目次《ジャンプ先で項目タイトルをクリックすれば、この目次に戻れます》


→トップページへ戻る


お手数ですが、もう一度下記のリンクをクリックしてください:

情報データベース(消化管系)のトップページへ




********************
当ファイルの目次ページへ

最新情報、アドバイス、当ファイル作成上の原則



最新情報のご案内


このファイルには、部位別に米国での現在の標準的な治療法に関する情報(の在処)を記述しています。最新情報は、関連の部位別情報データベース(このファイルの「トップページへ戻る」のリンクからジャンプ)の「治療ニュース、論文、総説」のところをご覧ください。

上記の項目には、欧米の約 50 の専門雑誌、学会報告、ニュース、などのサイトの最新号に於けるがんの治療に関する情報の在処を、可能なかぎり包括的にご紹介しています。決して、極々少数の記事だけを載せているようなものではありません。患者さんや家族さんのご参考にしていただけるものと思います。

********************
当ファイルの目次ページへ

アドバイス


治療を医者に決してお任せにならないことをお勧めします。このファイル(もし不十分でしたら、本やインターネットの他の資料)を勉強することで自ら状況を把握され、医者と対等に議論する姿勢を忘れないようにしてください。


********************
当ファイルの目次ページへ

当ファイル作成上の原則


複数の資料を参考にしてこのファイルを作成していきますが、各参考資料の内容を無理にまとめることはせず、原則として参考資料ごとに全て併記しておきます。重複したり、場合によっては資料間で矛盾しているように思われる場合があるかも知れませんが、データを残すことを重視しました。

********************
当ファイルの目次ページへ

疾患名 =肛門がん( Anal cancer )


資料 A2=治療の全体像《最新版》(資料ご紹介の作成年月=08/10)


資料名=ACS


このコーナーでは、上記の資料の内容の概略をご紹介しています。各ページには、当該ページに対応する原資料サイトのページへのリンクを設定してありますが、原資料サイト での ページ構成変更により、リンク切れとなっております場合は、本家サイトの

リンク集のページ

の、「情報の存在を ご紹介しているサイト」の項目に 当該原資料サイトへのリンクを収載しておりますので、そこからジャンプしてください。《当該原資料サイトには、当サイトでご紹介している以外にも豊富な情報が記載されておりますので、原資料サイトをご覧になることを強くお勧めします》

尚、このコーナーでご紹介しております原資料の日付は下記の通りです :

原資料更新時期=April 25, 2007 

本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

治療の概観


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事のおおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

〔 この資料の性格 〕


この情報 は 代表する--【・*を |*←¨見解《複数》{☆の}¨ ~~〔 ☆←〈その〉¨医者《複数》や看護婦《複数》{ ∬ ((を)している)}¨ ~~〔 ∬=活動している--【・*で |*←〈その〉 American Cancer Society's Cancer Information Database Editorial Board 】┃。    これらの見解《複数》 は 基づいている--【・*に |*←@彼らの¨解釈{☆の}¨ ~~〔 ☆←¨研究《複数》{ ∬ (された)}¨ ~~〔 ∬=公刊された --【・*に |*←医学雑誌《複数》】|- また、同様に -|A彼ら自身の専門家としての経験 】┃。

〈その〉¨治療情報{☆に於ける}¨ ~~〔 ☆←この文書】━━_は ¨※¨ではない 【・※←¨公式ポリシー{☆の}¨ ~~〔 ☆←〈その〉 ACS 】━━、そして、それ は 意図されていない--【・*として |*←医学的な¨アドバイス{ ∬ (する)ことのための}¨ ~~〔 ∬=代用となる--【・*の |*←¨専門的技術、や、判断{☆の}¨ ~~〔 ☆←患者さん の 治療チーム 】┃。    それ は 意図されている--【 ∬ (する)ことのために | ∬=助ける--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←患者さん、及び、患者さんの家族さん| ∬=行う--【・*を |*←情報を持っての決定--【・*と一緒に |*←主治医 】┃。

患者さん の 主治医 は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=持つ--【・*を |*←¨理由《複数》{ ∬ (する)ことの}¨ ~~〔 ∬=提案する--【・*を |*←〈一つの〉¨治療計画{§(の性質の)}¨ ~~〔 §←異なる--【・*とは |*←ここに記述されている一般的な治療選択肢《複数》 】┃。    ためらわないで尋ねること--【・*に |*←主治医--【・*について |*←¨疑問《複数》{☆に関する}¨ ~~〔 ☆←患者さん の 治療選択肢《複数》 】┃。 (*)。

(*)mougitaro アドバイス:以上の記述は、言うまでもなく、米国の医師に関するものです。 日本では、ご自分のケースでの治療選択肢について医者に質問することは、米国に優るとも劣らずに重要なことです(その理由については、各種マスメディアで報じられるようになっていますから、ここでは省略します)。 ただし、現実には、日本でも医者に対して遠慮せずに質問する患者さんや家族さんが最近増えてきています。 これは、非常に良いことだと思います。 治療に関する決定を医者に任せるべきではありません。

〔 治療の概観 〕


--【・たとえ『 』であっても…|『患者さん が 持つ--【・*を |*←どのような細胞タイプやステージの肛門がん 』】━━、治療_は ¨※¨である 【・※←存在する 】┏┓。    ¨選択{☆の}¨ ~~〔 ☆←治療】━━ は ¨※¨によって異なってくる【・※←多くの要因《複数》 】┏┓。    〈その〉¨位置、タイプ、及び、ステージ《拡大の程度》{☆の}¨ ~~〔 ☆←〈その〉腫瘍】━━_は ¨※¨である 【・※←重要 】┏┓。    --【 ∬ (する)ことに於いて …| ∬=選択する--【・*を |*←治療計画 】━━、患者さん、及び、治療チーム は 、また、¨ ∬ ¨であろう 【 ∬=考慮する--【・*を |*←患者さんの年齢、全般的な健康状態、及び、個人的な優先事項《複数》 】┏┓。

〈その〉 3 種類の¨方法《複数》{☆の}¨ ~~〔 ☆←¨治療{☆のための}¨ ~~〔 ☆←肛門がん 】━━_は ¨※¨である 【・※←外科手術、放射線療法、及び、化学療法 】┏┓。    しばしば、〈その〉最良のアプローチ は 併用する--【・*を |*←¨2 種類以上{☆の}¨ ~~〔 ☆←これらの戦略《複数》 】┏┓。    過去に於いては、外科手術_が ¨※¨であった 【・※←〈その〉唯一の治療法】━━、しかし、医者《複数》 は 見出して在る【・『 』ということを… |『大部分の肛門がん は ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=成功的に治療される--【・*により |*←放射線療法、と、化学療法との併用《 外科手術の必要性無しに 》 】┏┓。    この治療アプローチ《 化学放射線療法と呼ばれる 》___は ¨※¨である 【・※←今や最も広く使用されているアプローチ 】┏┓。

患者さんの回復_が ¨※¨である 【・※←¨目標{☆の}¨ ~~〔 ☆←患者さん の 治療チーム 】┏┓。    --【・もし『 』なら…|『〈その〉がん が ¨ ∬ ¨ことができない 【 ∬=治癒される 』】━━、〈その〉目標 は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬= ∬ (する)ことである 【 ∬=@除去する--【・*を |*←可能な限りに多くの がん】|-そして-|A予防する--【・*を |*←〈その〉腫瘍の成長、拡大、再発--【・*にわたり |*←可能な限り長期間 】┏┓。    時として、治療 は 目的とする--【 ∬ (する)ことを | ∬=解消する--【・*を |*←¨症状《複数》{☆のような}¨ ~~〔 ☆←痛み、又は、出血 】--【 ∬ (する)ことのために | ∬=改善する--【・*を |*←〈その〉患者さん の 生活の質 】、--【・『 』であっても…|『〈その〉治療 が ¨ ∬ ¨ではないであろう 【 ∬=もたらす--【・*を |*←〈一つの〉治癒 』】┏┓。


(記事のおおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(issue= April 25, 2007 )
「英文原題」=Detailed Guide: Anal Cancer  How Is Anal Cancer Treated?

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

外科手術


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事のおおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

外科手術_は もはや¨※¨ではない 【・※←〈その〉¨標準的な選択肢{☆のための}¨ ~~〔 ☆←大部分の¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ~~〔 ☆←肛門がん 】┏┓。    --【・*に於いては… |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==必要とする--【・*を |*←外科手術 】】━━、¨タイプ{☆の}¨ ~~〔 ☆←手術】━━ は 変わってくる--【・*により |*←¨タイプ、及び、位置{☆の}¨ ~~〔 ☆←〈その〉腫瘍 】┏┓。

〔 局所切除 〕


〈一つの〉局所切除_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉¨手術{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==除去する--【・*を |*←腫瘍だけ《 及び、若干の腫瘍周辺の正常組織 》 】┏┓。    局所切除 は ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=使用される--【・もし『 』なら…|『〈その〉がん _が ¨※¨である 【・※←小さい】━━、そして、それ が 拡大して在らない--【・*へ |*←近くの組織《複数》、や、リンパ節《複数》』 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←大部分のケース《複数》】━━、局所切除 は 温存する--【・*を |*←〈その〉肛門括約筋 】┏┓。    --【・もし『 』なら…|『〈その〉肛門括約筋 が 温存される 』】━━、〈その〉腸 は ¨ ∬ ¨と考えられる 【 ∬=正常に動くことができる--【・*の後に |*←〈その〉外科手術 】┏┓。    多くの小さな¨腫瘍《複数》{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==発生する--【・*に於いて |*←¨ より低い部分{☆の}¨ ~~〔 ☆←〈その〉肛門--【・*の近くに |*←肛門の辺縁部 】━━ は ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=治療される--【・*により |*←局所切除 】┏┓。

〔 腹会陰式 直腸切断術《 APR 》 〕


腹会陰式 直腸切断術《 APR 》_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉 より広範な手術 】┏┓。    --【・*に於いては… |*←このアプローチ】━━、〈その〉外科医 は 行う--【・*を |*←〈一つの〉切開--【・*に於いて |*←〈その〉腹部、及び、肛門の周囲--【 ∬ (する)ことのために | ∬=除去する--【・*を |*←〈その〉肛門、及び、直腸 】┏┓。    〈その〉外科医 は 、また、¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=摘出する--【・*を |*←¨いくつか{☆の}¨ ~~〔 ☆←〈その〉¨リンパ節{☆に於ける}¨ ~~〔 ☆←〈その〉そ径部--【・*の後に |*←この手術】、--【・『 』であるが…|『このステップ《 リンパ節郭清と呼ばれる 》━━ は ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=後からでも実施される 』】┏┓。

APR 方式 は ¨ ∬ ¨しない 【 ∬=温存する(の否定)--【・*を |*←〈その〉肛門括約筋 】┏┓。    その結果、患者さん《複数》 は ¨ ∬ ¨の必要がある 【 ∬=持つ--【・*を |*←〈一つの〉恒久的な¨開口部{ ∬ (された)}¨ ~~〔 ∬=作成された --【・*に於いて |*←〈その〉腹部】《 そして、そこに結腸の端が接続される--【・『 』のように…|『便《複数》 が ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=排出される 』】 》】┏┓。    この開口部 は 呼ばれる--【・*と |*←〈一つの〉人工肛門 】┏┓。    便《複数》 は 通過する--【・*を |*←〈その〉開口部--【・*の中へ |*←身体に接続された袋 】┏┓。    --【・*のためには… |*← より多くの¨情報{☆に関する}¨ ~~〔 ☆←人工肛門《複数》】━━、参照されたい--【・*を |*←〈その〉 ACS の文書「人工肛門 : 〈一つの〉ガイド」 】┏┓。

〈一つの〉 APR 方式 は 一般的に使用されていた--【・*に於いて |*←過去--【・*のために |*←¨がん 《複数》{☆の}¨ ~~〔 ☆←〈その〉肛門管】━━、しかし、それ は ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=ほとんど常に回避される--【 ∬ (する)ことにより | ∬=治療する--【・*を |*←〈その〉患者さん--【・*により |*←併用 での 化学療法 + 放射線療法--【・代わりに 】┏┓。    それ は 今や より しばしば使用される--【・*として |*←〈一つの〉選択肢--【・もし『 』なら…|『その他の治療《複数》 が ¨ ∬ ¨しない 【 ∬=働く--【・最初に (の否定)】┏┓。


(記事のおおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(issue= April 25, 2007 )
「英文原題」=Detailed Guide: Anal Cancer  Surgery

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

放射線療法


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事のおおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

放射線療法 は 使用する--【・*を |*←〈一つの〉¨ビーム{☆の}¨ ~~〔 ☆←高エネルギーの放射線《又は、粒子線》--【 ∬ (する)ことのために | ∬=@破壊する--【・*を |*←がん 細胞《複数》】|-又は-|A遅くする--【・*を |*←がん 細胞《複数》の成長 】┏┓。    時として医者《複数》 は 実施する--【・*を |*←放射線療法--【 ∬ (する)ことのために | ∬=縮小させる--【・*を |*←〈一つの〉腫瘍--【・『 』のために…|『がん が ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=除去される--【・ より容易に--【・*の間に |*←外科手術 』】┏┓。    このタイプの治療《 放射線療法 》 は ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=実施される--【・*により |*←いくつかの方法《複数》 】┏┓。

〔 外部線源放射線療法 〕


〈その〉最も一般的な方法_は ∬ (する)ことである 【 ∬=患部供給する--【・*を |*←〈一つの〉焦点を当てた放射線ビーム--【・*から |*←〈一つの〉¨マシン{☆の}¨ ~~〔 ☆←身体の外部 】┏┓。    これ は 呼ばれる--【・*と |*←外部線源放射線療法 】┏┓。    治療《複数》 は 通常 実施される--【・(やりかた)| 1 週間に 5 日間のペースで 5 週間程度 】┏┓。

¨治療{ ∬ (された)}¨ ~~〔 ∬=実施された --【・この方法で】━━ は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=障害する--【・*を |*←近くの健常な組織--【・*と共に |*←〈その〉がん 細胞《複数》 】┏┓。    --【 ∬ (する)ことのために …| ∬=低下させる--【・*を |*←副作用のリスク 】━━、医者《複数》 は 注意深く推定する--【・*を |*←〈その〉¨正確な放射線用量{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==患者さん が 必要とする 】━━、そして、標的する--【・*を |*←〈その〉放射線ビーム--【・可能な限り正確に 】┏┓。

¨副作用《複数》{☆の}¨ ~~〔 ☆←放射線療法】━━ は 異なる--【・*に基づき |*←¨身体の領域{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==受ける--【・*を |*←〈その〉治療 】┏┓。    いくつかの患者さん《複数》_は 持つ--【・*を |*←皮膚の¨変化《複数》{☆のような}¨ ~~〔 ☆←〈一つの〉日焼け--【・*に |*←¨領域{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==受けた--【・*を |*←放射線 】┏┓。    ¨一時的な肛門部の刺激感、及び、痛み、又は、不快感{☆の間の}¨ ~~〔 ☆←便通】━━ が ¨ ∬ ¨こともある 【 ∬=起きる 】┏┓。

その他の可能的な副作用《複数》 は 含む--【・*を |*←疲労感、吐き気、下痢 】┏┓。    ¨ダメージ{☆への}{★による}¨ ~~〔 ☆←肛門組織~~〔 ★←放射線】━━ は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=引き起こす--【・*を |*←瘢痕組織の形成 】┏┓。    この瘢痕組織 は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=時として妨げる--【・*を |*←肛門括約筋の正常な働き 】┏┓。    いくらかの¨変化《複数》{☆による}¨ ~~〔 ☆←放射線】━━ は 起きる--【・*の何年間もの後に |*←放射線療法 】┏┓。    例えば、女性《複数》_は 持つ--【・*を |*←〈一つの〉 より高い¨リスク{☆の}¨ ~~〔 ☆←¨骨折《複数》{☆の}{★による}¨ ~~〔 ☆←〈その〉骨盤、又は、股関節部~~〔 ★←骨損失 】┏┓。    いくらかの人《複数》 は 発症する--【・*を |*←慢性 放射線性 直腸炎《 これ_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉¨変化{☆に於ける}¨ ~~〔 ☆←¨血管《複数》{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==栄養する--【・*を |*←直腸粘膜 】 》】━━そして、これ は もたらす--【・*を |*←直腸出血 】┏┓。

〈その〉放射線 野 は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=含む--【・*を |*←骨盤部の或る程度の範囲--【 ∬ (する)ことのために | ∬=治療する--【・*を |*←¨リンパ節《複数》{☆の}¨ ~~〔 ☆←〈その〉そ径部 】、--【・『 』の理由で…|『〈その〉がん は ¨ ∬ ¨であろう 【 ∬=しばしば拡大する--【・*に |*←これらのリンパ節《複数》 』】┏┓。    医者《複数》 は ¨ ∬ ¨していない 【 ∬=確信する (の否定)【・『 』ということを… |『このこと_が ¨※¨である 【・※←常に必要(か否か) 』 】┏┓。    ¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ~~〔 ☆←小さな腫瘍《複数》】━━ は ¨ ∬ ¨かも知れない 【 ∬=必要としない--【・*を |*←¨放射線療法{☆への}¨ ~~〔 ☆←〈その〉そ径部 リンパ節《複数》】--【・『 』の理由で…|『〈その〉がん は ¨ ∬ ¨することは より少ないかも知れない 【 ∬=拡大する 』】┏┓。    --【・もし『 』なら…|『〈その〉医者《複数》 が 考える【・『 』と… |『〈その〉 がん が 拡大して在る--【・*に |*←〈その〉リンパ節《複数》 』--【・『 』の理由で…|『それらのリンパ節 が 腫大している 』】 』】━━、彼ら は ¨ ∬ ¨であろう 【 ∬=治療する--【・*を |*←それらのリンパ節《複数》--【・*により |*←放射線療法、又は、外科手術 】┏┓。

〔 内部放射線療法《近接照射療法》 〕


もう一つの¨方法{ ∬ (する)ことの}¨ ~~〔 ∬=患部送達する--【・*を |*←放射線 】━━_は ∬ (する)ことである 【 ∬=設置する--【・*を |*←小さな放射線源《複数》--【・*の内部、又は、近くに |*←〈その〉腫瘍 】┏┓。    この方法 は 呼ばれる--【・*と |*←「内部放射線療法」、「近接照射療法」、「組織内 照射法」、又は、「腔内 照射療法」 】┏┓。    この方法 は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=含む@--【 ∬ (する)ことを | ∬=埋め込む--【・*を |*←恒久的な 放射活性のペレット《複数》《 「種《複数》」 》《 これらのペレット《複数》 は ゆっくりと時間をかけて放出する--【・*を |*←放射線 》 】|-又は-|Aその他の¨技術《複数》{ (その方法では)¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==〈その〉放射活性物質 は とどまる--【・*の中に |*←身体--【・短期間だけ 】┏┓。    内部放射線療法 は ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=¨※¨である 【・※← より便利】、--【・『 』の理由で…|『それ は 通常 必要とする--【・*を |*←わずかに 1 回、又は、数回の治療セッション《複数》 』】━━、しかし、それ は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=必要とする--【・*を |*←一定のタイプの手術 】┏┓。

近接照射療法 は 使用される--【・はるかに少なく--【・*よりも |*←外部線源放射線療法--【 ∬ (する)ことのために | ∬=治療する--【・*を |*←肛門がん 】┏┓。    --【・『 』の場合…|『近接照射療法 が 使用される 』】━━、それ は 通常 実施される--【・*と共に |*←外部線源放射線療法 】┏┓。    〈その〉可能的な副作用《複数》_は ¨※¨である 【・※←しばしば 同様--【・*に |*←¨副作用《複数》{☆の}¨ ~~〔 ☆←外部線源放射線療法 】┏┓。


(記事のおおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(issue= April 25, 2007 )
「英文原題」=Detailed Guide: Anal Cancer  Radiation Therapy

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

化学療法


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事のおおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

〔 化学療法の内容 〕


化学療法_は ¨※¨である 【・※←¨使用{☆の}{ ∬ (する)ことのための ¨ ~~〔 ☆←薬《複数》_⌒∬=治療する--【・*を |*←がん 】_ 】┏┓。    いくつかの薬《複数》 は ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=飲み込む--【・*として |*←錠剤】、--【・『 』の一方で…|『その他の薬《複数》 は ¨ ∬ ¨の必要がある 【 ∬=注射される--【・*から |*←〈一つの〉針--【・*の中へ |*←静脈、又は、筋肉 』】┏┓。    化学療法_は ¨※¨である 【・※←全身的な治療 】┏┓。    このこと は 意味する【・『 』ということを… |『〈その〉薬 は 入る--【・*の中へ |*←血液循環】━━、そして、動いていく--【・*を通じて |*←身体全体】━━、そして、到達し、破壊する--【・*を |*←がん 細胞《複数》 』 】┏┓。

いくつかの化学療法剤《複数》 は 殺す--【・*を |*←がん 細胞《複数》--【・直接に 】┏┓。    その他の薬《複数》 は 働く--【 ∬ (する)ことにより | ∬=させる--【・*を § に ||*←〈その〉がん 細胞《複数》| § ← より感受性--【・*に |*←放射線療法 】┏┓。    化学療法 は しばしば使用する--【・*を |*← 2 つ以上の薬《複数》--【・『 』の理由で…|『一方の薬 が ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=増強する--【・*を |*←¨効果{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉もう一方の薬 』】┏┓。    --【・*に於いて… |*←肛門がん 】━━、¨化学療法{☆との併用での}¨ ⌒〔 ☆←放射線療法】━━ は ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=しばしば治癒する--【・*を |*←〈その〉がん --【・*無しに |*←外科手術の必要性 】┏┓。    〈その〉主要な¨併用レジメン{ ∬ (される)}¨ ⌒〔 ∬=使用される --【 ∬ (する)ことのために | ∬=治療する--【・*を |*←肛門がん 】━━_は ¨※¨である 【・※← 5-fluorouracil + mitomycin、又は、5-fluorouracil + cisplatin 】┏┓。

化学療法剤《複数》 は ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=到達する--【・*に |*←身体中の あらゆる箇所 】┏┓。    医者《複数》 は 時として実施する--【・*を |*←化学療法--【・*の後に |*←外科手術--【・*として |*←〈一つの〉予防策--【 ∬ (する)ことのために | ∬=確実にする【・『 』ということを… |『彼らが 破壊する--【・*を |*←如何なる¨残存がん 細胞《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==¨ ∬ ¨ことの可能性がある 【 ∬=検出されていなかった 】 』 】┏┓。

〔 化学療法の副作用 〕


化学療法剤《複数》 は 、また、¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=ダメージを与える--【・*に |*←いくらかの正常細胞《複数》】━━、そして、そのこと は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=引き起こす--【・*を |*←副作用《複数》 】┏┓。    これは¨※¨によって異なってくる【・※←〈その〉特定的な薬《複数》、投与量、及び、治療期間 】┏┓。    一時的な副作用《複数》 は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=含む--【・*を |*←吐き気・嘔吐、食欲低下、脱毛症、下痢、及び、口内炎 】┏┓。

--【・『 』の理由で…|『化学療法 は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=ダメージを与える--【・*に |*←〈その〉¨造血細胞《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉骨髄 』】━━、患者さん《複数》 は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=持つ--【・*を |*←血球数の低下 】┏┓。    このこと は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=もたらす--【・*を |*←以下のような副作用《複数》】 :

--【・もし『 』なら…|『患者さん が 受ける--【・*を |*←化学療法 』】━━、それ《 ∬ すること(右記)》━━が 重要である……∬=話す--【・*に |*←主治医、又は、看護婦--【・*についても |*←如何なる副作用《複数》--【・『 』したら 直ちに…|『患者さん が 気づく--【・*に |*←〈その〉副作用《複数》 』】┏┓。    治療チーム は ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=助ける--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←患者さん| ∬=対処する--【・*に |*←それらの副作用《複数》 】┏┓。    例えば、制吐薬 は ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=助ける--【 ∬ (する)ことを | ∬=コントロールする--【・*を |*←吐き気、及び、嘔吐 】┏┓。    時として ∬ すること | ∬=変える--【・*を |*←■_投与量|-又は-|■_投与方法 ━━ が ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=緩和する--【・*を |*←副作用《複数》 】┏┓。    大部分の副作用《複数》 は ¨ ∬ ¨であろう 【 ∬=消失する--【・『 』すれば…|『治療コース が 終了する 』】┏┓。


(記事のおおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(issue= April 25, 2007 )
「英文原題」=Detailed Guide: Anal Cancer  Chemotherapy

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

ステージごとの治療選択肢


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事のおおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

¨タイプ{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨治療{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==治療チーム が ¨ ∬ ¨であろう 【 ∬=推奨する 】━━ は ¨※¨によって異なってくる【・※←■_がん のタイプ|-及び-|■_拡大の程度 】┏┓。    このセクション は サマリーする--【・*を |*←¨選択肢《複数》{§(の性質の)}¨ ⌒〔 §←実施可能--【・*として |*←肛門がん の治療 】--【・*に従って |*←病気のステージ 】┏┓。    ¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←肛門メラノーマ】━━ は 別個に ディスカスされる--【・*に於いて |*←〈その〉 ACS 文書「メラノーマ皮膚がん 」(*) 】┏┓。    ¨肛門腫瘍《複数》{ ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=罹患する--【・*に |*←肛門端、又は、肛門周囲~皮膚《 そして、肛門管でない箇所 》 】━━ は 見なされる【・※であると|※←皮膚がん 《複数》】━━、そして、それら は 治療されない#←--←#【・肛門がん と同じ方法では 】┏┓。

(*)原文には、当該文書へのリンクが設定されています。

〔 ステージ 0 〕


肛門がん は 稀にしか診断されない--【・*では |*←このステージ 】┏┓。    --【・『 』の理由で…|『ステージ 0 の腫瘍《複数》 は ¨ ∬ ¨しない 【 ∬=浸潤する--【・*の下を |*←肛門管の最上層 (の否定)】━━、それら は ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=しばしば完全に切除される--【・*により |*←外科手術《 局所切除 》 】┏┓。

〔 ステージ I、及び、II 〕


局所切除 は ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=使用される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=切除する--【・*を |*←小さな¨腫瘍《複数》《 通常 1cm 未満 》¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==¨ ∬ ¨しない 【 ∬=巻き込む--【・*を |*←肛門括約筋 (の否定) 】┏┓。

--【・もし『 』なら…|『〈その〉がん が ¨ ∬ ¨ことができない 【 ∬=切除される--【・*により |*←〈一つの〉局所切除--【 ∬ (する)こと無しには | ∬=ダメージを与える--【・*に |*←〈その〉肛門括約筋 】 』】━━、患者さん は ¨ ∬ ¨であろう 【 ∬=治療される--【・*により |*←併用 での 放射線療法 + 化学療法 】┏┓。    --【・『 』の場合でさえも…|『腫瘍 が ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=除去される--【・*により |*←局所切除 』】━━、多くの医者《複数》 は 推奨する--【 ∬ (する)ことを | ∬=追加する--【・*を |*←化学療法 + 放射線療法--【・*として |*←〈一つの〉予防措置 】┏┓。    過去に於いては、〈その〉標準的な治療_は ¨※¨であった 【・※←〈一つの〉根治的な¨外科手術{ ∬ (される)}¨ ⌒〔 ∬=呼ばれる--【・*と |*←¨腹会陰式~直腸切断術{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==¨ ∬ ¨であろう 【 ∬=必要とする--【・*を |*←〈一つの〉人工肛門 】┏┓。    しかし、医者《複数》 は 見出して在る【・『 』ということを… |『化学療法 + 外部線源放射線療法 は ほとんど常に働く--【・同程度に】━━、そして、避ける--【・*を |*←¨必要性{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉人工肛門 』 】┏┓。

∬ すること | ∬=併用する--【・*を |*←放射線療法、と、化学療法 ━━ は 示されて在る【・※であると|※← より優れている--【・*よりも |*←放射線療法だけ 】┏┓。    〈その〉 2 つの治療《複数》 は 実施される--【・同じ期間に 】┏┓。    〈その〉化学療法 は 通常 構成される--【・*から |*← 5-fluorouracil + mitomycin、又は、cisplatin 】┏┓。    〈その〉 mitomycin、又は、cisplatin は 投与される--【・*として |*←短時間 での 静脈注射】--【・(時期)|通常、放射線療法の開始時点、及び、終了時点近く《 およそ 4 〜 6 週間時点 》 】┏┓。    〈その〉 5-fluorouracil は しばしば投与される--【・*により |*←〈一つの〉長時間の静脈点滴--【・*にわたり |*← 4 〜 5 日間】━━、そして、繰り返される--【・*以内に |*← 4 〜 6 週間 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←いくらかのケース《複数》】━━、主治医 は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=提案する--【・*を |*←内部~放射線療法--【・*と共に |*←〈その〉外部線源放射線療法 】┏┓。

--【・もし『 』なら…|『〈その〉がん が完全には消失して在らない--【・『 』の後に…|『放射線療法、及び、化学療法 が 完了して在る 』】 』】━━、外科手術 が ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=必要とされる--【 ∬ (する)ことのために | ∬=除去する--【・*を |*←〈その〉残存病変 】┏┓。    しかし、それ《 ∬ すること(右記)》━━は 重要である……∬=知っている【・『 』ということを… |『がん が 完全に消失するには 数週間かかることがある--【 ∬ (した)ことの後に | ∬=完了した--【・*を |*←放射線療法 】 』 】┏┓。

〔 ステージ III A 〕


ほとんどのケースで、〈その〉最初の¨選択{☆の}¨ ⌒〔 ☆←治療】━━_は ¨※¨である 【・※←放射線療法 + 化学療法--【・*と同様に |*←ステージ I、及び、ステージ II の病気の場合 】┏┓。

--【・もし『 』なら…|『¨一部{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉腫瘍】━━ が 残存する--【・*にもかかわらず |*←¨使用{☆の}¨ ⌒〔 ☆←化学療法 + 放射線療法 』】━━、 より多くの治療 が ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=実施される 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←いくつかのケース《複数》】━━、外科手術※の いずれか |※←〈一つの〉局所切除、又は、 より広範な手術 __ が ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=実施される 】┏┓。    --【・もし『 』なら…|『〈その〉がん が 拡大して在る--【・*へ |*←局所リンパ節《複数》 』】━━、これら は ¨ ∬ ¨であろう 【 ∬=■_切除される--【・*により |*←外科手術】|-又は-|■_治療される--【・*により |*←放射線療法 】┏┓。

〔 ステージ III B 〕


〈一つの〉治癒_は ¨※¨である 【・※←可能性がある--【・*に於いて |*←ステージ III B の病気】━━、しかし、それ _は ¨※¨である 【・※← より達成困難 】┏┓。    〈その〉最も一般的な¨アプローチ{☆への}¨ ⌒〔 ☆←治療】━━_は ¨※¨である 【・※←¨放射線療法 + 化学療法{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=縮小させる--【・*を |*←〈その〉腫瘍 】━━、と、それに続いての¨外科手術《 局所切除、又は、腹会陰式~直腸切断術 》∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=除去する--【・*を |*←如何なる残存腫瘍 】】┏┓。    ¨外科手術{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=切除する--【・*を |*←〈その〉がん を含んでいるリンパ節《複数》 】━━ が ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=実施される--【・*の間に |*←当該手術《 、又は、後日に 》 】┏┓。

--【・『 』の理由で…|『このステージの がん は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=¨※¨である 【・※←治療が難しい 』】━━、¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←ステージ III B の肛門がん 】━━ は ¨ ∬ ¨かも知れない 【 ∬=助けられる--【 ∬ (する)ことにより | ∬=参加する--【・*に |*←〈一件の〉臨床試験 】┏┓。

〔 ステージ IV 〕


--【・*に於いては… |*←この進行期の病気】━━、治療 は 目的とされる--【 ∬ (する)ことを | ∬=■_コントロールする--【・*を |*←〈その〉病気】|-そして-|■_解消する--【・*を |*←症状《複数》 】┏┓。    このために、医者《複数》 は ¨ ∬ ¨と考えられる 【 ∬=推奨する--【・*を |*←外科手術、放射線療法、化学療法、又は、それらの方法の併用 】┏┓。    ¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←このステージの肛門がん 】━━ も、また、 ¨ ∬ ¨(することを)考えても良いかも知れない 【 ∬=参加する--【・*に |*←〈一件の〉臨床試験 】┏┓。

〔 再発性の肛門がん 〕


--【・もし『 』なら…|『がん が 再発する--【・*に於いて |*←〈その〉肛門、又は、局所リンパ節《複数》--【・*の後に |*←治療 』】━━、〈その〉¨治療選択肢《複数》{§(の性質の)}¨ ⌒〔 §←実施可能--【・*のために |*←〈その〉患者さん 】━━ は ¨※¨によって異なってくる【・※←『どのような治療を 〈その〉患者さん が 受けていたか--【・最初に 』 】┏┓。    例えば、--【・もし『 』なら…|『患者さん が 受けていた--【・*を |*←外科手術 』】━━、患者さん は ¨ ∬ ¨と考えられる 【 ∬=受ける--【・*を |*←放射線療法、及び、化学療法 】┏┓。    --【・もし『 』なら…|『患者さん が 受けていた--【・*を |*←放射線療法--【・最初に 』】━━、患者さん は ¨ ∬ ¨ことの可能性がある 【 ∬=必要とする--【・*を |*←外科手術、や、化学療法 】┏┓。    --【 ∬ (する)ことに於いては …| ∬=治療する--【・*を |*←再発性の がん 】━━、〈一つの〉 より広範な手術《 腹会陰式~直腸切断術のような 》━━ が ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=必要とされる 】┏┓。    この場合も、臨床試験《複数》 が ¨ ∬ ¨かも知れない 【 ∬=¨※¨である 【・※←価値がある--【・*のために |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←再発性の肛門がん 】┏┓。

--【・*に於いて… |*←いくらかの患者さん《複数》】━━、〈その〉がん は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=再発する--【・*に於いて |*←遠隔箇所《複数》、又は、遠隔の臓器《複数》 】┏┓。    〈その〉最も一般的な箇所_は ¨※¨である 【・※←〈その〉肝臓 】┏┓。    もう一つの一般的な箇所_は ¨※¨である 【・※←〈その〉肺 】┏┓。    〈その〉主要な¨治療{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←このようなケース】━━_は ¨※¨である 【・※←化学療法】、--【・『 』であるが…|『稀なケースでは、外科的な¨切除{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉がん 】━━ が ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=¨※¨である 【・※←〈一つの〉選択肢 』】┏┓。    〈その〉典型的な 使用される化学療法剤《複数》_は ¨※¨である 【・※← 5-fluorouracil、及び、cisplatin 】┏┓。    化学療法 は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=¨※¨ではない 【・※←治癒的(の否定)】━━、しかし、それ は ¨ ∬ ¨ことの可能性がある 【 ∬=助ける--【 ∬ (する)ことを | ∬=低下させる--【・*を |*←如何なる¨症状《複数》{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉病気 】┏┓。

〔 HIVウィルス陽性の患者さん の 場合 〕


大部分の場合、¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆← HIV 感染症】━━ は ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=実施される--【・*を |*←〈その〉同一の治療--【・*と |*←その他の 肛門がん の患者さん《複数》】━━、そして、彼ら は ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=持つ--【・*を |*←〈一つの〉良好な結果状況 】┏┓。    ¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==持つ--【・*を |*←■_進行した HIV 疾患|-及び-|■_弱まった免疫システム《複数》 】━━ は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=必要とする--【・*を |*← より集中度の低い化学療法 】┏┓。


(記事のおおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(issue= April 25, 2007 )
「英文原題」=Detailed Guide: Anal Cancer  Treatment Options by Stage

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

研究・治療の新動向


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事のおおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

重要な¨研究{☆への}¨ ⌒〔 ☆←肛門がん 】━━ は 現在 進展中である--【・*に於いて |*←多くの病院《複数》、医療センター《複数》、その他の施設--【・全米を通じて 】┏┓。    毎年、科学者《複数》 は 発見する--【・*を |*←¨ より多くのこと{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←■_何が引き起こすのか--【・*を |*←〈その〉病気】|-そして-|■_どのように予防すべきかこの病気|-そして-|■_どのようにして改善すべきか--【・*を |*←治療 』 】┏┓。

〔 原因、及び、予防 〕


最近の研究 が 見出して在る--【・*を |*←ヒト~パピローマ~ウィルス《 HIV 》--【・*として |*←〈一つの〉大きな¨要因{ ∬ (する)ことに於いての}¨ ⌒〔 ∬=引き起こす--【・*を |*←いくらかのタイプの肛門がん 】┏┓。    研究者《複数》 は 知りつつある--【・*を |*←『どのようにして HPV が 影響するのか--【・▽が¨ ∬ ¨するように||▽←肛門~細胞《複数》の内部の分子《複数》| ∬=悪性化させる--【・*を |*←肛門~細胞《複数》 】 』 】┏┓。

現行の¨研究{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←この分野】━━ は 含む--【・*を |*← ∬ すること | ∬=開発する--【・*を |*←¨ワクチン《複数》{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=予防する--【・*を |*← HPV 感染症】、《 それにより、取り除いて--【・*を |*←〈一つの〉可能的な¨原因{☆の}¨ ⌒〔 ☆←多くの肛門がん 《複数》 》 】┏┓。    〈一つの〉¨ワクチン{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==示されて在る--【 ∬ (する)と | ∬=予防する--【・*を |*←¨感染症{☆による}¨ ⌒〔 ☆← HPV タイプ 16、及び、18《 多くの肛門がん に伴うタイプ《複数》 》 】━━_が 今や¨※¨である 【・※←存在している--【・*のために |*←¨使用{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←若年の女性《複数》《 性的に活動期になる前に 》】、--【・*を伴って |*←¨意図{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=低下させる--【・*を |*←¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←子宮頸がん《複数》、及び、前がん 状態《複数》 】┏┓。    〈その〉ワクチン は 、また、調べられつつある--【・*のために |*←¨使用{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←若年の男性《複数》 】┏┓。    --【・『 』であるが…|『それ は 未だ研究されて在らない 』】━━、〈その〉期待_は ¨『 』(右記)¨ということである『〈その〉ワクチン が ¨ ∬ ¨ことの可能性がある 【 ∬=究極的に助ける--【 ∬ (する)ことを | ∬=予防する--【・*を |*←その他の¨がん 《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==関連している--【・*に |*← HPV ウィルス】《 肛門がん を含め 》 】 』┏┓。

改善された¨理解{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉分子的な¨変化《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←肛門がん の細胞《複数》】━━ が 期待されている--【 ∬ (する)と | ∬=助ける--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←科学者《複数》| ∬=開発する--【・*を |*←新しい¨薬《複数》{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=戦う--【・*と |*←この病気 】┏┓。

〔 HIVの治療 〕


(原文をお読みください)

〔 早期発見 〕


進展中の研究 が 実施されつつある--【・*について |*←¨価値{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨スクリーニング検査{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←肛門がん 】、--【・特に*に於いて |*←¨人々{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←大きなリスク因子《複数》 】┏┓。    いくらかの医者《複数》 は 考えている【・『 』と… |『肛門がん _は ¨※¨である 【・※←類似している--【・一定の面で--【・*に |*←子宮頸がん 』 】┏┓。    肛門‐細胞‐診断、《 時として呼ばれる--【・*と |*←肛門 Pap 検査--【・『 』の理由で…|『それ_は ¨※¨である 【・※←似ている--【・*に |*←¨Pap 検査{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←子宮頸がん 』】 》、━━ が ¨ ∬ ¨ことの可能性がある 【 ∬=¨※¨である 【・※←有用--【・*に於いて |*←¨早期診断{☆の}¨ ⌒〔 ☆←肛門がん 、及び、前がん性の変化《複数》《 肛門‐上皮内‐新生物と呼ばれる状態 》 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←このテスト】━━、細胞《複数》 が そっと 掻き取られる--【・*から |*←〈その〉肛門‐粘膜層】━━、そして、チェックされる--【・*により |*←顕微鏡 】┏┓。    いくらかの医者《複数》 は 既に推奨している--【・*を |*←このテスト--【・*のために |*←¨人々{§(の性質の)}¨ ⌒〔 §←肛門がん のリスクが高い《 --【・*のような |*←¨人々{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==¨※¨である 【・※← HIV 陽性 】 》 】┏┓。

研究 は 、また、進展中である--【・*について |*← ∬ すること | ∬=治療する--【・*を |*←肛門‐上皮内‐新生物 --【 ∬ (する)ことのために | ∬=助ける--【 ∬ (する)ことを | ∬=予防する--【・*を |*←肛門がん の発生 】┏┓。

〔 治療 〕


過去数年間で、研究《複数》 が 示して在る--【・*を |*←¨利益《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆← ∬ すること | ∬=併用する--【・*を |*←放射線療法--【・*と |*←化学療法 】┏┓。    このアプローチ は 低下させて在る--【・*を |*←¨数{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨外科手術《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==必要とされる--【・*のために |*←肛門がん 】、--【・*を含めて |*←¨必要{☆の}¨ ⌒〔 ☆←恒久的な人工肛門《複数》 】┏┓。

医者《複数》 は 知りつつある--【・ より多く*について |*←『如何にして■_実施すべきか--【・*を |*←外部線源放射線療法--【・ より正確かつ効果的に】|-そして-|■_減少させる--【・*を |*←¨影響《複数》{☆への}¨ ⌒〔 ☆←正常組織《複数》 』 】┏┓。    その他の研究《複数》 が 実施されつつある--【 ∬ (する)ことのために | ∬=知る--【・*について |*←〈その〉可能的な¨利益《複数》{ ∬ (する)ことの}¨ ⌒〔 ∬=併用する--【・*を |*←外部線源放射線療法、と、内部放射線療法 】┏┓。

新しい 治療薬‐併用 が 研究されつつある┏┓。    例えば、臨床試験《複数》 が 比較しつつある--【・*を |*← 5-fluorouracil + mitomycin5-fluorouracil + cisplatin--【 ∬ (する)ことのために | ∬=調べる--【・*を |*←『どちらが¨※¨であるのか 【・※← より効果的 で 副作用が少ない 』 】┏┓。

新しい放射線‐感受性化‐薬《複数》《 ¨化学療法剤、や、その他の薬《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==増強する--【・*を |*←¨効果{☆の}¨ ⌒〔 ☆←放射線療法 】 》━━ が 研究されつつある--【・*に於いて |*←臨床試験《複数》 】┏┓。    ¨併用{☆の}¨ ⌒〔 ☆←これらの治療《複数》】━━ が ¨ ∬ ¨ことの可能性がある 【 ∬=可能にさせる--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←患者さん《複数》| ∬=受ける--【・*を |*← より低用量の放射線療法や化学療法 】、《[ そして]このことは ¨ ∬ ¨であろう 【 ∬=減少させる--【・*を |*←可能的な副作用《複数》》 】┏┓。

いくつかの研究《複数》 は 調べつつある--【・*を |*←¨使用{☆の}¨ ⌒〔 ☆← より新しい分子標的治療薬《複数》--【 ∬ (する)ことのために | ∬=治療する--【・*を |*←肛門がん 】┏┓。    例えば、医者《複数》 は 試みつつある--【 ∬ (する)ことを | ∬=追加する--【・*を |*←〈その〉モノクロナル抗体 cetuximab《 Erbitux® 》 《 これは 使用される--【・*に於いて |*←結腸直腸がん 》】--【 ∬ (する)ことのために | ∬=調べる--[『 』(→右記)であるか否かを… |『 それ が ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=助ける--【・*を |*←化学療法の より良好な働き 』(か否かを)】┏┓。

医者《複数》 は 、また、研究しつつある--【・*を |*←¨方法《複数》{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=改善する--【・*を |*←外科手術、及び、その副作用《複数》 】┏┓。    例えば、研究《複数》 は 今や調べつつある--【 ∬ (する)ことを | ∬=埋め込む--【・*を |*←〈一つの〉人工の大腸括約筋--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==持つ--【・*を |*←〈一つの〉広範な腹会陰式‐直腸切断術 】┏┓。    〈その〉期待_は ¨『 』(右記)¨ということである『この人工‐括約筋 が ¨ ∬ ¨ことの可能性がある 【 ∬=可能にさせる--【・*を |*←恒久的な人工肛門の回避 』 】┏┓。    現在のところ、そのような治療_は ¨※¨である 【・※←わずかに受けられる--【・*に於いて |*←注意深くモニターされた臨床試験《複数》 】┏┓。


(記事のおおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: (issue= April 25, 2007 )
「英文原題」=
Detailed Guide: Anal Cancer  What's New in Anal Cancer Research and Treatment?

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

資料 A


資料名=ACS('06/03)


American Cancer Society のホームページ
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ

原資料アップデート時期=Feb.17, 2006

********************
当ファイルの目次ページへ

化学療法


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

以下のリンク先の記述をご参考にしてください。但し、システムの都合上、以下のことにご注意ください
◇本記事と完全にマッチした内容になっていない場合もあります。その場合は、適宜ご判断くださいますようお願いします。
◇リンク切れになっていましたら、ここからジャンプして、目次をお使いください。


化学療法の効果

一定のタイプの化学療法剤は、直接に殺す〔 *を |* = がん細胞 〕。   その他の化学療法剤は、活性を現わす〔 *により |* = がん細胞を放射線療法に、より感受性にすること 〕。   化学療法ではしばしば、使用する〔 *を |* =2 種類以上の薬 〕、【 *の理由で…|* = 一つの薬が増強することができる〔 *を |* = 他の薬の効果 〕 】。   放射線療法と同様に、化学療法はできる〔 *を |* = 腫瘍を縮小させること 〕。   肛門がんの場合、化学療法と放射線療法との併用は、治癒できる〔 *を |* = がん 〕〔 *なしに |* = 外科手術の必要 〕。

主な併用化学療法¨レジメン ※ ¨〔 ※←肛門がんの治療に使用される 〕は☆である〔 ☆=5-fluorouracil + mitomycin 、及び、5-fluorouracil + cisplatin 〕。


化学療法の副作用の全般


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

放射線療法


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

放射線療法は使用する〔 *を |* = 高エネルギーの放射線(又は、粒子線) 〕〔 *のために |* = がん細胞を破壊したり、成長を遅くさせる 〕。   時々、医者は放射線療法を実施する〔 *の目的で |* = 腫瘍を縮小させ、それが手術によって、より除去しやすくなるようにする 〕。

放射線療法は、実施される〔 *によって |* = いくつかの方法 〕。

外部線源放射線療法

最も高頻度の方法は※である【 ※=照射する〔 *を |* = 注意深く焦点をあてた放射線 〕〔 *から |* = 身体の外にある装置 〕 】。   これは知られている〔 *として |* = 外部線源放射線療法 〕。   ¨放射線療法 ※ ¨〔 ※←この方法によって実施された 〕は、ダメージを与えることがある〔 *に |* = 近くの正常な組織 〕〔 *と共に |* = がん細胞 〕。   一定の患者さんは、経験する〔 *を |* = 日焼けのような皮膚の変化 〕〔 *に |* = 放射線を受ける領域 〕。   一時的な肛門の刺激、及び、不快感が起きることもある〔 *の時に |* = 腸が動く 〕。   ¨副作用 ※ ¨〔 ※←放射線療法の 〕は、異なる〔 *により |* = 放射線療法を受ける身体の個所 〕。   その他の起こり得る副作用は含む〔 *を |* = 疲労感、吐き気、下痢 〕〔 *の時に |* = 肛門の領域が放射線照射を受けた 〕。   さらに、女性は持つ【 *を |* = より高い¨リスク ※ ¨〔 ※←骨盤や股関節の骨折 〕 】〔 *の時に |* = より高齢になった(放射線療法を受けてから何年もしてから) 〕。

放射線照射の領域は含むことがある〔 *を |* = 骨盤の一部 〕【 *のために |* = 治療する〔 **を |** = そけい部のリンパ節 〕 】、【 *だから…|* = 肛門がんはしばしば拡大する〔 **に |** = これらのリンパ節 〕 】。   医者たちは確信していない¨何を? ※ ¨〔 ※←このことが常に必要かどうか 〕、そして、(骨盤の一部への放射線照射をするかどうかの)決定は※による〔 ※=肛門がんのサイズ 〕。   ¨患者さん ※ ¨〔 ※←腫瘍が小さい 〕は必要としないことがある〔 *を |* = そけい部のリンパ節への放射線療法 〕、〔 *だから…|* = がんが拡大するリスクはより小さい 〕。   【 もし*なら…|*= 医者が考える〔 **と |** = がんがリンパ節に拡大している 〕〔 **だから…|** = リンパ節が腫大している 〕 】、医者は治療する〔 *を |* = リンパ節 〕〔 *により |* = 放射線療法、又は、手術 〕。

〔 *の目的で… |* = 副作用のリスクを低下させる 〕、医者は注意深く計算し〔 *を |* = 照射が必要な線量 〕、放射線の狙いを付ける〔(やりかた)|出来るだけ正確に 〕。   外部線源放射線療法では通常受ける〔 *を |* = 治療 〕〔(やりかた)| 1 週間に 5 日間で 6 週間程度 〕。

内部放射線療法、近接照射放射線療法、組織内放射線療法

もう一つの¨方法 (※のための)¨〔 ※=放射線をあてる 〕は、☆である〔 ☆=小さな粒(放射性の物質を含む)を腫瘍の中、又は、近くに設置する 〕。   当該の放射性の小粒(「種」)は放出する〔 *を |* = 放射線 〕〔 *の間に |* = 一定の期間 〕。   【 *であるが…|* = しばらくすると小粒は停止する〔 *を |* = 放射線を放出すること 〕 】、小粒はそのままにされる。 この方法は便利なことがある、【*だから…|* = 患者さんは必要としない〔 **を |** = 医者のところまで何度も旅行をすること 〕 】。   時々、¨両方 (※の)¨〔 ※=近接放射線療法と外部線源放射線療法 〕が併用される。

¨ダメージ (※への)¨〔 ※=肛門の組織 〕は原因となることがある〔 *の |* = 瘢痕組織の形成 〕。   この瘢痕組織が妨げることがある〔 *を |* = 肛門括約筋が正常に動作すること 〕。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

その他の治療法(ご紹介省略)


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ

外科手術については、概略ご紹介を省略します。 上記のリンクからジャンプして、原文をお読み下さい。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

ステージごとの治療選択肢


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

治療の¨タイプ ※ ¨〔 ※←治療チームが勧める 〕は、依存する〔 *に |* = がんのタイプ、及び、それがどの程度拡大しているか 〕。   このセクションでは、まとめる〔 *を |* = 実施可能な選択肢 〕〔 *のために |* = 肛門がんの治療 〕〔 *に従って |* = 病気のステージ 〕。   ¨治療 (※の)¨〔 ※=肛門メラノーマ 〕は別個に論じられる〔 *に於いて |* =American Cancer Society の文書「メラノーマ皮膚がん」 〕。   肛門の¨腫瘍 ※ ¨〔 ※←肛門周や肛門周囲の皮膚を浸潤している 〕は☆とみなされ〔 ☆=皮膚がん 〕、治療は同じではない〔 *と |* = 肛門管のがん 〕。

ステージ 0

【 *だから…|* = ステージ 0 のがんは、貫通しない〔 *へ |* = 肛門管の上皮の下 〕 】、このようながんは通常、完全に切除可能である〔 *により |* = 外科手術(局所切除) 〕。   この手術は※である〔 ※=選択肢の一つ 〕〔 もし*なら…|* = がんが肛門括約筋を巻き込んでいない 〕。

ステージ I 、II

局所切除が使用可能である【 *のために |* = 小サイズの¨腫瘍 ※ ¨の切除〔 ※←通常 1 センチメートル未満で肛門括約筋を巻き込んでいない 〕 】。

【 もし*なら…|* = がんが局所切除では切除できない〔 **なしに |** = 肛門括約筋に大きなダメージを与えること 〕 】、 治療は行われる〔 *により |* = 放射線療法と化学療法との併用 〕。   〔 *の場合でさえも…|* = がんが局所切除により切除可能である 〕、 多くの医者は勧める〔 *を |* = 追加の化学療法、及び、放射線療法 〕〔 *として |* = 用心 〕。   過去に於いては、標準的な治療は、¨根治的な外科手術 ※ ¨であった〔 ※←人工肛門が必要となる 〕。   今は、しかし、医者たちは見つけた¨何を? ※ ¨【 ※←化学療法、及び、外部線源放射線療法の併用が同等に有効で、避けることができる〔 *を |* = 人工肛門の必要性 〕 】。

放射線療法と化学療法との併用は※であると示されている〔 ※=放射線療法単独よりも優れる 〕。   放射線療法と化学療法とは実施される〔(やりかた)|同時に 〕。   化学療法は通常、構成される〔 *により|* =5-fluorouracil と、mitomycin C、又は、cisplatin のいずれかの併用 〕。   左記の mitomycin 、又は、cisplatin は、投与される〔 *として |* = 短時間での静脈注射 〕〔(投与時期)|放射線療法の開始時、及び、その終了近く(およそ 4〜 6 週間後) 〕。   5-fluorouracil のほうは投与される〔 *として |* =4〜 5 日間の長時間の静脈点滴 〕〔(投与時期)| 4〜 6 週間で繰り返し 〕。

〔 もし*なら…|* = がんが完全に消失していない 〕、 外科手術が必要となることがある〔 *のために |* = 残存しているがんの除去 〕。   しかし、※を知っておくのが重要である【 ※=☆には数ヶ月間が必要である〔 ☆=がんが完全に消失する(化学療法 + 放射線療法によって) 〕 】。

ステージ III A

〔 *に於いて… |* = 大部分のケース 〕、最初の治療選択は※である〔 ※=放射線療法と化学療法との併用 〕〔 *と同様に |* = ステージ I やステージ II 〕。

時々、¨一部 (※の)¨〔 ※=腫瘍 〕が残存する〔 *にもかかわらず |* = 化学療法や放射線療法の実施 〕。   このような場合、追加の治療が実施されることがある。 一定のケースでは、手術(局所切除、又は、より広範な手術)が実施されることがある。 【 もし*なら…|* = がんが拡大している〔 *に |* = 局所リンパ節 〕 】、これらの拡大しているがんは除去されることがある〔 *により |* = 手術、又は、放射線療法 〕。

ステージ III B

回復は可能である〔 *に於いて|* = ステージ III B の病気 〕が、回復は※である〔 ※=より達成困難 〕。   最も通常の¨アプローチ (※の)¨〔 ※=治療 〕は☆である【 ☆=¨放射線療法 + 化学療法 ※ ¨〔 ※←腫瘍を縮小させるための 〕と、それに続く¨外科手術 ☆ ¨〔 ☆←全ての残存するがんを除去するための 〕 】。   外科的な¨切除 (※の)¨〔 ※=がんを含むリンパ節 〕は、実施されることがある〔 *の間に |* = この手術 〕 or 〔 *として |* = 後日、別途の手術 〕。

¨患者さん ※ ¨〔 ※←ステージ III B の肛門がんの 〕は、利益を得ることがある〔 *により |* = 臨床試験への参加 〕。

ステージ IV

〔 *に於いては… |* = このレベルのような進行したステージの病気 〕、治療は目的とする〔 *を |* = 病気のコントロールと症状の除去 〕。   この目的のため、医者は勧めることがある〔 *を |* = 手術、放射線療法、化学療法、又は、これらの方法の併用〕。   ¨患者さん ※ ¨〔 ※←このステージの肛門がんの 〕も、考慮しても良いかも知れない〔 *を |* = 臨床試験への参加 〕。

再発性の肛門がん

肛門にがんが再発した場合、実施可能な治療選択は依存する〔 *に |* = どのような治療を最初に受けたか 〕。   例えば、〔 もし*なら…|* = 患者さんが最初に外科手術を受けていた 〕、患者さんは受けることがある〔 *を |* = 放射線療法、及び、化学療法 〕。   〔 もし*なら…|* = 最初に放射線療法を受けていた 〕、患者さんは必要とすることがある〔 *を |* = 外科手術 〕。   この場合も、臨床試験は※であることがある〔 ※=価値がある 〕【 *のために |* = ¨患者さん (※の)¨〔 ※=再発性の肛門がん 〕 】。

一定の患者さんでは、がんは再発する〔 *に於いて |* = 身体の遠い個所 〕。   最も高頻度の個所は肝臓である。 もう一つの高頻度の個所は肺である。 主要な¨治療 (※のための)¨〔 ※=このような再発 〕は、化学療法である、〔 *であるが…|* = 稀にはがんの外科的な切除が可能なことがある 〕。   典型的な¨化学療法剤 ※ ¨〔 ※←このケースで使用される 〕は、※であろう〔 ※=5-fluorouracil、及び、cisplatin 〕。   化学療法は※ではないかも知れない〔 ※=治癒的 〕が、〔 *に於いては… |* = このケース 〕、助けることがある〔 *を |* = この病気からの全ての症状の軽減 〕。

HIV陽性の患者さんの場合

大部分の場合、同一の治療が実施可能である【 *のために |* = ¨患者さん ※ ¨〔 ※← HIV 感染のある 〕 】し、そのような患者さんは持つことができる〔 *を |* = 良好な治療結果 〕。   問題が生じることがある【 *に於いて |* = ¨患者さん ※ ¨〔 ※← HIV 感染を持ち、病気も進行ステージにある 〕 】。   この場合、通常、必要とする〔 *を |* = 治療強度の低減 〕。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

治療の新しい動向


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

〔 *に於いて… |* = 過去数年間 〕、例えば、¨証拠 ※ ¨が増えてきている〔 ※←放射線療法と化学療法との併用の利益を示す 〕。   この併用治療は、低下させた〔 *を |* = 外科手術の数や恒久的な人工肛門設置の必要性 〕。

新しい治療併用法が研究されつつある。 例えば、¨臨床試験 ※ ¨〔 ※← 5-fluorouracil + mitomycin と 5-fluorouracil + cisplatin とを比較する 〕は、結論するかも知れない〔 *を |* =cisplatin のほうがmitomycin よりも有効であること 〕。

新しい¨放射線増強薬 ※ ¨〔 ※=放射線療法の効果を増強させる薬 〕は開発されつつある〔 *のために |* = 併用集学的治療での使用 〕〔 *に於いて |* = 化学療法 + 放射線療法の臨床試験( 複数 ) 〕。   これらの研究は提供する〔 *を |* = 新しい希望 〕〔 *のために |* = 患者さんが、これらの治療から利益を得、受け入れ可能な毒性を持つこと 〕。

医者たちはより多く学びつつある【 *のための方法を |* = 外部線源放射線療法をより正確・効果的に実施し、減少させる〔 **を |** = 正常組織への影響 〕 】。   他の研究は実施されつつある【 *のために|* = 知る〔 **を |** = 潜在的な¨利益 (※の)¨〈 ※=外部線源放射線療法と内部(埋め込み)放射線療法の両方を実施すること 〉 〕 】。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ