目次《ジャンプ先で項目タイトルをクリックすれば、この目次に戻れます》


→トップページへ戻る


お手数ですが、もう一度下記のリンクをクリックしてください:

情報データベース(全般)のトップページへ






《この資料の目次に戻るためには、上記の標題行をクリックしてください》

資料 B= がん 臨床的_研究 での 大きな進歩《 2009年 ASCO》


《上記の標題について ご紹介しています》

資料名=Medscape Hematology-Oncology


このコーナーでは、上記の資料の内容の概略をご紹介しています。各ページには、当該ページに対応する原資料サイトのページへのリンクを設定してありますが、原資料サイト での ページ構成変更により、リンク切れとなっております場合は、本家サイトの

リンク集のページ

の、「情報の存在を ご紹介しているサイト」の項目に 当該原資料サイトへのリンクを収載しておりますので、そこからジャンプしてください。《当該原資料サイトには、当サイトでご紹介している以外にも豊富な情報が記載されておりますので、原資料サイトをご覧になることを強くお勧めします》

尚、このコーナーでご紹介しております原資料の日付は下記の通りです :

原資料更新時期=November 17, 2009 

本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

前書き


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

今年の 年次レポート{☆に関する}{★からの}¨ ⌒〔 ☆←_臨床的_ がん _研究_ の _進歩《複数》⌒〔 ★←〈その〉 America Society of Clinical Oncology (ASCO)】━━ は ハイライトを当てている--【・*に |*←■_15 件の_研究《複数》_{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=記述された--【・*として |*←「大きな_進歩《複数》」|-そして-|■_51 件の_研究《複数》_{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=見なされた【・※であると|※←「注目すべき_進歩《複数》」 】┏┓。

それぞれ{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉ハイライトされた_研究《複数》_】━━ は ■_『顕著に 変えて在る{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉やり方{=『 』ということでの(右記)}¨=『〈一つの〉 がん  が 理解される 』】|-又は-|■_『持った_【・*を |*←〈一つの〉重要なインパクト{☆への}¨ ⌒〔 ☆←_患者さん_ケア 』━━、と、〈その〉レポート は 注記している┏┓。

『これらの継続的な _研究__進歩《複数》 は ¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=勇気づける_【・*を |*←■_¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆← がん 】|-そして-|■_人々{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==ケアする_【・*を |*← がん _患者さん《複数》_ 】 』━━、と、語った…… ASCO president である Douglas W. Blayney, MD. が ┏┓。    『--【『 』のように…|『このレポート が 示す 』】━━、投資{☆への}¨ ⌒〔 ☆← がん _研究_】━━ は もとを取っている 』 】┏┓。

〈その〉レポート は 作成された--【・*により |*← 18 名 の 主導的 がん 研究者《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==_選択_した_【・*を |*←〈その〉_研究《複数》_--【・*から |*←〈一つの〉_レビュー_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←科学`文献 、及び、 ¨¨プレゼン《複数》{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=なされた--【・*に於いて |*←〈一つの〉主要な学会《複数》--【・*にわたり |*←〈一つの〉 1 年間の期間《 2008 年 10 月〜 2009 年 9 月 》 】┏┓。    〈その〉 2 つの主要な 会議_は ¨※¨であった 【・※←■_〈その〉_ASCO 2009_年次会議_《 5 月 、及び、 6 月開催 》|-そして-|■_〈その〉 American Society of Hematology 第 50 回年次会議《 2008 年 12 月開催 》 】┏┓。

¨¨大部分{☆の}¨ ⌒〔 ☆←これらの_研究《複数》_】━━ は 報告された--【・*に |*← Medscape Oncology 誌】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Hematology-Oncology)
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= November 17, 2009 )
「英文原題」=Major Advances in Clinical Cancer Research in 2009: A Report From ASCO

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

大きな_進歩


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

mougitaro 注:原文に記述されているテーマの中から、_治療_にに関するものだけにつき、以下に概略をご紹介します。原文には、それぞれのテーマに関する_ASCO 2009_年次会議_アブストラクトへのリンクが設定されています。

- 胆管 がん _に対する_最初の_標準的_ケア -


¨併用{☆の}¨ ⌒〔 ☆← gemcitabine / cisplatin 】━━ が 示された_【 ∬ (する)と | ∬=改善する_【・*を |*←_生存_--【・*よりも |*← gemcitabine 単独 の 場合 】┏┓。

- 最初の_効果的__免疫`療法_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_神経芽`細胞腫_】 -


〈その〉製品_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉抗体−ベース の _免疫__治療薬_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==標的する_【・*に |*←〈一つの〉_糖脂質_《 GD2 》 {☆の上の}¨ ⌒〔 ☆←神経芽`細胞腫 の _細胞《複数》_】┏┓。    〈一件の〉_Phase III__臨床試験_ が 示した_【・*を |*←■_〈一つの〉低下{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_再発_】|-及び-|■_〈一つの〉_改善_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆← 2 年後_時点 での _全体的`生存_--【・*に於いて |*←小児¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_高リスク_神経芽`細胞腫 】┏┓。

- trastuzumab は 改善する_【・*を |*←_生存_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_HER2−陽性__胃がん_】 -


〈その〉_Phase III_ToGA study は 報告する_【・*を |*←〈一つの〉_有意_に_改善_された_生存_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←これらの_患者さん《複数》_ 】┏┓。

- cetuximab{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=追加された --【・*に |*←_化学療法_】━━ は 改善する_【・*を |*←_生存_--【・*に於いて |*←_進行期`頭頸部がん_ 】 -


¨患者さん《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_Phase III_EXTREME study 】━━ は 示した_【・*を |*←〈一つの〉_有意_ な _改善_--【『 』の場合…|『 cetuximab が 追加された--【・*に |*← cisplatin −ベース_化学療法_ 』】┏┓。

- _放射線`療法_ は _前立腺__切除術_後 の _転移_リスクを低下させ、_生存_を_改善_ -


〈その〉レポート は 記述している_【・*を |*←この_研究_--【・*として |*←「_臨床`実地_を変化させるもの」 】┏┓。    _結果《複数》_{☆の後の}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉_中央値での_13 年間フォローアップ】━━ は 示した【・『 』ということを… |『_放射線`療法_{☆の後の}¨ ⌒〔 ☆←_根治的__前立腺__切除術_】━━ は 低下させる_【・*を |*←¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_転移_--【・*だけ |*← 29%】━━、そして、それ は _改善_する_【・*を |*←_生存_--【・*だけ |*← 28% 』 】┏┓。

- 維持 pemetrexed_治療_ が _肺がん_ での _生存_を_改善_ -


〈その〉生存利益 は 見られた--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_ステージ III_B 、又は、 _ステージ IV_ の _非−_扁平上皮 _非`小細胞`肺がん_、--【・*を含めて |*←腺がん 、及び、 _大細胞がん_--【・*に於いて |*←〈一件の〉_Phase III__臨床試験_ 】┏┓。    これらの_結果《複数》_ は 変化させて在る{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_標準的_ケア{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_進行期`非小細胞`肺がん_】━━、と、語る……〈その〉レポート(Belani CP et al. ASCO 2009: Abstract CRA8000) が ┏┓。

- _腫瘍__遺伝子_変異 が _肺がん_ での gefitinib_奏効_を 予後予測 -


データ_{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉 IPASS _研究_】━━ が 示した__【・『 』ということを… |『アジア人_患者さん《複数》_{☆を有する}{ ¶ ところの#←}¨ ⌒〔 ☆←_非`小細胞`肺がん_{☆を伴う}¨ ⌒〔 ☆←上皮成長因子レセプタ《 EGFR 》_遺伝子_変異⌒〔 ←#¶==¨※¨であった 【・※←_非−喫煙者 、又は、 軽度の喫煙者 】━━_は 持った_【・*を |*←〈一つの〉_有意_に より良好な当初奏効{☆による}¨ ⌒〔 ☆← gefitinib 】━━、そして、彼ら は _順調的にやっていた--【・*により |*← gefitinib--【・*による よりも |*←伝統的な_化学療法_《 carboplatin 、及び、 paclitaxel による 》 】┏┓。

- より_年配_の_乳がん__患者さん_で、capecitabine単独よりも_併用__化学療法_のほうが 好結果 -


これらの_結果《複数》_ は 来る--【・*から |*←〈その〉 Cancer and Leukemia Group B_臨床試験_、《[ この]_臨床試験_は 示した【・『 』ということを… |『_標準的__化学療法_ が 半減させた_【・*を |*←¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_死亡 、及び、 _再発_《複数》 』 】┏┓。

- everolimus 、及び、 bevacizumab が _腎細胞がん__治療薬_として_認可_された -


everolimus が 示した#←_【・*を |*←_改善_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_進行無し`生存_--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`腎細胞がん_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==_病気`進行_した--【・*にもかかわらず |*←¨治療{☆による}¨ ⌒〔 ☆← sunitinib、や、sorafenib 】--←#【・*に於いて |*←〈一件の〉_Phase III__臨床試験_ 】┏┓。    bevacizumab {☆との併用での}¨ ⌒〔 ☆←インターフェロン】━━ が 改善した_【・*を |*←_進行無し`生存_--【・*に於いて |*←_転移性`腎細胞がん_--【・*に於いて |*← 2 件の_Phase III__研究《複数》_ 】┏┓。

- bevacizumabが_進行期_神経`膠芽細胞`腫__治療用_として_認可_された -


bevacizumab_は ¨※¨である 【・※←〈その〉最初の新しい_治療薬_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←この_病気_--【・*に於いて |*←この 10 年間 】┏┓。    〈その〉_認可_ は 基づいた--【・*に |*← 2 件の_研究《複数》_《 1 件_は ¨※¨であった 【・※←〈一件の〉_Phase II__研究_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==示した_【・*を |*←_改善_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_進行無し`生存_ 、及び、 _全体的`生存_--【・*と比較して |*←歴史的_コントロール《複数》--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==受けていた_【・*を |*←_先行_¨治療{☆による}¨ ⌒〔 ☆← temozolomide + _放射線`療法_ 】 》 】┏┓。

- bevacizumab は _早期__ステージ_結腸がん での _再発_リスクを 低下させず -


これらの_結果《複数》_ は 来る--【・*から |*←〈その〉 National Surgical Adjuvant Breast and Bowel Project 】━━、そして、示す【・『 』ということを… | ∬ すること | ∬=追加する_【・*を |*← bevacizumab--【・*に |*←_標準的__補助`化学療法_《 5-fluorouracil / leucovorin / oxaliplatin《 FOLFOX_レジメン_ 》 ━━ は ¨ ∬ ¨しなかった 【 ∬=_改善_する (の否定)_病気無し`生存_--【・*に於いて |*←_ステージ II_ 、及び、 _ステージ III_結腸がん 』 】┏┓。

- _卵巣がん_の_再発_をモニターするために、頻繁な CA125検査 は 不要 -


これらの_知見_《複数》 は ¨ ∬ ¨(する)ことの可能性がある 【 ∬=変える_【・*を |*←〈その〉やりかた{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==_患者さん《複数》_ が モニターされる--【 ∬ (する)ことの後に | ∬=達成する_【・*を |*←_寛解_{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←_卵巣がん_ 】━━、と、〈その〉レポート は 注記している━━--【『 』の理由で…|『それらの_知見_《複数》 は 示唆する【・『 』ということを… |『_第二線`治療_ は ¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=遅らされる--【『 』まで…|『_再発_の_症状_《複数》 が 現れる 』《 このこと は ¨ ∬ ¨(する)ことの可能性がある 【 ∬=免れさせる--【・*に |*←_患者さん《複数》_--【・*から |*←〈その〉不安{☆に伴う}¨ ⌒〔 ☆←頻繁な 検査 》】┏┓。

- _ヒト・パピローマ・ウィルス《 HPV 》_ワクチン は  より 高齢《 24〜45歳 》でも_効果的_ -


〈その〉_ヒト・パピローマ・ウィルス《 HPV 》_ワクチン Gardasil® は 現在、_認可_されている--【・*のために |*←使用{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←女性《複数》{§(の性質の)}¨ ⌒〔 §← 9 〜 26 歳 】__ : ___この研究_ は 示した【・『 』ということを… |『 より高齢 の 女性{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==感染したことがない 】━━ が ¨ ∬ ¨(する)ようである 【 ∬=_利益_を得る--【・*から |*←〈その〉同じ_予防_ 』 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Hematology-Oncology)
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= November 17, 2009 )
「英文原題」=Major Advances in Clinical Cancer Research in 2009: A Report From ASCO

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

注目すべき進歩


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

- 5-alpha reductase抑制薬 が _前立腺がん_発症リスクを低下 -


それらの_薬_《複数》 の 使用 は 推奨された--【・*に於いて |*←_ガイドライン_《複数》{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=発表された --【・共同で*により |*← ASCO、と、American Urological Association】┏┓。

- BRCA _遺伝子_変異のある女性 での _乳がん_や_卵巣がん_発症リスクを _予防的_手術 が 低下 -


〈一件の〉プール化_分析_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← 10 件の_研究《複数》_】━━ が 確認した_【・*を |*←〈その〉リスク低下{☆による}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_卵管`卵巣`摘出術_⌒〔 ★← BRCA1 、及び、 BRCA2_遺伝子`変異_保有者《複数》 】┏┓。    そのような女性《複数》_は 持つ_【・*を |*←■_〈一つの〉一生 での リスク 最高 84%{☆への}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_】|-そして-|■_最高 46%{☆への}¨ ⌒〔 ☆←_卵巣がん_ 、及び、 _卵管_ がん 】┏┓。    _外科的__切除_ {☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_卵巣_《複数》 、及び、 卵管《複数》】━━ が 低下させた_【・*を |*←¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_--【・*だけ(程度) |*← 51%】━━、そして、低下させた_【・*を |*←¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_卵巣_ 、及び、 卵管 がん 《複数》--【・*だけ(程度) |*← 79% 】┏┓。

- _肺がん_に於ける ALK _遺伝子_ の 重要性 -


〈一件の〉小規模な _Phase I__研究_ が 見出した_【・『 』ということを… |『¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_非`小細胞`肺がん__腫瘍_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==含む_【・*を |*←〈一つの〉_体細胞`変異_である ALK _遺伝子_ 、及び、 ALK _遺伝子_ の _転座_ 】━━_は 持った_【・*を |*←〈一つの〉_有意_ な _反応_{☆への}¨ ⌒〔 ☆←¨治療{☆による}¨ ⌒〔 ☆← PF-02341066《 〈一つの〉_分子標的`_経口__薬_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==_抑制_する_【・*を |*← ALK _レセプタ_キナーゼ 】 》 】┏┓。     より_大規模_ な _臨床試験_《複数》_ が 必要である━━、と、〈その〉レポート は 注記している━━、しかし、誰一人(none ) {☆の}¨ ⌒〔 ☆←これらの_患者さん《複数》_】━━ は 持った(の否定)_【・*を |*←上皮成長因子レセプタ《 EGFR 》_遺伝子`変異_《複数》】━━、そして、従って、 これらの_患者さん《複数》_ は 代表する_【・*を |*←〈一つの〉新しい_グループ_ の _肺がん_¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==持つ_【・*を |*←〈一つの〉迅速で_実体的な__改善_--【 ∬ (する)ことの後に | ∬=服用する_【・*を |*←〈一つの〉_経口_キナーゼ`抑制薬_ 】┏┓。

- The Cancer Genome Atlasで特徴付けられた_神経`膠芽細胞`腫_ の _遺伝子学`的`特質_ -


(原文をお読みください)

- _治療_ワクチン が _神経`膠芽細胞`腫_ での _生存_を 伸長《 _Phase II__研究_ 》 -


〈その〉ワクチン《 PEPvIII-KLH 》━━ は 標的する_【・*に |*←〈一つの〉変異体{☆の}¨ ⌒〔 ☆←上皮成長因子レセプタ《 EGFR 》】━━、そして、使用された--【・*との併用で |*← temozolomide /_放射線`療法_ 】┏┓。

- 新しい_遺伝子_検査 が 結腸がん での _再発_リスクを 予後予測 -


(原文をお読みください)

- BRAF_遺伝子`変異_ は _転移性_結腸がん での より劣った_結果状況_を予後予測 -


(原文をお読みください)

- _再発性__頭頸部`がん_ での _生存__改善_のためには、gefitinib は methotrexateよりも 優れていない -


(原文をお読みください)

- 口腔 HPV検査 が 一定の_頭頸部`がん_ の スクリーニング のために _有望的_ -


(原文をお読みください)

- _喉頭_ 、及び、 _下咽頭 がん の_治療_での_喉頭_温存に於ける _導入__化学療法_ -


2 件の新しい_研究《複数》_ が 報告された┏┓。    そのうちの 1 件 は 示した【・『 』ということを… |『_導入__化学療法_《 cisplatin / 5-fluorouracil 》 、と、 それに続いての_根治的な__放射線`療法_ は もたらした#←_【・*を |*←同様な_結果《複数》__--〔・*と |*←_同時`実施の__化学`放射線`療法_--←#【・*により |*← より_低__用量_ の _化学療法_ 』 】┏┓。    もう1件の__研究_ は 示した【・『 』ということを… |『〈一つの〉_化学療法__レジメン_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← cisplatin / 5-fluorouracil /〈一つの〉タキサン系化学療法剤】━━_は ¨※¨である 【・※← より優れる--【・*よりも |*←_標準的__化学療法_{☆による}¨ ⌒〔 ☆← cisplatin / 5-fluorouracil 』 】┏┓。

- 再照射 は _頭頸部`がん_ での _再発_リスクを 低下させるが、_生存_を_改善_せず -


〈その〉_知見_ は 来る--【・*から |*←〈一件の〉_Phase III__臨床試験_{ その中で¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==¨患者さん《複数》{☆を有する}{ ¶ ところの#←}¨ ⌒〔 ☆←_頭頸部`がん_⌒〔 ←#¶==発症した_【・*を |*←_病気__再発_ 、又は、 _二次的__原発_ がん --【・*に(場所) |*←〈一つの〉領域{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==以前に照射されていた 】━━ が _治療_された--【・*により |*←_救助《サルベージ》治療_としての_外科手術_】━━、そして、そのうちの半数の_患者さん《複数》_ は その後 受けた_【・*を |*←_化学療法_/再照射】┏┓。

- 米国でメラノーマ の 発症が 増加中 -


(原文をお読みください)

- メラノーマにワクチン が _効果的_ -


〈その〉実験段階 の _治療_ワクチン は 含む_【・*を |*←¨一部{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉 gp100 蛋白質《 〈一つの〉抗原{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==存在している--【・*の上に |*←メラノーマ_細胞《複数》_】━━、しかし、存在しない--【・*の上には |*←健常_細胞《複数》_ 】 》━━、そして、刺激する--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽← T-細胞《複数》| ∬=攻撃する_【・*を |*←メラノーマ_細胞《複数》_ 】┏┓。    〈一件の〉_Phase III__臨床試験_ が 示した【・『 』ということを… | ∬ すること | ∬=追加する_【・*を |*←〈その〉ワクチン--【・*に |*←_標準的__治療_{☆による}¨ ⌒〔 ☆←インターロイキン-2 ━━ は 2 倍_超に増加させた_【・*を |*←〈その〉_奏効率_】━━、そして、増加させた--【・*を |*←※の両方 |※←_進行無し`生存_期間 、及び、 _全体的`生存_期間 】┏┓。

- _新規な__薬_PLX4032  が BRAF_遺伝子`変異_を有するメラノーマに _効果的_ -


〈その〉_薬__は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉_経口_抑制薬{☆の}¨ ⌒〔 ☆← BRAF キナーゼ】━━、そして、〈その〉_データ_ は 来る--【・*から |*←〈一件の〉_小規模__Phase I__研究_ 】┏┓。

- BiovaxID ( 個別化ワクチン ) が _濾胞性`リンパ腫_ での _病気無し`生存_を伸長 -


〈その〉ワクチン は 個別に 製造される--【・*のために |*←それぞれ の _患者さん_ 】┏┓。    〈その〉レポート は 注記している_【・『 』ということを… |『 より多くの_研究《複数》_ が 必要である--【 ∬ (する)ことのために | ∬=テストする_【・*を |*←〈その〉ワクチン--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==使用している_【・*を |*← rituximab《 この_薬_ は ¨※¨ではなかった 【・※←〈一つの〉_標準的_ケア--【『 』の時には…|『〈その〉_臨床試験_ が 開始された--【・(時期)| 8 年前 』】 》 】 』 】┏┓。

- pralatrexate が T-細胞リンパ腫を縮小( _Phase II_PROPEL _研究_ ) -


〈その〉_薬__は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉抑制薬{☆の}¨ ⌒〔 ☆← RFC − 1《 〈一つの〉蛋白質{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==_過剰`発現_している--【・*に於いて |*← T-細胞リンパ腫 】 》】━━、そして、与えられたばかりである_【・*を |*←加速_認可_--【・*により |*←〈その〉米国 FDA --【・*に基づき |*←この_臨床試験_ 】┏┓。

- fostamatinib  が _リンパ腫_ 、及び、 _慢性`リンパ球性`白血病_で _活性_ -


_有望的_ な _早期_段階 の _研究《複数》_ が 示した【・『 』ということを… |『この 開発中 の _薬_《 〈一つの〉抑制薬{☆の}¨ ⌒〔 ☆← Syk キナーゼ 》_は ¨※¨である 【・※←¨一つ{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉最初の_分子標的_経口__薬_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==示す_【・*を |*←_活性_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_リンパ腫_《複数》 】 』 】┏┓。    全ての_現行の__治療薬_《複数》 は _投与_される--【・(やりかた)|静注で】━━、と、〈その〉レポート は 注記している┏┓。

- PARP 抑制薬 が _治療_困難なタイプ の _乳がん_に対し _有望的_ -


これら《 _治療_困難なタイプの_乳がん_ 》━━ は 含む_【・*を |*←_三重陰性_ 、及び、 BRCA1/2 −欠損_乳がん_《複数》 】┏┓。    ¨結果《複数》{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←_Phase II__臨床試験_《複数》_{☆による}¨ ⌒〔 ☆← 2 つの_試験`段階 の_製品《複数》である BSI-201 、及び、 olaparib 】━━ が 報告されて在る┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Hematology-Oncology)
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= November 17, 2009 )
「英文原題」=Some of the Notable Advances in Cancer

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

今後 の 長い道のり


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

〈その〉レポート は 、また、_ハイライトを当てる_【・*に |*←_進歩《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆← がん 分野 での 不均衡 、及び、 _生活の質_、や、 がん ケアの 質 】┏┓。    それ は する_【・*を |*←勧告{ ∬ (する)ことへの}¨ ⌒〔 ∬=改善する_【・*を |*←将来の _臨床的_ がん _研究_ 《 この中で最も目立つのは¨※¨である 【・※←〈一つの〉呼びかけ{☆への}¨ ⌒〔 ☆←連邦予算の 増額 》 】┏┓。

『--【 ∬ (する)ことのためには …| ∬=_達成する_【・*を |*←新しいブレークスルー《複数》 】━━、〈その〉スケール{☆の}¨ ⌒〔 ☆←我々の国の応答】━━ は ¨ ∬ ¨ねばならない 【 ∬=マッチする_【・*に |*←〈その〉スケール{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉問題 』━━、と、Dr. Blayney  は 語った┏┓。    『〈その〉 がん 分野 の コミュニティ_は 持つ_【・*を |*←〈一つの〉今後の長い道のり--【『 』の前に…|『我々 が _達する_【・*に |*←オバマ大統領 の 目標{☆という}¨ ⌒〔 ☆← ∬ すること | ∬=見つける_【・*を |*←〈一つの〉 がん  の 治癒--【・(時期)|我々の時代に 】 』 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Hematology-Oncology)
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= November 17, 2009 )
「英文原題」=Long Road Ahead

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

資料 A= _陽子線`治療_


《上記の標題について ご紹介しています》

資料名=Loma Linda University 資料(資料ご紹介の作成年月=09/3)


このコーナーでは、上記の資料の内容の概略をご紹介しています。各ページには、当該ページに対応する原資料サイトのページへのリンクを設定してありますが、原資料サイト での ページ構成変更により、リンク切れとなっております場合は、本家サイトの

リンク集のページ

の、「情報の存在を ご紹介しているサイト」の項目に 当該原資料サイトへのリンクを収載しておりますので、そこからジャンプしてください。《当該原資料サイトには、当サイトでご紹介している以外にも豊富な情報が記載されておりますので、原資料サイトをご覧になることを強くお勧めします》

尚、このコーナーでご紹介しております原資料の日付は下記の通りです :

原資料更新時期=( 記述なし ) 

本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

陽子線`技術


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
*****blg↓********************

それぞれの陽子 は 開始する--【・*を |*←その旅--【・*に於いて |*←〈一つの〉注入器{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=設置された--【・*の中に |*←〈一つの〉電場 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←その電場】━━、水素原子 は 分離される--【・*へ |*←マイナスに荷電した電子《複数》、と、プラスに荷電した陽子《複数》 】┏┓。    〈その〉陽子《複数》 は それから、送られる--【・*を通って |*←〈一つの〉真空管{☆の中の}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉プレ−加速器 】┏┓。    このプロセス は 増大させる--【・*を |*←陽子のエネルギー--【・*まで |*← 200 万電子ボルト 】┏┓。    〈その〉陽子《複数》 は 動き続ける--【・*の中で |*←〈その〉真空管】━━、そして、開始する--【・*を |*←彼らの 高速旅行--【・*の中で |*←〈その〉シンクロトロン 】┏┓。    彼ら は 旅をする--【・*の周りを |*←〈その〉シンクロトロン--【・1 秒間に約 1,000 万回 】┏┓。    --【・『 』の度(たび)に…|『彼らが周回する 』】━━、〈一つの〉¨¨_ラジオ波`空洞_{☆の内部での}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉リング】━━ が 供給する--【・*を |*←エネルギー増大 】┏┓。    このこと が 増加させる--【・*を |*←〈その〉陽子のエネルギー--【・*まで |*← 7,000 万〜 2 億 5,000 万 電子ボルト 】┏┓。    〈その〉ボルト値{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=このようにして達成された 】━━_は ¨※¨である 【・※←十分--【 ∬ (する)ことのために | ∬=送り込む--【・*を |*←それらの陽子《複数》--【・*へ |*←_患者さん_の身体の全ての箇所《複数》 】┏┓。

--【 ∬ (する)ことの後に | ∬=出る--【・*から |*←シンクロトロン 】━━、〈その〉陽子《複数》 は 動いていく--【・*を通って |*←〈一つの〉ビーム伝送システム】、《 移動しながら--【・*の中で |*←〈その〉真空管--【・*を通って |*←一連の操縦/焦点用 磁石《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==ガイドする--【・*を |*←それらの陽子《複数》--【・*まで |*←〈その〉 4 つの_治療_室《複数》 】 》 】┏┓。    1 つの治療室_は 持つ--【・*を |*←〈一つの〉固定ビーム{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆← 2 つの分枝《複数》 】┏┓。    1 つの分枝_は ¨※¨である 【・※←目の_腫瘍_の照射用】━━、そして、もう一方の分枝_は ¨※¨である 【・※←_中枢神経系__腫瘍_《複数》 、及び、 _頭頸部`_腫瘍_《複数》 の 治療用 】┏┓。    〈その〉その他の 3 つの_治療_室《複数》_は 持つ--【・*を |*←_ガントリー_《複数》 】┏┓。    _ガントリー__は ¨※¨である 【・※←輪《複数》{§(の性質の)}¨ ⌒〔 §←直径 35 フィート、重量 90 トン 】━━、そして、これら は 回転する--【・*の周りを |*←〈その〉_患者さん_--【 ∬ (する)ことのために | ∬=送り込む--【・*を |*←〈その〉ビーム--【・正確に*へ |*←必要な箇所 】┏┓。    _患者さん_から見ると、しかし、見えるのは¨※¨だけである【・※←〈一つの〉回転する円錐形の 狙い付け`装置 】┏┓。
それぞれの_治療_室_は 持つ--【・*を |*←〈一つの〉ガイダンス`システム--【 ∬ (する)ことのために | ∬=制御する--【・*を |*←〈その〉ビーム{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==_治療_する--【・*を |*←〈その〉_患者さん_ 】┏┓。    〈その〉ガイダンス`システム は ■_モニターする--【・*を |*←〈その〉ビーム--【・『 』まで…|『〈その〉ビーム が 入る--【・*に |*←〈その〉_患者さん_の身体 』】|-そして-|■_位置づける--【・*を |*←〈その〉ブラッグ`ピーク《 陽子 が 最大のエネルギー放出をする位置 》--【 ∬ (する)ことのために | ∬=合わせる--【・*に |*←¨¨サイズ 、及び、 形状{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_腫瘍_ 、及び、 _腫瘍_拡大のリスクがある範囲 ━━、--【・*に従って |*←〈一つの〉プラン{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=デザインされた--【・*により |*←〈その〉医者 】┏┓。    照射野のサイズ{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=カバーする--【・*を |*←_腫瘍_の領域的 拡大 】━━ は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=¨※¨である 【・※← 40cm × 40cm ほどもある広さ 】┏┓。

〈その〉ビーム供給システム《 ノズル 》_は ¨※¨である 【・※←〈その〉最後の装置{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==〈その〉陽子《複数》 が 通過する--【 ∬ (する)ことの前に | ∬=入る--【・*に |*←〈その〉_患者さん_の身体 】┏┓。    〈その〉ノズル は 形作り、放散する--【・*を |*←〈その〉陽子ビーム--【・3 次元的に 】┏┓。    --【 ∬ (する)場合には…∬=算出する■_--【・*を |*←数{☆の}¨ ⌒〔 ☆←陽子《複数》{ ∬ (されるべき)}¨ ⌒〔 ∬=患部_研究_されるべき--【・*に |*←〈その〉指定された容量 】|-そして-|■_速度/形{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉陽子線 】━━、_放射線_医《複数》 は 考慮に入れる--【・*を |*←¨¨位置 、及び、 形{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉標的】組織密度狙っている_腫瘍_の深さ 】┏┓。    --【 ∬ (する)ことの後に …| ∬=出発する--【・*から |*←〈その〉ノズル 】━━、〈その〉陽子《複数》 は 入る--【・*に |*←〈その〉_患者さん_の身体 】┏┓。

〈その〉陽子線`施設 全体 は コントロールされている--【・*により |*←コンピューター《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==装備されている--【・*を |*←安全装置《複数》 】--【 ∬ (する)ことのために | ∬=確実にする【・『 』ということを… |『_患者さん《複数》_ が 受ける--【・*を |*←_陽子線`治療_--【・処方された通りに 』 】┏┓。    3台のホストコンピューター《複数》 が コントロールする--【・*を |*←〈その〉加速器 、及び、 ビーム伝送システム 】┏┓。    〈一つの〉第二のセットのコンピューター《複数》《 それぞれの_治療_室に設置 》__ は コントロールする--【・*を |*←〈その〉ビーム・ガイダンス システム 、及び、 その他全ての_治療_室システム《複数》 】┏┓。    これらのコンピューター《複数》 は 確実にする--【・*を |*←_患者さん_同定】━━、セットする--【・*を |*←稼働パラメタ《複数》{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←それぞれの_患者さん_の_治療_計画】━━、そして、指示する--【・▽が¨ ∬ ¨するように||▽←ホストコンピューター《複数》| ∬=供給する--【・*を |*←〈一つの〉特定されたビーム 】┏┓。    これらの全てのこと は 実施される--【・*に於いて |*← Loma Linda--【・可能な限り厳格で安全な やり方で 】┏┓。    このようにして、〈その〉優れた_利益_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_陽子線`治療_】━━ が ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=提供される--【・*に |*← より多くの_患者さん《複数》_{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←さまざまなタイプの がん 《複数》 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Loma Linda University Medical Center )
「英文原題」=Proton Technology

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

陽子線`治療_で_治療_される病気《全体像》


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
*****blg↓********************

_陽子線`治療_ は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=使用される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=治療する--【・*を |*←如何なる がん  、又は、 _その他の_病気{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=_治療_される--【・*により |*←伝統的な_放射線`療法_ 】┏┓。    --【・『 』以来…|『〈その〉_陽子線`治療_センター が オープンした 』】━━、_陽子線`治療_ は 使用されて来た--【 ∬ (する)ことのために | ∬=治療する--【・*を |*←〈一つの〉常に拡大しつつあるリスト{☆の}¨ ⌒〔 ☆← がん  、及び、 _非− がん 疾患《複数》 】┏┓。

_陽子線`治療_ は 使用される--【・*のために |*←さまざまな_一般的な_ がん _治療_状況《複数》】━━、そして、Loma Linda University Medical Center は 恒常的に 努めつつある--【 ∬ (する)ことを | ∬=拡大する--【・*を |*←¨¨リスト{☆の}¨ ⌒〔 ☆←疾患《複数》{ ∬ (される)}¨ ⌒〔 ∬=_治療_される --【・*により |*←_陽子線`治療_】┏┓。

_陽子線`治療__は ¨※¨である 【・※←_局所__治療_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==_副作用_《複数》_は ¨※¨である 【・※←_最小限_ 、又は、 存在しない 】┏┓。    それ は 意図されている--【 ∬ (する)ことのために | ∬=治療する--【・*を |*←¨¨ がん 、や、_その他の_病気《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==限局している--【・*に |*←一箇所{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_患者さん_の身体 】┏┓。    _陽子線`治療_ は 使用されない--【 ∬ (する)ことのために | ∬=治癒する--【・*を |*← がん 《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==¨※¨である 【・※←本来 _全身的《 _白血病_のような 》 】┏┓。    それ は 、また、使用されない--【・*のためには |*← がん 《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==広範に拡大して在る--【・*へ |*←身体の_その他の_箇所《複数》 】┏┓。    _陽子線`治療_ は 、しかし、¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=使用される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=解消する--【・*を |*←_症状_《複数》{☆による}¨ ⌒〔 ☆←_限局した_転移_病巣《複数》 】┏┓。

下記 は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉部分的なリスト{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉病気《複数》{ ∬ (されている)}¨ ⌒〔 ∬=現在_治療_されている --【・*により |*←_陽子線`治療_--【・*に於いて |*← Loma Linda University Medical Center】 : 《 mougitaro 注: がん 以外の病気は省略します》

◇脳、脊髄

◇頭蓋底

◇眼

◇_頭頸部

◇胸部 、及び、 腹部

◇骨盤部

◇小児 がん



(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Loma Linda University Medical Center )
「英文原題」=Conditions Treated with Protons

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_陽子線`治療_で_治療_される_病気_《個別》


前立腺がん


_治療__選択肢_《複数》

本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
*****blg↓********************

医者《複数》/_患者さん《複数》__は 持つ--【・*を |*←〈一つの〉広範な_治療__選択肢_《複数》 】┏┓。    _一般的に、 理想的な_治療_ は ¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=異なる--【・*により |*←個々の_患者さん_】--【・*によって異なって |*←_患者さん_の年齢_ステージ_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← がん 】『 』(→右記)であるか否か… |『 がん  が _転移_して在る 』(か否か)] 】┏┓。

--【・『 』であるが…|『_陽子線`治療_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_前立腺がん_】━━_は ¨※¨である 【・※←¨一つ{☆の}¨ ⌒〔 ☆←最新の_治療__選択肢_《複数》 』】━━、それ は 急速に¨※¨となりつつある【・※←〈一つの〉人気ある選択--【・*の理由から |*←その多くの利点《複数》{☆と比較しての}¨ ⌒〔 ☆←伝統的なタイプの_治療_ 】┏┓。    そして、 --【・*と関わりなく… |*←個々の状況《複数》】━━、¨¨_陽子線`治療_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_前立腺がん_】━━ は もたらす--【・*を |*←〈その〉最低のリスク、〈その〉最良の_結果《複数》_ 、及び、 〈その〉可能的 最速の 回復期間《複数》 】┏┓。

〔 治療_方法《複数》による_結果状況_の比較 〕


    _陽子線`治療__外部線源`放射線療法__外科手術__化学療法__化学療法_ + _外科手術_
_非−侵襲性YesYesNoYesNo
外来可能性YesYesNoYesNo
典型的`回復時間0日間0〜15日間3〜7日間7日間〜6ヶ月間7日間超
勃起不全リスク_中等度__中等度_〜高_中等度__中等度_〜高
_失禁_リスク_中等度__中等度__中等度__中等度_
健常組織`傷害_中等度__中等度_
二次的 がん リスク極度に低
治療繰り返しリスク低〜_中等度_



(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Loma Linda University Medical Center )
「英文原題」=Treatment Options for Prostate Cancer

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

陽子線`治療_ の 利点

本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

--【『 』であるが…|『未だ〈一つの〉比較的に より新しい がん _治療_ 』】━━、_陽子線`治療_ は 既に 示して在る_【・*を |*←有望性{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_前立腺がん_ 】┏┓。    そして、 --【・*により… |*←_早期_発見】━━、_陽子線`治療_ は 持つ_【・*を |*←一連の利点《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==比肩できない--【・*と比較して |*←_その他の がん _治療_《複数》 】┏┓。

〔 _前立腺がん_ での _陽子線`治療_とは 何か? 〕


_陽子線`治療_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_前立腺がん_】━━_は ¨※¨である 【・※←_治療__選択肢_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==含む_【・*を |*← ∬ すること | ∬=使用する_【・*を |*←陽子線--【 ∬ (する)ことのために | ∬=殺す_【・*を |*←罹患した、 がん 性 の 組織《複数》 】┏┓。    _【 ∬ であることから | ∬=患部`供給できる_【・*を |*←正確で より_高用量_ の _放射線_ 】━━、_陽子線`治療_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_前立腺がん_】━━ は 標的する_【・*に |*←_がん細胞《複数》_--【 ∬ (する)一方で∬=顕著に低下させる_【・*を |*←〈その〉ダメージ{☆への}¨ ⌒〔 ☆←_前立腺_周辺の 正常組織 】┏┓。    このこと は させる--【・*を § に ||*←_陽子線`治療_| § ← より優れる--【・*よりも |*←_化学療法_】《 _化学療法_ は 知られている_【 ∬ (する)と | ∬=ダメージを与える--【・*に |*←〈その〉身体 の 健常`_細胞《複数》_ 】 》 】┏┓。

〔 _陽子線`治療_の_利益_《複数》 〕


_陽子線`治療_{☆の後の}¨ ⌒〔 ☆←_前立腺がん_】━━ は 本質的に 改善する_【・*を |*←_生活の質_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_前立腺がん__患者さん《複数》_ 、及び、 克服者さん《複数》--【 ∬ (する)ことにより | ∬=提供する_【・*を |*←多くの 強力な 利点《複数》 】┏┓。    加えるに、_前立腺がん_ の _陽子線`治療_ は ¨ ∬ ¨しない 【 ∬=必要とする (の否定)_【・*を |*←如何なる 回復時間】━━、そして、引き起こす_【・*を |*←_最小限_ の ¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←不能 】┏┓。    実際に、_患者さん《複数》_ は _一般的に ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=続ける_【・*を |*←彼らの 性的_活性_--【 ∬ (する)一方で∬=受ける_【・*を |*←この_前立腺_ がん _治療_ 】┏┓。

_陽子線`治療_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_前立腺がん_】━━ は 異なる--【・*から |*←_その他の_ポピュラーな がん _治療__選択肢_《複数》--【・以下のような点で】__ : __



(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Loma Linda University Medical Center )
「英文原題」=Advantages of Proton Therapy for Prostate Cancer

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

頭蓋底


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

〔 _聴神経腫_ 〕


_聴神経腫_《複数》_は ¨※¨である 【・※←良性の_腫瘍_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==巻き込む_【・*を |*←〈その〉第 8 脳神経 】┏┓。    この神経_は ¨※¨である 【・※←〈その〉神経{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==コントロールする_【・*を |*←¨¨大部分{☆の}¨ ⌒〔 ☆←我々の聴覚 】┏┓。    _結果《複数》_{☆の後の}¨ ⌒〔 ☆←伝統的な_外科手術_】━━ は 示す【・『 』ということを… |『 50%超 の _患者さん《複数》_ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=経験する_【・*を |*←〈一つの〉顕著な 聴力低下--【・時間と共に 』 】┏┓。    分割{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_放射線`療法_】━━_は 持つ_【・*を |*←_潜在性{ ∬ (する)ことの}¨ ⌒〔 ∬=減少させる_【・*を |*←_遅発性_ の 正常組織ダメージ{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==しばしば見られる--【・*の後に |*←_単一__大規模__用量_ の _放射線`手術_ 】┏┓。    Loma Linda 大学では患部`供給する_【・*を |*←小_用量_《複数》の_放射線_--【・*にわたり |*←数週間 】┏┓。    〈その〉正確性{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_放射線`手術_】━━ は 、また、使用される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=サポートする_【・*を |*←_治療_ 】┏┓。    〈その〉目標_は ∬ (する)ことである 【 ∬=達成する_【・*を |*←〈一つの〉高率の_局所__腫瘍_コントロール--【 ∬ (する)一方で∬=最小化する_【・*を |*←聴力低下{☆に伴う}¨ ⌒〔 ☆←_その他の_タイプ の _治療_ 】┏┓。

〔 _脊索腫_ 、及び、 _軟骨肉腫_ 〕


_脊索腫_ 、及び、 _軟骨肉腫_ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=生じる--【・*に |*←いくつかの箇所《複数》 】┏┓。    これらの_腫瘍_《複数》 は 侵害する_【・*を |*←〈その〉脳幹 、又は、 脊髄】━━、そして、¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=侵入する_【・*に |*←_中枢神経系_組織 】┏┓。    _陽子線`治療_ は 長い間 使用されて在る--【 ∬ (する)ことのために | ∬=治療する_【・*を |*←これらの_腫瘍_《複数》 】--【『 』の理由で…|『それ は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=患部`供給する_【・*を |*←〈一つの〉_高用量_--【 ∬ (する)一方で∬=回避する_【・*を |*←脳 、又は、 脊髄`組織《複数》 】 』】┏┓。    コントロール率《複数》{☆による}¨ ⌒〔 ☆←_陽子線`治療_】━━_は ¨※¨である 【・※←はるかに より高い_--〔・*よりも |*←伝統的な_放射線`療法_の場合--【・*に於いて |*←これらの領域《複数》{☆のような}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉頭蓋底、《[ このような箇所では]_外科手術__は ¨※¨である 【・※←困難--【・*の理由から |*←〈その〉近接性{☆との}¨ ⌒〔 ☆←_中枢神経系_組織》 】┏┓。

〔 髄膜腫(メニンジオーマ)_ 〕


_陽子線`治療_ は 使用される--【・*のために |*←これらの_腫瘍_《複数》--【 ∬ (する)ことのために | ∬=患部`供給する_【・*を |*←〈一つの〉_高用量_ の _放射線_--【・*に於いて |*←数回の_治療_《複数》 】┏┓。    _長期的__結果《複数》_ は 示す【・『 』ということを… |『_陽子線`治療_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←良性の 髄膜腫《複数》】━━ は もたらす_【・*を |*←優れた _病気_コントロール_結果《複数》_--【・*を伴って |*←_最小限_ の _副作用_《複数》』 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Loma Linda University Medical Center )
「英文原題」=Base of Skull

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

脳・脊髄


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

〔 _脳`動静脈`奇形_ 〕


(概略 ご紹介を省略します)

〔 孤立性_骨転移_《複数》 〕


_陽子線`治療_ は 使用される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=解消する_【・*を |*←_症状_《複数》{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←孤立性 _骨転移_《複数》_ 】┏┓。    〈一つの〉_高用量_ の _放射線_ が ¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=患部`供給される--【・*で |*←数回の_治療_《複数》《 十分なだけの--【 ∬ (する)ことのために | ∬=■_低下させる_【・*を |*←_症状_《複数》】|-そして-|■_改善する_【・*を |*←_生活の質_ 】 》 】┏┓。

〔 _下垂体`腺腫_ 〕


現時点では、_顕微鏡下`手術__は ¨※¨である 【・※←〈その〉選択される_治療_--【 ∬ (する)ことに於いて | ∬=_管理_する_【・*を |*←この_病気_ 】┏┓。    成功率《複数》{☆による}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_外科手術_⌒〔 ★←微小`腺腫《複数》《 直径 1 cm 未満の_腫瘍_ 》】━━ は 範囲を持つ--【・*から#の間で ||*← 70% |#← 90%】━━、しかし、それら_は ¨※¨である 【・※←はるかに より_低_い--【・*に於いては |*← より大きな_腫瘍_《複数》 】┏┓。    これらの 腺腫《複数》 は _典型的には_必要とする_【・*を |*←追加的な_治療_--【・*の後に |*←_外科手術_--【 ∬ (する)ことのために | ∬=達成する_【・*を |*←治癒 、又は、 _再発_防止 】┏┓。    _放射線`療法_{☆による}¨ ⌒〔 ☆←_光子《複数》 、及び、 荷電`粒子《複数》《 陽子、や、ヘリウム・イオンのような 》】━━ は 成功的に 使用されて在る--【・過去に於いて 】┏┓。     より_最近_では、_下垂体`腺腫_《複数》 は _治療_されて在る--【・*により |*←_定位`放射線治療_的なアプローチ《複数》{☆のような}¨ ⌒〔 ☆←単回 _放射線`手術_{☆による}¨ ⌒〔 ☆←「ガンマ・ナイフ」 、又は、 リニア・アクセラレータ 】┏┓。

--【・*に於いては… |*← Loma Linda University Medical Center 】━━、我々は 使用して在る_【・*を |*←〈その〉陽子線--【・*のために |*←_局所_照射{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_下垂体`腺腫_--【・*以来 |*← 1990 年 】┏┓。    我々は 追究して在る_【・*を |*←_高精度`分割`放射線療法_--【・*と対照的に |*←単回 _放射線`手術 】┏┓。    このこと は ¨ ∬ ¨(である)と考えられる 【 ∬=¨※¨である 【・※← より 妥当的なアプローチ--【・*に於いて |*←ケース《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==■_〈その〉標的容積_が ¨※¨である 【・※← 1cm 超 】|-そして-|■_〈その〉_腫瘍__が ¨※¨である 【・※←隣接している_--〔・*に |*←重要な臓器・組織】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Loma Linda University Medical Center )
「英文原題」=Brain and Spinal Cord

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

〔 _脈絡膜メラノーマ_《複数》 〕


_脈絡膜メラノーマ_《複数》_は ¨※¨である 【・※←_悪性__腫瘍_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉目 】┏┓。    これらの_腫瘍_《複数》 は 歴史的には _治療_されて在る--【・*により |*←_完全__切除_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉目 】┏┓。    しかし、正確なタイプ《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_放射線`療法_】━━ が 使用されて在る--【 ∬ (する)ことのために | ∬=最小化する_【・*を |*←〈その〉必要性{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_切除_ 】┏┓。    _陽子線`治療_ は 使用されて在る--【・*以来 |*←〈その〉 1970 年度なかば 】┏┓。    レポート《複数》 は 示す_【・*を |*← 95%を超えるコントロール率《複数》】、--【・*を伴って |*←_長期的__生存期間_{§(の性質の)}¨ ⌒〔 §←_比肩`可能的_--【・*と |*←_生存率_《複数》{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==受けた_【・*を |*←目 の _切除_ 】┏┓。    大部分 の _陽子線`治療_を 受けた_患者さん《複数》_ は 維持して在る_【・*を |*←有用な 視覚{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←彼ら の _治療_されたほうの目《複数》 】┏┓。    _結果《複数》_ は 示す_【・『 』ということを… |『_陽子線`治療__は ¨※¨である 【・※←有用_--〔・*のために |*←■__中等度_ 、及び、 大きな_腫瘍_《複数》】|- また、同様に -|■_ より小さな_病変_《複数》 』 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Loma Linda University Medical Center )
「英文原題」=Eye

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

頭頸部


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

〔 _鼻咽頭 〕


がん {☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_鼻咽頭】━━ は _典型的には__治療_される--【・*により |*←_放射線`療法_だけ 】┏┓。    _局所_コントロール率《複数》{☆のための}¨ ⌒〔 ☆← T3 の _病変_《複数》】━━ は 範囲を もつ--【・(範囲)| 60 〜 85% 】┏┓。    〈その〉対応する率_は ¨※¨である 【・※← 45 〜 70%--【・*に於いては |*← T4 の _腫瘍_《複数》 】┏┓。    _治療`関連_ の _合併症_《複数》 は ¨ ∬ ¨(である)ことがある 【 ∬=¨※¨である 【・※←_重症--【・*の理由から |*←〈その〉高_用量_《複数》{ ∬ (される)}¨ ⌒〔 ∬=受けられる--【・*により |*←重要 な 構造《複数》{☆の周囲の}¨ ⌒〔 ☆←_鼻咽頭 】┏┓。    これら は 含む_【・*を |*←内分泌系 の _合併症_《複数》{§(の性質の)}¨ ⌒〔 §←二次的な--【・*から |*←視床下部 、又は、 下垂体 機能不全 _脳`神経_傷害《複数》_開口`障害_】┏┓。    医者 は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=増加させる_【・*を |*←総_用量_{☆への}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_原発__腫瘍_--【 ∬ (する)一方で∬=短縮する_【・*を |*←〈その〉_全体的__治療_時間 】--【 ∬ (する)ことにより | ∬=使用する_【・*を |*←〈その〉_改善_された 属性《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_陽子線`治療_ 】┏┓。    このこと は ¨ ∬ ¨(する)ことの可能性がある 【 ∬=■_増加させる_【・*を |*←_局所_コントロール{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_原発__腫瘍_《複数》】|-そして-|■_低下させる_【・*を |*←_治療`関連_ の _副作用_《複数》{ ∬ (される)}¨ ⌒〔 ∬=見られる--【・*に於いて |*←伝統的な_放射線`療法_ 】┏┓。    更に、〈その〉_用量−局在化_能力《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_陽子線`治療_】━━ は させる--【・*を § に ||*←それ《 _陽子線`治療_ 》| § ←適している--【・*のために |*←再_治療_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_再発__腫瘍_《複数》 】┏┓。

〔 _口腔`咽頭_ 〕


¨患者さん《複数》{ ∬ (される)}¨ ⌒〔 ∬=_治療_される--【・*のために |*←_局所`進行期_ の _口腔`咽頭_ がん 】━━ は 通常 受ける_【・*を |*←_併用_ での _外科手術_ 、及び、 術後 _光子線`放射線療法__《 いくらかの_選択_されたケースでは、_放射線`療法_だけ 》 】┏┓。    残念ながら、 --【・*によっても… |*←いずれの_治療_アプローチ】━━、〈一つの〉_有意_に 高率 の _治療_後 _病的状態_ が 報告されて在る┏┓。    _重症の__治療`関連__合併症_《複数》 が 報告されて在る--【・*に於いて |*←最高 50% の _長期的_克服者さん《複数》 】┏┓。     より大きな_放射線__用量_《複数》 は 伴う_【・*を |*←_改善_された_レベル_ の コントロール】━━、しかし、残念ながら、このこと は 、また、もたらす_【・*を |*←〈一つの〉増加した _合併症_率 】┏┓。    このこと は 部分的には 関連している--【・*に |*←〈その〉大きな容量{ ∬ (される)}¨ ⌒〔 ∬=取られる--【・*に |*←〈一つの〉_高用量_使用 の 伝統的な_放射線`療法_ 】┏┓。    _陽子線`治療_ は 増加させる_【・*を |*←〈その〉総_用量_{☆への}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_腫瘍_】--【 ∬ (する)一方で∬=減少させる_【・*を |*←〈その〉_用量_{☆への}¨ ⌒〔 ☆←周囲の 正常組織《複数》 】、--【・*のおかげで |*←_改善_された_用量−局在化_ 】┏┓。    --【・*に於いて… |*← Loma Linda University Medical Center 】━━、_陽子線`治療_ は 使用される--【・*との併用で |*←伝統的な_光子線`放射線療法_】、--【・*を伴って |*←顕著な_改善_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_病気`コントロール_ 、及び、 低下された_病的状態_ 】┏┓。    _長期的__結果《複数》_ が 公刊されて在る┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Loma Linda University Medical Center )
「英文原題」=Head and Neck

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

胸部・腹部


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

〔 _早期__肺がん_《 医学的に_手術`不可能的_な 》 〕


--【『 』の場合…|『_肺がん_ が _診断_された--【・*の段階で |*←〈一つの〉_早期__ステージ_ 』】━━、それ_は ¨※¨である 【・※←治癒可能的_--〔・*により |*←_外科手術__--〔・*に於いて |*← 50% の ケース《複数》 】┏┓。    _標準的__治療__は ¨※¨である 【・※←_外科的__切除_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_腫瘍_ 、及び、 おそらくは 〈その〉肺全体】┏┓。    いくらかの_患者さん《複数》_{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_重症の_肺 、又は、 心臓 疾患】━━ は ¨ ∬ ¨(する)ことができない 【 ∬=受ける_【・*を |*←そのような手術 】┏┓。    伝統的に、これらの_患者さん《複数》_ は 提供されて在る_【・*を |*←伝統的な_放射線`療法_】、《公刊された_結果《複数》_は¨ ∬ ¨して…| ∬=¨※¨である 【・※← より劣る--【・*よりも |*←_外科手術_による_結果《複数》_ 》 】┏┓。    我々は 活用しつつある_【・*を |*←_陽子線`治療_--【・*のために |*←そのような_患者さん《複数》_--【・*のための努力として |*← ∬ すること | ∬=増加させる_【・*を |*←〈その〉_腫瘍_への_放射線__用量_--【 ∬ (する)一方で∬=最小化させる_【・*を |*←〈その〉ダメージ{☆への}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉周囲の正常な 心臓、や、肺 の 組織 】┏┓。    CT による_研究_《複数》 は 示す【・『 』ということを… |『_陽子線`治療_ は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=助ける_【 ∬ (する)ことを | ∬=限定する_【・*を |*←〈その〉容量{☆の}¨ ⌒〔 ☆←正常な 肺組織{ ∬ (される)}¨ ⌒〔 ∬=傷害される--【・*により |*←_放射線_ 】 』 】┏┓。    _予備的な__臨床的__結果《複数》_ は 示唆する【・『 』ということを… |『この_治療_ は もたらす_【・*を |*←良好な_局所__腫瘍_コントロール率《複数》--【 ∬ (する)一方で∬=最小化する_【・*を |*←肺 傷害 】 』 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Loma Linda University Medical Center )
「英文原題」=Chest and Abdomen

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

小児_患者さん_ での _腫瘍__治療_


_脳腫瘍_

本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_腫瘍_{ ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=発生する--【・*に於いて |*←〈その〉脳 】━━ は 来る--【・*で(やり方) |*←多くの 異なるタイプ《複数》 、及び、 _重症度《複数》 】┏┓。    _陽子線`治療_ は 使用される--【・*のために |*←_選択_された_患者さん《複数》_--【 ∬ (する)ことのために | ∬=最小化する_【・*を |*←〈その〉_潜在的_に ダメージを与える 影響《複数》{☆の}{★への}¨ ⌒〔 ☆←_放射線`療法_ ⌒〔 ★←〈その〉正常な 脳 、及び、 周辺の 構造《複数》】┏┓。    例えば、 ∬ すること | ∬=使用する_【・*を |*←_陽子線`治療_--【 ∬ (する)ことのために | ∬=治療する_【・*を |*←_髄芽腫_】━━ は 最小化する_【・*を |*←〈その〉_放射線__用量_{☆への}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉中耳 、及び、 内耳 】┏┓。    それ は 、また、最小化する_【・*を |*←_放射線_ダメージ{☆への}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_下垂体_】━━、そして、低下させる_【・*を |*←〈その〉¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←ダメージ{☆への}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉視神経《複数》 】┏┓。    〈その〉_潜在`能力{☆の}{ ∬ (する)ことの} ¨ ⌒〔 ☆←_陽子線`治療__⌒∬=最小化する_【・*を |*←〈その〉_放射線_曝露{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_特定的な_構造《複数》( 臓器 ) 】_━━ は ¨※¨によって 大きく異なってくる【・※←_腫瘍_タイプ 、及び、 その位置 】┏┓。    従って、 _陽子線`治療_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_脳腫瘍_《複数》】━━ は ¨※¨である 【・※←高度に 個別的 】┏┓。    _局所__腫瘍_コントロール は 期待されている【・※であると|※←少なくとも 同等--【・*と(比較対象) |*←〈その〉存在しているベストの_結果《複数》_{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=達成された _【 ∬ して | ∬=使用して_【・*を |*←伝統的な_放射線`療法_ 】┏┓。    --【・*の場合には… |*←_選択_された_組織タイプ《 _脳腫瘍_の 》】━━、_改善_された_結果状況_《複数》 が 期待される┏┓。    〈一つの〉¨分析{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉最初の 27 名 の 小児_患者さん《複数》_{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=_治療_された --【・*のために |*←_低`グレード__星状`神経`膠腫《アストロサイトーマ》_《複数》--【・*に於いて |*← Loma Linda University Medical Center《 これらの_患者さん《複数》_ の 大部分 は _治療_された--【・*のために |*←_進行_性、 _非−切除可能的_ 、又は、 _大半`摘出`術_後 の 残存_病変_ 》】━━ は 示した_【・*を |*←〔何も無い( no )予期されなかった _早期_・_遅発性__副作用_《複数》 〕 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Loma Linda University Medical Center )
「英文原題」=Brain Tumors

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

眼窩、及び、眼

本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

〈その〉_眼窩_ は 含む_【・*を |*←多くの重要な臓器《複数》 、及び、 構造《複数》 】┏┓。    これらの それぞれ は 演じる_【・*を |*←〈一つの〉独立した _役割_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉眼 の 機能 】┏┓。    〈その〉涙腺 は 関与している--【 ∬ (する)ことに | ∬=潤滑する_【・*を |*←〈その〉眼 】━━、--【『 』のように…|『〈その〉小さな 腺《複数》 は 位置している--【・主として*に(場所) |*←上瞼 』】┏┓。    障害{☆の}¨ ⌒〔 ☆←これらの 腺 の 機能】━━ は 導く--【・*へ |*←_ドライアイ`症候群_】、《[ この]ことは ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=究極的にもたらす_【・*を |*←_完全_ な 失明》 】┏┓。    〈その〉_水晶体_も 演じる_【・*を |*←重要な_役割_ 】┏┓。    ¨管理{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_白内障_】━━ は ¨ ∬ ¨(である)ことがある 【 ∬=¨※¨である 【・※←非常に困難_--〔・*に於いて |*←小さな 小児《複数》 】┏┓。     ∬ すること | ∬=避ける_【・*を |*←不要な _放射線_照射{☆への}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_水晶体_ 、及び、 〈その〉_前`眼房_《 _緑内障_ を 防ぐ ため 》 ━━_は 従って、 ¨※¨である 【・※←非常に重要 】┏┓。     ∬ すること | ∬=_傷つけないでおく_【・*を |*←追加的な 数ミリメートル厚の 正常眼 ━━ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=もたらす_【・*を |*←重要な 差異{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←眼 の 機能--【・(時期)|人生の 後 になって 】┏┓。

_陽子線`治療_ は 使用されて在る--【・成功的に--【 ∬ (する)ことのために | ∬=_治療_する_【・*を |*←_横紋筋`肉腫_《複数》 、及び、 _網膜`芽細胞`腫_《複数》 】┏┓。    それ は 、また、使用される--【・*のために |*←_腫瘍_《複数》{ ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=発生する--【・*の外側であるが、その近くに |*←〈その〉_眼窩_ 《 このような箇所では、伝統的な_放射線`療法_ は ¨ ∬ ¨(する)ことの可能性がある 【 ∬=脅かす_【・*を |*←視覚 》】┏┓。    このような_腫瘍_《複数》 は 含む_【・*を |*←_副鼻腔_の_肉腫_《複数》、 _傍`脳脊髄膜`横紋筋`肉腫_《複数》 、及び、 髄膜腫(メニンジオーマ)_《複数》 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Loma Linda University Medical Center )
「英文原題」=Orbital and Ocular Tumors in Children

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

頭蓋底、脊髄 の 肉腫

本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_陽子線`治療_ は 使用されて在る--【・成功的に--【・*のために |*←¨¨_脊索腫_《複数》 、及び、 _軟骨肉腫_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉頭蓋底 、及び、 脊髄 に沿って--【・*に於いて |*←成人_患者さん《複数》_ 】┏┓。    --【いったん『 』すると…|『〈その〉_安全性_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_治療_】━━ が 確固として 確立して在る--【・*に於いて |*←成人_患者さん《複数》_ 』】━━、医者《複数》 は 開始した_【・*を |*← ∬ すること | ∬=使用する_【・*を |*←_陽子線`治療_--【・次第に高頻度に--【・*に於いて |*←小児_患者さん《複数》_ 】┏┓。    現在では、〈その〉経験 は 含む_【・*を |*←■_さまざまな_骨原性の__肉腫_《複数》、 _軟骨`由来__肉腫_《複数》《 _脊索腫_《複数》、 _軟骨肉腫_《複数》 》、 _その他の__軟組織`肉腫_《複数》《 _悪性`線維性`組織球`腫_《複数》、_滑膜`細胞`肉腫_ 、及び、 _その他《複数》  》】|-そして-|■_さまざまな主として良性 の 、しかし、_局所_的 に _攻撃的_ な _腫瘍_《複数》{☆のような}¨ ⌒〔 ☆←_巨細胞`腫_《複数》、 _軟骨芽`細胞腫_《複数》 、及び、 _骨芽`細胞`腫_《複数》 】┏┓。    これらの_腫瘍_《複数》 は _治療_される--【・*により |*←※の いずれか |※←_陽子線`治療_だけ 、又は、 _化学療法_との_併用_ 】┏┓。    --【『 』と同じように…|『それが言える--【・*について |*←全ての診察{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_放射線_医学 部門 』】━━、〈一つの〉注意深い_レビュー_ が 実施される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=_決める_【・*を |*←[『 』(→右記)であるか否か… |『 ¨¨追加的な手術 、及び、 _腫瘍__切除_{☆に先行する}¨ ⌒〔 ☆←_陽子線`治療_】━━ が ¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=改善する_【・*を |*←〈その〉成功チャンス 』(か否か)】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Loma Linda University Medical Center )
「英文原題」=Sarcomas of the Base of Skull and Spine in Children

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

治療方式間の比較 : _陽子線`治療_の利点


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

--【・*と異なり… |*←_その他の_タイプ の _放射線`療法_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==使用する_【・*を |*← X −線--【 ∬ (する)ことのために | ∬=破壊する_【・*を |*←_がん細胞《複数》_ 】】━━、_陽子線`治療_ は 使用する_【・*を |*←〈一つの〉ビーム{☆の}¨ ⌒〔 ☆←特殊な粒子《複数》{☆と呼ばれる}¨ ⌒〔 ☆←陽子《複数》 】┏┓。    医者《複数》 は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬= より良好に狙いを付ける_【・*を |*←陽子ビーム《複数》--【・*へ(対象) |*←〈一つの〉_腫瘍_】━━、従って、 ¨※¨が 存在する 【・※← より少ないダメージ{☆への}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉周囲の 健常 組織 】┏┓。    このこと は 可能にさせる--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←医者《複数》| ∬=使用する_【・*を |*←〈一つの〉 より_高用量_ の _放射線_--【・*により |*←_陽子線`治療_ 】--【・*よりも |*← X −線 での _用量_ 】┏┓。

参照されたい_【・*を |*←以下の表--【・*について |*←〈一つの〉横並び比較{☆の}¨ ⌒〔 ☆←伝統的な がん _治療_《複数》_陽子線`治療_ 】┏┓。

表 : _治療_方式 間 の 比較

_陽子線`治療_ _化学療法_ 従来の_放射線`療法_
3次元 エネルギー分布

体内 での _放射線_制御

_副作用_の少なさ

軽度の_副作用_《吐き気など》

患者さん活動レベルへの影響の少なさ

前立腺がん治療後性機能不全リスクの少なさ

無痛の治療
高い_治療_用量_
上記 + 健常組織への傷害リスクの少なさ


※の両方 |※←伝統的な X −線_放射線`療法_ 、及び、 _陽子線`治療_ ━━ は 働く--【・*の原理により |*←_選択__細胞_破壊 】┏┓。    〈その〉主要な利点{☆の}{★と比較しての}¨ ⌒〔 ☆←_陽子線`治療_⌒〔 ★←伝統的な_放射線`療法_】━━ は 、しかし、 ¨『 』(右記)¨ということである『〈その〉特徴的なエネルギー分布{☆の}¨ ⌒〔 ☆←陽子《複数》】━━ が ¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=置かれる--【・*で(やり方) |*← 3 次元 組織容量《複数》{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=デザインされた --【・*により |*←〈その〉医者】 』 】┏┓。    この 能力 は _提供する_【・*を |*← より高度のコントロール 、及び、 それにより、 より優れた_治療__管理_ 】┏┓。

伝統的な_放射線`療法_ は _必要とする_【・『 』ということを… |『光子《 X −線 》《複数》 が 供給される--【・*の中へ |*←〈その〉身体--【・*で(量) |*←総_用量_{ ¶ ところのもの よりも}¨ ⌒〔 ¶==十分な_--〔 ∬ (する)ことのために | ∬=確実にする_【・『 』ということを… |『十分な イオン化イベント《複数》 が 起きる--【 ∬ (する)ことのために | ∬=ダメージを与える--【・*に |*←全ての_がん細胞《複数》_ 】 』 】 』 】┏┓。    --【『 』の理由で…|『光子《複数》 は 持っていない_【・*を |*←電荷 、及び、 質量 』】━━、大部分のエネルギー{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉_単一_光子ビーム】━━ は 落とされる--【・*に(場所) |*←正常組織{☆の近くの}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉身体`表面】━━、そして、いくらかの 望ましくないエネルギー が 落とされる--【・*を超えて |*←〈その〉 がん 自体 】┏┓。    この望ましくないパターン の エネルギー分布 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=もたらす_【・*を |*←不要なダメージ{☆への}¨ ⌒〔 ☆←健常 な 組織《複数》】、《 しばしば妨げて、--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←医者《複数》| ∬=使用する_【・*を |*←十分な_放射線_{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=コントロールする_【・*を |*←〈その〉 がん 】》 】┏┓。

陽子《複数》 は 、対照的に、エネルギー賦与される--【・*に(程度) |*←_特定的な_速度《複数》 】┏┓。    これらのエネルギー《複数》 は 決める『身体 の どの程度深くに 陽子《複数》 が ¨ ∬ ¨(する)であろうか 【 ∬=置く_【・*を |*←それらの最大 の エネルギー 』 】┏┓。    --【『 』につれて…|『〈その〉陽子《複数》 が 動いて行く--【・*の中を |*←〈その〉身体 』】━━、陽子《複数》 は 遅くなっていく、《 引き起こして_【・*を |*←増加した相互作用{☆との}¨ ⌒〔 ☆←軌道`電子《複数》 》 】┏┓。    最大 の 相互作用{☆との}¨ ⌒〔 ☆←電子《複数》】━━ は 起きる--【『 』の時に…|『陽子《複数》 が 近づく--【・*に |*←それらの 標的`停止点 』】┏┓。    最大のエネルギー が 放出される--【・*の中で |*←〈その〉指定された がん 範囲 】__ : __周囲の健常_細胞《複数》_ は 受ける_【・*を |*←_有意_に より少ない 傷害--【・*に |*←〈その〉_細胞《複数》_{☆の内部の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉指定された _(3次元的)範囲_ 】┏┓。    この点 は 、《 そこで〈その〉_高用量_領域{☆の}¨ ⌒〔 ☆←エネルギー放出】━━ が 起きる 》━━(は)呼ばれる--【・*と(名称) |*←〈その〉 Bragg ピーク 】┏┓。

陽子《複数》 の 有利的な 吸収`特徴《複数》 は 由来する--【・*から |*←それらの 荷電 、及び、 重い質量《 電子 の 1,835 倍の重さ 》 】┏┓。    これらの_要因_《複数》 は 可能にさせる--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←医者《複数》| ∬=予測し、コントロールする_【・*を |*←陽子の身体への浸透深度 】┏┓。    〈その〉陽子《複数》 の エネルギー{☆の時点での}¨ ⌒〔 ☆← ∬ すること | ∬=入る--【・*に |*←〈その〉_患者さん_の身体 】━━ 、及び、 〈その〉組織`密度{☆に沿っての}¨ ⌒〔 ☆←陽子《複数》 の 移動路】━━ が _決める_【・*を |*←■_〈その〉浸透`深度{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉陽子線ビーム】|-そして、従って-|■_〈その〉位置{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉 Bragg ピーク 】┏┓。    このピーク は ¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=拡大される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=適合する_【・*に |*←〈その〉厚さ{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉指定された容量 --【・*に沿って |*←〈その〉ビーム軸】┏┓。    〈その〉重い 質量 は 、また、もたらす_【・*を |*←_最小限_ の 偏差  、及び、 従って、 _最小限_ の _側方`散乱___ : __〈一つの〉_有意_ な _要因_{ ∬ (する)ことに於いての}¨ ⌒〔 ∬=■_低下させる_【・*を |*←_副作用_《複数》】|-そして-|■_最大化する_【・*を |*←_治療__利益_ 】┏┓。

光子《複数》《 _標準的_X −線《複数》 》 、及び、 電子《複数》 は 失う_【・*を |*←大部分のエネルギー--【・*の近くで |*←〈その〉身体 の 表面】━━、そして、急激に 置いていく_【・*を |*←エネルギー--【『 』につれて…|『それら が 通過する_【・*を |*←組織 』】┏┓。    電子《複数》 は 、--【・*の理由から |*←それらの_低_質量】、━━(は)容易に そらされる--【・*から |*←それらの 当初の方向】━━、そして、生じる_【・*を |*←顕著な _二次的__側方`散乱_ 】┏┓。    --【『 』の場合…|『光子《複数》 、又は、 電子《複数》 が 使用される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=治療する_【・*を |*←_患者さん《複数》_ 】 』】━━、健常 な 組織《複数》{☆の周囲の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_腫瘍_標的】━━ が しばしば受ける_【・*を |*←〈一つの〉_用量_{§(の性質の)}¨ ⌒〔 §←同等に高い--【・*と同等に |*←_用量_{ ∬ (される)}¨ ⌒〔 ∬=向けられる--【・*に |*←〈その〉目的 の _腫瘍`_体積`範囲_ 】┏┓。    _【 ∬ して …| ∬=試みて_【 ∬ (する)ことを | ∬=回避する_【・*を |*←このような問題《複数》 】━━、_放射線__腫瘍`医_《複数》 は しばしば 採用する_【・*を |*←_多門`照射_アレンジ《複数》--【 ∬ (する)ことのために | ∬=■_積み上げる_【・*を |*←〈その〉_腫瘍_への_用量_《複数》】|-そして-|■_免れさせる_【・*を |*←出来る限り多くの正常組織 】--【 ∬ (する)ことにより | ∬=限定させる_【・*を |*←〈その〉_用量_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←これらの組織《複数》--【・*まで |*←〈一つの〉_忍容可能な_レベル_ 】┏┓。

_多門`照射_アレンジ《複数》 は ¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=使用される--【・*で |*←_陽子線`治療_ 】┏┓。    --【『 』の場合…|『当該アレンジ が 使用された 』】━━、〈その〉_用量_《複数》{☆への}¨ ⌒〔 ☆←正常組織《複数》】━━ は 低下される--【・(程度)|更に低く】、、《 それによって、最小化して_【・*を |*←正常組織への影響《複数》 》 】┏┓。    --【『 』の場合…|『いくつかの 陽子_照射`野_ が 使用される 』】━━、〈その〉_用量_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉重なり合ったビーム《複数》】━━ は 更に、増加する--【・*と比較して |*←正常組織への_用量_】、《 可能にさせて--【・▽が¨ ∬ ¨されるのを||▽← より_効果的_な_用量_《複数》#←∬=照射される--【・*に |*←〈その〉標的_体積`範囲_--←#【・*よりも |*← X −線照射 の 場合 】 》 】┏┓。

--【・*の結果として |*←陽子線 の _用量_−分布 特徴《複数》】━━、〈その〉_放射線_医 は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=_増加させる_【・*を |*←〈その〉_用量_{☆への}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_腫瘍_--【 ∬ (する)一方で∬=低下させる_【・*を |*←〈その〉_用量_{☆への}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉周囲の 正常組織《複数》 】┏┓。    このこと は 可能にする--【・▽が¨ ∬ ¨されるのを||▽←〈その〉_用量_| ∬=増加される--【・*を超えて |*←_用量_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶== より_低_−_原体照射`的な _放射線`療法_ が 可能にする 】--【 ∬ (する)一方で∬=免れさせる_【・*を |*←健常な 組織・臓器《複数》 】、■_可能にさせて_【・*を |*← より直接的な インパクト{☆への}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_腫瘍_】|-そして-|■_増加させて_【・*を |*←可能性{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_腫瘍_コントロール 》 】┏┓。    〈その〉_患者さん_ は 何も感じない--【・*の間に |*←_治療_ 】┏┓。    --【・*の後に… |*←_治療_】━━、〈その〉_最小限_の 正常−組織 傷害 は 通常 もたらす_【・*を |*← より少なく、 より軽度の _副作用_《複数》{☆のような}¨ ⌒〔 ☆←_吐き気_、_嘔吐_、_下痢_ 】┏┓。    このこと は もたらす_【・*を |*←〈一つの〉 より良好な_生活の質_--【・*の間 、及び、 その後に |*←_陽子線`治療_ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Loma Linda University Medical Center )
「英文原題」=Treatment Comparison: What Makes Proton Therapy Superior?

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他