目次

index


→トップページへ戻る


お手数ですが、もう一度下記のリンクをクリックしてください:

情報データベース(消化管系)のトップページへ




********************
当ファイルの目次ページへ

最新情報、アドバイス、当ファイル作成上の原則



最新情報のご案内


このファイルには、部位別に米国での現在の標準的な治療法に関する情報(の在処)を記述しています。最新情報は、関連の部位別情報データベース(このファイルの「トップページへ戻る」のリンクからジャンプ)の「治療ニュース、論文、総説」のところをご覧ください。

上記の項目には、欧米の約 50 の専門雑誌、学会報告、ニュース、などのサイトの最新号に於けるがんの治療に関する情報の在処を、可能なかぎり包括的にご紹介しています。決して、極々少数の記事だけを載せているようなものではありません。患者さんや家族さんのご参考にしていただけるものと思います。

********************
当ファイルの目次ページへ

アドバイス


治療を医者に決してお任せにならないことをお勧めします。このファイル(もし不十分でしたら、本やインターネットの他の資料)を勉強することで自ら状況を把握され、医者と対等に議論する姿勢を忘れないようにしてください。


********************
当ファイルの目次ページへ

当ファイル作成上の原則


複数の資料を参考にしてこのファイルを作成していきますが、各参考資料の内容を無理にまとめることはせず、原則として参考資料ごとに全て併記しておきます。重複したり、場合によっては資料間で矛盾しているように思われる場合があるかも知れませんが、データを残すことを重視しました。

********************
当ファイルの目次ページへ

疾患名 =GIST(Gastrointestinal Stromal Tumors)( 消化管間質腫瘍 )


資料 A


資料名=ACS('06/5)


American Cancer Society のホームページ
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ

原資料更新時期=March 13, 2006

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

分子標的治療薬


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分をすぐ後ろの【※← 】で説明しています)

【・*に… |*← 2001 年の始め・】、研究者たちは報告した¨何を?→『 』¨『 新しい¨治療薬 {※ところの}{☆と呼ばれる}¨【・※←慢性骨髄性白血病の治療に使用される・】【・☆← imatinib mesylate (Gleevec)・】がもたらした【・*を |*←顕著な改善・】【・*の場合 |*←進行ステージの GIST の患者さんに投与された・】 』。   この薬は結合する【・*に |*← KIT 蛋白質(又は、PDGFRA 蛋白質)・】、そして、ブロックする【・*を |*←当該蛋白質の¨能力 {※ところの}¨【:※←細胞に成長・分裂させる:】・】。   ¨副作用 {☆からの}¨【・☆←当該治療薬・】は※であった【・※←最小限・】。 副作用( 複数 )は含んだ【・*を |*←軽度の胃の不調、腸の動きの頻度のわずかな上昇、腫れ(通常目の周囲)・】。

全体として、【・*に於いて |*←約 3 分の 2 の¨患者さん {※ところの}¨【:※← Gleevec での治療を受けた:】・】、腫瘍は縮小した【・(程度)|少なくとも半分に・】。   【・*に於いては… |*←少数の患者さん・】、¨※¨が存在する【・※←腫瘍の軽度の縮小、又は、少なくとも更なる成長の停止・】。   約 15% の患者さんは悪化した【・*にもかかわらず |*← Gleevec の投与を受けたこと・】。   このことのいくらかは、原因となっている【・*が |*←小さな¨変種 {☆に於ける}¨【・☆← c-kit 蛋白質の変異タイプ・】・】。   【・*であるから…|*←この治療は新しい・】、この治療は現在も研究されつつある【・*に於いて |*←臨床試験( 複数 )・】。   ¨患者さん {☆を有する}¨【・☆←ここで述べているがん・】は¨※¨かも知れない【・※←¨☆¨しても良い【:☆←臨床試験に参加する:】・】。

Gleevec による治療は治癒的ではない。 【・*以内に… |*← 2 から 3 年間・】、がんは再度成長を始める【・*に於いて |*←少なくとも半数の¨患者さん {※ところの}¨【:※← Gleevec が奏効していた:】・】。   しかし、【・*であるから…|*←当該のがんは成長が遅い・】、大部分の患者さんは生存している【・*の後に |*← 4 年間・】、そして、¨※¨と考えられる【・※←持つ【:*を |*←新しい治療を開始するチャンス:】・】。   Gleevec の投与量を増やすことは、¨※¨ことがある【・※←助けになる【:*を |*←停止させる【∵*を |*←がんの成長∵】| -AND- |多分、再度縮小させる【∵*を |*←がん∵】:】・】。   但し、副作用( 複数 )は¨※¨ことの可能性がある【・※←より強い・】。   これらの副作用( 複数 )は¨※¨ことがある【・※←含む【:*を |*←腫れ、吐き気、筋けいれん、下痢、頭痛、発疹、疲労感、貧血:】・】。

もう一つの FDA 認可ずみの¨治療薬 {※ところの}¨【・※← sunitinib (Sutent) と呼ばれる・】が¨※¨ことがある【・※←有用である【:*のために |*←¨患者さん {☆ところの}¨【∵☆← GIST で、Gleevecが奏効しなくなった∵】:】・】。   【・*に於いて… |*←最近の研究・】、sunitinib は¨※¨ことができた【・※←助けになる【:*に |*←約 3 分の 1 の¨患者さん {☆の}¨【∵☆←左記のような状況∵】:】・】【・*により |*←腫瘍を縮小させる| -OR- |少なくとも 6 ヶ月間成長を停止させる・】。   より重要なこととして、¨患者さん {※ところの}¨【・※←当該治療薬を受けた・】は生存期間がより長かった【・*よりも |*←|当該治療薬を受けなかった患者さん・】。

【・*と同様に… |*← Gleevec ・】、sunitinib は錠剤として経口服用する。 最も高頻度の¨副作用( 複数 ) {☆の}¨【・☆← sunitinib ・】は※である【・※←下痢、口内の刺激、皮膚の色の変化・】。   この薬は現在、※である【・※←推奨される¨治療 {☆のための}¨【:☆←¨患者さん {※ところの}¨【∵※← GIST が Gleevec 投与にも関わらず成長している∵】:】・】。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

化学療法


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分をすぐ後ろの【※← 】で説明しています)

化学療法は使用する【・*を |*←¨化学療法剤 {※ところの}¨【:※←静脈に注射される、又は、経口で服用される:】・】。   これらの薬は入る【・*に |*←血液循環・】、そして、到達する【・*に |*←身体の全ての領域・】、《その結果* |*←この治療法は潜在的に有用となる【・*に対して |*←¨がん {※ところの}¨【:※←拡大(転移)している【∵*を超えて |*←がんが最初に発生した臓器∵】:】・】》。

最近まで、¨※¨が あまり存在しなかった 【・※←化学療法の¨有用性 {☆に於ける}¨【:☆←¨患者さん {☆を有する}¨【∵☆←悪性 GIST ∵】:】・】【・*の理由で…|*←がんは稀にしか縮小しなかった【:*ても…|*←化学療法剤が投与される:】・】。

(参照されたい【・*を |*←分子標的治療薬の項目・】)


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

放射線療法


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分をすぐ後ろの【※← 】で説明しています)

放射線療法は使用する【・*を |*←高エネルギーの放射線、又は、粒子線・】【・*のために |*←破壊する【:*を |*←がん細胞:】・】。

外部線源放射線療法は※である【・※←放射線療法の¨タイプ {※ところの}¨【:※←最も高頻度に使用される【∵*のために |*←このタイプのがんの治療∵】:】・】。   この治療法は含む【・*を |*←正確に放射線をあてる【:*に |*←がん:】【:*から |*←身体の外のマシン:】・】。   このタイプの放射線療法は似ている【・*と |*←診断用の X 線検査を受けること・】【・*以外は… |*←治療は診断の場合よりも長期間続く・】。   患者さんは通常受ける【・*を |*← 1 週間に 5 回の治療・】【・*にわたり |*←数週間という期間・】。

放射線療法は※ ではない 【・※←あまり効果的・】【・*に於いて |*← GIST の治療・】。   しかし、放射線療法は¨※¨ことがある【・※←使用される【:*のために |*←軽減する【∵*を |*←症状(痛みなど)∵】:】・】。

以下のリンク先の記述をご参考にしてください。但し、システムの都合上、以下のことにご注意ください
◇本記事と完全にマッチした内容になっていない場合もあります。その場合は、適宜ご判断くださいますようお願いします。
◇リンク切れになっていましたら、ここからジャンプして、目次をお使いください。


放射線療法の副作用


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

その他の治療法


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ

◇外科手術(概略ご紹介を省略します。原文をお読みください)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

転移病巣に対する治療


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分をすぐ後ろの【※← 】で説明しています)

肝臓への転移切除のための外科手術

いくらかの医者は¨※¨ことがある【・※←推奨する【:*を |*←¨外科手術 {☆のための}¨【∵☆←切除する【::*を |*←転移病巣::】∵】:】・】。   【・もし*なら…|*←このようなケースである・】、患者さんは¨※¨べきである【・※←討議する【:*と |*←医者、及び、家族メンバー:】【:*について |*←この治療アプローチのリスクと利益:】・】。   通常、手術は¨※¨べきである【・※←考慮される【:*のためだけに |*←¨腫瘍 {※ところの}¨【∵※←成長が遅い| -OR- |局所的な合併症の原因となっている(コントロールできない出血など)∵】:】・】。   しかし、【・*の理由で…|*← Gleevec は¨※¨ことがある【:※←縮小させる【∵*を |*←腫瘍∵】:】・】、これが¨※¨ことがある【・※←優先される治療選択肢・】。   臨床試験が進展中である【・*のために |*←研究する【:*を |*←¨問題 {☆の}¨【∵☆← Gleevec と手術をどのようにして最適に組み合わせるべきか∵】:】・】。

肝臓への転移病巣を破壊する方法( 複数 )

¨※¨が存在する【・※←新しい¨方法( 複数 ) {☆のための}¨【:☆←治療する【∵*を |*←肝臓へ拡大したがん∵】:】・】。   しかし、¨価値 {☆の}{ § に於ける}¨【・☆←これらの方法( 複数)・】【・§←¨患者さん {☆を有する}¨【:☆← GIST:】・】は十分には知られていない【・*の理由で…|*←不十分な研究しか焦点を当てていない【:*に |*←この稀なタイプのがん:】・】。

そのような治療法は¨※¨ことがある【・※←含む【:*を |*←凍結手術、マイクロウェーブ、塞栓(腫瘍への血管を詰まらせるための物質注入)、エタノール焼灼(高濃度アルコールの腫瘍への注入):】・】。   これらの方法は必要としない【・*を |*←外科的な手術・】。   凍結用の針やマイクロウェーブの針が挿入される【・*を通って |*←皮膚・】、そして、ガイドされる【・*により |*← CT スキャンや超音波の画像・】。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

治療の選択


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分をすぐ後ろの【※← 】で説明しています)

GIST は公式にはステージ決めされない。 主要な治療は依然として※である【・※←¨外科手術 {☆のための}¨【:☆←がんを切除する:】・】。
【・もし*でも…|*←がんが拡大している【:*へ |*← ¨ 1、又は、2 個所 {☆の}¨【∵☆←腹部∵】:】・】、外科医は¨※¨ことがある【・※←切除する【:*を |*←原発の腫瘍:】| -AND- |切除を試みる【:*を |*←拡大した腫瘍:】・】。   臨床試験が進展中である【・*のために |*←確かめる【:*で あるか否か を |*← Gleevec を投与すべきである【∵*の後に |*←外科手術∵】(であるか否か):】・】。

【・もし*なら…|*←がんが完全には外科的に切除できない・】、いくらかの医者( 複数 )は¨※¨ことがある【・※←治療する【:*を |*←患者さん:】【:まず*により |*← Gleevec:】・】。   【・もし*なら…|*←腫瘍が縮小する、又は、少なくとも成長しない・】、彼らは¨※¨ことがある【・※←その後試みる【:*を |*←外科的に切除する【∵*を |*←全ての腫瘍∵】:】・】。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

治療・研究の新動向


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分をすぐ後ろの【※← 】で説明しています)

補助療法

これは※である【・※←¨治療 {※ところの}¨【:※←実施される【∵*に追加して |*←主要な治療∵】:】・】。   GIST 以外のがんの場合には、補助療法は通常意味する【・*を |*←¨ホルモン療法、化学療法、放射線療法、免疫療法 {※ところの}¨【:※←外科手術の後に実施される【∵*の目的で |*←再発を抑える∵】:】・】。

しかし、【・*の時点では… |*←現在・】、¨※¨は存在 しない 【・※←¨推奨 {※という}¨(否定)【:※← GIST 患者さんは受けるべきである【∵*を |*←補助療法∵】【∵*の後に |*←外科的な切除∵】:】・】。   臨床試験が進展中である【・*のために |*←決める【:*で あるか否か を |*← Gleevec は有効である(か否か)【∵*として |*←¨補助療法 {☆のための}{ § の後の}¨【::☆← GIST::】【::§←外科手術による全てのがんの切除::】∵】:】・】。

研究( 複数 )が進展中である【・*のために |*←見つける【:*を |*←どのようにして GIST 細胞が Gleevec に耐性となるか:】・】【・*を目的として…|*←新しい、より効果的な薬( 複数 )がデザインできる・】。

新しい分子標的治療薬( 複数 )

¨治療薬( 複数 ) {☆以外の}{ § ところの}¨【・☆← imatinib (Gleevec )や sunitinib ・】【・§← KIT を標的とする・】は未だ※である【・※←早期臨床試験の段階・】。   迅速な¨進歩 {☆に於ける}¨【・☆← GIST の治療・】は可能になった【・*の理由で…|*←研究者たちは今や理解している【:*を |*←多くの DNA ¨変異 {※ところの}¨【∵※←このタイプのがんの原因となる∵】:】・】。

¨患者さん {※ところの}¨【・※← GIST に奏効しなくなった【:*が |*←上記のような薬( 複数 ):】・】は¨※¨べきである【・※←尋ねる【:*に |*←ご自分の担当医:】【:*について |*←¨参加 {☆への}¨【∵☆←¨臨床試験 {☆の}¨【::☆←新しい分子標的治療薬::】∵】| -AND- |¨制度 {※ところの}¨【∵※←提供する【::*を |*←¨使用の機会 {☆の}¨【∵:☆←現在 FDA 審査中の新薬∵:】::】∵】:】・】。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ