目次《ジャンプ先で項目タイトルをクリックすれば、この目次に戻れます》


→トップページへ戻る


{* 《内容は以下のような記述であるが、具体的には、ClipNote2の「各情報データベーストップページへ」の中の対応するテンプレートを貼り付けること》 *}

お手数ですが、もう一度下記のリンクをクリックしてください:

肺情報データベースのトップページへ






《この資料の目次に戻るためには、上記の標題行をクリックしてください》

最新情報、アドバイス、当ファイル作成上の原則



最新情報のご案内


このファイルには、部位別に米国での現在の標準的な治療法に関する情報(の在処)を記述しています。最新情報は、関連の部位別情報データベース(このファイルの「トップページへ戻る」のリンクからジャンプ)の「治療ニュース、論文、総説」のところをご覧ください。

上記の項目には、欧米の約 50 の専門雑誌、学会報告、ニュース、などのサイトの最新号に於けるがんの治療に関する情報の在処を、可能なかぎり包括的にご紹介しています。決して、極々少数の記事だけを載せているようなものではありません。患者さんや家族さんのご参考にしていただけるものと思います。

********************
当ファイルの目次ページへ

アドバイス


治療を医者に決してお任せにならないことをお勧めします。このファイル(もし不十分でしたら、本やインターネットの他の資料)を勉強することで自ら状況を把握され、医者と対等に議論する姿勢を忘れないようにしてください。


********************
当ファイルの目次ページへ

当ファイル作成上の原則


複数の資料を参考にしてこのファイルを作成していきますが、各参考資料の内容を無理にまとめることはせず、原則として参考資料ごとに全て併記しておきます。重複したり、場合によっては資料間で矛盾しているように思われる場合があるかも知れませんが、データを残すことを重視しました。

********************
当ファイルの目次ページへ

疾患名 =多発性骨髄腫( Multiple myeloma )


資料 B=多発性`骨髄腫_の_治療、及び、薬物`療法(資料ご紹介の作成年月=09/4)


資料名=eMedicine


このコーナーでは、上記の資料の内容の概略をご紹介しています。各ページには、当該ページに対応する原資料サイトのページへのリンクを設定してありますが、原資料サイト での ページ構成変更により、リンク切れとなっております場合は、本家サイトの

リンク集のページ

の、「情報の存在を ご紹介しているサイト」の項目に 当該原資料サイトへのリンクを収載しておりますので、そこからジャンプしてください。《当該原資料サイトには、当サイトでご紹介している以外にも豊富な情報が記載されておりますので、原資料サイトをご覧になることを強くお勧めします》

尚、このコーナーでご紹介しております原資料の日付は下記の通りです :

原資料更新時期=Oct 17, 2008 

本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_治療_


内科ケア


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
*****blg↓********************

医者《複数》 は ¨ ∬ ¨(する)べきである 【 ∬=理解する--【・*を |*←※の両方 |※←■_〈その〉自然歴{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_多発性`骨髄腫_】|-及び-|■_限界{☆の}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_現行の__治療_ ⌒〔 ★←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←この病気 】┏┓。

〈一件の〉重要な_研究_{☆による}¨ ⌒〔 ☆← Dimopoulos and associates 】━━ は 評価した--【・*を |*←¨リスク{☆の}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_病気の進行_⌒〔 ★←_無症状性の_¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_多発性`骨髄腫_ 】┏┓。    この_研究_ は 評価した--【・*を |*← 638 名の_順次的な_未_治療_の¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_多発性`骨髄腫_ 】┏┓。    --【・*の内… |*←これらの_患者さん《複数》_】━━、95 名_は ¨※¨であった 【・※←_無症状性】━━、そして、_治療_されなかった--【・『 』までは…|『彼らの M 蛋白質`値 が 上昇する--【・*へ |*← 5 g/dL 超 』】┏┓。    これらの_患者さん《複数》_ は 発症した--【・*を |*←増加した_骨_疾患 、又は、 ¨¨_症状_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_骨_疾患 】┏┓。    個々の_患者さん《複数》_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←この_グループ_】━━ は 呼ばれた--【・*と |*←※の いずれか |※←低リスク《 つまり、_骨_疾患無し、 M 蛋白質_レベル_3g/dL 未満 、又は、 Bence Jones 蛋白質_レベル_5 g/24 h 未満 》 、又は、 高リスク《 つまり、_溶解性`骨`病変_ 、及び、 血中 M 蛋白質_レベル_3 g/dL 超 、又は、 Bence Jones 蛋白質_レベル_5 g/24 h 超 》 】┏┓。    _中等度_リスクの_患者さん《複数》_¨ ∬ ¨しなかった 【 ∬=持つ (の否定)--【・*を |*←_骨_疾患 、又は、 M 蛋白質_レベル_3 g/dL 超 、又は、 Bence Jones 蛋白質_レベル_5 g/24 h 超 】┏┓。    〈その〉_患者さん《複数》_ は 評価された--【・2 ヶ月間に 1 回 】┏┓。

〈その〉_中央値での_期間{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_病気`進行_】━━_は ¨※¨であった 【・※← 10 ヶ月間《 高リスク_グループ_ 》、 25 ヶ月間《 _中等度_リスク_グループ_ 》 、及び、 61 ヶ月間《 低リスク_グループ_ 》 】┏┓。    --【・*の時点で… |*←_病気`進行_】━━、_患者さん《複数》_ は _治療_された--【・*により |*←_標準的__化学療法_ 】┏┓。    〈その〉_患者さん《複数》_の_奏効率_《複数》 は ¨ ∬ ¨しなかった 【 ∬=異なる (の否定)--【・*から |*←_奏効率_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_非−_選択_の_人口集団_《複数》 】┏┓。    〈その〉_中央値での__生存期間_{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←_化学療法_の開始】━━ は ¨ ∬ ¨しなかった 【 ∬=異なる (の否定)--【・*の間で |*←〈その〉_グループ_《複数》 】┏┓。    まとめると、_無症状性の__患者さん《複数》_ は ¨ ∬ ¨しなかった 【 ∬=_利益_を得る (の否定)--【・*から |*←_早期__治療_】━━、そして、遅れての_治療_ は ¨ ∬ ¨しなかった 【 ∬=影響する (の否定)--【・*に |*←_有効性_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_治療_《 つまり、_生存期間_ 》 】┏┓。

〈一件の〉_系統的__レビュー_{☆による}¨ ⌒〔 ☆← He et al 】━━ は 示した--【・*を |*←〈一つの〉低下{☆に於ける}{★による}¨ ⌒〔 ☆←_脊椎`圧迫_《複数》 、及び、 _進行`まで`期間_⌒〔 ★←_早期__全身的__治療_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_無症状性の__患者さん《複数》_】━━、しかし、この研究 も 明らかにした--【・*を |*←〈一つの〉増加{☆に於ける}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_急性__白血病_⌒〔 ★←〈その〉_早期__治療__グループ_ 】┏┓。    〈その〉失敗{ ∬ (する)ことの}¨ ⌒〔 ∬=示す--【・*を |*←改善された_生存_ 】━━ は ¨ ∬ ¨かも知れない 【 ∬=¨※¨による【・※←_研究_対象の_患者さん数_の少なさ 】┏┓。

¨患者さん《複数》{☆を有する}{ それらの_患者さん_のために¶ ところの}¨ ⌒〔 ☆←_多発性`骨髄腫_⌒〔 ¶== _治療_の適応がある】━━ は 典型的には 受ける--【・*を |*←_化学療法_ 】┏┓。    我々の理解{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_細胞__生物学{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_多発性`骨髄腫_】━━ 、及び、 ¨¨能力{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=明らかにする--【・*を |*←_予後`因子_《複数》 】━━ は 導いて在る--【・*へ |*←〈その〉増加しつつある個別化{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨治療{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←罹患_患者さん《複数》_ 】┏┓。    医者《複数》 は _治療_する--【・*を |*←多くの_患者さん《複数》_--【・*により |*←_高用量__治療_ 、及び、 末梢血 、又は、 _骨髄__幹細胞_移植 】┏┓。    〈一件の〉_ランダム化__前向き方式__研究_ は 示した【・『 』ということを… |『このアプローチ は もたらす--【・*を |*← より高い_奏効率_《複数》 、及び、  より良好な_病気無し`生存_率《複数》 』 】┏┓。    _最近_の_進歩《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_治療_】━━ は 含む--【・*を |*←確立{☆の}{★としての}¨ ⌒〔 ☆← thalidomide、 lenalidomide 、及び、 bortezomib ⌒〔 ★←_活性的_な治療薬《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_多発性`骨髄腫_ 】┏┓。

_補助療法_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_多発性`骨髄腫_】━━ は 含む--【・*を |*←_放射線`療法_{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=標的する--【・*に |*←痛みの領域、 切迫している_病理学的_骨折、 既存の_病理学的_骨折 】┏┓。    _ビスフォスフォネート薬__治療_ は 役立つ--【・*として |*←¨¨_予防_《 つまり、_第一次的_ 、及び、 二次的な 》{☆に対する}¨ ⌒〔 ☆←_骨関連`事象《 SRE 》_《 例えば、_高カルシウム血症_、 脊髄`圧迫、 _病理学的_骨折、 _外科手術_の必要性、 _放射線`療法_の必要性 》 】┏┓。    _エリスロポエチン_ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=改善する--【・*を |*←_貧血_{☆による}¨ ⌒〔 ☆←_多発性`骨髄腫_だけ 、又は、 _化学療法_】━━、そして、示されて在る--【 ∬ (する)ことが | ∬=改善する--【・*を |*←_生活の質_ 】┏┓。

¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←脊髄`圧迫{☆による}¨ ⌒〔 ☆←_多発性`骨髄腫_】━━ は ¨ ∬ ¨(する)べきである 【 ∬=開始する--【・*を |*←_コルチコステロイド__治療_--【・直ちに--【 ∬ (する)ことのために | ∬=低下させる--【・*を |*←腫脹 】┏┓。    緊急`手配 が ¨ ∬ ¨ねばならない 【 ∬=なされる--【・*のために |*←_放射線`療法_--【 ∬ (する)ことのために | ∬=逆転させる 、又は、 維持する--【・*を |*←_神経学的_機能 】┏┓。    --【・『 』であるが…|『_外科的__減圧`術__は ¨※¨である 【・※←時として適切 』】━━、¨¨_後部`椎弓`切除術_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←この_患者さん__人口集団_】━━ は 報告されて在る--【 ∬ (する)と | ∬=■_持つ--【・*を |*←〈一つの〉_死亡率_6 〜 10% 】|-そして-|■_¨※¨ではない 【・※← より優れる(の否定)(・*よりも |*←_放射線`療法_】┏┓。    この_外科的_アプローチ は おそらく 最良的に 保留される--【・*のために |*←ケース《複数》{☆の}{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ☆←_多発性`骨髄腫_⌒〔 ¶==_放射線`療法_ が 挫折した 】┏┓。     より新しい_外科的__治療`介入_《複数》{☆のような}¨ ⌒〔 ☆←_圧迫骨折`セメント固定_《 セメント が 注入される--【・*の中へ |*←圧迫された脊椎骨《複数》 》】━━ は 示されて在る--【 ∬ (する)ことが | ∬=改善する--【・*を |*←機能--【・*を伴って |*←少ない_合併症_《複数》 】、--【・『 』であるが…|『報告された_研究_《複数》¨※¨であってきて在る 【・※←小さい 』】┏┓。

¨患者さん《複数》{☆を有する}{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ☆←_多発性`骨髄腫_⌒〔 ¶==呈する--【・*を |*←_急性_腎不全 】━━ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=_利益_を得る--【・*から |*←_血漿`交換法_ 】┏┓。   _水分`補給_《 --【 ∬ (する)ことのために | ∬=維持する--【・*を |*←〈一つの〉尿 排出量 1 日 3 リットル超 】 》¨管理{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_高カルシウム血症_】回避{☆の}¨ ⌒〔 ☆←腎`毒素《複数》《 例えば、_静注_造影剤《複数》、_抗生物質_《複数》 》━━ は 、また、¨※¨である 【・※←キー要因《複数》 】┏┓。    〈一つの〉レポート{☆による}¨ ⌒〔 ☆← Ludwig et al 】━━ は 示唆する【・『 』ということを… |『 bortezomib −ベースの_治療_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_多発性`骨髄腫_{☆を伴う}¨ ⌒〔 ☆←腎不全 】━━ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=導く--【・*へ |*←逆転』 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Medical Care

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

移植

_放射線`療法_

移植


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
*****blg↓********************

∬ すること | ∬=使用する--【・*を |*←〈その〉_患者さん_自身 の 《 つまり自家 》 _骨髄_ 、又は、 _末梢__血液__幹細胞_《複数》━━ は 可能にさせる--【・*を |*← より_集中的_な_抗_−_多発性`骨髄腫__治療_ 】┏┓。    医者《複数》 は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=■_使用する--【・*を |*←さもなければ 致死的な_用量_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←全身`照射 、及び、 _化学療法_】|-そして、 それから-|■_「救助する」--【・*を |*←_患者さん《複数》_--【 ∬ (する)ことにより | ∬=注入する--【・*を |*←〈その〉_患者さん《複数》_自身の_幹細胞_《複数》 】┏┓。    このプロセス{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_骨髄`破壊的__治療_《  、と、 それに続いての再注入{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_幹細胞_《複数》 》━━ は 呼ばれる--【・*と |*←〈一つの〉_自家`幹細胞`移植_ 】┏┓。    この一連の_治療_ は 可能にさせる--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←医者《複数》| ∬=使用する--【・*を |*← melphalan--【・*の用量で |*←_標準的__治療_の 10 〜 20 倍 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←_自家`幹細胞`移植_】━━、〈その〉再注入された_幹細胞_《複数》 、又は、 _骨髄_ は 働く--【・*として |*←〈一つの〉サポート{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_患者さん_】━━、しかし、それら は ¨ ∬ ¨しない 【 ∬=提供する (の否定)--【・*を |*←追加的な_抗_ がん _効果_《複数》 】┏┓。

_縦並び実施の__自家`幹細胞`移植_ が 提案されて在る--【・*として |*←〈一つの〉方法{ ∬ (する)ことの}¨ ⌒〔 ∬=克服する--【・*を |*←〈その〉不完全な_反応_{☆への}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉単回の移植 】┏┓。    〈一件の〉 2_治療グループ__臨床試験_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←単回_縦並び実施の_移植】━━ は 明らかにした--【・*を |*←〔何も無い( no )差異 〕{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_全体的`生存_率《 54 ヶ月後 時点 》 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←もう一つの 2_治療グループ__研究_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==比較した--【・*を |*←単回_縦並び実施の_移植《複数》--【・*のために |*←新たに_診断_された_多発性`骨髄腫_ 】】━━、Cavo et al  は 示した【・『 』ということを… |『二重_自家`幹細胞`移植_ は もたらした--【・*を |*← より優れた_完全奏効_ 、又は、 ほぼ_完全奏効_率《複数》、_再発無し`生存_ 、及び、 _イベント無し`生存_】━━、しかし、それ は 失敗した--【 ∬ (する)ことを | ∬=_有意_に伸長する--【・*を |*←_全体的`生存_期間 】 』__ : ___利益_《複数》{☆による}¨ ⌒〔 ☆←二重 _自家`幹細胞`移植_】━━_は ¨※¨であった 【・※←特に明確--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==失敗した--【・*を |*←少なくとも ほぼ_完全__奏効_--【・*の後に |*← 1 回の移植 】┏┓。

--【・*に於いて… |*←高度に_選択_された¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_多発性`骨髄腫_】━━、医者《複数》 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=使用する--【・*を |*←_他家`幹細胞`移植_《 他の人からの移植 》 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←このアプローチ】━━、医者《複数》 は _投与_する--【・*を |*←_骨髄`破壊的__治療_】━━、そして、点滴する--【・*を |*←¨¨_幹細胞_《複数》《 末梢血 、又は、 _骨髄_ 》∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=採取された--【・*から |*←〈一人の〉ドナー《 望むらくは、〈一人の〉 HLA −同一の 兄弟姉妹 》 】┏┓。    利点{☆の}¨ ⌒〔 ☆←このアプローチ】━━_は ¨『 』(右記)¨ということである『〈その〉_患者さん_ は ¨※¨のリスクが無い【・※← ∬ すること | ∬=注入される--【・*を |*←_多発性`骨髄腫_の_細胞《複数》_ 】┏┓。    また、〈その〉ドナーの_免疫_システム は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=戦う--【・*と |*←〈その〉レシピエントの がん 《 つまり_移植片`対`骨髄腫_ 効果_ 》 】┏┓。    但し、 〈その〉ドナーの_免疫_システム は 、また、¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=攻撃する--【・*を |*←〈その〉レシピエント の 身体《 つまり_移植片`対`宿主 病《 GVHD 》_ 》 】┏┓。

2 件の_ランダム化__前向き方式__研究_《複数》 は 比較した--【・*を |*←_標準的__化学療法_--【・*と |*←_高用量__自家`幹細胞`移植_ 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←〈その〉最初の_研究_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆← 200 名の_患者さん《複数》_】━━、研究者《複数》 は 観察した--【・*を |*← より良好な_奏効率_《複数》《 つまり、移植_グループ_で 81%伝統的`_治療__グループ_ で 57% 》 、及び、  より良好な 5 年後__イベント無し`生存_率《複数》《 つまり 28%10% 》 】┏┓。    〈その〉 2 番目の_研究_も、また、示した--【・*を |*←■_〈一つの〉_有意_な改善{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_イベント無し`生存_率《複数》】|-そして-|■_ より優れた_生活の質_--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=治療された--【・*により |*←〈その〉_高用量_アプローチ 】┏┓。

医者《複数》 は _治療_する--【・*を |*←_多発性`骨髄腫_--【・*により |*←_他家`幹細胞`移植_--【・ より_低_頻度で--【・*よりも |*←_自家`幹細胞`移植_--【・*の理由から |*←いくつかの理由《複数》】 :



(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Transplantation

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

放射線`療法


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
*****blg↓********************

_多発性`骨髄腫__は ¨※¨である 【・※←極度に 感受性_(・*に |*←_放射線`療法_ 】┏┓。

医者《複数》 は 使用する--【・*を |*←_放射線`療法_--【 ∬ (する)ことのために | ∬=■_治療する--【・*を |*←_症状_性 の 病変《複数》】|-そして-|■_安定化する--【・*を |*←_骨_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==骨折のリスクがある 】┏┓。

医者《複数》 は 、また、使用する--【・*を |*←_放射線`療法_--【 ∬ (する)ことのために | ∬=治療する--【・*を |*←脊髄`圧迫 】┏┓。

いくらかの研究者《複数》 は 試みた--【・*を |*←_低用量_ダブル−半身`照射--【・*として |*←_全身的__治療_】━━、しかし、彼ら は ¨ ∬ ¨しなかった 【 ∬=観察する (の否定)--【・*を |*←劇的な成功 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Radiation

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

諸事項


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
*****blg↓********************

〔 _外科的_ケア 〕


_外科的__治療_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_多発性`骨髄腫_】━━ は 限定される_【・*に |*←補助的_治療_ 】┏┓。

〔 _診察_ 〕


¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_多発性`骨髄腫_】━━ は しばしば_利益_を得る--【・*から |*←_専門的`技術_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈一人の〉_整形外科医{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==精通している_【・*に |*←_腫瘍_学_管理_ 】--【・『 』の理由で…|『_予防_的な固定{☆の}¨ ⌒〔 ☆←さし迫った_病理学的_骨折《複数》】━━_は 時として¨※¨である 【・※←実施の価値がある 』】┏┓。

〔 食餌 〕


¨患者さん《複数》{☆を有する}{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ☆←_多発性`骨髄腫_⌒〔 ¶==受けている_【・*を |*←_ビスフォスフォネート薬__治療_ 】━━ は ¨ ∬ ¨(する)べきである 【 ∬=含める_【・*を |*←十分な_カルシウム_--【・*の中に |*←彼らの食餌 】┏┓。

〔 活動 〕


促すこと--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←_患者さん《複数》_{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_多発性`骨髄腫_| ∬=¨※¨である 【・※←身体的に_活動的 】、--【・『 』に応じて…|『適切である_【・*に |*←彼らの個別の_骨_の状態 』】┏┓。    身体的 活動 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=助ける_【 ∬ (する)ことを | ∬=維持する_【・*を |*←_骨_の強度 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Surgical Care、Consultations、Diet、Activity

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_薬物`療法_


概観


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
*****blg↓********************

_多発性`骨髄腫_ は _治療_される--【・*により |*←いくつかのカテゴリーの_薬物`治療_《複数》 】┏┓。    _化学療法剤_《複数》 は 使用される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=低下させる_【・*を |*←〈その〉_病気_負荷 】━━、そして、_ビスフォスフォネート薬_《複数》 は 使用される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=■_促す_【・*を |*←_骨_の治癒 】|-そして-|■_提供する_【・*を |*←二次的`_予防_{☆に対する}¨ ⌒〔 ☆←_骨格`関連`イベント_《複数》《 例えば、_高カルシウム血症_、 骨折、 脊髄`圧迫、 _放射線`療法_の必要性、 _外科手術_の必要性 》】┏┓。    加えるに、_エリスロポエチン_ は 使用される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=治療する_【・*を |*←_貧血_ 《 単独で 、又は、 _化学療法剤_との_併用_で 》 】┏┓。

¨治療{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_多発性`骨髄腫_】━━ は 最も良く分類される--【・*に基づき |*←〈その〉_患者さん_の年齢 、及び、 _予後`因子_《複数》 】┏┓。    我々は ¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=記述する_【・*を |*←以下の 3 つの異なるカテゴリー《複数》】 :



(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Medication

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

@若年_、新たに_診断_、移植の_潜在的_候補 の _患者さん《複数》


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
*****blg↓********************

〔 @若年_、新たに_診断_、移植の_潜在的_候補 の _患者さん 〕


伝統的に、 VAD__化学療法_レジメン_《 vincristine + doxorubicin + dexamethasone 》__ が 使用されて在る--【 ∬ (する)ことのために | ∬=減少させる_【・*を |*←_腫瘍_負荷{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_多発性`骨髄腫_ 】--【 ∬ (する)ことのために | ∬=準備する--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←_患者さん《複数》_| ∬=受ける_【・*を |*←移植 】┏┓。    VAD_レジメン_ は _投与_される--【・*として |*←〈一つの〉 4 日間 持続`静脈`点滴{☆の}¨ ⌒〔 ☆← vincristine + doxorubicin、--【・*と一緒に |*← 4 つの毎日 _経口_dexamethasone 】┏┓。    --【・*のために… |*←〈その〉点滴】━━、_患者さん《複数》_ は 必要とする_【・*を |*←〈一つの〉_中心静脈`アクセス_カテーテル 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←_選択_された_患者さん《複数》_】━━、この_治療_ は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=実施される--【・外来で 】┏┓。

多くの研究者《複数》 は 感じる_【・『 』ということを… |『〈その〉_高用量_ステロイド成分{☆の}¨ ⌒〔 ☆← VAD_レジメン_】━━ が 説明する_【・*を |*←大部分の_有効性_ 』 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←いくらかの_患者さん《複数》_】━━、_高用量_dexamethasone だけ が ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=もたらす_【・*を |*←顕著な_臨床的__奏効_《複数》 】┏┓。    顕著な懸念《複数》{☆に伴う}¨ ⌒〔 ☆←¨使用{☆の}¨ ⌒〔 ☆←点滴_治療_】━━ は 含む_【・*を |*←¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_軟組織`傷害{☆の場合の}¨ ⌒〔 ☆←_化学療法剤_の滲出】¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_心臓_障害{☆による}¨ ⌒〔 ☆← doxorubicin 】¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨¨_感染症_ 、又は、 _高`血糖`_症_{☆による}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_高用量_ステロイド《複数》 】┏┓。    いくらかの_患者さん《複数》_ は 、また、経験する_【・*を |*←_有害的な _中枢神経系_への影響{☆による}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_高用量_ステロイド《複数》 】┏┓。    これ は 今や ¨※¨と見なされている【・※←_最適未満の__治療_】--【・*を考慮すると |*←〈その〉 より高い_奏効率_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←新しい新規な_薬_《複数》 】┏┓。

thalidomide は 見出されて在る【・※であると|※←〈一つの〉_活性的_な_薬_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←¨管理{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_多発性`骨髄腫_ 】┏┓。    _数件の__ランダム化__臨床試験《複数》_ が 比較して在る_【・*を |*← thalidomide--【・*と |*← VAD −様の_レジメン_《複数》】、《 示して_【・*を |*← thalidomide の優秀性{☆としての}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉_導入__レジメン_ 》 】┏┓。    --【・『 』の場合…|『 VAD_レジメン_ が 比較された--【・*と |*←thalidomide + dexamethasonethalidomide + doxorubicin + dexamethasonethalidomide + VAD_レジメン_ 』】━━、〈その〉 thalidomide −含有の_レジメン_《複数》 が 示した_【・*を |*← より良好な_奏効率_《複数》 】┏┓。

thalidomide_は 持つ_【・*を |*←〈一つの〉良く確立された_役割_{☆としての}¨ ⌒〔 ☆←_第一線`治療_《 _単剤_で 、又は、 ステロイドとの_併用_で 》--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_多発性`骨髄腫_ 】┏┓。    _毒性_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←この薬】━━_は 主として¨※¨である 【・※←感覚_ニューロパシー_】━━、そして、--【・*の理由から |*←〈その〉_薬_の催奇形性】━━、注意深いモニタリング が 必要である--【 ∬ (する)ことのために | ∬=避ける_【・*を |*←不注意な_投与_{☆の間の}¨ ⌒〔 ☆←妊娠期間 】┏┓。

bortezomib《 〈一つの〉プロテアゾーム抑制薬 》__ は 示して在る_【・*を |*←顕著な _抗_−_多発性`骨髄腫__活性_】、--【・*を伴って |*← 27。7%もの_客観的`奏効率_《複数》{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=観察された --【・*に於いて |*←〈一件の〉_Phase II__臨床試験_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==導いた--【・*へ |*←当該_薬_の米国 FDA _認可_《 2003 年 》 】┏┓。    これ は _研究_された--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_再発した_、そして、重度に_先行治療`経験`有り の__多発性`骨髄腫_ 】┏┓。    後者の_研究_《複数》 は 報告して在る_【・*を |*← 80%もの_奏効率_《複数》--【・『 』の場合…|『 bortezomib が _併用_される--【・*と |*← melphalan 』】┏┓。

〈一件の〉_ランダム化__臨床試験_{☆による}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉 Intergroupe Francais du Myelome (IFM) 】━━ は 比較した_【・*を |*← bortezomib + dexamethasone--【・*と |*← VAD_レジメン_--【・*のために |*←_導入__治療_】、《 示して_【・*を |*←_奏効率_《複数》 80%《 bortezomib + dexamethasone_グループ_ 》 、及び、 62。8%《 VAD_レジメン__グループ_ 》 》 】┏┓。    この_レジメン_ は 示されて在る【・※であると|※←_活性的__(・*に於いて |*←#1だけでなく#2でも || #1←移植前の_状況設定_ |#2←移植後の_状況設定_ 】┏┓。    --【・*の後に… |*←_高用量__治療_ + _自家`幹細胞`移植_】━━、〈その〉非常に良好な_部分奏効_率 、又は、  より良好な率 が 継続した━━、そして、有利とした_【・*のほうを |*← bortezomib + dexamethasone《 61。7%41。7% 》 】┏┓。    この_利益_ は 観察された--【・*とは無関係に |*← beta-2 microglobulin 、又は、 有害的な_細胞`遺伝学`的_リスク_グループ_《複数》 】┏┓。

同様に、〈一つの〉 より優れた_奏効率_ が 見られた#←--【・『 』の場合…|『 bortezomib + thalidomide + dexamethasone__ が 比較された--【・*と |*← thalidomide + dexamethasone 』】--←#【・*に於いて |*←〈一件の〉_大規模__Phase III__研究_{☆による}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉イタリアの GIMEMA_グループ_】__ : __93%《 〈その〉 bortezomib + thalidomide + dexamethasone_グループ_ 》80%《 thalidomide + dexamethasone_グループ_ 》《 これらの場合、¨患者さん《複数》 は 進んだ--【・*へ |*←縦列実施の_自家`幹細胞`移植_ 》 】┏┓。    前述と同様に、_奏効__は ¨※¨であった 【・※←無関係_(・*と |*←有害的な_細胞`遺伝学`的_リスク要因《複数》 】┏┓。

bortezomib は ¨ ∬ ¨(する)ようである 【 ∬=¨※¨である 【・※←_利益_的_(・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_形質細胞性`白血病_ 、及び、 腎不全 】┏┓。    〈その〉主要な_有害`事象_《複数》_は ¨※¨であった 【・※←_ニューロパシー_、 _低_血圧 、及び、 _血小板`減少症_ 】┏┓。    --【・*にもかかわらず… |*←これらの_結果《複数》_】━━、〈その〉正確なタイミング{☆の}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆← bortezomib_投与_⌒〔 ★←_治療_計画{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←新たに_診断_された_多発性`骨髄腫_】━━ は 依然として 進化しつつある--【・*を通じて |*←進展中の_研究_ 】┏┓。

thalidomide 類縁体である lenalidomide《 Revlimid® 》___は ¨※¨である 【・※←今や〈一つの〉標準的 成分{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_多発性`骨髄腫__治療_ 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←〈その〉_ランダム化_、_ダブル`ブラインド_、_プラセボ_比較 SWOG trial S0232A 】━━、lenalidomide + _高用量_dexamethasone__ が 比較された--【・*と |*←_高用量_dexamethasone だけ--【・*として |*←¨治療{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←新たに_診断_された_多発性`骨髄腫_ 】┏┓。    この_研究_ は 示した_【・*を |*←優越性{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉 lenalidomide + _高用量_dexamethasone_治療__グループ_ 】┏┓。

〈その〉_全体的`奏効率__は ¨※¨であった 【・※← 84%_(・*に於いて |*← lenalidomide + _高用量_dexamethasone_治療グループ_--【・*と比較して |*← 53%_(・*に於ける |*←〈その〉_高用量_dexamethasone 単独の_治療グループ_、《 22%の_患者さん《複数》_が¨ ∬ ¨して…| ∬=達成する_【・*を |*←_完全寛解_--【・*に於いて |*←〈その〉 lenalidomide + _高用量_dexamethasone_治療グループ_ 》 】┏┓。    _進行無し`生存_ 、及び、 _全体的`生存_ は 有利とした_【・*のほうを |*← lenalidomide + _高用量_dexamethasone 】━━、しかし、¨¨12 ヶ月後 _生存率_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←両方の_治療グループ_《複数》】━━_は ¨※¨であった 【・※← 90%超 】┏┓。    〈一つの〉非常に重要な知見 は 、しかし、¨※¨であった 【・※←〈その〉高頻度の_深部`静脈`血栓`症_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉 lenalidomide + _高用量_dexamethasone_治療グループ_ 】┏┓。

--【・*に於いて… |*←もう一つの_ランダム化__臨床試験_{☆の}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆←lenalidomide + _高用量_dexamethasone《 LD(*)lenalidomide + _低用量_dexamethasone《 Ld(*)⌒〔 ★←新たに_診断_された_多発性`骨髄腫_】━━、〈その〉_全体的`奏効率_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←LD】━━_は ¨※¨であった 【・※← より優れる《 82% 》
--【・*よりも |*← Ld の場合《 70% 》、--【・*を伴って |*←〈一つの〉改善{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆← VGPR(**) 、又は、 それよりも良好 率{☆のための}¨ ⌒〔 ☆← LD《 44%26% 》《 4 ヶ月後に評価 》 】┏┓。    --【・『 』の場合…|『_最良`総合`効果_ が 比較された 』】━━、LD_グループ_ が ここでも ¨※¨であった 【・※← より優れる、--【・*を伴って |*←〈一つの〉_全体的`奏効率_82%--【・*と比較して |*← 71%{☆のための}¨ ⌒〔 ☆← Ld_グループ_ 】┏┓。    しかし、¨※¨は 存在しなかった 【・※←差異(否定){☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_進行無し`生存_--【・*の間に |*←〈その〉 2 つの_治療グループ_《複数》 】┏┓。    _全体的`生存_ は 引き続き有利とした_【・*を |*←〈その〉 Ld_グループ_】__ : __しかし、--【・*のためには… |*←¨患者さん《複数》{§(の性質の)}¨ ⌒〔 §← 65 歳未満 】━━¨※¨は 存在しなかった 【・※←_生存`利益_(否定){☆のための}¨ ⌒〔 ☆← Ld--【・*と比較して |*← LD 】┏┓。

(*)LD 、及び、 Ld の定義は、原文とは異なっていますが、おそらく原文がミスプリであろうと推定し、このように理解しました。
(**)原文中には定義が記されていませんが、おそらく「非常に良好な_部分奏効_」のことであろうと推定されます。

--【・『 』であるが…|『これらの_データ__は ¨※¨である 【・※←非常に 勇気づける的で_有望的 』】━━、我々は ¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=必要とする_【・*を |*←_更なる__研究_《複数》--【 ∬ (する)ことのために | ∬=助ける_【 ∬ (する)ことを | ∬=明らかにする_【・*を |*←〈その〉¨¨正確なタイミング 、及び、 _役割_{☆の}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆←新規な_薬_《複数》⌒〔 ★←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_多発性`骨髄腫_ 】┏┓。    _患者さん《複数》_ は 忍容する_【・*を |*← lenalidomide_治療_--【・良好に】━━、そして、_吐き気__は 通常¨※¨である 【・※←_最小限_ 】┏┓。    _患者さん《複数》_ は 典型的には 経験する_【・*を |*←_完全`脱毛`症_】━━、しかし、_その他の__有害`効果《複数》《 例えば、末梢`_ニューロパシー_、 便秘 》___は 通常¨※¨である 【・※←軽度 】┏┓。    _汎血球`減少症_ が 予想される、--【・『 』であるが…|『それ は ¨ ∬ ¨しない 【 ∬=必要とする (の否定)_【・*を |*←_入院_--【・*のために |*←_感染症_ 、又は、 輸血--【・単に*から |*←_化学療法_ 』】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=The young, newly diagnosed patient, who is potentially a transplant candidate

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

A高リスクで_潜在的_に 移植候補 の _患者さん


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
*****blg↓********************

高リスクの_多発性`骨髄腫_の_患者さん《複数》__は ¨※¨である 【・※←以下のような_患者さん《複数》_】 :

この_グループ_ は 代表する_【・*を |*←約 25%{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←新たに_診断_された_多発性`骨髄腫_、--【・*を伴って |*←〈一つの〉予想される_中央値での__生存期間_2 年間以下 】┏┓。    --【・『 』であるが…|『彼ら は _反応_する_【・*に |*←伝統的な_導入__治療_《複数》 』】━━、これらの_患者さん《複数》_ は ¨ ∬ ¨(する)という傾向がある 【 ∬=_再発_する--【・急速に 】┏┓。    従って、 新規な_薬_《複数》 が ¨ ∬ ¨(される)べきである 【 ∬=考慮される--【・最初から--【・*のために |*←これらの_患者さん《複数》_ 】┏┓。

登場{☆の}¨ ⌒〔 ☆←新規な_薬_《複数》《 thalidomide、lenalidomide 、及び、 bortezomib 》】━━ は _実体的に 改善して在る_【・*を |*←_結果状況_《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←これらの高リスク_グループ_《複数》 】┏┓。    実際に、これらの_薬_《複数》 は ¨ ∬ ¨(する)ようである 【 ∬=克服する_【・*を |*←〈その〉影響{☆による}¨ ⌒〔 ☆←劣った_細胞`遺伝学`的_特徴《複数》 】┏┓。    --【・いったん『 』すれば…|『〈一つの〉_奏効_ が 達成されて在る 』】━━、これらの_患者さん《複数》_ は ¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=もっていかれる--【・*へ |*←_幹細胞`移植_ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=High-risk patients who are potentially transplant candidates

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

B移植 の 候補ではない 新たに_診断_された_年配_の¨患者さん《複数》


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
******************************

全ての 前項目《A》の_レジメン_《複数》 は ¨ ∬ ¨(される)ことがある 【 ∬=使用される--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==考慮されないと考えられる--【・*のために |*←_自家`幹細胞`移植_ 】┏┓。    以下のもの は 、しかし、¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=使用される--【・もっぱら*に於いて |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==_幹細胞`移植_が予定されない 】、--【・『 』であることから…|『それら は ダメージを与える--【・*に |*←_幹細胞_リザーブ 』】┏┓。    〈その〉_最も基準的な__レジメン__は ¨※¨であってきて在る 【・※← melphalan + prednisone《 M and P 》--【・*以来 |*← 1950 年代 】┏┓。    〈一件の〉_メタ分析_{☆の}{★からの}¨ ⌒〔 ☆← 4,930 名の患者さん《複数》⌒〔 ★← 20 件の_ランダム化__臨床試験《複数》_】━━ は 比較した_【・*を |*← melphalan + prednisone--【・*と |*←_その他の__併用__レジメン_《複数》】━━、そして、示した_【・*を |*←〈一つの〉_有意_に より高い_奏効率_《 60% 》{☆による}¨ ⌒〔 ☆←この_併用__レジメン_】、--【・*を伴って |*←〈一つの〉_奏効__持続`期間_18 ヶ月間 、及び、 _全体的`生存期間_24 〜 36 ヶ月間 】┏┓。

〈一件の〉 3_治療__グループ__研究_ が 調べた_【・*を |*←melphalan + prednisone + thalidomidemelphalan + prednisoneVAD_導入__レジメン_ 、と、 それに続いての_高用量_melphalan + _自家`幹細胞`移植_--【・*に於いて |*← 447 名の患者さん《複数》《 65 歳〜 75 歳 》 】┏┓。    〈その〉_患者さん《複数》_ は _ランダム化_された《 _第一次的_エンドポイント は _全体的`生存_ 》 ┏┓。    〈その〉_奏効率_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉 melphalan + prednisone + thalidomide_グループ_ 、及び、 _自家`幹細胞`移植__グループ_】━━_は ¨※¨であった 【・※←同等的】__ : __〈その〉_完全奏効_率《複数》_は ¨※¨であった 【・※←_有意_に より良好_(・*に於いて |*←〈その〉 melphalan + prednisone + thalidomide_グループ_ 、及び、 〈その〉_自家`幹細胞`移植__グループ_--【・*よりも |*←〈その〉 melphalan + prednisone_グループ_ 】┏┓。    melphalan + prednisone + thalidomide_レジメン_ が 今や 推奨されている--【・*として |*←_第一線`治療_ 】┏┓。

集中的な_研究_ が 焦点を当てて在る--【・*に |*←¨使用{☆の}¨ ⌒〔 ☆←インターフェロンα--【 ∬ (する)ことのために | ∬=治療する_【・*を |*←_多発性`骨髄腫_ 】┏┓。    この_薬_ は ¨ ∬ ¨しない 【 ∬=考えられる (の否定)【・※であると|※←_効果的__( ∬ (する)ことのために | ∬=導く_【・*を |*←_寛解_ 】━━、そして、〈一件の〉_ランダム化_比較_臨床試験_ が 示した【・『 』ということを… |『_患者さん《複数》_ は _利益_を得ない--【・*から |*←¨追加{☆の}{★への}¨ ⌒〔 ☆←インターフェロン⌒〔 ★← melphalan + prednisone 』 】┏┓。    インターフェロンα は ¨ ∬ ¨(する)ようである 【 ∬=伸長させる_【・*を |*←_寛解_--【・*に於いて |*←_選択_された¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_多発性`骨髄腫_ 】┏┓。    --【・*のためには… |*←この使用】━━、インターフェロンα は ¨ ∬ ¨(される)ことがある 【 ∬=_投与_される--【・*の後に |*←伝統的な_化学療法_ 、又は、 _骨髄_移植《_幹細胞`移植_》 の 完了】┏┓。    _毒性_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←インターフェロン】━━ 、及び、 実施可能性{☆の}¨ ⌒〔 ☆←代替の_治療`介入_《複数》】━━ が _有意_に 限定して在る_【・*を |*←¨役割{☆の}¨ ⌒〔 ☆←インターフェロンα 】┏┓。

_ビスフォスフォネート薬_《複数》_は 持つ_【・*を |*←〈一つの〉_役割_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←二次的な_予防_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_骨__合併症_《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_多発性`骨髄腫_、--【・*を含めて |*←_高カルシウム血症_、 _病理学的__骨折_ 、及び、 _脊髄`圧迫_ 】┏┓。    〈一件の〉_ランダム化__プラセボ_−比較 _臨床試験_{☆の}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆← pamidronate《 Aredia® 》⌒〔 ★←¨患者さん《複数》{☆を有する}{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ☆←_多発性`骨髄腫_⌒〔 ¶==経験していた_【・*を |*← 1 回の_骨格系_イベント 】━━ が 示した--【・『 』ということを… |『〈その〉_薬_ は 低下させた_【・*を |*←¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉 2 番目のイベント《複数》--【・*から |*← 41%--【・*まで |*← 24%--【・*の後に |*← 9 ヶ月間の_治療_ 』 】┏┓。    〈その〉研究者《複数》 は 、また、指摘した_【・*を |*←改善《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←痛み、オピオイド鎮痛薬の使用 、及び、 _生活の質_スコア《複数》 】┏┓。    〈一件の〉 2007 年の_系統的__レビュー_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨使用{☆の}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_ビスフォスフォネート薬_《複数》⌒〔 ★←_多発性`骨髄腫_】━━ は 確認した_【・*を |*←〈一つの〉_治療`必要数《 NNT 》_値 10 {☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_予防_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_脊椎_骨折_《複数》】、--【・『 』であるが…|『〔何も無い( no )インパクト 〕{☆への}¨ ⌒〔 ☆←_死亡率_】━━ が 見られた(の否定)】┏┓。

zoledronic acid《 Zometa® 》 は ¨ ∬ ¨(である)と考えられる 【 ∬=¨※¨である 【・※←_有意_に より強力_(・*よりも |*← pamidronate 】┏┓。    _最近_の証拠 は 示唆する【・『 』ということを… |『顎の_骨壊死_ が ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=起きる--【・*に於いて |*←いくらかの¨患者さん《複数》{ ∬ ((を)している)}¨ ⌒〔 ∬=受けている_【・*を |*←_ビスフォスフォネート薬__治療_ 】 』 】┏┓。    ¨管理{☆の}¨ ⌒〔 ☆←顎の_骨壊死_】━━ は 進歩しつつある━━、そして、〔何も無い( no )決定的な_データ_ 〕 が 公刊されている(の否定) 】┏┓。    協働{☆との}¨ ⌒〔 ☆←精通している歯科医《複数》 、及び、 口腔外科医《複数》】━━_が ¨※¨である 【・※←必須 】┏┓。    抜歯 は ¨ ∬ ¨(である)ようである 【 ∬=¨※¨である 【・※←〈一つの〉リスク要因】━━、そして、_ガイドライン_《複数》 は 推奨している_【 ∬ (する)ことを | ∬=避ける_【・*を |*←抜歯《 可能な限り 》 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Newly diagnosed elderly patients who are not transplant candidates

******************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_治療−抵抗性 、又は、 再発した_多発性`骨髄腫_


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
******************************

¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==持つ_【・*を |*←〈一つの〉_再発_--【・*の後に |*←初回の_病気_コントロール 】━━ は ¨ ∬ ¨(される)ことがある 【 ∬=_治療_される--【・*により |*←如何なる_薬_《複数》{ ∬ (されていない)}¨ ⌒〔 ∬=未だ使用されていない 】┏┓。    --【・『 』の場合…|『〈その〉_多発性`骨髄腫_ が _再発_する--【・6 ヶ月間以上 後になって--【・*から |*←〈その〉_初回`治療_ 』】━━、〈その〉初回の_レジメン_ が ¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=使用される--【・再び 】┏┓。    bortezomib_は 持つ_【・*を |*←(一つの〉良好に確立した_役割_{☆としての}¨ ⌒〔 ☆←_救助《サルベージ》治療_--【・*に基づき |*←〈一件の〉_Phase III__ランダム化__臨床試験_{ ∬ ((を)した)}¨ ⌒〔 ∬=示した_【・*を |*←〈一つの〉_奏効率_38%《 dexamethasone だけの場合 18% 》 】┏┓。    _中央値での__進行無し`生存_期間_は ¨※¨であった 【・※← 6。22 ヶ月間_(・*に於いて |*←〈その〉 bortezomib_ 治療グループ_--【・*と比較して |*← 3。49 ヶ月間_(・*に於いて |*←〈その〉 dexamethasone だけの_治療グループ_ 】┏┓。

〈一件の〉重要な_前向き方式__プラセボ_−比較_臨床試験_{☆の}{▼に於ける }¨ ⌒〔 ☆←¨追加{☆の}{★への}¨ ⌒〔 ☆← lenalidomide ⌒〔 ★← dexamethasone ⌒〔 ▼←_再発した_ケース《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_多発性`骨髄腫_】━━ が 示した_【・*を |*←劇的な_結果《複数》_ 】┏┓。    〈その〉高度な_奏効率_{☆による}¨ ⌒〔 ☆← lenalidomide 】━━_は ¨※¨であった 【・※← 61%--【・*と比較して |*← 19。9%_(・*に於いて |*←〈その〉_プラセボ__治療グループ_ 】┏┓。    ¨※¨が 存在した 【・※←〈一つの〉_有意_な 改善{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_進行`まで`期間_《 11。1%《 lenalidomide + dexamethasone_グループ_ 》(*)4。7%《 〈その〉_プラセボ__グループ_ 》(*) 】┏┓。    _全体的`生存_ が _有意_に 改善された┏┓。

(*)mougitaro 注:おそらく単位は 「ヶ月間」であろうと思われますが、上記は原文の通りです。

(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Refractory or relapsed multiple myeloma

******************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

使用される_薬_


_化学療法剤_


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
******************************

_選択_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_化学療法_】━━ は ¨※¨によって異なってくる【・※←いくつかの要因《複数》{☆を含む}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_患者さん_の_活動ステータス_、年齢、_腎臓_機能、入院/外来の希望、将来の_幹細胞`移植_の可能性 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_腎不全 、又は、 高度に_攻撃的_な_病気_】━━、VAD_レジメン_ が ¨ ∬ ¨(される)と考えられる 【 ∬=優先される 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←_年配__患者さん《複数》 、又は、 ¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==_自家`幹細胞`移植__が ¨※¨である 【・※←_非−可能的--【・将来 】】━━、M and P_レジメン_ が 優先される--【・*の理由から |*←当該_レジメン_の_投与_容易性 、及び、 _低__毒性_ 】┏┓。

〔 melphalan《 Alkeran® 》


- 記述 - :最も広く使用されている_レジメン__は ¨※¨である 【・※← M and P 】┏┓。    melphalan は _抑制_する_【・*を |*←_有糸`細胞分裂_--【 ∬ (する)ことにより | ∬=クロスリンクする_【・*を |*← DNA 鎖《複数》 】┏┓。

- 用量 - :(原文をお読みください)

- 禁忌 - :立証された過敏症┏┓。    _重症の__骨髄_抑制┏┓。    _耐性_{☆への}¨ ⌒〔 ☆←_先行治療 】┏┓。

- 相互干渉 - :_同時`実施の__投与_{☆との}¨ ⌒〔 ☆←サイクロスポリン】━━ は 増加させる_【・*を |*←腎_毒性_ 】┏┓。    シメチジン 、及び、 H2 −拮抗薬《複数》 は 増加させる--【・*を |*←〈その〉胃酸の pH 】、《 それにより 低下させて_【・*を |*←_効果_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← melphalan 》 】┏┓。

- 妊娠関連の注意 - :クラス D : 胎児へのリスク が 示されている--【・*に於いて |*←ヒト《複数》】__ : __使用すること--【・『 』の場合に限り…|『_利益_《複数》 が 上回る--【・*を |*←胎児へのリスク 』】┏┓。

- 使用上の注意 - :注意して使用すること_【・*を |*←この_併用_--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_白血球`減少症_ 、又は、 _血小板`減少症_】、--【・『 』の理由で…|『それ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=引き起こす_【・*を |*←低下{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←血球数《複数》--【・*を伴って |*←回復フェーズの長期化 』】┏┓。    ¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==¨※¨である 【・※←_潜在的_な_自家`幹細胞`移植_候補者《複数》 】━━ は ¨ ∬ ¨(される)と考えられる 【 ∬= より良好に_治療_される--【・*により |*←〈一つの〉異なる_レジメン_ 】┏┓。    _無月経_ が ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=起きる 】┏┓。    注意が必要である--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←以前に_診断_された_骨髄`抑制_ 】┏┓。

〔 doxorubicin《 Adriamycin®、Rubex® 》


- 記述 - :¨一部{☆の}¨ ⌒〔 ☆← VAD_レジメン_ 】┏┓。    _抑制_する_【・*を |*←_トポイソメラーゼ II 】━━、そして、産生する_【・*を |*←フリーラジカル《複数》、《[ この]フリーラジカル が ¨ ∬ ¨(する)と考えられる 【 ∬=引き起こす_【・*を |*←破壊{☆の}¨ ⌒〔 ☆← DNA 》】__ : __これらの 2 つのイベント《複数》 が 、次に、_抑制_する_【・*を |*←成長{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_腫瘍`細胞_《複数》 】┏┓。

- 用量 - :(原文をお読みください)

- 禁忌 - :立証された過敏症┏┓。    _重症の__うっ血性`心不全_┏┓。    _心筋障害_┏┓。    既存の _骨髄抑制_┏┓。    障害された_心臓_機能┏┓。    以前の¨治療{☆による}¨ ⌒〔 ☆←一杯になった累積_投与_量の doxorubicin、idarubicin、daunorubicin 】━━ は ¨ ∬ ¨(する)べきである 【 ∬=導く--【・*へ |*←注意深い使用{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_選択された_患者さん《複数》_ 】┏┓。

- 相互干渉 - :verapamil は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=増加させる--【・*を |*←_細胞__毒性_ 】┏┓。    mercaptopurine  は 増加させる--【・*を |*←_毒性_《複数》 】┏┓。    streptozocin  は _抑制_する_【・*を |*←代謝 】┏┓。    cyclophosphamide は 増加させる--【・*を |*←_心臓__毒性_】┏┓。    cyclosporine  は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=もたらす_【・*を |*←昏睡 、又は、 発作 】┏┓。    phenobarbital  は 増加させる--【・*を |*←排出 】┏┓。    減少させる_【・*を |*←_レベル_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←ジゴキシン 、及び、 phenytoin 】┏┓。

- 妊娠関連の注意 - :クラス D : 胎児へのリスク が 示されている--【・*に於いて |*←ヒト《複数》】__ : __使用すること--【・『 』の場合に限り…|『_利益_《複数》 が 上回る--【・*を |*←胎児へのリスク 』】┏┓。

- 使用上の注意 - :_血管外`漏出_ が ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=起きる】、《 もたらして_【・*を |*←_重症の_組織`壊死 》 】┏┓。    注意が必要--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←肝機能`障害 】┏┓。    _血球`減少症_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==考えられない_【 ∬ (されている)と | ∬=もたらされている--【・*から |*←_多発性`骨髄腫_ 】━━ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=示す--【・*を |*←〈一つの〉禁忌{☆への}¨ ⌒〔 ☆←_治療_{☆による}¨ ⌒〔 ☆←この_併用_ 】┏┓。    _心`機能`不全 は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉禁忌{☆への}¨ ⌒〔 ☆←_治療_】、--【『 』の理由で…|『 doxorubicin は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=引き起こす_【・*を |*←_心臓__毒性_ 』】┏┓。

〔 bortezomib《 Velcade® 》 〕


- 記述 - :最初の_薬_{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=_認可_された --【・*の中で |*←抗がん治療薬の_グループ_{☆と呼ばれる}¨ ⌒〔 ☆←_プロテアゾーム抑制薬_《複数》】┏┓。
…(後略:_プロテアゾーム抑制薬_《複数》の作用メカニズム)…

- 用量 - :(原文をお読みください)

- 禁忌 - :立証された過敏症{☆への}¨ ⌒〔 ☆← bortezomib、ホウ素 、又は、 マンニトール 】┏┓。

- 相互干渉 - :基質{☆の}¨ ⌒〔 ☆← CYP 450_イソ`酵素《複数》 1A2、 2C9、 2C19、 2D6 、及び、 3A4 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=抑制する_【・*を |*← CYP 450 2C19 】__ : __従って、 注意が必要である--【・*について |*←_併用__投与_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_イソ`酵素_2C19 基質《複数》《 例えば、barbiturates、 phenytoin、 valproic acid、 imipramine、 lansoprazole、 warfarin 》 】┏┓。

- 妊娠関連の注意 - :クラス D : 胎児へのリスク が 示されている--【・*に於いて |*←ヒト《複数》】__ : __使用すること--【・『 』の場合に限り…|『_利益_《複数》 が 上回る--【・*を |*←胎児へのリスク 』】┏┓。

- 使用上の注意 - :_一般普通的_な__副作用_《複数》 は 含む_【・*を |*←_吐き気_、_疲労感_、_下痢_、便秘、頭痛、食欲低下、_血小板`減少症_、_貧血_、発熱 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Chemotherapeutic Agents

******************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

コルチコ`ステロイド


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
******************************

_コルチコステロイド_《複数》_は 持つ_【・*を |*←_抗_炎症`作用《複数》】━━、そして、引き起こす_【・*を |*←重大で 多様な 代謝効果《複数》 】┏┓。    _コルチコステロイド_《複数》 は 変化させる_【・*を |*←〈その〉身体の_免疫_応答{☆への}¨ ⌒〔 ☆←さまざまな刺激 】┏┓。

〔 prednisone《 Deltasone®, Orasone®, Meticorten® 》 〕


- 記述 - :最も広く使用されている_レジメン__は ¨※¨である 【・※← M and P 】┏┓。    安定化させる_【・*を |*←リソゾーム膜《複数》】━━、そして、抑制する_【・*を |*←リンパ球 、及び、 抗体 産生 】┏┓。

- 用量 - :(原文をお読みください)

- 禁忌 - :立証された過敏症、 ウィルス性_感染症_、 消化性潰瘍、肝機能`不全、 結合`組織`_感染症_、 真菌性 、又は、 結核性の 皮膚_感染症_、 _消化管`系_疾患

- 相互干渉 - :_併用__投与_{☆との}¨ ⌒〔 ☆←エストロゲン《複数》】━━ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=減少させる_【・*を |*←クリアランス 】┏┓。    同時`使用{☆との}¨ ⌒〔 ☆←ジゴキシン】━━ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=引き起こす_【・*を |*←ジギタリス_毒性_{☆から派生の}¨ ⌒〔 ☆←_低カリウム`血症_ 】┏┓。    phenobarbital、 phenytoin 、及び、 rifampin は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=増加させる_【・*を |*←代謝】《 従って、 考慮すること_【・*を |*←維持_用量_の 増量 》 】┏┓。    モニターすること_【・*を |*←_低カリウム`血症_{☆による}¨ ⌒〔 ☆←_併用__投与_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←利尿剤《複数》 】┏┓。

- 妊娠関連の注意 - :クラス C : 胎児リスク が 明らかにされている--【・*に於いて |*←_研究_《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←動物《複数》】━━、しかし、それ は 確立されていない、又は、研究されていない--【・*に於いて |*←ヒト《複数》 】┏┓。    それ は ¨ ∬ ¨してよい 【 ∬=使用する--【・もし『 』なら…|『_利益_《複数》 が 上回る--【・*を |*←リスク{☆への}¨ ⌒〔 ☆←胎児 』】┏┓。

- 使用上の注意 - :使用すること_【・*を |*←この_併用_--【・注意深く--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_白血球`減少症_ 、又は、 _血小板`減少症_】、--【『 』の理由で…|『それ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=引き起こす_【・*を |*←血球数 の 低下】、--【・*を伴って |*←〈一つの〉延長した 回復フェーズ 』】┏┓。    ¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==¨※¨である 【・※←_潜在的_な _自家`幹細胞`移植_の 候補者《複数》 】━━ は ¨ ∬ ¨(される)ことの可能性がある 【 ∬= より良好に_治療_される--【・*により |*←〈一つの〉異なる_レジメン_ 】┏┓。    突然的な_投与_中止 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=引き起こす_【・*を |*←_急性`副腎`不全_ 】┏┓。    _高`血糖`_症_、 浮腫、 _骨壊死_、 _筋`障害_、 消化性`潰瘍、 _低カリウム`血症_、 _骨粗鬆症_、 _多幸感_、 _心因性`精神病_、 _重症`筋無力症_、 成長`抑制 、及び、 _感染症_《複数》 が ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=起きる 】┏┓。

〔 dexamethasone《 Decadron® 》 〕


- 記述 - :¨一部{☆の}¨ ⌒〔 ☆← VAD_治療_ 】┏┓。    多くの人 は 考えている_【・『 』と… |『〈その〉_高用量_ステロイド成分{☆の}¨ ⌒〔 ☆← VAD_治療_】━━ が 説明する_【・*を |*←当該_治療_の_有効性_の 多く 』 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←いくらかの_患者さん《複数》_】━━、_高用量_dexamethasone だけ が ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=もたらす_【・*を |*←_有意_な_臨床的__奏効_《複数》 】┏┓。    安定化させる_【・*を |*←リソゾーム膜《複数》】━━、そして、_抑制_する_【・*を |*←リンパ球 、及び、 抗体 の 産生 】┏┓。

- 用量 - :(原文をお読みください)

- 禁忌 - :立証された過敏症┏┓。    _活性_な 細菌 、又は、 真菌 _感染症_┏┓。    _血球`減少症_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==考えられない_【 ∬ (する)と | ∬=結果する--【・*から |*←_多発性`骨髄腫_ 】━━ は ¨ ∬ ¨(する)と考えられる 【 ∬=示す_【・*を |*←禁忌{☆への}¨ ⌒〔 ☆←¨治療{☆による}¨ ⌒〔 ☆←この_併用_ 】┏┓。

- 相互干渉 - :_効果_《複数》 は 低下する--【・*により |*←_併用__投与_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← barbiturates、phenytoin 、及び、 rifampin 】┏┓。    減少させる_【・*を |*←_効果_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←サリチル酸塩《複数》 、及び、 ¨¨ワクチン《複数》{ ∬ (される)}¨ ⌒〔 ∬=使用される --【・*のために |*←免疫化】┏┓。

- 妊娠関連の注意 - :クラス C : 胎児リスク が 明らかにされている--【・*に於いて |*←_研究_《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←動物《複数》】━━、しかし、それ は 確立されていない、又は、研究されていない--【・*に於いて |*←ヒト《複数》 】┏┓。    それ は ¨ ∬ ¨してよい 【 ∬=使用する--【・もし『 』なら…|『_利益_《複数》 が 上回る--【・*を |*←リスク{☆への}¨ ⌒〔 ☆←胎児 』】┏┓。

- 使用上の注意 - :増加させる_【・*を |*←¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_多重_の_合併症_《複数》{☆を含む}¨ ⌒〔 ☆←_重症の__感染症_《複数》 】┏┓。    モニターすること_【・*を |*←副腎不全--【 ∬ (する)場合には∬=漸減する_【・*を |*←〈その〉_薬_ 】┏┓。    急激な 投薬中止 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=引き起こす_【・*を |*←_急性`副腎`不全_ 】┏┓。    _高`血糖`_症_、 浮腫、 _骨壊死_、 _筋`障害_、 消化性`潰瘍`疾患、 _低カリウム`血症_、 _骨粗鬆症_、 _多幸感_、 _心因性`精神病、 _重症`筋無力症_、 成長`抑制、 _感染症_《複数》━━_は ¨※¨である 【・※←可能的な_合併症_《複数》 】┏┓。    _血球`減少症_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==考えられない_【 ∬ (する)と | ∬=結果する--【・*から |*←_多発性`骨髄腫_ 】━━ は ¨ ∬ ¨(する)と考えられる 【 ∬=示す_【・*を |*←禁忌{☆への}¨ ⌒〔 ☆←¨治療{☆による}¨ ⌒〔 ☆←この_併用_ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Corticosteroids

******************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

インターフェロン


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
******************************

インターフェロン_は ¨※¨である 【・※←自然的に 産生される 蛋白質《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_抗−ウィルス、 _抗−_腫瘍_ 、及び、 _免疫_調整 作用《複数》 】┏┓。    α、β 、及び、 γ−インターフェロン《複数》 が ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=_投与_される--【・_局所_的、 _全身的_ 、及び、 _病変_内部的 に】┏┓。

〔 インターフェロンα−2A《 Roferon A®、 Intron A® 》


- 記述 - :蛋白質製品{ ∬ (される)}¨ ⌒〔 ∬=製造される --【・*により |*←組み替え DNA 技術】┏┓。    〈その〉メカニズム{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_抗−_腫瘍__活性_】━━ は 明確には 理解されていない┏┓。    しかし、直接的な _抗−増殖_効果_{☆に対する}¨ ⌒〔 ☆←_悪性__細胞《複数》_】━━ 、及び、 ¨¨調節{☆の}¨ ⌒〔 ☆←宿主 の _免疫_応答】━━ が ¨ ∬ ¨(する)と考えられる 【 ∬=演じる_【・*を |*←重要な_役割_《複数》 】┏┓。

- 用量 - :(原文をお読みください)

- 禁忌 - :立証された過敏症┏┓。

- 相互干渉 - :テオフィリン は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=増加させる_【・*を |*←_毒性_ 】┏┓。    cimetidine  は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=増加させる_【・*を |*←〈その〉_抗−_腫瘍__効果_《複数》 】┏┓。    zidovudine  、及び、  vinblastine は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=増加させる_【・*を |*←_毒性_ 】┏┓。

- 妊娠関連の注意 - :クラス C : 胎児リスク が 明らかにされている--【・*に於いて |*←_研究_《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←動物《複数》】━━、しかし、それ は 確立されていない、又は、研究されていない--【・*に於いて |*←ヒト《複数》 】┏┓。    それ は ¨ ∬ ¨してよい 【 ∬=使用する--【・もし『 』なら…|『_利益_《複数》 が 上回る--【・*を |*←リスク{☆への}¨ ⌒〔 ☆←胎児 』】┏┓。

- 使用上の注意 - :注意が必要である--【・*が存在する場合には |*←_脳転移_《複数》、 _重症の_肝不全 、又は、 腎不全、 _発作性`疾患_《複数》、 _多発性`硬化症_ 、又は、 低下した_中枢神経系_ 】┏┓。    伴う_【・*を |*←_疲労感_ 、及び、 _倦怠_ 】┏┓。    _長期的_使用 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=伴う_【・*を |*←鬱状態 、及び、 _貧血_ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Interferons

******************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

ビスフォスフォネート薬


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
******************************

_ビスフォスフォネート薬_《複数》 は 抑制する--【・*を |*←_骨`吸収_--【・*を通じて |*←作用{☆への}¨ ⌒〔 ☆←_破骨`細胞_ 、又は、 _破骨`細胞_ の 前駆_細胞_《複数》 】┏┓。

〔 pamidronate《 Aredia® 》


- 記述 - :抑制する--【・*を |*←正常な 、及び、 異常な 骨吸収 】┏┓。    ¨ ∬ ¨(する)ようである 【 ∬=抑制する--【・*を |*←骨吸収--【 ∬ (する)こと無しに | ∬=抑制する--【・*を |*←_骨_形成 、及び、 _骨`ミネラル化_ 】┏┓。    〈その〉最適な_投与_タイミング 、及び、 _治療__持続`期間_ が _研究_されつつある┏┓。    _投与_される--【・静注で--【・*をかけて |*← 2 時間 】┏┓。     より新しい_薬_《複数》{§(の性質の)}¨ ⌒〔 §←類似している_--〔・*に於いて |*←構造 、及び、 機能 】━━ が _研究_されつつある━━、そして、それら が ¨ ∬ ¨(する)ようである 【 ∬=持つ_【・*を |*←_改善_された_有効性_ 、及び、  より大きな利便性 】┏┓。

- 用量 - :(原文をお読みください)

- 禁忌 - :立証された過敏症┏┓。    _低カルシウム`血症_┏┓。

- 相互干渉 - :報告されていない。

- 妊娠関連の注意 - :クラス C : 胎児リスク が 明らかにされている--【・*に於いて |*←_研究_《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←動物《複数》】━━、しかし、それ は 確立されていない、又は、研究されていない--【・*に於いて |*←ヒト《複数》 】┏┓。    それ は ¨ ∬ ¨してよい 【 ∬=使用する--【・もし『 』なら…|『_利益_《複数》 が 上回る--【・*を |*←リスク{☆への}¨ ⌒〔 ☆←胎児 』】┏┓。

- 使用上の注意 - :モニターすること_【・*を |*←_高カルシウム血症_−関連の パラメタ《複数》《 つまり、_血中`レベル_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_カルシウム_、 リン酸、 マグネシウム、 カリウム 》--【いったん『 』したら…|『_治療_ が 始まる 』】┏┓。    十分な 摂取{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_カルシウム_ 、及び、 ビタミン D 】━━_が ¨※¨である 【・※←必要_--〔 ∬ (する)ことのために | ∬=_予防_する_【・*を |*←_重症の__低カルシウム`血症_ 】┏┓。    _併用_しないこと--【・*と |*← alendronate--【・*のために |*←_骨粗鬆症_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_閉経後の_女性《複数》 】┏┓。    _最近_ の 証拠 は 示唆する_【・*を |*←_可能的_な¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←顎の_骨壊死_ 】┏┓。

〔 zoledronic acid《 Zometa® 》


- 記述 - :_抑制_する_【・*を |*←_骨`吸収_】、--【 おそらく∬ (する)ことにより | ∬=働く--【・*に対して |*←_破骨`細胞_ 、又は、 その 前駆_細胞《複数》_ 】┏┓。    _効果的_--【 ∬ (する)ことに於いて | ∬=治療する_【・*を |*←〈その〉_高カルシウム血症_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_悪性_ 】┏┓。

- 用量 - :(原文をお読みください)

- 禁忌 - :立証された過敏症┏┓。

- 相互干渉 - :同時_投与_{☆との}¨ ⌒〔 ☆←ループ利尿剤《複数》】━━ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=増加させる_【・*を |*←¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_低カルシウム`血症_ 】┏┓。

- 妊娠関連の注意 - :クラス B : 胎児へのリスク は 確認されていない--【・*に於いて |*←_研究《複数》_{☆での}¨ ⌒〔 ☆←ヒト《複数》】━━、しかし、それ は 示されて在る--【・*に於いて |*←いくらかの_研究_《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←動物《複数》 】┏┓。

- 使用上の注意 - :注意 が 必要--【・*が存在する場合には |*←腎不全 】┏┓。    ¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_腎`機能`悪化_】━━ は 増加する--【・*により |*← 15 分間 以下 での _静注_点滴 】┏┓。    インフルエンザ様`症候群《 例えば、_発熱_、 関節痛《複数》、 筋肉痛_、 骨格痛 》、 _消化管`系__反応_《複数》、 _貧血_、 不眠症、 _呼吸困難_、 電解質・ミネラル 傷害《複数》《 例えば、_低__レベル_となった _血液中_リン酸 、 _カルシウム_、 マグネシウム 、及び、 カリウム 》━━ が ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=起きる 】┏┓。    _最近_ の 証拠 は 示唆する_【・*を |*←〈一つの〉_可能的_な¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_顎`骨壊死_ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Bisphosphonates

******************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

コロニー刺激因子《CSF》


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_コロニー刺激因子 は 誘発する--【・*を |*←_赤血球`生成_ 】┏┓。

〔 epoetin alfa、erythropoietin《 Epogen®、Procrit® 》



- 記述 - :刺激する_【・*を |*←分裂/分化{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_方向づけられた`赤血球`前駆`細胞_《複数》】┏┓。    誘導する--【・*を |*←¨¨放出{☆の}{★からの}{▼への}¨ ⌒〔 ☆←_網状`赤血球_《複数》⌒〔 ★←_骨髄_⌒〔 ▼←〈その〉_血液`循環 】┏┓。

身体`本来的_に産生される_ホルモン{ ∬ (される)}¨ ⌒〔 ∬=産生される --【・*により |*←〈その〉_腎臓_《複数》--【 ∬ (する)ことのために | ∬=刺激する_【・*を |*←_骨髄_による産生{☆の}¨ ⌒〔 ☆←赤血球_細胞《複数》_ 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_多発性`骨髄腫_】━━、¨¨_投与_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_外生`的_erythropoietin 】━━ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=矯正する_【・*を |*←_貧血_】、《 もたらして_【・*を |*←〈一つの〉_有意_ な _改善_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_活動ステータス_ 、及び、 _生活の質_ 》 】┏┓。

- 用量 - :(原文をお読みください)

- 禁忌 - :立証された過敏症┏┓。    コントロールされていない 高血圧┏┓。

- 相互干渉 - :報告なし。

- 妊娠関連の注意 - :クラス C : 胎児リスク が 明らかにされている--【・*に於いて |*←_研究_《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←動物《複数》】━━、しかし、それ は 確立されていない、又は、研究されていない--【・*に於いて |*←ヒト《複数》 】┏┓。    それ は ¨ ∬ ¨してよい 【 ∬=使用する--【・もし『 』なら…|『_利益_《複数》 が 上回る--【・*を |*←リスク{☆への}¨ ⌒〔 ☆←胎児 』】┏┓。

- 使用上の注意 - :注意が必要--【・*が存在する場合には |*←_ポルフィリン症_ 、及び、 _てんかん`発作_ の 病歴 】┏┓。    減らすこと_【・*を |*←〈その〉_用量_--【もし『 』なら…|『〈その〉ヘマトクリット上昇 が 超える_【・*を |*← 4 U--【・*に於いて |*←如何なる 2 週間`期間 』】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Colony-stimulating Factors

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

抗生物質


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

¨治療{☆による}¨ ⌒〔 ☆←_抗生物質_《複数》】━━ は ¨ ∬ ¨ねばならない 【 ∬=カバーする_【・*を |*←全ての可能性のある病原体《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_多発性`骨髄腫_ の _臨床的__状況設定_ 】┏┓。

〔 trimethoprim-sulfamethoxazole 〕


- 概説 - :_抑制_する_【・*を |*←細菌の 成長--【 ∬ (する)ことにより | ∬=_抑制_する_【・*を |*←〈その〉合成{☆の}¨ ⌒〔 ☆← dihydrofolic acid 】┏┓。

- 用量 、禁忌、相互干渉、使用上の注意- :(原文をお読みください)


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Antibiotics

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

免疫`抑制`薬


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_免疫`抑制`薬_《複数》 は _抑制_する_【・*を |*←主要な因子《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_免疫_システム{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==担当する_【・*を |*←_免疫__反応_《複数》 】┏┓。

〔 thalidomide 〕


- 概説 - :_免疫`調整薬{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==¨ ∬ ¨(する)と考えられる 【 ∬=■__抑制_する_【・*を |*←過剰な産生{☆の}¨ ⌒〔 ☆← TNF-alpha 】|-そして-|■__減少性`制御する_【・*を |*←_選択_された_細胞_−表面 接着分子《複数》{ ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=関与する--【・*に |*←_白血球`遊走_ 】┏┓。    --【・*の理由から… |*←懸念《複数》{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←催奇形性】━━、thalidomide は ¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=処方される--【・*によって |*←登録された医者《複数》だけ】━━、そして、それ は 調剤される--【・*によって |*←登録された薬剤師《複数》 】┏┓。    _患者さん《複数》_ は ¨ ∬ ¨ねばならない 【 ∬=参加する_【・*に |*←進展中 の 調査--【 ∬ (する)ことのために | ∬=受ける_【・*を |*←_治療_ 】━━、そして、わずかに 28 日間分 が ¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=処方される--【・一度に 】┏┓。

- 用量、禁忌、相互干渉、使用上の注意 - :(原文をお読みください)

〔 lenalidomide 〕


- 概説 - :適応がある--【・*に |*←〈その〉輸血−依存性_骨髄`異形成`症候群_サブタイプ{☆の}¨ ⌒〔 ☆←欠損 5q_細胞`遺伝学`的_異常 】┏┓。    構造的に 類似--【・*に |*← thalidomide 】┏┓。    引き出す_【・*を |*←_免疫`調整的 、及び、 _抗−_血管新生_的 属性《複数》 】┏┓。    _抑制_する_【・*を |*←_炎症`誘発`性_サイトカイン 分泌】━━、そして、増加させる_【・*を |*←_抗_−炎症性 サイトカイン《複数》{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←末梢血 単核_細胞《複数》_ 】┏┓。

- 用量、禁忌、相互干渉、使用上の注意 - :(原文をお読みください)


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Immunosuppressant Agents

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

資料 A=_治療_の全体像


資料 Source

American Cancer Society ホームページ
原文へのリンク: 本コーナーでは、情報の在処と記事概要の迅速なご紹介を目的としています。内容そのものや最新情報は、下記リンク先の原文をお読みになって、ご確認ください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、トップページへのリンクです。ご了解ください)


American Cancer Society のホームページ



当サイトの部位別治療法のページへ


key words(編集用の記述):がん、がん、癌、腫瘍、白血病、メラノーマ、欧州、米国、アメリカ、標準治療、抗がん剤、抗がん剤、抗癌剤、血液、リンパ、脳、乳がん、肝臓、胃、大腸、小腸、結腸、直腸、子宮、卵巣、精巣、頭頸部、肺、膵臓、前立腺、皮膚、甲状腺、腎臓、膀胱、神経


更新日付

第 1 回のまとめ: 2005 年 11 月 29 日


_A0 ステージ決め



【ステージ決めのシステム】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

ステージ決め(がんがどの程度進行しているかを決める作業)は、治療選択肢を決める上で重要である。

多発性骨髄腫のステージ決めは、Durie-Salmon システムを使用して行うことがある。医者の中には、このシステムを使用する者もいるが、このシステムの価値は次第に限定されてきている。何故なら、新しい診断技術が出てきているからである。医者の中には、より単純なシステムとして、2 つの要因(血液中のアルブミン、及び、ベータ-2-ミクログロブリンのレベル)だけによるシステムを使用する者もいるし、染色体の変化や、骨髄腫の成長速度といった要因を使う者もいる。

Durie-Salmon システムは、4 つの要因を基礎にしている:

◇血液、又は、尿中の異常な単一クローン性の免疫グロブリンの量: 大量の単一クローン性の免疫グロブリンが存在するということは、悪性の形質細胞が多数存在し、それらが異常な蛋白質を産生していることを示している。

◇血液中のカルシウム量: 血液中のカルシウムレベルが高いことは、骨のダメージが進行していることと関連している(骨には多量のカルシウムが含まれており、骨がダメージを受けると、血液中にカルシウムが放出される)。

◇X 線写真に基づく骨のダメージの重症度: 骨のダメージがある領域が X 線写真で多数みられることは、多発性骨髄腫が進行したステージにあることを示す。

◇血液中のヘモグロビンの量: ヘモグロビンは、赤血球に含まれ、酸素を運ぶ物質である。ヘモグロビンレベルが低いことは、骨髄腫細胞が骨髄のスペースを多く占拠し、正常の赤血球を産生する骨髄細胞のためのスペースが不足していることを示す。

多発性骨髄腫の程度を分類する上で、3 つのステージが存在する:

◇ステージ I :骨髄腫細胞の数は比較的少ない。そして、以下の条件すべてにあてはまる:
‥‥ヘモグロビンレベルは、正常値よりわずかに低いだけである。( 10 グラム / デシリットル超)
‥‥骨の X 線写真では、正常、又は、骨のダメージがあるのが 1 個所だけである。
‥‥血液中のカルシウムレベルが正常( 12 ミリグラム / デシリットル未満)
‥‥血液や尿中の単一クローン性の免疫グロブリンが比較的に少量である。

◇ステージ II :骨髄腫細胞の数は中等度である。特徴は、ステージ I とステージ III との中間である。
◇ステージ III :多数の骨髄腫細胞が存在し、以下の条件のどれかがあてはまる:
‥‥ヘモグロビンレベルが非常に低い( 8.5 g/dl 未満)
‥‥血液中のカルシウムレベルが高い( 12 mg/dl 超)
‥‥骨のダメージのある個所が 3 個所以上ある。
‥‥血液や尿中に単一クローン性の免疫グロブリンが多量に存在する。

◇再発性の多発性骨髄腫: 多発性骨髄腫は、骨に再発することも、身体の他の個所に再発することもある。

◇緩徐進行性の骨髄腫: ステージ II のままで長く留まっているケースについて、この言葉を使うことがある。

◇くすぶり骨髄腫: ステージ I のままで長く留まっているケースについて、この言葉を使うことがある。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【ステージごとの生存率】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

以前は、ステージごとに生存率を示すことができた。しかし、新しい治療法が出てきたため、そのようなデータは現在では存在しない。現在では、以下のような、ステージ以外の基準で予後を判断するようになっている。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【ステージ以外の予後因子】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

上記のステージ決めシステムで説明した要因(骨の X 線写真、血液や尿中の単一クローン性の免疫グロブリン量、血液中のヘモグロビンやカルシウム量)以外に、いくつかの他の試験を実施して、予後の判断や治療選択肢の決定の参考にすることがある。

医者のなかには、血液中のベータ - 2 - ミクログロブリンの量を、骨髄腫の患者さんの予後判断の基準としている者がいる。この物質(蛋白質の一種)は、骨髄腫細胞が作り出すものであり、多分、体内の骨髄腫細胞の量を示す単一物質としては最適のものである。この物質はステージ決めシステム(上述)には含まれていないが、ステージが高くなると、この物質の血液中のレベルも高くなる。この物質は、腎臓に障害がある場合にもレベルが上昇する。この物質のレベルが非常に高い場合は、多数の骨髄腫細胞が存在し、腎臓にダメージがあることを示しており、予後は劣る。

血液中のクレアチニンレベルも、腎臓の状態に関連する。この物質は腎臓から分泌されるものであるが、腎臓が単一クローン性の免疫グロブリンでダメージを受けると、この物質の血液中のレベルが上昇する。

骨髄腫細胞標識率(形質細胞標識率と呼ぶこともある)は、骨髄腫細胞の成長速度を示す。この値の測定には、骨髄から採取した骨髄腫細胞を使用し、特殊な検査室で検査を行う。この数値が高いことは、がん細胞が、より急速に蓄積していることを示すことがある。

第 13 染色体などの染色体の異常がある場合には、予後が劣ると考えられる。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


_A1 治療の概観

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

多発性骨髄腫であると診断され、ステージ決めができると、治療チームと患者さんとで、治療選択肢を討議する。患者さんは、十分な時間をとって、全ての治療選択肢を考慮すべきである。セカンド・オピニオンを求めることにより、より多くの情報を得られ、自分で選択した治療選択肢に、より自信をもつことができる。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


_A2 化学療法



【多発性骨髄腫の治療用の化学療法レジメン】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

化学療法とは、薬を使って多発性骨髄腫細胞を破壊したり、抑えたりする治療法である。これらの薬は、経口、又は、静脈注射や筋肉注射で投与するので、結局は血液中に入り、身体の全ての部分に到達する。従って、この治療法は、多発性骨髄腫のように、広く拡大する傾向があるがんの治療法として有用である。

多発性骨髄腫に対する通常の治療法は、過去数年間で、大幅に変化した。造血幹細胞移植が実施されるようになったからである。

過去 30 年間の標準的な化学療法レジメンは、2 剤の併用であった。つまり、メルファラン + プレドニソンであった。これ以外にしばしば使用されてきた薬として、ビンクリスチン、シクロホスファミド、カルムスチン、ドキソルビシン、がある。(時々これらの薬は、メルファラン + プレドニソンと併用する) デキサメタゾンをプレドニソンの代わりに使用することがある。

以上の薬を併用して使用する方法は、これらの薬それぞれを単独で使用する方法よりも、より効果的である。そのような併用レジメンには、併用する個々の薬の頭文字を使った名称がついている。例えば、以下の併用レジメンがある:

◇MP :メルファラン + プレドニソン
◇VBMCP :ビンクリスチン + カルムスチン(BCNU) + メルファラン + シクロホスファミド + プレドニソン
◇VAD :ビンクリスチン + ドキソルビシン(アドリアマイシン) + デキサメタゾン
◇Thal - Dex :サリドマイド + デキサメタゾン

どのようなレジメンを選び、どの程度の用量を投与するのかは、多くの要因(がんのステージ、年齢、患者さんの腎機能、など)を考慮して決める。

もう1つの考慮要因は、幹細胞移植が計画されているかどうかである。それが計画されている場合には、骨髄へのダメージが特に強い薬(メルファラン、シクロホスファミド、カルムスチン、など)の使用を避ける医者が多い。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【化学療法の副作用】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

化学療法剤はがん細胞を殺すが、正常細胞に損傷を与えることがある。化学療法の副作用を避けたり、軽減するために、慎重な注意が払われる。これらの副作用は、薬のタイプ、投与量、投与期間の長さ、によって異なる。

化学療法剤は、急速に分裂している細胞を特異的に攻撃する。がん細胞は、正常細胞よりも、細胞分裂に費やしている時間の割合が多いことが、これらの化学療法剤が有効であることの理由である。

しかし、正常な細胞でも、特定の細胞(骨髄、口や腸の粘膜、毛包、などの細胞)は、消耗した細胞を置き換えるために、常に分裂が必要である。従って、このような細胞は、化学療法剤によって最も影響を受けやすい。その結果、副作用が起きる。

化学療法剤使用に伴う副作用としては以下のようなものがある:
◇脱毛
◇口内炎
◇感染リスクの増大(白血球不足による)
◇軽度の切り傷やケガによる出血やアザ(血小板の不足による)
◇疲労感、息切れ(赤血球の不足による)
◇食欲不振、吐き気、嘔吐(これらの副作用は、部分的には、腸の細胞へのダメージによって起きるが、特定の化学療法剤の場合には、脳内の、食欲や嘔吐をコントロールしている領域へ影響が及ぶことによっても起きることがある)

これらの副作用は通常、一時的なもので、治療を止めれば消失する。

副作用の問題がある場合は、治療チームに告げること。何故なら、副作用を軽減するための方法がしばしば存在するからである。例えば、吐き気や嘔吐を予防したり軽減するために、制吐剤を化学療法剤と一緒に投与することがある。

以上のような一時的な副作用以外に、化学療法剤の中には、特定の臓器(心臓や腎臓など)に恒久的なダメージを与えることのあるものもある。このようなリスクは、利益と慎重に比較する必要があり、また、ダメージがあるかも知れない臓器の機能は、慎重にモニターしていく必要がある。重大な臓器ダメージが発生した場合は、問題の薬は中止し、他の薬に変更する。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【サリドマイド】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

サリドマイドは、もともと鎮静剤として開発されたものの、先天性障害の原因となるとして、禁止された薬であるが、現在、骨髄腫の治療に使用されている。デキサメタゾンと併用した場合、患者さんの約 70% で、骨髄腫の部分的な、又は、完全な消失が得られる。しかし、この消失は、一時的であることがある。サリドマイドには、重要な副作用がある。重症の便秘、手足の無感覚やチクチク感、疲労感、眠気、などである。眠気以外の副作用は、サリドマイドの使用期間が長いほど悪化する。サリドマイドに類似しているが、副作用が少ない新薬が開発中であり、臨床での使用が近づいている。

尚、上記の併用レジメン(サリドマイド + デキサメタゾン{ Thal-Dex と呼ばれる})は、【多発性骨髄腫の治療用の化学療法レジメン】の項目であげたレジメンよりも優れていると示唆されている(とくに、幹細胞移植が予定されている患者さんの場合)。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【 bortezomib (Velcade)】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

以前は PS - 341 と呼ばれていた製品である。最近 FDA は、当該製品を、これまでに少なくとも 2 種類の化学療法を受けた後に再発した多発性骨髄腫の治療用として、認可した。bortezomib は、プロテアソーム抑制薬という新しいタイプの薬である。この薬は、プロテアソームという酵素複合体が、特定の重要な蛋白質群(細胞分裂を厳格にコントロールする機能をもっている)を分解することを抑制する。この薬は、正常細胞よりも、がん細胞のほうに、より強く働くようであるが、副作用がないわけではない。

bortezomib は、2 件の臨床試験のデータを基に認可されたのであるが、それらの臨床試験に於いて、この薬の投与を受けた患者さんの約 1 / 3 でがんが縮小することが示された。

現在、上記の臨床試験よりも大規模な臨床試験が進展中であり、この臨床試験では、この薬で生存期間が伸びるのかどうか、病気のより早期の段階でこの薬を使用しても有用であるかどうか、について評価が行われている。

bortezomib の最も高頻度の副作用として、臨床試験から報告されているのは、吐き気、嘔吐、疲労感、下痢、便秘、血小板減少、発熱、食欲減退、などである。若干例の末梢性ニューロパシー(手足の無感覚やチクチク感)も報告されている。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【ビスフォスフォネート】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

骨髄腫のケースで、懸念されることの多い症状は、骨へのダメージによる症状である。骨髄腫細胞は、骨を溶かすことがあり、骨が弱くなったり、骨折が起きたりすることがある。このプロセスを、ビスフォスフォネートによって遅くすることができる。

骨髄腫のケースでの骨へのダメージ治療用として標準的なビスフォスフォネートは、パミドロン酸、又は、zoledronic acid(zolendronate)で、これらを静脈注射する。骨へのダメージがある患者さんの場合、骨髄腫に対する化学療法と同時にビスフォスフォネートの投与を始めることが勧められることが多い。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【利尿薬】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

利尿薬は、体内の過剰の体液や塩類を排泄するのに有用である。また、鎮痛剤によって生活の質を改善できる。臨床試験によれば、鎮痛剤で痛みを軽減できた患者さんのほうが、生存期間が伸び、通常の生活をよりよく続けることができる。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


_A3 放射線療法

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

放射線を、化学療法が奏効せず、痛みの原因となっているダメージを受けている骨の領域に対して、実施することがある。

多発性骨髄腫の患者さんの場合、感覚の変化、脚の筋肉の無力化、排尿問題、腸の動き、といったことが突然に起きることがある。このようなことは、骨髄腫のために背骨が弱まり、脊髄に圧力が加わることにより起きることがある。これは緊急の手当を必要とする状況であるから、直ちに医者への連絡が必要である。治療としては、放射線療法や外科手術が実施されることがある。

放射線は、弧発性の形質細胞腫に対する最も一般的な治療法でもある。

多発性骨髄腫や弧発性の形質細胞腫の治療に使用される放射線療法は、外部線源放射線療法である(身体の外からがんの部分へ放射線をあてる)。放射線療法を受けるのは、診断用の X-線写真撮影を受けるのと同様であるが、治療にはより時間がかかり、通常、数週間にわたり、1 週間に数回の照射が繰りかえされる。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


_A4 外科手術

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

外科手術は、時によっては、弧発性の形質細胞腫の除去のために実施することがあるが、多発性骨髄腫の治療に使用されることは、稀である。

脊髄圧迫の結果として、麻痺、重症の筋脱力、無感覚、などが起きた場合、緊急手術が必要となることがある。非緊急の手術(予定手術)によって、金属の棒や板を設置することによって、弱まっている(体重を支える)骨をサポートすることが可能で、骨折を予防するために必要であることがある。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


_A5 生物学的治療



【原理】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

生物学的治療法は、免疫療法とも呼ばれ、免疫システムの特定の部分を使用して、がんと戦う治療である。具体的には、患者さん自身の免疫システムを刺激して、より強力に働くようにさせる方法もあるし、外部からのもの(人工の免疫システム蛋白質など)を使用する方法もある。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【インターフェロン】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

インターフェロンとは、特定の白血球や骨髄細胞が分泌する、ホルモンに似た物質である。IL-6 とはちがって、インターフェロンは、骨髄腫細胞の成長を遅くする。インターフェロンは、化学療法と併用する場合もあるが、今までのところ、最も効果的なのは、化学療法を受けて寛解を得た患者さんで使用する方法である。インターフェロンは、寛解を伸びさせるものと思われる。

副作用として、インフルエンザ感染に類似した症状(疲労感など)などを起こすことがある。若干の患者さんでは、この副作用を忍容できない場合があるが、全体としては、寛解が長くなったり、骨髄腫の症状が軽減する利益のほうが、副作用よりも重要である。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【エリスロポイエチン】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

エリスロポイエチンは、貧血(赤血球数低下)の是正の助けになる薬である。医者の大部分は、この薬が、多発性骨髄腫での貧血や、その症状(脱力感、めまい感、運動の困難)の改善の助けになる、と考えている。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


_A6 高用量化学療法と幹細胞移植



【原理】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

この方法は、骨髄腫以外には健康な、より若年の患者さんに対する標準的な治療法となっている。多くのセンターは、最高 70 歳までの患者さんに対して、この方法を使用している。くつかの研究の結果として、この方法が、標準的な化学療法と比較して、生存期間を長くできることが示されている。

この方法の第一段階は、骨髄腫の治療で、これは、患者さんの体内の骨髄腫細胞を減らすことが目的である。使用する薬は、サリドマイド、又は、ビンクリスチンとドキソルビシン(アドリアマイシン)との併用である。(いずれの場合にも、デキサメタゾンも併用する)VAD レジメン(*)の不利な点の一つは、特別な Iカテーテルを、大静脈に設置する必要がある点である。

(*)mougitaro注: VAD レジメンとは、本文のすぐ上に書かれている、ビンクリスチン、アドリアマイシン、デキサメタゾンの併用のことです。

上記の化学療法の後に、しばしばシクロホスファミド(これも化学療法剤)と白血球産生を刺激する薬とを投与する。その後、白血球アフェレーシスという技術によって、患者さん自身、又は、ドナーの血液から造血幹細胞を採取する。(この技術では、血液を患者さん、又は、ドナーから装置へ循環し、幹細胞を採取した後に、血液を患者さん、又は、ドナーへ返す) 骨髄から幹細胞を採取することもある。

上記のようにして採取した幹細胞は凍結し、患者さんが高用量化学療法を受ける間は保存しておく。高用量化学療法に使用される薬は通常、メルファランである。高用量化学療法によって、患者さんの骨髄にある細胞のほとんど全て(造血幹細胞や形質細胞を含め)が破壊される。このことは、通常は生命に関わることであるが、高用量化学療法の後に、解凍した幹細胞を患者さんに注入することで、避けることができる。幹細胞は、血液中に注入され、骨髄へ到着し、成長を始める。

高用量化学療法の後の期間には、患者さんはしばしば、高熱を発することがある。この原因はしばしば感染である。これは、静脈注射による抗生物質投与によって治療する。もう1つの高頻度の問題は、口内炎である。非常に痛くなることがあり、オピオイド系鎮痛剤を使用することがある。化学療法によって、腸管の細胞がダメージを受け、痙攣痛や下痢が起きることがある。また、骨髄による血液細胞産生が一時的に不可能になるため、赤血球や血小板の輸血が必要となることがある。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【自家幹細胞移植】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

これは、患者さん自身の造血幹細胞を使う方法である。この方法は比較的に安全であり、重大な合併症のリスクは低い。従って、この方法は、高齢の患者さんでも実施可能である。

しかし、高用量化学療法で全ての骨髄腫細胞を殺すことは難しいことから、自家幹細胞移植の場合には、結局は骨髄腫が再発することが多い。若干の患者さんの場合には、骨髄腫がない期間が長く得られるが、この方法が治癒的であると言うことはできない。

とはいえ、この方法は、条件を満たす患者さんにとっては、優先的な治療法となりつつあることが明らかで、2002 年には、北米で 4,000 例ほどが実施された。

一部の医者が勧めているのは、この方法を、繰り返す(最初の移植の 6 から 12 ヶ月以内の間に)方法である。これはタンデム移植と呼ばれる。最近の研究では、タンデム移植によって、1 回の移植の場合よりも、生存期間が長くなることが示されている。しかし、当然ながら、副作用も強くなる。新しい研究の結果が得られつつあり、この分野は、急速に進展中である。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【他家幹細胞移植】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

この方法が実施されることは、自家幹細胞移植の場合よりもはるかに少ない。この方法の場合には、ドナー(通常は血縁者、又は、より低頻度であるが、組織タイプが適合する非血縁者)からの造血幹細胞を使用する。

この方法の場合、重症の合併症のリスクが、自家幹細胞移植よりも高い。しかし、寛解が長くなることがある。何故なら、ドナーからの免疫システム細胞が、骨髄腫細胞の破壊を助けることがあるからである。

この方法が、骨髄腫治療用として使用されることは少ない。その理由は:
◇移植に伴う副作用に耐えるためには、患者さんは比較的に若い必要がある。(骨髄腫の患者さんは大部分が高齢の人たちである)
◇ドナーの組織タイプが患者さんの組織タイプと適合する必要がある。

2002 年に他家幹細胞移植が北米で実施されたのは、500 件未満である。

一定の他家幹細胞移植では、特定の化学療法剤(通常は、fludarabine )を低用量で使用することがある。移植された幹細胞が、高用量の場合のような毒性の問題なしに、生着できるようにするためである。この方法を、「骨髄非破壊的な移植」という。この方法は、より高齢の患者さんでも実施可能である。化学療法剤で骨髄腫細胞が破壊されなくても、移植された造血幹細胞が骨髄腫細胞を破壊してくれることを期待する方法である。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


_A7 プラズマフェレーシス

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

この技術では、静脈からの血液を装置へ循環させる。装置の中で、血球を血漿から分離し、残りの部分(主として赤血球)を、他の静脈から身体へ返す。血漿は、骨髄腫細胞によって作り出された異常な抗体抗体蛋白質を含むため、それは捨てて、食塩水と、ドナーからの血液蛋白質で入れ替える。

この技術は、特定の骨髄腫による蛋白質によって血液の濃度が高くなり、血液循環の妨害をするようになることを防ぐことができる。この技術によって、一定の症状を軽減可能であるが、骨髄腫細胞を殺すわけではない。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


_A8- 臨床試験

(まとめ省略)

_A9- 代替治療

(まとめ省略)

_A10 ステージごとの治療法



【弧発性の形質細胞腫】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

放射線療法で治療する。多発性骨髄腫が始まったことが明らかにならない限り(明らかになるまでは)薬は使用しない。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【ステージ I、又は、くすぶり骨髄腫】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

症状がない場合には、慎重なフォローアップ検査だけを行い、直ちには治療を実施しないことが通常勧められる。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【以上以外の全てのステージ】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

症状がある場合、又は、骨へのダメージが始まっている徴候があり、幹細胞移植の予定がない場合、併用化学療法が勧められる。

通常の化学療法レジメンは、MP (*)であるが、他のレジメン( VBMCP など(*))が使用されることもある。
(*)mougitaro注:これらのレジメンについては A2.化学療法の項目を参照してください。

この時点では、ビスフォスフォネートも投与することがある。ダメージを受けている骨の部分が、化学療法やビスフォスフォネートに反応しない場合は、外部線源放射線療法を実施することがある。

幹細胞移植が予定されている場合、VAD レジメン、又は、Thal-Dex レジメンを実施する。これに続いて、幹細胞移植を実施する。(幹細胞の採取は、シクロホスファミドと白血球産生促進薬による治療の後に、実施される) その後、高用量のメルファランを投与する(静脈からの投与)。幹細胞移植は通常、自家幹細胞移植である。6〜12ヶ月間の間に繰り返すこともある。

もう1つの選択肢は、他家幹細胞移植である。これは治癒能力があり得る方法であるが、自家幹細胞移植よりも副作用が強く、場合によっては、生命に関わることがある。高用量化学療法と他家幹細胞移植との組み合わせが実施可能であるのは、45 歳〜50 歳未満の、より若年の患者さんであり、このような患者さんは、多発性骨髄腫のなかの一握りだけである。

もう1つのアプローチは(特により高齢の患者さんのための)、骨髄非破壊的な他家幹細胞移植である。

化学療法の後にインターフェロンで治療することにより、骨髄腫の再発防止に役立つことがある。しかし、この方法には重症の副作用が伴うことがある。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


_A11 研究・治療の新動向

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

多発性骨髄腫の成因や治療法について、多くの機関で重要な研究が行われており、毎年新しい発見がなされ、多くの薬が臨床試験中である。

例えば、高用量化学療法と骨髄移植とを実施した患者さんで、生存率を改善すべく研究が行われている。これまでの研究によって、この治療戦略によって、(患者さんが、その副作用に耐えることができるだけの健康状態にある場合)、一定の患者さんで生存期間が伸びることが示されている。しかし、大部分の患者さんで、結局病気が再発することが多い。他家幹細胞移植(とくに、骨髄非破壊的な方法)の、自家幹細胞移植の後での実施について、研究が進展中である。

最近の研究で、骨髄支持組織(間質細胞という)が、インターロイキン - 6( IL-6 )を産生することが分かった。この IL-6 は、多発性骨髄腫の細胞の強力な成長因子であり、結局は骨の破壊に至らせる物質である。従って、IL-6 の機能を阻止すべく研究が進展中である。

その他の成長因子として、RANKL が発見されている。この物質は、骨を溶かす細胞を刺激する。そして、この物質は、骨髄で産生されるものであって、多発性骨髄腫の患者さんでのほうが、正常な場合よりも多量に産生されているらしい。体内でもともと産生されるもう一つの物質として、osteoprotegerin が発見された。この物質は、RANKL の働きを阻止する。このシステムを介して、骨の破壊を阻止しようとする研究が進展中である(多分、患者さんに osteoprotegerin 投与することで)。しかし、最初に見つける必要があるのは、この物質を大量に調製する方法である。

研究により、サリドマイドが骨髄腫に対して有効であることが示されている。しかし、この薬は、眠気や神経へのダメージといった副作用をもっている。新しい薬のグループとして、ImiDs と呼ばれるグループが開発され、これらは、サリドマイドと同じように作用し、しかも、サリドマイドのような副作用がない。これらのうち、2 つの薬、CC-5013 と CC4047 が、現在臨床試験中である。これら 2 つの薬は、一定の利益を示している。

その他の薬として、三酸化ヒ素の、骨髄腫治療への応用が研究されている。今までのところでは、実験室段階で有効であることが示されているだけであるが、臨床試験が開始された。

血管の成長を阻止する薬が、骨髄腫に対する治療用として研究中である。この薬は、VEGF という分子を攻撃するもので、今のところ、PTK787/ZK222584 というコード名で呼ばれている。

ファルネシル転移酵素という物質が、がんの成長に重要な役割を演じているが、この物質の働きを阻止する薬が開発されている。このような薬(ファルネシル転移酵素阻害薬(FTI))として、2 つの薬が骨髄腫のケースに対し、臨床試験中である。

幹細胞移植の改善に向けても、多くの研究が行われている。実験的なアプローチとして、自家幹細胞移植の実施に続いて、他家幹細胞移植を実施するという方法があり、有望であるが、さらに研究が必要である。

新しい放射性の薬として、166Ho-DPTMP があり、この薬は、骨や骨髄の治療を目的としている。この薬は、幹細胞移植の準備段階に使用する薬として、臨床試験中である。予備的な結果によれば、有望である。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ