目次《ジャンプ先で項目タイトルをクリックすれば、この目次に戻れます》


本ファイル名称=gastro-intestinal_001.nm2


→トップページへ戻る


お手数ですが、もう一度下記のリンクをクリックしてください:

情報データベース(消化管系)のトップページへ






《この資料の目次に戻るためには、上記の標題行をクリックしてください》

疾患名 =_消化管`系_( Gastro-intestinal )


資料 A=ESMO より : 消化管`系がん 関連の 興味深い 発表(資料ご紹介の作成年月='11/3)


資料名=Medscape Pharmacists


このコーナーでは、上記の資料の内容の概略をご紹介しています。各ページには、当該ページに対応する原資料サイトのページへのリンクを設定してありますが、原資料サイト での ページ構成変更により、リンク切れとなっております場合は、本家サイトの

リンク集のページ

の、「情報の存在を ご紹介しているサイト」の項目に 当該原資料サイトへのリンクを収載しておりますので、そこからジャンプしてください。《当該原資料サイトには、当サイトでご紹介している以外にも豊富な情報が記載されておりますので、原資料サイトをご覧になることを強くお勧めします》

尚、このコーナーでご紹介しております原資料の日付は下記の通りです :

原資料更新時期= October 18, 2010 

本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

概観


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

《この記事は、もともとJean-Yves Douillard氏が、動画上で話しているものですが、以下のイメージご紹介では会話口調にはしてありませんので、ご了承ください》

おはよう--【・*から |*← ESMO 会議《 イタリア ミラノにて 》 】┏┓。    私の名前_は ¨※¨である 【・※← Jean-Yves Douillard 】┏┓。    私_は ¨※¨である 【・※←■_教授{☆の}¨ ⌒〔 ☆← Medical Oncology at the Centre R. Gauducheau University Cancer Center《 フランス ナント 》-そして-■_ディレクター{☆の}¨ ⌒〔 ☆← Medical and Translational Research 】┏┓。    私 は ¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=_レビュー_する_【・*を |*←〈その〉最も興味深いプレゼン《複数》{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←_消化管`系__腫瘍_学{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆← ESMO 会議 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacists October 18, 2010)
「英文原題」=ESMO: Jean-Yves Douillard Reports on the Best of GI Cancer

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

上部_消化管


食道


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

私は¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=まず 始める--【・*から |*←〈その〉上部_消化管`系_】〓〓、そして、昨日¨※¨が 存在した 【・※← 3 件の_研究_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =私 が コメントしたい 】┏┓。    〈その〉最初の_研究__は ¨※¨であった 【・※←〈一件の〉_ランダム化__臨床試験_{☆に於ける}{ ¶ ところの#←}¨ ⌒〔 ☆←_早期__ステージ_食道_切除`可能的_ がん ⌒〔 ←#¶ =比較した_【・*を |*←_化学`放射線`療法{☆による}¨ ⌒〔 ☆← cisplatin / 5-fluorouracil + _放射線`療法_ 、と、 それに続いての_外科手術_--【・*と(比較対象) |*←_外科手術_だけ 】┏┓。

〈その〉主要なメッセージ{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←_この研究_】〓〓_は ¨『 』(右記)¨ということである『¨※¨は 存在しない 【・※←_利益_(否定)∬ (する)ことの}¨ ⌒〔 ∬=追加する_【・*を |*←_化学`放射線`療法_--【・*に於いて |*←_術前`補助`療法__状況設定_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_切除`可能的__早期__食道がん_ 】 』 】┏┓。    ¨※¨は 存在しなかった 【・※←差異(否定){☆の点での}¨ ⌒〔 ☆←_進行無し`生存_、や、_全体的`生存_ 】┏┓。    また、¨※¨は 存在しなかった 【・※←_有意な_差異(否定){☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_術後__死亡率_】〓〓、しかし、¨※¨が 存在した 【・※← 6 例の_術後_ での 死亡--【・*に於いて |*←〈その〉_化学`放射線`療法__グループ_--【・*と比較して |*←_外科手術_だけ_グループ_ での 1 例の死亡 】┏┓。

従って、 --【・*に於いて… |*←_早期__ステージ__食道がん_《 主として_ステージ_1_、2、3、及び、0 》】〓〓、¨※¨は 存在しない 【・※←理由(否定)《 _この研究_に 基づけば 》∬ (する)ことをすべき}¨ ⌒〔 ∬=実施する_【・*を |*←_術前`補助`療法_としての_化学`放射線`療法_ 】┏┓。    〈その〉_標準的`ケア_ は 引き続き¨※¨である 【※←_外科手術_ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacists October 18, 2010)
「英文原題」=ESMO: Jean-Yves Douillard Reports on the Best of GI Cancer

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

〈その〉 2 つ目の_研究_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =私 が コメントしたい 】〓〓_は ¨※¨であった 【・※←_局所`進行期_、又は、_転移性_ の _胃がん_に関する もの 】┏┓。    _この研究_ は 使用した_【・*を |*←〈一つの〉 より_順次`実施_的タイプ の アプローチ{ ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=比較する_【・*を |*←■_FOLFIRI_レジメン_《 leucovorin / 5-fluorouracil / irinotecan 》 、と、 それに続いての ECX_レジメン_《 epirubicin / cisplatin / capecitabine 》《 _病気`進行_の 時点 での 実施 》】|-又は-|■__左記の_逆の順序《 ECX_レジメン_→ FOLFIRI_レジメン_ 》 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←_この研究_】〓〓、¨※¨が 存在した 【・※←〈一つの〉_有意な__治療挫折まで`期間_--【『 』の場合…|『〈その〉 FOLFIRI_レジメン_→ ECX_レジメン_という 順序 が 使用された 』】┏┓。

_治療挫折まで`期間_《 この_研究_ では 定義された--【・*として |*←期間の長さ{☆から▽までの}¨ ⌒〔 ☆←_ランダム振り分け |▽←_病気`進行_、又は、_治療_中止、又は、_再発_、又は、_死亡 》〓〓 は 考慮に入れる_【・*を |*←#1だけでなく#2 || #1←_利益_{☆の点での}¨ ⌒〔 ☆←_生存_】 |#2←当該_レジメン_の_毒性_ 】┏┓。    --【 ∬ (する)場合には∬=見る_【・*を |*←_その他の__生存_パラメタ《複数》{☆のような}¨ ⌒〔 ☆←_進行無し`生存_、又は、_その他の__生存_ 】〓〓¨※¨は 存在しなかった 【・※←差異(否定) 】┏┓。    従って、 例えば〈その〉差異{☆の間の}¨ ⌒〔 ☆←_治療挫折まで`期間_、及び、_進行無し`生存_】〓〓 は 主として 関連していた--【・*に |*←〈一つの〉 より良好な_忍容性__プロフィール_{☆による}¨ ⌒〔 ☆←最初に FOLFIRI_レジメン_、次いで ECX_レジメン_】《 このことは、¨※¨である 【・※←考慮すべき、重要なこと】〓〓、と、私は考える 》 】┏┓。

この_研究_ は 、また、提供する_【・*を |*←情報{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_有り得る的_使用{☆の}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆← FOLFIRI_レジメン_⌒〔 ★←_第一線`治療__胃がん_】《 この_レジメン_ は 、現在までのところ、あまり¨※¨では在らなかった 【・※←人気のある_レジメン_ 》 】┏┓。    しかし、、《 考慮すれば_【・*を |*←それの_臨床的`利益_、及び、_安全性_》〓〓、この_順次`実施_ は ¨ ∬ ¨(される)ことの可能性がある 【 ∬=推奨される 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacists October 18, 2010)
「英文原題」=ESMO: Jean-Yves Douillard Reports on the Best of GI Cancer

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_膵臓_


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

〈その〉第 3 の_研究_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =私 が コメントしたい 《 これ は 既にプレゼンされていた--【・*に於いて |*← ASCO 】〓〓、しかし、アップデートされた--【・*に於いて |*←今回の ESMO, 》_は ¨※¨である 【・※←_転移性`膵臓がん_に関するもの 】┏┓。    これ_は ¨※¨である 【・※←〈その〉¨併用{☆の}{★と比較しての}¨ ⌒〔 ☆← oxaliplatin / irinotecan / 5-fluorouracil《 いわゆる FOLFIRINOX_レジメン_ 》⌒〔 ★←〈その〉_標準的_ケア_である gemcitabine 】┏┓。    --【『 』であるように…|『プレゼンされた--【・*に於いて |*← ASCO 』】〓〓、FOLFIRINOX_レジメン_ は もたらす_【・*を |*←■_〈一つの〉_全体的`生存__利益_{大略☆からの}¨ ⌒〔 ☆← 6 ヶ月間】|-そして-|■__中央値での__全体的`生存期間_{☆への}¨ ⌒〔 ☆← 11 ヶ月間 】┏┓。(*)

(*)mougitaro 注:このあたりの原文記述は、あまり明確ではありません。

追加的_データ_{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=提示された --【・*に於いて |*←この会議 】〓〓 は 含んだ_【・*を |*←〈その〉_多変量`解析__分析_{ ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=示す_【・『 』ということを… |『〈その〉 3 剤_併用__レジメン_FOLFIRINOX は もたらした_【・*を |*←〈一つの〉_利益_--【・*に於いて |*←全ての_グループ_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =テストされた 】、--【・*を含めて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する、又は、有しない}¨ ⌒【 ☆←ステント《 このこと は ¨※¨であった 【・※←〈一つの〉疑問{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =提起された--【・*に於いて |*← ASCO 】 》 】┏┓。

この_3剤`併用`レジメン_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒【 ☆←良好な_活動ステータス_】〓〓_は 確かに¨※¨である 【・※←〈一つの〉可能性--【『 』という点で…|『それ は もたらす_【・*を |*←〈一つの〉大きな_改善_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_中央値での__生存期間_ 』】〓〓、しかし、_患者さん__選択__は ¨※¨である 【・※←_必須的_ 】┏┓。    --【・*の理由から… |*←_毒性_】〓〓、この_レジメン_ は かなり しばしば 必要とした_【・*を |*←〈その〉¨使用{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_顆粒球`コロニー`刺激`因子《 G-CSF 》_】、--【・*の理由から |*←〈その〉高頻度 の _グレード3_/4 の _好中球`減少症_、及び、_発熱性__好中球`減少症_ 】┏┓。    しかし、熟練したセンターで、_選択_された_患者さん_ での 場合、 それ は ほぼ 倍増した_【・*を |*←_中央値での__生存期間_】〓〓、そして、それ は ¨ ∬ ¨(される)べきである 【 ∬=考慮される 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、本資料の「資料名」のページ、又は、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacists October 18, 2010)
「英文原題」=ESMO: Jean-Yves Douillard Reports on the Best of GI Cancer

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_結腸`直腸`がん


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

〈その〉 2 つ目のパート{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =私 が ディスカスしたい 】〓〓_は ¨※¨である 【・※←_結腸`直腸`がん_に関するもの 】┏┓。    これらの_データ_ は プレゼンされた--【・昨日の午後に 】┏┓。    ¨※¨が 存在した 【・※← 2 件の_臨床試験_《複数》_{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆← cediranib《 これ_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉 VEGFR/TKI ( _血管内皮`成長`因子《 VEGF 》_/_チロシンキナーゼ`抑制薬_ ) 》¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =■__示して在る_【・*を |*←_有望的_な _有効性_の_証拠_】|-そして-|■_テストされた--【・*に於いて |*←_ランダム化__フェーズ_3__研究《複数》_ 】┏┓。

〈その〉最初の_臨床試験_ は 比較した_【・*を |*← cediranib + FOLFOX_レジメン_《 leucovorin/5-fluorouracil/oxaliplatin 》/ XELOX_レジメン_《 capecitabine/oxaliplatin 》_プラセボ_ + FOLFOX / XELOX 】┏┓。    それ《 cediranib の使用 》 は _示した_【・*を |*←〈一つの〉_改善_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_進行無し`生存_】《 危険率 0。84 P 0.001 》 】┏┓。    しかし、¨※¨は 存在しなかった 【・※←_利益_(否定){☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_全体的`生存_】〓〓、そして、この_化合物__は 持つ_【・*を |*←_毒性_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =結果として、必要とした_【・*を |*←引き下げ{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_化学療法_サイクル数、又は、_用量`強度_ 】┏┓。    _【 ∬ して | ∬=比較して_【・*を |*←随伴する_毒性_、と、〈その〉まあまあ の _有効性_ 】〓〓、私 は 考えない《 現時点に於いては 》_【・『 』と… |『この_薬_ が 推奨できる(の否定) 】┏┓。    しかし、これ_は ¨※¨である 【・※←一種の_アイデア実証{ ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=示唆する【・『 』ということを… |『 _経口_VEGFR/TKI_薬_《複数》_は 持つ_【・*を |*←〈一つの〉_有効性_ 』 】〓〓、しかし、我々は 明らかに 必要とする_【・*を |*←_薬_《複数》{☆を伴う}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉 より良好な _忍容性__プロフィール_ 】┏┓。

〈その〉 2 つ目の_臨床試験_{☆による}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉同一_薬_】〓〓 は 比較した_【・*を |*← cediranib / FOLFOX_レジメン_bevacizumab / FOLFOX 】┏┓。 】┏┓。    ここでも、¨※¨は 存在しなかった 【・※←差異(否定){☆の点での}¨ ⌒〔 ☆←_結果状況_ 】┏┓。    〈その〉_非−劣性 は 示されなかった--【『 』の理由で…|『〈その〉 95%信頼区間 が 超過した_【・*を |*←当初の 定義 』】┏┓。

そして、 _毒性_の点では、 cediranib_は ¨※¨であった 【・※← より_毒性_的_--〔・*よりも |*← bevacizumab--【 ∬ (された)場合に∬=追加された--【・*に |*← FOLFOX_レジメン_ 】〓〓、そして、必要とした_【・*を |*←_用量_適合 引き下げ、又は、 より少ない_化学療法_患部供給 】┏┓。    従って、 これ は ¨ ∬ ¨しなかった 【 ∬=示す (の否定)_【・*を |*←〈一つの〉_利益_--【・*と比較して |*← FOLFOX_レジメン_/ bevacizumab 】┏┓。    それ_は ¨※¨であった 【・※←ほぼ 同等】〓〓、しかし、ここでも、 〈その〉_忍容性__プロフィール__は ¨※¨ではなかった 【・※←十分に良好(の否定) 】┏┓。

もう一つの _臨床試験_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =プレゼンされた--【・*に於いて |*←_転移性`結腸直腸がん__第一線`治療_ 】〓〓_は ¨※¨であった 【・※←〈その〉 NORDIC_臨床試験_ 】┏┓。    〈その〉 NORDIC_臨床試験__は ¨※¨であった 【・※←〈一つの〉¨併用{☆の}¨ ⌒〔 ☆←ボーラス 5-fluorouracil_2 週間に 1 回 + oxaliplatin ± cetuximab 】┏┓。

--【・*に於いて… |*←この_臨床試験_】〓〓、_患者さん《複数》_ は _選択_されなかった--【・*により |*←〈その〉 K-ras_遺伝子`変異_ステータス《陽性・陰性》 】┏┓。    しかし、これ は 実施された--【『 』の時に…|『標本《複数》 が 採取された--【・*の時点で |*←_臨床試験_終了 』】┏┓。    驚くべきことに、¨※¨は 存在しなかった 【・※←_利益_(否定)--【・*により |*←〈その〉¨追加{☆の}{★への}¨ ⌒〔 ☆← cetuximab ⌒〔 ★←〈その〉 NORDIC_レジメン_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←※の両方 |※← 5-fluorouracil、及び、oxaliplatin 】┏┓。

--【『 』の場合…|『〈その〉_研究者《複数》 が 提示した_【・*を |*←〈その〉_データ_--【・*に応じて |*←〈その〉 K-ras ステータス 』】〓〓、彼ら は ¨ ∬ ¨しなかった 【 ∬=見出す (の否定)_【・*を |*←_利益_{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉¨追加{☆の}{★への}¨ ⌒〔 ☆← cetuximab ⌒〔 ★← NORDIC_レジメン_--【・*に於いて |*←〈その〉 Y タイプ_グループ_】〓〓、そして、このこと は 異なる--【・*と比べると |*←¶ ところのこと |¶ =既に 見られた--【・*により |*←■_cetuximab {☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉 OPUS_臨床試験_】|-又は-|■_panitumumab {☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉 PRIME_臨床試験_ 】┏┓。

--【・*に於いて… |*←〈その〉_グループ_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒【 ☆← K-ras_遺伝子`変異_】〓〓、¨※¨が 存在した 【・※←〈一つの〉わずかな差異{☆を有利とする}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉¨追加{☆の}{★への}¨ ⌒〔 ☆← cetuximab ⌒〔 ★←〈その〉 NORDIC_ レジメン_{ ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=組込む_【・*を |*← oxaliplatin 】〓〓、そして、このこと_は ¨※¨であった 【・※←非常に 驚くべきこと 】┏┓。    〈その〉キーポイント{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←この_データ_】〓〓 は ¨ ∬ ¨(される)べきである 【 ∬=視野に入れられる--【・*と |*← COIN 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←〈その〉 COIN_臨床試験_】〓〓、〈その〉_化学療法_バックボーン は ¨ ∬ ¨(である)ようである 【 ∬=¨※¨である 【・※←非常に重要--【 ∬ (する)ことをすべく | ∬=考慮する_ 】┏┓。    --【『 』の時に…|『〈その〉_研究者《複数》_ が 報告していた_【・*を |*←〈その〉_結果状況_--【・*に応じて |*←〈その〉¨使用{☆の}¨ ⌒〔 ☆← FOLFOX_レジメン_/XELOX_レジメン_ 』】〓〓、¨※¨が 存在した 【・※←〈一つの〉_利益__--〔・*に於いて |*←〈その〉 FOLFOX_レジメン_/ cetuximab_グループ_ 】┏┓。    しかし、大部分のマイナス の インパクト{☆の}¨ ⌒〔 ☆←この_臨床試験_】〓〓 は 駆動された--【・*により |*← XELOX _レジメン_ 】┏┓。    ここでは、 --【・*の場合 |*←〈その〉 FLOX_レジメン_--【・*と対照的に |*← FOLFOX_レジメン_】〓〓、我々は 持つ_【・*を |*←〈一つの〉ボーラス_注射_ での 5-fluorouracil 】┏┓。    --【・*に於いては… |*←それ以外の_臨床試験_《複数》_】《 OPUS、及び、PRIME 》〓〓、_持続点滴_5-fluorouracil が 使用された┏┓。

従って、 明らかに、 〈その〉_化学療法_バックボーン_は ¨※¨である 【・※←重要--【 ∬ (する)ことをすべく | ∬=考慮する 】〓〓、そして、私 は ¨ ∬ ¨しない 【 ∬=考える (の否定)_【・『 』と… |『 capecitabine が 使用されるべきである(の否定)〓〓、--【たとえ『 』であっても…|『それ は 似せる_【・*に |*←_持続点滴_5-fluorouracil 』】┏┓。    それ は ¨ ∬ ¨しない 【 ∬=効果を表す (の否定) 】┏┓。    我々は 持つ_【・*を |*←_証拠_--【・明確に*から |*←〈その〉 COIN_臨床試験_ 】┏┓。    〈その〉ボーラス 5-fluorouracil は 、--【・*に加えて |*← より多くの_毒性_】〓〓、(は)¨ ∬ ¨しない 【 ∬=提供する (の否定)_【・*を |*←〈一つの〉同様な_利益_--【・*と比較して |*← 5-fluorouracil--【『 』の場合…|『それ が _併用_される--【・*と |*← oxaliplatin、又は、cetuximab 』】┏┓。    従って、 この 観点からは、 私 は 考える_【・『 』と… |『--【『 』の場合…|『_抗−_上皮`成長`因子`レセプタ《 EGFR 》__モノクロナル抗体_《複数》 が ¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=使用される 』】〓〓、それ は ¨ ∬ ¨(される)べきである 【 ∬=使用される--【・*と一緒に |*← FOLFOX_ レジメン_--【・*よりも |*←如何なる_その他の__レジメン_ 』 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、本資料の「資料名」のページ、又は、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacists October 18, 2010)
「英文原題」=ESMO: Jean-Yves Douillard Reports on the Best of GI Cancer

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他