目次

【index】


§ 本資料作成上の原則、アドバイス §



【本資料作成上の原則】



『内容記述上の原則』

複数の資料を参考にして本資料を作成していきますが、各参考資料の内容を無理にまとめることはせず、原則として参考資料ごとに全て併記しておきます。重複したり、場合によっては資料間で矛盾しているように思われる場合があるかも知れませんが、データを残すことを重視しました。


当ファイルの目次ページへ


『薬の名称について』

薬の名称は、英語の一般名で記述します(世界的なルールでは、英語の一般名が最も正式で、どこへ行っても確実に通用する名称です)。カタカナ名や、商品名については、本サイトの化学療法剤各論のページなどを参考にしてください。


当ファイルの目次ページへ


【アドバイス】

現在化学療法を受けておられるかたは、どのような薬が使われているのか、常に医者に確認されることを強くお勧めします。現状を把握しておけば、いろいろな戦略を自分で立てることができます。治療の内容を知っておけば、それ以外にも本当に多くの場面で役に立ちます。


当ファイルの目次ページへ


§ 疾患名=皮膚浸潤性T細胞リンパ腫(Cutaneous T cell lymphoma)=菌状息肉腫(Mycosis fungoides) §

皮膚浸潤性T細胞リンパ腫(Cutaneous T cell lymphoma)=菌状息肉腫(Mycosis fungoides)


当ファイルの目次ページへ


§資料 A §



【資料名】

Current Meical Diagnosis & Treatment 2005 (通称 CMDT 2005と呼ばれている本)Chapter 40


当ファイルの目次ページへ


【化学療法の内容】



『現在の第一選択の治療法』

carmustineの局所投与、電子線放射線療法、光化学療法、targretin、難治性の場合には denileukin diftitox(ONTAK(R))


当ファイルの目次ページへ


『その他の有用な薬』

interferon、併用化学療法、denileukin diftitox(ONTAK(R))、targretin


当ファイルの目次ページへ


§資料 B §



§資料 C §



§資料 D §