目次

index


→トップページへ戻る


お手数ですが、もう一度下記のリンクをクリックしてください:

情報データベース(血液・リンパ系、骨髄)のトップページへ




********************
当ファイルの目次ページへ

最新情報、アドバイス、当ファイル作成上の原則



最新情報のご案内


このファイルには、部位別に米国での現在の標準的な治療法に関する情報(の在処)を記述しています。最新情報は、関連の部位別情報データベース(このファイルの「トップページへ戻る」のリンクからジャンプ)の「治療ニュース、論文、総説」のところをご覧ください。

上記の項目には、欧米の約 50 の専門雑誌、学会報告、ニュース、などのサイトの最新号に於けるがんの治療に関する情報の在処を、可能なかぎり包括的にご紹介しています。決して、極々少数の記事だけを載せているようなものではありません。患者さんや家族さんのご参考にしていただけるものと思います。

********************
当ファイルの目次ページへ

アドバイス


治療を医者に決してお任せにならないことをお勧めします。このファイル(もし不十分でしたら、本やインターネットの他の資料)を勉強することで自ら状況を把握され、医者と対等に議論する姿勢を忘れないようにしてください。


********************
当ファイルの目次ページへ

当ファイル作成上の原則


複数の資料を参考にしてこのファイルを作成していきますが、各参考資料の内容を無理にまとめることはせず、原則として参考資料ごとに全て併記しておきます。重複したり、場合によっては資料間で矛盾しているように思われる場合があるかも知れませんが、データを残すことを重視しました。

********************
当ファイルの目次ページへ

疾患名 =骨髄異形成症候群、及び、骨髄増殖性疾患( Myelodysplastic Syndromes and Myelodysplastic/Myeloproliferative Diseases )


資料 A=治療の全体像


資料名=ACS('06/8)


American Cancer Society のホームページ
American Cancer Society のホームページ
(各ページには、当該ページに対応する原資料サイトのページへのリンクを設定してあります)

原資料更新時期=Feb.13, 2006

********************
当ファイルの目次ページへ

概観


American Cancer Society のホームページ
American Cancer Society のホームページ

記事のおおまかな内容: 上記サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分をすぐ後ろの【※← 】で説明しています)
*****blg↓********************

この資料の性格

この情報は代表する【・*を |*←¨見解 (※の)¨【:※←¨医者や看護婦 {※ところの}¨【∵※←奉仕している【::*に |*← American Cancer Society's Cancer Information Database Editorial Board::】∵】:】・】。   これらの見解は基礎としている【・*を |*←彼らの¨解釈 (※に関する)¨【:※←¨研究( 複数 ) {※ところの}¨【∵※←医学雑誌に発表された∵】:】| -AND- |彼ら自身の専門家としての経験・】。

¨治療情報 (※の中の)¨【・※←この文書・】は※ではない【・※←公式の¨ポリシー (※の)¨【:※← American Cancer Society:】・】そして、☆を意図していない【・☆←医学的な¨アドバイス {※ところの}¨【:※←置き換える【∵*を |*←¨専門的な技術や判断 (※の)¨【::※←個々の患者さんの治療チーム::】∵】:】・】。   ¨治療情報 (※の中の)¨【・※←この文書・】は意図している【・*を |*←助ける【:☆が¨§¨するように|☆←患者さんや家族さん|§←情報を持った上での決定をする【∵*と共に |*←治療チーム∵】:】・】。

個々の患者さんの医者は¨※¨かも知れない【・※←持っている【:*を |*←¨理由 (※の)¨【∵※←¨提案すること {※ところの}¨【::※←ここに記述した一般的な治療選択肢と異なる::】∵】:】・】。   遠慮しないでほしい【・*を |*←質問する【:*に |*←担当の医者:】【:*について |*←具体的な治療選択肢:】・】 (*)。

(*)mougitaro アドバイス:以上の記述は、言うまでもなく、米国の医師に関するものです。 日本では、ご自分のケースでの治療選択肢について医者に質問することは、米国に優るとも劣らずに重要なことです(その理由については、各種マスメディアで報じられるようになっていますから、ここでは省略します)。 ただし、現実には、日本でも医者に対して遠慮せずに質問する患者さんや家族さんが最近増えてきています。 これは、非常に良いことだと思います。 医者に治療に関する決定を任せるべきではありません。

〔治療について〕

骨髄異形成症候群《MDS》、及び、骨髄異形成的 / 骨髄増殖性疾患《複数》《MDS/MPD》は¨※¨である【・※←一つの¨グループ{☆の}¨【:☆←関連した病気《複数》:】・】。   異なる¨サブタイプ《複数》{☆の}¨【・☆←これらの病気《複数》・】は異なる【・*に於いて |*←それらの予後、及び、¨反応{☆への}¨【:☆←治療:】・】。   治療は基づく【・*に |*←@¨タイプ{☆の}¨【:☆← MDS や MDS/MPD:】| -AND- |A特定の¨特徴《複数》{☆のような}¨【:☆←患者さんの年齢、他の疾患の存在の有無:】・】。

¨患者さん《複数》{☆を有する}¨【・☆←これらの病気《複数》・】は治療される【・*により |*←¨専門家《複数》{☆のような}¨【:☆←血液専門医、腫瘍医:】・】。

(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。詳細・内容は、下記のリンク先の原文をお読みください。(但し、下記のリンクは個別資料へのリンクですので、もしリンク切れになっていましたら、American Cancer Society のホームページへジャンプし、そこから原文へアクセスしてください。 当該ホームページには、当サイトで概略をご紹介しているもの以外に非常に豊富な情報が記載されています。是非当該ホームページにアクセスされることをお勧めします)

原文へのリンク:

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )

*****blg↑********************
当ファイルの目次ページへ

化学療法


American Cancer Society のホームページ
American Cancer Society のホームページ

記事のおおまかな内容: 上記サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分をすぐ後ろの【※← 】で説明しています)
*****blg↓********************

〔化学療法の全般〕

化学療法とは¨※¨である【・※←¨使用{☆の}¨【:☆←¨抗がん剤《複数》{★ところの}¨【∵★←静脈へ注射されたり、経口で服用する∵】:】・】。   【・*のために… |*←¨患者さん{☆を有する}{ § ところの}¨【:☆←白血病や骨髄異形成症候群:】【:§←¨※¨の予定である【∵※←受ける【::*を |*←集中的な化学療法::】∵】:】・】、外科医が¨※¨ことがある【・※←設置する【:*を |*←一つの小さなプラスチックチューブ《静脈アクセス装置》:】【:*の中へ |*←一つの大きな静脈:】・】、そして、このチューブはそのままにしておかれる【・*の間 |*←一定の期間・】。   ¨末端{☆の}¨【・☆←当該チューブ・】は位置する【・*の下に |*←胸部の皮膚・】。   【・*により… |*←持つ【:*を |*←そのような容易な¨アクセス{☆への}¨【∵☆←血液循環∵】:】・】、看護婦が容易に¨※¨ことができる【・※←@注射する【:*を |*←化学療法剤やその他の薬《複数》:】| -AND- |A採血する・】。

化学療法剤《複数》は入る【・*に |*←血液循環・】、そして、到達する【・*へ |*←身体の大部分の領域・】。   従って、この治療法は¨※¨である【・※←有用・】【・*のために |*←¨病気《複数》{☆のような}{ § ところの}¨【:☆←骨髄異形成症候群:】【:§←局在しない【∵*に |*←身体の一ヶ所∵】:】・】。   ¨目的{☆の}¨【・☆←化学療法・】は¨※¨である【・※←@除去する【:*を |*←異常な幹細胞《複数》:】| -AND- |A可能にさせる【:*を |*←正常な細胞の成長:】・】。

〔一般的な参考:化学療法による副作用の全般〕(by American Cancer Society)

¨薬《複数》{★ところの}¨【・★←ガンの化学療法に使用される・】は特異的に攻撃する【・*を |*←¨細胞《複数》{★ところの}¨【:★←分裂している:】・】。   しかし、¨細胞《複数》{☆の}¨【・☆←一部の¨組織{☆のような}¨【:☆←骨髄、口内の粘膜、腸の粘膜、毛根、など:】・】は¨※¨の必要がある【・※←分裂する【:*のために |*←置き換える【∵*を |*←すり減った細胞《複数》∵】:】・】。   従って、これらの細胞《複数》は¨※¨である【・※←最も影響を受けやすい【:*により |*←化学療法:】・】、そして、それが¨※¨ことがある【・※←引き起こす【:*を |*←副作用《複数》:】・
】。

¨副作用《複数》{☆の}¨【・☆←化学療法・】は依存する【・*に |*←投与する薬のタイプや投与量、投与する期間の長さ・】。   副作用は¨※¨ことがある【・※←含む【:*を |*←以下の症状《複数》:】・】 :
◇脱毛
◇口内炎
◇感染症に対する抵抗の減退(白血球数低下による)
◇簡単にあざができたり、出血する(血小板数の低下による)
◇疲労感(赤血球数の低下による)
◇食欲減退、吐き気・嘔吐《これらの副作用《複数》は部分的には¨※¨である【・※←¨結果{☆の}¨【:☆←腸管の細胞への¨ダメージ{☆による}¨【∵☆←化学療法剤《複数》∵】:】・】が、¨影響{☆の}{ § への}¨【・☆←いくらかの薬《複数》・】【・§←脳の一部の¨領域《複数》{★ところの}¨【:★←コントロールしている【∵*を |*←食欲や嘔吐∵】:】・】も¨※¨ことがある【・※←原因となる・】。》

これらの副作用《複数》は¨※¨である【・※←通常は一時的・】、そして、解消する【・*の後に…|*←治療が完了した・】。

必ず、話してほしい【・*と |*←がん治療チーム・】【・どのような*についても |*←¨副作用{★ところの}¨【:★←患者さんが経験している:】・】、【・何故なら*であるから…|*←¨方法{☆のための}¨【:☆←副作用の軽減:】がしばしば存在している・】。   例えば、¨※¨ことができる【・※←投与する【:*を |*←薬《複数》:】【:*と併行して |*←化学療法剤《複数》:】【:*のために |*←予防したり軽減する【∵*を |*←吐き気や嘔吐∵】:】・】。   ¨薬《複数》{★ところの}¨【・★←知られている【:*として |*←成長因子《G-CSF、GM-CSF など》:】・】は¨※¨ことがある【・※←投与される【:*のために |*←@回復させる【∵*を |*←化学療法後の白血球数減少∵】| -AND SO- |A低下させる【∵*を |*←感染症リスク∵】:】・】。

【・*の場合… |*←白血球が非常に低下した【:*の間に |*←治療:】・】、患者さんは¨※¨ことができる【・※←軽減する【:*を |*←感染のリスク:】・】【・*により |*←慎重に避ける【:*を |*←細菌との接触:】・】。   注意してほしい【・*に |*←以下の事項《複数》・】【・*の間 |*←この期間・】 :
◇頻繁に手を洗う。
◇避ける【・*を |*←生の果物や、その他の¨食物{★ところの}¨【:★←¨※¨ことの可能性がある【∵※←持つ【::*を |*←細菌《複数》::】∵】:】・】。
◇させる【・▽が¨§¨するように|▽←他の人たち|§←確実に手を洗う【:*の場合 |*←訪問する【∵*を |*←患者さん∵】:】・】。
◇避ける【・*を |*←人混みや病気の人・】。   マスクの着用は¨※¨ことがある【・※←提供する【:*を |*←一定の¨予防{☆に於ける}¨【∵☆←左記のような状況《人混みや病気の人との近接》∵】:】・】。

もう一つの重要な¨方法{☆のための}¨【・☆←守る【:*を |*←¨患者さん{★ところの}¨【∵★←白血球が低下している∵】:】【:*から |*←感染症:】・】は¨※¨である【・※←¨治療{☆による}¨【:☆←強力な抗生物質《複数》:】・】。   抗生物質《複数》は¨※¨ことがある【・※←投与される・】【・@*よりも前に…|*←感染の徴候がみられる|| -OR- ||A*のときに直ちに…|*←最初の¨徴候{『 』という}¨『感染症があるかも知れない』が見られた・】。

【・*の場合… |*←血小板数が低い・】、¨※¨ことがある【:※←実施する【・*を |*←血小板輸血:】・】【・*のために |*←予防する【:*を |*←出血:】・】。   同様に、¨息切れや過度の疲労感{★ところの}¨【・★←起きる【:*により |*←赤血球数低下:】・】は治療可能である【・*により |*←治療薬や赤血球輸血・】。

【・*の理由で…|*←多くの¨副作用《複数》{☆の}¨【:☆←化学療法:】は起きる【:*により |*←白血球数の低下:】・】、いくらかの患者さんでは、¨※¨は☆である【・※←フォローする【:*を |*←自分自身の赤血球数:】・】【・☆←有用・】。   【・*の場合… |*←患者さんが興味がある【:*に |*←この情報:】・】、遠慮しないで要求してほしい【・▽が¨§¨するように|▽←医者や看護婦|§←患者さんに報告する【・*を |*←患者さんご自身の赤血球数、その他の血液検査の結果、そのような検査結果の意味・】・】

〔骨髄異形成症候群に対する化学療法〕

¨アプローチ《複数》{☆への}¨【・☆←¨化学療法{☆のための}¨【:☆←骨髄異形成症候群:】・】は大きく依存する【・*に |*←患者さんの一般的な健康状態・】。   いくらかの患者さんは受ける【・*を|*←低用量の 1 つ以上の薬《複数》・】。

その他の研究《複数》は実施されてきている【・*のために |*←調べる【:★で あるか否か を |★←¨タイプ{☆の}¨【∵☆←集中的な¨化学療法{★ところの}¨【::★←実施される【∵:*に於いて|*←¨患者さん{☆を有する}¨【∵∵☆←急性骨髄性白血病∵∵】∵:】::】∵】が助けになるであろう(か否か)【∵*に |*←¨患者さん{☆を有する}¨【::☆←骨髄異形成症候群::】∵】:】・】。   【・*であるが…|*←いくらかの患者さんは助けられる【:*により |*←そのような化学療法:】・】、大部分の研究結果《複数》は示した¨何を?→『 』¨『 このタイプの化学療法は¨※¨ ではない 【・※←利益的・】【・*の理由で…|*←副作用《複数》が上回る【:*を |*←最小限的な利益《複数》:】・】 』。   一つの例外は¨※¨である【・※←¨ケース{☆の}¨【:☆←¨骨髄異形成症候群{★ところの}¨【∵★←進行した【::*へ |*←急性骨髄性白血病::】∵】:】・】。   このようなケースは¨※¨ことができる【・※←治療される【:*により |*←集中的な化学療法:】・】。   【・*に於いても… |*←左記のような状況・】、注意が必要である【・*であるから…|*←¨急性骨髄性白血病{★ところの}¨【:★←骨髄異形成症候群から進行した:】は¨※¨である【:※←反応性がより低い【∵*に対して |*←化学療法∵】【∵*よりも |*←急性骨髄性白血病の典型的なケース《複数》∵】:】・】。   ¨合併症《複数》{☆による}¨【・☆←化学療法・】は¨※¨ことがある【・※←早める【:*を |*←死亡:】・】【・特に*に於いて |*←高齢の患者さん《複数》・】。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。詳細・内容は、下記のリンク先の原文をお読みください。(但し、下記のリンクは個別資料へのリンクですので、もしリンク切れになっていましたら、American Cancer Society のホームページへジャンプし、そこから原文へアクセスしてください。 当該ホームページには、当サイトで概略をご紹介しているもの以外に非常に豊富な情報が記載されています。是非当該ホームページにアクセスされることをお勧めします)

原文へのリンク:

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )

*****blg↑********************
当ファイルの目次ページへ

成長因子、ホルモン


American Cancer Society のホームページ
American Cancer Society のホームページ

記事のおおまかな内容: 上記サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分をすぐ後ろの【※← 】で説明しています)
*****blg↓********************

〔造血成長因子〕

造血成長因子《複数》は¨※¨である【・※←ホルモン様の¨物質《複数》{★ところの}¨【:★←刺激する【∵*を |*←骨髄による¨産生{☆の}¨【::☆←血球細胞《複数》::】∵】:】・】。   【・*であるが…|*←これらの物質《複数》は自然に生じる【:*の中で |*←身体:】・】、科学者《複数》は見つけた【・*を |*←一つの¨方法{☆のための}¨【:☆←製造する【∵*を |*←これらの物質《複数》∵】【∵(補足)|大量に∵】:】・】。   このことは可能にさせる【・▽が¨§¨することを|▽←患者さん|§←受ける【:*を |*←より多くの投与量:】【:*よりも |*←産生される【∵*に於いて |*←患者さん自身の体内∵】:】・】。

【・*の理由で…|*←¨不足{☆の}¨【:☆←血球細胞《複数》:】が引き起こす【:*を |*←大部分の症状《複数》:】【:*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨【∵☆←骨髄異形成症候群∵】:】・】、¨使用{☆の}¨【・☆←成長因子《複数》・】は¨※¨である【・※←非常に魅力的・】。   研究《複数》はテストしてきている【・*を |*←数種類の成長因子《複数》・】【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨【:☆←骨髄異形成症候群:】・】《G-CSF (filgrastim)GM-CSF (sargramostim)》。   これらの薬《複数》は¨※¨ことができる【・※←利益を与える【:*に |*←¨骨髄異形成症候群の¨患者さん《複数》{★ところの}¨【∵★←主な問題が¨※¨である【::※←¨不足{☆の}¨【∵:☆←顆粒球《複数》∵:】::】∵】:】・】、そして、悩まされている【・*により |*←頻繁な感染症《複数》・】。

erythropoietin 《一つの¨成長因子{★ところの}¨【・★←促進する【:*を |*←赤血球細胞の産生:】・】は、¨※¨ことができる【・※←助ける【:*を |*←避ける【∵*を |*←赤血球輸血《複数》∵】【∵*に於いて |*←いくらかの患者さん《複数》∵】:】・】。   最近、それ¨何?→『 』¨が分かった『¨併用{☆の}{ § との}¨【・☆← erythropoietin ・】【・§← G-CSF ・】は改善する【・*を|*←患者さんの¨反応{☆への}¨【:☆← erythropoietin :】・】』。   ¨研究{☆に関する}¨【・☆←一つの新しい¨成長因子{☆という}¨【:☆← thrombopoietin 《促進する【・*を |*←血小板の産生・】》:】・】が進展中である。   現在は、一つの¨薬{☆という}¨【・☆← interleukin-11 (oprelvekin) ・】が¨※¨ことができる【・※←使用される【:*のために |*←刺激する【∵*を |*←血小板の産生∵】【∵@*の後に |*←化学療法|| -AND- ||A*に於いて|*←いくつかのその他の病気《複数》∵】:】・】。   それは、今もテストされつつある【・*に於いて |*←骨髄異形成症候群、及び、骨髄異形成症候群/骨髄増殖性疾患・】

その他の研究《複数》が進展中である【・*のために |*←見つける【:*を |*←@最良の¨方法{☆のための}¨【∵☆←予測する【::*を |*←どの患者さんが最も利益を得るか【∵:*により |*←成長因子による治療∵:】::】∵】| -AND- |A最良の¨方法{☆のための}¨【・☆←併用する【::*を |*←成長因子《複数》::】【::*と |*←他の成長因子《複数》や¨他の治療薬《複数》{☆のような}¨【∵:☆←化学療法剤やホルモン∵:】::】∵】:】・】。   患者さん《複数》は通常受ける【・*を |*←成長因子《複数》・】【・*により |*←皮下注射・】。   医療チームが¨※¨ことができる【・※←実施する【:*を |*←当該注射:】・】、又は、患者さんや家族さんが¨※¨ことができる【・※←習う【:*を |*←注射のやり方:】・】。

〔アンドロゲン《男性ホルモン《複数》》〕

これらの物質《複数》は¨※¨ことができる【・※←促進する【:*を |*←血球細胞の¨産生{★ところの}¨【∵★←異常に低い【::*の場合 |*←いくつかの病気《複数》::】∵】:】・】。   いくらかの¨患者さん{☆を有する}¨【・☆←骨髄異形成症候群・】は¨※¨ことがある【・※←利益を得る【:*により |*←アンドロゲン《複数》:】・】、しかし、大部分のケースでは¨※¨ しない 【・※←改善する(の否定)・】。   【・もし*なら…|*←他の治療選択肢《複数》が¨※¨である【:※←適当でない【∵*のために |*←一人の患者さん∵】:】・】、いくらかの医者《複数》は推奨する【・*を |*←試みる【:*を |*←アンドロゲン《複数》:】・】。   しかし、これらのホルモン《複数》は¨※¨ことがある【・※←起こす【:*を |*←¨副作用《複数》{☆のような}¨【∵☆←肝臓障害や筋肉の痙攣∵】:】・】。   【・*に於いては… |*←女性の患者さん・】、アンドロゲン《複数》は産生する【・*を |*←¨男性的な特徴《複数》{☆のような}¨【:☆←顔や身体の毛の成長:】・】。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。詳細・内容は、下記のリンク先の原文をお読みください。(但し、下記のリンクは個別資料へのリンクですので、もしリンク切れになっていましたら、American Cancer Society のホームページへジャンプし、そこから原文へアクセスしてください。 当該ホームページには、当サイトで概略をご紹介しているもの以外に非常に豊富な情報が記載されています。是非当該ホームページにアクセスされることをお勧めします)

原文へのリンク:

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )

*****blg↑********************
当ファイルの目次ページへ

血管新生抑制薬


American Cancer Society のホームページ
American Cancer Society のホームページ

記事のおおまかな内容: 上記サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分をすぐ後ろの【※← 】で説明しています)
*****blg↓********************

多くのがんは¨※¨であるようである【・※←必要とする【:*を |*←¨形成{☆の}¨【∵☆←新しい血管《複数》《血管新生》∵】:】【:*のために |*←サポートする【∵*を |*←自分自身の成長∵】:】・】。   それ¨何?→『 』¨は見出されてきている『いくつかの血管新生抑制薬《複数》は¨※¨ことができる【・※←遅くする【:*を |*←¨進行{☆の}¨【∵☆←骨髄異形成症候群∵】:】【:*に於いて |*←いくらかの患者さん《複数》:】・】』。

そのような薬《複数》の一つである thalidomide は持ってきている【・*を |*←軽度の¨成功{☆に於ける}¨【:☆←治療する【∵*を |*←骨髄異形成症候群∵】:】・】。   いくらかの¨患者さん《複数》{★ところの}¨【・★←使用している【:*を |*←この薬:】・】は¨※¨ことができている【・※←避ける【:*を |*←受ける【∵*を |*←輸血∵】:】・】【・※の理由で…|※←それらの患者さん《複数》は再び得た【:*を |*←¨能力{☆のための}¨【∵☆←作る【::*を |*←赤血球細胞《複数》::】∵】:】・】。   その他の患者さん《複数》では増加させた【・*を |*←顆粒球や血小板の数・】。   しかし、多くの患者さんは持つ【・*を |*←¨トラブル{☆に於ける}¨【:☆←忍容する【∵*を |*← thalidomide ∵】:】・】【・※の理由で…|※← thalidomide は引き起こす【:*を |*←眠気、疲労感、便秘:】・】。

このことから、一つの新しい薬である¨ lenalidomide 《Revlimid 》{★ところの}¨【・★←持つ【:*を |*←より少ない副作用《複数》:】・】が開発されてきており、認可された【・*により |*← FDA ・】【・*のために |*←治療する【:*を |*←骨髄異形成症候群:】・】。   この薬は¨※¨でありつつある【・※←非常に成功的【:*に於いて |*←@治療する【∵*を |*←低グレードの骨髄異形成症候群∵】|-AND- |A避ける【∵*を |*←輸血の必要性∵】【∵*に於いて |*←この薬を投与された患者さん《複数》の約半数∵】:】・】。   一つの¨問題{☆の}¨【・☆←この薬・】は¨→『 』¨ということである『この薬は¨※¨ことがある【・※←引き起こす【:*を |*←静脈内の血栓《特に脚の》:】・】』。   大部分の専門家は推奨する【・*を |*←何らかの抗凝血剤の併用・】。

その他の¨薬《複数》{★ところの}¨【・★←抑制する【:*を |*←血管の成長:】・】も開発されてきている。   これらの薬《複数》のいくつかは¨※¨ ではなかった 【・※←効果的・】。   一つの薬 bevacizumab 《注射で投与》は助けてきている【・*を |*←いくらかの患者さん《複数》・】。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。詳細・内容は、下記のリンク先の原文をお読みください。(但し、下記のリンクは個別資料へのリンクですので、もしリンク切れになっていましたら、American Cancer Society のホームページへジャンプし、そこから原文へアクセスしてください。 当該ホームページには、当サイトで概略をご紹介しているもの以外に非常に豊富な情報が記載されています。是非当該ホームページにアクセスされることをお勧めします)

原文へのリンク:

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )

*****blg↑********************
当ファイルの目次ページへ

免疫抑制薬


American Cancer Society のホームページ
American Cancer Society のホームページ

記事のおおまかな内容: 上記サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分をすぐ後ろの【※← 】で説明しています)
*****blg↓********************

一つの¨薬{☆と呼ばれる}¨【・☆← anti-thymocyte globulin (ATG) ・】は助けてきている【・*を |*←いくらかの¨患者さん《複数》{☆を有する}¨【:☆←骨髄異形成症候群:】《通常、より若年の患者さん《複数》》・】。   当該薬は実は¨※¨である【・※←一つの¨抗体{☆に対する}¨【:☆←血液細胞の一つのタイプである T リンパ球:】・】。   T リンパ球は担当している【・*を |*←免疫反応・】。   【・*に於いては… |*←いくらかの¨患者さん《複数》{☆を有する}¨【:☆←骨髄異形成症候群:】・】、T リンパ球は干渉する【・*に |*←正常な血液細胞の産生・】。   もう一つの¨薬{★ところの}¨【・★←働く【:*のように |*← ATG:】・】は呼ばれる【・*と |*← cyclosporine ・】。   この薬は通常は使用される【・*のために |*←ブロックする【:*を |*←¨免疫反応{☆に於ける}¨【∵☆←¨患者さん《複数》{★ところの}¨【::★←臓器や骨髄の移植を受けた::】∵】:】・】。   しかし、この薬は助けてきている【・*を |*←いくらかの¨患者さん《複数》{☆を有する}¨【:☆←骨髄異形成症候群:】・】。

これらの二つの薬は持つ【・*を |*←副作用《複数》・】。   ATG は¨※¨ことがある【・※←起こす【:*を |*←@アレルギー反応| -AND- |A¨呼吸困難{☆の時の}¨【∵☆←当該薬の注射∵】:】・】。   cyclosporine は起こす【・*を |*←食欲不振・】、そして、¨※¨ことがある【・※←ダメージを与える【:*に |*←腎臓:】・】。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。詳細・内容は、下記のリンク先の原文をお読みください。(但し、下記のリンクは個別資料へのリンクですので、もしリンク切れになっていましたら、American Cancer Society のホームページへジャンプし、そこから原文へアクセスしてください。 当該ホームページには、当サイトで概略をご紹介しているもの以外に非常に豊富な情報が記載されています。是非当該ホームページにアクセスされることをお勧めします)

原文へのリンク:

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )

*****blg↑********************
当ファイルの目次ページへ

分化薬


American Cancer Society のホームページ
American Cancer Society のホームページ

記事のおおまかな内容: 上記サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分をすぐ後ろの【※← 】で説明しています)
*****blg↓********************

分化薬は、させる【・▽が¨§¨するように|▽←骨髄芽球|§←成長する【:*に |*←成熟した血液細胞《複数》:】・】。   一つの¨薬{☆と呼ばれる}¨【・☆← azacytidine ・】は認可されている【・*により |*← FDA ・】【・*のために |*←治療する【:*を |*←骨髄異形成症候群:】・】。   この薬は働く【・*により |*←変化させる【:*を |*←¨ DNA {☆の}¨【∵☆←細胞《複数》∵】:】・】、そして、細胞《複数》はより正常になる。   【・※の理由で…|※←この薬は実際のところ¨※¨のようである【:※←化学療法剤:】・】、この薬は¨※¨ことがある【・※←低下させる【:*を |*←血球数:】・】。   従って、この薬は¨※¨べきである【・※←非常に慎重に投与される・】。

一つのより新しい¨薬{☆と呼ばれる}¨【・☆← decitabine ・】《同様に働く》が研究されつつある。   初期結果は示す¨何を?→『 』¨『 この薬は¨※¨である【・※← azacytidine と同等に効果的・】 』。   但し、この薬は未だ¨※¨ ではない 【・※←使用可能(の否定)・】【・*に於ける以外は |*←臨床試験・】。

arsenic trioxide は¨※¨である【・※←一つの¨薬{★ところの}¨【:★←やはり、させる【∵▽が¨§¨するように|▽←未熟な細胞《複数》|§←より成熟する∵】:】・】。   この薬は¨※¨である【・※←成功的【:*に於いて |*←治療する【∵*を |*←いくらかの患者さん《複数》∵】:】・】。   この薬は静注で投与される、そして、持つ【・*を |*←少ない副作用《複数》・】、【・※であるが…|※←この薬は¨※¨ことがある【:※←稀に起こす【∵*を |*←心臓へのダメージ∵】:】・】。

その他の薬《複数》は示してきている【・*を |*←有望な¨結果《複数》・】【・*に於いて |*←¨研究《複数》{☆に於ける}¨【:☆←培養された骨髄細胞:】・】、しかし、それらの薬《複数》の¨価値{☆に於ける}¨【・☆←¨患者さん{☆を有する}¨【:☆←骨髄異形成症候群:】・】はあまり明確になっていない。   いくつかの¨分化薬{☆を含む}¨【・☆← レチノイド《複数》 《ビタミン A や D に類似の物質《複数》》・】はテストされつつある【・*のために |*←見つける【:*を |*←最良の¨方法{☆の}¨【∵☆←併用する【::*を |*←これらの薬《複数》::】【::*と |*←これらの薬同士、又は、他の治療《複数》::】∵】:】・】。

もう一つの¨薬{★ところの}¨【・★←助けてきている【:*を |*←いくらかの患者さん《複数》:】・】は呼ばれる【・*と |*← valproic acid ・】。   この薬は普通は使用される【・*のために |*←治療する【:*を |*←¨患者さん《複数》{★ところの}¨【∵★←持つ【::*を |*←痙攣発作::】∵】:】・】、しかし、見出されている【・*であると|*←持つ【:*を |*←¨能力{☆の}¨【∵☆←させる【::*を |*←未熟な細胞《複数》::】【::*に |*←成熟した細胞《複数》::】∵】:】・】。   この薬は投与されてきている【・(やりかた)|単独で、又は、併用で【:*と |*←もう一つの¨薬{☆という}¨【∵☆← all-trans-retinoic acid ∵】:】・】。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。詳細・内容は、下記のリンク先の原文をお読みください。(但し、下記のリンクは個別資料へのリンクですので、もしリンク切れになっていましたら、American Cancer Society のホームページへジャンプし、そこから原文へアクセスしてください。 当該ホームページには、当サイトで概略をご紹介しているもの以外に非常に豊富な情報が記載されています。是非当該ホームページにアクセスされることをお勧めします)

原文へのリンク:

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )

*****blg↑********************
当ファイルの目次ページへ

分子標的治療薬


American Cancer Society のホームページ
American Cancer Society のホームページ

記事のおおまかな内容: 上記サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分をすぐ後ろの【※← 】で説明しています)
*****blg↓********************

【・*に於いては… |*←いくらかの¨患者さん《複数》{★ところの}¨【:★←持つ【∵*を |*←一つの¨骨髄異形成症候群 / 骨髄増殖性疾患{☆のような}¨【::☆←慢性骨髄単球性白血病::】∵】:】・】、¨※¨が存在する【・※←一つの異常な¨遺伝子{★ところの}¨【:★←させる【∵▽が¨§¨するように|▽←細胞《複数》|§←成長し、分裂する∵】:】・】。   一つの¨薬{☆と呼ばれる}¨【・☆←¨ imatinib {説明 => 《 》}¨《 ¨※¨ことができる【・※←ブロックする【:*を |*←¨産生物《複数》{☆の}¨【∵☆←これらの遺伝子《複数》∵】:】・】 》・】が¨※¨であってきている【・※←成功的【:*に於いて |*←いくらかの¨患者さん{☆を有する}¨【∵☆←慢性骨髄単球性白血病∵】:】・】。

(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。詳細・内容は、下記のリンク先の原文をお読みください。(但し、下記のリンクは個別資料へのリンクですので、もしリンク切れになっていましたら、American Cancer Society のホームページへジャンプし、そこから原文へアクセスしてください。 当該ホームページには、当サイトで概略をご紹介しているもの以外に非常に豊富な情報が記載されています。是非当該ホームページにアクセスされることをお勧めします)

原文へのリンク:

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )

*****blg↑********************
当ファイルの目次ページへ

支援治療


American Cancer Society のホームページ
American Cancer Society のホームページ

記事のおおまかな内容: 上記サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分をすぐ後ろの【※← 】で説明しています)
*****blg↓********************

【・※の場合…|※←@多くの¨患者さん《複数》{☆を有する}¨【:☆←骨髄異形成症候群の¨タイプ《複数》{☆のような}¨【∵☆←不応性貧血や不応性環状鉄芽球性貧血∵】:】| -AND- |Aその他の¨患者さん《複数》{☆を有する}¨【:☆←有利な予後因子《複数》:】・】、¨リスク{☆の}¨【・☆←¨進行{☆への}¨【:☆←急性白血病:】・】は低い。   主要な¨目的{☆の}¨【・☆←治療・】は¨※¨である【・※←予防する【:*を |*←¨症状《複数》、及び、合併症《複数》{☆の}¨【∵☆←血球数の低下∵】:】・】。   例えば、赤血球数の低下《貧血》は¨※¨ことがある【・※←引き起こす【:*を |*←重症の疲労感:】・】。   ¨患者さん《複数》{☆を有する}¨【・☆←骨髄異形成症候群、及び、貧血・】はしばしば利益を得る【・*から |*←受ける【:*を |*←赤血球輸血:】・】【・もし※なら…|※← erythropoietin が助けにならない【:*に |*←当該患者さん《複数》:】・】。

【・※であるが…|※←いくらかの患者さん《複数》は懸念する【:*を |*←一つのわずかな¨リスク{☆の}¨【∵☆←¨感染症《肝炎や HIV》{★ところの}¨【::★←輸血で拡大する可能性がある::】∵】:】・】、そのような可能性は¨※¨である【・※←非常に低い・】、そして、¨利益《複数》{☆の}¨【・☆←血球輸血・】は大きく超える【・*を |*←そのようなリスク・】。

一つの¨合併症{☆の}¨【・☆←輸血・】は¨※¨である【・※←鉄の過負荷・】。   このことは、¨※¨であることがある【・※←一つの顕著な¨問題{★ところの}¨【:★←引き起こすことがある【∵*を |*←肝臓や心臓のダメージ∵】【∵*に於いて |*←¨患者さん《複数》{★ところの}¨【::★←受ける【∵:*を |*←何年間にもわたり、多くの輸血《複数》∵:】::】∵】:】・】。   ¨患者さん《複数》{☆を有する}{ § ところの}¨【・☆←骨髄異形成症候群・】【・§←予想される【:*であると|*←必要とする【∵*を |*←長期間の輸血治療∵】:】・】は¨※¨ことができる【・※←使用する【:*を |*← deferoxamine (Desferal):】・】。   この薬は¨※¨である【・※←キレート薬《金属と結合して、その金属の毒性を消す》・】、そして、助ける【・*を |*←治療したり予防する【:*を |*←鉄の過負荷:】・】。   この薬は静注で投与され、このことは¨※¨である【・※←不便・】【・※の理由で…|※←この薬は¨※¨ねばならない【:※←慎重に投与される:】・】。   新しい¨キレート薬《複数》{★ところの}¨【・★←経口で服用が可能である・】が開発されつつある、しかし、そのこと¨何?→『 』¨は※である【・※←不明・】『そのような薬《複数》が¨※¨であるかどうか【・※← deferoxamine と同等に効果的・】』。

一つの¨薬{☆と呼ばれる}¨【・☆← deferiprone ・】が使用されてきている【・*との併用で |*← deferoxamine ・】。

骨髄異形成症候群の¨患者さん《複数》{☆を有する}¨【・☆←出血の¨問題《複数》{☆による}¨【:☆←血小板の不足:】・】は¨※¨ことがある【・※←利益を得る【:*から |*←血小板輸血:】・】。

¨患者さん《複数》{☆を有する}¨【・☆←白血球数の低下・】は¨※¨である【・※←かかりやすい【:*に |*←感染症《複数》:】・】。   そのような患者さん《複数》はとくに¨※¨べきである【・※←@注意深く避ける【:*を |*←切り傷や擦り傷:】| -OR- |Aそのような傷の手当てを迅速に行う・】。   また、そのような患者さん《複数》は¨※¨べきである【・※←直ちに言う【:*に |*←担当の医者:】【:*について |*←あらゆる発熱、肺炎の兆候《咳、息切れ》、尿路感染の徴候《排尿時の焼けるような感じ》:】・】。   医者《複数》は¨※¨であろう【・※←治療する【:*を |*←判明した、又は、疑われる感染症《複数》:】【:*により |*←抗生物質《複数》:】・】。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。詳細・内容は、下記のリンク先の原文をお読みください。(但し、下記のリンクは個別資料へのリンクですので、もしリンク切れになっていましたら、American Cancer Society のホームページへジャンプし、そこから原文へアクセスしてください。 当該ホームページには、当サイトで概略をご紹介しているもの以外に非常に豊富な情報が記載されています。是非当該ホームページにアクセスされることをお勧めします)

原文へのリンク:

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )

*****blg↑********************
当ファイルの目次ページへ

幹細胞移植


American Cancer Society のホームページ
American Cancer Society のホームページ

記事のおおまかな内容: 上記サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分をすぐ後ろの【※← 】で説明しています)
*****blg↓********************

【・※の場合…|※←幹細胞移植・】、患者さんの骨髄は意図的に破壊される【・*により |*←高用量化学療法、及び、全身放射線療法・】。   当該の異常な骨髄細胞はその後、置き換えられる【・*により |*←新しい、機能する造血幹細胞《複数》・】。   ¨※¨が存在する【・※← 2 つの主要なタイプの幹細胞移植・】:他家幹細胞移植、及び、自家幹細胞移植。

他家幹細胞移植 は使用する【・*を |*←ドナーからの造血幹細胞《複数》・】。   ドナーの基本的な細胞型は¨※¨ねばならない【・※←ほぼ同じである【:*と |*←患者さんの細胞型:】・】。   通常、ドナーは¨※¨である【・※←患者さんの兄弟姉妹・】。   しかし、頻度はより低いが、それは¨※¨であることがある【・※←適合した非血縁のドナー・】。   他家造血幹細胞は¨※¨ことができる【・※←得る【:*から |*←多重の骨髄サンプル《複数》:】・】。   近代的な臨床現場では、当該造血幹細胞は分離される【・*から |*←ドナーの末梢血液・】【・*により |*←アフェレーシスと言う方法・】。   他家幹細胞移植はおそらく¨※¨である【・※←唯一の¨治療法{☆のための}{★ところの}¨【・★←・】¨【:☆←骨髄異形成症候群や骨髄異形成症候群 / 骨髄増殖性疾患:】【:§←¨※¨ことがある【∵※←治癒的である∵】:】・】。   大部分の医者《複数》は推奨する¨何を?→『 』¨『 この治療は使用される【・*に於いてだけ |*←¨患者さん《複数》{★ところの}¨【:★←年齢が 50 歳よりも若い:】・】【・*の理由から |*←この方法の重症の副作用《複数》・】 』。

自家幹細胞移植は使用されない【・*のために |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨【:☆←骨髄異形成症候群、又は、骨髄異形成症候群 / 骨髄増殖性疾患:】・】、【・※の理由で…|※←¨▽¨は☆である【・▽←得る【:*を |*←正常な幹細胞《複数》:】【:*から |*←これらの患者さん《複数》:】・】【:☆←不可能:】・】。

¨幹細胞《複数》{★ところの}¨【・★←採集された【:*から |*←ドナー:】・】は注意深く凍結、保存される。   【・もし※なら…|※←当該患者さんが受ける予定である【:*を |*←放射線療法:】【:*の前に |*←幹細胞移植:】・】、患者さんは¨※¨であろう【・※←受診する【:*を |*←放射線腫瘍医:】・】。   当該放射線腫瘍医は測定する【・*を |*←当該患者さん・】【・※を目的として…|※←放射線シールドが作成できる【:*のために |*←保護する【∵*を |*←肺、心臓、腎臓∵】【∵*の間 |*←高用量放射線療法∵】:】・】。   患者さんはその後、受ける【・*を |*←高用量化学療法、及び、通常は、放射線療法も・】。   この手順は破壊する【・*を |*←骨髄異形成症候群細胞《複数》・】、しかし、それは殺す【・*をも |*←骨髄中の正常細胞《複数》・】。

【・※の場合…|※←患者さんが¨※¨ことになっている【:※←受ける【∵*を |*←幹細胞移植∵】:】・】、患者さんは¨※¨であろう【・※←入院する【:*に |*←骨髄移植ユニット:】【:*に |*←化学療法開始の前日:】・】。   看護婦《複数》は¨※¨であろう【・※←提供する【:*を |*←治療に関する提供や準備:】・】。

その翌朝、患者さんは¨※¨であろう【・※←開始する【:*を |*←高用量化学療法《典型的には cyclophosphamide 、又は、busulphan による》:】・】。   【・*の間… |*←その次の 3 日間・】、患者さんは¨※¨であろう【・※←受ける【:*を |*←高用量の全身放射線療法:】【:(頻度)| 1 日 2 回:】・】。   次いで、ドナーからの幹細胞《複数》が投与される《静脈点滴で》。   これらの細胞《複数》は¨※¨であろう【・※←@移動する【:*を通って |*←血液循環:】| -AND- |A植え付ける【:*を |*←健康な細胞《複数》:】【:*に |*←骨髄:】・】。

【・もし※なら…|※←患者さんが受ける【:*を |*←ドナーの幹細胞《複数》:】・】、患者さんは¨※¨であろう【・※←投与される【:*を |*←¨抗拒絶薬《複数》{☆のような}¨【∵☆← prednisone や cyclosporine ∵】:】・】。   【・*の間… |*←引き続く 3 から 4 週間・】、患者さんは¨※¨であろう【・※←受ける【:*を |*←サポート治療:】・】。   これは¨※¨ことがある【・※←含む【:*を |*←静脈栄養、抗菌剤や抗真菌剤、赤血球輸血、血小板輸血、その他必要に応じての薬物投与:】・】。

ドナーの幹細胞《複数》は落ち着く【・*に |*←患者さんの骨髄・】、そして、開始する【・*を |*←成長する・】。   【・通常*の後に… |*←幹細胞の注入から 14 から 21 日間・】、これらの幹細胞《複数》は開始する【・*を |*←産生する【:*を |*←白血球《複数》:】・】。   これに続いて起きる【・*が |*←血小板の産生・】、そして、数週間後に【・*が |*←赤血球の産生・】。

患者さんはとどまる【・*に |*←保護隔離・】【・※までは…|※←患者さんの白血球数が※になる【:※← 500 超:】・】。   患者さんは通常退院可能である【・※の時に…|※←白血球数が※になる【:※← 1,000 近く:】・】。   その後、患者さんは検査を受ける【・*で |*←外来クリニック・】【・(頻度)|数週間の間、ほぼ毎日・】。

患者さん《複数》は典型的に定期受診する【・*を |*←外来骨髄移植クリニック・】【・*の間 |*←約 6 ヶ月間・】。   その後、患者さん《複数》は継続して受診する【・*を |*←担当の腫瘍医・】。   この段階では、患者さんは受診する【・*を |*←骨髄移植クリニック・】【・*のためにだけ |*←年に 1 回の検査・】。

幹細胞移植向けのがんセンターについて

骨髄、又は、末梢血幹細胞移植は¨※¨である【・※←複雑な¨治療{★ところの}¨【:★←必要とする【∵*を |*←特殊な専門技術∵】:】・】。   【・※の場合…|※←担当の医者が考える¨何を?→『 』¨『 患者さんが¨※¨と考えられる【・※←利益を得る【:*から |*←幹細胞移植:】・】、幹細胞移植を受ける最適なセンターは¨※¨である【・※←全国的に認知されたがんセンター・】 』・】。   ¨スタッフ{☆の}¨【・☆←これらのセンター《複数》・】は持つ【・*を |*←幹細胞移植に関する経験や回復期の患者さんのケアの経験・】。

保険関連事項について

骨髄移植は¨※¨である【・※←非常に高価《US$200,000 以上》・】、そして、必要とする【・*を |*←長い入院期間・】。   【・※の理由で…|※←幹細胞移植は¨※¨である【:※←一つの認知された¨治療{☆のための}¨【∵☆←骨髄異形成症候群∵】:】・】、保険会社は¨※¨ねばならない【・※←支払いをする・】【・*のために |*←幹細胞移植・】。

幹細胞移植の副作用《複数》

¨副作用《複数》{☆からの}¨【・☆←幹細胞移植・】は一般的に分けられる【・*に |*←早期副作用と長期副作用・】。   早期の合併症《複数》、及び、副作用《複数》は¨※¨である【・※←同一・】【・*と|*←他のタイプの高用量化学療法《複数》の場合・】。   これらの合併症《複数》や副作用《複数》は起きる【・*から |*←¨ダメージ{☆への}¨【:☆←骨髄、及び、その他の急速に成長する身体組織:】・】。

¨合併症《複数》や副作用《複数》{★ところの}¨【・★←@続く【:*の間 |*←長期間:】| -OR- |A遅くなってから《幹細胞移植の数年後》発現する・】は含む【・*を |*←以下・】:

◇【・*に於いては… |*←稀なケース《複数》・】、放射線療法は¨※¨ことがある【・※←起こす【:*を |*←¨ダメージ{☆への}¨【∵☆←肺《複数》∵】:】・】【・¨*¨しつつ…|*←もたらす【:*を|*←息切れ:】・】。

◇移植片対宿主病は起きる【・*に於いて |*←他家幹細胞移植・】。   この病気は起きる【・※の理由で…|※←¨免疫システム細胞《複数》{☆からの}¨【:☆←ドナー:】が攻撃する【:*を |*←¨組織《複数》{☆の}¨【∵☆←患者さんの皮膚、肝臓、消化管、口、その他の臓器《複数》∵】:】・】。   つまり、移植片が拒否しているわけである【・*を |*←移植片にとっての新しい身体・】。   症状《複数》は含む【・*を |*←脱力感、疲労感、口渇、発疹、感染、筋肉痛・】。

◇¨ダメージ{☆への}¨【・☆←卵巣・】はもたらすことがある【・*を |*←不妊や突然の閉経・】【・通常*を伴って |*←¨症状《複数》{☆のような}¨【:☆←ほてり、月経周期の不調 :】・】。

◇¨ダメージ{☆への}¨【・☆←甲状腺・】は¨※¨ことがある【・※←起こす【:*を |*←代謝上の問題《複数》:】・】。

◇白内障が¨※¨ことがある【・※←起きる・】。

関節の¨ダメージ{☆と呼ばれる}¨【・☆←無菌性骨壊死症候群・】は¨※¨である【・※←一つの稀な合併症・】。   しかし、【・もし※なら…|※←ダメージが重症である・】、患者さんは¨※¨であろう【・※←必要とする【:*を |*←骨や関節の一部を除去する:】・】。

他家幹細胞移植は現在のところ¨※¨である【・※←唯一の¨治療{★ところの}¨【:★←¨※¨ことができる【∵※←治癒する【::*を |*←いくらかの¨患者さん《複数》{☆を有する}¨【∵:☆←骨髄異形成症候群や骨髄異形成症候群 / 骨髄増殖性疾患∵:】::】∵】:】・】。   約 3 分の 1 の¨患者さん《複数》{☆を有する}{ § ところの}¨【・☆←骨髄異形成症候群・】【・§←受ける【:*を |*←他家幹細胞移植:】・】は¨※¨ことの可能性がある【・※←治癒する・】、しかし、4 分の 1 から 3 分の 1 の患者さんは¨※¨ことがある【・※←死亡する【:*により |*←当該治療の合併症《複数》:】・】。   治癒のチャンスは¨※¨である【・※←より高い・】【・もし※なら…|※←@患者さんがより若い| -AND- |A骨髄異形成症候群が始めていない【:*を |*←白血病への転換:】・】。

大部分の医者《複数》は現在、考慮する【・*を |*←幹細胞移植・】【・*のためだけに |*←骨髄異形成症候群の¨患者さん《複数》{★ところの}¨【:★← 50 歳よりも若く、他の点では良好な健康状態にある:】・】。   いくらかの医者《複数》は設定する【・*を |*←年齢制限・】【・*に |*← 40 歳・】。   より高齢、及び、より劣った健康状態の患者さん《複数》は¨※¨である【・※←より少なく可能【:*が |*←乗り越える【∵*を |*←重症の¨副作用《複数》や合併症《複数》{☆の}¨【::☆←幹細胞移植::】∵】:】・】。   【・*に於いては… |*←このような患者さんグループ・】、リスク《複数》が上回る【・*を |*←利益《複数》・】。   また、医者《複数》は推奨する【・*を |*←待つ【:※まで…|※←骨髄異形成症候群や骨髄異形成症候群 / 骨髄増殖性疾患が進行する【∵*へ |*←より進行したステージ∵】:】・】。

最近、新しいタイプの¨幹細胞移植{☆と呼ばれる}¨【・☆←骨髄非破壊的幹細胞移植《ミニ移植》・】が登場してきている。   この方法も使用する【・*を |*←ドナーからの幹細胞・】、しかし、異なる【・*から |*←標準的な他家幹細胞移植・】【・*により |*←使用する【:*を |*←低用量の化学療法や放射線療法:】・】。   この方法は効果を現わす【・※の理由で…|※←当該低用量の化学療法 / 放射線療法はちょうど¨※¨である【:※←十分【∵*のために |*←可能にする【::*を |*←移植の生着、成長、異常な骨髄の除去::】∵】:】・】。   但し、副作用《複数》《特に移植片対宿主病》は依然として¨※¨である【・※←一つの大きな¨問題{☆に伴う}¨【:☆←この低用量法:】・】。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。詳細・内容は、下記のリンク先の原文をお読みください。(但し、下記のリンクは個別資料へのリンクですので、もしリンク切れになっていましたら、American Cancer Society のホームページへジャンプし、そこから原文へアクセスしてください。 当該ホームページには、当サイトで概略をご紹介しているもの以外に非常に豊富な情報が記載されています。是非当該ホームページにアクセスされることをお勧めします)

原文へのリンク:

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )

*****blg↑********************
当ファイルの目次ページへ

研究・治療の新動向


American Cancer Society のホームページ
American Cancer Society のホームページ

記事のおおまかな内容: 上記サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分をすぐ後ろの【※← 】で説明しています)
*****blg↓********************

〔化学療法〕

研究《複数》は進展中である【・*のために |*←見出す【:*を |*←最も効果的な¨併用{☆の}¨【∵☆←化学療法剤《複数》∵】:】・】【・¨*¨しつつ…|*←避ける【:*を |*←不用な副作用《複数》:】・】。   新しい薬《複数》は継続的に開発されテストされている。   研究は進展中である【・*のために |*←決める【・★で あるか否か を |★←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨【∵☆←特定の不利な予後因子《複数》∵】が利益を得る(であるか否か)【∵*から |*←より集中的な化学療法∵】:】・】。   化学療法様の¨薬《複数》{★ところの}¨【・★←現在テストされつつある・】は含む【・*を|*← 5-aza-2-deoxycytidine (DAC) 《azacytidine と同様に効果発現》、bryostatin, topotecan, etoposide, idarubicin ・】。   ¨薬《複数》{★ところの}{ § のような}¨【・★←異なる【:*から |*←従来の化学療法剤:】【:§← farnesyl transferase inhibitors など:】・】も研究されつつある。

〔免疫抑制〕

もう一つの¨アプローチ{★ところの}¨【・★←研究者たちがとりつつある・】は¨※¨である【・※←ブロックする【:*を |*←患者さんの免疫システム:】・】。   ¨※¨が存在する【・※←いくらかの¨証拠{『 』という}¨『【・*に於いては… |*←いくらかの患者さん《複数》・】、一つの異常な¨反応{☆の}¨【・☆←彼らの免疫システム・】が引き起こしている【・*を |*←骨髄異形成症候群、又は、骨髄異形成症候群 / 骨髄増殖性疾患・】』・】。   ¨治療{★ところの}¨【・★←現在使用されている・】は¨※¨である【・※←抗胸腺グロブリン・】。   この治療は通常実施される【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨【:☆←再生不良性貧血:】・】、しかし、時として助けになる【・*に |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨【:☆←骨髄異形成症候群:】・】。

〔分化薬《複数》〕

新しい¨薬《複数》{☆の}{ § のような}¨【・☆←このカテゴリー・】【・§← arsenic trioxide やさまざまなレチノイド《複数》・】も研究されつつある【・*に於いて |*←臨床試験《複数》・】。

〔血管新生抑制薬《複数》〕

これは、¨※¨である【・※←急速に拡張しつつある分野・】。   【・※に従い…|※←新しい薬《複数》が※になる【:※←使用可能:】・】、それらの薬《複数》は¨※¨であろう【・※←テストされる【:*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨【∵☆←骨髄異形成症候群、又は、骨髄異形成症候群 / 骨髄増殖性疾患∵】:】・】。

〔幹細胞移植〕

研究者たちは続けている【・*を |*←洗練する【:*を |*←この技術:】・】【・*のために |*←@増強する【:*を |*←有効性:】| -AND- |A軽減する【:*を |*←合併症《複数》:】| -AND- |明らかにする【:*を |*←どのような患者さん《複数》が最も利益を得るか:】・】。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。詳細・内容は、下記のリンク先の原文をお読みください。(但し、下記のリンクは個別資料へのリンクですので、もしリンク切れになっていましたら、American Cancer Society のホームページへジャンプし、そこから原文へアクセスしてください。 当該ホームページには、当サイトで概略をご紹介しているもの以外に非常に豊富な情報が記載されています。是非当該ホームページにアクセスされることをお勧めします)

原文へのリンク:

原記事へのリンクi

( 原典: American Cancer Society )

*****blg↑********************
当ファイルの目次ページへ