index


→トップページへ戻る


お手数ですが、もう一度下記のリンクをクリックしてください:

情報データベース(血液・リンパ系、骨髄)のトップページへ




********************
当ファイルの目次ページへ

最新情報、アドバイス、当ファイル作成上の原則



最新情報のご案内


このファイルには、部位別に米国での現在の標準的な治療法に関する情報(の在処)を記述しています。最新情報は、関連の部位別情報データベース(このファイルの「トップページへ戻る」のリンクからジャンプ)の「治療ニュース、論文、総説」のところをご覧ください。

上記の項目には、欧米の約 50 の専門雑誌、学会報告、ニュース、などのサイトの最新号に於けるがんの治療に関する情報の在処を、可能なかぎり包括的にご紹介しています。決して、極々少数の記事だけを載せているようなものではありません。患者さんや家族さんのご参考にしていただけるものと思います。

********************
当ファイルの目次ページへ

アドバイス


治療を医者に決してお任せにならないことをお勧めします。このファイル(もし不十分でしたら、本やインターネットの他の資料)を勉強することで自ら状況を把握され、医者と対等に議論する姿勢を忘れないようにしてください。


********************
当ファイルの目次ページへ

当ファイル作成上の原則


複数の資料を参考にしてこのファイルを作成していきますが、各参考資料の内容を無理にまとめることはせず、原則として参考資料ごとに全て併記しておきます。重複したり、場合によっては資料間で矛盾しているように思われる場合があるかも知れませんが、データを残すことを重視しました。

********************
当ファイルの目次ページへ

疾患名 =慢性リンパ球性白血病( Chronic Lymphocytic Leukemia )


資料 B=慢性`リンパ球性`白血病の 治療・治療薬《eMedicine》(資料ご紹介の作成年月=09/12)


資料名=eMedicine


このコーナーでは、上記の資料の内容の概略をご紹介しています。各ページには、当該ページに対応する原資料サイトのページへのリンクを設定してありますが、原資料サイト での ページ構成変更により、リンク切れとなっております場合は、本家サイトの

リンク集のページ

の、「情報の存在を ご紹介しているサイト」の項目に 当該原資料サイトへのリンクを収載しておりますので、そこからジャンプしてください。《当該原資料サイトには、当サイトでご紹介している以外にも豊富な情報が記載されておりますので、原資料サイトをご覧になることを強くお勧めします》

尚、このコーナーでご紹介しております原資料の日付は下記の通りです :

原資料更新時期=Oct 28, 2009 

本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

内科的ケア


概観


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

診断時点で、大部分の_患者さん《複数》_{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_慢性`リンパ球性`白血病_】━━ は ¨ ∬ ¨しない 【 ∬=必要とする (の否定)_【 ∬ (される)ことを | ∬=_治療_される--【・*により |*←_化学療法_ 】--【『 』までは…|■_〈その〉_患者さん__が ¨※¨である 【・※←_症状_性】|-又は-|■_¨※¨が 存在する 【・※←証拠{☆の}¨ ⌒〔 ☆←急速な_病気`進行_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==特徴づけられる--【・*により |*←下記のような_症状_《複数》 】 』】 :

¨患者さん《複数》{☆を有する}{ ¶ ところの#←}¨ ⌒〔 ☆←_低_リスク 、又は、 Binet A の _病気_⌒〔 ←#¶==_慢性`リンパ球性`白血病__が ¨※¨である 【・※←安定している 】━━ は 必要とする_【・*を |*←わずかに 定期的なフォローアップ 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←_多重_ の _研究《複数》_ 、及び、 _メタ分析_】━━、_早期_ の 開始{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_化学療法_】━━ は 失敗して在る_【 ∬ (する)ことを | ∬=示す_【・*を |*←_利益_ 】━━、そして、それ は ¨ ∬ ¨(する)ことの可能性がある 【 ∬=増加させる_【・*を |*←_死亡率_--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_慢性`リンパ球性`白血病_ 】┏┓。    そのようなわけで、_早期__治療_ は ¨ ∬ ¨(される)べきである 【 ∬=考慮される--【・*に於いてだけ |*←_状況設定_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈一件の〉_臨床試験_ 】┏┓。

〈その〉多くの_分子的_マーカー《複数》{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=見出された--【・ より以前に 】━━ は 今や させて在る--【・¨ ∬ ¨するのを▽に||▽←可能| ∬=明らかにする_【・*を |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶== より¨ ∬ ¨しそうである 【 ∬=持つ_【・*を |*← より 急速な_病気`進行_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_慢性`リンパ球性`白血病_ 】┏┓。    _研究《複数》_ が 進展中である--【 ∬ (する)ことのために | ∬=助ける_【 ∬ (する)ことを | ∬=決める_【・*を |*←『どのような_治療_ 、及び、 何時が ¨ ∬ ¨(である)であろうか? 【 ∬=¨※¨である 【・※←〈その〉ベストな¨管理{☆の}¨ ⌒〔 ☆←これらの_患者さん《複数》_ 』 】┏┓。    比較的に_最近_ の _データ_ は 示す【・『 』ということを… |『¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←高リスク_要因_《複数》】━━ は  より¨ ∬ ¨しやすい 【 ∬=_病気`進行_する--【・*の後に |*←_化学療法_ 』 】┏┓。    _その他の__研究《複数》_ が 進展中である--【 ∬ (する)ことのために | ∬=決める_【・*を |*←[『 』(→右記)であるか否か… |『 _高リスク_ の _患者さん《複数》_ は ¨ ∬ ¨(される)べきである 【 ∬=_治療_される--【 ∬ (する)ことの前に | ∬=¨※¨となる【・※←_症状_性 】 』(か否か)】┏┓。    このような理由から、 ¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==見出された--【・*に於いて さえも |*←〈一つの〉_早期__ステージ_ 】━━ は ¨ ∬ ¨(される)べきである 【 ∬=照会される--【・*のために |*←考慮{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_臨床試験_《複数》_--【・可能であれば 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Medical Care

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

ヌクレオシド類縁体


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

ヌクレオシド`類縁体《複数》《 つまり fludarabine、cladribine、pentostatin 》━━ は 含む_【・*を |*←〈一つの〉新しい_グループ_の_薬_《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←大きな_活性_{☆に対する}¨ ⌒〔 ☆←_緩徐`進行性_ の _リンパ球系`悪性腫瘍_《複数》{☆を含む}¨ ⌒〔 ☆←_慢性`リンパ球性`白血病_ 】┏┓。



(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Medical Care

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

モノクロナル抗体


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

¨治療{☆による}¨ ⌒〔 ☆←_モノクロナル抗体_《複数》】━━ が 評価されて在る--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_慢性`リンパ球性`白血病_ 】┏┓。



(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Medical Care

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

モノクロナル抗体_と_化学療法_ の _併用


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

比較的に_最近_ の _臨床試験_《複数》_ が _研究_して在る_【・*を |*←〈その〉¨併用{☆の}{★との}¨ ⌒〔 ☆←_モノクロナル抗体_⌒〔 ★←_化学療法剤_《複数》 】┏┓。 :



(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Medical Care

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

その他


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

〔 lenalidomide 〕


lenalidomide_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉_免疫`調整薬《 IMiD 》_{ ∬ (されている)}¨ ⌒〔 ∬=現在_認可_されている--【・*のために |*←使用{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_多発性`骨髄腫_ 、及び、 ¨¨_骨髄`異形成`症候群_{☆を伴う}¨ ⌒〔 ☆←_染色体_5q 欠損 】┏┓。    _研究《複数》_ は 使用して在る_【・*を |*←この_薬_--【・*に於いて |*←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_再発した_ 、及び、 _治療−抵抗性_ の _慢性`リンパ球性`白血病_ 】┏┓。    _奏効率_《複数》{☆を伴う}¨ ⌒〔 ☆←_完全奏効`率_《複数》 9% 、及び、 _微小`残存`病変_除去】━━ が 、また、報告されて在る┏┓。

〔 移植 〕


_骨髄_移植 が _研究_されて在る--【・*に於いて |*←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_慢性`リンパ球性`白血病_ 】┏┓。    _他家`幹細胞`移植__は ¨※¨である 【・※←〈その〉唯一知られている _治癒的__治療_ 】┏┓。    〈その〉最適なタイミング{☆の}¨ ⌒〔 ☆←移植】━━ は 依然として _研究_されつつある┏┓__ : __しかし、それ《=『 』ということ(右記)》━━ が 知られている……【・=『遅らせること{☆の}{★まで}¨ ⌒〔 ☆←移植⌒〔 ★←_治療−抵抗性_ の _病気_ の 形成】━━ は もたらす_【・*を |*← より劣った_結果状況_《複数》 』 】┏┓。

_有効性_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_骨髄`非破壊的_移植】━━ は _示して在る_【・『 』ということを… |『¨※¨が 存在する 【・※←〈一つの〉_移植片`対`白血病`効果_--【・*に於いて |*←_慢性`リンパ球性`白血病_ 』 】┏┓。    _自家`幹細胞`移植_{☆の後の}¨ ⌒〔 ☆←_高用量__移植前`処置_】━━ は 示されて在らない_【 ∬ (する)と | ∬=_提供する_【・*を |*←〈一つの〉_生存__利益_ 】━━、そして、それ は 推奨されない--【・*の外側では |*←_状況設定_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_臨床試験_ 】┏┓。

alemtuzumab は _研究_されつつある--【・*のために |*←使用{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_幹細胞`移植_ 】┏┓。    この薬 は ¨ ∬ ¨(する)ことの可能性がある 【 ∬=演じる_【・*を |*←〈一つの〉重要な_役割_--【・*に於いて |*←〈その〉除去{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_微小`残存`病変_--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{ ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=受ける_【・*を |*←_自家`幹細胞`移植_ 】━━-、一方、同時に、¨¨欠如{☆の}{★の上での}¨ ⌒〔 ☆← CD52 ⌒〔 ★←造血_幹細胞_《複数》】━━ は 防ぐ_【・*を |*←干渉{☆との}¨ ⌒〔 ☆←_幹細胞_採取 】┏┓。    ¨追加{☆の}{★への}¨ ⌒〔 ☆← alemtuzumab ⌒〔 ★←_骨髄`非破壊的_移植 の 移植前`処置__レジメン_《複数》{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_他家`幹細胞`移植_】━━ は ¨ ∬ ¨(する)ようである 【 ∬=_減少させる_【・*を |*←頻度{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_移植片`対`宿主 病《 GVHD 》_】━━、しかし、それ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=伴う_【・*を |*←増加した率 の CMV 再活性化 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Medical Care

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

症状_への 対応


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_慢性`リンパ球性`白血病_】━━ は _示す_【・*を |*←_自己`免疫`性`貧血_、や、_血小板`減少症_--【・(程度)|最高 25% の 機会】━━、そして、同時に、_免疫_不全 が 存在する《 特徴づけられる--【・*により |*←〈一つの〉_進行_性 の 重度の_低`ガンマグロブリン`血症_ 》 】┏┓。

極度に高カウント の _白血球_《複数》 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=もたらす_【・*を |*←〈一つの〉_粘度`亢進`症候群_--【・*を伴って |*←_中枢神経系__機能_ の 変化、や、呼吸`不全 】┏┓。    _白血球`除去`療法_ 、及び、 ¨¨緊急_治療_{☆による}¨ ⌒〔 ☆← prednisone + _化学療法_】━━ が ¨ ∬ ¨(される)ことがある 【 ∬=必要とされる 】┏┓。    ほぼ全ての¨患者さん《複数》{ ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=必要とする_【・*を |*←_治療_ 】━━ は 、また、¨ ∬ ¨(される)べきである 【 ∬=_投与_される_【・*を |*← allopurinol --【 ∬ (する)ことのために | ∬=_予防_する_【・*を |*←_尿酸`ネフロパシー_ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Medical Care

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_微小`残存`病変_


概観


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_微小`残存`病変_ は ¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=定義される--【・*として |*←_病気_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==検出される--【・*により |*←〈その〉最も 高感度 の 検査 】┏┓。    〈その〉概念{☆の}¨ ⌒〔 ☆←根絶{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_微小`残存`病変_】━━ は 見られて在る【・※であると|※←_利益_的_--〔・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_その他の__血液 がん 《複数》】━━、そして、それ は 今や 働き始めつつある--【・*に於いて |*←_慢性`リンパ球性`白血病_ 】┏┓。    根絶{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_微小`残存`病変_】━━ は _示されて在る_【 ∬ (する)ことが | ∬=もたらす_【・*を |*←_改善_された _全体的`生存_ 、及び、 _治療_−無し_生存_ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Minimal residual disease

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

微小`残存`病変 の_評価技術


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

--【・*と異なり… |*←_その他の__血液 がん 《複数》】━━、_慢性`リンパ球性`白血病_ は 欠いている_【・*を |*←〈一つの〉_特定的な_染色体`異常{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=使用される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=モニターする_【・*を |*←_微小`残存`病変_ 】┏┓。    その代わり、_フロー`サイトメトリー_ 、及び、 _ポリメラーゼ`連鎖`反応`法《 PCR 法》_ が 開発されて在る--【 ∬ (する)ことのために | ∬=_評価する_【・*を |*←_微小`残存`病変_ 】┏┓。    _対立`遺伝子_−_特定的な_オリゴヌクレオチド PCR は ¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=使用される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=明らかにする_【・*を |*←〈その〉_免疫_グロブリン 重鎖 _遺伝子_再配列{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==¨※¨である 【・※←ユニーク_--〔・*に |*←〈一人の〉_患者さん_ の _慢性`リンパ球性`白血病_クローン 】┏┓。    --【『 』であるが…|『この方法 は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=検出する_【・*を |*←最高 100 万個の_細胞《複数》_中 1 個の_細胞_ 』】━━、それ_は ¨※¨である 【・※←技術的に難しい、 時間が かかる、高価、容易には入手不可能 】┏┓。

_多重`パラメータ`フロー`サイトメトリー_《 4 〜 12 のマーカー《複数》を使用 》━━ が ¨※¨となって在る【・※←〈その〉主体{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_微小`残存`病変_評価{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_慢性`リンパ球性`白血病_】━━、--【『 』であることから…|『この技術 は 得る_【・*を |*←迅速な_結果《複数》_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==¨※¨である 【・※←_入手`可能的__--〔・*に於いて |*←大多数の 検査室《複数》 】 』】┏┓。

注意 が 必要である--【・*に於いて |*←_選択_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←マーカー《複数》--【・特に*の後に |*←曝露{☆への}¨ ⌒〔 ☆←_モノクロナル抗体_《複数》{☆のような}¨ ⌒〔 ☆← rituximab 、又は、 alemtuzumab 】┏┓。    _多重`パラメータ`フロー`サイトメトリー は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=検出する_【・*を |*← 1 万〜 10 万の_細胞《複数》_中 の 1_細胞_ 】┏┓。 

〈その〉 2008 Guidelines for the Diagnosis and Treatment of Chronic Lymphocytic Leukemia { ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==アップデートする_【・*を |*←〈その〉 National Cancer Institute-Working Group (NCI-WG) 1996 版_ガイドライン_《複数》 】━━ は 定義する_【・*を |*←〈その〉_非存在_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_微小`残存`病変_--【・*として |*← 1 万_細胞《複数》_中 に 1_細胞_未満】、、《 させて--【・*を § に ||*←上記の両方 の 方法《複数》| § ←_受け入れ可能的_--〔 ∬ (する)ことのために | ∬=_評価する_【・*を |*←_微小`残存`病変_--【・*に於いて |*←_慢性`リンパ球性`白血病_ 】 》


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Techniques for assessing MRD

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

微小`残存`病変_ の 根絶


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

¨※¨が 存在する 【・※←_研究《複数》_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==開始して在る_【 ∬ (する)ことを | ∬=_評価する_【・*を |*←_微小`残存`病変_ の 存在 】┏┓。    Moreton 等 は _示した_【・*を |*←_改善_された_全体的`生存_ 、及び、 _治療_−無し_生存_--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_慢性`リンパ球性`白血病_--【・*の後に |*←¨治療{☆による}¨ ⌒〔 ☆← alemtuzumab 】┏┓。    91 名の患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==■_失敗していた_【 ∬ (する)ことに | ∬=_反応_する_ 】|-又は-|■__再発_した--【・*の後に |*←_治療_ 】━━ が _治療_された--【・*により |*←〈一つの〉平均 9 週間 の alemtuzumab_投与_ 】┏┓。    20 名の患者さん《複数》 が 持った_【・*を |*←_微小`残存`病変_ の 根絶】━━、そして、_中央値での__生存期間_ は 未だ 到達していなかった--【・*の時点で |*← 60 ヶ月間】━━、一方、¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==_完全寛解_を得たが、¨※¨であった【・※←_微小`残存`病変__陽性_ 】━━_は 持った_【・*を |*←〈一つの〉_中央値での__全体的`生存期間_41 ヶ月間 】┏┓。    これ_は ¨※¨である 【・※←〈その〉最初の_臨床試験_{ ∬ ((を)した)}¨ ⌒〔 ∬=示した_【・*を |*←_利益_{☆の}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆←除去{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_微小`残存`病変_⌒〔 ★←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_慢性`リンパ球性`白血病_ 】┏┓。

さまざまな_レジメン_《複数》 が 今や _研究_されつつある--【・*のために |*←根絶{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_微小`残存`病変_ 】┏┓。    Bosch 等 は _研究_した_【・*を |*←〈その〉 FCM_レジメン_--【・*として |*←_第一線`治療_--【 ∬ (する)ための試みとして | ∬=根絶する_【・*を |*←_微小`残存`病変_ 】┏┓。    --【・*の内… |*← 69 名の患者さん《複数》】━━、26%の_患者さん《複数》__は 持った_【・*を |*←_微小`残存`病変_−_陰性_ の _完全奏効_】━━、そして、これらの_患者さん《複数》_ は _示した_【・*を |*←_改善_された_全体的`生存_ 、及び、  より_長期間の__奏効`持続`期間_ 】┏┓。    _その他の__研究《複数》_ は ¨ ∬ ¨(する)ことができて在る 【 ∬=達成する_【・*を |*←_微小`残存`病変_−_陰性_--【・*に於いて |*← 38 〜 83%の患者さん《複数》_【 ∬ して | ∬=使用して_【・*を |*←さまざまな_レジメン_《複数》 】┏┓。    --【『 』であるが…|『〈その〉ベストな_レジメン_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_微小`残存`病変_ の 根絶】━━ は 未だ 見出されて在らない 』】━━、_併用__化学療法_−_免疫`療法_{☆を伴う}¨ ⌒〔 ☆←_強化`治療_】━━ が ¨ ∬ ¨(である)ようである 【 ∬=¨※¨である 【・※←〈一つの〉_有望的_ な ルート{☆への}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_微小`残存`病変_ の 根絶{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_慢性`リンパ球性`白血病_ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Eradication of MRD

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

外科的_ケア


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_治療−抵抗性_ の _脾`腫大_ 、及び、 _汎血球`減少症__は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉_一般普通的_ な 問題{☆に於ける}{ ¶ ところの#←}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_進行期__慢性`リンパ球性`白血病_⌒〔 ←#¶==時として 必要とする_【・*を |*←_脾`摘除術_ 】┏┓。

_実体的な__改善_《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←ヘモグロビン 、及び、 _血小板_カウント《複数》】━━ が 観察される--【・*に於いて |*←最高 90%の¨患者さん《複数》{ ∬ ((を)した)}¨ ⌒〔 ∬=受けた_【・*を |*←_脾`摘除術_ 】┏┓。

全ての¨患者さん《複数》{☆を有する}{ ¶ ところの#←}¨ ⌒〔 ☆←_慢性`リンパ球性`白血病_⌒〔 ←#¶==受ける予定がある_【・*を |*←_脾`摘除術_ 】━━ は ¨ ∬ ¨(される)べきである 【 ∬=_免疫_接種される--【・(時期)|少なくとも 1 週間前に--【・*で |*← Pneumovax 、及び、 Haemophilus 、及び、 Neisseria meningitidis ワクチン《複数》 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Surgical Care

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_治療薬_


概観


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

chlorambucil《 _アルキル`化`薬_ 》 、及び、 fludarabine《 _代謝`拮抗薬_ 》━━ が _一般普通的_に使用される--【・*に於いて |*←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_慢性`リンパ球性`白血病_ 】┏┓。    プリン_類縁体_《複数》 、及び、 特に、fludarabine_は ¨※¨である 【・※←非常に_活性的__--〔・*に対して |*←_慢性`リンパ球性`白血病_ 】┏┓。

fludarabine は もたらす_【・*を |*←_寛解_《複数》--【・*に於いて |*←〈一つの〉_有意_な 比率 の _患者さん《複数》_ 】┏┓。    それ は ¨ ∬ ¨(する)ようである 【 ∬=_誘発する_【・*を |*←アポトーシス{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_悪性_リンパ球《複数》--【・*次第に《直後に》 |*←曝露 】┏┓。    fludarabine / cyclophosphamide《 FC_レジメン_ 》━━ は _示して在る_【・*を |*←_改善_された_奏効率_《複数》--【・*よりも |*← fludarabine 単独の場合】━━、そして、_併用_{☆との}¨ ⌒〔 ☆← rituximab 、及び、 alemtuzumab 】━━ は ¨ ∬ ¨(である)ようである 【 ∬=¨※¨である 【・※←更に より_効果的_ 】┏┓。    _臨床試験_《複数》_ が _進展中_である┏┓。    ¨役割{☆の}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆← alemtuzumab ⌒〔 ★←根絶{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_微小`残存`病変_】━━ が 、また、¨※¨の段階にある【・※←研究中 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Medication

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

抗`腫瘍`薬


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_抗`腫瘍`薬_ は 働く--【 ∬ (する)ことにより | ∬=_抑制_する_【・*を |*←〈その〉キー要因《複数》{§(の性質の)}¨ ⌒〔 §←関与している_--〔・*に |*←_腫瘍性_転換{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_細胞《複数》_ 】┏┓。

〔 pentostatin《 Nipent® 》


- 概説 - :_抑制_する_【・*を |*← adenosine deaminase 】、《 もたらして_【・*を |*← deoxyadenosine  、及び、 deoxyadenosine 5+-triphosphate の 蓄積{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==¨ ∬ ¨(する)と考えられる 【 ∬=_抑制_する_【・*を |*← DNA 、又は、 RNA の 合成_【 ∬ して | ∬=_引き起こして_【・*を |*←_細胞_死 】 》 】┏┓。

- 用量、禁忌、相互干渉、使用上の注意 - :(原文をお読みください)

〔 chlorambucil《 Leukeran® 》


- 概説 - :ナイトロジェン・マスタード の 誘導体{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←二元機能性 の アルキル化 活性】━━、そして、形成する_【・*を |*←クロスリンク《複数》】、《 干渉して--【・*に |*← DNA_複製 、及び、 RNA_転写 、及び、 _翻訳_ 》 】┏┓。

- 用量、禁忌、相互干渉、使用上の注意 - :(原文をお読みください)

〔 fludarabine《 Fludara® 》


- 概説 - :ヌクレオチド_類縁体_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← vidarabine { ∬ (される)}¨ ⌒〔 ∬=転換される--【・*へ |*← 2-fluoro-ara-A { ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==入る--【・*に |*←〈その〉_細胞_】━━、そして、リン酸化され、形成する_【・*を |*←_活性的_代謝物 2-fluoro-ara-ATP { ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==_抑制_する_【・*を |*← DNA 合成 】┏┓。

- 用量、禁忌、相互干渉、使用上の注意 - :(原文をお読みください)

〔 alemtuzumab《 Campath® 》


- 概説 - :ヒト化_モノクロナル抗体_{☆に対する}¨ ⌒〔 ☆← CD52_抗原_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==存在する--【・*の上に |*← B-細胞《複数》、T-細胞《複数》 、及び、 ほぼ全ての_慢性`リンパ球性`白血病__細胞《複数》_ 】┏┓。    結合する_【・*に |*←〈その〉 CD52_レセプタ_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉リンパ球《複数》】━━、そして、このこと が 遅らせる_【・*を |*←〈その〉増殖{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_白血球《複数》 】┏┓。

- 用量、禁忌、相互干渉、使用上の注意 - :(原文をお読みください)

〔 rituximab《 Rituxan® 》


- 概説 - :_ヒト化__マウス__モノクロナル抗体_{☆に対する}¨ ⌒〔 ☆← CD20《 B −細胞上に存在している_抗原_ 》】__ : ___慢性`リンパ球性`白血病__細胞《複数》__は ¨※¨である 【・※←_典型的には_CD20(dim)《_弱陽性_》 】┏┓。    --【・*の理由から |*←_低__レベル_ の CD20 発現】━━、増加した_用量_ の rituximab__ が ¨ ∬ ¨(である)ことがある 【 ∬=¨※¨である 【・※←必要 】┏┓。    結合する_【・*に |*← CD20 {☆の上の}¨ ⌒〔 ☆←リンパ球《複数》】━━、そして、_誘発する_【・*を |*←アポトーシス】━━、そして、開始する_【・*を |*←_補体`仲介性_殺作用{☆に対する}¨ ⌒〔 ☆←結合した_細胞《複数》_ 】┏┓。

- 用量、禁忌、相互干渉、使用上の注意 - :(原文をお読みください)

〔 ofatumumab《 Arzerra® 》


- 概説 - :_抗− CD20 ヒト_モノクロナル抗体_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==_抑制_する_【・*を |*← B −細胞`活性化--【・*で(段階) |*←_早期__ステージ_《複数》 】┏┓。    適応がある--【・*に対して |*←_慢性`リンパ球性`白血病_{§(の性質の)}¨ ⌒〔 §←_治療−抵抗性__--〔・*に |*← fludarabine 、及び、 alemtuzumab 】┏┓。    _有効性_ は 基づく--【・*に |*←_客観的`奏効《複数》 】┏┓。    _改善_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_病気_ 、又は、 _症状_《複数》】━━ 、又は、 増加した_生存___ は 立証されていない┏┓。

- 用量、禁忌、相互干渉、使用上の注意 - :(原文をお読みください)


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Antineoplastic Agents

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

資料 A


資料名=ACS('06/3)


American Cancer Societyのホームページ
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ
(原資料の更新時期=Feb.9, 2006 )

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

化学療法


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

化学療法の全般

化学療法は¨化学療法剤 ※ ¨【 ※←静脈、筋肉、脳脊髄液、経口で投与される¨(〔☆〕のために )¨〔 ☆=がん細胞を破壊したりコントロールすること 〕 】を使用することである。 ¨(〔※〕の時以外は→≫ )¨〔 ※=脳脊髄液から投与される(時以外は) 〕、≫これらの薬は血液循環に入り、身体の全ての領域へ到達するため、化学療法は☆のために有用である〔 ☆=白血病のような、身体全体に拡大するタイプのがんの治療 〕。   白血病の治療には、しばしば、いくつかの化学療法の併用レジメンを、一定の期間投与する。

化学療法の内容

chlorambucil (Leukeran)、及び、fludarabine (Fludara) が¨化学療法剤 ※ ¨である〔 ※←慢性リンパ球性白血病の治療のために最も一般的に使用される 〕。

化学療法の副作用

下記のリンク先の記述を参考にしてください。

化学療法の副作用の全般

(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

モノクロナル抗体


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

モノクロナル抗体は、¨抗体 ※ ¨に類似している〔 ※=もともと身体の免疫システムにより、感染症と戦うために産生される 〕。   これらの物質の間の差は、※ということである〔 ※=モノクロナル抗体は体外で調製される¨(〔☆〕のために )¨〔 ☆=特定のタイプのがん細胞と選択的に反応する 〕 〕。   このことは、患者さんの免疫システムが※するのを助ける〔 ※=がん細胞と反応し、それを破壊 〕。

alemtuzumab ( Campath )は、最初の¨モノクロナル抗体 ※ ¨である〔 ※←慢性リンパ球性白血病治療用として認可された 〕。   これは、¨患者さん ※ ¨〔 ※←慢性リンパ球性白血病で、標準的な化学療法が奏効しなくなったケースの 〕の治療のために使用される。 投与は、静脈注射により、毎日、又は、1 週間に数回行われる。 主要な副作用は、発熱、及び、注射時の悪寒である。 Campath を使用すると、感染症が起きることがある、¨(〔※〕だから )¨【 ※=この薬が、¨リンパ球 ☆ ¨に対して働く〔 ☆←正常な、感染症と戦うリンパ球も含めた 〕 】。

rituximab ( Rituxan )は、¨モノクロナル抗体 ※ ¨である〔 ※←一定のタイプの非ホジキンリンパ腫に対する治療用として認可されている 〕。   この薬は、慢性リンパ球性白血病の治療用としても有用である。 投与時に発熱を起こす可能性があること以外には、この薬にはあまり副作用がない。 一つの問題は起きることがある¨(〔※〕に於いて )¨〔 ※=白血球数が非常に高い患者さん 〕。   この薬が、がん細胞を殺すのがあまりにも速いため、身体が※することが困難になる〔 ※=死滅したがん細胞の分解産物を処理する 〕。   稀に、このことは腎障害の原因となる。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

放射線療法


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

放射線療法は通常は、慢性リンパ球性白血病に対する主要な治療法ではない。 しかし、一定の状況では使用されることがある。 患者さんは、症状を表すことがある、¨(もし〔※〕なら )¨〔 ※=腫大した臓器(腫大した脾臓のような)が、他の臓器を圧迫する 〕。   胃への圧力は食欲に影響することがある。 ¨(もし〔※〕なら→≫ )¨〔 ※=これらの症状が化学療法で改善されない 〕、≫放射線療法は、しばしば、良好な選択肢である。 放射線療法は、※による痛みの治療にも有用である〔 ※=骨髄中の白血病細胞の成長による骨のダメージ 〕。   放射線療法は、時によって低用量で全身に照射される¨(〔※〕の直前に )¨〔 ※=幹細胞移植 〕。

放射線療法の主要な短期副作用は、※である〔 ※=日焼けのような、治療領域の皮膚の変化、疲労感、感染症に対する抵抗力の低下 〕。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

外科手術


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

¨(〔※〕だから→≫ )¨〔 ※=白血病細胞は骨髄やその他の多くの臓器に広く拡大する 〕、≫外科手術では、このタイプのがんの治癒はできない。 外科手術は、診断でもあまり役割を持たない、¨(〔※〕だから )¨【 ※=骨髄吸引液(骨髄から注射針とシリンジでサンプルを採取する)が通常は¨全部 ☆ ¨である〔 ☆←白血病を同定・分類するために必要な 〕 】。

脾臓摘出術

この手術は稀に実施される。 この手術は治癒目的ではない。

白血病が脾臓に拡大すると※につながることがある〔 ※=脾臓が腫大して、近くの臓器を圧迫するまでになり、症状を表す 〕。   ¨(もし〔※〕なら→≫ )¨〔 ※=放射線療法が効果がない 〕、≫脾臓摘出術が効果があることがある。

もう一つの¨理由 (※の)¨〔 ※=脾臓摘出術を考慮すること 〕は、血球数を改善することである。 脾臓の正常の機能の一つは、※である〔 ※=古くなった血液細胞を血液循環から除去すること 〕。   ¨(もし〔※〕なら→≫ )¨〔 ※=白血病や、その他の病気によって脾臓が過度に腫大する 〕、≫脾臓が過度に活性になることがある¨(〔☆〕する上で )¨〔 ☆=血液細胞を除去する 〕。   その結果、赤血球や血小板が不足することがある。 脾臓摘出術は、※を改善することがある〔 ※=赤血球や血小板数の低下 〕。

(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

その他の治療


幹細胞移植

(幹細胞移植については、下記の一般的な説明をご参照ください)

幹細胞移植

リスクグループごとの治療法


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

前書き

慢性リンパ球性白血病の患者さんのための治療選択肢は、非常に大きく異なる¨(〔※〕により )¨〔 ※=病気のステージの差や、症状が現れているかどうか 〕。   おそらく最も重要な要素は、リスクグループの決定である。 ¨(〔※〕だが→≫ )¨〔 ※=ステージ決めシステムが伝統的に使用されている 〕、≫細胞、及び、染色体の変化を検査することのほうが、より重要であると考えられる。 それ以上にさえ重要であるのは、※の検査であろう〔 ※=Zap-70 や CD38 〕。   これらの検査は、究極的には入手可能になるであろうが、今のところは、我々は※を使用するであろう〔 ※=標準的な分類 〕。

低リスクの慢性リンパ球性白血病

このグループの予後は、非常に良く、長期生存が期待される。 通常のアプローチは、直ちには治療を実施しないことである。 注意深く、頻繁なフォローアップ検査が勧められる。 治療が考慮されるのは、※や☆の場合である〔 ※=白血病が進行している徴候がある 〕〔 ☆=やっかいな症状が起きる 〕。   適応がある場合、初回の治療は、通常、化学療法である(次のセクションを参照のこと)。

中等度〜高リスクの慢性リンパ球性白血病

¨患者さん ※ ¨〔 ※←中等度、又は、高リスクの慢性リンパ球性白血病で、症状がない 〕の場合、直ちに治療を実施する必要がないことがある。 これらの患者さんは、※まで経過観察でよいことがある〔 ※=進行の徴候がある、又は、新しい症状の発生 〕。 このカテゴリーの患者さんの平均生存期間は、8〜 10 年間である。 しかし、一部の¨患者さん ※ ¨〔 ※←非常に高リスクの病気を有している 〕の場合、最良の治療は、早期の幹細胞移植であることがある。

特定の¨治療法 ※ ¨〔 ※← これまでに生存の改善が実際に示された〕はない。 過去に於いては、医者は、治療を※で始めた〔 ※=chlorambucil 〕。   この薬は経口剤であるため、服用が簡単である。 cyclophosphamide を代わりに使用することがある¨(もし〔※〕なら )¨〔 ※=chlorambucil が副作用を起こす 〕。 prednisone のようなステロイド( 複数 )を使用することもある。 しかし、これらが (*) どの程度有用であるのかは不明である。

(*)mougitaro 注:原文の前後関係があいまいですが、ステロイド( 複数 )のことであると考えられます。

最近、しかし、多くの医者は、※を最初の治療用として使用し始めた〔 ※=fludarabine 〕¨(特に〔☆〕に於いて )¨〔 ☆=若い患者さん 〕。   fludarabine は、より新しい¨化学療法剤 ※ ¨である〔 ※←慢性リンパ球性白血病に非常に有用であることが証明された 〕。   過去に於いては、腫瘍専門医は通常、fludarabine を¨慢性リンパ球性白血病 ※ ¨のために温存していた〔 ※←他の薬で治療された後に、再発した 〕。   最近の研究は見出した¨何を? ※¨【※←より多くの患者さんで、¨併用 ☆ ¨が奏効した〔 ☆=fludarabine + cyclophosphamide 〕¨(〔 § 〕よりも )¨〔 §=化学療法剤の他の併用法 〕 】。

過去に於いては、※が明確でなかった〔 ※=モノクロナル抗体(rituximab (Rituxan) や alemtuzumab)をどの時点で投与すべきか 〕。   ¨(〔※〕だから→≫ )¨〔 ※=これらの薬がより新しいものである 〕、≫これらの薬は、投与される¨(〔☆〕の後に )¨〔 ☆=他のより古い薬が奏効しなくなった 〕。   しかし、医者は※の研究を始めている【 ※= モノクロナル抗体を、慢性リンパ球性白血病の治療のより早い段階で使用すること¨(通常〔☆〕との併用で )¨〔 ☆=fludarabine、又は、cyclophosphamide、又は、その両方 〕】。   今では多くの専門家が勧めている¨何を? ※ ¨【 ※←慢性リンパ球性白血病のケースに対する最初の治療は、☆とすべきである〔 ☆=fludarabine + cyclophosphamide + rituximab 〕 】。

その他の併用レジメンも使用されることがある。 一部の医者は、cyclophosphamide を※と併用する〔 ※=doxorubicin、及び、その他の薬(vincristine や prednisone) 〕。   これらの薬は、静脈注射で投与する¨(〔※〕以外は )¨〔 ※=prednisone (経口で投与する) 〕。

fludarabine 使用に伴う問題の一つは、※である〔 ※=この薬が、自己免疫性溶血性貧血という症候群の原因となることがあること 〕。   この問題は、¨患者さん ※ ¨では普通約 5% でみられる〔 ※←慢性リンパ球性白血病の患者さんで、fludarabine での治療を受けていない 〕。   しかし、¨患者さん ※ ¨〔 ※←この問題をもともと持っていない 〕の場合、稀にこの問題が起きることがある¨(〔☆〕の時に )¨〔 ☆=fludarabine での治療を受けた 〕。   この場合の貧血は重症なことがある¨(〔※〕だから )¨〔 ※=身体が自分の赤血球を破壊する 〕。   rituximab による治療でこの貧血を回復できることがある。

その他の¨薬 ※ ¨〔 ※← fludarabine と同様な効果を示す 〕は、pentostatin、及び、cladribine (2-CdA) である。

¨(もし〔※〕なら→≫ )¨〔 ※=唯一の問題が、脾臓の腫大であったり、身体の一つの領域のリンパ節の腫大、である 〕、≫低用量放射線療法による局所的な治療がしばしば使用される。 脾臓摘出術が、もう一つの選択肢である¨(もし〔※〕なら )¨〔 ※=脾臓の腫大が症状の原因となっている 〕。

¨(もし〔※〕なら→≫ )¨〔 ※=非常に多数の白血病細胞が、正常な循環の妨げとなっている 〕、≫白血球アフェレーシスを化学療法の前に実施する。 この技術では、患者さんの血液を特殊な装置に通して白血球(白血病細胞も)を除き、それ以外の血液成分は患者さんの身体へ戻す。 この技術の利益は迅速であるが、一時的である。 化学療法は、細胞数には影響しないことがある¨(〔※〕までは )¨〔 ※=最初の化学療法剤の投与から数日後 〕。

前述の通り、幹細胞移植が一定の患者さんのためのもう一つの治療選択肢かも知れない。 しかし、この方法の有用性については未だ証明されていない。

慢性リンパ球性白血病の合併症の治療

慢性リンパ球性白血病は、他の血液成分に関する重要な問題の原因となることがある。 また、稀ではあるが、慢性リンパ球性白血病が※へ転換することがある〔 ※=他の、より攻撃的なタイプのがん 〕。   慢性リンパ球性白血病の治療そのものが※につながることがある〔 ※=他のがんの発症 〕。

上述の通り、fludarabine による治療がなくても、慢性リンパ球性白血病が患者さんの免疫システムを変えてしまうことがある¨(〔※〕のようなやり方で )¨〔 ※=免疫システムが、自分自身の身体の赤血球を攻撃したり(自己免疫性溶血性貧血)、血小板を攻撃したりする(免疫媒介の血小板減少症) 〕。   このような病気は、※によって治療する〔 ※=prednisone のようなコルチコステロイド 〕。

慢性リンパ球性白血病の最も重要な合併症の一つが、※である〔 ※=慢性リンパ球性白血病から高グレード、又は、攻撃的なタイプの非ホジキンリンパ腫(大細胞リンパ腫)への変化(転換) 〕。   この変化は※と呼ばれる〔 ※=Richter 症候群、又は、Richter 転換 〕。   これが起きた場合には、患者さんは、リンパ腫の治療を受けることになる。

稀に、慢性リンパ球性白血病が※へ転換することがある〔 ※=急性型のリンパ球性白血病 〕。   これが起きた場合、患者さんは、¨化学療法レジメン ※ ¨で治療を受けることになる〔 ※←急性リンパ性白血病の治療に使用される 〕。

急性骨髄性白血病は、¨患者さん ※ ¨〔 ※←慢性リンパ球性白血病の治療を受けた 〕でのもう一つの可能性のある合併症である。 chlorambucil のような薬は、¨ DNA (※の)¨〔 ※=造血細胞 〕にダメージを与える。 これらのダメージを受けた細胞が悪性化することがあり、¨急性骨髄性白血病 ※ ¨が発症することがある〔 ※←非常に攻撃的で治療が容易ではない 〕。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

ヘアリーセル白血病の治療


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

¨患者さん ※ ¨〔 ※←症状がみられない 〕には、治療はなされず、注意深い検査が行われる。 これらの検査は、数ヶ月ごとに実施する¨(〔※〕の目的で )¨〔 ※=がんの進行のチェックや、症状出現のチェック 〕。   一部の¨患者さん ※ ¨〔 ※←ヘアリーセル白血病の 〕は、長年生活することがある¨(〔☆〕なしに )¨〔 ☆=何の症状も、何の治療も 〕。

腫瘍専門医は、今は化学療法を勧める¨(〔※〕の場合 )¨〔 ※=ヘアリーセル白血病で、血液細胞数が低い患者さん 〕。   2 つの¨薬 ※ ¨〔 ※←この目的で使用される 〕は、cladribine (2-CdA) と pentostatinである。 これらの薬は、同等に有効で、副作用もあまりない¨(〔※〕以外は )¨〔 ※=血球数低下の副作用 〕。   最高 80% から 90% の患者さんが、これらの薬で奏効し、奏効は続く¨(〔※〕の間 )¨〔 ※=(75% の患者さんで) 5 年間以上 〕。

最近、医者たちは見つけた¨何を?→『 』¨『 rituximab を cladribine の後に投与すると、¨患者さん ※ ¨〔 ※←完全な奏効が得られていなかった 〕に於いて、病気を完全に除去する 』。   ¨(〔※〕だから→≫ )¨〔 ※=この病気はかなり稀な病気である 〕、≫あまりにも少ない患者さんしか rituximab による治療を受けておらず、☆かどうか分かっていない〔 ☆=rituximab が、長期的な治療結果に差をもたらすかどうか 〕。   ¨(もし〔※〕なら→≫ )¨〔 ※=慢性リンパ球性白血病が再発する 〕、≫第 2 コースの治療が通常、有効である。

稀であるが、¨患者さん ※ ¨〔 ※←化学療法が奏効しない 〕や、¨患者さん ☆ ¨〔 ☆←非常に腫大した脾臓(脾臓内で白血病細胞が成長した場合)によって不快である 〕の場合、脾臓を外科手術で切除することがある。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

原資料更新時期


Feb.9, 2006

********************
当ファイルの目次ページへ