Archiveの表紙 支援治療
情報データベース=> 全般 血液・リンパ・骨髄 脳・脊髄 乳がん 肝臓 消化管 生殖系 頭頸部  肺  膵臓 前立腺 メラノーマ 甲状腺 腎臓・尿路 その他
肺 情報(旧記事)

*****目次*****

*****以下本文*****

【タイトル行からの 内容検索方法】

検索の手順

下記の「旧記事タイトル」の各タイトルのうち、リンクが設定されていない記事《2007年 5月以降の記事》については、以下の手順《@ → C) により検索をして、それぞれの記事の内容を ご覧ください:

@当該タイトル行の末尾に記述されている 年月日 + アルファベット記号(2文字) の箇所(*) をコピーする。《つまり、それらの文字列を選択(黒白反転)して、Ctrl + C》
(*)例えば、
◆原発性眼内悪性リンパ腫《 PIOL 》について : 一グループの報告(論文・報告)07.11.26ta 
の 07.11.26ta という文字列のことです。

A当該タイトルから下へ見ていって、最初に見つかった (↑○○○○年 ○月)(*)の内容をメモする。
(*)上記の例で言えば、(↑2007年 12月)が見つかるので、2007年 12月 とメモします。《ちなみに、この年月とは、当該記事が本家サイトに収載された 年月です》

B「記事内容ファイルへのリンク」(↓次の項目のことです)で、上記でメモした年月のリンクをクリックする。《すると、当該記事が記述されている内容ファイルのページが開きます》

C記事内容ファイルのページが開いたら、ブラウザの 「このページを検索する」 の機能により、検索語の窓に @でコピーした文字列を貼り付けて、検索を実行してください。
《申し訳ありませんが、ブラウザにより細かい操作が異なりますので、具体的操作については、各ブラウザの説明を お読みください》

ご参考 : 当サイト内の Google検索は、表紙ページから可能です。(但し、Googleが拾ってくれていない記事も有り得ますので、ご了承ください)

記事内容ファイルへのリンク


2007 年 :  1 月  2 月  3 月  4 月  5 月  6 月  7 月  8 月  9 月  10 月  11 月  12 月

【このページに戻る方法】

原因はよくわかりませんが、このサイトでは、ブラウザの「戻る」ボタンが働かない場合があります。そのような場合には、お手数ですが、一旦あらためて当サイト全体の表紙ページに行き、そこに設定されている各領域トップページへのリンクから このページに戻ってください

【旧記事 タイトル】

各記事内のがん治療薬の日本での名称については、名称対照表をご参考にしてください。

***** 非小細胞肺がん *****


(新しい記事は、本家サイトで ご覧ください)

(↑2008年 1月)
◆『総標』 NCCN による非小細胞肺がん での 臨床実地ガイドライン(総説標題)07.12.14tb 
◆手術不可能な非小細胞肺がん での 病変部位への区域照射《 IFRT 》(論文・報告)07.12.09tb 
◆『総』 非小細胞肺がん での 補助化学療法・放射線療法に関するガイドライン(総説)07.12.02tg 
◆『総』 非小細胞肺がん での NCCN 臨床実地ガイドライン《腫瘍学シンポより》(総説)07.11.30td 

◆『総』 非小細胞肺がん の 治療 での 新しい標的《複数》(総説)07.11.27tb 
◆『総』 早期ステージの非小細胞肺がん に対する新規な治療アプローチ《複数》(総説)07.11.20ta 
(↑2007年 12月)
◆非小細胞肺がん で 白金系化学療法剤による化学療法 追加サイクルの多少の比較(論文・報告)07.11.18te 
◆肺がん の患者さん で 血液透析を受けているケース での gefitinib の投与について(論文・報告)07.11.13tb 
◆非小細胞肺がん での 悪性胸水の管理のための 3 種類の胸膜腔内治療レジメンの比較(論文・報告)07.11.13ta 

◆進行期の非小細胞肺がん での 一化学療法《 cisplatin + 静注・経口 交替の vinorelbine 》(論文・報告)07.11.10ta 
◆『総』 肺がん の治療に於ける topotecan による最近の進歩(総説)07.11.07tb 
◆『総』 非小細胞肺がん の 治療 での bevacizumab の役割 : 現行の適応、と、将来の開発(総説)07.11.07ta 
◆手術可能なステージ III A の非小細胞肺がん での 予防的 頭蓋照射の効果(論文・報告)07.11.02tb 
◆(ニュース冒頭)化学放射線療法により、肺がん での 生存期間 が 伸長 07.11.10nb 

◆進行期の非小細胞肺がん での docetaxel−とビンカアルカロイド−ベースの化学療法 の 比較(論文・報告)07.10.30tc 
◆(−結果) 先行治療の経験がある非小細胞肺がんのケース での exisulind + docetaxel(論文・報告)07.10.30tb 
◆ステージ III の非小細胞肺がん での 導入化学療法、と、引き続いての化学放射線療法(論文・報告)07.10.30ta 
◆ステージ I の非小細胞肺がん での 炭素イオン線放射線療法《 4 分割 で 1 週間》(論文・報告)07.10.29tj 
◆(総紹)非小細胞肺がん の 治療に於ける新しい標的(総説紹介文)07.10.29ta 

◆(ニュース冒頭)非小細胞肺がん では 女性のほうが男性よりも有利 07.11.01nb 
(↑2007年 11月)
◆非小細胞肺がん での 一薬物治療の試み《単剤 での pertuzumab 》(論文・報告)07.10.22tc 
◆(−結果) 年配/低活動ステータスの 非小細胞肺がん患者さん での docetaxel 含有レジメン(論文・報告)07.10.21te 
◆再発性/治療抵抗性の非小細胞肺がん での bevacizumab + [ 化学療法、又は、erlotinib ](論文・報告)07.10.19tf 
◆ステージ III の非小細胞肺がん での 導入化学療法 + 外科手術に伴う長期間の生存データ(論文・報告)07.10.19te 

◆(ニュース冒頭) Exelixis 社 が XL647 につき AACR-NCI-EORTC 会議で発表 07.10.26nf 
◆治療抵抗性、又は、再発性の非小細胞肺がん での 毎週 1 回の irinotecan + cisplatin(論文・報告)07.10.17ta 
◆非小細胞肺がん の 術前補助化学療法としての gemcitabine + cisplatin : Phase II 研究(論文・報告)07.10.16tb 
◆ステージ III B の非小細胞肺がん での 導入化学療法 + 化学放射線療法(論文・報告)07.10.16ta 
◆(ニュース)日本 で 非小細胞肺がん治療用に Tarceva を認可 07.10.23ne 

◆症例: 転移性の 肺の大細胞神経内分泌がん での 一化学療法の試み《 cisplatin + ……》(症例報告)07.10.14tc 
◆(未達) ステージ III 、IV の非小細胞肺がん での 化学療法《 docetaxel + vinorelbine 》(論文・報告)07.10.13ta 
◆進行期の非小細胞肺がん の年配の患者さん での 化学療法の比較《 cisplatin + …》(論文・報告)07.10.12tc 
◆(ニュース冒頭)進行期の非小細胞肺がん で Alimta/Platinol が より低毒性 07.10.17nc 
◆(ニュース冒頭)非小細胞肺がん の 治療用に vandetinib + docetaxel が 有望的 07.10.16na 

◆進行期の非小細胞肺がんでの順次実施の化学療法《 irinotecan + cisplatin + docetaxel 》(論文・報告)07.09.30td 
◆局所進行期の非小細胞肺がん での 導入化学療法 + 加速放射線療法(論文・報告)07.09.30tc 
◆『総標』非小細胞肺がん の 治療枠組みは変化中か? もし そうなら どのように?(総説標題)07.09.25tg 
◆局所進行期の非小細胞肺がん での 化学放射線療法《放射線 doranidazole を使用 》(論文・報告)07.09.23td 
(↑2007年 10月)
◆症例: 上皮成長因子レセプタ変異の ある肺腺がん での gefitinib 治療後の外科切除(症例報告)07.09.17te 

◆上皮成長因子レセプタ変異 非小細胞肺がん での gefitinib 単独治療に関するプール化分析(論文・報告)07.09.17tc 
◆非小細胞肺がん で 以前の化学療法の経験があるケース での carboplatin + paclitaxel(論文・報告)07.09.17tb 
◆(総紹)局所進行期の非小細胞肺がん治療のための根治的な化学放射線療法(総説紹介文)07.09.16ta 
◆( ニュース冒頭)早期の肺がん で手術が不適当なケースで 光線力学療法が効果的 07.09.14nb 
◆非小細胞肺がん の治療用の erlotinib、又は、gefitinib への耐性獲得後の 投与中止・再開(論文・報告)07.09.08ta 

◆( ニュース冒頭)進行期の非小細胞肺がん で 化学療法への Erbitux 追加で生存が改善 07.09.13na 
◆(未達) 進行期の非小細胞肺がん での一薬物治療の試み《 CI-1033 》(論文・報告)07.09.04tc 
◆( ニュース冒頭)欧州医薬品当局 が bevacizumab を非小細胞肺がんの第一線治療用に認可 07.09.11na 
◆( ニュース冒頭) OSI Pharmaceuticals 社 が Tarceva データのサマリーを発表 07.09.08ne 
◆( ニュース冒頭) Boehringer Ingelheim が非小細胞肺がん で BIBW 2992 の Phase III 計画 07.09.07nc 

◆( ニュース冒頭)非小細胞肺がん で Alimta + 白金系化学療法剤が Gemzar と同等の生存利益 07.09.07nb 
◆副・症例: 非小細胞肺がん からの脳転移の治療での erlotinib による phenytoin 毒性の増強(副作用症例)07.08.31tg 
◆( ニュース冒頭)Exelixis 社が非小細胞肺がん での XL647 の有望的中間結果を発表 07.09.06nh 
◆( ニュース冒頭) Stimuvax の 発表データが非小細胞肺がん での 3 年後生存にハイライト 07.09.06ng 
◆( ニュース冒頭)先行治療ありの非小細胞肺がん で gefitinib が docetaxel と同等に有効か 07.09.06nf 

◆( ニュース冒頭) Pharmacyclics 社が非小細胞肺がん での Xcytrin の有望的な結果を発表 07.09.06ne 
◆非小細胞肺がん で 脳への転移があるケースでの 緩和療法としての gefitinib(論文・報告)07.08.31tc 
◆進行期の非小細胞肺がん での化学療法比較《 carboplatin ベース 対 cisplatin ベース》(論文・報告)07.08.31tb 
◆( ニュース冒頭) Tarceva 《 Roche 社》により非小細胞肺がん の患者さん の生存が伸長 07.09.06nd 
◆非小細胞肺がん での脳転移に対する 2 つの放射線療法レジメン、及び、予後因子(論文・報告)07.08.27ta 
(↑2007年 9月)

◆症例: 非小細胞肺がん で gefitinib での病気進行後、 erlotinib で長期コントロールの例(症例報告)07.08.22te 
◆( ニュース冒頭)欧州医薬品当局が 非小細胞肺がん治療用に Avastin を認可 07.08.25ne 
◆進行期の非小細胞肺がん での一化学療法の試み《 gemcitabine + docetaxel 》(論文・報告)07.08.15tc 
◆進行期の非小細胞肺がん での一化学療法の試み《 gemcitabine + carboplatin 》(論文・報告)07.08.15tb 
◆( ニュース冒頭)進行期の非小細胞肺がん で同時実施の化学放射線療法が 最良の生存を提供 07.08.21na 

◆非小細胞肺がん で白金系化学療法剤 治療が挫折したケースでの一化学療法《 ixabepilone 》(論文・報告)07.08.13tb 
◆『総』 非小細胞肺がん 治療での erlotinib : 現行の状況、及び、将来の展望(総説)07.08.11ta 
◆( ニュース冒頭)肺がん での肺切除術後の 死因の一位は肺炎 07.08.16na 
◆( ニュース冒頭)早期でも 非小細胞肺がん の治療は急ぐべき との研究結果 07.08.16nb 
◆進行期の非小細胞肺がん での化学療法間の比較《 VC レジメン 対 GC レジメン》(論文・報告)07.08.06tb 

◆[紹存]非小細胞肺がん での新しい血管内皮成長因子 チロシンキナーゼ抑制薬《複数》(総紹存在)07.08.04th 
◆(総紹)非小細胞肺がん での bevacizumab(総説紹介文)07.08.04tg 
◆[紹存]上皮成長因子レセプタ チロシンキナーゼ抑制薬での治療が適した患者さん の選択(総紹存在)07.08.04tf 
◆(紹存)非小細胞肺がん で cetuximab の役割は有るか?(総紹存在)07.08.04te 
◆( ニュース冒頭)非小細胞肺がん で化学療法 + 外科手術が 結果状況を改善 07.08.09na 

◆白金系化学療法剤で以前の治療を受けた非小細胞肺がん での gefitinib + rofecoxib(論文・報告)07.08.03ta 
◆局所進行期の非小細胞肺がん での一治療法《 irinotecan + cisplatin + 放射線療法》(論文・報告)07.07.27tc 
(↑2007年 8月)
◆( ニュース冒頭)欧州の医薬品パネルが Avastin を非小細胞肺がん治療用として認可を勧告 07.07.27nd 
◆『総』 非小細胞肺がん の術前補助療法、及び、補助療法に於ける進歩 : ASCO 2007 より(総説)07.07.20td 
◆( ニュース冒頭)原体照射放射線療法が 早期の非小細胞肺がん の治療用として有望的 07.07.25na 

◆(未達) ステージ III 、IV の非小細胞肺がん での化学療法間の比較《 GV-GI 対 GC 》(論文・報告)07.07.15ta 
◆( ニュース冒頭)ステージ I の非小細胞肺がん で 早期の攻撃的な治療により利益 07.07.20na 
◆進行期の非小細胞肺がん での一化学療法の試み《 amrubicin 》(論文・報告)07.07.12ta 
◆進行期の非小細胞肺がん での化学療法間の比較《 cisplatin ベース + paclitaxel 対 単独》(論文・報告)07.07.08tb 
◆年配のステージ III の非小細胞肺がん の患者さんでの併用学的な治療の価値(論文・報告)07.07.03te 

◆( ニュース冒頭)進行期の非小細胞肺がん での Erbitux の Phase III データが入手可能に 07.07.13nb 
◆『専』非小細胞肺がん での新しい標的と分子標的治療薬 :専門家インタビュー(総説)07.06.29th 
◆症例: 非小細胞肺がん で bevacizumab 投与を受けた患者さん での内臓穿孔(症例報告)07.06.29tb 
◆進行期の非小細胞肺がん の年配の患者さん での化学療法 : SWOG 0027、及び、LUN 6 試験(論文・報告)07.06.26tb 
◆進行期の非小細胞肺がん での一薬物治療の試み《 gefitinib 挫折後の erlotinib 》(論文・報告)07.06.21td 

◆進行期の非小細胞肺がん での第一線化学療法間の比較《 carboplatin 対 cisplatin 》(論文・報告)07.06.21tb 
(↑2007年 7 月)
◆早期の非小細胞肺がん に対する 定位 単回 放射線治療《放射線手術》(論文・報告)07.06.18tm 
◆( N 冒頭) Pharmacyclics 社が再発性の非小細胞肺がん での Xcytrin での中間結果を発表 07.06.27nb 
◆症例: 肺の類基底細胞 扁平上皮細胞 がん : 稀な臨床的発現を伴う稀な がん(症例報告)07.06.18te 
◆進行期の非小細胞肺がん で顕著な併用疾患のある年配の患者さん での週 1 回の docetaxel(論文・報告)07.06.18ta 

◆進行期、又は、転移性の非小細胞肺がん での一化学療法の試み《 pemetrexed + paclitaxel 》(論文・報告)07.06.17te 
◆ステージ I の非小細胞肺がん での 低分割 高用量陽子線治療(論文・報告)07.06.06ta 
◆切除不可能な局所進行期の非小細胞肺がん での同時実施の化学放射線療法の前の導入化学療法(論文・報告)07.06.05tb 
◆進行期の非小細胞肺がん で FISH 陽性/phospho-Akt 陽性/喫煙未経験の人での gefitinib(論文・報告)07.06.03tc 
◆( N 冒頭)非小細胞肺がん で進行無し生存を Avastin の Gemzar/Platinol への追加が改善(冒頭)07.06.15nb 

◆(未達) 非小細胞肺がん での一化学療法《 cisplatin + gemcitabine → gemcitabine 》(論文・報告)07.05.31tb 
◆( N 冒頭)延長された分析で、早期の非小細胞肺がん での補助療法による生存利益を確認(冒頭)07.06.09na 
◆( N 冒頭)最も 一般的なタイプの肺がん で GSK 社の免疫治療薬での勇気づける的活性を確認(冒頭)07.06.06nk 
◆( N 冒頭) bevacizumab が 進行期の非小細胞肺がん での生存を改善(冒頭)07.06.05nc 
◆( N 冒頭) Pharmacyclics 社が非小細胞肺がん での Xcytrin の有望的なデータを発表(冒頭)07.06.02nd 
(↑2007年6月)

◆中国での非小細胞肺がん の患者さん での上皮成長因子レセプタ変異と gefitinib 治療との関連(論文・報告)07.05.21tc 
◆進行期の非小細胞肺がん で全身的化学療法を受けた患者さんでの 奏効率と生存期間の関係(論文・報告)07.05.21tb 
◆非小細胞肺がん でのグレード 3/4 の毒性無し生存期間の比較《 pemetrexed 対 docetaxel 》(論文・報告)07.05.21ta 
◆『総』ステージ I の非小細胞肺がん での補助療法の根拠(総説)07.05.20td 
◆『総』非小細胞肺がん に関する NCCN のガイドラインがアップデート(総説)07.05.17tb 

-#286-
◆『総』 局所進行期の非小細胞肺がん で 3 方法集学的な治療の リスク/利益の評価法(総説)07.05.15te 
◆(冒頭)非小細胞肺がん での化学療法の奏効の有無を 毎週 1 回の PET で早期判定可能(N 冒頭)07.05.22nc 
◆進行期の非小細胞肺がん での一化学療法《 2 週間に 1 回の docetaxel + irinotecan 》(論文・報告)07.05.14td 
◆進行期の非小細胞肺がん での固定投与速度 静注での gemcitabine + carboplatin について(論文・報告)07.05.14tc 
◆進行期の非小細胞肺がん での第二線治療化学療法《 paclitaxel + gemcitabine 》(論文・報告)07.05.14tb 
(↑2007年5月)

(総紹)年配の患者さん での肺がん (総説紹介文)07.05.12tg 
ステージ III /IV の非小細胞肺がん で EGFR 遺伝子変異のあるケースでの gefitinib 有効性 (論文・報告)07.05.11tc 
進行期の非小細胞肺がん の年配の患者さん での一化学療法《 gemcitabine + vinorelbine 》 (論文・報告)07.05.11ta 
手術不可能な非小細胞肺がん の化学療法未経験の患者さんでの 2 化学療法間の比較 (論文・報告)07.05.10te 
進行期の非小細胞肺がん での第二線治療としての一化学療法《 docetaxel + gemcitabine》 (論文・報告)07.05.10tb 

局所進行期の切除不可能な非小細胞肺がん での導入化学療法としての PACCAGE レジメン (論文・報告)07.05.10ta 
(未達) 転移性の非小細胞肺がん での第一線治療 Doc + Gem、又は、Cis + Gem → Doc (論文・報告)07.05.09tf 
進行期の非小細胞肺がん での一化学療法の試み《 cisplatin + docetaxel + gemcitabine 》 (論文・報告)07.05.09ta 
『総』 進行期の非小細胞肺がん での順次実施、交替、維持・強化 化学療法 : 文献レビュー (総説)07.05.06th 
(未達) 領域進行期のステージ III の非小細胞肺がんでの導入化学療法 + 化学放射線療法 (論文・報告)07.05.02td 

『総』 非小細胞肺がん での最適な補助療法とは−ステージ I のケースへの対応は? (総説)07.04.26tc 
『総』 非小細胞肺がん での第二世代上皮成長因子レセプタ チロシンキナーゼ抑制薬《複数》 (総説)07.04.26ta 
非小細胞肺がん の日本人の患者さん での EGFR タステータスと gefitinib の効果との関連性 (論文・報告)07.04.25tb 
局所進行期の非小細胞肺がん での奏効率に amifostine が及ぼす効果の有無 (論文・報告)07.04.23te 
非小細胞肺がん の高齢の患者さん での補助療法としての vinorelbine + cisplatin (論文・報告)07.04.21ta 

(冒頭) FDA が女性での非小細胞肺がん治療用の Xyotax につき 迅速審査へ (N 冒頭)07.04.27nc 
(↑-----V07d-----)
(未達) 進行期の非小細胞肺がん での erlotinib + cisplatin + gemcitabine (論文・報告)07.04.20td 
(冒頭) Xcytrin を非小細胞肺がん の脳転移治療用で NDA 申請 と Pharmacyclics 社が発表 (N 冒頭)07.04.27nb 
『総』 進行期の非小細胞肺がん に対する治療に関する展望 (総説)07.04.18tc 
進行期の非小細胞肺がん の高齢、又は、低活動ステータスの患者さんでの docetaxel 投与頻度 (論文・報告)07.04.17tg 

(未達) 白金系化療剤 難治性の非小細胞肺がん での薬物治療《 gefitinib + celecoxib 》 (論文・報告)07.04.17tf 
ステージ II/IIIA の非小細胞肺がん の完全切除後の同時実施の化学放射線療法 (論文・報告)07.04.17te 
進行期の非小細胞肺がん の第二線治療としての docetaxel 投与スケジュール《複数》の比較 (論文・報告)07.04.11tc 
『総』 非小細胞肺がん の高齢の患者さんでの補助化学療法について (総説)07.04.06tc 
(総紹)非小細胞肺がん に於ける抗血管新生治療薬の可能性 (総説紹介文)07.04.03ti 

ステージ IIIA-N2 の非小細胞肺がん での 導入化学療法後の外科手術と放射線療法との比較 (論文・報告)07.03.27tb 
(未達) 非小細胞肺がん で病気に関連した貧血がある患者さんでの erythropoietin の効果 (論文・報告)07.03.18tb 
(↑-----V07c-----)
『総』 National Comprehensive Cancer Network (NCCN)の 非小細胞肺がん ガイドライン最新版 (総説)07.03.14tb 
進行期の非小細胞肺がん での薬物療法間の比較《化学療法と cetuximab の併用タイミング》 (論文・報告)07.03.13tb 
症例: 非小細胞肺がん から脳への転移のケースでの erlotinib に対する再度性の反応例 (症例報告)07.03.12td 

切除不可能、又は、転移性の非小細胞肺がんでの一化学療法《経口のvinorelbine + cisplatin》 (論文・報告)07.03.12tc 
(冒頭)カナダの保健当局が pemetrexed 注射を非小細胞肺がん の第二線治療用として認可 (N 冒頭)07.03.20na 
進行期の非小細胞肺がん で低活動ステータスの患者さんでの化学療法《 gemcitabine、…》 (論文・報告)07.03.10td 
進行期の非小細胞肺がん の高齢の患者さんでの一化学療法《 pemetrexed + gemcitabine、…》 (論文・報告)07.03.10tc 
非小細胞肺がん で化学療法を受ける患者さんでの epoetin alfa による治療時期間の比較 (論文・報告)07.03.10tb 

進行期の非小細胞肺がん に対する docetaxel + gemcitabine の薬理ゲノミクス研究 (論文・報告)07.03.10ta 
(冒頭)肺の動きのモデル が 放射線療法を改善する可能性あり との研究結果 (N 冒頭)07.03.15na 
転移性の非小細胞肺がん での白金系化学療法剤ベースの 2 剤併用レジメン 3 種類の比較 (論文・報告) 07.03.04th 
非小細胞肺がん に対する化学療法に関する 臨床試験に参加した患者さんの生存改善の傾向 (論文・報告) 07.03.02tg 
進行期の非小細胞肺がん の 70 歳以上の患者さんでの一薬物治療の試み《erlotinib》 (論文・報告) 07.03.01td 

非小細胞肺がん での症状緩和のための気管支腔内照射の効果 (論文・報告) 07.02.28tf 
『総』 非小細胞肺がん での補助化学療法 (総説) 07.02.28te 
(−結果) 再発性の進行期の非小細胞肺がんでの gemcitabine + vinorelbine (論文・報告) 07.02.28ta 
『総』 第 31 回 ESMOC での分子標的治療薬へのハイライト (総説) 07.02.23ta 
『総』 進行期の非小細胞肺がん の治療に於ける sorafenib、及び、sunitinib (総説) 07.02.22te 

局所進行期、又は、転移性の非小細胞肺がんでの化学療法間の比較《cisplatin ベースのもの》 (論文・報告) 07.02.20ta 
(冒頭)進行期の非小細胞肺がん で Avastin + 化学療法が 進行なし生存を改善 (N 冒頭) 07.02.28nc 
非小細胞肺がんでの化学療法間の比較《4 種類の白金系化学療法剤 含有レジメン《複数》》 (論文・報告) 07.02.19tg 
Merck KGaA 社が非小細胞肺がん治療用のワクチンの臨床試験を 30 ヶ国で開始 (ニュース) 07.02.27ne 
進行期の非小細胞肺がんの 80 歳以上の多くの患者さんは化学療法を忍容可能 (論文・報告) 07.02.16th 

(未達) 進行期の非小細胞肺がんでの一化学療法の試み《gemcitabine + carboplatin》 (論文・報告) 07.02.16tg 
ステージ I の非小細胞肺がん での一放射線療法の試み《炭素イオン線放射線療法》 (論文・報告) 07.02.13tc 
(↑-----V07b-----)
(未達) 非小細胞肺がんでの化学療法比較《docetaxel + cisplatin の 2 スケジュール》 (論文・報告) 07.02.04j 
非小細胞肺がんでの一化学療法の試み《cisplatin + gemcitabine → docetaxel》 (論文・報告) 07.02.04i 
活動ステータス2の非小細胞肺がん患者さんでの併用化学療法《複数》の比較 (論文・報告)07.02.02 

進行期の非小細胞肺がんでの化学療法間の比較《gemcitabine + paclitaxel》 (論文・報告) 07.01.29 
(冒頭)進行期の非小細胞肺がんの緩和治療には より長い低強度放射線療法がより有効 (N 冒頭) 07.02.01 
(冒頭)ステージ IA の肺がんに対しては、くさび状切除よりも肺葉切除のほうが良好の模様 (N 冒頭) 07.01.31 
上肺溝非小細胞肺がんでの一治療法の試み《導入化学放射線療法 + 外科的切除》 (論文・報告) 07.01.19 
(冒頭) Abraxane + capecitabine が再発性の非小細胞肺がんに有効との研究結果 (N 冒頭) 07.01.25 

(冒頭) Abraxane + Avastin が進行期の非小細胞肺がんの初回治療として有望との研究結果 (N 冒頭) 07.01.25 
(未達) 手術不可能な非小細胞肺がんでの治療法比較《化学放射線療法 同時 対 順次実施》 (論文・報告)07.01.17 
症例: 進行期の非小細胞肺がんでの一治療法の試み《多重動脈点滴 化学療法》 (症例報告) 07.01.15 
(未達) ステージ III の非小細胞肺がんでの CG レジメンへの vinorelbine 追加の試み (論文・報告) 07.01.14 
(↑-----V07a-----)
非小細胞肺がんからの心のう滲出液に対するカテーテル排液と bleomycin 注入による治療 (論文・報告) 07.01.13 

進行期の非小細胞肺がんでの一化学療法の試み《cisplatin + docetaxel + irinotecan》 (論文・報告) 07.01.12 
進行期の非小細胞肺がんでの一化学療法の試み《docetaxel + 維持療法 gefitinib》 (論文・報告) 07.01.11 
非小細胞肺がん からの脳への転移のケースでの神経症状に対する一治療法の試み (論文・報告) 07.01.08 
『総』 肺がんでの血管新生抑制薬 : 現行のデータ、及び、将来の方向性 (総説) 07.01.05 
『総紹』非小細胞肺がんでの gemcitabine と放射線療法の併用 : 最先端の技術水準 (総説紹介文) 06.12.21 

非小細胞肺がんでの一薬物治療の試み《paclitaxel + carboplatin への bevacizumab 追加》 (論文・報告) 06.12.14 
(↑UNQ061217)
非小細胞肺がんでの一化学療法の試み《2 週間に 1 回の gemcitabine + irinotecan 》 (論文・報告)06.12.05 
進行期の非小細胞肺がんでの一化学療法の試み《2 時間点滴の gemcitabine + carboplatin 》 (論文・報告) 06.12.05 
『総紹』パンコースト腫瘍の管理 (総説紹介文) 06.12.04 
『総』 進行期の非小細胞肺がんの治療用としての現行、及び、今後の分子標的治療薬 (総説) 06.12.03 

上皮成長因子レセプタ遺伝子に変異のある非小細胞肺がんでの gefitinib の効果 (論文・報告) 06.12.02 
肺の腺がんでのニトログリセリンによる docetaxel、carboplatin への感受性増強の可能性 (論文・報告) 06.12.02 
『総』 再発性、又は、進行性の非小細胞肺がんに対する第二線以降の治療ガイドライン (総説) 06.11.26 
(開新)進行期の非小細胞肺がんでの薬物治療《paclitaxel + carboplatin + CI-1033 》 (論文・報告) 06.11.25 
(開新)日本人の固形がんの患者さんでの一薬物治療の試み《ZD6474   Phase I 試験》 (論文・報告) 06.11.25 

DHA-Paclitaxel (Taxoprexin) による非小細胞肺がんの第一線治療の試み (論文・報告) 06.11.25 
進行期の非小細胞肺がんでの一化学療法《carboplatin + 2 週間に 1 回の docetaxel 》 (論文・報告) 06.11.25 
進行期の非小細胞肺がんでの一化学療法の試み《irinotecan + carboplatin 》 (論文・報告) 06.11.25 
韓国の喫煙経験なしの非小細胞肺がん患者さんでの gefitinib 治療の役割 (論文・報告) 06.11.25 
『コ』非小細胞肺がんの第二線治療:大きな標的、小さな進歩;小さな標的、大きな進歩? (コメント記事) 06.11.25 
(↑UNQ0611)

(他ソ) 肺がんに対する第一線治療への bevacizumab 追加が有望らしいとの研究結果 (他ソース) 06.11.19 
『専』非小細胞肺がんでの分子標的治療薬による症状への標的 :専門家インタビュー (総説)06.11.19 
(他ソ) 非小細胞肺がんでの一化学療法の試み《Nab-paclitaxel と carboplatin の併用》 (他ソース) 06.11.19 
『総』 進行期の非小細胞肺がん : 〔その〕患者さんへの治療個別化 (総説) 06.11.19 
治療経験のある非小細胞肺がんの患者さんでの一薬物治療の試み《cetuximab 単剤》 (論文・報告) 06.11.18 

(−結果) 非小細胞肺がんでの化学放射線療法への強化化学療法追加の試み《paclitaxel》 (論文・報告) 06.11.18 
非小細胞肺がんでの毎週 1 回の[paclitaxel + gemcitabine ]の適切な投与スケジュール (論文・報告) 06.11.17 
高齢の非小細胞肺がんの患者さんでの一化学療法の試み《分割投与 CDDP + VNB》 (論文・報告) 06.11.16 
治療経験がある進行期の非小細胞肺がんの患者さんでの一化学療法の試み《GEMOX レジメン》 (論文・報告) 06.11.16 
非小細胞肺がんでの一化学療法の試み《気管支内の腫瘍内化学療法 + 外科手術》 (論文・報告) 06.11.16 

非小細胞肺がんでの治療法併用《3 剤併用レジメンでの導入化学療法→化学放射線療法》 (論文・報告) 06.11.16 
(未達) 非小細胞肺がんでの術前化学療法の役割 : メタ分析 (論文・報告)06.11.16 
『総紹』進行期の非小細胞肺がんでの分子標的治療薬 : 我々は何処にいるのか? (総説紹介文) 06.11.15 
進行期の非小細胞肺がんでの第二線化学療法としての毎週 1 回の docetaxel (論文・報告) 06.11.14 
(他ソ) 肺がんの治療に放射線療法追加で生存期間延長の可能性との研究結果 (他ソース) 06.11.11 

進行期の非小細胞肺がんでの第一線治療としての一薬物治療の試み《erlotinib 》 (論文・報告) 06.11.03 
進行期の非小細胞肺がんでの一薬物治療の試み《bortezomib ±docetaxel 》 (論文・報告) 06.11.02 
非小細胞肺がんのアジア系の患者さんでの gefitinib 《イレッサ》の効果 (論文・報告) 06.10.30 
(−結果)進行期の非小細胞肺がんでの化学療法《carboplatin、irinotecan、thalidomide》 (論文・報告) 06.10.30 
ステージ III の非小細胞肺がんでの治療法併用の試み《化学放射線療法 + 強化化学療法》 (論文・報告) 06.10.30 

〔紹存〕非小細胞肺がんでの化学療法選択肢に於ける最近の進歩 (総紹存在) 06.10.30 
限局ステージの非小細胞肺がんでの体幹定位放射線療法の試み (論文・報告) 06.10.28 
肺がんでの放射線療法中の腫瘍容積、及び、腫瘍の動きに関する研究結果 (論文・報告) 06.10.26 
(未達) 進行期の非小細胞肺がんでの一化学療法の試み《第三線 bexarotene カプセル》 (論文・報告) 06.10.24 
手術不可能な肺がんでの体幹部定位放射線治療 (論文・報告) 06.10.24 

(−結果) 非小細胞肺がんでの薬物治療の試み《化学療法への celecoxib の追加》 (論文・報告) 06.10.24 
進行期の非小細胞肺がんでの化学療法《複数》の比較《VGD レジメン 対 PC レジメン》 (論文・報告) 06.10.23 
上皮成長因子レセプタに変異のある非小細胞肺がんでの一化学療法の試み《gefitinib 》 (論文・報告) 06.10.21 
ステージ I〜 IIIA の非小細胞肺がんでの補助化学療法 (論文・報告) 06.10.20 
(未達) 進行期の非小細胞肺がんでの化学療法《立体的安定リポソーム化 cisplatin 》 (論文・報告) 06.10.20 

進行期の非小細胞肺がんの東アジアの患者さんでの gefitinib による治療結果と予測因子 (論文・報告) 06.10.19 
非小細胞肺がんの中国人の患者さんでの一薬物治療の試み《gefitinib 》 (論文・報告) 06.10.17 
進行期の非小細胞肺がんでの化学療法《複数》の比較《cisplatin 対 carboplatin ベース》 (論文・報告) 06.10.09 
cisplatin + vinorelbine が非小細胞肺がんでの標準ケア、とのメタ分析結果 (ニュース) 06.10.07 
FDA が Avastin を非小細胞肺がんの初期治療用として認可 (ニュース) 06.10.13 

-#161-
(−結果) 脳への転移を有する非小細胞肺がんでの治療法併用《化学療法 + 全脳照射》 (論文・報告) 06.10.05 
『総』 進行期の非小細胞肺がんの患者さんのための治療の個別化について (総説)06.10.02 
『総』進行期の非小細胞肺がんでの血管新生抑制薬の使用について (総説) 06.09.30 
【総】 非小細胞肺がんでの化学療法 + 外科手術 対 外科手術単独の治療の比較 (総説の紹介) 06.09.29 
『総』非小細胞肺がんでの導入化学療法:外科医の観点 (総説)06.09.29 

(−結果) 非小細胞肺がんの化学放射線療法による肺障害軽減への thalidomide 使用 (論文・報告) 06.09.25 
以前に治療を受けた非小細胞肺がんの高齢の患者さんでの第二線化学療法について (論文・報告) 06.09.24 
手術不可能なステージ IIIA、ステージ IIIB の非小細胞肺がんでの化学放射線療法 (論文・報告) 06.09.24 
非小細胞肺がんでの悪性胸膜滲出液に対する胸腔内投与の低張性 cisplatin 治療 (論文・報告) 06.09.19 
非小細胞肺がんでの一薬物治療の試み《SGN-15 + docetaxel 》 (論文標題) 06.09.18 

ステージ III の非小細胞肺がんでの導入化学療法の試み《TIP レジメン》 (論文・報告) 06.09.18 
進行期の非小細胞肺がんでの一化学療法の試み《gemcitabine +分割投与 cisplatin 》 (論文・報告) 06.09.18 
進行期の非小細胞肺がんでの一化学療法の試み《gemcitabine + vindesine 》 (論文・報告) 06.09.17 
進行期、及び、転移性の非小細胞肺がんでの一化学療法の試み《oxaliplatin など》 (論文・報告) 06.09.17 
非小細胞肺がんで、gefitinib が最も有用である患者さん層について (論文・報告) 06.09.17 

非小細胞肺がんでの三方法集学的な治療の試み (論文・報告) 06.09.17 
ステージ III の非小細胞肺がんでの治療法併用《docetaxel + cisplatin + 放射線療法》 (論文・報告) 06.09.15 
完全切除された非小細胞肺がんでの一補助化学療法の試み《vinorelbine + cisplatin 》 (論文・報告) 06.09.10 
局所進行期の非小細胞肺がんでの治療法併用の試み《術前補助化学療法 + 放射線療法》 (論文・報告) 06.09.06 
ステージ IIIB〜 IV の非小細胞肺がんでの一化学療法の試み《paclitaxel + gemcitabine 》 (論文・報告) 06.09.03 

-#141-
(−結果) 非小細胞肺がんでの一薬物治療の試み《高用量 erlotinib 》 (論文・報告) 06.09.03 
進行期の非小細胞肺がんでの一化学療法の試み《irinotecan + cisplatin 》 (論文・報告) 06.09.03 
非小細胞肺がんでの 3 次元原体照射放射線療法に関する用量増量試験 (論文・学会) 06.08.25 
ステージ I/II の非小細胞肺がんでの定位放射線療法で有望な結果 (論文・学会) 06.08.25 
手術不可能な非小細胞肺がんでの 2 次元放射線療法と 3 次元放射線療法との比較 (論文・学会) 06.08.24 

非小細胞肺がんでの一薬物治療の試み《erlotinib 》 (論文・学会) 06.08.21 
ステージ IB の非小細胞肺がんでの一補助化学療法の試み (論文・学会) 06.08.19 
(−結果)ステージ III の非小細胞肺がんに対する新しい化学療法(cisplatin 等)の試み (abstract)06.08.17 
Roche 社が欧州で Aastin を非小細胞肺がん治療用として認可申請 (News メモ) 06.08.11 
【総】 進行期の非小細胞肺がんの患者さんに於ける救助治療 (総論の紹介) 06.08.08 

以前の化学療法が挫折した非小細胞肺がんの中国人患者さんのための救助治療 (論文メモ) 06.08.08 
70 歳以上、又は、活動ステータス 2 の進行期の非小細胞肺がんの患者さんに於ける→ (論文メモ) 06.08.08 
局所進行期の非小細胞肺がんの患者さんでの carboplatin + gemcitabine による導入治療→ (論文メモ) 06.08.07 
経皮の画像誘導の熱焼灼治療、及び、放射線療法:手術不可能なステージ I/IIの→ (論文メモ) 06.08.06 
【Topic 原文】ステージ III の非小細胞肺がんに対する集学的な治療  06.08.05 

進行期の非小細胞肺がんの治療のための、Abraxane 《新規の Cremophor 不要のアルブミン→ (論文メモ) 06.08.04 
非小細胞肺がんの高齢の患者さんで docetaxel と vinorelbine とを比較した Phase III → (論文メモ) 06.08.02 
【Topic 原文】新規の治療レジメンの、進行期の非小細胞肺がん治療への組込み  06.07.31 
【Topic 原文】非小細胞肺がん:早期、及び、局所進行期の病気の治療に於ける進歩  06.07.31 
【Topic 原文】進行期の非小細胞肺がんに対する上皮成長因子レセプタ抑制に関して→  06.07.30 

-#121-
非小細胞肺がんの高齢の患者さんでの白金系化学療法剤ベースの化学療法レジメン→ (論文メモ)06.07.29 
LACE 《肺がんに対する cisplatin による補助療法の評価に関する研究》:4,584 名の→ (論文メモ) 06.07.28 
非小細胞肺がんで上皮成長因子レセプタ遺伝子に変異を有する、化学療法を受けたことがない→ (論文メモ) 06.07.21 
進行期の非小細胞肺がんに対する carboplatin/gemcitabine と vinorelbine/gemcitabine とを比較→ (論文メモ) 06.07.21 
Iressa が、肺がんの患者さんのサブグループの初回治療用として有効 (News メモ) 06.07.15 

以前に治療された進行期の非小細胞肺がんを有する患者さんでの、経口の topotecan と→ (論文メモ) 06.07.10 
【Topic 原文】非小細胞肺がんに於ける血管新生抑制薬に関する進展中のデータ:専門家インタビュー  06.07.09 
sorafenib、sunitinib、ZD6474 が非小細胞肺がんに対して有望 (News メモ) 06.07.09 
Avastin + Tarceva が、再発性の非小細胞肺がんのケースで化学療法に対する有効な代案的治療 (Newsメモ)06.07.08 
Velcade と Gemzar + Paraplatin が進行期の非小細胞肺がんに対し高度に活性あり (News メモ) 06.07.07 

進行期の非小細胞肺がんのケースでの、carboplatin + gemcitabine の標準レート点滴、又は、→ (論文メモ) 06.06.30 
進行期の非小細胞肺がんのケースでの docetaxel + carboplatin レジメン対 mitomycin C +→ (論文メモ) 06.06.30 
thalidomide を化学療法に追加することで小細胞肺がんの生存が改善 (News メモ) 06.06.30 
【Topic 原文】進行期の非小細胞肺がんのケースでの救助治療:治療選択に→  06.06.27 
経口の Hycamtin が再発性の非小細胞肺がんの治療選択肢を提供の模様 (News メモ) 06.06.29 

手術後の放射線療法が非小細胞肺がんの患者さんのいくらかで生存を改善 (Newsメモ)06.06.23 
Sutent が非小細胞肺がんの治療用として有望 (収載日:06.06.13) 
Abraxane とParaplatin との併用が進行期の非小細胞肺がんの治療用として活性あり (収載日:06.06.09) 
進行期の非小細胞肺がんに対する Abraxane の活性に関する更なる証拠 (収載日:06.06.09) 
Abraxane が進行期の非小細胞肺がんの治療用として有望 (収載日:06.06.09) 

-#101-
非小細胞肺がんの高齢の患者さんにも化学療法からの利益あり (収載日:06.06.09) 
《 abstract 》ステージ IV の非小細胞肺がんに対する第一線治療としての gefitinib → (収載日:06.06.04) 
Iressa が細気管支 - 肺胞がんに有効 (収載日:06.06.02) 
Tarceva と Celebrex との併用が進行性の肺がんに有望か (収載日:06.06.02) 
【Topic 原文】非小細胞肺がんの第一線治療…分子標的治療薬の適格性の決定→ (収載日:06.05.23) 

《標題、メモ》paclitaxel +gemcitabine 対carboplatin +gemcitabine (進行性の手術不可能な→ (収載日:06.05.21) 
(要約のみ) Stimuvax がステージ IIIB の非小細胞肺がんのケースでの生存を改善との研究結果 (収載日:06.05.03) 
放射線療法が早期の非小細胞肺がんの高齢の患者さんで有効であるとの研究結果 (収載日:06.05.02) 
喫煙経験がない進行性の非小細胞肺がん患者さんは、化学療法がより良く奏効するとの研究結果 (収載日:06.04.26) 
順次実施での 2 剤併用化学療法レジメン( 複数 )の非小細胞肺がんへの適用の研究結果 (収載日:06.04.21) 

Genentech が Avastin の非小細胞肺がん治療用への使用につき FDA に認可を申請 (収載日:06.04.15) 
gemcitabine による維持化学療法が進行性の非小細胞肺がんでおそらく有益との研究結果 (収載日:06.04.13) 
(要約のみ) Advexin の繰り返し投与が進行性の非小細胞肺がん治療用に有望との研究結果 (収載日:06.04.11) 
【Topic 原文】進行性の非小細胞肺がんの高齢の患者さんのケースの管理 (収載日:06.03.31) 
Gemzar/Platinol が VePesid/Platinol よりも非小細胞肺がんの治療により有効との研究結果 (収載日:06.03.30) 

【Topic 原文】高齢者での非小細胞肺がんの治療に於ける分子標的治療薬の役割 (収載日:06.03.29) 
化学療法剤の投与順序が非小細胞肺がんでの奏効に影響するとの研究結果 (収載日:06.03.23) 
ラジオ波焼灼法 + 放射線療法が手術不可能なステージ I の非小細胞肺がんに有望との研究結果 (収載日:06.03.17) 
トピック:EGFR 遺伝子の変異・コピー数増加と gefitinib への感受性との関係 (収載日:06.03.05) 
【Topic 原文】視点:局所進行性の切除不可能な非小細胞肺がんへの集学的アプローチ (収載日:06.02.27) 

-#81-
【Topic 原文】視点:erlotinib の非小細胞肺がんでの使用に関する有望な結果 (収載日:06.02.27) 
gemcitabine の標準レジメンへの追加で、肺がんの化学療法の利益が向上との研究結果 (収載日:06.02.23) 
EGFR の過剰発現は、非小細胞肺がんでの生存に無関係との研究結果 (収載日:06.02.09) 
ニトログリセリンが非小細胞肺がんに対する化学療法の効果を増強かとの研究結果 (収載日:06.02.07) 
Gemzar の paclitaxel + carboplatin への追加で進行性の非小細胞肺がんでの生存を改善との研究結果 (収載日:06.02.01) 

【資料追加】部位別化学療法:非小細胞肺がん (収載日:06.01.29) 
緩和療法としての放射線療法で、非常に少数であるが、肺がん治癒の可能性ありとの研究結果 (収載日:06.01.24) 
進行性の非小細胞肺がんに対し、rhAngiostatin の化学療法への追加が有用か、との研究結果 (収載日:06.01.05) 
ステージ IV の非小細胞肺がんに対し、Gemzar + Paraplatin レジメンへの Erbitux 追加が有望(収載:2005年12月20日(火) ) 
ラジオ波焼灼法が、早期の非小細胞肺がんに安全で実施可能であるとの研究結果(収載:2005年12月20日(火) ) 

より高齢の非小細胞肺がんの患者さんでも鍵穴手術が可能なことありとの報告(収載:2005年12月9日(金)) 
FDA が、Novelos 社の非小細胞肺がん治療剤の臨床試験開始を許可(収載:2005年12月6日(火) ) 
ステージ III の肺がんの治療法として、導入化学療法が有望との研究結果(収載:2005年12月3日(土)) 
閉経前の女性の非小細胞肺がんのケースで、Xyotax により、生存が改善との研究結果(収載:2005年11月18日(金) ) 
転移性の非小細胞肺がんの初回治療法として、Abraxane が有効であるとの研究結果(収載:2005年11月5日(土)) 

進行性の非小細胞肺がんに対する化学療法に Erbitux を追加すると治療結果が改善するとの研究結果(収載:2005年11月1日(火)) 
gefitinib によっては、難治性の進行性の非小細胞肺がんの生存は改善されないとの研究結果(収載:2005年10月28日(金) ) 
進行性の非小細胞肺がんの治療用として用量集中化学療法が有用との研究結果(収載:2005年10月26日(水)) 
Point 社が、talabostat の非小細胞肺がん治療用としての Phase III 臨床試験を開始 (収載:2005年10月18日(水)) 
AS1404(血管破砕系の化学療法剤)が非小細胞肺がん治療用として Phase II 臨床試験で好結果(収載:2005年10月18日(火)) 

-#61-
肺がんに対する化学療法や放射線療法実施後に外科的切除をしても安全との研究結果(収載:2005年10月18日(火)) 
EGFR 遺伝子コピー数が多い細気管支-肺胞がんは、Iressa により、より良い生存が得られるとの研究結果(収載:2005年10月18日(火) ) 
非小細胞肺がんで、EGFR に変異があるケースでは Iressa により生存が改善されるとの研究結果(収載:2005年10月15日(土) ) 
早期の非小細胞肺がんに対して、化学療法と放射線療法との併用が有望との研究結果(収載:2005年10月11日(火)) 
ステージ III の非小細胞肺がんのケースでの生存には、同時/強化レジメンが最良との研究結果(収載:2005年10月5日(水)) 

EUの医薬品当局が、Tarcevaを非小細胞肺がん治療用として認可(収載:2005年9月22日(木) ) 
Tarcevaが高齢患者さんの進行性非小細胞肺がんの治療用に有用らしいとの研究結果(収載:2005年9月21日(水) ) 
Biomira社の非小細胞肺がん治療用ワクチンのPhaseII臨床試験が進展中(収載:2005年9月17日(土) ) 
Pharmacyclics社が、Xcytrinの肺がん治療用としての評価のためPhaseII臨床試験を開始 (収載:2005年9月13日(火) ) 
Avax社が、M-Vax(非小細胞肺がんに対するワクチン治療薬)の臨床試験開始許可を申請(収載:2005年9月9日(金) )

非小細胞肺がんの治療に於いて化学療法と放射線療法との併用で生存改善の可能性があるとの研究結果(収載:2005年9月3日(土) )
Allos社が、非小細胞肺がん治療に於けるEfaproxynの有望なデータを発表 (収載:2005年9月2日(金) )
taxane系化学療法剤に耐性の非小細胞肺がんにlonafarnibが有効との研究結果 (収載:2005年8月27日(土) )
Millennium社が、開発中の細気管支-肺胞がん(BAC)治療剤に関するPhaseII臨床試験を開始(収載:2005年8月24日(水) )
OncoGenex社とIsis社が、OGX-011(非小細胞肺がん治療薬)のPhaseII臨床試験を開始 (収載:2005年8月12日(金) )

年齢は肺がんの化学療法を受ける上での障害にはならないとの研究結果(収載:2005年7月15日(金) )
erlotinib(Tarceva)が、治療抵抗性の非小細胞肺がんに対して有効との研究結果(収載:2005年7月14日(木) )
Human Genome社のHGS-ETR1(mapatumumab)(非小細胞肺がん治療剤)が忍容性良好とのデータ発表(収載:2005年7月7日(木) )
AstraZeneca社が、ZactimaのPhase III臨床試験を間もなく開始の予定(収載:2005年7月6日(水) )
EUの医薬品パネルが Tarceva(非小細胞肺がん治療剤)及びBonviva(骨粗鬆症治療剤)承認を勧告(収載:2005年6月28日(火)

-#41-
vinorelbineと cisplatinの併用補助療法で、完全に切除された早期非小細胞肺がんのケースでの生存が改善 (収載:2005年6月23日(木) )
050618 AstraZenecaが Iressaの使用可能性を限定
050604 新しい化学療法メニューで非小細胞肺がんでの生存が伸ばせるとの研究結果
050514 Avastinにより肺がんの進行を遅らせることが可能とのデータ発表
050420 手術時のビタミンDレベルが非小細胞肺がん患者の生存率に影響するとの報告

050419 進行肺がん患者でのgefitinib(イレッサ)臨床試験が中止
050315 Avastin (bevacizumab)の標準的化学療法への併用で、非小細胞肺がん患者での生存率が向上
050311 非小細胞肺がんの放射線治療において、CTとPETとの組み合わせで、より正確な照射が可能との研究結果
050207 Hana Biosciencesが新抗がん剤PT-523の非小細胞肺癌に関するPhaseI/II臨床試験を開始
050207 ProMune(Coley社)が非小細胞肺癌治療に有用との試験結果

-#31-
(旧 総説・論文のグループ)
【総説】EGFR 抑制剤:肺がんの治療から我々は何を学んだのか?(収載:2005年11月23日(水)) 
【文献】非小細胞肺がんに対する第 2 線の治療法概説(収載:2005年11月1日(火) )
NPJ1050914 【文献】進行性の非小細胞肺がんに対する第一線治療としての化学療法の選択肢(収載:2005年11月1日(火) )
NPJ1050907 【文献】非小細胞肺がんに対するさまざまな分子標的治療薬の概観(収載:2005年9月7日(水) )
NPJ1050902 【文献】非小細胞肺がんの治療に於ける新しい生物学的治療薬の役割 (収載:2005年9月2日(金) )
NPJ1050818 (暫定リンク)非小細胞肺がん及び悪性中皮腫に対する治療の進歩(収載:2005年8月18日(木) )
NPJ1050817 ** 早期非小細胞肺がんに対する補助療法、術前補助療法の増大しつつある役割(収載:2005年8月18日(木) )
NPJ1050817 ** 進行性非小細胞肺がんに対する化学療法についての論争の状況(専門家インタビュー) (収載:2005年8月18日(木) )
NPJ1050817 ** 進行性非小細胞肺がんの治療に於ける新しい進展の状況(収載:2005年8月17日(水) )
NPJ1050728 ** 進行性非小細胞肺がんのケースに於ける化学療法に関する考えかた(専門家インタビュー)
NPJ1050714 ** 非小細胞肺がんの治療に於ける補助療法の役割
NPJ1050630c ** 非小細胞肺がんの第二線治療選択肢の状況(専門家インタビュー)
NPJ1050629 ** gefitinibの投与を受けた患者にとって最適の管理はどのようなものか
NPJ1050527 ** 非小細胞肺がん患者の治療に於ける、多剤化学療法についての専門家インタビュー
NPJ1050303 ** 進行期の非小細胞肺がんに対する化学療法の概要
NPJ1050217** 最近の細気管支肺胞上皮がん治療進展状況についてインタビュー

***** 以下2004 年以前(非小細胞肺がん) *****
FDA が、Iressaにより肺がんのケースでの生存が改善されない旨の声明を発表  2004.12.22 (収載日:06.01.02) 
FDA が、Tarceva を、非小細胞肺がんの治療用として認可  2004.11.19 (収載日:06.01.01) 
切除不可能な非小細胞肺がんの治療法としてラジオ波焼灼法が有望との研究結果  2004.11.17(収載日:06.01.01) 
脳へ転移したケースで、efaproxiral の使用で全脳放射線療法の奏効度が改善との研究結果 (2004.11.15)(収載:2005年11月22日(火) ) 
非小細胞肺がんの治療法として Gemzarと Alimtaの併用化学療法が有望との研究結果 (2004.9.8)(収載:2005年10月4日(火)) 

進行性の非小細胞肺がんに対する 3剤併用の化学療法では、生存は改善されないとの研究結果 (2004.8.24)(収載:2005年10月3日(月) ) 
体力不十分な非小細胞肺がんの患者さんに Gemzarの週 1 回の化学療法が有望との研究結果 (2004.8.24)(収載:2005年10月2日(日)) 
Taxotereと cisplatinの併用化学療法が非小細胞肺がんの最初の治療法として有望との研究結果 (2004.8.18)(収載:2005年10月2日(日) ) 
併用化学療法により、非小細胞肺がんの高齢の患者さんで生存が改善との研究結果 (2004.8.17)(収載:2005年10月1日(土) ) 
Taxotereは、単剤でも進行性の非小細胞肺がんのケースに対して有効との研究結果 (2004.7.7)(収載:2005年10月1日(土) ) 

脳転移がある非小細胞肺がんのケースで、Iressaによる抗がん反応ありとの報告 (2004.7.1)(収載:2005年9月30日(金) ) 
Tarcevaの単独投与により、再発性非小細胞肺がんでの生存が改善されるとの研究結果 (2004.6.9)(収載:2005年8月24日(水) )
非小細胞肺がんの化学療法や放射線療法による治療時の副作用を Ethyolにより軽減可能との研究結果 (2004.5.7)(収載:2005年8月24日(水))
GemzarとTaxotereの併用で、進行性非小細胞肺がんでの生存が改善するとの研究結果 (2004.3.12)(収載:2005年7月29日(金) )
Taxotereを使った治療で、従来の治療よりも、非小細胞肺がんのケースで生存率が向上したとの研究結果 (2004.2.3)(収載:2005年7月28日(木) )

***** 小細胞肺がん *****


(新しい記事は、本家サイトで ご覧ください)

(↑2008年 1月)
◆再発性の小細胞肺がん での 第一線治療挫折後の topotecan + etoposide による救助治療(論文・報告)07.11.30th 
(↑2007年 12月)
◆(−結果) 導入化学療法が奏効した進展型小細胞肺がん での temsirolimus 《 2 用量レベル》(論文・報告)07.11.16tc 
◆進展型の小細胞肺がん での 併用化学療法《 cisplatin + etoposide + irinotecan 》(論文・報告)07.11.12td 
◆『総』 肺がん の治療に於ける topotecan による最近の進歩(総説)07.11.07tb 

◆進展型の小細胞肺がん での 化学療法間の比較《 CDE レジメン 対 CP レジメン》(論文・報告)07.11.04tc 
◆(ニュース冒頭) Pharmion の amrubicin が 小細胞肺がん の 第二線治療で勇気づける的結果 07.11.11nd 
◆(抽出) 進展型ステージ 小細胞肺がん での irinotecan + cisplatin の米国 での 採用状況(冒頭のみ)07.10.30td 
◆(ニュース冒頭)小細胞肺がん に irinotecan + carboplatin が 有効 07.11.02nc 
(↑2007年 11月)
◆症例: 小細胞肺がん の 腫瘍随伴性 の知覚性 神経障害の進行を伴う 自然退縮のケース(症例報告)07.10.17tb 

◆『総』 小細胞肺がん : 我々は 過去 25 年間 で 何らかの進歩をしたか?(総説)07.10.07td 
◆(ニュース) FDA が 再発性の小細胞肺がん 治療用として経口の Hycamtin を認可 07.10.16nd 
◆副・症例: 小細胞肺がん での 予防的全脳照射の後の 予想外の 痴呆症(副作用症例)07.09.30tf 
◆未治療の進展型 小細胞肺がん での 薬物療法《 irinotecan + carboplatin + imatinib 》(論文・報告)07.09.30te 
◆(−結果) 小細胞肺がん で 導入化学療法が奏効したケース での vandetanib 対 プラセボ(論文・報告)07.09.25tc 
(↑2007年 10月)

◆重度に以前の治療を受けた小細胞肺がん での 一化学療法の試み《 paclitaxel + ifosfamide 》(論文・報告)07.09.17td 
◆限局型ステージの小細胞肺がん での 胸部放射線療法のタイミングの効果について(論文・報告)07.09.16tc 
◆(総紹)限局型 の 小細胞肺がん : 併用学的 治療 の 現状(総説紹介文)07.09.15tb 
◆( ニュース冒頭)小細胞肺がん での 化学療法誘発の貧血 で Aranesp に生存に有害な効果なし 07.09.18nb 
◆進展型の小細胞肺がん での化学療法での奏効後の thalidomide の効果について(論文・報告)07.09.04td 

◆( ニュース冒頭)小細胞肺がん での生存に Aranesp が不利なインパクト無い旨の結果発表 07.09.07nd 
◆症例: 小細胞肺がん で がん に関連した網膜症を伴うケースでの 長期間の生存例(症例報告)07.08.31tf 
◆( ニュース冒頭)更なる結果が示す 小細胞肺がん での picoplatin による生存改善 07.09.06na 
(↑2007年 9月)
◆小細胞肺がん での第二線、及び、第三線化学療法の試み《 amrubicin 》(論文・報告)07.08.22td 
◆進展型の小細胞肺がん での予防的な頭蓋照射 放射線療法(論文・報告)07.08.16te 
(↑2007年 8月)

◆限局型の小細胞肺がん での一治療法の試み《高用量胸部放射線療法 + PE 化学療法レジメン》(論文・報告)07.07.22ta 
◆(未達) 限局型の小細胞肺がん での併用化学療法レジメン→強化 化学放射線療法(論文・報告)07.07.18ta 
◆年配患者さんの進展型の小細胞肺がん での化学療法の比較《 CE レジメン 対 SPE レジメン》(論文・報告)07.07.15tc 
◆限局型の小細胞肺がん での一化学療法の試み《 irinotecan + carboplatin 》(論文・報告)07.07.15tb 
◆( ニュース冒頭)小細胞肺がん、前立腺がん、結腸直腸がん での picoplatin の評価結果 07.07.14na 

◆(−結果) 進展型ステージの小細胞肺がん での一化学療法《 gemcitabine + irinotecan 》(論文・報告)07.06.27tb 
◆小細胞肺がん での加速胸部放射線療法の忍容性と予防的全脳照射の生存への影響(論文・報告)07.06.27ta 
◆(総紹)小細胞肺がん に対する topotecan について(総説紹介文)07.06.24tc 
(↑2007年 7 月)
◆(−結果) 小細胞肺がん での第二線治療としての毎週 1 回の topotecan 化学療法(論文・報告)07.06.18tc 
◆(未達) 進展型の小細胞肺がん での化学療法《 cisplatin/etoposide への topotecan 追加》(論文・報告)07.06.18tb 

◆(総紹)小細胞肺がん でのレセプタ チロシンキナーゼ シグナル伝達への標的(総説紹介文)07.06.17ta 
◆( N 冒頭) FDA が再発性の小細胞肺がん 治療用として Hycamtin を優先審査品目として認定(冒頭)07.06.13nf 
◆(ニュース)小細胞肺がん で Camptosar + Paraplatin が生存を改善( N )07.06.13nc 
◆( N 冒頭)小細胞肺がん の第二線治療として amrubicin が標準ケアよりも勇気づける的結果(冒頭)07.06.05no 
◆( N 冒頭)進行期の小細胞肺がん で予防的 脳放射線照射が 生存を伸長(冒頭)07.06.05ne 

◆小細胞肺がん の第二線治療としての経口の topotecan 対 静注の topotecan 《 Phase III 研究》(論文・報告)07.05.24ta 
(↑2007年6月)
◆進展型の小細胞肺がん の患者さんでの一化学療法の試み《 gemcitabine + cisplatin 》(論文・報告)07.05.22ta 
◆(紹存)小細胞肺がん での pemetrexed : 進展中の GALES 臨床試験の背景とレビュー(総紹存在)07.05.18tb 
(↑2007年5月)
(総紹)年配の患者さん での肺がん (総説紹介文)07.05.12tg 
進展型の小細胞肺がん で化学療法が奏効したケースでの維持療法としての thalidomide (論文・報告)07.05.11tb 

-#58-
進展型の小細胞肺がん での一化学療法の試み《 PI レジメンと ACE レジメンとの交替実施》 (論文・報告)07.05.08tb 
(冒頭)小細胞肺がん で化学療法中の患者さんで Aranesp がヘモグロビンレベルを改善 (N 冒頭)07.04.28na 
(↑-----V07d-----)
再発性の小細胞肺がん に対する化学療法 : 系統的なレビュー、及び、実地ガイドライン (論文・報告)07.04.19tb 
進展型の小細胞肺がん での一化学療法の試み《 carboplatin + bendamustine 》 (論文・報告)07.04.17th 
(冒頭)小細胞肺がん の臨床試験での Avastin と気管支食道瘻発症との関連性を FDA が通知 (N 冒頭)07.04.24na 

限局型ステージの小細胞肺がん での irinotecan + cisplatin + 同時実施の放射線療法 (論文・報告)07.04.13tb 
(↑-----V07c-----)
(未達) 再発性の小細胞肺がん での[ VX-710 + doxorubicin + vincristine ] (論文・報告)07.03.02tf 
再発性、及び、難治性の小細胞肺がん での一化学療法の試み《irinotecan + gemcitabine》 (論文・報告) 07.02.20tb 
小細胞肺がん の治療用としての amrubicin : 有効性は 太平洋を越えるか? (論文・報告) 07.02.17ta 
切除可能な小細胞肺がんでの 化学療法《carboplatin + VP16 》後の補助外科手術 (論文・報告) 07.02.16tf 
(↑-----V07b-----)

再発性の小細胞肺がんでの一化学療法の試み《毎週 1 回の topotecan 投与スケジュール》 (論文・報告) 07.02.10ta 
(総紹)再発性の小細胞肺がんに対する治療選択肢《複数》 (総説紹介文) 07.02.06ta 
『総』 小細胞肺がんでの 増加しつつある化学療法 : 投与強度、及び、密度から 巨大用量へ (総説) 07.01.30 
進展型の小細胞肺がんでの一化学療法の試み《topotecan + carboplatin》 (論文・報告) 07.01.29 
(↑-----V07a-----)
小細胞肺がんでの治療法間での比較《標準的な ICE レジメン 対 投与集中 ICE レジメン》 (論文・報告) 07.01.12 

再発性の小細胞肺がんでの一化学療法の試み《bendamustine 》 (論文・報告) 07.01.11 
進展型の小細胞肺がんでの一化学療法《3 週間スケジュールの irinotecan + cisplatin 》 (論文・報告) 06.12.13 
(↑UNQ061217)
以前に治療を受けた小細胞肺がんでの一化学療法の試み《amrubicin 》 (論文・報告) 06.12.07 
難治性、又は、再発性の小細胞肺がんでの一化学療法の試み《amrubicin 》 (論文・報告) 06.12.02 
再発性の小細胞肺がんでの一化学療法の試み《経口 topotecan 》 (論文・報告) 06.12.02 

(未達) 再発性、又は、難治性の進展型の小細胞肺がんでの一薬物治療の試み《bortezomib 》 (論文・報告) 06.11.25 
進展型の小細胞肺がんでの一化学療法の試み《paclitaxel + carboplatin + topotecan 》 (論文・報告) 06.11.25 
(↑UNQ0611)
限局型の小細胞肺がんでの治療法併用の試み《同時実施の化学放射線療法 + 強化化学療法》 (論文・報告) 06.11.18 
進展型の小細胞肺がんでの一化学療法の試み《[irinotecan + carboplatin ]分割投与》 (論文・報告) 06.11.17 
進展型の小細胞肺がんでの化学療法《pemetrexed + [cisplatin 、又は、carboplatin]》 (論文・報告) 06.10.24 

小細胞肺がんでの一化学療法の試み《amrubicin》 (論文・報告) 06.10.11 
限局型の小細胞肺がんでの複数療法併用の試み《irinotecan + cisplatin +放射線療法》 (論文・報告) 06.09.17 
中等度、及び、劣った予後の小細胞肺がんでの化学療法《複数》の比較《PC 対 CAV》 (論文・報告) 06.09.13 
化学療法が奏効した進展型の小細胞肺がんの患者さんでの前向き、ランダム化、→ (abstract)06.08.14 
小細胞肺がんの高齢《75 歳以上》の患者さんでの carboplatin + etoposide による治療→ (abstract)06.08.12 

小細胞肺がんの高齢の患者さんでの amrubicin と carboplatin との併用に関する→ (論文メモ) 06.08.08 
【Topic 原文】小細胞肺がん:新しい研究の方向  06.07.31 
進展型の小細胞肺がんの高齢の患者さんでの carboplatin + irinotecan の G-CSF → (論文メモ) 06.07.29 
再発性、又は、進展型の小細胞肺がんの患者さんでの amrubicin + topotecan → (論文メモ) 06.07.29 
cisplatin + irinotecan と cisplatin + etoposide が小細胞肺がん治療用として同等 (収載日:06.06.17) 

-#23-
《 メモ 》進展型の、予後の劣る小細胞肺がんでの第一線治療としての topotecan 単剤の→ (収載日:06.06.03) 
肺切除術により、早期小細胞肺がんでの生存が改善 (収載日:06.06.02) 
《標題、メモ》これまでに治療を受けていない進展型の小細胞肺がんの患者さんに於いて→ (収載日:06.05.29) 
Hycamtin が etoposide よりも小細胞肺がんの治療用として利便性が高いとの研究結果 (収載日:06.05.06) 
Camptosar/carboplatin がetoposide/carboplatinよりも進展型の小細胞肺がんでの進行なし生存を改善 (収載日:06.04.22) 

長期的な肺機能は、小細胞肺がんに対する化学療法 + 放射線療法の後でも維持されるとの研究結果 (収載日:06.03.18) 
同時実施の放射線療法と化学療法が、小細胞肺がんに有効との研究結果 (収載日:06.03.17) 
より短期間の治療により、小細胞肺がんの生存が改善との研究結果 (収載日:06.03.11) 
欧州医薬品当局が、topotecan HCl を、再発性の小細胞肺がんの治療用として認可 (収載日:06.03.07) 
Glaxo 社が、糖尿病と小細胞肺がん治療の薬の認可をそれぞれ取得 (収載日:06.02.03) 

情報センター( 肺 )のページ 資料追加・更新のお知らせ (収載日:06.01.15) 
小細胞肺がんの化学療法時に G-CSF を追加すると発熱性好中球減少症のリスクが低下するとの研究結果(収載:2005年11月3日(木)) 
小細胞肺がんに対する高用量化学療法と幹細胞移植による治療が実施可能であるとの研究結果(収載:2005年10月27日(木) ) 
050510 小細胞肺がんに対するdose-dense化学療法は標準投与に比較して利点がないとの研究結果
050426 高齢であっても小細胞肺がんに対する化学療法と放射線療法との併用は可能であるとの研究結果

(旧 総説・論文のグループ)
§【論文】小細胞肺がんに対する docetaxel + carboplatin 併用レジメン( Phase II 臨床試験)(収載:2005年12月12日(月)) 
§【論文】小細胞肺がんに対する cyclophosphamide +Adriamycine +vincristine による第 2 線化学療法(収載:2005年12月5日(月) ) 
§【論文】小細胞肺がんで治療を重ねているケースで、irinotecan +etoposide( 経口 )が有望(収載:2005年12月5日(月)) 
§【論文】小細胞肺がんの治療用としての topotecan/cisplatin と etoposide/cisplatin との比較試験結果(収載:2005年12月4日(日)) 
NPJ1050817 ** 小細胞肺がんの治療:困難な課題への新しいアプローチ (収載:2005年8月17日(水) )

***** 以下2004 年以前(小細胞肺がん) *****
進展型の小細胞肺がん治療用として、Hycamtin(経口)とcisplatinとの併用が便利との研究結果 (2005.7.5)(収載:2005年7月27日(水) )
小細胞肺がんに対し、併用化学療法Camptosar + cisplatinで、etoposide + cisplatinと同等の結果 (選択記事 2005.5.24)(収載:2005年7月26日(火) )
新規の合成アントラサイクリン化学療法剤 amrubicinが小細胞肺がん治療剤として有望な結果 (2005.3.3)(収載:2005年7月26日(火) )

***** 悪性胸膜中皮腫 *****


(新しい記事は、本家サイトで ご覧ください)

(↑2008年 2 月)
◆(ニュース冒頭)悪性胸膜中皮腫 治療用としての Alimta の結果を報告 07.11.01ne 
(↑2007年 11月)
◆悪性胸膜中皮腫 での 一化学療法の試み《 vinflunine 》(論文・報告)07.10.19tg 
(↑2007年 10月)

◆( ニュース冒頭) imatinib が悪性中皮腫に有望的 07.08.28nc 
◆『総』 悪性胸膜中皮腫 の集学的な治療(総説)07.08.11tb 
◆悪性胸膜中皮腫での一治療法の試み《術前補助化学療法→胸膜外肺全摘除術( EPP )》(論文・報告)07.08.07tg 
(↑2007年 8月)
◆(ニュース)英国の費用効果判定当局が Alimta の償還を認可 07.07.10na 
(↑2007年 7 月)
◆( N 冒頭)悪性胸膜中皮腫で Alimta + 白金系化学療法剤の活性を確認 07.06.27na 

◆悪性胸膜中皮腫での一集学的な治療の試み《導入化学療法 + 膜外肺全摘除術 + 放射線療法》(論文・報告)07.06.18td 
◆(−結果) 悪性胸膜中皮腫での一薬物治療の試み《単剤での erlotinib 》(論文・報告)07.06.11tf 
(↑2007年6月)
『総』悪性胸膜中皮腫 : レビュー (総説)07.05.11tf 
(↑-----V07d-----)
(未達) 切除不可能な悪性胸膜中皮腫での一化学療法の試み《 pralatrexate 》 (論文・報告)07.04.18ta 
『総』 悪性胸膜中皮腫に対するサイトカイン遺伝子治療 (総説)07.04.17tc 
(↑-----V07c-----)

-#27-
悪性胸膜中皮腫での 4 方法集学的な治療 : [一件の] Phase II 研究 (論文・報告)07.03.10te 
悪性胸膜中皮腫での 治療法比較《化学療法 対 最良のサポートケア》 (論文・報告) 07.02.28tg 
FDA が ranpirnase (Onconase) を悪性中皮腫治療用として orphan drug に認定 (ニュース) 07.02.27nc 
悪性胸膜中皮腫での一化学療法の試み《第二線治療としての pemetrexed》 (論文・報告) 07.02.16ti 
(↑-----V07b-----)
悪性胸膜中皮腫での一化学療法の試み《pemetrexed + cisplatin》 (論文・報告) 07.01.14 
(↑-----V07a-----)

『総』 悪性胸膜中皮腫 : [一つの]包括的なレビュー (総説) 07.01.09 
進行期の悪性胸膜中皮腫での一化学療法の試み《pemetrexed + carboplatin 》 (論文・報告) 07.01.08 
悪性胸膜中皮腫での一化学療法の試み《irinotecan + cisplatin + mitomycin 》 (論文・報告) 07.01.05 
(↑UNQ061217)
進行期の悪性中皮腫での一薬物治療の試み《vatalanib》 (論文・報告) 06.10.23 
悪性中皮腫での一化学療法の試み《cisplatin + gemcitabine 》 (論文・報告) 06.09.17 

-#17-
新資料:悪性中皮腫の治療 基本的な資料  06.08.19 
《 連載 #5=完 》 悪性中皮腫の治療  06.08.13 
《 連載 #4 》 悪性中皮腫の治療  06.08.12 
《 連載 #3 》 悪性中皮腫の治療  06.07.30 
『総』 進行期の悪性中皮腫の患者さんでの化学療法の使用:一つの体系的なレビュー→ (総論の紹介) 06.08.08 

以前に治療を受けている悪性胸膜中皮腫の患者さんでの pemetrexed 単独、又は、→ (論文メモ) 06.08.07 
《 連載 #2 》 悪性中皮腫の治療  06.07.28 
《 連載 #1 》 悪性中皮腫の治療  06.07.27 
《標題、メモ》悪性胸膜中皮腫に於いて導入化学療法後のPET SUV値の低下は生存の改善を伴うとの報告 (収載日:06.05.22) 
(要約のみ) Onconase が悪性胸膜中皮腫のケースでの生存を改善するとの研究結果 (収載日:06.05.11) 

連続実施による化学療法が胸膜中皮腫に有望との研究結果 (収載日:06.04.13) 
Alimta と Paraplatin との併用が、悪性中皮腫の治療に有効で忍容性良好との研究結果 (収載日:06.03.23) 
化学療法を早期に実施することにより、悪性中皮腫の治療結果が改善するとの研究結果 (収載日:06.02.10) 
cisplatin と raltitrexedとの併用で、悪性中皮腫の生存が改善との研究結果(収載:2005年10月11日(火) ) 
050329 Alfacell社のOnconaseが悪性中皮腫治療剤として、オーストラリアでorphan薬として認定

***** 2004年以前 *****
化学療法の後に外科手術を実施する方法が、悪性中皮腫治療法として有望との研究結果 選択記事 2004.10.4 (収載日:06.01.14) 
FDAが、Alimtaをcisplatinとの併用での悪性胸膜中皮腫治療用として認可 (2004.2.9)(収載:2005年7月29日(金))

***** 肺がん全般、及び、その他のタイプの肺がん、肺への転移 *****


(新しい記事は、本家サイトで ご覧ください)

(↑2008年 1月)

◆80 歳代の肺がん の患者さん での 外科的治療 : 人口集団ベース での 研究結果(論文・報告)07.11.16tb 
◆(ニュース冒頭) CyberKnife により、正確な放射線手術が より広範に実施可能に 07.11.20nb 
◆『総』 肺がん の治療 での ビデオ補助下 胸部手術《 VATS 》の適応、及び、開発(総説)07.11.07td 
◆症例: 気管支 形質細胞腫 の 放射線療法による治療例(症例報告)07.10.30te 
(↑2007年 11月)
◆症例: 転移性の 肺の大細胞神経内分泌がん での 一化学療法の試み《 cisplatin + ……》(症例報告)07.10.14tc 

◆結腸直腸がん からの肺転移に対する経皮 ラジオ波焼灼法 : 27 名の患者さん での 中期結果(論文・報告)07.10.09tc 
◆結腸直腸がん からの肝臓、次いで肺への転移 での 肝臓切除術、と、肺ラジオ波焼灼法(論文・報告)07.09.27tb 
(↑2007年 10月)
◆化学放射線療法−誘発の 食道炎 の glutamine による予防 : パイロット研究の結果(論文・報告)07.09.21ta 
◆( ニュース冒頭) IASLC が 肺がん の診断、ステージ決め、治療 の 新ガイドラインを発表 07.09.12nb 
(↑2007年 9月)
◆症例: 心膜中皮腫で 肝臓転移を伴うケースでの pemetrexed + 白金系化学療法剤(症例報告)07.08.23ta 

◆(総紹)肺がん の治療への bortezomib の組込み(総説紹介文)07.08.04ti 
(↑2007年 8月)
◆結腸直腸がん からの肺への転移の切除の効果(論文・報告)07.07.18tb 
◆(総紹)気道・消化管の がん での上皮成長因子レセプタを標的とした治療(総説紹介文)07.07.13tj 
◆( ニュース冒頭)肺の手術での より多くの「鍵穴」手術を外科医が提唱 07.07.13na 
◆『専』拡大し、改善されつつある肺がん の治療 :専門家インタビュー(総説)07.06.28tb 

◆『専』肺 がん の治療の拡大、及び、洗練 :専門家インタビュー(総説)07.06.22td 
(↑2007年 7 月)
◆症例: 乳児での線維性組織球腫 での気管支内 ND:YAG レーザーによる治療(症例報告)07.06.18tf 
◆症例: 肺の類基底細胞 扁平上皮細胞 がん : 稀な臨床的発現を伴う稀な がん(症例報告)07.06.18te 
◆( N 冒頭)進行期の肺がん のケースで 緩和/腫瘍治療の統合ケアが実施可能 07.06.26nc 
(↑2007年6月)
(冒頭)早期の肺がん で手術が適応でない場合、光線力学療法が一つの選択肢 (N 冒頭)07.05.18na 

-#51-
症例: 肺がん でのbevacizumabに関連した喀血 での 気管支鏡の使用例 (症例報告)07.05.11th 
肺の腺がん での薬物療法間の比較《 gefitinib 単独 対 gefitinib + vinorelbine 》 (論文・報告)07.04.25ta 
(↑-----V07d-----)
症例: 肺芽腫で腎臓への転移を伴うケースで sorafenib が奏効 (症例報告)07.04.18tb 
HIV 感染のある肺がん の患者さんでの高度に活性的な抗レトロウィルス薬の時代での状況 (論文・報告)07.04.17td 
(冒頭)肺がん での胸腔鏡手術により、化学療法が容易化 (N 冒頭)07.04.13na 

肺ラジオ波焼灼法 : 153 名の患者さんでの長期安全性、及び、有効性 (論文・報告)07.03.29ta 
肺の腫瘍に対する CT ガイド下経皮ラジオ波焼灼法後の空洞形成に貢献する要因《複数》 (論文・報告)07.03.28td 
結腸直腸がん からの切除不可能な肺転移に対するラジオ波焼灼法 (論文・報告)07.03.28tc 
(↑-----V07c-----)
肺への転移腫瘍に対する定位放射線療法 : Phase I /II 研究の臨床的結果 (論文・報告)07.03.13tc 
『総』肺がん の女性患者さんでの 症状緩和目的での 補助医療と代替医療の使用傾向 (総説) 07.03.01tb 

(総紹)喫煙経験の無い人での肺がんについて : [一つの]レビュー (総説紹介文)07.02.12tf 
(↑-----V07b-----)
『総』 肺がんの患者さんでの化学療法の緩和法としての役割 (総説) 07.02.08te 
腎細胞がんからの肺への転移のケースでの吸入型遺伝子組み替えインターロイキン -2 の使用 (論文・報告) 07.02.07tf 
肺がんでの気管支内近接照射療法の長期治療結果 : 治癒的な治療? (論文・報告) 07.01.28 
(↑-----V07a-----)
Nd:YAG レーザーによる気管支内緩和治療と集学的な補助療法との併用で生存が改善 (論文・報告) 07.01.12 

『総』 肺の大細胞神経内分泌がん(LCNEC) (総説) 07.01.11 
化学療法を受けている肺がんの貧血を有する患者さんでの毎週 1 回の epoetin beta の効果 (論文・報告) 07.01.11 
(↑UNQ061217)
肺がんから脊椎への転移に対する放射線手術による治療 (論文・報告) 06.11.21 
『副』肺の新生物に対するラジオ波焼灼法の合併症としての気胸 ( 副作用 ) 06.11.08 
肺腫瘍(非小細胞肺がん、又は、転移腫瘍)での単分割定位放射線治療 (論文・報告) 06.10.30 

〔紹存〕細気管支 - 肺胞がんの新しい時代 : 最先端技術、及び、分子標的治療薬の進歩 (総紹存在) 06.10.30 
両側性の原発肺がんでの体幹部定位放射線療法 : インディアナ大学での経験 (論文・報告) 06.10.28 
タイプIの胸膜肺芽腫:国際胸膜肺芽腫データベースからの報告 (論文・報告) 06.09.25 
新資料:肺のカルチノイド腫瘍の治療 基本的な資料  06.07.30 
肺の腫瘍に対するラジオ波焼灼法による中期的な局所有効性、及び、生存《最小 1 年間のフォローアップ》→ (論文メモ) 06.07.26 

肺がんとラジオ波焼灼法 (論文メモ) 06.07.25 
《 連載 #4=完 》 肺のカルチノイド腫瘍の治療  06.07.19 
《 連載 #3 》 肺のカルチノイド腫瘍の治療  06.07.14 
《 連載 #2 》 肺のカルチノイド腫瘍の治療  06.07.13 
《 連載 #1 》 肺のカルチノイド腫瘍の治療  06.07.13 

-#21-
《 要約 》 放射線療法が肺がんでの生存率を改善 (収載日:06.06.16) 
リハビリにより肺がん治療後の運動容量が改善 (収載日:06.05.17) 
単回投与定位放射線療法が小規模の肺がんに有効との研究結果 (収載日:06.03.21) 
【Topic原文】肺がん治療の新規戦略:分子標的治療薬 (収載日:06.01.19) 
【Topic原文】肺がん治療に於ける新規戦略:化学療法について (収載日:06.01.19) 

肺がんの治療後も、肺機能が安定する可能性があるとの研究結果(収載:2005年12月21日(水)) 
手術不可能な肺がんのケースで、近接照射法により、生存が改善されるとの研究結果(収載:2005年10月20日(木) ) 
胸腔鏡手術により、肺がん手術後の回復が促進(収載:2005年7月8日(金) )
Conforma Therapeutics社が住友製薬からamrubicinの欧米での開発・販売権を取得 (収載:2005年7月2日(土) )
凍結手術が、気管内腫瘍に対する緩和治療として有効との研究結果(収載:2005年6月25日(土) )

050415 Karnofskyスケールが低下した患者でのgemcitabineの効果に対する投与スケジュールの影響
050407 肺がんの症状は、肺がんと診断されるよりもずっと前に現れているとの研究結果
050405 早期の肺がん患者で、ラジオ波焼灼法が好結果をあげたとの報告
050316 Pharmacyclics社が、脳への転移のある肺がん治療剤のPhase III臨床試験開始へ
050301 ラジオ波焼灼法(RFA)が肺がんの局所コントロールに有効

(旧 総説・論文のグループ)
NPJ1050804 ** 肺がんの治療における生物学的治療剤の併用について(現在と将来)(専門家インタビュー)
NPJ1050729 ** 肺がん治療に於ける生物学的医薬品(血管新生阻止剤など)併用の現在と将来(専門家インタビュー)
NPJ1050630b ** 肺がんに対する分子標的治療への焦点(ASCO会議より)
NPJ1050630a ** 肺がんに対する化学療法の改善状況(ASCO会議より)
NPJ1050528 ** 肺がんの分子標的治療に適した患者を特定する方法についての専門家インタビュー
NPJ1050309 ** 肺がん治療について、我々は今どの地点にいるのか

key words:がん、ガン、癌、腫瘍、白血病、メラノーマ、海外、欧州、米国、アメリカ、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤、血液、リンパ、脳、乳ガン、肝臓、胃、大腸、小腸、結腸、直腸、子宮、卵巣、精巣、頭頸部、肺、膵臓、前立腺、皮膚、甲状腺、腎臓、膀胱、神経

広告