目次《ジャンプ先で項目タイトルをクリックすれば、この目次に戻れます》


→トップページへ戻る


お手数ですが、もう一度下記のリンクをクリックしてください:

情報データベース(生殖系)のトップページへ






《この資料の目次に戻るためには、上記の標題行をクリックしてください》

疾患名 =_卵巣がん_( Ovarian Cancer )


資料 A=_進行期`卵巣がん_の_第一線`治療_ : 現在の_研究_と見込み(資料ご紹介の作成年月='10/**)


資料名=Medscape Pharmacists



このコーナーでは、上記の資料の内容の概略をご紹介しています。各ページには、当該ページに対応する原資料サイトのページへのリンクを設定してありますが、原資料サイト での ページ構成変更により、リンク切れとなっております場合は、本家サイトの

リンク集のページ

の、「情報の存在を ご紹介しているサイト」の項目に 当該原資料サイトへのリンクを収載しておりますので、そこからジャンプしてください。《当該原資料サイトには、当サイトでご紹介している以外にも豊富な情報が記載されておりますので、原資料サイトをご覧になることを強くお勧めします》

尚、このコーナーでご紹介しております原資料の日付は下記の通りです :

原資料更新時期=03/16/2010 

本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

アブストラクトとイントロダクション


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

〔 アブストラクト 〕


_上皮性__卵巣がん__は ¨※¨である 【・※←〈その〉第 4 番目に大きな_原因_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← がん −関連_死亡--【・*に於いて |*←女性《複数》 】┏┓。    --【・*にわたり… |*←_最近_ の 数十年間】━━、_改善_《複数》 が なされて在る--【・*に於いて |*←_治療__結果状況_--【・*の面で |*←_奏効率_ 、及び、 _生存_ 】┏┓。    現在までのところ、_集中的__外科的__ステージ_決め 、及び、 _腫瘍細胞`減少 、と、 それに続いての_第一次的__化学療法_{☆による}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉 carboplatin / paclitaxel_レジメン_】━━ が 見なされている【・※であると|※←基本的な標準{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←¨管理{☆の}¨ ⌒〔 ☆←この_病気_ 】┏┓。    しかし、--【・*にもかかわらず… |*←良好な 当初_反応_{☆への}¨ ⌒〔 ☆←_全身的`治療_{☆の後の}¨ ⌒〔 ☆←最適な_腫瘍`体積`減量`手術_】━━、〈その〉_長期的__生存_ は 引き続き¨※¨である 【※←劣る】、--【・*を伴って |*←〈一つの〉高リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_再発_ 】┏┓。    更に、_内科的__治療_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_卵巣がん_】━━ は 影響する_【・*に |*←_生活の質_--【・*の理由から |*←〈その〉_一般普通的_ な 発生{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_化学療法__副作用_《複数》{☆のような}¨ ⌒〔 ☆←脱毛症、神経`_毒性_ 、及び、 _疲労感_ 】┏┓。    --【 ∬ (する)ことをすべく | ∬=■_改善する_【・*を |*←〈その〉_有効性_】|-そして-|■_低下させる_【・*を |*←_毒性_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_第一線`化学療法_ 】━━、10,000 人以上 の 女性《複数》 が 組み込まれて在る--【・*に |*←世界中の_ランダム化__臨床試験_《複数》_--【・*に於いて(時) |*←〈その〉最近 10 年間 】┏┓。    いくつかの_治療方式《複数》 が _研究_されて在る、--【・*のような |*←_腹腔内`化学療法、 代替的な 2 剤 、及び、 3 剤_併用__レジメン_《複数》】、--【 ∬ (する)ことをすべく | ∬=見出す_【・*を |*←〈一つの〉最適な_第一線`治療__戦略_ 】┏┓。

--【・*に於いて… |*←このレビュー】━━、我々は ディスカスする_【・*を |*←〈その〉¨結果《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←これらの_臨床試験_《複数》_】〈その〉_最近_ の _進歩《複数》〈その〉最も重要な_進展中_ の _研究《複数》_{☆を含む}¨ ⌒〔 ☆←現れつつある_分子標的`治療`薬_《複数》 、及び、 _生物学`的__治療薬_《複数》 】┏┓。

〔 _イントロダクション_ 〕


_上皮性__卵巣がん__は ¨※¨である 【・※←〈その〉第 4 の原因{☆の}¨ ⌒〔 ☆← がん −関連_死亡{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←女性《複数》 】┏┓。    25,000 件以上の新症例《複数》 が _診断_される--【・毎年--【・*に於いて |*←米国だけ】━━、そして、これらの症例の約 75% は 発見される--【・*の段階で |*←_進行期__ステージ_ 】┏┓。    〈その〉_標準的_ケア{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←これらの_患者さん《複数》_】━━_は ¨※¨である 【・※←最大限の_外科的__腫瘍細胞`減少 、と、 それに続いての_全身的__白金系`化学療法剤_−ベース_化学療法_】━━、そして、それ《 ∬ すること(右記)》━━は 妥当的 である……∬=期待する_【・*を |*←〈一つの〉 5 年後__生存率_40% 、及び、 20%《 それぞれ_ステージ_3_ 、及び、 _ステージ_4_と_診断_されたケース 》 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacist )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= March 16, 2010 )
「英文原題」=Abstract and Introduction

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他


第一線`治療_の 歴史的`概観


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

--【・*にわたり… |*← 50 年間】━━、_卵巣がん は 見なされて在る【・※であると|※←¨一つ{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉最も_化学療法_−感受性 の _固形`腫瘍_《複数》】、--【・*を伴って |*←顕著な _進歩《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_最近_25 年間 】┏┓。    1970 年代まで、¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_進行期`卵巣がん_】━━ は 最も_一般普通的_には _治療_された--【・*により |*←〈その〉_アルキル化系`化学療法剤_《複数》である melphalan、cyclophosphamide、chlorambucil 、及び、 thiotepa《 いずれも_単剤_ での _投与_ 》】__ : ___奏効率_《複数》_は ¨※¨であった 【・※←限定された_レベル_】、--【・*を伴って |*←■__完全__臨床的__奏効_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆← 20%の_患者さん《複数》_】|-そして-|■_〈一つの〉_中央値での__生存期間_10 〜 14 ヶ月間{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_奏効_した_患者さん《複数》_ 】┏┓。    更に、〈その〉_血液学的__合併症_《複数》_は 、また、¨※¨であった 【・※←_治療_限定的 】┏┓。

--【・*に於いて… |*←〈その〉_早期_1980 年代】━━、cisplatin が 認識された【・※であると|※←〈一つの〉新しい、そして、 より強力な_薬_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉¨管理{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_卵巣がん_】__ : __それの_有効性_ は 関連していた--【・*と |*←それの 独特な 能力{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=相互干渉する_【・*に |*← DNA 】┏┓。    数件の_ランダム化__臨床試験_《複数》_ が _示した_【・『 』ということを… |『_白金系`化学療法剤_ は 単独 、又は、 他の_薬_との_併用_で、改善する_【・*を |*←_生存_--【・*と比較して |*←_非−_白金系`化学療法剤_−ベース の _化学療法_--【 ∬ (された)場合に∬=使用された--【・*として |*←_第一線`化学療法_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_卵巣がん_ 】 』 】┏┓。    _データ_ は 確認された--【・*により |*← 2 件の_メタ分析_《複数》{☆による}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉 Advanced Ovarian Cancer Trialists Group 】、《 これらの_メタ分析_《複数》 は 明確に _示した_【・『 』ということを… |『_白金系`化学療法剤_−ベース の _併用__化学療法_ は 伴った_【・*を |*←〈一つの〉_有意_ な 低下{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←死亡{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←_卵巣がん_ 』 】┏┓。    特に、〈その〉 Cochrane _メタ分析_ は _示した_【・*を |*←〈一つの〉_生存_に関する_全体的_危険率 0。93--【・*の方を有利として |*←_白金系`化学療法剤__併用__化学療法_--【・*と比較して |*←_非−_白金系`化学療法剤__治療_ 】┏┓。    更に、--【・*に於いて… |*←〈その〉同一の_メタ分析_】━━、〈一つの〉_生存_に関する危険率 0。91 が 算出された--【・*のために |*←_白金系`化学療法剤__併用__化学療法_--【・*と比較して |*←〈一つの〉_白金系`化学療法剤__単剤`治療_ 】┏┓。

_長期間に わたり、大きな論争{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_最適な_cisplatin −ベース_併用__化学療法_】━━_は ¨※¨であった 【・※←拡大状態_--〔・*の間で |*←多くの_研究者《複数》】《 いくらかの_研究者《複数》_ は サポートする_【・*を |*←〈その〉 2 剤_併用_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← cyclophosphamide / cisplatin 】━━、そして、その他の_研究者《複数》_ は 示唆する_【・*を |*←〈その〉優越性{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉 3 剤_レジメン_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← cyclophosphamide / doxorubicin / cisplatin 》 】┏┓。    特に、〈一件の〉_メタ分析_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_データ_{☆からの}¨ ⌒〔 ☆← 10 件の_臨床試験_《複数》_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆← 1702 名の患者さん《複数》《 これらの 5 件では、比較した_【・*を |*← cyclophosphamide / cisplatin--【・*と(比較対象) |*← cyclophosphamide / cisplatin / doxorubicin 》━━ が _示した_【・*を |*←〈一つの〉或る程度の、しかし、_有意_ な _改善_{☆に於ける}{★による}¨ ⌒〔 ☆←_生存_⌒〔 ★← doxorubicin −含有__レジメン_《複数》 】┏┓。    逆に、_その他の_著者《複数》 は 同時的に 強調した_【・『 』ということを… |『〈一つの〉 2 ヶ月間 の _改善_{☆に於ける}{ ¶ ところの#←}¨ ⌒〔 ☆←_中央値での__生存期間_⌒〔 ←#¶==得られた--【・*により |*←〈その〉¨追加{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_アントラサイクリン系`化学療法剤_《複数》《 doxorubicin 》 】━━ は ¨ ∬ ¨(される)べきである 【 ∬=比較`考量される--【・*と(比較対象) |*←〈その〉よく知られた_心臓`毒性_{☆に伴う}¨ ⌒〔 ☆←この薬 』 】┏┓。    --【・*に付け加えて… |*←この_ディスカッション_】━━、大部分の_研究者《複数》_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉米国】━━ は 放棄した_【・*を |*←_アントラサイクリン系`化学療法剤_《複数》--【・*へ代えていって |*←〈その〉 cyclophosphamide + _白金系`化学療法剤__レジメン_】━━、一方、〈その〉 3 剤_併用__レジメン__が ¨※¨であった 【・※←〈その〉優先される_化学療法_--【・*に於いて |*←欧州 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacist )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= March 16, 2010 )
「英文原題」=Historical Overview of First-line Therapy in Ovarian Cancer

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

paclitaxel の時代


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

〈その〉登場{☆の}¨ ⌒〔 ☆← paclitaxel 】━━ は _代表した_【・*を |*←〈一つの〉転換点{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_原発__卵巣がん_ 】┏┓。

…(中略:タキサン系化学療法剤の由来)…

--【・*に於いて… |*←〈その〉 1980 年代から 1990 年度始め】━━、〈その〉_薬_ は 示された_【 ∬ (する)ことが | ∬=持つ_【・*を |*←可能性{☆に対する}¨ ⌒〔 ☆←_進行期__治療−抵抗性__卵巣_上皮性 がん 】┏┓。    その後、2 件の_ランダム化__臨床試験_《複数》《 Gynecologic Oncology Group [GOG] 111  、及び、  OV-10 _臨床試験_》_{ ∬ ((を)した)}¨ ⌒〔 ∬=比較した_【・*を |*← cisplatin / paclitaxel、と、cisplatin / cyclophosphamide 】━━ が 示した_【・*を |*←追加的な _臨床的`利益_--【『 』の場合…|『 cyclophosphamide が 置き換えられる--【・*により |*← paclitaxel--【・*に於いて |*←〈その〉_第一線_治療_ の _状況設定_ 』】┏┓。    --【・*に於いて… |*←〈その〉 GOG 111_臨床試験_】━━、386 名 の ¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_ステージ_3_で_最適未満に_腫瘍`体積`縮小 された 、又は、 _ステージ_4_ の _病気_】━━ が _ランダムに 振り分けられた--【 ∬ (する)ように | ∬=受ける_【・*を |*← 6 サイクル の cisplatin / paclitaxel 、又は、 cisplatin / cyclophosphamide《 後者が _標準的__第一線`治療__レジメン_として 》 (*) 】┏┓。    〈その〉 paclitaxel −含有__レジメン_ は 伴った_【・*を |*←_有意_ な _改善_《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_全体的`奏効率《 7360% 》_臨床的__完全奏効_率《複数》《 51%31% 》_中央値での__進行無し`生存_期間《 18 ヶ月間13 ヶ月間 》_全体的`生存_期間《 38 ヶ月間24 ヶ月間 》 】┏┓。    --【・*の後に… |*← 5 年間超 の フォローアップ】━━、paclitaxel による治療 は 依然として伴った_【・*を |*←〈一つの〉 28%の_進行_リスク低下 、及び、 34% の 死亡リスク低下 】┏┓。

〈その〉欧州−カナダ協力{☆の中での}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉 OV − 10_臨床試験_】━━ は 確認した_【・*を |*←これらの_結果《複数》_】__ : __680 名の患者さん《複数》 が _ランダムに_治療_された--【・*により |*← cisplatin / paclitaxel 、又は、 cisplatin / cyclophosphamide(**) 】┏┓。    全体として、48%{☆のうちの}¨ ⌒〔 ☆← cisplatin / cyclophosphamide_グループ_の_患者さん《複数》_】━━ は クロスオーバーした《 mougitaro 注:もう一方の_治療グループ_に移った 》--【・*へ |*← paclitaxel _グループ_--【・*の時点で |*←_病気`進行_ 】┏┓。    〈その〉 paclitaxel /_白金系`化学療法剤__グループ_ は 伴った_【・*を |*←〈一つの〉_有意_ な _改善_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_全体的`奏効率_《 59%45% 》 、及び、 _臨床的__完全奏効_率《 41%27% 》--【・*と比較して |*← cisplatin / cyclophosphamide 】┏┓。    --【・*の後に… |*←_中央値での_フォローアップ 39 ヶ月間】━━、paclitaxel / cisplatin  は 、また、_示した_【・*を |*←〈一つの〉_有意_ な _利益_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_中央値での__進行無し`生存_期間《 16 ヶ月間12 ヶ月間 》 、及び、 _全体的`生存_期間《 36 ヶ月間26 ヶ月間 》--【・*にもかかわらず |*←〈その〉高率 の クロスオーバー 】┏┓。

(*)、(**)_用量_等 の 詳細 は 原文をお読みください。

両方 の _研究《複数》_ は _示した_【・*を |*←_統計的に__有意_ な _改善_《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_中央値での__全体的`生存期間_ 、及び、 _進行無し`生存_期間--【『 』の場合…|『 paclitaxel が 使用された--【・*の代わりに |*← cyclophosphamide 』】┏┓。    _全体的`生存期間_ の _改善__は ¨※¨であった 【・※←特に印象的】、《 paclitaxel_治療_を受けた_患者さん《複数》_が¨ ∬ ¨して…| ∬=_生存_する--【・*にわたり |*←〈一つの〉_中央値で 10 〜 14 ヶ月間 より_長期間--【・*よりも |*← cyclophosphamide_治療_を受けた_患者さん《複数》_ 》 】┏┓。    しかし、これらの_改善_《複数》{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=得られた--【・*により |*← paclitaxel 】━━ は 伴った_【・*を |*←増加した_毒性_《 特に、_脱毛症_、_腎_毒性_ 、及び、 末梢性ニューロパシー 》 】┏┓。

〈一件の〉 2 番目の_臨床試験_《 GOG 132 》__ は _示した_【・*を |*←対立的な_結果《複数》_--【・*と比較して |*←〈その〉 2 件の_先行__臨床試験_《複数》_《 OV-10 、及び、 GOG 111 》 】┏┓。    それ_は ¨※¨であった 【・※←〈一件の〉 3_治療グループ__ランダム化__臨床試験_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶== 614 名 の ¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_ステージ_4_ 、又は、 _最適未満に_腫瘍_縮小された_ステージ_3__卵巣がん_】━━ が _ランダムに振り分けられた--【 ∬ (する)ように | ∬=_管理_される--【・*により |*← 6 サイクルの、以下のいずれかの_レジメン_《複数》__ : __cisplatin / paclitaxel《 GOG 111 で使用されたものと同じ 》 _単剤_cisplatin_単剤_paclitaxel (*) 】┏┓。    _この研究_ は 失敗した_【 ∬ (する)ことに | ∬=示す_【・*を |*←〈その〉優越性{☆の}¨ ⌒〔 ☆←これら 3 つの_レジメン_《複数》 の どれか 1 つ 】__ : __paclitaxel_単剤`治療_ は 伴った_【・*を |*←〈一つの〉_有意_に より_低_い_全体的`奏効率_《 42%67% 》 、及び、 _中央値での__進行無し`生存__持続`期間_《 11 ヶ月間14 〜 16 ヶ月間 》--【・*と比較して |*←〈その〉 cisplatin −含有__レジメン_《複数》】__ : __逆に、cisplatin_単剤`治療_ 、及び、 cisplatin/paclitaxel__ は もたらした_【・*を |*←同様な_生存_ 、及び、 _奏効率_《複数》】、--【・おそらく*の理由から |*←〈その〉許可されたクロスオーバー{☆への}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆← paclitaxel ⌒〔 ★←〈その〉 cisplatin_単剤`治療__グループ_ 】┏┓。

(*)投与量 の 詳細については原文をお読みください。

--【『 』の後に…|『これらの_臨床試験_《複数》_ が プレゼンされた 』】━━、〈その〉 cisplatin / paclitaxel_併用_ が 見なされた【・※であると|※←〈その〉_標準的__第一線`化学療法_--【・全世界で 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacist )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= March 16, 2010 )
「英文原題」=The Paclitaxel Era

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

cisplatin 対 carboplatin


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

--【・*にもかかわらず… |*←〈その〉明白な利点{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←¨¨_全体的`生存_ 、及び、 _進行無し`生存_{ ∬ (される)}¨ ⌒〔 ∬=得られる--【・*により |*← cisplatin / paclitaxel_レジメン_ 】】━━、それ《=『 』ということ(右記)》━━が 直ちに気づかれた……【・=『この_併用__レジメン__は 持つ_【・*を |*←〈一つの〉_有意_ な _毒性_《 _末梢_神経_毒性_ 、及び、 _腎_毒性_ 》 】┏┓。    神経_毒性__は ¨※¨であった 【・※←高頻度_--〔・*に於いて |*←両方の_臨床試験_《複数》_--【・*を伴って |*←_グレード_2〜3{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆← 13%の_患者さん《複数》_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆← GOG 111 】_グレード_3〜 4 {☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆← 18% の _患者さん《複数》_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆← OV-10 】┏┓。    そのようなわけで、〈その〉スケジュール{☆による}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉 3 時間点滴{☆の}¨ ⌒〔 ☆← paclitaxel 】━━ は 特徴づけられた--【・*により |*← より高率 の _有意_ な 神経_毒性_--【・*と比較して |*←〈その〉 24 時間 点滴 】┏┓。

もう一つの 重要な 限定`事項{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉 cisplatin / paclitaxel_化学療法__レジメン_】━━_は ¨『 』(右記)¨ということである『両方 の _投与_スケジュール{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=提案された--【・*により |*← GOG 111  、及び、 OV-10 】━━_は ¨※¨である 【・※←_投与_実施が 難しい--【・*としては |*←〈一つの〉外来_治療_ 』 】┏┓。

--【・*の理由から… |*←これらの_毒性_ の 考慮】━━、〈その〉問題{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉同等性{☆の}{★としての}¨ ⌒〔 ☆← cisplatin、 と、carboplatin ⌒〔 ★← paclitaxel との_併用_】━━_が ¨※¨であった 【・※←〈その〉目的{☆の}¨ ⌒〔 ☆←数件の重要な_臨床試験_《複数》_{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬= 2000 年以降 実施された 】┏┓。    --【・*に先行して… |*←〈その〉登場{☆の}¨ ⌒〔 ☆← paclitaxel 】━━、数件の_研究《複数》_ が 確立していた_【・『 』ということを… |『 cisplatin 、及び、 carboplatin_は ¨※¨である 【・※←_治療_的に 同等_--〔・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_進行期__上皮性`卵巣がん_ 』】__ : __このこと は ハイライトを当てられた--【・*により |*←〈一つの〉 Cochrane _メタ分析_ 】┏┓。

3 件の_臨床試験_《複数》_ が _研究_した_【・*を |*←〈その〉同等性{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨¨carboplatin、と、cisplatin {☆との併用での}¨ ⌒〔 ☆← paclitaxel--【・*に於いて |*←〈その〉_第一線`治療__状況設定_ 】┏┓。    〈その〉原則{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉基礎{☆の}¨ ⌒〔 ☆←これらの_臨床試験_《複数》_】━━_は ¨『 』(右記)¨ということである『 carboplatin は 伴う_【・*を |*←_有意_に より_低_い _神経_毒性_ 、及び、 _腎毒性_】━━、そして、〈その〉¨併用{☆の}¨ ⌒〔 ☆← carboplatin、と、3 時間点滴 での paclitaxel は ¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=実施される--【・*として |*←〈一つの〉外来_投与_スケジュール 』 】┏┓。

--【・*に…(時) |*← 2000 年】━━、Nejit 達 は _ランダムに振り分けた_【・*を |*← 208 名の¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_ステージ_2_B 〜4_卵巣がん_--【 ∬ (する)ように | ∬=受ける_【・*を |*← paclitaxel 、と、 それに続いての cisplatin or carboplatin 《 _用量_については原文をお読みください 》 】┏┓。    _全体的`奏効率_《複数》《 64%74% 》、_進行無し`生存_ 、及び、 _全体的‐生存率《複数》_は ¨※¨であった 【・※←同様--【・*の後に |*←〈一つの〉_中央値での_フォローアップ 37 ヶ月間 】┏┓。    予想通り、paclitaxel / carboplatin は 伴った_【・*を |*←_有意_に より少ない_吐き気_、_嘔吐_ 、及び、 _ニューロパシー_、しかし、 より多い骨髄`抑制《 _管理`可能的 》 】┏┓。    〈その〉 Arbeitsgemeinschaft Gynakologische Onkologie (AGO)_グループ_ は 実施した_【・*を |*←〈一件の〉_フェーズ_3__臨床試験_--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=_ランダムに振り分けられた--【 ∬ (する)ように | ∬=受ける_【・*を |*← 6 サイクル の paclitaxel + cisplatin or carboplatin 】┏┓。    このケースでは、783 名の患者さん《複数》_が ¨※¨であった 【・※←_有資格】━━、そして、40%《 cisplatin −ベース_グループ_ 》 、及び、 37。5%《 carboplatin −ベース_グループ_ 》━━_が ¨※¨であった 【・※←_進行無し の状態--【・*の時点で |*← 2 年間フォローアップ 】┏┓。    同様な_データ_ が 観察された--【・*に関して |*←_毒性_--【・*に於いての場合と(比較対象) |*←〈その〉オランダ での _臨床試験_ 】┏┓。    _神経_毒性_ は 顕著に 低下した、--【『 』であるが…|『約 35%` の ¨患者さん《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉 carboplatin / paclitaxel_グループ_】━━ は 依然として 持った_【・*を |*←_グレード2_〜3の_神経_毒性_ 』】┏┓。    全体として、〈その〉_発症`頻度_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_グレード3_/4 の _消化管`系_ 、及び、 神経系_毒性_《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉 paclitaxel / carboplatin_グループ_】━━ は 低下した--【・*へ(程度) |*← 1。5 〜 2。7 分の1--【・*と比較して |*← paclitaxel / cisplatin_グループ_ 】┏┓。    更に、〈その〉¨分析{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_生活の質_《 EORTC 質問表 》__ は 示した_【・*を |*←_有意_に より良好なスコア《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉 paclitaxel / carboplatin_グループ_--【・*と比較して |*←〈その〉 cisplatin −ベース_治療_ 】┏┓。

--【・*に於いて… |*←〈その〉第3の_臨床試験_】━━、6 サイクル の paclitaxel / cisplatin 、又は、 paclitaxel / carboplatin 】━━ が _ランダムに_投与_された--【・*に於いて |*← 792 名の患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_最適に _腫瘍_減量された_ステージ_3__卵巣がん_ 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←この_臨床試験_】━━、¨※¨は 存在しなかった 【・※←_有意_差《複数》(否定){☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_中央値での__進行無し`生存_《 20。7 ヶ月間19。4 ヶ月間 : それぞれ carboplatin 、及び、 cisplatin 》、や、_生存期間_《 57。4 ヶ月間48。7 ヶ月間 》 】┏┓。    _重症の__消化管`系_、_腎臓_ 、及び、 代謝性 _毒性_ が ¨※¨であった 【・※← より強い_--〔・*により |*← cisplatin 】━━、一方、〈その〉率{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_グレード3_ 、又は、 4 の _ニューロパシー__は ¨※¨であった 【・※←同様_--〔・*に於いて |*←〈その〉 2 つの_グループ_《複数》 】┏┓。

--【・*を考慮すれば… |*←〈その〉証拠{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉 より有利的な_毒性`プロフィール_ 、及び、 _投与_の容易性】━━、〈その〉 carboplatin / paclitaxel_併用_ が ¨※¨となって在る【・※←〈一つの〉ほぼ 普遍的 な _選択_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←¨管理{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_卵巣がん_】━━、そして、それ_は ¨※¨である 【・※←〈その〉_標準的_な 比較対象{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_最近_ の _臨床試験_《複数》_{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=実施された --【・*に於いて |*←この_病気_】┏┓。

--【・*によれば… |*← carboplatin / paclitaxel 】━━、それ《 ∬ すること(右記)》━━が 可能である……∬=得る_【・*を |*←〈一つの〉_奏効率_約 65%、_進行無し`生存_期間 16 〜 21 ヶ月間 、及び、 _全体的`生存期間_32 〜 57 ヶ月間 】┏┓。    しかし、--【『 』であるが…|『大部分の_患者さん《複数》_ は _反応_する_【・*に |*←_第一線`化学療法_ 』】━━、大部分の_患者さん《複数》_ は _再発_する━━、そして、必要とする_【・*を |*←_救助《サルベージ》治療_ 】┏┓。    そのようなわけで、〈一つの〉非常に重要な優先課題{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←婦人科_腫瘍_学_研究_】━━_は ∬ (する)ことである 【 ∬=試みる_【 ∬ (する)ことを | ∬=改善する_【・*を |*←〈その〉_結果状況_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_第一線`治療_ 】┏┓。    いくつかの試み《複数》 が なされて在る--【 ∬ (する)ことのために | ∬=見出す_【・*を |*←〈一つの〉_治療_{§(の性質の)}¨ ⌒〔 §←可能な_【 ∬ (する)ことが | ∬=超える_【・*を |*← carboplatin / paclitaxel 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←このレビュー】━━、我々は ¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=焦点を当てる--【・*に |*←_腹腔内`化学療法、_代替的な__化学療法_2剤 、及び、 3剤_レジメン_《複数》 、及び、 最終的には、我々は ¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=ディスカスする_【・*を |*←〈その〉 より_最近_ の _臨床試験_《複数》_{☆による}¨ ⌒〔 ☆←_生物学`的__治療薬_《複数》 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacist )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= March 16, 2010 )
「英文原題」=Cisplatin versus Carboplatin

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

腹腔内_化学療法_


概観、当初の知見


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

いくらかの_生物学`的_ 、及び、 薬理学的な 考察 が 誘導して在る_【・*を |*←評価{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉¨使用{☆の}{★のための}¨ ⌒〔 ☆←腹腔内_化学療法_⌒〔 ★←〈その〉¨管理{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_原発__卵巣がん_ 】┏┓。    〈その〉大部分の_患者さん《複数》_ は _病気`現出`する_【・*で(状態) |*←_転移_《複数》{☆への}¨ ⌒〔 ☆←_腹腔内`リンパ節_《複数》 、及び、 _腹膜`面《複数》】━━、そして、--【・*の後に… |*←〈一つの〉_最適`腫瘍`減量`手術_】━━、_少量 、又は、 顕微鏡_レベル_の残存_病変_ が しばしば 残存する--【・*の内部に |*←_腹腔_】__ : __更に、〈その〉_腹膜_ は _代表する_【・*を |*←〈一つの〉大きな表面積の 高度に _血管`豊富的 な 組織 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←〈その〉 1970 年代】━━、いくつかの_研究《複数》_ が _示した_【・*を |*←〈その〉遅い_腹膜`クリアランス{☆の}{★からの}¨ ⌒〔 ☆←いくつかの_化学療法剤_《複数》⌒〔 ★←腹腔】、--【・*を伴って |*←〈一つの〉_有意_ な 利点{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆← AUC--【『 』の場合…|『〈その〉_薬_《複数》 が _投与_された--【・*の中へ |*←_腹膜_--【・*と比較して |*←〈その〉_血液_ 』】┏┓。

この_薬理学`的_挙動_は 特に¨※¨であった 【・※←明確_--〔・*に於いて |*←_卵巣がん_】--【『 』の場合…|『それ《 ∬ すること(右記)》━━ が 可能であった……∬=_投与_する_【・*を |*←_【・*を |*← cisplatin--【・*の中へ |*←腹腔--【・*を伴って |*←〈一つの〉 10 〜 20 倍 高い 比率{☆の間での}¨ ⌒〔 ☆←当該_薬_の血中 AUC、と、腹膜 AUC 】 』】┏┓。    それ《=『 』ということ(右記)》━━ が 直ちに 明らかになった……【・=『腹腔内 cisplatin は ¨ ∬ ¨(する)ことができた 【 ∬=効果的に 浸透する_【・*に |*←わずかに、小容積の_腫瘍_《複数》《 1 〜 3mm 》━━、《 示唆して_【・『 』ということを… |『〈その〉ベストな_化学療法_上の_利益_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←腹腔内_化学療法_】━━ は ¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=得られる--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←顕微鏡__レベル_ の 残存_病変_ 、又は、 非常に 小容積  の 巨視的 _病変_』 】┏┓。    加えるに、paclitaxel、と、carboplatin_は 持つ_【・*を |*←〈その〉同一の_薬理学`的_利点--【 ∬ (された)場合に∬=_投与_された--【・*を通じて |*←〈一つの〉腹腔内ルート 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacist )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= March 16, 2010 )

「英文原題」=Intraperitoneal Chemotherapy

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_臨床試験_結果


臨床試験_1

本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

多くの_フェーズ_1_/2_臨床試験_《複数》_ が 評価して在る--【・*を |*←〈その〉¨有効性{☆の}¨ ⌒〔 ☆←腹腔内_化学療法_】、、《 使用して_【・*を |*←_化学療法剤_《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←既知の_活性_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_卵巣がん_ 》 】┏┓。    〈その〉最初の_フェーズ_3__研究_ は さかのぼる--【・*まで |*← 1996 年】《 この年、Alberts 達 は 公刊した_【・*を |*←〈その〉¨結果《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉_統計的に__有意_ な _全体的`生存__改善_{☆に伴う}¨ ⌒〔 ☆←腹腔`内 cisplatin_投与_ 》 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←この_臨床試験_{☆による}¨ ⌒〔 ☆← Southwest Oncology Group (SWOG)/Eastern Cooperative Oncology Group (ECOG) 、及び、 GOG 】━━、¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_ステージ_3_ の _病気_】━━ が _ランダムに振り分けられた--【・*へ |*←■__腹腔内`_投与_ の cisplatin《 100 mg/m2 》】|-又は-|■__静注__投与_ の cisplatin《 100 mg/m2 》 】、、《両方の_グループ_が¨ ∬ ¨して…| ∬=受けて_【・*を |*←_静注__投与_cyclophosphamide《 600 mg/m2 》 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←※の両方 |※←〈その〉_腹腔内`_投与_ 、及び、 _静注__投与__グループ_《複数》 】━━、58% の _患者さん《複数》_ が 受けた_【・*を |*←全ての 6 サイクル の cisplatin_化学療法_ 】┏┓。    --【・*に於いて… |*← 46% 、及び、 36% の ¨患者さん《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←それぞれ_腹腔内`_投与_ 、及び、 _静注__投与_ の _治療グループ_】━━、〈一つの〉_完全__病理学的__奏効_ が 達成された┏┓。    _中央値での__生存期間__は ¨※¨であった 【・※← 41 、及び、 49 ヶ月間_--〔・*に於いて |*←それぞれ_静注__投与_ 、及び、 _腹腔内`_投与__グループ_ 】┏┓。    〈その〉危険率{☆に関する}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←死亡⌒〔 ★←〈その〉_腹腔内`_投与__グループ_《 _静注__投与__グループ_との比較で 》】━━_は ¨※¨であった 【・※← 0。76 】┏┓。    〈その〉神経`_毒性__は ¨※¨であった 【・※← より高頻度_--〔・*に於いて |*←〈その〉_静注__投与__グループ_】、--【『 』の一方で…|『〔何も無い( no )大きな差異 〕{☆の間の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉 2 つの_治療グループ_《複数》】━━ が 観察された(の否定)--【・*の点で |*←_重症の__毒性__治療`関連_死亡《複数》_研究_からの_患者さん_除外{☆の理由による}¨ ⌒〔 ☆←_有害`事象_《複数》 』】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacist )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= March 16, 2010 )
「英文原題」=Intraperitoneal Chemotherapy

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

臨床試験_2

本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

〈一件の〉第二の_ランダム化__臨床試験_{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=実施された --【・*により |*← GOG、SWOG 、及び、ECOG 】━━ は _ランダムに振り分けた_【・*を |*← 523 名の患者さん《複数》--【・*に |*←■__静注_paclitaxel / cisplatin |-又は-|■_〈一つの〉実験的な_併用_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←最初の 2 コース の _高用量__静注_carboplatin 、と、 それに続いての 6 コース の _静注_paclitaxel /腹腔内 cisplatin 】┏┓。    〈その〉革新点{☆の}¨ ⌒〔 ☆←この_レポート_{☆と比較しての}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_臨床試験_{☆による}¨ ⌒〔 ☆← Alberts et al.】━━_は ¨※¨ということであった 【・※…『全ての_患者さん《複数》_ は 受けた_【・*を |*←_静注_paclitaxel--【・*の代わりに |*← cyclophosphamide 】━━、そして、更に、〈その〉最大限の_腫瘍_直径《 この_臨床試験_への 参加条件としての 》_は ¨※¨であった 【・※← 1cm--【・*と対照的に |*← 2cm 』 】┏┓。    更に、--【・*を考慮すれば… |*←〈その〉仮説{=『 』という(右記)}¨=『〈その〉 より大きい_利益_{☆による}¨ ⌒〔 ☆←_腹腔内_化学療法_】━━ は ¨ ∬ ¨(である)であろう 【 ∬=¨※¨である 【・※←明らか_--〔・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉可能な限り小さな残存_病変_《複数》 』】━━、¨患者さん《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉実験_グループ_】━━ は 受けた_【・*を |*← 2 コース の _静注_「_高用量_」 carboplatin《 AUC 9 》--【・*の前に |*←〈その〉実施{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_腹腔内`_投与__化学療法_ 】┏┓。    --【『 』であるが…|『この「_攻撃的_な」アプローチ は 必ずしも実施されなかった--【・*により |*←〈その〉計画された_用量_《複数》--【・*に於いては |*←全ての_患者さん《複数》_ 』】━━、〈その〉実験_グループ_{☆による}¨ ⌒〔 ☆←_腹腔内`_投与__化学療法_】━━ は 伴った_【・*を |*←〈一つの〉_統計的に__有意_ な _改善_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_進行無し`生存_ 、及び、 _全体的`生存_ 】┏┓。    実際の所、〈その〉_進行無し`生存_期間 、及び、 _全体的`生存_期間_は ¨※¨であった 【・※← 27。9 ヶ月間 、及び、 63。2 ヶ月間_--〔・*に於いて |*←〈その〉_腹腔内`_投与__グループ_】--【・*と比較して |*← 22。2 ヶ月間 、及び、 52。2 ヶ月間{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉コントロール_グループ_ 】┏┓。    〈その〉推定 相対¨リスク{☆の}{★ での }{▼と比較しての}¨ ⌒〔 ☆←死亡⌒〔 ★←_患者さん_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_腹腔内`_投与__グループ_⌒〔 ▼←〈その〉_静注__グループ_】━━_は ¨※¨であった 【・※← 0。81 】┏┓。    _重症の__好中球`減少症_、 _血小板`減少症_、 _消化管`系_ 、及び、 代謝系_毒性_《複数》¨※¨であった 【・※←全て より高頻度_--〔・*に於いて |*←〈その〉_腹腔内`_投与__グループ_ 】┏┓。    この_臨床試験_ は 広く 批判されて在る--【・*の理由から |*←〈その〉実験デザイン 、及び、 〈その〉混乱させる的 存在{☆の}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉 carboplatin の 2 サイクル⌒〔 ★←〈その〉実験_グループ_ 】┏┓。    これらの理由により、_腹腔内`_投与__化学療法_ は ¨※¨と見なされなかった【・※←〈一つの〉_標準的__治療_--【・*にもかかわらず |*←〈その〉プラスの¨結果《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆← 2 件の_臨床試験_《複数》_ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacist )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= March 16, 2010 )
「英文原題」=Intraperitoneal Chemotherapy

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

臨床試験_3

本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

〈その〉¨結果《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←これらの 2 件の_ランダム化__研究《複数》_ 、及び、 〈一件の〉_フェーズ_2__臨床試験_】━━ は 、、《 調べて_【・*を |*←〈その〉_併用_使用{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_腹腔内`_投与_cisplatin、と、_腹腔内`_投与_/_静注_paclitaxel 》━━(は)_導いた--【・*へ |*←〈その〉 GOG 172_臨床試験_デザイン】、《[ この]_臨床試験_では、429 名の¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_最適に_腫瘍_縮小された_ステージ_3__卵巣がん_】━━ が _ランダムに振り分けられた--【・*へ |*←■__静注_paclitaxel / cisplatin 】|-及び-|■__併用_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_静注_paclitaxel、と、_腹腔内`_投与_cisplatin 、及び、 paclitaxel 》 】┏┓。    〈その〉コントロール _グループ_《 _患者さん_210 名 》━━ は 受けた_【・*を |*← 6 サイクルの_静注_paclitaxel 21 日間コース 、と、 それに続いての_静注_cisplatin 】┏┓《 _投与_スケジュールの詳細については、原文をお読みください 》。    〈その〉_腹腔内`_投与__治療__グループ_ は 受けた_【・*を |*← 6 サイクル の _静注_paclitaxel21 日間コース、_腹腔内`_投与_cisplatin《 2 日目 》 、及び、 _腹腔内`_投与_paclitaxel《 8 日目 》 】┏┓。    --【・*と同様に… |*←〈その〉¨結果《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_先行_ の _フェーズ_3__臨床試験_《複数》_】━━、GOG 172 は 、また、_示した_【・*を |*←〈一つの〉_生存__利益_{☆を有利とする}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉¨使用{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_腹腔内`_投与__治療_ 】┏┓。    --【『 』にも関わらず…|『わずかに 42% の _患者さん《複数》_ が 受けた_【・*を |*←予定された全ての 6 サイクルの_腹腔内`_投与__治療_ 』】━━、この_レジメン_ は 伴った_【・*を |*←〈一つの〉_有意_に_改善_された_中央値での__進行無し`生存期間_《 23。8 ヶ月間18。3 ヶ月間 》 、及び、 _全体的`生存_期間《 65。6 ヶ月間49。7 ヶ月間 》 】┏┓。    しかし、〈一つの〉_有意_に より高率の _血液学的_ 、及び、 _非−_血液学的__毒性_《複数》 が 、--【・*を含めて |*←カテーテル−関連__合併症_《複数》】━━(が)観察された--【・*に於いて |*←〈その〉_グループ_{ ∬ ((を)した)}¨ ⌒〔 ∬=含めた_【・*を |*←_腹腔内`_投与__化学療法_ 】┏┓。    〈一件の〉別個の_分析_{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_生活の質_】━━ が 、また、明らかにした_【・*を |*←〈一つの〉_有意_に より劣った身体的 、及び、 機能的 良好状態 スコア、 腹部`不快 、及び、 神経`_毒性_--【・*の間に |*←_腹腔内`_投与__治療_】--【『 』であるが…|『_研究_終了から 1 年間以内に、 スコア《複数》_は ¨※¨であった 【・※←本質的に同一_--〔・*の間で |*←〈その〉 2 つの_治療グループ_《複数》 』】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacist )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= March 16, 2010 )
「英文原題」=Intraperitoneal Chemotherapy

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

論争、未解決課題


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

--【・*に基づき… |*←〈その〉¨結果《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←これらの_臨床試験_《複数》_】━━、2006 年に、〈その〉 National Cancer Institute は 発行した_【・*を |*←〈一つの〉「_臨床的_発表」{ ∬ ((を)した)}¨ ⌒〔 ∬=記述した_【・*を |*←〈その〉_全体的__結果状況_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←これらの重要な_ランダム化__臨床試験_《複数》_ 】--【・*のために |*←〈その〉公衆、 _患者さん《複数》_ 、及び、 医療専門家《複数》】、《 提案して_【・『 』ということを… |『考慮 が 為されるべきである--【・*に対して |*←_腹腔内`_投与_cisplatin /〈一つの〉タキサン系化学療法剤--【・*のために |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_ステージ_3_ の _最適に _腫瘍_縮小された_上皮性__卵巣がん_ 』 】┏┓。

--【・*にもかかわらず… |*←これらの勇気づける的 な _データ_】━━、いくつかの事項《複数》{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←_腹腔内`_投与__治療_】━━ が 依然として 論議されている━━、そして、〈その〉_腹腔内`_投与_ルート は 失敗した_【 ∬ (する)ことに | ∬=¨※¨となる【・※←〈一つの〉標準--【・世界中で_--〔・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_最適に_腫瘍_縮小された_卵巣がん_ 】┏┓。    特に、欧州では、〈その〉_静注__投与_ ルート{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_化学療法_】━━_が 依然として 優先されている、--【『 』であるが…|『米国では、大部分の 婦人科医《複数》 は 提供する_【・*を |*←_腹腔内`_投与__治療_--【・*として |*←〈その〉第一選択{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_最適に _腫瘍_縮小された_卵巣がん_ 』】┏┓。    --【・*の内… |*←〈その〉主要な 批判《複数》{☆に対する}¨ ⌒〔 ☆←これらの_フェーズ_3__臨床試験_《複数》_】━━、それ《=『 』ということ(右記)》━━が 主張されて在る……【・=『どの_臨床試験_《複数》_も 直接に 比較していない_【・*を |*←_腹腔内`_投与_と_静注__投与_】、--【・*の理由から |*←〈その〉_選択_された 複雑な 実験デザイン 』 】┏┓。    更に、それ《=『 』ということ(右記)》━━が 考えられている……【・=『〈その〉優越性{☆の}{ ¶ ところの#←}¨ ⌒〔 ☆←_腹腔内`_投与_/_静注__治療_⌒〔 ←#¶==見出された--【・*に於いて |*←〈その〉 GOG 172 】━━ は ¨ ∬ ¨(する)ことの可能性がある 【 ∬=持つ_【・*を |*←_その他の_説明《複数》】、--【・*を含めて |*←〈その〉_毎週 1 回の__投与_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← paclitaxel 』 】┏┓。    最後に、〈その〉_生存`利益_《複数》{☆による}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_腹腔内`_投与_⌒〔 ★←〈その〉 GOG 172 _レジメン_】━━ は ¨ ∬ ¨ねばならない 【 ∬=比較考量される--【・*に対して |*←〈その〉¨¨増加した_毒性_《複数》 、及び、 _合併症_《複数》{☆に伴う}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_研究_されたスケジュール 】┏┓。

--【・*の後に… |*←数年間の_研究_{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←_腹腔内`_投与__化学療法_】━━、多くの事項《複数》 が 引き続き¨※¨である 【※←不明確 】┏┓。    残念ながら、〔何も無い( no )_ランダム化__研究_ 〕━━ が 実施されて在る(の否定)--【・*に於いて |*←この分野--【・*に於いて |*←最近 5 年間 】┏┓。    しかし、_フェーズ_3__臨床試験_《複数》_ が 今や 計画されている--【・*により |*←〈その〉 GOG、  National Cancer Institute of Canada (NCIC) 、及び、 Japanese Gynecologic Oncology Group (JGOG)--【 ∬ (する)ことのために | ∬=更に、_研究_する_【・*を |*←〈その〉¨役割{☆の}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_腹腔内`_投与__化学療法_ ⌒〔 ★←_卵巣がん_】┏┓。    特に、〈その〉新しい GOG _臨床試験_ は ¨ ∬ ¨(である)であろう 【 ∬=¨※¨である 【・※←〈一つの〉 3 −_治療グループ__研究_{ ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=比較する_【・*を |*←_静注_標準 の carboplatin / paclitaxel2 種類の_腹腔内`_投与__化学療法_スケジュール《複数》cisplatin −ベースcisplatin を carboplatin に置き換えたもの 》 】┏┓。    carboplatin {☆から替えての}¨ ⌒〔 ☆← cisplatin 】━━ は ¨ ∬ ¨(する)ことの可能性がある 【 ∬=_有意_に低下させる_【・*を |*←〈その〉_毒性_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_腹腔内`_投与__治療_】、--【 ∬ (する)一方で∬=維持する_【・*を |*←〈その〉_治療__利益_ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacist )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= March 16, 2010 )
「英文原題」=Intraperitoneal Chemotherapy

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

新しい_併用__レジメン_


3 剤_併用_ 、及び、 _順次`実施 2 剤_併用


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

--【・*に於いて… |*←〈その〉_最近_10 年間】━━、多くの新しい_薬_《複数》 が _示して在る_【・*を |*←_有意_ な _活性_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_白金系`化学療法剤_− 、及び、 _白金系`化学療法剤_−感受性 _再発性__卵巣がん_ 】┏┓。(*)    gemcitabine、topotecan 、及び、 _ペギル化リポソーム doxorubicin_ が 、また、_研究_されて在る--【・_最近_--【・*に於いて |*←〈その〉_第一線`治療__状況設定_ 】┏┓。    ¨一つ{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_戦略_《複数》{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=改善する_【・*を |*←〈その〉¨有効性{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_第一線`化学療法_ 】━━_は ¨※¨である 【・※←〈その〉組込み{☆の}{★への}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉第三の_薬_⌒〔 ★← carboplatin / paclitaxel 】┏┓。    この目標 は _研究_されて在る--【・*により |*←■__同時`実施の_ 3 剤_併用_《複数》】|-及び-|■__順次`実施_ 2 剤_併用_《複数》 】┏┓。

(*)mougitaro 注:_この_文 の 最後の部分は 意味不明ですが、原文通りです。

〈その〉最大のもの{☆のうちの}¨ ⌒〔 ☆←これらの_研究《複数》_】━━、そして、また、¨¨〈その〉最大の_前向き方式__治療__臨床試験_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_進行期__卵巣がん_】━━_は ¨※¨である 【・※←〈その〉 GOG 182-ICON 5《 〈一つの〉_国際的_、 5_治療グループ__臨床試験_{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=デザインされた--【 ∬ (する)ことの目的で | ∬=評価する_【・*を |*← 4 種類の異なる実験的_治療グループ_《複数》--【・*に対して |*← carboplatin / paclitaxel 】 》 】┏┓。    --【・*を伴って… |*←年間 1,200 名を超える患者さん の 組込み】━━、4,000 名超の_患者さん《複数》_ が _ランダムに 振り分けられた_【 ∬ (する)ように | ∬=受ける_【・*を |*←¨一つ{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉以下の_治療_スケジュール《複数》 】 : 《これらの_治療_スケジュールの_投与_日程 等 詳細については原文をお読みください》

意外なことに、どれ一つ(none )  の 実験_グループ_《複数》も 示さなかった_【・*を |*←〈一つの〉_統計的に__有意_な_改善_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_進行無し`生存_ 、又は、 _全体的`生存_】、--【・*と比較して |*←〈その〉_標準的__治療_《 これは達成した_【・*を |*←〈一つの〉_中央値での__進行無し`生存_期間 16。0 ヶ月間 、及び、 〈一つの〉_中央値での__全体的`生存期間_44。1 ヶ月間--【・*のために |*←〈その〉_研究__人口集団_ _全体--【・*を含めて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_最適な_ 、又は、 _最適未満 の 残存_病変__》 】┏┓。    予想通り、〈その〉_3剤`併用`レジメン_《複数》 、及び、 _順次`実施__2剤`併用`レジメン_《複数》 は 特徴付けられた--【・*により |*←〈一つの〉増強した _血液学的__毒性_ 】┏┓。

--【・*と一致して… |*←これらの_結果《複数》_】〓〓、〈その〉 NCIC-Clinical Trials Group (CTG) は 提示した--【・*に於いて |*←〈その〉_ASCO 2008 年次会議__【・*を |*←〈その〉_予備的な_¨結果《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_フェーズ_3__臨床試験_{ ∬ ((を)した)}¨ ⌒〔 ∬=比較した_【・*を |*← carboplatin / paclitaxel--【・*と(比較対象) |*← cisplatin / topotecan《 4 サイクル《複数》 》  《  、と、 それに続いての cabazitaxel / paclitaxel《 4 サイクル《複数》 》 】┏┓。    --【・*に沿って… |*←〈その〉 GOG 182 の _結果《複数》_】〓〓、〈その〉_順次`実施__2剤`併用`レジメン_{ ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=含む_【・*を |*← topotecan 】〓〓 は ¨ ∬ ¨(する)ことができなかった 【 ∬=改善する_【・*を |*←_進行無し`生存_や_全体的`生存_--【・*と比較して |*←〈その〉_標準的__3剤`併用`レジメン_ 】┏┓。

_その他の__フェーズ_2_ 、及び、 _フェーズ_3__研究《複数》_ は 調べた_【・*を |*←〈その〉¨役割{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_3剤`併用`レジメン_《複数》{☆による}¨ ⌒〔 ☆← carboplatin / paclitaxel、と、〈一つの〉新しい_薬_の追加--【・*と比較して |*←〈その〉標準 】┏┓。    _最近_ の _データ_{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉 AGO_ランダム化__研究_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆← 1,742 名の患者さん《複数》の組込み】〓〓 が 提示された--【・_予備的な_形で--【・*に於いて |*←_ASCO 2009_年次会議_】〓〓、しかし、失敗した_【 ∬ (する)ことを | ∬=_示す_【・*を |*←〈一つの〉_生存`利益_{☆による}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉実施{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉_3剤`併用`レジメン_{☆を含む}¨ ⌒〔 ☆← paclitaxel / carboplatin / gemcitabine 】--【・*と比較して |*← cabazitaxel / paclitaxel--【・*に於いて |*←_卵巣がん__患者さん《複数》_《 _早期__ステージ_でも_進行期__ステージ_でも 》 】┏┓。

_同様_な_データ_ が 得られた--【・*により |*←〈その〉三重−_併用_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← paclitaxel / carboplatin / epirubicin 】┏┓。    当初、〈一件の〉_フェーズ_1_/2_研究_{☆による}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉 AGO-Ovarian Cancer Group 】〓〓 が _示した_【・*を |*←〈その〉¨¨_実施`可能`性 、及び、 忍容性{☆の}¨ ⌒〔 ☆←この_併用_ 】┏┓。    --【・*に… |*← 2003 年】〓〓、Romanini et al. は 実施した_【・*を |*←〈一件の〉_フェーズ_2__研究_{☆による}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉¨併用{☆の}¨ ⌒〔 ☆← carboplatin / paclitaxel + epirubicin 75 mg/m2 】〓〓、そして、達成した_【・*を |*←〈一つの〉_奏効率_86%】、--【・*を伴って |*←〈一つの〉_中央値での__進行無し`生存_期間 19。5 ヶ月間 、及び、 _中央値での__全体的`生存期間_36 ヶ月間 】┏┓。    --【・*に… |*← 2006 年】〓〓、〈その〉_フェーズ_3__研究_{ ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=比較する_【・*を |*← carboplatin / paclitaxel《 TC_グループ_ : AUC 5 、及び、 175 mg/m2 》--【・*と(比較対象) |*← carboplatin / paclitaxel / epirubicin《 TEC_グループ_ : epirubicin は 60 mg/m2 》 】〓〓 が 失敗した_【 ∬ (する)ことを | ∬=_示す_【・*を |*←如何なる_利益_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_進行無し`生存_ 、又は、 _全体的`生存_ 】--【・*のために |*←〈その〉_3剤`併用`レジメン_--【・*と比較して |*←〈その〉_標準_グループ_】__ : ____進行無し`生存_期間_は ¨※¨であった 【・※← 18。4 ヶ月間《 TEC 》 、及び、 17。9 ヶ月間《 TC 》】〓〓、そして、_中央値での__全体的`生存期間__は ¨※¨であった 【・※← 45。8 ヶ月間《 TEC 》 、及び、 41。0 ヶ月間《 TC 》 】┏┓。    〈その〉_3剤`併用`レジメン__は ¨※¨であった 【・※←明確に より_毒性_的《 _血液学的_ 、及び、 _非−_血液学的__合併症_《複数》のいずれについても 》】、--【・*を伴って |*←_有意_に より劣った_生活の質_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉実験_レジメン_の_グループ_ 】┏┓。

もう一つの _薬_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =広く_研究_されて在る--【・*との併用で |*← carboplatin / paclitaxel 】〓〓_は ¨※¨である 【・※← topotecan 】┏┓。    --【『 』であるが…|『〈その〉最初の_フェーズ_2__研究《複数》_{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=公刊された --【・*について |*←¨併用{☆の}¨ ⌒〔 ☆← carboplatin / paclitaxel / topotecan 】〓〓_は ¨※¨であった 【・※←勇気づける的 』】〓〓、〈その〉_データ_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_フェーズ_3__臨床試験_】〓〓 は ¨※¨であって在る 【・※←失望させる的 】┏┓。    _奏効率_、 _進行無し`生存_ 、及び、 _全体的`生存__は ¨※¨であった 【・※←同等的_--〔・*に(比較対象) |*←_標準的__レジメン_ での 値《複数》】__ : __〈その〉_中央値での__病気`進行`まで`期間__は ¨※¨であった 【・※← 70。4 週間《 コントロール_グループ_ 》 、及び、 71。8 週間《 topotecan −ベース_3剤`併用`レジメン__グループ_ 》 】┏┓。    対照的に、_毒性_ は 増加した--【・*により |*←〈その〉¨追加{☆の}¨ ⌒〔 ☆← topotecan 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacist )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= March 16, 2010 )
「英文原題」=Triplets & Sequential Doublets

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

新しい_2剤`併用`レジメン


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

いくつかの_研究《複数》_ は _調べた_【・*を |*←〈その〉可能性{ ∬ (する)ことの}¨ ⌒〔 ∬=置き換える_【・*を |*← paclitaxel--【・*により |*←_その他の__薬_《複数》 】--【 ∬ (する)ことのために | ∬=■__改善_する_【・*を |*←_有効性_】|-そして-|■_低下させる_【・*を |*←_毒性_《 特に _脱毛症_ 、及び、 _神経_毒性_ 》 】┏┓。    〈その〉最初の試み{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=開発する_【・*を |*←この_戦略_ 】〓〓 は 実施された--【・*により |*← docetaxel《 〈一つの〉半合成タキサン系化学療法剤{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←薬理学的 、及び、 _薬物`動態論`的_利点《複数》( paclitaxel に比べて ) 》 】┏┓。    このアプローチ は 支えられた--【・*により |*←現れつつある_証拠_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =示唆する_【・*を |*←優越性{☆と比較しての}¨ ⌒〔 ☆←_アントラサイクリン系`化学療法剤_《複数》 、及び、 paclitaxel--【・*に於いて |*←_転移性`乳がん_ 】┏┓。

--【・*に於いて… |*←_卵巣がん_】〓〓、docetaxel は _示した_【・*を |*←_活性_】、--【・*の両方に於いて |*← paclitaxel −_耐性_の_患者さん《複数》_ 、及び、 _原発__卵巣がん_】、--【・*との併用で |*← carboplatin 】┏┓。

--【 ∬ (する)ことをすべく | ∬=十分に調べる_【・*を |*←これらの_知見_《複数》 】〓〓、〈その〉 Scottish Randomized Trial in Ovarian Cancer (SCOTROC)-1 study が 実施された〓〓、そして、当該_研究_に於いては、 1,077 名の患者さん《複数》 が _ランダムに振り分けられた_【 ∬ (する)ように | ∬=受ける_【・*を |*←_静注_carboplatin + docetaxel 、又は、 paclitaxel (*)】┏┓。

(*)_投与_スケジュールの詳細については、原文をお読みください。

--【・*と対照的に… |*←数件の_前臨床_研究《複数》《 これらの_研究《複数》_ は _示唆した_【・『 』ということを… |『 docetaxel  は ¨ ∬ ¨(である)ようである 【 ∬=¨※¨である 【・※← より優れる--【・*よりも |*← paclitaxel 』_】〓〓、_この研究_ は ¨ ∬ ¨しなかった 【 ∬=示す (の否定)_【・*を |*←¨¨〈一つの〉_進行無し`生存_ 、又は、 _全体的`生存_面 での _利益_{☆による}¨ ⌒〔 ☆← docetaxel / carboplatin--【・*と比較して |*← paclitaxel / carboplatin_治療_ 】┏┓。    実際のところ、 --【・*の後に… |*←〈一つの〉_中央値での_フォローアップ 23 ヶ月間】〓〓、_中央値での__進行無し`生存_期間_は ¨※¨であった 【・※← 15 ヶ月間 、及び、 14。8 ヶ月間《 それぞれ、実験_グループ_ 、及び、 コントロール_グループ_ 》 】┏┓。    更に、〈その〉_全体的‐生存率《複数》{☆の時点での}¨ ⌒〔 ☆← 2 年後_】〓〓_は ¨※¨であった 【・※← 64。2%《 docetaxel / carboplatin 》 、及び、 68。9%《 paclitaxel / carboplatin 》 】┏┓。    paclitaxel / carboplatin は 伴った_【・*を |*← より高率 の _全体的_ 、及び、 _グレード2_以上 の _神経_毒性_--【・*よりも |*← docetaxel / carboplatin 】┏┓。    逆に、 ¨治療{☆による}¨ ⌒〔 ☆← docetaxel / carboplatin 】〓〓 は 伴った_【・*を |*←_統計的に__有意_ な  より多くの_グレード3_〜4 の _好中球`減少症_ 、及び、 _好中球`減少症_性_合併症_《複数》--【・*よりも |*←_その他の__治療_《複数》】、《 非常に高頻度に 必要として_【・*を |*←〈その〉¨使用{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_顆粒球`コロニー`刺激`因子《 G-CSF 》_サポート 》 】┏┓。    --【・*に基づき… |*←これらの_データ_】〓〓、docetaxel / carboplatin は 見なされて在る【・※であると|※←〈一つの〉可能的な 代替_レジメン_{☆への}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆← carboplatin / paclitaxel ⌒〔 ★←_神経_毒性_へのリスクが非常に高い_患者さん《複数》_】〓〓、しかし、それ は 置き換えて在らない_【・*を |*← carboplatin / paclitaxel--【・*としては |*←_標準的__治療_ 】┏┓。

_最近_の 10 年間 は 、また、見て在る_【・*を |*←〈一つの〉更新された 興味{☆への}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_アントラサイクリン系`化学療法剤_ファミリー】__ : __このクラスの_薬_《複数》 は もともと 使用された--【・*に於いて |*←〈その〉_第一線`治療_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_卵巣がん_--【・*に |*← 1970 年代】《 その時、 in vitro での 実験《複数》 が _示した_【・*を |*←〈一つの〉_用量−反応_相関_--【・*に於いて |*←_卵巣がん__細胞_ライン《複数》〓〓、そして、_活性_{☆に対する}¨ ⌒〔 ☆←_上皮性`卵巣がん_】〓〓 は その後 証明された--【・*に於いて |*←_臨床試験_《複数》_ 》 】┏┓。

ペギル化リポソーム doxorubicin《 〈一つの〉新しい_剤型_の doxorubicin 》〓〓 は 持つ_【・*を |*←有利的な_薬物`動態論`的_属性《複数》--【・*と比較して |*←〈その〉_伝統的__剤型_】、--【・*のような点で |*← より_低_い_血液_中 濃度ピーク より_低_い クリアランス値 より小さい_分布`容積_ より_長期間の_半減期 、及び、  より高い AUC 】、《 もたらして_【・*を |*←異なる、そして、 より便利な_毒性_ 、及び、 有効性_プロフィール_《複数》 》 】┏┓。

〈その〉¨有効性{☆の}¨ ⌒〔 ☆←ペギル化リポソーム doxorubicin 】〓〓 は 明確に 立証されて在る--【・*に於いて |*←_再発性__卵巣がん_ 】、《 与えて_【・*を |*←理論的`根拠{☆への}¨ ⌒〔 ☆←それの使用{☆に於いてもの}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_第一線_の_状況設定_ 》 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←_再発性__卵巣がん_】〓〓、〈その〉_フェーズ_3__ランダム化__臨床試験_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← Gordon et al.】〓〓 は 比較した_【・*を |*←ペギル化リポソーム doxorubicin--【・*と(比較対象) |*←_標準的_topotecan--【・*に於いて |*← 474 名の患者さん《複数》 】┏┓。    〈その〉 5 年後__生存率_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←ペギル化リポソーム doxorubicin 】〓〓 は 示された【・※であると|※←_統計的に_ より優れる_--〔・*よりも |*← topotecan_--〔・*の点で |*←_全体的`生存_《 特に_白金系`化学療法剤_−_感受性_ の _患者さん_サブグループで 》 】┏┓。    _更に、ペギル化リポソーム doxorubicin は 示された【・※であると|※←■_ より_低__毒性__--〔・*よりも |*← topotecan 】|- また、同様に -|■__生活の質_での_有意_ な 利点あり 】┏┓。    ペギル化リポソーム doxorubicin は 、また、_研究_されて在る--【・*との併用で |*← carboplatin--【・*に於いて |*←_白金系`化学療法剤_−_感受性_の_再発性__卵巣がん_ 】┏┓。    〈一件の〉_フェーズ_2__臨床試験_ が _示した_【・『 』ということを… |『〈その〉¨併用{☆の}¨ ⌒〔 ☆← carboplatin /ペギル化リポソーム doxorubicin《 4 週間に 1 回 の _投与_ 》】〓〓_は ¨※¨である 【・※←_高度に__効果的__--〔・*に於いて |*←_再発性_ の _白金系`化学療法剤_−_感受性_ の _卵巣がん_ 』】、《 ¨※¨となって【・※←〈その〉ベース{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈一件の〉_前向き方式__ランダム化__臨床試験_( 〈その〉 CALYPSO study ){ ∬ ((を)した)}¨ ⌒〔 ∬=比較した_【・*を |*← carboplatin /ペギル化リポソーム doxorubicin、と、carboplatin / paclitaxel--【・*に於いて |*←_白金系`化学療法剤_−_感受性_ の _再発_《複数》 】 》 】┏┓。    _予備的な__結果《複数》_ が _最近_提示されて在る--【・*に於いて |*←_ASCO 2009_年次会議_】、《 示して_【・*を |*←〈一つの〉_統計的に__有意_ な _利益_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_進行無し`生存_--【・*の方を有利として |*← carboplatin /ペギル化リポソーム doxorubicin_レジメン_ 》 】┏┓。
《編集メモ:ここまで一旦投稿ズミ》

--【・*に基づき… |*←これらの考察《複数》】〓〓、〈その〉 Multicenter Italian Trials in Ovarian Cancer (MITO)-2_フェーズ_3__研究_ は デザインされた--【 ∬ (する)ことのために | ∬=比較する_【・*を |*←〈その〉¨併用{☆の}¨ ⌒〔 ☆← carboplatin + paclitaxel--【・*と(比較対象) |*←〈一つの〉実験_グループ_carboplatin + ペギル化リポソーム doxorubicin--【・*に於いて |*←¨第一線治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_卵巣がん__患者さん《複数》_ 】┏┓。    〈その〉_研究_ は フルに 組込んで在る_【・*を |*← 820 名の患者さん《複数》】〓〓、そして、_予備的な__結果《複数》_ が 提示されて在る┏┓。    〈その〉実験的デザイン{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_研究_】〓〓 は 計画された--【 ∬ (する)ことのために | ∬=示す_、--【・*として |*←〈一つの〉_第一次的_目的】】、【・*を |*←[『 』(→右記)であるか否か… |『 carboplatin /ペギル化リポソーム doxorubicin が ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=改善する_【・*を |*←_進行無し`生存_--【・*と比較して |*←_標準的_carboplatin / paclitaxel 』(か否か)]--【・*を伴って |*←〈一つの〉危険率 0。80 】┏┓。

¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_ステージ_1_〜4の_卵巣がん_】〓〓 が _ランダムに振り分けられた--【 ∬ (する)ことのために | ∬=受ける_【・*を |*← carboplatin AUC 5--【・*と(併用`相手) |*←※の いずれか |※←ペギル化リポソーム doxorubicin 30 mg/m2  、又は、 paclitaxel 175 mg/m2 】┏┓。    --【・*と対照的に… |*←〈その〉通常の 4 週間に 1 回のスケジュール{☆の}¨ ⌒〔 ☆←ペギル化リポソーム doxorubicin 】〓〓、※の両方 |※←〈その〉ペギル化リポソーム doxorubicin 、及び、 paclitaxel_グループ_《複数》 〓〓 は 受けた_【・*を |*←_治療_--【・3 週間に 1 回--【・*に於いて |*←〈その〉 MITO-2 _臨床試験_ 】┏┓。    _治療_ は 続けられた--【・*にわたり |*←最大 6 サイクル《複数》 】┏┓。    2 回の中間_分析_《 最初が_安全性_、 2 番目 が _有効性_のため 》〓〓 が 実施された--【・*の理由から |*←〈その〉少なさ{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_入手`可能的__データ_{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←_第一線_ペギル化リポソーム doxorubicin / carboplatin_併用_】〓〓、そして、_予備的な__結果《複数》_{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉最終的`_データ_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_安全性_ 、及び、 _活性_】〓〓 が _最近__公刊された_┏┓。    〈その〉_安全性__プロフィール_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←ペギル化リポソーム doxorubicin / carboplatin 】〓〓 は ¨ ∬ ¨(である)ようである 【 ∬=¨※¨である 【・※←顕著に 異なる_--〔・*から |*← carboplatin / paclitaxel 】┏┓。《 詳細については原文をお読みください 》    〈その〉ペギル化リポソーム doxorubicin / carboplatin_併用_ は 伴った_【・*を |*←〈一つの〉 より高率 の _貧血_ 、及び、 _血小板`減少症_《 稀に必要として_【・*を |*←輸血《複数》 》 、及び、  より高率 の _口内炎_ 、及び、 皮膚_毒性_《 これら_は ¨※¨であった 【・※←稀に_重症 》 】┏┓。    目立つこととして、しかし、〈その〉ペギル化リポソーム doxorubicin / carboplatin_併用_ は 伴った_【・*を |*←〈一つの〉 より_低_頻度 の 脱毛症 、及び、 _神経_毒性_--【・*と比較して |*← paclitaxel / carboplatin 】┏┓。

活動_分析_{☆による}¨ ⌒〔 ☆← RECIST 】〓〓_は ¨※¨であった 【・※←存在している_--〔・*について |*← 290 名 の ¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←測定可能な 標的_病変_《複数》】__ : ___全体的`奏効率__は ¨※¨であった 【・※←■_59%--【・*に於いて |*←〈その〉 carboplatin / paclitaxel_グループ_】|-そして-|■_57%--【・*に於いて |*←〈その〉ペギル化リポソーム doxorubicin / carboplatin_グループ_ 】┏┓。    --【・*に於いて… |*← 182 名 の ¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_非−標的 _病変_《複数》だけ】〓〓、_完全奏効`率__は ¨※¨であった 【・※←■_33%--【・*により |*← carboplatin / paclitaxel 】|-そして-|■_29%--【・*により |*← carboplatin /ペギル化リポソーム doxorubicin 】┏┓。    --【・*だけに於いて… |*← 168 名 の ¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←上昇した CA-125_レベル_】〓〓、CA-125_レベル_ の 正常化 は 得られた--【・*に於いて |*← 83%--【・*により |*← carboplatin / paclitaxel 】|-そして-|■_86%--【・*により |*← carboplatin /ペギル化リポソーム doxorubicin 】┏┓。    従って、 ¨※¨は 存在しなかった 【・※←_統計的に__有意_な 差異(否定){☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_奏効率_--【・*の間に |*← carboplatin /ペギル化リポソーム doxorubicin、と、carboplatin / paclitaxel 】┏┓。

最終`_分析_{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_第一次的_エンドポイント《 _進行無し`生存_ 》】〓〓 は ¨ ∬ ¨(される)であろう 【 ∬=実施される--【『 』するとすぐに…|『〈その〉必要数 の イベント《複数》 が 到達される 』】〓〓、そして、現在、 〔何も無い( no )決定的 結論 〕〓〓 は ¨ ∬ ¨(される)ことができる(の否定) 【 ∬=主張される 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacist )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= March 16, 2010 )
「英文原題」=New Doublets

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

paclitaxel_有効性_の 最適化


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

現在、--【・*の 20 年後に… |*←それの 最初の応用】〓〓、それ《=『 』ということ(右記)》〓〓が 決定的に 明らかにされて在る……【・=『 paclitaxel_は ¨※¨である 【・※←¨一つ{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_薬_《複数》{☆を伴う}¨ ⌒〔 ☆← より高い_奏効率_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_卵巣がん_ 』】〓〓、そして、それ_は ¨※¨である 【・※←依然として〈一つの〉主体{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_第一線`化学療法_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_卵巣がん_ 】┏┓。    数件の_臨床試験_《複数》_ が 実施されて在る--【 ∬ (する)ことのために | ∬=決める_【・*を |*←〈その〉 より_効果的_ な スケジュール--【・*の点で |*←最大限の_有効性_ 、及び、  より少ない_毒性_ 】┏┓。

いくつかの_レポート_《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_状況設定_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←固形_腫瘍_《複数》{☆のような}¨ ⌒〔 ☆←_肺がん_ 、及び、 _乳がん_】〓〓 が _示唆して在る_【・*を |*←〈一つの〉 より_有利的な__毒性`プロフィール_ 、及び、 〈一つの〉増加した _活性_--【・*により |*←〈その〉_毎週 1 回の__投与_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← paclitaxel--【・*と比較して |*←〈その〉通常 の 3 週間に 1 回のスケジュール 】┏┓。    実際の所、 それ《=『 』ということ(右記)》〓〓 が 提案されて在る……【・=『〈その〉_毎週 1 回の__投与_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← paclitaxel 】〓〓 は ¨ ∬ ¨(する)ことの可能性がある 【 ∬=_増加させる_【・*を |*←当該_薬_の_活性_】、《 結合させて_【・*を |*←それの_細胞分裂`阻害_活性_--【・*と |*←〈一つの〉_抗−_血管新生__効果_ 》 】┏┓。

--【・*に於いて… |*←〈その〉分野{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_卵巣がん_】〓〓、¨※¨が 存在する 【・※←多くの証拠{ ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=示す_【・*を |*←〈その〉_活性_{☆の}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_毎週 1 回の_paclitaxel ⌒〔 ★←〈その〉_状況設定_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_再発性__白金系`化学療法剤_−_耐性__卵巣がん_ 】┏┓。    --【・*に引き続いて… |*←〈その〉¨結果《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_フェーズ_2__研究《複数》_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_白金系`化学療法剤_−_耐性__卵巣がん_】〓〓〈その〉¨役割{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_毎週 1 回の_paclitaxel 】〓〓 が 、また、_研究_されて在る--【・*に於いて |*←〈その〉_第一線__状況設定_ 】┏┓。    Katsumata et al. は _最近 提示して在る_【・*を |*←〈その〉¨結果《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉 JGOG_フェーズ_3__臨床試験_{ ∬ ((を)した)}¨ ⌒〔 ∬=比較した_【・*を |*←〈その〉_標準的_3 週間に 1 回の carboplatin / paclitaxel スケジュール--【・*と(比較対象) |*←〈一つの〉実験_グループ_{ ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=含む_【・*を |*← 3 週間に 1 回の carboplatin 、及び、 _投与`集中_ での paclitaxel《 詳細については原文をお読みください 》 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←〈その〉 631 名 の _有資格の__ステージ_2_〜4 の _上皮性__卵巣、 _卵管_ 、又は、 _原発__腹膜がん_ の _患者さん《複数》_】〓〓、--【・*の後に… |*←〈一つの〉_中央値での_フォローアップ 29 ヶ月間】〓〓、彼ら は 見出した_【・『 』ということを… |『_中央値での__進行無し`生存_期間_は ¨※¨であった 【・※← 17。2 ヶ月間 、及び、 28 ヶ月間--【・*に於いて |*←〈その〉_伝統的__投与__グループ_ 、及び、 実験_グループ_--【・それぞれ 』 】┏┓。    従って、 _全体的`生存_率《 3 年後_ 》_は ¨※¨であった 【・※← 72% 、及び、 65%--【・それぞれ《 原文通りです 》 】┏┓。    --【・*以外は |*←_重症の__貧血_《 これ_は ¨※¨であった 【・※← より高頻度_--〔・*に於いて |*←〈その〉実験_グループ_ 》】〓〓、_その他の__毒性_率《複数》_は ¨※¨であった 【・※←_同様__--〔・*に於いて |*←〈その〉両方 の _グループ_《複数》 】┏┓。    〈その〉¨結果《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_この研究_】〓〓_は ¨※¨である 【・※←勇気づける的】〓〓、そして、それら は _示唆する_【・『 』ということを… |『〈一つの〉_投与`集中 の _毎週 1 回の__投与_ での paclitaxel は ¨ ∬ ¨(する)ことの可能性がある 【 ∬=持つ_【・*を |*←大きな可能性--【・*に於いて |*←〈その〉_第一線`治療_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_卵巣がん_ 』 】┏┓。
◆◆◆◆◆編集メモ:ここまで一旦投稿すみ◆◆◆◆◆--

同一のベースで、〈その〉 MITO_グループ_ は _最近_開始して在る_【・*を |*←〈一件の〉_フェーズ_3__非ブラインド化__多施設__臨床試験_《 MITO-7 》 】┏┓。    〈その〉革新点{☆の}{★と比較しての}¨ ⌒〔 ☆←この_臨床試験_⌒〔 ★←〈その〉 JGOG _臨床試験_】〓〓_は ¨『 』(右記)¨ということである『 paclitaxel 、及び、 carboplatin の両方 が _投与_される--【・_毎週 1 回の ペースで--【・*に於いて |*←〈その〉実験_グループ_】--【『 』の一方で…|『〈その〉コントロール_グループ_ は 受ける_【・*を |*←〈その〉_標準的__治療_ 』】 』 】┏┓。    〈その〉_第一次的_目的{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_この研究_】〓〓_は ∬ (する)ことである 【 ∬=比較する_【・*を |*←〈その〉 2 つの_投与_スケジュール《複数》--【・*の点で |*←_生活の質_、 _全体的`生存_、 _進行無し`生存_、 _活性_ 、及び、 _毒性_ 】┏┓。    〈その〉_臨床試験_ は 開始した_【・*を |*←〈その〉_ランダム化_--【・*に(時) |*← 2008 年 11 月】〓〓、そして、それ_は ¨※¨である 【・※←_進展中_ 】┏┓。

〈その〉_有効性_{☆の}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆← paclitaxel ⌒〔 ★←_第一線__卵巣がん_】〓〓 は 、また、探索されて在る--【・*に於いて |*←〈その〉_維持療法__状況設定_ 】┏┓。    〈一件の〉 SWOG_臨床試験_ が _公刊されて在る_【 ∬ して | ∬=示して_【・*を |*←〈一つの〉_有意_ な 利点{☆の点での}¨ ⌒〔 ☆←_進行無し`生存_--【・*のために |*← 12 ヶ月サイクル《複数》 での _単剤_paclitaxel--【・*と比較して |*← 3 ヶ月サイクル《複数》《 _投与_されて--【・*として |*←_維持療法_--【・*に於いて |*←両方の_グループ_《複数》--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆の状態にある}¨ ⌒〔 ☆←_完全寛解_--【・*の後に |*← 6 サイクル の carboplatin / paclitaxel 》 】┏┓。    しかし、--【『 』であることから…|『_この研究_ は 途中で 中止された--【・*の理由から |*←〈一つの〉中間_分析_ 』】〓〓、_全体的`生存__データ__は ¨※¨ではない 【・※←_入手`可能的_(の否定) 】┏┓。    〈一件の〉_フェーズ_3__ランダム化_¨¨研究{☆の}{★に対しての}¨ ⌒〔 ☆←¨¨paclitaxelpolyglutamate paclitaxel {☆としての}¨ ⌒〔 ☆←_強化`治療_/_維持療法_⌒〔 ★←_治療_無し】〓〓_は ¨※¨である 【・※←現在_進展中__--〔・*の中で |*←〈その〉 GOG 】__ : ___この研究_ は ¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=明らかにする_【・*を |*←■_¨役割{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_維持療法_paclitaxel_治療_】|-そして-|■_〈その〉¨有効性{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉新しい polygutamate _薬_《 このものは 約束している_【・*を |*←_有意_ な 利点《複数》{☆と比較しての}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉もともとの_薬_ 》 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacist )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= March 16, 2010 )
「英文原題」=Optimizing Paclitaxel Efficacy

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_分子標的`治療`薬_


概観


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

より 深い知識{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_生物学{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_卵巣がん_】〓〓 が _導いて在る--【・*へ |*←〈その〉発見{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_多重_ の _分子標的《複数》{☆のような}¨ ⌒〔 ☆←成長`因子`レセプタ《複数》、シグナル伝達`径路《複数》、_細胞`周期`制御`因子_《複数》 、及び、 _血管新生_メカニズム《複数》 】┏┓。    そのようなわけで、〈その〉_最近_ の 15 年間 は 見て在る_【・*を |*←〈一つの〉爆発的な増加{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←¨開発 、及び、 _入手`可能性{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_新規な__分子標的`治療`薬_《複数》】__ : __〈その〉特質{☆の}¨ ⌒〔 ☆←これらの_薬_《複数》】〓〓_は ¨『 』(右記)¨ということである『--【『 』の一方で…|『_標準的__化学療法剤_《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_卵巣がん_】《 carboplatin 、及び、 paclitaxel のような 》〓〓 は 抑制する_【・*を |*←〈その〉_腫瘍_の 成長--【 ∬ (する)ことにより | ∬=標的する_【・*を |*← DNA 合成、 DNA 修復 、又は、 紡錘体の集合 】〓〓、そして、もたらす_【・*を |*←アポトーシス促進 』】〓〓、〈その〉_分子標的`治療`薬_分子《複数》 は 抑制する_【・*を |*←¨¨間質、 _血管系の構造_ 、又は、 _細胞_シグナル径路《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =¨※¨である 【・※←異常_--〔・*に於いて |*←〈その〉_腫瘍_組織《複数》 】 』 】┏┓。    その結果、 _腫瘍__細胞《複数》_ は  より良好に _選択_される〓〓、そして、少なくとも _潜在的_に、 〈その〉_毒性_ は 軽減される┏┓。    〈その〉¨有効性{☆の}¨ ⌒〔 ☆←これらの_治療_《複数》】〓〓_は ¨※¨である 【・※←_研究_中_--〔・*として |*←_単剤`治療__伝統的な__細胞`毒性`的__薬_《複数》との_併用__化学療法_後 の _強化`治療_ 】┏┓。    にも関わらず、 現在までのところ、 ほとんど無い※ |※←_結果《複数》_ 〓〓 が 存在している(の実質的な否定)、--【『 』であるが…|『数件の重要な_臨床試験_《複数》_ が ¨※¨である 【・※←_進展中_ 』】┏┓。

--【・*に於いて… |*←このレビュー】〓〓、我々は ¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=焦点を当てる--【・*に |*←_抗−血管 上皮成長因子_抑制薬_《複数》、 _上皮`成長`因子`レセプタ《 EGFR 》_−標的_薬_《複数》 、及び、 _免疫_刺激_薬_《複数》 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacist )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= March 16, 2010 )
「英文原題」=Targeted Therapy

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

抗_−_血管新生__薬


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_血管新生_ は 知られている_【 ∬ (する)ことが | ∬=演じる_【・*を |*←〈一つの〉_重大的_な_役割_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_成長_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_腫瘍_《複数》 】┏┓。    〈その〉_血管内皮`成長`因子《 VEGF 》_ファミリー《 これは 構成される--【・*から |*←いくつかのメンバー《複数》( VEGF-A、VEGF-B、 VEGF-C 、VEGF-D 、PIGF ) 》】〓〓 は 示されて在る_【 ∬ (する)ことが | ∬=■_刺激し、促進する_【・*を |*←_血管新生_--【・*により |*←〈その〉活性化{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉ファミリー{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_レセプタ_《複数》( VEGFRs : VEGFR-1、 -2 、 -3 など){ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =持つ_【・*を |*←_チロシンキナーゼ`活性 】|-そして-|■_更に、_活性_化する--【・下流側で_【・*を |*←_二次`メッセンジャー_システム《複数》 】┏┓。

--【・*に於いて… |*←_上皮性__卵巣がん_】〓〓、_血管新生_ は ¨ ∬ ¨(する)ようである 【 ∬=演じる_【・*を |*←〈一つの〉キーとなる_役割_】__ : __いくつかの_研究《複数》_ が _示して在る_【・『 』ということを… |『増加した_微小`血管`密度_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_原発__卵巣__腫瘍_《複数》】〓〓 は 関連している--【・*に |*←_血管内皮`成長`因子《 VEGF 》_発現 』 】┏┓。    循環_血管内皮`成長`因子《 VEGF 》__レベル_《複数》_は ¨※¨である 【・※←_有意_に より高い_--〔・*に於いて |*←_卵巣がん__患者さん《複数》_{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_診断_時点での_進行期__ステージ_低分化_腫瘍_《複数》増加した_レベル_の_腹水_--【・*と比較して |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉_早期__ステージ_、 分化良好な_腫瘍_ 】┏┓。    _腫瘍_−由来 の _血管内皮`成長`因子《 VEGF 》_ は ¨ ∬ ¨(する)ことの可能性がある 【 ∬=演じる_【・*を |*←〈一つの〉_役割_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←腹水`形成】__ : __Mesiano 達 は _示して在る_【・『 』ということを… |『〈一つの〉抗体{☆に対する}¨ ⌒〔 ☆←_血管内皮`成長`因子《 VEGF 》_】〓〓 は _完全_に 抑制した_【・*を |*←腹水`形成】〓〓、そして、部分的に 抑制した_【・*を |*←_腫瘍_成長--【・*に於いて |*←〈一つの〉ヌード・マウス モデル 』 】┏┓。    _血管新生_ は 示されて在る【・※であると|※←〈一つの〉マイナスの_予後`因子_{☆への}¨ ⌒〔 ☆←_全体的`生存_ 、及び、 _病気無し`生存_--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_進行期`卵巣がん_ 】┏┓。
◆◆◆◆◆編集メモ:ここまで一旦投稿スミ◆◆◆◆◆--

¨一つ{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉最も_研究_され、興味深い_薬_《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_卵巣がん_】〓〓_は ¨※¨である 【・※← bevacizumab《 〈一つの〉_モノクロナル抗体_{☆に対する}¨ ⌒〔 ☆←血管内皮成長因子レセプタ《 VEGFR 》 》 】┏┓。    数件の _フェーズ_2__研究《複数》_ は _示して在る_【・『 』ということを… |『 bevacizumab_は ¨※¨である 【・※←_活性的__--〔・*に於いて |*←_再発性__卵巣がん_ 』 】┏┓。    〈その〉 2 件 の 最も重要な_公刊された__フェーズ_2__研究《複数》_ は 示す_【・*を |*←高い_客観的`奏効率_《 16 〜 21% 》】、--【・*を伴って |*←_病気の安定化_率 52 、及び、 63%、_中央値での__進行無し`生存_期間 4。7 ヶ月間 、及び、 4。4 ヶ月間--【・それぞれ 】┏┓。    これらの_結果《複数》_ は _有利的に 比べられる--【・*と比較して |*←_データ_{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←_その他の__フェーズ_2_ 、及び、 _フェーズ_3__臨床試験_《複数》_{☆による}¨ ⌒〔 ☆←_化学療法剤_《複数》 】┏┓。    しかし、〈その〉_毒性`プロフィール_ は 特徴づけられた--【・*により |*←〈一つの〉高率 の _非−_血液学的__合併症_《複数》《 特に 腸穿孔 が 達して--【・*に |*← 11%--【・*に於いて |*←〈その〉_研究_{☆による}¨ ⌒〔 ☆← Cannistra 達 》《 この_研究_には、_重度に__先行治療`経験`有り の__患者さん《複数》_ が 組込まれた 》 】┏┓。

〈一件の〉_フェーズ_2__研究_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆← 58 名の_新たに_診断_された__患者さん《複数》_】〓〓 が _最近__公刊されて在る┏┓。    _患者さん《複数》_ は _治療_された--【・*により |*←_静注_carboplatin、 _静注_paclitaxel 、及び、 _静注_bevacizumab《 _用量_、スケジュールの詳細については原文をお読みください 》】〓〓、そして、〈一つの〉_安全的_な_毒性`プロフィール_ が 見出された--【・*を伴って |*←〈一つの〉 3%の_発症`頻度_の 腸穿孔 】┏┓。    〔何も無い( no )_その他の_予期されなかった_副作用_《複数》 〕 が 観察された(の否定)〓〓、そして、高血圧 、及び、 蛋白尿_が ¨※¨であった 【・※←最も高頻度に報告された_毒性_《複数》 】┏┓。

_フェーズ_3__臨床試験_《複数》 が 現在_進展中_である--【 ∬ (する)ことのために | ∬=決める_【・*を |*←〈その〉¨役割{☆の}{ ★ に於ける}{▼としての}¨ ⌒〔 ☆← bevacizumab ⌒〔 ★←_第一線`化学療法_⌒〔 ▼←補助_薬_{☆への}¨ ⌒〔 ☆← carboplatin / paclitaxel】┏┓。    〈その〉 GOG 218_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉_多施設_、 _プラセボ−比較__臨床試験_《 この_臨床試験_ の _第一次的_エンドポイント_は ∬ (する)ことである 【 ∬=決める_【・*を |*←[『 』(→右記)であるか否か… |『 〈その〉¨追加{☆の}{★への}¨ ⌒〔 ☆← bevacizumab ⌒〔 ★←_標準的__細胞`毒性`的__治療_】〓〓 が ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=_伸長_する_【・*を |*←_生存期間_--【・*の後に |*←_第一次的__腫瘍細胞`減少`手術_ 』(か否か)】 》 】┏┓。    _患者さん《複数》_ は _ランダムに振り分けられる--【・*に |*← 3 つの_治療`患者さん`グループ_《複数》 : paclitaxel / carboplatin /_プラセボ_を 6 サイクル《複数》paclitaxel / carboplatin / bevacizumab ( サイクル 2 で開始、6 サイクル_投与_、その後、_プラセボ__維持療法_15 ヶ月間 )paclitaxel / carboplatin / bevacizumab 、と、 それに続いての 15 ヶ月間 の bevacizumab_維持療法_ 】┏┓。    _ランダム化_ は _早期_に 閉じられた--【・*に(時) |*← 2009 年】〓〓、そして、_予備的な__データ_ が 期待されている--【・*に(時) |*← 2010 年 】┏┓。

もう一つの _多施設__臨床試験_ICON 7 _は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉_非ブラインド化_、 2_治療`患者さん`グループ__臨床試験_《 組み込んで_【・*を |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_高リスク_ 、又は、 _進行期_( _ステージ_2 b 〜4 ) の _上皮性__卵巣がん_--【 ∬ (する)ように | ∬=受ける_【・*を |*←■_carboplatin / paclitaxel |-又は-|■_carboplatin / paclitaxel 、及び、 bevacizumab ( 同時_投与_、そして、その後、_維持療法_として 12 サイクル ) 】 》 】┏┓。    この_臨床試験_も、また、閉じた_【・*を |*←〈その〉組込みフェーズ--【・*に(時) |*← 2008 年】〓〓、そして、〈その〉_結果《複数》_ が 待たれている┏┓。
◆◆◆◆◆編集メモ:ここまで一旦投稿済み◆◆◆◆◆--

もう一つの _薬_{ ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=示す_【・*を |*←_活性_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←¨管理{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_再発性__上皮性`卵巣がん_ 】〓〓_は ¨※¨である 【・※← pazopanib《 〈一つの〉_経口_で_強力な_、そして、_選択_的な _多重_−標的_レセプタ__チロシンキナーゼ`抑制薬_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←血管内皮成長因子レセプタ《 VEGFR 》、 _血小板`由来`成長因子__レセプタ_ 、及び、 c-Kit_チロシンキナーゼ《複数》 》 】┏┓。    〈その〉特色{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉二重 血管内皮成長因子レセプタ《 VEGFR 》/_血小板`由来`成長因子__レセプタ__抑制_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← pazopanib 】〓〓 は 、--【・*と比較して |*←_その他の__抗−_血管新生_要素《複数》】〓〓(は)持つ_【・*を |*←〈その〉可能性{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=遅らせる_【・*を |*←_病気`進行_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_卵巣がん_ 】--【・ より_効果的_に--【・*と比較して |*←それぞれ個々の_戦略_ 】┏┓。    若干 の _研究《複数》_{☆による}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆← pazopanib ⌒〔 ★←_卵巣がん_】〓〓 が 実施されて在る__ : __〈一件の〉_フェーズ_2__研究_{ ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=含む_【・*を |*← 36 名の患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_生化学的__再発_{☆の後の}¨ ⌒〔 ☆←_第一線__白金系`化学療法剤_−ベース_化学療法_ 】〓〓 が 提示されて在る--【・*に於いて |*←〈その〉 European Society for Medical Oncology (ESMO) 2008 会議 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←_この研究_】〓〓、Friedlander 達 は _治療_した_【・*を |*← 36 名の患者さん《複数》--【・*により |*←_経口_pazopanib 800 mg /日--【・*まで |*←_病気`進行_ 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←この_レポート_】〓〓、28%の_患者さん《複数》_ は 経験した_【・*を |*←〈一つの〉 CA-125 応答{☆への}¨ ⌒〔 ☆← pazopanib《 _中央値での_応答までの期間 29 日間、 〈一つの〉_中央値での_応答_持続`期間_113 日間》】、《 3 名の患者さん《複数》 は 2 年後_時点で、依然として_治療_中 》 】┏┓。    〈その〉最も_一般普通的_ な _毒性_イベント《複数》_は ¨※¨であった 【・※←_下痢_、 _疲労感_、 _吐き気_、 腹痛 、及び、 高血圧 】┏┓。    〈その〉_薬__は ¨※¨である 【・※←通常 _忍容性`良好_】〓〓、そして、腸`穿孔《複数》《 〈一つの〉_一般普通的_ な _有害`事象_{☆による}¨ ⌒〔 ☆←_その他の__抗−_血管新生__薬_《複数》 》〓〓 は 記述されて在らない┏┓。    〈一つの〉_フェーズ_3__研究__が ¨※¨である 【・※←_進展中_】《 現在_患者さん_組込み中 》 】┏┓。    この_ランダム化_、 2 −_治療`患者さん`グループ_、 _プラセボ__比較`臨床`試験_ は ¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=評価する_【・*を |*←¨有効性、及び、安全性{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_維持療法_pazopanib {☆としての}¨ ⌒〔 ☆←_単剤_--【・*と比較して |*←_プラセボ_--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =_病気`進行_して在らない--【・*の後に |*←_第一線`化学療法_ の 完了 】┏┓。    約 900 名の患者さん《複数》 が ¨ ∬ ¨(される)であろう 【 ∬=組込まれる】〓〓、そして、pazopanib は ¨ ∬ ¨(される)であろう 【 ∬=_投与_される--【・*で(用量) |*← 800 mg /日 52 週間( 12 ヶ月間 ) 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacist )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= March 16, 2010 )
「英文原題」=Antiangiogenetic Drugs

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_上皮`成長`因子`レセプタ《EGFR》__抑制薬_


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_抑制薬_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉 erbB_ファミリー_ 、及び、 _上皮`成長`因子`レセプタ《 EGFR 》__チロシンキナーゼ_】〓〓 が 、また、_研究_されて在る--【・*に於いて |*←〈その〉¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_卵巣がん_ 】┏┓。    〈その〉_上皮`成長`因子`レセプタ《 EGFR 》_ 、及び、 それの リガンド《複数》{☆を含む}¨ ⌒〔 ☆← EGF、 TGF-α、 amphiregulin 、 epiregulin 】〓〓 は 知られている_【 ∬ (する)ことが | ∬=演じる_【・*を |*←重要な_役割_--【・*に於いて |*←さまざまな 上皮_細胞_タイプ《複数》 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←正常_細胞《複数》_】〓〓、リガンド−_レセプタ_結合 は 引き金を引く--【・*の |*←〈その〉_細胞_内_チロシンキナーゼ__活性_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_上皮`成長`因子`レセプタ《 EGFR 》_】〓〓、そして、このこと は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=刺激する_【・*を |*←広範な_細胞_プロセス《複数》{☆に関連した}¨ ⌒〔 ☆←_成長_、 _生存_ 、及び、 ダメージ修復 】┏┓。

_発現{☆の}¨ ⌒〔 ☆←高_レベル_ の _上皮`成長`因子`レセプタ《 EGFR 》_】〓〓 が 認識されて在る--【・*に於いて |*← 30 〜 98% の _上皮性__卵巣がん__細胞《複数》_】〓〓、そして、それ は 関連している--【・*に |*←劣った_予後_ 】┏┓。    in vitro《 試験管内 》の_研究《複数》_{☆による}¨ ⌒〔 ☆←_卵巣がん__細胞《複数》_】〓〓 は 、また、明らかにして在る_【・*を |*←_潜在的_ な _上皮`成長`因子`レセプタ《 EGFR 》_シグナル伝達 の _増加性`制御_{☆への応答としての}¨ ⌒〔 ☆←_細胞`毒性`的__治療_】┏┓。

 erlotinib_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉_経口__上皮`成長`因子`レセプタ《 EGFR 》_(HER1/EGFR)_チロシンキナーゼ`抑制薬_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =可逆的に、しかし、_選択_的に _抑制_する_【・*を |*←_上皮`成長`因子`レセプタ《 EGFR 》_ 】、、《 そしてブロックする_【・*を |*←_細胞_増殖】_抑制_する_【・*を |*←_血管新生_】誘導する_【・*を |*←アポトーシス 》 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←〈一件の〉_フェーズ_2__研究_{☆を含む}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_治療−抵抗性_、 _再発性_、 HER1/EGFR −_陽性__上皮性__卵巣がん_】〓〓、erlotinib は _誘導_した_【・*を |*←わずかに 6% の _奏効率_】、--【『 』であるが…|『 44% の _患者さん《複数》_ は 見出された_【 ∬ (する)と | ∬=持つ_【・*を |*←_病気の安定化_ 】 』】┏┓。    --【・*に更に付け加えると… |*←これらの_データ_】〓〓、erlotinib は _研究_されて在る--【・*に於いて |*←〈その〉 EORTC-55041_フェーズ_3__研究_--【・*として |*←_維持療法_】__ : ___患者さん《複数》_ は _ランダムに 振り分けられた--【・*の後に |*←_第一線`化学療法_--【 ∬ (する)ように | ∬=受ける_【・*を |*←※の いずれか |※← erlotinib 、又は、 _プラセボ_ 】┏┓。    〈その〉¨結果《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←この_臨床試験《 2008 年に閉じられた 》】〓〓 は ¨ ∬ ¨(される)はずである 【 ∬=得られる--【・間もなく 】┏┓。    〔何も無い( no )_データ_ 〕 が ¨※¨である 【・※←_入手`可能的_(の否定)--【・今日までに--【・*に関して |*←〈その〉_毒性_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← erlotinib {☆としての}¨ ⌒〔 ☆←_維持療法_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_卵巣がん_】__ : __しかし、--【・*に基づき… |*←〈その〉広範な経験{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_肺がん_】〓〓、〈その〉主要 な _副作用_ は 予想されている【・※であると|※←皮膚_毒性_ 】┏┓。    〈その〉_その他の__卵巣がん_で_研究_された_チロシンキナーゼ`抑制薬_である gefitinib は _示して在る_【・*を |*←失望させる的な_結果《複数》_--【 ∬ (された)場合に∬=使用された--【・*に於いて |*←_再発性_ 、又は、 執拗的な_卵巣がん_ 、又は、 _腹膜 がん 】┏┓。    しかし、〈その〉興味深い観察_は ¨『 』(右記)¨ということである『_肺がん_の場合と 同様に、 _活性_ は ¨ ∬ ¨(する)ことの可能性がある 【 ∬=関連する--【・*に |*←存在《 _卵巣がん_では 稀であるが 》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_遺伝子`変異_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_触媒`ドメイン_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_腫瘍_ の _上皮`成長`因子`レセプタ《 EGFR 》_ 』 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacist )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= March 16, 2010 )
「英文原題」=EGFR Inhibitors

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

抗−CA-125 抗体


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

〈その〉_マウス_モノクロナル _抗`イディオタイプ`抗体_である abagovomab《 向けられた--【・*に |*←〈その〉_腫瘍`関連`抗原_《 TAA 》 は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=_誘導_する_【・*を |*←〈一つの〉_活性的_ な _免疫_応答{☆に対する}¨ ⌒〔 ☆←当該_抗原_ 】┏┓。    _免疫`接種_{☆の}{★による}¨ ⌒〔 ☆←_患者さん《複数》_⌒〔 ★← abagovomab 】〓〓 は _誘導_する_【・*を |*←〈一つの〉_抗−_抗`イディオタイプ_免疫_応答(Ab3)】〓〓、そして、このこと は _導く--【・*へ |*←〈一つの〉_抗− CA-125_免疫__反応_ 】┏┓。    --【『 』であることから…|『〈その〉 CA-125_は ¨※¨である 【・※←検出される_--〔・*に於いて |*← 80%超 の ¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_上皮性`卵巣がん_ 』】〓〓、〈その〉_治療_的 _投与_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉_特定的な_ワクチン{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=_誘導_する_【・*を |*←〈一つの〉十分な_免疫_応答{☆に対する}¨ ⌒〔 ☆← CA-125 】〓〓 は _代表する_【・*を |*←〈一つの〉興味深いアプローチ 】┏┓。    --【・*によれば… |*←〈その〉 Niels Jerne 仮説】〓〓、〈その〉_抗− TAA_抗原_《 Ab1 》可変 _抗原_−結合領域《複数》 は 含む_【・*を |*←_免疫`原`性__イディオタイプ`決定`基_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=_誘発する_【・*を |*←〈その〉産生{☆の}¨ ⌒〔 ☆←いわゆる_抗`イディオタイプ`抗体_《複数》《 AAb2 》 】┏┓。    〈一つの〉サブセット{☆の}¨ ⌒〔 ☆←これらの抗体《複数》】〓〓 は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=機能的に 模倣する_【・*を |*←〈その〉オリジナルの_抗原_ 】┏┓。    〈その〉_免疫`接種_{☆による}¨ ⌒〔 ☆←_抗`イディオタイプ`抗体_《複数》】〓〓 は 期待される_【 ∬ (する)ことが | ∬=_誘発する_【・*を |*←■_〈一つの〉_特定的な__体液`性__免疫_応答{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_患者さん_《 Abe 、及び、 Ab1 》 】|- 及び -|■_〈その〉_細胞_性`_反応_{☆に対する}¨ ⌒〔 ☆←_細胞《複数》_{ ∬ ((を)している)}¨ ⌒〔 ∬=_発現_している_【・*を |*←〈その〉オリジナルの TAA 】┏┓。    _パイロット_研究《複数》_ が _公刊されている┏┓。    --【・*に於いて… |*←〈一件の〉_フェーズ_2__研究_{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆← 119 名の患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_進行期`卵巣がん_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =〈その〉_標準的__治療_《複数》 が 既に¨※¨であった【・※←_非−_効果的_ 】】〓〓、_治療_{☆による}¨ ⌒〔 ☆← abagovomab 】〓〓 は _導いた--【・*へ |*←〈一つの〉伸長{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_生存期間_《 23。4 ヶ月間4。9 ヶ月間 》--【・*に於いて |*←_免疫_−応答性 の _患者さん《複数》_《 68%の_患者さん《複数》_ 》 】┏┓。    --【・*の後に… |*←これらの_勇気づける的_データ_】〓〓、〈一件の〉_多施設__フェーズ_3__臨床試験_ が 開始されて在る--【 ∬ (する)ことの目的で | ∬=評価する_【・*を |*←〈その〉_利益_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←ワクチン接種{☆による}¨ ⌒〔 ☆← abagovomab--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_進行期`卵巣がん_--【・*の後に |*←_完全奏効_{☆による}¨ ⌒〔 ☆←_第一線`化学療法_《 〈その〉_第一次的_エンドポイント は _病気無し`生存_ 》 】┏┓。    ¨患者さん《複数》{☆の状態にある}{★の後に}¨ ⌒〔 ☆←_臨床的__完全奏効_⌒〔 ★←_化学療法_】〓〓 が _ランダムに振り分けられた--【 ∬ (する)ように | ∬=受ける_【・*を |*←〈一つの〉単回_皮下__注射_ での abagovomab  、又は、 _プラセボ_■_2 週間ごとに《 最初の 4 回の_投与_ : _導入_フェーズ 》】|-それから-|■_4 週間ごと《維持フェーズ : 22 ヶ月間 】┏┓。    _患者さん_組込み は 完了して在る〓〓、そして、〈その〉_最終的__分析_ は 期待されている--【・*の間に |*← 2010 年 】┏┓。    〔何も無い( no )_データ_ 〕{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←_安全性_】〓〓 が ¨※¨である 【・※←_入手`可能的_(の否定)--【・*から |*←〈その〉_フェーズ_3__臨床試験_】、--【『 』であるが…|『--【・*に基づき… |*←〈その〉¨結果《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_フェーズ_2__研究《複数》_】〓〓、〈その〉_薬_ は 考えられる【・※であると|※←_安全的_】〓〓、そして、わずかに_局所_皮膚_反応_《複数》 が 報告されている 』】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacist )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= March 16, 2010 )
「英文原題」=Anti-CA-125 Antibodies

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_安全性_の 重要性


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

--【・*に於いて… |*←大部分の_フェーズ_3__臨床試験_《複数》_{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=ディスカスされた--【・*に於いて |*←このセクション 】】〓〓、〈その〉新しい_薬_《複数》 は 使用される--【・■_*との併用で |*← carboplatin 、及び、 paclitaxel 】|-又は-|■__維持療法_として--【・*の後に |*←〈その〉_化学療法_ の 終了 】┏┓。    --【『 』であるが…|『〈その〉¨役割{☆の}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_維持療法_⌒〔 ★←_卵巣がん_】〓〓_は ¨※¨である 【・※←依然として重要な 討議対象`事項 』】〓〓、いくらかの_薬_《複数》の場合、 〈その〉_選択_{ ∬ (する)ことの}¨ ⌒〔 ∬=_研究_する_【・*を |*←〈その〉_生物学`的__薬_--【・*として |*←〈一つの〉_単剤__治療薬_{☆の後の}¨ ⌒〔 ☆←_第一線`治療_ 】〓〓 は 主として 基づいている--【・*に |*←〈その〉困難性《複数》{ ∬ (する)ことに於いての}¨ ⌒〔 ∬=_併用_する_【・*を |*←〈その〉新薬--【・*と |*←_化学療法_ 】┏┓。    〈その〉問題{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_安全性_{☆の}{★との_併用_ での }¨ ⌒〔 ☆←〈その〉新薬《複数》⌒〔 ★←_化学療法_】〓〓 は ¨ ∬ ¨(である)であろう 【 ∬=¨※¨である 【・※←¨一つ{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉最も重要なトピック《複数》--【・*に於いて |*←この分野 での 将来の_研究_ 】┏┓。    、《 見つめつつ…_【・*を |*←〈一つの〉プラスのインパクト{☆の}{★への}¨ ⌒〔 ☆←いくつかの新しい_薬_《複数》⌒〔 ★←_一般的な__結果状況_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_病気_】、--【・*に基づき |*←〈その〉¨結果《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_進展中_ の _臨床試験_《複数》_ 》〓〓、〈その〉_選択_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_薬_{ ∬ (されるべき)}¨ ⌒〔 ∬=使用されるべき--【・*に於いて |*←一般_臨床`実地_ 】〓〓 は ¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=基づく--【・*にも |*←_安全性_ 、及び、 _生活の質_ の 面《複数》 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacist )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= March 16, 2010 )
「英文原題」=Anti-CA-125 Antibodies

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

専門家コメント


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

--【・*に於いて… |*←_最近_ の 30 年間】〓〓、多くの_臨床試験_《複数》_ が 実施されて在る--【・*に於いて |*←〈その〉_状況設定_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_第一線`治療_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_卵巣がん_ 】┏┓。    〈その〉_標準的__併用`化学療法__は ¨※¨である 【・※← carboplatin / paclitaxel 】__ : __--【・*の後に… |*←_左記の__選択肢_】〓〓、3 件の_ランダム化__臨床試験_《複数》_ が 明確に_示して在る_【・*を |*←同等の_有効性_{☆の間での}¨ ⌒〔 ☆← paclitaxel / cisplatin、と、paclitaxel / carboplatin 】〓〓、しかし、〈一つの〉 より_安全的_ な _毒性`プロフィール_{☆の方の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_併用__レジメン_{☆を含む}¨ ⌒〔 ☆← carboplatin 】┏┓。    しかし、_長期的__生存_ は 引き続き¨※¨である 【※←_低_い】〓〓、そして、〈その〉_生活の質_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{ ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=受ける_【・*を |*←_第一線`化学療法_ 】〓〓 は 悪化する--【・*により |*←〈その〉高頻度の発生{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_毒性_《複数》{☆のような}¨ ⌒〔 ☆←_脱毛症_、 _神経_毒性_ 、及び、 _疲労感_ 】┏┓。    〈その〉_腹腔内`_投与_{☆の}{★に加えての}¨ ⌒〔 ☆← cisplatin、や、paclitaxel ⌒〔 ★←_静注__化学療法_】〓〓 が 主張されて在る--【・*として |*←〈一つの〉新しい標準ケア--【・*の理由から |*←〈その〉¨結果《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉 GOG 172 】┏┓。    しかし、〈その〉¨役割{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_腹腔内`_投与__化学療法_】〓〓 は 依然として引き続き¨※¨である 【※←_論争的_】〓〓、そして、--【・*にもかかわらず… |*←〈その〉_統計的に__有意な__改善_{☆に於ける}{ ¶ ところの#←}¨ ⌒〔 ☆←_進行無し`生存_ 、及び、 _全体的`生存_⌒〔 ←#¶ =示された--【・*に於いて |*←〈その〉 GOG 172_研究_ 】】〓〓、この_レジメン_ は 受け入れられて在らない--【・*として |*←〈その〉新しい標準ケア--【・*の理由から |*←過度の_毒性_ 】┏┓。

_研究__グループ_《複数》 は 依然として 探している_【・*を |*←〈一つの〉_最適な_患部`供給 の 方法--【・*のために |*←_化学療法_{☆による}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_腹腔内`_投与_ルート 】┏┓。    多くの_臨床試験_《複数》_ が 明らかにして在る_【・『 』ということを… |『〈その〉¨追加{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉第三 の _薬_《 gemcitabine、 topotecan 、又は、 epirubicin 》】〓〓_は ¨※¨である 【・※←価値がない--【 ∬ (された)場合に∬=_投与_された--【・_同時`実施_ 、又は、 _順次`実施_の 形で 】 』 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacist )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= March 16, 2010 )
「英文原題」=Expert Commentary

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

5 年間の見通し


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

わずかに数個の疑問《複数》_が ¨※¨である 【・※←未解決_--〔・*に関して |*←_化学療法_ 】┏┓。    〈その〉 MITO-2_臨床試験_ の _結果《複数》_ が ¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=明らかにする_[『 』(→右記)であるか否かを… |『 〈その〉置換{☆の}{★による}¨ ⌒〔 ☆← paclitaxel ⌒〔 ★← PLD 】〓〓 が ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=改善する_【・*を |*←_進行無し`生存_ 、及び、 _生活の質_ 』(か否かを)]、--【『 』であるように…|『既に示されている--【・*に於いて |*←_再発性__白金系`化学療法剤_−感受性 の _患者さん《複数》_ 』】┏┓。    _臨床試験_《複数》_ が 、また、_進展中_である--【 ∬ (する)ことのために | ∬=更に、評価する_【・*を |*←〈その〉¨有効性{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_毎週 1 回の__投与_スケジュール での paclitaxel--【・*と比較して |*←〈その〉古典的な 3 週間に 1 回のスケジュール--【・*として |*←_第一線`治療_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_卵巣がん_ 】┏┓。

もう一つの 重要な_ディスカッション_ポイント{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =¨ ∬ ¨(される)であろう 【 ∬=明らかにされる--【・*に於いて |*←今後 数年間 】〓〓 は ¨ ∬ ¨(である)であろう 【 ∬=¨※¨である 【・※←〈その〉¨役割{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_術前補助`化学療法_{☆の前の}¨ ⌒〔 ☆←_第一次的__腫瘍細胞`減少_治療_ 】┏┓。    _予備的な__データ_ が _レポート_されて在る_【 ∬ して | ∬=示唆して_【・『 』ということを… |『--【・*に於いて… |*←_選択_された_患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉非常に 大きな 腫瘤、や、劣った_活動ステータス__】〓〓、_術前補助`化学療法_ 、と、 それに続いての_外科手術_ は ¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=_有利的に 比較される--【・*と(比較対象) |*←〈その〉_標準的_な まず最初の_外科手術_ 、と、 それに続いての_化学療法_』 】┏┓。    〈その〉_最終的_¨結果《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉 EORTC-55971 NCT00003636_研究_】〓〓 が 期待されている--【・*の間に |*←来年 】┏┓。    しかし、〈その〉 より大きな期待{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←この_状況設定_】〓〓 は ¨※¨に関するものである【・※←〈その〉¨使用{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉新しい_生物学`的__治療薬_《複数》 】┏┓。    〈その〉¨結果《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←数件の _臨床試験_《複数》{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=実施された--【・*に(時) |*←最近 数年間 】〓〓 は ¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=入手可能となる】〓〓、そして、〈その〉¨有効性{☆の}¨ ⌒〔 ☆← bevacizumab、erlotinib 、及び、 abagovomab 】〓〓 が まず最初に¨ ∬ ¨(される)であろう 【 ∬= 最終的に確認される 】┏┓。    更に、多くの標的−ベース_治療薬_《複数》 が アプローチしつつある--【・*に |*←〈その〉_卵巣がん_ の シナリオ】〓〓、そして、数件の_臨床試験_《複数》_ が ¨ ∬ ¨(される)であろう 【 ∬=実施される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=評価する_【・*を |*←それらの_薬_ の _有効性_ 】┏┓。    〈一つの〉広範な_国際的_協力 が ¨ ∬ ¨(される)であろう 【 ∬=必要とされる--【 ∬ (する)ことのために | ∬=早期に 得る_【・*を |*←これらの_結果《複数》_ --【 ∬ (する)ことのために | ∬=_有意な_一歩 前進をする--【・*に於いて |*←〈その〉¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_卵巣がん_ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacist )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= March 16, 2010 )
「英文原題」=Five-year View

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他