目次《ジャンプ先で項目タイトルをクリックすれば、この目次に戻れます》


本ファイル名称=HD.nm2


→トップページへ戻る


お手数ですが、もう一度下記のリンクをクリックしてください:

情報データベース(血液・リンパ系、骨髄)のトップページへ






《この資料の目次に戻るためには、上記の標題行をクリックしてください》

最新情報、アドバイス、当ファイル作成上の原則



最新情報のご案内


このファイルには、部位別に米国での現在の標準的な治療法に関する情報(の在処)を記述しています。最新情報は、関連の部位別情報データベース(このファイルの「トップページへ戻る」のリンクからジャンプ)の「治療ニュース、論文、総説」のところをご覧ください。

上記の項目には、欧米の約 50 の専門雑誌、学会報告、ニュース、などのサイトの最新号に於けるがんの治療に関する情報の在処を、可能なかぎり包括的にご紹介しています。決して、極々少数の記事だけを載せているようなものではありません。患者さんや家族さんのご参考にしていただけるものと思います。

********************
当ファイルの目次ページへ

アドバイス


治療を医者に決してお任せにならないことをお勧めします。このファイル(もし不十分でしたら、本やインターネットの他の資料)を勉強することで自ら状況を把握され、医者と対等に議論する姿勢を忘れないようにしてください。


********************
当ファイルの目次ページへ

当ファイル作成上の原則


複数の資料を参考にしてこのファイルを作成していきますが、各参考資料の内容を無理にまとめることはせず、原則として参考資料ごとに全て併記しておきます。重複したり、場合によっては資料間で矛盾しているように思われる場合があるかも知れませんが、データを残すことを重視しました。

********************
当ファイルの目次ページへ

疾患名 =ホジキンリンパ腫( Hodgkin Lymphoma )=ホジキン病( Hodgkin Disease )


資料 B=_ホジキン`リンパ腫_の_治療_《eMedicine 資料のご紹介》(ご紹介作成年月='10/10)


資料名=eMedicine


このコーナーでは、上記の資料の内容の概略をご紹介しています。各ページには、当該ページに対応する原資料サイトのページへのリンクを設定してありますが、原資料サイト での ページ構成変更により、リンク切れとなっております場合は、本家サイトの

リンク集のページ

の、「情報の存在を ご紹介しているサイト」の項目に 当該原資料サイトへのリンクを収載しておりますので、そこからジャンプしてください。《当該原資料サイトには、当サイトでご紹介している以外にも豊富な情報が記載されておりますので、原資料サイトをご覧になることを強くお勧めします》

尚、このコーナーでご紹介しております原資料の日付は下記の通りです :

原資料更新時期=Oct 8, 2010 

本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

背景


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

ホジキン病《 _ホジキン`リンパ腫_ 》_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉_潜在的_に 治癒可能な _悪性__リンパ腫_{☆を伴う}¨ ⌒〔 ☆←_別個`区別`的な__組織学的_特徴、 _生物学`的_行動 、及び、 _臨床的_特徴《複数》 】┏┓。    Thomas Hodgkin が 最初に 記述した_【・*を |*←ホジキン病《 _ホジキン`リンパ腫_ 》--【・*に(時) |*← 1832 年 】┏┓。    〈その〉_病気_ は 定義される--【・*の点で |*←それの 顕微鏡的 外観《 _組織学的_特徴 》 、及び、 〈その〉¨¨発現{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_細胞`表面マーカー《複数》《 _免疫的`_表現型 》 】┏┓。

…(後略:_その他の_優れた情報源の紹介)…


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Background

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_内科的_ケア


_ホジキン`リンパ腫__治療_の原則


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_公刊された__ガイドライン_《複数》{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉 National Comprehensive Cancer Network (NCCN)、 〈その〉 European Society of Medical Oncology (ESMO) 、及び、 〈その〉 International Harmonization Project 】〓〓 は 提供する_【・*を |*←コンセンサス意見《複数》{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←主要専門家《複数》{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←_証拠_−ベース の アプローチ《複数》{☆への}¨ ⌒〔 ☆←¨¨〈その〉_診断_ 、及び、 _治療_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_ホジキン`リンパ腫_ 】┏┓。

_ホジキン`リンパ腫_ は 見なされている【・※であると|※←〈一つの〉_治癒`可能な_ がん 】〓〓、しかし、_治療_《複数》{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←この_病気_】〓〓 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=持つ_【・*を |*←_有意_ な _長期的__毒性_ 】┏┓。    従って、 _進歩《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_治療_プロトコル《複数》】〓〓 は 求めて在る_【・*を |*←以下の2点】 :

◆ 最小化する_【・*を |*←〈その〉_治療_{ ∬ (される)}¨ ⌒〔 ∬=実施される--【・*のために |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_早期_ステージ_、 __低リスク_ の _病気_ 】 


◆ _安全的_に 最大化する_【・*を |*←〈その〉_治療_{ ∬ (される)}¨ ⌒〔 ∬=実施される--【・*のために |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_病気_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =¨※¨であると考えられる【・※←_治療−抵抗性__--〔・*に |*←_標準的__治療_《複数》m 】 


_併用_学的_治療_《 _放射線`療法_ + _化学療法_ 》 は しばしば¨※¨である 【・※←〈その〉優先されるアプローチ_--〔・*のために |*←大部分の_患者さん《複数》_ 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←_早期__ステージ_ の _病気_】〓〓、_併用_学的_治療_ は 提供する_【・*を |*←〈一つの〉相乗的_効果_--【 ∬ (する)一方で∬=限定する_【・*を |*←〈その〉トータルの曝露{☆への}¨ ⌒〔 ☆←如何なる 特定の_薬_ 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←_進行期__ホジキン`リンパ腫_】〓〓、_(病変部位への)局所`放射線療法 が ¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=使用される--【・*のために |*←箇所《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←執拗的な_病気_{☆の後の}¨ ⌒〔 ☆←_化学療法_ 】┏┓。    _放射線`療法_{☆への}¨ ⌒〔 ☆←_病気`箇所《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =¨※¨であった 【・※←かさ高_--〔・*の時点で |*←_診断_ 】〓〓_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉_標準的_な_特徴{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉 Stanford V_レジメン_ 】┏┓。

…(中略:PET スキャンの有用性)…

〈その〉目標{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_治療_】〓〓_は ∬ (する)ことである 【 ∬=導く_【・*を |*←〈一つの〉_完全寛解_《 これ は 定義される--【・*として |*←〈その〉「消滅{☆の}¨ ⌒〔 ☆←全ての_証拠_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_病気_ 》《 評価されて--【・*により |*← PET / CT スキャン、 身体`検査、 _骨髄_検査( 適切な場合 ) 》 】┏┓。    〈一つの〉_部分`寛解_ は 定義される--【・*として |*←「■__退縮_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_測定`可能`的__病気_】|-そして-|■_新しい 箇所 が 無い 】┏┓。

--【・*にもかかわらず… |*←〈その〉高い_治癒率_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←この_病気_】〓〓、多くのケースで_ホジキン`リンパ腫_は_再発_する┏┓。    --【・*に於いて… |*←大部分のこれらのケース《複数》】〓〓、_救助《サルベージ》治療_としての_化学療法_ 、と、 それに続いての_高用量`化学療法_/_自家`幹細胞`移植_】〓〓 が 適応となる┏┓。

〈その〉¨役割{☆の}{★のための}¨ ⌒〔 ☆←_他家`幹細胞`移植_⌒〔 ★←_ホジキン`リンパ腫_】〓〓 が 探索されつつある┏┓。    それ《=『 』ということ(右記)》〓〓は 可能性がある……【・=『_移植片`対`リンパ腫細胞 効果_ が 貢献する_【・*に |*←_有利的な__結果状況_《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←罹患_患者さん《複数》_ 』】〓〓、しかし、_死亡率_{ ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=直接的に結果する--【・*から |*←〈その〉移植`手順 】〓〓 は ¨※¨であって在る 【・※←受け入れ できない くらいに高い 】┏┓。     より新しい移植プロトコル《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =使用する_【・*を |*← より_低_−集中度 の _移植前`処置__レジメン_《複数》《 _化学療法_ 》 】〓〓 が 提供する_【・*を |*←〈その〉可能性{☆への}¨ ⌒〔 ☆←_長期的__病気無し`生存_--【・*を伴って |*← より少ない 移植−関連__死亡率_ 】┏┓。    _他家`幹細胞`移植_ は 理想的には¨ ∬ ¨(される)べきである 【 ∬=追究される--【・*に於いてだけ |*←_臨床試験_の状況 】┏┓。

--【・*の理由から… |*←■_〈その〉限定された数の¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_ホジキン`リンパ腫_】|-そして-|■_〈その〉重要性{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_臨床的_疑問《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =残存している--【・*について |*←_最適な__病気__管理_ 】】〓〓、_患者さん の 参加{☆への}¨ ⌒〔 ☆←_臨床試験_《複数》_】〓〓 が 強く 勧められる┏┓。

_結節性`リンパ球`優位`型`ホジキン`リンパ腫_《 NLPHD 》_は ¨※¨である 【・※←_臨床的_に_別個`区別`的--【・*から |*←古典的な_ホジキン`リンパ腫_--【『 』という点で…|『それ は _一般的に _病気`現出`する_【・*として |*←_早期_ の _病気_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=■__治療_される--【・*により |*←_局所_的 手段《複数》《 _外科手術_、_放射線`療法_ 》】|-又は-|■_フォローされる--【・期待的に 】 』】┏┓。    いくつかのケース《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆← NLPHD 】〓〓 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=転換する_【・*に |*←_攻撃的_ な _ホジキン`リンパ腫_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =_治療_される--【・*により |*←_標準的__治療_枠組み《複数》 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Principles of therapy for Hodgkin disease (Hodgkin's lymphoma)

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_放射線`療法_


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

--【・*のためには… |*←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←古典的_ホジキン`リンパ腫_】〓〓、_放射線`療法_ が _一般的に 実施される--【・*との併用で |*←_化学療法_ 】┏┓。    _放射線`照射野_《複数》 、及び、 _用量_《複数》 は _選択_される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=最小化する_【・*を |*←〈その〉_潜在的__副作用_《複数》】、、《 維持しつつ_【・*を |*←〈その〉_潜在性{☆への}¨ ⌒〔 ☆←_長期的__病気無し`生存_期間 》 】┏┓。    _(病変部位への)局所`放射線療法《 IFRT 》_ は カバーする_【・*を |*←観察された_病気_の領域だけ 】┏┓。    _領域`照射`野`治療_ は 拡大する_【・*を |*←〈その〉_病変_部位 照射野--【 ∬ (する)ように | ∬=含める_【・*を |*←隣接 リンパ区域《複数》 】┏┓。

_その他の_照射野《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =歴史的に 使用されて在る、そして、¨ ∬ ¨(する)ことの可能性がある 【 ∬=使用される--【・*に於いて |*←例外的な_臨床的_状況《複数》 】〓〓 は 含む_【・*を |*←〈その〉_マントル`照射野_】、、《 カバーして_【・*を |*←〈その〉_傍`大動脈_、 骨盤 、及び、 そけい部 の _リンパ節_《複数》 》 】┏┓。    _亜全`リンパ節`照射_ は 含む_【・*を |*←〈その〉_マントル`照射野_ + 〈その〉_傍`大動脈__リンパ節_《複数》 】┏┓。    〈その〉_マントル`照射野_ は 形作られる--【 ∬ (する)ことのために | ∬=低下させる_【・*を |*←_放射線_曝露{☆への}¨ ⌒〔 ☆←心臓 、及び、 肺《複数》 】┏┓。    注意深い 回避{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉脊髄】〓〓 は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=低下させる_【・*を |*←〈その〉¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←脊髄炎 】┏┓。     ∬ (する)こと | ∬=遮蔽する_【・*を |*←〈その〉精巣《複数》  、及び、 _卵巣`固定`術__は ¨※¨である 【・※←重要_--〔・*の間 |*←〈その〉_生殖`可能的`年齢_《複数》 】┏┓。

照射されることになる_放射線__用量_ は 調節される--【・*に合わせて |*←〈その〉_特定的な__臨床的_状況 】┏┓。    _用量_《複数》{ ∬ (される)}¨ ⌒〔 ∬=使用される --【・*に於いて |*←_併用_学的_治療_】〓〓_は ¨※¨である 【・※←■__かさ高の__病気_箇所《複数》で 30 〜 36 Gy |-そして-|■__非−_かさ高の__病気_箇所《複数》で 20 〜 30 Gy 】┏┓。    --【 ∬ (される)場合には…∬=単独で使用される 】〓〓、_用量_《複数》 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=_範囲を持つ--【・*から#の間の ||*← 30 Gy |#← 44 Gy 】┏┓。

--【・*に於いて… |*←〈その〉 NLPHD サブタイプ の _ホジキン`リンパ腫_】〓〓、_(病変部位への)局所`放射線療法 が ¨ ∬ ¨(される)ことがある 【 ∬=推奨される--【・*のために |*←_ステージ_1 A 、又は、 2 A の_病気_ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=XRT

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

化学療法


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_導入__レジメン_《複数》_は ¨※¨である 【・※←_レジメン_《複数》{ ∬ (される)}¨ ⌒〔 ∬=_投与_される--【・*として |*←初回_治療_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_ホジキン`リンパ腫_ 】┏┓。

◆ MOPP_レジメン_《 mechlorethamine / vincristine / procarbazine / prednisone 》_は ¨※¨であった 【・※←〈その〉最初の_効果的_ な _併用`化学療法_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_ホジキン`リンパ腫_ 】┏┓。    それ_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉 4 剤_レジメン_{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=開発された --【・*により |*← Vincent DeVita 達--【・*に於いて |*←〈その〉 NCI--【・*に(時) |*← 1960 年代中頃】〓〓、そして、当該_レジメン__は ¨※¨である 【・※←主として歴史的_に重要なもの 】┏┓。 


◆ 〈その〉 ABVD_レジメン_《 Adriamycin®/ bleomycin / vinblastine / dacarbazine 》〓〓 は デザインされた--【・*に於いて |*←イタリア--【・*により |*← Gianni Bonadonna 達--【・*に(時) |*← 1970 年代始め 】┏┓。    この_併用__レジメン_ は 今や¨※¨となって在る【・※←〈その〉_標準的__化学療法__レジメン_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_ホジキン`リンパ腫_ 】┏┓。    ABVD_は ¨※¨である 【・※← より優れる_--〔・*よりも |*← MOPP--【・*の点で |*←_病気無し`生存_】〓〓そして、それ_は 持つ_【・*を |*←〈一つの〉 より_低_い頻度{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_不妊症_ 、及び、 _二次的__白血病_ 】┏┓。 


◆ 〈その〉 Stanford V_レジメン_《 doxorubicin / vinblastine / mustard / bleomycin / vincristine / etoposide / prednisone 》_は ¨※¨である 【・※←_多重__薬__レジメン_{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=作り出された--【・*に於いて |*← Stanford University--【・*により |*← Sandra Horning 達 】┏┓。    〈その〉_薬_《複数》 は _投与_される--【・_毎週 1 回】、、《 交替しつつ_【・*を |*←_骨髄`抑制_的な_薬_《複数》--【・*と |*←_非−_骨髄`抑制_な_薬_《複数》 》--【・*にわたり |*← 12 週間 】┏┓。    _(病変部位への)局所`放射線療法《 IFRT 》_{☆の時点での}¨ ⌒〔 ☆←終了{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉 12 週間_レジメン_】〓〓_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉重要な¨一部{☆の}¨ ⌒〔 ☆←この_レジメン_ 】┏┓。    〈一つの〉_潜在的`可能的な 利点{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉 Stanford V_レジメン_】〓〓_は ¨『 』(右記)¨ということである『それの使用{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉広いスペクトル の _化学療法剤_《複数》】〓〓 は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=限定する_【・*を |*←〈その〉曝露《  、及び、 _潜在的`可能的な_副作用_《複数》 》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←如何なる_単一__薬_ 』 】┏┓。 


◆ 〈その〉 BEACOPP_レジメン_《 bleomycin / etoposide / doxorubicin / cyclophosphamide / vincristine / procarbazine / prednisone 》〓〓 は 開発された--【・*に於いて |*←ドイツ--【・*により |*← Volker Diehl 達 】┏┓。    〈一つの〉_投与_量`強化バージョン の BEACOPP_レジメン_《 _投与_量 引き上げ BEACOPP_レジメン_ 》{☆を伴う}¨ ⌒〔 ☆← より高_用量_ の etoposide、Adriamycin® 、及び、 cyclophosphamide 、及び、 _顆粒球`コロニー`刺激`因子《 G-CSF 》_の追加《 好中球サポートのため 》】〓〓 が 、また、開発されて在る 〓〓、そして、この_レジメン_ は ¨ ∬ ¨(である)ことの可能性がある 【 ∬=¨※¨である 【・※←有用的_--〔・*のために |*←_非−_有利的、 _進行期__ステージ_ の _ホジキン`リンパ腫_ 】┏┓。    しかし、_投与_量 引き上げ BEACOPP_レジメン_ は 伴う_【・*を |*← より大きな_血液学的__毒性_ 、及び、  より高頻度の_二次的_ がん 《複数》{☆を含む}¨ ⌒〔 ☆←_急性`骨髄性`白血病_ 】┏┓。    Engert 等 は 報告した--【・*について |*←〈その〉 10 年間フォローアップ{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉 German Hodgkin Study Group HD9 _臨床試験_ 】┏┓。    〈その〉_研究_ は 比較した_【・*を |*← 2_用量_《 _ベースライン_ 、及び、 _用量_引き上げ 》 の BEACOPP_レジメン_、《 COPP が¨ ∬ ¨して…| ∬=交替して--【・*と |*← doxorubicin / bleomycin / vinblastine / dacarbazine《 ABVD 》 】┏┓。    BEACOPP_用量_引き上げ は _有意に改善した_【・*を |*←_治療`挫折_無し率《 82%70% 》 、及び、 _全体的`生存_率《 86%80% 》--【・*と比較して |*← BEACOPP_ベースライン_ 】┏┓。    COPP/ABVD は ¨※¨であって在る 【・※←〈その〉標準ケア{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←この_患者さん`人口集団_】〓〓、しかし、_治療`挫折_無し率_は ¨※¨であった 【・※←わずかに 64%】〓〓、そして、_全体的‐生存率_は ¨※¨であった 【・※←わずかに 75%--【・*に於いて |*←この_グループ_】┏┓。 

◆◆◆◆◆編集メモ:ここまで一旦投稿済み◆◆◆◆◆--

_進展中_ の _臨床試験_《複数》_ は ¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=直接 比較する_【・*を |*←〈その〉 ABVD_レジメン_--【・*と(比較対象) |*←〈その〉 Stanford V_レジメン_ 、及び、 投与_量 引き上げ BEACOPP_レジメン_ 】┏┓。

◆ _救助《サルベージ》_化学療法_ : --【・*のためには… |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =_病気_ が _治療`挫折_した--【・*では |*←_導入__化学療法_ 】】〓〓、 _救助《サルベージ》_化学療法_ が _一般的に 実施される┏┓。    _救助《サルベージ》_レジメン_《複数》 は 組込む_【・*を |*←_薬_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =¨※¨である 【・※←補完的_--〔・*に |*←_薬_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =_治療`挫折_した--【・*の間に |*←_導入__治療_ 】┏┓。    _一般普通的_に 使用される_救助《サルベージ》_レジメン_《複数》 は 含む_【・*を |*← ICE《 ifosfamide / carboplatin / etoposide 》、DHAP《 cisplatin / cytarabine / prednisone 》 、及び、 ESHAP《 etoposide / methylprednisolone / cytarabine / cisplatin 》 】┏┓。


◆ HDC + _骨髄`移植_ : HDC {☆での(_用量_)}¨ ⌒〔 ☆←_用量_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =焼灼する_【・*を |*←〈その〉_骨髄_ 】〓〓_は ¨※¨である 【・※←_実施`可能`的__--〔・*により |*←■_再注入{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_患者さん_ の 事前に 採集された 造血_幹細胞_《複数》《 _自家`幹細胞`移植_ 》】|-又は-|■_注入{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_幹細胞_《複数》{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←〈一人の〉ドナー《 _他家`幹細胞`移植_ 》 】┏┓。    歴史的には、造血_幹細胞_《複数》 は 得られて在る--【・*から |*←_骨髄_】〓〓、しかし、それら は 現在では _典型的には_得られる--【・*から |*←フェレーシス{☆の}¨ ⌒〔 ☆←末梢_血液_リンパ球《複数》 】┏┓。    _確証され、 比較的に_安全的_ な _移植前`処置__レジメン_《複数》{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_自家`幹細胞`移植_】〓〓_は ¨※¨である 【・※←〈その〉 BEAM_レジメン_《 carmustine ( BCNU )/ etoposide / cytarabine / melphalan 》 】┏┓。 



(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Chemotherapy

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_特定的な__レジメン_《複数》


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

それぞれ の _薬_《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←全ての_レジメン_《複数》{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=記述された--【・*に於いて |*←〈その〉記事 】〓〓 は _投与_される--【・静注で《 但し、prednisone 、及び、 procarbazine は _経口__投与_される 》 】┏┓。

……《以下のイメージ紹介では、用量・投与スケジュールの詳細は略します。それらについては原文をご覧ください。》

_導入__レジメン_《 _病気_の初回_治療_ 》




_救助《サルベージ》治療_《 原発で_治療−抵抗性_、又は、再発した_病気 》




_骨髄`破壊的__レジメン_《複数》

《_高用量__治療_ は 必要とする_【・*を |*←造血_幹細胞_サポート--【・*のために |*←回復】》

◆ BEAM_レジメン___ : __異なるスケジュール《複数》{☆の}{ ¶ ところの#←}¨ ⌒〔 ☆← BEAM_レジメン_】〓〓 が 存在している⌒〔 ←#¶ =主として 異なる--【・*に於いて |*←〈その〉_用量_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_投与_される etoposide 】┏┓。    これ_は ¨※¨である 【・※←〈その〉バージョン{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=使用された--【・*により |*← Schmitz 等--【・*に於いて |*←〈一つの〉キー_ランダム化_、 _前向き方式__臨床試験_ 】┏┓。    --【・*に続き… |*←この_化学療法_】〓〓、_自家`幹細胞`移植_ が 実施される--【・*に(時) |*←第 0 日 】┏┓。《 BCNU / etoposide / cytarabine / melphalan 》 



(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Specific regimens

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_分子標的`治療`薬_


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

標的`免疫`治療薬_《複数》 は 現在評価されつつある--【・*のために |*←_潜在的`可能的な使用{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_ホジキン`リンパ腫_ 】┏┓。    〈その〉 CD30_細胞`表面`抗原《 これ は 高__レベル_に_発現_する--【・*の上に |*← Reed-Sternberg_細胞《複数》_ 》〓〓_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉標的{☆の}¨ ⌒〔 ☆← 2 つの_モノクロナル抗体_《複数》 SGN-30 、及び、 MDX-60 】┏┓。    これらの それぞれ は _示して在る_【・*を |*←若干の_活性_--【 ∬ (された)場合に∬=_投与_された--【・*に |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_治療−抵抗性_ 、又は、 _再発性_ の _ホジキン`リンパ腫_ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Targeted therapies

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_ステージ_や_病状ごとの治療_特定事項


概観


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_ホジキン`リンパ腫_】〓〓 は _適合化される--【・*について |*←_病気_タイプ、 _病気__ステージ_ 、及び、 評価{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_耐性_ の _病気_ 】┏┓。    2 セット の コンセンサス・_ガイドライン_《複数》 が 現在 助ける_【 ∬ (する)ことを | ∬=ガイドする_【・*を |*←〈その〉_標準的_ケア{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_ホジキン`リンパ腫_ 《 NCCN 、及び、 ESMO のもの 》 】┏┓。

上記の_ガイドライン_《複数》_は ¨※¨である 【・※←非常に 類似している】〓〓、しかし、〈その〉 NCCN_ガイドライン_《複数》_は 持つ_【・*を |*← より多くの_特定的な_推奨《複数》{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_奏効_評価 、及び、 フォローアップ 】┏┓。    加えるに、〈一つの〉¨¨セット{☆の}¨ ⌒〔 ☆←■_改訂された_奏効_基準{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_悪性__リンパ腫_《 _ホジキン`リンパ腫_を含む 》】|-そして-|■_推奨《複数》{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=使用する_【・*を |*← PET スキャン--【 ∬ (する)ことのために | ∬=モニターする_【・*を |*←_ホジキン`リンパ腫_ 】〓〓 が _公刊された_--【・*により |*←〈その〉 International Harmonization Project 】┏┓。    一緒になって、 これらの_ガイドライン_《複数》 は 提供する_【・*を |*←_特定的な_ガイダンス{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=評価する_【・*を |*←〈その〉_奏効_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_病気__治療_ 】┏┓。

_治療_の 目標


〈その〉_第一次的_目標{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_治療_】〓〓_は ∬ (する)ことである 【 ∬=誘導する_【・*を |*←〈一つの〉_完全寛解_《 これ は 定義される--【・*として |*←〈その〉「消失{☆の}¨ ⌒〔 ☆←全ての証拠{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_病気_」】、、《 評価されて--【・*により |*← PET/CT スキャン、 身体`検査 、及び、 _骨髄_検査《 それが適当な場合 》 】┏┓。    PET/CT スキャン は ¨ ∬ ¨(される)べきである 【 ∬=得られる--【・少なくとも 3 週間、できれば 6 〜 8 週間、*に引き続いて |*←〈その〉最近接の_治療_--【 ∬ (する)ことのために | ∬=少なくする_【・*を |*←〈その〉¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←偽−_陽性_ の スキャン結果《複数》{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←_非−_悪性_ の 炎症性 _反応_《複数》 】┏┓。    〈一つの〉_部分`寛解_ は 定義される--【・*として |*←「_測定`可能`的__病気_の 縮退 、及び、 新箇所 の 出現無し」 】┏┓。    失敗{ ∬ (する)ことの}¨ ⌒〔 ∬=達成する_【・*を |*←_完全寛解_--【・*により |*←初回_治療_ 】|-又は-|■_〈一つの〉_再発_{☆の後の}¨ ⌒〔 ☆←_完全奏効_の達成】〓〓_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉適応{☆への}¨ ⌒〔 ☆←追加的_高用量`化学療法_、や、_放射線`療法_】、--【・しばしば*との併用で |*←_自家`幹細胞`移植_サポート 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Specifics of treatment by stage and clinical presentation

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_早期__ステージ_《紹介`省略》


《当サイトでは 進行期・転移性のケースの治療法に重点を置いておりますため、この項目のご紹介は省略します(原文をお読みください)》

進行期/_高リスク_ の _病気


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

これらの_患者さん《複数》__は 持つ_【・*を |*←■__ステージ_1_ 、又は、 2 の _病気_ + B_症状《複数》_《 IB、IIB 》】|-又は-|■__ステージ_3_ 、又は、 4 】┏┓。    〈その〉 NCCN は 推奨する_【・*を |*←■_4 サイクル の ABVD_レジメン_】|-又は-|■_12 週間 の Stanford V_レジメン_〈一つの〉 、と、 それに続いての 再ステージ決め{☆による}¨ ⌒〔 ☆← PET/CT_スキャン_ 】┏┓。    --【もし『 』なら…|『_患者さん__が 持つ【・*を |*←_陽性_結果{☆での}¨ ⌒〔 ☆← PET _スキャン_{☆に引き続いての}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉 ABVD_レジメン_』】〓〓、〈一つの〉追加 の 2 サイクル の ABVD_レジメン_ が 実施される┏┓。    --【いったん『 』したら…|『〈一つの〉_完全寛解_ が 達成されて在る 』】〓〓、_(病変部位への)局所`放射線療法《 IFRT 》_ が 実施される┏┓。    --【もし『 』なら…|『--【・*の後に… |*← 12 週間 の Stanford V_レジメン__治療_】〓〓、■__患者さん__が ¨※¨である 【・※←_完全寛解_の 状態 】|-又は-|■__部分`寛解_ が 到達されて在る』】〓〓、その後、_(病変部位への)局所`放射線療法《 IFRT 》__が ¨※¨である 【・※←_標準的_ 】┏┓。

ESMO は_推奨している_【・『 』ということを… |『¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←このカテゴリーの_病気_】〓〓 が 受ける_【・*を |*← 8 サイクルの ABVD_レジメン_ 、又は、 _標準的__用量_ の BEACOPP_レジメン_--【・*と一緒に |*←_(病変部位への)局所`放射線療法《 IFRT 》_{☆だけに対する}¨ ⌒〔 ☆←当初 7。5cm 超の_腫瘍_《複数》 、又は、 _化学療法_後 の 残存_病変_サイト《複数》 』 】┏┓。    --【・*のためには… |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_進行期__ステージ_ の _病気_】〓〓、〈その〉¨使用{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_用量_引き上げ BEACOPP_レジメン_】〓〓_は 持つ_【・*を |*←サポート--【・*の中に |*←〈その〉文献 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Advanced and/or high-risk disease

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

結節性`リンパ球`優位`型`ホジキン`リンパ腫


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_早期__ステージ__結節性`リンパ球`優位`型`ホジキン`リンパ腫_《 NLPHD 》 は ¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=_治療_される--【・*により |*←_局所__切除_、 _(病変部位への)局所`放射線療法《 IFRT 》_ 、又は、 _待機的`管理_《 経過観察 》 】┏┓。

_進行期__ステージ_ の _病気_ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=代表する_【・*を |*←_組織学的_転換{☆への}¨ ⌒〔 ☆←_T-細胞`豊富_B −細胞`性`リンパ腫《 TCR-BCL 》_ 、又は、 _びまん性`大細胞型` B 細胞性`リンパ腫_ 】┏┓。    これら_は ¨※¨である 【・※←_非ホジキンリンパ腫_ の タイプ《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =¨ ∬ ¨(される)べきである 【 ∬=_治療_される--【・*により |*←〈一つの〉_典型的な_非ホジキンリンパ腫_用_レジメン_{☆のような}¨ ⌒〔 ☆← R-CHOP_レジメン_《 rituximab / cyclophosphamide / doxorubicin / vincristine / prednisone 》 】┏┓。

rituximab_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉_ヒト化__モノクロナル抗体_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =¨※¨である 【・※←_特定的_--〔・*に対して |*← CD20《 〈一つの〉_細胞_表面 _抗原_{ ∬ (される)}¨ ⌒〔 ∬=_発現_される--【・*により |*←〈その〉_悪性__L&H 細胞_《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆← NLPHD 】 》 】┏┓。    それ は _示して在る_【・*を |*←_活性_{☆としての}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉_単剤_--【・*に於いて |*← NLPHD 】┏┓。    〈その〉 German Hodgkin Lymphoma Study Group (GHSG)  は _公刊した_【・*を |*←_長期的_フォローアップ_データ_{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉¨使用{☆の}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆← rituximab ⌒〔 ★←_再発した_ 、又は、 _治療−抵抗性_ の NLPHD_ 】┏┓。    〈その〉_研究者《複数》_ は 観察した_【・*を |*←〈一つの〉 94% の _全体的`奏効率_《 15 名の患者さん《複数》中 8 名では_完全寛解_ 》 】┏┓。    従って、 rituximab_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉_有望的_ な _薬_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_進行期_NLPHD 】、--【『 』であるが…|『〈その〉¨使用{☆の}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆← rituximab ⌒〔 ★← NLPHD《 特に_早期__ステージ_の_病気_の場合 》】〓〓 は 理想的には¨ ∬ ¨(される)べきである 【 ∬=追究される--【・*の文脈に於いて |*←〈一件の〉_臨床試験_ 』】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=NLPHD

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

HIV_感染 併発の_ホジキン`リンパ腫_《紹介`省略》


《この項目のご紹介は省略します(原文をお読みください)》

再発した、又は、_原発_治療−抵抗性_の_病気


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_ホジキン`リンパ腫_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =全く入ったことがない--【・*に |*←〈一つの〉_完全寛解_】〓〓 、又は、 _再発して在る--【・*の後に |*←〈その〉達成{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_完全寛解_ 】〓〓 は 伴う_【・*を |*←〈一つの〉非常に劣った_予後_--【 ∬ (された)場合に∬=_治療_された--【・*により |*←_標準的__化学療法_ + _放射線`療法_ 】┏┓。    従って、 --【・*のためには… |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_再発した_ 、又は、 _治療−抵抗性_ の _病気_】〓〓、_高用量`化学療法_ + _自家`幹細胞`移植_ が _推奨される┏┓。    --【・*に於いては… |*←この_治療_手順_】〓〓、_救助《サルベージ》治療__化学療法_ が 最初に 実施される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=助ける_【 ∬ (する)ことを | ∬=■_低下させる_【・*を |*←〈その〉サイズ{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉執拗的な _病気_ 】|-そして-|■_《 可能であれば 》得る_【・*を |*←〈一つの〉_完全寛解_ 】┏┓。    〈その〉サイクル数{ ∬ (される)}¨ ⌒〔 ∬=実施される 】〓〓 は _¨※¨によって異なってくる【・※←『どの程度 良好に 〈その〉_病気_ が _反応_しているのか--【・*に |*←_治療_ 』 】┏┓。    〈一つの〉_最適な_状況_は ¨※¨である 【・※←状況{=『 』という(右記)}¨=『〈その〉_病気_ が 入る--【・*に |*←〈一つの〉_完全寛解_--【・*を伴って |*←陰性の PET スキャン知見《複数》 』】〓〓--【『 』であるが…|『〈一件の〉_研究_ は _示した_【・『 』ということを… |『_患者さん《複数》_ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=達成する_【・*を |*←_長期的__病気無し`生存_状態】、--【『 』の場合でさえも…|『彼らのコンディション_が 持つ_【・*を |*←ほとんど無い 、又は、 全く無い _反応_ 』】 』】┏┓。

--【・*に引き続いて… |*←¨一つ{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉サイクル《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_救助《サルベージ》治療__化学療法_】〓〓、造血_幹細胞_《複数》 が 採集される--【・*から |*←〈その〉_末梢__血液_--【・*により |*←_白血球`搬出法_】〓〓、そして、凍結 保存される┏┓。    --【・*に引き続いて… |*←〈その〉実施{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_骨髄`破壊的__化学療法_《 例えば BEAM 》】〓〓、〈その〉保存されていた_幹細胞_《複数》 は 解凍され、 再注入される--【・*に |*←〈その〉_患者さん_--【 ∬ (する)ことのために | ∬=可能にさせる_【・*を |*←造血`機能 の 回復 】┏┓。    _高用量`化学療法_{☆との併用での}¨ ⌒〔 ☆←_自家`幹細胞`移植_】〓〓 は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=もたらす_【・*を |*← 50% よりも良好な_長期的__進行無し`生存_--【・*のために |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_再発_《複数》】、--【『 』であるが…|『_特定的な__予後`予測`的_結果状況_《複数》 は 広く変わる--【・*により |*←_患者さん−_特定的な__リスク`要因_《複数》 』】┏┓。

多くの問題《複数》{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←¨¨_救助《サルベージ》治療_ 、及び、 _高用量`化学療法__治療_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_ホジキン`リンパ腫_】〓〓 は ¨ ∬ ¨(される)必要がある 【 ∬=取り組まれる】〓〓、そして、それら_は ¨※¨である 【・※←主題{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_進展中_ の _臨床試験_《複数》_ 】┏┓。
これら は 含む_【・*を |*←以下の問題《複数》】 :

◆◆◆◆◆編集メモ:ここまで一旦投稿済み◆◆◆◆◆--
--【・*に於いては… |*←いくらかのケース《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =_高用量`化学療法_ が _治療`挫折_する 】】〓〓、_他家`幹細胞`移植_ が ¨ ∬ ¨(である)ことがある 【 ∬=¨※¨である 【・※←〈一つの〉有効な_選択肢_ 】┏┓。    --【・*に於いては… |*←この方法】〓〓、_骨髄`破壊的__治療_《 _化学療法_ 、及び、 時として_放射線`療法_ 》 が 後続される--【・*により |*←〈その〉注入{☆の}¨ ⌒〔 ☆←造血_幹細胞_《複数》{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←〈一人の〉_遺伝子_的に 適合したドナー 】┏┓。    このこと は 提供する_【・*を |*←〈その〉_潜在的`可能性_{☆への}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉_免疫_的な_抗−腫瘍__効果_{☆による}¨ ⌒〔 ☆← T-細胞《複数》{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=提供された --【・*により |*←〈その〉ドナー】〓〓、そして、このこと は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=改善する_【・*を |*←〈その〉チャンス《複数》{☆への}¨ ⌒〔 ☆←_病気_の治癒 】┏┓。

歴史的には、_他家`幹細胞`移植_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_ホジキン`リンパ腫_】〓〓 は 見なされて在る【・※であると|※←余りにも高リスク_--〔・*のために |*←大部分の_患者さん《複数》_--【・*の理由から |*←〈一つの〉高率の 移植−関連__死亡率_ 】┏┓。    しかし、新しい移植プロトコル《複数》 は 使用する_【・*を |*← より_低__毒性_ の _移植前`処置__レジメン_《複数》】〓〓、そして、それら は ¨ ∬ ¨(である)ことの可能性がある 【 ∬=¨※¨である 【・※← より_安全的_で より_効果的__--〔・*のために |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_治療−抵抗性__ホジキン`リンパ腫_ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Relapsed or primary refractory disease

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

資料 A



資料 Source

American Cancer Sociey ホームページ
原文へのリンク: 本コーナーでは、情報の在処と記事概要の迅速なご紹介を目的としています。内容そのものや最新情報は、下記リンク先の原文をお読みになって、ご確認ください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、トップページへのリンクです。ご了解ください)


American Cancer Society のホームページ



当サイトの部位別治療法のページへ


key words(編集用の記述):がん、がん、癌、腫瘍、白血病、メラノーマ、欧州、米国、アメリカ、標準治療、抗がん剤、抗がん剤、抗癌剤、血液、リンパ、脳、乳がん、肝臓、胃、大腸、小腸、結腸、直腸、子宮、卵巣、精巣、頭頸部、肺、膵臓、前立腺、皮膚、甲状腺、腎臓、膀胱、神経


更新日付

第 1 回のまとめ: 2005 年 10 月 28 日

_A0 ステージ決め



【ステージ決めのシステム】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

ホジキン病のステージ決めシステムでは、ステージを I、II、III、IV、に分類する。そして、ホジキン病がリンパ系以外の臓器に拡大している場合には、E という文字を追加する。

※ mougitaro注:以下のステージの定義は、原文通りに訳していますが、率直に言って、分かりやすいとは言えません(ステージ間の区別が、いまひとつよく分からない)。正確な定義をお知りになりたいかたは、専門書をご覧になってください。

◇ステージ I : 以下のいずれかの場合、ステージ I である(以下、HD はホジキン病の意味):
‥‥HD が、1 個所だけのリンパ節領域に存在する。
‥‥HD が、リンパ系外では、1 つの臓器の 1 つの領域にだけ存在する。(ステージ IE )

◇ステージ II : 以下のいずれかの場合、ステージ II である:
‥‥HD が、横隔膜の上か下のいずれか一方の側だけで、2 個所以上のリンパ節に存在する。
‥‥HD が、リンパ節から、近くの組織へ拡大している。(ステージ IIE )

◇ステージ III : 以下のいずれかの場合、ステージ III である:
‥‥HD が、横隔膜の上のリンパ節にも、下のリンパ節にも存在する。
‥‥HD が、横隔膜の上にも、脾臓にも存在する。(ステージ IIIS )

◇ステージ IV : 以下のいずれかの場合、ステージ IV である:
‥‥HD が、リンパ系外の臓器へ拡大している。
‥‥HD は、近くのリンパ節に存在することもしないこともある。

ステージはさらに、一定の症状が出ているかどうかで、A (症状が出ていない場合)と、B (症状が出ている場合)に分けることがある。B カテゴリーとして判断するための症状は以下のようなものである:
◇今までの 6 ヶ月間に、10% 以上の体重減少
◇( HD 以外に)原因不明の、華氏 100 度(摂氏 37.8 度)以上の発熱
◇大量の寝汗
(これらの症状のいずれかがある場合、より集中的な治療が通常勧められる)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【耐性、又は、再発性のホジキン病】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

耐性のホジキン病とは、治療を続けても病気が消失しなかったり、病気が進行したりするケースのことである。再発性のホジキン病とは、初回の治療が良好に奏効したが、その後、病気が戻ってきたケースのことである。再発する個所は、最初に発生した場合のことも、身体の他の個所のこともある。また、初回の治療後すぐの場合もあれば、数年後のこともある。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【ステージごとの生存率データ】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

5 年後の生存率というのは、がんと診断されてから、少なくとも 5 年間生存している患者さんの割合である。当然ながら、多くの人々は 5 年間よりもずっと長く生存している。5 年後の相対生存率とは、他の原因で死亡した人を除外して計算した値である。

これも当たり前ながら、現在の 5 年後生存率は、5 年以上前に診断・治療された患者さんのデータである。その後の治療の進歩により、最近診断された患者さんの予後はより改善されている。

ステージ    5 年後の相対生存率

 I        90〜95%
 II       90〜95%
 III       80〜85%
 IV       60〜70%

(これらのデータは、大規模な国際的データベースからのものである。患者さんは、全て成人で、1990 年よりもずっと以前に治療を受けた人たちである。早期ステージの患者さんは、B 症状がなかった人たちである)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【その他の予後因子】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

特定の要因が存在する場合、ステージに関わらず、予後がより劣る傾向があり、治療法としては、より集中的な治療法が勧められることが多い。

そのような要因としては以下のようなものがある:
◇ B 症状がある。
◇白血球数が高い( 15,000 超)
◇赤血球数が低い(ヘモグロビンレベルが 10.5 未満)
◇血液中のリンパ球数が低い( 600 未満)
◇男性の患者さん
◇年齢が 45 歳超
◇血液アルブミンレベルが低い。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


_A1 治療の概観



【概観】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

最近の数年間で、ホジキン病の治療に多くの進歩があった。大部分の、新たに診断された患者さんは、化学療法と放射線療法で治癒可能である。ホジキン病に対する治療は、基本的には、ステージに基づいている。しかし、個々の患者さんに特有な要因によって、標準的な治療を調整する必要があることがある。そのような要因としては、患者さんの年齢、一般的な健康状態、病気のタイプ、病気の位置、などがある。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【小児に於けるホジキン病】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

小児でのホジキン病は、成人のホジキン病とは、タイプが異なる。例外はあるが、小児のがんは、化学療法により良く反応する傾向がある。小児は、成人よりもより良く化学療法に耐える。但し、化学療法には長期の副作用が伴うことがあるため、一生の間の注意深いモニターが必要である。

小児の患者さんや家族さんには、特殊なニーズがあり、そのようなニーズを満たすことができるのは、小児や思春期の若者を専門とするがんセンターである。そのようなセンターで治療を受けることの利益の一つは、成人のがんと小児のがんとの差や、小児のがん患者さんの特別なニーズを熟知した専門家チームによる治療を受けられることである。このような専門家チームには、小児科の腫瘍医、病理医、外科医、放射線腫瘍医、小児科の腫瘍専門看護婦、ナースプラクティショナー(*)、などがメンバーとなっている。

(*)mougitaro注:米国では、資格を有する看護婦は、医者と同様な医療行為(の一部)が実施可能です。患者さんには、かなり評判が良いとのことです。

米国に於ける小児のがん患者さんの 90% 近くは、Children's Oncology Group ( COG )のメンバーであるセンターで治療を受ける。これらのセンターは全て、大学や小児専門病院に付属している。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【ステージ決めの後の作業】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

ステージが決まると、医療チームと患者さんとで、治療選択肢を討議する。患者さんは、十分に時間をかけて、治療の選択肢について考慮すること。個々の治療選択肢について、リスクと副作用とを確実に理解してから、決定をすること。

セカンド・オピニオンを得ることは、より多くの情報をもたらすし、患者さんが選択した治療方法について自信を持つ意味でも有用である。患者さんの現在の主治医も、セカンド・オピニオンを提供してくれるような、他のがん専門医を喜んで紹介してくれるはずである(*)。保険会社のなかには、特定の医療について費用を負担する条件として、セカンド・オピニオン取得を義務づける会社もある。(*2)

(*)mougitaro 注: 日本の医者は、残念ながら、このようなフェアーな意識を持っていません。しかし、いわゆる”主治医”以外の医者の意見を聞くことは有用です。治療を誤らないためには、むしろ日本でこそ必須かも知れません。

(*2)mougitaro 注: この記述は、米国の制度に関するものです。

ホジキン病の患者さんのほとんど全ての人にとって、完全な治癒が主要な目標である。しかし、治療には副作用が伴い、しばしば、何年も経ってから副作用が現れることがある。従って、医者は、出来るだけ副作用が少なく、しかも治癒可能な治療法を考慮する。ホジキン病に対する 2 つの主要な治療方法は、化学療法と放射線療法である。

最良のアプローチは、上記の方法の組み合わせであることもある。他の治療方法がうまくいかなかった患者さんの場合には、高用量化学療法と幹細胞移植との組み合わせを実施することがある。大部分の場合、ステージ決めや生検で実施する以外には、外科手術がホジキン病治療で果たす役割は大きくない。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


_A2 化学療法



【化学療法の内容】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

化学療法は、医薬品を使用してがん細胞を殺す治療法である。医薬品は、錠剤として経口服用することもあるし、静脈注射や筋肉注射をすることもある。化学療法は、全身的な治療方法である。つまり、医薬品は血液中に入り、身体中を循環して、がん細胞が身体のどこに存在していても、そこに到達して、がん細胞を殺す。

ホジキン病に対する化学療法では、常に、複数の化学療法剤が使用される。何故なら、異なる薬は、異なる方法でがん細胞を殺すからである。複数の薬の併用方法は、しばしば、覚えやすい略号で記述される。

他の併用方法も存在するが、米国での標準は、ABVD と呼ばれる以下の 4 つの薬の併用である:
◇アドリアマイシン(ドキソルビシン)(つまり、頭文字が A )
◇ブレオマイシン( B )
◇ビンブラスチン( V )
◇ダカルバジン( D )

その他の併用レジメン(*)としては、例えば以下のものがある:

(*)mougitaro注: レジメンとは、厳密には、使用する化学療法剤の種類と、使用方法(投与量や投与スケジュール)をセットにした考えかたですが、通常は、併用する化学療法剤の組み合わせのことと考えれば良いでしょう。

BEACOPPレジメン:
◇ブレオマイシン( B )
◇エトポシド( E )
◇アドリアマイシン(ドキソルビシン)( A )
◇シクロホスファミド( C )
◇オンコビン(ビンクリスチン)( O )
◇プロカルバジン( P )
◇プレドニソン( P )

スタンフォード V レジメン:
◇ドキソルビシン
◇メクロレタミン(ナイトロジェン・マスタード))
◇ビンクリスチン
◇ビンブラスチン
◇ブレオマイシン
◇エトポシド
◇プレドニソン

これら以外にもレジメンは存在しており、多くのレジメンは、上記のレジメンと同じ薬を含んでいる(但し、用量や投与スケジュールが異なる)。おそらく最も重要な事項は、担当の医者が、治療に使用しているレジメンを熟知し、副作用について理解していることである。(*)

(*)mougitaro注: 米国と異なり、日本では、医者であるからといっても、必ずしも化学療法剤を熟知しているとは限りません。患者さんや家族さんが、出来るだけご自分で、使用されている化学療法剤(レジメン)についてお調べになることをお勧めします。(本サイトの「化学療法剤のページ」にも、上記の化学療法剤の個々のほとんどのものについては説明しております。併用レジメン自体についても、今後欧米のサイトを調べて、説明を載せていきたいと思います)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【化学療法の副作用】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

化学療法剤は、がん細胞を殺すが、正常細胞にもダメージを与えることがある。その結果、副作用が起きることがある。これらの副作用は、薬のタイプ、投与量、投与期間の長さ、によって異なる。がんの化学療法に使用される薬は、急速に分裂する細胞を特異的に攻撃する。これらの薬が有効であるのは、がん細胞が、正常細胞よりも、より長い時間を、分裂・増殖に費やすからである。

しかし、正常な細胞でも、特定の細胞(骨髄、口や腸の粘膜、毛包、などの細胞)は、消耗した細胞を置き換えるために、常に分裂が必要である。従って、このような細胞は、化学療法剤によって最も影響を受けやすい。その結果、以下のような副作用が起きる。
◇脱毛
◇口内炎
◇感染リスクの増大(白血球不足による)
◇軽度の切り傷やケガによる出血やアザ(血小板の不足による)
◇疲労感、息切れ(赤血球の不足による)
◇食欲不振、吐き気、嘔吐(これらの副作用は、部分的には、腸の細胞へのダメージによって起きるが、特定の化学療法剤の場合には、脳内の、食欲や嘔吐をコントロールしている領域へ影響が及ぶことによっても起きることがある)

これらの副作用は通常、一時的なもので、治療を止めれば消失する。

医者は、化学療法に伴う副作用を予防したり、軽減したりすることを試みるはずである。副作用の問題がある場合は、治療チームに告げること。何故なら、副作用を軽減するための方法がしばしば存在するからである。例えば、吐き気や嘔吐を予防したり軽減するために、制吐剤を化学療法剤とほとんど常に一緒に投与する。

さらに、化学療法剤のなかには、長期的な副作用(治療の終了後、長く経過してから発症する)を伴うものがある。影響を受けるのは、心臓、肺、成長、子供をもうける能力、などである。患者さんが十分に成人しており、不妊をもたらす可能性がある薬を使用する予定である場合、化学療法を開始する前に、精子銀行を考慮すべきである。

このような長期的な副作用の重症度は、治療時の患者さんの年齢によって異なる。また、後になって二次的ながん(白血病など)が発症するリスクが増大する。

担当医に対しては、化学療法の結果、自分の場合に生じ得る全ての副作用について、説明を求めること。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


_A3 放射線療法(*)

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

(*)mougitaro注:以下では、照射野の種類による放射線療法の分類を定義していますが、この分野でも、日本語での用語は確立していないようですので、日本語での記述(「拡大野照射」など)は、暫定的なものです。医者とのやりとりには、英語の用語を使用すべきであるかも知れません。

放射線療法では、高エネルギーの放射線、又は、粒子を使用してがん細胞を破壊する。ホジキン病の放射線療法は通常、身体の外のマシンから放出された放射線によって行う。つまり、外部線源放射線療法である。放射線療法が有用であるのは以下のような場合である:
◇病気が、身体の一部分に局在している場合
◇腫瘤が非常に大きくて、化学療法を実施しても、その領域からがんを全て除去することができないと考えられる場合

一時は、ホジキン病が拡大した場合には、主要な病変個所と、その周囲のリンパ節領域を照射する方法が一般的であった。この方法は、extended field radiation (拡大野照射)という。上半身のホジキン病の場合の拡大野照射は、マントル領域(頸、胸、腕の下のリンパ節)に照射した。時によっては、照射を上腹部のリンパ節に拡大した。逆 Y 字野照射( inverted Y field radiation )(上腹部のリンパ節、脾臓、骨盤部のリンパ節)と、マントル領域照射とを同時に実施した場合、全リンパ節照射( total nodal radiation )と呼ばれた。

病気が分かっている領域にだけ放射線を照射しても治癒が可能であることが分かってきている。この方法は、関連野照射( involved field radiation )と呼ばれ、化学療法と併用する場合には、現在優先される放射線療法である(但し、放射線療法と化学療法とを同時に実施することはない)。化学療法を 3〜4 コース実施した後、関連野照射を、臨床的にみて明瞭に病気がある領域に対して実施する。マントル領域照射、逆 Y 字野照射、全リンパ節照射、を、化学療法と併用することは稀である。

外部線源放射線療法の欠点は、放射線があたった領域のがん細胞だけしか殺せないことであり、身体の別の個所にがん細胞がある場合、放射線療法は究極的には成功しない。さらに、放射線によって、がん組織の近くの正常組織がダメージを受けることがある。患者さんの中には、皮膚に日焼けに類似した変化を起こす人がいる。(しかし、これはゆっくりと解消していく) その他起こり得る副作用として、疲労感、吐き気、下痢、などがある。

放射線療法には、長期の副作用が伴うことがある。これらの副作用のうちの最も重大なものは、放射線を照射した領域で、二次的ながんが起きることがあることである。小児の患者さんの場合は、成長が遅れることがある(脊椎などの骨に照射を受けた場合)。

胸部に放射線照射を受けると、甲状腺にダメージを受けて、甲状腺機能低下症が起きることがある。その結果、疲労感や体重増加が起きる。甲状腺ホルモンの錠剤を服用することで、この問題に容易に対応可能である。

医者は、副作用を最小限にすべく、用量を正確に計算し、出来るだけ正確にがんに放射線をあてるはずであるが、放射線療法の可能な副作用について、医者に聞いておくこと。

過去に於いては、放射線療法のほうが化学療法よりも副作用が少ないと考えられ、可能な限り、放射線療法が優先された。しかし、より多くの患者さんが、正常な程度の長さの期間にわたって生存が可能になってきた結果、放射線療法による長期的な合併症を多くみとめるようになってきた。放射線療法を受けた領域でのがんの発生率は、1 年間に約 1 パーセント程度である。また、胸部への放射線照射によって心臓病のリスクが増加し、頸部への放射線照射によって卒中のリスクが増加する。

これらの問題があるため、医者は、放射線療法から、ゆっくりと離れつつある(少なくとも、放射線の用量を少なくしつつある)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


_A4 高用量化学療法と幹細胞移植



【高用量化学療法 + 幹細胞移植が実施されるケース】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

若干の患者さんの場合、治癒のための唯一の方法は、高用量化学療法と、それに続く、造血幹細胞の移植、の組み合わせであることがある。

それは、以下のようなケースである:
◇化学療法や放射線療法が完全には奏効しなかった場合(全ての検出可能なホジキン病を消滅させられなかった場合)
◇完全に奏効したが、すぐ後に、再発した場合

造血幹細胞移植をどのようにして入手するかによって、この治療アプローチには、以下に記述されるようなものがある。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【自家骨髄移植】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

このアプローチの場合、まず、患者さん自身の骨髄から造血幹細胞移植を採取し、凍結しておく。次に、非常に高用量の化学療法を実施する(放射線療法は実施することもしないこともある)ことにより、ホジキン病の細胞を殺す。この化学療法の副作用として、骨髄細胞が破壊される。

高用量化学療法の後に、凍結保存してあった骨髄細胞を溶解し、静脈から注入する。注入された幹細胞は、骨髄に到達し、破壊された細胞を置き換える。1 〜 2 週間が経過すると、造血幹細胞が、各種の血球の産生を開始する。

現実には、最近は、骨髄が使用されることは稀で、以下の、末梢血液からの造血幹細胞の採取が行われる。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【自家末梢血幹細胞移植】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

この方法が現在では、ほとんどの場合に実施される。この方法では、患者さんは腕の静脈からエフェレーシス装置に接続され、血液が少しずつ装置に供給される。装置は患者さんの血液から造血幹細胞を採取し、血液の残りの部分は、別の静脈を通じて患者さんに返す。

上記の操作には、1 回に数時間を必要とし、十分な幹細胞が採取されるまで、数日間繰り返す。

幹細胞を採取した後の作業は、骨髄からの採取の場合と同様である。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【副作用】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

高用量化学療法 + 幹細胞移植による副作用は、通常の化学療法と同様で、吐き気、嘔吐、脱毛、血球数低下、などである。(但し、高用量の化学療法剤を使用することから、副作用がよりきついことがある)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


_A5 小児のホジキンリンパ腫の治療

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

ホジキン病に対する治療は、成人と小児とでは原則的に同じであるが、若干の差異がある。小児といっても、性的に成熟していて、筋肉と骨量がほぼ十分に発達している場合、治療は通常成人と同じである。

これに対し、小児の身体のサイズが、成人になった場合に達するであろうサイズに達していない場合、化学療法を放射線療法よりも優先する。何故なら、放射線療法により、骨や筋肉の成長に影響があることがあるからである。

小児に対して放射線療法を実施する場合、放射線の線量は低くする。従って、小児の場合にはしばしば、低線量の放射線療法と化学療法とを併用する。小児の場合の化学療法は、多剤併用のものとなる傾向がある(成人の場合に通常使用される 4 剤化学療法レジメン ABVD だけではない)。この治療アプローチは、すばらしい成功をしており、より進行した病気の小児に於ける治癒率は 85%〜100% である。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【小児の患者さん治療に於ける特別な事項】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

(上記 A1 の【小児に於けるホジキン病】の項目を参照してください)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


_A6- 臨床試験



_A7- 代替療法



_A8 ステージごとの治療選択肢



【全体論】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

個々のケースでどのような治療法が勧められるかは、患者さんの年齢、病気のステージ(臨床的ステージだけであるか、病理的ステージであるかにもよる)、による。

青年期の患者さんの場合、完全に成長している場合には、治療は通常、成人と同じである。このセクションでは、病気のステージ別に治療選択肢をまとめ、また、成人と小児とでの治療の差を指摘する。

個々の患者さんの治療選択肢の決定には、以下のような要因を考慮する:
◇ホジキン病のタイプ
◇ホジキン病の量(程度)
◇血液検査やその他の検査の結果
◇患者さんの一般的な健康状態
◇患者さんの年齢
◇患者さんの病歴

以上のように多数の要因が考慮されるため、個々の患者さんの実際の治療法は、以下の一般的な概観とは異なるかも知れない。重要なことは、担当の医者が、ホジキン病の治療に熟練していることである。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【ステージ I / II で、条件が良好なケース】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

前記の A0.ステージ決め の項目で説明されているような、不利な予後因子が 1 つも存在しない場合、治療選択肢は:

◇化学療法(通常、 ABVD )を 2〜4 コース(*)実施し、次いで、重要な個所のリンパ節への放射線療法
(*)mougitaro注: 厳密には、コースとサイクルとは異なりますが、ここでは、(前後関係から)、サイクルの意味であると考えられます。

又は、

◇若干のケースでは、ABVD による化学療法を 6 サイクル実施し、放射線療法は行わない。

医者の中には、このような条件の場合には、放射線療法を実施すべきでない(長期的な副作用の懸念)と考える者もいる。

小児の場合には通常、化学療法だけを実施するが、非常に大きな腫瘤があって、化学療法では完全には消滅しない場合、放射線療法を併用する。但し、放射線療法を実施する場合は、線量や照射域は可能な限り小さくする。

ホジキン病が、横隔膜よりも下で発生した場合、放射線療法を、腹部やそけい部のリンパ節、脾臓に実施することがある。より一般的なアプローチは、化学療法を併用する方法で、放射線療法は腫瘤のあるリンパ節でも、より大きいリンパ節にだけ実施する。若い女性で放射線療法を実施する場合、卵巣を保護する必要がある。卵巣にダメージがあると、妊娠が不可能になる可能性があるからである。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【ステージ I / II で、条件が不利な場合】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

B タイプの症状があったり、胸部にホジキン病の大きな腫瘤があったり、不利な予後因子( A0 ステージ決め の項目参照)の特定の組み合わせが存在する場合、治療はより集中的になることがある。

大部分の医者は、化学療法 4 コース(又はそれ以上)( ABVD が普通)を勧めるが、中には、Stanford V レジメンや、BEACOPP レジメンを勧める者もいる。これらの化学療法に続いて、腫瘍の個所に放射線療法を実施する。

小児の場合には通常、化学療法だけを実施するが、非常に大きな腫瘤があって、化学療法では完全には消滅しない場合、放射線療法を併用する。但し、放射線療法を実施する場合は、線量や照射域は可能な限り小さくする。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【ステージ IIIA / IIIB 】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

大部分の医者は、このステージの治療としては、フル用量の化学療法を実施する。ABVD レジメンを使うこともあるが、医者の中には、より集中的な治療法として、Stanford V、又は、BEACOPP のほうを勧める者もいる。これらの治療の後に残っている腫大したリンパ節には、放射線照射をする。(放射線療法は、化学療法が完了し、しかも、がんの縮小が停止してから、実施する。がんの縮小が続いている間は、化学療法を継続する。胸部に非常に大きい腫瘤がある場合は、化学療法完了後に、放射線療法を実施する) 少なくとも 6 サイクルの治療を実施するのが普通である。

小児の場合、化学療法だけで治療するか、又は、化学療法と低用量の放射線療法(かさ高い疾患{ホジキン病変が多い個所}部分への)との併用で治療する。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【ステージ IV 】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

成人の場合、化学療法だけで治療するか、又は、化学療法と放射線療法(化学療法前に腫大していたリンパ節領域への)で治療する。

小児の場合、化学療法だけで治療するか、又は、化学療法と低用量の放射線療法(かさ高い疾患{ホジキン病変が多い個所}部分への)との併用で治療する。(現在、どちらの治療法がより優れているかについて、臨床試験が進展中である)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【治療抵抗性のホジキン病】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

ホジキン病の治療では、がんの痕跡の全てを除去しなければならない。治療を終了した場合、ホジキン病を発見した時と同じテストを実施する。ホジキン病が残っている場合、専門家の多くは、同じ治療を繰り返しても治癒は困難であると考える。場合によっては、化学療法の後に残っている単一の病変領域に対する放射線療法で治癒可能なことがある。

放射線療法がうまくいかなかった場合、化学療法でも治癒可能なことがある。しかし、これらの治療法の併用がうまくいかなかった場合には、高用量化学療法と自家幹細胞移植を考慮すべきかも知れない。医者の多くは、移植を勧めるものと思われる。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【再発性のホジキン病】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

再発性のホジキン病に対する治療は、再発個所と、以前にどのような治療を受けたか、によって異なる。もし最初の治療が放射線療法だけ(化学療法なし)であった場合は、再発時には、化学療法を通常実施する。
初回の治療が、化学療法だけ(放射線療法なし)であった場合で、しかも、再発個所がリンパ節だけである場合、再発リンパ節への放射線療法を実施することがある(化学療法は実施することも、しないこともある)。

化学療法の場合には、異なる薬による化学療法を再発時に使用可能であるが、放射線療法は、前回と同じ個所へは実施できない。(例えば、前回、胸部のホジキン病を放射線療法で治療し、そこに再発した場合には、胸部への放射線療法は実施できない。このことは、前回の放射線療法がどれだけ以前であったかには関係なく言えることである)

上記のように、初回の治療法として化学療法を実施した場合は、異なる薬による化学療法を再発時に実施可能である(小児の患者さんでも成人の患者さんでも)。再発個所が 1 個所以上の場合、より多くの化学療法を実施することもあるし、高用量化学療法と造血幹細胞移植との併用を実施することもある。

初回の治療から数ヶ月以内に再発した場合、高用量化学療法と自家幹細胞移植との併用が勧められることがある。他方、もし病気が長期間経過後に再発した場合、異なる薬による化学療法でも治癒可能なことがある。このような治療の選択は、患者さん自身と、治療チームとによってなされる必要がある。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


_A9 研究と治療の新動向



【化学療法】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

新しい薬や、新しい併用レジメンの研究が進展中である。新しい薬としては、vinorelbine、イダルビシン、gemcitabine、などがある。これらの薬は、他の化学療法の後に再発したケースに対する治療用として有用になってきている。現在、これらの薬が、従来の薬よりも、より有効であるかどうか、研究が進展中である。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【免疫療法】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

モノクロナル抗体という新しい薬のグループが、ホジキン病も含め、あらゆる種類のがんの治療用として開発中である。これらのモノクロナル抗体は、がんの表面にある特定の分子に結合するようにデザインされていることにより、がん細胞を標的にすることができる。それ自身でがん細胞を殺す能力を持つものもあるし、放射性の分子や細胞毒を結合させてあって、それらががん細胞を殺す、というものもある。

一般的に、モノクロナル抗体は、化学療法剤と併用した場合のほうが、単独の場合よりも効果的である。このような併用が可能であるのは、モノクロナル抗体と化学療法との毒性が重ならないからである。

但し、現時点では、ホジキン病の治療用として特定されて認可されたモノクロナル抗体はない。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【幹細胞移植術】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

自家幹細胞移植が、再発性、又は、進行性のホジキン病の一定のケースで有用であるとの証拠が増えつつある。

免疫療法の新しい方法として、骨髄非破壊的な他家幹細胞移植(ミニ幹細胞移植ともいう)がある。この この方法では、適合ドナー(兄弟姉妹のような)から幹細胞移植を実施するが、高用量化学療法や高用量放射線療法は実施しない。その代わりに、化学療法は、移植が定着するのに十分なだけの用量で実施する。移植が定着すると、がんに対する免疫が構築され始め、がんを縮小させたり、消滅させることができるようになる。

この方法は、現在も開発段階にある方法であるが、既に一部のホジキン病の患者さんを助けている。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ