目次

【index】


§ 本資料作成上の原則、アドバイス §



【本資料作成上の原則】



『内容記述上の原則』

複数の資料を参考にして本資料を作成していきますが、各参考資料の内容を無理にまとめることはせず、原則として参考資料ごとに全て併記しておきます。重複したり、場合によっては資料間で矛盾しているように思われる場合があるかも知れませんが、データを残すことを重視しました。


当ファイルの目次ページへ


『薬の名称について』

薬の名称は、英語の一般名で記述します(世界的なルールでは、英語の一般名が最も正式で、どこへ行っても確実に通用する名称です)。カタカナ名や、商品名については、本サイトの化学療法剤各論のページなどを参考にしてください。


当ファイルの目次ページへ


【アドバイス】

現在化学療法を受けておられるかたは、どのような薬が使われているのか、常に医者に確認されることを強くお勧めします。現状を把握しておけば、いろいろな戦略を自分で立てることができます。治療の内容を知っておけば、それ以外にも本当に多くの場面で役に立ちます。


当ファイルの目次ページへ


§ 疾患名=ホジキン病(Hodgkin's disease( 略称 HD )) §

ホジキン病(Hodgkin's disease( 略称 HD ))


当ファイルの目次ページへ


§資料 A §



【資料名】

Current Meical Diagnosis & Treatment 2005 (通称 CMDT 2005と呼ばれている本)Chapter 40


当ファイルの目次ページへ


【化学療法(ステージ III 及びステージ IV で使用)の内容】



『現在の第一選択の治療法』

併用化学療法(doxorubicin(Adriamycin(R)) + bleomycin + vinblastine + dacarbazine(ABVDという名称のメニューである))、又は、代替の併用化学療法(mechlorethamineを含まないもの) リスクの高いケースや再発性の場合は自家骨髄移植


当ファイルの目次ページへ


『その他の有用な薬』

mechlorethamine + vincristine + prednisone + procarbazine(MOPPという名称のメニューである);carmustine、lomustine、etoposide、thiotepa、自家骨髄移植


当ファイルの目次ページへ


§資料 B §



資料 Source

American Cancer Society ホームページ
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


当ファイルの目次ページへ


資料更新日時

第 1 回のまとめ: 2005 年 11 月 11 日

化学療法の実際



【化学療法の内容】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

化学療法は、医薬品を使用してガン細胞を殺す治療法である。医薬品は、錠剤として経口服用することもあるし、静脈注射や筋肉注射をすることもある。化学療法は、全身的な治療方法である。つまり、医薬品は血液中に入り、身体中を循環して、ガン細胞が身体のどこに存在していても、そこに到達して、ガン細胞を殺す。

ホジキン病に対する化学療法では、常に、複数の化学療法剤が使用される。何故なら、異なる薬は、異なる方法でガン細胞を殺すからである。複数の薬の併用方法は、しばしば、覚えやすい略号で記述される。

他の併用方法も存在するが、米国での標準は、ABVD と呼ばれる以下の 4 つの薬の併用である:
◇アドリアマイシン(ドキソルビシン)(つまり、頭文字が A )
◇ブレオマイシン( B )
◇ビンブラスチン( V )
◇ダカルバジン( D )

その他の併用レジメン(*)としては、例えば以下のものがある:

(*)mougitaro注: レジメンとは、厳密には、使用する化学療法剤の種類と、使用方法(投与量や投与スケジュール)をセットにした考えかたですが、通常は、併用する化学療法剤の組み合わせのことと考えれば良いでしょう。

BEACOPPレジメン:
◇ブレオマイシン( B )
◇エトポシド( E )
◇アドリアマイシン(ドキソルビシン)( A )
◇シクロホスファミド( C )
◇オンコビン(ビンクリスチン)( O )
◇プロカルバジン( P )
◇プレドニソン( P )

スタンフォード V レジメン:
◇ドキソルビシン
◇メクロレタミン(ナイトロジェン・マスタード))
◇ビンクリスチン
◇ビンブラスチン
◇ブレオマイシン
◇エトポシド
◇プレドニソン

これら以外にもレジメンは存在しており、多くのレジメンは、上記のレジメンと同じ薬を含んでいる(但し、用量や投与スケジュールが異なる)。おそらく最も重要な事項は、担当の医者が、治療に使用しているレジメンを熟知し、副作用について理解していることである。(*)

(*)mougitaro注: 米国と異なり、日本では、医者であるからといっても、必ずしも化学療法剤を熟知しているとは限りません。患者さんや家族さんが、出来るだけご自分で、使用されている化学療法剤(レジメン)についてお調べになることをお勧めします。(本サイトの「化学療法剤のページ」にも、上記の化学療法剤の個々のほとんどのものについては説明しております。併用レジメン自体についても、今後欧米のサイトを調べて、説明を載せていきたいと思います)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【化学療法の副作用】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

化学療法剤は、ガン細胞を殺すが、正常細胞にもダメージを与えることがある。その結果、副作用が起きることがある。これらの副作用は、薬のタイプ、投与量、投与期間の長さ、によって異なる。ガンの化学療法に使用される薬は、急速に分裂する細胞を特異的に攻撃する。これらの薬が有効であるのは、ガン細胞が、正常細胞よりも、より長い時間を、分裂・増殖に費やすからである。

しかし、正常な細胞でも、特定の細胞(骨髄、口や腸の粘膜、毛包、などの細胞)は、消耗した細胞を置き換えるために、常に分裂が必要である。従って、このような細胞は、化学療法剤によって最も影響を受けやすい。その結果、以下のような副作用が起きる。
◇脱毛
◇口内炎
◇感染リスクの増大(白血球不足による)
◇軽度の切り傷やケガによる出血やアザ(血小板の不足による)
◇疲労感、息切れ(赤血球の不足による)
◇食欲不振、吐き気、嘔吐(これらの副作用は、部分的には、腸の細胞へのダメージによって起きるが、特定の化学療法剤の場合には、脳内の、食欲や嘔吐をコントロールしている領域へ影響が及ぶことによっても起きることがある)

これらの副作用は通常、一時的なもので、治療を止めれば消失する。

医者は、化学療法に伴う副作用を予防したり、軽減したりすることを試みるはずである。副作用の問題がある場合は、治療チームに告げること。何故なら、副作用を軽減するための方法がしばしば存在するからである。例えば、吐き気や嘔吐を予防したり軽減するために、制吐剤を化学療法剤とほとんど常に一緒に投与する。

さらに、化学療法剤のなかには、長期的な副作用(治療の終了後、長く経過してから発症する)を伴うものがある。影響を受けるのは、心臓、肺、成長、子供をもうける能力、などである。患者さんが十分に成人しており、不妊をもたらす可能性がある薬を使用する予定である場合、化学療法を開始する前に、精子銀行を考慮すべきである。

このような長期的な副作用の重症度は、治療時の患者さんの年齢によって異なる。また、後になって二次的なガン(白血病など)が発症するリスクが増大する。

担当医に対しては、化学療法の結果、自分の場合に生じ得る全ての副作用について、説明を求めること。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【ステージごとの治療選択肢(含放射線療法)】



『全体論』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

個々のケースでどのような治療法が勧められるかは、患者さんの年齢、病気のステージ(臨床的ステージだけであるか、病理的ステージであるかにもよる)、による。

青年期の患者さんの場合、完全に成長している場合には、治療は通常、成人と同じである。このセクションでは、病気のステージ別に治療選択肢をまとめ、また、成人と小児とでの治療の差を指摘する。

個々の患者さんの治療選択肢の決定には、以下のような要因を考慮する:
◇ホジキン病のタイプ
◇ホジキン病の量(程度)
◇血液検査やその他の検査の結果
◇患者さんの一般的な健康状態
◇患者さんの年齢
◇患者さんの病歴

以上のように多数の要因が考慮されるため、個々の患者さんの実際の治療法は、以下の一般的な概観とは異なるかも知れない。重要なことは、担当の医者が、ホジキン病の治療に熟練していることである。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『ステージ I / II で、条件が良好なケース』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

前記の A0.ステージ決め の項目で説明されているような、不利な予後因子が 1 つも存在しない場合、治療選択肢は:

◇化学療法(通常、 ABVD )を 2〜4 コース(*)実施し、次いで、重要な個所のリンパ節への放射線療法
(*)mougitaro注: 厳密には、コースとサイクルとは異なりますが、ここでは、(前後関係から)、サイクルの意味であると考えられます。

又は、

◇若干のケースでは、ABVD による化学療法を 6 サイクル実施し、放射線療法は行わない。

医者の中には、このような条件の場合には、放射線療法を実施すべきでない(長期的な副作用の懸念)と考える者もいる。

小児の場合には通常、化学療法だけを実施するが、非常に大きな腫瘤があって、化学療法では完全には消滅しない場合、放射線療法を併用する。但し、放射線療法を実施する場合は、線量や照射域は可能な限り小さくする。

ホジキン病が、横隔膜よりも下で発生した場合、放射線療法を、腹部やそけい部のリンパ節、脾臓に実施することがある。より一般的なアプローチは、化学療法を併用する方法で、放射線療法は腫瘤のあるリンパ節でも、より大きいリンパ節にだけ実施する。若い女性で放射線療法を実施する場合、卵巣を保護する必要がある。卵巣にダメージがあると、妊娠が不可能になる可能性があるからである。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『ステージ I / II で、条件が不利な場合』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

B タイプの症状があったり、胸部にホジキン病の大きな腫瘤があったり、不利な予後因子( A0 ステージ決め の項目参照)の特定の組み合わせが存在する場合、治療はより集中的になることがある。

大部分の医者は、化学療法 4 コース(又はそれ以上)( ABVD が普通)を勧めるが、中には、Stanford V レジメンや、BEACOPP レジメンを勧める者もいる。これらの化学療法に続いて、腫瘍の個所に放射線療法を実施する。

小児の場合には通常、化学療法だけを実施するが、非常に大きな腫瘤があって、化学療法では完全には消滅しない場合、放射線療法を併用する。但し、放射線療法を実施する場合は、線量や照射域は可能な限り小さくする。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『ステージ IIIA / IIIB 』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

大部分の医者は、このステージの治療としては、フル用量の化学療法を実施する。ABVD レジメンを使うこともあるが、医者の中には、より集中的な治療法として、Stanford V、又は、BEACOPP のほうを勧める者もいる。これらの治療の後に残っている腫大したリンパ節には、放射線照射をする。(放射線療法は、化学療法が完了し、しかも、ガンの縮小が停止してから、実施する。ガンの縮小が続いている間は、化学療法を継続する。胸部に非常に大きい腫瘤がある場合は、化学療法完了後に、放射線療法を実施する) 少なくとも 6 サイクルの治療を実施するのが普通である。

小児の場合、化学療法だけで治療するか、又は、化学療法と低用量の放射線療法(かさ高い疾患{ホジキン病変が多い個所}部分への)との併用で治療する。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『ステージ IV 』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

成人の場合、化学療法だけで治療するか、又は、化学療法と放射線療法(化学療法前に腫大していたリンパ節領域への)で治療する。

小児の場合、化学療法だけで治療するか、又は、化学療法と低用量の放射線療法(かさ高い疾患{ホジキン病変が多い個所}部分への)との併用で治療する。(現在、どちらの治療法がより優れているかについて、臨床試験が進展中である)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『治療抵抗性のホジキン病』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

ホジキン病の治療では、ガンの痕跡の全てを除去しなければならない。治療を終了した場合、ホジキン病を発見した時と同じテストを実施する。ホジキン病が残っている場合、専門家の多くは、同じ治療を繰り返しても治癒は困難であると考える。場合によっては、化学療法の後に残っている単一の病変領域に対する放射線療法で治癒可能なことがある。

放射線療法がうまくいかなかった場合、化学療法でも治癒可能なことがある。しかし、これらの治療法の併用がうまくいかなかった場合には、高用量化学療法と自家幹細胞移植を考慮すべきかも知れない。医者の多くは、移植を勧めるものと思われる。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『再発性のホジキン病』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

再発性のホジキン病に対する治療は、再発個所と、以前にどのような治療を受けたか、によって異なる。もし最初の治療が放射線療法だけ(化学療法なし)であった場合は、再発時には、化学療法を通常実施する。
初回の治療が、化学療法だけ(放射線療法なし)であった場合で、しかも、再発個所がリンパ節だけである場合、再発リンパ節への放射線療法を実施することがある(化学療法は実施することも、しないこともある)。

化学療法の場合には、異なる薬による化学療法を再発時に使用可能であるが、放射線療法は、前回と同じ個所へは実施できない。(例えば、前回、胸部のホジキン病を放射線療法で治療し、そこに再発した場合には、胸部への放射線療法は実施できない。このことは、前回の放射線療法がどれだけ以前であったかには関係なく言えることである)

上記のように、初回の治療法として化学療法を実施した場合は、異なる薬による化学療法を再発時に実施可能である(小児の患者さんでも成人の患者さんでも)。再発個所が 1 個所以上の場合、より多くの化学療法を実施することもあるし、高用量化学療法と造血幹細胞移植との併用を実施することもある。

初回の治療から数ヶ月以内に再発した場合、高用量化学療法と自家幹細胞移植との併用が勧められることがある。他方、もし病気が長期間経過後に再発した場合、異なる薬による化学療法でも治癒可能なことがある。このような治療の選択は、患者さん自身と、治療チームとによってなされる必要がある。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


§資料 C §



§資料 D §