目次《ジャンプ先で項目タイトルをクリックすれば、この目次に戻れます》


→トップページへ戻る


お手数ですが、もう一度下記のリンクをクリックしてください:

情報データベース(血液・リンパ系、骨髄)のトップページへ




********************
当ファイルの目次ページへ

最新情報、アドバイス、当ファイル作成上の原則



最新情報のご案内


このファイルには、部位別に米国での現在の標準的な治療法に関する情報(の在処)を記述しています。最新情報は、関連の部位別情報データベース(このファイルの「トップページへ戻る」のリンクからジャンプ)の「治療ニュース、論文、総説」のところをご覧ください。

上記の項目には、欧米の約 50 の専門雑誌、学会報告、ニュース、などのサイトの最新号に於けるがんの治療に関する情報の在処を、可能なかぎり包括的にご紹介しています。決して、極々少数の記事だけを載せているようなものではありません。患者さんや家族さんのご参考にしていただけるものと思います。

********************
当ファイルの目次ページへ

アドバイス


治療を医者に決してお任せにならないことをお勧めします。このファイル(もし不十分でしたら、本やインターネットの他の資料)を勉強することで自ら状況を把握され、医者と対等に議論する姿勢を忘れないようにしてください。


********************
当ファイルの目次ページへ

当ファイル作成上の原則


複数の資料を参考にしてこのファイルを作成していきますが、各参考資料の内容を無理にまとめることはせず、原則として参考資料ごとに全て併記しておきます。重複したり、場合によっては資料間で矛盾しているように思われる場合があるかも知れませんが、データを残すことを重視しました。

********************
当ファイルの目次ページへ

疾患名 =慢性骨髄性白血病( CML=Chronic Myeloid Leukemia、Chronic Myelogenous Leukemia )


資料 B=_慢性`骨髄性`白血病_の_治療_と_治療薬_《eMedicine》(資料ご紹介の作成年月='10/3)


資料名=eMedicine


このコーナーでは、上記の資料の内容の概略をご紹介しています。各ページには、当該ページに対応する原資料サイトのページへのリンクを設定してありますが、原資料サイト での ページ構成変更により、リンク切れとなっております場合は、本家サイトの

リンク集のページ

の、「情報の存在を ご紹介しているサイト」の項目に 当該原資料サイトへのリンクを収載しておりますので、そこからジャンプしてください。《当該原資料サイトには、当サイトでご紹介している以外にも豊富な情報が記載されておりますので、原資料サイトをご覧になることを強くお勧めします》

尚、このコーナーでご紹介しております原資料の日付は下記の通りです :

原資料更新時期=Mar 16, 2010 

本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

背景


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_慢性`骨髄性`白血病__は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉_骨髄`増殖性`疾患_{ ∬ (される)}¨ ⌒〔 ∬=特徴づけられる--【・*により |*←増加した 増殖{☆の}{★無しでの}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉顆粒球_細胞_ライン⌒〔 ★←喪失{☆の}¨ ⌒〔 ☆←それらの_細胞_ の 能力{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=分化する 】┏┓。    従って、〈その〉_末梢__血液__細胞__プロフィール_ は _示す_【・*を |*←〈一つの〉増加した数の 顆粒球《複数》 、及び、 それらの 未熟な 前駆_細胞_《複数》】、--【・*を含めて |*←時としての _芽細胞_《複数》 】┏┓。

--【・*のためには… |*←優れた_患者さん_教育情報源《複数》】━━、訪れて もらいたい_【・*を |*← eMedicine の 「_血液_ 、及び、 リンパ球システムセンター」 】┏┓。    また、参照されたい_【・*を |*← eMedicine の _患者さん_教育記事「_白血病_」 】┏┓。(*)

(*)原文には、当該文書へのリンクが設定されています。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Background

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

内科的_ケア


治療_の 目的


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

〈その〉 3 重の目的《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_慢性`骨髄性`白血病_】━━ は 顕著に変化して在る--【・*の間に |*←〈その〉過去 10 年間 】┏┓。

それら_は ¨※¨である 【・※←以下の通り】 :



(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Medical Care

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

imatinib−ベースの_治療


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

〈一つの〉新しいアプローチ{☆への}¨ ⌒〔 ☆←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_慢性`骨髄性`白血病_】━━_は ∬ (する)ことである 【 ∬=直接に_抑制_する_【・*を |*←〈その〉_分子的__原因_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_病気_ 】━━、つまり、 ∬ すること | ∬=使用する_【・*を |*←〈一つの〉蛋白質−_チロシンキナーゼ`抑制薬_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==_抑制_する_【・*を |*←〈その〉 bcr-abl _チロシンキナーゼ《 〈その〉_構成性 異常_チロシンキナーゼ{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=生成された--【・*により |*←〈その〉_フィラデルフィア染色体__転座_異常 】 》 】┏┓。

imatinib mesylate《 Gleevec® 》 は _抑制_する_【・*を |*←増殖】━━、そして、_誘発する_【・*を |*←アポトーシス--【 ∬ (する)ことにより | ∬=_抑制_する_【・*を |*←_チロシンキナーゼ_活性_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←■__細胞《複数》_{§(の性質の)}¨ ⌒〔 §←陽性_--〔・*について |*← BCR/ABL 】|-及び-|■_新しい_白血病__細胞《複数》_ 】--【・*に於いて |*←_慢性`骨髄性`白血病_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==¨※¨である 【・※←_陽性_--【・*について |*←〈その〉_フィラデルフィア染色体_ 】┏┓。    この薬 は _認可_された--【・迅速に--【・*により |*←〈その〉米国 FDA --【・*の理由から |*←以下の_結果《複数》_】 :

◆ --【・*により… |*← imatinib 400 mg/d _経口_--【・*に於ける |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_新たに_診断_された__フィラデルフィア染色体_−_陽性__慢性`骨髄性`白血病_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_慢性期_】━━、〈その〉_完全__細胞`遺伝学`的__奏効率__は ¨※¨である 【・※← 70%】━━、そして、〈その〉推定 3 年後__生存率__は ¨※¨である 【・※← 94% 】┏┓。    --【・*により |*← より_高用量_である 800 mg/d 】━━、〈その〉_完全__細胞`遺伝学`的__奏効率_ は 増加した--【・*まで |*← 98%】━━、そして、〈その〉_分子`遺伝学`的`寛解__は ¨※¨である 【・※← 70%】━━、そして、_完全_分子`生物学`的`奏効率__は ¨※¨である 【・※← 40 〜 50% 】┏┓。


◆◆ --【・*に於いて… |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==_慢性期_の状態で、以前に_治療_されたことがある(が_治療`挫折_した)--【・*により |*←インターフェロン】|-そして-|■_¨ ∬ ¨(する)ことができなかった 【 ∬=_忍容する_【・*を |*←_治療_ 】】━━、〈一つの〉_血液学的__完全寛解_ は 達成された--【・*に於いて |*←88%( 532名の患者さん《複数》 )】、--【・*を伴って |*←〈一つの〉_高度`細胞`遺伝学`的`寛解__《 つまり、_完全寛解_0%、_部分`寛解_1〜35%、_フィラデルフィア染色体_−_陽性__分裂`中期_《複数》--【・*に於ける |*←49% の _患者さん《複数》_ 》


◆◆ --【・*に於いて… |*← 235 名の患者さん《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_移行期_】━━、〈その〉_血液学的__奏効率__は ¨※¨であった 【・※← 65%《 28%_完全寛解_ 》】━━、そして、〈その〉_細胞`遺伝学`的__奏効率__は ¨※¨であった 【・※← 21% 】┏┓。     ¨患者さん《複数》{☆の状態にある}¨ ⌒〔 ☆←_骨髄性`急性`転換_《 260 名の患者さん《複数》 》】━━ は 達成した_【・*を |*←■_〈一つの〉_血液学的__奏効率_26%《 _完全寛解_4% 》】|-及び-|■_〈一つの〉_高度`細胞`遺伝学`的`寛解_率_13。5%《 _完全寛解_5% 》 】┏┓。


◆ 〈その〉決定{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=選択する_【・*を |*←〈その〉¨¨初回_治療_ 、又は、 一次_治療_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_慢性期__慢性`骨髄性`白血病_】━━_は ¨※¨である 【・※←難しい】、--【・*の理由から |*←〈その〉登場{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_チロシンキナーゼ`抑制薬_imatinib 】┏┓。


◆ --【・*のためには… |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_慢性期__慢性`骨髄性`白血病_】━━、imatinib 400mg/d_が ¨※¨である 【・※←〈その〉最良の候補者{☆としての}¨ ⌒〔 ☆←_第一次的__治療_--【『 』の理由で…|『それ は _誘発する_【・*を |*←〈一つの〉_完全__血液学的__奏効_--【・*に於いて |*←ほぼ全ての_患者さん《複数》_】━━、そして、もたらす【・*を |*←〈一つの〉高い_細胞`遺伝学`的__奏効率_ 』】 】┏┓。    _全体的`生存__データ_{ ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=比較する_【・*を |*← imatinib、と、インターフェロン 】━━ は 以下に 示されている┏┓。


◆◆ 〈一件の〉_研究_{ ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=比較する_【・*を |*←〈その〉¨効果_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← imatinib--【・*と |*←¨効果_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←インターフェロンα/_低用量_cytarabine--【・*に於いて |*←_新たに_診断_された_、_慢性期__慢性`骨髄性`白血病_ 】━━ が _ランダムに 振り分けた_【・*を |*← 1106 名の患者さん《複数》--【 ∬ (する)ように | ∬=受ける_【・*を |*← imatinib《 553 名 》 、又は、 インターフェロンα/_低用量cytarabine《 553 名 》 】┏┓。


◆◆ --【・*の後に… |*←〈一つの〉_中央値での_フォローアップ 19 ヶ月間】━━、〈その〉推定率{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉高度 _細胞`遺伝学`的__奏効_( 18 ヶ月後 時点 )《 定義については原文をお読みください 》】━━_は ¨※¨であった 【・※← 87。1%( imatinib_グループ_ ) 、及び、 34。7%《 インターフェロンα/ cytarabine グループ_ 》 】┏┓。    〈その〉推定 での _完全__細胞`遺伝学`的_奏効率《複数》_は ¨※¨であった 【・※← 76。2%《 imatinib_グループ_ 》 、及び、 14。5%《 インターフェロンα_グループ_ 》 】┏┓。    --【・*の時点で… |*← 18 ヶ月後】━━、〈その〉推定での 率{☆の}¨ ⌒〔 ☆←無し状態{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_移行期_ 、又は、_急性`転化`期_ の _慢性`骨髄性`白血病_】━━_は ¨※¨であった 【・※← 96。7%《 imatinib_グループ_ 》 、及び、 91。5%《 インターフェロンα/ cytarabine_グループ_ 》 】┏┓。    imatinib_は ¨※¨であった 【・※←_忍容性_ より良好--【・*よりも |*←インターフェロンα/ cytarabine_治療_ 】┏┓。 


◆◆ 〈その〉結論《複数》{☆の}{★の点での}¨ ⌒〔 ☆←_この研究_⌒〔 ★←_血液学的_ 、及び、 _細胞`遺伝学`的__奏効_《複数》、_忍容性_ 、及び、 _移行期_や_急性`転化`期_への_進行_の可能性】━━_は ¨※¨ということであった 【・※…『 imatinib_は ¨※¨である 【・※← より優れる--【・*よりも |*←インターフェロンα/_低用量_cytarabine--【・*として |*←_第一線`治療_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_新たに_診断_された_、_慢性期__慢性`骨髄性`白血病_ 』 】┏┓。 


◆ ¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_慢性`骨髄性`白血病_{☆の段階の}¨ ⌒〔 ☆←_移行期_や_急性`転化`期_】━━_は ¨※¨であってきて在る 【・※←劣る 】┏┓。    しかし、_データ_ は _示して在る_【・『 』ということを… |『imatinib は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=もたらす_【・*を |*←_血液学的__奏効_--【・*に於いて |*←52〜82% の _患者さん《複数》_】━━、しかし、〈その〉_奏効__は ¨※¨である 【・※← より頻度が低く、_持続`期間_ が  より短い《 少なくとも4週間_持続するのは、わずかに31〜64%の_患者さん《複数》_に於いて 》 】┏┓。


◆ 〈その〉_完全奏効`率__は ¨※¨である 【・※← より_低_い《 7 〜 34% 》 】┏┓。    _核型`奏効_ は 起きる--【・*に於いて |*← 16 〜 24%】━━、そして、_完全__細胞`遺伝学`的__奏効_ は _観察される--【・*に於いて |*←わずかに 17% 】┏┓。     より_高用量_《 つまり 600mg / d 》 は もたらす_【・*を |*←_改善_された奏効率《複数》、_細胞`遺伝学`的__奏効_ 、及び、 _病気無し`生存_ 、及び、 _全体的`生存_ 】┏┓。 


◆ --【・*に於いて… |*←_フィラデルフィア染色体_−_陽性__急性`リンパ性`白血病《 mougitaro 注:原文通りです 》_】━━、〈その〉¨併用{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_化学療法_ + imatinib 】━━ は 伴う_【・*を |*←〈一つの〉 2 年後__生存率_60% 】┏┓。 


◆ _耐性_{☆の}{★への}¨ ⌒〔 ☆←_慢性`骨髄性`白血病__細胞《複数》_⌒〔 ★← imatinib 】━━ が 現れつつある--【・*を通じて |*←_多重_のメカニズム《複数》{☆のような}¨ ⌒〔 ☆← BCR/ABL_過剰`発現_、や、abl _遺伝子_変異 】┏┓。    _耐性_ は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=克服する--【 ∬ (する)ことにより | ∬=増量する_【・*を |*←〈その〉 imatinib_用量_】開発する_【・*を |*← より_選択_的な bcr-abl_キナーゼ_抑制薬《複数》】開発する_【・*を |*←新しい_非−交差`耐性的 _薬_《複数》 】┏┓。 



(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Medical Care

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

それ以外の_治療(_薬_)


骨髄`抑制_的_治療

本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_骨髄抑制_的_治療_《 これ_は 以前は¨※¨であった 【・※←〈その〉主体{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_治療_{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=転換する_【・*を |*←〈一人の〉_患者さん_{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_慢性`骨髄性`白血病_--【・*から |*←〈一つの〉コントロールされていない 当初_症状_現出--【・*へ |*←_患者さん_{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←■__血液学的__寛解_】|-及び-|■_正常化{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉身体検査 、及び、 検査室`知見《複数》 】 》━━ は ¨ ∬ ¨(する)と考えられる 【 ∬=間もなく 好まれなくなる--【『 』であることから…|『新しい_薬_《複数》 が ¨※¨であると 立証されてくる【・※← より_効果的__--〔・*を伴って |*← より少ない_有害`事象_《複数》 、及び、  より_長期間の__生存_ 』】┏┓。

hydroxyurea《 Hydrea® 》《 〈一つの〉抑制薬{☆の}¨ ⌒〔 ☆← deoxynucleotide 合成 》━━_は ¨※¨である 【・※←〈その〉最も_一般普通的_ な 骨髄抑制_的_治療薬_{ ∬ (される)}¨ ⌒〔 ∬=使用される --【 ∬ (する)ことのために | ∬=達成する_【・*を |*←_血液学的__寛解_ 】┏┓。    〈その〉初回 血球数 が モニターされる--【・(頻度)| 2 〜 4 週間に1回】━━、そして、〈その〉_用量_ が 調整される--【・*に従って |*←〈その〉_白血球_ 、及び、 _血小板_数《複数》 】┏┓。    大部分 の _患者さん《複数》_ は 達成する_【・*を |*←_血液学的__寛解_--【・*以内に |*← 1 〜 2 ヶ月間 】┏┓。    この薬 は _引き起こす_【・*を |*←わずかに短期間 の _骨髄`抑制】__ : __そのようなわけで、--【もし『 』であっても…|『〈その〉カウント《複数》 が 低下する--【・意図したよりも低く 』】━━、 ∬ すること | ∬=停止する 、又は、 引き下げる_【・*を |*←用量《複数》 ━━ が 通常コントロールする_【・*を |*←血球数《複数》 】┏┓。    _維持療法_{☆による}¨ ⌒〔 ☆← hydroxyurea 】━━ は 稀に もたらす_【・*を |*←_細胞`遺伝学`的_ 、又は、 _分子的__寛解_《複数》 】┏┓。

busulphan_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉_アルキル化系`化学療法剤_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==伝統的に 使用されて在る--【 ∬ (する)ことのために | ∬=維持する_【・*を |*←〈その〉_白血球_カウント《複数》--【・*に |*← 15,000_細胞《複数》_/μ L 未満 】┏┓。    しかし、〈その〉_骨髄`抑制__効果_《複数》 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=■_起きる--【・ずっと遅くになって】|-そして-|■_持続する--【・ より_長期間】、、《 より困難にさせて_【・*を |*←〈その〉数の正常範囲内の維持 》 】┏┓。    _長期的_使用 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=_引き起こす_【・*を |*←_肺`線維症_、_色素`過剰`沈着症_、_長期間の__骨髄`抑制_《 数ヶ月間 持続 》 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Medical Care

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

白血球`搬出法

本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_白血球`搬出法_{ ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=使用する_【・*を |*←〈一つの〉_細胞_分離器 】━━ は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=低下させる_【・*を |*←_白血球_カウント《複数》--【・迅速かつ_安全的_に--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_白血球_カウント《複数》{§(の性質の)}¨ ⌒〔 §← 300,000 細胞/μ L 超】━━、そして、それ は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=緩和する_【・*を |*←_急性__症状_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_白血球`うっ滞_、 _粘度`亢進、 組織`浸潤 】┏┓。    _白血球`搬出法_ は 通常 低下させる_【・*を |*←〈その〉_白血球_カウント--【・わずかに一時的に】━━、そして、それ は しばしば_併用_される--【・*と(併用`相手) |*←_腫瘍細胞`減少_化学療法_--【・*のために |*← より_持続的_ な _効果_《複数》 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Medical Care

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

インターフェロンα

本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

インターフェロンα_は ¨※¨であった 【・※←〈その〉_選択_される_治療_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←大部分の¨患者さん《複数》{☆を有する}{ ¶ ところの#←}¨ ⌒〔 ☆←_慢性`骨髄性`白血病_⌒〔 ←#¶==■_¨※¨である 【・※←余りに高齢で _骨髄`移植_が 困難 】|-又は-|■_持たない_【・*を |*←〈一人の〉マッチした_骨髄_ドナー】┏┓。    インターフェロンα は _投与_される--【・平均 3 〜 5 百万 IU /日を_皮下_で--【・*の後に |*←_血液学的__寛解_{☆による}¨ ⌒〔 ☆← hydroxyurea 】┏┓。

◆ 〈その〉_細胞`遺伝学`的__奏効_ は モニターされる--【・(頻度)| 3 〜 6 ヶ月間に 1 回--【・*により |*←_核型`分析_ 、又は、 _蛍光 in situ ハイブリダイゼーション《 FISH 》法_--【 ∬ (する)ことのために | ∬=カウントする_【・*を |*←〈その〉比率{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_骨髄__細胞《複数》_{☆を伴う}¨ ⌒〔 ☆←_フィラデルフィア染色体`陽性__細胞《複数》_ 】┏┓。 

◆ 〈その〉目標_は ¨※¨である 【・※← 100%正常_細胞《複数》_--【・*の後に |*←_治療_1 〜 2 年間 】┏┓。    ¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_微小`残存`病変_( BCR/ABL_陽性_)】━━ は ¨ ∬ ¨(される)べきである 【 ∬=_維持療法_を され続ける--【『 』である限り…|『彼ら が 続ける_【 ∬ (する)ことを | ∬=持つ_【・*を |*←_微小`残存`病変_ 】 』】┏┓。 


◆ _細胞`遺伝学`的__改善_ は 観察されて在る--【・*に於いて |*← 70% の ¨患者さん《複数》{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=治療された--【・*にわたり |*← 3 ヶ月間超 】、、《〈その〉_中央値での__フィラデルフィア染色体`陽性__細胞《複数》_が¨ ∬ ¨して…| ∬=低下する--【・*から#へ ||*← 100% |#← 65% 》 】┏┓。    _完全__抑制_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_フィラデルフィア染色体 は 観察された--【・*に於いて |*← 20% の _患者さん《複数》_】┏┓。 



(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Medical Care

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

骨髄`移植

本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_骨髄`移植_ は ¨ ∬ ¨(される)べきである 【 ∬=考慮される--【・(時期)|_早期_に--【・*に於いて |*←_若年_《 55 歳未満 》の¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==持つ_【・*を |*←〈一人の〉マッチした_兄弟ドナー_ 】┏┓。

◆ 全ての 兄弟姉妹 は ¨ ∬ ¨(される)べきである 【 ∬=型決めされる--【・*について |*←_ヒト`白血球`抗原《 HLA 》_− A、− B、− DR 】┏┓。    --【もし『 』なら…|『〔何も無い( no )マッチ 〕 が 存在している(の否定)】━━、〈その〉 HLA タイプ は ¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=届け出られる--【・*へ |*←〈一つの〉_骨髄_データベース--【・*のために |*←_完全_マッチ_非−血縁_ドナー 】┏┓。 


◆ 〈その〉_死亡率_{☆に伴う}¨ ⌒〔 ☆←_骨髄`移植_】━━_は ¨※¨である 【・※←■_10 〜 20% 、又は、 それ以下_--〔・*により |*←〈一つの〉マッチした 兄弟姉妹ドナー】|-そして-|■_30 〜 40%_--〔・*により |*←〈一人の〉_非−血縁_ドナー 】┏┓。    〈その〉_骨髄_データベース は 見積もっている#←_【・*を |*←〈その〉治癒率{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_慢性`骨髄性`白血病_--←#【・*と(程度) |*← 50% 】┏┓。 


◆ 移植 は 推奨される--【・■_*以内に |*←_診断_から 1 年間】|-又は-|■_*の後に |*← 1 年間の試行{☆の}{★無し で の}¨ ⌒〔 ☆←インターフェロン_治療_⌒〔 ★←〈一つの〉_完全_ 、又は、 _有意_ な _細胞`遺伝学`的__寛解_ 】┏┓。 


◆ 大部分の¨患者さん《複数》{移植後に☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_微小`残存`病変_】━━ は いずれにせよ必要とする_【・*を |*←インターフェロン_維持療法_】━━ 、又は、 彼ら は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=必要とする_【・*を |*←〈一つの〉再注入{☆の}¨ ⌒〔 ☆← T-細胞《複数》{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=採取された--【・*から |*←〈その〉ドナー 】┏┓。 


移植 は 帰属されて在る--【・*に |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==■_達成しない_【・*を |*←_分子`生物学`的`寛解_《複数》】|-又は-|■__示す_【・*を |*←_耐性_{☆への}¨ ⌒〔 ☆← imatinib 】━━ 、及び、 _治療`挫折_{☆による}¨ ⌒〔 ☆←第二世代 bcr-abl_キナーゼ_抑制薬《複数》{☆のような}¨ ⌒〔 ☆← dasatinib 】┏┓。
…(後略:imatinib への_耐性_のメカニズム)…

以前の曝露{☆への}{★の前 の }¨ ⌒〔 ☆← imatinib ⌒〔 ★←移植】━━ は ¨ ∬ ¨しない 【 ∬=不利に影響する (の否定)--【・*に |*←移植後_結果状況_《複数》{☆のような}¨ ⌒〔 ☆←_全体的`生存_ 、及び、 _進行無し`生存_--【・*を伴って |*← 90% の _生着_、  より高い_再発_しての_死亡率_《 24% 》 、及び、  より_低_い_移植片`対`宿主`病_《 _急性_42%、 _慢性_17% 》 】┏┓。

_治療__決定_《複数》{ ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=含む_【・*を |*←〈その〉¨使用{☆の}¨ ⌒〔 ☆←インターフェロン、_骨髄`移植_ 、又は、 _研究_的_選択肢_《複数》 】{☆のための}¨ ⌒〔 ☆← より_若年_ の ¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_慢性`骨髄性`白血病_】━━_は ¨※¨である 【・※←極度に複雑で、常に流動している 】┏┓。    個別化された_決定_《複数》 は ¨ ∬ ¨(される)べきである 【 ∬=為される--【・*と協力して |*←医者《複数》{§(の性質の)}¨ ⌒〔 §←詳しい_--〔・*について |*←〈その〉_最近_ の 文献 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Medical Care

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

外科的_ケア


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_脾`摘除術_ 、及び、 脾臓_放射線_照射 が 使用されて在る--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←肥大し、痛みを伴う脾臓《複数》】、--【・通常*に於いて |*←〈その〉晩期《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_慢性`骨髄性`白血病_ 】┏┓。

◆ これ は 稀にしか 必要でない--【・*に於いては |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==_病気_ が 良好に_コントロールされている 】┏┓。 


◆ いくらかの著者《複数》 は 考える_【・『 』と… |『_脾`摘除術_ は 加速する_【・*を |*←〈その〉開始{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_骨髄`様`異形成_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_肝臓_ 』 】┏┓。    _脾`摘除術_ は 伴う_【・*を |*←高率の 手術周辺_病的状態_ 、及び、 _死亡率_《複数》--【・*の理由から |*←出血 、又は、 _血栓性_合併症_《複数》 】┏┓。 



(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Surgical Care

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_治療薬_


概観


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

Cortes 達 は _研究_した_【・*を |*←〈その〉¨有効性{☆の}¨ ⌒〔 ☆← dasatinib--【・*として |*←初回_治療_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_早期__慢性期__慢性`骨髄性`白血病_ 】┏┓。    50 名の患者さん《複数》 が _ランダムに振り分けられた--【 ∬ (する)ように | ∬=受ける_【・*を |*← dasatinib 100 mg 毎日_ 、又は、 50 mg _1 日 2 回_--【・*にわたり |*←少なくとも 3 ヶ月間 】┏┓。    〔何も無い( no )差異 〕 が 見られた(の否定)--【・*の間に |*←_治療グループ_《複数》--【・*の点で |*←_結果状況_ 】┏┓。    --【・*の内… |*←〈その〉 50 名の患者さん《複数》】━━、49 名《 98%》 が 達成した_【・*を |*←〈一つの〉_完全__細胞遺伝学`的`寛解_】━━、そして、41 名《 82%》 は 達成した_【・*を |*←〈一つの〉_分子`遺伝学`的`寛解_ 】┏┓。    〈その〉_見込み__イベント無し`生存_率《 24 ヶ月後 》_は ¨※¨であった 【・※← 88%】━━、そして、全ての_患者さん《複数》__は ¨※¨であった 【・※←_生存_している_--〔・*の後に |*←〈一つの〉_中央値での_フォローアップ期間 24 ヶ月間 】┏┓。

〈その〉_治療薬_《複数》{ ∬ (される)}¨ ⌒〔 ∬=使用される --【・*のために |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_慢性期__慢性`骨髄性`白血病_】━━ は 含む_【・*を |*←〈一つの〉_骨髄抑制_的 な _薬_{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=達成する_【・*を |*←_血液学的__寛解_《 1 〜 2 ヶ月間の_治療_を必要とする 》 】┏┓。    --【いったん『 』すると…|『〈その〉_患者さん_ が 入る--【・*に |*←_血液学的__寛解_ 』】━━、〈その〉目標{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_治療_】━━_は ∬ (する)ことである 【 ∬=抑える_【・*を |*←〈その〉_フィラデルフィア染色体`陽性_の_造血`クローン_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_骨髄_--【・*のために |*←〈一つの〉_細胞遺伝学`的`寛解_ 、及び、 望むらくは、〈一つの〉_分子`生物学`的`寛解_ 】┏┓。    このこと は 伴う_【・*を |*←〈その〉¨使用{☆の}¨ ⌒〔 ☆←インターフェロンα 、又は、 _骨髄`移植_ 】┏┓。

_治療_ は 決められる--【・*により |*←以下の 条件《複数》 】 :

〈その〉 3 つのカテゴリー《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_Sokal スコア_】〓〓_は ¨※¨である 【・※←以下のもの】 :


…(中略:Sokal スコア の 算出式)…

〈その〉_選択_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_治療_】━━ は 決められる--【・*により |*←〈その〉_予後_ 、及び、 _患者さん_の年齢 】┏┓。    大部分の_患者さん《複数》_ は 持つ_【・*を |*←〔何も無い( no )適合ドナー 〕】━━ 、又は、 彼ら は ¨※¨である 【・※←_骨髄`移植_には 高齢過ぎる】__ : __インターフェロンα_は ¨※¨である 【・※←〈その〉選択される_薬_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←これらの_患者さん《複数》_ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Medication

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

抗`腫瘍`薬


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

--【 ∬ (する)ことのために …| ∬=コントロールする_【・*を |*←基礎にある_過剰`増殖_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_骨髄性`成分《複数》 】〓〓〈一つの〉_骨髄`抑制_的_治療薬__が ¨※¨である 【・※←必要_--〔 ∬ (する)ことのために | ∬=引き下げる_【・*を |*←_白血球_カウント《複数》 、及び、 時として_上昇した_血小板_カウント《複数》 】┏┓。    脾臓サイズ は 関連する_【・*に |*←_白血球_カウント《複数》】〓〓、そして、それ は 縮小する--【『 』につれて…|『_白血球_カウント《複数》 が 近づく--【・*に |*←〈その〉参照`範囲 』】┏┓。    また、 中間的 、及び、 _骨髄芽球__細胞《複数》_ は 消える--【・*から |*←〈その〉循環 】┏┓。

〔 hydroxyurea《 Hydrea® 》


- 概説 - :抑制薬{☆の}¨ ⌒〔 ☆← deoxynucleotide  、及び、 DOC--【 ∬ (する)ことのために | ∬=誘導する_【・*を |*←_血液学的__寛解_--【・*に於いて |*←_慢性`骨髄性`白血病_ 】┏┓。    _白血病`誘発性_ は  より_低_い--【・*よりも |*←_アルキル化系`化学療法剤_《複数》{☆のような}¨ ⌒〔 ☆← busulphan、melphalan 、又は、 chlorambucil 】┏┓。    _骨髄`抑制_的 _効果_《複数》 は 続く--【・*にわたり |*←数日間〜1週間】〓〓、そして、それら_は ¨※¨である 【・※← よりコントロール容易_--〔・*よりも |*←_アルキル化系`化学療法剤_の場合】__ : __busulphan は 伴う_【・*を |*←_長期的_ な _骨髄_抑制】〓〓、そして、それ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=_引き起こす_【・*を |*←_肺`線維症_ 】┏┓。

- 用量、禁忌、相互干渉、使用上の注意 - :(原文をお読みください)

〔 busulphan《 Myleran® 》


- 概説 - :強力な_細胞`毒性`的__薬_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =--【・*に於いて… |*←推奨_用量_】〓〓、_引き起こす_【・*を |*←重度の_骨髄抑制_ 】┏┓。    --【・*として… |*←_アルキル化系`化学療法剤_】〓〓、¨¨作用メカニズム{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_活性 代謝物《複数》】〓〓 は ¨ ∬ ¨(する)と考えられる 【 ∬=含む_【・*を |*← DNA の _架橋`結合_】〓〓、そして、このこと は ¨ ∬ ¨(する)と考えられる 【 ∬=干渉する_【・*に |*←¨¨成長{☆の}¨ ⌒〔 ☆←正常 、及び、 _腫瘍__細胞《複数》_ 】┏┓。

- 用量、禁忌、相互干渉、使用上の注意 - :(原文をお読みください)


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Antineoplastic Agents

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_チロシンキナーゼ`抑制薬_


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

〔 概観 〕


_チロシンキナーゼ`抑制薬_ は _引き起こす_【・*を |*←強力な_チロシンキナーゼ`抑制_活性_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉 BCR/ABL 異常性--【・*に於いて |*←全てのフェーズ《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_慢性`骨髄性`白血病_ 】┏┓。

〔 imatinib mesylate《 Gleevec® 》


- 概説 - :_特定的にデザインされている_【 ∬ (する)ように | ∬=抑制する_【・*を |*←_チロシンキナーゼ_活性_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← bcr-abl_キナーゼ_ 】--【・*に於いて |*←_フィラデルフィア染色体`陽性__白血病`性_慢性`骨髄性`白血病__細胞_ライン《複数》 】┏┓。    良好に吸収される--【・*の後に |*←_経口__投与_】、--【・*を伴って |*←最大濃度 到達 2 〜 4 時間以内 】┏┓。    排出_は ¨※¨である 【・※←主として 糞便 経由--【・*の形で|*←代謝物《複数》 】┏┓。

- 用量、禁忌、相互干渉、使用上の注意 - :(原文をお読みください)

〔 dasatinib《 Sprycel® 》


_多重__チロシンキナーゼ`抑制薬_┏┓。    _抑制_する_【・*を |*←成長{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_細胞_ライン《複数》{ ∬ ((を)している)}¨ ⌒〔 ∬=過剰`発現している_【・*を |*← BCR -ABL 】┏┓。    オーファン・ドラッグ(*)¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =適応がある--【・*のために |*←_慢性`骨髄性`白血病_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_患者さん《複数》_{§(の性質の)}¨ ⌒〔 §←耐性 、又は、 _非−認容性_--〔・*に |*←_先行__治療_《 例えば imatinib による治療 》 】┏┓。    この_薬_ は 克服できて在る_【・*を |*← imatinib_耐性_{☆による}¨ ⌒〔 ☆← BCR -ABL_キナーゼ ドメイン_遺伝子`変異_《複数》 】┏┓。

(*)mougitaro 注:_患者さん_数が非常に少ない疾患の_治療薬_として使用される_薬_。

〔 nilotinib《 Tasigna® 》


- 概説 - :_抑制_する_【・*を |*← BCR/ABL_キナーゼ_ 】┏┓。    in vitro では、_抑制_する_【・*を |*← BCR/ABL −媒介の増殖{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_マウス__白血病_性_細胞_ライン《複数》 、及び、 ヒト_細胞_ライン《複数》{☆由来の}¨ ⌒〔 ☆←_フィラデルフィア染色体`陽性__慢性`骨髄性`白血病_ 】┏┓。    --【・*の下では… |*←条件《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉試験《複数》】〓〓、この薬 は ¨ ∬ ¨(する)ことができた 【 ∬=打ちかつ--【・*に |*← imatinib_耐性_{☆による}¨ ⌒〔 ☆← BCR/ABL_キナーゼ__遺伝子`変異_《複数》--【・*に於いて |*← 32 種{☆のうちの}¨ ⌒〔 ☆←テストされた 33 種の_遺伝子`変異_《複数》 】┏┓。    in vitro では、この薬 は 示されている_【 ∬ (する)ことが | ∬=低下させる_【・*を |*←_腫瘍_サイズ{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉_マウス_BCR/ABL_異種移植_モデル 】┏┓。    この薬 は 適応がある--【・*のために |*←_フィラデルフィア染色体`陽性__慢性`骨髄性`白血病_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←成人¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =■__病気_ が _進行_して在る】|-又は-|■_¨ ∬ ¨(する)ことができない 【 ∬=_忍容する_【・*を |*←_その他の__治療_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =含む_【・*を |*← imatinib 】┏┓。

- 用量、禁忌、相互干渉、使用上の注意 - :(原文をお読みください)


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Tyrosine Kinase Inhibitors

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

インターフェロン


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

〔 概観 〕


α、β 、及び、 γ_は ¨※¨である 【・※←〈その〉現在知られている 3 つのタイプ《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←インターフェロン《複数》 】┏┓。    〈その〉α_グループ_ は 見出されて在る_【 ∬ (する)ことが | ∬=_抑制_する_【・*を |*←増殖{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_フィラデルフィア染色体`陽性_造血クローン】、《 可能にさせて_【・*を |*←回復{☆の}¨ ⌒〔 ☆←正常_細胞《複数》_{☆の中の}¨ ⌒〔 ☆←_骨髄_》 】┏┓。

〔 interferon alfa-2a《 Roferon A® 》 、又は、 alfa-2b《 Intron A® 》 〕


- 概説 - :上記の両方とも、¨※¨である 【・※←遺伝子組み替え アルファインターフェロン《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←いくらかの 構成 アミノ酸の差異《複数》】〓〓、しかし、¨※¨と考えられている【・※←同等な 方式《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_慢性`骨髄性`白血病_ 】┏┓。

_年配_¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =¨ ∬ ¨(する)ことができない 【 ∬=忍容する_【・*を |*←_有害`効果_《複数》 】〓〓 は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=開始する--【・*から |*←推奨`開始`_用量_の 半分の投与量 】┏┓。

- 用量、禁忌、相互干渉、使用上の注意 - :(原文をお読みください)


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Interferons

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

資料 A


資料名=ACS('06/2)


American Cancer Society のホームページ
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

インターフェロン治療


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

インターフェロン( 複数 )は一連の¨化合物 ※ ¨である〔 ※←いくつかのタイプの細胞によって自然的に産生される 〕。   インターフェロンαは、インターフェロンの¨タイプの一つ ※ ¨である〔 ※←慢性骨髄性白血病( CML )の治療用として最もよく使用される 〕。   この物質は、白血病細胞の成長や増殖を低下させる。 毎日皮下に注射するのが、最も一般的な治療計画である。

インターフェロンは重要な副作用の原因となる。 これらの副作用としては、筋肉痛、骨痛、頭痛、思考や集中への影響、疲労感、吐き気・嘔吐、がある。 これらの問題は一時的なもので、通常は改善する¨(〔※〕した後に )¨〔 ※=治療が完了 〕。   しかし、多くの患者さんが治療を中止する¨(〔※〕のために )¨〔 ※←上記のような副作用 〕。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

キナーゼ抑制剤による治療


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

新しい薬である imatinib mesylate (Gleevec) は、¨方法 ※ ¨を変えた〔 ※←早期ステージの慢性骨髄性白血病の治療の(方法) 〕。   慢性骨髄性白血病の場合にみられるフィラデルフィア染色体は、¨異常な分子※ ¨を産生する【 ※← bc--abl と呼ばれるもので、¨一連の酵素 ☆ ¨の一つである〔 ☆←チロシンキナーゼと呼ばれる 〕 】。   この分子が白血病をスタートさせると考えられている。 imatinib は※によって効果を現わす〔 ※=当該 bcr-abl チロシンキナーゼを抑制すること 〕。   ほとんど全ての患者さんに奏効し、副作用は※に比較してはるかに少ない〔 ※=従来型の化学療法やインターフェロン 〕。   この薬は経口で服用するもので、¨主要な治療方法 (※のための)¨である〔 ※=慢性骨髄性白血病 〕。

可能性のある副作用には※が含まれる〔 ※=下痢、吐き気、筋肉痛、疲労感 〕。   これらの副作用は一般的に軽度である。 かゆみを伴う皮膚の発疹が約 30% の患者さんで起きる。 とくに一般的な副作用は、体液の貯留であるが、これも軽度である。 これらの副作用のいずれも、※の場合に悪化する〔 ※←通常の投与量よりも高用量を使用した 〕。

下痢は※によって治療可能である〔 ※=薬局で処方箋なしで販売している下痢治療剤 〕。   imatinib を食事と一緒に服用すると、吐き気が軽減できる。 筋肉痙攣には、しばしば、アスピリンやイブプロフェンが奏効する。 体液貯留は、※による治療を必要とすることがある〔 ※=利尿剤 〕。   患者さんは、体重を恒常的にチェックしていく必要がある¨(〔※〕の間に )¨〔 ※=この薬を使用している 〕。   皮膚の発疹は通常※によって治療する〔 ※=抗ヒスタミン剤や局所ステロイドクリーム・軟膏 〕。

もう一つ可能性がある副作用は、※の低下である〔 ※=赤血球数や血小板数 〕¨(〔☆〕に於いて )¨〔 ☆=imatinib による治療のはじめ 〕。   このことは起きる¨(〔※〕であるから )¨〔 ※=赤血球や血小板を産生する造血細胞が、がん化の一部を構成している 〕。   結局は、正常な造血細胞が置き換え、血球数は上昇して正常に戻る。 ときどき、医者は※を勧めることがある【 ※=imatinibを一時的に中止する¨(もし〔☆〕ならば )¨〔 ☆=血球数があまりにも低い 〕 】。

imatinib は肝臓によって分解(代謝)され、排出される。 ¨多くの薬や食品補助剤 ※ ¨が存在する〔 ※←この(代謝の)過程に干渉する 〕。   従って、医者と共に、問題はないかチェックすること¨(〔※〕する前に )¨〔 ※=新しい薬や食品補助剤を始める 〕。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

化学療法


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

化学療法の内容

化学療法とは、¨抗がん剤 ※ ¨の使用である〔 ※←静脈、筋肉、経口、によって投与される 〕。   これらの薬は血液循環に入り、身体の全ての部分に到達する。 それにより、このタイプの治療法を有用にする¨(〔※〕のために )¨【 ※=白血病のような¨がん ☆ ¨〔 ☆←身体中に拡大する 〕の治療 】。

化学療法は一時、主要な治療であった¨(〔※〕のために )¨〔 ※=慢性骨髄性白血病の患者さん 〕。   現在では、それは使用される¨(〔※〕の時だけに )¨〔 ※=他の治療が奏効しなくなった 〕。   白血病の治療はしばしば含む¨何を? ※ ¨〔 ※←いくつかの化学療法剤の併用の、一定期間にわたる投与 〕。   使用されてきた薬の主要なものは、hydroxyurea (Hydrea) である。 もう一つの薬 cytosine は、インターフェロンとの併用で使用されている。 cytosine arabinoside は現在、imatinib との併用で臨床試験中である。

化学療法の副作用

¨薬 ※ ¨〔 ※←がんの化学療法に使用される 〕は、特異的に¨細胞 ☆ ¨を攻撃する〔 ☆←分裂している 〕。   しかし、¨一部の正常な細胞 ※ ¨は、¨細胞 ☆ ¨を置き換えるために分裂する必要がある〔 ※=骨髄、口内の粘膜、腸の粘膜、毛根、など 〕〔 ☆←すり減った(細胞) 〕。   従って、これらの細胞は最も化学療法で影響を受けやすく、それが副作用につながる。

化学療法の副作用は、※によってかわってくる〔 ※=投与する薬のタイプや投与量、投与する期間の長さ 〕。   副作用は以下を含むことがある:
◇脱毛
◇口内炎
◇感染症に対する抵抗の減退(白血球数低下による)
◇簡単にあざができたり、出血する(血小板数の低下による)
◇疲労感(赤血球数の低下による)
◇食欲減退、吐き気・嘔吐(これらは部分的には※の結果である【 ※=腸管の細胞へのダメージ 】が、一定の薬の☆への影響も原因となることがある【 ☆=脳の一部の¨領域 § ¨〔 §←食欲や嘔吐をコントロールしている 〕 】)


これらの副作用は、通常は一時的なものであり、解消する¨(〔※〕の後に )¨〔 ※=治療が完了した 〕。

必ずがん治療チームと※について話すこと〔 ※=患者さんが経験しているどのような副作用でも 〕。   何故なら、副作用軽減の方法がしばしば存在するからである。 例えば、薬を化学療法と平行して投与可能である¨(〔※〕を目的として )¨〔 ※=吐き気や嘔吐の軽減や予防 〕。   ¨医薬品( 複数 ) ※ ¨〔 ※←成長因子 (G-CSF、GM-CSF など)として知られている 〕は投与されることがある¨(〔☆〕を目的として )¨〔 ☆=化学療法後の白血球数減少を回復させ、それによって感染症のリスクを低下させること 〕。

治療の間に白血球数が非常に低くなった場合、患者さんは※を軽減可能である¨(〔☆〕によって )¨〔 ※=感染のリスク 〕〔 ☆=注意深く、細菌との接触を避けること 〕。   この期間には、以下のことに注意すること:
◇頻繁に手を洗う。
◇生の果物や野菜その他の¨食物 ※ ¨を避けること〔 ※←細菌を持っている可能性がある 〕。
◇他の人に確実に※するようにさせること〔 ※=患者さんのところへ来る場合には手を洗う 〕。
◇※を避けること〔 ※=人混みや、病気の人 〕。   マスクを着けることは、※を提供することがある〔 ※=左記のような状況下での一定の予防 〕。

もう一つ重要な¨方法 ※ ¨は、強力な抗生物質による治療である〔 ※←白血球数が低下している患者さんを感染症から守るための 〕。   抗生物質は投与されることがある¨何時(いつ)? ※ ¨〔 ※←感染の徴候がみられるよりも前、又は、感染症があるかも知れないという最初の徴候が見られ次第 〕。

¨(もし〔※〕ならば )¨〔 ※=血小板数が低い 〕、血小板輸血を実施することがある¨(〔☆〕を目的として )¨〔 ☆=出血を予防すること 〕。   同様に、¨息切れや過度の疲労感 ※ ¨〔 ※←赤血球数低下が原因となって起きる 〕は、☆で治療可能である〔 ☆=治療薬や赤血球輸血 〕。

¨(〔※〕であるから )¨〔 ※=化学療法の多くの副作用は、白血球数低下が原因である 〕、患者さんによっては、☆を追跡するのが有用な場合がある〔 ☆=自分自身の白血球数 〕。   患者さんがこの情報に興味がある場合は、遠慮しないで※をすること〔 ※=医者や看護婦に、ご自分の赤血球数やその他の血液テストの結果、及び、その意味、について報告させること 〕。

(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

放射線療法


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

放射線療法は通常は、慢性骨髄性白血病に対する主要な治療法ではない。 しかし、一定の状況では使用されることがある。 患者さんは、症状を表すことがある、¨(もし〔※〕なら )¨〔 ※=腫大した臓器(腫大した脾臓のような)が、他の臓器を圧迫する 〕。   胃への圧力は食欲に影響することがある。 ¨(もし〔※〕なら→≫ )¨〔 ※=これらの症状が化学療法で改善されない 〕、≫放射線療法は、しばしば、良好な選択肢である。 放射線療法は、※による痛みの治療にも有用である〔 ※=骨髄中の白血病細胞の成長による骨のダメージ 〕。   放射線療法は、時によって低用量で全身に照射される¨(〔※〕の直前に )¨〔 ※=幹細胞移植 〕。

放射線療法の主要な短期副作用は、※である〔 ※=日焼けのような、治療領域の皮膚の変化、疲労感、感染症に対する抵抗力の低下 〕。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

外科手術


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

¨(〔※〕だから→≫ )¨〔 ※=白血病細胞は骨髄やその他の多くの臓器に広く拡大する 〕、≫外科手術では、このタイプのがんの治癒はできない。 外科手術は、診断でもあまり役割を持たない、¨(〔※〕だから )¨【 ※=骨髄吸引液(骨髄から注射針とシリンジでサンプルを採取する)が通常は¨全部 ☆ ¨である〔 ☆←白血病を同定・分類するために必要な 〕 】。

脾臓摘出術

この手術が唯一の¨手術 ※ ¨である〔 ※=慢性骨髄性白血病の治療のために実施される 〕。   しかし、この手術が実施されるのは稀である。 また、この手術は治癒目的ではない。

白血病が脾臓に拡大すると※につながることがある〔 ※=脾臓が腫大して、近くの臓器を圧迫するまでになり、症状を表す 〕。   ¨(もし〔※〕なら→≫ )¨〔 ※=放射線療法が効果がない 〕、≫脾臓摘出術が効果があることがある。

もう一つの¨理由 (※の)¨〔 ※=脾臓摘出術を考慮すること 〕は、血球数を改善することである。 脾臓の正常の機能の一つは、※である〔 ※=古くなった血液細胞を血液循環から除去すること 〕。   ¨(もし〔※〕なら→≫ )¨〔 ※=白血病や、その他の病気によって脾臓が過度に腫大する 〕、≫脾臓が過度に活性になることがある¨(〔☆〕する上で )¨〔 ☆=血液細胞を除去する 〕。   その結果、赤血球や血小板が不足することがある。 脾臓摘出術は、※を改善することがある〔 ※=赤血球や血小板数の低下 〕。

(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

期(フェーズ)ごとの治療


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

前書き

慢性骨髄性白血病の患者さんのための治療選択肢は、※によって異なってくる〔 ※=病気のフェーズ(慢性期、移行期、急性転化期)、患者さんの年齢、その他の予後因子、幹細胞移植のドナーの有無 〕。

慢性期

imatinib (Gleevec) の登場は、※を完全に変えた〔 ※=慢性骨髄性白血病の治療 〕。   この薬の使用により、98% の患者さんで完全寛解(※の証拠がなく、血球数が正常〔 ※=循環している白血病細胞の存在 〕)が得られ、85% の患者さんでは、フィラデルフィア染色体が全て消失する。 しかし、これらの患者さんの一部では、微少な bcr-abl 遺伝子が見出される¨(〔※〕によって )¨〔 ※=特殊な化学的な方法 〕。

治療の 4 年後、慢性骨髄性白血病で死亡する人は 3% である。しかし、約 16% の患者さん(つまり、毎年約 4%)で、この薬による奏効が停止する。 一部の患者さんでは、このことは、※によって乗り越えられる〔 ※=imatinib の用量を増加する 〕。   また、新しい薬で imatinib よりも強力なものが開発されている。 これらの一つとして、dasatinib は臨床試験を完了しており、FDA への認可申請を 2006 年に予定している。 もう一つの薬 AMN107 も¨患者さん ※ ¨で有効であるが、この薬の開発は dasatinib より遅れている〔 ※← imatinib が奏効しなくなった 〕。

imatinib について重要な事項は、この薬が治癒的ではなく、投与を中止すると、白血病が再発することである。

¨(〔※〕だから→≫ )¨〔 ※=新しい薬や有効な古い薬が存在し、幹細胞移植も可能である 〕、≫専門家は、注意深いフォローアッププログラムを勧める¨(〔☆〕のために )¨〔 ☆=慢性骨髄性白血病の患者さん 〕。   勧めの最初は、¨骨髄検査 ※ ¨〔 ※←フィラデルフィア染色体の消失を確認するための 〕の繰り返しである¨(〔☆〕の後に )¨〔 ☆=血球数が正常に戻った(後に) 〕。   ¨(もし〔※〕なら→≫ )¨〔 ※=フィラデルフィア染色体が消失する 〕、≫血液サンプルを☆について § という方法で検査する〔 ☆=bcr-abl 分子の存在 〕〔 §=ポリメラーゼチェーン反応検査 〕。   専門家は、※を勧めている〔 ※=以上のことを、3〜 6 ヶ月間ごとに実施すること 〕。

誰も未だに知らない¨何を? ※ ¨〔 ※←このような寛解がどの程度の期間続くのか、及び、imatinib が実際に慢性骨髄性白血病を治癒するのか 〕。   一つの推定では、¨患者さん ※ ¨の場合の平均寿命を約 16 年間と推定している〔 ※←フィラデルフィア染色体が消失した 〕。   これは、約 3 倍の平均寿命である¨(〔※〕と比べて )¨〔 ※=過去に古い薬で治療された患者さんの場合 〕。

現在までは、高用量化学療法、及び、全身放射線療法、それに続く幹細胞移植が、既知の唯一の¨方法 ※ ¨であった〔 ※←慢性骨髄性白血病を治癒するための 〕。   しかし、幹細胞移植の副作用は重症で、生命に関わることがある。 この治療法は、¨より高齢の患者さん ※ ¨には勧められない〔 ※←これらの患者さんは、副作用を忍容しにくく、治療に伴う合併症での死亡のリスクがより大きい 〕。   一部の腫瘍医は、60 歳以下の患者さんだけを、幹細胞移植の候補と考える。 その他の医者には、この治療を 55 歳以下に限定したり、50 歳未満とする者さえいる。 より高齢の患者さんの場合、骨髄非破壊的な移植が一つの選択肢となりえる。

¨(〔※〕だから→≫ )¨〔 ※=誰も imatinib の長期的な治療結果を知らない 〕、≫より¨若い患者さん ☆ ¨〔 ☆←幹細胞移植の候補となり得るような 〕も幹細胞移植を好まないかも知れない。 医者は勧める¨何を?※ ¨〔 ※← 35 歳未満の患者さんは非常に注意深く観察すべきである 〕。   このような患者さんが imatinib では※を実現できない〔 ※=完全寛解( FISH 試験により、フィラデルフィア染色体が検出されない)を得て、それを維持すること 〕場合に、移植を勧めるべきである。 より高齢の患者さんの場合には、経過観察アプローチのほうがより安全かも知れない。

しばしば、¨(もし〔※〕なら→≫ )¨〔 ※=標準的な用量である 400mg/ 日が有効でない 〕、≫より高い用量が有効なことがある。 800mg/ 日という高用量が使用されたことがある、¨(〔※〕だが )¨〔 ※=副作用は、この用量では、忍容するのが困難なことがある 〕。

毎年、約 4% の慢性骨髄性白血病の患者さんが imatinib に耐性になる。 耐性化は※の場合に、より頻繁となる〔 ※=移行期、及び、急性転化期 〕。   この耐性は通常、発見される¨(〔※〕によって )¨【 ※=ポリメラーゼチェーン反応検査が示す¨何を? ☆ ¨〔 ☆← bcr-abl 分子が血液中に再び検出される 〕 】。   多くの研究者たちは考える¨何を? ※ ¨【 ※←白血病の細胞は imatinib に耐性となる¨(〔☆〕によって )¨〔 ☆=bcr-abl キナーゼをより多量に産生するようになる、又は、キナーゼ分子を imatinib が反応できない形に変化させること 〕 】。

一つの¨方法 (※のための)¨〔 ※=上記のような耐性を乗り越える 〕は、imatinib の用量を増やすことである。 これがうまく行かない場合、大部分の専門家は、より新しい薬( dasatinib、又は、AMN107 )の一方を使用する、¨(もし〔※〕なら )¨〔 ※=これらの薬が入手可能である 〕。   もう一つのアプローチは幹細胞移植である。 これが選択できない場合には、より古い薬(インターフェロンや、化学療法剤のいくつか)が有効なことがある。

移行期

¨治療選択肢 ※ ¨〔 ※←移行期の慢性骨髄性白血病に対する 〕は、¨治療選択肢 ☆ ¨〔 ☆←慢性期の慢性骨髄性白血病に対する 〕と類似している。 ¨(〔※〕だが→≫ )¨〔 ※=imatinib は、このステージの一定の患者さんに寛解をもたらした 〕、≫寛解はあまり長く続かなかった。 一般的に、¨患者さん ※ ¨〔 ※←移行期の慢性骨髄性白血病の 〕の場合は、どのような治療でも、長い寛解を得ることは、より少ない。 インターフェロンも、このフェーズでは、有効性がより低い。 約 20% の患者さんで、化学療法に奏効する。 しかし、寛解は通常、6 ヶ月間以下である。 より新しい¨薬 ※ ¨は、このフェーズでも、より良く効くようである〔※← dasatinib のような、imatinib を置き換える可能性がある 〕。

約 15% の¨患者さん ※ ¨〔 ※←移行期の慢性骨髄性白血病の 〕は、幹細胞移植の数年後に生存している。 この方法は、大部分の¨患者さん ※ ¨にとっては最良の方法かも知れない〔 ※←この方法を実施可能な程度に十分に若い 〕。   大部分の医者はできるだけ望む¨何を? ※ ¨【 ※←白血病がコントロールされている(できれば寛解にある)こと¨(〔☆〕の前に )¨〔 ☆←幹細胞移植の実施 〕 】。   このことを達成するため、化学療法がしばしば使われるであろう。

急性転化期

慢性骨髄性白血病の急性転化期では、白血病の細胞は、※に類似している〔 ※=急性骨髄性白血病の細胞 〕が、☆に対しては、とくに耐性である〔 ☆=急性骨髄性白血病の治療に一般的に使用される化学療法剤 〕。   時によっては、急性骨髄性白血病に対する標準的な治療で寛解が得られることがあるが、通常は、この寛解は短期間である。 寛解が得られた場合は、それは¨良い機会 ※ ¨を提供する〔 ※←何らかのタイプの移植治療への移行のための 〕。

少数の患者さんの場合には、急性転化期の白血病細胞は、※に類似している〔 ※=急性リンパ性白血病の細胞 〕。   このような細胞は、化学療法剤により感受性である。 寛解が、¨薬 ※ ¨によって導入可能である〔 ※=vincristine, prednisone, doxorubicin + imatinib 〕、¨(もし〔☆〕なら )¨〔 ☆=この薬が投与されたことがない 〕。

¨患者さん ※ ¨〔 ※←急性転化期の白血病の細胞が、急性リンパ性白血病に類似していないケースの 〕の場合、攻撃的な化学療法レジメンがしばしば使用される。 dasatinib や、その他の開発中の薬も、試すことができ、これらの薬は、※であると考えられる【 ※=imatinib よりも白血病を除去しやすい¨(〔☆〕に於いて )¨〔 ☆=急性転化期にある患者さん 〕 】。

他家幹細胞移植(ドナーからの幹細胞移植)は稀に成功する¨治療法 (※のための)¨〔 ※=急性転化期の慢性骨髄性白血病 〕であり、長期的な生存率は、10% 未満である。 緩和治療(病気の治癒よりもむしろ症状の軽減を目的とする治療)は、※の重要な一部である〔 ※=急性転化期の慢性骨髄性白血病の患者さんの治療 〕。   放射線療法は※を軽減可能である〔 ※=白血病により骨がダメージを受けている領域での痛み 〕。  
 化学療法は、一定の症状を軽減可能なことがある¨(〔※〕の間 )¨〔 ※=数ヶ月間 〕。

¨臨床試験 (※の)¨〔 ※=新しい化学療法レジメン、生物学的治療薬、免疫療法 〕への参加は、重要な選択肢である。

脳、及び、脊髄に於ける慢性骨髄性白血病

¨慢性骨髄性白血病 ※ ¨〔 ※←脳や脊髄へ拡大した 〕の影響は、多くのケースで、☆や § で軽減可能である〔 ☆=化学療法(通常 cytarabine (ara-C) の脊髄液への注射) 〕〔 §=脳への放射線療法 〕。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

その他の治療


幹細胞移植

(幹細胞移植については、下記の一般的な説明をご参照ください)

幹細胞移植

治療・研究の新動向


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

白血病の遺伝子学

(省略します)

新しい薬、及び、がんの生物学の理解

近年、¨知識 ※ ¨の大爆発が起こりつつある〔 ※←何故がん細胞が正常細胞のように死ぬことがないのか 〕。   この情報は、使用されつつある¨(〔※〕のために )¨〔 ※=多くの新しい薬の開発 〕。   そして、そのような薬の大部分は、白血病でも研究されている。 それらの薬の目的は¨プロセス ※ ¨を妨げることである〔 ※←白血病の細胞を生き続けさせる 〕。   また、他の一連の薬( farnesyl transferase inhibitors と呼ばれる)は、寛解率を向上させるらしい¨(〔※〕の場合 )¨〔 ※=imatinib と併用した 〕。   2 つの、臨床試験中の薬は、 lonafarnib と tipifarnib である。

imatinibと他の薬との併用に関する臨床試験

これは、活発な研究分野である。 ¨研究 ※ ¨は現在進展中である【 ※←最も効果的な¨併用法 ☆ ¨〔 ☆← imatinib とインターフェロン、又は、化学療法剤の 〕 】。   主要な¨化学療法剤 ※ ¨〔 ※← imatinib との併用が試みられつつある 〕は、cytarabine である。

遺伝子治療

(省略します)

がんワクチン

¨(〔※〕だから→≫ )¨〔 ※=がん細胞は、一種の異常細胞である 〕、≫がん細胞は、身体に☆させることができる〔 ☆=自分たちに対する免疫反応を引き起こす 〕。   但し、このことは※を必要とする〔 ※=がん細胞の慎重な操作 〕。   多くの実験室がこのための最良の方法を☆のために研究している〔 ☆=がんワクチンを開発すること 〕。   1 つのワクチン CMLVAX100 は、imatinib との併用で使用され、※らしい〔※=imatinib の有効性を増強する 〕。   最近のイタリアでの研究は見出した¨何を? ※¨【※←当該ワクチンは、bcr-abl 分子を¨患者さん ☆ ¨の身体から消滅させた〔 ☆← imatinib での完全奏効が得られていなかった 〕 】。

(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ