目次《ジャンプ先で項目タイトルをクリックすれば、この目次に戻れます》


→トップページへ戻る


お手数ですが、もう一度下記のリンクをクリックしてください:

情報データベース(全般)のトップページへ






《この資料の目次に戻るためには、上記の標題行をクリックしてください》

最新情報、アドバイス、当ファイル作成上の原則



最新情報のご案内


このファイルには、部位別に米国での現在の標準的な治療法に関する情報(の在処)を記述しています。最新情報は、関連の部位別情報データベース(このファイルの「トップページへ戻る」のリンクからジャンプ)の「治療ニュース、論文、総説」のところをご覧ください。

上記の項目には、欧米の約 50 の専門雑誌、学会報告、ニュース、などのサイトの最新号に於けるがんの治療に関する情報の在処を、可能なかぎり包括的にご紹介しています。決して、極々少数の記事だけを載せているようなものではありません。患者さんや家族さんのご参考にしていただけるものと思います。



《この資料の目次に戻るためには、上記の標題行をクリックしてください》

アドバイス


治療を医者に決してお任せにならないことをお勧めします。このファイル(もし不十分でしたら、本やインターネットの他の資料)を勉強することで自ら状況を把握され、医者と対等に議論する姿勢を忘れないようにしてください。



《この資料の目次に戻るためには、上記の標題行をクリックしてください》

当ファイル作成上の原則


複数の資料を参考にしてこのファイルを作成していきますが、各参考資料の内容を無理にまとめることはせず、原則として参考資料ごとに全て併記しておきます。重複したり、場合によっては資料間で矛盾しているように思われる場合があるかも知れませんが、データを残すことを重視しました。



《この資料の目次に戻るためには、上記の標題行をクリックしてください》

疾患名 =骨への転移(Bone Metastasis)


資料 A2=治療の全体像(資料ご紹介の作成年月=09/2)


資料名=ACS


このコーナーでは、上記の資料の内容の概略をご紹介しています。各ページには、当該ページに対応する原資料サイトのページへのリンクを設定してありますが、原資料サイト での ページ構成変更により、リンク切れとなっております場合は、本家サイトの

リンク集のページ

の、「情報の存在を ご紹介しているサイト」の項目に 当該原資料サイトへのリンクを収載しておりますので、そこからジャンプしてください。《当該原資料サイトには、当サイトでご紹介している以外にも豊富な情報が記載されておりますので、原資料サイトをご覧になることを強くお勧めします》

尚、このコーナーでご紹介しております原資料の日付は下記の通りです :

原資料更新時期=January 13, 2008 

本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

治療_の概観


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の おおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

〔 この資料の性格 〕


この情報 は 代表する--【・*を |*←¨見解《複数》{☆の}¨ ~~〔 ☆←〈その〉¨医者《複数》や看護婦《複数》{ ∬ ((を)している)}¨ ~~〔 ∬=活動している--【・*で |*←〈その〉 American Cancer Society's Cancer Information Database Editorial Board 】┃。    これらの見解《複数》 は 基づいている--【・*に |*←@彼らの¨解釈{☆の}¨ ~~〔 ☆←¨研究《複数》{ ∬ (された)}¨ ~~〔 ∬=公刊された --【・*に |*←医学雑誌《複数》】|- また、同様に -|A彼ら自身の専門家としての経験 】┃。

〈その〉¨治療情報{☆に於ける}¨ ~~〔 ☆←この文書】━━_は ¨※¨ではない 【・※←¨公式ポリシー{☆の}¨ ~~〔 ☆←〈その〉 ACS 】━━、そして、それ は 意図されていない--【・*として |*←医学的な¨アドバイス{ ∬ (する)ことのための}¨ ~~〔 ∬=代用となる--【・*の |*←¨専門的技術、や、判断{☆の}¨ ~~〔 ☆←患者さん の 治療チーム 】┃。    それ は 意図されている--【 ∬ (する)ことのために | ∬=助ける--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←患者さん、及び、患者さんの家族さん| ∬=行う--【・*を |*←情報を持っての決定--【・*と一緒に |*←主治医 】┃。

患者さん の 主治医 は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=持つ--【・*を |*←¨理由《複数》{ ∬ (する)ことの}¨ ~~〔 ∬=提案する--【・*を |*←〈一つの〉¨治療計画{§(の性質の)}¨ ~~〔 §←異なる--【・*とは |*←ここに記述されている一般的な治療選択肢《複数》 】┃。    ためらわないで尋ねること--【・*に |*←主治医--【・*について |*←¨疑問《複数》{☆に関する}¨ ~~〔 ☆←患者さん の 治療選択肢《複数》 】┃。 (*)。

(*)mougitaro アドバイス:以上の記述は、言うまでもなく、米国の医師に関するものです。 日本では、ご自分のケースでの治療選択肢について医者に質問することは、米国に優るとも劣らずに重要なことです(その理由については、各種マスメディアで報じられるようになっていますから、ここでは省略します)。 ただし、現実には、日本でも医者に対して遠慮せずに質問する患者さんや家族さんが最近増えてきています。 これは、非常に良いことだと思います。 治療に関する決定を医者に任せるべきではありません。

〔 骨転移 の 治療 : 概論 〕


¨_治療__選択肢_《複数》{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_骨転移_《複数》】━━ は ¨※¨によって異なってくる【・※←以下のような 多くの要因《複数》】 :

その他の要因《複数》も、また、¨ ∬ ¨であろう 【 ∬=考慮される--【・*のような |*←¨特徴《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉 がん 細胞《複数》《 例えば、_乳がん の場合、[『 』(→右記)であるか否か… |『 _がん細胞《複数》_ が 含む--【・*を |*←エストロゲン・レセプタ《複数》 』(か否か)] 》 】┏┓。

大部分の医者《複数》 は 考える【・『 』と… |『〈その〉最も重要な¨治療{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←骨転移《複数》】━━_は ¨※¨である 【・※←¨治療{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=向けられた--【・*に |*←〈その〉 がん 】 』 】┏┓。    このこと は 通常 行われる--【・*により |*←全身的`治療《複数》 】┏┓。    全身的`治療《複数》 は 入る--【・*に |*←〈その〉血液`循環】━━、そして、従って¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=到達する--【・*に |*←¨_がん細胞《複数》_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==拡大して在る--【・*の全体に |*←〈その〉身体 】┏┓。    全身的_治療_ は 含む--【・*を |*←¨_化学療法_、又は、_ホルモン療法_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==_投与_される--【・経口で、又は、静注で 】┏┓。

¨※¨が 、また、存在する 【・※←¨薬《複数》{☆と呼ばれる}{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ☆←ビスフォスフォネート薬《複数》⌒〔 ¶==¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=助ける--【 ∬ (する)ことを | ∬=■_させる--【・*を § に ||*←罹患している骨《複数》| § ← より強く】|-そして-|■_予防する--【・*を |*←骨折《複数》 】┏┓。    ビスフォスフォネート薬《複数》 は 使用される--【・*と共に |*←〈その〉_化学療法_、又は、_ホルモン療法_--【・*のために |*←_骨転移_ 】┏┓。    これらの_治療_ は ディスカスされる--【・ より詳しく--【・*に於いて |*←後述のセクション 】┏┓。    もう一つのタイプの_全身的`治療__は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉¨治療薬クラス{☆と呼ばれる}¨ ⌒〔 ☆←_放射性`医薬品_ 】┏┓。    このタイプの_薬_ は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=使用される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=患部`送達する--【・*を |*←_放射線_--【・*へ |*←多くの骨《複数》--【・一度に 】┏┓。    --【・もし『 』なら…|『全身的`治療_が ¨※¨である 【・※←成功的 』】━━、〈その〉¨症状《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉骨転移《複数》】━━ は ¨ ∬ ¨であろう 【 ∬=消失する】━━、そして、新しい症状《複数》 は ¨ ∬ ¨しそうにない 【 ∬=すぐに発症する(の否定) 】┏┓。

骨の問題《複数》 は 、また、¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=_治療_される--【 ∬ (する)ことにより | ∬=する--【・*を |*←何らかの事--【・*に |*←〈その〉¨骨{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==持つ--【・*を |*← がん --【・その内部に 】┏┓。    このこと は しばしば実施される--【 ∬ (する)ことにより | ∬=使用する--【・*を |*←_局所__治療_《 単一の領域への_治療_ 》 】┏┓。    ¨局所治療《複数》{☆のような}¨ ⌒〔 ☆←放射線療法】━━ は ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=解消する--【・*を |*←¨痛み{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉骨--【 ∬ (する)ことにより | ∬=破壊する--【・*を |*←〈その〉 がん 】┏┓。    時として、〈一つの〉骨 が ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=見える--【・『 』であるように…|『〈その〉骨 が 今にも折れそう 』】┏┓。    --【 ∬ (する)ことをすべく …| ∬=予防する--【・*を |*←骨折 】━━、主治医 は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=勧める--【・*を |*←¨外科手術{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==含む--【・*を |*← ∬ すること | ∬=強化する--【・*を |*←〈その〉骨--【 ∬ (する)ことにより | ∬=設置する--【・*を |*←〈一つの〉薄いスチール製のロッド、又は、その他のタイプの金属製サポート--【・*に |*←骨の内部 】┏┓。    時として、〈その〉医者 は ¨ ∬ ¨であろう 【 ∬=注入する--【・*を |*←接着剤--【 ∬ (する)ことのために | ∬=させる--【・*を § に ||*←〈その〉骨| § ← より安定 】┏┓。    それ《 ∬ すること(右記)》━━は はるかに容易である……∬=予防する--【・*を |*←ダメージを受けている骨の 骨折 】--【・*よりも |*←骨折してからの修復 】┏┓。


(記事の おおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(issue= January 13, 2008 )
「英文原題」=How Is Bone Metastasis Treated?

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

全身的_治療


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の おおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

〔 前書き 〕


このセクション は 最初に 記述する--【・*を |*←¨タイプ《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨全身的_治療_《複数》{ ∬ (される)}¨ ⌒〔 ∬=使用される --【・*のために |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_転移性_の がん 《複数》】┏┓。    --【・*のためには… |*← より詳細な¨情報{ ∬ (する)ことに関する}¨ ⌒〔 ∬=治療する--【・*を |*←¨_転移性_の がん { ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==拡大して在る--【・*から |*←〈一つの〉特定的なタイプの_原発− がん 】】━━、参照してもらいたい--【・*を |*← ACS の¨情報{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←それぞれ の がん 】┏┓。    ¨情報{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←_転移性_の がん 】━━ は ¨ ∬ ¨であろう 【 ∬=含まれる--【・*の中に |*←¨セクション《複数》{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_進行期_の がん、ステージ IV の がん 、又は、_再発性_の がん 】┏┓。

〈その〉 2 番目の¨パート{☆の}¨ ⌒〔 ☆←このセクション】━━ は 含む--【・*を |*←¨情報{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==焦点を当てる--【・特定的に--【・*に |*←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←骨転移《複数》 】┏┓。

〔 化学療法 〕


化学療法 は 使用する--【・*を |*←¨抗 がん 治療薬《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==通常 ■_注射される--【・*の中へ |*←〈一つの〉静脈】|-又は-|■_服用される--【・口から 】┏┓。    これらの薬《複数》 は 入る--【・*に |*←〈その〉血液循環】━━、そして、¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=到達する--【・*に |*←¨ がん { ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==拡大して在る 】┏┓。    _化学療法_ は 使用される--【・*として |*←〈その〉主要な¨治療{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←多くのタイプの_転移性_ がん --【・*を含めて |*←精巣 がん 、_卵巣がん_、結腸がん 、一定の_乳がん 《複数》 】┏┓。    _化学療法_ は しばしば¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=縮小させる--【・*を |*←_腫瘍_《複数》】━━、そして、このこと は ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=■_低下させる--【・*を |*←痛み】|-そして-|■_助ける--【・▽が¨ ∬ ¨するように||▽←_患者さん《複数》_| ∬= より良好に感じる 】┏┓。    _化学療法_ は 時として 使用される--【・*と共に |*←¨_局所__治療_{☆のような}¨ ⌒〔 ☆←_放射線`療法_ 】┏┓。

_化学療法剤_《複数》 は 殺す--【・*を |*←_がん細胞《複数》_】━━、しかし、また、ダメージを与える--【・*に |*←いくらかの正常細胞《複数》】、《 もたらして--【・*を |*←いくらかの_副作用_《複数》 》 】┏┓。    副作用《複数》は ¨※¨によって異なってくる【・※←¨タイプ{☆の}¨ ⌒〔 ☆←薬】使用された量治療の実施期間の長さ】┏┓。    いくらかの一般的な_化学療法_副作用《複数》 は 含む--【・*を |*←以下のようなもの】 :

_化学療法_ は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=ダメージを与える--【・*に |*←¨_血液_−産生−細胞《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_骨髄_】、、《[ そして]このことは ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=もたらす--【・*を |*←_血液_細胞数の 低下》 】┏┓。    このこと は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=引き起こす--【・*を |*←以下のようなこと】 :

大部分の副作用《複数》 は 消失する--【・いったん『 』すれば…|『治療 が 停止される 』】┏┓。    ¨※¨が 存在する 【・※←¨治療薬《複数》{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=予防する、又は、コントロールする--【・*を |*←多くの一時的な¨副作用《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←化学療法 】┏┓。    例えば、薬《複数》 は ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=予防する、又は、低下させる--【・*を |*←吐き気、及び、嘔吐《 これらの薬《複数》 は 呼ばれる--【・*と |*←制吐薬《複数》 》 】┏┓。

--【・*のためには… |*←¨情報{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←化学療法】━━、参照してもらいたい--【・*を |*←「化学療法の理解 : 患者さん、及び、家族さん向けのガイド」(*) 】┏┓。

(*)原文には、当該文書へのリンクが設定されています。

〔 ホルモン療法 〕


エストロゲン《 〈一つの〉¨ホルモン{ ∬ (される)}¨ ⌒〔 ∬=産生される--【・*により |*←〈その〉卵巣《複数》 】 》__ は 促進する--【・*を |*←¨成長{☆の}¨ ⌒〔 ☆←いくらかの_乳がん 《複数》《 特に¨ がん 《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==検査 が ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=検出する--【・*を |*←エストロゲン`レセプタ《複数》 】 》 】┏┓。    同様に、アンドロゲン《複数》《 --【・*のような |*←テストステロン( 精巣で産生 ) 》__ は 促進する--【・*を |*←¨成長{☆の}¨ ⌒〔 ☆←大部分の_前立腺がん《複数》 】┏┓。    ¨一つ{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉主要な¨方法《複数》{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=治療する--【・*を |*←_乳がん 、及び、_前立腺がん 】━━_は ∬ (する)ことである 【 ∬=ブロックする--【・*を |*←これらのホルモン《複数》 】┏┓。    ¨※¨が 存在する 【・※←いくつかのタイプの ホルモン−ブロック−治療《複数》 】┏┓。

一つの_ホルモン療法_戦略_は ∬ (する)ことである 【 ∬=切除する--【・*を |*←¨臓器《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==産生する--【・*を |*←ホルモン《複数》 】┏┓。    --【・*のためには… |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん 】━━、 ∬ すること | ∬=_切除_する--【・*を |*←〈その〉_卵巣_《複数》 ━━ は 低下させる--【・*を |*←エストロゲン レベル《複数》 】┏┓。    ¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_前立腺がん_】━━ は ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=_治療_される--【 ∬ (する)ことにより | ∬=_切除_する--【・*を |*←〈その〉精巣《複数》--【 ∬ (する)ことのために | ∬=低下させる--【・*を |*←テストステロン レベル《複数》 】┏┓。

よりしばしば、薬《複数》 は 投与される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=妨げる--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←ホルモン《複数》| ∬=産生される 】┏┓。    これ_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉一般的な¨アプローチ{☆への}¨ ⌒〔 ☆←¨ホルモン療法{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_前立腺がん 】┏┓。    男性_患者さん《複数》_ は ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=_投与_される--【・*を |*←¨_薬_《複数》{☆のような}¨ ⌒〔 ☆←性腺刺激ホルモン放出ホルモン《 LHRH 》《[ この]_薬_は ブロックする--【・*を |*←テストステロンの産生》 】┏┓。    〈その〉同じ_薬_《複数》 が ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=_投与_される--【・*に |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん --【 ∬ (する)ことのために | ∬=ストップする--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←〈その〉_卵巣_《複数》| ∬=生成する--【・*を |*←エストロゲン 】┏┓。    〈その〉_卵巣_《複数》 は もはや 産生しない--【・*を |*←ホルモン《複数》--【・*の後に |*←閉経】━━、しかし、少量のエストロゲン は 依然として産生される--【・*に於いて |*←脂肪組織 】┏┓。    ¨_薬_《複数》{☆と呼ばれる}¨ ⌒〔 ☆←_アロマターゼ阻害薬_《複数》】━━ は 停止させる--【・*を |*←このエストロゲン産生 】┏┓。

もう一つのアプローチ_は ∬ (する)ことである 【 ∬=妨げる--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←ホルモン| ∬=影響を与える--【・*に |*←〈その〉_がん細胞《複数》_ 】┏┓。    例えば、¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_前立腺がん_】━━ は ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=_投与_される--【・*を |*←抗−アンドロゲン_薬_《複数》】、《[ これらの]_薬_《複数》は ブロックする--【・*を |*←〈その〉男性ホルモン の ¨_効果_{☆への}¨ ⌒〔 ☆←細胞《複数》》 】┏┓。    --【・*のためには… |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん 】━━、¨抗−エストロゲン_薬_《複数》{☆のような}¨ ⌒〔 ☆← tamoxifen 】━━ が ブロックする--【・*を |*←¨_効果_《複数》{☆の}{★への}¨ ⌒〔 ☆←エストロゲン⌒〔 ★←_乳がん 《複数》 】┏┓。

〔 免疫療法 〕


免疫療法_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉¨全身的`治療{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==助ける--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←〈その〉患者さん の 免疫システム| ∬=認識し、破壊する--【・*を |*←_がん細胞《複数》_--【・ より効果的に 】┏┓。    いくつかのタイプの免疫療法 が 使用される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=治療する--【・*を |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_転移性_の がん 】、--【・*を含めて |*←サイトカイン《複数》、_モノクロナル抗体_《複数》、及び、腫瘍ワクチン《複数》 】┏┓。    これらのうちのいくつか は 使用されて在る--【・*の間に |*←いくらかの期間】━━、しかし、その他のもの_は ¨※¨である 【・※←依然として実験段階 】┏┓。    これらの治療《複数》 は ディスカスされる--【・詳細に--【・*に於いて |*← ACS の¨文書《複数》{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←免疫療法 】┏┓。    それら は 、また、ディスカスされる--【・*に於いて |*←¨情報{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←それぞれのタイプの¨ がん { そのために¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==このアプローチ_が ¨※¨である 【・※←有用的 】┏┓。    --【・*のためには… |*← より多くの¨情報{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←免疫療法】━━、参照してもらいたい--【・*を |*←〈その〉 ACS の文書「免疫療法」(*) 】┏┓。    又は、参照してもらいたい--【・*を |*←〈その〉¨文書{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉¨ がん { ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==あなたが興味を持っている--【 ∬ (する)ことに於いて | ∬=知る[『 』(→右記)であるか否か… |『 _免疫`療法_《複数》 が 使用される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=治療する--【・*を |*←〈その〉 がん 】 』(か否か)】┏┓。

(*)原文には、当該文書へのリンクが設定されています。

〔 放射性`医薬品 〕


放射性`医薬品《複数》_は ¨※¨である 【・※←一群の¨薬《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==持つ--【・*を |*←放射性の元素《複数》 】┏┓。    それらの薬《複数》 は 注射される--【・*の中へ |*←〈一つの〉静脈】━━、そして、定着する--【・*に |*←骨の¨領域{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==含む--【・*を |*← がん 】┏┓。    ¨放射線{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==それらの薬《複数》 が 放出する 】━━ は 殺す--【・*を |*←〈その〉_がん細胞《複数》_】━━、そして、解消する--【・*を |*←〈その〉¨痛み{☆による}¨ ⌒〔 ☆←骨転移《複数》 】┏┓。    ¨いくつか{☆の}{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉放射性`医薬品《複数》⌒〔 ¶==最も頻繁に使用される 】━━_は ¨※¨である 【・※←ストロンチウム− 89(Metastron)、及び、サマリウム− 153(Quadramet) 】┏┓。    その他の放射性`医薬品《複数》《 レニウム− 186、レニウム− 188、及び、錫− 117 》━━ が 、また、研究されつつある┏┓。

放射性`医薬品《複数》 は 使用されない■_--【 ∬ (する)ことのためには | ∬=治療する--【・*を |*←早期ステージ、限局性の がん 《 拡大して在らない がん 》 】|-又は-|■_--【・*のためには |*←¨転移《複数》{☆への}¨ ⌒〔 ☆←その他《骨以外の》の臓器 】┏┓。    放射性`医薬品《複数》 は わずかに 使用される--【・*に対して |*←¨ がん { ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==拡大して在る--【・*から |*←もう一つの箇所--【・*へ |*←〈その〉骨 】┏┓。

--【・もし『 』なら…|『 がん が 拡大して在る--【・*へ |*←多くの骨《複数》 』】━━、放射性`医薬品《複数》_は ¨※¨である 【・※←はるかに優れている--【・*よりも |*← ∬ すること | ∬=試みる--【 ∬ (する)ことを | ∬=狙いを付ける--【・*を |*←_外部線源‐放射線療法--【・*に |*←それぞれの罹患した骨 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←いくらかのケース《複数》】━━、放射性`医薬品《複数》 は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=併用される--【・*と |*←¨_外部線源‐放射線療法{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==狙いを付ける--【・*に |*←〈その〉最も痛みのある骨転移《複数》 】┏┓。    放射性`医薬品《複数》_は 持つ--【・*を |*←〈その〉¨利点{☆と比較しての}¨ ⌒〔 ☆←_外部線源‐放射線療法】--【・『 』という点で…|『それら は _投与_される--【・単回で 』】┏┓。    この単回の治療 は ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=低下させる--【・*を |*←痛み--【・*にわたり |*← 1 年間 】┏┓。    再`治療_は ¨※¨である 【・※←可能--【・『 』の場合…|『〈その〉痛み が 再発した 』】、--【・『 』であるが…|『通常、〈その〉痛み は 低下されない--【・最初の治療時ほどの長期間は 』】┏┓。

これらの薬《複数》 は 効き目を表す--【・最良に--【・『 』の場合…|『〈その〉転移《複数》_が ¨※¨である 【・※←_造骨`細胞_性 』】┏┓。    「_造骨`細胞_性」 ということは 意味する【・『 』ということを… |『〈その〉 がん が 刺激して在る--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←〈その〉骨`細胞《複数》《 _造骨`細胞_《複数》 》∬=形成する--【・*を |*←新しい 骨領域《複数》 】 』 】┏┓。    これらの領域《複数》 は¨※¨であるように 見える【・※←高密度《 白色 》--【・*の上で|*← X −線`画像】《 これと反対に、_骨融解性`病変《複数》 は ¨※¨であるように見える【・※←黒い領域《複数》、又は、骨にある穴《複数》 》 】┏┓。    _造骨`細胞_性の転移《複数》 は 起きる--【・最も高頻度に--【・*に於いて |*←¨_前立腺がん{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==拡大して在る--【・*に |*←骨 】┏┓。    このタイプの転移《複数》 は 見出されることは より少ない--【・*に於いて |*←¨_乳がん { ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==拡大して在る--【・*に |*←骨 】━━、そして、それら_は ¨※¨である 【・※←更に少ない--【・*に於いて |*←大部分のその他の がん《複数》 】┏┓。

〈その〉主要な¨_副作用_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←この治療】━━_は ¨※¨である 【・※←¨低下{☆の}¨ ⌒〔 ☆←血液細胞`数《 主として 白血球《複数》、及び、血小板《複数》 》】━━、そして、このこと は リスクを高める--【・*の |*←感染症《複数》、又は、出血】--【・特に、もし『 』なら…|『_患者さん_の血液細胞`数_が ¨※¨である 【・※←もともと低い 』】┏┓。    もう一つの可能的な_副作用__は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉いわゆる「フレア」反応】、《[ この]_副作用_の場合は、〈その〉痛み は ¨※¨となる【・※← より強い--【・*の間 |*←〈一つの〉短期間--【 ∬ (する)ことの前に | ∬=痛みが 改善する 】》 】┏┓。

〔 ビスフォスフォネート薬 〕


ビスフォスフォネート薬《複数》_は ¨※¨である 【・※←¨_グループ_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨_薬_《複数》{ ∬ (される)}¨ ⌒〔 ∬=しばしば使用される --【 ∬ (する)ことのために | ∬=治療する--【・*を |*←_骨粗鬆症_《 〈一つの〉一般的な¨状態{ そこでは¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==〈その〉骨《複数》_が ¨※¨である 【・※←弱くなっている 】 》 】┏┓。    それらの_薬_《複数》 は 、また、示されて在る【・※であると|※←有用--【 ∬ (する)ことに於いて | ∬=治療する--【・*を |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←¨ がん { ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==拡大して在る--【・*に |*←骨《複数》 】┏┓。    ¨_薬_《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←この_グループ_】━━ は 含む--【・*を |*← alendronate《 Fosamax® 》、etidronate 《 Didronel® 》、ibandronate《 Boniva® 》、zoledronate《 Zometa® 》、pamidronate《 Aredia® 》、etc. 】┏┓。    ビスフォスフォネート薬《複数》 は 、また、使用される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=治療する--【・*を |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_多発性`骨髄腫_《 〈一つの〉¨ がん { ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==発症する--【・*に於いて |*←〈その〉_骨髄_】━━、そして、弱くする--【・*を |*←骨《複数》 】 》 】┏┓。

ビスフォスフォネート薬《複数》 は 助ける--【・*のケースに於いて |*←¨ がん { ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==拡大して在る--【・*に |*←_骨_《複数》 】--【・いくつかの面で】 :


ビスフォスフォネート薬《複数》 は ¨ ∬ ¨という傾向がある 【 ∬= より良く効く--【・『 』の場合…|『 X −線像 が 示す【・『 』ということを… |『〈その〉_転移性_ がん が させつつある--【・*を § に ||*←〈その〉_骨_| § ← より薄く、かつ、 より弱く《 _骨融解性`転移_ 》】┏┓。    それらの_薬_《複数》 は ¨ ∬ ¨しない 【 ∬=同様に効く (の否定)--【 ∬ (する)ことのために | ∬=治療する--【・*を |*←_骨形成性`骨転移_《 _骨_《複数》 が 厚くなっている 》 】┏┓。

いくつかの_ビスフォスフォネート薬_《複数》 は 服用される--【・口から】━━、しかし、大部分の¨_ビスフォスフォネート薬_《複数》{ ∬ (される)}¨ ⌒〔 ∬=使用される --【・*として |*←¨治療{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_骨転移_】━━ は _投与_される--【・*から |*←静脈】《 通常 3 〜 4 週間に 1 回 》 】┏┓。    〈その〉最も一般的に使用される_薬__は ¨※¨である 【・※← zoledronate《 Zometa® 》 】┏┓。    pamidronate も、また、一般的に 使用される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=治療する--【・*を |*←_骨転移_《複数》 】┏┓。    zoledronate は 持つ--【・*を |*←〈一つの〉¨利点{☆と比較しての}¨ ⌒〔 ☆← pamidronate--【・『 』の理由で…|『それ は ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=点滴される--【・ より迅速に 』】┏┓。    _研究_《複数》 は 、また、示唆して在る【・『 』ということを… |『 zoledronate は ¨ ∬ ¨(する)ようである 【 ∬=低下させる--【・*を |*←¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←骨折--【・或る程度 より良好に--【・*よりも |*← pamidronate 』 】┏┓。    一方、pamidronate は ¨ ∬ ¨(する)ようである 【 ∬=¨ ∬ ¨の傾向が少ない 【 ∬=引き起こす--【・*を |*←¨_骨壊死_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉顎《 〈一つの〉稀な、しかし、深刻な_副作用_( 下述 ) 》 】┏┓。

_臨床研究_《複数》 は 報告して在る【・『 』ということを… |『〈その〉最も一般的な¨副作用《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_ビスフォスフォネート薬_《複数》】━━_は ¨※¨である 【・※←_疲労感_、_発熱_、_吐き気_、_嘔吐_、_貧血_、及び、_骨か関節の痛み 』 】┏┓。    しかし、その他の_薬_《複数》、又は、 がん それ自体 が 、また、¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=引き起こす--【・*を |*←¨多く{☆の}¨ ⌒〔 ☆←これらの影響《複数》 】┏┓。    _ビスフォスフォネート薬_《複数》 は 、また、¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=引き起こす--【・*を |*←関節炎的な関節痛、及び、_筋肉_痛 】┏┓。    この痛み は ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=しばしば緩和される、又は、_予防_される--【・*により |*←〈一つの〉マイルドな 鎮痛_薬_ 】┏┓。    これらの_薬_《複数》 は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=低下させる--【・*を |*←_カルシウム__レベル_《複数》】━━、従って、これらの_薬_《複数》 は ¨ ∬ ¨ことができない 【 ∬=_投与_される(の否定)--【・*に |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==_カルシウム__レベル_ が 既に低い 】┏┓。    ¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←劣った_腎臓_機能】━━ は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=使用できない--【・*を |*←_ビスフォスフォネート薬_ 】┏┓。

2003 年頃、医者《複数》 は 始めた--【・*に於いて |*←この記事】━━、報告する--【・*を |*←〈一つの〉非常にやっかいな¨_副作用_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨ダメージ{☆への}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉顎の骨--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{ ∬ ((を)している)}¨ ⌒〔 ∬=受けている--【・*を |*←_ビスフォスフォネート薬_《複数》 】┏┓。    この_副作用_ は 呼ばれる--【・*と |*←¨_骨壊死_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉顎《 ONJ 》 】┏┓。    _患者さん《複数》_ は 気づく--【・*に |*←¨痛みなどの_症状_《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉顎】━━、そして、医者《複数》 は 発見する【・『 』ということを… |『¨一部{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉¨_骨_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉上顎、又は、下顎】━━ が 死滅して在る 』 】┏┓。    このこと は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=導く--【・*へ |*←¨歯の損失、_感染症_、及び、曝露された_骨_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉領域 】┏┓。    ¨_感染症_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉顎_骨_《複数》】━━ が 、また、¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=発症する 】┏┓。    _骨壊死_ は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=引き起こす--【・*を |*←¨痛み、腫れ、又は、無感覚{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉顎】¨損失{☆の}¨ ⌒〔 ☆←歯肉組織】¨損失{☆の}¨ ⌒〔 ☆←歯《複数》】その他の問題である 】┏┓。    それ《 ∬ すること(右記)》━━は 非常に 困難なことがある……∬=治癒する 】--【・いったん『 』すると…|『それ が 発症して在る 』】┏┓。    医者《複数》 は 依然として_¨※¨ではない 【・※←確信している(の否定)『何故⇒⇒これ が 起きるのか--【・*に |*←一定の_患者さん《複数》_だけ 』━━、そして、知らない--【・*を |*←〈その〉最良の¨方法{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=_治療_する--【・*を |*←それ《 _骨_壊死 》 】┏┓。     ∬ すること | ∬=停止する--【・*を |*←〈その〉_ビスフォスフォネート薬_ ━━_が ¨※¨である 【・※←最初のステップ 】┏┓。    その他の_治療_《複数》 は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=含む--【・*を |*←_抗生物質_《複数》、及び、抗菌性の口内リンス《複数》 】┏┓。    _外科手術_ が ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=使用される--【・もし『 』なら…|『その他の 如何なる方法も 有効でない 』】┏┓。     ∬ すること | ∬=受ける--【・*を |*←顎の手術、又は、抜歯 --【・*の間に |*←_ビスフォスフォネート薬__治療_中━━ は ¨ ∬ ¨(する)ようである 【 ∬=増加する--【・*を |*←¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆← ONJ 】┏┓。    このことから、多くの_腫瘍_医《複数》 は させる--【・▽が¨ ∬ ¨するように||▽←彼らの_患者さん《複数》_| ∬=受ける--【・*を |*←〈一つの〉十分な歯科チェック、及び、如何なる 歯・顎_問題の_治療_《複数》 】--【・『 』の前に…|『彼ら が 開始する--【・*を |*←_ビスフォスフォネート薬__治療_ 』】┏┓。

--【・もし『 』なら…|『_患者さん_ が 使用している--【・*を |*←〈一つの〉_ビスフォスフォネート薬_ 』】━━、十分に ケアすること--【・*を |*←口腔--【 ∬ (する)ことにより | ∬=_フロシング_、歯磨き、定期的な歯科チェック《複数》 】┏┓。    --【・もし『 』なら…|『_患者さん_ が 使用している--【・*を |*←_義歯_《複数》 』】━━、確かめる【・『 』ということを… |『それらの義歯《複数》 が 良く合う 』 】┏┓。    この種の注意深い歯科的な¨ケア{☆の前、及び、その間の}¨ ⌒〔 ☆←_ビスフォスフォネート薬__治療_】━━ は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=低下させることができる--【・*を |*←¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←この困難な_合併症_ 】┏┓。    確実に知らせてもらいたい--【・*に |*←〈その〉歯科医--【・*を |*←¶ ところのもの |¶==_患者さん_ が 服用している 】┏┓。    --【・いったん『 』したら…|『_患者さん_ が 開始して在る--【・*を |*←〈その〉_ビスフォスフォネート薬_ 』】━━、_治療_してもらうこと--【・*を |*←如何なる歯・歯肉 _感染症_《複数》--【・迅速に 】┏┓。    避けること--【・*を |*←顎の手術、又は、抜歯 】┏┓。    念頭に置いてもらいたい【・『 』ということを… |『歯科充填《複数》、歯根神経治療《複数》、及び、歯冠《複数》__ は ¨ ∬ ¨(しない)ようである 【 ∬=もたらす(の否定)--【・*を |*←骨壊死 』 】┏┓。    --【・もし『 』なら…|『_患者さん_ が 持つ--【・*を |*←如何なる¨問題《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←口、又は、歯《複数》 』】━━、直ちに知らせてもらいたい--【・*に |*←_治療_チーム 】┏┓。


(記事の おおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(issue= January 13, 2008 )
「英文原題」=Detailed Guide: Bone Metastasis  Systemic Treatments

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

局所_治療


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
*****blg↓********************

〔 _放射線`療法_ 〕


このタイプの_治療_ は 使用する--【・*を |*←高エネルギーのビーム《複数》、又は、粒子《複数》--【 ∬ (する)ことのために | ∬=■_破壊する--【・*を |*←_がん細胞《複数》_】|-又は-|■_遅くする--【・*を |*←_がん細胞《複数》_の成長速度 】┏┓。    _放射線`療法_ は ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=使用される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=治癒する--【・*を |*←_原発− がん 《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==拡大して在らない--【・過度に遠く--【・*から |*←原発`箇所 】┏┓。    しかし、--【・『 』の場合…|『〈一つの〉 がん が 拡大して在る--【・*に |*←_骨_《複数》 』】━━、¨¨目標{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_放射線`療法_】━━_は ∬ (する)ことである 【 ∬=解消する--【・*を |*←_症状_《複数》 】┏┓。    --【・もし『 』なら…|『〈一つの〉_骨_ が ¨※¨である 【・※←非常に弱い《 直ちの骨折のリスクがある 》】━━、_放射線`療法_ は ¨ ∬ ¨しない であろう 【 ∬=防ぐ (の否定)--【・*を |*←骨折 】┏┓。    その代わりに、〈その〉_骨_ は ¨ ∬ ¨べきである 【 ∬=安定化される--【・*により |*←_外科手術_《 下記参照 》 】┏┓。    --【・もし『 』なら…|『〈その〉_骨_ が _治療_される--【・『 』の前に…|『〈その〉_骨_ が ¨※¨となる【・※←過度に弱い 』】 』】━━、_放射線`療法_ は ¨ ∬ ¨であろう 【 ∬=¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=助ける--【 ∬ (する)ことを | ∬=予防する--【・*を |*←〈一つの〉将来の骨折 】┏┓。

〈その〉最も_一般的な_方法{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=使用する--【・*を |*←_放射線`療法_--【・*のために |*←〈一つの〉_骨転移_ 】━━_は ∬ (する)ことである 【 ∬=注意深く 照射する--【・*を |*←_放射線_ビーム{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉身体の外部にあるマシン 】┏┓。    これ は 呼ばれる--【・*と |*←_外部線源‐放射線療法 】┏┓。    --【 ∬ (する)ことをすべく …| ∬=低下させる--【・*を |*←¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_副作用_《複数》 】━━、医者《複数》 は 注意深く計算する--【・*を |*←〈その〉正確な線量】━━、そして、狙う--【・*を |*←〈その〉_放射線_ビーム--【・注意深く--【 ∬ (する)ことのために | ∬=叩く--【・*を |*←〈その〉標的 】┏┓。

_外部線源`放射線療法_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_骨転移_】━━ は ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=実施される--【・*として |*←〈一つの〉 1 回 での 大線量、又は、¨¨より小線量( 5 〜 10 回 で){ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==可能にさせる--【・*を |*←いくらか より大きな線量 】┏┓。    大部分の_放射線__腫瘍_医《複数》 は より好む--【 ∬ (する)ことを | ∬=実施する--【・*を |*←_放射線`療法_--【・*にわたり |*←数回のセッション《複数》 】┏┓。    いずれの方法《複数》も もたらす--【・*を |*←〈その〉同一の程度の 痛み解消 】┏┓。    利点{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉 1 回 での _治療_】━━_は ¨※¨である 【・※← より少ない来院】━━、そして、それ は 必要とする--【・*を |*← より少ないコスト 】┏┓。    利点{☆の}¨ ⌒〔 ☆← より多数回 での _治療_】━━_は ¨『 』(右記)¨ということである『 より少ない_患者さん《複数》_ が 必要とする--【・*を |*←再_治療_--【・『 』の理由で…|『〈その〉痛み が 戻って在る 』】 』 】┏┓。    尋ねられた場合、大部分の_患者さん《複数》_ は より好む--【・*を |*←〈その〉 1 回 での _治療_ 】┏┓。

各回の_外部線源`放射線療法_ は 必要とする--【・*を |*←わずかに数分間 】┏┓。    _外部線源`放射線療法_ は ¨ ∬ ¨と考えられる 【 ∬=¨※¨である 【・※←〈一つの〉良好な_選択肢_--【・もし『 』なら…|『_患者さん_ が 持つ--【・*を |*← 1 〜 2 箇所の_転移_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==引き起こしている--【・*を |*←_症状_《複数》 】 』】┏┓。    しかし、--【・もし『 』なら…|『_患者さん_ が 持つ--【・*を |*←多くの_転移_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==分散している--【・*に |*←身体全体 】 』】━━、_治療__は ¨※¨である 【・※← より困難 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←稀なケース《複数》】━━、いくらかの_患者さん《複数》_ は ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=_利益_を得る--【・*から |*←_放射線`療法_{☆への}¨ ⌒〔 ☆←上半身、又は、下半身 の 全体 】┏┓。    数週間後に、〈その〉もう一方の半身 が ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=_治療_される 】┏┓。

--【・もし『 』なら…|『あなた が 必要とする--【・*を |*← より多くの情報{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←_放射線`療法_ 』】━━、参照してもらいたい--【・*を |*← ACS の文書「_放射線`療法_の理解 : _患者さん_、と、家族さん のための ガイド」 】┏┓。(*)

(*)原文には、当該文書へのリンクが設定されています。

〔 焼灼`技術 〕


∬ すること | ∬=■_挿入する--【・*を |*←〈一つの〉針、又は、プローブ--【・直接*の中へ |*←〈一つの〉_腫瘍_】|-それから-|■_使用する--【・*を |*←熱、寒冷、又は、化学物質--【 ∬ (する)ことのために | ∬=破壊する--【・*を |*←〈その〉_腫瘍_ ━━ は 呼ばれる--【・*と |*←焼灼 】┏┓。    〈一つの〉_一般的な_タイプの焼灼である_ラジオ波`焼灼法___ は 使用する--【・*を |*←〈一つの〉針{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==通す--【・*を |*←電流 】┏┓。    〈その〉針 は 挿入される--【・*の中へ |*←〈その〉_骨__腫瘍_ 】┏┓。    CT スキャン が ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=使用される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=確実にする【・『 』ということを… |『〈その〉針 が 位置している--【・正しい位置に 』 】┏┓。    電流{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=供給された--【・*を通じて |*←〈その〉針 】━━ が 破壊する--【・*を |*←〈その〉_腫瘍_ 】┏┓。    _ラジオ波`焼灼法_ は 通常 実施される--【・『 』の間に…|『〈その〉_患者さん_ が 全身`麻酔下にある 』】┏┓。

--【・*に於いては… |*←もう一つのタイプの焼灼である_凍結`焼灼法_】━━、〈一つの〉¨¨プローブ{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=挿入された --【・*の中へ |*←〈その〉_腫瘍_】━━ は 使用される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=凍結する--【・*を |*←〈その〉_腫瘍_--【 ∬ して | ∬=殺して--【・*を |*←_がん細胞《複数》_ 】┏┓。    --【・『 』の後に…|『〈その〉 がん 組織 が 破壊された 』】━━、〈その〉欠損部 は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=充填される--【・*により |*←〈一つの〉_骨_セメント《 下記参照 》 】┏┓。

〔 _外科手術_ 〕


--【・『 』であるが…|『_外科手術_{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=除去する--【・*を |*←〈一つの〉_原発−_骨__腫瘍_《 _骨_から発症した_腫瘍_ 》 】━━ は しばしば実施される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=試みる--【 ∬ (する)ことを | ∬=治癒する--【・*を |*←〈その〉 がん 】 』】━━、¨¨目的{ ∬ (する)ことの}¨ ⌒〔 ∬=_外科的_に_治療_する--【・*を |*←〈一つの〉_骨転移_ 】━━_は ∬ (する)ことである 【 ∬=解消する--【・*を |*←_症状_《複数》 】┏┓。    _骨転移_ は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=弱める--【・*を |*←_骨_《複数》】、《 導いて--【・*へ |*←骨折《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==傾向が ある--【 ∬ (する)ことの | ∬=治りにくい 】 》 】┏┓。    〈一つの〉手術 が ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=設置する--【・*を |*←ネジ《複数》、ロッド《複数》、ピン《複数》、プレート《複数》、ケージ《複数》、又は、その他の器具《複数》--【 ∬ (する)ことのために | ∬=■_安定化する--【・*を |*←〈その〉_骨_】|-そして-|■__予防_する--【・*を |*←骨折《複数》 】┏┓。    --【・もし『 』なら…|『〈その〉_骨_ が 既に 骨折している 』】━━、_外科手術_ が しばしば¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=■_解消する--【・*を |*←痛み--【・迅速に】|-そして-|■_助ける--【・▽が¨ ∬ ¨するように||▽←〈その〉_患者さん_| ∬=戻る--【・*へ |*←彼らの 通常の活動《複数》 】┏┓。

時として _患者さん_ は ¨ ∬ ¨ことができない 【 ∬=受ける--【・*を |*←_外科手術_--【・*の理由から |*←彼らの劣った 全般的`健康状態、その他の がん の_合併症_《複数》、又は、¨¨_副作用_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←その他の_治療_《複数》 】┏┓。    --【・もし『 』なら…|『医者《複数》 が ¨ ∬ ¨ことができない 【 ∬=_外科的_に補強する--【・*を |*←〈一つの〉_骨_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==持つ--【・*を |*←_転移_ 】 』】━━、〈一つの〉ギブス、又は、添え木 が ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=助ける--【 ∬ (する)ことを | ∬=安定化する--【・*を |*←〈その〉_骨_--【 ∬ (する)ことのために | ∬=低下させる--【・*を |*←痛み--【・『 』であるように…|『_患者さん_ が 必要としない--【 ∬ (する)ことを | ∬=病床にある 】 』】━━、 】┏┓。

〔 _骨_セメント 〕


もう一つの_選択肢_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←いくらかの_患者さん《複数》_】━━_は ¨※¨である 【・※←_注射_{☆の}{ ∬ (する)ことのための ¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉急速硬化性の_骨_セメント《 polymethyl methacrylate ( PMMA ) 》_⌒∬=強化し、安定化する--【・*を |*←〈一つの〉_骨_ 】_ 】┏┓。    --【・『 』の場合…|『_骨_セメント が 注入される--【・*の中へ |*←〈一つの〉脊椎骨 』】━━、それ は 呼ばれる--【・*と |*←_椎体`形成術_、又は、_圧迫骨折`セメント固定_ 】┏┓。    これ は 助ける--【 ∬ (する)ことを | ∬=解消する--【・*を |*←痛み--【・*に於いて |*←_患者さん_4 名中 3 名 】┏┓。    〈一つの〉方法{☆のような}¨ ⌒〔 ☆←この方法】━━ は ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=使用される--【・*のために |*←長い_骨_《複数》--【・同様に 】┏┓。    --【・『 』の場合…|『セメント が _注射_される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=強化する--【・*を |*←_骨_《複数》《 脊椎骨 以外の 》 】 』】━━、この方法 は 呼ばれる--【・*と |*←_セメント`形成術_ 】┏┓。    時として、〈その〉セメント は 使用される--【・*と一緒に |*←_外科手術_、 _放射線`療法_、 _ラジオ波`焼灼法_ 、又は、 その他の_治療_】、--【・*によって異なってくるが |*←〈その〉_患者さん_の医学的状況 】┏┓。    ¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_脊髄`圧迫_《 次セクション 参照 》、 _感染症_ 、又は、 劣った健康状態】━━ は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=うまくいかない--【・*により |*←この_治療_ 】┏┓。

〔 _脊髄`圧迫_( 麻痺の可能性 : 緊急状況 ) 〕


時として、〈その〉 がん  は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=拡大する--【・*に |*←〈一つの〉脊椎_骨_ 】┏┓。    〈その〉 がん  は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=成長する--【 ∬ (する)程にまで | ∬=圧迫する--【・*を |*←〈その〉脊髄 】┏┓。    このこと は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=現れる--【・以下のような さまざまな _症状_で 】 :

--【・『 』の場合…|『_患者さん_ が 気づく--【・*に |*←これらの_症状_《複数》 』】━━、直ちに連絡すること--【・*に |*←主治医】━━ 、又は、 直ちに行くこと--【・*へ |*←〈その〉緊急処置室 】┏┓。    --【・もし『 』なら…|『直ちに_治療_しない 』】━━、このこと は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=導く--【・*へ |*←一生続く麻痺 】┏┓。    --【・『 』の場合…|『〈その〉 がん  が 始めたばかりである--【 ∬ (する)ことを | ∬=圧迫する--【・*を |*←〈その〉脊髄 】 』】━━、それ は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=_治療_できる--【・*により |*←_放射線`療法_ + _コルチコステロイド_《複数》 】┏┓。    時として、_外科手術_ が 必要である--【 ∬ (する)ことのために | ∬=解消する--【・*を |*←〈その〉圧迫{☆への}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉脊髄 】┏┓。    このこと は ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=■__予防_する--【・*を |*←麻痺】|- また、同様に -|■_助ける--【 ∬ (する)ことを | ∬=解消する--【・*を |*←痛み 】┏┓。

_放射線`療法_ が しばしば実施される--【・*の後に |*←_外科手術_ 】┏┓。    〈一つの〉_研究_ は 見出した【・『 』ということを… |『直ちの_外科手術_ 、と、 それに続いての_放射線`療法_】━━ が ¨ ∬ ¨と考えられる 【 ∬=¨※¨である 【・※←〈その〉最良の_治療_--【・『 』の場合…|『〈その〉脊髄 が 既に 圧迫されている 』】 』 】┏┓。    ¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==受けた--【・*を |*←_放射線`療法_--【・『 』の後に…|『彼らが受けた--【・*を |*←_外科手術_ 』】━━ は ¨ ∬ ¨の傾向が より強い 【 ∬=歩けたり、 より良好に機能する--【・*よりも |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==受けた--【・*を |*←_放射線`療法_だけ 】┏┓。    ¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←非常に_進行期_の がん  、又は、 その他の 深刻な 医学的問題《複数》】━━ は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=受けられない--【・*を |*←この種の_外科手術_ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(issue= January 13, 2008 )
「英文原題」=Detailed Guide: Bone Metastasis  Local Treatments

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

鎮痛_薬


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
*****blg↓********************

¨※¨が 存在する 【・※←多くの方法《複数》{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=解消する--【・*を |*←痛み{☆による}¨ ⌒〔 ☆←_骨転移_ 】┏┓。    いくつかの_治療_《複数》 は 殺す--【・*を |*←_がん細胞《複数》_《 _化学療法_ 、又は、 _放射線`療法_ 》、 遅くする--【・*を |*←_がん細胞《複数》_の成長《 _ホルモン療法_ 》 、又は、 低下させる--【・*を |*←_骨_のダメージ《 _ビスフォスフォネート薬_《複数》 》 】┏┓。    しかし、これらの_治療_《複数》 は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=■_解消しない--【・*を |*←〈その〉痛み--【・直ちに】|-又は-|■_停止しない--【・*は |*←痛みの全て 】┏┓。    --【・もし『 』なら…|『現在実施している_治療_ が ¨ ∬ ¨しない 【 ∬=解消する (の否定)--【・*を |*←痛み 』】━━、連絡すること--【・*に |*←主治医 、又は、 看護婦--【・直ちに 】┏┓。    恐れないでもらいたい--【 ∬ (する)ことを | ∬=使用する--【・*を |*←_薬_《複数》 、又は、 その他の_治療_《複数》、--【・*を含めて |*←補助的`_治療_《複数》--【 ∬ (する)ことのために | ∬=緩和する--【・*を |*←痛み 】┏┓。     ∬ すること | ∬=得る--【・*を |*←_効果的_な 鎮痛 ━━ は ¨ ∬ ¨であろう 【 ∬=助ける--【・▽が¨ ∬ ¨するように||▽←〈その〉_患者さん_| ∬=気分良くなる 】┏┓。    それ は ¨ ∬ ¨であろう 【 ∬= より容易にさせる--【 ∬ (する)ことを | ∬=焦点を当てる--【・*に |*←物事《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==■_させる--【・*を § に ||*←〈その〉_患者さん_| § ←幸福 】|-そして-|■_¨※¨である 【・※←重要--【・*のために |*←_患者さん_の人生】┏┓。

_経口_の _薬__が ¨※¨である 【・※←〈その〉最も_一般的な_方法{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=_治療_する--【・*を |*←痛み 】┏┓。    しばしば 2 種類以上の_薬_《複数》 が 使用される--【・併用で 】┏┓。    主治医 は ¨ ∬ ¨と考えられる 【 ∬=開始する--【・*から |*←_薬_《複数》{☆のような}¨ ⌒〔 ☆←アセトアミノフェン 、又は、 _非−ステロイド性`_抗_−炎症`_薬_《複数》《 例えばイブプロフェン 》 】┏┓。    これらの_薬_《複数》 は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=¨※¨である 【・※←非常に有用--【 ∬ (する)ことに於いて | ∬=治療する--【・*を |*←_骨_痛 】┏┓。    --【・もし『 』なら…|『これらの_薬_《複数》 が 効かない 』】━━、_患者さん_ は おそらく¨ ∬ ¨であろう 【 ∬=_投与_される--【・*を |*←〈一つの〉オピオイド《 モルヒネのような鎮痛_薬_ 》 】┏┓。    _一般的に使用されるオピオイド《複数》 は 含む--【・*を |*←コデイン、ハイドロコドン、モルヒネ 、又は、 オキシコドン 】┏┓。    コデイン 、及び、 ハイドロコドン は 見なされる【・※であると|※←「マイルドな」オピオイド《複数》】━━、一方、モルヒネ 、及び、 オキシコドン_は ¨※¨である 【・※← より強力 】┏┓。    オピオイド《複数》 は 考えられている【・※であると|※←〈その〉最良の_薬_《複数》{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=助ける--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽← がん _患者さん《複数》_| ∬=コントロールする--【・*を |*←痛み 】┏┓。

多くの_患者さん《複数》_ は 使用したがらない--【・*を |*←オピオイド《複数》--【・『 』の理由で…|『彼ら は 心配する--【・*を |*←中毒 』】┏┓。    中毒_は ¨※¨である 【・※←稀--【・『 』の場合…|『_患者さん《複数》_ が 使用する--【・*を |*←これらの_薬_《複数》--【・『 』された通りに…|『指示された--【・*のために |*←痛み 』】 』】┏┓。    _患者さん_ は 、また、¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=心配する【・『 』ということを… |『〈その〉_薬_《複数》 は ¨ ∬ ¨であろう 【 ∬=させる--【・*を § に ||*←_患者さん_| § ←眠すぎる--【 ∬ (する)ことのためには | ∬=続ける--【・*を |*←_患者さん_の 通常の活動《複数》 】 』 】┏┓。    実際は、眠気 は 改善していく--【・時間と共に】━━、そして、 ∬ すること | ∬=自由である--【・*から |*←痛み 】━━ は ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=助ける--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←_患者さん_| ∬=焦点を当てる--【・*に |*←¶ ところのこと |¶==最も重要である--【・*にとって |*←〈その〉_患者さん_ 】┏┓。    以上のこと_は ¨※¨である 【・※←ほんの一部{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉理由《複数》{=『 』という(右記)}¨=『_患者さん_ は ¨ ∬ ¨べきでない 【 ∬=躊躇する(の否定)--【 ∬ (する)ことを | ∬=求める--【・*を |*←鎮痛_薬_《複数》 】 』 】┏┓。

--【・もし『 』なら…|『_患者さん_ が 持つ--【・*を |*←痛み】━━、そして、処方された--【・*を |*←鎮痛_薬_《複数》 』】━━、_患者さん_ は ¨ ∬ ¨べきである 【 ∬=服用する--【・*を |*←〈その〉鎮痛_薬_--【・規則的なスケジュールに従って 】┏┓。    それ は 効き目を現す■_--【・ より良好に--【 ∬ (する)ことのために | ∬=_予防_する--【・*を |*←痛み 】|-(右記よりも)-|■__治療_する--【・*を |*←痛み--【・『 』の時点で…|『痛みが 始まった 』】┏┓。    常に知らせておくこと--【・*に |*←_治療_チーム--【・*について |*←■_『どの程度……〈その〉_薬_《複数》 が 効いているのか 』|-そして-|■_『 』(→右記)であるか否か… |『 _患者さん_ が ¨ ∬ ¨ことができるかどうか 【 ∬=動き回り、身の回りのことができる 』(か否か)] 】┏┓。    --【・もし『 』なら…|『〈その〉_薬_《複数》 が 効いていない 』】━━、_治療_チーム は ¨ ∬ ¨(する)に違いない 【 ∬=真剣に試みる--【・*を |*←その他の方法{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=コントロールする--【・*を |*←_患者さん_の痛み 】┏┓。

--【・*のためには… |*← より多くの情報{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←痛みの_管理_】━━、参照してもらいたい--【・*を |*←「痛みのコントロール : 〈一つの〉ガイド{☆のための}¨ ⌒〔 ☆← がん の_患者さん《複数》_ 、及び、 彼らの愛された人たち」(*)《 文書名は、原文の直訳です 》

(*)原文には、当該文書へのリンクが設定されています。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(issue= January 13, 2008 )
「英文原題」=Detailed Guide: Bone Metastasis  Pain Medicines for Bone Metastases

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

研究・_治療_の新動向


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
*****blg↓********************

--【・『 』に従い…|『科学者《複数》 が 知る--【・ より正確に『どのようにして……_がん細胞《複数》_ が 離れる--【・*から |*←〈一つの〉_原発−_腫瘍_】拡大する--【・*を通じて |*←〈その〉_血液_ 、及び、 _リンパ液 の循環】開始する--【 ∬ (する)ことを | ∬=成長する--【・*に於いて |*←〈一つの〉新しい箇所 】 』】━━、彼ら は 近づいている--【・*に |*←〈その〉ゴール{ ∬ (する)ことの}¨ ⌒〔 ∬=開発する--【・*を |*←_治療_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=_予防_する--【・*を |*←_骨転移_ 】┏┓。

〔 _放射性`医薬品_《複数》 〕


¨¨ より新しい_薬_《複数》{ ¶ ところの}¨¨】━━ が 開発されつつある⌒〔 ¶==持つ--【・*を |*← より少ない¨¨_副作用_《複数》{☆のような}¨ ⌒〔 ☆←_骨髄_ダメージ 】┏┓。    ¨使用{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_放射性`医薬品_《複数》】━━ は 増加しつつある━━、そして、研究者《複数》 は 研究しつつある--【・*を |*←新しい方法《複数》{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=患部`供給する#←--【・*を |*←放射活性`粒子《複数》--【・*へ |*←_がん細胞《複数》_--←#∬ (する)ことにより | ∬=結合させる--【・*を |*←それらの粒子《複数》--【・*に |*←特定の 化学物質《複数》 】┏┓。

〔 既存の_薬_の 新しい目的への使用 〕


--【・*に於いて… |*←動物モデル《複数》 、及び、 実験室 での テスト《複数》】━━、いくつかの既存の_薬_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==デザインされた--【・*のために |*←その他の目的《複数》 】━━ が 示して在る--【・*を |*←いくらかの作用{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==¨ ∬ ¨(する)ことの可能性がある 【 ∬=助ける--【 ∬ (する)ことを | ∬=遅らせる 、又は、 _予防_する--【・*を |*←_骨転移_《複数》 】┏┓。    _臨床試験《複数》_ は 調べて在る--【・*を |*←いくつか{☆の}¨ ⌒〔 ☆←これらの_薬_《複数》】━━、そして、--【・『 』であるが…|『大部分の_薬_《複数》 は 示して在らない--【・*を |*←_有望性--【・*に於いて |*←ヒト での _臨床試験《複数》_--【・現在までのところ 』】━━、その他の_薬_《複数》 は 依然として テストされつつある┏┓。

_ビスフォスフォネート薬_《複数》 は 研究されつつある--【・*として |*←〈一つの〉可能的な方法{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=_予防_する--【・*を |*←_骨転移_《複数》--【・*に於いて |*←高リスクの_患者さん《複数》_ 】、《[ そして]このような使用法 は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉新しい使用--【・*にとって |*←それらの_薬_《複数》》 】┏┓。    また、研究者《複数》 は 知りつつある--【・ より良く--【・*について |*←■_いつ開始すべきか、どの程度の期間 使用すべきか--【・*を |*←_ビスフォスフォネート薬_《複数》】|-そして-|■_どのようにして低下させる のか--【・*を |*←それらの_薬_《複数》の_副作用_リスク《複数》 』 】┏┓。

〔 _骨転移_の _予防__薬_ 、及び、 治療薬 〕


〈一つの〉治療薬{☆と呼ばれる}¨ ⌒〔 ☆← denosumab { ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==開発されつつある--【 ∬ (する)ことのために | ∬=_治療_する--【・*を |*←_骨粗鬆症_ 】━━ が 、また、テストされつつある--【・*に於いて |*←いくつかのタイプの がん --【 ∬ (する)ことのために | ∬=明らかにする--[『 』(→右記)であるか否かを… |『 それ が ¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=遅くする--【・*を |*←成長{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_骨転移_《複数》 』(か否かを)】┏┓。    〈その〉開発企業 は おそらく¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=求める--【・*を |*←_米国 FDA _による_認可_--【 ∬ (する)ことのために | ∬=使用する--【・*を |*←その_薬_--【・*のために |*←_骨粗鬆症_ 】--【・*まで |*← 2009 年始め 】┏┓。    _長期的__効果_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_薬_】━━_は ¨※¨である 【・※←未だ知られていない】━━、しかし、それ は ¨※¨であると思われる【・※←_有望的--【・*に於いて |*←_早期__臨床試験《複数》_ 】┏┓。

研究者《複数》 は 、また、知りつつある【・『 』ということを… |『_破骨`細胞_《複数》《 _細胞《複数》_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==破壊する--【・*を |*←_骨_ 】 》 、及び、_造骨`細胞_《 _細胞《複数》_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==助ける--【 ∬ (する)ことを | ∬=作り上げる--【・*を |*←_骨_ ━━ は 含む--【・*を |*←その他の分子《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=標的とされる 】  』 】┏┓。    いくつかの化合物《複数》 が 既に テストされつつある--【・*に於いて |*←動物モデル《複数》 】┏┓。

--【・『 』であるが…|『開発段階には 達していない 』】━━、研究者《複数》 は 探しつつある--【・*を |*←_薬_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==ブロックする--【・*を |*←作用{☆の}{★への}¨ ⌒〔 ☆←_がん細胞《複数》_⌒〔 ★←_骨_ 】┏┓。    _がん細胞《複数》_ は 放出する--【・*を |*←化学物質《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==させる--【・▽が¨ ∬ ¨するように||▽←_骨_| ∬=溶解する 】┏┓。    ¨※¨も、また、 存在する 【・※←化合物《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==可能にさせる--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←_がん細胞《複数》_| ∬=■_付着する--【・*に |*←_骨_】|-そして-|■_成長する--【・そこで 】┏┓。    ¨いくつか{☆の}¨ ⌒〔 ☆←これらの化学物質《複数》】━━ は 既に 明らかにされている┏┓。    それ《=『 』ということ(右記)》━━が 期待されている……【・=『新しい_薬_《複数》 が ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=作られる--【 ∬ (する)ことのために | ∬=ブロックする--【・*を |*←左記の 化学物質《複数》--【 ∬ (する)こと無しに | ∬=害する--【・*を |*←形成{☆の}¨ ⌒〔 ☆←正常な_骨_ 】 』 】┏┓。

〔 新しい検査法 〕


〈一つの〉特殊なタイプの PET スキャン{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_骨_】━━ は 使用する--【・*を |*←放射性の フッ素--【・*の代わりに |*←グルコース 】┏┓。    〈その〉フッ素 は 引きつけられる--【・*により |*←_骨転移_《複数》--【・ より良好に--【・*よりも |*←グルコース 】┏┓。    それ_は ¨※¨である 【・※←特に 有用的--【・*により |*←〈一つの〉 より新しい装置《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==結合する--【・*を |*←〈一つの〉 CT スキャン、と、〈一つの〉 PET スキャン 】--【 ∬ (する)ことのために | ∬=更に より良好に 位置決定する--【・*を |*←〈その〉_腫瘍_ 】┏┓。

_研究_《複数》 は 、また、実施されつつある--【・*について |*←物質《複数》{ ∬ (される)}¨ ⌒〔 ∬=放出される --【・*の中へ |*←〈その〉_血液_循環--【・『 』の時に…|『_がん細胞《複数》_ が 開始する--【・*を |*←成長{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_骨_《複数》 』】┏┓。    ¨※¨が 存在する 【・※←〈一つの〉チャンス{=『 』という(右記)}¨=『将来、医者《複数》 は ¨ ∬ ¨(できる)であろう 【 ∬=知ることができる『いつ、 がん  が 到達するか--【・*に |*←〈その〉_骨_《複数》 』【・『 』であるために… |『_転移_《複数》 が ¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=_治療_される--【・『 』の前に…|『それらの_転移_《複数》 が 引き起こす--【・*を |*←深刻なダメージ 』】 』 】┏┓。    そのような検査法 は ¨ ∬ ¨(する)と考えられる 【 ∬=¨※¨である 【・※←有用的--【 ∬ (する)ことのために | ∬=確認する--[『 』(→右記)であるか否かを… |『 _治療_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_骨転移_】━━ が 働いている 』(か否かを)】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(issue= January 13, 2008 )
「英文原題」=Detailed Guide: Bone Metastasis  What's New in Bone Metastasis Research and Treatment?

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

資料 A



資料 Source

原文へのリンク: 本コーナーでは、記事概要の迅速なご紹介を目的としています。詳細・内容は、下記リンク先の原文をお読みになって、ご確認ください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、トップページへのリンクです。ご了解をお願いします)


American Cancer Society のホームページ



当サイトの部位別治療法のページへ


key words(編集用の記述):がん、がん、癌、腫瘍、白血病、メラノーマ、欧州、米国、アメリカ、標準治療、抗がん剤、抗がん剤、抗癌剤、血液、リンパ、脳、乳がん、肝臓、胃、大腸、小腸、結腸、直腸、子宮、卵巣、精巣、頭頸部、肺、膵臓、前立腺、皮膚、甲状腺、腎臓、膀胱、神経

A1+ 骨転移の治療



【全体論】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

骨転移のケースでの治療選択肢はいろいろな要因によって異なってくる。最初のがんがどこで発生したのか、どの骨に転移したのか、どれかの骨が特別に弱まったり骨折したりしているか、といった要因である。これら以外の要因も考慮に入れられる。そのような要因としては、がん細胞の特徴(例えば乳がんの場合、エストロゲンレセプタ陽性かどうか)、患者さんの全般的健康状態、今までに受けた治療はどのようなものか、といったものがある。

大部分の医者の考えは、骨転移に対する最も重要な治療は、がん自体に対する治療である、というものである。このような治療は通常、全身的治療によって実施する。全身的治療の場合、薬は血液中に入り、がん細胞が身体のどこにあっても、がん細胞に到達することができる。(この点、身体の特定の個所だけを目標にした局所的治療とは異なる) 全身的治療に使用される薬は、化学療法剤かホルモン剤であり、経口服用するか、又は、注射する。

また、bisphosphonate(ビスフォスフォネート)に属する薬による治療で、転移がある骨を強くし、骨折を防ぐことを助けることができる。bisphosphonateは、化学療法やホルモン療法を補う形で使用される。全身的治療が成功すれば、骨転移による症状は解消し、新しい症状がすぐに起きることはあまりない。

骨自体の問題を治療することも重要である。放射線療法のような局所治療によりがん細胞を破壊すれば、骨の痛みを除去できる。時によっては、大腿骨のような骨が折れる寸前であるように見える場合がある。そのような場合、手術を受けて骨折を予防することが勧められることがある。このような手術では、細い鋼鉄の棒を骨の中に設置する。一旦骨折してしまった大腿骨を治すことよりも、骨折を予防することの方がはるかに容易である。

以下では、転移性のがんに対する一般的な治療法について解説する。個々のがんからの転移に関する詳細は、個々のがんについての説明を参照にすること(進行性や転移性のステージの治療法の項目に記述されているはずである)。

以下ではさらに、骨への転移に対する治療に焦点をあてた解説も行う。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【転移性のがんに対する治療】



『全身的治療』


「化学療法」
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

化学療法では、抗がん剤を通常は服用したり、静脈から注射する。これらの薬は血中に入り、転移したがんのところに到達する。化学療法は、いくつかのがん(リンパ腫、卵巣胚細胞腫、精巣がん、胎盤のがん、など)では、主要な治療法として使用される。また、多くのがんでは、化学療法によりがんを縮小できる。がんが縮小すれば、より気分が良くなり、痛みがあれば痛みを軽減できる。

化学療法剤は、がん細胞を殺すが、若干の正常細胞にもダメージを与え、その結果、副作用が起きることがある。これらの副作用は、薬のタイプ、投与量、投与期間の長さ、によって異なる。化学療法剤使用に伴う一時的な副作用としては以下のようなものがある:
◇吐き気、嘔吐
◇食欲不振
◇脱毛
◇下痢
◇口内炎

化学療法剤は、骨髄にある造血細胞にダメージを与えることがあるため、血球数が少なくなることがある。その結果起きることがあるのは:
◇感染リスクの増大(白血球不足による)
◇軽度の切り傷やケガによる出血やアザ(血小板の不足による)
◇疲労感(赤血球の不足による)

大部分の副作用は、治療を止めれば消失する。化学療法の一時的な副作用に対しては、多くの治療法や予防法がある。例えば、吐き気や嘔吐に対しては、制吐剤が有効である。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


「ホルモン療法」
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

エストロゲンは、卵巣が産生するホルモンで、特定の乳がん(とくに、検査でエストロゲンレセプタが見つかるケース)の成長を促進する。同様に、アンドロゲン(テストステロンなど)は精巣が産生するホルモンで、大部分の前立腺がんの成長を促進する。乳がんと前立腺がんに対する治療の主要な方法の一つが、これらのホルモンの阻止である。

これらのホルモンの阻止による治療が何種類かある:

治療法の一つは、ホルモンを産生する臓器の切除である。卵巣又は精巣の切除は、それぞれ、乳がん又は前立腺がんの治療法となっている。
閉経後の女性に対しては、アロマターゼ阻害剤を投与することがある。これらの薬は、正常状態で産生されている少量のエストロゲンを阻止する。
よりしばしば行われるのは、ホルモン産生自体を阻止する方法である。これは前立腺がんの治療の場合によく行われる。
その他の薬は、ホルモンががん細胞に影響を与えることを阻止することがある。例えば、tamoxifenは、エストロゲンが乳がん細胞に影響を与えるのを阻止し、抗男性ホルモンは、男性ホルモンが前立腺がん細胞に影響を与えるのを阻止する。

ホルモン療法の副作用は、どの治療法がとられたかによって異なるが、一般的にみられることがあるのは、ほてり、血液凝固、セックスへの興味喪失、他のがん発生のリスク増大、である。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


「免疫療法」
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

身体の免疫システムが、より効果的にがん細胞を見つけ、それを破壊するようにするのを助ける、というのが免疫療法である。
転移性がんの治療のために、何種類かの免疫療法(サイトカイン、モノクロナル抗体、腫瘍ワクチン、など)が使われる。但し、これらの大部分は、未だ実験段階である。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『放射線療法、その他の局所療法』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

放射線療法を、原発がんの治療に使用することもあるが、がんが骨に転移した場合には、放射線療法を症状緩和の目的で使用する。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


「外部線源放射線療法」
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

身体の外にあるマシンから身体に放射線をあてる方法である。

骨転移の治療に外部線源放射線療法を使用する場合、大きな線量で 1 回照射する場合と、小さな線量で 5 回以上照射する場合がある。通常は、数回に分けて照射するほうが好まれる。1 回の照射で大きな線量をあてることの利点は、病院へ行く回数が少なくて済むことである。一方、数回に分けて照射する方法には、より効果的であるという利点がある。(再治療が必要になる比率は、1 回照射では約 25%、数回の照射では約 5〜10%である)

いずれにせよ、1 回の照射には数分間しかかからない。

転移箇所が 1〜2個所の場合、外部線源放射線療法は優れた治療法である。しかし、より広範囲に転移がある場合は、この方法での治療は、より難しくなる。稀なケースであるが、上半身全部、又は、下半身全部に放射線を照射する方法が有効なことがある。この方法の場合、数週間後に、反対側のほうも照射する(結局全身を照射する)。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


「内部線源放射線療法(近接照射療法)」
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

放射線療法のもう一つの方法として、がんの内部又は近くに、放射性物質を含む金属棒又は粒(「種」とよばれることもある)を埋め込む方法がある。この方法は、原発がんや特定の転移の治療に使用することはあるが、骨への転移のケースで使用することはあまりない。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


「ラジオ波焼灼法」
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

放射線療法では痛みが軽減しなかった転移巣がある場合、この方法を使うことがある。腫瘍の中へ針電極を刺し、電流を通して、腫瘍を破壊し痛みを軽減する。患者さんは通常、麻酔の状態で行う。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『放射性薬品(ストロンチウム-89、サマリウム-153)』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

ストロンチウム-89(Metastron)及びサマリウム-153(Quadramet)は、放射性薬品と呼ばれる。これらは早期のがんや、局所に限局したがんのケースでは使用されない。特定の転移性のがんによる骨の痛みの治療のために使用される。

静脈に注射すると、放射性物質は、がんを含む部分の骨に沈着する。放射性物質から出る放射線ががん細胞を殺し、痛みを軽減する。

現在研究中の、その他の放射性薬品として、レニウム-186やレニウム-188がある。

がんが多くの骨に拡大している場合は、この方法は、外部線源放射線療法よりもはるかに優れている。(場合によっては、この方法と外部線源放射線療法とを併用することがある)

これらの薬が最も効果的であるのは、転移が骨芽細胞性である場合である。骨芽細胞性の転移というのは、がんが新しい骨の領域が形成されるのを促進している場合のことである。このような領域は、X線撮影では、高密度(白い)領域として写る(これと反対に、骨破壊的な転移の場合には、骨の中の暗い領域又は穴のように写る)。骨芽細胞性の転移が最も頻繁に起きるのは、前立腺がんが骨に転移した場合である。骨芽細胞性の転移は、乳がんの場合にはより頻度が低く、大部分の他のがんでは更に頻度が低い。

この治療法に伴う主要な副作用は、血球数の低下で、これにより、感染や出血のリスクが増大することがある。(とくに、治療前から血球数が低かった場合)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『外科手術』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

骨転移によって骨が弱まり、治りにくい骨折が生じることがある。骨を安定にする手術(金属の棒を入れたり、外部器具で安定化する)により、一部の骨折を予防可能であり、既に骨折している場合には、迅速に痛みを軽減し、患者さんが日常活動へ戻るのを助けることができる。

外科手術を受けられない場合(一般的な健康状態の問題、がんの他の合併症、他の治療による副作用、などにより)、ギプスによって脚の骨を安定にし、痛みを軽減したり、ベッドに留まる必要がないようにしたりできることがある。

がんが脊柱の骨に転移することがある。転移巣が大きくなると、脊髄を圧迫して、麻痺の原因となることがある。外科手術によって圧迫を軽減し、麻痺を予防し、痛みを除去できる。もう一つの方法は、放射線療法である。(*)

(*)mougitaroアドバイス: 脊柱の前には、食道、気管、心臓といった臓器が存在することに高度にご注意ください。原因がわからない呼吸困難や、食欲不振が、脊柱からの気管や食道への圧迫による場合があります。心臓が圧迫されれば心不全が生じる場合があります。医者まかせにすると、このような重大な状況を見逃す場合さえあります。医者は通り一遍にしかみません。どうか家族さんが、しっかりと観察をし、真の病状を考え続けてください。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【骨への転移に特定した治療】



『骨転移による痛みに対する治療』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

骨転移による痛みを治療するための効果的かつ安全な方法が存在する。がん細胞を殺す治療(化学療法、放射線療法)、成長を遅くする治療(ホルモン療法)、骨へのダメージを軽減する治療(bisphosphonates{ビスフォスフォネート})、などである。治療によっても痛みが軽減できない場合、鎮痛薬の使用をためらうべきではない。

患者さんによっては、鎮痛薬を求めたり、受け入れたりすることを望まない人がいるかも知れない。何故なら、薬物中毒になったり、非常に眠くなって活動できないのではないか、といった誤解があるからである。実際には、薬物中毒は稀にしか起きないし、眠気はコントロールできる。また、痛みから解放されれば、患者さんにとっての重要事項に集中可能になる。

鎮痛薬を処方された場合は、処方通りに服用すること。痛みを予防するほうが、一旦起きた痛みを治療するよりも優れている。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『Bisphosphonates(ビスフォスフォネート)』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

Bisphosphonatesというのは、日常的に骨粗鬆症の治療に使用されている薬のグループである。このグループに属する薬として、alendronate、clodronate、editronate、ibandronate、zoledronate、pamidronate、などがある。最も一般的に使われている薬は、zoledronate (Zometa)である。

これらの Bisphosphonatesグループの薬が、骨に転移したケースで使用され、また、多発性骨髄腫の患者さんの治療のためにも使用される。

これらの薬により、骨の痛みが軽減され、がんによる骨へのダメージを遅らせ、血液中のカルシウム濃度が高くなる(高カルシウム血症)ことを軽減し、骨折のリスクを低下できる。

これらの薬は、転移が骨溶解性(レントゲン写真で転移部分の骨が薄く、弱くなっているのが示される場合)の場合に、より効果的である。転移が骨芽細胞性(硬化)の場合は、あまり効果的ではない。

Bisphosphonates は、一般的には、服用することもあるし、静脈注射することもある。しかし、消化管からはこれらの薬が十分に吸収されないし、食道を刺激したり、潰瘍を起こしたりすることがあるため、骨への転移の治療の場合は、静脈から投与する( 3〜4週間に 1 回の投与)ことが一般的である。pamidronateと zoledronate とを比較した研究では、効果は同等であることが示された。しかし、zoledronateのほうが若干有利である。何故なら、注射するのにかかる時間が短いからである。

臨床研究で多くみられた副作用として、疲労感、発熱、吐き気、嘔吐、貧血(赤血球数低下)、骨の痛み、関節の痛み、などが報告されている。(但し、実際の所は、がん又は、同時に投与されていた他の薬がこれらの副作用の真の原因であったかも知れない) Bisphosphonatesは、同じく関節炎に類似した関節の痛みや筋肉痛を起こすことがある。このような痛みはしばしば、中等度の鎮痛剤によって除去したり予防したりできる。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


A2- 代替治療

(省略)

A3- 臨床試験

(省略)

A4+ 新しい研究と治療



【血管新生に関する研究】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

血管新生に関する研究は、とくに期待のもてる分野であり、結果として、転移性のがんの予防や治療につながるかも知れない。がんが成長し、拡大するためには新しい血管の形成が必要であるが、この血管新生を阻止する薬が、いくつか現在臨床試験中である。さらに強力な効果をもつ新しい血管新生阻止剤が、間もなく臨床試験開始の段階にある。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【放射線療法】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

放射性薬品が広く使われるようになってきている。現在、放射性物質を抗体や特定の化合物と結合させ、これをがん細胞に選択的にぶつける方法が研究されている。また、外部線源放射線療法や、近接照射療法の分野でも、放射線をより正確にがん細胞だけにぶつける技術が、ますます高度になりつつある。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【Bisphosphonates(ビスフォスフォネート)製剤】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

このグループの薬を、骨への転移を予防したり、骨の痛みを除去したり、骨の強度低下を予防したりするため、最適な方法は何か、ということについて研究が進められている。

これらの薬に関する従来の研究は、乳がんや多発性骨髄腫のケースでの使用に焦点をあてたものが多かったが、現在進展中の研究の結果、間もなく他のタイプのがんでのこれらの薬の有用性に関する情報が得られるようになる。また、より効果的な bisphosphonates製剤が開発途中である。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【分子標的治療】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

がん細胞の成長が、がん細胞自身の内部にある異常な分子によって、どのようなやり方で促進されるのか、次第に解明されてきている。そのような異常な分子を標的にして、がん細胞への作用を阻止すべく(異常な分子が働かないようにしてしまい、がん細胞が成長しないようにする)、多くの薬が開発されつつある。それらの薬のいくつかは、間もなく治療に使用され始める。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【新しい検査法の開発】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

従来のグルコースではなく、放射性フッ化物を使った新型の PETスキャン装置が開発されている。フッ化物はグルコースよりも効率よく骨転移の部分に集まる。この技術は、新型の装置(PETと CTとの組み合わせ)に於いて更に有用で、腫瘍の位置を正確に突き止めることができる。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【骨へのダメージを阻止する薬の研究】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

実際の開発には若干遠いが、がん細胞が骨に与えるダメージを阻止する薬が研究されている。がん細胞は特殊な化合物を分泌して、これが骨を溶解させる。このような化合物が解明されつつあり、このような化合物を阻止する薬の開発が期待されている。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ