目次《ジャンプ先で項目タイトルをクリックすれば、この目次に戻れます》


→トップページへ戻る


お手数ですが、もう一度下記のリンクをクリックしてください:

情報データベース(血液・リンパ系、骨髄)のトップページへ






《この資料の目次に戻るためには、上記の標題行をクリックしてください》

疾患名 =多発性`骨髄腫( Multiple Myeloma )


資料 A=多発性`骨髄腫_で新しい_併用レジメン_が_有望的(資料ご紹介の作成年月=10/2)


資料名=Medscape Pharmacists 12/22/2009


このコーナーでは、上記の資料の内容の概略をご紹介しています。各ページには、当該ページに対応する原資料サイトのページへのリンクを設定してありますが、原資料サイト での ページ構成変更により、リンク切れとなっております場合は、本家サイトの

リンク集のページ

の、「情報の存在を ご紹介しているサイト」の項目に 当該原資料サイトへのリンクを収載しておりますので、そこからジャンプしてください。《当該原資料サイトには、当サイトでご紹介している以外にも豊富な情報が記載されておりますので、原資料サイトをご覧になることを強くお勧めします》

尚、このコーナーでご紹介しております原資料の日付は下記の通りです :

原資料更新時期=December 22, 2009 

本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

概観


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

数件のキープレゼン《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_最近_ の American Society of Hematology (ASH)第 51 回年次会議】━━ が _特集した_【・*を |*←新しい_併用__レジメン_《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_多発性`骨髄腫_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{§(の性質の)}¨ ⌒〔 §← 65 歳超 】┏┓。

¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_多発性`骨髄腫_】━━ は 変貌して在る--【・_最近_】、--【・*により |*←〈その〉¨¨登場{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨¨〈その〉_免疫`調整薬《複数》である thalidomide 、及び、 lenalidomide 、及び、 _プロテアゾーム抑制薬_である bortezomib { ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==加わってきた--【・*に |*← より古い_薬_《複数》{☆のような}¨ ⌒〔 ☆← melphalan 、及び、 _コルチコステロイド_《複数》 】━━、しかし、依然として¨※¨が 存在する 【・※←多くの議論{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←『どのようにして、これらの_薬_《複数》 が 最良に 使用されるのか?--【・*との併用で |*←これらの_薬_お互い同士 』 】┏┓。

--【・*に於いて… |*←〈一つの〉プレゼン{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=選択された--【・*のために |*←〈その〉_全体`会議_ 】】━━、Maria-Victoria Mateos, MD(*)等 は レポートした--【・*について |*←〈一つの〉_新規な_アプローチ{☆への}¨ ⌒〔 ☆←_治療_{ ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=使用する_【・*を |*←〈一つの〉低下させた bortezomib_用量_--【・*として |*←_導入__治療_】、《[ この]アプローチは 、彼らは見出したのだが、維持した_【・*を |*←_有効性_--【 ∬ (する)一方で∬=低下させる_【・*を |*←_毒性_ 】》 】┏┓。    これらの_データ_ は 、また、強調された--【・*に於いて |*←〈一つの〉_記者`会見_{☆の間の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉会議 】┏┓。

(*)この人の所属については、原文をお読みください。

--【・*に於いて… |*←_その他の_プレゼン《複数》】━━、Antonio Palumbo, MD(*) は レポートした_【・*を |*←〈一つの〉新しいアプローチ{☆への}¨ ⌒〔 ☆←初回_治療_ 、及び、  より優れた_結果《複数》_{☆からの}¨ ⌒〔 ☆← ∬ すること | ∬=使用する_【・*を |*←〈一つの〉 4 剤_併用__レジメン_《 bortezomib / melphalan / prednisone / thalidomide ( VMPT_レジメン_ ) 》 --【・*と比較して |*←_結果《複数》_{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=見られた--【・*により |*←〈その〉 3 剤_レジメン_《 bortezomib / melphalan / prednisone ( VMP_レジメン_ ) 》《[ この]_レジメン_は ¨※¨である 【・※←〈その〉最も_最近_ の 標準{☆としての}¨ ⌒〔 ☆←初回_治療_》 】┏┓。

(*)この人の所属については、原文をお読みください。

Dr. Palumbo は 、また、提示した_【・*を |*←_データ_{=『 』という(右記)}¨=『《 彼によれば 》確立する_【・*を |*←〈一つの〉新しい標準_治療_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{§(の性質の)}¨ ⌒〔 §← 65 歳超 】 』__ : __初回_治療_{☆による}¨ ⌒〔 ☆← melphalan / prednisone / thalidomide《 MPR_レジメン_ 》 、と、 それに続いての継続的な lenalidomide_維持療法_】、《[ この]_治療_法は 与えた_【・*を |*← より良好な_結果《複数》_--【・*よりも |*← melphalan / prednisone 、と、 それに続いての_プラセボ__維持_投与_》 】┏┓。

また、--【・*の後に… |*← Dr. Palumbo の プレゼン{☆の間の}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉質疑応答セッション】━━、〈一人の〉_臨床`実地`医 が 《 この人は 声明した_【・『 』ということを… |『彼は「_治療_する_【・*を |*←わずかに数名の¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_多発性`骨髄腫_ 』━━(が)尋ねた『どのように、これらの新しい_併用__レジメン_《複数》 が 比べられるのか?--【・お互いに 』 】┏┓。    彼の質問 は ¨ ∬ ¨(する)ことができなかった 【 ∬=対応される(の否定)--【『 』の理由で…|『¨※¨が 未だ 存在してきて在らない 【・※←_比較`基準_ 』】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacist )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= December 22, 2009 )
「英文原題」=New Combinations Show Promise in Multiple Myeloma

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_用量_引き下げbortezomibによるスペイン での _臨床試験_


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

〈その〉スペイン での _研究_{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=提示された --【・*により |*← Dr. Mateos】━━ は 実施された--【・*に於いて |*← 260 名の患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉_中央値での_年齢 75 歳 】┏┓。

『我々は 試みていた_【 ∬ (する)ことを | ∬=最適化する_【・*を |*←〈その〉¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_年配_ の _多発性`骨髄腫__患者さん《複数》_ 】 』━━、と、説明した……〈その〉研究リーダーが┏┓。    『それで、我々は 試みた_【・*を |*←〈一つの〉 より_低_−_集中`強度 の bortezomib 】、--【・*により |*←■__毎週 1 回の__投与_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_導入`治療_】|- と、それに続いての -|■_維持_用量_《 3 ヶ月間に 1 回の_投与_ 》 】┏┓。

〈その〉_臨床試験_ は 、また、_比較した_【・*を |* 2 種類の異なる_併用__レジメン_《複数》{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_導入`治療_】__ : __■_bortezomib / melphalan / prednisone《 VMP_レジメン_ 》-又は-■_bortezomib / thalidomide / prednisone《 VTP_レジメン_ 》《 いずれの_レジメン_も 6 サイクル の 実施 》 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←〈その〉最初のサイクル】━━、bortezomib は _投与_された--【・(頻度)|_毎週 2 回】━━、しかし、それ は 引き下げられた--【・*に |*←_1 週 1 回 の _投与_--【・*の間 |*←残りの 5 サイクル《複数》 】┏┓。

※の両方 |※←これらの_併用__レジメン_《複数》 での _導入`治療_ 】━━ は ¨※¨であった 【・※←高度に_効果的_】、--【・*を伴って |*←_同様_ な _全体的`奏効率_《複数》《 VMP_レジメン_80% 、及び、 VTP_レジメン_81% 》】━━、しかし、¨※¨が 存在した 【・※←〈一つの〉明確な差異{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_毒性`プロフィール_】━━、と、Dr. Mateos は 報告している┏┓。    〈その〉 VMP_レジメン_ は 伴った_【・*を |*← より高頻度 の グレード 3 _好中球`減少症_《 VMP で 37%、VTP で 21% の _患者さん《複数》_ 》】、《[ この]ことは 反映された--【・*に |*← より多くのグレード 3 _感染症_《複数》《 VMP で 7%、VTP で 1%の_患者さん《複数》_ 》》 】┏┓。

しかし、Dr. Mateos は コメントした_【・『 』ということを… |『〈その〉¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_好中球`減少症_ 、及び、 _感染症_《複数》】━━ は ¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=_管理_される--【・*により |*←¨使用{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉_顆粒球・マクロファージ`コロニー`刺激因子《 GM-CSF 》_ 、及び、 _予防的__抗生物質_《複数》 』 】┏┓。    対照的に、〈その〉 VTP_レジメン_ は 伴った_【・*を |*←深刻 な _心臓`血管`系__有害`事象_《複数》《 8。5% の _患者さん《複数》_ 》】━━、そして、これら は 含んだ_【・*を |*←心不全、_心房`細動_、低血圧、_心筋`梗塞_ 、及び、 _房室`ブロック_ 】┏┓。    また、¨※¨が 存在した 【・※←〈一つの〉 より高頻度の_末梢`ニューロパシー_--【・*に於いて |*←〈その〉 VTP_グループ_】__ : __VTP_グループ_9%VMP_グループ_5%《 --【『 』であるが…|『これ は ¨*¨ではなかった 【・*←_統計的に__有意_ (の否定)】 》 】┏┓。

『我々は _見出した_【・『 』ということを… |『 melphalan_は ¨※¨である 【・※←おそらく最も良好なパートナー{☆のための}¨ ⌒〔 ☆← bortezomib--【・*に於いて |*←_年配__未治療の__多発性`骨髄腫__患者さん《複数》_--【『 』の理由で…|『〈その〉_有効性__は ¨※¨である 【・※←_同様__--〔・*に |*← VTP_レジメン_】━━、しかし、〈その〉_毒性`プロフィール__は ¨※¨である 【・※←明確に異なる】、--【・*を伴って |*← より多くの_好中球`減少症_、しかし、 より少ない_心臓`毒性_と_ニューロパシー_--【・*の場合 |*← VMP_レジメン_ 』】━━、 』】━━、と、彼女は 語った┏┓。

--【・*のために… |*←〈その〉_維持療法_パート{☆の}¨ ⌒〔 ☆←この_臨床試験_】━━、bortezomib は _併用_された--【・*と(併用`相手) |*← thalidomide 、又は、 prednisone--【・*にわたり |*←最高 3 年間 】┏┓。    ¨※¨は 存在しなかった 【・※←_有意_差(否定)--【・*の間に |*←これらの 2 つの_併用_《複数》】━━、と、Dr. Mateos が レポートした┏┓。    両方の_併用_《複数》 は 顕著に 改善した_【・*を |*←〈その〉質{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_患者さん__奏効_《複数》】、《 増加させて_【・*を |*←_完全奏効_--【・*から#へ ||*← 23% |#← 42% 》】━━、そして、両方の_併用_《複数》_は 持った_【・*を |*←〈一つの〉良好 な _安全性`プロフィール_】━━、と、彼女 は 語った┏┓。

『我々は 尋ねた_【・*を |*←以下の ような質問】__ : __¨『 』(→右記)¨であるか『我々は 達成できるか_【・*を |*←_同様_ な _有効性_--【・*により |*←〈一つの〉 より_低__集中的_ の bortezomib_レジメン_ 』(であるか)?】━━、そして、〈その〉回答_は ¨※¨である 【・※←明確に イエス、ウイ キャン 』】━━、と、Dr. Mateos は 結論した┏┓。

彼女は 話した--【・*に |*←〈その〉会議_【・『 』ということを… |『〈その〉_グループ_ は 今や _研究_している_【 ∬ (する)ことを | ∬=置き換える_【・*を |*← thalidomide--【・*で |*← lenalidomide--【・*に於いて |*←※の両方 |※←_導入_ 、及び、 _維持療法_ 】、--【 ∬ (する)ことをすべく | ∬=低下させる_【・*を |*←_毒性_--【・更に、 】 』 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacist )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= December 22, 2009 )
「英文原題」=Spanish Trial of Reduced Bortezomib Dosage

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

4 剤_併用レジメン


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

Dr. Palumbo は _報告した_【・『 』ということを… |『〈その〉 bortezomib_用量_ は 、また、低下された--【・*に於いて |*←〈その〉_臨床試験_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==彼がプレゼンした--【・*について |*←〈その〉新しい 4 剤_併用__レジメン___ : __VMPT _レジメン_ が ¨※¨である 【・※← より優れる_--〔・*よりも |*← VMP_レジメン_ 】 』 】┏┓。

--【『 』の時に…|『〈その〉_研究_ が 開始された 』】━━、bortezomib は 使用された--【・(頻度)|_毎週 2 回】━━、しかし、これ は 修正された--【・*へ |*←_毎週 1 回の__投与_《 〈その〉スペイン での _研究_と同一 》 】┏┓。    Dr. Palumbo は _語った_【・『 』ということを… |『このこと は もたらした_【・*を |*←〈一つの〉劇的な低下{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_発症`頻度_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_末梢`ニューロパシー_】、--【 ∬ (する)こと無しに | ∬=影響する_【・*に |*←〈その〉_結果状況_《 _完全奏効《複数》 、及び、 _進行無し`生存_から見た 》 】 』 】┏┓。    _グレード 3 /4の_末梢`ニューロパシー__は ¨※¨であった 【・※←_有意_に より_低_い_--〔・*で |*←_毎週 1 回の_bortezomib_--〔・*と比較して |*←〈一つの〉_毎週 2 回の__投与_】__ : __〈その〉率《複数》_は ¨※¨であった 【・※←■_4%18%《 VMPT_レジメン_ 》|-そして-|■_2%13%《 VMP_レジメン_ 》 】┏┓。

これ_は ¨※¨であった 【・※←〈一件の〉_フェーズ_3__研究_{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=実施された --【・*に於いて |*← 511 名の患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_中央値での_年齢 71 歳】┏┓。    〈その〉_患者さん《複数》_ は _ランダムに振り分けられた--【・*へ |*←※の いずれか |※←■_VMPT による_初回治療_→ bortezomib /_低用量_thalidomide_維持療法_】|-又は-|■_VMP のみ《 _維持療法_無し 》 】┏┓。

〈その〉_結果《複数》_ は _示した_【・『 』ということを… |『〈その〉 4 剤_併用__レジメン_VMPT は もたらした_【・*を |*← より優れた_奏効率_《複数》】__ : __〈一つの〉_完全奏効_ は 達成された--【・*に於いて |*← 34% の _患者さん《複数》_】--【・*と比較して |*← 21% の _患者さん《複数》_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← VMP_グループ_ 』 】┏┓。

〈その〉達成{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉_完全奏効_】━━ は _有意_に_伸長した_【・*を |*←_進行無し`生存_期間--【・*に於いて |*←両方の_患者さん__グループ_《複数》】━━、しかし、〈その〉結果_は ¨※¨であった 【・※← より大きい_--〔・*に於いて |*←〈その〉 VMPT _グループ__--〔・*と比較して |*← VMP_グループ_】━━、と、Dr.Palumbo  は 報告した┏┓。    しかし、〈その〉 2 年後__全体的‐生存率_は ¨※¨ではなかった 【・※←_有意_に異なる(の否定)《 VMPT 89.6%、VMP 89% 》 】┏┓。

また、〈その〉 4 剤併用レジメン_は 持った_【・*を |*←〈一つの〉_有意_に より高率 の _グレード 3 /4_好中球`減少症_《 VMPT 37%、VMP 28% 》 、及び、 _心臓__合併症_《複数》《 10%5% 》 】┏┓。    しかし、〈その〉率{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_その他の__有害`事象_《複数》】━━_は ¨※¨であった 【・※←_同様_】《 個々の_有害`事象_発生率については原文をお読みください 》 】┏┓。

『 VMPT_レジメン_ 、と、 それに続いての bortezomib / thalidomide による_維持療法__は ¨※¨であった 【・※← より優れる--【・*よりも |*← VMP_レジメン_--【・*の点で |*←_奏効率_《複数》 、及び、 _進行無し`生存_ 』━━、と、Dr. Palumbo は 結論づけた┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacist )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= December 22, 2009 )
「英文原題」=Four-Drug Combination

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

継続的 lenalidomide_維持療法


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

--【・*に於いて… |*←彼の_その他の_プレゼン】━━、Dr. Palumbo は _示唆した_【・『 』ということを… |『〈その〉¨併用{☆の}{★としての}¨ ⌒〔 ☆← melphalan / prednisone / lenalidomide ⌒〔 ★←初回_治療_】━━ 、と、 それに続いての 継続的 lenalidomide {☆としての}¨ ⌒〔 ☆←_維持療法_】《 MPR-R_レジメン_ 》】━━ は ¨ ∬ ¨(される)ことの可能性がある 【 ∬=見なされる【・※であると|※←〈一つの〉新しい_標準_治療_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{§(の性質の)}¨ ⌒〔 §← 65 歳超 で _多発性`骨髄腫_であると_新たに_診断_された_ 】 』 】┏┓。

このアプローチ《 MPR-R 》 は _示された【・※であると|※← より優れている--【・*よりも |*←■_¨¨初回_治療_{☆による}¨ ⌒〔 ☆← MPR_レジメン_】|--|■_プラセボ__維持療法_《 MPR_レジメン_ 》】━━、そして、それ_は 、また、¨※¨であった 【・※← より優れる--【・*よりも |*←初回_治療_{☆による}¨ ⌒〔 ☆← melphalan / prednisone 】|--|■_それに続いての_プラセボ__維持療法_《 MP_レジメン_ 》 】┏┓。

¨※¨が 存在した 【・※←〈一つの〉高度に_統計的に__有意_ な _改善_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_進行無し`生存_期間】━━、と、Dr. Palumbo は 報告した、━━--【・*を伴って |*←〈一つの〉 50% の _改善_《 MP_レジメン_で 15 ヶ月間 → MPR-R_レジメン_で 22。5 ヶ月間 》 】┏┓。    その結果、〈その〉_研究_ は _早期_に 中止された━━、と、彼 は 語った┏┓。

_進行無し`生存_期間_は 、また、¨※¨であった 【・※←_有意_に より良好_--〔・*により |*←〈その〉 MPR-R_レジメン__--〔・*と比較して |*← MPR_ レジメン_{☆無しの}¨ ⌒〔 ☆←_維持療法_】、《 47% の 低下( mougitaro 注:原文通りです ) 》】__ : __〈その〉_中央値での__進行無し`生存_期間_は ¨※¨であった 【・※← 13。2 ヶ月間《 MPR_レジメン_ 》未到達《 MPR-R_レジメン_ 》】━━、と、彼 は 語った┏┓。    『〈その〉_維持療法_{☆による}¨ ⌒〔 ☆← lenalidomide 】━━ は 変えつつあった_【・*を |*←〈その〉_結果状況_ 』━━、と、彼 は コメントした┏┓。

〈その〉_全体的`奏効率_、〈その〉_完全奏効_率 、及び、 〈その〉_中央値での_最初の_奏効_までの時間━━_は 全て¨※¨であった 【・※←_有意_に より良好_--〔・*に於いて |*←〈その〉 MPR-R_レジメン__グループ__--〔・*と比較して |*←〈その〉_その他の_2_グループ_《複数》 】┏┓。

_有害`事象_《複数》{☆を含む}¨ ⌒〔 ☆←_深部`静脈`血栓`症_、 発疹、 _疲労感_ 、及び、 _感染症_《複数》】━━_は ¨※¨であった 【・※←わずかに より多い_--〔・*に於いて |*←〈その〉 MPR-R_レジメン__グループ__--〔・*と比較して |*←〈その〉 MP_レジメン__グループ_】━━、しかし、¨※¨が 存在した 【・※←〈一つの〉 より_低_率 の _治療_中止】━━、と、Dr. Palumbo は コメントした┏┓。

--【・*以来… |*←〈その〉 ASH 会議】━━、もう一つの _大規模__臨床試験_{☆による}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆← lenalidomide ⌒〔 ★←_多発性`骨髄腫_】━━ が 報告されて在る┏┓。    _データ_ は 発表された--【・*に(時) |*← 12 月 18 日--【・*により |*←〈その〉 National Institutes of Health--【・*から |*←〈その〉 Cancer and Leukemia Group B (CALGB-100104) study 】┏┓。

この_臨床試験_ は 中止された--【・_早期_に--【『 』の後に…|『〈一つの〉高度に_有意_ な _改善_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_進行`まで`期間 が 見られた--【・*により |*← lenalidomide--【・*と比較して |*←_プラセボ_--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==受けていた_【・*を |*←〈一つの〉_幹細胞`移植_ 】_】 』】┏┓。

〈その〉_臨床試験_ は 含んだ_【・*を |*← 568 名の患者さん《複数》{☆を有する}{ ¶ ところの#←}¨ ⌒〔 ☆←_多発性`骨髄腫_⌒〔 ←#¶==受けていた_【・*を |*←〈一つの〉_自家`幹細胞`移植_--【・*の後に |*←〈一つの〉_高用量_ の melphalan 】┏┓。    これらの_患者さん《複数》_の うち、460 名の患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←■_十分な 内臓機能|-及び-|■_何も無い( no )_証拠_ 〕{☆の}¨ ⌒〔 ☆←進行性の_病気_】━━ が _ランダムに振り分けられた--【 ∬ (する)ように | ∬=受ける_【・*を |*←_維持療法_{☆による}¨ ⌒〔 ☆← lenalidomide 、又は、 _プラセボ_ 《 移植 実施から 100 〜 110 日後から開始 》 】┏┓。

〈その〉_中央値での__進行`まで`期間_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_プラセボ__グループ_】━━_は ¨※¨であった 【・※← 778 日間】__ : __これ は 未だ 到達して在らない--【・*に於いて |*←〈その〉 lenalidomide_グループ_--【『 』の理由で…|『半数`未満 の _患者さん《複数》__が 持っただけ_【・*を |*←悪化{☆の}¨ ⌒〔 ☆←彼らの_多発性`骨髄腫_ 』】┏┓。    このこと は _代表する_【・*を |*←〈一つの〉 58%の低下{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_病気`進行_】━━、そして、それ_は ¨※¨である 【・※←高度に_統計的に__有意_】━━、と、注記している……〈その〉 National Institutes of Health が ┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacist )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= December 22, 2009 )
「英文原題」=Continuous Lenalidomide Maintenance

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他