Archiveの表紙 支援治療
情報データベース=> 全般 血液・リンパ・骨髄 脳・脊髄 乳がん 肝臓 消化管 生殖系 頭頸部  肺  膵臓 前立腺 メラノーマ 甲状腺 腎臓・尿路 その他
肝臓 情報(旧記事)

*****目次*****

*****以下本文*****

【タイトル行からの 内容検索方法】

検索の手順

下記の「旧記事タイトル」の各タイトルのうち、リンクが設定されていない記事《2007年 5月以降の記事》については、以下の手順《@ → C) により検索をして、それぞれの記事の内容を ご覧ください:

@当該タイトル行の末尾に記述されている 年月日 + アルファベット記号(2文字) の箇所(*) をコピーする。《つまり、それらの文字列を選択(黒白反転)して、Ctrl + C》
(*)例えば、
◆原発性眼内悪性リンパ腫《 PIOL 》について : 一グループの報告(論文・報告)07.11.26ta 
の 07.11.26ta という文字列のことです。

A当該タイトルから下へ見ていって、最初に見つかった (↑○○○○年 ○月)(*)の内容をメモする。
(*)上記の例で言えば、(↑2007年 12月)が見つかるので、2007年 12月 とメモします。《ちなみに、この年月とは、当該記事が本家サイトに収載された 年月です》

B「記事内容ファイルへのリンク」(↓次の項目のことです)で、上記でメモした年月のリンクをクリックする。《すると、当該記事が記述されている内容ファイルのページが開きます》

C記事内容ファイルのページが開いたら、ブラウザの 「このページを検索する」 の機能により、検索語の窓に @でコピーした文字列を貼り付けて、検索を実行してください。
《申し訳ありませんが、ブラウザにより細かい操作が異なりますので、具体的操作については、各ブラウザの説明を お読みください》

ご参考 : 当サイト内の Google検索は、表紙ページから可能です。(但し、Googleが拾ってくれていない記事も有り得ますので、ご了承ください)

記事内容ファイルへのリンク


2007 年 :  1 月  2 月  3 月  4 月  5 月  6 月  7 月  8 月  9 月  10 月  11 月  12 月

【このページに戻る方法】

原因はよくわかりませんが、このサイトでは、ブラウザの「戻る」ボタンが働かない場合があります。そのような場合には、お手数ですが、一旦あらためて当サイト全体の表紙ページに行き、そこに設定されている各領域トップページへのリンクから このページに戻ってください

【旧記事 タイトル】

各記事内のがん治療薬の日本での名称については、名称対照表をご参考にしてください。


(新しい記事は、本家サイトで ご覧ください)

(↑2008年 1月)

◆(未達) 結腸直腸がん からの肝臓転移 での 肝臓動脈点滴に関するメタ分析 : 時代の終り?(論文・報告)07.12.09td 
◆結腸直腸がん の肝臓転移での化学療法で bevacizumab が病理的奏効を改善、肝臓障害を予防(論文・報告)07.12.08tb 
◆肝細胞がん での イットリウム( Y )-90 内照射塞栓法 での 線量の限度、及び、肝臓毒性(論文・報告)07.11.28te 
◆進行期の肝細胞がん での 緩和的な肝臓切除術 後のインターフェロンα + 5-fluorouracil(論文・報告)07.11.23tc 
(↑2007年 12月)
◆(ニュース)米国 FDA が Nexavar を肝臓がん 治療用として認可 07.11.20na 

◆『総』 転移性の結腸直腸がん の 治癒? : 肝臓転移の治療に於ける進歩(総説)07.11.02tc 
◆(ニュース冒頭)肝細胞がん での 病期改善《ステージ低下》が好結果 07.11.08na 
◆(ニュース冒頭)欧州委員会 が 肝細胞がん治療用に sorafenib を認可 07.11.06na 
◆肝臓のマイクロウェーブ焼灼法 : 安全性、及び、有効性に関する最初の経験(論文・報告)07.10.26tb 
(↑2007年 11月)
◆結腸直腸がん で 切除不可能な肝臓転移が あるケース の 術前補助化学療法《 irinotecan …》(論文・報告)07.10.22tg 

◆(ニュース冒頭)高用量 小照射野 放射線療法 の 肝細胞がん、や、肝臓転移治療への応用 07.10.31na 
◆進行期の肝細胞がん での 一化学療法の試み《 capecitabine + oxaliplatin ( XELOX )》(論文・報告)07.10.22td 
◆(ニュース冒頭)進行期の肝細胞がん で sunitinib が 有望的との報告 07.10.26nc 
◆伝統的な全身的治療に抵抗性の結腸直腸がん からの肝臓転移への cetuximab 後の肝臓切除術(論文・報告)07.10.12ta 
◆結腸直腸がん からの肝臓転移の切除から 10 年後の生存が 治癒を定義(論文・報告)07.10.11ta 

◆(ニュース冒頭)米国 FDA が 肝細胞がん治療用として MB07133 をオーファンドラッグに認定 07.10.07na 
◆結腸直腸がん からの肝臓、次いで肺への転移 での 肝臓切除術、と、肺ラジオ波焼灼法(論文・報告)07.09.27tb 
◆肝細胞がん の 年配の患者さん での 陽子線治療(論文・報告)07.09.24tb 
◆乳がん からの切除不可能な肝臓転移 での イットリウム( Y )-90 微小球による治療(論文・報告)07.09.24ta 
◆( ニュース冒頭)肝細胞がん で Nexavar + doxorubicin が doxorubicin 単独よりも有効 07.09.29nb 
(↑2007年 10月)

◆切除不可能な肝細胞がん での 腫瘍追跡 放射線療法システム使用 の 迎撃照射(論文・報告)07.09.22ta 
◆(総紹)転移性の結腸直腸がん での 肝臓切除の前の化学療法 は 治癒確率を高めるか?(総説紹介文)07.09.20ta 
◆( ニュース冒頭)欧州医薬品当局 が Nexavar の 肝臓がん 治療用としての認可を勧告 07.09.22nb 
◆若年の比較的に良好な肝機能の 肝細胞がん の患者さん は 年配の 患者さんより予後不良か?(論文・報告)07.09.01tb 
◆『総』 肝臓移植 待機中の 肝細胞がん の患者さん のための治療(総説)07.08.30tc 

◆切除不可能な 肝細胞がん での一薬物治療の試み《 erlotinib 》( Phase II 研究)(論文・報告)07.08.26td 
(↑2007年 9月)
◆肝臓の悪性腫瘍 での 肝臓と下大静脈との併行切除(論文・報告)07.08.21te 
◆( ニュース冒頭) Nexavar が Phase III アジア−太平洋 肝臓がん 臨床試験で 生存を改善 07.08.28nb 
◆修正ラジオ波焼灼法 補助による肝臓切除術 : 新しい装置(論文・報告)07.08.21tb 
◆( ニュース冒頭) FDA が Nexavar に 肝臓がん 治療用として優先審査ステータスを認定 07.08.21nb 

◆結腸直腸がん からの肝臓転移のあるケースでの一混成化学療法の試み《静注 + 肝動脈点滴》(論文・報告)07.08.12tb 
◆『総』 結腸直腸がん からの肝臓転移の切除を考慮されている患者さんでの術前化学療法(総説)07.08.10tb 
◆結腸直腸がん からの肝臓転移の切除時の 1cm 未満の非陽性マージンの肝臓再発への影響(論文・報告)07.08.07tf 
◆肝細胞がん での治療法比較《ラジオ波焼灼法 + エタノール注入 対 ラジオ波焼灼法単独》(論文・報告)07.07.31ta 
◆(未達) 進行期の肝細胞がん での一薬物治療の試み《 cetuximab 》(論文・報告)07.07.26ta 
(↑2007年 8月)

◆( ニュース冒頭)結腸直腸がん からの肝臓転移の再発率が術前・術後補助化学療法で低下 07.07.31nb 
◆(−結果) 切除不可能な肝細胞がん での一化学療法の試み《 nolatrexed 》(論文・報告)07.07.21tb 
◆5cm 以下の肝細胞がん でのラジオ波焼灼法と化学塞栓法の併用 : 局所腫瘍進行のリスク要因(論文・報告)07.07.11td 
◆神経内分泌腫瘍が肝臓に転移したケースでの 化学塞栓療法と無刺激塞栓療法との比較(論文・報告)07.07.11tc 
◆( ニュース冒頭)肝臓の多重の悪性腫瘍《複数》に対し 多重電極ラジオ波焼灼法が有用 07.07.12na 

◆症例: 肝臓の 横紋筋肉腫様腫瘍 の成功的な管理のケース(症例報告)07.06.22tg 
(↑2007年 7 月)
◆( N 冒頭) Bayer 社と Onyx 社が、Nexavar の肝細胞がん に関する補充 NDA を FDA に提出 07.06.28na 
◆進行期の肝細胞がん での繰り返し的 短期間の動脈点滴化学療法《高用量 5-FU + cisplatin 》(論文・報告)07.06.18tl 
◆乳がん からの肝臓転移でのイットリウム( Y )-90 内照射塞栓法(論文・報告)07.06.11td 
◆肝細胞がん に内胸動脈からの供給があるケースの経動脈の化学塞栓法の有効性、実施可能性(論文・報告)07.06.11tc 

◆( N 冒頭)肝細胞がん での生存を Nexavar が改善(冒頭)07.06.06nf 
◆( N 冒頭)肝臓に転移した結腸直腸がん の再発を 手術周辺 化学療法が低下(冒頭)07.06.05nf 
◆(紹存)原発の肝臓がん で 肝臓移植は 正当化されるか?(総紹存在)07.05.25tc 
◆肝細胞がん でのガドキセト酸支援による MRI ガイド下焼灼法(論文・報告)07.05.25tb 
◆( N 冒頭)進行期の肝臓がん で外科手術の後のインターフェロンが生存を改善の模様(冒頭)07.06.01nb 
(↑2007年6月)

◆胃がん からの肝臓転移がある 患者さんでの肝臓切除術の好適な適応(論文・報告)07.05.17tc 
(↑2007年5月)
『総』 肝細胞がん に関する進歩《複数》 (総説)07.05.10td 
(総紹)肝臓・胆管系、及び、膵臓がん に対する治療選択肢 (総説紹介文)07.05.07tb 
小児患者さんでの肝臓転移切除術の実施可能性について (論文・報告)07.05.04ta 
肝臓腫瘍に対する肝動脈イットリウム 90 微小球治療に伴う消化管系の合併症 (論文・報告)07.04.29tf 
(↑-----V07d-----)
-#61-
結腸直腸がん からの肝臓転移での化学療法後の安全的な切除は タイミングの問題 (論文・報告)07.04.08tb 
肝臓腫瘍に対する 多重生理食塩水灌流電極使用の 経皮ラジオ波焼灼法 (論文・報告)07.03.28te 
進行期の肝細胞がん での一化学療法の試み《 gemcitabine + oxaliplatin 《GEMOX》》 (論文・報告)07.03.22tb 
(↑-----V07c-----)
乳がん からの肝臓への転移に対するラジオ波焼灼法 : 14 名の患者さんでの結果 (論文・報告) 07.02.25tc 
限定された肝臓転移のケースでの一放射線療法の試み《低分割 体幹部 定位放射線治療》 (論文・報告) 07.02.14tc 

肝細胞がん での一放射線療法の試み《リン 32 を使用した近接照射 器具》 (論文・報告) 07.02.13td 
(↑-----V07b-----)
Nexavar が肝臓がんでの生存を改善 (ニュース) 07.02.13e 
ブドウ膜悪性メラノーマからの肝臓転移での肝動脈化学塞栓術 (論文・報告) 07.01.21 
(冒頭)進行期の肝細胞がんに octreotide は利益なしとの研究結果 (N 冒頭) 07.01.27 
(↑-----V07a-----)
『総』 肝細胞がんに対する経皮ラジオ波熱焼灼法 (総説) 06.12.09 

門脈に浸潤している肝細胞がんでの一治療法の試み《経動脈化学リピオドール注入法など》 (論文・報告) 06.12.05 
切除不可能な肝細胞がんでのイットリウム−90 微小球による治療 (論文・報告) 06.11.24 
肝細胞がん、及び、肝臓転移のケースでのラジオ波焼灼法《比較研究》 (論文・報告) 06.11.24 
(↑UNQ0611)
『総紹』肝細胞がんでの化学塞栓法とその他の治療法との併用による治療結果 (総説紹介文) 06.11.15 
部分肝切除術後の肝臓内再発に対するラジオ波焼灼法の価値 (論文・報告) 06.11.08 

『総紹』一次、及び、二次的な肝臓悪性新生物のケースでのイットリウム 90 放射性塞栓法 (総説紹介文) 06.11.08 
『総紹』原発の悪性肝臓類上皮血管内皮腫について (総説紹介文) 06.11.02 
『コ』結腸直腸がんからの肝臓転移に対する術前補助療法の利益とリスク (コメント記事) 06.11.01 
『コ』結腸直腸がんの肝臓転移の切除のケースで発展しつつある化学療法の役割 (コメント記事) 06.11.01 
肝硬変のある肝細胞がんの患者さんでの一治療法の試み《三次元原体放射線療法》 (論文・報告) 06.10.28 

進行期の肝細胞がんでの一治療法の試み《イットリウム 90 放射性塞栓術》 (論文・報告) 06.10.27 
コルヒチンに、ウィルス関連肝硬変患者さんでの肝細胞がん発生を遅らせる効果 (論文・報告) 06.10.19 
『総』一次、及び、二次性の肝臓悪性新生物に対するイットリウム 90 放射性塞栓法 (総説紹介文) 06.10.06 
肝臓への転移性の肉腫に対する無刺激性塞栓法による治療 (論文・報告) 06.10.02 
『総』肝細胞がんに於ける血管新生、及び、抗血管新生 (総説紹介文) 06.09.16 

進行期の肝臓がんでの一薬物治療の試み《sorafenib 》 (論文・報告) 06.09.13 
原発性、及び、二次性の肝臓がんでのイットリウム 90 放射線塞栓法 (総説紹介文) 06.09.12 
肝細胞がんからの肺転移に対する気管支動脈の化学塞栓法後の経皮のラジオ波焼灼法→ ( abstract ) 06.08.07 
【Topic 原文】肝臓腫瘍に対するラジオ波焼灼法:それは実際に有効か?  06.08.05 
【Topic 原文】進行期の肝細胞がんの治療:どの程度に我々は希望的であるべきか?  06.08.05 

(−結果) tamoxifen は、肝細胞がんの予後の良好な患者さんでも効果無し (論文メモ) 06.08.03 
肝細胞がんで治療選択肢が限定されているケースに対する陽子線治療の結果報告 (論文メモ) 06.07.21 
(−結果) 投与集中での白金系化学療法剤による治療は、小児患者さんでの進行期の肝芽細胞腫→ (論文メモ) 06.07.11 
動脈塞栓法が肝臓がんの再発のケースで有効 (Newsメモ)06.06.27 
粒子塞栓法が再発性の肝細胞がんのケースでの生存改善に有効 (収載日:06.06.14) 

《 メモ 》進行性の胆のう・胆管がん、又は、肝細胞がんに対する lapatinib → (収載日:06.06.05) 
【Topic 原文】小サイズの肝細胞がんに対する経皮局所焼灼治療と部分肝切除術とを比較した→ (収載日:06.06.05) 
【Topic 原文】肝細胞がんの証拠を基にした管理:関連ランダム化臨床試験の分析のアップデート (収載日:06.06.05) 
《標題、メモ》肝細胞がんで、転移も門脈への浸潤もないケースでの bevacizumab の使用 (収載日:06.05.31) 
インターフェロン + 5-FU の併用化学療法は肝臓がんでの生存を改善する可能性あり (収載日:06.05.26) 

-#21-
FDA が sorafenib tosylate を肝細胞がん治療用として orphan drug に認定 (収載日:06.05.22) 
FDA がラジオ波焼灼法システム Cool-tip を認可 (収載日:06.05.10) 
Gemzar/Eloxatin/Avastin が進行性の肝臓がん治療に有望との研究結果 (収載日:06.04.21) 
(要約のみ) Zadaxin の経動脈化学塞栓術への追加で肝臓がんでの生存が改善との報告 (収載日:06.03.29) 
【Topic 原文】転移性のカルチノイドや膵内分泌腫瘍に対する選択的肝動脈塞栓治療 (収載日:06.03.27) 

経皮焼灼法が、外科手術よりも、小サイズの肝臓がんで利益を提供するとの研究結果 (収載日:06.03.24) 
menatetrenone が、肝細胞がんの治療結果を改善するとの研究結果 (収載日:06.03.17) 
§ 【論文】肝細胞がんでの gemcitabine +oxaliplatin +bevacizumab 併用の Phase II 試験結果 (収載日:06.03.02) 
小児の肝臓がんの治療法として肝臓移植が好結果を提供するとの研究結果 (収載日:06.02.08) 
経皮エタノール注入により、肝臓がんのケースで良好な結果との研究結果 (収載日:06.02.07) 

肝臓がんに対する化学療法中の B 型肝炎再活性化による肝臓の炎症を Epivir で予防可能との研究結果 (収載日:06.02.04) 
肝臓腫瘍への正確な放射線照射と、大量の化学療法により、生存が改善との研究結果(収載:2005年12月2日(金)) 
肝臓の腫瘍の除去には、レーザー焼灼法のほうが、外科手術よりも有用かも知れないとの研究結果(収載:2005年11月30日(水)) 
肝細胞がんの治療用として、多剤併用化学療法は必ずしも生存を改善しないとの研究結果(収載:2005年10月20日(木)) 
小さなサイズの肝臓がんの治療法としては、アルコール注入よりもラジオ波焼灼法が優れているとの報告 (収載:2005年8月10日(水) )

小さなサイズの肝臓がんに対してはラジオ波焼灼法がエタノールや酢酸よりも優れているとの研究結果 (収載:2005年7月27日(水) )
ondansetronで、C型肝炎に伴う疲労感が軽減との研究結果(収載:2005年7月21日(木) )
pSividaのナノテクノロジー応用の薬が肝臓がんに有効かも知れないとの発表 (収載:2005年6月23日(木))
050406 米国で実施され始めた、手術不可能とされた肺がん及び肝臓がんに対する新治療方法(収載:2005年7月27日(水) )
050218 Celsion社のThermoDox(加熱活性化抗がん剤)を肝臓がん治療に使用(収載:2005年7月28日(木) )

(旧 総説・論文グループ)
(収載なし)

***** 2004年以前 *****
肝臓への転移の治療法として、ラジオ波焼灼法と外科手術とでは同等の局所再発率との研究結果 (2004.5.7)(収載:2005年8月11日(木) )

key words:がん、ガン、癌、腫瘍、白血病、メラノーマ、海外、欧州、米国、アメリカ、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤、血液、リンパ、脳、乳ガン、肝臓、胃、大腸、小腸、結腸、直腸、子宮、卵巣、精巣、頭頸部、肺、膵臓、前立腺、皮膚、甲状腺、腎臓、膀胱、神経

広告