、 _手足`症候群_ 】┏┓。    _症状_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_手足`症候群_】━━ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=含む_【・*を |*←_しびれ感_、 _ちくちく感_、 発赤、 腫れ 、及び、 手足`不快感 】┏┓。    時として むけること{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉皮膚】━━ が 、また、起きる┏┓。    _下痢__は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉_一般普通的_ な _副作用_】━━、そして、それ は ¨ ∬ ¨(である)ことがある 【 ∬=¨※¨である 【・※←_重症】━━、それで、それ《 ∬ すること(右記)》━━は 非常に 重要である……∬=知らせる--【・*に |*←_治療_チーム--【・*について |*←如何なる変化《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_排便`習慣_--【『 』したら 直ちに…|『それらの変化《複数》 が 起きる 』】┏┓。

--【・*に於いて… |*←稀なケース《複数》】━━、lapatinib は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=引き起こす_【・*を |*←_肝臓_障害《複数》 、又は、 心機能`低下《 これ は 導く--【・*へ |*←息切れ 》】、--【『 』であるが…|『これ は ¨ ∬ ¨(する)ようである 【 ∬=消失する--【いったん『 』すると…|『_治療_ が 完了する 』】 』】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(最新 医学レビュー 09/18/2009)(最新 改訂 09/18/2009)
「英文原題」=Drugs that target the HER2/neu protein

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

新しい_腫瘍__血管_を 標的する_薬


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_腫瘍_《複数》 は 必要とする_【 ∬ (する)ことを | ∬=発達させ、維持する_【・*を |*←新しい_血管_《複数》--【 ∬ (する)ことのために | ∬=成長する 】┏┓。    _薬_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==標的する_【・*に |*←これらの_血管_《複数》 】━━ は 示されつつある【・※であると|※←有用的_--〔・*に対して |*←一連の がん 《複数》{☆を含む}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_ 】┏┓。

bevacizumab《 Avastin® 》_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉_モノクロナル抗体_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=使用される--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_ 】┏┓。    この抗体 は 向けられる--【・*に対して |*←_血管内皮`成長`因子《 VEGF 》_《 〈一つの〉蛋白質{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==助ける--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←_腫瘍_《複数》| ∬=形成する_【・*を |*←新しい_血管_《複数》 】 》 】┏┓。

稀な、しかし、可能的には 深刻 な _副作用_《複数》 は 含む_【・*を |*←出血、 _結腸_ での 穿孔`形成《 直すには_手術 が 必要 》 、及び、 外傷`治癒 の 遅れ 】┏┓。

より_一般普通的_ な _副作用_《複数》 は 含む_【・*を |*←高血圧、 _疲労感_、 血栓《複数》、 白血球`減少、 頭痛、 口内炎、 食欲`低下、 _下痢_ 】┏┓。    高血圧_は ¨※¨である 【・※←非常に_一般普通的_】━━、 従って 、それ《=『 』ということ(右記)》━━は 非常に重要である……【・=『主治医 が 観察する_【・*を |*←_患者さん_の血圧--【・_治療_中、注意深く 』 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(最新 医学レビュー 09/18/2009)(最新 改訂 09/18/2009)
「英文原題」=Drugs that target new tumor blood vessels (angiogenesis)

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

ビスフォスフォネート薬


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_ビスフォスフォネート薬_《複数》_は ¨※¨である 【・※←_薬_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==使用される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=助ける_【 ∬ (する)ことを | ∬=強化し、低下させる_【・*を |*←¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←骨折《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_骨_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==弱くなっている--【・*により |*←_転移性`乳がん_ 】┏┓。    例《複数》 は 含む_【・*を |*← pamidronate《 Aredia® 》 、及び、 zoledronic acid《 Zometa® 》 】┏┓。    これらの_薬_《複数》 は _投与される--【・静注で 】┏┓。

_ビスフォスフォネート薬_《複数》 は 、また、¨ ∬ ¨(する)と考えられる 【 ∬=防ぐ_【・*を |*←_骨密度_低下《 _骨粗鬆症_ 》¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=もたらされる--【・*により |*←¨治療{☆による}¨ ⌒〔 ☆←_アロマターゼ阻害薬_《複数》 、又は、 ¨¨_早期_閉経{☆としての}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉_副作用_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_化学療法_ 】┏┓。    ¨※¨が 存在する 【・※←一連の_薬_《複数》{☆を含む}{ ∬ (する)ことのための} ¨ ⌒〔 ☆←いくつかの_経口_ の _ビスフォスフォネート薬_《複数》_⌒∬=_治療_する_【・*を |*←_骨_強度`低下{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==引き起こされたものではない--【・*により |*←_骨_内 の _乳がん_《 _転移_ 》 】_┏┓。

_ビスフォスフォネート薬_《複数》 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=持つ_【・*を |*←_副作用_《複数》】、--【・*を含めて |*←インフルエンザのような_症状_《複数》 、及び、 _骨_痛 】┏┓。    〈一つの〉稀な、しかし、非常に やっかいな_副作用_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_静注__ビスフォスフォネート薬_《複数》】━━_は ¨※¨である 【・※←ダメージ{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_顎の骨《 _顎`骨壊死_ 》 】┏┓。    _顎`骨壊死_ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=引き金を引かれる--【 ∬ (する)ことにより | ∬=受ける_【・*を |*←〈一つの〉抜歯--【 ∬ (している)間に∬=_治療_されている--【・*により |*←_ビスフォスフォネート薬_《複数》 】┏┓。    _顎`骨壊死_ は しばしば 現れる--【・*として |*←〈一つの〉開いた 潰瘍{☆に於ける}{ ¶ ところの#←}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉顎⌒〔 ←#¶==治癒しない 】┏┓。    _顎`骨壊死_ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=導く--【・*へ |*←歯 の 損失 、又は、 顎の骨の_感染症_ 】┏┓。    医者《複数》 は 知っていない『何故、この_副作用_ が 起きるのか? 、又は、 どのようにして、それを_治療_すべきか? --【 ∬ (する)こと以外には | ∬=中止する_【・*を |*←〈その〉_ビスフォスフォネート薬_《複数》 】』 】┏┓。     ∬ すること | ∬=維持する_【・*を |*←良好な口腔衛生--【 ∬ (する)ことにより | ∬=すすいだり、歯磨きしたり、入れ歯を正しく合わせたりする 、及び、 受ける_【・*を |*←定期的な 歯科`検査《複数》 ━━ が ¨ ∬ ¨(する)と考えられる 【 ∬=助ける_【 ∬ (する)ことを | ∬=_予防_する_【・*を |*←この_副作用_ 】┏┓。    いくらかの がん _治療_医《複数》 は 推奨する【・『 』ということを… |『--【『 』の前に…|『彼ら が 開始する_【・*を |*←_ビスフォスフォネート薬__治療_ 』】━━、_患者さん《複数》_ が ■_受ける_【・*を |*←〈一つの〉歯科`検査】|-そして-|■__治療_してもらう_【・*を |*←全ての歯や顎 の 問題《複数》 』 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(最新 医学レビュー 09/18/2009)(最新 改訂 09/18/2009)
「英文原題」=Detailed Guide: Breast Cancer  Bisphosphonates

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

高用量`化学療法_ + _幹細胞`移植


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

--【『 』であるが…|『それ《 ∬ すること(右記)》━━は 可能的 である……∬=使用する_【・*を |*←非常に_高用量_ の _化学療法_ 、又は、 _放射線`療法_--【 ∬ (する)ことのために | ∬=殺す_【・*を |*←_がん細胞《複数》_ 】 』】━━、そのような_治療_《複数》 は 、また、殺す_【・*を |*←〈その〉造血`_幹細胞_《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_骨髄_ 】┏┓。    ダメージ{☆への}¨ ⌒〔 ☆←これらの_細胞《複数》_】━━ は 低下させる_【・*を |*←_患者さん_ の _血液_細胞_数 】┏┓。    過度に_少ない_白血球_《複数》 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=導く--【・*へ |*←_重症の__感染症_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==¨ ∬ ¨(である)ことの可能性がある 【 ∬=¨※¨である 【・※←_生命に関わる_ 】┏┓。    過度に少ない_血小板_《複数》 は させる--【・▽が¨ ∬ ¨するように||▽←_患者さん《複数》_| ∬=容易に 出血する 】┏┓。    このこと も ¨ ∬ ¨(である)ことがある 【 ∬=¨※¨である 【・※←_生命に関わる_ 】┏┓。

一つの方法{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=回避する_【・*を |*←上記のような状況 】━━_は ∬ (する)ことである 【 ∬=■_採取する_【・*を |*←¨いくらか{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_患者さん_ の _幹細胞_《複数》《 末梢血 、又は、 _骨髄_から 》】|-それから-|■_実施する_【・*を |*←_高用量__治療_】|-それから-|■_戻す_【・*を |*←〈その〉_幹細胞_《複数》--【・*の中へ |*←_患者さん_ の 身体--【・*により |*←輸血 】┏┓。    〈その〉_幹細胞_《複数》 は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=戻る--【・*の中へ |*←〈その〉_骨髄_】━━、そして、そこで、彼ら は 間もなく 再建する_【・*を |*←自分自身】━━、そして、回復する_【・*を |*←〈その〉身体 の 能力{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=作り出す_【・*を |*←新しい_血液_細胞《複数》_ 】┏┓。

一時期、それ《=『 』ということ(右記)》━━が 考えられた……【・=『上記の方法 が ¨ ∬ ¨ではなかろうか 【 ∬=¨※¨である 【・※←〈一つの〉好適な方法{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=_治療_する_【・*を |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_進行期`乳がん_ 】 』 】┏┓。    しかし、いくつかの_研究《複数》_ が 見出して在る_【・『 』ということを… |『¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==受ける_【・*を |*←_高用量`化学療法_ 】━━ は ¨ ∬ ¨しない 【 ∬= より_長期的_に 生存する (の否定)--【・*よりも |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==受ける_【・*を |*←_標準的__化学療法_{☆無しの}¨ ⌒〔 ☆←_幹細胞`移植_ 】 』 】┏┓。    _高用量`化学療法 + _幹細胞`移植_ は 、また、引き起こす_【・*を |*← より多くの深刻 な _副作用_《複数》--【・*よりも |*←_標準的__用量_ の _化学療法_ 】┏┓。

_研究_ は 依然として なされつつある--【・*に於いて |*←この分野 】┏┓。    --【『 』であるが…|『 より新しい_研究《複数》_ が ¨ ∬ ¨(する)かも知れない 【 ∬=示す_【・*を |*←〈一つの〉_利益_ 』】━━、それ は ¨ ∬ ¨(である)ことの可能性が大きい 【 ∬=¨※¨である 【・※←小さい】━━、そして、〈その〉_毒性_{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←この_治療_】━━_は ¨※¨である 【・※←非常に高い 】┏┓。    現時点では、大部分の専門家《複数》 は 推奨する_【・『 』ということを… |『¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_】━━ は 受けない_【・*を |*←_高用量`化学療法_】、--【・*以外では |*←_臨床試験_ の 一部 』 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(最新 医学レビュー 09/18/2009)(最新 改訂 09/18/2009)
「英文原題」=Detailed Guide: Breast Cancer  High-Dose Chemotherapy With Bone Marrow or Peripheral Blood Stem Cell Transplant

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

妊娠期間中の_乳がん_治療


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_乳がん_ は _診断_される--【・*に於いて |*←妊娠女性《複数》 3,000 人のうちの 1 人 】┏┓。    _一般的に、 _治療_推奨《複数》 は ¨※¨によって異なってくる【・※←『どの程度の期間、〈その〉女性 が 妊娠して在るか? 』 】┏┓。

_放射線`療法_{☆の間の}¨ ⌒〔 ☆←妊娠期間】━━ は 知られている_【 ∬ (する)と | ∬=増加させる_【・*を |*←¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_先天性`異常_《複数》 】━━、従って、 _放射線`療法_ は 推奨されない--【・*のために |*←妊娠した女性《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_ 】┏┓。    この理由から、_乳房部_−温存 _治療_《 _ランペクトミー_ + _放射線`療法_ 》━━ は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉_選択肢_--【『 』の場合だけ…|『_治療_ が ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=待つ--【『 』まで…|『それ《 ∬ すること(右記)》━━が_安全的_である……∬=産む_【・*を |*←〈その〉赤ちゃん 】 』】 』】┏┓。    しかし、_乳房部_生検 手順《複数》 、及び、 _非定型`根治的`乳房部`切除術_《 さえも 》_は ¨※¨である 【・※←_安全的__--〔・*と共に |*←〈その〉母親 、及び、 胎児 】┏┓。

長い間、それ《=『 』ということ(右記)》━━が 仮定されていた……【・=『_化学療法__は ¨※¨である 【・※←危険的_--〔・*にとって |*←〈その〉胎児 』 】┏┓。    しかし、数件の _最近_ の _研究《複数》_ は 見出して在る_【・『 』ということを… | ∬ すること | ∬=使用する_【・*を |*←一定の_化学療法剤_《複数》--【・*の間に |*←〈その〉第 2 、及び、 第 3 _3`半期_《 4 ヶ月目〜 9 ヶ月目 》  は ¨ ∬ ¨しない 【 ∬=増加させる (の否定)_【・*を |*←¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_先天性`異常_《複数》 』 】┏┓。    --【・*の理由から… |*←懸念{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_潜在的_ダメージ{☆への}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉胎児】━━、〈その〉_安全性_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_化学療法_{☆の間の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉妊娠 第 1 _3`半期_《 最初の 3 ヶ月間 》】━━ は _研究_されて在らない┏┓。

_ホルモン療法_ は ¨ ∬ ¨(する)ことの可能性がある 【 ∬=影響する_【・*に |*←〈その〉胎児】━━、そして、それ は ¨ ∬ ¨(される)べきでない 【 ∬=開始される(の否定)--【『 』の後までは…|『〈その〉_患者さん_ が 出産して在る 』】┏┓。

多くの_化学療法剤_《複数》 、及び、 _ホルモン療法__薬_《複数》 は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=入る--【・*の中へ |*←母乳】━━、そして、それら は ¨ ∬ ¨(する)ことの可能性がある 【 ∬=移行する_【・*に |*←〈その〉赤ちゃん】━━、従って、 授乳 は 通常 推奨されない--【・*の間 |*←_化学療法_ 、又は、 _ホルモン療法_ 】┏┓。

より多くの情報については、参照されたい_【・*を |*←〈その〉 ACS 文書「妊娠 と _乳がん_」(*) 】┏┓。

(*)原文には、当該文書へのリンクが設定されています。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(最新 医学レビュー 09/18/2009)(最新 改訂 09/18/2009)
「英文原題」=Detailed Guide: Breast Cancer  Treatment of Breast Cancer During Pregnancy

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_病気__ステージ_ごとの_浸潤性__乳がん__治療_


前書き


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_乳房部_−温存手術_が ¨※¨である 【・※←しばしば適切_--〔・*のために |*← より_早期__ステージ_ の _浸潤性__乳がん_《複数》--【もし『 』なら…|『〈その〉 がん _が ¨※¨である 【・※←十分に 小さい 』】━━、--【『 』であるが…|『_乳房部__切除術__が 、また、¨※¨である 【・※←〈一つの〉_選択肢_ 』】┏┓。    --【もし『 』なら…|『〈その〉 がん _が ¨※¨である 【・※←あまりにも大きい 』】━━、〈一つの〉_乳房部__切除術_ が ¨ ∬ ¨(される)であろう 【 ∬=必要とされる】、--【『 』でない限り…|『_術前_《 _術前補助_ 》_化学療法_ が ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=縮小させる_【・*を |*←〈その〉_腫瘍_--【 ∬ (させる)のに十分なだけ | ∬=可能にさせる_【・*を |*←_乳房部_−温存手術 】 』】┏┓。    --【・*に於いても… |*←いずれのケース】━━、〈その〉_リンパ節_《複数》 は ¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=必要とする_【 ∬ (される)ことを | ∬=■_チェックされる】|-そして-|■__切除_される--【もし『 』なら…|『それらの_リンパ節_《複数》 が 含む_【・*を |*← がん 】┏┓。    _放射線`療法_ が ¨ ∬ ¨(される)であろう 【 ∬=必要とされる--【・*のために |*←■_ほとんど全ての¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==受けた_【・*を |*←_乳房部_−温存手術 】|-及び-|■_いくらかの¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==受けた_【・*を |*←_乳房部__切除術_ 】┏┓。    _補助 _全身的`治療_{☆の後の}¨ ⌒〔 ☆←_外科手術_】━━ が 典型的に 推奨される--【・*のために |*←■_全ての がん 《複数》{§(の性質の)}¨ ⌒〔 §←直径 1cm 超 】|-そして-|■_一定の がん 《複数》{§(の性質の)}¨ ⌒〔 §← より小さい 】┏┓。



(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(最新 医学レビュー 09/18/2009)(最新 改訂 09/18/2009)
「英文原題」=Detailed Guide: Breast Cancer  Treatment of Invasive Breast Cancer by Stage

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_ステージ I_


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

これらの がん _は ¨※¨である 【・※←未だ 比較的に 小さい】━━、そして、それら は 拡大して在らない--【・*に |*←_リンパ節_《複数》 、又は、 その他の箇所 】┏┓。

- _局所__治療_ -


_ステージ I_ の  がん 《複数》 は ¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=_治療_される--【・*により |*←※の いずれか |※←_乳房部_温存手術《 _ランペクトミー_、_乳房部`部分`切除術_ 》  、又は、 _非定型`根治的`乳房部`切除術_ 】┏┓。    〈その〉_リンパ節_《複数》 は 、また、¨ ∬ ¨(される)必要があろう 【 ∬=評価される、--【・*により |*←〈一つの〉_センチネル`リンパ節`生検_ 、又は、 〈一つの〉_腋窩(腋の下)`リンパ節`摘出 】┏┓。    _乳房部_再建術 が ¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=実施される--【・同時に 、又は、 後日 】┏┓。

_放射線`療法_ が 通常 実施される--【・*の後に |*←_乳房部_−温存手術 】┏┓。    ¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=考慮する_【・*を |*←_乳房部_−温存手術{☆無しの}¨ ⌒〔 ☆←_放射線`療法_ 】━━ は 典型的には 持つ_【・*を |*←以下の全ての条件《複数》 】┏┓。 :

--【『 』であるが…|『いくらかの¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==合致しない--【・*に |*←上記の 条件《複数》 】━━ が ¨ ∬ ¨(する)かも知れない 【 ∬=避けたい気持ちになる_【・*を |*←_放射線`療法_ 』】━━、_研究《複数》_ は 示して在る【・『 』ということを… | ∬ しないこと | ∬=受けない_【・*を |*←_放射線`療法_ ━━ は 増加させる_【・*を |*←¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆← がん _再発_ 』 】┏┓。

- _補助__全身的`治療_ -


大部分の医者《複数》 は ¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=ディスカスする--【・*について |*←〈その〉プラス・マイナス{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_補助__ホルモン療法_《 tamoxifen 、又は、 _アロマターゼ阻害薬_による 》--【・*と |*←全ての¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==持つ_【・*を |*←〈一つの〉_ホルモン`レセプタ`陽性_《 エストロゲン 、又は、 プロゲステロンの_レセプタ_ 》 の _乳がん_ 】、--【どんなに『 』であっても…|『〈その〉_腫瘍_ が 小さい 』】┏┓。    ¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_腫瘍_《複数》{§(の性質の)}¨ ⌒〔 §←直径 0。5cm よりも大きい 】━━ は  より¨ ∬ ¨するであろう 【 ∬=_利益_を得る--【・*から |*←_補助__ホルモン療法_ 】┏┓。

--【『 』の場合…|『〈その〉_腫瘍__が ¨※¨である 【・※←直径 1cm 未満 』】━━、_補助`化学療法_ は 通常は 提供されない┏┓。    いくらかの医者《複数》 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=提案する_【・*を |*←_補助`化学療法_--【もし『 』なら…|『〈一つの〉 がん {§(の性質の)}¨ ⌒〔 §← 1cm 未満 】━━ が 持つ_【・*を |*←何らかの_非−有利的な_特徴《複数》{☆のような}¨ ⌒〔 ☆←高_グレード_、 エストロゲン レセプタ−_陰性_、 _HER2 −陽性_、 _遺伝子_パネルで高スコア 』】┏┓。    _補助`化学療法_ は 通常 推奨される--【・*のために |*← より大きな_腫瘍_《複数》 】┏┓。

--【・*のためには… |*←_HER2 −陽性_の がん {§(の性質の)}¨ ⌒〔 §←直径 1cm を超える 】】━━、_補助療法_として の trastuzumab《 Herceptin® 》 が 、また、推奨される┏┓。

参照されたい_【・*を |*←下記の記述--【・*のためには |*← より多くの情報{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←_補助療法_ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(最新 医学レビュー 09/18/2009)(最新 改訂 09/18/2009)
「英文原題」=Detailed Guide: Breast Cancer  Treatment of Invasive Breast Cancer by Stage

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

ステージ II


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

これらの がん 《複数》 は ¨※¨である 【・※← より大きい】━━ 、又は、 それら は 拡大して在る--【・*へ |*←いくつかの 近くの_リンパ節_《複数》 】┏┓。

- _局所__治療_ -


¨¨_外科手術_ 、及び、 _放射線`療法__選択肢_《複数》{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_ステージ II__腫瘍_《複数》】━━_は ¨※¨である 【・※←同様_--〔・*に |*←それらの_治療_《複数》{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_ステージ I_の_腫瘍_《複数》】、--【『 』以外は…|『--【・*に於いて… |*←_ステージ II_の_腫瘍_《複数》】━━、_放射線`療法_ は ¨ ∬ ¨(される)ことがある 【 ∬=考慮される--【・*の後でさえも |*←_乳房部_切除術_--【もし『 』なら…|■_〈その〉_腫瘍__が ¨※¨である 【・※←大きい《 直径 5cm 超 》】|-又は-|■_〈その〉 がん  が 判明する--【・*の後に |*←_外科手術__【 ∬ (して在る)と | ∬=拡大して在る--【・*に |*←いくつかの_リンパ節_《複数》 】 』】 』】┏┓。

- _補助_全身的`治療_ -


_補助_全身的`治療_ は 推奨される--【・*のために |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_ステージ II__乳がん_ 】┏┓。    それ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=含む_【・*を |*←_ホルモン療法_、 _化学療法_、 trastuzumab_投与_ 、又は、 _左記の__併用_】--【・*によって異なってくるが |*←〈その〉_患者さん_ の 年齢、 エストロゲン_レセプタ_ステータス《陽性・陰性》 、及び、 HER-2 ステータス《陽性・陰性》 】┏┓。    参照されたい_【・*を |*←以下のセクション--【・*のために |*← より多くの情報{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←_補助療法_ 】┏┓。

- _術前`補助`療法_ -


〈一つの〉_選択肢_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←いくらかの¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==希望する_【 ∬ (する)ことを | ∬=受ける_【・*を |*←_乳房部_−温存手術--【・*のために |*← 2cm を超える_腫瘍_《複数》 】━━_は ∬ (する)ことである 【 ∬=受ける_【・*を |*←_術前`補助`療法_として の _化学療法_、 _ホルモン療法_、 trastuzumab--【 ∬ (する)ことのために | ∬=縮小させる_【・*を |*←〈その〉_腫瘍_ 】┏┓。

--【もし『 』なら…|『〈その〉_術前`補助`療法_ が 縮小させる_【・*を |*←〈その〉_腫瘍_--【・十分に 』】━━、_患者さん《複数》_ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=その後、受けることができる_【・*を |*←_乳房部_−温存手術《 _ランペクトミー_のような 》 、と、 それに続いての_放射線`療法_】|- また、同様に -|■__ホルモン療法_《 --【もし『 』なら…|『〈その〉_腫瘍__が ¨※¨である 【・※←_ホルモン`レセプタ`陽性_ 』】 》 】┏┓。    _更なる__化学療法_ が 、また、¨ ∬ ¨(される)ことがある 【 ∬=考慮される 】┏┓。    --【もし『 』なら…|『〈その〉_腫瘍_ が ¨ ∬ ¨しない 【 ∬=十分に縮小させる (の否定)--【・*のために |*←_乳房部_−温存手術 』】━━、その後、_乳房部__切除術_ が ¨ ∬ ¨(される)であろう 【 ∬=必要とされる 】┏┓。    このこと は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=後続される--【・*により |*←《 最初と 》異なる_化学療法_ 】┏┓。    _放射線`療法_ が ¨ ∬ ¨(される)ことがある 【 ∬=必要とされる--【もし『 』なら…|■_〈その〉_腫瘍__が ¨※¨である 【・※←大きい《 直径 2 インチ( 約 5cm )を超える 》】|-又は-|■__リンパ節_《複数》 が 含む_【・*を |*← がん 』】┏┓。    _放射線`療法_ は 通常 実施される--【・*の後に |*←_外科手術_ 】┏┓。    また、_ホルモン療法_ が ¨ ∬ ¨(される)ことがある 【 ∬=実施される--【もし『 』なら…|『〈その〉_腫瘍__が ¨※¨である 【・※←_エストロゲン`レセプタ`陽性_ 』】┏┓。    _ホルモン療法_ は ¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=実施される--【・*の前でも後でも |*←_外科手術_ 】┏┓。    _患者さん_ の チャンス{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_克服】━━ は ¨ ∬ ¨されないようである 【 ∬= 影響されない--【・*により |*←[『 』(→右記)のいずれか… |『 _患者さん_ が 受ける_【・*を |*←_化学療法_--【・*の前 、又は、 後に |*←_乳房部_手術 』(いずれか)]】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(最新 医学レビュー 09/18/2009)(最新 改訂 09/18/2009)
「英文原題」=Stage II

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

ステージ III


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_局所`治療_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←いくらかの_ステージ III_A_乳がん_】━━ は ¨※¨である 【・※←ほぼ 同一_--〔・*と |*←_ステージ II__乳がん_ の 場合 】┏┓。    それらの がん 《複数》 は ¨ ∬ ¨(される)ことがある 【 ∬=_切除_される--【・*により |*←_乳房部_−温存手術《 _ランペクトミー_のような 》 、と、 それに続いての_放射線`療法_】|-又は-|■__非定型`根治的`乳房部`切除術_《 --【・*有り、又は、無し で |*←_乳房部_再建術 》 】┏┓。    センチネルリンパ節`生検 、又は、 _腋の下`リンパ節_滌除 が 、また、実施される┏┓。    _放射線`療法_ が ¨ ∬ ¨(される)ことがある 【 ∬=実施される--【・*の後に |*←_乳房部__切除術_--【もし『 』なら…|『〈その〉_腫瘍__が ¨※¨である 【・※←大きい《 直径 5cm 超 》】|-又は-|■_〈その〉 がん  が 拡大して在る--【・*に |*←いくつかの_リンパ節_《複数》 』】┏┓。    _術前`補助`療法_ が ¨ ∬ ¨(である)ことがある 【 ∬=¨※¨である 【・※←〈一つの〉_選択肢_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==希望する_【 ∬ (する)ことを | ∬=受ける_【・*を |*←_乳房部_−温存手術 】┏┓。

_外科手術_ は 通常 後続される--【・*により |*←_補助__全身的`化学療法_|-AND / OR-|■__ホルモン療法_|-AND / OR-|■_trastuzumab_治療_ 】┏┓。《 参照されたい_【・*を |*←〈その〉下記のセクション--【・*のためには |*← より多くの情報{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←_補助療法_ 》 】┏┓。

より_進行期_ の _ステージ III_A 、及び、 _ステージ III_B、_ステージ III_C の  がん 《複数》 は しばしば _治療_される--【・*により |*←_化学療法_{☆の前の}¨ ⌒〔 ☆←_外科手術_ 】┏┓。    その後、〈一つの〉_非定型`根治的`乳房部`切除術_ が 実施される、--【・*有り、又は、無し で |*←_乳房部_再建術 】┏┓。    _乳房部_−温存手術 が ¨ ∬ ¨(である)ことがある 【 ∬=¨※¨である 【・※←〈一つの〉_選択肢_--【・*のために |*←いくらかの_患者さん《複数》_ 】┏┓。    〈その〉近くの _リンパ節_《複数》 が ¨ ∬ ¨(される)であろう 【 ∬=採取される 】┏┓。    _外科手術_ は 後続される--【・*により |*←_放射線`療法_】、--【『 』の場合でさえも…|『〈一つの〉_乳房部__切除術_ が 実施された 』】┏┓。    _補助__化学療法_ が 、また、¨ ∬ ¨(される)ことがある 【 ∬=実施される】━━、そして、_補助__ホルモン療法_ は 実施される--【・*のために |*←全ての¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_ホルモン`レセプタ`陽性__乳がん_《複数》 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(最新 医学レビュー 09/18/2009)(最新 改訂 09/18/2009)
「英文原題」=Stage III

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

ステージ I_〜_ステージ III_のケース での _補助療法


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_補助__薬__治療_ が ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=推奨される】、--【・*に基づき |*←〈その〉_腫瘍_ の 大きさ、_リンパ節_への拡大 、及び、 _その他の__予後的`特徴《複数》 】┏┓。    --【もし『 』なら…|『それが 推奨される 』】━━、_患者さん_ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=受ける_【・*を |*←_化学療法_、 trastuzumab《 Herceptin® 》、 _ホルモン療法_ 、又は、 一定の¨¨_併用_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_左記の__治療_《複数》 】┏┓。

〔 _ホルモン療法_ 〕


_ホルモン療法_ は ¨ ∬ ¨(する)と考えられない 【 ∬=¨※¨である 【・※←_効果的_(の否定)_--〔・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_ホルモン`レセプタ`陰性__腫瘍_《複数》 】┏┓。    _ホルモン療法_ は 頻繁に 提供される--【・*に |*←全ての¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_ホルモン`レセプタ`陽性__浸潤性__乳がん_--【・*と関わりなく |*←〈その〉_腫瘍_サイズ、や、巻き込まれた_リンパ節_ の 数 】┏┓。

¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==■_依然として持つ_【・*を |*←月経 】|-そして-|■_持つ_【・*を |*←_ホルモン`レセプタ`陽性__腫瘍_《複数》】━━ は ¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=_治療_される--【・*により |*←tamoxifen《 この薬 は ブロックする_【・*を |*←¨効果_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←エストロゲン{ ∬ (されている)}¨ ⌒〔 ∬=産生されている--【・*により |*←〈その〉_卵巣_《複数》 】 》 】┏┓。    いくらかの医者《複数》 は 、また、_投与_する_【・*を |*←〈一つの〉_黄体化`ホルモン`放出`ホルモン《LHRH》__類縁体_《 この薬 は 一時的に 停止させる_【・*を |*←_卵巣_機能 》 】┏┓。    もう一つの 《 恒久的な 》_選択肢__は ¨※¨である 【・※←_外科的__切除_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_卵巣_《複数》《 _卵巣`摘出術_ 》 】┏┓。    --【もし『 』なら…|『〈その〉_患者さん_ が ¨※¨となる【・※←_閉経後 の 状態--【・*以内に |*←tamoxifen_治療_開始から5年間《 自然的に 、又は、 _卵巣__切除_により 》】━━、〈その〉_患者さん_ は ¨ ∬ ¨(される)ことがある 【 ∬=スイッチされる--【・*から |*←tamoxifen--【・*へ |*←〈一つの〉_アロマターゼ阻害薬_ 】┏┓。

時として、_患者さん_ は ¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=停止する_【・*を |*←月経--【・■_*の後に |*←_化学療法_】|-又は-|■_*の間に|*← tamoxifen_治療_ 】┏┓。    しかし、このこと は 必ずしも 意味しない_【・『 』ということを… |『その_患者さん__が 本当に¨※¨である 【・※←_閉経後 』 】┏┓。    〈その〉_患者さん_ の 主治医 は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=行う_【・*を |*←_血液`検査《複数》{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←一定の _ホルモン《複数》--【 ∬ (する)ことのために | ∬=決める_【・*を |*←その_患者さん_ の 閉経ステータス 】┏┓。    このこと_は ¨※¨である 【・※←重要--【『 』の理由で…|『〈その〉_アロマターゼ阻害薬_《複数》 は ¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=_利益_を与える--【・*だけに |*←_閉経後の__患者さん《複数》_ 』】┏┓。

¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==■_もはや持たない_【・*を |*←月経】|-又は-|■_¨※¨であることが分かっている【・※←閉経《 年齢に関わらず 》 《 で、_ホルモン`レセプタ`陽性_の_腫瘍_を有する_患者さん_《複数》 》】━━ は ¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=_一般的に受ける_【・*を |*←_補助__ホルモン療法_{☆による}¨ ⌒〔 ☆←※の いずれか |※←■_〈一つの〉_アロマターゼ阻害薬_《 _典型的には_5 年間_投与_ 》】|-又は-|■_tamoxifen 数年間→_アロマターゼ阻害薬_ 】┏┓。    --【・*のためには… |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==¨ ∬ ¨(する)ことができない 【 ∬=服用する_【・*を |*←_アロマターゼ阻害薬_《複数》 】】━━、〈一つの〉代替_は ¨※¨である 【・※← tamoxifen を 5 年間 】┏┓。

前述の通り、依然として¨※¨が 存在する 【・※←多くの 未回答 の 問題《複数》{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉ベストなやり方{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=使用する_【・*を |*←これらの_薬_《複数》 】┏┓。    例えば、それ《=『 』かどうか(右記)》━━は 明らかではない……【・= ∬ すること | ∬=開始する_【・*を |*←_補助療法_--【・*により |*←これらの_薬_《複数》のうちの一つ ━━_が ¨※¨である 【・※← より有利--【・*よりも |*← ∬ すること | ∬=_投与_する_【・*を |*← tamoxifen--【・*にわたり |*←一定の期間】━━、そして、それから、スイッチする_【・*に |*←〈一つの〉_アロマターゼ阻害薬_ (かどうか) 】┏┓。    また、〈その〉最適な_治療_期間{☆による}¨ ⌒〔 ☆←_アロマターゼ阻害薬_】━━ も 決まって在らない┏┓。    _研究《複数》_{§(の性質の)}¨ ⌒〔 §←現在進展中 】━━ が ¨ ∬ ¨(する)と考えられる 【 ∬=助ける_【 ∬ (する)ことを | ∬=回答する_【・*に |*←これらの問題《複数》 】┏┓。    _患者さん《複数》_ は ¨ ∬ ¨してよかろう 【 ∬=ディスカスする--【・*について |*←これらの新しい_治療_《複数》--【・*と |*←主治医 】┏┓。

--【もし『 』なら…|『_化学療法_ も 実施される 』】━━、_一般的な_原則として、_ホルモン療法_ は 開始される--【・*の後に |*←_化学療法_ が 完了した 】┏┓。

〔 _化学療法_ 〕


_化学療法_ は 通常 推奨される--【・*のために |*←■_全ての¨患者さん《複数》{☆を有する}{ ¶ ところの#←}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉_浸潤性__乳がん_⌒〔 ←#¶==_腫瘍__が ¨※¨である 【・※←_ホルモン`レセプタ`陰性_ 】|-そして-|■_¨患者さん《複数》{☆を有する}{ ¶ ところの#←}¨ ⌒〔 ☆←_ホルモン`レセプタ`陽性__腫瘍_《複数》⌒〔 ←#¶==得ると思われる_【・*を |*←追加的な_利益_{ ∬ (する)ことによる}¨ ⌒〔 ∬=受ける_【・*を |*←_化学療法_--【・*に加えて |*←_ホルモン療法_ 】、--【・*に基づき |*←_病気__ステージ_ 、及び、 _腫瘍 の _特徴《複数》 】┏┓。

_補助`化学療法_ は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=減少させる_【・*を |*←¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉 がん _再発_】━━、しかし、それ は ¨ ∬ ¨しない 【 ∬=除去する (の否定)_【・*を |*←〈その〉リスク--【・_完全_には 】┏┓。    --【 ∬ (する)ことの前に | ∬=決める_[『 』(→右記)であるか否かを… |『 それ_が ¨※¨である 【・※←正しい--【・*のために |*←_患者さん_ 』(か否かを)】━━、それ《 ∬ すること(右記)》━━は 重要である……∬=理解する_【・*を |*←■_〈その〉確率{☆の}¨ ⌒〔 ☆← がん  の _再発_】|-そして-|■_『どの程度、_補助療法_ が ¨ ∬ ¨(する)であろうか? 【 ∬=減少させる_【・*を |*←〈その〉リスク 』 】┏┓。

〈その〉_特定的な__化学療法__レジメン_《複数》 、及び、 _治療_期間長 は しばしば 決定される--【・*により |*←〈その〉¨¨_ステージ_ 、及び、 _グレード_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉 がん 】┏┓。    〈その〉_典型的 な _化学療法__レジメン_《複数》 は リストアップ されている--【・*に(セクション) |*←〈その〉_化学療法_セクション 】┏┓。    長さ{☆の}¨ ⌒〔 ☆←これらの_レジメン_《複数》】━━ は 通常 範囲を持って_いる--【・*から#の間に ||*← 4 ヶ月間 |#← 6 ヶ月間 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←いくらかのケース《複数》】━━、_投与`集中`化学療法_ が ¨ ∬ ¨(される)ことがある 【 ∬=使用される 】┏┓。

〔 trastuzumab《 Herceptin® 》


¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==持つ_【・*を |*← HER-2 陽性 の  がん 】━━ は 通常 _投与_される_【・*を |*← trastuzumab--【・*と併行して |*←_化学療法_--【・*として |*←¨一部{☆の}¨ ⌒〔 ☆←彼らの_治療_ 】┏┓。

〈一つの〉_一般普通的_ な _化学療法__レジメン__は ¨※¨である 【・※← doxorubicin / cyclophosphamide《 約 3 ヶ月間 》 、と、 それに続いての paclitaxel《 Taxol® 》/ trastuzumab 】┏┓。    〈その〉 paclitaxel は _投与_される--【・*にわたり |*←約 3 ヶ月間】━━、一方、trastuzumab は _投与_される--【・*にわたり |*←約 1 年間 】┏┓。

〈一つの〉懸念{☆の間での}¨ ⌒〔 ☆←医者《複数》】━━_は ¨『 』(右記)¨ということである ∬ すること | ∬=_投与_する_【・*を |*← trastuzumab--【・doxorubicin 後、あまりにも早い時期に ━━ は ¨ ∬ ¨(する)ことの可能性がある 【 ∬=導く--【・*へ |*←心臓`障害《複数》 』】━━、従って、 心臓`機能 は 慎重に 観察される--【・*の間 |*←_治療_--【・*により(手段) |*←検査《複数》{☆のような}¨ ⌒〔 ☆←_心エコー検査_ 】┏┓。

--【 ∬ (する)ことのために …| ∬=試みる_【 ∬ (する)ことを | ∬=少なくする_【・*を |*←〈その〉可能的な 影響《複数》{☆への}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉心臓 】━━、医者《複数》 は 、また、探しつつある_【・*を |*←_効果的_ な _併用__化学療法__レジメン_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==¨ ∬ ¨しない 【 ∬=含む (の否定)_【・*を |*← doxorubicin 】┏┓。    一つの そのような_レジメン_ は ¨※¨と呼ばれるものである【・※← TCH 】┏┓。    それ は 使用する_【・*を |*←〈その〉_化学療法剤_《複数》 docetaxel《 Taxotere® 》 、及び、 carboplatin《 3 週間に 1 回の_投与_ 》  +  _毎週 1 回の_trastuzumab《 Herceptin® 》 《 このスケジュールで 6 サイクル実施 》 】┏┓。    _左記の__投与_ は 後続される--【・*により |*← trastuzumab《 3 週間に 1 回の_投与_を 1 年間続ける 》 】┏┓。
〔 _補助療法_の 決定`作業 のための 補助手段 〕


いくらかの医者《複数》 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=使用する_【・*を |*← より新しい_遺伝子_パターン 検査《複数》--【 ∬ (する)ことのために | ∬=助ける_【 ∬ (する)ことを | ∬=決定する[『 』(→右記)であるか否か… |『 実施すべきであるかどうか_【・*を |*←_補助`化学療法_--【・*に(対象) |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←一定の_ステージ I_ 、又は、 _ステージ II_ の _乳がん_《複数》 』(か否か)】┏┓。    例《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←そのような検査《複数》】━━ は 含む_【・*を |*← Oncotype DX® 、及び、 MammaPrint®《 これらについては、参照のこと_【・*を |*←「どのように_乳がん_ は _診断_されるのか?」の項目 》 】┏┓。    これらの検査《複数》 は 実施される--【・*で(対象) |*←〈一つの〉検体{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_患者さん_の_乳がん_組織 】┏┓。    これらの検査《複数》 は 見る_【・*を |*←〈その〉機能{☆の}¨ ⌒〔 ☆←いくつかの_遺伝子_《複数》{☆の中の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉 がん --【 ∬ (する)ことのために | ∬=助ける_【 ∬ (する)ことを | ∬=予測する_【・*を |*←〈その〉¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_治療_後 の _再発_ 】┏┓。    〈その〉検査《複数》 は ¨ ∬ ¨しない であろう 【 ∬=知らせる (の否定)--【・*に |*←医者_【・*を |*←¨『 』(→右記)¨であるか『どのような_ホルモン療法_ 、又は、 _化学療法__が ¨※¨である 【・※←最適 』(であるか)? 】┏┓。    _臨床試験_《複数》__が ¨※¨である 【・※←現在 _進展中_--【 ∬ (する)ことのために | ∬=調べる_[『 』(→右記)であるか否かを… |『 これらの検査《複数》 が 実際に¨ ∬ ¨(する)ことができるか 【 ∬=知らせる--【・*について |*←『どのような_患者さん《複数》_ が ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=省略する_【・*を |*←_補助`化学療法_ 』--【・*に於いて |*←医者が 確信を 持てない状況《 _腫瘍_ が 小さい とか _リンパ節_《複数》が 巻き込まれていない ような場合 》(か否かを)】┏┓。

--【 ∬ (する)ことのために …| ∬=決める[『 』(→右記)であるか否か… |『 _補助療法__が ¨※¨である 【・※←適している--【・*のために |*←個々の_患者さん_ 』(か否か)】━━、_患者さん《複数》_ は ¨ ∬ ¨しても良いかも知れない 【 ∬=■_訪れる_【・*を |*←〈その〉 Mayo Clinic のサイト(*)】|-そして-|■_検索する《 キーワード「 adjuvant therapy for breast cancer 」 》 】┏┓。    _患者さん《複数》_ は ¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=見出す_【・*を |*←〈一つの〉ページ{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=助ける--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←_患者さん《複数》_| ∬=理解する_【・*を |*←¨¨〈その〉_可能的_ な _利益_《複数》 、及び、 限界《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_補助療法_ 】┏┓。

(*)原文には、当該サイト へのリンクが設定されています。

_その他の_オンライン・ガイド《 例えば www.adjuvantonline.com 》 は デザインされている--【 ∬ (される)ことのために | ∬=使用される--【・*により |*←医療専門家《複数》 】┏┓。    このウェブサイト は 提供する_【・*を |*←■_情報{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←_患者さん_の¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←今後 10 年間 での がん _再発_】|-そして-|■_『どのような_利益_《複数》を _患者さん_ が ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=期待する--【・*から |*←_ホルモン療法_や_化学療法_ 』 】┏┓。    _患者さん《複数》_ は ¨ ∬ ¨しても良いかも知れない 【 ∬=尋ねる_【・*に |*←主治医_[『 』(→右記)であるか否かを… |『 その主治医 が 使用している_【・*を |*←このサイト 』(か否かを)] 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(最新 医学レビュー 09/18/2009)(最新 改訂 09/18/2009)
「英文原題」=Adjuvant therapy for stages I to III breast cancer

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

ステージ_4


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_ステージ_4_ の  がん 《複数》 は 拡大して在る--【・*を超えて |*←_乳房部_ 、及び、 _リンパ節_《複数》--【・*へ |*←_その他の_箇所《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉身体 】┏┓。    --【『 』であるが…|『_外科手術_や_放射線`療法_ が ¨ ∬ ¨(である)ことがある 【 ∬=¨※¨である 【・※←有用--【・*に於いて |*←いくらかのケース《複数》 』】━━、それらの_治療_方式《複数》 は 非常に¨ ∬ ¨しそうにない 【 ∬=治癒する_【・*を |*←これらの がん 《複数》】━━、 従って 、_全身的`治療__が ¨※¨である 【・※←〈その〉主要な_治療_ 】┏┓。    --【・*によって異なってくるが… |*←多くの_要因_《複数》】━━、これ《 _全身的`治療_ 》 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=構成される--【・*から |*←■__ホルモン療法_、 _化学療法_、 _分子標的`治療`薬_《複数》{☆のような}¨ ⌒〔 ☆← trastuzumab《 Herceptin® 》 、又は、 bevacizumab《 Avastin® 》】|-又は-|■__左記の__併用_ 】┏┓。

trastuzumab は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=助ける--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←_患者さん《複数》_{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_HER2 −陽性_ がん 《複数》| ∬= より_長期間 _生存_する 】--【もし『 』なら…|『それ が _投与_される--【・*と共に |*←〈その〉最初の_化学療法_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_ステージ_4_ の _病気_ 』】┏┓。    それ《=『 』かどうか(右記)》━━は 未だ 知られていない……【・=■_trastuzumab が ¨ ∬ ¨(される)べきである 【 ∬=_投与_される--【・*と同時に |*←_ホルモン療法_】|-又は-|■_どの程度の期間、_患者さん_ は ¨ ∬ ¨(される)べきである 【 ∬=_治療_される--【・*により |*← trastuzumab 』(かどうか) 】┏┓。

bevacizumab《 〈一つの〉_薬_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==ブロックする_【・*を |*←新しい_腫瘍__血管_成長 】 》━━ は 示されて在る_【 ∬ (する)ことが | ∬=遅くする_【・*を |*←〈その〉_病気`進行_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_進行期`乳がん_--【『 』の場合…|『それ《 bevacizumab 》 が _併用_される--【・*と |*←〈その〉_化学療法剤_paclitaxel《 Taxol® 》】┏┓。    参照されたい_【・*を |*←〈その〉セクション「_分子標的`治療_」--【・*のためには |*← より多くの情報{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←この薬 】┏┓。

全ての_全身的__治療_《複数》{ ∬ (される)}¨ ⌒〔 ∬=実施される --【・*のために |*←_乳がん__治療_《 _ホルモン療法_、 _化学療法_ 、及び、 〈その〉 より新しい_分子標的`治療_《複数》 》━━_は 持つ_【・*を |*←_潜在的_ な _副作用_《複数》《 これらについて は 記述されている--【・*に於いて |*←既述セクション《複数》 》 】┏┓。    医者 は ¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=説明する--【・*に |*←_患者さん《複数》_--【・*について |*←_利益《複数》/リスク《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←これらの_治療_《複数》--【 ∬ (する)ことの前に | ∬=実施する_【・*を |*←それらの_治療_《複数》 】┏┓。

_放射線`療法_、や、_外科手術_ が 、また、¨ ∬ ¨(される)ことがある 【 ∬=使用される--【・*に於いて |*←一定の状況《複数》{☆のような}¨ ⌒〔 ☆←--【 ∬ (する)ことのために | ∬=_治療_する_【・*を |*←〈一つの〉少数の_転移_《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉特定の領域 --【 ∬ (する)ことのために | ∬=_予防_する_【・*を |*←骨折《複数》 、又は、 _肝臓_の閉塞 --【 ∬ (する)ことのために | ∬=提供する_【・*を |*←痛み等 の _症状_ の 緩和 】┏┓。    …(中略)…

--【・*に於いて… |*←いくつかのケース《複数》】━━、領域_化学療法_《 _薬_《複数》 が 患部`供給される--【・直接*の中へ |*←特定の領域{☆のような}¨ ⌒〔 ☆←液{☆の周囲の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉脳 》━━ が ¨ ∬ ¨(である)ことがある 【 ∬=¨※¨である 【・※←有用的 】┏┓。

_治療_《複数》{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=緩和する_【・*を |*←_症状_《複数》 】━━ は ¨※¨によって異なってくる【・※←『どこに 〈その〉 がん  が 拡大して在るか? 』 】┏┓。    例えば、痛み{☆による}¨ ⌒〔 ☆←_骨転移_《複数》】━━ は ¨ ∬ ¨(される)ことがある 【 ∬=_治療_される--【・*により |*←■__外部線源`放射線療法_|-AND / OR-|■__ビスフォスフォネート薬_《複数》{☆のような}¨ ⌒〔 ☆←pamidronate《 Aredia® 》 、又は、 zoledronic acid《 Zometa® 》 】┏┓。    大部分の_患者さん《複数》_ は 推奨する_【・*を |*←_ビスフォスフォネート薬_《複数》《 --【・*と一緒に |*←_カルシウム_ 、及び、 ビタミン D 》--【・*のために |*←全ての¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==_乳がん_ が 拡大して在る--【・*に |*←_骨_《複数》 】┏┓。    《 --【・*のためには |*← より多くの情報{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_骨転移_《複数》】━━、参照されたい_【・*を |*←ACSの文書「_骨転移_」 (*) 】┏┓。》

(*)原文には、当該文書へのリンクが設定されています。

- _治療_中に_病気`進行_する_進行期`乳がん_ -


--【『 』であるが…|『¨治療{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_進行期`乳がん_】━━ は しばしば¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=縮小させたり、成長を遅らせる《 しばしば 多年にわたり 》】━━、それ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=停止する_【 ∬ (する)ことを | ∬=効果を表す 】--【・(時期)|一定期間 後に 】┏┓。    _更なる__治療_{☆の時点での}¨ ⌒〔 ☆←そのような状況】━━ は ¨※¨によって異なってくる【・※←いくつかの_要因_《複数》{☆を含む}¨ ⌒〔 ☆←_先行__治療_《複数》、  がん  の 位置、 _患者さん_ の 年齢、 _一般的な_健康状態、 _治療_継続の 希望 】┏┓。

--【・*のためには… |*←_ホルモン`レセプタ`陽性_ の  がん 《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==_治療_されつつあった--【・*により |*←_ホルモン療法_ 】】━━、 ∬ すること | ∬=スイッチする_【・*に |*←他の タイプ の _ホルモン療法_ ━━_が ¨※¨である 【・※←時として 有用的 】┏┓。    そうでない場合、 _化学療法__が ¨※¨である 【・※←通常 次のステップ 】┏┓。

--【・*のためには… |*← がん 《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==もはや_反応_しない--【・*に |*←一つの_化学療法__レジメン_ 】】━━、 ∬ すること | ∬=試みる_【・*を |*←他の _レジメン_━━ が ¨ ∬ ¨(である)ことがある 【 ∬=¨※¨である 【・※←有用的 】┏┓。    ¨※¨が 存在する 【・※←¨¨多くの 異なる_薬_《複数》 、及び、 _併用__レジメン_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=使用される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=治療する_【・*を |*←_乳がん_ 】┏┓。    …(中略)…

_HER2 −陽性__乳がん_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==もはや_反応_しない--【・*に |*← trastuzumab 】━━ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=_反応_する_【・*に |*← lapatinib《 Tykerb® 》《 もう一つの _薬_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==攻撃する_【・*を |*←〈その〉 HER-2 蛋白質 】 》 】┏┓。    この薬 は 通常 _投与_される--【・*と一緒に |*←〈その〉_化学療法剤_capecitabine《 Xeloda® 》 】┏┓。    ※の両方 |※←これらの_薬_《複数》 ━━ は 服用される--【・*として |*←錠剤《複数》 】┏┓。

--【『 』の理由で…|『_現行の__治療_ は 非常に ¨ ∬ ¨(する)と考えられない 【 ∬=治癒する(の否定)_【・*を |*←_進行期`乳がん_ 』】━━、_患者さん《複数》_《 _その他の_点では 健康状態 良好な 》 は 勧められる_【 ∬ (する)ことを | ∬=考慮する_【 ∬ (する)ことを | ∬=参加する_【・*に |*←_臨床試験_《複数》_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_その他の__有望的_ な _治療_《複数》 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(最新 医学レビュー 09/18/2009)(最新 改訂 09/18/2009)
「英文原題」=Stage IV

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

再発性__乳がん


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

がん  は ¨※¨と呼ばれる【・※←_再発性_--【『 』の場合…|『それ が 戻ってくる--【・*の後に |*←_治療_ 』】┏┓。    _再発_ は ¨ ∬ ¨(である)ことがある 【 ∬=■__局所_的《 同じ_乳房部_ 、又は、 _乳房部__切除_術の 瘢痕の近く 》】|-又は-|■_遠い部位に於ける 場合 】┏┓。     がん { ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==発見された--【・*に於いて |*←〈その〉反対側の_乳房部_ 】━━_は ¨※¨ではない 【・※←〈一つの〉_再発_ 】┏┓。《 それ_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉新しい がん { ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==必要とする--【・*を |*←それ自体に対する_治療_ 】 》 】┏┓。

〔 _局所__再発_ 〕


¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==_乳がん_ が _再発_した--【・_局所_的に 】━━ は ¨※¨によって異なってくる【・※←彼らの 初回の_治療_ 】┏┓。    --【もし『 』なら…|『〈その〉_患者さん_ が 受けていた_【・*を |*←_乳房部_温存_治療_ 』】━━、_局所__再発_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_乳房部_】━━ は 通常 _治療_される--【・*により |*←_乳房部__切除術_ 】┏┓。    --【もし『 』なら…|『〈その〉初回_治療__が ¨※¨であった 【・※←_乳房部__切除術_ 』】━━、_再発_{☆の近くの}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_乳房部__切除術_の箇所】━━ は _治療_される--【 ∬ (する)ことにより | ∬=_切除_する_【・*を |*←〈その〉_腫瘍_--【・可能な限り 】┏┓。    _左記は 後続される--【・*により |*←_放射線`療法_《 但し、--【『 』の場合に限り…|『_放射線`療法_ が 実施されていない--【・*の後に |*←〈その〉最初の_外科手術_ 』】( _放射線`療法_ は ¨ ∬ ¨(される)ことができない 【 ∬=実施される(の否定)--【・*には |*←同一箇所に 2 回 ) 》 】┏┓。    いずれのケースでも、_ホルモン療法_、trastuzumab、_化学療法_ 、又は、 それらの_併用_ が ¨ ∬ ¨(される)ことがある 【 ∬=使用《複数》--【・*の後に |*←_外科手術_、や、_放射線`療法_ 】┏┓。

〔 遠隔_再発_ 〕


_一般的に、¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==持つ_【・*を |*←〈一つの〉_再発_{ ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=巻き込む_【・*を |*←臓器《複数》{☆のような}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_骨_《複数》、 肺《複数》、 脳、 etc. 】━━ は _治療_される--【・同じやり方で--【・*と(比較対象) |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==見出された_【 ∬ (する)ことが | ∬=持つ_【・*を |*←_ステージ_4__乳がん_--【・*に(箇所) |*←_左記の_ような臓器《複数》 】--【『 』の時点で…|『彼らが 最初に_診断_された 』《 参照されたい_【・*を |*←¨治療{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_ステージ_4__乳がん_ 》 】┏┓。    〈その〉唯一の差異_は ¨『 』(右記)¨ということである『_治療_ は ¨ ∬ ¨(される)ことがある 【 ∬=影響される--【・*により |*←以前 の _治療_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==〈その〉_患者さん_《複数》 が 受けていた 】 』 】┏┓。

--【もしも『 』の場合…|『あなたの がん  が _再発_した 』】━━、〈その〉 American Cancer Society の 文書「あなたの がん が_戻って来た_場合 : がん _再発_」 が ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=_提供する_【・*を |*← より多くの_一般的な_情報{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←『どのように_管理_し、たたかうべきか--【・*と(対象) |*←この 段階の_治療_ 』 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(最新 医学レビュー 09/18/2009)(最新 改訂 09/18/2009)
「英文原題」=Recurrent breast cancer

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_研究_・_治療_の新動向


概観


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_研究_{☆への}¨ ⌒〔 ☆←¨¨〈その〉原因、_予防_ 、及び、 _治療_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_】━━_は ¨※¨である 【・※←_進展中_--【・*に於いて |*←世界中の 多くの医療センター《複数》 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(最新 医学レビュー 09/18/2009)(最新 改訂 09/18/2009)
「英文原題」=Detailed Guide: Breast Cancer  What's New in Breast Cancer Research and Treatment?

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

乳がん_の 原因


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_研究《複数》_ が 続けている_【 ∬ (する)ことを | ∬=見つける_【・*を |*←¨¨ライフスタイル_要因_《複数》 、及び、 習慣《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==変える_【・*を |*←_乳がん_リスク 】┏┓。    _進展中_ の _研究《複数》_ は 調べている_【・*を |*←〈その〉¨¨効果{☆の}{★への}¨ ⌒〔 ☆←運動、体重増、又は、減、 及び、 食事⌒〔 ★←_乳がん_リスク 】┏┓。

_研究《複数》_{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉ベストな¨使用{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_遺伝子_検査{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆← BRCA1 、及び、 BRCA2_遺伝子`変異_《複数》】━━ は 続いている--【・急速に 】┏┓。    _その他の__遺伝子_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==貢献する_【・*に |*←_乳がん_リスク 】━━も、また、見出されつつある┏┓。    このこと は ¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=起きる--【・ より迅速に--【今や『 』だから…|『〈その〉ヒト・ゲノム が 明らかにされた 』】┏┓。

_潜在的_ な _原因_《複数》{☆の}{★の中での}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_⌒〔 ★←環境】━━ が 、また、_受て在る_【・*を |*← より多くの注目--【・(時期)|_最近_ 】┏┓。    --【『 』の一方で…|『多く{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉科学{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←このトピック】━━_は ¨※¨である 【・※←依然として_研究_初期の段階 』】━━、これ_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉分野{☆の}¨ ⌒〔 ☆←活発な_研究_ 】┏┓。

〈一件の〉_大規模_、_長期的__研究_{ ∬ (されている)}¨ ⌒〔 ∬=資金提供されている--【・*により |*←〈その〉 National Institute of Environmental Health Sciences (NIEHS) 】━━ が 現在 実施されつつある--【 ∬ (する)ことのために | ∬=助ける_【 ∬ (する)ことを | ∬=発見する_【・*を |*←_乳がん_ の _原因_《複数》 】┏┓。    --【・*というタイトルで… |*←〈その〉 Sister Study 】━━、この_研究_ は _登録して在る_【・*を |*← 50,000 人の女性《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==持つ_【・*を |*←姉妹《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_ 】┏┓。    _この研究_ は ¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=フォローする_【・*を |*←これらの女性《複数》--【・*にわたり |*←少なくとも 10 年間】━━、そして、収集する_【・*を |*←情報{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←¨¨_遺伝子_《複数》、 ライフスタイル 、及び、 環境_要因_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==¨ ∬ ¨(する)ことの可能性がある 【 ∬=_引き起こす_【・*を |*←_乳がん_ 】┏┓。    〈一つの〉派生_研究_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉 Sister Study 】《 〈その〉 Two Sister Study 》━━ が デザインされている--【 ∬ (する)ことのために | ∬=調べる_【・*を |*←可能的な_原因_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_若年`発症`型`乳がん_ 】┏┓。

…(後略:上記の_研究_に関する 問い合わせ先)…


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(最新 医学レビュー 09/18/2009)(最新 改訂 09/18/2009)
「英文原題」=Causes of breast cancer

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

化学_予防


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

¨結果《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←数件 の _研究《複数》_】━━ は _示唆する_【・『 』ということを… |『_選択的`エストロゲン受容体`作動薬《 SERM 》_《複数》{☆のような}¨ ⌒〔 ☆← tamoxifen、や、raloxifene 】━━ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=低下させる_【・*を |*←_乳がん_リスク_要因_《複数》 』 】┏┓。    しかし、現在までのところ、多くの女性《複数》_は ¨※¨である 【・※←乗り気ではない_--〔 ∬ (する)ことに | ∬=服用する_【・*を |*←これらの_薬_《複数》 】--【『 』の理由で…|『彼ら は 懸念している--【・*について |*←_可能的_ な _副作用_《複数》 』】┏┓。

より新しい_研究《複数》_ は 調べつつある_[『 』(→右記)であるか否かを… |『 _アロマターゼ阻害薬_《複数》《 anastrozole、letrozole、exemestane 》━━ が ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=低下させる_【・*を |*←¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_発症{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_閉経後の_女性《複数》 』(か否かを)] 】┏┓。    これらの_薬_《複数》 は 既に 使用されている--【・*として |*←_補助__ホルモン療法_--【 ∬ (する)ことのために | ∬=助ける_【 ∬ (する)ことを | ∬=_予防_する_【・*を |*←_乳がん__再発_《複数》 】━━、しかし、何も無い※ |※←これらの_薬_《複数》 ━━ は _認可_されている(の否定)--【 ∬ (する)ことのために | ∬=低下させる_【・*を |*←_乳がん_リスク 】--【・(時期)|現時点では 】┏┓。

fenretinide《 〈一つの〉レチノイド 》━━ が 、また、_研究_されつつある--【・*として |*←〈一つの〉方法{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=低下させる_【・*を |*←¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_ 《 レチノイド《複数》_は ¨※¨である 【・※←_薬_《複数》{☆に関連した}¨ ⌒〔 ☆←ビタミン A 》 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←〈一件の〉_小規模__研究_】━━、この薬 は _低下させた_【・*を |*←_乳がん_リスク--【・*と同程度に |*← tamoxifen 】┏┓。    _その他の__薬_《複数》 が 、また、_研究_されつつある--【 ∬ (する)ことのために | ∬=低下させる_【・*を |*←¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_ 】┏┓。

より多くの情報については、参照されたい_【・*を |*←〈その〉 ACS 文書「_乳がん_リスクを 低下させるための_薬_」の項目┏┓。(*)

(*)原文には、当該文書へのリンクが設定されています。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(最新 医学レビュー 09/18/2009)(最新 改訂 09/18/2009)
「英文原題」=Chemoprevention

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

《新しい検査法・_診断_》


(内容イメージのご紹介は省略します。原文をお読みください)

治療


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

〔 新しいタイプの_乳房部__切除術_ 〕


より新しいアプローチ《複数》{☆への}{ ¶ ところの#←}¨ ⌒〔 ☆←_乳房部__切除術_⌒〔 ←#¶==試みる_【 ∬ (する)ことを | ∬=与える_【・*を |*← より良好な 美容的_結果《複数》_ 】━━ が 今や _研究_されつつある┏┓。

一つのアプローチ_は ¨※¨である 【・※←〈その〉_乳頭部`温存`乳房部`切除術_ 】┏┓。    これ_は ¨※¨である 【・※←類似している_--〔・*に |*←〈その〉皮膚−温存_乳房部__切除術_--【『 』という点で(右記)| 『乳頭 、及び、 乳輪 が 切り離される--【『 』の時に…|『〈その〉_乳房部_組織 が _切除_される 』】 』━━、しかし、このアプローチの場合、〈その〉乳頭 、及び、 乳輪 から _乳房部_組織 が 除去され、検査される--【・*により |*←〈一人の〉病理`担当医 】┏┓。    --【『 』の場合…|『¨※¨は 存在しない 【・※←_乳がん__細胞《複数》_(否定)--【・*の近くに |*←〈その〉乳頭 、及び、 乳輪 』】━━、それら は 元の 位置に残される┏┓。

_更なる__研究《複数》_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←これらの技術《複数》】━━ が 必要である--【 ∬ (する)ことのために | ∬=確かめる_【・『 』ということを… |『これらの技術《複数》 が ¨ ∬ ¨しない 【 ∬=もたらす (の否定)_【・*を |*←追加的な¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆← がん の 発症、や、_再発_ 』 】┏┓。

〔 _腫瘍`形成`外科_ 〕


_乳房部_温存手術《 _ランペクトミー_ 、又は、 部分_乳房部__切除術_ 》━━ は しばしば¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=使用される--【・*のために |*←_早期‐乳がん 】┏┓。    しかし、--【・*に於いて… |*←いくらかの_患者さん《複数》_】━━、それ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=もたらす_【・*を |*←_乳房部_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←異なるサイズ《複数》 、又は、 形《複数》 】┏┓。    --【・*の場合… |*← より大きな_腫瘍_《複数》】━━、それ は ¨ ∬ ¨(でない)ことさえもある 【 ∬=可能でない】━━、そして、〈一つの〉_乳房部__切除術_ が ¨ ∬ ¨(される)ことがある 【 ∬=必要とされる 】┏┓。    いくらかの医者《複数》 は 対応する_【・*に |*←この問題--【 ∬ (する)ことにより | ∬=_併用_する_【・*を |*← がん 手術、と、形成外科 技術《複数》《 _腫瘍`形成`外科_と 呼ばれている 》 】┏┓。    このこと は _典型的には_含む_【 ∬ (する)ことを | ∬=整形する_【・*を |*←〈その〉_乳房部_--【・*の時点で |*←〈その〉当初 の _乳房部_−温存手術 】━━、そして、それ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=意味する_【・*を |*← ∬ すること | ∬=手術する_【・*を |*←〈その〉反対側の_乳房部_ --【 ∬ (する)ことのために | ∬=させる--【・*を § に ||*←両方の_乳房部_《複数》| § ← より 対称的 】┏┓。    このアプローチ_は ¨※¨である 【・※←依然として かなり新しい】━━、そして、全ての医者《複数》 が 好感しているわけではない--【・*について |*←このアプローチ 】┏┓。

〔 _乳房部_再建`手術 〕


--【『 』であるが…|『数{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉¨患者さん《複数》{☆を有する}{ ¶ ところの#←}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_⌒〔 ←#¶==_選択_する_【・*を |*←_乳房部_温存手術 】━━ は 着実に 増加してきて在る 』】━━、¨※¨が 存在する 【・※←いくらかの¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==--【・*の理由から… |*←医学的、又は、個人的な理由《複数》】━━、選ぶ_【・*を |*←_乳房部__切除術_ 】┏┓。    ¨いくらか{☆の}¨ ⌒〔 ☆←彼ら】━━ は 、また、選ぶ_【 ∬ (する)ことを | ∬=受ける_【・*を |*←再建`手術{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=回復する_【・*を |*←_乳房部_ の 外観 】┏┓。

技術的な_進歩《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_微小`血管`吻合`手術_《 小さな_血管_ の 接合 》】━━ が させて在る--【・*を § に ||*←_遊離`皮弁_手術_手順_《複数》| § ←〈一つの〉_選択肢_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_乳房部_再建 】┏┓。    --【・*のためには… |*← より多くの情報{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←タイプ《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←現在実施できる再建手術】━━、参照されたい_【・*を |*←〈その〉 ACS 文書「_乳房部__切除術_後 の _乳房部_再建」(*) 】┏┓。

(*)原文には、当該文書へのリンクが設定されています。

--【・*にわたり… |*←数年間】━━、懸念{☆への}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉_可能的_ な 関連{☆の間の}¨ ⌒〔 ☆←_乳房部_インプラント《複数》、と、_免疫_系`疾患《複数》】━━ が やる気を無くさせて在る--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←いくらかの_患者さん《複数》_| ∬=選択する_【・*を |*←インプラント《複数》--【・*として |*←〈一つの〉方法{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_乳房部_再建 】┏┓。    _最近_ の _研究《複数》_ は 見出して在る_【・『 』ということを… |『--【『 』であるが…|『インプラント《複数》 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=_引き起こす_【・*を |*←いくらかの_副作用_《複数》《 硬い瘢痕組織の形成のような 》】━━、¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←インプラント《複数》】━━ は ¨ ∬ ¨しない 【 ∬=持つ_ (の否定)_【・*を |*←如何なる より大きなリスクも{☆への}¨ ⌒〔 ☆←_免疫_系`疾患《複数》--【・*と比較して |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==受けなかった_【・*を |*←この手術 】 』 】┏┓。

同様に、〈その〉懸念{=『 』という(右記)}¨=『_乳房部_インプラント《複数》 が _増加させる_【・*を |*←¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん__再発_ 、又は、 新しい がん の発症 』━━ は サポートされていない--【・*により |*←現在 の _証拠_ 】┏┓。

〔 _放射線`療法_ 〕


--【・*のためには… |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==必要とする_【・*を |*←_放射線`療法_--【・*の後に |*←_乳房部_温存手術 】】━━、 より新しい技術《複数》{☆のような}¨ ⌒〔 ☆←低分割_放射線`療法_ 、又は、 _加速`部分乳房部`照射《 APBI 》_】━━ が ¨ ∬ ¨(である)ことがある 【 ∬=¨※¨である 【・※←同等に_効果的__--〔 ∬ (する)一方で∬=提供する_【・*を |*←〈一つの〉 より 便利な_治療_《 --【『 』と対照的に…|『〈その〉_標準的_な_毎日_実施_の_放射線`療法_ は 必要とする_【・*を |*←数週間--【・*までに |*←完了 』】 》 】┏┓。    これらの技術《複数》 は 記述される--【・ より詳細に--【・*に於いて |*←〈その〉セクション「_乳がん_ は どのように _治療_されるか?」 】┏┓。

_大規模__研究《複数》_ が なされつつある--【 ∬ (する)ことのために | ∬=_決める_【・*を |*←[『 』(→右記)であるか否か… |『 これらの技術《複数》_が ¨※¨である 【・※←同等に_効果的_--【・*と(比較対象) |*←_標準的_ な _放射線`療法_--【 ∬ (する)ことに於いて | ∬=_予防_する_【・*を |*← がん _再発_《複数》 】 』(か否か)】┏┓。

〔 新しい_化学療法剤_ 〕


--【『 』の理由で…|『_進行期`乳がん__は ¨※¨である 【・※←しばしば_治療_困難 』】━━、_研究者《複数》_ は 常に 探しつつある_【・*を |*← より新しい_治療薬_《複数》 】┏┓。

〈一つの〉_薬_{ ¶ ところの#←¨】━━ が 開発されて在る(⌒←#¶==標的する_【・*に |*← がん 《複数》{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=引き起こされた--【・*により |*← BRCA_遺伝子`変異_《複数》 】┏┓。    それ は 呼ばれる--【・*と(名称) |*← olaparib 】━━、そして、それ_は ¨※¨であった 【・※←成功的--【 ∬ (する)ことに於いて | ∬=_治療_する_【・*を |*←¨¨_乳がん_、卵巣がん 、及び、 _前立腺がん_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==拡大して在った、そして、_その他の__治療_《複数》に_耐性_であった 】┏┓。    _更なる__研究《複数》__が ¨※¨である 【・※←_進展中_--【 ∬ (する)ことのために | ∬=調べる_[『 』(→右記)であるか否かを… |『 この_薬_ が ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=助ける 』(か否かを)]_【・*を |*←¨患者さん《複数》{☆を有しない}¨ ⌒〔 ☆← BRCA_遺伝子`変異_《複数》 】┏┓。

〔 _分子標的`治療_ 〕


_分子標的`治療`薬_《複数》_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉_グループ_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← より新しい_薬_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==_特定的に 利用する_【・*を |*←_細胞_ の _遺伝子_変化《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==_引き起こす_【・*を |*← がん 】┏┓。

- HER-2に標的する_薬_《複数》 -


trastuzumab《 Herceptin® 》_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉_モノクロナル抗体_《 〈一つの〉人工 バージョン{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉_特定的な__免疫_システム 蛋白質 》¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==使用される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=治療する_【・*を |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_ 】┏┓。    それ は 作用を現わす--【 ∬ (する)ことにより | ∬=妨げる--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←〈その〉 HER-2 蛋白質| ∬=促進する_【・*を |*←過剰な成長{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん__細胞《複数》_ 】━━、そして、それ は 、また、¨ ∬ ¨(する)ようである 【 ∬=助ける--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←〈その〉_免疫_システム| ∬=戦う--【・*と |*←〈その〉 がん 】┏┓。

lapatinib《 Tykerb® 》━━_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉_小分子__分子標的`治療_ の 錠剤、、《この_薬_は _認可_された--【・*により |*←〈その〉米国 FDA --【・*のために |*←使用{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}{ ¶ ところの#←}¨ ⌒〔 ☆←_HER2 −陽性__進行期`乳がん_⌒〔 ←#¶== がん  が 成長しつつある--【・*にもかかわらず |*←¨使用{☆の}¨ ⌒〔 ☆← trastuzumab 】》 】┏┓。     より新しい_研究_《複数》 は 調べつつある_【 ∬ (する)ことを | ∬=使用する_【・*を |*←この薬--【・*の代わりに |*← trastuzumab--【・*のために |*←_早期‐乳がん 】┏┓。

_その他の__薬_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==標的する_【・*に |*←〈その〉 HER-2 蛋白質 】━━ が テストされつつある--【・*に於いて(手段) |*←_臨床試験_《複数》_ 】┏┓。

- _抗−_血管新生__薬_《複数》 -


--【 ∬ (する)ことのためには… | ∬= がん  が 成長する 】━━、_血管_《複数》 が ¨ ∬ ¨ねばならない 【 ∬=発達する--【 ∬ (する)ことのために | ∬=栄養する_【・*を |*←〈その〉_がん細胞《複数》_ 】┏┓。    このプロセス は 呼ばれる--【・*と(名称) |*←_血管新生_ 】┏┓。     ∬ すること | ∬=調べる_【・*を |*←_血管新生_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_検体《複数》 ━━ は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=助ける_【 ∬ (する)ことを | ∬=_予後`予測する】┏┓。    いくつかの_研究《複数》_ は _見出して在る_【・『 』ということを… |『_乳がん_《複数》{ ∬ (されている)}¨ ⌒〔 ∬=囲まれている--【・*により |*←多くの新しい、小さな_血管_《複数》 】━━ は ¨ ∬ ¨(である)という傾向がある 【 ∬=¨※¨である 【・※← より_攻撃的_ 』 】┏┓。     より多くの_研究 が 必要である--【 ∬ (する)ことのために | ∬=確認する_【・*を |*←_左記のこと 】┏┓。

bevacizumab《 Avastin® 》_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉_抗−_血管新生__薬_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=使用される--【・*との併用で |*←〈その〉_化学療法剤_である paclitaxel《 Taxol® 》--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_ 】┏┓。

_その他の_新しい_薬_《複数》{ ¶ ところの#←¨】━━ が 、また、開発されつつある(⌒←#¶==¨ ∬ ¨(である)ことの可能性がある 【 ∬=¨※¨である 【・※←有用的--【 ∬ (する)ことに於いて | ∬=妨げる--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←新しい_血管_《複数》| ∬=形成される 】┏┓。    いくつかの このような_薬_《複数》 が 現在 テストされつつある--【・*に於いて(手段) |*←_臨床試験_《複数》_ 】┏┓。

- 上皮成長因子レセプタ《EGFR》に標的する_薬_《複数》 -


〈その〉上皮成長因子レセプタ《 EGFR 》_は ¨※¨である 【・※←もう一つの 蛋白質{ ∬ (される)}¨ ⌒〔 ∬=見出される--【・大量に--【・*の上に |*←〈その〉表面{☆の}¨ ⌒〔 ☆←いくらかの_がん細胞《複数》_ 】┏┓。    いくつかの_薬_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==標的する_【・*に |*←上皮成長因子レセプタ《 EGFR 》 《 例えば cetuximab《 Erbitux® 》 、及び、 erlotinib《 Tarceva® 》━━ は 既に 使用されている--【 ∬ (する)ことのために | ∬=_治療_する_【・*を |*←_その他の_タイプ《複数》 の  がん 《複数》 】、--【『 』の一方で…|『_その他の__抗−上皮成長因子レセプタ《 EGFR 》_薬_《複数》 は 依然として¨※¨と見なされている【・※←実験段階 』】┏┓。    _研究《複数》_ が 現在 _進展中_である--【 ∬ (する)ことのために | ∬=調べる_[『 』(→右記)であるか否かを… |『 これらの_薬_《複数》 が ¨ ∬ ¨(である)ことの可能性がある 【 ∬=¨※¨である 【・※←_効果的__--〔・*に対して |*←_乳がん_《複数》 』(か否かを)】┏┓。

- _その他の__分子標的`治療`薬_《複数》 -


everolimus《 Afinitor® 》_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉新しいタイプ の _分子標的`治療`薬_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==_最近__認可_された--【 ∬ (する)ことのために | ∬=_治療_する_【・*を |*←_腎臓_ がん 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←〈一件の〉_研究_】━━、letrozole + everolimus は  より良好に 作用した--【・*よりも |*← letrozole 単独の場合--【 ∬ (する)ことに於いて | ∬=縮小させる_【・*を |*←_乳房部__腫瘍_《複数》--【・*の前に |*←_外科手術_ 】┏┓。     より多くの_研究《複数》_{ ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=使用する_【・*を |*←この薬 】━━ が 計画されている┏┓。

多くの_その他の__潜在的_標的《複数》{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←新しい_乳がん__治療薬_《複数》】━━ が 見出されている--【・近年 】┏┓。    _薬_《複数》{☆に基づく}¨ ⌒〔 ☆←これらの標的《複数》】━━ が 現在 _研究_されつつある、--【『 』であるが…|『大部分 は 未だ¨※¨である 【・※←初期_臨床試験_段階 』】┏┓。

〔 _ビスフォスフォネート薬_《複数》 〕


_ビスフォスフォネート薬_《複数》_は ¨※¨である 【・※←_薬_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==使用される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=助ける_【 ∬ (する)ことを | ∬=強化する(*)、そして、低下させる_【・*を |*←〈その〉¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_骨折_《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←骨《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==弱められて在る--【・*により |*←_転移性__乳がん_ 】┏┓。    例《複数》 は 含む_【・*を |*← pamidronate《 Aredia® 》 、及び、 zoledronic acid《 Zometa® 》 】┏┓。

(*)mougitaro 注:原文には、目的語がありません。

〈一件の〉_最近_ の _研究_ が _示唆した_【・『 』ということを… |『--【 ∬ (された)場合に∬=_併用_された--【・*と(併用`相手) |*←_ホルモン療法_--【 ∬ (する)ことのために | ∬=治療する_【・*を |*←_早期_−_ステージ__乳がん_ 】━━、zoledronic acid は ¨ ∬ ¨(する)ようである 【 ∬=低下させる_【・*を |*←〈その〉¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆← がん _再発_ 』 】┏┓。     より多くの_研究《複数》_ が 必要である--【 ∬ (する)ことのために | ∬=_決める_【・*を |*←_[『 』(→右記)であるか否かを… |『 _ビスフォスフォネート薬_《複数》 が ¨ ∬ ¨(する)べきである 【 ∬=¨※¨となる【・※←¨一部{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_標準的__治療_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_早期_−_ステージ__乳がん_ 』(か否かを)】 】┏┓。

〔 ビタミン D 〕


〈一件の〉_最近_ の _研究_ は _見出して在る_【・『 』ということを… |『¨患者さん《複数》{☆を有する}{ ¶ ところの#←}¨ ⌒〔 ☆←_早期_−_ステージ__乳がん_⌒〔 ←#¶==¨※¨であった 【・※←ビタミン D 不足 】━━ は  より¨ ∬ ¨しやすい 【 ∬=■_ がん  が _再発_する--【・*に於いて |*←〈一つの〉遠隔`箇所{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉身体】|-そして-|■_持つ_【・*を |*←〈一つの〉 より劣った_予後_ 』 】┏┓。     より多くの_研究_ が 必要である--【 ∬ (する)ことのために | ∬=確認する_【・*を |*←この_知見_ 】━━、そして、それ《=『 』かどうか(右記)》━━は 未だに 不明である……【・= ∬ すること | ∬=摂取する_【・*を |*←ビタミン D サプリメント ━━_が ¨※¨である 【・※←有用的 』(かどうか) 】┏┓。    いずれにせよ、_患者さん_ は ¨ ∬ ¨してよかろう 【 ∬=話す--【・*に |*←主治医--【 ∬ (する)ことについて | ∬=検査する_【・*を |*←ご自分のビタミン D_レベル_--【 ∬ (する)ことのために | ∬=確かめる_[『 』(→右記)であるか否かを… |『 それ が ¨※¨である【・※←健常`範囲 内 』(か否かを)】┏┓。

〔 denosumab 〕


--【『 』の場合…|『 がん  が 拡大する--【・*に(箇所) |*←〈その〉_骨_ 』】━━、それ は _引き起こす_【・*を |*←〈一つの〉増加した_レベル_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉物質{☆と呼ばれる}¨ ⌒〔 ☆← RANKL、、《この物質_は ¨※¨である 【・※←重要_--〔・*に於いて |*←_骨_代謝》 】┏┓。     より高い_レベル_《複数》 は 刺激する--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←破骨_細胞_《複数》| ∬=破壊する_【・*を |*←_骨_ 】┏┓。    〈一つの〉 より新しい_薬_{☆と呼ばれる}¨ ⌒〔 ☆← denosumab 】━━ は _抑制する_【・*を |*← RANKL 】━━、そして、それ は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=助ける_【 ∬ (する)ことを | ∬=守る_【・*を |*←_骨_《複数》 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←初期_研究《複数》_】━━、それ は ¨ ∬ ¨(する)ようである 【 ∬=助けになる--【『 』の後でさえも…|『_ビスフォスフォネート薬_《複数》 が 効かなくなる 』】┏┓。     より多くの_研究《複数》__が ¨※¨である 【・※←_進展中_ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(最新 医学レビュー 09/18/2009)(最新 改訂 09/18/2009)
「英文原題」=Detailed Guide: Breast Cancer  What's New in Breast Cancer Research and Treatment?

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

資料 D= _再発性__乳がん_の_治療_《CancerConsultants》(資料ご紹介の作成年月=09/2)


《上記の標題について ご紹介しています》

資料名=CancerConsultants.com


このコーナーでは、上記の資料の内容の概略をご紹介しています。各ページには、当該ページに対応する原資料サイトのページへのリンクを設定してありますが、原資料サイト での ページ構成変更により、リンク切れとなっております場合は、本家サイトの

リンク集のページ

の、「情報の存在を ご紹介しているサイト」の項目に 当該原資料サイトへのリンクを収載しておりますので、そこからジャンプしてください。《当該原資料サイトには、当サイトでご紹介している以外にも豊富な情報が記載されておりますので、原資料サイトをご覧になることを強くお勧めします》

尚、このコーナーでご紹介しております原資料の日付は下記の通りです :

原資料更新時期=10/29/2007 

本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

治療_の 概観


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
*****blg↓********************

_再発性__乳がん__は ¨※¨である 【・※← がん { ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==■__進行_する--【・*の間に |*←_治療_ 】|-又は-|■__再発_する--【・*の後に |*←_寛解_ 】┏┓。    --【・『 』であるが…|『_乳がん_ は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=_再発_する--【・身体のほとんど全ての箇所 』】━━、_一般的な__再発_箇所《複数》 は 含む--【・*を |*←〈その〉_肝臓_、_骨_《複数》、肺《複数》、脳 、及び、 皮膚 】┏┓。    ¨治療{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_再発性__乳がん_】━━ は ¨※¨によって異なってくる【・※←■_どのような_治療_を……〈その〉_患者さん_ が 既に受けて在るか?|-そして-|■_どこに……〈その〉 がん  が _再発_して在るのか? 』 】┏┓。

_再発性__乳がん_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==限局している--【・*に |*←〈その〉_乳房部_ 、又は、 ¨¨領域{ ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=直接に囲んでいる--【・*を |*←〈その〉_乳房部_ 《 _局所`領域`的__再発_と呼ばれる 》 】━━ は 典型的には _治療_される--【・*により |*←_外科手術_《 _放射線`療法_を追加の場合あり 》 】┏┓。    大部分の_患者さん《複数》_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==経験する--【・*を |*←〈一つの〉_再発_ 】━━_は 持つ--【・*を |*←病気{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==_転移して在る--【・身体中に 】┏┓。    これらの_患者さん《複数》_ は 必要とする--【・*を |*←_全身的な__治療_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=到達する--【・*に |*←〈その〉 がん --【・身体の何処にあっても 】__ : __これ は 含む--【・*を |*←_化学療法_、_ホルモン療法_、_分子標的`治療_ 】┏┓。

〈その〉以下の記述_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉_一般的な_概観{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨治療{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_再発性__乳がん_ 】┏┓。    _集学的__治療_《 これは 使用する--【・*を |*← 2 種類以上の _治療_方式《複数》 》━━ は 次第に 認識されつつある--【・*として |*←〈一つの〉重要なアプローチ{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=■_改善する--【・*を |*←_患者さん_の治癒のチャンス】|--|■_伸長する--【・*を |*←_生存期間_ 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←いくらかのケース《複数》】━━、¨¨参加{☆への}¨ ⌒〔 ☆←〈一件の〉_臨床試験_{ ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=使用する--【・*を |*←新しい、革新的な _治療_《複数》 】━━ が ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=提供する--【・*を |*←〈その〉最も_有望的な__治療_ 】┏┓。

環境《複数》{§(の性質の)}¨ ⌒〔 §←各_患者さん_の状況に固有な 】━━ が ¨ ∬ ¨と考えられる 【 ∬=影響する--【・*に |*←『どのように……これらの_一般的な__治療_原則《複数》 が 適用されるのか 』 】┏┓。    〈その〉_潜在的__利益_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_集学的_ケア、_臨床試験_への参加 、又は、 標準的な_治療_】━━ は ¨ ∬ ¨べきである 【 ∬=慎重に 比較考量される--【・*と比較して |*←〈その〉_潜在的_リスク《複数》 】┏┓。

情報{☆の}¨ ⌒〔 ☆←このサイト】━━ は 意図されている--【 ∬ (する)ことのために | ∬=■_助ける--【 ∬ (する)ことを | ∬=教育する--【・*を |*←_患者さん《複数》_--【・*について |*←彼らの_治療`選択肢_《複数》 】|-そして-|■_容易にさせる--【・*を |*←〈一つの〉相互の 、又は、 シェアされた 決定作業プロセス{☆との}¨ ⌒〔 ☆←彼らの _治療_チーム 】┏┓。

本資料の内容構成 :
◇_乳がん_の_局所`領域`的__再発_の_治療_
◇_再発性__乳がん_の_全身的な__治療_

◇_骨転移_の_管理_
◇_治療_改善への_戦略_


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: CancerConsultants Patients)(タイプ別)
「英文原題」=Recurrent Breast Cancer

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

局所`領域`的__再発_ の _治療


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
*****blg↓********************

--【・*の後に… |*←_第一次的_な_外科_治療_{☆の}{★による}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_⌒〔 ★←_乳房部__切除術_ 、又は、 _乳房部_温存手術《 _ランペクトミー + _放射線`療法_ 》】━━、_患者さん《複数》_ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=経験する--【・*を |*←〈一つの〉_局所__再発_《 このような_再発_ は 定義される--【・*として |*← がん { ∬ ((を)した)}¨ ⌒〔 ∬=_再発_した--【・*の内部で |*←以前に罹患した_乳房部_、胸壁 、又は、 〈その〉_乳房部_上 の皮膚 】 》 】┏┓。    _患者さん《複数》_ は、また、 ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=経験する--【・*を |*←〈一つの〉領域的 _再発_《 このような_再発_ は 定義される--【・*として |*←〈一つの〉 がん { ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=巻き込む--【・*を |*←〈その〉_鎖骨上__リンパ節_《複数》、 _内胸リンパ節《複数》 、又は、 _腋窩(腋の下)`リンパ節_《複数》 】 》 】┏┓。

〔 _乳房部__切除術_後 の _再発_ 〕


_局所__再発_{☆の後の}¨ ⌒〔 ☆←_初回`治療_{☆による}¨ ⌒〔 ☆←_乳房部__切除術_】━━ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=_効果的_にコントロールされる--【・*により |*←追加の_放射線`療法_ 】┏┓。    _外科手術_{☆に先行する}¨ ⌒〔 ☆←_放射線`療法_】━━ が、また、 ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=¨※¨である 【・※←_利益_的--【・*に於いて |*←選択された状況《複数》 】┏┓。    追加的な_局所__再発_《複数》 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=¨※¨である 【・※←_予防_可能的--【・*によって異なってくるが |*← がん のサイズ、 照射された_放射線_の量、 _放射線_の照射野の広さ 】┏┓。

--【・*にもかかわらず… |*←_効果的_な_局所`コントロール_{☆による}¨ ⌒〔 ☆←_外科手術_ 、及び、 _放射線`療法_】━━、¨¨大部分の_患者さん《複数》_{ ∬ ((を)した)}¨ ⌒〔 ∬=経験した--【・*を |*←_局所__再発_ 】━━ は 究極的に 発症する--【・*を |*←_全身的な__再発_ 】┏┓。    このことから、多くの医者《複数》 は 考える【・『 』と… |『追加的な¨治療{☆による}¨ ⌒〔 ☆←_化学療法_ 、又は、 _ホルモン療法_】━━_が ¨※¨である 【・※←有用 』 】┏┓。

〔 _乳房部_温存手術 後 の _再発_ 〕


〈一つの〉_再発_{☆の後の}{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ☆←_乳房部_温存 _治療_⌒〔 ¶==限局している--【・*に |*←〈その〉_局所`領域`的_な範囲{☆の周囲の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉当初の がん 】━━ は 典型的には _治療_される--【・*により |*←〈一つの〉_乳房部__切除術_ 】┏┓。    --【・*により… |*←このアプローチ】━━、約 60 〜 75%の_患者さん《複数》_ が ¨ ∬ ¨(する)ことの可能性がある 【 ∬=_生存_する--【・5 年間以上--【・*無しに |*←もう一つの_再発_ 】┏┓。    _乳房部__切除術_ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=後続される--【・*により |*←_放射線`療法_--【・いくらかの状況では 】┏┓。    ¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←領域的 に_再発_した_乳がん_】━━_は ¨※¨である 【・※← より高リスク--【・*について |*←将来の _全身的な__再発_】━━、そして、それらの_患者さん《複数》_ は ¨ ∬ ¨(する)と考えられる 【 ∬=_利益_を得る--【・最も--【・*から |*←¨追加{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_放射線`療法_ 、又は、 もう一つの_治療_ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: CancerConsultants Patients)(タイプ別)
「英文原題」=Treatment of Local-Regional Recurrence of Breast Cancer

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_全身的`治療_ : 分子標的`治療_


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
*****blg↓********************

_分子標的`治療_《複数》_は ¨※¨である 【・※←_治療_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=選択的に標的する--【・*を |*←_がん細胞《複数》_】━━、そして、最小化する--【・*を |*←ダメージ{☆への}¨ ⌒〔 ☆←正常な、健康な_細胞《複数》_ 】┏┓。    このこと は 意味する【・『 』ということを… |『_副作用_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_分子標的`治療_】━━_は ¨※¨である 【・※←_一般的に より低_重症度 』 】┏┓。    _分子標的`治療_《複数》 は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=容易に併用される--【・*と |*←_化学療法_ 】┏┓。    _進歩《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←科学 、及び、 技術】━━ は もたらして在る--【・*を |*←開発{☆の}¨ ⌒〔 ☆←いくつかの異なるタイプの_分子標的`治療_《複数》 】┏┓。

〔 ヒト上皮成長因子レセプタ−2( HER-2 ) 〕


20 〜 30%の_乳がん_《複数》 は 過剰発現する--【・*を |*←〈一つの〉蛋白質{☆と呼ばれる}¨ ⌒〔 ☆← HER-2 】┏┓。    過剰発現{☆の}¨ ⌒〔 ☆←この蛋白質】━━ は もたらす--【・*を |*←増加した成長{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_がん細胞《複数》_ 】┏┓。    幸いにして、¨¨開発{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_治療_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==特定的に標的する--【・*を |*←_HER2 −陽性_の_細胞《複数》_ 】━━ が 改善して在る--【・*を |*←_結果状況_《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_HER2 −陽性_の_乳がん_ 】┏┓。

- Herceptin®《 trastuzumab 》 -


Herceptin®_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉_薬_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==認識し、結合する--【・*に |*←_HER2 −陽性_の_細胞《複数》_ 】┏┓。    効果《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆← Herceptin®】━━ は 考えられている--【 ∬ (する)と | ∬=含む--【・*を |*←_細胞_成長の低下 、及び、 _細胞_死滅の増加 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_HER2 −陽性_の_乳がん_】━━、¨¨Herceptin®{☆との併用での}¨ ⌒〔 ☆←_化学療法_ 】━━ は 示されて在る--【 ∬ (する)と | ∬=■_増加する--【・*を |*←_奏効率_《複数》】|-そして-|■_伸長する--【・*を |*←_生存期間_】  --【・*と比較して |*←¨治療{☆による}¨ ⌒〔 ☆← Herceptin® 、又は、 _化学療法_それぞれ単独 】┏┓。    --【・*のためには… |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==_再発_した--【・*の後に |*←先行の_化学療法_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_ 】】━━、Herceptin® は 、また、¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=使用される--【・単独で 】┏┓。    〈一件の〉_研究_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==受けたことがある--【・*を |*←重度の 先行_治療_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_ 】━━ は 報告した【・『 』ということを… |『¨治療{☆による}¨ ⌒〔 ☆← Herceptin®だけ】━━ が もたらした--【・*を |*←〈一つの〉部分的 、又は、 _完全_な消失{☆の}¨ ⌒〔 ☆←検出可能な がん --【・*に於いて |*← 15%の_患者さん《複数》_ 』 】┏┓。

- Tykerb®《 lapatinib 》 -


Tykerb® は 標的する--【・*を |*←■_HER-2 |- また、同様に -|■_〈一つの〉関連した蛋白質{☆と呼ばれる}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉上皮成長因子レセプタ《 EGFR 》 】┏┓。    --【・*によれば… |*←¨結果《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈一件の〉_Phase III__臨床試験_】━━、¨併用{☆の}¨ ⌒〔 ☆← Tykerb® + _化学療法剤_Xeloda®《 capecitabine 》】━━ は もたらした--【・*を |*←〈一つの〉 より_長期間の__ がん`進行`まで`期間_--【・*よりも |*← Xeloda®単独の場合--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_HER2 −陽性_、_治療−抵抗性_、_進行期_/_転移性`乳がん_ 】┏┓。    Tykerb® は _認可_されている--【・*のために |*←使用{☆による}{★のための}¨ ⌒〔 ☆←併用{☆との}¨ ⌒〔 ☆← Xeloda®⌒〔 ★←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_HER2 −陽性_、_進行期_/_転移性`乳がん_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==_進行_していた--【・*の後に |*←_先行治療{☆による}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉_アントラサイクリン系`化学療法剤_、〈一つの〉タキサン系化学療法剤 、及び、 Herceptin® 】┏┓。

〔 Avastin®《 bevacizumab 》


Avastin®《 〈一つの〉新しいタイプの_分子標的`治療_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==抑制する--【・*を |*←発達{☆の}¨ ⌒〔 ☆←新しい血管《複数》 】 》】━━ は 活用する--【・*を |*←〈一つの〉プロセス{☆と呼ばれる}¨ ⌒〔 ☆←_血管新生_ 】┏┓。    _がん細胞《複数》_ は 必要とする--【・*を |*←食物、酸素 、及び、 蛋白質《複数》--【 ∬ (する)ことのために | ∬=成長し、拡大する 】┏┓。    新しい_血管_《複数》_が ¨※¨である 【・※←必要--【 ∬ (する)ことのために | ∬=供給する--【・*を |*←これらの必須成分《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_細胞_成長 】┏┓。    Avastin® は もたらす--【・*を |*←それの _抗_−_血管新生_効果《複数》--【 ∬ (する)ことにより | ∬=結合する--【・*に |*←〈一つの〉蛋白質{☆と呼ばれる}¨ ⌒〔 ☆←_血管内皮`成長`因子《 VEGF 》_ 】┏┓。    _血管内皮`成長`因子《 VEGF 》_ は させる--【・▽が¨ ∬ ¨するように||▽←内皮_細胞_《複数》《 _血管_の最も内側の層の_細胞《複数》_ 》∬=分裂し、移動する--【・*から |*←既存の_血管_《複数》--【・*へ |*←〈その〉 がん 】┏┓。    結合{☆の}{★への}¨ ⌒〔 ☆← Avastin®⌒〔 ★←_血管内皮`成長`因子《 VEGF 》_】━━ は 低下させる--【・*を |*←この_活性_ 】┏┓。

_研究_ は 示す--【・『 』ということを… |『¨追加{☆の}{★への}{▼に於ける }¨ ⌒〔 ☆← Avastin®⌒〔 ★←_化学療法_⌒〔 ▼←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_進行期__乳がん_】━━ は もたらす--【・*を |*← より多くの_抗_− がん _奏効_《複数》 、及び、  より_長期間の__がん無し`生存期間--【・*よりも |*←_化学療法_単独の場合 』《 テーブル 1 を参照のこと 》 】┏┓。    この_臨床試験_ は 含んだ--【・*を |*← 700 名以上の¨患者さん《複数》{☆を有する}{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ☆←_局所`進行期_ 、又は、 _転移性_ の _乳がん_⌒〔 ¶==■_¨※¨であった 【・※←身体状況が良好】|-そして-|■_ がん  が 拡大していなかった--【・*へ |*←〈その〉神経系《 脳 》 】┏┓。    ¨¨大多数{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_患者さん《複数》_】━━_は 持っていた--【・*を |*←_HER2 ‐陰性の病気 】┏┓。    _患者さん《複数》_ は 受けた--【・*を |*←※の いずれか |※← Taxol® + Avastin® 、又は、 Taxol®だけ 】┏┓。

テーブル 1: _乳がん__治療_に於ける Taxol®_化学療法_への Avastin®の追加
    Taxol® + Avastin®Taxol®だけ
_奏効率_28%14%
_進行無し`生存_期間10。9ヶ月間6。11ヶ月間


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: CancerConsultants Patients)(タイプ別)
「英文原題」=Targeted Therapy

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_全身的`治療_ : 化学療法


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
*****blg↓********************

¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_再発した_ がん 】━━ は 典型的には 既に 受けたことがある--【・*を |*←_化学療法_--【・*として |*←彼らの_初回`治療_ 】┏┓。    〈その〉最初の_化学療法__治療_ は 呼ばれる--【・*と |*←「_第一線`治療_」】━━、そして、追加的な_化学療法_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_再発した_ がん 】━━ は 呼ばれる--【・*と |*←「_第二線治療」 】┏┓。    --【・*を例外として… |*←ケース《複数》{ そこで¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==_初回`治療_ が ¨※¨であってきて在る 【・※←不十分 】━━、_第二線−化学療法_ は 典型的には 伴う--【・*を |*← より低い_奏効率_《複数》 、及び、 〈一つの〉 より短い _寛解__持続`期間_--【・*よりも |*←_第一線`化学療法_ 】┏┓。    そのようなわけで、目標{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_第二線−化学療法_】━━_は ∬ (する)ことである 【 ∬=■_低下させる--【・*を |*←_症状_《複数》】|-そして-|■_改善する--【・*を |*←〈一つの〉_患者さん_の_生活の質_】|-そして-|■_可能的に 増加する--【・*を |*←_生存_ 】┏┓。

タイプ{☆の}{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ☆←_第二線`治療_⌒〔 ¶==選択される 】━━ 、及び、 その効果━━ は ¨※¨によって異なってくる【・※←『どのような_第一線`化学療法_を……〈その〉_患者さん_ が 受けたのか? 』 】┏┓。    特に、[『 』(→右記)であるか否か… |『 〈一人の〉_患者さん_の 以前の_治療_ が 含んだ--【・*を |*← doxorubicin 、又は、 〈一つの〉タキサン系化学療法剤 』(か否か)]━━ が 助ける--【 ∬ (する)ことを | ∬=決める--【・*を |*←_選択肢_《複数》{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_第二線`治療_ 】┏┓。    _患者さん《複数》_ は 典型的には 生じる--【・*を |*←_耐性_{☆への}¨ ⌒〔 ☆←_薬_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==以前に使用された--【 ∬ (する)ことのために | ∬=治療する--【・*を |*←彼らの がん 】┏┓。

〔 以前にタキサン系化学療法剤で_治療_されている_患者さん_の場合 〕


Abraxane®《 〈一つの〉新しい方法{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=患部`供給する--【・*を |*← paclitaxel 】 》、 Gemzar®《 gemcitabine 》、 、又は、 〈その〉_経口__化学療法剤_Xeloda®《 capecitabine 》━━_は ¨※¨である 【・※←_治療__選択肢_《複数》{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==既に 受けたことがある--【・*を |*←〈一つの〉タキサン系化学療法剤による_治療_ 】┏┓。

- Abraxane®《 ナノ粒子 アルブミン−結合 paclitaxel 》 -


Abraxane® は 採用している--【・*を |*←〈一つの〉新しい技術{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=患部`供給する--【・*を |*←〈その〉_抗_ がん 治療薬 paclitaxel 】┏┓。    それ は 使用する--【・*を |*←アルブミン《 〈その〉最も豊富な蛋白質《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉身体 》--【 ∬ (する)ことのために | ∬=患部`供給する--【・*を |*←〈その〉 paclitaxel--【・直接に--【・*に |*←_がん細胞《複数》_ 】┏┓。    アルブミン_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉蛋白質{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==使用される--【・*により |*←〈その〉身体--【 ∬ (する)ことのために | ∬=運搬する--【・*を |*←栄養《複数》 、及び、 エネルギー--【・*へ |*←身体中の組織《複数》 】┏┓。    --【・いったん『 』すると…|『〈その〉アルブミン が 到達する--【・*に |*←〈その〉組織《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉身体 』】━━、それ は 結合する--【・*に |*←レセプタ《複数》{☆の上の}¨ ⌒〔 ☆←表面{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_血管_】━━、そして、それ は 取り込まれる--【・*の中へ |*←〈その〉組織《複数》】━━、そして、そこで、それ は 渡す--【・*を |*←その積み荷《 アルブミンが運んできたもの 》--【・*に |*←〈その〉周囲の_細胞《複数》_ 】┏┓。    --【・*の場合… |*← Abraxane®】━━、〈その〉積み荷_は ¨※¨である 【・※←〈その〉_抗_ がん 治療薬 paclitaxel 】┏┓。

¨結果《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈一件の〉_臨床試験_】━━ は 示す--【・『 』ということを… |『¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==病気_進行_して在る--【・*では |*←タキサン系化学療法剤《複数》 】━━ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=_反応_する--【・*に |*←¨治療{☆による}¨ ⌒〔 ☆← Abraxane® 』 】┏┓。    --【・*の内… |*← 75 名の¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←タキサン系化学療法剤−_治療−抵抗性_の病気】━━、半数 が 経験した--【・*を |*←_抗_− がん _奏効_《複数》{☆による}¨ ⌒〔 ☆← Abraxane®_治療_ 】┏┓。    また、〈その〉 がん  は 安定化した《 つまり、それ は ¨ ∬ ¨しなかった 【 ∬=_進行_する (の否定)--【・*に於いて |*← 40%の 】┏┓。    --【・『 』の一方で…|『いくらかの_患者さん《複数》_ は 経験した--【・*を |*←_副作用_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_治療_ 』】━━、4 分の 3 の_患者さん《複数》_ は ¨ ∬ ¨(する)ことができた 【 ∬=受ける--【・*を |*←フル_用量_の Abraxane® 】┏┓。    _重症の_感覚喪失{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←手《複数》 、及び、 足《複数》】━━ が 起きた--【・*に於いて |*← 17%の_患者さん《複数》_】━━、しかし、そのような_症状_《複数》 は ¨ ∬ ¨しなかった 【 ∬=停止させる (の否定)--【・*を |*←¨治療{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←これらの_患者さん《複数》_ 】__ : __77%の_患者さん《複数》_ は ¨ ∬ ¨(する)ことができた 【 ∬=続ける--【・*を |*←_治療_--【・*により |*← より低_用量_の Abraxane® 】┏┓。

- Gemzar®《 gemcitabine 》 -


_臨床研究_《複数》 は 示す--【・『 』ということを… |『 Gemzar®_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉_活性的_な_抗_− がん 治療薬--【・*に於いて |*←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_再発性__乳がん_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==以前に_治療_されたことがある--【・*により |*←〈一つの〉タキサン系化学療法剤 】 』 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←_臨床試験《複数》_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==評価して在る--【・*に於いて |*← Gemzar®--【・*として |*←〈一つの〉_第二線`治療_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_ 】】━━、約 3 分の 1 の_患者さん《複数》__が 持った--【・*を |*←〈一つの〉_抗_− がん _奏効_《複数》 】┏┓。    これらの_患者さん《複数》_ は _生存_した--【・*にわたり |*←平均 12 〜 18 ヶ月間 】┏┓。

- Xeloda®《 capecitabine 》 -


Xeloda®_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉_忍容性`良好_な、_経口__化学療法剤_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=服用される--【・自宅で--【・*のために |*←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_ 】┏┓。    _研究_ は 示す--【・『 』ということを… |『 20 〜 30%の_患者さん《複数》_ は 経験する--【・*を |*←〈一つの〉測定可能な縮小{☆の}¨ ⌒〔 ☆←彼らの がん --【・*の後に |*←¨治療{☆による}¨ ⌒〔 ☆← Xeloda® 』 】┏┓。    Xeloda®_は ¨※¨である 【・※←_忍容性`良好_】━━、そして、平均 での _生存期間_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=治療された--【・*により |*← Xeloda® 】━━_は ¨※¨である 【・※←ほとんど 13 ヶ月間 】┏┓。

〔 以前にタキサン系化学療法剤で_治療_されていない_患者さん_の場合 〕


--【・*の場合… |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==以前に_治療_されていない--【・*により |*← docetaxel《 Taxotere® 》 、又は、 paclitaxel《 Taxol® 》 】】━━、_臨床研究_《複数》 は 示唆する【・『 』ということを… |『¨治療{☆による}¨ ⌒〔 ☆←¨一つ{☆の}¨ ⌒〔 ☆←これらの_薬_《複数》】━━ が 《 _単剤_ 、又は、 他の_化学療法剤_との 併用_レジメン_として 》¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=■_低下させる--【・*を |*← がん の_症状_《複数》】|-そして-|■_伸長する--【・*を |*←_患者さん_の_生存期間_--【・*と比較して |*←その他の_治療_《複数》 』 】┏┓。

〔 _アントラサイクリン系`化学療法剤_に_耐性_の 病気を有する_患者さん_の場合 〕


¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==停止した--【 ∬ (する)ことを | ∬=_反応_する--【・*に |*←_アントラサイクリン系`化学療法剤_《複数》《 〈一つの〉クラスの_薬_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==含む--【・*を |*← doxorubicin 】 》 】━━ は 呼ばれる【・※であると|※←_アントラサイクリン系`化学療法剤_−_耐性_ 】┏┓。    _治療__選択肢_《複数》{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←これらの_患者さん《複数》_】━━ は 典型的には 含む--【・*を |*←〈一つの〉タキサン系化学療法剤だけ 、又は、 それらの¨¨併用{☆との}¨ ⌒〔 ☆←もう一つの_化学療法剤_ 】┏┓。

- Abraxane® -


〈一件の〉_臨床試験_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==直接に比較した--【・*を |*← Abraxane®--【・*と |*← Taxol®--【・*に於いて |*←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆← 460 名の患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_ 】━━、《 それらの_患者さん《複数》の 4 分の 3 超 は 受けたことがあった--【・*を |*←_先行__治療_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==含んだ--【・*を |*←〈一つの〉_アントラサイクリン系`化学療法剤_ 】 》━━ が 示した--【・*を |*←改善された_結果状況_{☆による}¨ ⌒〔 ☆← Abraxane® 】┏┓。    Abraxane® は 倍増した--【・*を |*←_抗_− がん _奏効率_《複数》】━━、そして、_有意_に 遅らせた--【・*を |*←_病気の進行_--【・*を伴って |*← より少ない_副作用_《複数》 】┏┓。《 テーブル 4 を参照のこと 》    _グループ_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==受けたことがあった--【・*を |*←先行_治療_ 】━━ が 経験した--【・*を |*←〈その〉最大の改善】、《 _生存_して--【・10 週間だけ より_長期間--【・*よりも |*←¨患者さん《複数》{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=治療された--【・*により |*← paclitaxel 】 》《 56 週間46 週間 》 】┏┓。

テーブル 4 : Abraxane®は Taxol®よりも_結果状況_を改善し、_感染症_リスクを低下
    Abraxane®Taxol®
_奏効率_31。1%16。4%
_進行`まで`期間_21。9週間16。1週間
グレード 4 の_好中球`減少症_(*)7%19%

(*)白血球数の低下

- Taxotere® -


_結果《複数》_{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←〈一件の〉_大規模__臨床試験_】━━ は 示す--【・『 』ということを… |『 Taxotere® は もたらす--【・*を |*← より_長期間の__進行無し`生存_期間 、及び、 _全体的‐生存期間 、及び、  より多い _抗_− がん _奏効_《複数》--【・*と比較して |*← Taxol®--【・*に於いて |*←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_再発性__乳がん_ 』 】┏┓。《 下記のテーブルを参照のこと 》

テーブル : Taxotere®のほうが Taxol®よりも_再発性`乳がん_で より良好な結果
    Taxotere®Taxol®
_抗_− がん _奏効率_32%25%
_進行無し`生存_期間5。7ヶ月間3。6ヶ月間
_全体的‐生存期間15。4ヶ月間12。7ヶ月間


Taxotere® は 、また、¨ ∬ ¨(する)ようである 【 ∬=¨※¨である 【・※←同等に_効果的_--【・*と比較して |*← 5-fluorouracil + Navelbine 】--【 ∬ (する)一方で∬=もたらす--【・*を |*← より少ない_副作用_《複数》 】--【・*に於いて |*←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_⌒〔 ¶== がん  が _進行_して在る--【・*の後に |*←_アントラサイクリン系`化学療法剤_−ベースの_治療_ 】┏┓。

- Taxotere® + Paraplatin® -


¨結果《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈一件の〉_臨床試験_】━━ は 示す--【・『 』ということを… |『 61%の¨患者さん《複数》{☆を有する}{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ☆←_アントラサイクリン系`化学療法剤_−_耐性_の病気⌒〔 ¶==_治療_された--【・*により |*← Taxotere® + Paraplatin® 】━━ が _反応_した--【・*に |*←_治療_】━━、そして、66%の_患者さん《複数》_ が _生存_した--【・1 年間以上 』 】┏┓。    平均して、〈その〉 がん は _進行_した--【・_治療_から 10 ヶ月後に 】┏┓。

- Taxotere® + Xeloda® -


¨結果《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈一件の〉_臨床試験_】━━ は 示す--【・『 』ということを… |『¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==受けた--【・*を |*← Taxotere® + Xeloda® 】━━_は 持った--【・*を |*← より多くの_抗_− がん _奏効_《複数》━━、そして、 より_長期間 _生存_した━━、そして、経験した--【・*を |*←〈一つの〉_進行`まで`期間_--【・*と比較して |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==_治療_された--【・*により |*← Taxotere®だけ 】 』 】┏┓。《 下記のテーブルを参照のこと 》

テーブル : _進行期__乳がん_の_第二線`治療_としての Taxotere® + Xeloda®Taxotere®だけ
    Taxotere® + Xeloda®Taxotere®だけ
_抗_ がん _奏効_42%30%
_進行`まで`期間_6。1ヶ月間4。2ヶ月間
評価_生存期間_14。5ヶ月間11。5ヶ月間
1年後_の _生存率_57%47%


_結果《複数》_{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←この_臨床試験_】━━ は 促した--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←〈その〉米国 FDA | ∬=_認可_する--【・*を |*←¨併用{☆の}¨ ⌒〔 ☆← Taxotere® + Xeloda®--【・*のために |*←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==停止して在る--【・*を |*←_反応_{☆への}¨ ⌒〔 ☆←_アントラサイクリン系`化学療法剤_《複数》 】┏┓。


〔 doxorubicin での _治療_を受けたことがない_患者さん_の場合 〕


〈その〉_化学療法剤_doxorubicin_は ¨※¨である 【・※←¨一つ{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉最も_活性的_な_化学療法剤_《複数》{ ∬ (される)}¨ ⌒〔 ∬=使用される --【・*のために |*←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_】__ : __大部分の_患者さん《複数》_ は 受ける--【・*を |*←それ--【・*として |*←彼らの_初回`治療_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_ 】┏┓。    しかし、〈一人の〉個人 は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=わずかに¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=受ける--【・*を |*←〈一つの〉限定された量の doxorubicin--【・*の理由から |*←¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←ダメージ{☆への}{★による}¨ ⌒〔 ☆←心臓⌒〔 ★←増加した曝露{☆への}¨ ⌒〔 ☆← doxorubicin 】┏┓。

doxorubicin { ∬ (される)}¨ ⌒〔 ∬=_投与_される --【・単独で 、又は、 タキサン系化学療法剤との併用で】━━ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=¨※¨である 【・※←〈一つの〉_効果的_な_第二線`治療_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{ ∬ (されたことがない)}¨ ⌒〔 ∬=以前に_治療_されたことがない--【・*により |*←この_薬_ 】┏┓。    ¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==以前に_治療_されたことがある--【・*により |*← doxorubicin 】━━ は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=受ける--【・*を |*←追加的な doxorubicin_治療_--【・*に於いて |*←選択された環境《複数》】、--【・*によって異なって |*←『どの程度に 以前の doxorubicin_治療_ が 実施された のか 』 】┏┓。    --【・『 』の理由で…|『 doxorubicin は 知られている--【 ∬ (する)と | ∬=引き起こす--【・*を |*←ダメージ{☆への}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉心臓 】 』】━━、_患者さん《複数》_ は ¨ ∬ ¨(する)ほうが良い 【 ∬=検査して貰う--【・*を |*←彼らの心臓機能--【 ∬ (する)ことの前に | ∬=選択する--【 ∬ (する)ことを | ∬=受ける--【・*を |*←継続しての doxorubicin_治療_ 】┏┓。

〔 _アントラサイクリン系`化学療法剤_、タキサン系化学療法剤、Xeloda®に_耐性_の_患者さん_の場合 〕


〈その〉_化学療法剤_Ixempra®《 ixabepilone 》__ が _認可_されて在る--【・*として |*←〈一つの〉単一_薬_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_転移性_ 、又は、 _局所`進行期_の_乳がん_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==¨※¨である 【・※←_耐性_--【・*に |*←_アントラサイクリン系`化学療法剤_《複数》、タキサン系化学療法剤《複数》 、及び、 Xeloda® 】┏┓。    Ixempra® は 、また、_認可_されている--【・*との併用で |*← Xeloda®--【・*のために |*←■_¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==¨※¨である 【・※←_耐性_--【・*に |*←_アントラサイクリン系`化学療法剤_《複数》 、及び、 タキサン系化学療法剤《複数》 】|-そして-|■_¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==¨※¨である 【・※←_耐性_--【・*に |*←タキサン系化学療法剤《複数》】━━、そして、_忍容できない--【・*を |*←_更なる__アントラサイクリン系`化学療法剤__治療_ 】┏┓。

2 件の_臨床試験《複数》_ が 促した--【・*を |*←〈その〉米国 FDA による_認可_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← Ixempra® 】┏┓。    〈その〉最初の_臨床試験_ は 評価した--【・*を |*← Ixempra®--【・*として |*←〈一つの〉単一_薬_ 】┏┓。    この_臨床試験_ は 含んだ--【・*を |*← 126 名の¨患者さん《複数》{☆を有する}{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ☆←_進行期__乳がん_⌒〔 ¶==停止していた--【 ∬ (する)ことを | ∬=_反応_する--【・*に |*←¨治療{☆による}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉_アントラサイクリン系`化学療法剤_、〈一つの〉タキサン系化学療法剤 、及び、 Xeloda® 】┏┓。    ¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==持った--【・*を |*←_HER2 −陽性_の_乳がん_ 】━━ は 受けていた--【・*を |*←先行する_治療_{☆による}¨ ⌒〔 ☆← Herceptin®《 trastuzumab 》】━━、そして、停止していた--【・*を |*← ∬ すること | ∬=_反応_する 】┏┓。    _抗_ がん _奏効_《複数》{☆による}¨ ⌒〔 ☆← Ixempra®】━━ は 起きた--【・*に於いて |*← 12%の_患者さん《複数》_ 】┏┓。

〈その〉 2 番目の_臨床試験_ は 比較した--【・*を |*← Ixempra® + Xeloda®、と、Xeloda®だけ--【・*に於いて |*← 752 名の¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==停止していた--【 ∬ (する)ことを | ∬=_反応_する--【・*に |*←_アントラサイクリン系`化学療法剤_《複数》 、及び、 タキサン系化学療法剤《複数》 】┏┓。    ¨治療{☆による}¨ ⌒〔 ☆← Ixempra® + Xeloda®】━━ は _有意_に改善した--【・*を |*←_進行無し`生存_--【・*と比較して |*← Xeloda®だけの場合--【・*に於いて |*←この_グループ_の_患者さん《複数》_ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: CancerConsultants Patients)(タイプ別)
「英文原題」=Chemotherapy for Recurrent Breast Cancer

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_全身的`治療_ : ホルモン療法


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
*****blg↓********************

成長{☆の}¨ ⌒〔 ☆←いくつかの_乳がん__細胞《複数》_】━━ は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=_予防_される 、又は、 遅くされる--【 ∬ (する)ことにより | ∬=低下させる--【・*を |*←曝露{☆への}¨ ⌒〔 ☆←エストロゲン 】┏┓。    これ_が ¨※¨である 【・※←目標{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_ホルモン療法_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_ 】┏┓。

エストロゲン_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉必須的な 女性_ホルモン_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==産生される--【・*により |*←〈その〉_卵巣_《複数》 、及び、 _副腎 】┏┓。

…(中略:エストロゲンの生理作用に関する一般的説明)…

エストロゲン は 、また、¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=引き起こす--【・*を |*←いくらかの がん の成長 】┏┓。    〈その〉_乳房部_、 子宮 、及び、 その他の 女性臓器《複数》 は 構成されている--【・*から |*←_細胞《複数》_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==刺激される--【 ∬ (する)ように | ∬=成長する 】--【 ∬ (された)場合に∬=曝露された--【・*に |*←エストロゲン 】┏┓。    これらの_細胞《複数》_ は 含む--【・*を |*←エストロゲン レセプタ《複数》 】┏┓。    エストロゲン{ ∬ ((を)している)}¨ ⌒〔 ∬=循環している--【・*の中で |*←_血液_ 】━━ が 結合する--【・*に |*←これらのレセプタ《複数》】━━、そして、刺激する--【・*を |*←成長に関連した_活性_《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_細胞 】┏┓。    --【・『 』の場合…|『_細胞《複数》_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==持つ--【・*を |*←エストロゲン レセプタ《複数》 】━━ が ¨※¨となる【・※← がん 性 』】━━、¨¨曝露{☆への}¨ ⌒〔 ☆←エストロゲン】━━ は 増加させる--【・*を |*←〈その〉 がん の成長 】┏┓。    _がん細胞《複数》_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==持つ--【・*を |*←エストロゲン レセプタ《複数》 】━━ は 呼ばれる--【・*と |*←エストロゲン レセプタ−_陽性_《 ER−_陽性_ 》 の がん 《複数》 】┏┓。

成長{☆の}¨ ⌒〔 ☆← ER −_陽性__乳がん__細胞《複数》_】━━ は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=_予防_される 、又は、 遅くされる--【 ∬ (する)ことにより | ∬=低下させる--【・*を |*←それらの_細胞_の曝露{☆への}¨ ⌒〔 ☆←エストロゲン 】┏┓。    これ_が ¨※¨である 【・※←目標{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_ホルモン療法_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_ 】┏┓。    しかし、¨¨低下{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←エストロゲン _レベル_《複数》】━━ は 、また、¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=もたらす--【・*を |*←_副作用_《複数》--【・『 』の理由で…|『エストロゲン_は ¨※¨である 【・※←必要(・*のために |*←重要な身体機能《複数》{☆のような}¨ ⌒〔 ☆←_骨_の成長 、及び、 _心臓`血管`系_の健康 』】┏┓。    低下したエストロゲン_レベル_《複数》 は 導く--【・*へ |*←減少した_骨_密度 、及び、 心臓疾患 】┏┓。

現在、多くの¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←エストロゲン レセプタ−_陽性__乳がん_】━━ は まず _治療_される--【・*により |*← tamoxifen《 〈一つの〉_ホルモン療法__薬_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==効果を現わす--【 ∬ (する)ことにより | ∬=ブロックする--【・*を |*←エストロゲン レセプタ《複数》 】 》 】┏┓。

しかし、〈一つの〉 より新しい_グループ_の_薬_《複数》《 _アロマターゼ阻害薬_と呼ばれる 》━━ が  より_最近_開発されて在る━━、そして、それら は ¨ ∬ ¨(する)ようである 【 ∬=¨※¨である 【・※← より_活性的_(・*よりも |*← tamoxifen--【・*に於いて |*←_閉経後の__患者さん《複数》_ 】┏┓。

〔 _アロマターゼ阻害薬_《複数》 〕


_アロマターゼ阻害薬_《複数》 は ブロックする--【・*を |*←変換{☆の}{★への}¨ ⌒〔 ☆←アンドロゲン《複数》⌒〔 ★←エストロゲン】━━、そして、低下させる--【・*を |*←エストロゲン_レベル_--【・*に於いて |*←_閉経後の_女性《複数》 】┏┓。    現在、3 つの_抗_−アロマターゼ_薬_《複数》 が _認可_されている--【・*のために |*←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_閉経後の_¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_】__ : __Femara®《 letrozole 》、 Arimidex®《 anastrozole 》 、及び、 Aromasin®《 exemestane 》 】┏┓。    Femara® 、及び、 Arimidex®_は ¨※¨である 【・※←非ステロイド性の_アロマターゼ阻害薬_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==可逆的に 結合する--【・*に |*←アロマターゼ 】┏┓。    Aromasin®_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉ステロイド性の_アロマターゼ阻害薬_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==恒久的に結合する--【・*に |*←アロマターゼ 】┏┓。

〔 _先行_の_ホルモン療法_が挫折後の_ホルモン療法_ 〕


¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==経験して在る--【・*を |*←〈一つの〉_再発{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_--【・*の後に |*←_初回`治療_{☆による}¨ ⌒〔 ☆←_ホルモン療法_ 】━━ は 呼ばれる--【 ∬ (する)と | ∬=持つ--【・*を |*←_ホルモン療法_−_耐性_の病気 】┏┓。    _治療_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_再発性_、_ホルモン療法_−_耐性_の_乳がん_】━━ は ¨ ∬ ¨(する)と考えられる 【 ∬=異なる--【・*に基づき |*←『どのような_治療_ が 先行して実施されたのか 』 】┏┓。    _研究_ は 進展中である--【 ∬ (する)ことのために | ∬=決める--【・*を |*←〈その〉最適な_治療_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←以下のケース《複数》 】 :


- _ホルモン療法_{☆の後の}¨ ⌒〔 ☆←_先行_の tamoxifen_治療_】 -


_閉経前の_¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==以前に受けたことがある--【・*を |*← tamoxifen_治療_ 】━━ は ¨ ∬ ¨(する)という傾向がある 【 ∬=_治療_される--【・*により |*←_卵巣__切除_ 、又は、 _抑制_ 】┏┓。

--【・*のためには… |*←_閉経後の_¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==停止して在る--【 ∬ (する)ことを | ∬=_反応_する--【・*に |*← tamoxifen 】】━━、数件の_Phase III__臨床試験《複数》_ が 示して在る--【・『 』ということを… |『_アロマターゼ阻害薬_《複数》 が もたらす--【・*を |*← より良好な_結果《複数》_--【・*よりも |*←もう一つのタイプの_ホルモン療法_{ ∬ (されている)}¨ ⌒〔 ∬=知られている--【・*として |*← megestrol acetate 】 』 】┏┓。    しかし、〈その〉問題{☆の}¨ ⌒〔 ☆←『どの_アロマターゼ阻害薬_を使用すべきか?--【・*に於いて |*←この_状況設定_ 』━━ は 引き続き¨※¨である 【※←不明確 】┏┓。    Femara®、 Arimidex® 、及び、 Aromasin®__ は 全て_認可_されている--【・*のために |*←_進行期__閉経後__乳がん_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==停止して在る--【 ∬ (する)ことを | ∬=_反応_する--【・*に |*← tamoxifen 】┏┓。

Femara®、と、Arimidex® は 比較された--【・*に於いて |*←_閉経後の_¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_進行期__乳がん_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==_病気`進行_して在った--【・*の後に |*← tamoxifen_治療_ 】┏┓。    約 半数の_患者さん《複数》__は 持った--【・*を |*←_ホルモン`レセプタ`陽性_の_乳がん_】━━、そして、それ以外の_半数の_患者さん《複数》__は 持った--【・*を |*←不明な_ホルモン`レセプタ`ステータス《陽性・陰性》 】┏┓。    全体として、_治療__奏効__は ¨※¨であった 【・※← より高い--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=治療された--【・*により |*← Femara®《 _奏効率_19。1% 》 】--【・*よりも |*←¨患者さん《複数》{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=治療された--【・*により |*← Arimidex®《 _奏効率_12。3% 》 】┏┓。    _生存期間__は ¨※¨であった 【・※←同等的--【・*に於いて |*←〈その〉 2 つの_治療__グループ_《複数》 】┏┓。

〈その〉_抗_エストロゲン_薬_Faslodex®《 fulvestrant 》 が 、また、_認可_されて或る--【・*のために |*←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_閉経後の_、_エストロゲン`レセプタ`陽性__転移性`乳がん_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==_病気`進行_して在る--【・*の後に |*←その他の_抗_エストロゲン_治療_ 】┏┓。    Faslodex® は 報告されて或る【・※であると|※←少なくとも同等に_効果的_--【・*と比較して |*←〈その〉_アロマターゼ阻害薬_Arimidex®--【・*に於いて |*←この_状況設定_ 】┏┓。

〔 _ホルモン療法_{☆の後の}¨ ⌒〔 ☆←_先行_の_アロマターゼ阻害薬__治療_】 〕


--【・*のためには… |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==停止して在る--【 ∬ (する)ことを | ∬=_反応_する--【・*に |*←_非−ステロイド性_アロマターゼ阻害薬_《複数》{☆のような}¨ ⌒〔 ☆← Femara® 、及び、 Arimidex® 】】━━、 ∬ すること | ∬=スイッチする--【・*へ |*← Aromasin® 、又は、 Faslodex® ━━ が 示されて在る--【 ∬ (する)と | ∬=もたらす--【・*を |*←いくらかの_利益_ 】┏┓。

_効果_《複数》{☆の}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆← Aromasin® 、及び、 Faslodex®⌒〔 ★←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==停止して在る--【 ∬ (する)ことを | ∬=_反応_する--【・*に |*←¨治療{☆による}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉_非−ステロイド性`_アロマターゼ阻害薬_ 】━━ が 評価された--【・*に於いて |*←〈一件の〉_Phase III__臨床試験_{☆と呼ばれる}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉 EFFECT trial 】┏┓。

〈その〉_研究_ は 含んだ--【・*を |*← 700 名近くの_閉経後の_¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_ホルモン`レセプタ`陽性_、_進行期__乳がん_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==悪化した 、又は、 _再発した_--【・*の間に 、又は、 その短期間`後に |*←¨治療{☆による}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉_非−ステロイド性_アロマターゼ阻害薬_ 】┏┓。    _患者さん《複数》_ は _治療_された--【・*により |*← Aromasin® 、又は、 Faslodex® 】┏┓。

〈その〉研究者《複数》 は 結論して在る【・『 』と… |『 Aromasin® 、又は、 Faslodex® は ¨ ∬ ¨して良い 【 ∬=使用される--【・*に於いて |*←_閉経後の_¨患者さん《複数》{☆を有する}{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ☆←_ホルモン`レセプタ`陽性_、_進行期__乳がん_⌒〔 ¶==受けたことがある--【・*を |*←_先行__治療_{☆による}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉_非−ステロイド性_アロマターゼ阻害薬_ 】 』 】┏┓。

--【・*のためには… |*← より深い情報】━━、参照して貰いたい--【・*を |*←「_乳がん_に対する_ホルモン療法_」の項目 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: CancerConsultants Patients)(タイプ別)
「英文原題」=Hormonal Therapy for Recurrent Breast Cancer

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

骨転移_の_管理


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
*****blg↓********************

_再発性__乳がん_ は しばしば含む--【・*を |*← がん { ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==拡大して在る--【・*に |*←〈その〉_骨_《複数》 】┏┓。

…(中略:_転移に関する一般的説明)…

¨管理{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_骨転移_《複数》】━━ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=含む--【・*を |*←〈一つの〉_ビスフォスフォネート薬_ 】┏┓。

- _ビスフォスフォネート薬_《複数》 -


_ビスフォスフォネート薬_《複数》_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉クラス{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_薬_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==減少させる--【・*を |*←速度{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_骨_の破壊{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆← がん 】┏┓。    _臨床研究_《複数》 は 示して在る【・『 』ということを… |『_ビスフォスフォネート薬__治療_ は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=_予防_する 、又は、 遅くする--【・*を |*←_骨_の破壊--【・*を含めて |*←骨折《複数》 、及び、 関連の痛み--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==拡大して在る--【・*に |*←〈その〉_骨_ 】 』 】┏┓。

--【・*に… |*← 2003 年 11 月】━━、〈その〉 American Society of Clinical Oncology  は 推奨した--【・*を |*←¨使用{☆の}{★のための}¨ ⌒〔 ☆←_ビスフォスフォネート薬_Zometa®《 zoledronic acid 》 、又は、 Aredia®《 pamidronate 》⌒〔 ★←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_骨転移_《複数》{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_ 】┏┓。    〈その〉¨¨最適な _投与_期間 、及び、 最適な時間{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=_投与_する--【・*を |*←_ビスフォスフォネート薬_《複数》 】━━ は 依然として評価されつつある--【・*に於いて |*←_臨床試験《複数》_ 】┏┓。    研究者《複数》 は 希望している【・『 』ということを… |『_ビスフォスフォネート薬_《複数》 は ¨ ∬ ¨(する)かも知れない 【 ∬=助ける--【 ∬ (する)ことを | ∬=_予防_する--【・*を |*←_転移_ 】--【・もし『 』なら…|『それらの_薬_《複数》 が _投与_される--【・*の前もって |*←_骨_への拡大 』】 』 】┏┓。

--【・*のために… |*← より多くの情報】━━、参照して もらいたい--【・*を |*←「_骨__合併症_、と、 がん 」の文書(*) 】┏┓。

(*)原文には、当該文書へのリンクが設定されています。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: CancerConsultants Patients)(タイプ別)
「英文原題」=Managing Bone Metastases

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_治療_改善への_戦略_


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
*****blg↓********************

開発{☆の}¨ ⌒〔 ☆← より_効果的_な がん _治療_《複数》】━━ は 必要とする【・『 』ということを… |『新しい、そして、革新的な_治療_《複数》 が 評価される--【・*により |*← がん _患者さん《複数》_ 』 】┏┓。    _臨床研究__は ¨※¨である 【・※←_研究_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==測定する--【・*を |*←_有効性_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←新しい_薬_《複数》 、又は、 _治療__戦略_《複数》 】┏┓。    将来の_進歩{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_再発性__乳がん_】━━ は ¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=得られる--【・*から |*←〈その〉継続した評価{☆の}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆←新しい_治療_《複数》⌒〔 ★←_臨床試験《複数》_ 】┏┓。    参加{☆への}¨ ⌒〔 ☆←〈一件の〉_臨床試験_】━━ は ¨ ∬ ¨(する)と考えられる 【 ∬=■_提供する--【・*を |*←アクセス{☆への}¨ ⌒〔 ☆← より良好な_治療_《複数》】|-そして-|■_進める--【・*を |*←〈その〉既存の知識{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆← がん 】┏┓。    ¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==興味がある--【 ∬ (する)ことに | ∬=参加する--【・*に |*←〈一件の〉_臨床試験_ 】━━ は ¨ ∬ ¨(する)べきである 【 ∬=ディスカスする--【・*を |*←〈その〉¨¨リスク《複数》 、及び、 _利益_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_臨床試験《複数》_--【・*と |*←彼らの主治医 】┏┓。    領域《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_活性的_な_研究_{ ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=目的とする--【・*を |*←改善{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_再発性`乳がん_ 】━━ は 含む--【・*を |*←以下のもの】 :

《これらについては、これ以降のページで記述されています》


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: CancerConsultants Patients)(タイプ別)
「英文原題」=Strategies to Improve Treatment

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

開発中の_分子標的`治療__薬_ : 上皮成長因子レセプタ《EGFR》抑制薬


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
*****blg↓********************

上皮成長因子レセプタ《 EGFR 》《複数》_は ¨※¨である 【・※←小さな蛋白質《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==見出される--【・*の上に |*←表面{☆の}¨ ⌒〔 ☆←全ての_細胞《複数》_ 】┏┓。    上皮成長因子レセプタ《 EGFR 》 は 専ら 結合する--【・*に |*←小さな蛋白質《複数》{ ∬ ((を)している)}{★と呼ばれる}¨ ⌒〔 ∬=循環している--【・*の中で |*←_血液_循環 】⌒〔 ★←_成長因子_《複数》 】┏┓。    〈その〉結合`動作{☆の間の}¨ ⌒〔 ☆←上皮成長因子レセプタ《 EGFR 》、と、_成長因子_《複数》】━━ は 刺激する--【・*を |*←_生物学`的_プロセス《複数》{☆の内部での}{ ∬ (する)ことのための ¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_細胞__⌒∬=促進する--【・*を |*←制御された_細胞_成長 】_ 】┏┓。    しかし、--【・*に於いて… |*←多くの_がん細胞《複数》_】━━、上皮成長因子レセプタ《 EGFR 》 が 非常に過剰発現している 、又は、 〈その〉上皮成長因子レセプタ《 EGFR 》の_生物学`的_プロセス《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==正常では 刺激する--【・*を |*←_細胞_成長 】━━ が ¨※¨である 【・※←恒常的に _活性的_になっている】__ : __このこと は 導く--【・*へ |*←〈その〉_非−制御の、そして、過剰な成長{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_がん細胞《複数》_ 】┏┓。    いくつかの_薬_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==抑える--【・*を |*←上皮成長因子レセプタ《 EGFR 》 】━━ が 開発されて在る━━、そして、現在 評価されつつある--【・*に於いて |*←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_ 】┏┓。

- Tarceva®《 erlotinib 》 、及び、 Iressa®《 gefitinib 》 -


Tarceva® は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉上皮成長因子レセプタ《 EGFR 》抑制薬{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==_認可_されている--【・*のために |*←¨治療{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_進行期`非小細胞`肺がん_ 】━━、そして、評価されつつある--【・*に於いて |*←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_その他の_ がん 《複数》{☆を含む}¨ ⌒〔 ☆←_進行期__乳がん_ 】┏┓。

¨結果《複数》{☆からの}¨ ⌒〔 ☆← 2 件の_臨床試験《複数》_】━━ は 示唆する【・『 』ということを… |『〈その〉上皮成長因子レセプタ《 EGFR 》抑制薬 Iressa®《 gefitinib 》__ は ¨ ∬ ¨(する)ようである 【 ∬=もたらす--【・*を |*←_抗_ がん _活性_--【・*に於いて |*←いくらかの¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_再発性`乳がん_ 』 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: CancerConsultants Patients)(タイプ別)
「英文原題」=Targeted Therapies in Development: EGFR Inhibitors

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

化学療法_の_進歩


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
*****blg↓********************

Camptosar®《 irinotecan 》 は ¨ ∬ ¨(する)ことの可能性がある 【 ∬=¨※¨である 【・※←〈一つの〉_効果的__治療__選択肢_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_の_患者さん《複数》_{§(の性質の)}¨ ⌒〔 §←_耐性_(・*に |*←タキサン系化学療法剤《複数》、や、_アントラサイクリン系`化学療法剤_《複数》 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←〈一件の〉_臨床試験_】━━、Camptosar® が _投与_された--【・*に |*← 102 名の患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==拡大して在る--【・*へ |*←遠隔の箇所《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←身体 】┏┓。    いくらか{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_患者さん《複数》_】━━ は 受けたことがあった--【・*を |*← 2 〜 3 種類の_先行__化学療法__レジメン_《複数》 】┏┓。    ¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==停止していた--【 ∬ (する)ことを | ∬=_反応_する--【・*に |*←※の両方 |※←タキサン系化学療法剤《複数》 、及び、 _アントラサイクリン系`化学療法剤_《複数》 】━━ が ¨ ∬ ¨(する)ようであった 【 ∬=得る--【・*を |*←最大の_利益_】__ : __27%の_患者さん《複数》_ が _反応_した--【・*に |*←_治療_--【・*と比較して |*← 18%の¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==停止していた--【 ∬ (する)ことを | ∬=_反応_する--【・*に |*←上記の_化学療法剤_《複数》の一方のタイプだけ 】┏┓。    _持続`期間_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_抗_ がん _奏効_】━━_は ¨※¨であった 【・※← 4 ヶ月間】━━、そして、63%の_患者さん《複数》_ が _生存_した--【・*にわたり |*← 6 ヶ月間以上 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: CancerConsultants Patients)(タイプ別)
「英文原題」=Advances in Chemotherapy

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

Phase I__臨床試験


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
*****blg↓********************

新しい がん _治療_《複数》 は 続けている--【 ∬ (する)ことを | ∬=開発され、評価される--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_再発性_ がん 《複数》--【・*に於いて |*←_Phase I__臨床試験《複数》_ 】┏┓。    目的{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_Phase I__臨床試験《複数》_】━━_は ∬ (する)ことである 【 ∬=評価する--【・*を |*←〈その〉新しい_治療_《複数》--【 ∬ (する)ことのために | ∬=決める--【・*を |*←■_〈その〉最良の方法{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=実施する--【・*を |*←新しい_治療_《複数》 】|-そして-|■_『 』(→右記)であるか否か… |『 〈その〉_治療_《複数》 が 持つ--【・*を |*←何らかの_抗_− がん _活性_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_患者さん《複数》_ 』(か否か)】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: CancerConsultants Patients)(タイプ別)
「英文原題」=Phase I Clinical Trials

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

資料 C=乳がんの一次的な全身的治療


資料名=The Oncologist('06/7)


The Oncologist のホームページ
The Oncologist のホームページ
(各ページには、当該ページに対応する原資料サイトのページへのリンクを設定してあります)

原資料更新時期='06/6

*************************
当ファイルの目次ページへ

治療の内容


The Oncologist のホームページ
The Oncologist のホームページ

記事のおおまかな内容: 上記サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分をすぐ後ろの【※← 】で説明しています)
*****blg↓********************
《原文は、アブストラクトです》

一次的な全身的治療、又は、術前補助療法は実施される【・*に於いて |*←非転移性の乳がん・】【・*のために |*←@より早期に治療する【:*を |*←全身的な病気:】| -AND- |A縮小させる【:*を |*←腫瘍の大きさ《理想的には、完全な病理学的な奏効まで》:】| -AND- |B軽減する【:*を |*←外科手術の程度:】・】。   多くの¨臨床試験《複数》{★ところの}¨【・★←使用する【:*を |*←一次的な全身的治療:】【:*に於いて |*←乳がんの患者さん:】・】は証明していない【・*を |*←基本的な¨仮説{☆という}{ § ところの}¨【:☆←《当該治療により》改善された全体的生存や病気なし生存:】【:§←推進させた【∵*を |*←¨研究{☆の}¨【::☆←一次的な全身的治療::】∵】:】・】。   その他の潜在的な¨利益{☆の}{ § のような}¨【・☆←一次的な全身的治療・】【・§←@増加させる【:*を |*←¨実施可能性{☆の}¨【∵☆←乳房部温存手術∵】:】| -AND- |A予後予測する【:*を |*←¨治療結果{☆による}¨【∵☆←特定の化学療法レジメン∵】:】・】も決定的には確立していない。

我々は調べた【・*を |*←公刊された¨文献{☆に関する}¨【:☆←乳がんの一次的な全身的治療:】・】、そして、主として焦点をあてた【・*に |*←¨データ{☆からの}¨【:☆←大規模なランダム化¨臨床試験《複数》{★ところの}¨【∵★←比較した【::*を |*←@一次的な全身的治療としての化学療法と標準治療としての化学療法::】| -AND- |Aいろいろな一次的な全身的治療としての化学療法レジメン《複数》| -AND- |B一次的な全身的治療としての化学療法とホルモン療法| -AND- |Cいろいろな手術前ホルモン療法《複数》∵】:】・】。

【・*であるが…|*←最適の術前補助療法としての化学療法レジメンは確立していない・】、¨併用{☆の}¨【・☆← 4 サイクルのアントラサイクリン系化学療法剤による治療と、それに続く 4 サイクルのタキサン系化学療法剤による治療・】が¨※¨であるようである【・※←産生する【:*を |*←最高の病理的な完全奏効率《22%〜 31%》:】・】。

【・*に於いて… |*←¨患者さん{☆を有する}¨【:☆← HER-2 陽性の乳がん:】・】、同時実施の¨使用{☆の}¨【・☆←術前補助療法としての trastuzumab とアントラサイクリン系化学療法剤との併用・】は産生した【・*を |*←論争刺激的な¨結果{★ところの}¨【:★←必要とする【∵*を |*←確認研究《複数》∵】:】・】。

術前のホルモン療法は伴う【・*を |*←より低い病理的な完全奏効率・】、そして、¨※¨べきである【・※←リザーブする【:*のために |*←¨患者さん{★であるところの}¨【∵★←劣った¨候補者{☆のための}¨【::☆←全身的な化学療法::】∵】:】・】。   最適な¨管理{☆の}¨【・☆←¨患者さん{★ところの}¨【:★←有する【∵*を |*←残存病変∵】【∵*の後に |*←¨実施{☆の}¨【::☆←最大限の術前補助療法::】∵】:】・】は引き続き¨※¨である【・※←今後調べるべき問題・】。

外科的な¨アプローチ{☆を含む}¨【・☆←センチネルリンパ節生検・】や放射線療法の¨実施{☆の後の}{ § に於ける}¨【・☆←一次的な全身的治療・】【・§←乳がんの患者さん・】は発展しつつある。 進展中の臨床試験《複数》が¨※¨であろう【・※←¨ § ¨ことを助ける【: § ←@同定する【∵*を |*←¨サブセット{☆の}¨【::☆←¨患者さん{★ところの}¨【∵:★←最大の利益を得るであろう【∵∵*から |*←一次的な全身的治療∵∵】∵:】::】∵】| -AND- |A確立する【∵*を |*←最も効果的な一次的な全身的治療のレジメン∵】| -AND- |B決める【∵*を |*←最適な集学的な¨アプローチ{☆に於ける}¨【::☆←¨管理{☆の}¨【∵:☆←乳がん∵:】::】∵】:】・】。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。詳細・内容は、下記のリンク先の原文をお読みください。(但し、下記のリンクは個別資料へのリンクですので、もしリンク切れになっていましたら、The Oncologist のホームページへジャンプし、そこから原文へアクセスしてください)

原文へのリンク:

原記事へのリンク

(原典: The Oncologist )
( The Oncologist 誌では、原文フルテキストを読むことができます )

*****blg↑********************
当ファイルの目次ページへ

資料 B=ステージ IV、又は、転移性の乳がん



資料名=Medscape('06/6)


Medscape Hematology-Oncology のホームページ
Medscape Hematology-Oncology のホームページ

(各ページには、当該ページに対応する原資料サイトのページへのリンクを設定してあります)

*****blg↑********************
当ファイルの目次ページへ

前書き


Medscape Hematology-Oncology のホームページ
Medscape Hematology-Oncology のホームページ

記事のおおまかな内容: 上記サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分をすぐ後ろの【※← 】で説明しています)
*****blg↓********************

【・*であるが…|*←治癒できることは稀である・】、進行期の乳がんは※である【・※←高度に治療可能な病気・】。   緩和、又は、¨予防{☆の}¨【・☆←症状( 複数 )・】は※である【・※←主要な¨目標{☆の}¨【:☆←治療:】・】。

中央値での¨生存期間{☆の後の}¨【・☆←転移性の病気との診断・】は【・*の場合…|*←約 2 年間・】。   但し、生存期間の範囲は広い。 縦断的研究は記録している【・*を |*←いくらかの長期生存者( 複数 )・】《(左記への追加情報)| これらの長期生存者の大部分は、※である【・※←¨患者さん{☆を有する}¨【:☆←緩徐進行性の病気:】・】 》。

数件の最近の臨床試験は明らかにした【・*を |*←小規模な¨改善( 複数 ){☆に於ける}{ § による}¨【:☆←生存:】【:§←いくつかのより新しい治療法( 複数 ):】・】。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。詳細・内容は、下記のリンク先の原文をお読みください。(但し、下記のリンクは個別資料へのリンクですので、もしリンク切れになっていましたら、Medscape Hematology-Oncology のホームページへジャンプし、そこから原文へアクセスしてください)

原文へのリンク:

原記事へのリンク

( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)
( 原典: Medscape Hematology-Oncology Headlines)

*****blg↑********************
当ファイルの目次ページへ

診断


Medscape Hematology-Oncology のホームページ
Medscape Hematology-Oncology のホームページ

記事のおおまかな内容: 上記サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分をすぐ後ろの【※← 】で説明しています)
*****blg↓********************

大部分の¨患者さん{☆を有する}¨【・☆←進行期の乳がん・】は表明する【・*を |*←症状( 複数 )、又は、異常な身体検査所見( 複数 )・】。   一般的な¨個所{☆の}¨【・☆←再発・】は※である【・※←骨、局所的な軟組織( 複数 )、肺、肝臓・】。

【・もし*なら…|*←転移が疑われる・】、適切な画像検査《例えば、MRI、CI、など》、及び、ルーチンの血液学的、及び、生化学的な¨血液検査{☆のための}¨【・☆←確かめる【:*を |*←¨位置や重症度{☆の}¨【∵☆←病変∵】:】・】が※である【・※←実施の価値がある・】。

【・*の理由から… |*←診断の重大性・】、病理的な確認が優先される。 これは、可能にさせる【・*を |*←¨確認{☆の}¨【:☆←再発疾患:】| -AND- |¨除外{☆の}¨【:☆←他の¨条件{☆のような}¨【∵☆← 2 番目の¨原発がん{※ところの}¨【::※←他の種類の治療が適当である::】∵】:】・】。

値の¨上昇{☆の}¨【・☆←¨腫瘍マーカー( 複数 ){☆のような}¨【:☆← CA2729 | -OR- | CEA:】・】は※ ではない 【・※←疾患特徴的【:*のために |*←再発疾患:】・】【・*であるが…|*←それらのマーカー( 複数 )は¨※¨であることがある【:※←有用な¨補助手段{☆に於ける}¨【∵☆←¨評価{☆の}¨【::☆←治療の効果::】∵】:】・】。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。詳細・内容は、下記のリンク先の原文をお読みください。(但し、下記のリンクは個別資料へのリンクですので、もしリンク切れになっていましたら、Medscape Hematology-Oncology のホームページへジャンプし、そこから原文へアクセスしてください)

原文へのリンク:

原記事へのリンク

( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)
( 原典: Medscape Hematology-Oncology Headlines)

*****blg↑********************
当ファイルの目次ページへ

治療


Medscape Hematology-Oncology のホームページ
Medscape Hematology-Oncology のホームページ

記事のおおまかな内容: 上記サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分をすぐ後ろの【※← 】で説明しています)
*****blg↓********************

前書き

早期の乳がんの場合と異なり、¨役割{☆の}{ § に於ける}¨【・☆←外科手術・】【・§←転移性の病気・】は限定されている。

手術は¨※¨ことがある【・※←実施が適当である【:*に於いて |*←いくらかの¨ケース{☆のような}¨【∵☆←胸壁の孤発性の結節の切除、脳への孤発性の転移の切除、整形外科的な¨安定化{☆のための}¨【::☆←予防したり治療する【∵:*を |*←長骨の骨折∵:】::】∵】:】・】。

放射線療法は※である【・※←¨主体{☆に於ける}¨【:☆←¨管理{☆の}¨【∵☆←進行期の病気∵】:】・】。   放射線療法は¨※¨ことがある【・※←使用される【:(時期)|病気のコースのどの時期でも:】【・*のために |*←治療する【:*を |*←局所に限局された¨病気{☆のような}¨【∵☆←脳への転移、痛みを伴う骨への転移∵】:】・】・】。

しかし結局のところ、¨全身的な治療{☆による}¨【・☆←内分泌療法、又は、化学療法・】が※である【・※←主要なタイプの¨管理{☆の}¨【:☆←転移性の病気:】・】。

ガイドとなる¨原則( 複数 ){☆のための}¨【・☆←選択する【:*を |*←治療レジメン:】・】は含む【・*を |*←最大限の¨緩和{☆の}¨【:☆←症状:】、¨予防{☆の}¨【:☆←病気に関連した合併症:】、最小限の治療関連の毒性・】。   【・*の目的で… |*←達成する【:*を |*←これらの目標:】・】、内分泌療法が優先される《可能である限り》。

内分泌療法

¨要因( 複数 ){※ところの}¨【・※←支持する【:*を |*←ホルモン療法の使用:】・】は※である【・※←ホルモンレセプタの発現、長期の病気なし期間、内臓に病気がないこと、症状( 複数 )がないこと・】。   半数以上の¨患者さん{※ところの}¨【・※←左記の基準を満たす・】は反応する【・*に |*←初回の¨コース{☆の}¨【:☆←内分泌療法:】・】。   この奏効は続く【・*の間 |*←平均で 9〜 12 ヶ月間・】。   左記の奏効期間の長さは※である【・※←¨予測因子{☆の}¨【:☆←¨可能性{☆の}¨【∵☆←¨奏効{☆の}¨【::☆← 2 番目のコースのホルモン療法《最初のコースが奏効しなくなった場合の》::】∵】:】・】。   2 番目のコースのホルモン療法は¨※¨の傾向がより少ない【・※←有効である・】、そして、奏効の持続期間もより短い、そして、この持続期間はやはり提供する【・*を |*←¨目安{☆の}¨【:☆←¨奏効{☆の}¨【∵☆← 3 番目のコースの内分泌療法∵】:】・】。   このようなやり方で、いくらかの患者さんは¨※¨ことができる【・※←受ける【:*を |*←いくつかの内分泌療法( 複数 ):】【:*を伴って |*←良好な病気コントロール:】【:*の間 |*←数年間:】・】。

現在、多くのホルモン療法( 複数 )が実施可能である。 外科手術《卵巣摘出術以外の》、第一世代の¨治療{☆のような}¨【・☆←高用量エストロゲン、プロゲステロン、aminoglutethimide 治療・】は大きく置き換えられた【・*により |*←¨薬( 複数 ){☆を有する}{ § のような}¨【:☆←特定の作用メカニズム:】【:§←抗エストロゲン、アロマターゼ阻害剤、LHRH アゴニスト:】・】。   治療薬の選択は通常なされる【・*に基づき |*←有効性、閉経に関するステータス、毒性・】。

数ヶ月間の治療が必要である【・*の前に… |*←¨有効性{☆の}¨が判断される【:☆←一つの新たに実施されたホルモン療法レジメン:】・】。   更に、ホルモン関連腫瘍フレア《一つの¨症状{☆の}¨【・☆←¨症状( 複数 )の悪化、及び、腫瘍マーカーの上昇{※ところの}¨【:※←起きる【∵*の間 |*←治療開始から数週間∵】:】・】が¨※¨ことがある【・※←起きる【:*に於いて |*←いくらかの患者さん:】・】。   この、逆説的な反応は※である【・※←通常は短期間の持続・】、そして、¨※¨べきで ない 【・※←混同する【:*と |*←病気の進行:】(否定)・】。

化学療法

究極的には、大部分の¨患者さん{☆を有する}¨【・☆←乳がん・】は経験する【・*を |*←ホルモン療法難治性の病気・】、そして、※になる【・※←¨候補者{☆の}¨【:☆←化学療法:】・】。   ここでも、化学療法を順番に実施する進め方が原則である。 患者さんは受ける【・*を |*← 2〜 4 サイクルの化学療法・】、そして、その後評価される【・*について |*←¨証拠{☆の}¨【:☆←病気の安定化や改善:】・】。   ¨継続期間{☆の}¨【・☆←治療・】は固定されていない。

いくつかの臨床試験( 複数 )は比較した【・*を |*←¨戦略{☆という}¨【:☆←病気の進行が見られるまで一つの化学療法を続ける:】・】【・*と |*←¨戦略{☆という}¨【:☆←数サイクルの化学療法を実施し、中断期間をおく《病気が進行した時点で治療を再会する》:】・】。   総体的には、これらの研究( 複数 )は示した¨何を?→『 』¨『 生存は同一である【・*により |*←これらの 2 つの治療戦略・】、しかし、¨生活の質{※ところの}¨【・※←患者さん自身が判定した・】は時々、継続治療のほうが優れていた 』。

そのようなわけで、¨決定{☆についての}¨【・☆←¨継続、又は、終了{☆の}¨【:☆←特定の化学療法:】・】は¨※¨であろう【・※←なされる【:*により |*←患者さんや医者の¨判断{☆の}¨【∵☆←副作用( 複数 )や利益( 複数 )∵】:】・】。

いくつかの、第一線治療としての選択肢が、存在している。 伝統的には、AC レジメン、 CAF レジメン、CMF レジメン、が使用された【・*として |*←初回の化学療法・】【・*を伴って |*← 40% から 80% の奏効率《患者さんの特徴に依存》・】。

一つの¨メタアナリシス{☆の}¨【・☆←ランダム化臨床試験( 複数 )・】は示唆する¨何を?→『 』¨『 アントラサイクリン系化学療法剤を含むレジメン( 複数 )は¨※¨であるようである【・※←わずかに、より効果的、しかし、毒性もより強い・】』。

¨併用{☆の}¨【・☆←タキサン系化学療法剤とアントラサイクリン系化学療法剤・】はもたらす【・*を |*←¨奏効率、及び、奏効期間{※ところの}¨【:※←少なくとも同等に良好である【∵*と |*← AC レジメンや CAF レジメンの場合∵】:】・】。   しかし、注意が必要である【・*について |*←左記のような併用の継続しての使用・】【・*の理由で…|*← doxorubicin + paclitaxel という併用 (*) は伴う【:*を |*←高率のうっ血性心不全:】・】。

(*)mougitaro 注:doxorubicin はアントラサイクリン系化学療法剤、paclitaxel はタキサン系化学療法剤、のそれぞれ一つです。

更に、【・*に於いて |*←一件のランダム化臨床試験・】、¨使用{☆の}¨【・☆← paclitaxel 単独・】、及び、¨使用{☆の}¨【・☆← CMF レジメン・】は、持った【・*を |*←同様の奏効率、奏効期間、生存率・】【・*に於いて |*←¨患者さん{☆を有する}¨【:☆←新たに診断されたステージ IV の乳がん:】・】。   但し、注目すべきこととして、患者さんが評価した生活の質スコアは改善した【・*の間に |*← paclitaxel による治療・】、しかし、低下した【・*の間に |*← CMF レジメンによる治療・】。

¨能力範囲{☆の}¨【・☆←化学療法・】は劇的に変化した【・*の間に |*←過去数年間・】【・*により |*←¨登場{☆の}¨【:☆←新しい¨治療薬( 複数 ){☆のような}¨【∵☆← paclitaxel 、docetaxel 、vinorelbine 、capecitabine 、gemcitabine carboplatin ∵】:】・】。   これらの薬の全ては、※である【・※←活性【:*で |*←単独でも併用でも:】・】。

¨※¨が存在する【・※←¨議論{☆に関する}¨【:☆←¨価値{☆の}{ § に於ける}¨【∵☆←併用治療∵】【∵*と比較して |*←単剤での治療を順番に実施するやり方∵】【∵§←転移性の乳がんの治療∵】:】・】。

タキサン系化学療法剤は特に、示された¨何を?→『 』¨『 改善する【・*を |*←¨治療結果{☆のための}¨【:☆←¨患者さん{☆を有する}¨【∵☆←アントラサイクリン系化学療法剤に耐性な乳がん∵】:】・】【・*と比較して |*←より古い¨レジメン( 複数 ){☆のような}¨【:☆← mitomycin 、vinblastine 治療:】・】 』。   そのようなわけで、paclitaxel 、及び、docetaxel は代表する【・*を |*←優れた¨選択肢{☆のための}¨【:☆←このような状況での治療:】・】。   ¨臨床試験( 複数 ){※ところの}¨【・※←評価する【:*を |*←これらの薬の最適な投与量、及び、投与スケジュール| -AND- |これらの薬の相対的な有効性:】・】が進展中である。

【・*と同様に… |*←ホルモン療法の場合・】、奏効率、及び、奏効期間は低下する【・*と共に |*←治療の順番・】。   一つの難しい質問は※である【・※←何時化学療法を全く取りやめるのか・】。   【・*であるが…|*←固定された規則は存在しない・】、多くの患者さん、及び、医者は選択する【・*を |*←支援治療プログラム・】【・もし*なら…|*← 2 つの化学療法レジメンが続けて失敗する【:*を |*←引き出す【∵*を |*←腫瘍に対する奏効∵】| -OR- |遅くする【∵*を |*←腫瘍の進行∵】:】・】。

¨一つのサマリー{☆の}¨【・☆←より新しい¨治療薬( 複数 ){※ところの}¨【:※←使用可能である【∵*のために |*←¨治療{☆の}¨【::☆←進行期の乳がん::】∵】:】・】が提供される (*)。

(*)mougitaro 注:当該サマリーを入手するためには、Medscape からの購入が必要です。詳細は下方のリンクから原記事へジャンプし、そこに記述されている説明をご覧ください。

【・*と同様に… |*←早期の乳がんの場合・】、¨有用性{☆の}¨【・☆←高用量化学療法と自家幹細胞移植との組み合わせ・】は示して いない 【・*を |*←利益・】、そして、そのような方法は¨※¨べきである【・※←見なされる【:*であると|*←研究段階のもの:】・】。

分子標的治療薬

増加しつつある¨理解{☆に関する}¨【・☆←乳がんの生物学・】はもたらした【・*を |*←¨発見{☆の}¨【:☆←新しい治療標的:】・】。

れらの最初の¨薬{※ところの}¨【・※← FDA が認可した・】は※である【・※←モノクロナル抗体である trastuzumab (Herceptin )・】。   この薬は※である【・※←活性がある【:*に対して |*←細胞膜貫通 HER-2/neu 蛋白質:】・】。   細胞膜貫通 HER-2/neu 蛋白質は過剰発現している【・*に於いて |*← 20% から 30% の乳がん・】、そして、そのような過剰発現は¨※¨と考えられる【・※←伴う【:*を |*←より劣る予後、及び、¨耐性{☆に対する}¨【∵☆←いくらかの治療薬∵】:】・】。   毎週一回の¨投与{☆の}¨【・☆← trastuzumab ・】はもたらした【・*を |*←部分奏効、又は、完全奏効・】【・*に於いて |*←@ 15% の高度に治療を受けたことがある¨患者さん{※ところの}¨【:※←腫瘍が過剰発現している【∵*を |*← HER-2/neu ∵】:】| -AND- |A 30% 以上の¨患者さん{※ところの}¨【:※←未治療の HER-2/neu 過剰発現の乳がんを有する:】・】。

同時¨投与{☆の}¨【・☆← trastuzumab といくつかの細胞毒性的治療薬( 複数 )・】も研究されてきている。   【・*に於いて… |*←最近のランダム化臨床試験・】、¨併用治療{☆の}¨【・☆← trastuzumab と paclitaxel ・】は上昇させた【・*を |*←奏効率、奏効期間、生存・】【・*と比較して |*← paclitaxel 単独の場合・】【・*に於いて |*←¨患者さん{☆を有する}¨【:☆←新たに診断された転移性の乳がん:】・】。

これらの有望な結果( 複数 )は導いた【・*へ |*← 4 件の¨ランダム化臨床試験{※ところの}¨【:※←試験している【∵*を |*←¨価値{☆の}¨【::☆←補助療法としての¨使用{☆の}{ § に於ける}¨【∵:☆← trastuzumab ∵:】【∵:§←化学療法レジメン∵:】::】∵】:】・】。

trastuzumab はまた、増強した【・*を |*←¨抗がん効果{☆の}¨【:☆← AC レジメン:】・】、しかし、当該併用は伴った【・*を |*← 20% の¨発症率{☆の}¨【:☆←うっ血性心不全:】・】。   この予期しなかった知見は示す【・*を |*←¨必要性{☆の}¨【:☆←注意深い¨評価{☆の}¨【∵☆←新しい生物学ベースの治療薬( 複数 )∵】:】・】【・*の場合… |*←そのような薬が臨床現場に導入される・】。

その他の¨分子標的{※ところの}¨【・※←研究中である・】は含む【・*を |*←上皮成長因子レセプタ・】。   一つのそのような薬は※である【・※← gefitinib ・】《(左記への追加情報)| 一つの¨小さな分子{※ところの}¨【・※←標的をあてる【:*に |*←上皮成長因子レセプタチロシンキナーゼ:】・】 》。   当初の¨研究( 複数 ){☆の}{ § に於ける}¨【・☆← gefitinib ・】【・§←¨患者さん{☆を有する}¨【:☆←非常に進行期の乳がん:】・】はあまり¨※¨しなかった【・※←示す【:*を |*←活性:】・】。   しかし、この薬は※である【・※←¨対象{☆の}¨【:☆←進展中の研究:】・】。   特に、前臨床モデルは示唆する¨何を?→『 』¨『 gefitinib は¨※¨かも知れない【・※←打ちかつ【:*に |*←いくらかのタイプのホルモン療法への耐性:】・】 』

¨分子( 複数 ){※ところの}¨【・※←¨☆¨と考えられる【:☆←ブロックする【∵*を |*←腫瘍血管の新生∵】:】・】も※である【・※←研究中・】。   一つのそのような薬が※である【・※← bevacizumab・】《(左記への追加情報)| 一つの¨モノクロナル抗体{※ところの}¨【・※←標的とする【:*を |*←血管内皮成長因子:】・】 》。   この薬は持つ【・*を |*←或る程度の活性・】【・*として |*← 単独の治療薬・】【・*に於いて |*←進行期の乳がん・】、そして、この薬の¨使用{☆との併用での}¨【・☆←化学療法・】が研究されつつある。

また、新しい選択的エストロゲンレセプタ調整薬( 複数 )、及び、純粋な抗エストロゲン薬( 複数 )が開発中である。 fulvestrant 《エストロゲンレセプタの発現を低下させる》は現在使用されている【・*に於いて|*←臨床の現場・】。   ¨効果{☆の}¨【・☆← fulvestrant ・】は¨※¨であるようである【・※←類似している【:*と |*← anastrozole :】・】【・*のために |*←閉経後の¨患者さん{☆を有する}{ § ところの}¨【:☆←進行期の乳がん:】【:§←以前に受けたことがある【∵*を |*← tamoxifen ∵】:】・】。

支援治療

【・*の理由で…|*←¨緩和{☆の}¨【・☆←症状( 複数 )・】、及び、¨予防{☆の}¨【:☆←病気の合併症:】が※である【:※←主要な¨目的{☆の}¨【∵☆←¨治療{☆の}¨【::☆←ステージ IV の乳がん::】∵】:】・】、細心な¨注意{☆への}¨【・☆←支援治療・】は※である【・※←非常に重要・】。

骨は※である【・※←最も高頻度の¨個所{☆の}¨【:☆←¨転移{☆に於ける}¨【∵☆←乳がん∵】:】・】、そして、骨がまきこまれていることは¨※¨ことがある【・※←もたらす【:*を |*←顕著な病的状態:】・】。

数件の臨床試験( 複数 )は示した¨何を?→『 』¨『 定常的な¨投与{☆の}{ § と併用での}¨【・☆←一つのビスフォスフォネート薬《zolendronate, pamidronate, or clodronate》・】【・§←ホルモン療法や化学療法・】¨※¨ことができる【・※←@軽減する【:*を |*←痛み:】| -AND- |A低下させる【:*を |*←¨発症頻度{☆の}¨【∵☆←いくつかのタイプの骨の合併症∵】:】・】 』。   これらの知見は由来している【・*から |*←¨能力{☆の}{ § のための}¨【:☆←ビスフォスフォネート薬( 複数 ):】【:§←抑制する【∵*を |*←破骨細胞の活性∵】:】・】【・*からというよりも |*←具体的な抗悪性新生物効果・】。

そのようなことで、FDA は認可した【・*を |*←¨使用{☆の}¨【:☆← zolendronate、及び、pamidronate :】・】【・*として |*←¨補助治療{☆のための}¨【:☆←¨患者さん{☆を有する}¨【∵☆←乳がんからの溶解性の骨転移∵】:】・】。   いくつかの事項が未だに未解決である。 例えば※である【・※←最適な治療間隔、及び、治療の持続期間・】。

小規模の臨床試験( 複数 )が提起した【・*を |*←¨可能性{※という}¨【:※← clodronate が¨※¨かも知れない【∵※←助ける【::*を |*←予防、又は、遅らせる【∵:*を |*←¨進行{☆の}¨【∵∵☆←¨転移( 複数 ){☆に於ける}¨【∵∵・☆←早期乳がんを有する患者さん∵∵・】∵∵】∵:】::】∵】:】・】。   ランダム化補助臨床試験( 複数 )が研究している【・*を |*←左記の可能性・】。

現在、証拠に基づく¨ガイドライン{☆からの}¨【・☆← American Society of Clinical Oncology ・】は提唱している¨何を?→『 』¨『 ビスフォスフォネート薬は使用されるべきである【・*としてだけ |*←¨一部{☆の}¨【:☆←¨緩和プログラム{☆のための}¨【∵☆←¨患者さん{☆を有する}¨【::☆←骨への転移::】∵】:】・】 』

¨心臓毒性{☆の}¨【・☆← doxorubicin ・】は¨※¨と考えられる【・※←低下する【・*により |*←¨使用{☆の}¨【・☆← dexrazoxane 《心臓保護薬》、又は、リポソーム製剤( 複数 )・】・】・】。

適正な¨使用{☆の}¨【・☆← colony-stimulating factors、又は、erythropoietin ・】は¨※¨ことがある【・※←助ける【:*を |*←軽減する【∵*を |*←¨症状( 複数 ){☆の}¨【::☆←化学療法関連の骨髄低形成::】∵】:】・】。   【・★で あるか否か を |★←これらの治療戦略がより優れている(であるか否か)【:*よりも |*←化学療法の用量引き下げや赤血球輸血:】・】は未だに未解決である。

痛みの十分なコントロールは今や¨※¨である【・※←達成可能である【:*に於いて |*←大部分の患者さん:】【:*により |*←¨使用{☆の}¨【∵☆←持続放出の経口、及び、経皮麻薬性鎮痛剤∵】:】・】。

優秀な¨制吐剤{☆のような}¨【・☆←セロトニンレセプタ抑制薬やニューロキニン -1 拮抗薬・】が使用可能である【・*のために |*←軽減する【:*を |*←化学療法に伴う嘔吐:】・】。

熟練した¨実施{☆の}¨【・☆←これらの方法( 複数 )・】は※である【・※←必須である【:*に於いて |*←軽減する【∵*を |*←病気自体、及び、治療による病的な状態∵】:】・】。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。詳細・内容は、下記のリンク先の原文をお読みください。(但し、下記のリンクは個別資料へのリンクですので、もしリンク切れになっていましたら、Medscape Hematology-Oncology のホームページへジャンプし、そこから原文へアクセスしてください)

原文へのリンク:

原記事へのリンク

( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)
( 原典: Medscape Hematology-Oncology Headlines)

*****blg↑********************
当ファイルの目次ページへ

資料 A=治療の全体像



資料 Source

原文へのリンク: 本コーナーでは、記事概要の迅速なご紹介を目的としています。詳細・内容は、下記リンク先の原文をお読みになって、ご確認ください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、トップページへのリンクです。ご了解をお願いします)


American Cancer Society のホームページ



当サイトの部位別治療法のページへ


key words(編集用の記述):がん、がん、癌、腫瘍、白血病、メラノーマ、欧州、米国、アメリカ、標準治療、抗がん剤、抗がん剤、抗癌剤、血液、リンパ、脳、乳がん、肝臓、胃、大腸、小腸、結腸、直腸、子宮、卵巣、精巣、頭頸部、肺、膵臓、前立腺、皮膚、甲状腺、腎臓、膀胱、神経

更新日付

最初のまとめ:2005年 8月 29日

A0+ ステージ決め

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

ステージ決めとは、がんがどの程度拡大しているかを記述するプロセスのことである。がんのステージは、治療選択肢を考慮する上で最も重要な要因である。

患者さんの身体的な検査や生検の結果によっては、画像検査(胸部レントゲン写真、マンモグラム、、骨スキャン、CT、MRI、など)を追加することがある。また、血液検査をすると、がんが特定の臓器に拡大しているかどうかを知る上で参考になる。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【American Joint Committee on Cancer (AJCC)による TNM システムの原理】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

がんのステージを記述するために最も一般的に採用されているのは、American Joint Committee on Cancer (AJCC)による TNM システムである。これは T、N、M という3つの指標のそれぞれについて番号で拡大の程度を示す仕組みである:

◇T の意味: T というのは、腫瘍(Tumor)の T であり、腫瘍の姿(乳房部の内部や近接の臓器の中へどの程度拡大していっているか)を表す。
◇N の意味: N は、リンパ節への拡大の程度を表す。
◇M の意味: M というのは、転移(Metastasis)の M であり、転移(遠く離れた臓器への拡大)の有無を表す。

ここで説明しているステージ(病理学的ステージ)が決められるのは、手術後に、病理担当の医者が切除した組織やリンパ節を観察してからである。

T、N、M、にはそれぞれ、数字が付けられ、それぞれの程度を示す(それぞれ数字が大きい方が進行しているという意味である)。

上記のようにして T、N、Mの各段階が決められたら、それらを統合してグループ化し、ローマ数字の I〜IV(普通の数字で言えば、1〜4)でステージを表現する。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【乳がんに於ける T、N、M、のカテゴリーとステージのグループ化】



『原発腫瘍(T)のカテゴリー』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

◇TX : 原発腫瘍を評価できない。
◇T0 : 原発腫瘍の証拠がない(これは実際に時々起きる)
◇Tis : 上皮内がん、分泌管内がん、上皮内小葉がん、乳頭のパジェット病(それに伴う腫瘤がないもの)
◇T1 : 最大径が 2cm以下
◇T2 : 最大径が 2cm超で、5cm以下
◇T3 : 最大径が 5cm超
◇T4 : 胸壁や皮膚に達している(腫瘤の大きさに無関係)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『局所の(乳房部の近くの)リンパ節(N)の病理学的ステージ』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

◇NX : 局所リンパ節を評価できない(例えば、既に切除されているケース)
◇N0 : がんは局所のリンパ節に拡大していない。
◇N1 : がんが、 1〜3個の、乳がんと同じ側の腋窩リンパ節、又は、内胸リンパ節に拡大している(センチネルリンパ節生検で顕微鏡サイズのがんが見られるが、これらは画像検査や臨床的検査では検知されない) このカテゴリーには、少量のがん細胞だけが検出されるケースも含まれる。
◇N2 : がんが、 4〜9個の、乳がんと同じ側のリンパ節に拡大している、又は、内胸リンパ節に拡大している(画像検査や見つかり、腋窩リンパ節への転移はない)
◇N3 : がんが、10個以上の腋窩リンパ節、又は、鎖骨下リンパ節、又は、鎖骨上リンパ節、に拡大している、又は、内胸リンパ節に拡大していて(画像検査か臨床的検査で見つかり) 1 個以上の腋窩リンパ節に拡大している、又は、3個以上の腋窩リンパ節と内胸リンパ節に拡大している(センチネルリンパ節生検で見つかるが画像検査や臨床的検査では見つからない。(以上の説明の全ては、乳がんと同じ側についてである)

※mougitaro注: 上記の通り、Nのカテゴリーの定義は非常に複雑です。明確なイメージを把握されたいかたは、専門の書籍などを参考になさってください。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『転移(M)』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

◇MX : 遠くの臓器への拡大(転移)を評価できない。
◇M0 : 遠くの臓器への拡大はない。
◇M1 : 遠くの臓器への拡大がある。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『ステージのグループ化』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

◇ステージ 0= Tis 、 N0 、 M0 : 上皮内腺管がん(DCIS)は、最も早期の乳がんである。DCISの場合、がん細胞は乳管内に存在し、周囲の脂肪組織には浸潤していない。又は、上皮内小葉がん(LCIS)で、これはステージ 0 の乳がんに分類されることがあるが、たいていの腫瘍医は、真の乳がんとは見なしていない。LCISでは、異常な細胞は、小葉(又は、ミルクを作り出す腺)の中に存在し、小葉の壁を貫通していない。又は、乳頭のパジェット病である。これらの全ての場合で、がんはリンパ節や遠くの個所へ拡大していない。

◇ステージ I= T1 、 N0 、 M0 :腫瘍は 2cm以下で、リンパ節にも遠方の個所にも拡大していない。

◇ステージ IIA= T0 、 N1 、 M0 又は T1 、 N1 、 M0 又は T2 、 N0 、 M0 :
‥‥乳房部に腫瘍が見つからないが、1〜3個の腋窩リンパ節に存在する。
又は
‥‥乳房部の腫瘍は 2cm未満で、1〜3個の腋窩リンパ節又は、内胸リンパ節(センチネルリンパ節生検で顕微鏡的病気として見つかるが、画像検査や臨床的検査では見つからない)に存在する。
又は
‥‥乳房部の腫瘍は 2cm超で 5cm未満。腋窩リンパ節に拡大していない。

(以上の 3つのケースのいずれでも、遠方へは拡大していない)

◇ステージ IIB= T2 、 N1 、 M0 又は T3 、 N0 、 M0 :
‥‥腫瘍は 2cm超で 5cm未満。1〜3個の腋窩リンパ節、又は、内胸リンパ節(センチネル生検で顕微鏡的病気として見つかる)に拡大している。
又は
‥‥腫瘍は 5cm超で、胸壁やリンパ節に拡大していない。

(以上の 2つのケースのいずれでも、遠方へは拡大していない)

◇ステージ IIIA= T0-2 、 N2 、 M0 又は T3 、 N1-2 、 M0 :
‥‥腫瘍は 5cm未満で、4〜9個の腋窩リンパ節、又は、内胸リンパ節(画像検査か臨床的検査で見つかる)に存在する。
又は
‥‥腫瘍は 5cm超で、1〜9個の腋窩リンパ節、又は、内胸リンパ節に存在する。

(以上の 2つのケースのいずれでも、遠方へは拡大していない)

◇ステージ IIIB= T4 、 N0-2 、 M0 :腫瘍は胸壁又は皮膚に拡大しており、最高 9個のリンパ節に拡大している。内胸リンパ節に拡大していることがある。遠方へは拡大していない。

◇ステージ IIIC= T0-4 、 N3 、 M0 :腫瘍のサイズには無関係に、腫瘍が 10個以上の腋窩リンパ節、又は、1 個以上の鎖骨下リンパ節、又は、鎖骨上リンパ節、又は、内胸リンパ節、に拡大していて、これらのリンパ節はがんによって大きくなっている。
(これらのリンパ節は、乳がんと同じ側のリンパ節についてである)
がんは遠方へは拡大していない。

◇炎症性乳がんは、遠方の臓器や乳房部の近くでないリンパ節には拡大していない場合、ステージ III に分類され、遠方の臓器や乳房部の近くでないリンパ節に拡大している場合、ステージ IV に分類される。

◇ステージ IV= T0-4 、 N0-3 、M1 :腫瘍のサイズには無関係に、遠方の臓器(骨、肝臓、肺、など)、又は、乳房部から遠いリンパ節に拡大している。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


A1+ 治療ガイドライン(患者さん向け、医者向け)について

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

American Cancer Societyと National Comprehensive Cancer Network (NCCN) は、共同して、乳がんの治療に関する詳細なガイドラインを提供している。1995年以来、米国の主要ながんセンターのエキスパートががん治療ガイドライン(がん治療専門家向け)を作成している。

American Cancer Societyは、患者さんや家族さんを念頭に置いて、詳細なガイドラインも提供している。

専門医療従事者向けのバージョンは、NCCNのサイト(http://www.nccn.org)から入手可能である。 患者さん、家族さん向けのバージョンは、American Cancer Societyのサイト(http://www.cancer.org/docroot/ETO/ETO_10.asp?sitearea=ETO)から入手可能である。

National Cancer Institute (NCI)は、がん治療専門家向けのガイドラインを提供しており、NCIのサイト(http://www.cancer.gov)から入手可能である。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


A2+ 局所治療と全身的治療

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

局所的な治療の目的は、身体の他の個所に影響を与えずに、がんのある個所だけで治療を行うことである。外科手術、放射線療法、などが、局所的治療である。

全身的治療では、経口的又は注射によって薬を投与し、乳房部以外に拡大しているかも知れないがん細胞に達するようにする。化学療法、ホルモン療法、免疫療法、などが、全身的治療である。

外科手術の後に、がんが検知されないケースに実施される治療を、補助療法という。早期のがんであっても、原発のがんからがん細胞が分離して、血流によって拡大することがある。このような細胞は、医者の診察や画像検査では検知できず、症状も示さない。しかし、そのようながん細胞は、他の臓器や骨に新しい腫瘍を作ることができる。補助療法の目的は、そのような隠れたがん細胞を殺すことである。

しかし、全ての患者さんに補助療法が必要なわけではない。一般的に、腫瘍が大きかったり、リンパ節に拡大している場合に、がん細胞が身体の他の個所へ拡大している可能性がより高い。化学療法やホルモン療法の実施が勧められるケースについては、それらの治療法(化学療法とかホルモン療法)についての章や、ステージごとの治療の章で、説明する。

場合によっては、手術の前に、腫瘍を縮小するために、補助療法(主として化学療法)を行うことがある。これを術前補助療法という。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


A3+ 外科手術

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

乳がんの患者さんの大部分では、何らかの手術を受ける。手術の種類としては、乳房部温存手術、乳房部切除手術、腋窩リンパ節の生検や切除、がある。患者さんの中には、乳房部切除手術のとき、又は、その後に、乳房部再建手術を受ける人もいる。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【個別の手術に関する説明】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

(以下では、手術名として、いわゆる”医学用語”なるものは、無意味に難解なだけで、一般の人には意味が分かりませんので、必ずしもあえて使用していません。意味をとらえやすい言い方にしてあります)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『乳房部温存手術』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

腫瘍摘除術(ランペクトミー)では、乳がんの固まりと、周辺の少量の正常組織だけを切除する。こうして切除した組織の縁辺部にがん細胞が検出された場合、追加の切除が必要なことがある(つまり、がん細胞を取り残している可能性があるから)。この追加の手術を再切除術という。腫瘍摘除術の場合は通常、手術の後に放射線療法を実施する。化学療法が実施される場合には、放射線療法は、化学療法が終了するまで延期する。

部分的乳房部切除術や四半切除術では、腫瘍摘除術よりも広範囲(乳房部の 1/4 かそれ以上の切除)を切除する。手術後には通常、放射線療法を行う。

これらの手術の副作用としては、一時的な腫れ、圧痛、固さ、があり、これらは、手術個所に形成される瘢痕組織(きずあと)によるものである。

ステージ I やステージ II の患者さんの大部分の場合、乳房部温存手術(腫瘍摘除術 + 放射線療法)は、乳房部切除術と同等に効果的である。(これらの 2 つの手術で、生存率は同一である)

しかし、乳房部温存手術が全ての患者さんに勧められるわけではない。(下記の、「腫瘍摘除術と乳房部切除術の選択」の項目を参照のこと)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『乳房部切除術』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

単純、又は、全乳房部切除術の場合、乳房部全体を切除するが、腋の下のリンパ節や乳房部の下の筋肉組織は切除しない。この手術はしばしば、ステージ 0 の乳がんの場合に実施される。

非定型的乳房部切除術(もともとの英語の意味は、「修正版の根治的な乳房部切除術」です)では、乳房部全体と、腋の下のリンパ節のいくつかを切除する。この方法が、乳房部全体を切除する必要があるケースでは最もしばしば実施される方法である。

定型的乳房切断術(もともとの英語の意味は、「根治的な乳房部切除術」です)は、広範囲の切除を行うもので、乳房部全体、腋の下のリンパ節、胸壁の筋肉(乳房部の下の筋肉)、を切除する。過去に於いては、この方法が最も一般的であったが、変形や副作用を起こすこと、上記の非定型的乳房部切除術が同等に効果的であることが分かってからは、この方法が実施されるのは稀である。

副作用(乳房部切除術、腫瘍摘除術、の)としては、傷の部分の感染、血腫(傷の個所への血液の蓄積)、漿液腫(傷の個所への透明な液の蓄積)、などがある。腋の下のリンパ節を切除した場合は、更に別の副作用が起きることがある。(下記の「腋窩リンパ節の切開」の項目を参照のこと)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『腫瘍摘除術と乳房部切除術の選択』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

腫瘍摘除術の長所は、乳房部の外観を保持できることである。欠点は、手術後に数週間の放射線療法が必要であることである。(但し、乳房部切除術を受けた患者さんの少数でも、放射線療法が必要なことがある)
がんの大きさが小さくて、腫瘍摘除術を受けた患者さんは、乳房部切除術を受けた患者さんと同等の生存を期待可能である。大部分の患者さんや医者は、腫瘍摘除術 + 放射線療法を選択するが、この選択に影響を与える要因として以下のものがある:

◇乳房部を失うことについて患者さんがどう感じるか
◇放射線療法を受けるために、どれだけ旅行する必要があるか
◇乳房部切除術を受けた後にまた、乳房部再建術を受けることになっても良いか
◇乳房部切除術を、がんを出来るだけ早く除去するために選択するかどうか

通常、以下の患者さんには、腫瘍摘除術や乳房部温存手術は勧められない:

◇患部の乳房部に既に放射線療法を受けている場合
◇同側の乳房部に複数の腫瘍があり、これら全部を 1 回の手術で除去困難な場合
◇腫瘍摘除術や、その後の再切除でがんを完全には除去できなかった場合
◇重症の結合組織病(強皮症のような)がある場合(このような場合、放射線療法の副作用がきつくなる)
◇妊娠している場合(放射線療法を受けると、胎児に障害のおよぶリスクがある)
◇腫瘍のサイズが 5cm 以上で、化学療法であまり縮小しない場合
◇小さい乳房部に比較して大きな腫瘍がある場合

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『腋窩リンパ節の切開』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

乳がんが腋の下のリンパ節に拡大しているかどうかをみるため、これらのリンパ節のいくつかを切除(腋窩リンパ節の切開という)して、顕微鏡で観察する。

前述のように、腋窩リンパ節の切開は、根治的な乳房部切除術や修正版の根治的な乳房部切除術の一部であり、また、腫瘍摘除術のような乳房部温存手術と通常組み合わせて実施する。

がん細胞が腋の下のリンパ節に拡大しているかどうかは、補助療法を選択する上で重要な考慮要因である。過去に於いては、出来るだけ多くのリンパ節を除去したほうが、がんが身体の他の部分へ拡大するリスクを低下させ、治癒のチャンスが増加する、と考えられていた。

しかし今では、がん細胞が乳房部やリンパ節を越えて拡大した場合の最良の治療法は全身的な治療であるということが分かってきている。腋窩リンパ節の切開は、乳がんの今後の治療を決定する上でのガイドとなるものである。

腋窩リンパ節の切開の主な副作用は、リンパ水腫(腕の腫れ)である。腋の下のリンパ節を切除した患者さんの約 10〜30%でリンパ水腫が起きる。手術の後に腕が腫れたり、痛かったりした場合は、直ちに治療チームの誰かに告げること。

また、手術の後に、腕や肩の運動が限られることがある。

もう一つの一般的な副作用は、上腕の内側の皮膚が無感覚になることである。この副作用は、この部分の皮膚感覚をコントロールしている神経が、リンパ節の領域を通過してい(て、リンパ節切除の影響を受け)ることが原因である。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『センチネル(見張り)リンパ節生検( SLNB )』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

リンパ節切開は、安全な手術であり、重症の副作用は少ないが、最初から全てのリンパ節を切除するというようなことをせずに、がんがリンパ節に拡大しているかどうかを検査する方法が開発された。それが、センチネルリンパ節生検である。

この方法の場合、まずセンチネルリンパ節を見つけ、そのリンパ節を切除する。センチネルリンパ節というのは、がん細胞が最初に流入するリンパ節のことで、このリンパ節ががん細胞を含んでいる確率が最も高い。

センチネルリンパ節を見つけるためには、まず、腫瘍の周囲の領域に、放射性物質と、青色の色素を注射する。これらの放射性物質・色素はリンパ管を運ばれ、センチネルリンパ節に流れ込む。そして、放射性物質をガイガーカウンタで計測するか、又は、青色色素を観察することで、「リンパ節地図」が得られる。ここで、センチネルリンパ節を切除し、病理担当者に回す。

センチネルリンパ節ががん細胞を含んでいる場合、腋の下のリンパ節の切除(腋の下の他のリンパ節も切除)を行う。腋の下のリンパ節の切除を行うタイミングは、センチネルリンパ節生検と同時のこともあるし、数日後のこともある。これは、センチネルリンパ節にがん細胞が含まれていることが、生検をしている段階で分かることもあれば、顕微鏡で観察してようやく分かることもあるからである。

センチネルリンパ節にがん細胞がない場合、その他のリンパ節の切除は必要なく、従って、リンパ節切除に伴う副作用を避けることができる。

但し、センチネルリンパ節生検(によるリンパ節へのがん細胞拡大の検査)が、いつでも適切であるというわけではない。この方法が適切であるのは、腫瘍が 1 個で 5cm以下、以前に化学療法やホルモン療法を受けていないこと、リンパ節が腫れた感じがしないこと、といった条件を満たす場合である。

センチネルリンパ節生検は、複雑な技術であり、非常に高度な熟練を要する。この理由から、センチネルリンパ節生検を実施できるのは、この技術に熟練していることが知られているチームだけに限定されるべきである。センチネルリンパ節生検を受けようと考える患者さんは、治療チームに対して、センチネルリンパ節生検を日常的に実施しているかどうかを確認すること(*)。

(*)mougitaro注:米国ではチームで医療が進められるため、このような質問もしやすいであろうと考えられます。日本の医者の中には、患者さんからの質問を極度に嫌う者が実際にいます。しかし、このような大事なことは、堂々と質問するようにしてください。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『乳房部再建手術、乳房部埋め込み手術』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

患者さんが、これから乳房部切除術を受けるところで、しかも、その直後に乳房部再建術を受けようと考えている場合、手術の前に、乳房部再建術のエキスパートの形成外科医と相談することが重要である。

再建術の方法やタイミングは、患者さんの医療上の状況や、患者さんの好みによってさまざまである。乳房部切除術と同時に再建術を実施することも、後になって実施することもある。再建のためには、埋め込み用の物質や、身体の他の個所の組織を使う。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【外科手術で何が起きるのか】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

多くの患者さんにとって、外科手術は考えるだけで恐ろしいものかも知れない。しかし、手術の前、間、後、に何が起きるのか知っておけば、多くの不安を解消できる。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『手術前』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

今では、生検をすれば数日のうちに、乳がんがあるかどうかを知ることができる。しかし、乳がんの程度については、手術が終了するまで正確には知ることはできない。

患者さんは通常、手術担当の外科医と、手術の数日前に、手術の手順について議論する。このときが、手術についてや、可能性のあるリスクについて質問する好適な機会である。患者さんは、このとき、手術の同意書(外科医に手術を実施する許可を与える)に署名を求められるが、時間をかけて同意書をよく読み、今署名しようとしている文書の内容を確実に理解してから署名すること。

医者の中には、上記の議論の前に、いろいろな資料を送ってくれる者もおり、このような場合には、資料をじっくり読むことができ、せかされずに済むわけである。場合によっては、研究用に、患者さんの組織を使うための同意書にも署名を求められることもある。当の患者さんには直接関係ないが、将来、多くの他の患者さんの非常な助けになるかも知れない。

手術の前に供血を求められることがある。例えば、乳房部切除術と再建術を組み合わせて実施するような場合で、医者が、輸血が必要であると事前に判断したケースである。輸血が必要な場合に自分自身の血液を使用できれば、より安心できるが、米国では、他の人の献血で輸血しても、自分自身の血液の場合と、ほとんど同等に安全である。いずれにせよ、患者さんは、自分の場合に輸血が必要であるかどうか、医者に確認しておくこと。

医者は、患者さんがどのような薬を使用しているかを質問してくる。これは、そのような薬が手術に影響してはいけないからである。例えば、患者さんが血液凝固を抑えるような薬(アスピリンも含む)を使用している場合、手術の 1〜2 週間前に使用をやめるように言われることがある。通常、手術の 8〜 12 時間前からは、何も飲食しないように言われる。とくに、全身麻酔で手術を行う場合にそうである。

全身麻酔は通常、乳房部切除や腋の下のリンパ節の切除を伴う手術の場合には、常に実施される。外科手術の間に薬の投与が必要な場合にすぐに投与可能なように、通常、IVライン(静脈に挿入しておいて、いつでも薬を注入できるようにしてある器具)を設置する。手術中常に心拍と血圧をモニターするため、心電図計と血圧測定装置も設置する。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『手術』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

手術にあたって、日帰りで実施するのか、入院で実施するのか選択を求められることがある。どの程度の入院が必要であるのかは、患者さんの体調とか、手術の内容によって異なる。

一般的に、乳房部切除やリンパ節切開術を受けた場合、病院には 1〜2 夜滞在してから、帰宅する。

腫瘍摘除術やセンチネルリンパ節生検の場合には、外来手術センターで実施するのが普通で、病院に宿泊することは必要ない。

手術の長さは、手術のタイプによって異なる。例えば、乳房部切除と腋の下のリンパ節切除を組み合わせた手術では、2〜3 時間が必要である。手術の後、患者さんは回復室に入り、麻酔が覚め、バイタルサイン(血圧、脈拍、呼吸)が安定したら、そこを出る。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『手術後』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

手術を受けた個所には包帯がされ、ドレーン用のチューブが 1 本以上、胸部か腋の下に設置される。これは、治癒する間での間、集まってくる血液やリンパ液を排出するためである。ドレーンは大部分の場合、1〜2 週間設置したままである。排出される液量が、1 日に 30cc程度にまで低下したら、しばしば、ドレーンをはずす。

稀に、腕を固定するために吊り包帯をすることがある。

大部分の場合、なるべく早く腕を動かすように言われる。腕が固くならないようにである。腫瘍摘除術でも、乳房部切除術でも、受けた患者さんは、あまりにも痛くないので驚く。しかし、腕の下の部分に奇妙な感覚(無感覚、締め付けたり、引っ張っているような感覚)がある場合には、あまり気分が良いものではない。

医者と、外科手術の個所や腕のケアについて議論しておくことが必要である。通常、患者さんや家族さんには、手術後のケアを記述した書面が提供される。この書面には、以下のことが書かれている:
◇手術の傷と、包帯のケアの方法
◇ドレーンチューブのケアと、それからの排出液をモニターする方法
◇感染症の徴候をどうやって知るのか
◇どのような場合、医者や看護婦に電話すべきか
◇腕を何時動かし始め、どのような運動をすべきか
◇何時ブラをつけ始めるか
◇人工装具は何時から、どのようなものをつけるか(乳房部切除術の場合)
◇食べるべきもの、食べてはいけないもの
◇薬の使用(鎮痛薬を含む)
◇行動にどのような制限があるか
◇胸部とか腕にどのような感覚があるものなのか
◇身体のイメージについてどのような感覚があるものか
◇フォローアップのための診察日程

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


A4+ 化学療法



【概論】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

化学療法というのは、抗がん剤を使用する治療のことで、抗がん剤は静脈注射や、経口、などで投与される。薬は血流に乗って、身体の全ての部分に到達する。化学療法を、腫瘍摘除術や乳房部切除術の実施後に、補助療法として実施すると、がんの再発のリスクを低下させることができる。

化学療法を実施するのはサイクル単位である(投与する期間に続いて休薬する期間を設けてあるのを 1 サイクルとする)。化学療法は通常、6 ヶ月間程度継続する。

化学療法を主要な治療法として使用することもある。それは、がんが診断時に既に乳房部や脇の下のリンパ節を越えて拡大していた場合や、最初の治療(手術など)の後で拡大した場合である。この場合の化学療法の長さは決まったものはない。がんがどの程度縮小するかによって異なる。

外科手術の前に実施する化学療法を術前補助化学療法という。術前補助化学療法の利点は、これによってがんを縮小でき、十分に小さくなれば、乳房部切除術でなく、腫瘍摘除術で手術が可能になることである。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【使用する化学療法剤】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

一般に、化学療法剤は、複数の薬を併用して投与する(時には、単剤が有効な場合はあるが)。最も一般的に使用される併用化学療法レジメン(メニュー)は以下の通りである(*):

(*)以下の一覧に出てくる化学療法剤の個々については、本サイト「化学療法剤のページ」を参照してください。

◇CMFレジメン= シクロホスファミド{Cytoxan} + メトトレキセート{アメトプテリン、 Mexate 、 Folex} + フルオロウラシル{ 5-FU 、 Adrucil}
◇CAFレジメン= シクロホスファミド + ドキソルビシン{アドリアマイシン} + フルオロウラシル
◇ACレジメン= ドキソルビシン{アドリアマイシン} + シクロホスファミド
◇ドキソルビシン{アドリアマイシン} + パクリタキセル(タキソール)
◇ドキソルビシン{アドリアマイシン}の投与に続いて、CMFレジメンの実施
◇シクロホスファミド + エピルビシン(Ellence) + フルオロウラシル

その他使用される化学療法剤としては、ドセタキセル{タキソテール}、ビノレルビン{Navelbine}、ゲムシタビン{Gemzar}、カペシタビン{Xeloda}、などがある。

補助薬化学療法として多くの場合に実施されるのは、まずドキソルビシン + シクロホスファミドを4 サイクル実施し、次いで、パクリタキセルを 4 サイクル実施する方法である。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【化学療法の副作用】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

化学療法の副作用は使用した薬、用量、治療期間の長さ、によって異なる。一時的な副作用としては、疲労感、吐き気・嘔吐、食欲不振、脱毛、口内炎、などが起きることがある。月経周期の変化は一時的なことも、恒久的なこともある。

化学療法剤は、骨髄にある造血細胞にダメージを与えることがあるため、血球数が少なくなることがある。その結果起きることがあるのは:
◇感染リスクの増大(白血球不足による)
◇軽度の切り傷やケガによる出血やアザ(血小板の不足による)
◇疲労感、息切れ(赤血球の不足による)

化学療法に伴う一時的な副作用の多くに対して、非常に効果的な治療法がある。例えば、吐き気やと嘔吐を予防したり、軽減可能ないくつかの薬がある。また、成長因子と呼ばれる一連の薬は、化学療法後、骨髄の回復を助け、血球数低下に伴う副作用を治療できる。

恒久的な副作用として、早発閉経(通常よりも早期に閉経する)や、不妊が起きることがある。これらの問題は、患者さんがより高齢であるほど起こりやすい。これらの結果として、骨粗鬆症が起きることがある。
アドリアマイシン(ドキソルビシン)を長期間、又は、高用量で使用すると、恒久的な心臓損害を起こすことがある。しかし、この薬の用量は、医者が慎重にコントロールするはずである。医者は心エコー図計などを使って、徴候が現れ次第、この薬の使用をやめる。

その他の副作用として、「ケモ(化学療法)脳」がある。乳がんの化学療法を受けた患者さんの多くは、精神的機能に於いて多少の低下を経験する。集中力とか記憶の面で若干の困難が生じることがある。この副作用は、長期間続くことがあるが、知的活動に影響してくることは稀である。

非常に稀であるが、乳がん治療の数年とか数十年後に、使用した化学療法剤によっては、急性骨髄性白血病が起きることがある。しかし、このようなことが起きるリスクよりも、化学療法によって多くのケースで再発を防げたり、乳がんによる死亡を減少可能であったりするという利益のほうが、はるかに優っている。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


A5+ 放射線療法



【概論】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

放射線療法というのは、高エネルギーの放射線か粒子を用いてがん細胞を殺す治療法である。放射線療法は、手術後に、乳房部、胸壁、腋の下、に残っているかも知れないがん細胞を破壊するために使用されることがある。

場合によって放射線療法により治療されることがある領域として、鎖骨上リンパ節(鎖骨の上にあるリンパ節)や、内胸リンパ節(胸骨{胸部の中央にある骨}の下にあるリンパ節)、がある。

放射線療法を外科手術の後に実施する場合は、手術の傷が回復するまで約 1 ヶ月間は待つ。また通常、化学療法が完了するまで放射線療法は実施しない。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【外部線源放射線療法】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

これは、普通のタイプの放射線療法である。外部のマシンから出る放射線を、がんのある部分にあてる。あてる領域としては通常、乳房部全体であるが、がんのサイズや位置によっては、胸壁や腋の下にもあてることがある。放射線療法自体は痛くない。

治療を開始する前に、放射線療法チームは、放射線をあてる角度やあてる量を正確に計画する。その後、患者さんの皮膚にインクで印を付ける。これは、放射線を正確にあてるためのガイドとなる。

照射のペースは通常、1 週間に 5 日間で 6 週間程度である。各回の治療は外来で実施し、1 回の治療に要する時間は数分間である。(カナダでの研究によれば、がんのサイズが小さい場合には、より集中的で短期間の治療が効果的であった)

デオドラントや汗どめの薬は、外部線源放射線療法の障害になることがあるので、治療が完了するまでこれらの使用は避けること。

外部線源放射線療法の主な副作用は、乳房部の腫れや重量感、治療領域の皮膚の日焼け状の変化、疲労感、である。治療領域の皮膚を日光にさらしてはいけない。何故なら、皮膚の変化が悪化することがあるからである。これらの乳房部や皮膚の変化は通常、6〜12 ヶ月で解消する。

患者さんのなかには、放射線療法の後に乳房部が小さくなったり固くなったりする人もいる。また、リンパ節領域に放射線が照射されると、リンパ浮腫の原因となることがある。

妊娠中の患者さんには放射線療法を行わない。何故なら、胎児に障害が及ぶことがあるからである。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【近接照射療法】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

これはもう一つの放射線療法である。外部から放射線をあてるのではなく、放射性の「種」やペレットを直接、乳房部の内部でがんの近くに埋め込む。この方法はしばしば、がんの部分に放射線があたる量を増強する目的で実施するが、臨床試験では、この方法だけで放射線療法を行う方法が評価されている。当該臨床試験の結果はこれまでのところ有望であるが、その方法が標準的な勧められるためには、より多くの経験が必要である。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


A6+ ホルモン療法



【概論】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

エストロゲン(ホルモンの一種)は、閉経までは主として卵巣で、閉経後は脂肪組織で産生される。エストロゲンは、乳がんの約 2/3のケース(エストロゲンかプロゲステロンのレセプタを発現しているがん)で、がんを成長させる。以上のことから、乳がんの治療法として、エストロゲンの効果を抑えたり、エストロゲンレベルを低下させるという方法がとられることがある。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【tamoxifen(タモキシフェン)】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

最も一般的に使われている抗エストロゲン薬は、タモキシフェン(Nolvadex)である。この薬は毎日、錠剤のかたちで服用する。手術後、通常 5 年間、タモキシフェンを服用し続けることで、がんの再発リスクを低下可能である(但し、がんがエストロゲンレセプタかプロゲステロンレセプタを発現している場合)。タモキシフェンは、転移性乳がんの治療にも使用する。また、乳がん発症リスクが高い女性で、予防用にも使用される。

タモキシフェンは、子宮内面の粘膜のがん(子宮体がん)発症のリスクを増大させることがある。(このがんは通常、非常に早い段階で診断され、外科手術で一般的に治癒可能である) タモキシフェンは、子宮肉腫(子宮の結合組織に起きる稀ながん)のリスクを増大させることがある。

タモキシフェンを服用している人は、腟からの異常な出血(上記の 2 つのがんに共通の症状)があった場合は、必ず医者に直ちに告げること。大部分の子宮からの出血は、がんが原因ではないが、このような出血は直ちに検査の必要がある。

血液凝固は、もう 1 つのタモキシフェンの重大な副作用である。

その他のタモキシフェンの副作用として、体重増加(但し、最近の研究では実証されていない)、のぼせ、腟帯下、気分の変動、などが起きることがある。早期の白内障が稀に起きることがある。

以上のような副作用はあるが、大部分の乳がんの患者さんにとって、タモキシフェンを服用する利益は、リスクよりもはるかに優っている。

乳がんが骨に拡大している場合、タモキシフェンを投与されると、「腫瘍フレア」(骨や筋肉に於ける痛みや炎症の発生)が起きることがある。これは通常、素速く解消する。しかし、血液中のカルシウムレベルが上昇してコントロールできなくなることがある。この場合、タモキシフェンの使用は中止する必要があることがある。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【raloxifene(ラロキシフェン)】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

ラロキシフェン(Evista)は、タモキシフェンと同じに、エストロゲンの乳房部組織や乳がんに対する効果を阻止する。この薬はもともと、骨粗鬆症の治療剤として開発された。骨を強化する意味ではエストロゲンと同じ効果を持つからである。しかし、その他の面では、この薬は、抗エストロゲン剤である。

現在、この薬が乳がんの発症リスクを低下させるかどうか、試験が行われている。

既に乳がんと診断された患者さんについては、更に試験データが蓄積されない限り、この薬をホルモン療法剤として勧めることはできない。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【toremifene(トレミフェン)】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

トレミフェン(Fareston)は、もう一つの抗エストロゲン剤であり、この薬はタモキシフェンに近い薬である。この薬は、閉経期の患者さんの転移性の乳がんに対する治療剤として、一つの選択肢と言えるであろう。この薬は、エストロゲンレセプタ陽性、又は、エストロゲンレセプタの陽性/陰性不明のがんに対して使用される。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【fulvestrant(フルベストラント)】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

fulvestrant (Faslodex)も、エストロゲンレセプタに対して作用する薬で、(米国で)承認されたばかりの薬である。しかし、エストロゲンレセプタを阻止するのではなく、当該レセプタを除去する(レセプタの数を減少させる)ことで効果を現わす。

タモキシフェンが奏功しなくなった乳がんに対しても、しばしば有効である。投与は 1 ヶ月に 1 回の注射である。副作用としては、ほてり、軽度の吐き気、疲労感、が主なものである。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【アロマターゼ阻害剤】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

閉経後の患者さんに於いて、エストロゲンの産生を抑えることで乳がんを治療する薬である。3つの薬が認可ずみである。letrozole(レトロゾール)(Femara)、anastrozole(アナストロゾール)(Arimidex)、exemestane(エクゼメスタン)(Aromasin)、である。

これらの薬は、特定の酵素(閉経後の女性で少量のエストロゲンを産生する酵素)の働きを抑える。しかし、閉経前の女性に於ける卵巣でのエストロゲン産生は抑制しない。従って、アロマターゼ阻害剤が有効なのは、閉経後の患者さんに於いてだけである。

医者の多くは、乳がん(ホルモンレセプタ陽性の)が再発した閉経後の患者さんに対するホルモン療法として最初に使う薬としては、タモキシフェンよりもアロマターゼ阻害剤を優先する。

アロマターゼ阻害剤は、補助ホルモン療法として、タモキシフェンと比較された。アロマターゼ阻害剤のほうが、タモキシフェンよりも副作用が少ない(アロマターゼ阻害剤は、子宮体がんを起こさないし、血栓を形成させることも非常に稀である)

しかし、アロマターゼ阻害剤は、骨粗鬆症や骨折の原因となることがある。何故なら、閉経後の患者さんに於いて、全てのエストロゲンを除去してしまうからである。この副作用については、現在も研究が進展中である。

乳がんの再発予防に於いては、アロマターゼ阻害剤はタモキシフェンと、少なくとも同等の効果を持つ。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【卵巣の切除(外科的、又は、薬による)】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

閉経前の患者さんの場合、エストロゲンを身体から除去することは、ホルモン反応性の乳がんの場合、効果的な治療法である。これは、卵巣を外科的に切除することにより実施できる。また、黄体化ホルモン放出ホルモン(LHRH)類縁体という薬で実施することもできる。一般的に使用される薬は、ゴセレリン又はleuprolideである。これらの薬は、卵巣でエストロゲンが産生されるメカニズムを阻止する。これらの薬を補助療法に使用することが現在臨床試験で評価中である。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【酢酸メゲストロール】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

酢酸メゲストロール(Megace)は、黄体ホルモン類似の薬で、進行性の乳がんに対するホルモン療法として使用される。とくに、他のホルモン療法が奏功しなくなったケースで使用される。主な副作用は、体重増加である(この作用を利用して、進行性のがんで体重が減少した患者さんで体重を回復するためにこの薬を使用することがある)。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【その他のホルモン抑制方法】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

進行性の乳がんで、他のホルモン療法薬が奏功しない場合、アンドロゲン(男性ホルモン)が検討されることがある。アンドロゲンは、男性的な特徴を生じさせる(例えば、体毛の増加、低い声)が、治療法として効果的なことがある。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


A7+ ハーセプチンによる治療

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

trastuzumab(トラスツズマブ)(Herceptin)は、モノクロナル抗体で、HER2/neuという蛋白質に結合ずる。この蛋白質は、正常な乳房部の細胞や、大部分の乳がんに少量存在している。

乳がんの約 1/3に於いて、HER2/neuが過剰に存在しており、そのようながんは、成長や拡大が激しい傾向がある。ハーセプチンは、HER2/neu蛋白質による乳がん細胞成長を抑制することができる。また、ハーセプチンは、免疫システムを刺激して、がんをより効果的に攻撃させる作用も持つと考えられている。

ハーセプチンは、化学療法の後に再発した乳がんや、化学療法中にも成長を続けていた乳がんを縮小させることができる。特定の患者さんの場合には、ハーセプチンを化学療法剤と組み合わせたほうが、化学療法剤単独よりも効果的なことがある。

ハーセプチンの治療を開始するのは通常、標準的なホルモン療法や化学療法が奏功しなくなってからである。しかし現在、臨床試験が実施中で、その臨床試験では、ハーセプチンを補助化学療法と併用すれば乳がんの再発リスクを低下できるかどうか評価中である。

化学療法剤と比較すると、ハーセプチンの副作用は比較的に軽度である。副作用としては、発熱や悪寒、脱力感、吐き気、嘔吐、咳、下痢、頭痛、などがある。

一部の患者さんでは、心臓へのダメージが報告されている。心臓へのダメージのリスクは、ハーセプチンをアントラサイクリン系の化学療法剤(ドキソルビシン、エピルビシン、など)と併用した場合、約 3倍に増大する。主な症状は、息切れ、重症の疲労感である。これらの症状が起きた場合、直ちに医者に告げること。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


A8+ 高用量化学療法

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

化学療法や放射線療法で、非常に高用量を使用してがん細胞を殺すことは可能であるが、そのような治療をすると、骨髄中の幹細胞も殺すことになってしまう。骨髄中の幹細胞に障害を受けると、血球数が低下し、その結果、患者さんは時には致死的な可能性がある感染症や出血を起こしやすくなる。

骨髄中の幹細胞の障害を回避する方法の一つが、まず患者さんの(末梢血液中又は骨髄中の)幹細胞を採取しておき、高用量化学療法の後に、採取しておいた幹細胞を静脈に注射するやりかたである。静脈に注射された幹細胞は骨髄を見つけることができるので、間もなく自分自身を骨髄で再構築し、血球を生産する身体の能力が回復する。

この方法を、進行性の段階で診断された乳がんのケースで、好適に応用できるのではないかと考えられた。しかし、いくつかの臨床試験の結果では、この方法による利益は示されていない。つまり、高用量化学療法( + 幹細胞移植)を受けた患者さんでも、生存期間は、通常の化学療法を受けた患者さんの場合と同等であった。

さらに、高用量化学療法( + 幹細胞移植)では、標準的な化学療法に比較して、重症の副作用の頻度が高い。高用量化学療法についての研究は行われているが、最近の研究結果でも、多くのリンパ節にがんが拡大した患者さんで高用量化学療法を実施しても、死亡率が低下することはなかった。

仮に、より新しい研究で死亡率の低下が示されたとしても、低下の程度は非常に小さいであろう。

この分野の専門家は、高用量化学療法を受けるのであれば、臨床試験の一部として実施されている場合に限ったほうが良いと勧めている。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


A9+ ビスフォスフォネート系薬剤

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

2つの薬が、骨の強化の目的で使用されている。pamidronate(パミドロネート)(商品名 アレジア)と zoledronic 酸(ゾレドロン酸)(商品名 ゾメタ)である。これらの薬は静脈注射で投与され、がんが骨に転移したケースに於いて、骨へのダメージを予防する効果がある。

現在進展中の数件の臨床試験では、これらの薬が、骨への転移自体を予防する効果があるのではないか、という評価が行われている。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


A10- 臨床試験



A11- 代替療法



A12+ ステージ別の治療



【侵襲性の乳がんの治療】



『全般論』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

がんが十分に小さい場合は、乳房部温存手術が適当である。がんが大きい場合には、乳房部切除術が必要となる(術前補助化学療法で十分にがんを縮小できない場合)。どちらの場合も、リンパ節にがん細胞があるかどうかのチェックは必要で、がん細胞がある場合は、リンパ節を切除する。

放射線療法は、乳房部温存手術を受けた患者さんのほぼ全てと、乳房部切除術を受けた患者さんの一部で、実施が必要である。

手術後の補助療法は、1 cm以上の大きさのがんのケースの全てと、それ以下の大きさのケースの一部で、実施することが勧められる。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『ステージ I 』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

ステージ I の場合は、乳房部温存手術(腫瘍摘除術と呼ばれることもあり、がん自体と、その周囲の若干の正常組織だけを除去する手術)、又は、乳房部切除術で治療可能である。リンパ節のチェックは必要である。センチネルリンパ節生検を、標準的な腋の下のリンパ節切開の代わりに実施することが可能であることがある。

腫瘍摘除術の後には通常、放射線療法を実施する。乳房部切除術の場合には、乳房部再建が可能である(乳房部切除術と同時のことも、後からのこともある)。

がんの大きさが 1 cm未満の場合には、全身的な補助療法は通常必要ない。しかし、医者の中には、がんの大きさが 1 cm未満でも、条件のよくない(顕微鏡で観察してグレードが高い、フローサイトメトリーで S相の分画の値が高い、エストロゲンレセプタ検査が陰性)場合は、補助療法実施を勧める者もいる。

がんがより大きい場合、上記の条件も考慮して、補助化学療法や補助ホルモン療法が勧められるであろう。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『ステージ II 』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

外科手術や放射線療法についての考えかたは、ステージ I とステージ II とでは同じである。但し、ステージ II の場合には、乳房部切除術の後でも実施を考慮する場合がある(これは、がんが 5cmを越える大きさの場合や、4 個所以上のリンパ節に拡大している場合)。

全身的な補助療法も勧められる。補助療法としては、ホルモン療法、化学療法、又は、それらの両方を実施するが、どの療法によるかは、患者さんの年齢、エストロゲンレセプタ検査の結果によって異なる。

乳房部温存手術を、がんの大きさが 2cm超( T2 又は T3 )のケースで希望する場合には、術前補助療法としての化学療法をまず実施(してがんを縮小させる)するのが一つの選択肢である。患者さんの乳房部に比較したがんのサイズによっては、腫瘍摘除術が困難、又は、不可能になる場合がある。

もし術前補助療法によってがんが十分に縮小した場合は、腫瘍摘除術が可能になることがあり、次いで追加の化学療法、放射線療法、ホルモン療法(ホルモンレセプタ陽性の場合)、などを受けることになる。

がんが十分に縮小しない場合は、乳房部切除術を行い、次いで、異なる種類の化学療法、放射線療法、ホルモン療法、などを実施するのが通常の治療法である。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『ステージ III 』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

より小さいサイズのステージ IIIA の乳がんの場合は、腫瘍摘除術が可能なことがある。もう一つの選択肢は、非定型的乳房部切除術(再建することもしないこともある)である。手術に続いて通常、全身的な補助療法と放射線療法を実施する。ホルモンレセプタ陽性のがんに対しては、タモキシフェンを投与する。

より大きいサイズのステージ IIIA、ステージ IIIB、ステージ IIIC の場合には、まず術前補助療法としての化学療法を実施することがあり、その後、非定型的乳房部切除術を実施する(再建することもしないこともある)。腫瘍摘除術が選択肢となることがある。いずれにせよ、手術に続いて、更に化学療法、放射線療法を行う(乳房部全体の切除をした場合も)。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『ステージ I 〜III の乳がんに対する補助療法』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

医薬品による補助療法は、がんのサイズ、リンパ節への拡大の状況、予後因子(*)、によっては勧められることがある。補助療法が勧められる場合には、化学療法やホルモン療法を受けることになる。

(*)mougitaro注:原文に詳細は書かれていませんが、多分、悪性度のことであると思われます。

ホルモンレセプタ陰性のケースでは、ホルモン療法は効果的でない可能性があり、この場合には通常、化学療法だけを実施する。

閉経前で、かつホルモンレセプタ陽性の場合は、タモキシフェンか黄体化ホルモン放出ホルモン(LHRH)類縁体で治療可能である。もう1つの選択肢は、卵巣の外科的切除である。がんがリンパ節に拡大していたり、進行ステージの場合には、化学療法も実施することがある。

閉経後、又は、50 歳以上でホルモンレセプタ陽性の場合はしばしば、補助療法として 5 年間のタモキシフェン投与を行う。このようにタモキシフェンは現在標準的な治療と考えられているが、新しい選択肢として、アロマターゼ阻害剤による治療がある(とくに、タモキシフェンを使用できないケースで)。これらの薬を比較した臨床試験の結果として、アロマターゼ阻害剤は、タモキシフェンと少なくとも同等に効果的であることが示されている。(但し、医者の多くはアロマターゼ阻害剤の使用に未だ慎重である。何故なら、アロマターゼ阻害剤の長期的な利益や副作用が未知であるからである)

患者さんの中には、上記の両方の薬を投与する(同時にではない)ことが効果的である人もいる。最近の臨床試験の結果から、閉経後の患者さんが 5 年間のタモキシフェンに続いて、letrozole(アロマターゼ阻害剤の一つ)の投与を受けると、がんの再発リスクがより低下することがあることが示されている。(letrozoleをどのくらいの期間続けるべきかは未だ明らかではない)

letrozole以外のアロマターゼ阻害剤も同様に効果的な可能性がある。exemestane(これもアロマターゼ阻害剤)を使った最近の臨床試験では、タモキシフェンに続いてこの薬を投与すると、利益があることが示されている。(この臨床試験では、閉経後の患者さんに対して、タモキシフェンを 2〜 3 年間投与し、その後、exemestaneを 2〜 3 年間投与した。このスケジュールで投与を受けた患者さんのほうが、タモキシフェンだけを 5 年間受けた患者さんよりも、再発率が低かった) 患者さんは、これらの新しい治療について、医者とディスカスしても良いであろう。

50 歳以上で、ホルモンレセプタ陽性の患者さんの場合(とくに、がんがリンパ節に拡大しているか、進行したステージの場合)、化学療法も勧められることがある。

50 歳未満で、閉経前である患者さんの場合、通常、補助療法として化学療法を実施する。ホルモンレセプタ陽性の場合は、タモキシフェンも勧められる。もう一つの選択肢は、卵巣の外科的切除、又は、医薬品による卵巣ホルモン産生の抑制である。

化学療法として通常実施されるレジメン(投与スケジュール)は、シクロホスファミドとドキソルビシン(又は、エピルビシン)との併用を、4 サイクル実施し、続いて、パクリタキセルを 4 サイクル実施するというやりかたである。このレジメン実施には約 6 ヶ月が必要である。

もう1つのレジメンは、シクロホスファミド + フルオロウラシル + メトトレキセートという 3 剤併用を 6 ヶ月実施するやりかたである。

これらのレジメンには類似の薬を使用したその他のバリエーションがある。

医者の多くは、化学療法が終わってからホルモン療法を開始することを勧めている。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『ステージ IV 』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

主な治療は、全身的治療で、化学療法、ホルモン療法、又は、その両方を実施する。

がん細胞に HER2/neu蛋白質が過剰に発現しているケースでは、trastuzumab (Herceptin ハーセプチン)単独、又は、ハーセプチンと化学療法との組み合わせての投与が、選択肢の一つとなる。但し、この治療法は一般的に最初の治療法としては使用されず、通常、標準的なホルモン療法や化学療法が奏功しなくなってから、ハーセプチンによる治療を開始する。

特定の症状を除去するためには、放射線療法や手術も実施することがある。症状除去の治療は、がんが拡大した個所によって異なる。例えば、骨への転移による痛みに対しては、外部線源放射線療法やビスフォスフォネート系の医薬品(アレジアなど)が有効である。ビスフォスフォネート系医薬品は、転移性の乳がんに伴う骨のダメージを予防するのに有用であり、乳がんが骨に転移した患者さん全てに勧められる。

乳がん以外には健康な患者さんは、臨床試験や、その他の研究中の有望な治療法を試みることをお勧めする。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『再発性の乳がん』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

乳がんは、局所的に(乳房部、又は、乳房部切除術のきずあと)、又は、遠くの個所に再発することがある。

局所的に再発したケースの治療は、最初の治療が何であったかによって、異なる。最初の治療が、乳房部温存手術であった場合は通常、局所再発の治療は、乳房部切除術による。最初の治療が乳房部切除術であった場合、当該手術を実施した個所の近くの再発は、可能な限り、当該腫瘍を切除し、通常は続いて放射線療法を実施する(放射線療法を実施するのは、最初の手術時に実施していなかった場合)。いずれの場合も、手術や放射線療法に続いて、ホルモン療法や化学療法を実施することがある。

遠くの個所(骨、肺、脳、など)に再発した場合には、ステージ IV で診断された患者さんで同じ個所に拡大している場合と同じ治療を行う。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『妊娠期間中の乳がんの治療』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

乳がんと診断された患者さんの 3,000人に 1 人が妊娠している。放射線療法を妊娠期間中に実施すると、先天性障害のリスクが増大することが知られているので、妊娠している患者さんの場合には放射線療法は勧められない。

上記の理由から、乳房部温存手術(腫瘍摘除術に放射線療法を追加する)は治療選択肢とは考えられない(治療を出産後まで延期可能でない場合)。

しかし、乳房部の生検や非定型的乳房部切除術は、患者さんにも胎児にも安全である。

最近まで、化学療法は胎児に危険であると考えられていた。しかし、最近の数件の研究によれば、化学療法を第二妊娠 3半期〜第三妊娠 3半期(妊娠 4 ヶ月目〜9ヶ月目)に実施しても先天性障害のリスクは増大しないことが示されている。(第一妊娠 3半期に化学療法を実施するとどのような影響があるかについては、胎児への障害が心配であるので、研究は実施されていない)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【ステージ 0 の乳がんの治療】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

ステージ 0 の乳がんには、上皮内腺管がん(DCIS)(最も早期の乳がん)と、上皮内小葉がん(LCIS)(真の乳がんとはみなさない医者が多い)とがある。これら 2 つのがんの治療法は全く異なる。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『上皮内小葉がん(LCIS)の治療』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

LCISは、真のがんと見なされないから、大部分の患者さんの場合、直ちに治療したり、積極的な治療をすることは勧められない。ただし、LCIS であると、将来浸潤性のがんを発症するリスクが増大しているから、慎重なフォローアップが必要である。フォローアップの内容としては通常、毎年 1 回のマンモグラムと、毎年 2 回の臨床的な乳房部検査、などを行う。この場合、注意が必要なのは、慎重なフォローアップが必要なのは、LCISが見つかっていない側の乳房部も同じであることである。何故なら、LCISが見つかった人の場合、乳がんの発症するリスクは、LCISの側でも反対の側でも同じであるからである。

LCISが見つかった人は、タモキシフェンを服用していくか、又は、乳がん予防の臨床試験(例えば、タモキシフェンや raloxifene を使用する)への参加をしても良いであろう。又は、その他の予防措置(食事内容の変更、運動、予防的な手術、など)について医者とディスカス(*)しても良いであろう。

(*)mougitaro感想:日本では相談というところでしょうが、米国の実態は、まさにディスカスであると思われます。日本の医療の後進性をこんなところでも感じます。

LCISが見つかった人のなかには、両方の乳房部の単純乳房部切除術(乳房部を切除するがリンパ節は切除しない)を選択する人もいる(とくに、その他のリスク因子{強い家族因子など}がある人)。その目的は、浸潤性の乳がんが発症することを予防することである。その人の好みによって、乳房部再建を直ちに実施するか、後で実施することもある。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『上皮内腺管がん(DCIS)の治療』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

DCIS の治療は、マンモグラムと生検の結果によって異なる。ほとんどの場合、患者さんは、乳房部温存手術(腫瘍摘除術に続き、放射線療法)か単純乳房部切除術かを選択できる。リンパ節切除は通常、必要ない。腫瘍摘除術だけ(放射線療法を実施しない)という選択肢は通常、DCISの範囲が狭く、グレードが低い場合に限定される。

DCISの範囲が非常に広い、又は、いくつかの DCISの領域がある、又は、腫瘍摘除術では DCISを完全に除去できない(つまり、腫瘍摘除術や再切除した組織の周辺に DCISの細胞が残っている)、といった場合には、乳房部切除が必要であることがある。

腫瘍摘除術の実施後には、必ず、マンモグラムを実施して、DCISが完全に除去されていることを確認する必要がある。切除組織も X線撮影をして、手術前のマンモグラムで見られた異常(カルシウム沈着のような)が全て切除組織に含まれていることを確認する必要がある。

乳房部切除を受けた患者さんは、乳房部再建を直ちに受けるか、後になって受けることがある。

これまでの研究では、腫瘍摘除術と放射線療法を受けた後、タモキシフェンの投与を 5 年間受けると、浸潤性の乳がんが発症するリスクを低下させることが可能である。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


A13+ 研究と治療の新しい動向



【乳房部再建手術】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

乳房部温存手術のほうを選択する患者さんが着実に増えているが、臨床上の、又は、個人的な理由で、乳房部切除術を選択する患者さんもいる。これらの乳房部切除術を選択する患者さんの中には、乳房部再建手術を選択する患者さんがいる。

微小血管手術(小さな血管同士をつなげる技術)に於ける技術上の進歩があったため、乳房部再建手術でも遊離組織移植(*)の技術の利用が可能になっている。また、最近の研究では、新しい方法であるところの皮膚を温存する乳房部切除術が、多くの患者さんに於いて、通常の非定型的乳房部切除術と同等に有効であることが示されている。この新しい方法によれば、傷跡が少なく、再建した乳房部がより自然な外観を得られるという利益がある。

(*)mougitaro注:移植片に使おうとする組織を、周囲から完全に切り離して、遠くの個所へ移植する技術のこと。このような方法の場合、過去に於いては移植片への血流の確保が難しかったが、微小血管手術が可能になって、血流の確保が可能になった。

過去数年の間、乳房部への埋め込み手術と免疫システムの病気との間に関連があるのではないかという懸念が広がり、乳房部再建手術の方法として、埋め込みを選択するのを避ける患者さんたちがいた。しかし、最近の研究で、この問題についての全体的な見直しがなされ、埋め込み手術と免疫システムの病気のリスク増大との間に関連性はないことが示されている(但し、埋め込み手術による副作用{固い傷跡組織の形成など}は起きることがある)

また、埋め込み手術によって乳がんが再発したり、新しいがんが発生したり、といったリスクの増加についても、そのようなことは現在の研究からは何の証拠も示されていない。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【ドーズデンスケモセラピー(*)】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

(*)mougitaro注:英語のままなので(例のごとく、確立した日本語用語はなさそうです)何やら難しそうに聞こえますが、単に、投与を通常よりも頻繁に(集中して)実施する方法、という意味です。

最近の研究で、補助療法としての化学療法剤の投与を、通常の投与( 3 週間単位)よりも頻繁に行う( 2 週間単位)と、より良好に再発を予防可能であるらしいことが示唆されている。現在も、補助療法に於けるドーズデンスケモセラピーの評価を目的とした臨床試験が進展中である。

この方法によると、投与スケジュールが攻撃的である(通常の投与の場合と異なり、化学療法剤の影響から身体が回復する期間が少ない)から、血球数低下が起こりやすく、その予防のために、成長因子の投与が必要である。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【モノクロナル抗体】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

抗体とは、身体の免疫システムが産生する蛋白質で、身体自体の正常組織以外の物質を「自分ではない」と認識し、その物質に結合する性質を持っている。抗体は、身体が感染症に抵抗するのを助けるだけでなく、がんに抵抗するのも助ける。

モノクロナル抗体は、特別なタイプの抗体で、実験室で大量に生産することができる。trastuzumab(Herceptin ハーセプチン)は、乳がんの治療に使用されるモノクロナル抗体としては最初のものである。この薬は、HER2/neuという蛋白質に結合し、この蛋白質の機能(乳がん細胞の過剰な成長を促進する)を抑えて効果をあらわす。また、免疫システムががんと戦うのを助けることもするらしい。

その他のモノクロナル抗体で HER2/neu蛋白質に結合するものが現在、臨床試験で評価中である。

また、別の種類のモノクロナル抗体として、免疫システム細胞、化学療法剤、放射線、をガイドしてがん細胞にぶつけるようにさせるものも、臨床試験で評価中である。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【血管新生】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

がんの成長のためには、がんに栄養を供給するための血管の新生が必要である。乳がんの場合も、がんの周囲に多くの新しくて微小な血管が取り巻いている場合、そのがんはより浸潤的であるという研究報告がある。

新しい薬として、新しい血管が形成されるのを阻止することで乳がんの成長を止めることができるかも知れないものが、開発中である。これらの薬のいくつかについては、臨床試験が進展中であり、それらよりも新しく、より強力ないくつかの薬が間もなく臨床試験に入る見込みである。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ