目次《ジャンプ先で項目タイトルをクリックすれば、この目次に戻れます》


→トップページへ戻る


お手数ですが、もう一度下記のリンクをクリックしてください:

支援治療トップページへ




********************
当ファイルの目次ページへ

資料 A=_進行期_ がん からの_骨転移_ : _臨床的_意味合いと_治療__選択肢


資料名=Medscape Pharmacists


このコーナーでは、上記の資料の内容の概略をご紹介しています。各ページには、当該ページに対応する原資料サイトのページへのリンクを設定してありますが、原資料サイト での ページ構成変更により、リンク切れとなっております場合は、本家サイトの

リンク集のページ

の、「情報の存在を ご紹介しているサイト」の項目に 当該原資料サイトへのリンクを収載しておりますので、そこからジャンプしてください。《当該原資料サイトには、当サイトでご紹介している以外にも豊富な情報が記載されておりますので、原資料サイトをご覧になることを強くお勧めします》

尚、このコーナーでご紹介しております原資料の日付は下記の通りです :

原資料更新時期=March 12, 2010 

本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

アブストラクト


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_骨転移_《複数》 は 伴う_【・*を |*←相当な_病的状態_】━━、そして、それ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=もたらす_【・*を |*←_骨関連`事象《 SRE 》_《複数》{☆を含む}¨ ⌒〔 ☆←_病理学的__骨折_《複数》、 _緩和的__治療_の必要性、 脊髄`圧迫、 _左記を _予防_したり_治療_するための_骨_への手術、 _悪性__高カルシウム血症_ 】┏┓。    そのような_骨関連`事象《 SRE 》_《複数》 は 伴って在る_【・*を |*←■_減少《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_生存_】|-そして-|■_増加《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←医療コスト《複数》 】┏┓。    ¨¨_骨格系__病的状態_ 、及び、 _骨痛{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←_転移_《複数》】━━ は 、また、¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=■_低下させる_【・*を |*←_患者さん_《複数》 の _機能_的 能力】|-そして-|■_低下させる_【・*を |*←彼らの_生活の質_ 】┏┓。    ¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==発症する_【・*を |*←_骨転移_《複数》{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←_進行期_ がん 】━━ は _一般普通的_に受ける_【・*を |*←_ビスフォスフォネート薬_《複数》--【 ∬ (する)ことのために | ∬=■_遅らせる_【・*を |*←開始{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_骨関連`事象《 SRE 》_《複数》】、そして、低下させる_【・*を |*←_骨関連`事象《 SRE 》_ の 頻度】|-そして-|■_提供する_【・*を |*←_臨床的_に 意味ある _緩和的__効果_《複数》{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←骨痛 】┏┓。    _進展中_ の _研究_ は ¨ ∬ ¨(する)ことの可能性がある 【 ∬=_導く--【・*へ |*←■__改善_《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_骨格系_健常状態 モニタリング】|-そして-|■__管理_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_悪性__骨_疾患 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacist )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= March 12, 2010 )
「英文原題」=Abstract

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

イントロダクション


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

〈その〉_骨格系__は ¨※¨である 【・※←〈その〉最も_一般普通的_ な 箇所{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_遠隔`転移_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆← がん 】┏┓。    例えば、_骨転移_《複数》 は 生じる--【・*に於いて |*←70%以上の¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_ 、又は、 _前立腺がん_】60%の¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_甲状腺`がん_】約 35%の¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_肺がん_ 、又は、 _腎細胞がん_ 】┏┓。    ¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_多発性`骨髄腫_】━━ は 、また、起こす--【・*を |*←_骨_病変_《複数》{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←ミエローマ の _転移`増殖_{☆に於ける}{ ¶ ところの#←}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_骨髄_⌒〔 ←#¶==¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=影響する_【・*に |*←_骨_代謝 】┏┓。    _骨代謝 は 含む_【・*を |*←■_再吸収{☆の}{★による}¨ ⌒〔 ☆←古い 、又は、 ダメージを受けた_骨_《 _骨`溶解_ 》⌒〔 ★←_破骨`細胞_《複数》】|-そして-|■_形成{☆の}{★による}¨ ⌒〔 ☆←新しい_骨_基質⌒〔 ★←_造骨`細胞_《複数》、、《[ このことの]活動は 刺激される--【・*により |*←_成長因子_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==放出される--【・*の間に |*←_骨`溶解_ 】》 】┏┓。    〈その〉_骨_微小`環境 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=提供する_【・*を |*←肥沃な「土壌」{ そこで¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==いくらかの_転移__腫瘍_《複数》 が ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=成長する 】┏┓。    多くの_腫瘍__細胞《複数》_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==到達する_【・*に |*←〈その〉_骨_ 】━━ は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=_局所_的に 刺激する_--【・▽が¨ ∬ ¨するように||▽←〈その〉身体 の 破骨_細胞《複数》_| ∬=増加させる_【・*を |*←それらの_細胞_による_骨`溶解_ 】、《 もたらして_【・*を |*←増加した放出{☆の}{★からの}¨ ⌒〔 ☆←_成長因子_《複数》⌒〔 ★←〈その〉_骨_基質{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_転移性__腫瘍__細胞《複数》_から 近い領域《複数》 》 】┏┓。    これらの_成長因子_《複数》 は 、《 --【・*に加えて |*←それらの影響《複数》{☆への}¨ ⌒〔 ☆←_造骨`細胞_《複数》 》━━(は)¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=刺激する_【・*を |*←_腫瘍_ の 成長 】┏┓。

この「悪循環」{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_腫瘍_成長、と、_骨_破壊】━━ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=もたらす_【・*を |*←相当な_病的状態_--【・*に |*←_患者さん《複数》_ 】┏┓。    実際、_骨転移_《複数》 は 伴う_【・*を |*←_骨関連`事象《 SRE 》_《複数》《 これ は 含む_【・*を |*←_病理学的__骨折_《複数》、_緩和的__放射線`療法_を必要とする骨痛、脊髄`圧迫、_外科的__治療`介入_ の 必要性 》悪性の_高カルシウム血症_ 】┏┓。    ¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_骨転移_《複数》】━━ は _典型的には_経験する_【・*を |*←骨痛--【・*として |*←彼らの最初の_症状_】━━、そして、_急性_ の 疼痛エピソード《複数》 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=起きる--【・*にもかかわらず |*←鎮痛_治療_】《 「突出痛 》 】┏┓。    更に、--【『 』の理由で…|『痛み は ¨ ∬ ¨(である)ことがある 【 ∬=¨※¨である 【・※←〈一つの〉_症状_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉基礎にある _骨_病理生理学《 増加した_骨`溶解_{ ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=結果する--【・*から |*←_悪性_ の _骨_疾患_ 】 》】━━、〈その〉_原因_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←骨痛】━━_は ¨※¨である 【・※←重要_--〔 ∬ (する)ことが | ∬=考慮する--【 ∬ (する)場合に∬=_選択_する_【・*を |*←¨治療{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←痛み の _管理_】┏┓。

--【・*に於いて… |*←_大規模_スケール_臨床試験_《複数》_】━━、_骨関連`事象《 SRE 》_《複数》 は 起きた--【・*に於いて |*←約 50% の ¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_骨__病変_《複数》】━━、そして、_患者さん《複数》_ は 経験した_【・*を |*←〈一つの〉平均 1。5 〜 3。7 件の_骨関連`事象《 SRE 》_《 1 年間で 》】━━、--【・*によって異なってくるが |*←〈その〉_原発_ がん _前立腺がん_1。5_多発性`骨髄腫_2。2_肺がん_2。7_乳がん_3。7 》 】┏┓。    それぞれ の タイプ の _骨関連`事象《 SRE 》_ は 伴って在る_【・*を |*←低下した_患者さん__生活の質_】━━、そして、_骨折_《複数》 は 伴って在る_【・*を |*←減少した_生存_ 】┏┓。    _骨関連`事象《 SRE 》_《複数》 は 減少させる_【・*を |*←_患者さん《複数》_ の 機能的`独立性 】┏┓。    更に、_骨関連`事象《 SRE 》_《複数》 は 伴う_【・*を |*←増加《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←医療コスト《複数》 】┏┓。    例えば、米国では、〈その〉平均コスト増_は ¨※¨であった 【・※← US$44,442_--〔・*に於いて |*←_骨関連`事象《 SRE 》_《複数》を有する_患者さん《複数》_--【・*と比較して |*←_骨関連`事象《 SRE 》_ が 無い場合--【・*について |*←全ての_腫瘍_タイプ《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_転移性__骨__疾患_ 】┏┓。

〈その〉登場{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_ビスフォスフォネート薬_《複数》】━━ は 提供して在る_【・*を |*←〈一つの〉重要な武器{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=_予防_したり遅らせる_【・*を |*←_骨格系__病的状態_{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←_骨転移_《複数》 】┏┓。    _ビスフォスフォネート薬_《複数》《 これら は _抑制_する_【・*を |*←破骨`細胞−仲介 の 骨`溶解 》━━_は ¨※¨である 【・※←〈その〉_現行の_標準ケア{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_骨転移_《複数》{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_、_前立腺がん_、_肺がん_ 、又は、 _その他の__固形`腫瘍_《複数》 、又は、 _多発性`骨髄腫_による_骨__病変_《複数》 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←_臨床試験_《複数》_】━━、_ビスフォスフォネート薬_《複数》 は 示されて在る_【 ∬ (する)と | ∬=#1だけでなく#2もする || #1←遅らせる_【・*を |*←_骨関連`事象《 SRE 》_ の 発症】━━、そして、低下させる_【・*を |*←それらの頻度 |#2←低下させる_【・*を |*←骨痛】━━、そして、改善する_【・*を |*←_生活の質_ 】--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_進行期_ がん 】┏┓。

この記事 は ■_提示する_【・*を |*←〈その〉_臨床的_意味合い《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_骨転移_《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_進行期_ がん 】_レビュー_する_【・*を |*←薬物`_治療__選択肢_《複数》】提供する_【・*を |*←実際的な ガイダンス{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←最適な¨管理{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_骨転移_《複数》 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacist )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= March 12, 2010 )
「英文原題」=Introduction

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

骨転移_の 病理生理学と_疾患_負荷


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

〈その〉ヒト_骨格系_ は 提供する_【・*を |*←構造的サポート{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←動き】━━、そして、それ_は ¨※¨である 【・※←必要_--〔・*のために |*←造血作用 】┏┓。    全ての_骨_表面《複数》 は ¨ ∬ ¨ねばならない 【 ∬=受ける_【・*を |*←定期的な_骨`リモデリング_--【 ∬ (する)ことのために | ∬=維持する_【・*を |*←_骨格系_の_完全`無欠`性_ 】--【・*を通じて |*←〈その〉プロセス《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←■_破骨`細胞−仲介の 骨`溶解】|-及び-|■_新しい_骨_の 形成{☆による}¨ ⌒〔 ☆←_造骨`細胞_《複数》】、《[ これらの]プロセスは 緊密に 制御 されている》 】┏┓。    〈その〉複雑な _骨_リモデリング サイクル は 維持されている--【・*により |*←_成長因子_《複数》 、及び、 サイトカイン《複数》{ ∬ (されている)}¨ ⌒〔 ∬=埋め込まれている--【・*に |*←〈その〉_局所__骨_基質 】┏┓。    〈その〉_骨_ の 豊富な 供給{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_成長因子_】━━、容易にアクセス可能な_血液_供給 、及び、 多孔性  は 作り出す_【・*を |*←〈一つの〉理想的な 微小環境{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_腫瘍__細胞《複数》_ の _転移_ 】┏┓。

--【もし『 』なら…|『_患者さん_ が 未`_治療_の ままにしておかれる 』】━━、〈その〉悪循環{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_腫瘍_成長 、及び、 _骨_破壊】━━ は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=傷害する_【・*を |*←_骨格系__完全`無欠`性_】━━、そして、約 半数の¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_骨転移_】━━ は ¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=発症する_【・*を |*←〈一つの〉_骨関連`事象《 SRE 》_ 】┏┓。    --【・*に加えて… |*←それらの 影響《複数》{☆への}¨ ⌒〔 ☆←全体的_生活の質_】━━、これらのイベント《複数》 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=もたらす_【・*を |*←_実体的な_コスト《複数》 、及び、 増加したリスク{☆への}¨ ⌒〔 ☆←_更なる__合併症_《複数》 】┏┓。    _骨転移_《複数》 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=もたらす_【・*を |*←_重症の_痛み】━━、そして、それ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=¨※¨となる【・※←_治療−抵抗性__--〔・*に |*←_標準的_鎮痛_薬_《複数》 】┏┓。    ¨一つ{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉最も_一般普通的_ な _骨関連`事象《 SRE 》_《複数》《 そして、 おそらく〈その〉最初に経験するもの 》___は ¨※¨である 【・※←_骨痛_{ ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=必要とする_【・*を |*←_緩和的__放射線`療法_ 】┏┓。    _緩和的__放射線`療法__は ¨※¨である 【・※←高コスト で _患者さん_にとって不便】━━、そして、それ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=_導く--【・*へ |*←通常 一時的な 痛みの_一時的`急激`上昇_《複数》--【・*に於いて |*←いくらかの_患者さん《複数》_《 この場合、_骨痛_ は 増強する( 緩和するのではなくて ) 》 】┏┓。    脊髄`圧迫《 しばしば当初 _症状_現出する--【・*として |*←背痛 》━━ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=_引き起こす_【・*を |*←不可逆的な _対不全麻痺_ 、又は、 _対麻痺_--【もし『 』なら…|『発見されず、_治療_されない--【・*の段階で |*←早期_ステージ_ 』】┏┓。    ¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_骨転移_《複数》】━━ は 、また、¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=経験する_【・*を |*←_病理的__骨折_《複数》】、《[ このような]_骨折_《複数》は 伴う_【・*を |*← より短い_生存期間_--【・*と比較して |*←¨患者さん《複数》{☆を有しない}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉_骨折_》 】┏┓。    〈一件の〉_後ろ向き`方式__研究_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← 123 名の患者さん《複数》{☆を有する}{ ¶ ところの#←}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉_固形`腫瘍_ 、又は、 _多発性`骨髄腫_⌒〔 ←#¶==経験した_【・*を |*←〈一つの〉長骨_骨折_ 】━━ は 示した_【・*を |*←延長された治癒期間】、《_骨折_治癒が¨ ∬ ¨して…| ∬=起きて--【・*に於いて |*←わずかに 26%¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==_生存_した--【・*にわたり |*← 6 ヶ月間超--【・*の後に |*←〈その〉イベント 】 》 】┏┓。    ¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉_病理的`_骨折_】━━ は ¨ ∬ ¨(ねばならない)ことがある 【 ∬=受ける_【・*を |*←_外科手術_{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=安定化する_【・*を |*←〈その〉_骨_ 】、《[ そして]このことは ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=_導く--【・*へ |*←長期間 の 入院 、及び、 増加した_病的状態_{☆による}¨ ⌒〔 ☆←_外科手術_に伴う _合併症_《複数》{☆のような}¨ ⌒〔 ☆←_塞栓《複数》_》 】┏┓。    加えるに、--【・*に於いて… |*←〈一件の〉_研究_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← より_年配_ の _患者さん《複数》_{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_股関節部`骨折_《複数》】━━、¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆← より_低_い 骨折後`身体`機能】━━_は ¨※¨である 【・※←リスクが高くなっている_--〔・*への |*←施設`収容--【・*よりも |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==持つ_【・*を |*← より高い 身体`機能--【・*の後に |*←〈一つの〉_骨折_ 】┏┓。    _悪性腫瘍`随伴−高カルシウム血症_《 もう一つの 深刻 な _骨関連`事象《 SRE 》_ 》━━ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=_導く--【・*へ |*←心不全 、又は、 昏睡--【もし『 』なら…|『_診断_されず、_治療_されない 』】┏┓。

〈その〉マイナスのインパクト{☆の}{★への}¨ ⌒〔 ☆←_骨関連`事象《 SRE 》_《複数》⌒〔 ★←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_骨転移_《複数》】━━ は 強調する_【・*を |*←〈その〉重要性{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_骨_−標的_治療_《複数》{☆のような}¨ ⌒〔 ☆←_ビスフォスフォネート薬_《複数》 】┏┓。    実際、--【 ∬ (する)ことにより… | ∬=断つ_【・*を |*←〈その〉サイクル{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_腫瘍_成長、と、_骨_破壊】正常化する_【・*を |*←〈その〉_骨`リモデリング_プロセス《複数》】_予防_したり 遅くする_【・*を |*←_骨関連`事象《 SRE 》_《複数》 】━━、_ビスフォスフォネート薬_《複数》 は 提供する_【・*を |*←〈一つの〉方策{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=■_維持する_【・*を |*←機能的 自立】|-そして-|■_維持する_【・*を |*←_生活の質_--【・*のために |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_骨転移_《複数》 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacist )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= March 12, 2010 )
「英文原題」=Pathophysiology and Disease Burden from Bone Metastases

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_骨格系__合併症_の 予防


概観


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_ビスフォスフォネート薬_《複数》 は _有意_に低下させる_【・*を |*←比率{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_骨関連`事象《 SRE 》_《複数》--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_悪性__骨__疾患_{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←_進行期_ がん 】┏┓。    窒素−含有__ビスフォスフォネート薬_《複数》{☆を含む}¨ ⌒〔 ☆← zoledronic acid、pamidronate 、及び、 ibandronate 】━━ は _示して在る_【・*を |*←〈その〉最も_首尾一貫`的_ な _有効性_--【・*と比較して |*←_非−窒素−含有__ビスフォスフォネート薬_《複数》{☆のような}¨ ⌒〔 ☆← clodronate 】┏┓。

…(中略:_静注__ビスフォスフォネート薬_《複数》 の _投与_スケジュール)…

ibandronate は _認可_されて在る--【・*のために |*←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_骨転移_《複数》{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_--【・*に於いて |*←欧州だけ】__ : __clodronate は _認可_されて在る--【・*に於いて |*←欧州だけ--【・*のために |*←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_■_骨転移_《複数》{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_】|-そして-|■__骨__病変_《複数》{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←_多発性`骨髄腫_ 】┏┓。    わずかに pamidronate 、及び、 zoledronic acid が 受けて在る_【・*を |*←全世界的な 当局`認可_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←■__骨転移_《複数》{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_】|-そして-|■__骨__病変_《複数》{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←_多発性`骨髄腫_ 】┏┓。    加えるに、zoledronic acid は _受けて在る_【・*を |*←広範な 当局`認可--【・*のために |*←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_転移_《複数》{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←_前立腺がん_、_肺がん_ 、及び、 _その他の__固形`腫瘍_《複数》 】┏┓。    --【・*の理由から… |*←〈その〉_認可_{☆の}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_静注_pamidronate 、及び、 zoledronic acid ⌒〔 ★←〈その〉米国】━━、〈その〉 American Society of Clinical Oncology コンセンサス_治療__ガイドライン_《複数》 は _特定的に 推奨している_【・*を |*←_静注__ビスフォスフォネート薬_《複数》--【・*のために |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_ 、及び、 ¨¨明白な_放射線`画像的_証拠{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_骨_破壊 】┏┓。

--【・*の内… |*←_ビスフォスフォネート薬_《複数》{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=評価された --【・*に於いて |*←〈一つの〉_レビュー_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_ランダム化_、_プラセボ−比較__臨床試験_《複数》_{ ∬ ((を)した)}¨ ⌒〔 ∬=_研究_した_【・*を |*←_骨格系_イベント《複数》--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_骨転移_《複数》{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_ 】】━━、zoledronic acid が もたらした_【・*を |*←【・*を |*←〈その〉最大の 低下{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_骨格系_病的状態_ 】┏┓。    zoledronic acid_は ¨※¨である 【・※←〈その〉唯一の_ビスフォスフォネート薬_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==比較されて在る--【・一対一で--【・*と(比較対象) |*← pamidronate--【・*に於いて |*←〈一件の〉_ダブル`ブラインド_、_ランダム化_、比較、_フェーズ_3__臨床試験_ 】__ : __zoledronic acid は もたらした_【・*を |*←_利益_《複数》{☆を超えての}¨ ⌒〔 ☆← pamidronate--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_骨__病変_《複数》{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_ 、又は、 _多発性`骨髄腫_ 】┏┓。    --【・*の後に… |*← 25 ヶ月間 の フォローアップ】━━、_多重`イベント`分析_ が _示した_【・『 』ということを… |『〈その〉¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_骨関連`事象《 SRE 》_《複数》 は 低下した--【・*だけ(程度) |*←相対的に 20%--【・*により |*← zoledronic acid--【・*と比較して |*← pamidronate の場合 』 】┏┓。    〈その〉_安全性`プロフィール_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆← zoledronic acid 、及び、 pamidronate 】━━_は ¨※¨であった 【・※←同様】、《 いずれの_薬_で最も_一般普通的_に表明された_有害`事象_《複数》 は _骨痛_、_吐き気_、_疲労感_ 》 】┏┓。    _グレード 3  、又は、 4の血中クレアチニン上昇 は 起きた--【・*に於いて |*← 0。4%の¨患者さん《複数》《 zoledronic acid_グループ_ 》 、及び、 1。9%の_患者さん《複数》_《 pamidronate_グループ_ 》 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacist )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= March 12, 2010 )
「英文原題」=Prevention of Skeletal Complications

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

顎`骨壊死《_副作用_》


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_顎`骨壊死__は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉_非−_一般普通的_ な _有害`事象_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==報告されて在る--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆← がん { ∬ ((を)している)}¨ ⌒〔 ∬=受けている_【・*を |*←複雑な_治療__レジメン_《複数》】、--【・*を含めて |*←_ビスフォスフォネート薬_《複数》 】┏┓。

…(中略:_顎`骨壊死_の_症状_に関する一般的説明)…

--【・*に於いて… |*←〈その〉現在までの 最大のデータベース_研究{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_顎`骨壊死_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}{ ¶ ところの#←}¨ ⌒〔 ☆←_固形`腫瘍_《複数》 、又は、 _多発性`骨髄腫__⌒〔 ←#¶==_治療_された--【・*により |*←_ビスフォスフォネート薬_《複数》 】】━━、〈その〉_全体的_頻度{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_顎`骨壊死_】━━_は ¨※¨であった 【・※←約 0。8% 】┏┓。     より_長期間の_フォローアップ{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_進展中_ の _臨床試験_《複数》_】━━ 、及び、 追加的な _前向き方式__研究《複数》_━━ が ¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=提供する_【・*を |*←_更なる_情報{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←_結果状況_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_顎`骨壊死_ 】┏┓。    _最近_ の _研究_《複数》 が _示して在る_【・『 』ということを… |■_実施{☆の}¨ ⌒〔 ☆←先取り的な 歯科チェック】|-及び-|■_完了{☆の}{★に前もっての}¨ ⌒〔 ☆←必要な 歯科`作業⌒〔 ★←_ビスフォスフォネート薬__治療_】━━ が ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=減少させる_【・*を |*←〈その〉_発症`頻度_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_顎`骨壊死_】━━、そして、¨¨_早期_ の 発見 、及び、 _管理_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←この病状】━━ が ¨ ∬ ¨(する)と考えられる 【 ∬=_改善_する_【・*を |*←治癒 』 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacist )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= March 12, 2010 )
「英文原題」=Prevention of Skeletal Complications

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

zoledronic acidを中心として


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

zoledronic acid_は ¨※¨である 【・※←〈その〉唯一の_ビスフォスフォネート薬_{ ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=_有意_に低下させる_【・*を |*←〈その〉¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_骨関連`事象《 SRE 》_《複数》--【・*と比較して |*←_プラセボ_--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_骨転移_《複数》{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←広範囲の_固形`腫瘍_《複数》 】┏┓。    --【『 』であるが…|『いくつかの_ビスフォスフォネート薬_《複数》 が _研究_されて在る--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_骨転移_《複数》{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←_ホルモン療法__治療−抵抗性_ の _前立腺がん_ 』】━━、わずかに zoledronic acid だけ が _示して在る_【・*を |*←_有意_ な _客観的、_長期的__利益_《複数》--【・*の時点で |*← 2 年間の_治療_ 】┏┓。    zoledronic acid は #1だけでなく#2でもある || #1←低下させた_【・*を |*←〈その〉比率{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==持った_【・*を |*←〈一つの〉_骨関連`事象《 SRE 》_《 38%49%( _プラセボ_ ) 》 】 |#2¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==経験した_【・*を |*←それぞれ の タイプ の _骨関連`事象《 SRE 》_ 】 "red"> 】┏┓。    --【・*の時点で… |*← 15 ヶ月後】━━、〈その〉_安全性`プロフィール_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← zoledronic acid 4mg 】━━_は ¨※¨であった 【・※←_比肩`可能的_--【・*と(比較対象) |*←_プラセボ_ 】┏┓。    〈その〉最も_一般普通的_に 報告された_有害`事象_《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←それぞれ の _治療グループ_】━━_は ¨※¨であった 【・※←_骨痛_《 51%61% 》、_吐き気_《 36%37% 》、便秘《 34%35% 》 】┏┓。    _グレード3_ の 増加{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←血中クレアチニン】━━ が 起きた--【・*に於いて |*←■_15。2% の ¨患者さん《複数》{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=治療された--【・*により |*← zoledronic acid ( 4mg を 15 分間の点滴 ) 】|-そして-|■_11。5% の ¨患者さん《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_プラセボ__グループ_ 】┏┓。    --【『 』の理由で…|『 より_早期_ の _治療_ が ¨ ∬ ¨(である)と考えられる 【 ∬=¨※¨である 【・※← より_効果的_ 』】━━、_研究_《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_ホルモン療法_−_感受性_ の _病気_】━━ が ¨※¨である 【・※←_進展中_ 】┏┓。

…(中略:若干の国 での ヘルスケア政策)…

zoledronic acid_は 、また、¨※¨である 【・※←〈その〉唯一の_ビスフォスフォネート薬_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==■__示して在る_【・*を |*←_有意_ な _利益_《複数》】|-そして-|■_受けて在る_【・*を |*←広範な _認可_--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_骨転移_《複数》{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←肺 がん  、及び、 _その他の__固形`腫瘍_《複数》 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←〈一件の〉_ランダム化_、_プラセボ−比較__臨床試験_{☆の}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆← zoledronic acid 4mg 3 週間に 1 回で 21 ヶ月間⌒〔 ★←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←肺 がん  、及び、 _その他の__固形`腫瘍_《複数》】━━、zoledronic acid は _低下させた_【・*を |*←〈その〉数{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←何らかの_骨関連`事象《 SRE 》_《 _悪性腫瘍`随伴−高カルシウム血症_を含む 》--【・*と比較して |*←_プラセボ_《 39%48% 》 】┏┓。    加えるに、zoledronic acid は _有意_に 遅らせた_【・*を |*←〈その〉_中央値での_最初の_骨関連`事象《 SRE 》_までの期間《 236 日間155 日間( _プラセボ_ ) 》】━━、そして、_有意_に低下させる_【・*を |*←〈その〉_骨格系__病的状態_率《 1。742。71_骨関連`事象《 SRE 》_/年{☆による}¨ ⌒〔 ☆←_プラセボ_ 》 】┏┓。    〈その〉_安全性`プロフィール_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← zoledronic acid《 4mg を 15 分間の点滴 》_は ¨※¨であった 【・※←_比肩`可能的_--【・*と(比較対象) |*←_プラセボ_ 】┏┓。    〈その〉最も_一般普通的_に 報告された_有害`事象_《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←それぞれ の _治療__グループ_】━━_は ¨※¨であった 【・※←_骨痛_《 51%61% 》、_吐き気_《 49%36% 》 、及び、 _貧血_《 38%35% 》 】┏┓。    _グレード3_ 、又は、 4 の 増加《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←血中クレアチニン】━━ は 起きた--【・*に於いて |*← 1。8%の¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==受けた_【・*を |*←その zoledronic acid_レジメン_ 、又は、 _プラセボ_ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacist )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= March 12, 2010 )
「英文原題」=Prevention of Skeletal Complications

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_骨痛_と_生活の質_


概観


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_骨転移_《複数》_は ¨※¨である 【・※←〈その〉最も_一般普通的_な 原因{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_慢性_痛{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_進行期_ がん  の _状況設定_】━━、しかし、それら は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=未検出のままとなる、そして、過少_治療_される--【・*に於いて |*←多くの_患者さん《複数》_ 】┏┓。    実際、_骨転移_《複数》 は 見出されて在る--【・*として |*←〈一つの〉原因{☆の}¨ ⌒〔 ☆←痛み{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==_典型的に 十分に _治療_されない 】━━、そして、〈その〉_副作用_《複数》{☆に伴う}¨ ⌒〔 ☆←¨管理{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_骨痛_】━━ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=障害する_【・*を |*←_患者さん_ の _生活の質_--【・*を超えて |*←痛み そのものの 影響《複数》 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacist )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= March 12, 2010 )
「英文原題」=Bone Pain and Quality of Life

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_骨痛_の_治療_


放射線`療法

本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_骨痛_】━━ は _典型的に 含む_【・*を |*←〈その〉_同時`実施の_¨使用{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_小照射野`放射線療法_ 、及び、 鎮痛薬《複数》《 特にステロイド 、及び、 _非−ステロイド性 _抗_炎症_薬_《複数》( しばしばオピオイド《複数》との_併用_ ) 》 】┏┓。    _非−_薬理学`的__治療`介入_《複数》 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=含む_【・*を |*←熱・低温 の 適用、 _治療_用`マットレス《複数》、 マッサージ 、及び、 リラクゼーション運動《複数》 】┏┓。    _放射線`療法_{☆への}¨ ⌒〔 ☆←_骨_】━━_は ¨※¨である 【・※←_標準的__治療_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_緩和{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_悪性__骨痛_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==¨※¨となって在る【・※←_治療−抵抗性__--〔・*に |*←薬物的 _治療`介入_《複数》 】━━、そして、〈その〉必要性{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_緩和的__放射線`療法_】━━_は ¨※¨である 【・※←¨一つ{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉最も 普及した_骨関連`事象《 SRE 》_《複数》 】┏┓。    例えば、--【・*に於いて… |*←〈その〉_プラセボ_−比較 _グループ_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_長期的__臨床試験_《複数》_{☆の}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆← zoledronic acid 、及び、 pamidronate ⌒〔 ★←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_悪性__骨__疾患_】━━、33%〜 37%の¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←■__骨転移_《複数》{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←_固形`腫瘍_《複数》《 _乳がん_、 _前立腺_、  、及び、 _非`小細胞`肺がん_ 》】|-又は-|■__骨__病変_《複数》{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←_多発性`骨髄腫_】━━ は 必要とした_【・*を |*←_緩和的__放射線`療法_ 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←〈一件の〉_後ろ向き`方式_の_レビュー_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_データ_{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←〈一件の〉_臨床試験_{☆の}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆← zoledronic acid_プラセボ_⌒〔 ★←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_前立腺がん_《 N = 248 》】━━、_放射線_照射{☆への}¨ ⌒〔 ☆←_骨_】━━ は _低下させた_【・*を |*←〈その〉程度{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==_骨痛_ が 干渉した--【・*に |*←_患者さん《複数》_ の 日常`活動《複数》 】┏┓。    しかし、 ∬ (した)こと | ∬=受けた_【・*を |*←_放射線`療法_ ━━ は 、また、伴った_【・*を |*←減少《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←スコア《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉 Functional Assessment of Cancer Therapy-General (FACT-G){☆のための}¨ ⌒〔 ☆←身体的、 機能的 、及び、 精神的 良好状態--【・*に於いて |*←〈その〉_患者さん_ の 引き続いての FACT-G 評価】、--【・可能的に*の理由から |*←_有害`事象_《複数》{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←_放射線`療法_ 】┏┓。    従って、 _緩和的__放射線`療法_ は #1だけでなく#2でもある || #1←¨※¨である 【・※←〈一つの〉代理エンドポイント{☆への}¨ ⌒〔 ☆←_骨痛_ |#2←伴う_【・*を |*←減少{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_健康に関連した`生活の質_ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacist )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= March 12, 2010 )
「英文原題」=Bone Pain and Quality of Life

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_ビスフォスフォネート薬_の使用

本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

〈一つの〉追加的な クラス効果{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_ビスフォスフォネート薬_】━━_は ¨※¨である 【・※←_臨床的_に 有意義な_緩和{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_治療−抵抗性_ の _骨痛_ 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←〈一件の〉_ランダム化_、 _プラセボ−比較__臨床試験_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_骨転移_《複数》{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_《 N = 144 》】━━、〈その〉¨追加{☆の}{★への}{▼にわたっての}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉初期`世代_ビスフォスフォネート薬_である clodronate ⌒ 〔 ★←_標準的__治療_⌒〔 ▼← 12 ヶ月間】━━ は 示された_【 ∬ (する)と | ∬=■__有意_に減少させる_【・*を |*←痛み--【・*によれば |*←_視覚的`アナログ`スケール( VAS ) による 痛み`スコア_】|-そして-|■_低下させる_【・*を |*←〈その〉必要性{☆への}¨ ⌒〔 ☆←鎮痛薬《複数》 】┏┓。     より新しい_世代_ の 窒素−含有__ビスフォスフォネート薬_《複数》《 例えば pamidronate、 ibandronate、 risedronate、 zoledronic acid 》━━ は 、また、減少させる_【・*を |*←痛み 】┏┓。    ¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_骨転移_《複数》{☆からの}{ ¶ ところの#←}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_】⌒〔 ←#¶==_治療された--【・*により |*← pamidronate《 90mg : n = 185 》 】━━_は 持った_【・*を |*←〈一つの〉 より小さい 増加{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_骨痛_--【・*と比較して |*←_プラセボ_《 n = 195 》--【・*の後に |*← 12 ヶ月間 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←〈一件の〉_非ブラインド化_¨¨_臨床試験_{☆の}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆← zoledronic acid《 4mg 》--【・(頻度)| 3 〜 4 週間に 1 回--【・*にわたり |*← 6 回 の 点滴《複数》】⌒〔 ★←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_、 _前立腺がん_ 、又は、 _多発性`骨髄腫_《 N = 260 》】━━、平均 での _視覚的`アナログ`スケール( VAS ) による 痛み`スコア_《複数》 は _有意_に 低下した--【・*の後に |*←_治療_--【・*と比較して |*←_ベースライン_--【・*に於いて |*←全ての全体 の _患者さん《複数》_ 、及び、 それぞれ_腫瘍_タイプ サブセット 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←〈その〉_フェーズ_3__臨床試験_《複数》_】━━、zoledronic acid は _有意_に_低下させた_【・*を |*←〈その〉使用頻度{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_緩和的__放射線`療法_{☆への}¨ ⌒〔 ☆←_骨_--【・*だけ(程度) |*←■_33%--【・*と比較して |*←_プラセボ_--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_前立腺がん_】|- 、及び、 -|■_33%--【・*と比較して |*←_プラセボ_--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_肺がん_ 、又は、 _その他の__固形`腫瘍_《複数》】|-及び-|■_18%--【・*を超えて |*←〈その〉_利益_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← pamidronate--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_ 】┏┓。    〈その〉使用頻度{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_緩和的__放射線`療法_】━━ は 、また、低下された--【・*に於いて |*←〈一件の〉_ランダム化_、 _プラセボ−比較__臨床試験_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}{ ¶ ところの#←}¨ ⌒〔 ☆←_進行期`乳がん_⌒〔 ←#¶==_治療_された--【・*により |*← zoledronic acid《 8。8%_プラセボ_の場合の 17。7% 》 】┏┓。

- _ビスフォスフォネート薬_使用の 必要性 -


--【・*に於いて… |*←〈一件の〉 Cochrane _メタ分析_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_ビスフォスフォネート薬_《複数》{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←緩和{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_骨痛_{§(の性質の)}¨ ⌒〔 §←_骨転移_から_二次的_な 】】━━、それらの使用 は 推奨された--【・*のために |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_びまん性_、 痛みのある_転移_《複数》--【特に『 』の場合…|『鎮痛薬《複数》《 ±_放射線`療法_ 》 が 失敗した_【 ∬ (する)ことに | ∬=提供する_【・*を |*←十分な 痛み解消 】━━ 、又は、 もたらした_【・*を |*←_非−_受け入れ可能的な__副作用_《複数》 』】┏┓。    --【・*を考慮すれば… |*←_【・『 』ということを… |『痛み_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉_症状_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_骨転移_《複数》 』】━━、医療従事者《複数》 は ¨ ∬ ¨(する)べきである 【 ∬=考慮する_【・*を |*←_治療_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==■_¨※¨である 【・※←_緩和的_】|-且つ-|■_¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=_治療_する_【・*を |*←基礎にある 痛みの 源 】┏┓。    従って、 _ビスフォスフォネート薬_《複数》 は ¨ ∬ ¨(される)べきである 【 ∬=考慮される--【・*のために |*←痛み の _管理_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←全ての¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_骨転移_《複数》--【『 』の理由で…|『_ビスフォスフォネート薬_《複数》_は ¨※¨である 【・※←〈その〉唯一のクラス{☆の}¨ ⌒〔 ☆←サポート_治療__薬_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==示されて在る_【 ∬ (する)と | ∬=緩和する_【・*を |*←痛み】|-だけでなく、また(以下も)-|■_影響する_【・*に |*←基礎にある _病態生理学_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_骨転移_《複数》《 _悪性__骨`溶解_ 》 】 』】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacist )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= March 12, 2010 )
「英文原題」=Bone Pain and Quality of Life

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

実際的意味合い《紹介`省略》


以下のような項目で記述されていますが、ご紹介を省略します。直接原文をお読みください。

●看護婦の役割
●骨‐特定的な_生活の質_評価
●_患者さん_日記
●_治療_遵守

結論


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_骨転移_《複数》_は ¨※¨である 【・※←_一般普通的__--〔・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_進行期_の がん 《複数》《 特に_乳がん_ 、及び、 _前立腺がん_の場合 》】〓〓、そして、それら は 伴う_【・*を |*←_骨痛_ 、及び、 _骨関連`事象《 SRE 》_《複数》 】┏┓。    --【『 』の理由で…|『_骨関連`事象《 SRE 》_《複数》 、及び、 _骨痛_ は 伴う_【・*を |*←低下{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_生活の質_ 、及び、 _機能_的 自立 』】〓〓、如何なる_治療_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=低下させる_【・*を |*←_骨関連`事象《 SRE 》_《複数》の数 、又は、 _重症度_ 】〓〓 は 、また、¨ ∬ ¨(する)と考えられる 【 ∬=低下させる_【・*を |*←〈その〉マイナスの影響《複数》{☆の}{★への}¨ ⌒〔 ☆←_骨格系__合併症_《複数》⌒〔 ★←_生活の質_ 】┏┓。

…(中略 : 看護婦の_役割_《 米国での 》)…

_ビスフォスフォネート薬_《複数》 は _予防_したり、遅らせる_【・*を |*←_潜在的_に_衰弱させる的な__骨関連`事象《 SRE 》_《複数》】〓〓、そして、低下させる_【・*を |*←_骨痛_ 】┏┓。    _更なる__研究_ は ¨ ∬ ¨(する)ことの可能性がある 【 ∬=可能にさせる_【・*を |*←_改善_《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←骨格系 健康モニタリング 、及び、 _管理_--【・*のために |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_転移性__骨_疾患 】┏┓。    そのような_改善_《複数》 は ¨ ∬ ¨(する)ことの可能性がある 【 ∬=可能にさせる--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←_患者さん《複数》_| ∬= より良好に維持する_【・*を |*←_患者さん_の_生活の質_ 、及び、 _機能_的 独立--【・*を通じて |*←〈その〉コース{☆の}¨ ⌒〔 ☆←彼らの_病気_ 】┏┓。

…(後略:看護婦の_役割_)…


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacist )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= March 12, 2010 )

「英文原題」=Conclusions

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他