目次《ジャンプ先で項目タイトルをクリックすれば、この目次に戻れます》


本ファイル名称=liver_001.nm2


→トップページへ戻る


お手数ですが、もう一度下記のリンクをクリックしてください:

情報データベース(肝臓)のトップページへ






《この資料の目次に戻るためには、上記の標題行をクリックしてください》

疾患名 =肝細胞がん( Hepatocellular Carcinoma )


資料 A=_進行期`肝細胞がん_の_全身的`治療_(資料ご紹介の作成年月='10/12)


資料名=Medscape Pharmacists


このコーナーでは、上記の資料の内容の概略をご紹介しています。各ページには、当該ページに対応する原資料サイトのページへのリンクを設定してありますが、原資料サイト での ページ構成変更により、リンク切れとなっております場合は、本家サイトの

リンク集のページ

の、「情報の存在を ご紹介しているサイト」の項目に 当該原資料サイトへのリンクを収載しておりますので、そこからジャンプしてください。《当該原資料サイトには、当サイトでご紹介している以外にも豊富な情報が記載されておりますので、原資料サイトをご覧になることを強くお勧めします》

尚、このコーナーでご紹介しております原資料の日付は下記の通りです :

原資料更新時期= 07/20/2010 

本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

アブストラクト


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

背景


--【『 』であるが…|『約 80% の _肝細胞がん_ケース《複数》 は 起きる--【・*に於いて |*←発展途上国《複数》 』】〓〓、〈その〉_発症`頻度_{☆の}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_肝細胞がん_⌒〔 ★←西側諸国《複数》】〓〓 は 上昇しつつある--【・*の理由から |*←〈その〉インパクト{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_C 型`肝炎_ 】┏┓。    _挑戦課題_《複数》{ ∬ (する)ことに於いての}¨ ⌒〔 ∬=開発する_【・*を |*←_効果的_ な _治療_法《複数》 】〓〓 は 含む_【・*を |*←〈その〉本来的な_化学療法__耐性_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_肝細胞がん_】〈その〉_薬理学`的__挑戦課題_《複数》{☆による}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉疾患 _肝】〈その〉大部分の_患者さん_ での 、_進行期_での 初診断〈その〉困難性{ ∬ (する)ことに於いての}¨ ⌒〔 ∬=十分に 測定する_【・*を |*←_放射線的`奏効 】┏┓。    --【『 』の一方で…|『_反応_{☆への}¨ ⌒〔 ☆←_伝統的な__化学療法剤_《複数》】〓〓 が 記録されて在る 』】〓〓、_有意な__生存`利益__は ¨※¨である 【・※←論争的 】┏┓。

方法


〈その〉著者《複数》 は _レビュー_する_【・*を |*←〈その〉¨結果《複数》{☆の}{ ¶ ところの#←}¨ ⌒〔 ☆←公刊された_臨床試験_《複数》_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_全身的`治療_ 、及び、 _免疫`療法_⌒〔 ←#¶ =インパクトを与えて在る--【・*に |*←〈その〉_現行の__治療_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_肝細胞がん_ 】┏┓。

_結果《複数》_


--【・*により… |*←_最近_ の _進歩{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉解明{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_肝細胞がん_ の _分子的_径路《複数》】〓〓、_分子標的`治療`薬_《複数》 は 示す_【・*を |*←_有望性 】┏┓。    〈その〉_多重__キナーゼ__抑制薬_sorafenib は もたらして在る_【・*を |*←_生存`利益_--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_進行期`肝細胞がん_】〓〓、そして、それ は 良好に 温存した_【・*を |*←_肝臓_機能 】┏┓。    sunitinib、bevacizumab、_上皮`成長`因子`レセプタ《 EGFR 》__抑制薬_《複数》 、及び、 _哺乳類のラパマイシン標的タンパク質(mTOR)__抑制薬_《複数》 は _示して在る_【・*を |*←_活性_--【・*に於いて |*←_小規模_な_患者さん__グループ_《複数》 】┏┓。    _免疫`療法_ は ¨ ∬ ¨(である)ようである 【 ∬=¨※¨である 【・※←〈一つの〉_有望的_ な アプローチ{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=もたらす_【・*を |*←〈その〉_退縮_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_かさ高の_、_浸潤性_ の  がん --【・*に於いて |*←いくらかの_患者さん《複数》_ 】┏┓。

結論


新しい_薬_《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉さまざまな 作用メカニズム《複数》】〓〓 は 提供する_【・*を |*←_有望的_ な _治療__選択肢_《複数》--【・*のために |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_進行期`肝細胞がん_ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacist )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= July 20, 2010 )
「英文原題」=Abstract

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_イントロダクション_


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

グローバルな 負荷{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_肝細胞がん_】〓〓_は ¨※¨である 【・※←顕著 】┏┓。    --【・*として… |*←〈その〉 5 番目に最も_一般普通的_ な  がん 、そして、3 番目に主要な がん −関連_死亡《複数》--【・全世界で】〓〓、_肝細胞がん_ は 最もしばしば発症する--【・*に於いて |*←〈その〉_状況設定_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_慢性__肝臓_障害 、及び、 硬変 】┏┓。    地理的な 差異{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_発症`頻度_】〓〓 は 主として 関連している--【・*に |*←感染パターン《複数》{☆による}¨ ⌒〔 ☆← B 型肝炎 、及び、 C 型肝炎 】┏┓。    --【『 』であるが…|『_発症`頻度_ は 特に高い--【・*に於いて |*←アジア諸国《複数》《 _−地域流行性の__B 型`肝炎_に関連 》】〓〓、_肝細胞がん_ は 増加中である--【・*に於いて |*←先進諸国《複数》--【・*の理由から |*←〈その〉_影響{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_C 型`肝炎_ 】┏┓。    米国では、 〈その〉_肝細胞がん_ の 年齢−調整_発症`頻度_ は 倍増して在る--【・*に於いて(時) |*←_最近_数十年間 】┏┓。    _その他の_リスク_要因_《複数》{☆への}¨ ⌒〔 ☆←_肝細胞がん_】〓〓 は 含む_【・*を |*←アルコール性`肝疾患、 _脂肪性`肝炎_、 _血`色素`症_ 、及び、 アフラトキシンへの曝露 】┏┓。

--【・*にもかかわらず… |*←■__改善_された_治療_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←ウィルス性_肝炎】|-及び-|■_増加した スクリーニング{☆の}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_高リスク__患者さん《複数》_⌒〔 ★←先進諸国《複数》】〓〓、わずかに 約 40% の ¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =_診断_された【・※であると|※←_肝細胞がん_ 】〓〓_が ¨※¨である 【・※←_有資格_--〔・*のために |*←_潜在的`可能的に_治癒的_ な _治療_《 _切除_、 移植 、又は、 _局所_焼灼 》】〓〓、そして、20% の _患者さん《複数》_--【・*のために |*←_化学`塞栓法_ 】┏┓。    〈その〉それ以外の 40% の _患者さん《複数》_ は _病気`現出`する_【・*で(状態) |*←_進行期_ の _病気_ 】┏┓。    そのようなわけで、_全身的`治療_ が 適応となる--【・*のために |*←かなりの比率の¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_肝細胞がん_ 】┏┓。

〈その〉¨開発{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_効果的_ な _全身的`治療_《複数》{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_肝細胞がん_】〓〓_は ¨※¨であってきて在る 【・※←_挑戦課題_的《 テーブル 1 》(*) 】┏┓。    最初に、_腫瘍__生物学 が 求める_【・*を |*←劣った_化学療法_感受性】《 このこと は しばしば 関連している--【・*に |*←〈その〉_発現_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_薬__耐性__遺伝子_《複数》 》 】┏┓。    _過剰`発現_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←■__薬剤`排出`ポンプ`機構_《複数》{☆のような}¨ ⌒〔 ☆← P-glycoprotein 】|-及び-|■__多重`薬__耐性_蛋白質】〓〓 は _増加させる_【・*を |*←〈その〉_細胞_からの 流出{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_細胞`毒性`的__治療薬_《複数》 】┏┓。    2 つ目には、〈その〉_肝_昨日障害{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =貢献する_【・*に |*←〈その〉発症{☆の}¨ ⌒〔 ☆←大部分の_肝細胞がん_《複数》《 60 〜 80% 》 】〓〓 は 妨げる_【・*を |*←〈その〉患部供給{☆の}¨ ⌒〔 ☆←薬物_治療_ 】┏┓。    肝硬変 は #1だけでなく#2でもある || #1←障害する_【・*を |*←〈その〉医薬品`代謝 |#2←影響する_【・*に |*←〈その〉産生{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_血漿`結合`蛋白質_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =影響する_【・*に |*←〈その〉血中`比率{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_活性的__治療薬_ 】┏┓。    加えるに、〈その〉蓄積{☆の}{ ¶ ところの#←}¨ ⌒〔 ☆←水分⌒〔 ←#¶ =起きる--【・*により |*←肝硬変 】〓〓 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=変える_【・*を |*←薬物 _分布`容積_《複数》 】┏┓。

(*)《当該テーブルのイメージご紹介は省略します。原文をお読みください》

更に、_肝細胞がん_ の _結果状況_《複数》_は ¨※¨である 【・※←困難_〔 ∬ (する)ことが | ∬=測定する 】┏┓。    --【『 』の理由で…|『この_腫瘍_ は しばしば 発生する--【・*の中に |*←〈一つの〉_病気_のある_肝臓_ 』】〓〓、肝硬変−関連_死亡《複数》 が ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=混乱させる_【・*を |*←〈その〉¨評価{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_薬_の_有効性_ 】┏┓。    「_固形`腫瘍_に於ける _奏効_評価 基準」《 Response Evaluation Criteria in Solid Tumors (RECIST) 》 の 測度《複数》 は 余り よく関連しない--【・*に |*←_肝細胞がん__腫瘍__細胞《複数》_ の 死滅】〓〓、そして、_放射線`画像的__腫瘍_壊死 は ¨ ∬ ¨(される)ことがある 【 ∬=見られる--【・*無しに |*←変化《  、又は、 稀に 拡大 》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_腫瘍_の 大きさ 】┏┓。    加えるに、 _奏効率_《複数》 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=不十分にしか とらえない_【・*を |*←_臨床的__利益_ 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←_分子標的`治療`薬_の 時代】〓〓、_生存`利益_ が 立証されて在る--【・*が無い状況で |*←_客観的__腫瘍_縮退】〓〓、そして、_臨床試験_エンドポイント《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =¨ ∬ ¨(である)と考えられる 【 ∬=¨※¨である 【・※← より適切 】〓〓 は 含む_【・*を |*←_生存_、 _再発_まで 期間 、及び、 _病気`進行`まで`期間_ 】┏┓。

最後に、〈その〉組込み{☆の}{★への}¨ ⌒〔 ☆←多様な_人口集団_《複数》⌒〔 ★←_臨床試験_《複数》_】〓〓 は 提起する_【・*を |*←疑問《複数》{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←_治療_への 応用可能性 】┏┓。    例えば、 西欧 の _患者さん《複数》__は ¨※¨である 【・※←_一般的に より_年配__--〔・*を伴って |*←〈一つの〉優勢{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_C 型`肝炎_ 、及び、 アルコール−関連_硬変】〓〓、一方、アジアの_患者さん《複数》__は ¨※¨である 【・※←_一般的に より若い_--〔・*を伴って |*←_B 型`肝炎_ 、及び、 良好に温存された肝機能 】┏┓。    大部分の_臨床試験_《複数》 は 限定されている--【・*に |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆← Child-Pugh A 、又は、 B の肝機能】〓〓、そして、¨※¨は あまり 残っていない 【・※←提供すべきもの{☆のために}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆← より劣った_肝`予備能_ 】┏┓。

さまざまなシステム《複数》 が 提案されて在る--【・*のために |*←_肝細胞がん_ の _ステージ_決め】、--【・*を含めて |*← AJCC TNM、 BCLC、 CLIP、 Okuda、 CUPI、 JIS  、及び、 GRETCH (*) 】┏┓。    --【・*を除いて… |*← TNM《 これは、基づく--【・*だけに |*←_腫瘍_ の 特徴《複数》 》】〓〓、大部分の_ステージ_決め アルゴリズム は 使用する_【・*を |*←〈一つの〉¨併用{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_腫瘍_ステータス、 肝臓`機能 、及び、 _活動ステータス_《 テーブル 2 》(**) 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←〈一件の〉_研究_{ ∬ ((を)した)}¨ ⌒〔 ∬=比較した_【・*を |*← 7 種類の_ステージ_決めシステム《複数》 】】〓〓、〈その〉 BCLC システム が 提供した_【・*を |*←〈その〉最良の 独立的 _予後予測{☆への}¨ ⌒〔 ☆←_生存_--【・*に於いて |*← 239 名 の _順次的な_¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_肝細胞がん_ 】┏┓。    _肝_機能_ は _一般的に 推定される--【・*により |*←〈その〉 Child-Pugh 分類{☆の}¨ ⌒〔 ☆←肝疾患 】┏┓。

(*)これらの略号の意味については、原文をお読みください。
(**)当該テーブルのイメージご紹介は省略します。原文をお読みください。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacist )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= July 20, 2010 )
「英文原題」=Introduction

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_全身的_化学療法_


doxorubicin


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

doxorubicin は さきがけとなった--【・*の |*←〈その〉時代{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_化学療法剤_《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_肝細胞がん_ 】┏┓。    1970 年度以来、 それ は 見なされて在る--【・*として |*←¨一つ{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉最も_活性的_ な _細胞`毒性`的__薬_《複数》 】┏┓。    〈一件の〉初回_臨床試験_{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=実施された --【・*に於いて |*←ウガンダ--【・*により |*← 14 名の患者さん《複数》】〓〓 は 先触れをした_【・*を |*←〈一つの〉印象的な_奏効率_79% 】┏┓。    引き続いての_研究《複数》_ は 、しかし、_示して在る_【・*を |*← より 限定された_活性_】--【・*を伴って |*←_単剤_doxorubicin の _奏効率_約 10 〜 20% 】┏┓。

『 』(→右記)であるか否か… |『 doxorubicin が _伸長_する_【・*を |*←_生存期間_--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_肝細胞がん_ 』(か否か)]〓〓 は 引き続き¨※¨である 【※←不明確】__ : __しかし、このこと は 示唆されて在る--【・*に於いて |*←数件の_研究《複数》_ 】┏┓。    〈一件の〉_単一__臨床試験_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =_ランダムに振り分けた_【・*を |*← 60 名の患者さん《複数》--【・*に |*← doxorubicin_治療_無し 】〓〓 は _示した_【・*を |*←〈一つの〉_有意な__伸長_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_中央値での__生存期間_《 10。6 週間7。5 週間 》--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{ ∬ ((を)した)}¨ ⌒〔 ∬=受けた_【・*を |*← doxorubicin 】┏┓。    しかし、〈一件の〉_メタ分析_{ ∬ ((を)した)}¨ ⌒〔 ∬=比較した_【・*を |*← doxorubicin_治療_無し 、又は、 _その他の__治療_《複数》 】〓〓 は _示した_【・*を |*←〔何も無い( no )_有意な__生存`利益_ 〕 】┏┓。    しかし、〈一つの〉欠点{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←この_メタ分析_】〓〓_は ¨※¨であった 【・※←〈その〉雑多性{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_レジメン_《複数》{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=_研究_された--【・*に於いて |*←〈その〉比較_グループ_ 】┏┓。    〈一件の〉 より_最近_ の _研究_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =_ランダムに 振り分けた_【・*を |*←_患者さん《複数》_--【・*へ |*← doxorubicinnolatrexed 】〓〓 は _示した_【・*を |*← より_長期的_な_生存_--【・*に於いて |*←〈その〉 doxorubicin_グループ_《 32。3 週間22。3 週間 》 】┏┓。    しかし、 より多くの _研究_からの 撤退_《複数》_{☆による}¨ ⌒〔 ☆←_毒性_】〓〓 が 見られた--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=治療された--【・*により |*← nolatrexed 】〓〓、そして、このこと が ¨ ∬ ¨(した)ことの可能性がある 【 ∬=不利にバイアスを与えた--【・*に |*←_生存__データ_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← nolatrexed _グループ_ 】┏┓。

_数件の__フェーズ_2__臨床試験_《複数》_{☆を含む}¨ ⌒〔 ☆←_その他の__アントラサイクリン系`化学療法剤_《複数》{☆のような}¨ ⌒〔 ☆← epirubicin 、及び、 リポゾーム化 doxorubicin 】〓〓 は _示して在る_【・*を |*←〔何も無い( no )_有意な__利益_ 〕{☆と比較しての}¨ ⌒〔 ☆← doxorubicin--【・*の点で |*←_改善_された_結果状況_《複数》、や、_毒性_測度《複数》 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacist )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= July 20, 2010 )
「英文原題」=Doxorubicin

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

fluoropyrimidine《複数》


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_研究《複数》_{ ∬ ((を)した)}¨ ⌒〔 ∬=使用した_【・*を |*←ボーラス_投与__レジメン_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆← 5-fluorouracil + leucovorin 】〓〓 は _示して在る_【・*を |*←比較的に 高率 の _消化管`系__毒性_】--【・*を伴って |*←_奏効率_《複数》 0 〜 28% 】┏┓。    --【『 』であるが…|『〈その〉_毒性`プロフィール_{☆に伴う}¨ ⌒〔 ☆←_経口_capecitabine 】〓〓 は ¨ ∬ ¨(である)ようである 【 ∬=¨※¨である 【・※← より_管理`可能的 』】〓〓、_奏効率_《複数》 は 引き続き¨※¨である 【※←比較的に_低_い 】┏┓。    〈一件の〉_研究_{ ∬ ((を)した)}¨ ⌒〔 ∬=報告した_【・*を |*←比較的に高い dihydropyrimidine dehydrogenase (DPD)_活性_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_肝細胞がん_ 】〓〓 が ¨ ∬ ¨(する)かも知れない 【 ∬=説明する_【・*を |*←〈その〉_化学療法__耐性_{ ∬ (される)}¨ ⌒〔 ∬=見られる--【・*に於いて |*← 5-fluorouracil −ベース_レジメン_《複数》 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacist )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= July 20, 2010 )
「英文原題」=Fluoropyrimidines

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

その他の__細胞`毒性`的__治療薬


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

--【『 』であるが…|『 gemcitabine は ¨ ∬ ¨(である)ようである 【 ∬=¨※¨である 【・※←_高度に__活性的_--【・*に於いて |*← in vitro《 試験管内 》 の _細胞_ライン《複数》 』】〓〓、_臨床試験_《複数》_{ ∬ ((を)した)}¨ ⌒〔 ∬=使用した_【・*を |*←_単剤_gemcitabine 】〓〓_示して在る_【・*を |*←かなり 限定的な _臨床的__活性_ 】┏┓。    〈一つの〉_奏効率_17% が 報告された--【・*に於いて |*←〈一件の〉_小規模_台湾_臨床試験_{☆による}¨ ⌒〔 ☆← 28 名 の患者さん《複数》 】┏┓。    しかし、引き続いての_臨床試験_《複数》_ は 失敗して在る_【 ∬ (する)ことを | ∬=確認する_【・*を |*←_有意な__活性_ 】、--【・*を伴って |*←_奏効率_《複数》わずかに 0 〜 2% 】┏┓。    ¨併用{☆の}¨ ⌒〔 ☆← gemcitabine、と、_白金系`化学療法剤_《複数》】〓〓 は ¨ ∬ ¨(である)ようである 【 ∬=¨※¨である 【・※← より_活性的_】〓〓、そして、_毒性_《複数》_は ¨※¨である 【・※←_管理`可能的_--〔・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{§(の性質の)}¨ ⌒〔 §←肝機能が 維持されている 】┏┓。    --【・*により… |*←¨併用《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆← gemcitabine + oxaliplatin 】〓〓、_奏効率_《複数》 15 〜 20%  、及び、 _病気の安定化_率 48 〜 58% が 報告されて在る--【・*に於いて |*←_小規模__フェーズ_2__臨床試験_《複数》_ 】┏┓。    irinotecan_は 持つ_【・*を |*←_最小限_の_臨床的__活性_--【・*を伴って |*←_実体的な__毒性_{☆に関連した}¨ ⌒〔 ☆←それの _肝臓_ での 代謝】〓〓、そして、それ は 推奨されない--【・*のために |*←_臨床試験_の_状況設定_外 での 使用 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacist )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= July 20, 2010 )
「英文原題」=Other Cytotoxic Agents

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_ホルモン療法_


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

--【・*にもかかわらず… |*←〈その〉_知見_{=『 』という(右記)}¨=『いくらかの_肝細胞がん_《複数》 は _発現_する_【・*を |*←エストロゲン レセプタ《複数》 』】〓〓、大部分の_臨床試験_《複数》_{ ∬ ((を)した)}¨ ⌒〔 ∬=評価した_【・*を |*←〈その〉¨役割{☆の}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆← tamoxifen ⌒〔 ★←_進行期`肝細胞がん_】〓〓 は 見出して在る_【・*を |*←ほとんど無い※ |※←_証拠_{☆への}¨ ⌒〔 ☆←_生存`利益_ --【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=治療された--【・*により |*← tamoxifen_プラセボ_ 】┏┓。    サブグループ_分析_ は 示唆した--【・*を |*←〈一つの〉_有り得る的_な 有害`効果{☆への}¨ ⌒〔 ☆←_生存_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=治療された--【・*により |*← より_高用量_ の tamoxifen 】┏┓。

--【『 』であるが…|『ソマトスタチン _レセプタ_《複数》 が 見出されて在る--【・*の中に |*←_肝細胞がん_検体《複数》 』】〓〓、_プラセボ_−比較_臨床試験_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_長期`作用`型 ソマトスタチン】〓〓 は 失敗して在る_【 ∬ (する)ことに | ∬=示す_【・*を |*←_活性_--【・*に於いて |*←_進行期`肝細胞がん_ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacist )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= July 20, 2010 )
「英文原題」=Hormonal Therapy

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_分子標的`治療`薬_


概観


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

--【・*を考慮して… |*←〈その〉失望させる的な_結果《複数》_{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=見られた--【・*により |*←_従来的な__全身的__化学療法_】】〓〓、 より多くの 注目 は _最近_焦点を 当てられて在る--【・*に |*← ∬ (する)こと | ∬=解明する_【・*を |*←_分子的_標的《複数》{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_肝細胞がん_ 】┏┓。    --【 ∬ (する)ことにより …| ∬=干渉する_【・*に |*←径路《複数》{☆に関与している}¨ ⌒〔 ☆←_悪性__細胞_ の _成長_ 、及び、 増殖 】〓〓、_分子標的`治療`薬_《複数》 は デザインされている--【 ∬ (する)ように | ∬=妨げる_【・*を |*←_腫瘍__進行_--【・*を伴って |*←_最小限_ の _毒性_{☆への}¨ ⌒〔 ☆←正常_細胞《複数》_ 】┏┓。    これらの_薬_《複数》 は _典型的には__伸長_する_【・*を |*←_生存`期間_--【・*の結果として |*←_病気の安定化_--【・*というよりも |*←_客観的__腫瘍_縮退 】《 テーブル 3 参照 》┏┓。

テーブル 3 : _選択_された_分子標的`治療`薬_ の _肝細胞がん__治療_に於ける _活性_
《注 : _用量_については、原文をお読みください》

_治療薬_ 参加_患者さん数 奏効率 TTP、PFS OS
sorafenib 137 2% TTP 4.2 9.2
sorafenib対_プラセボ_ 602 2%対1% TTP 5.5対2.8 10.7対7.9
sorafenib対_プラセボ_ 226 報告無し TTP 2.8対1.4 6.5対 4.2
sorafenib/doxorubicin対(*) 96 4%対2% TTP 8.6対4.8 13.7対6.5
bevacizumab 46 13% FS 6.9(**) 12.4
bevacizumab/erlotinib 40 25% PFS 9 15.7
erlotinib 38 8% TTP 3.2 13
erlotinib 40 3% TTP 6.5 10.8
cetuximab 30 0 PFS 1.4 9.6
sunitinib 37 3% 報告無し 報告無し
sunitinib 34 3% PFS 4 9.9
sirolimus 14 40% PFS 100%(***) 報告無し

(*) : _プラセボ/doxorubicin
(**) : 原文通り《おそらく、正しくは PFS のミスプリであろうと思われます》
(***) : 16 週間後
※略号の説明《いずれも_中央値》 : TTP=_病気`進行`まで`期間《月間》、 PFS=_進行無し`生存期間《月間》、 OS=_全体的`生存期間_《月間》


_肝細胞がん__は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉_高度に_血管性の__腫瘍_】、《 反映して_【・*を |*←〈その〉_活性_化{☆の}¨ ⌒〔 ☆←径路{☆に関与している}¨ ⌒〔 ☆←_血管新生_ 》 】┏┓。    増加した_レベル_ の _血管内皮`成長`因子《 VEGF 》_ が 示唆されて在る--【・*に於いて |*←〈その〉病因論{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_肝細胞がん_】〓〓、そして、示されて在る_【 ∬ (する)ことが | ∬=関連する_【・*に |*←_腫瘍__再発_ 、及び、 _存続_ 】┏┓。    加えるに、異常《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉 mitogen-activated protein kinase (MAPK)径路】〓〓 が 明らかにされて在る--【・*として |*←キー・シグナル《複数》{☆への}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_成長_ 、及び、 _存続_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_肝細胞がん_ 】┏┓。    このシグナル径路 は 構成される--【・*から |*←〈その〉_細胞__キナーゼ_《複数》 MAPK、 ras、 raf、 MEK 、及び、  ERK 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←或る_研究_】〓〓、_過剰`発現_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← MAPK 】〓〓 が 検出された--【・*により |*←_免疫`組織`化学_法--【・*に於いて |*← 91%{☆のうちの}¨ ⌒〔 ☆←検査された 46 例の_肝細胞がん_《複数》 】┏┓。    加えるに、検出{☆の}¨ ⌒〔 ☆←リン酸化された MEK1/2 】〓〓_が ¨※¨であった 【・※← より高頻度--【・*に従って |*←_腫瘍__ステージ_ の 進行 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacist )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= July 20, 2010 )
「英文原題」=Targeted Therapies

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

sorafenib


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

sorafenib_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉多重キナーゼ抑制薬{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_活性_{☆に対する}¨ ⌒〔 ☆← c-Raf、 b-Raf、血管内皮成長因子レセプタ《 VEGFR 》、c-KIT 、及び、 _血小板`由来`成長因子__レセプタ_ベータ《 これら_は ¨※¨である 【・※←重要_--〔・*に於いて |*←_腫瘍__細胞_増殖 、及び、 _血管新生_ 》 】┏┓。    _前臨床的__研究《複数》_ は _示した_【・*を |*←_強力な__抗−腫瘍__活性_--【・*に於いて |*←_肝細胞がん__細胞_ライン《複数》 、及び、 _異種移植_モデル《複数》 】┏┓。    続いて、〈一件の〉_フェーズ_2__臨床試験_ が 実施された--【・*に於いて |*← 137 名の患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_進行期__肝細胞がん_ 】┏┓。    大部分の_患者さん《複数》《 72%》__は 持った_【・*を |*← Child-Pugh A 肝機能】《 これら以外の_患者さん_ は 持った_【・*を |*← Child-Pugh B 肝機能 》 】┏┓。    sorafenib が _投与_された--【・継続的に_400mg 1 日 2 回で 】┏┓。    --【『 』であるが…|『_客観的`奏効率__は ¨※¨であった 【・※←少ない《 3 名の患者さん《複数》が_部分奏効_、8 名 が 小規模_奏効_ 》】〓〓、約 3 分の 1 の _患者さん《複数》__が 持った_【・*を |*←_病気の安定化_】〓〓、そして、_中央値での__生存期間__は ¨※¨であった 【・※←〈一つの〉_勇気づける的_9。2 ヶ月間 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←〈一つの〉サブセットの_患者さん《複数》_{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←バイオマーカー 相関関係】〓〓、_有意に より_長期間の__病気`進行`まで`期間_ が 見られた--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_腫瘍_《複数》{ ∬ ((を)した)}¨ ⌒〔 ∬=示した_【・*を |*← より高い _治療_前 pERK 染色`強度 】┏┓。

このこと は _導いた--【・*へ |*←〈その〉_ランダム化__フェーズ_3_Sorafenib Hepatocellular Carcinoma Assessment Randomized Protocol (SHARP)_臨床試験_{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=実施された --【・*に於いて |*←主として欧州 の _治療_センター《複数》】┏┓。    〈その〉_臨床試験_ は _ランダムに 振り分けた_【・*を |*← 602 名の患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_進行期`肝細胞がん_ 、及び、 Child-Pugh A 肝機能--【 ∬ (する)ように | ∬=受けるように_【・*を |*← sorafenib 、又は、 _プラセボ_ 】┏┓。    〈その〉_研究_ は 停止された--【・*に於いて |*←〈一つの〉中間`分析--【・*の理由から |*←〈一つの〉_生存`利益_{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=見られた--【・*に於いて |*←〈その〉 sorafenib_グループ_ 《 10。7 ヶ月間7。9 ヶ月間 》 】┏┓。    _病気`進行`まで`期間_も、また、¨※¨であった 【・※← _有意に より_長期間_--〔・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=治療された--【・*により |*← sorafenib 《 5。5 ヶ月間2。8 ヶ月間 》】、--【『 』であるが…|『〈その〉_奏効率__は ¨※¨であった 【・※←_無視`可能的_な 2% 』】┏┓。    _治療__は ¨※¨であった 【・※←比較的に_忍容性`良好_】__ : __〈その〉唯一の_グレード_3 / 4 の _毒性_《複数》{§(の性質の)}¨ ⌒〔 §← より_一般普通的__--〔・*に於いて |*←〈その〉 sorafenib_グループ_ 】〓〓_は ¨※¨であった 【・※←_下痢_《 8%2% 》 、及び、 _手足`症候群_《 8%1%未満 》 】┏┓。    --【・*の中で… |*←この_臨床試験_】〓〓、サブグループ_分析_ は _示した_【・*を |*←〈一つの〉_利益_{☆による}¨ ⌒〔 ☆← sorafenib--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_C 型`肝炎_《 --【・*を伴って |*←〈一つの〉_中央値での__生存`利益_14 ヶ月間--【・*と比較して |*← 10。7 ヶ月間{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉全体としての sorafenib_治療`患者さん`グループ_ 》 】┏┓。    _同様_に、〈一件の〉_後ろ向き`方式__分析_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_フェーズ_2_¨¨_臨床試験_{☆の}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆← sorafenib ⌒〔 ★←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_肝細胞がん_】〓〓 は _示した_【・『 』ということを… |『¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_C 型`肝炎_】《 13 名 》_は 持った_【・*を |*← より_長期間の__病気`進行`まで`期間_--【・*と比較して |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_B 型`肝炎_】《 33 名 》《 12。4 ヶ月間7。3 ヶ月間 》 】┏┓。    〈一つの〉考えられる 説明 は ¨ ∬ ¨(である)かも知れない 【 ∬=¨※¨である 【・※←〈その〉増幅された raf_キナーゼ__活性_{ ∬ (される)}¨ ⌒〔 ∬=観察される --【・*に於いて |*← HCV-1_コア`蛋白質_】┏┓。

〈一件の〉_フェーズ_3_¨¨研究{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_同様_ な デザイン】〓〓 が 実施された--【・*に於いて |*←アジア 、及び、 太平洋 地域 の _治療_センター《複数》 】┏┓。    --【・*と対照的に… |*←〈その〉 SHARP_研究_】〓〓、_患者さん《複数》__は ¨※¨であった 【・※← より_若年_】〓〓、また、持った_【・*を |*← より劣った_活動ステータス_ 】〓〓、また、 より高頻度に_感染していた--【・*に |*←_B 型`肝炎_ 】┏┓。    加えるに、_腫瘍_《複数》_は 持った_【・*を |*← より多くの 血管`巻き込み 、及び、 _肝臓_外 拡大 】┏┓。    それにも関わらず、 〈一つの〉_生存`利益_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←同程度の 大きさ】〓〓 が 見られた--【・*にもかかわらず |*← より_低_い 値《複数》{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←_全体的`生存_《 6。5 ヶ月間4。2 ヶ月間 》 、及び、 _病気`進行`まで`期間_《 2。8 ヶ月間1。4 ヶ月間 》 】┏┓。    _グレード_3 / 4 の _毒性_《複数》{§(の性質の)}¨ ⌒〔 §← より高頻度--【・*よりも |*←_プラセボ__グループ_ 】〓〓 は 含んだ_【・*を |*←_下痢_、 _手足`症候群_ 、及び、 _疲労感_ 】┏┓。
◆◆◆◆◆編集メモ:ここまで一旦投稿済み◆◆◆◆◆--

--【・*に於いて… |*←両方の_フェーズ_3__臨床試験_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆← sorafenib_】〓〓、参加`基準 は 限定されていた--【・*に |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆← Child-Pugh A_肝臓__機能_ 】┏┓。    情報{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉¨使用{☆の}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆← sorafenib ⌒〔 ★←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆← Child-Pugh B の _病気_】〓〓 は 来る--【・*から |*←サブセット_分析_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← 38 名の患者さん《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_フェーズ_2__臨床試験_ 】┏┓。    --【・*によれば… |*←この_レポート_】〓〓、_深刻な__有害`事象_《複数》 が 見られた--【・*に於いて |*← 52% の ¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆← Child-Pugh A--【・*と比較して |*← 68% の ¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆← Child-Pugh B_ 】┏┓。    上昇したビリルビン値、 悪化した_脳障害 、及び、 悪化した_腹水__は ¨※¨であった 【・※← より_一般普通的__--〔・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆← Child-Pugh B 】、--【『 』であるが…|『それ《 ∬ すること(右記)》〓〓は 困難である……∬=確かめる_[『 』(→右記)のいずれであるかを… |『 この悪化{☆の}¨ ⌒〔 ☆←肝機能】〓〓 が 関連していた--【・*に |*← sorafenib_投与_ 、又は、 基礎疾患 の _進行_ 』(のいずれであるか)】 』】┏┓。    _薬物`動態論`的__分析__は ¨※¨であった 【・※←_比肩`可能的__--〔・*に於いて |*←これらの 2 つの_グループ_《複数》】〓〓、そして、¨¨率《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_投与_中止 、及び、 _用量_引き下げ】〓〓_は ¨※¨であった 【・※←_同様_ 】┏┓。    それ《=『 』ということ(右記)》〓〓が 注記されるべきである……【・=『 sorafenib は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=_引き起こす_【・*を |*←上昇《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←ビリルビン--【・*を通じて |*←_抑制_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← uridine disphosphate-glucuronosyltransferase (UGT) 1A1 』 】┏┓。

〈その〉有用性{☆の}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆← sorafenib ⌒〔 ★←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆← より_進行期_ の _病気_{☆を含む}¨ ⌒〔 ☆← Child-Pugh B 《 26%》 、及び、 Child-Pugh C 《 3%》】〓〓 は 評価された--【・*に於いて |*← 51 名の患者さん《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈一件の〉_フェーズ_2__臨床試験_{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=実施された--【・*に於いて |*←〈一つの〉_単一_施設{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←香港 】┏┓。    _人口`統計学`的__データ_ は 明らかにした_【・『 』ということを… |『 90% の _患者さん《複数》__は 持った_【・*を |*←_B 型`肝炎_】〓〓、そして、6% の _患者さん《複数》__は 持った_【・*を |*←_C 型`肝炎_】、--【『 』の一方で…|『 47%_は ¨※¨であった 【・※←_ステージ_4_ 』】 』 】┏┓。    _奏効_ は 起きた--【・*に於いて |*← 8%】〓〓、そして、18%_は 持った_【・*を |*←_病勢`安定化_--【・*にわたり |*←少なくとも 3 ヶ月間 】┏┓。    _中央値での__全体的`生存期間__は ¨※¨であった 【・※← 5 ヶ月間 】┏┓。    〈その〉欠如{☆の}¨ ⌒〔 ☆←肝外_転移_《 特に肺_転移_ 》】〓〓 が 予測した_【・*を |*←_臨床的`利益_ 】┏┓。    〔何も無い( no )差違 〕{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_利益_】〓〓 が 観察された(の否定)--【・*の間で |*← Child-Pugh A、と、B/C--【・*に於いて |*←_全体的`生存期間_《 5。5 ヶ月間5 ヶ月間 》 】┏┓。    _同様_に、 ¨※¨は 存在しなかった 【・※←_有意差《複数》(否定)--【・*に於いて |*←_グレード_3/4 の _血液学的__毒性_《複数》_非−_血液学的__毒性_《複数》《 より重要なこととして 》肝機能 障害 】】 --【・*の間に |*← Child-Pugh A、と、B / C 】┏┓。

〈その〉¨併用{☆の}¨ ⌒〔 ☆← sorafenib + doxorubicin 】〓〓 が 比較された--【・*と(比較対象) |*← doxorubicin だけ--【・*に於いて |*←〈一件の〉_ランダム化__フェーズ_2__臨床試験_ 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←〈一つの〉_予備的な_報告{☆を含む}¨ ⌒〔 ☆← 96 名の患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆← Child-Pugh A 肝機能】〓〓、_全体的`生存期間__は ¨※¨であった 【・※←■__勇気づける的_な 13。8 ヶ月間《 〈その〉_併用__グループ_ 》】|--|■_6。5 ヶ月間《 doxorubicin 単独_グループ_ 》 】┏┓。    ところが、 _左心室`機能`不全_《 如何なる_グレード_ 》 が 見られた--【・*に於いて |*← 19% の ¨患者さん《複数》{ ∬ ((を)した)}¨ ⌒〔 ∬=受けた_【・*を |*←〈その〉 sorafenib / doxorubicin_併用__レジメン_ 】┏┓。    この_併用__レジメン_ は 必要とする_【・*を |*←_更なる_注意深い _臨床的_調査--【 ∬ (する)ことの前に | ∬=入る--【・*に |*←〈その〉_臨床的_明細表 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacist )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= July 20, 2010 )
「英文原題」=Sorafenib

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

sunitinib


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

sunitinib_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉_経口__抑制薬_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←多重_チロシンキナーゼ《複数》{☆を含む}¨ ⌒〔 ☆←血管内皮成長因子レセプタ《 VEGFR 》、 _血小板`由来`成長因子__レセプタ_、 KIT 、及び、 FLT3 】┏┓。    〈一件の〉欧州/アジア_フェーズ_2__研究_ は 調べた_【・*を |*←¨有効性、及び、安全性{☆の}¨ ⌒〔 ☆← sunitinib《 50mg /日 4 〜 6 週間 》--【・*に於いて |*← 37% の ¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_非−切除可能的__肝細胞がん_ 】┏┓。    --【『 』であるが…|『わずかに 1 例の_部分奏効_ が 確認された 』】〓〓、_病勢`安定化_ が 見られた--【・*に於いて |*←約 40%】〓〓、そして、画像的 な _証拠_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_腫瘍_壊死】〓〓 が 見られた--【・*に於いて |*← 46% の_患者さん《複数》_ 】┏┓。    ところが、 _有意な_率 の _グレード3/4_毒性_《複数》 が 見られた、--【・*を含めて |*←_血小板`減少症_《 43%》、 _好中球`減少症_《 24%》、 _中枢神経系__症状_《複数》《 24%》、 _無力症_《 22%》 、及び、 _出血_《 14%》 】┏┓。    4 名の患者さん《複数》_は 持った_【・*を |*←_生命に関わる`的__治療_−関連_イベント《複数》 】┏┓。

2 件の引き続いての_フェーズ_2__臨床試験_《複数》_ は _示した_【・*を |*←_改善_された_忍容性_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← sunitinib_【 ∬ して | ∬=使用して_【・*を |*←〈一つの〉_用量_37。5mg /日 4 〜 6 週間_投与_ 】┏┓。    類似した _奏効率_ が 見られた--【・*を伴って |*←少数の_部分奏効_《複数》 、及び、 _病勢`安定化_35%〜 40% 】┏┓。    _グレード3_/4_毒性_《複数》 は 含んだ_【・*を |*←上昇した 血中 glutamic-oxaloacetic transaminase (alanine aminotransferase)、 _リンパ球`減少`[症_、 _好中球`減少症_、 _疲労感_ 、_血小板`減少症_、 _高`ビリルビン`血`[症_、 高血圧、 _手足`症候群_ 、及び、 _発疹_ 】┏┓。    これらの_予備的な__データ_ は 示す_【・*を |*←_活性_{§(の性質の)}¨ ⌒〔 §←類似している--【・*に |*← sorafenib 】、--【・*を伴いはするが |*←■_〈一つの〉異なる_毒性`プロフィール_|-そして-|■_何も無い( no )明確な確認 〕{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_生存`利益_ 】┏┓。    〈一件の〉_進展中_ の _フェーズ_3__臨床試験_ は ¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=比較する_【・*を |*←〈その〉¨有効性{☆の}¨ ⌒〔 ☆← sorafenibsunitinib 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacist )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= July 20, 2010 )
「英文原題」=Sunitinib

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

bevacizumab


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

bevacizumab_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉_遺伝子`組み替え__ヒト化__モノクロナル抗体_{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=向けられた--【・*に |*←_血管内皮`成長`因子《 VEGF 》_ 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←〈一件の〉_フェーズ_2_¨¨_臨床試験_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← 46 名の患者さん《複数》】〓〓、bevacizumab は _投与_された--【・*として |*←〈一つの〉_単一__薬_《 5 mg / kg 、又は、 10 mg / kg を_投与_ 》 】┏┓。    _客観的`奏効 が 見られた--【・*に於いて |*← 13% の _患者さん《複数》_】〓〓、そして、_中央値での__進行無し`生存_期間 、及び、 _全体的`生存期間__は ¨※¨であった 【・※←それぞれ 6。9 ヶ月間 、及び、 12。4 ヶ月間 】┏┓。    --【・*として… |*←〈一つの〉興味深い__相関`関係_、 ■_¨¨_有意な_低下{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_腫瘍_動脈_強調{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆← MRI 】|-及び-|■_低下《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←循環_血管内皮`成長`因子《 VEGF 》_】〓〓 が 見られた--【・*により |*← bevacizumab 】┏┓。    〈その〉最も_一般普通的_ な _グレード3_/4_毒性_《複数》_は ¨※¨であった 【・※←高血圧《 15%》、 _血栓症_《 6%》 、及び、 _出血_《 11% 》 】┏┓。    〈一件の〉_静脈`りゅう`出血_ が 見られた--【・*に於いて |*←〈その〉 2 番目の組込み_患者さん_】〓〓、そして、そのこと  は もたらした_【・*を |*←〈一つの〉プロトコル修正{ ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=求める_【・*を |*←¨¨_内視鏡 、及び、 _治療_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒【 ☆←〈一つの〉病歴{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_食道`静脈瘤_ 、又は、 ¨¨_証拠_{☆の}{★による}¨ ⌒〔 ☆←静脈瘤⌒〔 ★←_治療_前 画像検査《複数》 】┏┓。

〈その〉¨併用{☆の}¨ ⌒〔 ☆← erlotinib + bevacizumab 】〓〓 は _示した_【・*を |*←_勇気づける的__活性_--【・*に於いて |*←〈一つの〉_同一`条件者`グループ_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← 40 名の患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_進行期__肝細胞がん_ 、及び、 Child-Pugh A / B の_肝`機能_ 】┏┓。    _部分奏効_《複数》 が 見られた--【・*に於いて |*← 25% の _患者さん《複数》_】〓〓、そして、62% の _患者さん《複数》__は ¨※¨であった 【・※←_進行無し の 状態_--〔・*の時点で |*← 16 週間後 】┏┓。    〈その〉_中央値での__全体的`生存期間__は ¨※¨であった 【・※← 15。7 ヶ月間 】┏┓。    _グレード3_/4_有害`事象_《複数》 は 含んだ_【・*を |*←_副作用_《複数》{ ∬ (される)}¨ ⌒〔 ∬=予期される--【・*から |*←〈その〉個々の_薬_《複数》 】{☆のような}¨ ⌒〔 ☆←_疲労感_《 20%》、 高血圧《 15%》、 _下痢_《 10%》 、及び、 _トランスアミナーゼ_値`上昇《 10%》 】┏┓。    〈その〉_発症`頻度_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_グレード_3/4 の _消化管`系_出血_】〓〓_は ¨※¨であった 【・※←顕著_--〔・*に於いても |*←この_臨床試験_】、《 巻き込んで_【・*を |*← 12。5% の_患者さん《複数》_ 》 】┏┓。    --【『 』の後に…|『〈その〉_臨床試験_プロトコル が 修正された--【 ∬ (する)ことのために | ∬=■_含む_【・*を |*←静脈瘤 の スクリーニング】|-そして-|■_求める_【・*を |*←十分な¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_食道`静脈瘤_--【・*の前に |*←プロトコルへの組込み 】 』】〓〓、〔何も無い( no )_更なる_静脈瘤_出血_《複数》 〕〓〓 が 見られた(の否定)┏┓。

--【・*に於いて… |*←〈一件の〉_臨床試験_{ ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=_併用_する_【・*を |*← gemcitabine、oxaliplatin 、及び、 bevacizumab 】】〓〓、_有効性__は ¨※¨であった 【・※←_同様__--〔・*に |*←〈その〉_先行_公刊 の gemcitabine / oxaliplatin_併用__レジメン_ 】┏┓。    _毒性_《複数》_は ¨※¨であった 【・※←予測`可能的 で _首尾一貫`的__--〔・*と |*←個々の_薬_ の 場合】、--【・*を伴って |*←〈その〉例外{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉かなり高い_発症`頻度_《 27%》の_グレード3_高血圧 】┏┓。    _グレード3__消化管`系__出血_ が 見られた--【・*に於いて |*← 3 名の患者さん《複数》】〓〓、そして、1 名の患者さん は 経験した_【・*を |*←_腸`穿孔_ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacist )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= July 20, 2010 )
「英文原題」=Bevacizumab

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

EGFR_抑制薬


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_過剰`発現_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_上皮`成長`因子`レセプタ《 EGFR 》_】〓〓 が 明らかにされて在る--【・*に於いて |*←〈一つの〉_有意な_割合の_肝細胞がん_《複数》 】┏┓。    erlotinib_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉_経口__チロシンキナーゼ`抑制薬_{ ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=標的する_【・*に |*←〈その〉_細胞_内 ドメイン{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_上皮`成長`因子`レセプタ《 EGFR 》_ 】┏┓。    〈一件の〉_フェーズ_2__研究_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =使用する_【・*を |*← erlotinib《 150mg_毎日_投与_ 》--【・*に於いて |*← 38 名 の _先行治療`経験`有り の_¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒【 ☆←_進行期`肝細胞がん_ 】〓〓 が _示した_【・*を |*←部分奏効--【・*に於いて |*← 3 名の患者さん《複数》 】┏┓。    〈その〉_進行無し`生存_率_は ¨※¨であった 【・※← 6 ヶ月後 32%】〓〓、そして、_全体的`生存期間__は ¨※¨であった 【・※←〈一つの〉評価できる 13 ヶ月間 】┏┓。    _グレード3_/4_有害`効果《複数》 は 含んだ_【・*を |*←_発疹_《 13%》、 _下痢_《 8%》、 _疲労感_《 8%》 】┏┓。    〈一件の〉 2 件目の_フェーズ_2__臨床試験_{☆の}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆← erlotinib ⌒〔 ★←_先行治療`経験`無し の__患者さん《複数》_】〓〓 は 明らかにした_【・*を |*←〔何も無い( no )_客観的`奏効《複数》 〕 】┏┓。    ところが、 半数近く{☆の}¨ ⌒〔 ☆← 40 名の患者さん《複数》】〓〓 は 達成した_【・*を |*←_病勢`安定化_{☆にわたる}¨ ⌒〔 ☆← 16 週間 の _治療_】〓〓、そして、〈その〉_中央値での__生存期間__は ¨※¨であった 【・※← 10。8 ヶ月間 】┏┓。    それ《=『 』ということ(右記)》〓〓 が 注記されねば ならない……【・=『_上皮`成長`因子`レセプタ《 EGFR 》_ の _発現_ は ¨ ∬ ¨しなかった 【 ∬=関連する (の否定)--【・*に |*←_結果状況_--【・*に於いても |*←いずれの_研究_ 』 】┏┓。

cetuximab_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉キメラ_モノクロナル抗体_{ ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=標的する_【・*に |*←〈その〉_上皮`成長`因子`レセプタ《 EGFR 》_ 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←〈一件の〉_フェーズ_2__研究_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =評価した_【・*を |*← 30 名の患者さん《複数》{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=_治療_された --【・*により |*← cetuximab だけ】】〓〓、5 名の患者さん《複数》_は 持った_【・*を |*←_病勢`安定化_】《 _奏効_《複数》 は みられなかった 》 】┏┓。    〈その〉_中央値での_全体的`生存期間__は ¨※¨であった 【・※← 9。6 ヶ月間】〓〓、そして、_進行無し`生存_期間_は ¨※¨であった 【・※← 1。4 ヶ月間 】┏┓。    _治療__は ¨※¨であった 【・※←_忍容性`良好_】〓〓、しかし、〔何も無い( no )_有意な__抗−腫瘍__活性_ 〕〓〓 が 見られた(の否定)┏┓。    cetuximab の _トラフ濃度_《複数》 は 見出されなかった_【 ∬ (している)と | ∬=著しく変化している(の否定)--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒【 ☆←_中等度_ の 肝機能`障害 】┏┓。

--【・*に於いて… |*←〈一件の〉_研究_{☆を組み込んだ}{ ¶ ところの#←}¨ ⌒〔 ☆← 45 名の患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_進行期`肝細胞がん_⌒〔 ←#¶ =使用した_【・*を |*←〈その〉 gemcitabine / oxaliplatin《 GEMOX_レジメン_ 》 + cetuximab 】】〓〓、¨※¨が 存在した 【・※← 9 件の_部分奏効_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =持続した--【・*にわたり |*← 2 〜 14 ヶ月間 】┏┓。    _病勢`安定化_ は 観察された--【・*に於いて |*← 40%】、--【・*を伴って |*←〈一つの〉_全体的__病気`コントロール_率 60% 】┏┓。    _進行無し`生存_期間 、及び、 _全体的`生存期間__は ¨※¨であった 【・※←それぞれ 4。7 ヶ月間 、及び、 9。5 ヶ月間 】┏┓。    〔何も無い( no )_統計的な 差異 〕〓〓 が 見られた(の否定)--【・*に従って |*←〈その〉程度{☆の}¨ ⌒〔 ☆← cetuximab −関連_皮膚_毒性_《 _グレード_2 〜 3_グレード_0 〜 1 》】〓〓、そして、_毒性__は ¨※¨であった 【・※←_管理`可能的_--〔・*を伴って |*←〔何も無い( no )_毒性__死亡 〕 】┏┓。    それ《=『 』かどうか(右記)》〓〓は 現時点では 明確でない……【・=『 cetuximab 追加 が 提供する_【・*を |*←追加的_利益_--【・*と比較して |*←〈その〉 GEMOX_併用__レジメン_だけの場合 』(かどうか) 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacist )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= July 20, 2010 )
「英文原題」=EGFR Inhibitors

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

mTOR`抑制薬


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

〈その〉_キナーゼ_カスケード{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =含む_【・*を |*← phosphoinositide-3 kinase (PI3K)、 プロテイン・_キナーゼ_B(Akt) 、及び、 _哺乳類のラパマイシン標的タンパク質(mTOR)_ 】〓〓 は 関連している--【・*に |*←_進行_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_細胞_サイクル】〓〓、そして、それ_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉_主要`制御`因子_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_細胞__成長_、 _生存_ 、及び、 増殖 】┏┓。    sirolimus、temsirolimus、及び、everolimus(RAD 001)_は ¨※¨である 【・※←_mTOR`抑制薬_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =既に_臨床に 使用されている 】┏┓。    sirolimus は 使用される--【・*として |*←〈一つの〉_免疫_抑制_薬_{☆の後の}¨ ⌒〔 ☆←固形臓器 の 移植】〓〓、そして、temsirolimus、及び、everolimus は _認可_されている--【・*のために |*←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_腎細胞がん_ 】┏┓。

〈その〉_哺乳類のラパマイシン標的タンパク質(mTOR)_径路 は _活性_化されている--【・*に於いて |*←約 50% の _肝細胞がん_《複数》 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←〈一つの〉_肝細胞がん_マウスモデル】〓〓、sirolimus は 低下させた_【・*を |*←_腫瘍__成長_、及び、_血管`分布_ 】┏┓。    〈一件の〉パイロット研究{☆の}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆← sirolimus ⌒〔 ★←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒【 ☆←_進行期`肝細胞がん_】〓〓 は 含んだ_【・*を |*← 14 名の患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←肝硬変 】┏┓。    _奏効_《複数》 が 見られた--【・*に於いて |*← 40% の_患者さん《複数》_《 _部分奏効_5 名、_完全奏効_1 名 》 】┏┓。    _薬剤`関連性`毒性_《複数》 は 含んだ_【・*を |*←_粘膜炎_、 _疲労感_、及び、皮膚_毒性_ 】┏┓。    ¨併用{☆の}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_mTOR`抑制薬_《複数》 + doxorubicin / cisplatin ⌒〔 ★←実験的 モデル《複数》】〓〓 は _示して在る_【・*を |*←相加的な _抗−腫瘍__効果_《複数》】〓〓、--【『 』であるが…|『これらの_結果《複数》_ は 待っている_【・*を |*←確認{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_臨床試験_《複数》_ 』】┏┓。    グローバルな¨¨研究{☆の}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆← sirolimus、及び、everolimus ⌒〔 ★←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒【 ☆←_肝細胞がん_】〓〓_は ¨※¨である 【・※←_進展中_ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacist )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= July 20, 2010 )
「英文原題」=mTOR Inhibitors

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_免疫`療法_


概観


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

--【・*の状況下… |*←_最適とは 言えない_従来的な__全身的__治療_《複数》{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_肝細胞がん_】〓〓、¨※¨が 存在してきて在る 【・※←興味{☆への}¨ ⌒〔 ☆←_新規な__免疫`療法__戦略_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =¨ ∬ ¨(である)ことの可能性がある 【 ∬=採用される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=させる--【・*を § に ||*←〈一つの〉 がん | § ← より_免疫`原`性_ 生成する_【・*を |*←_抗原_−_特定的な_、又は、_非−_特定的な__免疫`活性化】操作する_【・*を |*←〈その〉_腫瘍_微小環境 】┏┓。    --【・*にもかかわらず… |*←広範な_遺伝子_変化《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_肝細胞がん_】〓〓、これらの がん 《複数》 は ¨※¨ではない 【・※←_臨床的_に_免疫_原性_--〔・*に於いて |*←マウス、及び、ヒト の 両方 】┏┓。    _発現_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_主要`組織`適合性`遺伝子`複合体( MHC )_class II 】《 これ は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=_活性_化させる_【・*を |*← CD4 −陽性 ヘルパー T-細胞《複数》 》〓〓_は ¨※¨である 【・※←欠如している 】┏┓。    _肝細胞がん_ は 、また、持つ_【・*を |*←_最適未満の__発現_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨¨_接着`分子_《複数》、及び、_補助`刺激`分子_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =シグナルを送る--【・*に |*←_エフェクター 細胞_《複数》 】┏┓。    この 欠陥 は ¨ ∬ ¨(される)ことの可能性がある 【 ∬=軽減される--【・*により |*←さまざまな _免疫_学的アプローチ《複数》 】┏┓。    _抗原`提示`細胞_《複数》《 特に_樹状`細胞_《複数》 》 は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=_発現_する_【・*を |*←接着`分子_《複数》、及び、_補助`刺激`分子_《複数》--【 ∬ (する)ことのために | ∬=与える_【・*を |*←強力な 二次的シグナル《複数》 】〓〓、そして、_治療_《複数》{ ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=探索する_【・*を |*←このポイント 】〓〓 が 作り出されて在る--【 ∬ (する)ことのために | ∬=刺激する_【・*を |*←_免疫_ 】┏┓。    サイトカイン《複数》 は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=増加させる_【・*を |*← MHC_発現_--【・*のために |*←_改善_された _抗原_提示】〓〓、そして、おそらく曲げる_【・*を |*←〈その〉_免疫_応答_--【・*の方向へ |*←活性化{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_細胞`毒性`的_T-細胞《複数》 】┏┓。    それ《=『 』ということ(右記)》〓〓は 論理的と思われる……【・=『_免疫`療法__戦略_《複数》{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_肝細胞がん_】〓〓 は ¨ ∬ ¨(する)べきである 【 ∬=引き出す_【・*を |*←_抗−腫瘍_応答--【・*を通じて |*←_予防_と応答の 両方 』 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、本資料の「資料名」のページ、又は、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacist )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= July 20, 2010 )
「英文原題」=Immunotherapy

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

サイトカイン


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

インターフェロン《複数》_は 持つ_【・*を |*←_免疫_調整、及び、_抗−増殖的 な 属性《複数》、及び、_抗−_血管新生_的 属性《複数》】〓〓、そして、それら は 使用されて在る--【 ∬ (する)ことのために | ∬=_治療する__【・*を |*←さまざまな がん 《複数》{☆を含む}¨ ⌒〔 ☆←_肝細胞がん_ 】┏┓。    インターフェロンα は 評価された--【・*に於いて |*← 2 件の_ランダム化__臨床試験_《複数》--【・*のために |*←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_進行期`肝細胞がん_--【・*を伴って |*←_相互`矛盾`的__結果《複数》_ 】┏┓。    〈一件の〉中国 での _臨床試験_{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=実施された --【・*に |*← 1980 年代_【 ∬ して | ∬=比較して_【・*を |*←インターフェロンα--【・*と |*←_治療_無し 】〓〓 は 示した_【・*を |*←〈一つの〉わずかな_生存`利益_《 14。5 週間7。5 週間 》 】〓〓、しかし、〈一件の〉 より_最近_ の _ランダム化_欧州_臨床試験_ は _示した_【・*を |*←劣った 薬剤_忍容性_、と、_生存`利益_無し 】┏┓。

かなりな興味が 持たれて在る--【・*に |*←〈一つの〉_レジメン_cisplatin /インターフェロン/ doxorubicin / 5-fluorouracil《 PIAF_レジメン_ 》 】┏┓。    --【『 』であるが…|『この_レジメン__は ¨※¨である 【・※←_毒性_的 』】〓〓、_完全奏効_ が 報告されて在る┏┓。    〈一件の〉_ランダム化__フェーズ_3__臨床試験_{ ∬ ((を)した)}¨ ⌒〔 ∬=比較した_【・*を |*← PIAF_レジメン_--【・*と |*← doxorubicin 】〓〓 は _示した_【・*を |*←〈一つの〉 より高い_奏効率_《 20。9%10。5% 》、及び、_改善_された_生存期間_《 8。7 ヶ月間6。8 ヶ月間 》--【・*の方で |*← PIAF_レジメン_】〓〓、しかし、それ は もたらした_【・*を |*← より多くの_好中球`減少症_、 _血小板`減少症_、及び、血中カリウム低下症 】┏┓。    〈一件の〉_引き続いての__分析_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← 149 名の患者さん《複数》{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=_治療_された --【・*により |*← PIAF_レジメン_】〓〓 は 明らかにした_【・*を |*←「良好−リスク_患者さん《複数》_」--【・*として |*←¨患者さん《複数》{☆という状態の}¨ ⌒【 ☆←肝硬変無しで、ビリルビン_レベル_0.6 mg/dL 以下 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←これらの_患者さん《複数》_】〓〓、〈その〉_奏効率_{☆による}¨ ⌒〔 ☆← PIAF_レジメン_】〓〓_は ¨※¨であった 【・※← 50% 】┏┓。    そのようなわけで、PIAF_レジメン_ は ¨ ∬ ¨(される)ことの可能性がある 【 ∬=考慮される--【・*のために |*←〈一つの〉_選択_されたサブグループ{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_肝細胞がん__患者さん《複数》_】、《 特に¨患者さん《複数》{☆を有する}{ ¶ ところの#←}¨ ⌒〔 ☆←温存された肝機能 ⌒〔 ←#¶ =ステージ引き下げ が ¨ ∬ ¨(される)と考えられる 【 ∬=望まれる--【 ∬ (する)ことのために | ∬=容易にさせる_【・*を |*←将来の_腫瘍__切除_ 】》 】┏┓。

Lygidakis et al は _治療した_【・*を |*←、20 名 の _ステージ_3_〜4の_肝細胞がん_の_患者さん《複数》_--【・*により |*←経動脈_化学療法_{☆との併用での}¨ ⌒〔 ☆←インターフェロンγ + インターロイキン-2 】┏┓。    14 名の患者さん《複数》 が 持った_【・*を |*←〈一つの〉奏効--【・*を伴って |*←_腫瘍_サイズ 縮小、及び、血中 AFP 低下 】┏┓。    2002 年には、Reinisch et al が 実施した_【・*を |*←〈一件の〉_前向き方式__研究_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_遺伝子`組み替え__顆粒球・マクロファージ−コロニー`刺激`因子《 GM-CSF 》_ + インターフェロンγ--【・*に於いて |*← 15 名の患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_進行期__手術`不可能的__肝細胞がん_】〓〓、しかし、〔何も無い( no )_臨床的__奏効_《複数》 〕 が 見られた(の否定)┏┓。    Sangro et al は テストした_【・*を |*←〈一つの〉アデノウィルス コード化 インターロイキン-12 {☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_腫瘍_内_注射_《複数》--【・*のために |*← 8 名 の _肝細胞がん__患者さん《複数》_】、--【・*を伴って |*← 1 名 での _部分奏効_ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、本資料の「資料名」のページ、又は、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacist )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= July 20, 2010 )
「英文原題」=Cytokines

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_エフェクター 細胞_《紹介`省略》


《この項目のご紹介は省略します(原文をお読みください)》

_抗原`提示`細胞_《紹介`省略》


《この項目のご紹介は省略します(原文をお読みください)》

結論


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_全身的_化学療法__は ¨※¨である 【・※←適切_--〔・*のために |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =■_¨※¨ではない 【・※←候補者《複数》{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_外科的__切除_、又は、_肝臓_移植 】|-そして-|■__治療`挫折_した、又は、適していない_--〔・*のために |*←_局所`領域`的__治療_】┏┓。    少量の_データ_ が _公刊されて在る--【・現在までに--【・*から |*←〈その〉_安全性_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_分子標的`治療`薬_《複数》{☆との併用での}¨ ⌒〔 ☆←_化学−、又は、_放射性物質−塞栓療法_】〓〓、そして、このコースの_治療_ は 現在のところ _推奨_される`ない--【・*の外では |*←_臨床試験_《複数》_ 】┏┓。    --【・*のためには… |*←¨患者さん《複数》{§(の性質の)}¨ ⌒〔 §←_有資格_--〔・*のために |*←_全身的`治療_ 】】〓〓、組込み{☆への}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉_臨床的_プロトコル】〓〓 が 優先される┏┓。    --【『 』の場合…|■_〈一つの〉_臨床試験__は ¨※¨ではない 【・※←_入手`可能的_】|-又は-|■_〈一人の〉_患者さん__は ¨※¨である 【・※←_非−_有資格《 mougitaro 注:_臨床試験_に 》】〓〓、sorafenib が 推奨される《 400mg_経口_1 日 2 回 》 】┏┓。    _フェーズ_2__データ_ は 支持する_【・*を |*←〈その〉_投与{☆の}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆← sorafenib ⌒〔 ★←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒【 ☆← Child-Pugh B 肝機能 】┏┓。    しかし、〈その〉_フェーズ_3__臨床試験_《複数》_《 これら は _示した_【・*を |*←〈一つの〉_生存`利益_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← sorafenib 》〓〓 は 組込んだ_【・*だけを |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆← Child-Pugh A_肝機能 】┏┓。

代替 の _全身的_化学療法_ が ¨ ∬ ¨(される)ことがある 【 ∬=考慮される--【・*のために |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =維持している_【・*を |*←〈一つの〉良好な_活動ステータス_、及び、温存された 肝機能--【・*にもかかわらず |*←_病気`進行_{☆では}¨ ⌒〔 ☆← sorafenib 】┏┓。    --【『 』であるが…|『〈その〉_最適な__レジメン_ は 確立されて在らない 』】〓〓、妥当的な_選択肢_《複数》 は 含む_【・*を |*← doxorubicin、capecitabine、又は、gemcitabine /_白金系`化学療法剤__併用_《複数》 】┏┓。    一連の_有望的_ な _分子標的`治療`薬_《複数》 が 待ちつつある_【・*を |*←_有効性_確認--【・*に於いて |*← より_大規模_な、 _ランダム化__臨床試験_《複数》_ 】┏┓。    _免疫`療法_ は 引き続き¨※¨である 【※←わずかに〈一つの〉_研究_的なアプローチ 】┏┓。

〈その〉立証{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉_生存`利益_{☆による}¨ ⌒〔 ☆← sorafenib 】〓〓 は #1だけでなく#2でもある || #1←開いた_【・*を |*←新しい _研究_道筋{☆への}¨ ⌒〔 ☆←■_〈その〉_分子的な _肝細胞がん_発がん】|-及び-|■_探索{☆への}¨ ⌒〔 ☆←バイオマーカー《複数》《 _奏効_予測への 》#2←明確に確立した_【・*を |*←〈その〉¨役割{☆の}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_分子標的`治療`薬_《複数》⌒〔 ★←この比較的に_化学療法__耐性_ な _腫瘍_ 】┏┓。    合理的な ¨併用{☆の}¨ ⌒〔 ☆← sorafenib、と、_その他の_標的_薬_《複数》】〓〓 が 現在 テストされつつある--【・*に於いて |*←〈その〉_臨床的_領域 】┏┓。    加えるに、¨併用{☆の}{★との}¨ ⌒〔 ☆←標的_薬_《複数》⌒〔 ★←_伝統的な__化学療法_】〓〓 が 探索されつつある┏┓。    ¨※¨が 存在する 【・※←_進展中_ の ¨評価{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉¨有効性、及び、安全性{☆の}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_分子標的`治療`薬_《複数》⌒〔 ★←■_化学`塞栓法 の _状況設定_|-そして-|■_--【・*として |*←_補助_{☆への}¨ ⌒〔 ☆←_肝細胞がん__切除_、又は、_肝臓_移植 】┏┓。    --【・*の理由から… |*←_肝臓_障害{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←大多数の_患者さん《複数》_】〓〓、¨¨注意深い _安全性_評価、及び、_治療_前のリスク_グループ_層別化{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←これらの_分析_《複数》】〓〓 が 必要とされる┏┓。

--【『 』につれて…|『 より新しい_薬_《複数》、及び、_併用_《複数》 が _研究_される 』】〓〓、それ《 ∬ すること(右記)》〓〓 が 重要であろう……∬=評価する_【・*を |*←それらの_薬_や_併用_--【・*の文脈に於いて |*←〈一つの〉_患者さん__人口集団_{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←良好に定義された 肝機能_【 ∬ して | ∬=使用して_【・*を |*←適切な _放射線_的 _奏効_基準、及び、有意味な_臨床的_エンドポイント《複数》 】┏┓。    更に、〈その〉関連性{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_結果状況_《複数》、と、_分子的__相関`関係_《複数》】〓〓 が ¨ ∬ ¨(する)と考えられる 【 ∬=助ける_【 ∬ (する)ことを | ∬=明らかにする_【・*を |*←〈その〉_人口集団_{§(の性質の)}¨ ⌒〔 §←最も_利益_を 得ると考えられる--【・*から |*←〈一つの〉特定の _治療_ 】┏┓。    同様に、〈その〉発展{☆の}¨ ⌒〔 ☆←肝炎予防、及び、_治療__臨床試験_《複数》_】〓〓_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉肥沃な分野{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_臨床的__研究_ 】┏┓。

〈その〉¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒【 ☆←_肝細胞がん_】〓〓 は 引き続き¨※¨である 【※←_挑戦課題_的】〓〓、そして、それ は 必要とする_【・*を |*←_集学的_アプローチ 】┏┓。    _最近_ の _進歩{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←この がん 】〓〓 は 提供する_【・*を |*←更新された 推進力{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=■_探す_【・*を |*←基本的 な 道筋{☆への}¨ ⌒〔 ☆←_分子標的`治療`薬_《複数》】|-そして-|■_実行する_【・*を |*←有意味な_臨床試験_《複数》_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =¨ ∬ ¨(する)と考えられる 【 ∬=_利益_を与える--【・*に |*←世界中の_患者さん《複数》_ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、本資料の「資料名」のページ、又は、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacist )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= July 20, 2010 )
「英文原題」=Conclusions

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他