目次

index


→トップページへ戻る


お手数ですが、もう一度下記のリンクをクリックしてください:

情報データベース(消化管系)のトップページへ




********************
当ファイルの目次ページへ

最新情報、アドバイス、当ファイル作成上の原則



最新情報のご案内


このファイルには、部位別に米国での現在の標準的な治療法に関する情報(の在処)を記述しています。最新情報は、関連の部位別情報データベース(このファイルの「トップページへ戻る」のリンクからジャンプ)の「治療ニュース、論文、総説」のところをご覧ください。

上記の項目には、欧米の約 50 の専門雑誌、学会報告、ニュース、などのサイトの最新号に於けるがんの治療に関する情報の在処を、可能なかぎり包括的にご紹介しています。決して、極々少数の記事だけを載せているようなものではありません。患者さんや家族さんのご参考にしていただけるものと思います。

********************
当ファイルの目次ページへ

アドバイス


治療を医者に決してお任せにならないことをお勧めします。このファイル(もし不十分でしたら、本やインターネットの他の資料)を勉強することで自ら状況を把握され、医者と対等に議論する姿勢を忘れないようにしてください。


********************
当ファイルの目次ページへ

当ファイル作成上の原則


複数の資料を参考にしてこのファイルを作成していきますが、各参考資料の内容を無理にまとめることはせず、原則として参考資料ごとに全て併記しておきます。重複したり、場合によっては資料間で矛盾しているように思われる場合があるかも知れませんが、データを残すことを重視しました。

********************
当ファイルの目次ページへ

疾患名 =消化管カルチノイド腫瘍( Gastrointestinal Carcinoid Tumors )


資料 A


資料名=ACS('06/5)


American Cancer Society のホームページ
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ

原資料更新時期= March 24, 2006

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

資料の性格、一般的なアドバイス


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分をすぐ後ろの【※← 】で説明しています)

この資料の性格

この情報は代表する【・*を |*←¨見解 (※の)¨【:※←¨医者や看護婦 {※ところの}¨【∵※←奉仕している【::*に |*← American Cancer Society's Cancer Information Database Editorial Board::】∵】:】・】。   これらの見解は基礎としている【・*を |*←彼らの¨解釈 (※に関する)¨【:※←¨研究( 複数 ) {※ところの}¨【∵※←医学雑誌に発表された∵】:】| -AND- |彼ら自身の専門家としての経験・】。

¨治療情報 (※の中の)¨【・※←この文書・】は※ではない【・※←公式の¨ポリシー (※の)¨【:※← American Cancer Society:】・】そして、☆を意図していない【・☆←医学的な¨アドバイス {※ところの}¨【:※←置き換える【∵*を |*←¨専門的な技術や判断 (※の)¨【::※←個々の患者さんの治療チーム::】∵】:】・】。   ¨治療情報 (※の中の)¨【・※←この文書・】は意図している【・*を |*←助ける【:☆が¨§¨するように|☆←患者さんや家族さん|§←情報を持った上での決定をする【∵*と共に |*←治療チーム∵】:】・】。

個々の患者さんの医者は¨※¨かも知れない【・※←持っている【:*を |*←¨理由 (※の)¨【∵※←¨提案すること {※ところの}¨【::※←ここに記述した一般的な治療選択肢と異なる::】∵】:】・】。   遠慮しないでほしい【・*を |*←質問する【:*に |*←担当の医者:】【:*について |*←具体的な治療選択肢:】・】 (*)。

(*)mougitaro アドバイス:以上の記述は、言うまでもなく、米国の医師に関するものです。 日本では、ご自分のケースでの治療選択肢について医者に質問することは、米国に優るとも劣らずに重要なことです(その理由については、各種マスメディアで報じられるようになっていますから、ここでは省略します)。 ただし、現実には、日本でも医者に対して遠慮せずに質問する患者さんや家族さんが最近増えてきています。 これは、非常に良いことだと思います。 医者に治療に関する決定を任せるべきではありません。

一般的なアドバイス

自らよく考えること
【・*の後に… |*←カルチノイド腫瘍が見つかり、ステージ決めがされた・】、治療チームは提案するであろう【・*を |*←いくつかの治療計画・】。   これは※である【・※←重要な決定・】。   ¨※¨も重要である【・※←患者さんが十分に時間をとって考えること【:*について |*←全ての選択肢:】・】。

主要な¨要因 {☆の場合の}¨【・☆←選択する【:*を |*←¨治療選択肢 {☆に対する}¨【∵☆←消化管カルチノイド腫瘍∵】:】・】は※である【・※←腫瘍のサイズや位置、他の臓器へ拡大しているか(リンパ節、肝臓、骨、など)、他に大きなメディカルな問題があるか、腫瘍がやっかいな症状を起こしているか・】。

セカンドオピニオンについて
¨※¨はしばしば良い考えである【・※←求める【:*を |*←セカンドオピニオン:】・】。   セカンドオピニオンは¨※¨ことができる【・※←提供する【:*を |*←より多くの情報:】| -AND- |助ける【:▽が¨§¨するように|▽←患者さん|§←自分で選んだ治療計画に自信を持つ:】・】。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

内科的な治療(含化学療法)


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分をすぐ後ろの【※← 】で説明しています)

化学療法

化学療法は使用する【・*を |*←¨抗がん剤( 複数 ) {※ところの}¨【:※←注射される【∵*へ |*←静脈、又は、筋肉∵】| -OR- |経口服用する:】・】【・*のために |*←殺す【:*を |*←がん細胞:】・】。   これらの薬は入る【・*へ |*←血液循環・】、そして、達する【・*へ |*←身体の全ての領域・】(全身的治療と呼ばれる)。 このことは、させる【・▽が¨§¨であるように|▽←化学療法|§←有用である【:*に対して |*←一定のタイプの¨がん {※ところの}¨【∵※←拡大、又は、転移している【::*へ |*←原発個所の臓器ではない臓器::】∵】:】・】。

しかし、カルチノイド腫瘍はしばしば※である【・※←あまり感受性でない【:*に |*←化学療法:】・】(あまり効かないことがある)。   このことから、化学療法は一般的には、使用される【・*に対してだけ |*←¨カルチノイド腫瘍 {※ところの}¨【:※←他の臓器へ転移している| -AND- |重症の重症を引き起こしている| -AND- |他の治療法があまり奏効しなかった:】・】。

いくつかの¨化学療法剤 {※ところの}¨【・※←このような状況で使用される・】は含む【・*を |*← 5-fluorouracil 、doxorubicin 、etoposide 、cisplatin 、cyclophosphamide ・】。   多くのがんは治療されることがある【・*により |*←化学療法剤の併用レジメン・】。   しかし、【・*の場合… |*←カルチノイド腫瘍・】、¨使用 {☆の}¨【・☆←複数の化学療法剤・】は¨※¨であると示されて いない 【・※←より効果的である【:*よりも |*←単一の薬を使用した場合:】・】。

化学療法の副作用
以下のリンク先の記述をご参考にしてください。但し、システムの都合上、以下のことにご注意ください
◇本記事と完全にマッチした内容になっていない場合もあります。その場合は、適宜ご判断くださいますようお願いします。
◇リンク切れになっていましたら、ここからジャンプして、目次をお使いください。


化学療法による副作用の全般

化学塞栓法、動脈注入治療

【・*の場合… |*←カルチノイド腫瘍が拡大した【:*へ |*←肝臓:】・】、それは時々治療される【・*により |*←直接注入する【:*を |*←化学療法剤:】【:*へ |*←¨動脈 {※ところの}¨【∵※←血液を肝臓へ供給している∵】:】・】。   このアプローチは曝す【・*を |*←肝臓の中の転移病巣・】【・*に |*←高用量の化学療法剤・】、そして、限定できる【・*を |*←身体の他の個所の曝露(化学療法剤への)・】。   これにより、¨※¨ことができる【・※←避ける【:*を |*←・上記の副作用の多く:】・】。   時々、化学療法剤は注射される【・*と共に |*←¨物質 {※ところの}¨【:※←動脈を詰まらせる:】・】。   【・*の場合…|*←腫瘍へ行っている動脈が詰まらされる・】、腫瘍は得ることができない【・*を |*←栄養や酸素・】、そして、多くの腫瘍細胞は死滅する。 この方法はより効果的である【・*の場合 |*←化学療法と併用される・】。   そのような併用アプローチを※と呼ぶ【・※←化学塞栓法・】。

その他の¨薬( 複数 ) {☆のための}¨【・☆←カルチノイド腫瘍の治療・】

いくつかの治療薬が使用可能である【・*のために |*←コントロールする【:*を |*←¨症状( 複数 ) {☆の}¨【∵☆←カルチノイド症候群 (*1) ∵】【∵*に於いて |*←¨患者さん {☆を有する}¨【::☆←転移性のカルチノイド腫瘍::】∵】:】・】。

(*1) ¨問題( 複数 ) {※ところの}¨【・※←起きる【:*により |*←¨放出 {☆の}¨【∵☆←¨物質( 複数 ) {※ところの}¨【::※←いくらかのこれらの腫瘍が産生し、血液中や尿中に発見される::】∵】:】・】


Octreotide、及び、lanreotide は※である【・※←¨治療薬 {※ところの}¨【・※←自然のホルモンである somatostatin に化学的に類似している・】・】。   これらの薬は非常に有用である【・*のために |*←治療する【:*を |*←カルチノイド症候群によるほてり、下痢、喘鳴:】・】。   【・*であるが…|*←これらの薬は稀にしか縮小させない【:*を |*←カルチノイド腫瘍:】・】、これらの薬はしばしば遅くしたり止める【・*を |*←カルチノイド腫瘍の成長・】。   【・*であるが…|*←このことは治癒的であるわけではない・】、このことは¨※¨ことができる【・※←長くする【:*を |*←生存期間:】・】。   これらの薬の主要な副作用は※である【・※←注射個所の痛み| -AND- |稀に、胃けいれん、吐き気、嘔吐、頭痛、めまい、疲労感・】。   これらの薬は使用可能になっている【・*で |*←¨長期間作用性の注射 {※ところの}¨【:※← 1 ヶ月に 1 回の注射ですむ:】・】。   これらの長期間作用性の注射剤は¨※¨ことがある【・※←助けになる【:*に |*←患者さん:】・】【・*よりも |*←短期間作用性の注射剤・】。   最近の研究は見出した¨何を?→『 』¨『 ¨患者さん {※ところの}¨【・※←長期間作用性の注射剤での治療を受けた・】はより長く生存した【・*よりも |*←¨患者さん {※ところの}¨【:※←短期間作用性の注射剤での治療を受けた:】・】 』。

インターフェロン( 複数 )

これらの薬は※である【・※←天然に産生される¨物質 {※ところの}¨【:※←正常には活性化する【∵*を |*←身体の免疫システム∵】:】・】。   これらの薬は、また、遅くする【・*を |*←腫瘍細胞の成長・】。   αインターフェロンは有用である【・*に於いて |*←時として縮小させる【:*を |*←いくらかの転移性のカルチノイド腫瘍| -AND- |多くのその他の腫瘍の成長を遅くさせる| -AND- |改善する【∵*を |*←カルチノイド症候群の症状( 複数 )∵】:】・】。   そのような有用性は時々制限される【・*により |*←インフルエンザ的な副作用( 複数 )・】《(左記への追加情報)| このような副作用は重症となることがある 》。   尚、この薬は注射剤である。

その他の治療薬

cyproheptadine という薬も¨※¨ことができる【・※←軽減する【:*を |*←症状( 複数 ):】・】。   更に、開発段階である SOM230 は見出されている¨何が?→『 』¨『 この薬が助けになる【・*に |*←¨患者さん {※ところの}¨【:※← octreotide が奏効しなくなった:】・】 』。

その他の薬も使用可能である【・*のために |*←コントロールする【:*を |*←特定の症状( 複数 ):】・】。   医者に尋ねてほしい【・*について |*←これらの薬( 複数 )・】。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

放射線療法


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分をすぐ後ろの【※← 】で説明しています)

放射線療法は使用する【・*を |*←高エネルギーの放射線・】【・*のために |*←殺す【:*を |*←がん細胞:】・】。   【・*であるが…|*←大部分のカルチノイド腫瘍のケースは治癒する【:*により |*←外科手術のみ:】・】、放射線療法は¨※¨ことがある【・※←選択肢となる【:*のために |*←¨患者さん {※ところの}¨【∵※←外科手術を受けられない∵】:】・】。

外部線源放射線療法

これは※である【・※←¨放射線療法のタイプ {※ところの}¨【:※←最もしばしば使用される【∵*に対して |*←大部分のタイプの消化器系のがん∵】:】・】。   このタイプの放射線療法は※と似ている【・※←受ける【:*を |*←通常の X 線検査:】・】【・*以外は |*←このタイプの放射線療法のほうが時間がかかる| -AND- |使用する【:*を |*←ずっと高用量の放射線:】・】。   患者さんは典型的には受ける【・*を |*←治療・】【・(頻度)| 1 週間に 5 日で数週間・】。   しかし、放射線療法はしばしば、あまり¨※¨ ではない 【・※←有効である(の否定)【:*に対して |*←大部分の消化器系のカルチノイド腫瘍( 複数 ):】・】。   放射線療法は主として使用される【:*のために |*←治療する【∵*を |*←¨痛み {☆による}¨【::☆←¨カルチノイド腫瘍 {※ところの}¨【∵:※←拡大した【・*へ |*←骨やその他の身体の個所∵:】::】∵】:】・】。

主要な¨副作用( 複数 ) {☆の}¨【・☆←消化器系への放射線療法・】は※である【・※←疲労感、吐き気、嘔吐、下痢、軽度で一時的な日焼けのような皮膚変化・】。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

その他の治療法


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ

◇外科手術(概略ご紹介を省略します。原文をお読みください)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

ステージごとの治療選択肢


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分をすぐ後ろの【※← 】で説明しています)

限局したステージ

¨治療 {☆の}¨【・☆←限局性のカルチノイド腫瘍・】は、主として基づく【・*に |*←腫瘍のサイズ・】。   ¨専門家( 複数 ) {☆の}¨【・☆←この分野・】は時として、合意しない【・*について |*←正確な¨サイズの区切り {※ところの}¨【:※←治療の選択の基準となる:】・】、そして、¨※¨が存在する【・※←サイズの¨グレーゾーン {そこで※ところの}¨【:※←どのような治療が最適であるのか決まっていない:】・】。


小さい¨カルチノイド腫瘍 {☆に於ける}¨【・☆←胃・】はしばしば¨※¨ことができる【・※←完全に切除する【:*を通じて |*←内視鏡:】・】。   【・*の場合… |*←より大きい腫瘍(とくに、1cm よりも大きい)・】、¨切除 {☆の}{ § による}¨【・☆←腫瘍、及び、周囲のいくらかの正常組織・】【・§←腹部切開・】が¨※¨ことがある【・※←必要となる・】。   【・*の場合… |*←いくらかの患者さん・】、¨成長 {☆の}¨【・☆←胃のカルチノイド腫瘍・】は¨※¨ことがある【・※←促進される【:*により |*←ガストリン(胃前庭部から分泌されるホルモン):】・】。   このような患者さんの場合、医者は¨※¨ことがある【・※←勧める【:*を |*←切除する【∵*を |*←胃の前庭部∵】:】・】。

小腸
局所的な切除(外科的な¨切除 {☆の}¨【・☆←腫瘍、及び、その周囲のいくらかの正常組織・】)が※である【・※←通常の¨治療法 {☆のための}¨【:☆←小腸の、1cm 未満のカルチノイド腫瘍:】・】。   ¨外科手術 {☆のための}¨【・☆←より大きな腫瘍・】は含む【・*を |*←¨切除 {☆の}¨【:☆←より多くの周囲の正常にみえる腸の組織| -AND- |周囲の血管やリンパ節:】・】。

大腸(虫垂、及び、直腸以外)
通常の治療は※である【・※←局所切除・】。   【・もし*なら…|*←カルチノイド腫瘍が 1cm よりも小さい・】、この措置はしばしば¨※¨ことができる【・※←実施する【:*により |*←結腸鏡:】・】。   【・もし*なら…|*←腫瘍がより大きい・】、外科手術は通常含む【・*を |*←皮膚を通じた切開・】。

虫垂
ほとんど全てのがんの専門家は合意する¨何を?→『 』¨『 虫垂切除術が※である【・※←唯一の必要な¨治療 {☆に対する}¨【:☆← 1.5cm よりも小さなカルチノイド腫瘍:】・】 』。

【・*の場合… |*←¨虫垂のカルチノイド腫瘍 {※ところの}¨【:※←大きさが 1.5cm から 2cm の間である:】・】、大部分の医者は考える¨何を?→『 』¨『 虫垂の切除だけが必要である 』。   しかし、彼ら(医者)は考慮する【・*も |*←¨他の要素 {☆のような}¨【:☆←患者さんの年齢、一般的な健康状態、患者さんの¨心配の程度 {☆に関する}¨【∵☆←がんの再発の可能性∵】:】・】【・*のために |*←決める【:*で あるか否か を |*←追加の治療が必要である(であるか否か):】・】。

大部分の専門家は同意する¨何を?→『 』¨『 より広範な手術が考慮されるべきである【・*のために |*← 2cm よりも大きい腫瘍・】 』。   【・*の場合… |*←このようなサイズの腫瘍・】、¨切除 {☆の}¨【・☆←虫垂に隣接した結腸の 3 分の 1 | -AND- |近くの血管、リンパ節・】が※である【・※←考慮される¨治療 {☆のための}¨【:☆←¨患者さん {※ところの}¨【∵※← 60 歳よりも若く、その他の点では良好な健康状態にある∵】:】・】。   【・*の理由で…|*←カルチノイド腫瘍の成長や拡大は遅い・】、¨患者さん {※ところの}¨【・※← 60 歳よりも高齢であったり、他に重症の健康問題がある(特に、当該問題により手術がリスキーになる場合)・】は¨※¨と考えられる【・※←利益を得ない【:*から |*←より広範な手術:】・】。

直腸
¨直腸のカルチノイド腫瘍 {※ところの}¨【・※← 1cm よりも小さい・】は通常治療される【・*により |*←高周波凝固法(がんを電流で焼いて破壊する方法)・】。   ¨カルチノイド腫瘍 {※ところの}¨【・※← 2cm よりも大きい・】は持つ【・*を |*←高い¨リスク {☆の}¨【:☆←攻撃的な成長、及び、拡大:】・】、従って、そのような腫瘍は切除される【・*により |*←¨手術 {※ところの}¨【:※←腺がん(通常の直腸がん)で実施されるのと同じ:】・】。   (ここには手術の詳細が説明されています。必要なかたは原文をお読みください)

【・*の場合… |*←¨直腸のカルチノイド腫瘍 {※ところの}¨【:※← 1cm から 2cm の間の大きさである:】・】、最良のアプローチはしばしば決められる【・*により |*←当該腫瘍が直腸の壁にどの程度侵入しているか| -AND- |その他の詳細な¨状況 {☆の}¨【:☆←各患者さんのメディカルな状態:】・】。

深く侵入している¨腫瘍 {☆の}¨【・☆← 1cm から 2cm ・】はしばしば治療される【・(やりかた)|より大きな腫瘍と同様に・】。   より侵入性の低い¨腫瘍 {☆の}¨【・☆← 1cm から 2cm ・】はしばしば治療される【・(やりかた)|より小さな腫瘍と同様に・】【・*により |*←局所切除(¨切除 {☆の}¨【:☆←がん、及び、周囲の若干の正常直腸組織:】・】。   【・もし*なら…|*←局所切除が実施された・】、注意深い¨フォローアップ {☆のための}¨【・☆←再発をチェックする・】が必要である。

膵臓
膵臓島細胞がんは潜在的に治癒可能である【・*により |*←外科手術・】。   ¨病変 {※ところの}¨【・※←膵臓の遠位 3 分の 2 に存在している・】は通常治療される【・*により |*←遠位膵臓切除術・】。   この手術では、切除する【・*を |*←膵臓の尾部、及び、体部の一部・】。   脾臓も通常切除される。

時々、¨患者さん {※ところの}¨【・※←持つ【・*を |*←¨腫瘍 {※ところの}¨【:※←膵臓の頭部に存在し、閉塞を起こしている:】・】・】の場合は、必要であろう【・*が |*←膵十二指腸切除術・】。   (ここには左記の手術の概要が説明されています。必要なかたは原文をお読みください)

領域性に拡大しているステージ

可能であれば、原発腫瘍、及び、隣接組織やリンパ節への拡大部分は¨※¨べきである【・※←全て切除される【:*により |*←外科手術:】・】。   【・もし*なら…|*←このことが不可能である・】、外科手術で¨※¨べきである【・※←切除する【:*を |*←できるだけ多くのがん組織:】・】【・*なしに |*←重症の副作用の原因となること・】。   外科手術ではまた、軽減すべきである【・*を |*←¨症状( 複数 ) {☆のような}¨【:☆←腸の閉塞(がんの局所的な成長による):】・】。   (ここには閉塞に対するバイパス手術について説明されています。必要なかたは原文をお読みください)

遠くへ拡大しているステージ

このステージでの手術の目的は※である【・※←軽減する【:*を |*←症状( 複数 ):】| -AND- |遅くする【:*を |*←病気の進行:】・】。   例えば、¨※¨すること【・※←切除したりバイパスしたりする【:*を |*←¨領域 {※ところの}¨【∵※←がんの成長により閉塞されている∵】:】・】により、¨※¨ことができる【・※←軽減する【:*を |*←一定の症状( 複数 ):】・】。

【・もし*なら…|*←遠隔転移が症状の原因となっていない・】、治療は¨※¨ことがある【・※←必要でない・】。   しかし、化学療法や免疫療法(インターフェロンによる)は¨※¨ことがある【・※←遅らせる【:*を |*←¨開始 {☆の}¨【∵☆←症状( 複数 )∵】:】【:*に於いて |*←いくらかの患者さん( 複数 ):】・】。

【・もし*なら…|*←カルチノイド症候群が原因となっている【:*の |*←やっかいな症状( 複数 ):】・】、治療選択肢は含む【・*を |*←化学療法、免疫療法、¨治療 {☆による}¨【:☆← octreotide やlanreotide:】、外科手術による転移病巣の切除・】。

【・もし*なら…|*←転移病巣が切除できない【:*なしには |*←原因となる【∵*の |*←重症の副作用( 複数 )∵】【∵*により |*←切除する【::*を |*←重要な臓器・組織::】∵】:】・】、焼灼法(外科手術なしでの腫瘍除去の方法)が使用される【・*を |*←出来るだけ多くの腫瘍組織・】。   そのような¨焼灼法 {※ところの}¨【・※←最もしばしば肝臓への転移病巣除去に使用される・】は含む【・*を |*←化学塞栓法、ラジオ波焼灼法、凍結手術、アルコール注入・】。

患者さんは¨※¨べきである【・※←アドバイスされる【:*を |*←避ける【∵*を |*←アルコール飲料、ストレス、激しい運動、スパイシーな食物、特定の¨薬( 複数 ) {※ところの}¨【::※←症状やカルチノイド症候群を悪化させる可能性がある::】∵】:】・】。

カルチノイド心臓疾患

¨物質( 複数 ) {※ところの}¨【・※←カルチノイド腫瘍から血液循環中に放出された・】は¨※¨ことがある【・※←ダメージを与える【:*に |*←心臓:】・】。   早期の症状は※である【・※←疲労感、及び、激しい運動時の息切れ・】。   やがて患者さんは蓄積する【・*を |*←液体・】【・*に於いて |*←脚や腹部・】。   主要な問題は※である【・※←心臓弁へのダメージ・】。

医者は通常¨※¨ことができる【・※←診断をつける・】【・*により |*←心音の聴取| -AND- |¨超音波検査 {☆の}¨【:☆←心臓:】(心エコー図)・】。   主要な治療法は※である【・※← octreotide によりブロックする【:*を |*←腫瘍からの毒性物質の放出:】・】。   また、利尿剤も有用である。   一定の場合には、心臓手術が必要である【・*のために |*←交換する【:*を |*←ダメージを受けた心臓弁:】・】。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

治療と研究の新動向


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分をすぐ後ろの【※← 】で説明しています)

新しい化学療法剤が評価されている【・*のために |*←見つける【:*を |*←¨治療薬( 複数 ) {※ところの}¨【∵※←活性をもつ【::*に対して |*←カルチノイド腫瘍::】∵】:】・】。   その他の治療薬は開発されつつある【・*のために |*←予防する【:*を |*←¨放出 {☆の}¨【∵☆←¨物質( 複数 ) {※ところの}¨【::※←カルチノイド腫瘍の原因となる::】∵】:】・】。   また、¨※¨がなされつつある【・※←¨研究 {※ところの}¨【:※←使用する【∵*を |*←高度に放射性の MIBG、及び、ソマトスタチン型の化合物( 複数 )∵】【∵*のために |*←殺す【::*を |*←カルチノイド腫瘍::】∵】:】・】。

治療薬¨ imatinib (Gleevec) {追加情報 => 《 》}¨《 有効である【・*に於いて |*←慢性骨髄性白血病や GIST ・】 》は¨※¨ことができる【・※←助けになる【:*に |*←いくらかの¨患者さん {☆を有する}¨【∵☆←カルチノイド腫瘍∵】:】・】。   この薬は※である【・※←¨錠剤 {☆を有する}¨【:☆←少ない副作用:】・】。   新しい、より強力な¨バージョン {☆の}¨【・☆← Gleevec ・】が開発されつつある。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ