目次《ジャンプ先で項目タイトルをクリックすれば、この目次に戻れます》


→トップページへ戻る


お手数ですが、もう一度下記のリンクをクリックしてください:

情報データベース(消化管系)のトップページへ






《この資料の目次に戻るためには、上記の標題行をクリックしてください》

最新情報、アドバイス、当ファイル作成上の原則



最新情報のご案内


このファイルには、部位別に米国での現在の標準的な治療法に関する情報(の在処)を記述しています。最新情報は、関連の部位別情報データベース(このファイルの「トップページへ戻る」のリンクからジャンプ)の「治療ニュース、論文、総説」のところをご覧ください。

上記の項目には、欧米の約 50 の専門雑誌、学会報告、ニュース、などのサイトの最新号に於けるがんの治療に関する情報の在処を、可能なかぎり包括的にご紹介しています。決して、極々少数の記事だけを載せているようなものではありません。患者さんや家族さんのご参考にしていただけるものと思います。



《この資料の目次に戻るためには、上記の標題行をクリックしてください》

アドバイス


治療を医者に決してお任せにならないことをお勧めします。このファイル(もし不十分でしたら、本やインターネットの他の資料)を勉強することで自ら状況を把握され、医者と対等に議論する姿勢を忘れないようにしてください。



《この資料の目次に戻るためには、上記の標題行をクリックしてください》

当ファイル作成上の原則


複数の資料を参考にしてこのファイルを作成していきますが、各参考資料の内容を無理にまとめることはせず、原則として参考資料ごとに全て併記しておきます。重複したり、場合によっては資料間で矛盾しているように思われる場合があるかも知れませんが、データを残すことを重視しました。



《この資料の目次に戻るためには、上記の標題行をクリックしてください》

疾患名 =_膨大部`がん_( Ampullary Carcinoma )、Vater膨大部 がん 《Carcinoma of the Ampulla of Vater》


資料 A2=Vater 膨大部 がん の_治療_《eMedicine資料》(資料ご紹介の作成年月='11/3)


資料名=eMedicine


このコーナーでは、上記の資料の内容の概略をご紹介しています。各ページには、当該ページに対応する原資料サイトのページへのリンクを設定してありますが、原資料サイト での ページ構成変更により、リンク切れとなっております場合は、本家サイトの

リンク集のページ

の、「情報の存在を ご紹介しているサイト」の項目に 当該原資料サイトへのリンクを収載しておりますので、そこからジャンプしてください。《当該原資料サイトには、当サイトでご紹介している以外にも豊富な情報が記載されておりますので、原資料サイトをご覧になることを強くお勧めします》

尚、このコーナーでご紹介しております原資料の日付は下記の通りです :

原資料更新時期=Aug 17, 2010 

本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

背景


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

がん {☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_ファーテル膨大部_】〓〓_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉稀な_悪性__腫瘍_{ ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=生じる--【・*以内に |*←_総胆管_の_遠位`端_から 2cm 】┏┓。

…(中略:解剖学的な説明)…

ファーテル膨大部がん は ¨ ∬ ¨(する)傾向が強い 【 ∬=_早期_に_症状発現_する--【・*により |*←胆汁`排出 の 閉塞】、--【・*とは反対に |*←_膵臓_新生物《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =しばしば¨※¨である 【・※←_進行期__--〔・*の時点で |*←_診断_ 】┏┓。

_外科的__切除_{☆による}¨ ⌒〔 ☆←_治癒的_意図】〓〓_は ¨※¨である 【・※←〈その〉唯一の_選択肢_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_長期的__生存_ 】┏┓。    _外科的_、 _内視鏡`的_、又は、 _放射線_的 胆汁_減圧`術_解消{☆の}¨ ⌒〔 ☆←胃 排出 閉塞】十分な痛みコントロール 】】 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=改善する_【・*を |*←〈その〉_生活の質_】〓〓、しかし、それら は ¨ ∬ ¨しない 【 ∬=影響する (の否定)--【・*に |*←_全体的`生存率_ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、本資料の「資料名」のページ、又は、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )Aug 17, 2010
「英文原題」=Background

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

内科的ケア


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_肝臓`転移_、 _漿膜`インプラント_《複数》、 _腹水_、 _リンパ節_巻き込み{☆の外の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_切除_領域】、及び、大血管 浸潤 の全て_が ¨※¨である 【・※←禁忌《複数》{☆への}¨ ⌒〔 ☆←_外科的__切除_ 】┏┓。    _治療__選択肢_《複数》{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_進行期_、又は、_非−切除可能的__ステージ_《複数》】〓〓 が 以下で ディスカスされる┏┓。    〈その〉¨役割{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_補助療法_】〓〓 は 引き続き¨※¨である 【※←_論争的_ 】┏┓。

Willett 達 は 報告した_【・*を |*←彼らの経験{☆による}¨ ⌒〔 ☆←_補助__放射線`療法_《 40 〜 50 Gy 》{☆が 有り、又は、無し での}{★のための}¨ ⌒〔 ☆←_同時`実施_5-fluorouracil《 _放射線`増感剤_として 》⌒〔 ★←_高リスク__腫瘍_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉ファーテル膨大部 】┏┓。    --【・*と比較して… |*←_外科手術_だけの場合】〓〓、〈その〉_放射線`療法__グループ_ は _示した_【・*を |*←〈一つの〉傾向{☆への}¨ ⌒〔 ☆← より良好な_局所`領域`的_コントロール】__ : __ところが、 〔何も無い( no )_生存`利益_ 〕 が 見られた(の否定) ┏┓。

Bhatia 達 は 公刊した_【・*を |*←〈その〉 Mayo Clinic での 経験{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆← 2006 】〓〓、そして、結論した【・『 』ということを… |『 5-fluorouracil /_放射線`療法_《 _中央値で 50。4 Gy を 28 分割 》 が 改善した_【・*を |*←_全体的`生存_《 3。4 年間1。6 年間( _外科手術_だけの場合 ) 》 --【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒【 ☆←_リンパ節_の 巻き込み】〓〓、しかし、必ずしもそうではなかった--【・*に於いては |*← ¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒【 ☆←_局所`進行期__腫瘍_《複数》 』 】┏┓。

Barton and Copeland は 報告した--【・*について |*←〈その〉 M.D. Anderson Cancer Center での経験{ ∬ (する)ことの}¨ ⌒〔 ∬=使用する_【・*を |*←_術後__化学療法_--【・*のために |*←ファーテル膨大部がん 】┏┓。    〔何も無い( no )_併用_ 〕{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_薬_《複数》】〓〓 が _伸長_した(の否定)_【・*を |*←_生存期間_ 】┏┓。    Krishnan 達 は アップデートした_【・*を |*← M.D. Anderson での 経験--【・*に(時) |*← 2008 年 】┏┓。    このシリーズ は 示唆した--【・*を |*←〈一つの〉_全体的`生存__利益_--【・*により |*←¨¨_補助療法_5-fluorouracil、又は、capecitabine {☆の後の}¨ ⌒〔 ☆←_膵`十二指腸`切除_】、--【『 』であるが…|『彼ら の _研究_ は 不十分な パワーであった--【・*により |*← 54 名の患者さん《複数》--【 ∬ (する)ことのためには | ∬=達する--【・*に |*←_統計的 有意性 】 』】┏┓。    この_グループ_ は 、また、示唆した【・『 』ということを… |『_局所`進行期__腫瘍__ステージ_《複数》( T3/T4 ) は ¨ ∬ ¨(する)と考えられる 【 ∬=価値づける_【・*を |*←〈その〉¨追加{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_補助`化学療法_ 』】〓〓、--【『 』であることから…|『これ_は ¨※¨であった 【・※←〈一つの〉独立した 劣った_予後_指標 』】┏┓。
◆◆◆◆◆編集メモ:ここまで一旦投稿済み◆◆◆◆◆--

Kim 達 は 報告した_【・*を |*←彼らのシリーズ{☆の}¨ ⌒〔 ☆← 118 名の患者さん《複数》《 これらの_患者さん_のうちの 41 名 は 受けた_【・*を |*←_補助__化学`放射線`療法_{☆による}¨ ⌒〔 ☆← 5-fluorouracil + 最大_放射線_総_用量_40 Gy 》 】┏┓。    彼らの_結果《複数》_ は 明らかにした_【・*を |*←_改善_された_局所`領域`的__再発無し`生存_、及び、おそらく_全体的`生存__利益_も】、--【『 』であるが…|『_統計的_有意性 は 達成されなかった 』】┏┓。

〈一件の〉_フェーズ_2__研究_{ ∬ ((を)した)}¨ ⌒〔 ∬=評価した_【・*を |*← capecitabine / oxaliplatin《 CAPOX_レジメン_ 》--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒【 ☆←_進行期__腺がん_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉小腸、又は、_ファーテル膨大部_ 】〓〓 は 報告した_【・*を |*←_改善_された_全体的`生存_--【・*と比較して |*←_その他の_報告された_レジメン_《複数》《 20。4 ヶ月間15。5 ヶ月間--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒【 ☆←_転移_ 》 】┏┓。    〈その〉_原発_箇所_は ¨※¨であった 【・※←〈その〉_ファーテル膨大部_--【・*に於いて |*← 30 名の患者さん《複数》のうち、12 名 】┏┓。

Yeung 達 は 使用した_【・*を |*←_術前補助`化学`放射線`療法_--【・*に於いて |*← 4 名の患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←十二指腸/_ファーテル膨大部_ がん 《複数》 】┏┓。    〔何も無い( no )残存_腫瘍_ 〕 が 見出された(の否定)--【・*に於いて |*←_膵`十二指腸`切除_ 標本《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←これらの 4 名の患者さん《複数》 】┏┓。

gemcitabine は _示して在る_【・*を |*←_有望性--【・*に於いて |*←ケース《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←胆管 がん 】┏┓。    これらの_結果《複数》_ は ¨ ∬ ¨(される)ことの可能性がある 【 ∬=補外される--【 ∬ (する)ように | ∬=含める_【・*を |*← gemcitabine《 単独、又は、_化学療法_レジメン_《複数》との_併用_で 》 】--【・特に*に於いて |*←ケース《複数》{そこで ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =〈一つの〉_ファーテル膨大部_周辺_原発__が ¨※¨である 【・※←特徴付け困難】|-しかし-|■_持つ_【・*を |*←膵胆管`性の 特徴《複数》 】┏┓。


「次回開始時の検索語句 :Kim and colleagues」

(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、本資料の「資料名」のページ、又は、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Medical Care

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

外科的ケア《紹介`省略》


《内容イメージの ご紹介は省略します(原文をお読みください)》

資料 A=_膨大部`がん_の_治療_《eMedicine資料》(資料ご紹介の作成年月=09/5)


資料名=eMedicine


このコーナーでは、上記の資料の内容の概略をご紹介しています。各ページには、当該ページに対応する原資料サイトのページへのリンクを設定してありますが、原資料サイト での ページ構成変更により、リンク切れとなっております場合は、本家サイトの

リンク集のページ

の、「情報の存在を ご紹介しているサイト」の項目に 当該原資料サイトへのリンクを収載しておりますので、そこからジャンプしてください。《当該原資料サイトには、当サイトでご紹介している以外にも豊富な情報が記載されておりますので、原資料サイトをご覧になることを強くお勧めします》

尚、このコーナーでご紹介しております原資料の日付は下記の通りです :

原資料更新時期=Jul 18, 2006 

本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

外科的_ケア


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
*****blg↓********************

〈その〉_標準的__外科的_アプローチ_は ¨※¨である 【・※←_膵`十二指腸`切除_《 Whipple 手順》 】┏┓。    〈その〉手順 は 含む_【・*を |*←_一塊`切除_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉胃`幽門洞 、及び、 十二指腸〈一つの〉セグメント{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉最初の部分{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉空腸】胆嚢遠位`総胆管¨¨頭部 、及び、 しばしば頸部{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_膵臓_】隣接する 領域_リンパ節_《複数》 】┏┓。

_結果《複数》_{☆の後の}¨ ⌒〔 ☆←_根治的__切除_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←Vater_膨大部`がん_】━━ は 改善してきて在る┏┓。    --【・*の間に… |*←_最近_10年間】━━、5年後__生存率_《複数》 は ¨※¨の範囲である【・※←20〜61%《 平均35%超 》 】┏┓。    〈その〉報告された_死亡率_{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←この手術】━━ は 減少しつつある 】┏┓。

《 ここには、Table 2 として、世界のいくつかの_治療_センター《複数》 での _治療_成績 一覧表が表示されています : 原文をお読みください 》

- _切除_可能率 -


(原文をお読みください)

- _局所__切除_ -


--【・*の理由から… |*←〈その〉_死亡率_ 、及び、 _病的状態_{☆に伴う}¨ ⌒〔 ☆←_膵`十二指腸`切除_】━━、医者《複数》 は 興味を持って在る_【・*に |*← ∬ すること | ∬=実施する_【・*を |*←_局所__切除_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉 Vater_膨大部`がん_ --【 ∬ (する)ことのために | ∬=避ける_【・*を |*←〈一つの〉大規模な_切除_ 】┏┓。

経`十二指腸`_切除_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_膨大部`がん_《複数》】━━ が 提案されて在る--【・*として |*←〈一つの〉中間的な_選択肢_{☆の間の}¨ ⌒〔 ☆←_根治的__切除_、と、¨¨_緩和的_バイパス{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←高リスク の _患者さん《複数》_ 】┏┓。    いくらかの医者《複数》 は 主張して在る_【・『 』ということを… |『このアプローチ_は ¨※¨である 【・※← よりシンプル、  より_忍容性`良好_】━━、そして、¨ ∬ ¨(する)と考えられる 【 ∬=提供する_【・*を |*←〈一つの〉比肩可能的な治癒率《 _死亡率_8 〜 13%、 5 年後__生存率_0 〜 43% 》 】┏┓。    このアプローチ は _一般的には 留保されて在る--【・*のために |*←¨¨「劣った」_手術`可能的_候補者《複数》《 例えば、_年配__患者さん《複数》_、 _併存疾患_を有する_患者さん《複数》_ 》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←有利的な _腫瘍_《複数》《 _一般的に 2cm 未満、 ポリープ状_腫瘍_ 》 】┏┓。    残念ながら、 このアプローチ は _劣化させる__【・*を |*←_局所_コントロール 】┏┓。    〈その〉_局所__治療`挫折_率{☆のための}¨ ⌒〔 ☆← 18 ケース《複数》{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=集められた--【・*から |*←〈その〉最近の文献 】━━_は ¨※¨であった 【・※← 50% 】┏┓。    〈一人の〉_患者さん_ は 必要とした_【・*を |*← 3 回の繰り返し_切除_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_局所__再発_ 】┏┓。

- _予後`因子_《複数》 -


(原文をお読みください)

- _治療`挫折_のパターン《複数》 -


(原文をお読みください)


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Surgical Care

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

補助療法


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
*****blg↓********************

--【・『 』の理由で…|『_局所_的 、及び、 _全身的な _治療`挫折_《複数》 が 引き続き¨※¨である 【※←問題的 』】━━、医者《複数》 は 引き続き 興味を持っている--【 ∬ (する)ことに | ∬=提供する_【・*を |*←_補助療法_ 】┏┓。    〈その〉比較的に 稀なこと{☆の}¨ ⌒〔 ☆←この_病気_】━━ が 限定している_【・*を |*←この分野 での _研究_ 】┏┓。

Willett 等 は サマリーした_【・*を |*←彼らの経験{☆による}¨ ⌒〔 ☆←_補助__放射線`療法_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←高リスクの_ファーテル`膨大部__腫瘍_《複数》《 _膵臓_への浸潤、 _低_分化 組織`特徴、 _リンパ節_巻き込み、 _切除_マージン陽性、etc. 》 】┏┓。    12 名の患者さん《複数》 が 受けた_【・*を |*←_補助__放射線`療法_《 40 〜 50。7 Gy 》{☆への}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_腫瘍_床】━━、そして、いくらかの_患者さん《複数》_ は 受けた_【・*を |*←_同時`実施の_5-fluorouracil {☆としての}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉_放射線`感受化`_薬_ 】┏┓。    この _グループ_ が 比較された--【・*と |*← 17 名の¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==受けた_【・*を |*←_外科的__切除_だけ 】┏┓。    --【・『 』の場合…|『これらの 2_グループ_《複数》 が 比較された 』】━━、〈その〉傾向 は ¨※¨であった 【・※← より良好な_局所`領域`的_コントロール】━━、しかし、¨¨〔何も無い( no )_利益_ 〕{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_生存_】━━ が 観察された(の否定)┏┓。    遠隔_転移_{☆への}¨ ⌒〔 ☆←_肝臓_、 _腹膜_、 _胸膜】━━_が ¨※¨であった 【・※←〈その〉主要な_治療`挫折_パターン{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←この_グループ_の_患者さん《複数》_ 】┏┓。

Barton and Copeland は 報告した--【・*について |*←〈その〉 M.D. Anderson Cancer Center の経験{ ∬ (する)ことの}¨ ⌒〔 ∬=使用する_【・*を |*←_術後__化学療法_--【・*のために |*←_ファーテル膨大部_ がん 】┏┓。    17 名の患者さん《複数》 が 受けた_【・*を |*←さまざまな_化学療法__レジメン_《複数》《 5-fluorouracil が _併用_された--【・*と |*← doxorubicin、 carmustine、 vincristine、 methyl-lomustine 、又は、 mitomycin-C 》 】┏┓。    --【・『 』であるが…|『〔何も無い( no )_分析_ 〕━━ が 提示された(の否定)】━━、〈その〉著者《複数》 は 結論した【・『 』と… |『〔何も無い( no )_併用__レジメン_ 〕 が ¨ ∬ ¨(する)ようであった 【 ∬=伸長する(の否定)_【・*を |*←_生存期間_ 』 】┏┓。

Sikora 等 は 提示した_【・*を |*←彼らの経験{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉病院{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←インド--【・*に於いて |*←〈一件の〉_最近_の_後ろ向き`方式_ での _レビュー_ 】┏┓。    ¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==受けた_【・*を |*←〈一つの〉_膵`十二指腸`切除_--【・*と共に |*←_補助`化学療法_ 、及び、 _放射線`療法_ 】━━ は ¨ ∬ ¨しなかった 【 ∬= より うまくいく (の否定)--【・*と比較して |*←〈その〉_グループ_{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=_治療_された --【・*により |*←_外科手術_だけ】┏┓。

--【・*に於いて… |*←〈一件の〉_後ろ向き`方式_ での _レビュー_】━━、Chan  は 報告した【・『 』ということを… |『 13 名の患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==受けた_【・*を |*←_補助`化学療法_《 主として 5-fluorouracil、 mitomycin C 、及び、 doxorubicin を含むもの 》 】━━_は 持った_【・*を |*←〈一つの〉_有意_に より良好な_生存_--【・*よりも |*← 16 名の¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==受けた_【・*を |*←_切除_だけ 】 』 】┏┓。

Yeung 等 は 使用した_【・*を |*←_術前補助`化学_放射線`療法_--【・*のために |*← 20 名の¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←推定 がん {☆の}¨ ⌒〔 ☆←_膵臓_頭部、--【・*を含めて |*← 4 名の¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←十二指腸/膨大部 がん 《複数》 】┏┓。    興味深いことに、〔何も無い( no )残存_腫瘍_ 〕━━ が 見出された(の否定)--【・*の中に |*←_膵`十二指腸`切除_の 検体《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉 4 名の¨患者さん《複数》{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=考えられた_【 ∬ (する)と | ∬=持っていた_【・*を |*←膨大部/十二指腸 がん 《複数》 】┏┓。

_補助`化学療法_ + _放射線`療法_《 _化学`放射線`療法_ 》━━ は もたらして在る_【・*を |*←若干の_利益_《複数》--【・*に於いて |*←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_膵臓がん_ 】┏┓。    〈その〉 Gastrointestinal Tumor Study Group (GITSG)  は _ランダムに振り分けた#←_【・*を |*←_患者さん《複数》_--【・*の後に |*←_切除_{☆の}{★を有する}¨ ⌒〔 ☆←_膵臓がん_⌒〔 ★←_陰性_の手術マージン《複数》--←#【・*へ |*←_補助`_化学`放射線`療法_ 、又は、 経過観察 】┏┓。    〈その〉_化学`放射線`療法__グループ_ は 改善した_【・*を |*←〈その〉_中央値での__生存期間_《 11 〜 21 ヶ月間 》】━━、そして、2 倍超にした_【・*を |*←〈その〉 2 年後_ 、及び、 5 年後__生存率_《複数》《 18%43%《 2 年後_ 》 、及び、 8%18%《 5 年後_ 》 》 】┏┓。    〈その〉 GITSG  は 、また、示した_【・『 』ということを… |『_化学`放射線`療法_ は 改善した_【・*を |*←_中央値での_ 、及び、 _全体的_な_生存期間_--【・*と比較して |*←_放射線`療法_だけ 』 】┏┓。    加えるに、 より_高用量_の_放射線`療法_《 60 Gy 》 + 5-fluorouracil__ は ¨ ∬ ¨(する)と考えられた 【 ∬=もたらす_【・*を |*←改善された_生存_--【・*と比較して |*←_低用量_の_化学`放射線`療法_《 40 Gy + 5-fluorouracil 》 】┏┓。    〈その〉 GITSG  は _更に 示した_【・*を |*←〈その〉優秀性{☆の}{★と比較しての}¨ ⌒〔 ☆←_化学`放射線`療法_⌒〔 ★←_化学療法_だけ--【・*のために |*←_非−切除可能的__膵臓がん_】、--【・*を伴って |*←〈一つの〉 2 倍超の改善{☆に於ける}{★による}¨ ⌒〔 ☆← 1 年後__生存率_《 19%41% 》⌒〔 ★←_化学`放射線`療法_ 】┏┓。

--【・*に於いて… |*← Stanford 大学】━━、医者《複数》 は 採用して在る_【・*を |*←〈一つの〉同様な_治療__戦略_--【・*のために |*←_膨大部`周囲`がん_《複数》 】┏┓。    全ての¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_膨大部`がん_】━━ は ディスカスされ、詳細に_レビュー_される--【・*により |*←〈一つの〉_集学的_チーム{☆を含む}¨ ⌒〔 ☆←外科_腫瘍_医《複数》、_内科_腫瘍_医《複数》、_放射線__腫瘍_医《複数》、〈一人の〉_病理医、〈一人の〉胃腸科医 、及び、 〈一人の〉_放射線_医 】┏┓。    全ての_切除_された_腫瘍_ は _レビュー_される┏┓。    ¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_腫瘍_{☆を伴う}¨ ⌒〔 ☆←劣った_予後`因子_《複数》《 例えば、巻き込まれた_外科的_マージン、 _リンパ節《複数》、_膵臓_浸潤、神経周囲`_浸潤、 劣った_組織学的__グレード_ 》__ は 登録される--【・*に |*←〈一つの〉単一_グループ__研究_プロトコル--【 ∬ (する)ことのために | ∬=受ける_【・*を |*←_補助__放射線`療法_ 、及び、 _同時`実施の_延長 静脈点滴 での 5-fluorouracil--【・*の間 |*←〈その〉_治療_コース全体 】┏┓。

相当な_最近_の_進歩《複数》 が 為されて在る--【・*に於いて |*←_治療_計画 、及び、 実施{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨¨__補助療法_として 、及び、 _根治的な__放射線`療法_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_膵臓がん_ 】┏┓。    ¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_ファーテル膨大部_ がん 】━━ も 、また、¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=_利益_を得る--【・*から |*←これらの技術《複数》 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Adjuvant therapy

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

標準ケア


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
******************************

_ステージ_決め{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_膨大部`がん_】━━_は ¨※¨である 【・※←_極`重要的__(・*に |*←_治療_ 】┏┓。    --【・『 』であるが…|『膨大部`_ポリープ切除術《ポリペクトミー》_ 、及び、 _膨大部`切除術_ は 実施されて在る--【・成功的に--【・*に於いて |*←いくらかの¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←膨大部 がん 』】━━、留保しておくこと_【・*を |*←この_治療_法--【・*のために |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==_全体的__活動ステータス_ が させる--【・*を § に ||*←リスク《複数》{☆に伴う}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉正式な_膵`十二指腸`切除_】| § ←過度 】┏┓。

_最近_、_上皮内がん_ が _診断_されて在る--【・次第に高頻度に 】┏┓。    それ は 伴って在る_【・*を |*←ポリープ状の成長】━━、そして、それ は _治療_される--【・*により |*←_内視鏡下の__ポリープ切除術《ポリペクトミー》 】┏┓。    このような場合、_切除_すること_【・*を |*←〈その〉ポリープ全体】━━、そして、注意深く 調べること_【・*を |*←〈その〉¨¨底部{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉ポリープ--【 ∬ (する)ことのために | ∬=確かめる_【・『 』ということを… |『〔何も無い( no ) がん  が 存在している(の否定)--【・*に |*←〈その〉マージン部 〕 』 】┏┓。    --【・*の場合… |*←〈一つの〉不完全な_切除_】━━、〈一つの〉直ちの_膵`十二指腸`切除_ が ¨※¨である 【・※←必須的 】┏┓。    ¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==受ける_【・*を |*←_ポリープ切除術《ポリペクトミー》_ 】━━ は わずかに¨ ∬ ¨(される)べきである 【 ∬=モニターされる--【・内視鏡的に--【・毎年--【 ∬ (する)ことのために | ∬=防衛する--【・*に対して |*←_再発_ 】┏┓。

_膵`十二指腸`切除__が ¨※¨である 【・※←選択される_治療_手順_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_切除`可能的な__病気_】━━、しかし、_局所__再発_ は やっかいにさせる_【・*を |*←全ての_外科的_シリーズ】、--【・特に『 』の場合…|『〈その〉_膵臓_ が 浸潤されて在る 、又は、 _リンパ節__転移_《複数》 が 発見される 』】┏┓。    実際の所、[『 』(→右記)であるか否か… |『 大規模な_切除_ が インパクトを与える_【・*に |*←_生存_--【・*の場合に |*←_リンパ節_《複数》への_病気_拡大 』(か否か)]━━ は 引き続き¨※¨である 【※←不明確 】┏┓。    _術後_照射{☆の}{★を伴う}¨ ⌒〔 ☆←少なくとも 45 Gy ⌒〔 ★←_放射線`感受性_薬_としての 5-fluorouracil 】━━_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉妥当的な_治療_】━━、そして、それ は 低下させる_【・*を |*←_局所__再発_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_膵臓がん_ 】┏┓。

--【・*のためには… |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_非−切除可能的_な_病気_】━━、¨¨内視鏡的`ステント設置{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=達成する_【・*を |*←胆管`減圧 】━━_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉適切な _緩和的__治療_手順_ 】┏┓。    〔何も無い( no )_更なる_確立した 回答 〕━━ が 存在している(の否定)--【・*に関して |*←問題{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_更なる__治療_ 】┏┓。    非常に わずかのことしか 公刊されて在らない--【・*に関して |*←_補助療法_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_局所`進行期_ 、及び、 _進行期_の_膨大部`がん_ 】┏┓。     ∬ すること | ∬=限定する_【・*を |*←アプローチ--【・*に |*←_症状_の解消 ━━_は ¨※¨である 【・※←妥当的 】┏┓。

--【・*を考慮すれば… |*←少なさ{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_効果的_な_標準的__治療__選択肢_《複数》】━━、促すこと--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←_患者さん《複数》_| ∬=登録する_【・*に |*←_臨床試験《複数》_ 】┏┓。    _放射線`療法_、_化学療法_ 、及び、 _化学`放射線`療法_ が 試みられて在る━━、しかし、_奏効率_《複数》_は ¨※¨である 【・※←おそらく_低_い】━━、そして、¨¨効果{☆への}¨ ⌒〔 ☆←_生存_】━━_は ¨※¨である 【・※←疑問的 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Standard of care

******************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他