目次

【index】


§ 本資料作成上の原則、アドバイス §



【本資料作成上の原則】



『内容記述上の原則』

複数の資料を参考にして本資料を作成していきますが、各参考資料の内容を無理にまとめることはせず、原則として参考資料ごとに全て併記しておきます。重複したり、場合によっては資料間で矛盾しているように思われる場合があるかも知れませんが、データを残すことを重視しました。


当ファイルの目次ページへ


『薬の名称について』

薬の名称は、英語の一般名で記述します(世界的なルールでは、英語の一般名が最も正式で、どこへ行っても確実に通用する名称です)。カタカナ名や、商品名については、本サイトの化学療法剤各論のページなどを参考にしてください。


当ファイルの目次ページへ


【アドバイス】

現在化学療法を受けておられるかたは、どのような薬が使われているのか、常に医者に確認されることを強くお勧めします。現状を把握しておけば、いろいろな戦略を自分で立てることができます。治療の内容を知っておけば、それ以外にも本当に多くの場面で役に立ちます。


当ファイルの目次ページへ


§ 疾患名=子宮体ガン(子宮内膜ガン{Endometrial cancer}) §

子宮体ガン(子宮内膜ガン{Endometrial cancer})


当ファイルの目次ページへ


§資料 A §



【資料名】

Current Meical Diagnosis & Treatment 2005 (通称 CMDT 2005と呼ばれている本)Chapter 40


当ファイルの目次ページへ


【化学療法の内容】



『現在の第一選択の治療法』

プロゲスチン(プロゲステロンに類似の合成薬群)、又は、tamoxifen


当ファイルの目次ページへ


『その他の有用な薬』

doxorubicin、cisplatin、fluorouracil、ifosfamide


当ファイルの目次ページへ


§資料 B (子宮内膜ガンに対する治療)§



資料 Source

American Cancer Society ホームページ
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


当ファイルの目次ページへ


化学療法

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

化学療法では、抗ガン剤を服用したり、静脈注射したりするのが普通で、その場合、薬は血液中に入って全身に到達する。従って、化学療法は、ガンが子宮内膜の外へ拡大したケースで有用である。

化学療法に於いては、複数の化学療法剤を併用して投与することがある。この併用化学療法は、時として、単独の化学療法剤よりも有効である。

子宮内膜ガンを治療するために使用される化学療法剤としては、ドキソルビシン(アドリアマイシン)、シスプラチン、パクリタキセル(タキソール)、などがある。

これらの薬は、ガン細胞を殺すが、若干の正常細胞にもダメージを与えることがあり、その結果、副作用が起きる。従って、副作用を最小限にするための注意が必要である。

これらの副作用は、薬のタイプ、投与量、投与期間の長さ、によって異なる。症状としては、吐き気や嘔吐、食欲低下、口内炎、腟の潰瘍、脱毛、などがある。

化学療法剤は、骨髄にある造血細胞にダメージを与えることがあるため、血球数が少なくなることがある。その結果起きることがあるのは:
◇感染リスクの増大(白血球不足による)
◇軽度の切り傷やケガによる出血やアザ(血小板の不足による)
◇疲労感、息切れ(赤血球の不足による)

大部分の副作用は、治療を止めれば消失する。化学療法の副作用の多くに対しては、治療法があることを覚えておくこと。例えば、吐き気や嘔吐の予防や治療には、制吐剤が有効である。副作用の問題がある場合は、治療チームに告げること。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


ステージ IV のケースでの化学療法

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

進行性の子宮内膜ガンの患者さんの約 20〜40% の患者さんに於いて、併用化学療法が一時的にでも有効であることが示されている。使用される薬は、ドキソルビシン(アドリアマイシン)、パクリタキセル(タキソール)、シスプラチン、シクロホスファミド、フルオロウラシル(5-FU)、メトトレキセート、ビンブラスチン、である。これらの薬は通常、2 つの薬を併用する。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


ホルモン療法

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

子宮内膜ガンのホルモン療法に使われる薬として主なものは、プロゲスチン(黄体ホルモンに類似した、薬のグループ)である。プロゲスチンのなかで最も使用されているのは、酢酸メドロキシプロゲステロン(Provera{注射剤、錠剤})と、酢酸メゲストロール(Megace{錠剤})である。これらの薬は、子宮内膜ガンの成長を遅くする。

タモキシフェン、(乳ガンの治療のためにしばしば使用される薬)も、進行性、又は、再発性の子宮内膜ガン治療に使用されることがある。タモキシフェン治療の目的は、身体の中のエストロゲンが子宮内膜ガン細胞の成長を刺激するのを予防することである。

タモキシフェンは、エストロゲンの子宮内膜ガン細胞刺激を抑える作用をもっているが、身体の他の個所では、弱いエストロゲン的な作用をもっている。これにより、タモキシフェンには、早期の閉経による骨量低下や心臓障害を抑える効果があるようである。

子宮内膜ガンの患者さんの場合は、多くのケースで、卵巣の切除を受けているか、又は、放射線療法によって卵巣が活動しなくなっている。その結果、エストロゲンの産生は低下しており、ガンの成長が遅くなっていることがある。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


§資料 C §(未記入です)



§資料 D §(未記入です)