Archiveの表紙 支援治療
情報データベース=> 全般 血液・リンパ・骨髄 脳・脊髄 乳がん 肝臓 消化管 生殖系 頭頸部  肺  膵臓 前立腺 メラノーマ 甲状腺 腎臓・尿路 その他
がん全般 情報(旧記事)

*****目次*****

*****以下本文*****

【タイトル行からの 内容検索方法】

検索の手順

下記の「旧記事タイトル」の各タイトルのうち、リンクが設定されていない記事《2007年 5月以降の記事》については、以下の手順《@ → C) により検索をして、それぞれの記事の内容を ご覧ください:

@当該タイトル行の末尾に記述されている 年月日 + アルファベット記号(2文字) の箇所(*) をコピーする。《つまり、それらの文字列を選択(黒白反転)して、Ctrl + C》
(*)例えば、
◆原発性眼内悪性リンパ腫《 PIOL 》について : 一グループの報告(論文・報告)07.11.26ta 
の 07.11.26ta という文字列のことです。

A当該タイトルから下へ見ていって、最初に見つかった (↑○○○○年 ○月)(*)の内容をメモする。
(*)上記の例で言えば、(↑2007年 12月)が見つかるので、2007年 12月 とメモします。《ちなみに、この年月とは、当該記事が本家サイトに収載された 年月です》

B「記事内容ファイルへのリンク」(↓次の項目のことです)で、上記でメモした年月のリンクをクリックする。《すると、当該記事が記述されている内容ファイルのページが開きます》

C記事内容ファイルのページが開いたら、ブラウザの 「このページを検索する」 の機能により、検索語の窓に @でコピーした文字列を貼り付けて、検索を実行してください。
《申し訳ありませんが、ブラウザにより細かい操作が異なりますので、具体的操作については、各ブラウザの説明を お読みください》

ご参考 : 当サイト内の Google検索は、表紙ページから可能です。(但し、Googleが拾ってくれていない記事も有り得ますので、ご了承ください)

記事内容ファイルへのリンク


2007 年 :  1 月  2 月  3 月  4 月  5 月  6 月  7 月  8 月  9 月  10 月  11 月  12 月

【このページに戻る方法】

原因はよくわかりませんが、このサイトでは、ブラウザの「戻る」ボタンが働かない場合があります。そのような場合には、お手数ですが、一旦あらためて当サイト全体の表紙ページに行き、そこに設定されている各領域トップページへのリンクから このページに戻ってください

【旧記事 タイトル】

各記事内のがん治療薬の日本での名称については、名称対照表をご参考にしてください。

***** 治療情報(がん全般、複数部位) *****


(新しい記事は、本家サイトで ご覧ください)

(↑2008年 1月)
◆『総標』 gemcitabine −誘発 可逆性 後頭葉 白質脳症 症候群 : 症例報告、文献レビュー(総説標題)07.12.04tb 
◆『 FDA 安全性変更』 bevacizumab に伴う非消化管系の瘻孔発生リスク 07.12.20nb 
◆(ニュース冒頭) ACS が がん の死亡率に焦点を当てた報告書を発表 07.12.18nf 
◆(ニュース冒頭)もう一つの分子標的治療薬 sunitinib にも心臓毒性 が 伴うとの報告 07.12.15nb 
◆(ニュース冒頭) より年配の患者さん での 幹細胞移植に臍帯血が有効なソースとの報告 07.12.12nf 

◆『総』 核医学に於ける分子標的治療 : 現行の状況と将来の展望(総説)07.11.25ta 
◆(ニュース冒頭)がん の患者さん が リアルタイムにオンラインで症状連絡をすることで利益 07.12.02na 
(↑2007年 12月)
◆(総紹)腫瘍の治療用としての CyberKnife ロボット放射線手術(総説紹介文)07.11.19tg 
◆(ニュース冒頭) CyberKnife により、正確な放射線手術が より広範に実施可能に 07.11.20nb 
◆『副』限局性の Palmar?Plantar 表皮過形成 : sorafenib による 以前には未定義の皮膚毒性( 副作用 )07.11.06te 

◆(ニュース冒頭) GlaxoSmithKline 社と M. D. Anderson が がん 分野 での 協力を正式化 07.11.12na 
(↑2007年 11月)
◆(未達) 小児患者さん での 治療抵抗性の固形がん での 一化学療法の試み《 irinotecan 》(論文・報告)07.10.12tb 
◆『総』 白金系化学療法剤ベースの がん 化学療法の復活(総説)07.10.10tb 
◆『総』 転移性のがん の 化学療法 + bevacizumab による治療 での 動脈血栓塞栓症イベント(総説)07.10.10ta 
◆『コ』臓器機能不全 の 患者さん での 抗がん 治療薬 : サマリー(コメント記事)07.10.07tc 

◆『総』 ナノ粒子 アルブミン結合 paclitaxel : 新規な Cremphor-EL 不要の剤型(総説)07.10.05td 
(↑2007年 10月)
◆『総標』がん の治療のための新しい標的 : mTOR 経路の抑制(総説標題)07.09.22tc 
◆(総紹)血管内皮成長因子レセプタ− 2 へのモノクロナル抗体のがん 治療 での 役割(総説紹介文)07.09.19tf 
◆(総紹)ヒ素−ベース の 抗がん治療薬《複数》(総説紹介文)07.09.17ta 
◆(総紹)ヒストン脱アセチル化の抑制 : 腫瘍 の 放射線 感受性化の一戦略(総説紹介文)07.09.14tc 

◆(総紹)代謝拮抗薬 の 放射線増強薬《複数》(総説紹介文)07.09.14tb 
◆(総紹)抗血管新生薬 : この新規な治療薬の化学放射線療法との統合の潜在的な役割(総説紹介文)07.09.14ta 
◆『総』 上皮成長因子レセプタを標的とする抗がん治療薬 での 皮膚反応 への対処について(総説)07.09.12td 
◆『総』 成人での抗がん治療薬 での 平準−固定 投与 対 体表面積ベース投与 : 差はある(総説)07.09.10tf 
◆『総』 成人での抗がん治療薬 での 平準−固定 投与 対 体表面積ベース投与 : 差はあるか?(総説)07.09.10te 

◆治療抵抗性の固形がんでの化学療法への耐性克服の試み《 hydralazine + valproate Mg 》(論文・報告)07.09.10ta 
◆( ニュース冒頭) FDA が ISO-Vorin 《 levofolinic acid 》に関する NDA 修正の申請を受理 07.09.14nc 
◆(未達) 多重の脳転移《複数》 での 30 Gy 《 10 分割》を超えての放射線量 増加について(論文・報告)07.09.07td 
◆( ニュース冒頭)移植後 EBV 関連腫瘍 で 他家 T 細胞治療 が 効果的との研究結果 07.09.13nd 
◆『 FDA 安全性変更』 doxorubicin + bortezomib 併用治療による心臓イベントのリスク 07.09.13nc 

◆( ニュース冒頭) OSI Pharmaceuticals 社 が Tarceva データのサマリーを発表 07.09.08ne 
◆『専』抗 血管内皮成長因子 薬の臨床データの臨床実地への組込み :専門家インタビュー(総説)07.08.28tc 
◆『副』小児時代に がん に罹患していた女性での妊娠について( 副作用 )07.08.27tc 
◆がん の治療用としての抗凝血薬の有効性・安全性に関するメタ分析と系統的レビュー(論文・報告)07.08.27tb 
◆( ニュース冒頭) Kiadis Pharma が自家骨髄移植時の がん細胞除去で 有望的な結果発表 07.09.01na 
(↑2007年 9月)

◆肝臓の悪性腫瘍 での 肝臓と下大静脈との併行切除(論文・報告)07.08.21te 
◆修正ラジオ波焼灼法 補助による肝臓切除術 : 新しい装置(論文・報告)07.08.21tb 
◆『副』化学療法 + bevacizumab で治療されたケースでの動脈 血栓塞栓症イベント( 副作用 )07.08.19td 
◆( ニュース冒頭) ixabepilone が非小細胞肺がん、膀胱がん、前立腺がん などで評価中 07.08.18nd 
◆『総』 脳転移 の集学的な管理(総説)07.08.11tc 

◆(総紹)妊娠期間中の モノクロナル抗体 やチロシンキナーゼ抑制薬 による分子標的治療(総説紹介文)07.08.08te 
◆短期的な 集中的化学療法の 結核の再活性化への影響の可能性について(論文・報告)07.08.08tb 
◆(紹存)ペギル化リポソーム doxorubicin に関連した手足症候群《 PPE 》(総紹存在)07.08.07tb 
◆脳転移例での認知機能への全脳放射線療法 + 定位手術的照射と定位手術的照射の影響比較(論文・報告)07.08.06th 
◆『総』 上皮成長因子レセプタの使用での 皮膚発疹 : 治療有効性のマーカーとして(総説)07.08.01tb 

◆(総紹)がん の治療に於ける Akt への標的(総説紹介文)07.07.31tb 
(↑2007年 8月)
◆『総』 脊椎転移の治療用として定位手術的照射《 SRS 》が最良の治療選択肢か?(総説)07.07.20tc 
◆『副』静注でのビスフォスフォネート薬使用と顎の炎症状況や外科手術との関連性( 副作用 )07.07.15td 
◆( ニュース冒頭)悪性腹水に対する removab(R)の明確な利益を確認 07.07.18nb 
◆(総紹) gemcitabine の使用に伴う血栓性血小板減少性紫斑病(総説紹介文)07.07.09tb 

◆症状性のホルモン療法難治性の前立腺がん での骨−標的のラジウム− 223(論文・報告)07.07.08te 
◆新たに診断された単一脳転移の 切除 + 恒久的 I-125 シード設置《全脳照射無し》での治療(論文・報告)07.07.06tf 
◆『総』 中枢神経系への転移《複数》の治療に於けるヘリカルトモセラピー(総説)07.07.06te 
◆『総』 化学療法と大脳への転移《複数》 : 誤認知、又は、事実?(総説)07.07.06td 
◆erlotinib を投与された患者さんで 発疹の発症が 有効性に関連(論文・報告)07.07.05tb 

◆『総』 脳への転移 の管理に於ける定位手術的照射《 SRS 》(総説)07.07.05ta 
◆bevacizumab 5 mg/kg の点滴は、10 分間で実施しても安全的(論文・報告)07.07.02ta 
◆『合』がん に伴う網膜症の alemtuzumab による成功的な治療( 合併症 )07.06.29td 
◆(総紹) motexafin gadolinium : 脳腫瘍に対する 新規な放射線療法増強薬(総説紹介文)07.06.24tb 
◆『総』 脳への転移 の外科的管理(総説)07.06.23tb 

◆( N 冒頭) Cytokinetics が ispinesib に関する追加臨床試験結果を発表 07.07.01nc 
(↑2007年 7月)
◆孤発の脳転移の切除、空洞内 carmustine ポリマーウェファー、及び、放射線療法による治療(論文・報告)07.06.19tc 
◆(総紹)血液凝固阻止薬の がん のリスク、及び、生存への影響 : 系統的なレビュー(総説紹介文)07.06.16ta 
◆(総紹) cisplatin 耐性の がん に対する治療用としての oxaliplatin : 系統的なレビュー(総説紹介文)07.06.14tc 
◆(総紹)妊娠期に於ける がん に対する外科的治療介入での 対立し合う優先順位《複数》(総説紹介文)07.06.13tb 

◆脊椎骨腫瘍で後壁欠損のあるケースでの 画像ガイド下−ラジオ波焼灼法 + 椎体形成術(論文・報告)07.06.11te 
◆『総』 上皮成長因子レセプタ抑制薬に伴う皮膚毒性 : 臨床的管理での 発展中の 枠組み(総説)07.06.09td 
◆固形がん からの脳転移に対する治療としての topotecan + 放射線療法(論文・報告)07.06.07tc 
◆『総』 最近の American Association for Cancer Research 年次会議でのハイライト《複数》(総説)07.06.01te 
◆(総紹)進行期の移行上皮がん に対する新しい治療薬《複数》(総説紹介文)07.05.30tc 

◆( N 冒頭) Erbitux に関連した広範なデータを ASCO 年次会議で発表(冒頭)07.06.06no 
◆( N 冒頭)進行期の固形がん《複数》に対する INGN 241 の有望性につき Introgen 社が発表(冒頭)07.06.02nc 
(↑2007年6月)
◆『総』 放射性の抗体 : 選択的な標的機能、及び、がん やその他の病気の治療(総説)07.05.18tk 
◆(総紹) sorafenib : 正しい標的への分子標的治療薬の供給(総説紹介文)07.05.17tf 
(↑2007年5月)
(総紹)血管内皮成長因子 抑制薬による治療での 患者さん選択での挑戦課題 (総説紹介文)07.05.14ta 

-#98-
(紹存)高齢の がん の患者さんでの放射線療法 (総紹存在)07.05.13tc 
(冒頭)がん は輸血では拡大しない との研究結果 (N 冒頭)07.05.19nb 
(紹存)高齢の がん の患者さん での外科的管理 (総紹存在)07.05.13tb 
(総紹)年配の患者さん での補助療法 : 正しい決定をするために (総説紹介文)07.05.12tb 
(総紹) より高齢の患者さんでの化学療法の評価 : 医学文献の分析 (総説紹介文)07.05.12ta 

化学療法に対する患者さんの期待(患者さんによる評価と医者による評価の間に差異) (論文・報告)07.05.11tg 
(総紹)プロテアゾーム : 固形がん の治療のために価値ある標的か? (総説紹介文)07.05.04th 
『総』 がん に標的をあてるためのナノテクノロジーの利用 (総説)07.05.04td 
小児患者さんでの肝臓転移切除術の実施可能性について (論文・報告)07.05.04ta 
(↑-----V07d-----)
『総』 臨床開発段階にある血管混乱薬《 VDA 》 (総説)07.04.18tf 

(総紹)がん の治療用としてのヒストンデアセチラーゼ抑制薬の開発 (総説紹介文)07.04.17ta 
(総紹) tariquidar (XR9576) : P-糖蛋白質 薬剤排出ポンプ抑制薬 (総説紹介文)07.04.16tc 
(総紹)固形腫瘍《複数》の管理に於ける bevacizumab (総説紹介文)07.04.16tb 
『総』 より高齢の患者さん《複数》での化学療法に関する薬物動態論 (総説)07.04.04tc 
高齢者での がん の治療で NCI が後援した Phase III 臨床試験による有効性、忍容性の概観 (論文・報告)07.04.02ta 

『総』 加齢、虚弱、そして、化学療法 (総説)07.03.29tc 
『総』 抗細胞分裂 分子標的治療薬 : 我々はチューブリン薬の改善が可能か? (総説)07.03.27td 
(総紹)陽子線、及び、軽イオン線による放射線療法の現状 (総説紹介文)07.03.21ta 
『総』 同時実施の化学放射線療法の枠組み−一般的な原則 (総説)07.03.20td 
(↑-----V07c-----)
(総紹)固形がん に対する経カテーテル的、及び、焼灼的な治療アプローチ (総説紹介文)07.03.11td 

(総紹)術中照射治療《IORT》について (総説紹介文)07.03.11tc 
(総紹)陽子、及び、より重いイオン線を使用した粒子線放射線療法 (総説紹介文)07.03.11tb 
(総紹)多重臓器箇所に於ける体幹部定位放射線治療 (総説紹介文)07.03.11ta 
脊髄への転移に対する放射線手術 : 単一センターでの 500 症例の臨床的経験 (論文・報告) 07.03.08tc 
(総紹)放射線療法へのアルキルリン脂質の併用の根拠、及び、臨床的応用 (総説紹介文) 07.03.07tb 

ベータカロテン、ビタミン A、ビタミン E のサプリメントに死亡率上昇の可能性あり (ニュース)07.03.15nb 
[紹存]固形がん の放射性免疫療法の最適化 : 生物学的な障害と その変調 (総紹存在)07.03.02th 
(総紹) sunitinib : 合理的デザインから臨床的効果まで (総説紹介文)07.03.02tc 
『総:薬』 治療薬レビュー: capecitabine (総説:薬理) 07.02.21ta 
(冒頭)がん幹細胞が 病気再発と関連 (N 冒頭) 07.02.27nb 

(冒頭)扁平上皮がん で外科手術により生存が改善するとの研究結果 (N 冒頭) 07.02.24na 
(↑-----V07b-----)
『総』骨髄由来の細胞と がん : 治療改善の一つの機会 (総説) 07.02.09tb 
大脳への転移での動脈内点滴と血液脳関門開放 (BBBD) による化学療法促進投与 (論文・報告) 07.02.04k 
脳幹への転移に対する定位放射線手術 : 生存、腫瘍コントロール、治療結果 (論文・報告) 07.01.28 
『総紹』腎不全のある高齢の がん患者さんでの投与量調節に関する SIOG 勧告 (総説紹介文) 07.01.17 
(↑-----V07a-----)

2006 年の がん研究の最大の進歩に関する ASCO レポート発表 (ニュース) 07.01.11 
『FDA 安全性変更』 bevacizumab に伴う消化管穿孔、及び、肺出血 (ニュース) 07.01.11 
『総』 がん の治療用としての抗体と小分子治療薬との比較 (総説) 07.01.10 
より高齢の がん の患者さん《複数》での pemetrexed の有効性、及び、安全性 (論文・報告) 07.01.08 
『総』 臨床的な がん分野の進歩 2006 : がんの治療、予防、スクリーニングの主要な研究進歩 (総説) 07.01.02 

『総』 腫瘍学に於ける現行、及び、現れつつある薬物治療《複数》 (総説) 06.12.29 
『総』 がんの薬物療法に於ける論争的な治療戦略《複数》について (総説)06.12.29 
〔紹存〕画像ガイド放射線療法に関するレビュー (総紹存在)06.12.26 
傍腫瘍性小脳変性症に対する高用量免疫グロブリン療法の後の神経症状の改善 (論文・報告) 06.12.19 
『総紹』 docetaxel の投与剤型選択肢について (総説紹介文) 06.12.14 

『総紹』 VEGF、及び、VEFG レセプタ標的血管新生抑制薬の臨床的毒性プロフィール (総説紹介文) 06.12.13 
『総紹』 最初の完全なヒトモノクロナル抗体 panitumumab : 実験室からクリニックへ (総説紹介文) 06.12.11 
(↑UNQ061217)
『総』 会議報告−生物学的治療薬に関する ASCO 2006 年次会議でのハイライト (総説) 06.12.03 
小児の固形がんでの一薬物治療《celecoxib + 低用量メトロノーム投与の化学療法剤》 (論文・報告) 06.11.24 
(↑UNQ0611)
『総』 がんの治療に於ける生物反応調整薬《複数》 (総説)06.11.19 

重症の肝機能障害をもつがんの患者さんでの低用量 paclitaxel の実施可能性、薬物動態論 (論文・報告) 06.11.14 
精密放射線療法が、外科手術が不可能な腫瘍の破壊を可能に (ニュース) 06.11.14 
gemcitabine の薬物動態は、oxaliplatin 併用で変化せずとの研究結果 (論文・報告) 06.11.14 
『総』 がんの治療に於ける光線力学療法 (総説) 06.11.05 
小児、及び、青年のがん患者さんでの外来での ifosfamide 投与の実施可能性 (論文・報告) 06.10.24 

『コ』大洪水の後で:小児がんを乗り越えた人たちでの現れつつある子供をもうける可能性 (コメント記事) 06.10.22 
進行期のがんでの一薬物治療の試み《temsirolimus 》 (論文・報告) 06.10.20 
『総』光線力学療法による腫瘍の焼灼:メカニズムと臨床的応用への紹介 (総説紹介文) 06.10.06 
『総』画像ガイド放射線療法:根拠、利益《複数》、限界《複数》 (総説紹介文) 06.10.06 
『総』乳がん以外の成人での固形がんでの、自家幹細胞移植支持による高用量化学療法 (総説紹介文) 06.10.05 

骨盤部内臓摘出術での電熱式二極凝固器の使用の試み (論文・報告) 06.09.28 
進行期の骨盤部がんでの腹腔鏡的骨盤部内臓摘出手術:16 症例のレビュー (論文・報告) 06.09.28 
固形がんを有する日本人患者さんでの一化学療法の試み《pemetrexed 》 (論文・報告) 06.09.18 
上皮成長因子レセプタ抑制薬の作用メカニズムの臨床的な意味について (総説紹介文) 06.09.04 
『総』 American Association for Cancer Research 第 97 回年次会議のハイライト (総論の紹介) 06.09.04 

進行期の固形がんの患者さんでの irinotecan と thalidomide の併用:薬力学、及び、→ (abstract)06.08.12 
小児患者さんでの間葉系、及び、胚性起源の固形腫瘍に対する gemcitabine 投与→ (abstract) 06.08.11 
【Topic 原文】臨床試験中の血管内皮成長因子レセプタのチロシンキナーゼ抑制薬→  06.08.05 
【Topic 原文】がんの治療に於ける薬物相互作用  06.07.30 
《標題、メモ》固形がんに対する cisplatin + gemcitabine レジメンの第 1、4 日目の投与→ (収載日:06.05.30) 

各社のがん治療薬に関する欧州医薬品当局による最近の orphan drug 認定勧告(収載:2005年11月16日(水)) 
他家幹細胞移植に於いて T-細胞除去を実施しても、移植片対宿主病の発症は減少しないとの研究結果(収載:2005年10月27日(木)) 
Merck KGaA社と武田が、matuzumab(がん治療用モノクロナル抗体)の開発・販売で提携(収載:2005年10月1日(土)) 
ViaCell社が、CB001(臍帯血幹細胞製品)の Phase I臨床試験を中断(収載:2005年9月21日(水) ) 
Hana Biosciences社が、IPdR(放射線療法との併用剤)のPhase I臨床試験を開始(収載:2005年9月13日(火) ) 

-#23-
lapatinibにより、さまざまな進行性転移性の固形がんを安定化可能かも知れないとの報告(収載:2005年9月3日(土) )
VioQuest社がstibogluconate (SSG)をがん治療剤として評価するためのPhase I/II臨床試験を開始 (収載:2005年8月20日(土) )
Exelixis社が、XL999 と XL647のPhaseII臨床試験を開始へ(収載:2005年8月17日(水) )
骨髄移植時の T細胞除去は、生存改善につながらないとの研究結果(収載:2005年8月5日(金) )
Aphton社が、IGN311(Lewis Y抗原に対する抗体)の初期臨床試験を開始 (収載:2005年7月26日(火) )

050521 全身MRIにより、骨シンチよりも正確に骨転移を発見可能との研究結果
050420 Lpath Therapeutics社のがん治療用抗体が臨床試験の開始許可を申請へ
050321 米国の少なくとも5社の小型企業が、がん治療用のワクチンの後期臨床試験中
050319 Introgen社の新規化合物INGN 241が、Phase I臨床試験で他種類の進行固形がんに対して好結果
050319 Viragen社のanti-CD55抗体がBiogen/Genentech社のRituxan (rituximab)の効果を増強

050315 ON01910(Plk1抑制剤)ががんに対する化学療法剤として有望か
050309 手術がうまくいかない患者で凍結療法により痛みが減少
050304 がんの新しい諸治療のPhase I臨床試験で、予想外に高率の反応が認められたとの報告
050220 ChemGenexの抗癌剤作用増強剤Quinamedが欧州特許を取得へ
050218 OxiGene社の化合物CA4PがAvastin(Roche社の大腸がん治療剤)の効果を増強

(旧 総説・論文グループ)
【総説】バイオマーカーが、がんのステージ決め、予後の判断、治療の選択に果たすべき役割(収載:2005年11月23日(水)) 
S1050621b ** 腫瘍血管を攻撃する治療法の今後について
S1050621a ** 腫瘍血管に対する標的治療の現状と今後

S1050616 ** bevacizumab(Avastin)の結腸直腸がんやその他のがんにおける併用療法への使用
S1050527 ** 血管新生抑制剤に関する概観についての専門家インタビュー
S1050416 ** 化学ががん治療剤発達に果たし、果たしつつある大きな役割
S1050406 ** いろいろながんに於ける術前補助化学療法の現状について
S1050322 ** がんの治療に於ける分子標的薬の可能性について

***** 2004年以前 *****

(収載なし)

***** 規制・統計、その他のニュース *****


(新しい記事は、本家サイトで ご覧ください)

(↑2008年 4月)
◆(ニュース冒頭) ASCO が選んだ 2007 年の がん 臨床面の進歩 07.12.28na 

◆(ニュース冒頭)米国 での 小児がん での 死亡率 が 低下中 07.12.14nf 
(↑2007年 12月)
◆(ニュース冒頭)米国 での がん による死亡率 が 引き続き低下中 07.10.16nb 
(↑2007年 10月)
◆( ニュース冒頭) Omni Health Media が Women&Cancer の日本語版を発行へ 07.08.31nc 
◆( ニュース冒頭)新しいレポートによれば米国人の健康・がん 関連情報入手法に 変化 07.08.30nb 
◆( ニュース冒頭) M. D. Anderson が 12 階建て Alkek 病院を拡張へ 07.08.24nc 
(↑2007年 8月)

◆( ニュース冒頭) M. D. Anderson が、がん のケアに関する全米第一位の病院にランク 07.07.13nc 
(↑2007年 7月)
◆(ニュース)乳がん に関する知識と、その最新の治療法に関する知識との間にギャップ( N )07.06.14nb 
(↑2007年6月)
(冒頭)英国が、がん の臨床試験への患者さん登録数で世界の首都に (N 冒頭)07.03.26na 
(↑-----V07c-----)
(冒頭)新しい科学者たちが M. D. Anderson をキャリア開始すべき研究所の一位に選出 (N 冒頭) 07.03.07nb 
(↑-----V07b-----)
(冒頭)臨床試験の進め方は がんの研究よりも遅れつつある状況 (N 冒頭)07.02.03 
(↑-----V07a-----)

-#22-
米国でのがん による死亡数が ついに下降 (ニュース) 07.01.18 
(↑UNQ061217)
Ludwig 基金ががんの研究のため US$120million を 6 つの研究機関に贈与 (ニュース) 06.11.20 
Amgen 社が Vectibix 使用に関する財政的援助を提供 (ニュース) 06.09.30 
米国でのがんによる死亡率が低下、新しい診断のケースは横ばい (News メモ) 06.09.08 
Memorial Sloan-Kettering Cancer Center が外来がん治療施設を New Jersey にオープン (News メモ) 06.09.02 

-#17-
転移性の結腸直腸がんの、より高齢の患者さんでの治療に関する決定者に関する優先順位 (abstract)06.08.14 
Memorial Sloan-Kettering Cancer Center が最新設備の外科施設をオープン (News メモ) 06.07.19 
M. D. Anderson をがんのケアの優秀な病院として認定 (News メモ) 06.07.19 
高容量の病院は、根治的な膀胱切除術や前立腺切除術後の良好な治療結果を提供するとの研究結果 (収載日:06.05.09) 
CHMP が最初の条件付販売許可勧告を Sutent (Pfizer 社)に認可 (収載日:06.04.30) 

インターネット上の乳がん支援グループ( 複数 )の情報は正確であるとの研究結果 (収載日:06.04.27) 
(要約のみ) 米国 FDA Commissioner 代行が NCI director を辞任へ (収載日:06.04.07) 
英国の支出規制関連当局が、EPO のがんの患者さんへの使用を拒否 (収載日:06.03.19) 
患者さん自身でのインターネット検索が、患者さんの自信を強めるとの研究結果 (収載日:06.03.04) 
米国でのがんによる死亡数が初めて減少 (収載日:06.02.10) 

多くのがんによる死亡の原因となっていると考えられるライフスタイルや環境要因に関する研究結果(収載:2005年11月23日(水)) 
米国でのがんによる全体的な死亡率が引き続き低下(収載:2005年10月5日(水)) 
英国の費用対効果判定当局が、がん治療薬に関する早期の審査を約束 (収載:2005年9月24日(土)) 
がんについては、まだまだ誤解が多いとの、米国での調査結果(収載:2005年6月28日(火)
050404 米国政府が、病院間での治療方法の差を比較できるようにするためのサイトをスタート

(旧 総説・論文グループ)
S1050827 【文献】fentanyl(フェンタニル:オピオイド系鎮痛剤)パッチ使用に関する警告事項 (収載:2005年8月27日(土) )
S1050211 ** 2004年に抗がん剤の進歩により与えられた希望

***** 2004年以前 *****
(収載なし)

【諸情報(患者さん団体など)】

かざぐるま(患者さん団体) 
どんぐりの会(患者さん団体) 
癌と共に生きる会(平岩医師の治療を受けている患者さんの集まり) 
癌を語る会 

key words:がん、ガン、癌、腫瘍、白血病、メラノーマ、海外、欧州、米国、アメリカ、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤、血液、リンパ、脳、乳ガン、肝臓、胃、大腸、小腸、結腸、直腸、子宮、卵巣、精巣、頭頸部、肺、膵臓、前立腺、皮膚、甲状腺、腎臓、膀胱、神経

広告