目次

【index】


§ 本資料作成上の原則、アドバイス §



【本資料作成上の原則】



『内容記述上の原則』

複数の資料を参考にして本資料を作成していきますが、各参考資料の内容を無理にまとめることはせず、原則として参考資料ごとに全て併記しておきます。重複したり、場合によっては資料間で矛盾しているように思われる場合があるかも知れませんが、データを残すことを重視しました。


当ファイルの目次ページへ


『薬の名称について』

薬の名称は、英語の一般名で記述します(世界的なルールでは、英語の一般名が最も正式で、どこへ行っても確実に通用する名称です)。カタカナ名や、商品名については、本サイトの化学療法剤各論のページなどを参考にしてください。


当ファイルの目次ページへ


【アドバイス】

現在化学療法を受けておられるかたは、どのような薬が使われているのか、常に医者に確認されることを強くお勧めします。現状を把握しておけば、いろいろな戦略を自分で立てることができます。治療の内容を知っておけば、それ以外にも本当に多くの場面で役に立ちます。


当ファイルの目次ページへ


§ 疾患名=卵巣ガン( Ovarian cancer ) §

卵巣ガン( Ovarian cancer )


当ファイルの目次ページへ


§資料 A §



【資料名】

Current Meical Diagnosis & Treatment 2005 (通称 CMDT 2005と呼ばれている本)Chapter 40


当ファイルの目次ページへ


【化学療法の内容】



『現在の第一選択の治療法』

併用化学療法: { paclitaxel } + { cisplatin、又は、carboplatin }


当ファイルの目次ページへ


『その他の有用な薬』

docetaxel、doxorubicin、topotecan、cyclophosphamide、etoposide、doxorubicin liposomal


当ファイルの目次ページへ


§資料 B §



資料 Source

American Cancer Society ホームページ
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


当ファイルの目次ページへ


【一般論】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

全身的化学療法では、薬を静脈注射したり、経口服用したりする。薬は、血液中に入り、身体の全ての部分へ到達する。従って、全身的化学療法は、ガンが転移した場合の治療法として、有用となり得る。

腹腔内化学療法では、薬を腹部に直接注入する。このやり方により、薬は高濃度で腹膜上のガン細胞に達し、身体のその他の部分への到達量は限定される。従って、一定の副作用が軽減できる。

化学療法薬は、ガン細胞を殺すが、一定の正常細胞にもダメージを与える。従って、副作用を注意深く避けたり、最小化する必要がある。副作用は、薬の種類、投与量、投与期間によって異なる。

一時的な副作用としては、吐き気、嘔吐、食欲低下、脱毛、発疹、口内炎、などがある。卵巣ガンの治療用に使用される薬の中には、腎臓や神経に障害を与える薬がある。

化学療法剤は、骨髄にある造血細胞にダメージを与えることがあるため、血球数が少なくなることがある。その結果起きることがあるのは:
◇感染リスクの増大(白血球不足による)
◇軽度の切り傷やケガによる出血やアザ(血小板の不足による)
◇疲労感(赤血球の不足による)

大部分の副作用は、治療を止めれば消失する。髪は通常、治療が終了すれば伸びてくる(外観は異なるようになることがある)。化学療法の一時的な副作用の多くに対しては、治療法が存在する。例えば、吐き気や嘔吐の予防や軽減のためには、制吐剤が有効である。

恒久的であることがある副作用としては、早期の閉経や、子供をもうける能力への障害がある。

稀であるが、化学療法剤の中には、急性骨髄性白血病の原因となるものがある。これは二次的なガンと呼ばれる。治療チームは、どの薬にこのような副作用があるかを知っているので、患者さんとの討議が必要となる。化学療法剤がもつ卵巣ガン治療におけるプラスの効果は、白血病を起こすという小さな可能性を補うものである。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【上皮性卵巣ガン、肺細胞腫の化学療法】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

上皮性卵巣ガン対する化学療法の典型的なコースは、6 サイクルから構成される。「サイクル」というのは、定期的な薬の投与と、休みの期間から成るスケジュールのことである。異なった薬は、異なったサイクルを有しているので、腫瘍専門医が、個々のケースに合わせてスケジュールを作成する。
化学療法剤は通常、1 サイクルを 3〜4週間で投与(静脈注射・点滴)される。実際に投与される薬の多くは、併用化学療法の形で投与される。米国のほとんどの腫瘍専門医は、併用化学療法のほうが、単剤よりも、卵巣ガンの治療により有効であると考えている。

標準的なアプローチは、プラチナ系化学療法剤(cisplatin、carboplatin)の 1 つと、タキサン系化学療法剤( paclitaxelなど)の 1 つとの併用である。プラチナ系化学療法剤の中では、carboplatinのほうが cisplatinよりも副作用が少なく、同程度に有効であるため、好まれている。

上皮性卵巣ガンは、化学療法が奏功する傾向があるが、再びガンが成長を始めることがある。そのような場合、プラチナ系化学療法剤やタキサンの投与サイクルを追加して治療することがある。また、それら以外の薬で治療することもある。そのような場合に使用される化学療法剤としては、topotecan、アントラサイクリン系化学療法剤(doxorubicin{Adriamycin}、など)、リポソーム剤型の doxorubicin(Doxil)、gemcitabine、cyclophosphamide、vinorelbine(Navelbine)、hexamethylmelamine、ifosfamide、etoposide、topotecan + 5-FU、などがある。

肺細胞腫瘍に対しては、上記と異なる併用化学療法がしばしば行われる。:
 特定のケース(グレード 1 の未熟型奇形腫や、ステージ IA の未分化胚細胞腫、のそれぞれ一部)以外の、胚細胞腫では、全て、併用化学療法を実施する。頻繁に使われる併用化学療法は、 BEP と呼ばれるレジメンで、bleomycin、etoposide、cisplatin(Platinol)の併用である。但し、他の併用化学療法が実施されることもある(とくに、臨床試験の一部として実施される化学療法や、再発したケースの場合)。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【その他のタイプの卵巣ガンの化学療法】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

(部位別治療法のページの、卵巣ガン治療の全体像 の項目を参照して下さい)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


§資料 C §(未記入)



§資料 D §(未記入)