目次

【index】


§ 本資料作成上の原則、アドバイス §



【本資料作成上の原則】



『内容記述上の原則』

複数の資料を参考にして本資料を作成していきますが、各参考資料の内容を無理にまとめることはせず、原則として参考資料ごとに全て併記しておきます。重複したり、場合によっては資料間で矛盾しているように思われる場合があるかも知れませんが、データを残すことを重視しました。


当ファイルの目次ページへ


『薬の名称について』

薬の名称は、英語の一般名で記述します(世界的なルールでは、英語の一般名が最も正式で、どこへ行っても確実に通用する名称です)。カタカナ名や、商品名については、本サイトの化学療法剤各論のページなどを参考にしてください。


当ファイルの目次ページへ


【アドバイス】

現在化学療法を受けておられるかたは、どのような薬が使われているのか、常に医者に確認されることを強くお勧めします。現状を把握しておけば、いろいろな戦略を自分で立てることができます。治療の内容を知っておけば、それ以外にも本当に多くの場面で役に立ちます。


当ファイルの目次ページへ


§ 疾患名=多発性骨髄腫(Multiple myeloma) §

多発性骨髄腫(Multiple myeloma)


当ファイルの目次ページへ


§資料 A §



【資料名】

Current Meical Diagnosis & Treatment 2005 (通称 CMDT 2005と呼ばれている本)Chapter 40


当ファイルの目次ページへ


【化学療法の内容】



『現在の第一選択の治療法』

以下のような併用化学療法:
◇vincristine + doxorubicin + dexamethasone
◇melphalan + prednisone

melphalan、cyclophosphamide、carmustine、vincristine、doxorubicin、prednisone、thalidomide、最初の寛解のときに自家移植を実施、予後がよくない病気のケースでミニ同種移植を実施、再発性又は難知性の場合に bortezomibの投与


当ファイルの目次ページへ


『その他の有用な薬』

clarithromycin、etoposide、cytarabine、interferon alfa、dexamethasone、自家骨髄移植


当ファイルの目次ページへ


§資料 B §



資料 Source

American Cancer Society ホームページ
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


当ファイルの目次ページへ


化学療法



【多発性骨髄腫の治療用の化学療法レジメン】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

化学療法とは、薬を使って多発性骨髄腫細胞を破壊したり、抑えたりする治療法である。これらの薬は、経口、又は、静脈注射や筋肉注射で投与するので、結局は血液中に入り、身体の全ての部分に到達する。従って、この治療法は、多発性骨髄腫のように、広く拡大する傾向があるガンの治療法として有用である。

多発性骨髄腫に対する通常の治療法は、過去数年間で、大幅に変化した。造血幹細胞移植が実施されるようになったからである。

過去 30 年間の標準的な化学療法レジメンは、2 剤の併用であった。つまり、メルファラン + プレドニソンであった。これ以外にしばしば使用されてきた薬として、ビンクリスチン、シクロホスファミド、カルムスチン、ドキソルビシン、がある。(時々これらの薬は、メルファラン + プレドニソンと併用する) デキサメタゾンをプレドニソンの代わりに使用することがある。

以上の薬を併用して使用する方法は、これらの薬それぞれを単独で使用する方法よりも、より効果的である。そのような併用レジメンには、併用する個々の薬の頭文字を使った名称がついている。例えば、以下の併用レジメンがある:

◇MP :メルファラン + プレドニソン
◇VBMCP :ビンクリスチン + カルムスチン(BCNU) + メルファラン + シクロホスファミド + プレドニソン
◇VAD :ビンクリスチン + ドキソルビシン(アドリアマイシン) + デキサメタゾン
◇Thal - Dex :サリドマイド + デキサメタゾン

どのようなレジメンを選び、どの程度の用量を投与するのかは、多くの要因(ガンのステージ、年齢、患者さんの腎機能、など)を考慮して決める。

もう1つの考慮要因は、幹細胞移植が計画されているかどうかである。それが計画されている場合には、骨髄へのダメージが特に強い薬(メルファラン、シクロホスファミド、カルムスチン、など)の使用を避ける医者が多い。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【化学療法の副作用】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

化学療法剤はがん細胞を殺すが、正常細胞に損傷を与えることがある。化学療法の副作用を避けたり、軽減するために、慎重な注意が払われる。これらの副作用は、薬のタイプ、投与量、投与期間の長さ、によって異なる。

化学療法剤は、急速に分裂している細胞を特異的に攻撃する。ガン細胞は、正常細胞よりも、細胞分裂に費やしている時間の割合が多いことが、これらの化学療法剤が有効であることの理由である。

しかし、正常な細胞でも、特定の細胞(骨髄、口や腸の粘膜、毛包、などの細胞)は、消耗した細胞を置き換えるために、常に分裂が必要である。従って、このような細胞は、化学療法剤によって最も影響を受けやすい。その結果、副作用が起きる。

化学療法剤使用に伴う副作用としては以下のようなものがある:
◇脱毛
◇口内炎
◇感染リスクの増大(白血球不足による)
◇軽度の切り傷やケガによる出血やアザ(血小板の不足による)
◇疲労感、息切れ(赤血球の不足による)
◇食欲不振、吐き気、嘔吐(これらの副作用は、部分的には、腸の細胞へのダメージによって起きるが、特定の化学療法剤の場合には、脳内の、食欲や嘔吐をコントロールしている領域へ影響が及ぶことによっても起きることがある)

これらの副作用は通常、一時的なもので、治療を止めれば消失する。

副作用の問題がある場合は、治療チームに告げること。何故なら、副作用を軽減するための方法がしばしば存在するからである。例えば、吐き気や嘔吐を予防したり軽減するために、制吐剤を化学療法剤と一緒に投与することがある。

以上のような一時的な副作用以外に、化学療法剤の中には、特定の臓器(心臓や腎臓など)に恒久的なダメージを与えることのあるものもある。このようなリスクは、利益と慎重に比較する必要があり、また、ダメージがあるかも知れない臓器の機能は、慎重にモニターしていく必要がある。重大な臓器ダメージが発生した場合は、問題の薬は中止し、他の薬に変更する。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【サリドマイド】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

サリドマイドは、もともと鎮静剤として開発されたものの、先天性障害の原因となるとして、禁止された薬であるが、現在、骨髄腫の治療に使用されている。デキサメタゾンと併用した場合、患者さんの約 70% で、骨髄腫の部分的な、又は、完全な消失が得られる。しかし、この消失は、一時的であることがある。サリドマイドには、重要な副作用がある。重症の便秘、手足の無感覚やチクチク感、疲労感、眠気、などである。眠気以外の副作用は、サリドマイドの使用期間が長いほど悪化する。サリドマイドに類似しているが、副作用が少ない新薬が開発中であり、臨床での使用が近づいている。

尚、上記の併用レジメン(サリドマイド + デキサメタゾン{ Thal-Dex と呼ばれる})は、【多発性骨髄腫の治療用の化学療法レジメン】の項目であげたレジメンよりも優れていると示唆されている(とくに、幹細胞移植が予定されている患者さんの場合)。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【 bortezomib (Velcade)】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

以前は PS - 341 と呼ばれていた製品である。最近 FDA は、当該製品を、これまでに少なくとも 2 種類の化学療法を受けた後に再発した多発性骨髄腫の治療用として、認可した。bortezomib は、プロテアソーム抑制薬という新しいタイプの薬である。この薬は、プロテアソームという酵素複合体が、特定の重要な蛋白質群(細胞分裂を厳格にコントロールする機能をもっている)を分解することを抑制する。この薬は、正常細胞よりも、ガン細胞のほうに、より強く働くようであるが、副作用がないわけではない。

bortezomib は、2 件の臨床試験のデータを基に認可されたのであるが、それらの臨床試験に於いて、この薬の投与を受けた患者さんの約 1 / 3 でガンが縮小することが示された。

現在、上記の臨床試験よりも大規模な臨床試験が進展中であり、この臨床試験では、この薬で生存期間が伸びるのかどうか、病気のより早期の段階でこの薬を使用しても有用であるかどうか、について評価が行われている。

bortezomib の最も高頻度の副作用として、臨床試験から報告されているのは、吐き気、嘔吐、疲労感、下痢、便秘、血小板減少、発熱、食欲減退、などである。若干例の末梢性ニューロパシー(手足の無感覚やチクチク感)も報告されている。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【ビスフォスフォネート】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

骨髄腫のケースで、懸念されることの多い症状は、骨へのダメージによる症状である。骨髄腫細胞は、骨を溶かすことがあり、骨が弱くなったり、骨折が起きたりすることがある。このプロセスを、ビスフォスフォネートによって遅くすることができる。

骨髄腫のケースでの骨へのダメージ治療用として標準的なビスフォスフォネートは、パミドロン酸、又は、zoledronic acid(zolendronate)で、これらを静脈注射する。骨へのダメージがある患者さんの場合、骨髄腫に対する化学療法と同時にビスフォスフォネートの投与を始めることが勧められることが多い。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


生物学的治療



【原理】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

生物学的治療法は、免疫療法とも呼ばれ、免疫システムの特定の部分を使用して、ガンと戦う治療である。具体的には、患者さん自身の免疫システムを刺激して、より強力に働くようにさせる方法もあるし、外部からのもの(人工の免疫システム蛋白質など)を使用する方法もある。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【インターフェロン】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

インターフェロンとは、特定の白血球や骨髄細胞が分泌する、ホルモンに似た物質である。IL-6 とはちがって、インターフェロンは、骨髄腫細胞の成長を遅くする。インターフェロンは、化学療法と併用する場合もあるが、今までのところ、最も効果的なのは、化学療法を受けて寛解を得た患者さんで使用する方法である。インターフェロンは、寛解を伸びさせるものと思われる。

副作用として、インフルエンザ感染に類似した症状(疲労感など)などを起こすことがある。若干の患者さんでは、この副作用を忍容できない場合があるが、全体としては、寛解が長くなったり、骨髄腫の症状が軽減する利益のほうが、副作用よりも重要である。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【エリスロポイエチン】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

エリスロポイエチンは、貧血(赤血球数低下)の是正の助けになる薬である。医者の大部分は、この薬が、多発性骨髄腫での貧血や、その症状(脱力感、めまい感、運動の困難)の改善の助けになる、と考えている。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


高用量化学療法と幹細胞移植



【原理】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

この方法は、骨髄腫以外には健康な、より若年の患者さんに対する標準的な治療法となっている。多くのセンターは、最高 70 歳までの患者さんに対して、この方法を使用している。くつかの研究の結果として、この方法が、標準的な化学療法と比較して、生存期間を長くできることが示されている。

この方法の第一段階は、骨髄腫の治療で、これは、患者さんの体内の骨髄腫細胞を減らすことが目的である。使用する薬は、サリドマイド、又は、ビンクリスチンとドキソルビシン(アドリアマイシン)との併用である。(いずれの場合にも、デキサメタゾンも併用する)VAD レジメン(*)の不利な点の一つは、特別な Iカテーテルを、大静脈に設置する必要がある点である。

(*)mougitaro注: VAD レジメンとは、本文のすぐ上に書かれている、ビンクリスチン、アドリアマイシン、デキサメタゾンの併用のことです。

上記の化学療法の後に、しばしばシクロホスファミド(これも化学療法剤)と白血球産生を刺激する薬とを投与する。その後、白血球アフェレーシスという技術によって、患者さん自身、又は、ドナーの血液から造血幹細胞を採取する。(この技術では、血液を患者さん、又は、ドナーから装置へ循環し、幹細胞を採取した後に、血液を患者さん、又は、ドナーへ返す) 骨髄から幹細胞を採取することもある。

上記のようにして採取した幹細胞は凍結し、患者さんが高用量化学療法を受ける間は保存しておく。高用量化学療法に使用される薬は通常、メルファランである。高用量化学療法によって、患者さんの骨髄にある細胞のほとんど全て(造血幹細胞や形質細胞を含め)が破壊される。このことは、通常は生命に関わることであるが、高用量化学療法の後に、解凍した幹細胞を患者さんに注入することで、避けることができる。幹細胞は、血液中に注入され、骨髄へ到着し、成長を始める。

高用量化学療法の後の期間には、患者さんはしばしば、高熱を発することがある。この原因はしばしば感染である。これは、静脈注射による抗生物質投与によって治療する。もう1つの高頻度の問題は、口内炎である。非常に痛くなることがあり、オピオイド系鎮痛剤を使用することがある。化学療法によって、腸管の細胞がダメージを受け、痙攣痛や下痢が起きることがある。また、骨髄による血液細胞産生が一時的に不可能になるため、赤血球や血小板の輸血が必要となることがある。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【自家幹細胞移植】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

これは、患者さん自身の造血幹細胞を使う方法である。この方法は比較的に安全であり、重大な合併症のリスクは低い。従って、この方法は、高齢の患者さんでも実施可能である。

しかし、高用量化学療法で全ての骨髄腫細胞を殺すことは難しいことから、自家幹細胞移植の場合には、結局は骨髄腫が再発することが多い。若干の患者さんの場合には、骨髄腫がない期間が長く得られるが、この方法が治癒的であると言うことはできない。

とはいえ、この方法は、条件を満たす患者さんにとっては、優先的な治療法となりつつあることが明らかで、2002 年には、北米で 4,000 例ほどが実施された。

一部の医者が勧めているのは、この方法を、繰り返す(最初の移植の 6 から 12 ヶ月以内の間に)方法である。これはタンデム移植と呼ばれる。最近の研究では、タンデム移植によって、1 回の移植の場合よりも、生存期間が長くなることが示されている。しかし、当然ながら、副作用も強くなる。新しい研究の結果が得られつつあり、この分野は、急速に進展中である。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【他家幹細胞移植】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

この方法が実施されることは、自家幹細胞移植の場合よりもはるかに少ない。この方法の場合には、ドナー(通常は血縁者、又は、より低頻度であるが、組織タイプが適合する非血縁者)からの造血幹細胞を使用する。

この方法の場合、重症の合併症のリスクが、自家幹細胞移植よりも高い。しかし、寛解が長くなることがある。何故なら、ドナーからの免疫システム細胞が、骨髄腫細胞の破壊を助けることがあるからである。

この方法が、骨髄腫治療用として使用されることは少ない。その理由は:
◇移植に伴う副作用に耐えるためには、患者さんは比較的に若い必要がある。(骨髄腫の患者さんは大部分が高齢の人たちである)
◇ドナーの組織タイプが患者さんの組織タイプと適合する必要がある。

2002 年に他家幹細胞移植が北米で実施されたのは、500 件未満である。

一定の他家幹細胞移植では、特定の化学療法剤(通常は、fludarabine )を低用量で使用することがある。移植された幹細胞が、高用量の場合のような毒性の問題なしに、生着できるようにするためである。この方法を、「骨髄非破壊的な移植」という。この方法は、より高齢の患者さんでも実施可能である。化学療法剤で骨髄腫細胞が破壊されなくても、移植された造血幹細胞が骨髄腫細胞を破壊してくれることを期待する方法である。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


ステージごとの治療法



【弧発性の形質細胞腫】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

放射線療法で治療する。多発性骨髄腫が始まったことが明らかにならない限り(明らかになるまでは)薬は使用しない。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【ステージ I、又は、くすぶり骨髄腫】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

症状がない場合には、慎重なフォローアップ検査だけを行い、直ちには治療を実施しないことが通常勧められる。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【以上以外の全てのステージ】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

症状がある場合、又は、骨へのダメージが始まっている徴候があり、幹細胞移植の予定がない場合、併用化学療法が勧められる。

通常の化学療法レジメンは、MP (*)であるが、他のレジメン( VBMCP など(*))が使用されることもある。
(*)mougitaro注:これらのレジメンについては A2.化学療法の項目を参照してください。

この時点では、ビスフォスフォネートも投与することがある。ダメージを受けている骨の部分が、化学療法やビスフォスフォネートに反応しない場合は、外部線源放射線療法を実施することがある。

幹細胞移植が予定されている場合、VAD レジメン、又は、Thal-Dex レジメンを実施する。これに続いて、幹細胞移植を実施する。(幹細胞の採取は、シクロホスファミドと白血球産生促進薬による治療の後に、実施される) その後、高用量のメルファランを投与する(静脈からの投与)。幹細胞移植は通常、自家幹細胞移植である。6〜12ヶ月間の間に繰り返すこともある。

もう1つの選択肢は、他家幹細胞移植である。これは治癒能力があり得る方法であるが、自家幹細胞移植よりも副作用が強く、場合によっては、生命に関わることがある。高用量化学療法と他家幹細胞移植との組み合わせが実施可能であるのは、45 歳〜50 歳未満の、より若年の患者さんであり、このような患者さんは、多発性骨髄腫のなかの一握りだけである。

もう1つのアプローチは(特により高齢の患者さんのための)、骨髄非破壊的な他家幹細胞移植である。

化学療法の後にインターフェロンで治療することにより、骨髄腫の再発防止に役立つことがある。しかし、この方法には重症の副作用が伴うことがある。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


§資料 C §(未記入です)



§資料 D §(未記入です)