目次《ジャンプ先で項目タイトルをクリックすれば、この目次に戻れます》


→トップページへ戻る


お手数ですが、もう一度下記のリンクをクリックしてください:

情報データベース(血液・リンパ系、骨髄)のトップページへ






《この資料の目次に戻るためには、上記の標題行をクリックしてください》

最新情報、アドバイス、当ファイル作成上の原則



最新情報のご案内


このファイルには、部位別に米国での現在の標準的な治療法に関する情報(の在処)を記述しています。最新情報は、関連の部位別情報データベース(このファイルの「トップページへ戻る」のリンクからジャンプ)の「治療ニュース、論文、総説」のところをご覧ください。

上記の項目には、欧米の約 50 の専門雑誌、学会報告、ニュース、などのサイトの最新号に於けるがんの治療に関する情報の在処を、可能なかぎり包括的にご紹介しています。決して、極々少数の記事だけを載せているようなものではありません。患者さんや家族さんのご参考にしていただけるものと思います。

********************
当ファイルの目次ページへ

アドバイス


治療を医者に決してお任せにならないことをお勧めします。このファイル(もし不十分でしたら、本やインターネットの他の資料)を勉強することで自ら状況を把握され、医者と対等に議論する姿勢を忘れないようにしてください。


********************
当ファイルの目次ページへ

当ファイル作成上の原則


複数の資料を参考にしてこのファイルを作成していきますが、各参考資料の内容を無理にまとめることはせず、原則として参考資料ごとに全て併記しておきます。重複したり、場合によっては資料間で矛盾しているように思われる場合があるかも知れませんが、データを残すことを重視しました。

********************
当ファイルの目次ページへ

疾患名 =急性骨髄性白血病( Acute myeloid leukemia = Acute myelogenous leukemia)



資料 B=急性骨髄性白血病 の 治療《eMedicine》(08/10)


資料名=eMedicine


このコーナーでは、上記の資料の内容の概略をご紹介しています。各ページには、当該ページに対応する原資料サイトのページへのリンクを設定してありますが、原資料サイト での ページ構成変更により、リンク切れとなっております場合は、本家サイトの

リンク集のページ

の、「情報の存在を ご紹介しているサイト」の項目に 当該原資料サイトへのリンクを収載しておりますので、そこからジャンプしてください。《当該原資料サイトには、当サイトでご紹介している以外にも豊富な情報が記載されておりますので、原資料サイトをご覧になることを強くお勧めします》

尚、このコーナーでご紹介しております原資料の日付は下記の通りです :

原資料更新時期=Jan 24, 2006 

本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

内科ケア


前書き


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事のおおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

現行の標準的な化学療法レジメン《複数》 は 治癒する--【・*を |*←わずかに少数部分の患者さん《複数》 】┏┓。    従って、評価すること--【・*を |*←全ての患者さん《複数》--【・*のために |*←¨参加{☆への}¨ ~~〔 ☆←良好にデザインされた臨床試験《複数》 】┏┓。    --【・もし『 』なら…|『〈一件の〉適切な臨床試験 が 存在しない 』】━━、〈その〉患者さん は ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=治療される--【・*により |*←¨標準的な治療{=『 』のような(右記)}¨=『以下に記述されている 』 】┏┓。


(記事のおおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Medical Care

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

急性骨髄性白血病 の 治療《急性前骨髄球性白血病を除く》


導入治療

本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事のおおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

さまざまな受け入れ可能的な導入レジメン《複数》_が ¨※¨である 【・※←実施可能 】┏┓。

〈その〉最も一般的なアプローチ_は ¨※¨である 【・※←「 3 and 7 」と呼ばれるもの】┏┓。    これ は 構成される--【・*から |*← 3 日間の¨15 〜 30 分間の点滴{☆の}¨ ~~〔 ☆←アントラサイクリン系化学療法剤《 idarubicin、又は、daunorubicin 》、又は、anthracenedione 《 mitoxantrone 》】、--【・*との併用で |*← 100mg / m2 の arabinosylcytosine (araC) 《 24 時間点滴 7 日間》 】┏┓。    idarubicin は 投与される--【・*で |*←¨用量{☆の}¨ ~~〔 ☆← 12mg / m2 /日 3 日間】━━、daunorubicin--【・*で |*← 45 〜 60mg / m2 /日 3 日間】━━、mitoxantrone--【・*で |*← 12mg / m2 /日 3 日間 】┏┓。(*)

(*)mougitaro 注:これらの用量は、米国人向けであると思われますので、ご注意ください。

これらのレジメン《複数》 は 必要とする--【・*を |*←十分な 心臓、肝臓、及び、腎臓の機能 】┏┓。

--【 ∬ (する)ことにより | ∬=使用する--【・*を |*←これらのレジメン《複数》 】━━、約 50%の患者さん《複数》 が 達成する--【・*を |*←寛解--【・*により |*← 1 コース 】┏┓。    それ以外の 10 〜 15%の患者さん《複数》 が 入る--【・*に |*←寛解--【・*の後に |*←〈一つの〉第 2 コースの治療 】┏┓。

代替的に、¨高用量 AraC 《 cytarabine 》{☆との併用での}¨ ~~〔 ☆← idarubicin、daunomycin、又は、mitoxantrone 】━━ が ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=使用される--【・*として |*←¨導入治療{☆に於ける}¨ ~~〔 ☆← より若年の患者さん《複数》 】┏┓。    ¨使用{☆の}{★の外での}¨ ~~〔 ☆←高用量 AraC 《 cytarabine 》~~〔 ★←臨床試験の状況設定】━━ は 見なされている【・※であると|※←論争的 】┏┓。    しかし、2 件の研究《複数》 が 示した--【・*を |*←改善された病気無し生存率《複数》--【・*に於いて |*← より若年の¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==受けた--【・*を |*←高用量 AraC 《 cytarabine 》--【・*の間に |*←導入治療 】┏┓。

(記事のおおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Medical Care

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

若年患者さん での 強化治療

本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事のおおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

--【・*に於いて… |*← 60 歳以下の患者さん《複数》】━━、¨治療選択肢《複数》{☆のための}¨ ~~〔 ☆←強化治療】━━ は 含む--【・*を |*←高用量 AraC 《 cytarabine 》、自家幹細胞移植、又は、他家幹細胞移植 】┏┓。

〔 高用量AraC《cytarabine》治療 〕


Mayer et al が 実施した--【・*を |*←〈一件の〉ランダム化 ¨研究{☆の}¨ ~~〔 ☆← 3 種類の異なる用量 での AraC 《 cytarabine 》投与--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ☆←急性骨髄性白血病~~〔 ¶==達成していた--【・*を |*←寛解--【・*の後に |*←標準的な「 3 and 7 」導入化学療法 】┏┓。    患者さん《複数》 は 受けた--【・*を |*← 4 コースの AraC 《 cytarabine 》投与--【・*で |*←以下の用量の いずれか一つの用量】 :

¨確率{ ∬ (する)ことの}{ ★ に於ける}¨ ~~〔 ∬=とどまる--【・*に |*←継続的な完全寛解--【・*の後に |*← 4 年間 】~~〔 ★← 60 歳以上の患者さん《複数》】━━_は ¨※¨であった 【・※← 24%《 100mg グループ》、29%《 400mg グループ、及び、44%《 3 g グループ 》 】┏┓。    ¨結果状況{☆に於ける}¨ ~~〔 ☆← より年配の患者さん《複数》】━━ は ¨ ∬ ¨しなかった 【 ∬=異なる (の否定)(の否定) 】┏┓。    --【・*に基づき… |*←この研究】━━、高用量 AraC 《 cytarabine 》の 4 サイクル実施_が ¨※¨である 【・※←〈一つの〉標準的な¨選択肢{☆のための}¨ ~~〔 ☆←¨強化治療{☆に於ける}¨ ~~〔 ☆← より若年の患者さん《複数》 】┏┓。

〔 幹細胞移植 〕


--【 ∬ (する)ことをすべく …| ∬=明らかにする--【・*を |*←〈その〉最良の ¨寛解後治療 {☆のための}¨ ~~〔 ☆← より若年の患者さん《複数》】━━、いくつかの大規模な、ランダム化 研究《複数》 が 比較して在る--【・*を |*←他家骨髄移植、自家骨髄移植、及び、骨髄移植無し での 化学療法 】┏┓。    残念ながら、¨結果《複数》{☆の}¨ ~~〔 ☆←これらの研究《複数》】━━_は ¨※¨である 【・※←首尾一貫的でない 】┏┓。

いくつかの研究《複数》 は 示唆する--【・*を |*←〈一つの〉¨利点{☆による}¨ ~~〔 ☆←骨髄移植】 :


いくつかのその他の研究《複数》 は 失敗した--【 ∬ (する)ことを | ∬=示す--【・*を |*←如何なる¨利点{☆による}¨ ~~〔 ☆←骨髄移植 】┏┓。

--【・*を考慮すれば… |*←これらの首尾一貫しない結果《複数》】━━、〈その〉以下の推奨《複数》 が ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=なされる】 :



(記事のおおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Medical Care

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

年配の患者さん での 強化治療

本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事のおおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

何も無い( no )標準的な強化治療 〕━━ が 存在する(の否定)--【・*のために |*←¨患者さん《複数》{§(の性質の)}¨ ~~〔 §← 60 歳超 】┏┓。    選択肢《複数》 は 含む--【・*を |*←〈一つの〉臨床試験¨高用量 AraC 《 cytarabine 》{☆に於ける}¨ ~~〔 ☆←選択された患者さん《複数》】繰り返しての¨コース《複数》{☆の}¨ ~~〔 ☆←標準的な用量のアントラサイクリン系化学療法剤 + AraC 《 cytarabine 》《2 and 5(*)》 】┏┓。    選択された患者さん《複数》 は ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=考慮される--【・*を |*←自家幹細胞移植、又は、骨髄非破壊的な他家移植 】┏┓。

(*)アントラサイクリン系化学療法剤 2 日間 + AraC 《 cytarabine 》 5 日間のペース での 投与。

〔 骨髄非破壊的な他家移植 〕


--【・『 』であるが…|『他家幹細胞移植_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉潜在的に治癒的な¨治療選択肢{☆のための}¨ ~~〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ~~〔 ☆←急性骨髄性白血病 』】━━、全ての年齢グループ《複数》 は 持つ--【・*を |*←〈一つの〉有意な¨リスク{☆の}¨ ~~〔 ☆←¨死亡{☆からの}¨ ~~〔 ☆←〈その〉治療法 】┏┓。    ¨リスク{☆の}¨ ~~〔 ☆←死亡】━━ は 増加する--【・*と共に |*←年齢】、--【・特に*に於いて |*←¨患者さん《複数》{§(の性質の)}¨ ~~〔 §← 40 歳よりも年長 】┏┓。    しかし、〈その〉¨中央値での年齢{☆の}¨ ~~〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ~~〔 ☆←急性骨髄性白血病】━━_は ¨※¨である 【・※← 65 歳】__ : __従って、わずかに小さな比率の¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ~~〔 ☆←急性骨髄性白血病】━━_が ¨※¨である 【・※←¨候補者《複数》{☆のための}¨ ~~〔 ☆←そのような攻撃的な治療 】┏┓。

--【・*に引き続いて… |*←焼灼的な他家幹細胞移植】━━、死亡 は 起きる--【・*の理由から |*←敗血症、出血、直接的な臓器毒性《 特に肝臓に影響する毒性 : つまり肝静脈 閉塞症 》、及び、移植片 対 宿主 病《 GVHD 》 】┏┓。    --【 ∬ (する)ための試みとして | ∬=低下させる--【・*を |*←これらの毒性《複数》 】━━、数名の研究者《複数》 が 開発して在る--【・*を |*←新しい、 より低毒性の¨移植前~処置レジメン《複数》{ ∬ (される)}¨ ⌒〔 ∬=知られている--【・*として |*←骨髄非破壊的な移植《複数》、又は、ミニ−移植《複数》 】┏┓。    これらの移植《複数》 は 使用する--【・*を |*←¨前処置薬《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==¨※¨である 【・※←免疫抑制的--【 ∬ (する)ことのために | ∬=可能にさせる--【・*を |*←ドナー細胞の生着--【・*により |*← より低い直接的な臓器毒性--【・*よりも |*←標準的な移植の場合 】┏┓。    ¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==受ける--【・*を |*←これらの移植《複数》 】━━ は 、また、持つ--【・*を |*← より少ない重症の急性~移植片~対~宿主 病《 GVHD 》--【・*よりも |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==受ける--【・*を |*←標準的な移植《複数》 】┏┓。    これらの 2 つの要因《複数》 は もたらす--【・*を |*←〈一つの〉 100 日目の死亡率として 10%未満 】┏┓。

¨忍容性{☆の}¨ ⌒〔 ☆←これらのレジメン《複数》】━━ は 可能にさせる--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽← 70 歳以下の患者さん《複数》| ∬=受ける--【・*を |*←移植 】┏┓。    しかし、¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==受ける--【・*を |*←骨髄非破壊的な移植《複数》 】━━でも、依然として 発症する--【・*を |*←慢性の移植片~対~宿主 病《 GVHD 》】、《[ そして]これは ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=¨※¨である 【・※←生命に関わる的》 】┏┓。    加えるに、¨再発率《複数》{☆の後の}¨ ⌒〔 ☆←骨髄非破壊的な移植】━━ は ¨ ∬ ¨(する)ようである 【 ∬=¨※¨である 【・※← より高い--【・*よりも |*←標準的な移植の場合 】┏┓。    更なる研究《複数》 が 進展中である--【 ∬ (する)ことのために | ∬=決める--【・*を |*←〈その〉ベストな¨役割{☆の}¨ ⌒〔 ☆←これらの移植《複数》--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←急性骨髄性白血病 】┏┓。


(記事のおおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Medical Care

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

急性前骨髄球性白血病の治療


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事のおおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

急性前骨髄球性白血病_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉特殊な¨サブタイプ{☆の}¨ ⌒〔 ☆←急性骨髄性白血病 】┏┓。    急性前骨髄球性白血病 は 異なる--【・*から |*←その他のサブタイプの急性骨髄性白血病--【・『 』という点で…|『患者さん《複数》 は 、平均的に、¨※¨である 【・※← より若年《 中央値での年齢 40 歳 》】━━、そして、最も しばしば 呈する--【・*を |*←汎血球~減少症--【・*よりも |*←上昇した白血球~数《複数》 』】┏┓。    実際の所、¨白血球~数{§(の性質の)}¨ ⌒〔 §← 5,000 細胞《複数》/μ L 《病気現出 時点で》 】━━ は 伴う--【・*を |*←〈一つの〉劣った予後 】┏┓。

急性前骨髄球性白血病_は ¨※¨である 【・※←〈その〉¨サブタイプ{☆の}{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ☆←急性骨髄性白血病⌒〔 ¶==最も一般的に伴う--【・*を |*←¨凝血異常{☆による}¨ ⌒〔 ☆←播種性~血管内凝固~症候群《 DIC 》、及び、線維素~溶解 】┏┓。    従って、攻撃的なサポートケア_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉重要な¨成分{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←急性前骨髄球性白血病 】┏┓。    血小板《複数》 が ¨ ∬ ¨べきである 【 ∬=輸血される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=維持する--【・*を |*←〈一つの〉血小板数 少なくとも 30,000 /μ L《 出来れば 50,000 /μ L 》 】┏┓。    投与すること--【・*を |*←寒冷沈降物~製剤--【・*に |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==フィブリノゲン・レベル_が ¨※¨である 【・※← 100g / dL 未満 】┏┓。

…(中略:急性前骨髄球性白血病の診断)…

--【・*に… |*← 1980 年代】━━、¨レポート《複数》{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←中国、フランス、及び、米国】━━ が 示した--【・『 』ということを… |『大部分の¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←急性前骨髄球性白血病】━━ は ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=入る--【・*に |*←寛解--【・*により |*← ATRA 単剤治療 』 】┏┓。    残念ながら、--【・*無しでは… |*←更なる治療】━━、これらの寛解《複数》_は ¨※¨であった 【・※←短期的なもの 】┏┓。    加えるに、〈一つの〉新しい毒性であるレチノイン酸~症候群 が 発見された┏┓。    〈その〉レチノイン酸~症候群 は 結果として生じる--【・*から |*←¨分化{☆の}{★への}¨ ⌒〔 ☆←白血病性の前骨髄球性~細胞《複数》⌒〔 ★←成熟した多核細胞《複数》】━━、そして、それ は 特徴づけられる--【・*により |*←発熱、体重減少、胸膜・心嚢滲出液、及び、呼吸~窮迫 】┏┓。    〈その〉症候群 は 起きる--【・*に於いて |*←約 25%の患者さん《複数》】━━、そして、過去に於いては、それ_は ¨※¨であった 【・※←生命に関わる的--【・*に於いて |*← 9%の患者さん《複数》 】┏┓。

その後、〈その〉早期の¨追加{☆の}¨ ⌒〔 ☆←化学療法】━━ が もたらした--【・*を |*←〈一つの〉¨低下{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←¨死亡《複数》{☆による}¨ ⌒〔 ☆←レチノイン酸~症候群 】┏┓。    研究《複数》 は 、また、示して在る--【・『 』ということを… |『¨追加{☆の}{★への}¨ ⌒〔 ☆←化学療法《 idarubicin + AraC 《 cytarabine 》 》⌒〔 ★← ATRA 】━━ は もたらす--【・*を |*←寛解《複数》--【・*に於いて |*← 90%超の患者さん《複数》 』 】┏┓。    これらの患者さん《複数》の 70%に達する人《複数》_は ¨※¨である 【・※←長期的な克服者さん《複数》 】┏┓。

現在、〈その〉最も標準的なアプローチ_は ¨※¨である 【・※←¨併用{☆の}¨ ⌒〔 ☆← ATRA + アントラサイクリン系化学療法剤−ベースの化学療法 】┏┓。    化学療法_は ¨※¨である 【・※←最も効果的な--【 ∬ (された)場合に∬=追加された--【・早期に--【・*に於いて |*←導入治療《 つまり第 3 日に 》--【・*よりも |*←完全寛解の達成後 】┏┓。    開始すること--【・*を |*←化学療法--【・*に |*←治療の第 1 日--【・*のためには |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←高い白血球数《 例えば 5,000 /μ L 超 》 】┏┓。    --【・いったん『 』したら…|『¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←急性前骨髄球性白血病】━━_が ¨※¨となる 【・※←寛解状態 』】━━、〈その〉標準的なアプローチ_は ¨※¨である 【・※←¨強化治療{☆による}¨ ⌒〔 ☆← 2 コースの idarubicin + AraC 《 cytarabine 》 】┏┓。    ¨維持療法{☆による}¨ ⌒〔 ☆← ATRA、6-MP、及び、methotrexate 】━━_は ¨※¨である 【・※←効果的--【 ∬ (する)ことに於いて | ∬=予防する--【・*を |*←再発《複数》 】--【・*と比較して |*←維持療法無しの場合 】《 但し、〈その〉最適な¨スケジュール{☆の}¨ ⌒〔 ☆←この治療】━━ は 未だ 決定していない 》 ┏┓。

¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==再発する 】━━ は ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=治療される--【・*により |*←化学療法 + ATRA 】--【・*によっては |*←■_¨持続期間{☆の}¨ ⌒〔 ☆←彼らの最初の寛解】|-そして-|■_心臓の状況 】┏┓。    arsenic trioxide_は 、また、¨※¨である 【・※←高度に活性的 】┏┓。    arsenic trioxide は もたらす--【・*を |*←完全寛解--【・*に於いて |*← 85%の患者さん《複数》 】┏┓。    毒性《複数》 は 含む--【・*を |*← APL 分化症候群《 ATRA で見られるものと同様 》、白血球‐増加症、及び、ECG の異常 】┏┓。    評価すること--【・*を |*←¨患者さん《複数》{☆の状態にある}¨ ⌒〔 ☆← 2 番目の寛解--【・*のために |*←他家幹細胞移植、又は、自家幹細胞移植 】┏┓。

より新しい研究《複数》 は 調べつつある--【・*を |*←¨必要性{☆の}¨ ⌒〔 ☆← AraC 《 cytarabine 》《 つまり、idarubicin + ATRA だけによる治療の可能性 》--【・*に於いて |*←新たに診断された患者さん《複数》 】┏┓。    例えば、〈その〉 GIMEMA AIDA レジメン《 idarubicin 12mg / m2 を第 2、4、6、日、と、毎日 1 回の ATRA 45mg / m2 を寛解まで続ける 》━━ は もたらす--【・*を |*←寛解--【・*に於いて |*← 95%の患者さん《複数》 】┏┓。

もう一つの傾向_は ¨※¨である 【・※←¨開発{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨リスク−調整‐アプローチ《複数》{☆への}¨ ⌒〔 ☆←強化治療 】┏┓。    --【・*に於いて… |*← Programa para el Estudio de la Terapeutica en Hemopatia Maligna (PETHEMA) study 】━━、¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←中等度、及び、高い再発リスク《 つまり、治療開始前の白血球数 10,000 /μ L 超、又は、血小板数 40,000 /μ L 未満 》】━━ が 受けた--【・*を |*← 3 コースの¨強化治療{☆による}¨ ⌒〔 ☆← ATRA + 増加用量のアントラサイクリン系化学療法剤《 idarubicin 第 1 月、mitoxantrone 第 2 月、idarubicin 第 3 月 》 】┏┓。

その他の研究領域《複数》 は 含む--【・*を |*←■_¨使用{☆の}¨ ⌒〔 ☆← arsenic trioxide--【・*に於いて |*←第一線治療《 化学療法を併用の場合あり 》|-そして-|■_¨使用{☆の}{★としての}¨ ⌒〔 ☆← gemtuzumab ozogamicin ⌒〔 ★←強化治療 】┏┓。


(記事のおおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Medical Care

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

再発性の急性骨髄性白血病の治療


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事のおおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←再発性の急性骨髄性白血病】━━_は 持つ--【・*を |*←〈一つの〉非常に劣った予後 】┏┓。    大部分の患者さん《複数》 は ¨ ∬ ¨べきである 【 ∬=紹介される--【・*へ |*←研究段階の治療《複数》 】┏┓。    若年の¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==以前に受けて在らない--【・*を |*←幹細胞移植 】━━ は ¨ ∬ ¨べきである 【 ∬=紹介される--【・*へ |*←そのような治療 】┏┓。

Estey 等 は 報告した【・『 』ということを… |『¨チャンス《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆← ∬ すること | ∬=得る--【・*を |*←〈一つの〉 2 度目の寛解 --【・*により |*←化学療法━━ は 強度に関連する--【・*に |*←¨持続期間{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉最初の寛解 』 】┏┓。    ¨患者さん《複数》{☆を示した}¨ ⌒〔 ☆←初回の完全寛解の期間 2 年間超】━━_は 持った--【・*を |*←〈一つの〉 73%の完全寛解率--【・*により |*←初回の救助《サルベージ》治療 】┏┓。    ¨患者さん《複数》{☆を示した}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉初回の完全寛解‐期間 1 〜 2 年間】━━_は 持った--【・*を |*←〈一つの〉完全寛解率 47%--【・*により |*←初回の救助《サルベージ》治療 】┏┓。    ¨患者さん《複数》{☆を示した}{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉初回の完全寛解‐期間 1 年間未満《 又は、完全寛解が得られなかった 》⌒〔 ¶==持った--【・*を |*←〔何も無い( no )¨反応{☆への}¨ ⌒〔 ☆←最初の救助《サルベージ》治療 〕】━━、そして、受けた--【・*を |*←〈一つの〉 2 番目、又は、それ以降の救助《サルベージ》治療 】━━_は 持った--【・*を |*←奏効率 0% 】┏┓。    これらのデータ は 強調する--【・*を |*←¨必要性{ ∬ (する)ことの}¨ ⌒〔 ∬=開発する--【・*を |*←新しい¨治療選択肢《複数》{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←これらの患者さん《複数》 】┏┓。


(記事のおおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Medical Care

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

より新しい治療


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事のおおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

〔 gemtuzumab ozogamicin 〕


gemtuzumab ozogamicin_は ¨※¨である 【・※←¨モノクロナル抗体{☆に対する}{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ☆← CD33《 〈一つの〉¨分子{§(の性質の)}¨ ⌒〔 §←存在している--【・*の上に |*←大部分の急性骨髄性白血病‐細胞《複数》】━━、しかし、存在していない--【・*の上には |*←正常な幹細胞《複数》 】 》⌒〔 ¶==結合している--【・*に |*← calicheamicin 《 〈一つの〉強力な化学療法‐分子 》 】┏┓。    gemtuzumab ozogamicin は 現在 認可されている--【・*により |*←〈その〉米国 FDA--【・*のために |*←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ☆← CD33 −陽性の急性骨髄性白血病⌒〔 ¶==最初の寛解にあり、60 歳以上であり、見なされない--【・*として |*←¨候補者《複数》{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←その他の細胞毒性的な化学療法 】┏┓。

Sievers は 報告した--【・*を |*←¨結果《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆← gemtuzumab ozogamicin の¨投与{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆← 142 名の¨患者さん《複数》{☆を有する}{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ☆←急性骨髄性白血病⌒〔 ¶==¨※¨であった 【・※←最初の再発状態】━━、そして、持っていなかった--【・*を |*←¨歴史{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉それ以前の血液学的な疾患 】┏┓。    16%の患者さん《複数》 は 得た--【・*を |*←〈一つの〉正式な完全奏効 】┏┓。    それ以外の 13%の患者さん《複数》 は 合致した--【・*に |*←¨基準{☆の}¨ ⌒〔 ☆←完全奏効】━━、しかし、得なかった--【・*を |*←〈その〉必要とされる血小板‐回復 】┏┓。    毒性 は 含んだ--【・*を |*←点滴反応《複数》、骨髄抑制、及び、肝毒性 】┏┓。

その後の研究《複数》 が 示して在る【・『 』ということを… |『¨使用{☆の}{★の前、又は、後 での }¨ ⌒〔 ☆← gemtuzumab ozogamicin ⌒〔 ★←幹細胞移植】━━ は 伴う--【・*を |*←〈一つの〉増加した¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←中心静脈‐閉塞症《 VOD 》 』 】┏┓。    追加的な研究《複数》 は 示して在る--【・『 』ということを… |『中心静脈‐閉塞症《 VOD 》 は 起きる--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==受ける--【・*を |*← gemtuzumab ozogamicin 】━━、しかし、受けない--【・*を |*←幹細胞移植 】 』 】┏┓。     より新しい研究《複数》 が 調べつつある--【・*を |*←¨使用{☆の}{★と併用 での、及び、▼に於ける }¨ ⌒〔 ☆← gemtuzumab ozogamicin ⌒〔 ★←その他の化学療法剤《複数》⌒〔 ▼←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←新たに診断された急性骨髄性白血病 】┏┓。    --【・『 』であるが…|『 gemtuzumab ozogamicin_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉活性的な薬 』】━━、〈その〉奏効率_は ¨※¨である 【・※← より低い--【・*よりも |*←¨奏効率{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==得られる--【・*により |*←標準的な「 3 and 7 」化学療法 】┏┓。

〔 研究段階の治療《複数》 〕


いくつかの新しい薬《複数》 が 現在¨※¨である 【・※←臨床試験中 】┏┓。    〈その〉 2 つの最も有望的な分野《複数》_は ¨※¨である 【・※← farnesyl transferase 抑制薬《複数》、及び、¨薬《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==標的する--【・*を |*← FLT3 】┏┓。



(記事のおおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Medical Care

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

サポートケア


血液代用製品

本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事のおおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←急性骨髄性白血病】━━_は 持つ--【・*を |*←〈一つの〉¨障害{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←¨能力{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=産生する--【・*を |*←正常な血液細胞《複数》 】━━、そして、従って、必要とする--【・*を |*←補給治療 】┏┓。    ¨追加{☆の}¨ ⌒〔 ☆←化学療法】━━ は 一時的に悪化させる--【・*を |*←この障害 】┏┓。    全ての血液製品《複数》 は ¨ ∬ ¨べきである 【 ∬=照射される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=予防する--【・*を |*←輸血に伴う¨移植片対宿主病{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==¨※¨である 【・※←ほとんど常に生命に関わる的 】┏┓。

濃厚‐赤血球 が 投与される--【・*に |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←■_〈一つの〉ヘモグロビン‐レベル 7 〜 8g / dL 未満】|-又は-|■_ より高いレベル《 --【・もし『 』なら…|『〈その〉患者さん が 持つ--【・*を |*←顕著な心臓血管系、又は、呼吸器系の機能低下 』】 》 】┏┓。

血小板《複数》 が ¨ ∬ ¨べきである 【 ∬=輸血される--【・もし『 』なら…|『〈その〉レベル_が ¨※¨である 【・※← 10,000 〜 20,000 細胞《複数》/μ L 』】┏┓。    ¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←肺、又は、消化管系の出血】━━ は ¨ ∬ ¨べきである 【 ∬=受ける--【・*を |*←血小板‐輸血《複数》--【 ∬ (する)ことのために | ∬=維持する--【・*を |*←〈一つの〉 50,000 細胞《複数》/μ L 超の値 】┏┓。    ¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←中枢神経系の出血】━━ は ¨ ∬ ¨べきである 【 ∬=輸血される--【・『 』まで…|『彼ら が 達成する--【・*を |*←〈一つの〉血小板カウント 100,000 細胞《複数》/μ L 』】┏┓。    ¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←急性前骨髄球性白血病】━━ は ¨ ∬ ¨べきである 【 ∬=維持する--【・*を |*←彼らの血小板カウント--【・*に |*← 50,000 細胞《複数》/μ L--【・少なくとも『 』までは…|『¨証拠{☆の}¨ ⌒〔 ☆←播種性‐血管内‐凝固‐症候群 が 消失して在る 』】┏┓。

新鮮‐凍結‐血漿《 FFP 》 が ¨ ∬ ¨べきである 【 ∬=投与される--【・*に |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉有意に長くなったプロトロンビン時間】━━、そして、寒冷沈降物《クリオ》‐製剤 が ¨ ∬ ¨べきである 【 ∬=投与される--【・もし『 』なら…|『〈その〉フィブリノゲン・レベル_が ¨※¨である 【・※← 100g / dL 未満 』】┏┓。


(記事のおおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Medical Care

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

抗生物質

本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事のおおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

静注の抗生物質 が ¨ ∬ ¨べきである 【 ∬=投与される--【・*に |*←全ての 発熱‐患者さん《複数》 】┏┓。

最低限、抗生物質 は ¨ ∬ ¨べきである 【 ∬=含む--【・*を |*←¨広域スペクトラムのカバー{=『 』のような(右記)}¨=『提供される--【・*により |*←第三世代のセファロスポリン《 vancomycin を追加する場合もあり 》 】┏┓。

--【・*に加えて… |*←上記の最小限】━━、追加的な抗生物質 が ¨ ∬ ¨べきである 【 ∬=投与される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=治療する--【・*を |*←特定的な 立証された、又は、疑われる感染症《複数》 】┏┓。

¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←執拗的な¨発熱{☆の後の}¨ ⌒〔 ☆←抗菌性の抗生物質による 3 〜 5 日間の治療】━━ は ¨ ∬ ¨べきである 【 ∬=受ける--【・*を |*←抗‐真菌‐抗生物質 】┏┓。    過去に於いては、amphotericin _が ¨※¨であった 【・※←〈その〉標準的な 抗‐真菌‐抗生物質 】┏┓。    ¨患者さん《複数》{☆を有する、が、★を有しない}¨ ⌒〔 ☆←発熱⌒〔 ★←感染‐病巣】━━ は 受けた--【・*を |*← amphotericin 《 用量 0. 5mg / kg 》 】┏┓。    ¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←副鼻腔‐肺‐症状《複数》】━━ は 受けた--【・*を |*← 1 mg / kg 】┏┓。    過去 数年間に、いくつかの抗‐真菌薬《複数》 が ¨※¨となってきて在る 【・※←使用可能 】┏┓。    これら は 含む--【・*を |*←〈その〉脂質製剤の amphotericin 、 より新しい azole 《複数》《 voriconazole 》、及び、〈その〉 echinocandin 《 複数》《 caspofungin、及び、micafungin 》 】┏┓。    これらの薬《複数》 は 持つ--【・*を |*←さまざまな¨役割《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←好中球‐減少症的な¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←疑われる、又は、証明された 真菌‐感染症《複数》 】┃。

¨使用{☆の}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆←予防使用の抗生物質⌒〔 ★←好中球‐減少的な¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==¨※¨ではない 【・※←発熱している(の否定) 】━━_は ¨※¨である 【・※←論争的】__ : __しかし、多くの医者《複数》 は 処方する--【・*を |*←そのような抗生物質《複数》--【・*に |*←¨患者さん《複数》{ ∬ ((を)している)}¨ ⌒〔 ∬=受けている--【・*を |*←導入治療 】┏┓。    〈一つの〉広く使用されるレジメン_は ¨※¨である 【・※← ciprofloxacin 500mg を経口で毎日 2 回、fluconazole 200mg を経口で毎日 1 回、及び、acyclovir 200mg を経口で毎日 5 回 】┏┓。

--【・いったん『 』したら…|『¨患者さん《複数》{ ∬ ((を)していた)}¨ ⌒〔 ∬=受けていた--【・*を |*←これらの抗生物質《複数》 】━━ が ¨※¨となる【・※←発熱性 』】━━、〈その〉レジメン は 変更される--【・*へ |*←静注の¨抗生物質《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==上述されている 】┏┓。

allopurinol 300mg が ¨ ∬ ¨べきである 【 ∬=投与される--【・1 日に 1 〜 3 回--【・*の間ずっと |*←導入治療--【・*まで |*←■_¨除去{☆の}¨ ⌒〔 ☆←芽細胞《複数》】|-そして-|■_¨解消{☆の}¨ ⌒〔 ☆←高‐尿酸‐血症 】┏┓。    --【・*のためには… |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==¨ ∬ ¨ことができない 【 ∬=忍容する--【・*を |*←経口の薬物療法《複数》(の否定) 】━━、静注の¨薬《複数》{☆のような}¨ ⌒〔 ☆← rasburicase 】━━_が ¨※¨である 【・※←〈一つの〉選択肢 】┏┓。


(記事のおおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Medical Care

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

成長因子

本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事のおおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

いくつかの¨ランダム化 研究《複数》{ ¶ ところの}__ が 実施されて在る⌒〔 ¶==試みた--【 ∬ (する)ことを | ∬=決める--【・*を |*←¨効果{☆の}{★への}¨ ⌒〔 ☆←成長因子《複数》⌒〔 ★←導入治療 】┏┓。

--【・*に於いて… |*←〈一件の〉日本 での 研究】━━、¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←劣ったリスクの急性‐白血病】━━ が ランダム化に受けた--【・*を |*←※の いずれか |※←顆粒球コロニー刺激因子《 G-CSF 》《 E.coli 由来の 》、又は、当該薬無し 】┏┓。    ¨患者さん《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉 G-CSF グループ】━━_は 持った--【・*を |*←■_〈一つの〉 より早い 好中球‐回復--【・*よりも |*←¨患者さん《複数》{ ∬ ((を)した)}¨ ⌒〔 ∬=受けた--【・*を |*←〔何も無い( no )薬 〕 《 20 日後28 日後 》】|-そして-|■_減少した発熱日数《 3 日間7 日間 》|-そして-|■_ より少ない立証された感染症《複数》 】┏┓。    〔何も無い( no )¨有意差 〕{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←奏効率、又は、寛解‐持続期間】━━ が 観察された(の否定)--【・*の間に |*←〈その〉 2 グループ《複数》 】┏┓。

--【・*に於いて… |*←〈一件の〉フランス での ¨研究{☆の}¨ ⌒〔 ☆← G-CSF 】━━、¨期間の長さ{☆の}¨ ⌒〔 ☆←好中球‐減少症】━━_は ¨※¨であった 【・※← より短い《 21 日間27 日間 》】━━、そして、〈その〉完全寛解率_は ¨※¨であった 【・※← より高い《 70%47% 》》__ : __しかし、〈その〉全体的生存率 は 影響されなかった┏┓。

--【・*に於いて… |*←〈一件の〉 Southwestern Oncology Group による研究】━━、〈一つの〉減少 が 観察された--【・*について |*←好中球‐回復までの期間、及び、発熱日数】__ : __しかし、〔何も無い( no )¨差異 〕{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←完全寛解率】━━ が 観察された(の否定)--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{ ∬ ((を)した)}¨ ⌒〔 ∬=受けた--【・*を |*← G-CSF 】--【・*と比較して |*←薬無しのグループ 】┏┓。

その他のグループ《複数》 が 研究して在る--【・*を |*←¨効果{☆の}{★への}¨ ⌒〔 ☆←顆粒球・マクロファージコロニー刺激因子《 GM-CSF 》⌒〔 ★←導入治療 】┏┓。

--【・*に於いて… |*←〈一件の〉 Eastern Cooperative Oncology Group による¨研究{☆の}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆←イースト由来の GM-CSF ⌒〔 ★←年配の¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←急性骨髄性白血病】━━、〔何も無い( no )有意な¨増加 〕{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←奏効率】━━ が 観察された(の否定)__ : __しかし、〈一つの〉有意な¨減少{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉¨死亡率{☆による}¨ ⌒〔 ☆←肺炎、及び、真菌‐感染症】━━ が 観察された┏┓。    好中球‐回復‐速度 が 上昇した--【・*に於いて |*←〈その〉 GM-CSF グループ《 14 日間21 日間 》】━━、そして、全体的生存期間 が 有意に改善された《 323 日間145 日間 》 】┏┓。

--【・*に於いて… |*←〈一件の〉¨研究{☆による}{★の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉 Cancer and Leukemia Group B ⌒〔 ★← GM-CSF《 E coli 由来の 》】━━、〔何も無い( no )差異 〕━━ が 観察された(の否定)--【・*に於いて |*←¨奏効率《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉 2 グループ《複数》 】┏┓。    ¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←重症の感染症、及び、耐性の白血球】━━_は ¨※¨であった 【・※←同様--【・*に於いて |*←〈その〉 2 グループ《複数》 】┏┓。    しかし、--【・*に於いて… |*←〈一件の〉 European Organization for Research and Treatment of Cancer による¨研究{ ∬ ((を)した)}¨ ⌒〔 ∬=使用した--【・*を |*← GM-CSF《 E coli 由来の 》 】】━━、¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==ランダムに受けた--【・*を |*← GM-CSF--【・*の後に |*←導入治療 】━━_は 持った--【・*を |*←〈一つの〉有意に より低い《 mougitaro 注:原文のままです 》完全寛解率--【・*と比較して |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==受けなかった--【・*を |*← GM-CSF 】《 48%77% 》 】┏┓。

これらのデータ は 示唆する【・『 』ということを… |『 G-CSF、及び、イースト由来の GM-CSF__ は 加速する--【・*を |*←好中球‐回復】━━、そして、減少させる--【・*を |*←¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←感染症--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ☆←急性骨髄性白血病⌒〔 ¶==受けている--【・*を |*←導入治療 】 』 】┏┓。    このことから、大部分の医者《複数》 は 使用する--【・*を |*←※の いずれか |※←これらの成長因子《複数》 --【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==¨※¨である 【・※←高リスク--【・*について |*←¨合併症{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←感染症 】┏┓。


(記事のおおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Medical Care

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

外科的ケア、食事、活動制限


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事のおおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

〔 外科的ケア 〕


¨設置{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉中心‐静脈‐カテーテル《 例えば、トリプル‐ルーメン、ブロビアック、ヒックマン 》_が ¨※¨である 【・※←必要 】┏┓。

〔 食事 〕


患者さん《複数》 は ¨ ∬ ¨べきである 【 ∬=¨※¨による【・※←好中球‐減少時‐用食《 つまり、生の果物や野菜を含まない食事 》 】┏┓。    全ての食物《複数》 は ¨ ∬ ¨べきである 【 ∬=調理されている 】┏┓。    肉類 は ¨ ∬ ¨べきである 【 ∬=完全に調理されている《 つまりウェルダンの状態 》 】┏┓。

〔 活動制限 〕


患者さん《複数》 は ¨ ∬ ¨べきである 【 ∬=限定する--【・*を |*←彼らの活動--【・*に |*←忍容可能な活動】、--【・*を伴わないで |*←激しい活動《複数》《 例えばリフティングや運動 》 】┏┓。


(記事のおおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Surgical Care、Diet、Activity

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

治療薬


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事のおおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

〔 全般的な注意事項 〕


治療薬《複数》 は 引き起こす--【・*を |*←重症の骨髄抑制 】┏┓。    ただ¨医者《複数》{§(の性質の)}¨ ⌒〔 §←熟練している--【・*に |*←それらの使用 】━━だけ が ¨ ∬ ¨べきである 【 ∬=使用する--【・*を |*←それらの薬《複数》 】┏┓。    加えるに、¨アクセス{☆への}¨ ⌒〔 ☆←適切なサポートケア《 つまり血液バンク 》】━━ が 必要である┏┓。

以下の薬《複数》 は 使用される--【・*のために |*←導入治療、又は、強化治療 】┏┓。

〔 cytosine arabinoside、cytarabine 〕


- 記述 - :この薬_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉¨代謝拮抗薬{§(の性質の)}¨ ⌒〔 §←特定的--【・*のために |*←¨細胞《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←細胞サイクルの S −相 】┏┓。    この薬 は 作用する--【・*を通じて |*←■_¨抑制{☆の}¨ ⌒〔 ☆← DNA ポリメラーゼ】|-そして-|■_cytosine の¨組込み{☆への}¨ ⌒〔 ☆← DNA、及び、RNA 】┏┓。

- 用量 - :(原文をお読みください)

- 禁忌 - :立証された過敏症    比較的に禁忌--【・*に於いて |*←妊娠時】    用量引き下げ が ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=必要とされる--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←肝不全 】┏┓。

- 相互干渉 - :低下させる--【・*を |*←¨効果《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆← gentamicin 、及び、flucytosine 】┏┓。    その他のアルキル化薬《複数》、及び、放射線療法 は 増加させる--【・*を |*← cytarabine の毒性 】┏┓。

- 妊娠関連の注意 - :カテゴリー D : 非安全的--【・*に於いて |*←妊娠 】

- 使用上の注意 - :¨ ∬ ¨べきである 【 ∬=投与される--【・*によってだけ |*←¨医者《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==特定的に訓練された--【 ∬ (する)ことを | ∬=処方する--【・*を |*←抗‐腫瘍‐薬《複数》 】__ : __--【・もし『 』なら…|『〈一つの〉顕著な¨増強{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←骨髄抑制】━━ が 起きた 』】━━、引き下げること--【・*を |*←治療の日数】__ : __¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←肝臓、又は、腎臓 不全《複数》】━━_は ¨※¨である 【・※← より高いリスク--【・*について |*←中枢神経系の毒性《 高用量の投与時 》】__ : __用心すること--【・*のために |*←これらの患者さん《複数》--【 ∬ (する)ことにより | ∬=引き下げる--【・*を |*←投与量 】┏┓。

〔 daunorubicin《 Cerubidine 》 〕


- 記述 - :トポイソメラーゼ‐ II 抑制薬    抑制する--【・*を |*← DNA、及び、RNA の合成--【 ∬ (する)ことにより | ∬=介在する--【・*の間に |*← DNA 塩基‐対《複数》 】┏┓。

- 用量 - :(原文をお読みください)

- 禁忌 - :立証された過敏症__ : __うっ血性心不全、又は、駆出率の低下__ : __相対的に禁忌--【・*に於いて |*←妊娠期間】

- 相互干渉 - :報告されていない。

- 妊娠関連の注意 - :カテゴリー D : 非安全的--【・*に於いて |*←妊娠 】

- 使用上の注意 - :¨ ∬ ¨べきである 【 ∬=投与される--【・*によってだけ |*←¨医者《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==特定的に訓練された--【 ∬ (する)ことを | ∬=処方する--【・*を |*←抗‐腫瘍‐薬《複数》 】__ : __血管外‐漏出 は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=もたらす--【・*を |*←重症の組織壊死】__ : __要注意--【・*に於いて |*←既存の心臓疾患、及び、肝臓機能‐障害】__ : __相当な用量引き下げ が 必要となる--【・*に於いて |*←肝臓、又は、腎臓不全 】┏┓。

〔 idarubicin《 Idamycin 》 〕


- 記述 - :トポイソメラーゼ‐ II 抑制薬    抑制する--【・*を |*←細胞増殖--【 ∬ (する)ことにより | ∬=抑制する--【・*を |*← DNA、及び、RNA ポリメラーゼ

- 用量 - :(原文をお読みください)

- 禁忌 - :立証された過敏症__ : __¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←うっ血性心不全、又は、駆出率‐低下】__ : __相対的に禁忌--【・*に於いて |*←妊娠期間 】

- 相互干渉 - :報告されていない。

- 妊娠関連の注意 - :カテゴリー D : 非安全的--【・*に於いて |*←妊娠 】

- 使用上の注意 - :¨ ∬ ¨べきである 【 ∬=投与される--【・*によってだけ |*←¨医者《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==特定的に訓練された--【 ∬ (する)ことを | ∬=処方する--【・*を |*←抗‐腫瘍‐薬《複数》 】__ : __血管外‐漏出 は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=もたらす--【・*を |*←重症の組織壊死】__ : __要注意--【・*に於いて |*←既存の心臓疾患、及び、肝臓機能‐障害】__ : __相当な用量引き下げ が 必要となる--【・*に於いて |*←肝臓、又は、腎臓不全 】┏┓。

〔 mitoxantrone《 Novantrone 》 〕


- 記述 - :抑制する--【・*を |*←細胞増殖--【 ∬ (する)ことにより | ∬=■_介在する--【・*の間に |*← DNA 】|-そして-|■_抑制する--【・*を |*←トポイソメラーゼ II

- 用量 - :(原文をお読みください)

- 禁忌 - :立証された過敏症__ : __相対的に禁忌--【・*に於いて |*←妊娠期間】__ : __相当な用量引き下げ が 必要となる--【・*に於いて |*←肝臓、又は、腎臓不全】__ : __うっ血性心不全、又は、駆出率‐低下

- 相互干渉 - :報告されていない。

- 妊娠関連の注意 - :カテゴリー D : 非安全的--【・*に於いて |*←妊娠 】

- 使用上の注意 - :要注意--【・*に於いて |*←障害された肝機能、及び、既存の心臓病】《 心毒性 が 広く観察される--【・*の後に |*←累積用量 120 〜 160mg / m2 》__ : __実施すること--【・*を |*←治療開始前、及び、フォローアップの 心機能‐検査《複数》《 2 − d エコー、及び、駆出率‐測定 》

〔 gemtuzumab ozogamicin《 Mylotarg 》 〕


- 記述 - :¨化学療法剤{ ∬ (される)}¨ ⌒〔 ∬=構成される--【・*から |*←¨〈一つの〉遺伝子組み替え‐ヒト化 IgG4、CD33 に対する抗体 { ∬ ((を)した)}¨ ⌒〔 ∬=結合した--【・*と |*←〈一つの〉細胞毒性的な 抗腫瘍‐抗生物質 calicheamicin】┏┓。    --【 ∬ (する)ことの後に | ∬=結合する--【・*に |*←〈その〉細胞 】━━、〈その〉放出された calicheamicin 誘導体が 結合する--【・*に |*← DNA--【・*で |*←〈その〉副溝、《 もたらして--【・*を |*← DNA 二重鎖の破壊、及び、細胞死 》 】┏┓。

- 用量 - :(原文をお読みください)

- 禁忌 - :立証された¨過敏症{☆への}¨ ⌒〔 ☆←薬、又は、calicheamicin 誘導体《複数》__ : __¨存在{☆の}¨ ⌒〔 ☆←抗− CD33 抗 体】

- 相互干渉 - :報告されていない__ : __¨潜在性{☆への}¨ ⌒〔 ☆←¨薬−薬 相互作用{☆との}¨ ⌒〔 ☆←¨薬《複数》{ ∬ (される)}¨ ⌒〔 ∬=影響される--【・*により |*←チトクローム P450 酵素《複数》 】━━ は ¨ ∬ ¨ことの可能性がある 【 ∬=否定されない 】┏┓。

- 妊娠関連の注意 - :カテゴリー D : 非安全的--【・*に於いて |*←妊娠 】

- 使用上の注意 - :(原文をお読みください)

〔 arsenic trioxide 〕


- 記述 - :使用される--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←再発性の急性前骨髄球性白血病 】┏┓。    ¨作用メカニズム{☆の}¨ ⌒〔 ☆←この薬】━━ は 完全には 理解されていない┏┓。    arsenic trioxide は 引き起こす--【・*を |*←形態学的な変化《複数》、及び、DNA の¨分断化{§(の性質の)}¨ ⌒〔 §←特徴的な--【・*に |*←アポトーシス 】--【・*に於いて |*← NB4 ヒト前骨髄球性‐白血病‐細胞《複数》--【・in vitro で 】┏┓。    arsenic trioxide は 、また、引き起こす--【・*を |*←¨ダメージ、又は、分解{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉融合タンパク質 PML-RAR alpha 】┏┓。

- 用量 - :(原文をお読みください)

- 禁忌 - :立証された過敏症。

- 相互干渉 - :電解質‐異常 が ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=起きる--【・もし『 』なら…|『使用された--【・同時併用で--【・*と共に |*←利尿剤《複数》、又は、アンフォテリシン B 』】__ : __¨同時併用{☆との}¨ ⌒〔 ☆← QTc 延長性の薬《複数》《 タイプ Ia、及び、タイプ II の抗不整脈薬《複数》、cisapride、 thioridazine、選択されたキノロン《複数》 》━━ は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=増加させる--【・*を |*←¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←潜在的に生命に関わる的な不整脈 】┏┓。

- 妊娠関連の注意 - :カテゴリー D : 非安全的--【・*に於いて |*←妊娠 】

- 使用上の注意 - :(原文をお読みください)


(記事のおおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Medication

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

フォローアップ


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事のおおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

- 更なる入院ケア - :患者さん《複数》 は 必要とする--【・*を |*←再入院--【・*のために |*←強化‐化学療法、又は、¨管理{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨毒性効果《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←化学療法 】┏┓。

- 更なる外来ケア - :患者さん《複数》 は ¨ ∬ ¨べきである 【 ∬=受診する--【 ∬ (する)ことのために | ∬=モニターする--【・*を |*←病気の状況、及び、化学療法の効果《複数》 】┏┓。

- 転院について - :患者さん《複数》 は 最良に治療される--【・*に於いて |*←〈一つの〉¨センター{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==スタッフ_が 持つ--【・*を |*←優れた¨経験{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←白血病 】┏┓。    患者さん《複数》 は ¨ ∬ ¨べきである 【 ∬=転院される--【・*へ |*←〈一つの〉適切な《 一般的には第三次ケア 》病院--【・もし『 』なら…|『彼ら が 入院している--【・*に |*←¨病院《複数》{☆を有しない}¨ ⌒〔 ☆←適切な 血液製品‐サポート、白血球‐搬出法の能力、白血病の患者さん治療に熟練した医者《複数》/看護婦《複数》 』】┏┓。

- 感染症の予防 - :--【 ∬ (している)間は∬=受けている--【・*を |*←化学療法 】━━、患者さん《複数》 は ¨ ∬ ¨べきである 【 ∬=避ける--【・*を |*←¨曝露{☆への}¨ ⌒〔 ☆←人混み、及び、¨人々{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←伝染性の病気《複数》《 特に¨小児《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←ウィルス性の感染症《複数》 》 】┏┓。

- 合併症《複数》 - :

◇ 死亡 が ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=起きる--【・*の理由から |*←コントロールされていない感染症、又は、出血 】┏┓。    このこと は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=起きる--【・*の後でさえも |*←¨使用{☆の}¨ ⌒〔 ☆←適切な血液製品、及び、抗生物質サポート 】┏┓。

◇ 〈その〉最も一般的な合併症_は ¨※¨である 【・※←¨失敗{☆の}¨ ⌒〔 ☆←白血病の化学療法への反応 】┏┓。    〈その〉¨予後{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←これらの患者さん《複数》】━━_は ¨※¨である 【・※←劣っている--【・『 』の理由で…|『彼ら は 通常 ¨ ∬ ¨しない 【 ∬=反応する (の否定)--【・*に |*←その他の化学療法レジメン《複数》 』】┏┓。


(記事のおおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=FOLLOW-UP

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

資料 A=治療の全体像



資料 Source

American Cancer Society ホームページ
原文へのリンク: 本コーナーでは、情報の在処と記事概要の迅速なご紹介を目的としています。内容そのものや最新情報は、下記リンク先の原文をお読みになって、ご確認ください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、トップページへのリンクです。ご了解ください)


American Cancer Society のホームページ



当サイトの部位別治療法のページへ


key words(編集用の記述):がん、がん、癌、腫瘍、白血病、メラノーマ、欧州、米国、アメリカ、標準治療、抗がん剤、抗がん剤、抗癌剤、血液、リンパ、脳、乳がん、肝臓、胃、大腸、小腸、結腸、直腸、子宮、卵巣、精巣、頭頸部、肺、膵臓、前立腺、皮膚、甲状腺、腎臓、膀胱、神経


更新日付

第 1 回のまとめ: 2005 年 10 月 24 日

_A0+ 急性骨髄性白血病の分類



【分類の必要性】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

大部分のがんでは、ステージという記号によって、がんの大きさや、拡大の程度を記述する。

しかし、白血病の場合には、ステージによる記述は不要である。何故なら、白血病は既に身体中の全ての骨髄を巻き込んでいるし、多くのケースでは、他の臓器に拡大しているからである。白血病の検査で実施されるのは、個々の患者さんの白血病の型と亜型の決定である。これらが決定されると、個々のケースの予後や、最適な治療を推測することができる。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【急性骨髄性白血病( AML )についての FAB 分類法】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

数年前に、白血病の治療や病理の専門家が集まって、急性白血病の最適な分類法についての会議が開催された。(この会議に参加したのはフランス(France)、米国(America)、英国(Britain)、からの専門家であったため、国名の頭文字をとって、FAB 分類と呼ばれるようになった) この会議に於いて、急性骨髄性白血病は、以下のように 8 つの亜型( M0 〜 M7 )に分類すべきであると決めた。(分類の基準は、白血病になった細胞のタイプ)

FAB 亜型     名称       成人 AML 中の割合(*)  予後( AML 平均との比較)

M0    最未分化型 AML         5%            より悪い
M1    未分化型骨髄芽球性白血病   15%            平均的
M2    分化型骨髄芽球性白血病    25%            より良い
M3    前骨髄球性白血病       10%            最良
M4    骨髄単球性白血病       20%            平均的
M4 eos  好酸球を伴う骨髄単球性白血病  5%            より良い
M5    単球性白血病         10%            平均的
M6    赤白血病            5%            より悪い
M7    巨核芽球性白血病        5%            より悪い

(*)米国でのデータ

もともとの FAB 分類が基礎としていたのは、顕微鏡で見た場合の白血球の形態の差だけであった。

より最近になって、形態以外の要素(細胞遺伝学データ、フローサイトメトリー、分子遺伝学データ)が、AML の分類に有用な情報を提供してくれ、予後の推測に有効であることが分かってきた。今後、更に、白血病の原因となるような遺伝子欠陥についての知識が増加するであろう。このような遺伝子欠陥が、白血病の分類や、予後の推定に使用されるようになるであろう。また、このような遺伝子欠陥を基に、白血病の治療が行われるようになろう。

FAB 分類による特定の亜型には、特定の症状がみられることがある。例えば、M3 亜型(急性前骨髄球性白血病)の場合には、出血や血栓形成がしばしば問題になる。

M3 白血病を識別することが重要であることには、2 つの理由がある。1 つ目の理由は、上記のような重大な合併症は、適切な治療によって、しばしば予防可能であることである。2 つ目の理由は、M3 白血病には、レチノイド(ビタミン A 類縁化合物である)が奏効することである。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【予後因子】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

白血病の治療が、過去 20 年の間に進歩するに伴い、何故特定の患者さんが他の患者さんよりも治癒のチャンスが大きいのか、に研究の焦点があてられてきた。その結果、治療が奏功しやすい患者さんとしにくい患者さんとの間で一貫して観察される差(があるような要因)が知られてきた。これらを予後因子といい、どの程度の治療をすべきかを判断する上で助けになるようになってきている。

予後因子には、患者さんの年齢、白血球数、細胞遺伝学的な検査の結果、などがある。これらに加えて考慮されるのは、既存の前白血病的な条件(骨髄異形成症候群)があったかどうか、及び、以前に化学療法や放射線療法による治療を受けているかどうか、などである。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【染色体異常】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

染色体の変化は、予後判断の手がかりの一つである。患者さんの全部でこのような異常がみられるわけではなく、以下のような異常も、最も高頻度ということであり、他の種類の異常も存在する。何らの異常ももたない患者さんの予後は、有利と不利との中間である。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『有利な異常』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

◇染色体 8 と 21 の間の転座( M2 でみられる)
◇染色体 16 の逆位(M4 eos でみられる)
◇染色体 15 と 17 の間の転座( M3 でみられる)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『不利な異常』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

◇染色体 5 、又は、7 の一部の欠失(特定の AML 亜型に限定されない)
◇染色体 9 と 11 の間の転座( M5 でみられる)
◇余分の染色体 8 (特定の AML 亜型に限定されない)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【年齢】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

より高齢の( 60 歳超)患者さんは、より若年の患者さんほどには、状態が良く経過しない。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【白血球数】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

白血球数が多い( 10 万超)ケースでは、予後がより劣る。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【これまでの病歴】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

これまでに前白血病的な状態があったり、他のがんの治療後に発症する AML の病歴があると、予後は、より劣る。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【分類できない、又は、混合性の急性白血病】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

検査がより洗練されてきた結果、急性白血病の一部のケースが、リンパ性白血病と骨髄性白血病の両方の性質を持っていることが知られてきた。一つの白血病細胞が、リンパ性と骨髄性の両方の性質を持っていることもあるし、1 人の患者さんが、リンパ性の白血病細胞と、骨髄性の白血病細胞の両方を持っていることもある。
このようなケースを分類することは困難である。このようなタイプの急性白血病を、「骨髄性のマーカーを持った ALL 」、「リンパ性のマーカーを持った AML 」、混合性の白血病、などと呼ぶことがある。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【急性リンパ性白血病の、治療後の状態】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

成人の AML は通常、寛解期にある(治療後、病気の証拠がない{この定義は、骨髄中の芽細胞が 5% 未満})、又は、活動期にある(新たに診断されたか、又は、再発した状態)、のいずれかに分類される。

微小残存病変( MRD )とは、骨髄中に白血病が残存している化学的な証拠(分子的、又は、細胞遺伝学的な)があるが、顕微鏡下の日常的な検査で発見されるために十分なほどには、白血病の細胞が存在していない状態のことである。

再発とは、初回の治療後にがんが戻ってきた場合のことである。骨髄中に 5% 以上の芽細胞が存在する場合に、再発と呼ばれる。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


_A1+ 治療の概観

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

急性骨髄性白血病の治療は、2 つの段階に分けられる:
◇寛解導入治療
◇寛解後治療

前述のように、成人の急性骨髄性白血病は、単一の病気ではない。現実には、関連した病気の一群であり、異なる亜型の患者さんは予後も異なり、治療の奏効度も異なる。個々の患者さんに対する治療の選択肢は、その患者さんの白血病の FAB 亜型や、特定の予後因子(前のセクションに記述)を基にして選ぶ。

いくつかの異なるタイプの治療法が、急性骨髄性白血病の治療に使用されている。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


_A2+ 外科手術

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

白血病細胞は、骨髄全体や多くの他の臓器に広範囲に拡大するので、外科手術によって治癒することはできない。外科手術は、診断に於いても使われることは稀である。何故なら、白血病の発見や分類には、骨髄吸引液で通常十分であるからである。

診断の時点で、又は、その直後に、外科医によって、静脈アクセス器具(太いプラスチック製のチューブ)を、大静脈へ設置することがある。当該チューブの他方の端は、胸部か上腕の皮膚の下にしておく。このチューブを使えば、化学療法剤やその他の薬を投与したり、血液採取をしたりすることを、安全で、不快感なしに実施できる。このチューブを設置された患者さんは、当該チューブが感染しないように注意していく方法を必ず学ぶ必要がある。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


_A3+ 放射線療法

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

放射線療法では、高エネルギーの放射線や微粒子を使って、特定の個所にあるがん細胞を殺す。外部線源放射線照射では、身体の外部からの放射線をがんにぶつける。放射線療法はしばしば、白血病が脳、脊髄液、精巣に拡大した場合に治療法として使用されることがある。

身体のいくつかの個所への放射線療法は、骨髄幹細胞移植や末梢血幹細胞移植の前にしばしば実施される治療の一部として、重要である。

放射線療法を、稀であるが、腫瘤が気管を圧迫している緊急時に、腫瘤のサイズを縮小するために使用することがある。しかし、このような場合には、化学療法を使用することのほうが多い。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


_A4+ 化学療法の副作用

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

化学療法では、抗がん化学療法剤を静脈注射、筋肉注射、脳脊髄液への注射、経口服用、によって投与し、がん細胞を殺したりコントロールする。抗がん化学療法剤は、(脳脊髄液への注射以外は)血液中に入り、身体の全ての個所へ到達する。従って、化学療法は、広範囲に拡大したがん(白血病のような)に対する治療法として有効である。

急性骨髄性白血病に対する初回の化学療法では、2 種類、又は、3 種類の化学療法剤を、約 1 週間にわたって投与する。

抗がん化学療法剤は、急速に分裂する細胞を特異的に攻撃する。これらの薬が有用であるのは、がん細胞は、正常細胞に比較して、分裂している状態の時間が長いためである。

しかし、正常な細胞でも、特定の細胞(骨髄、口や腸の粘膜、毛包、などの細胞)は、消耗した細胞を置き換えるために、常に分裂が必要である。従って、このような細胞は、化学療法剤によって最も影響を受けやすい。その結果、副作用が起きる。

これらの副作用は、薬のタイプ、投与量、投与期間の長さ、によって異なる。化学療法剤使用に伴う副作用としては以下のようなものがある:
◇脱毛
◇口内炎
◇感染リスクの増大(白血球不足による)
◇軽度の切り傷やケガによる出血やアザ(血小板の不足による)
◇疲労感、息切れ(赤血球の不足による)
◇食欲不振、吐き気、嘔吐(これらの副作用は、部分的には、腸の細胞へのダメージによって起きるが、特定の化学療法剤の場合には、脳内の、食欲や嘔吐をコントロールしている領域へ影響が及ぶことによっても起きることがある)

これらの副作用は通常、一時的なもので、治療を止めれば消失する。

副作用の問題がある場合は、治療チームに告げること。何故なら、副作用を軽減するための方法がしばしば存在するからである。例えば、吐き気や嘔吐を予防したり軽減するために、制吐剤を化学療法剤と一緒に投与することがある。また、成長因子( G-CSF、GM-CSF、など)を使用して、白血球を増やして感染のリスクを低下させることがある。これらの薬は害になることが少ない(過去に於いては、何らかの害があるのではないかと懸念されていたが)と考えられ、急性骨髄性白血病に対する化学療法のときにしばしば使用される。

治療期間中に、白血球数が非常に低下しているような場合には、感染のリスクを低下させる必要があり、細菌への曝露を注意深く避ける必要がある。治療中には以下の注意が必要である:

◇非常に注意深く手を洗うこと。
◇生で未調理の果物、野菜、その他の食物を避けること(細菌を含んでいる場合がある)
◇生花や、植物を避けること(カビを含んでいる場合がある)
◇他の人たちが、患者さんと接触する前に、他の人たちが手を確実に洗うようにさせること。
◇人混みや、病気の人たちを避けること(外科用のマスクをつければ、若干の保護になる)

時によっては、患者さんに抗生物質を投与して、感染を予防することがある。この目的で最もよく使われるのは、トリメトプリムとスルファメトキサゾール( Bactrim あるいは Septra )の併用である。これらの抗生物質で、肺炎を予防できる。ウィルス感染や、真菌の感染を予防するための薬も投与することがある。
血小板数が低下している場合は、血小板輸血をすることがある(出血の予防のためである)。また、赤血球数低下による息切れや極端な疲労感の治療のために、薬を投与したり、赤血球輸血を実施することがある。
腫瘍崩壊症候群は、化学療法によって白血病細胞が大量、急速に破壊されるときに起きることがある副作用である。細胞が破壊されるときに、細胞の内容物が血中に放出され、腎臓、心臓、神経系、などに影響を与えることがある。この副作用を予防するため、十分な液体を補給したり、薬を使うことがある。重炭酸塩、アロプリノール、rasburicase 、などである。(これらの薬は、白血病細胞から放出された物質を身体が処理するのを助ける)

化学療法剤によって直接障害を受けることがある臓器として、腎臓、肝臓、精巣、卵巣、脳、心臓、肺、などがある。注意深くモニターすれば、このような副作用が起きることは稀である。

重大な副作用が起きた場合は、化学療法剤の用量を減らしたり、化学療法を中止せねばならないことがある(少なくとも一時的に)。注意深いモニターと、化学療法剤の用量調節は重要である。何故なら、臓器に対する副作用の中には、恒久的なものがあるからである。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


_A5+ モノクロナル抗体

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

モノクロナル抗体というのは、人工的に調製された、大分子量の蛋白質であり、急性骨髄性白血病の細胞の表面に存在する特定の分子に結合する。

モノクロナル抗体のなかには、放射性物質や細胞毒を結合しているものがあり、これらが患者さんの体内へ注射されると、白血病細胞に結合し、放射線物質からの放射線や、細胞毒が、白血病細胞を殺す。

Gemtuzumab ozogamicin (Mylotarg)は、細胞毒が結合したモノクロナル抗体であり、最近、急性骨髄性白血病の、より高齢の患者さんで、初回の化学療法の後に再発し、それ以上の化学療法の副作用を認容できないであろうと考えられる人への投与目的で、 FDA により認可された。この薬は、急性骨髄性白血病の細胞上に存在する CD33 という分子に結合する。しかし、この薬も、従来の化学療法剤と同様に正常な骨髄細胞にダメージを与えるため、血球数を非常に低下させる。この薬の最適な使用法についての研究が進展中である。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


_A6+ 幹細胞移植



【高用量化学療法・放射線療法と幹細胞移植全般論】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

このファイルの「化学療法剤の副作用」の章で、化学療法がどのように正常細胞にもダメージを与えるかを説明している。通常の用量の化学療法剤を使用しても、急速に増殖している組織に対する重症の副作用が起きることがある。より高用量で化学療法剤を使用すれば、白血病に対する効果は大きいかも知れないが、そのような高用量での化学療法はしばしば実施されない。何故なら、高用量化学療法により骨髄細胞(血液を作り出す)や、臓器に障害を与える可能性があり、そうすれば、生命に関わるような血液細胞不足や、重要臓器へのダメージが起きることがあるためである。

幹細胞移植術( SCT )は、(さもなければ、患者の骨髄を破壊するレベルの)高用量の化学療法や放射線療法の実施を可能にさせる技術である。患者さんは、化学療法と放射線療法の後に、血液を作り出す幹細胞の移植を受け、骨髄を回復する。

移植のために使用する幹細胞は、骨髄から直接に(何回かの骨髄吸引によって)入手することもあれば、末梢血液から(アフェレーシスとか白血球搬出法とか呼ばれる技術によって)入手することもある。最近の研究によれば、アフェレーシスにより、末梢血から幹細胞を入手したほうが良いらしいことが示されている。(移植後の、正常な血球数への回復が速く、白血病の再発リスクが少ない)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【幹細胞移植の 2 つのタイプ】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

幹細胞移植には、大きく分けて、2 つのタイプがある。つまり、他家移植と、自家移植の 2 つである。これらの違いは、幹細胞の入手源の違いである。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『他家家幹細胞移植』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

他家幹細胞移植では、幹細胞を入手するのは、ドナーの骨髄や末梢血からであるが、そのドナーの組織タイプ(細胞表面の特定の物質によって決まる)は、患者さんの組織タイプとほとんど同じである必要がある。組織タイプが一致することは、重要な条件である。何故なら、組織タイプが一致すれば、患者さんの免疫システムが移植された組織を拒絶する可能性が低くなるからである。ドナーとなれる人は、患者さんの兄弟、姉妹であることがある。より低頻度であるが、組織タイプが一致する非血縁のドナー( MUD という)であることもある。

他家幹細胞移植は非常に有用であるが、実施は限定される。何故なら、組織タイプが一致するドナーが必要であり、また、55〜60 歳以上の患者さんの場合には、他家幹細胞移植に伴う副作用が重症過ぎることが多いからである。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『自家幹細胞移植』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

自家幹細胞移植に於いては、高用量化学療法・放射線療法の前に、患者さん自身の骨髄や末梢血から幹細胞を採取し、使用するまで凍結しておく。

自家幹細胞移植は時として、寛解期にある急性骨髄性白血病の患者さんで実施される。医者の中には、この方法が、通常の「強化化学療法」よりも優れていると考える者がいる。(医者の全てがこう考えているわけではない)

この方法に於ける一つの問題は、正常な幹細胞を白血病の細胞から分離することが難しい点である。パージ(幹細胞の入っている液を人工的に処理して、白血病細胞を除去しようとする作業)をしても、幹細胞移植によって、白血病細胞が身体に戻るリスクがある。この点を改善すべく、研究が進展中である。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【幹細胞移植の手順】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

ドナーや患者さん自身の骨髄や末梢血から採取した幹細胞は、注意深く凍結して保存しておく。

高用量化学療法を受ける患者さんは通常、全身への放射線療法も受ける。幹細胞移植の実施前に、重要臓器(肺、心臓、腎臓、など)を放射線から保護するための「盾」を個々の患者さん用に作成し、それを使用しつつ、全身への高用量放射線療法を実施する。

この放射線療法の目的は、残存する可能性があるがん細胞を除去することである。しかし、骨髄の正常細胞も殺す。このこと(骨髄の正常細胞が殺されること)は、現実には、(患者さんの正常な骨髄細胞によって)移植された幹細胞が拒絶されることを予防するのに役立つ。

幹細胞移植を実施する前日に、患者さんは骨髄移植ユニットに入り、看護婦が、着衣や食事の無菌操作について説明する。

その翌朝、3 日間の高用量化学療法を開始する。使用する化学療法剤は通常、シクロホスファミド( Cytoxan )である。その次の 3 日間、1 日に 2 回の全身放射線療法を実施する。放射線療法の代わりに、ブスルファンという薬を使用することもある。

以上の治療の後、幹細胞の入った液を溶かし、輸血と同様にして、静脈アクセス器具を使って、身体に注入する。

その後、幹細胞が患者さんの骨髄に定着し、成長を始め、血球を産生し始めるまで、待つ。

他家幹細胞移植を受けた場合には、プレドニソンやシクロスポリンのような薬を投与する。これは、免疫システムを弱めることにより、身体が移植された幹細胞を拒絶することを予防するためである。その後の 3〜4 週間には、さまざまな支援治療を実施する(静脈栄養、抗菌剤や抗真菌剤の投与、赤血球輸血、血小板輸血、その他必要な薬の投与、など)

幹細胞移植実施後、通常は、約 10〜21 日で新しい白血球の産生が始まる。これに続いて新しい血小板の産生が始まり、更に数週間で、新しい赤血球の産生が始まる。

患者さんの隔離は、白血球数が 500 を超えるまで続けられる。白血球数が 1,000 近くになれば、通常、退院可能である。退院後も数週間は、ほぼ毎日、外来クリニックで検査を続ける。

さらに 6 ヶ月間は、外来クリニックへ定期的に通う。その後は、その患者さん担当の腫瘍医か内科医が、ケアを続ける。この段階では、患者さんがクリニックを訪れるのは、年 1 回の検査、又は、医者が診る必要のある症状が起きたときとなる。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【実際上の考慮すべき注意点】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

幹細胞移植は、未だ新しく複雑な治療法である。従って、この治療法を受けることになった場合、移植の手順やその後の回復期の管理に熟練した病院で受けるべきである。病院によっては、特定のタイプの移植(とくに、非血縁者からの移植)に未熟な所があるので、注意が必要である。

幹細胞移植術は、非常に高価( 10 万ドル以上 )で、長期の入院が必要である。保険会社の中には、この治療法を実験段階であるとみなし、支払をしないことがある。(*)

(*)mougitaro注:これは、米国での保険制度に関する記述です。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【幹細胞移植の副作用】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

幹細胞移植に伴う副作用には、大別して、早期の副作用と、長期的な副作用とがある。

早期の副作用は、基本的には、他のタイプの高用量化学療法の場合と同じである(血球数低下、吐き気、嘔吐、脱毛、など)。これらの副作用は、骨髄や、その他の急速に増殖する組織へのダメージが原因となって起きるものである。

副作用の中には、長期間持続するものや、数年後に初めて起きるものがある。以下のようなものである:
◇肺への放射線障害(息切れの原因となる)
◇移植片対宿主病( GVHD ): これは、他家幹細胞移植の場合にだけ起きる。移植されたドナーからの免疫系細胞が、患者さんの皮膚、肝臓、消化管、口、などの組織を攻撃するために起きるものである。症状が重い場合には、生命に関わることがある。
◇卵巣へのダメージのため、不妊症や月経周期の乱れが起きることがある。
◇甲状腺へのダメージのため、代謝異常が起きることがある。
◇白内障
◇無菌性壊死と呼ばれる骨の障害: 骨組織への血液供給が不足することによって起きる。重症の場合には、骨や関節の一部を除去する必要があることがある。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【移植片対宿主病(GVHD)について】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

移植片対宿主病は、他家幹細胞移植に伴う、重要な合併症である。この合併症が他家幹細胞移植の後に起きる理由は、患者さんの免疫システムが、ドナーの免疫システムで置き換えられているからである。もともとドナーの免疫システムであったことから、患者さんのその他の組織を、「他者」と見なして、攻撃を開始するのである。

症状の一つは、かゆみを伴う重症の皮膚発疹と、重症の下痢である。肝臓や肺もダメージを受けることがある。全身的な副作用が起きることもある(疲れやすくなったり、筋肉痛が起きたりする、など)。時によっては、移植片対宿主病が慢性になることがあり、また、極度に重症になった場合には、生命に関わることがある。この合併症をコントロールする目的で、免疫システムに働く薬を投与することがある。

移植片対宿主病にはプラスの面がある。移植片対白血病という効果が見られることがあるからである。つまり、ドナーからの免疫システムが、化学療法後に残存している白血病細胞を、しばしば殺すことがある。(*)

(*)mougitaro注: ドナーからの免疫システムにとっては、患者さんの正常細胞でさえも「他者」であるくらいなので、白血病細胞は、更に「他者」であるからであると考えられます。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


_A7- 臨床試験

(省略)

_A8- 代替治療

(省略)

_A9+ 急性骨髄性白血病治療の流れ



【寛解導入治療】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

治療の最初の段階の目的は、検出可能な白血病を除去することである。これは通常、2 つの化学療法剤を使用して実施する。2 つの化学療法剤とは、シタラビン( ara-C )と、アントラサイクリン系の薬(ダウノルビシン、又は、イダルビシン) 1 つの併用である。場合によっては、3 つ目の薬として、6-チオグアニンを追加することもある。医者の中には、 gemtuzumab ozogamicin ( Mylotarg )を加える者もいる。

もう 1 つ追加することがある薬は、白血球の産生を刺激する薬である。顆粒球コロニー刺激因子( Neupogen 、 Leukine )と呼ばれるもので、このような薬により、化学療法の奏効度が改善されることがある。

以上のような集中的な治療は通常、入院して実施し、1 週間程度続けられる。

治療の結果、白血病細胞だけでなく、正常な骨髄細胞の大部分が破壊される。化学療法の期間中、及び、その後の数週間は、患者さんの血球数は、危険なほどに低下するため、合併症を予防するためのいろいろな手段がとられる。患者さんは通常、入院を続ける。

寛解導入が成功した場合、2〜3 週間で正常な骨髄細胞が回復し、血球の産生を開始する。また、白血病細胞が血液中に見出されない状態となる。骨髄中の芽球の割合は、5% 未満となる(芽球は、正常な骨髄中にもみられるから、問題ない)

1 週間の治療によっては寛解を導入できなかった場合、同じ治療を、さらに 1〜2 回繰り返す。寛解導入治療が成功するのは、急性骨髄性白血病の患者さんのうち、約 65% である。但し、寛解導入が成功するかどうかには、個々の患者さんの予後因子が影響する。

寛解導入治療によっては、白血病細胞はしばしば完全には破壊されず、少数の白血病細胞が残る。追加の治療である強化治療を実施しないと、再発する可能性が高い。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【強化治療(寛解後治療)】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

強化治療の目的は、残存している白血病細胞を全て破壊し、再発を防ぐことである。

急性骨髄性白血病の強化治療の選択肢は以下のようなものである:
◇シタラビン( ara - C )による高用量化学療法を数コース実施する。
◇他家(ドナー)幹細胞移植
◇自家幹細胞移植

高用量の強化治療が導入治療と異なるのは、化学療法剤として、通常シタラビン( ara - C )だけを使用する点である。シタラビンは、5 日間にわたり、非常に高用量で投与する。これを、1 回、又は、2 回行う。この治療の実施後 4 年の時点で、40% の患者さんは、白血病の徴候を示さない。

もう一つの治療アプローチは、幹細胞移植である。患者さんはまず、非常に高用量の化学療法を受け、骨髄細胞を全て破壊する。次に、血液細胞の産生を回復させるため、自家、又は、他家幹細胞移植を受ける。

3 つの選択肢(高用量化学療法、他家幹細胞移植、自家幹細胞移植)のどれが最も良い強化治療法であるかについては、結論が出ていない。これらの方法はそれぞれ、長所と欠点とを持っている。

個々の患者さんに最も適した強化治療法を勧めるうえで、医者は以下の要因を考慮する:

◇寛解導入のために実施された化学療法のコース数: 複数コースを必要としていた場合には、より集中的な治療法(幹細胞移植など)を勧めることがある。
◇兄弟姉妹や、組織型が一致するドナーの有無: 組織型が十分に一致するドナーが存在する場合、他家幹細胞移植が選択肢となる。
◇患者さん自身から、白血病細胞を含まない骨髄細胞を採取できる可能性: 腫瘍医が、患者さんは寛解状態であると判断した場合、自家幹細胞移植が選択肢となる。患者さんの骨髄や末梢血から採取した幹細胞はパージ処理(残っている白血病細胞を除去する操作)をして、再発のリスクを低くする。
◇不利な予後因子の有無: 特定の染色体の変化、白血球数が非常に高い、骨髄異形成症候群から変化した急性骨髄性白血病、別のがんに対する治療後の発症、中枢神経系への拡大、といった要因があるかどうかである。これらの予後因子がある場合には、より攻撃的な治療(幹細胞移植のような)が勧められることがある。
◇患者さんの年齢: より高齢の患者さんは、幹細胞移植に伴う副作用に耐えられないかも知れない。
◇患者さんの希望: 患者さんと医者との間で、生活の質の問題に関して討議すべき多くの事項がある。一つの重要事項は、他家幹細胞移植をした場合の、早期の死亡の可能性である。その他、多くの事項について、患者さんと医者との間で討議が必要である。

急性骨髄性白血病の治療法としての幹細胞移植の有用性については、議論が続いている。医者の中には、患者さんが幹細胞移植に耐えるのに十分なほどに健康であり、組織適合のドナーが存在する場合には、他家幹細胞移植により、最高の生存チャンスが得られると考える者がいる。しかし、他の者は、そのようなことについては、研究による決定的な結論が得られていないと考える。他家幹細胞移植を受けた患者さんは、一般により若く、より良好な健康状態であった人たちが多いため、たとえ生存が改善されていたとしても、それは、他家幹細胞移植が原因ではなかったのかも知れない。つまり、これらの人たちは、標準的な高用量化学療法だけでも同様に好結果を得ていた可能性がある、というわけである。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【維持治療】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

過去に於いては、急性骨髄性白血病の最も良い治療方法は、上述のような、短期間の”爆発的”な集中的な治療であると考えられていた。

しかし、最近ドイツで実施された 800 人以上の患者さんを組込んだ臨床試験に於いて、寛解導入治療や強化治療の後に、低用量の化学療法を 3 年間実施したほうが、より良い治療結果が得られることが示された。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


_A10+ 急性前骨髄球性白血病( M3 亜型)の治療

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

急性前骨髄球性白血病( APL )(急性骨髄性白血病の亜型の一つ)を早期に発見して、治療をすることは、重要である。何故なら、APL では、重症の血栓形成、又は、出血が起きることがあるからである。この合併症は通常、凝血阻止薬(血液シンナー)を投与することにより、予防したり治療することが可能である。その他の治療法として、血小板輸血や、その他の血液製剤の輸血、といった方法がある。近代的な治療を実施する場合には、APL の治療を開始しさえすれば、出血はあまり問題ではない。

急性前骨髄球性白血病( APL )の治療が通常の急性骨髄性白血病の治療と異なるのは、化学療法剤に加えて、化学療法剤ではない薬である全トランス型レチノイン酸( ATRA )(ビタミン A の類縁体)も使用する点である。APL の寛解導入は、 ATRA だけでも通常は可能であるが、化学療法(アントラサイクリン系の化学療法剤{ダウノルビシンかイダルビシン})も併用したほうが、最良の結果が得られる。

ATRA と、他の亜型の急性骨髄性白血病治療のために使用される化学療法剤とを併用すれば、APL の寛解は通常得ることができる。しかし、副作用は異なる。何故なら、ATRA 使用に伴う「レチノイン酸症候群」が起きることがあるからである。この症候群は、生命に関わることもあり、呼吸障害が起きることがある(肺への体液貯留、低血圧、腎障害、重症の浮腫、による)。

強化治療としては通常、2 コース以上の化学療法(通常はアントラサイクリン系化学療法剤による)を実施し、次いで、維持療法として、ATRA による維持治療(少なくとも 1 年間)を実施する。医者の中には、更に 1 年間の、低用量化学療法( 6-メルカプトプリンの錠剤)を追加することを勧める者もいる。

以上の治療により、70〜90% の患者さんが治癒する。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


_A11+ 難治性、再発性の AML への対応

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

急性骨髄性白血病が再発する場合、最も多い再発個所は、骨髄と血液である。時によっては、脳や脊髄液が再発個所となることもあ(この場合には、脊髄液の中へ化学療法剤を直接投与して治療する)。

初回の治療によって白血病を消失できない場合、更に治療をしても、より奏効しにくい(新しい薬を使用してもそうである)。一旦白血病が消失してから再発した場合は、再度の寛解導入は可能である(但し、多くの医者は、この寛解は、一時的なものであると考えている)。このような場合には、大部分の医者は、寛解導入化学療法に続く幹細胞移植を考慮する。

通常の亜型の急性骨髄性白血病の場合、gemtuzumab ozogamicin (Mylotarg)が一定の(とくにより高齢の)患者さんでの再発の治療用に使用されてきた。これにより、若干の患者さんで寛解を導入できる。

再発性の急性前骨髄球性白血病のケースの 20〜30% に於いて、三酸化ヒ素という新しい薬が使用可能である。この薬は非常に効果的である。或る臨床試験によれば、全ての患者さんが寛解を得ることができ、4 名中 3 名で、寛解が少なくとも 2 年間持続した。この薬の副作用として、心臓の刺激伝導系へのダメージがある。従って、心電図によるモニターが必要である。治療が成功した場合には、高用量化学療法と幹細胞移植が勧められることがある。

再発が繰り返されたり、白血病が消失しない場合には、究極的には化学療法はあまり有用ではない。幹細胞移植を選択しない場合には、臨床試験への参加が適当であることがある。

上記のことができない場合、白血病の症状の緩和に注力することが重要である。医者は、(白血病を根絶するのでなく)白血病の進行を遅らせる目的で、あまり集中的でない化学療法を勧めることがある。白血病は骨髄内で成長するため、痛みの原因となることがある。このような痛みは、適切な鎮痛薬で解消することが重要である。

その他の白血病の症状としては、血球数の低下と疲労感である。これらの問題に対応するためには、薬や輸血が必要となることがある。抑うつ状態は珍しくなく、抗うつ薬が奏効する。吐き気や食欲不振は、薬や高カロリーの食品サプリメントで治療可能である。感染症は、抗生物質で治療されることがある。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


_A12+ 研究・治療の新動向



【白血病の遺伝学】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

DNA が変化すると、その結果として、どのような仕組みで正常な骨髄細胞が白血病に変化するのか、理解が進みつつある。急性骨髄性白血病で高頻度にみられる転座(遺伝子の染色体内の位置の変化)などの染色体変化に関わっている遺伝子に関する理解が進み、何故このような(転座を起こした染色体を持つ)細胞が異常になるのか、推定されつつある。

このような情報が明らかになっていくに従い、そのような情報は、遺伝子治療を開発するために使われるであろう。このアプローチでは、がん細胞の DNA を正常細胞の DNA で置き換え、正常な細胞成長を回復させる。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【微小残存病変の検出法】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

急性骨髄性白血病に於ける DNA の変化に関する理解が進んだことにより、治療後に残存することがある白血病細胞に対する高感度の検出法が開発された。(通常の骨髄検査では検出不可能なくらいに少量しか存在しなくても検出可能である)

ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)検査では、急性白血病の細胞を、遺伝子転座や再配列に基づいて検出する。このテストによれば、正常細胞が 100 万個ある中に白血病細胞が 1 個しかなくても検出可能である。この検査法は、化学療法によりどの程度完全に白血病細胞が破壊できたのか、また、再発リスクがどの程度あるのか、を決める上で有用である。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【化学療法に関する臨床試験】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

既存の化学療法剤の併用や、新しい化学療法剤、などについての研究が進展中である。

その他の研究が進展中の領域として、特定の不利な予後因子がある患者さんに対して、より集中的な化学療法が有用かどうかの研究がある。

化学療法の有用性が限定されることになる要因の一つは、白血病細胞が化学療法に耐性をもつようになることである。化学療法と一緒に、特定の薬を使うことで、耐性を予防したり、耐性を無くしたりする方法についても研究が進展中である。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【幹細胞移植】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

幹細胞移植の有効性を増し、副作用を低下し、また、この方法が最も有用な患者さんを正確に予測すべく、研究が進展中である。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【分子標的治療薬】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

急性骨髄性白血病でみられる遺伝子的な異常部分を特異的に攻撃する薬の開発が進展中である。

急性骨髄性白血病の 1/3 のケースで、FLT3 という遺伝子に変異があり、この遺伝子の産物である蛋白質が常に活性であるようになり、その結果として、白血病細胞が正常に死ぬ(アポトーシス)ことがなくなる。FLT3 抑制薬という、いくつかの新しい薬が上記の変異による影響を阻止し、急性骨髄性白血病に対する活性を示すことが、早期臨床試験で示されている。

その他の遺伝子変異(例えば、c-KIT 遺伝子の変異)も、一定の急性骨髄性白血病のケースで重要であると考えられ、新しい治療の重要な標的となるかも知れない。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ