目次《ジャンプ先で項目タイトルをクリックすれば、この目次に戻れます》


→トップページへ戻る


お手数ですが、もう一度下記のリンクをクリックしてください:

情報データベース(乳がん)のトップページへ






《この資料の目次に戻るためには、上記の標題行をクリックしてください》

疾患名 =Breast Cancer( _乳がん_ )


資料 D=転移性`乳がん_の_治療《第二線_、及び、それ以降》(ご紹介 作成年月='11/10)


資料名=Medscape Oncology


このコーナーでは、上記の資料の内容の概略をご紹介しています。各ページには、当該ページに対応する原資料サイトのページへのリンクを設定してありますが、原資料サイト での ページ構成変更により、リンク切れとなっております場合は、本家サイトの

リンク集のページ

の、「情報の存在を ご紹介しているサイト」の項目に 当該原資料サイトへのリンクを収載しておりますので、そこからジャンプしてください。《当該原資料サイトには、当サイトでご紹介している以外にも豊富な情報が記載されておりますので、原資料サイトをご覧になることを強くお勧めします》

尚、このコーナーでご紹介しております原資料の名称、及び、日付は下記の通りです :

原資料名・日付=Medscape Oncology June 7, 2011 

本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

アブストラクト、紹介


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

アブストラクト


増加しつつある¨使用{☆の}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_標準的__化学療法_《 特に_アントラサイクリン系`化学療法剤−、及び、タキサン系化学療法剤−ベース_治療_《複数》 》⌒〔 ★←_早期‐乳がん】〓〓 が 導いて在る--【・*へ |*←〈一つの〉対応する増加{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_重度に__先行治療`経験`有り の_ and / or _治療−_耐性_ の ケース《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_ 】┏┓。    従って、 _第二線_、及び、それ以降 の ライン の _転移性`乳がん__治療_ は しばしば含む_【・*を |*←〈その〉_臨床的_に_挑戦課題`的な 形の 進行性 の _病気_、及び、限定された_治療__選択肢_《複数》 】┏┓。    --【『 』の一方で…|『いくつかの_予後`因子_《複数》 が 明らかにされて在る--【 ∬ (する)ことのために | ∬=助ける_【・*を |*←_治療__選択_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん__患者さん《複数》_ 】 』】〓〓、_治療__は ¨※¨である 【・※←_緩和的_】〓〓、そして、それ は 目的とする_【 ∬ (する)ことを | ∬=_伸長_する_【・*を |*←_生存期間_】コントロールする_【・*を |*←_症状_《複数》】最大化する_【・*を |*←_患者さん_の_生活の質_ 】┏┓。    〔何も無い( no )グローバルに受け入れられた標準 〕 が 存在している(の否定)--【 ∬ (する)ことのために | ∬=満たす_【・*を |*←_左記の_目標《複数》 】〓〓、そして、_治療_パターン《複数》 は 異なる--【・*により |*←地域 】┏┓。    〈その〉リスト{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_使用`可能的_な_薬_《複数》{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_】〓〓 は 増加しつつある--【・*により |*← より新しい_化学療法剤_《複数》、及び、_分子的−標的_治療_《複数》 】┏┓。    --【・*の間に…|*←_最近_数年間】〓〓、いくつかの_単剤_、及び、_併用`化学療法__レジメン_《複数》 が 示されて在る_【 ∬ (する)と | ∬=■_改善する_【・*を |*←_進行無し`生存_】|-そして-|■_低下させる_【・*を |*←_症状_《複数》 】】 --【・*に於いて |*←_臨床研究_《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_耐性_ and / or _重度に__先行治療`経験`有り の__転移性`乳がん_ 】┏┓。    しかし、現在のところ、〈その〉示された_利益_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←これらの_内科的__治療`介入_《複数》】〓〓 は 通常 含んで在らない_【・*を |*←_伸長_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_全体的`生存期間_《複数》 】┏┓。    それ《=『 』ということ(右記)》〓〓が 期待される……【・=『将来、 _進展中_の _改善_《複数》{☆への}¨ ⌒〔 ☆←_治療_アプローチ《複数》{ ∬ (される)}¨ ⌒〔 ∬=使用される --【・*に於いて |*←_第二線__状況設定_《複数》、及び、それ以降】〓〓 が ¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=可能にさせる_【・*を |*←有意味の_改善_《複数》{☆の点での}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_症状_コントロール、及び、_生存_⌒〔 ★←_転移性`乳がん_ 』┏┓。
◆◆◆◆◆編集メモ:ここまで一旦投稿済み◆◆◆◆◆----

紹介


--【・*にもかかわらず… |*←〈その〉多くの_進歩《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =達成されて在る--【・*に於いて |*←〈その〉¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_ 】】〓〓、〈その〉_予後_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_】〓〓 は 引き続き¨※¨である 【※←劣る】〓〓、--【・*を伴って |*←〈一つの〉_中央値での__生存期間_2 〜 4 年間 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←〈その〉米国】〓〓、それ《=『 』ということ(右記)》〓〓が推定されている……【・=『 40,000 名以上 の 女性《複数》 が 死亡する--【・*の結果として |*←_乳がん_--【・*に於いて |*← 2008 年 』】〓〓、、《 させて--【・*を § に ||*←_乳がん_| § ←〈その〉 2 位の¨¨原因{☆の}¨ ⌒〔 ☆← がん −関連_死亡--【・*に於いて |*←女性《複数》--【・*に次いで |*←_肺がん_ 》 】┏┓。    --【・*に於いては… |*←欧州】〓〓、_乳がん_ は 追い越して在る_【・*を |*←_肺がん_--【・*として |*←〈その〉最も_一般普通的_ な がん _診断_《 2006 年に 429,900 件( 全ての がん 症例の 13。5% ) 》 】┏┓。    それ_は ¨※¨である 【・※←〈その〉 3 番目に 最も_一般普通的_ な _原因_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← がん による死亡--【・*に於いて |*←欧州人 全般《 _肺がん_、及び、_結腸`直腸`がん_に 次いで 》 】┏┓。

--【『 』の一方で…|『 10%未満{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_新たに_診断_された__患者さん《複数》_】〓〓 は _症状`現出する--【・*で |*←_局所`進行期_、又は、_転移性_ の _病気_ 』】〓〓、約 30%〜 50% {☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=_診断_された--【・*で |*← より_早期_ の _ステージ_《複数》 】〓〓 が ¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=その後 発症する_【・*を |*←_転移性_ の _病気_】、--【・*にもかかわらず |*←〈その〉¨使用{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_内分泌`治療_、及び、_化学療法_による_補助`療法_《複数》 】┏┓。    _乳がん_ は 見なされる【・※であると|※←_非−_治癒`可能的_--【・*の後には |*←_転移_】〓〓、そして、_治療_目標《複数》_は ¨※¨である 【・※←本質的に_緩和的_ 】┏┓。    更に、  より_早期_、及び、 より_攻撃的_ な ¨使用{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_細胞`毒性`的__レジメン_《複数》】〓〓 は 増加させて在る_【・*を |*←〈その〉_発症`頻度_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_治療−_耐性_ の _転移性__乳がん_ 】┏┓。

〈一つの〉急速に拡大しつつあるプール{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_効果的__治療__選択肢_《複数》{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_】〓〓 は 増加させて在る_【・*を |*←_奏効率_《複数》、 _進行無し`生存_ and / or _全体的`生存_ 】┏┓。    〈その〉タキサン系化学療法剤《複数》、trastuzumab、vinorelbine、及び、capecitabine が _導入_された--【・*に於いて |*←〈その〉 1990 年代 中〜晩期】〓〓、そして、_最近_10 年間 は 見て在る_【・*を |*←〈その〉_導入_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← anastrozole, letrozole, exemestane, fulvestrant, gemcitabine, ixabepilone, nanoparticle albumin-bound paclitaxel (nab-paclitaxel), bevacizumab 、及び、 lapatinib 】┏┓。    〈その〉タキサン系化学療法剤《複数》、及び、capecitabine_は ¨※¨である 【・※←¨一つ{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉最も 成功的な_薬_《複数》{☆に対する}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_】、、《 示して_【・*を |*←_活性_--【・単独で、また、_併用_で{☆との}¨ ⌒〔 ☆←いくつかの_その他の__薬_《複数》 》 】┏┓。    ixabepilone《 〈その〉最初の_薬_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉新しいクラスである_微小管`安定化`薬_《複数》{☆と呼ばれる}¨ ⌒〔 ☆← epothilone 類 》『 』であることから…|『_内分泌`治療__耐性__が ¨※¨である 【・※←_一般普通的_】〓〓、 and / or _ホルモン_感受性 は 低下していく--【・*にわたり |*←_病気_のコース 』】┏┓。    〈その〉_導入_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← trastuzumab《 〈一つの〉抗体{☆に対する}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉ヒト_上皮`成長`因子`レセプタ《 EGFR 》− 2 ( HER2 )蛋白質 》】〓〓 は 告げた--【・*を伴って |*←成功_【・*を |*←〈その〉誕生{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_分子標的`治療`薬_{☆に対する}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_ 】┏┓。    〈その〉 dual kinase inhibitor である lapatinib_は 持つ_【・*を |*←〈一つの〉 より広い 特異性】〓〓、そして、それ_は ¨※¨である 【・※←_効果的__--〔・*に於いて |*←_HER2 −陽性__患者さん《複数》_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =経験して在る_【・*を |*←_耐性_{☆への}¨ ⌒〔 ☆← trastuzumab 】┏┓。    bevacizumab は 、 より_最近_に、 開いて在る_【・*を |*←〈その〉ドア{☆への}¨ ⌒〔 ☆←_血管新生`的__薬_《複数》 】┏┓。

何も無い( no )グローバルなコンセンサス 〕 が 存在している(の否定)--【・*に関して |*←〈その〉理想的な_治療__戦略_{☆に対する}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_】〓〓、そして、〔何も無い( no )ガイドライン《複数》 〕_が ¨※¨である 【・※←_入手`可能的_(の否定) 】┏┓。    〈その〉_選択_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_治療_】〓〓 は ¨※¨によって異なってくる【・※←いくつかの_要因_《複数》{☆のような}¨ ⌒〔 ☆←_患者さん、及び、_腫瘍_ の 特徴《複数》、 _病気_の_攻撃性、 _先行`実施の__治療_への 応答、 最近の 曝露からの時間、 過去に使用された_薬_《複数》、 累積_用量_《複数》 】┏┓。    ■_入手可能性、及び、当局_認可_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←さまざまな_抗− がん _治療薬_《複数》】|-及び-|■_地域的な 多様性{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←『何が 期待されるのか--【・*から |*←_治療_ 』 】】 が 更に 多様化させる_【・*を |*←_治療_パターン《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←さまざまな地域《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉世界 】┏┓。

理想的には、 _転移性`乳がん__治療_ は _高度に_個別化される〓〓、そして、_腫瘍_医《複数》 は 頼る--【・*に |*←_臨床試験__データ_--【 ∬ (する)ことのために | ∬=決定作業をする--【・*に関して |*←『どの_治療__が ¨※¨であろうか 【・※←最も_利益的 』 】┏┓。    --【・*に於いては… |*←_臨床`実地_】〓〓、しかし、多くの¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_】〓〓 は フィットしない--【・*に |*←〈その〉_プロフィール_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_臨床試験_参加者《複数》】〓〓、そして、--【 ∬ (する)場合には∬=評価する_【・*を |*←〈その〉意味合い《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_臨床試験__知見_《複数》 】〓〓、それ《 §(右記)》〓〓が 重要である 【・§←『_腫瘍_医《複数》_が ¨※¨である 【・※←熟知している_--〔・*を |*←〈その〉_臨床的__状況設定_{ その中で¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =それら が 得られた 】 』 】┏┓。

…(中略:財政的な問題《複数》)…

そのような_要因_《複数》 が 複雑化する_【・*を |*←〈その〉困難{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =_腫瘍_医《複数》 が 直面する--【 ∬ (する)場合に∬=決定する_【・*を |*←『どの_患者さん_ が ¨ ∬ ¨(する)べきであるのか 【 ∬=受ける_【・*を |*←どの _治療_--【・*の後に |*←_治療`挫折_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_第一線`治療_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_ 』 】┏┓。    --【 ∬ (する)ことをすべく | ∬=助ける--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←医者《複数》| ∬=比較考量する_【・*を |*←〈その〉_使用`可能的__選択肢_《複数》{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_第二線_、及び、それ以降の¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_ 】〓〓、〈その〉目的{☆の}¨ ⌒〔 ☆←この_記事_】〓〓_は ∬ (する)ことである 【 ∬=_レビュー_する_【・*を |*←これらの_選択肢_《複数》 】、--【・*に力点を置いて |*← より新しい_薬_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =_示して在る_【・*を |*←_有効性_--【・*の後に |*←_治療`挫折_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_アントラサイクリン系`化学療法剤_《複数》、及び、タキサン系化学療法剤《複数》 《 テーブル 1 》 】┏┓。

テーブル 1 : 概観 : _転移性`乳がん_の_第二線_以降の_治療_のための、_最近_開発された_治療`選択肢_
mougitaro 注:当該テーブルの内容イメージを以下に記述します。テーブル自体につきましては原文をお読みください。

【内分泌_治療_】

◆ fulvestrant 

−−分類 :  純粋なエストロゲン レセプタ_拮抗薬_ : 競合的に 阻害する_【・*を |*←〈その〉結合{☆の}¨ ⌒〔 ☆←本来的な エストラジオール】 

−−組み込み_患者さん_数 :  428 名( fulvestrant )    423 名( anastrozole ) 

−−応答( _中央値 ) :  _病気`進行`まで`期間_ : 5。5 ヶ月間4。1 ヶ月間、    _客観的`奏効率_19。2%16。5% 

−−米国 での 適応 :  ¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_ホルモン`レセプタ`陽性__転移性`乳がん_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_閉経後の__患者さん《複数》_{☆を示した}¨ ⌒〔 ☆←_病気`進行_--【・*の後に |*←_抗−エストロゲン_治療_】 

−−欧州 での 適応 :  ¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_閉経後の_¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_エストロゲン`レセプタ`陽性__局所`進行期_、又は、_転移性`乳がん_--【・*のために |*←■__病気__再発_{☆中(ちゅう)の、又は、その後 の }¨ ⌒〔 ☆←_補助__抗−エストロゲン_治療_ 】|-又は-|■__病気`進行_{☆の後の}¨ ⌒〔 ☆←_抗−エストロゲン_治療_】 


◆ exemestane 

−−分類 :  _アロマターゼ_不活性化_薬___ : __妨げる_【・*を |*←変換{☆の}{★への}¨ ⌒〔 ☆←アンドロゲン《複数》⌒〔 ★←エストロゲン《複数》】 

−−組み込み_患者さん_数 :  366名( exemestane )    403名( megestrol acetate ) 

−−応答( _中央値 ) :  _病気`進行`まで`期間_20。3 週間16。6 週間    _客観的`奏効率_15。012。4    _全体的`生存期間_ 未到達123。4 週間 

−−米国 での 適応 :  ¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_進行期`乳がん_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_閉経後の_¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =_病気_ が `進行_して在る--【・*の後に |*← tamoxifen_治療_ 】┏┓。 

−−欧州 での 適応 :  _認可_ずみ 


【_分子標的`治療`薬_】


◆ trastuzumab 

−−分類 :  _モノクロナル抗体_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =ブロックする_【・*を |*← HER-2 シグナル伝達 】 

−−組み込み_患者さん_数 :  235 名( _化学療法_ + trastuzumab )    234 名( _化学療法_だけ ) 

−−応答( _中央値 ) :  _病気`進行`まで`期間_7。4 ヶ月間4。6 ヶ月間    _客観的`奏効率_50%32%    _全体的`生存期間_25。1 ヶ月間20。3 ヶ月間 

−−米国 での 適応 :  _単剤`治療___ : __¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆← HER-2_過剰`発現__乳がん_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =受けて在る_【・*を |*← 1 種類以上 の _化学療法__レジメン_《複数》--【・*のために |*←_転移性_ の _病気_--【・*との併用で |*← paclitaxel 】 ┏┓。    ¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆← HER-2_過剰`発現__転移性`乳がん_】 

−−欧州 での 適応 :  _単剤`治療___ : __¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆← HER-2 −過剰`発現__乳がん_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =受けて在る_【・*を |*←少なくとも 2 種類の_化学療法`レジメン_《複数》{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_転移性_ の _病気_--【・*を含めて |*←少なくとも〈一つの〉_アントラサイクリン系`化学療法剤_、及び、〈一つの〉タキサン系化学療法剤( 禁忌でない限り )_ホルモン`レセプタ`陽性__患者さん《複数》_ は 、また、¨ ∬ ¨(して在ら)ねばならない 【 ∬=_治療`挫折_して在る--【・*では |*←_ホルモン療法_ 》 】┏┓。    paclitaxel との_併用___ : __¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆← HER-2 −過剰`発現__転移性`乳がん_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =■_受けて在らない_【・*を |*←_化学療法_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←彼らの_転移性_ の _病気_ -そして-■__アントラサイクリン系`化学療法剤__が ¨※¨である 【・※←不適切 】┏┓。    docetaxel との_併用___ : __¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =受けて在らない_【・*を |*←_化学療法_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←彼らの_転移性_ の _病気_ 】┏┓。    _アロマターゼ阻害薬_との_併用___ : __¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_ホルモン`レセプタ`陽性__転移性`乳がん_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_閉経後の_¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =以前に_治療_されて在らない--【・*により |*← trastuzumab 】┏┓。 


◆ lapatinib 

−−分類 :  _小分子`阻害薬_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_上皮`成長`因子`レセプタ《 EGFR 》_、及び、HER-2 】 

−−組み込み_患者さん_数 :  163 名( lapatinib / capecitabine )    161 名( capecitabine だけ ) 

−−応答( _中央値 ) :  _病気`進行`まで`期間_8。4 ヶ月間4。4 ヶ月間    _客観的`奏効率_22%14%    _全体的`生存__有意差`無し_ 

−−米国 での 適応 :  --【・*との併用で… |*← capecitabine--【・*のために |*←〈その〉¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}{ ¶ ところの#←}¨ ⌒〔 ☆←_進行期_、又は、_転移性_ の _乳がん_⌒〔 ←#¶ =_腫瘍_《複数》 が _過剰`発現_している_【・*を |*← HER-2 】〓〓、そして、受けたことがある_【・*を |*←_先行`実施の__治療_{☆を含む}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉_アントラサイクリン系`化学療法剤_、〈一つの〉タキサン系化学療法剤、及び、trastuzumab 】 

−−欧州 での 適応 :  --【・*との併用で |*← capecitabine--【・*のために |*←〈その〉¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}{ ¶ ところの#←}¨ ⌒〔 ☆←_進行期_、又は、_転移性_ の _乳がん_⌒〔 ←#¶ =_腫瘍_ が _過剰`発現_している_【・*を |*← HER-2 】┏┓。    _患者さん《複数》_ は ¨ ∬ ¨(する)べきである 【 ∬=持つ_【・*を |*←_進行性の__病気_--【・*の後に |*←_先行`実施の__治療_《 これ は ¨ ∬ ¨( )ねばならない 【 ∬=含む_【・*を |*←_アントラサイクリン系`化学療法剤_《複数》、及び、タキサン系化学療法剤《複数》、及び、trastuzumab--【・*に於いて |*←〈その〉_転移性_ の _状況設定_ 》 】┏┓。 


【_細胞`毒性`的__治療薬_】


◆ capecitabine 

−−分類 :  _代謝`拮抗薬_、5-fluorouracil の_プロドラッグ_ 

−−組み込み_患者さん_数 :  255 名( capecitabine / docetaxel )    256 名( docetaxel だけ ) 

−−応答( _中央値 ) :  _病気`進行`まで`期間_6。1 ヶ月間4。2 ヶ月間    _客観的`奏効率_42%30%    _全体的`生存期間_14。5 ヶ月間11。5 ヶ月間 

−−米国 での 適応 :  --【・*の場合… |*←_単剤`治療_】〓〓、¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_{§(の性質の)、そして、{ ¶ ところの#←}¨ ⌒〔 §←■__耐性_--【・*に |*← paclitaxel −、及び、_アントラサイクリン系`化学療法剤_−含有__化学療法__レジメン_ 】|-又は-|■__耐性_--【・*に |*← paclitaxel 】⌒〔 ←#¶ =_更なる__アントラサイクリン系`化学療法剤__治療_ が 適応でない 】┏┓。    --【・*の場合… |*← docetaxel との_併用_】〓〓、¨治療{☆の}{★の後での}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_⌒〔 ★←_治療`挫折_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_先行`実施の__アントラサイクリン系`化学療法剤_−含有__化学療法_ 】┏┓。 

−−欧州 での 適応 :  --【・*の場合… |*←_単剤`治療_】〓〓、¨治療{☆の}{★の後での}、又は、{ ¶ ところの_患者さん_のための#←}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_局所`進行期_、又は、_転移性_ の _乳がん_⌒〔 ★←_治療`挫折_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←タキサン系化学療法剤−、及び、_アントラサイクリン系`化学療法剤_−含有__化学療法`レジメン_⌒〔 ←#¶ =_更なる__アントラサイクリン系`化学療法剤__治療_ が 適応でない 】】┏┓。    --【・*の場合… |*← docetaxel との_併用_】〓〓、¨治療{☆の}{★の後での}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_局所`進行期_、又は、_転移性_ の _乳がん_⌒〔 ★← _治療`挫折_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_先行`実施の__アントラサイクリン系`化学療法剤_−含有__化学療法_】 


◆ ixabepilone 

−−分類 :  epothilone 類、 _微小管`安定化`薬_ 

−−組み込み_患者さん_数 :  369 名( ixabepilone / capecitabine )    368 名( capecitabine だけ ) 

−−応答( _中央値 ) :  _進行無し`生存`期間_5。3 ヶ月間3。8 ヶ月間    _客観的`奏効率_42%23% 

−−米国 での 適応 :  --【・*の場合… |*←_単剤`治療_】〓〓、¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_転移性_、又は、_局所`進行期_ の _乳がん_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_患者さん《複数》_{☆の後の}¨ ⌒〔 ☆←_治療`挫折_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉_アントラサイクリン系`化学療法剤_、 〈一つの〉タキサン系化学療法剤、及び、capecitabine 】    --【・*の場合… |*← capecitabine との_併用_】〓〓、¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_転移性_、又は、_局所`進行期_ の _乳がん_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆の後の}¨ ⌒〔 ☆←_治療`挫折_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉_アントラサイクリン系`化学療法剤_、及び、〈一つの〉タキサン系化学療法剤】 

−−欧州 での 適応 :  未認可 


◆ nab-paclitaxel 

−−分類 :  ¨¨ナノ粒子 アルブミン−結合_剤_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← paclitaxel 】 

−−組み込み_患者さん_数 :  106 名《 nab-paclitaxel 100mg/m2( 以下 100 ) 》    75 名《 nab-paclitaxel 125mg/m2( 以下 125 ) 》 

−−応答( _中央値 ) :  _客観的`奏効率_14%( 100 )、16%( 125 )    _進行無し`生存_3 ヶ月間( 100 )m 3。5 ヶ月間( 125 )    _全体的`生存期間_9。2 ヶ月間( 100 )、9。1 ヶ月間( 125 ) 

−−米国 での 適応 :  ¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←■__乳がん_{☆の後の}¨ ⌒〔 ☆←_治療`挫折_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_併用`化学療法_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_ 】|-又は-|■__再発_{☆以内の}¨ ⌒〔 ☆←_補助`化学療法_ 】┏┓。    _先行`実施の__治療_ は ¨ ∬ ¨(していた)べきである 【 ∬=含んでいた_【・*を |*←〈一つの〉_アントラサイクリン系`化学療法剤_《 _禁忌_でない限り 》 】┏┓。 

−−欧州 での 適応 :  ¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =_治療`挫折_して在る--【・*では |*←_第一線`治療_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_ 】|-又は-|■__標準的__アントラサイクリン系`化学療法剤_−含有__治療__が ¨※¨ではない 【・※←適応 】 



(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、本資料の「資料名」のページ、又は、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Oncology )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= June 7, 2011 )
「英文原題」=Abstract

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_治療__戦略_


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_】〓〓 は 代表する_【・*を |*←〈一つの〉_異種`混交`的な__グループ_】〓〓、そして、そのようなわけで、〈一つの〉_個別化された_アプローチ{☆への}¨ ⌒〔 ☆←_治療_】〓〓_が ¨※¨である 【・※←_必須的_ 】┏┓。    --【・*に於けるように… |*← より_早期_ステージ_ の _病気_】〓〓、〈その〉_目標_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_治療_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_第二線_、及び、それ以降の_状況設定_】〓〓 は 明確に 引き続き¨※¨である 【※← ∬ (する)こと | ∬=得る_【・*を |*←最大限の_症状_コントロール】_予防する_【・*を |*←_深刻な__事態`複雑化、合併症_《複数》】_増加させる_【・*を |*←_生存_--【 ∬ (する)こと無しに | ∬=低下させる_【・*を |*←_生活の質_ 】┏┓。

_第一線`治療__推奨_《複数》 が 存在している--【・*のために |*←〈その〉_主要な__腫瘍_カテゴリー《複数》】〓〓、そして、これらの_ガイドライン_《複数》_は ¨※¨である 【・※←多少なりとも、_標準的_《 _例えば__分子標的`治療_《複数》{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←エストロゲン レセプタ−、及び、HER-2 −_陽性_ の _病気_ 》 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =示さない_【・*を |*←_病気`進行_--【・*の後に |*←_第一線`治療_ 】】〓〓、_維持`化学療法__は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉_合理的な_アプローチ{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =_伸長させる_【・*を |*←_病気`進行`まで`期間_ 】┏┓。    しかし、〈その〉_最適な__実施`期間_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_化学療法__治療_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_】〓〓 は 引き続き¨※¨である 【※←〈一つの〉_議論_事項】__ : __〔何も無い( no )_首尾一貫`的_な_改善_《複数》 〕{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_全体的`生存_】〓〓 が 示されて在る(の否定) ┏┓。

加えるに、〈その〉問題{☆の}¨ ⌒〔 ☆←[『 』(→右記)であるか否か… |■_採用すべきである_【・*を |*←_併用`治療_ 】|-又は-|■_続けるべきである_【・*を |*←_単独`治療_--【『 』の前に…|『 それ が ¨※¨である 【・※←もはや_効果的_でない 』】 』(か否か)]〓〓 は 、また、引き続き¨※¨である 【※←未解決 】┏┓。    _増加_しつつある_証拠_ は_示して在る_【・*を |*←〈一つの〉_有効性__利点_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_2剤`併用`レジメン__治療_】、--【『 』であるが…|『〈一つの〉_改善_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_生存_】〓〓 は 引き続き¨※¨である 【※←_捕捉`困難的_ 』】┏┓。    --【・*に加えて… |*←〈その〉_個々の__使用_薬_《複数》】〓〓、_投与_選択_《複数》《 _順次`実施__併用`治療_、及び、継続的間欠的 _治療_ 》〓〓 が 、また、¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=_影響_する_【・*に |*←_奏効率_《複数》 】┏┓。

--【 ∬ (する)場合には∬=_選択する_【・*を |*←_治療_ 】〓〓、〈その〉_医者_ は 、また、¨ ∬ ¨(する)べきである 【 ∬=_考慮する_【・*を |*←実際的 側面《複数》{☆のような}¨ ⌒〔 ☆←■_〈その〉_必要性_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_入院_】|-そして-|■_〈その〉_患者さん_ の 意欲{ ∬ (する)ことの}¨ ⌒〔 ∬=遵守する_【・*を |*←〈その〉_レジメン_ 】┏┓。    〈一つの〉_主要な_続行中の_挑戦課題__は ¨※¨である 【・※←〈その〉_組み込み_{☆の}{★への}{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ☆←_新規な__生物学`的__治療薬_《複数》⌒〔 ★←実際的な_治療_スケジュール《複数》{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_進行期`乳がん__⌒∬=最大化する_【・*を |*←_それらの__治療的__潜在性`可能性_ 】_ 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←多くのケース《複数》】〓〓、_データ_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←¨使用{☆の}{★に於ける}¨ ⌒〔 ☆←これらの_薬_《複数》⌒〔 ★←_第二線`治療_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_】〓〓 は _未だ_¨※¨ではない 【・※←_入手`可能的_】〓〓、そして、_決定_《複数》 は 為される--【・*に基づき |*←個人的な _優先度_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_医者_--【・*との相談のもと |*←〈その〉_患者さん_ 】┏┓。

--【いったん『 』すると…|『_第一線`治療_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_】〓〓 が _治療`挫折_して在る 』】〓〓、_管理_ は ¨※¨となる【・※←更に より_挑戦課題_的 】┏┓。    〈その〉_見込み_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_奏効_】〓〓 は 引き続いて _減少_する--【・*だけ(程度) |*←約 2 分の 1 {☆の}¨ ⌒〔 ☆←_各__先行`実施の__レジメン_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =〈その〉_患者さん_ が 受けて在る--【・*として |*←_補助`療法_、又は、_転移性`乳がん__治療_ 】┏┓。    _奏効率_《複数》 は ¨ ∬ ¨(である)ことがある 【 ∬=¨※¨である 【・※← 60%〜 80% の _高さ__--〔・*により |*←_第一線`治療_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =_受けて在らない_【・*を |*←_補助`療法_ 】〓〓、そして、 それら__は ¨※¨である 【・※←約 30%、及び、15%《 _それぞれ_--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =_受けた_【・*を |*← 2 種類、及び、3 種類の_先行`実施_レジメン_《複数》 】 》 】┏┓。    理想的には、 そこで、 _重度に__先行治療`経験`有り の__患者さん《複数》_ は _必要とする_【・*を |*←_治療_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =貢献しない--【・*に |*←_累積的__毒性_】〓〓、そして、示さない_【・*を |*←交差−_耐性_{☆との}¨ ⌒〔 ☆←それまでに使用した_薬_《複数》 】┏┓。    〈その〉_存在_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←エストロゲン レセプタ and / or プロゲステロン_レセプタ_】〓〓_は ¨※¨である 【・※←強度に_予後`予測的_--〔・*のために |*←〈一つの〉_反応_{☆への}¨ ⌒〔 ☆←_ホルモン療法_】〓〓、しかし、それ《=『 』かどうか(右記)》〓〓は 明確ではない……【・=『この_利点_ が _維持_される--【・*に於いて |*← より以降の_ステージ_《複数》 』(かどうか) 】┏┓。    ¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←〔何も無い( no )_症状性の_内蔵_疾患_ 〕〓〓 は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=受ける_【・*を |*←_最高_3 種類の_内分泌__レジメン_《複数》】《 テーブル 1 》〓〓、しかし、--【『 』であることから…|『_大部分の__腫瘍_《複数》 は _究極的に_生じる_【・*を |*←_内分泌`治療_への_耐性_ 』】〓〓、¨使用{☆の}{★に於ける}¨ ⌒〔 ☆←これらの_薬_《複数》⌒〔 ★← より以降のラインの_状況設定_】〓〓_は ¨※¨である 【・※←_限定的 】┏┓。    明らかに、_より多くの__選択肢_《複数》 が 必要とされる--【・*のために |*←〈その〉¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_】《 --【・_特に_*のために |*←_第二線_以降の_治療_ 》〓〓、そして、_いくつかの__潜在的`可能的な__レジメン_《複数》_が ¨※¨である 【・※←_研究_中_--〔・*に於いて |*←この_臨床的__状況設定_ 】┏┓。《 テーブル 2 》


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、本資料の「資料名」のページ、又は、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Oncology )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= June 7, 2011 )
「英文原題」=Treatment Strategy

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

第二線__細胞`毒性`的__化学療法


概観


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_細胞`毒性`的__化学療法_ は 適応がある--【・*のために |*←■_¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_症状性の_内臓_疾患_ 】|-又は-|■_¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =¨※¨が 存在しない 【・※←_臨床的`利益_--【・*の後に |*← 3 つの_順次的な__内分泌__レジメン_《複数》 】┏┓。    --【もし『 』なら…|■_¨※¨は 存在しない 【・※←_反応_(否定){☆への}¨ ⌒〔 ☆← 3 つの_順次`実施__細胞`毒性`的__レジメン_《複数》 】|-又は-|■_Eastern Cooperative Oncology Group_活動ステータス__が ¨※¨である 【・※←_より大きい、又は、それと同じ_--〔・*と《比較対象》 |*← 3 』】〓〓、_緩和的__治療_{☆を伴わない}¨ ⌒〔 ☆←_更なる__細胞`毒性`的__治療_】〓〓 が ¨ ∬ ¨(される)ことがある 【 ∬=考慮される 】┏┓。

〈その〉_細胞`毒性`的__化学療法__選択肢_《複数》{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_第二線_、及び、それ以降 の ライン の _化学療法_】〓〓 は 拡大して在る--【・*の間に |*←_最近_10 年間 】《 テーブル 1 》 】┏┓。    ■_〈その〉_開発_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←そのような_薬_《複数》】|-そして-|■_発見{☆の}{★に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_遺伝子_的バイオマーカー《複数》⌒〔 ★←移行_研究_《複数》】 】】 〓〓 は _提供する_【・*を |*←〈その〉_潜在的`可能性_--【 ∬ (する)ことのために | ∬=_改善する_【・*を |*←見通し{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉¨管理{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、本資料の「資料名」のページ、又は、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Oncology )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= June 7, 2011 )
「英文原題」=Second-line Cytotoxic Chemotherapy

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

タキサン系化学療法剤


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

最近まで、〈その〉タキサン系化学療法剤《複数》《 _特に_docetaxel 》 は 見なされていた【・※であると|※←〈その〉_最も__効果的_ な _第二線`治療_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{ ∬ ((を)した)}¨ ⌒〔 ∬=_治療`挫折_した--【・*では |*←_アントラサイクリン系`化学療法剤_ 】┏┓。    〈一件の〉_ランダム化__多施設__フェーズ_3__研究_ が _比較した_【・*を |*← docetaxel 100 mg/m2、と、paclitaxel 175 mg/m2《 21 日間サイクルの第 1 日 》--【・*に於いて |*← 449 名の患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_進行期`乳がん_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =_病気`進行_していた--【・*の後に |*←_アントラサイクリン系`化学療法剤_−ベース_化学療法_ 】┏┓。    docetaxel_は ¨※¨であった 【・※←〈その〉_より優れた_タキサン系化学療法剤_単剤`治療_--【・*の点で |*←_病気`進行`まで`期間_《 5。73。6 ヶ月間( paclitaxel ) 》、及び、_全体的`生存期間_《 15。4 ヶ月間12。7 ヶ月間 》】〓〓、--【『 』であるが…|『_治療`関連__毒性_効果_《複数》_は ¨※¨であった 【・※← より_一般普通的__--〔・*に於いて |*← docetaxel_グループ_ 』】┏┓。    残念ながら、〔何も無い( no )_研究_《複数》 〕 が _直接__比較した(の否定)_【・*を |*← docetaxel--【・*と |*←_毎週 1 回の_paclitaxel 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←_その他の__フェーズ_3__研究_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}{ ¶ ところの#←}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_⌒〔 ←#¶ =_治療`挫折した--【・*では |*←_先行`実施の__治療_{☆による}¨ ⌒〔 ☆←_アントラサイクリン系`化学療法剤_--【・*に於いて |*←_補助`療法_、又は、_転移性_ の _状況設定_ 】】〓〓、docetaxel_は ¨※¨であった 【・※←_より優れた__--〔・*よりも |*← mitomycin C / vinblastine、及び、_順次`実施_methotrexate → 5-fluorouracil 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←これらの_両方の__研究_《複数》】〓〓、¨¨_奏効率_《複数》、及び、_病気`進行`まで`期間_{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆← docetaxel 】〓〓_は ¨※¨であった 【・※←_約 2 倍_--〔・*よりも |*←_それらの_値《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_比較__グループ_《複数》 】┏┓。

_交叉`耐性_{☆の間の}¨ ⌒〔 ☆← paclitaxel、及び、docetaxel 】〓〓_は ¨※¨である 【・※←顕著であるが、_完全_ではない 】┏┓。    docetaxel_は ¨※¨であった 【・※←_多少は__効果的_--【 ∬ (された)場合に∬=_投与_された --【・*に |*← paclitaxel −_耐性_ の ¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_《 得て_【・*を |*←〈一つの〉_中央値での__病気`進行`まで`期間_10 週間、及び、1 例の_完全`奏効_( 44 名 の _評価`可能な__患者さん《複数》_中 ) 》 】┏┓。    興味深いことに_、 docetaxel は 得た_【・*を |*←〈一つの〉_臨床的`利益_--【・*に於いてだけ |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =_受けていた_【・*を |*←_先行`実施の_paclitaxel--【・*として |*← 1 時間 、又は、3 時間 点滴《複数》 】〓〓、しかし、得なかった_【・*を |*←_臨床的`利益_--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =受けていた_【・*を |*← 24 時間 点滴《複数》 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、本資料の「資料名」のページ、又は、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Oncology )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= June 7, 2011 )
「英文原題」=Taxanes

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

ナノ粒子 アルブミン−結合 paclitaxel


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

--【 ∬ (する)ことをすべく …| ∬=緩和する_【・*を |*←_毒性__効果_《複数》《 _特に_、〈その〉_重症_ の _過敏性`反応_{☆に伴う}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉 polyethylated castor oil { ∬ (される)}¨ ⌒〔 ∬=_使用_される--【・*に於いて |*←_従来的な_タキサン系化学療法剤__剤型_《複数》 】 》 】〓〓〈一つの〉ナノ粒子 アルブミン−結合 _剤型_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← paclitaxel 】〓〓 が _開発_されて在る┏┓。    --【・*に於いて… |*←_米国_、及び、_欧州_の_両方】〓〓、ナノ粒子 アルブミン−結合 paclitaxel は _認可_されて在る--【・*のために |*←〈その〉¨治療{☆の}{★の後の}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_⌒〔 ★←_治療`挫折_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_併用`化学療法_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_転移性_ の _病気_--【『 』の場合…|『_先行`実施の__治療_ が 含んていた_【・*を |*←〈一つの〉_アントラサイクリン系`化学療法剤_《 _禁忌_でない限り 》】┏┓。

_現在_までの_臨床研究_《複数》 は _示す_【・『 』ということを… |『 nab-paclitaxel_は ¨※¨である 【・※← より_効果的_で_より良好に__忍容される_--〔・*よりも |*←_従来的な_paclitaxel 』 】┏┓。    nab-paclitaxel《 260 mg/m23 週間に 1 回 》、と、_従来的な_paclitaxel《 175 mg/m23 週間に 1 回 》 が _比較_された--【・*に於いて |*←〈一件の〉_フェーズ_3__研究_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆← 460 名の患者さん《複数》{☆を有する}{ ¶ ところの#←}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_⌒〔 ←#¶ =受けたことがない_【・*を |*←〈一つの〉タキサン系化学療法剤--【・*のために |*←彼らの _転移性_ の _病気_】〓〓、そして、_再発_していなかった--【・*以内に |*←_補助_タキサン系化学療法剤_治療_から 1 年間 】┏┓。    _奏効率_《複数》_は ¨※¨であった 【・※←_有意に__より高い__--〔・*により |*← nab-paclitaxel_--〔・*よりも |*←_従来的な_paclitaxel の場合《 33%19% 》】__ : __--【・*に於いて… |*←_第二線_以降の_患者さん《複数》_】〓〓、_奏効率_《複数》_は ¨※¨であった 【・※← 27%13%--【・それぞれ 】┏┓。    _中央値での__病気`進行`まで`期間__は ¨※¨であった 【・※←_有意に__より長い__--〔・*により |*← nab-paclitaxel_--〔・*よりも |*←_従来的な_paclitaxel の場合】__ : __--【・*に於いて… |*←_第二線_以降の_患者さん《複数》_】〓〓、_病気`進行`まで`期間__は ¨※¨であった 【・※← 20。9 週間16。1 週間--【・それぞれ 】┏┓。    加えるに、〈その〉_発症`頻度_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←グレード 4 の_好中球`減少症_】〓〓_は ¨※¨であった 【・※←_有意に__より低い__--〔・*により |*← nab-paclitaxel《 9%22% 》 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、本資料の「資料名」のページ、又は、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Oncology )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= June 7, 2011 )
「英文原題」=Nanoparticle Albumin-bound Paclitaxel

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

capecitabine


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

capecitabine_は ¨※¨である 【・※←_有`価値の__第二線`治療__選択肢_{☆のための}{ ¶ ところの#←}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_⌒〔 ←#¶ =_認可_されている--【・*に於いて |*←_米国_、及び、_欧州_の_両方 】┏┓。    〈その〉_主要な__利点_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_薬_】〓〓_は ¨※¨である 【・※← それの _経口__投与_可能性】《 _このこと_ は _可能にさせる_【・*を |*←在宅 での _治療_ 》 】┏┓。    _単剤`治療_薬_として の capecitabine は 適応がある--【・*に |*←〈その〉_第二線_、又は、それ以降 の ラインの¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←■_¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_{§(の性質の)}¨ ⌒〔 §←_耐性_--【・*に |*← paclitaxel、及び、_アントラサイクリン系`化学療法剤_−含有__化学療法`レジメン_ |-又は-|■__患者さん《複数》_{§(の性質の)}{ ¶ ところの#←}¨ ⌒〔 §←_耐性_--【・*に |*← paclitaxel ⌒〔 ←#¶ =_更なる__アントラサイクリン系`化学療法剤__治療_ が 適応ではない 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←_非−_比較__フェーズ_2__臨床試験_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← capecitabine_単剤`治療_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}{ ¶ ところの#←}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん⌒〔 ←#¶ =_以前に__治療_されたことがある--【・*により |*←_アントラサイクリン系`化学療法剤_ and / or タキサン系化学療法剤 】_】〓〓、_奏効率_《複数》_は ¨※¨であった 【・※← 15 〜 18%】〓〓、_病気`進行`まで`期間__は ¨※¨であった 【・※← 3 〜 5 ヶ月間】〓〓、そして、_全体的`生存期間__は ¨※¨であった 【・※← 10 〜 15 ヶ月間 】┏┓。    capecitabine_は ¨※¨である 【・※←_忍容性`良好_--【・*を伴って |*←_最小限_ の _骨髄`抑制_、及び、_脱毛症_】〓〓、しかし、 それ は 伴う_【・*を |*←_下痢_、及び、_手足`症候群_ 】┏┓。

〈その〉¨併用{☆の}¨ ⌒〔 ☆← capecitabine / docetaxel 】〓〓 は 適応がある--【・*のために |*←〈その〉¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_--【・*の後に |*←_治療`挫折_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_第一線__アントラサイクリン系`化学療法剤_−含有__化学療法_ 】┏┓。    〈一件の〉_フェーズ_3__研究_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆← 511 名 の ¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←¨¨_局所`進行期_、又は、_転移性`乳がん_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =_再発_した--【・*の後に |*←_アントラサイクリン系`化学療法剤__治療_ 】〓〓 が _比較_した_【・*を |*← capecitabine / docetaxeldocetaxel_単独_ 】┏┓。    〈その〉_中央値での__病気`進行`まで`期間_ は _有意に__伸長_された--【・*へ |*← 6。1 ヶ月間--【・*により |*← capecitabine / docetaxel--【・*と比較して |*← 4。2 ヶ月間{☆による}¨ ⌒〔 ☆← docetaxel_単独_ 】┏┓。    _中央値での__全体的`生存期間_も、また、_有意に__伸長_された《 14。5 ヶ月間11。5 ヶ月間 》 】┏┓。    加えるに、_奏効率_《複数》_は ¨※¨であった 【・※←_より高い__--〔・*により |*←_併用`治療_--【・*と比較して |*← docetaxel_単独_《 42%30% 》 】┏┓。    --【『 』であるが…|『〈その〉_毒性`プロフィール_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_レジメン_】〓〓_は ¨※¨であった 【・※←_管理`可能的_ 』】〓〓、〈その〉_発症`頻度_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_消化管`系__有害_効果_《複数》、及び、_手足`症候群_】〓〓_は ¨※¨であった 【・※←_より高い__--〔・*により |*←_併用`治療_ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、本資料の「資料名」のページ、又は、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Oncology )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= June 7, 2011 )
「英文原題」=capecitabine

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

gemcitabine


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

〈その〉¨併用{☆の}¨ ⌒〔 ☆← gemcitabine / paclitaxel 】〓〓 は 受けて在る_【・*を |*←_認可_--【・*に於いて |*←_米国_と_欧州_の_両方--【・*のために |*←_第一線_使用{☆に於ける}{★の後の}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_⌒〔 ★←_治療`挫折_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_アントラサイクリン系`化学療法剤_−含有__補助`療法_ 】┏┓。    _第二線`治療_{☆の}{★による}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_⌒〔 ★← gemcitabine + docetaxel 】〓〓 は _研究_されつつある┏┓。

gemcitabine / docetaxel は _比較された--【・*と(比較対象) |*← capecitabine / docetaxel--【・*に於いて |*←〈一件の〉_フェーズ_3__研究_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆← 305 名の患者さん《複数》{☆を有する}{ ¶ ところの#←}¨ ⌒〔 ☆←_局所`進行期_、又は、_転移性_ の _乳がん_⌒〔 ←#¶ =受けたことがある_【・*を |*←_治療_{☆による}¨ ⌒〔 ☆←_少なくとも_1 種類の_先行`実施の__アントラサイクリン系`化学療法剤__レジメン_--【・*に於いて |*←〈その〉_術前`補助_ / _補助_、又は、_第一線__転移性__状況設定_《複数》 】┏┓。    ¨※¨は 存在しなかった 【・※←_差違_(否定){☆の点での}¨ ⌒〔 ☆←_奏効率_、 _進行無し`生存_、 _全体的`生存_】、--【『 』であるが…|『¨※¨が 存在した 【・※←_傾向{☆への}{★による}¨ ⌒〔 ☆←_伸長_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_中央値での__治療挫折まで`期間_⌒〔 ★←〈その〉 gemcitabine_レジメン_《 gemcitabine / docetaxel 4。24 ヶ月間 対 capecitabine / docetaxel 4。07 ヶ月間 》】┏┓。    --【・*に於いて… |*←〈その〉サブグループ{ ∬ ((を)した)}¨ ⌒〔 ∬=_受けた_【・*を |*←_第二線__転移性__治療_《 107 例 》 】】〓〓、_中央値での__進行無し`生存`期間__は ¨※¨であった 【・※←■_gemcitabine / docetaxel で 6。6 ヶ月間】|-そして-|■_capecitabine / docetaxel で 8。5 ヶ月間 】┏┓。    _重症_ の _非−_血液学的__毒性`効果__は ¨※¨であった 【・※←_有意に__より高い__--〔・*に於いて |*←〈その〉 capecitabine / docetaxel_グループ_】、--【・*を含めて |*←_下痢_、 _手足`症候群_、及び、_粘膜炎_ 】┏┓。

〈その〉¨追加{☆の}{★への}{▼に於ける }¨ ⌒〔 ☆← gemcitabine ⌒〔 ★← vinorelbine_治療_⌒〔 ▼← 252 名の患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =_以前に_治療_された--【・*により |*←〈一つの〉_アントラサイクリン系`化学療法剤_、及び、タキサン系化学療法剤 】〓〓 は _改善した_【・*を |*←_進行無し`生存_--【・*よりも |*← vinorelbine_単独_《 6。0 ヶ月間 対 4。0 ヶ月間 》】〓〓、しかし、〈その〉_発症`頻度_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_グレード3_、又は、4 の _好中球`減少症_】〓〓_は _有意に__増加_した--【・*により |*←_併用`治療_ 】┏┓。    gemcitabine は _続ける_【・*を |*←_【 ∬ (される)ことを | ∬=_研究_される--【・*として |*←¨一部{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_併用`治療_ 】〓〓、そして、 それ は 、また、_高頻度_に_使用_される--【・*として |*←_単剤`治療_--【・*に於いて |*←_転移性`乳がん_ 】┏┓。    _使用`可能的__データ_ は 示唆する【・『 』ということを… |『 〈その〉_抗−腫瘍__活性_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_単剤_gemcitabine 】〓〓_は ¨※¨である 【・※←おそらく_低_い_--〔・*と比較して |*←_単剤_タキサン系化学療法剤《複数》、又は、_アントラサイクリン系`化学療法剤_《複数》《 _少なくとも__転移性`乳がん_に於いて 》__ : __しかし、--【『 』であるから(理由)…|『 それ _は ¨※¨である 【・※←_忍容性`良好__--〔・*に於いて |*←_大部分の__患者さん《複数》_ 』】〓〓、gemcitabine_単剤`治療_ は 引き続き¨※¨である 【※←〈一つの〉_高頻度に_採用される_治療_プラン{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←この_緩和_治療_的__状況設定_ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、本資料の「資料名」のページ、又は、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Oncology )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= June 7, 2011 )
「英文原題」=Gemcitabine

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

ixabepilone


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

ixabepilone_は ¨※¨である 【・※←〈その〉_最初の__薬_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉新しい_クラス_ の _抗−_新生物__薬_《複数》《 〈その〉 epothilone 類 》 】┏┓。    ixabepilone は _認可_されている--【・*に於いて |*←〈その〉_米国_《 _欧州_では 未_認可_ 》--【・*との併用で |*← capecitabine--【・*のために |*←¨治療{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←¨¨_転移性_、又は、_局所`進行期_ の _乳がん_{☆の後の}¨ ⌒〔 ☆←_治療`挫折_{☆での}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉_アントラサイクリン系`化学療法剤_、及び、〈一つの〉タキサン系化学療法剤 】┏┓。    --【・*として… |*←_単剤`治療_】〓〓、ixabepilone は 、また、_認可_されている--【・*に於いて |*←〈その〉_米国_--【・*のために |*←〈その〉¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨¨_転移性_、又は、_局所`進行期_ の _乳がん_{☆の後の}¨ ⌒〔 ☆←_治療`挫折_{☆での}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉_アントラサイクリン系`化学療法剤_、〈一つの〉タキサン系化学療法剤、及び、capecitabine 】┏┓。

--【『 』であるが…|『 ixabepilone_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉_微小管`安定化`薬_】〓〓、そして、_誘発する_【・*を |*←アポトーシス 《 タキサン系化学療法剤、と、共通の 特徴《複数》 》】〓〓、ixabepilone の チューブリン−結合_属性《複数》、及び、アポトーシス的メカニズム《複数》_は ¨※¨である 【・※←_区別できる_--〔・*から |*←タキサン系化学療法剤の場合 】┏┓。    ixabepilone_は 持つ_【・*を |*←_低_い_被`影響性_{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←_多重_メカニズム《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_腫瘍__細胞 _耐性_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =_一般普通的に_低下させる_【・*を |*←〈その〉¨有効性{☆の}¨ ⌒〔 ☆←タキサン系化学療法剤《複数》、及び、_アントラサイクリン系`化学療法剤_《複数》 】┏┓。    ixabepilone は _示して在る_【・*を |*←_強力な__前臨床的__活性_{☆に対する}¨ ⌒〔 ☆←_広範な__腫瘍_タイプ《複数》】、--【・*を含めて |*←_薬−_感受性__腫瘍_《複数》、と、さまざまな_薬_《 タキサン系化学療法剤《複数》、及び、_アントラサイクリン系`化学療法剤_《複数》を 含め 》 に_耐性_ の _腫瘍_《複数》】〓〓、そして、これらの_知見_《複数》 は _移し替えて在る--【・*へ |*←〈その〉_臨床的__状況設定_ 】┏┓。

〈一件の〉_中軸的__フェーズ_2__研究_ は _評価した_【・*を |*← ixabepilone_単剤`治療_--【・*に於いて |*← 126 名の患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←¨¨_転移性`乳がん_、又は、_局所`進行期__乳がん_{§(の性質の)}¨ ⌒〔 §←_耐性_--【・*に |*←_アントラサイクリン系`化学療法剤_《複数》、タキサン系化学療法剤《複数》、及び、capecitabine 】__ : __これらの_患者さん《複数》_ の うち 88% は 受けたことがあった_【・*を |*←_少なくとも_2 種類の_先行__治療__レジメン_《複数》{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_転移性_ の _病気_ 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←この_人口集団_】〓〓、100%、98%、そして、38% の _腫瘍_《複数》 は ¨※¨であった 【・※←_耐性__--〔・*に |*←それぞれ capecitabine、 タキサン系化学療法剤《複数》、及び、_アントラサイクリン系`化学療法剤_《複数》 】┏┓。    _研究者−_評価_ の _奏効率_《複数》_は ¨※¨であった 【・※← 18。3%《 _独立_の_放射線__レビュー_では 11。5% 》】〓〓、_中央値での__進行無し`生存`期間__は ¨※¨であった 【・※← 3。1 ヶ月間】〓〓、そして、_全体的`生存期間__は ¨※¨であった 【・※← 8。6 ヶ月間 】┏┓。

〈その〉¨併用{☆の}¨ ⌒〔 ☆← ixabepilone / capecitabine 】〓〓 が _比較_された--【・*と(比較対象) |*← capecitabine_単独_--【・*に於いて |*← 2 件の_大規模__フェーズ_3__研究《複数》_--【・*に於いて |*←総数 1,973 名の患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←¨¨_局所`進行期_、又は、_転移性__乳がん_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =_以前に__治療_されたことがある--【・*により |*←_アントラサイクリン系`化学療法剤_《複数》、又は、タキサン系化学療法剤《複数》 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←_両方の__臨床試験_《複数》_】〓〓、ixabepilone / capecitabine_が ¨※¨であった 【・※←_より優れる_--〔・*よりも |*← capecitabine_単独__--〔・*の点で |*←_進行無し`生存_、及び、_奏効率_《複数》 】┏┓。    〈その〉_結果《複数》_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =満たした_【・*を |*←〈その〉厳格な_定義_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_耐性_】 《 n = 1,337 》〓〓_は ¨※¨であった 【・※←_非常に__類似_--〔・*に |*←¨結果《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_全体的__患者さん`人口集団_】__ : __¨追加{☆の}{★への}¨ ⌒〔 ☆← ixabepilone ⌒〔 ★← capecitabine 】〓〓 は _伸長させた_【・*を |*←_中央値での__進行無し`生存`期間_《 5。1 ヶ月間 対 3。7 ヶ月間 》】〓〓、そして、_増加させた_【・*を |*←_全体的`奏効率_《 39% 対 22% 》--【・*よりも |*← capecitabine_ 単独_ 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←さまざまな_その他の_サブグループ_分析_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←これらの 2 件の_研究《複数》_】〓〓、ixabepilone / capecitabine_は ¨※¨であった 【・※←_より優れる_--〔・*よりも |*← capecitabine_単独__--〔・*に於いて |*←_一連の__重要な__患者さん_サブグループ《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_非−有利的な__予後_】、--【・*を含めて |*←_HER2 −陽性__病気_、 エストロゲンレセプタ陰性 の _病気_、 _三重`陰性_《 _エストロゲン`レセプタ−_、 _プロゲステロン`_レセプタ_−、及び、HER-2 −_陰性_ 》 の _病気_、及び、_症状性の__患者さん《複数》_ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、本資料の「資料名」のページ、又は、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Oncology )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= June 7, 2011 )
「英文原題」=ixabepilone

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

vinorelbine


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

〈その〉_ビンカ`アルカロイド_vinorelbine は _研究_されつつある--【・*として |*←〈一つの〉_救助《サルベージ》治療_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_】《 受けて在る_【・*を |*←_欧州_ での _認可_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←この_状況設定_】( 米国では 未_認可_ ) 》 】┏┓。    vinorelbine_単剤`治療_{☆に於ける}{★の後の}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_進行期_、又は、_転移性__乳がん_⌒〔 ★←_治療`挫折_{☆での}¨ ⌒〔 ☆←_アントラサイクリン系`化学療法剤_《複数》 and / or タキサン系化学療法剤《複数》】〓〓 は _もたらして在る_【・*を |*←広く さまざまな_結果《複数》_】、--【・*を伴って |*←_奏効率_《複数》 25%〜 46%、 _病気`進行`まで`期間_3 ヶ月間、 _進行無し`生存`期間_4 ヶ月間、 _全体的`生存期間_6 〜 16 ヶ月間 】┏┓。

vinorelbine / cisplatin は _示して在る_【・*を |*←_活性_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=_以前に_治療_された --【・*により |*←_アントラサイクリン系`化学療法剤_《複数》 and / or タキサン系化学療法剤《複数》--【・*に於いて |*←〈その〉_補助`療法_、又は、_転移性_ の _状況設定_ 】、--【・*を伴って |*←_奏効率_《複数》 40%〜 50%、 _中央値での__病気`進行`まで`期間_4 〜 5 ヶ月間、 _全体的`生存期間_6 〜 12 ヶ月間 】┏┓。    _注記すべきは_、 ¨※¨のいずれも¨ ∬ ¨でない 【※←これらの_臨床試験_《複数》_ −−【 ∬=¨※¨であった (の否定)【・※←_プラセボ−比較_試験 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←〈一件の〉_フェーズ_3__臨床試験_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_{☆の後の}¨ ⌒〔 ☆←_治療`挫折_{☆での}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_アントラサイクリン系`化学療法剤_⌒〔 ★←〈その〉_補助`療法_、又は、_転移性__状況設定_】〓〓、vinorelbine / 5-fluorouracil は 持った_【・*を |*←_類似の__有効性_{☆と比較しての}¨ ⌒〔 ☆← docetaxel 】┏┓。    _中央値での__病気`進行`まで`期間__は ¨※¨であった 【・※← 5。1 ヶ月間《 vinorelbine / 5-fluorouracil 》、及び、6。5 ヶ月間《 docetaxel 》】〓〓、そして、_奏効率_《複数》_は ¨※¨であった 【・※←それぞれ 39%、及び、43% 】┏┓。    これらの_差違_《複数》_は ¨※¨ではなかった 【・※←_有意】__ : __しかし、docetaxel_は ¨※¨であった 【・※←〈その〉_より良好に_忍容`可能的な__治療_ 】┏┓。

_経口_vinorelbine《 _毎週 1 回の_スケジュール での _投与_ 》 は 、また、示されて在る【・※であると|※←_効果的_ で _忍容性`良好__--〔・*として |*←_第一線`治療_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_局所`進行期_、又は、_転移性_ の _乳がん_】〓〓、そして、_提供する_【・*を |*←〈一つの〉_有`価値の__代替_{☆への}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_静注_ルート 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、本資料の「資料名」のページ、又は、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Oncology )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= June 7, 2011 )
「英文原題」=Vinorelbine

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

その他の__薬


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_いくつかの__その他の__薬_《複数》{ ∬ (される)}¨ ⌒〔 ∬=_伝統的に 含まれる--【・*に |*←_細胞`毒性`的__レジメン_《複数》 】〓〓 が _使用_される--【・*に於いて |*←さまざまな_併用__レジメン_《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉¨管理{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_】、--【・_特に_*に於いて |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =_病気_ が _進行_して在る--【・*の後に |*←_化学療法_{☆による}¨ ⌒〔 ☆←_アントラサイクリン系`化学療法剤_《複数》、及び、タキサン系化学療法剤《複数》 】┏┓。    これらの_薬_《複数》 は 含む_【・*を |*← 5-FU、 vinblastine、 methotrexate、 mitomycin C、及び、_白金系`化学療法剤_《複数》 】┏┓。    _比較`対照`臨床試験_《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←この_状況設定_】〓〓_は ¨※¨である 【・※←_限定されている】〓〓、そして、_臨床`研究_《複数》 が _続けている_【 ∬ (する)ことを | ∬=_評価する_【・*を |*←_潜在的`可能的な_応用_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←確立された_治療_《複数》 】┏┓。

_新規な_アプローチ《複数》{☆への}¨ ⌒〔 ☆←_投与_スケジュール《複数》、及び、_治療薬__併用_《複数》】〓〓 が _もたらして在る_【・*を |*←_改善_《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_いくつかの_長年続いている_治療`選択肢_《複数》 】┏┓。    _例えば_、 _当初の__データ_{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←_メトロノーム__化学療法_】〓〓 は 示す_【・『 』ということを… |『 _継続的__低用量_cyclophosphamide、及び、methotrexate_は ¨※¨である 【・※←_最小限__毒性的_ で _効果的__--〔・*に於いて |*←_重度に__先行治療`経験`有り の__乳がん__患者さん《複数》_ 』 】┏┓。    同様に、 _アントラサイクリン系`化学療法剤_−、及び、タキサン系化学療法剤−_先行治療`経験`有り の__患者さん《複数》_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈一件の〉_フェーズ_1__投与量`決定__臨床試験_】〓〓 は ¨ ∬ ¨(する)ようであった 【 ∬=_忍容する_【・*を |*←_継続的_vinorelbine《 60mg 》1 週間に 3 回{☆との併用での}¨ ⌒〔 ☆← capecitabine《 1,250 mg/m2 1 日 2 回 》 】┏┓。

加えるに、_進展中の__臨床試験_《複数》_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_先行治療`経験`有り の__転移性`乳がん_】〓〓 は _現在__調べつつある_【・*を |*←■_〈その〉有用性{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_代替的な__併用_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←上記の_薬_《複数》 】|- また、同様に -|■_新しい_剤型_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_既存の__薬_《複数》】《 _例えば_非−ペギル化`リポソーム doxorubicin 》 】┏┓。    _薬_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←全面的に 新しいクラス《複数》】《 _例えば_〈その〉 halichondrin B 誘導体 eribulin 》〓〓 が 、また、_示しつつある_【・*を |*←_一定の__有望性_--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =_既に__病気`進行_して在る--【・*では |*←_その他の__治療_《複数》 】┏┓。    eribulin は _標的する_【・*に |*←_微小管_構造《複数》】《 、しかし、--【・*により |*←〈一つの〉メカニズム{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =区別される--【・*から |*←タキサン系化学療法剤、又は、_エポチロン_の場合 】 》 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←〈一件の〉_フェーズ_2__研究_】〓〓、eribulin は _示した_【・*を |*←〈一つの〉_全体的`奏効率_11。5%--【・*に於いて |*←〈一つの〉タキサン系化学療法剤−、及び、_アントラサイクリン系`化学療法剤_−_先行治療`経験`有り の__人口集団_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_ 】┏┓。    〈一件の〉_フェーズ_3__研究_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←この_薬_】〓〓 が _最近_ 完了されて在る〓〓、そして、_データ_ が 間もなく 期待される┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、本資料の「資料名」のページ、又は、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Oncology )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= June 7, 2011 )
「英文原題」=Other Agents

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_第二線__分子標的`治療


前書き


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

HER-2_レセプタ_《複数》 は 存在している--【・*に |*← 20%〜 30% の _転移性__乳房部__腫瘍_《複数》】〓〓、そして、伴う_【・*を |*← より_攻撃的_ な _病気_ 】┏┓。    〈その〉存在{☆の}¨ ⌒〔 ☆← HER-2 レセプタ_《複数》】〓〓 は _示されて在る_【 ∬ (する)ことが | ∬=_予後`予測する_【・*を |*←_反応_{☆への}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆← trastuzumab ⌒〔 ★←〈その〉_転移性__状況設定_】〓〓、そして、_いくつかの__分子標的`治療《複数》 が _評価_されて在る--【・*に於いて |*←この適応 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、本資料の「資料名」のページ、又は、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Oncology )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= June 7, 2011 )
「英文原題」=Second-line Targeted Therapy

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

trastuzumab


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

trastuzumab《 〈一つの〉_モノクロナル抗体_{ ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=_標的する_【・*に |*← HER-2 】 》_は _今や_¨※¨である 【・※←〈その〉_標準的_ケア_{☆のための}{★のための}¨ ⌒〔 ☆←_第一線__治療_--【・*との併用で |*←〈一つの〉タキサン系化学療法剤⌒〔 ★←_HER2 −陽性__転移性`乳がん_ 】┏┓。    加えるに、_単剤`治療_{☆による}¨ ⌒〔 ☆← trastuzumab 】〓〓 は 適応がある--【・*のために |*←_HER2 −陽性__転移性`乳がん_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =受けて在る_【・*を |*← 1 種類以上 の _化学療法__レジメン_《複数》{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_ 】┏┓。

〈一件の〉_フェーズ_2__非−_比較__臨床試験_ が _評価した_【・*を |*← trastuzumab_単剤`治療_--【・*に於いて |*← 222 名 の ¨患者さん《複数》{☆を有する}{ ¶ ところの#←}¨ ⌒〔 ☆← HER-2_過剰`発現__転移性`乳がん_⌒〔 ←#¶ =持った_【・*を |*←_進行性_ の _病気_--【・*の後に |*← 1、又は、2 種類の_細胞`毒性`的__化学療法__レジメン_《複数》{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_ 】 】┏┓。    trastuzumab は ¨ ∬ ¨(である)という傾向があった 【 ∬=¨※¨である 【・※←_より効果的__--〔・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_高い_《 _レベル_3 以上 》HER-2_過剰`発現_ 】┏┓。    〈その〉_最も__臨床的に__有意な__有害`事象__は ¨※¨であった 【・※←_心臓`毒性_《 _発症`頻度_4。7% 》】、《 _価値付けて_【・*を |*←要注意{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =_既に_受けて在る_【・*を |*←〈一つの〉_高い__累積的__用量_ の _アントラサイクリン系`化学療法剤_《複数》 】 》 】┏┓。

--【・*に於いて… |*←〈一件の〉_最近_ の _フェーズ_3__研究_】〓〓、156 名 の ¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_HER2 −陽性__局所`進行期_、又は、_転移性_ の _乳がん_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =_進行していた--【・*の間に |*←_治療_{☆による}¨ ⌒〔 ☆← trastuzumab 】《 これらの_患者さん《複数》_ の 48% は 受けていた_【・*を |*←_アントラサイクリン系`化学療法剤__化学療法_ 》 】〓〓 が _ランダムに振り分けられた_--【・*に |*←_治療_{☆による}¨ ⌒〔 ☆← capecitabine_単剤`治療_、又は、capecitabine / _継続 trastuzumab 】┏┓。    _予備的な__結果《複数》_ は 示す_【・『 』ということを… |『 ¨患者さん《複数》{ ∬ ((を)した)}¨ ⌒〔 ∬=続けた_【・*を |*← trastuzumab 】〓〓 は 持った_【・*を |*←_より高い__未補正_奏効率_《 49% 対 25% 》 、及び、_より低い_率 の _原発_進行_《 16% 対 26% 》 、しかし、_同様_な_生存_ 』】__ : __〈その〉_レジメン_《複数》 は 持った_【・*を |*←_同等な _毒性__効果_《複数》 】┏┓。

_研究《複数》_ が 続いている--【 ∬ (する)ことのために | ∬=対応する_【・*に |*←〈その〉疑問{☆の}¨ ⌒〔 ☆←[『 』(→右記)であるか否か… |『 続けるべきである_【・*を |*←trastuzumab--【・*の間 |*←_化学療法_ライン《複数》{☆に続いての}¨ ⌒〔 ☆←_再発_{☆の後の}¨ ⌒〔 ☆←_第一線_trastuzumab_治療_ 』(か否か)】┏┓。    
〈一つの〉_系統的__レビュー_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_観察的_¨分析{☆の}¨ ⌒〔 ☆←この疑問】〓〓 は _明らかにした__【・『 』ということを… |『_反応_《複数》{☆への}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉_第二線_trastuzumab_治療_】〓〓_は ¨※¨であった 【・※←_より低い__--〔・*よりも |*←_最初の__反応_《複数》】〓〓、しかし、¨※¨であった 【・※←_依然として__有望的_《 それぞれ の _客観的`奏効率_33% 対 59%、そして、それぞれ の _臨床的`利益_62% 対 83% 》 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←もう一つの _後ろ向き`方式__研究_】〓〓、¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =_続けた_【・*を |*← trastuzumab_治療_--【・*を超えて |*←_病気`進行_】《 _投与_された--【・_同時`実施_的に--【・*と一緒に |*← 1、又は、2 つの_化学療法_ライン《複数》 》 】〓〓 は _示した_【・*を |*←_より良好な__奏効率_《複数》--【・*よりも |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =中止した_【・*を |*← trastuzumab 《 35% 対 16% 》 】┏┓。    〔何も無い( no )_有意な__差異_《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_全体的`生存_ 〕〓〓 が _観察された_(の否定)┏┓。    しかし、--【・*に於いて… |*←もう一つの _研究_】〓〓、¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =続ける_【・*を |*← trastuzumab_治療_--【・*に続き |*←_発症_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_脳転移_《複数》 】〓〓 は _経験_した_【・*を |*←_より長い__病気無し`生存`期間_--【・*と比較して |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =受けなかった_【・*を |*←_更なる_trastuzumab_治療_--【・*の後に |*←_診断_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_脳転移_《複数》 】┏┓。    将来、 _ランダム化__データ_ は ¨ ∬ ¨(する)ことの可能性がある 【 ∬=答える_[『 』(→右記)であるか否かに… |『 継続{☆の}{★を超えての}¨ ⌒〔 ☆← trastuzumab ⌒〔 ★←_病気`進行_】〓〓_が ¨※¨である 【・※←_有`価値の__治療__選択_--【・*と比較して |*←_その他の__使用`可能的__選択肢_《複数》 』(か否かに)] 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、本資料の「資料名」のページ、又は、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Oncology )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= June 7, 2011 )
「英文原題」=Trastuzumab

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

lapatinib


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

〈その〉_二重__上皮`成長`因子`レセプタ《 EGFR 》_、及び、HER-2_阻害薬_lapatinib は _特定的に_適応がある--【・*に |*←使用{☆との併用での}¨ ⌒〔 ☆← capecitabine--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}{ ¶ ところの#←}¨ ⌒〔 ☆←_HER2 −陽性__進行期_、又は、_転移性_ の _乳がん_⌒〔 ←#¶ =_以前に_受けたことがある_【・*を |*←〈一つの〉_アントラサイクリン系`化学療法剤_、 〈一つの〉タキサン系化学療法剤、及び、trastuzumab 】┏┓。    〈一件の〉_フェーズ_3__研究_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆← 324 名の患者さん《複数》】〓〓 が _比較した_【・*を |*← lapatinib / capecitabine、と、capecitabine_単独_--【・*に於いて |*←_HER2 −陽性__局所`進行期_、又は、_転移性`乳がん_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =_病気`進行_していた--【・*の後に |*←_治療_{☆による}¨ ⌒〔 ☆←_レジメン_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =_含んだ_【・*を |*←〈一つの〉_アントラサイクリン系`化学療法剤_、 〈一つの〉タキサン系化学療法剤、及び、trastuzumab 】┏┓。    _先行`実施の__治療_《複数》 は ¨ ∬ ¨ねばならなかった 【 ∬=含む《 しかし、それに限定されず 》_【・*を |*←_少なくとも_4 サイクル の 〈一つの〉_レジメン_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =_含んだ_【・*を |*←¨¨〈一つの〉_アントラサイクリン系`化学療法剤_、及び、〈一つの〉タキサン系化学療法剤{ ¶ ところの#←《 2 サイクル《複数》--【もし『 』なら…|『〈その〉_病気_ が _進行_した--【『 』の間に…|『〈その〉_患者さん_ が 受けつつあった_【・*を |*←_治療_ 』】 』】 》 】⌒〔 ←#¶ =_同時`実施_、又は、別個に _投与_された--【・*として |*←_補助`療法_、又は、_転移性_ の _病気__に対する_治療_ 】┏┓。    _先行`実施の__治療_{☆による}¨ ⌒〔 ☆← trastuzumab 】〓〓 が 、また、_必要_とされた《 _単独_、又は、_化学療法_との_併用_で 》--【・*のために |*←_局所`進行期_、又は、_転移性_ の _病気_ 】┏┓。    〈その〉_中央値での__病気`進行`まで`期間__は ¨※¨であった 【・※← 8。4 ヶ月間《 lapatinib + capecitabine 》 対 4。4 ヶ月間《 capecitabine_単独_ 》】〓〓、そして、〈その〉_奏効率_《複数》_は _後ろ向き`方式_的に¨※¨であった 【・※← 22% 対 14% 】┏┓。    〈その〉¨追加{☆の}¨ ⌒〔 ☆← lapatinib 】〓〓 は ¨ ∬ ¨しなかった 【 ∬=_伸長_する (の否定)_【・*を |*←_全体的`生存期間_ 】┏┓。    --【・*と比較して… |*← capecitabine_単独_】〓〓、〈その〉_併用__レジメン_ は 伴わなかった_【・*を |*←〈一つの〉_増加_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_深刻な__有害`効果_《複数》 】┏┓。    残念ながら、〈一つの〉_直接の__比較_{☆の間の}{★としての}¨ ⌒〔 ☆← trastuzumab、と、lapatinib ⌒〔 ★←_第二線`治療_】〓〓_は ¨※¨ではない 【・※←_入手`可能的_ 】┏┓。

--【・*に於いて… |*←_欧州_、及び、_米国_】〓〓、〈その〉_認可_された_投与_スケジュール{☆のための}¨ ⌒〔 ☆← lapatinib + capecitabine 】〓〓_は ¨※¨である 【・※←■__毎日_投与_で 21 日間 + 7 日間 の _休薬_】|-そして-|■__毎日_投与_で 14 日間 + 7 日間 の _休薬_ 】┏┓。    しかし、_予備的な__証拠_ は 示唆する【・『 』ということを… | ∬ (する)こと | ∬=_投与_する_【・*を |*← capecitabine--【・_毎日_投与で 7 日間 + 7 日間 の _休薬_ 〓〓 が ¨ ∬ ¨(である)ことの可能性がある 【 ∬=¨※¨である 【・※←_より良好に_忍容`可能的 で より_有効_--〔・*よりも |*←〈その〉_認可_された_用量_ 』〓〓、そしてこのことは導いて在る--【・*へ |*←〈一件の〉_フェーズ_2__評価_{☆の}{★に於ける}¨ ⌒〔 ☆←この capecitabine_投与_スケジュール{☆との併用での}¨ ⌒〔 ☆← lapatinib ⌒〔 ★←_HER2 −陽性_trastuzumab −_耐性_¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_ 】┏┓。    〈その〉_レジメン_ は ¨ ∬ ¨(である)ようである 【 ∬=¨※¨である 【・※←_忍容性`良好_】〓〓、そして、_更なる__データ_ が 今年 得られる予定である┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、本資料の「資料名」のページ、又は、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Oncology )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= June 7, 2011 )
「英文原題」=Lapatinib

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

bevacizumab


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

--【・*に於いて… |*←_転移性`乳がん_】〓〓、〈その〉_血管内皮`成長`因子《 VEGF 》__阻害薬_bevacizumab が _現在__認可_されている--【・*に於いてだけ |*←〈その〉_米国_、及び、_欧州_】--【・*との併用で |*← paclitaxel--【・*として |*←_第一線`治療_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_HER2 ‐陰性_患者さん《複数》_ 】┏┓。    〈その〉_現行の__米国_ での ラベリング は _特定的に 禁忌としている_【・*を |*← bevacizumab {☆のための}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =_病気`進行_していた--【・*では |*←_アントラサイクリン系`化学療法剤_−、及び、タキサン系化学療法剤−ベース の ¨治療{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_】、--【・*に基づき |*←〈その〉_知見_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈一件の〉_大規模__フェーズ_3_臨床`試験_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =¨¨¨追加{☆の}{★への}¨ ⌒〔 ☆← bevacizumab ⌒〔 ★← capecitabine 】〓〓 は _失敗した_【 ∬ (する)ことに | ∬=_改善する_【・*を |*←_進行無し`生存_や_全体的`生存_--【・*と比較して |*← capecitabine_単独_《 _それぞれ_4。86 ヶ月間 対 4。17 ヶ月間 》 】┏┓。    しかし、 より_最近_ の _データ_{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉 RIBBON-2_臨床試験_】〓〓 は 示唆する【・『 』ということを… |『 この_薬_ は ¨ ∬ ¨(する)ことの可能性がある 【 ∬=持つ_【・*を |*←〈一つの〉場所--【・*に於いて |*←_第二線`治療_ 』 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←この_フェーズ_3_研究_】〓〓、bevacizumab は _評価_された--【・*に於いて |*←〈一つの〉 より低重度に_先行治療`経験`有り の__患者さん`人口集団_《 わずかに_1 種類の_先行`実施の__治療_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_ 》--【・*との併用で |*← capecitabine、又は、さまざまな_その他の__化学療法剤_《複数》{☆を含む}¨ ⌒〔 ☆←タキサン系化学療法剤《複数》、gemcitabine、又は、vinorelbine 】┏┓。    --【・*と対照的に… |*← より_早期_ の _研究_】〓〓、 ∬ (する)こと | ∬=_追加する_【・*を |*← bevacizumab--【・*に |*←_化学療法_ 〓〓 は _改善した_【・*を |*←_進行無し`生存`期間_--【・*から#へ ||*← 5。1 ヶ月間 |#← 7。2 ヶ月間 】┏┓。    [『 』(→右記)であるか否か… |『 bevacizumab が 持つ_【・*を |*←〈一つの〉_成功`可能的な_場所{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆← より遅いラインの_転移性`乳がん__治療_ 』(か否か)]〓〓 は 引き続き¨※¨である 【※←今後明らかにされるべき _事項_ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、本資料の「資料名」のページ、又は、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Oncology )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= June 7, 2011 )
「英文原題」=Bevacizumab

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_結論_


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

〈一つの〉_実体的な__割合_ の ¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん】〓〓 は _究極的に__病気`進行_する--【・*へ |*←_転移性_ の _病気_ 】┏┓。    _転移性`乳がん__は 持つ_【・*を |*←_多重_ の _臨床的__病気`発現_《複数》】〓〓、そして、_治療_ は ¨ ∬ ¨(される)べきである 【 ∬=_選択される--【・*に従って |*←〈その〉_患者さん_ の _腫瘍__特徴_《複数》、 _治療歴、及び、_活動ステータス_ 】┏┓。    〈その〉_増加した_¨使用{☆の}{★に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_アントラサイクリン系`化学療法剤_《複数》、及び、タキサン系化学療法剤《複数》⌒〔 ★←〈その〉_より早期の__ステージ_《複数》 の _病気_《複数》】〓〓 は _させる--【・*を § に ||*←¨¨_治療__選択_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_第二線_以降 の _ライン_ での _状況設定_《複数》| § ← より_挑戦課題_的】〓〓、そして、_薬__耐性_ は _しばしば__限定する_【・*を |*←_治療__選択肢_《複数》 】┏┓。    _いくつかの__事項_《複数》{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←_第二線`治療_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_】〓〓 が _待っている_【・*を |*←_明確化_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_臨床試験_《複数》_】、--【・*を含めて |*←_投与__戦略_《複数》、及び、〈その〉_最良の__方法_{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=_組み込む_【・*を |*←_より新しい__薬_《複数》 】┏┓。

_いくつかの__薬_《複数》 が 明らかに、_改善して在る_【・*を |*←_結果状況_--【・*として |*←_単剤`治療_、又は、_併用__レジメン_《複数》】--【・*に於いて |*←〈その〉_順次`実施_¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_ 】┏┓。    _更なる__研究_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←新しい、及び、確立された__薬物`治療_《複数》{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_】〓〓 は 可能にしつつある_【・*を |*←_より良好な__定義_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_治療__標的_《複数》、 _治療薬__感受性 / _耐性_、 _患者さん_、及び、_治療_エンドポイント《複数》 】┏┓。    _いくつかの_出現しつつある_薬物`治療_《複数》 は __示して在る_【・*を |*←_有望性_--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_】〓〓、そして、_更なる__進歩{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_内科的__管理_】〓〓 は 期待されている--【・*に於いて |*←〈その〉来るべき 年《複数》 】┏┓。    それ《=『 』ということ(右記)》〓〓が 期待されている……【・=『〈その〉賢明な¨使用{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_新規な_、そして、_標準的_ な _治療_《複数》】〓〓 が ¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=_可能にさせる_【・*を |*←_継続した__改善_《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉¨管理{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_ 』 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、本資料の「資料名」のページ、又は、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Oncology )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= June 7, 2011 )
「英文原題」=Conclusions

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

資料 C=心臓リスクのある_進行期`乳がん__患者さん_ での _アントラサイクリン化療剤使用


資料名=Medscape Pharmacists(ご紹介作成年月 : '10/1)


このコーナーでは、上記の資料の内容の概略をご紹介しています。各ページには、当該ページに対応する原資料サイトのページへのリンクを設定してありますが、原資料サイト での ページ構成変更により、リンク切れとなっております場合は、本家サイトの

リンク集のページ

の、「情報の存在を ご紹介しているサイト」の項目に 当該原資料サイトへのリンクを収載しておりますので、そこからジャンプしてください。《当該原資料サイトには、当サイトでご紹介している以外にも豊富な情報が記載されておりますので、原資料サイトをご覧になることを強くお勧めします》

尚、このコーナーでご紹介しております原資料の日付は下記の通りです :

原資料更新時期=June 2nd, 2009 

本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

アブストラクト


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_アントラサイクリン系`化学療法剤_ は 見なされている【・※であると|※←¨一つ{☆の}¨ ⌒〔 ☆←最も_活性的_ な _薬_《複数》{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_ 】┏┓。    しかし、それらの使用 は 限定される--【・*により |*←蓄積的な、_用量−依存`的_ な _心臓`毒性_ 】┏┓。    そのような_心臓`毒性_ は もたらす_【・*を |*←■_〈一つの〉恒久的な喪失{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_心筋`細胞_《複数》】|-そして-|■_〈一つの〉_進行_性 の 低下{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_心臓_機能--【・*に続き |*←次々の_投与_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_アントラサイクリン系`化学療法剤_ 】┏┓。    当初、ダメージ{☆への}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉心臓】━━_は ¨※¨である 【・※←_不顕性】__ : __しかし、次第に 障害された_心臓_機能_ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=もたらす_【・*を |*←_心臓`血管`系__症状_《複数》】、--【・*を伴って |*←深刻 な _心臓_障害{ ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=もたらす_【・*を |*←_うっ血性`心不全_ 】┏┓。    --【『 』であることから…|『〈その〉_早期_発見 、及び、 _治療_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_心臓`毒性_】━━ が ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=低下させる_【・*を |*←その_臨床的_影響《複数》 』】━━、それ《=『 』ということ(右記)》━━は 重要である……【・=『_腫瘍`医_《複数》 が 気づいている--【・*について |*←これらの_有害`効果《複数》】━━、そして、_管理_する_【・*を |*←それらの_有害`効果《複数》--【・適切に 』 】┏┓。    このレビュー は _調べる_【・*を |*←〈その〉リスク_要因_《複数》{☆への}¨ ⌒〔 ☆←_アントラサイクリン系`化学療法剤_に伴う_心臓`毒性_】━━、そして、_提供する_【・*を |*←推奨《複数》{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←_戦略_《複数》{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=低下させる_【・*を |*←〈その〉_心臓`毒性_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_アントラサイクリン系`化学療法剤_《複数》--【・*に於いて |*←¨管理{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_進行期`乳がん_ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacist )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= June 2, 2009 )
「英文原題」=Abstract

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

イントロダクション


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

--【・*以来… |*←それらの_導入_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉 1960 年代】━━、〈その〉_アントラサイクリン系`化学療法剤_である doxorubicin 、及び、 epirubicin は 見なされて在る【・※であると|※←¨一つ{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉最も_活性的_ な _薬_《複数》{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_】━━、そして、それらの_薬_《複数》_は ¨※¨である 【・※←成分《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←多くの_補助療法_ 、及び、 _緩和_治療__レジメン_《複数》 】┏┓。    それらの_薬_《複数》 の _臨床的_有用性 は 、しかし、限定される--【・*により |*←蓄積性、_用量−依存`的_、 _進行_性 の 心筋ダメージ{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=_導く--【・*へ |*←_うっ血性`心不全_、 _生活の質_低下 、又は、 死亡 】┏┓。    いくつかの_その他の_確立された 、及び、 将来の _化学療法剤_《複数》{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_】━━ は 、また、知られている_【 ∬ (する)ことが | ∬=持つ_【・*を |*←_潜在的_に重要な_有害`影響_《複数》{☆への}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_心臓`血管`系_ 】┏┓。    これら は 含む_【・*を |*←タキサン系化学療法剤《複数》、_アルキル化系`化学療法剤_《複数》《 例えば cisplatin 》、_代謝`拮抗薬_《複数》《 例えば capecitabine 》 、mitoxantrone、いくつかの より新しい_分子標的`治療`薬_《複数》{☆のような}¨ ⌒〔 ☆← trastuzumab、bevacizumab 、及び、 _チロシンキナーゼ`抑制薬_sunitinib 】┏┓。    _放射線`療法_{☆への}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉胸部】━━ が 、また、示されて在る_【 ∬ (する)と | ∬=持つ_【・*を |*←_心臓`毒性_影響《複数》 】┏┓。    _最近_、¨※¨が 存在してきて在る 【・※←懸念《複数》{=『 』という(右記)}¨=『〈その〉¨使用{☆の}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_アロマターゼ阻害薬_《複数》⌒〔 ★←_乳がん_】━━ は _増加させる_【・*を |*←_心臓`血管`系_リスク 』】━━、--【特に『 』であることから…|『 tamoxifen は ¨ ∬ ¨(する)と考えられる 【 ∬=守る--【・*に対して |*←_心臓`血管`系_疾患 』】┏┓。    --【『 』につれて…|『〈一つの〉増加しつつある数の _患者さん《複数》_ が 克服する_【・*を |*←_乳がん_ 』】━━、〈その〉インパクト{☆の}{★への}¨ ⌒〔 ☆← がん _治療_⌒〔 ★←_心臓`血管`系_ の 健康】━━ は ¨※¨と なりつつある【・※← より一層重要 】┏┓。    --【『 』であることから…|『¨¨_早期_ の 発見 、及び、 _治療_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_心臓`毒性_】━━ は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=低下させる_【・*を |*←それの_臨床的_影響《複数》 』】━━、それ《=『 』ということ(右記)》━━は 特に 重要である……【・=『_腫瘍`医_《複数》 が ■_気づいている--【・*に |*←これらの_副作用_《複数》】|-そして-|■__管理_する_【・*を |*←それら--【・適切に 』 】┏┓。

〈その〉_順次`実施_ 、及び、 _同時`実施の_¨使用{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_補助療法_《複数》】━━ は 、《 一緒になって--【・*と |*←_その他の_リスク_要因_《複数》{☆のような}¨ ⌒〔 ☆←年齢、 肥満 、及び、 身体的`不活動 》━━(は)¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=_増加させる_【・*を |*←■__心臓`血管`系__脆弱性】|-そして-|■_究極的に、¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_時期`尚早_的 _心臓`血管`系_−関連 の _死亡率_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_】《 〈一つの〉現象{☆と呼ばれる}¨ ⌒〔 ☆←「多重−打撃」仮説 》 】┏┓。    〈その〉_影響・結果_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉多重−打撃】━━_は 持つ_【・*を |*←重要な 意味合い《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←¨使用{☆の}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_化学療法⌒〔 ★←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_進行期`乳がん_ 】┏┓。    --【『 』であるが…|『これらの_患者さん《複数》_ は ¨ ∬ ¨(である)ことの可能性がある 【 ∬=_心臓_系 リスクが高くなっている--【・*の理由から |*←彼らの_補助療法_ 、又は、 _生物学`的_リスク_要因_《複数》 』】━━、彼ら は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=依然として_利益_を得る--【・*から |*←_アントラサイクリン系`化学療法剤__治療_{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=_治療_する_【・*を |*←彼らの がん 】┏┓。    --【『 』であることから…|『 50%の¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==発症する_【・*を |*←_乳がん_ 】━━_は ¨※¨である 【・※← 61 歳超 』】━━、それ《=『 』ということ(右記)》━━は 重要である……【・=『医者《複数》 が 気づいている--【・*に |*←■_既存の _併存疾患_《複数》】|-そして-|■_〈その〉短期的・_長期的_ の _心臓`血管`系_影響《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==随伴している--【・*に |*← がん _治療_《複数》 】 』 】┏┓。    いくつかの_戦略_《複数》 が 開発されて在る--【 ∬ (する)ことのために | ∬=低下させる_【・*を |*←_アントラサイクリン系`化学療法剤_−_誘発の__心臓`毒性_ 】__ : __しかし、〔何も無い( no )コンセンサス 〕━━ が 現在 存在している(の否定)--【・*について |*←最適な モニタリング{☆の}¨ ⌒〔 ☆←随伴 有害 _心臓_効果《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_進行期`乳がん_ 】┏┓。

この論文 は _レビュー_する_【・*を |*←¨¨〈その〉キーとなる証拠 、及び、 リスク_要因_《複数》{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_アントラサイクリン系`化学療法剤_−随伴 _心臓`毒性_】━━、そして、_提供する_【・*を |*←勧告《複数》{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←_戦略_《複数》{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=低下させる_【・*を |*←〈その〉_心臓`毒性_{☆の}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_アントラサイクリン系`化学療法剤_《複数》 ⌒〔 ★←¨管理{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_進行期`乳がん_】┏┓。    〈その〉勧告《複数》 は 意図されていない【・※であることを|※←規範的】━━、しかし、それらの勧告《複数》 の 目的_は ∬ (する)ことである 【 ∬=助ける--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←医者《複数》| ∬=見出す_【・*を |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_進行期`乳がん_で、 増加した_心臓`毒性_リスク 】--【『 』のように(目標)…|『適切な 決定《複数》{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉¨使用 、及び、 モニタリング{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_アントラサイクリン系`化学療法剤__治療_】━━ が 為される 』】┏┓。

〔 検索`_戦略_《複数》 、及び、 _選択_基準 〕


…(前略:この_レビュー_のための_データ_検索方法)…

全ての 勧告《複数》 は 基づく--【・*に |*←〈その〉入手可能な ベストな 証拠{ ∬ (される)}¨ ⌒〔 ∬=補充される--【・*により |*←〈その〉著者《複数》 の 経験{ ∬ (する)ことに於いての}¨ ⌒〔 ∬=_管理_する_【・*を |*←_進行期`乳がん_ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacist )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= June 2, 2009 )
「英文原題」=Introduction

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_アントラサイクリン系`化学療法剤_の_心臓`毒性_


概観


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

〈その〉_心臓`毒性_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_アントラサイクリン系`化学療法剤_《複数》】━━ は ¨ ∬ ¨(である)ようである 【 ∬=¨※¨である 【・※←異なる_--〔・*から |*←それの_治療的_メカニズム】━━、そして、それ は ¨※¨の せいにされてきて在る【・※←_多重_な _影響_《複数》{☆への}¨ ⌒〔 ☆←_心_筋`細胞_《複数》】、--【・*を含めて |*←アポトーシス変化《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←鉄のホメオスタシス】_脱`制御_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_カルシウム_ホメオスタシス】ミトコンドリア 機能不全 】┏┓。    〈その〉最も広範に評価された_心臓`毒性_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← doxorubicin 】━━_は ¨※¨である 【・※←蓄積性 で _用量−依存`的_ な _進行_性 の _心筋ダメージ{ ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=導く--【・*へ |*←_臨床的_イベント《複数》《 範囲を持つ--【・*から |*←〈一つの〉無_症状_性 の _左室`駆出率《 LVEF 》_低下--【・*まで |*←不可逆性 の 生命を脅かす的 _うっ血性`心不全_ 】 》┏┓。    epirubicin は 、また、伴う_【・*を |*←_心臓`毒性_】、--【『 』であるが…|『 mg / mg ベースでは、それ_は ¨※¨である 【・※← より_心臓`毒性_は _低_い--【・*よりも |*← doxorubicin 』】━━、そして、 従って、 それ は ¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=_投与_される--【・*で(量) |*← より高い 累積`_用量_《複数》《 最高 〈一つの〉総計 〜 900 mg / m2〈一つの〉総計 450 mg / m2 {☆の場合の}¨ ⌒〔 ☆← doxorubicin--【『 』の前に…|『_心臓`毒性_ が 限定する_【・*を |*←_更なる__治療_ 』】━━、》 】┏┓。    しかし、--【 ∬ (する)ことのためには …| ∬=達成する_【・*を |*←〈その〉同一の _臨床的`利益_--【・*と比較して |*← doxorubicin 】━━、epirubicin は ¨ ∬ ¨(される)という傾向がある 【 ∬=_投与_される--【・*で(量) |*← 25 〜 50%増量した_用量_《複数》】、《[ この]こと は _潜在的_に 打ち消す_【・*を |*←〈その〉利点《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←如何なる より高い 累積`_用量_べき値》 】┏┓。    このこと と 首尾一貫して、 〈一件の〉_最近_ な _メタ分析_ が _示した_【・*を |*←〔何も無い( no )証拠 〕{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉_有意_差(の否定){☆の間の}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉 2 つの_アントラサイクリン系`化学療法剤_《複数》⌒〔 ★←発症{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_うっ血性`心不全_ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacist )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= June 2, 2009 )
「英文原題」=Anthracycline Cardiotoxicity

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

アントラサイクリン系`化学療法剤__毒性_の 分類


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_アントラサイクリン系`化学療法剤_ の _心臓`毒性_ は ¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=分類される--【・*に(区分) |*←_急性_、_慢性_ 、又は、 _遅発性_ 】┏┓。    --【・*に加えて… |*←_臨床的__心臓`毒性_《 _症状_現出して--【・*として |*←_うっ血性`心不全_ 》】━━、_研究《複数》_ は _報告して在る_【・*を |*←_不顕性の__心臓`毒性_ 】┏┓。    しかし、¨※¨が 存在する 【・※←〈一つの〉広い 変動{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉頻度{☆の}¨ ⌒〔 ☆←※の両方 |※←¨¨_臨床的_ 、及び、 _不顕性の__心臓`毒性_ {☆の後の}¨ ⌒〔 ☆←_アントラサイクリン系`化学療法剤__治療___ : __更に、〈その〉_臨床的_現出{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_心臓`毒性_】━━ は ¨ ∬ ¨(である)ことがある 【 ∬=¨※¨である 【・※←さまざま 】┏┓。《 テーブル 1 》

テーブル 1 : _アントラサイクリン系`化学療法剤_−_誘発の__心臓`毒性_ の _臨床的__症状_現出

_急性_ 、及び、 亜急性_心臓`毒性__は ¨※¨である 【・※←稀 】┏┓。    _急性__心臓`毒性__は ¨※¨である 【・※←依存しない_--〔・*に |*←〈その〉_アントラサイクリン系`化学療法剤__用量_】__ : __それ_は ¨※¨である 【・※←_一般的に 軽症 で 可逆的】、《 範囲をもって--【・*から |*←_無症状性の_心電図`変化《複数》--【・*まで |*←稀なケース{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_重症の__急性__心筋`炎_ 》 】┏┓。    心電図`変化《複数》 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=起きる--【・*の間 、又は、 その数時間 以内に |*←〈その〉_アントラサイクリン系`化学療法剤_ の _投与_ 】┏┓。    これらの異常《複数》 は 稀に_引き起こす_【・*を |*←_臨床的__症状_《複数》】━━、そして、通常 解消する--【・(やりかた)|自発的に 】┏┓。    しかし、_心臓`毒性_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==起きる--【・*の直後に |*←〈その〉_アントラサイクリン系`化学療法剤__投与_ 】━━ は ¨ ∬ ¨(である)ことがある 【 ∬=¨※¨である 【・※←〈一つの〉前兆{☆の}¨ ⌒〔 ☆← より_遅発性_ の _毒性_ 】┏┓。

_急性_心筋`傷害 は ¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=高感度で検出される--【・*により |*←測定{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_血液中_濃度{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_心臓`トロポニン I_《 〈一つの〉収縮蛋白質{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉心筋 》 】┏┓。    結果として、〈一つの〉増加{☆に於ける}{★の直後の}¨ ⌒〔 ☆←_心臓`トロポニン I_⌒〔 ★←_高用量__化学療法_】━━ は 考えられる【・※であると|※←〈一つの〉強い指標{☆の}¨ ⌒〔 ☆←左心室_ダメージ 、及び、 劣った心臓_結果状況_ 】┏┓。    更に、それ は ¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=使用される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=予測する《 非常に早期に 》_【・*を |*←〈その〉発症 、及び、 _重症度{☆の}¨ ⌒〔 ☆←将来の 心室`機能`不全 】┏┓。

_慢性_ 、又は、 _遅発性_発症 の _アントラサイクリン系`化学療法剤__心臓`毒性_ は _典型的には__症状_発現する--【・数ヶ月から数年間 *の後に |*←_化学療法_】━━、そして、それ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=_導く--【・*へ |*←_心筋障害_{☆を伴う}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉劣った_予後_{☆にとっての}¨ ⌒〔 ☆←罹患_患者さん《複数》_ 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←〈一件の〉_長期的__前向き方式__研究_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← 120 名の患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_進行期`乳がん_】━━、¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==受けた_【・*を |*← より高い 累積_用量_《複数》 の epirubicin《 850 〜 1000 mg/m2 》 】━━_は 持った_【・*を |*←〈一つの〉¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_うっ血性`心不全_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==増加した--【・*にわたり |*←〈一つの〉 5 年間の期間《 1 年後_11%→ 2 年後_14%→ 5 年後_20% 》 】┏┓。    〈その〉真実の_発症`頻度_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_慢性__心臓`毒性_】━━_は ¨※¨である 【・※←不可能_〔 ∬ (する)ことが | ∬=正確に_決める 】--【『 』の理由で…|『〈その〉フォローアップ時間 は ¨※¨であって在る 【・※←不十分_--〔・*に於いて |*←大部分の_臨床試験_《複数》_ 』】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacist )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= June 2, 2009 )
「英文原題」=Classification of Anthracycline Toxicity

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

アントラサイクリン_とtrastuzumab での _心機能不全 の比較


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

〈その〉_アントラサイクリン系`化学療法剤_−随伴の_異常《複数》 、及び、 それらの関連_心臓`発作・傷害___ は _代表する_【・*を |*←〈一つの〉不可逆的なタイプ{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_化学療法_−関連__心臓__機能`不全_( CRCD )《 呼ばれる--【・*と |*←タイプ I CRCD 》 】┏┓。    対照的に、タイプ II CRCD は _代表する_【・*を |*←〈一つの〉全く異なるタイプ の _心臓_機能不全 】┏┓。    タイプ II CRCD《 特徴づけられる--【・*により |*← trastuzumab_毒性_ 》━━ は ¨※¨ではない 【・※←_用量−依存`的_】━━、¨ ∬ ¨しないようである 【 ∬=起きる--【・*に於いて |*←全ての_患者さん《複数》_ (の否定)】━━、そして、それ は 伴わない_【・*を |*←如何なる _超`微細`構造`的_異常《複数》 】┏┓。    更に、タイプ II CRCD は ¨ ∬ ¨(である)ようである 【 ∬=¨※¨である 【・※←可逆的】、--【・*を伴って |*←〈一つの〉高い可能性{☆の}¨ ⌒〔 ☆←回復】《 タイプ I はそうでない 》 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacist )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)
「英文原題」=Expert Opinion on the Use of Anthracyclines in Advanced Breast Cancer : Anthracycline Cardiotoxicity

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_アントラサイクリン系の_心臓`毒性_と 関連したリスク_要因_


概観

本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

〈その〉最良の_予後`予測`因子{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_心臓`毒性_】━━_は ¨※¨である 【・※←〈その〉総`累積`_用量_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_アントラサイクリン系`化学療法剤_ 】┏┓。    心筋の老化、 既存の_心臓__機能`不全_、 _長期的_高血圧、 挿入的 _心臓`毒性_的_治療_《複数》 、及び、 以前 の _放射線`療法___ が もたらす_【・*を |*←〈一つの〉増加した¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_心臓`毒性_】、--【特に『 』の場合…|『_アントラサイクリン系`化学療法剤_《複数》 が _投与_される--【・*で(量) |*←ボーラス_投与_による 高累積_用量_《複数》 』】┏┓。    〈一つの〉 より高度の理解{☆の}¨ ⌒〔 ☆←これらの_要因_《複数》】━━ が ¨ ∬ ¨(する)と考えられる 【 ∬=助ける_【 ∬ (する)ことを | ∬=低下させる_【・*を |*←〈その〉発症 、及び、 _重症度{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_心臓`血管`系__副作用_《複数》 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacist )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= June 2, 2009 )
「英文原題」=Risk Factors Associated With Anthracycline Cardiotoxicity

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_治療_−関連_リスク_要因_

アントラサイクリン 累積_用量

本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

広範な_分析_《複数》 が _示して在る_【・*を |*←〈一つの〉直接の 関連性{☆の間の}¨ ⌒〔 ☆←■_〈その〉発症{☆の}¨ ⌒〔 ☆←心不全_】|--|■_〈その〉_累積的__アントラサイクリン系`化学療法剤__用量_ 】┏┓。    〈その〉確率{ ∬ (する)ことの}¨ ⌒〔 ∬=発症する_【・*を |*←_うっ血性`心不全_ --【・*により |*← doxorubicin】━━ は _実体的に _増加する_--【・*に於いて(_用量__レベル_) |*←_累積的__用量_《複数》 450 〜 550 mg/m2 以上】《 epirubicin では 900 〜 1000 mg/m2 以上 》 】┏┓。    各回 の _アントラサイクリン系`化学療法剤_ は ¨ ∬ ¨(する)ようである 【 ∬=もたらす_【・*を |*←〈その〉死滅{☆の}¨ ⌒〔 ☆←一定の _筋`細胞_《複数》 】┏┓。    〈その〉心臓_は 持つ_【・*を |*←高度に発達した 補償メカニズム《複数》】━━、しかし、--【『 』の場合…|『これらのメカニズム《複数》 が 圧倒される 』】━━、_慢性`拡張型`心筋症_ が 発症する┏┓。    重要なこととして、¨※¨が 存在する 【・※←相当なバラツキ--【・*の間に |*←_患者さん《複数》_--【・*の面で |*←■_彼らの _被`影響性_{☆による}¨ ⌒〔 ☆←_心臓`毒性_】|-そして-|■_彼らの 補償メカニズム《複数》 】┏┓。

それ《 ∬ すること(右記)》━━は 困難である……∬=推定する_【・*を |*←〈その〉真の_発症`頻度_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_アントラサイクリン系`化学療法剤_−_誘発の__心臓`毒性_ 】--【『 』の理由で…|『_研究《複数》_ は さまざまであって在る--【・*の点で |*←それらの定義《複数》方法《複数》{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=使用された--【・*のために |*←測定{☆の}¨ ⌒〔 ☆←心臓_機能_】基礎にある¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_患者さん__人口集団_ 】 』】┏┓。    _データ__は 、また、¨※¨である 【・※←主として_後ろ向き`方式_】━━、そして、_長期的__データ__は ¨※¨である 【・※←しばしば存在していない 】┏┓。    _早期__後ろ向き`方式__データ_ は 示す__【・『 』ということを… |『〈その〉_うっ血性`心不全__発症`頻度__は ¨※¨である 【・※←約 3。0%《 _累積的_doxorubicin_用量_400mg / m2 で》、7。5%《 同左 550mg / m2 で 》、18。0%《 同左 700mg / m2 で 》 】┏┓。    〈その〉_発症`頻度_ は 見出された 【・※であると|※← より_低_い_--〔・*の場合 |*← 1 週間に 1 回の doxorubicin_投与_スケジュール--【・*と比較して |*← 3 週間に 1 回のスケジュール】、、《 示唆して_【・『 』ということを… |『〈一つの〉ピーク濃度《複数》 が ¨ ∬ ¨(である)と考えられる 【 ∬=¨※¨である 【・※←重要_--〔・*に於いて |*←心筋_毒性_ 』 】┏┓。    〈一つの〉 より高い_発症`頻度_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_うっ血性`心不全_】━━ が 報告された--【・*に於いて |*←〈一件の〉_後ろ向き`方式__分析_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← 3 件の_前向き方式__研究《複数》_】《 これらの_研究《複数》_のうち、2 件 は 実施された--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_ 》 】┏┓。    〈その〉推定_累積的_比率{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆← doxorubicin −関連__うっ血性`心不全_】━━_は ¨※¨であった 【・※← 5。0%《 _累積的__用量_400 mg/m2 》、26。0%《 550 mg/m2 》、48。0%《 700 mg/m2 》 】┏┓。

--【・*の場合… |*← epirubicin 】━━、〈一つの〉_大規模__後ろ向き`方式__研究_ が _報告して在る_【・『 』ということを… |『〈その〉_累積的_¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_心臓`毒性_】━━ は 増加する--【・*から |*← 1。9%《 _累積_用量_800 mg/m2 》--【・*まで |*← 4。3%《 _累積_用量_900 mg/m2  、及び、 15。0%《 _累積_用量_1000 mg/m2 》 》 』 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←もう一つの _研究_{☆の}{ ¶ ところの#←}¨ ⌒〔 ☆← 105 名の患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_⌒〔 ←#¶==言及された--【・*のために |*← epirubicin / paclitaxel_治療_ 】】━━、〈その〉_累積的_¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_うっ血性`心不全_の 発症】━━ は 推定された--【・*であると |*← 7。7%《 epirubicin_累積_用量_720 mg/m2 》 、及び、 48。7%《 _累積_用量_1080 mg/m2 》 】┏┓。

_不顕性の_、_遅発性__心筋障害_ が ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=起きる--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=治療された--【・*により |*← doxorubicin 】--【・*が無い状況で |*←_うっ血性`心不全_】、--【・*に於いて さえも |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==受けた_【・*を |*←〈一つの〉_累積_用量_550 mg/m2 未満 の doxorubicin 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←〈一件の〉_後ろ向き`方式__研究_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← 141 名 の _リンパ腫__患者さん《複数》_】━━、doxorubicin −_誘発の__左心室`機能`不全_{☆を伴う}¨ ⌒〔 ☆←_左室`内径`短縮率_低下】━━ が 見出された--【・*に於いて |*← 141 名中 39 名《 27。6% 》《 これらの_患者さん《複数》  の 大部分 は 以前に 受けていた_【・*を |*← doxorubicin 総_用量_300 mg/m2 未満 》 】┏┓。    〈一件の〉_更なる__研究_《 当該_研究_に於ける doxorubicin_累積_用量__は ¨※¨であった 【・※← 240 mg/m2 》__ は 見出した_【・『 』ということを… |『_補助療法_doxorubicin / cyclophosphamide_化学療法_ は 伴った_【・*を |*←高頻度の_急性_低下{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_左室`駆出率《 LVEF 》_《 _治療_4 サイクル後 3 週間 での 測定 》 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←この_研究_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← 1572 名 の _有資格の_¨患者さん《複数》{☆を有する}{ ¶ ところの#←}¨ ⌒〔 ☆←_早期__ステージ__乳がん_⌒〔 ←#¶==完了した_【・*を |*←_治療_ 】】━━、1458 名 が 受けた_【・*を |*←_補助療法_doxorubicin の前後 での _左室`駆出率《 LVEF 》_測定《複数》 】┏┓。    --【・*の内… |*←これらの_患者さん《複数》_】━━、半数超《 51。1% 》_が 持った_【・*を |*←少なくとも 15%の低下{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_左室`駆出率《 LVEF 》_】━━、しかし、これ は とどまった--【・* 、又は、 それよりも 上 に |*←_放射線`画像的な_下限{☆の}¨ ⌒〔 ☆←正常値 】┏┓。    同様に、_最近_ は _データ_ は _示す_【・『 』ということを… |『微妙な _心臓_異常《複数》 が ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=起きる--【・*で(_用量_) |*← epirubicin  の _用量_《複数》{§(の性質の)}¨ ⌒〔 §←_有意_に より_低_い--【・*よりも |*←_用量_《複数》{ ∬ (されている)}¨ ⌒〔 ∬=知られている【・※であると|※←_潜在的_に_臨床的_に 有害 】 』┏┓。    --【・*に於いて… |*←〈一件の〉_フェーズ_2_、_非−ブラインド化_、_非−_ランダム化__臨床試験_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← 16 名の epirubicin −_治療_を受けた がん _患者さん《複数》_】━━、それ《=『 』ということ(右記)》━━が 報告された……【・=『測定可能な_収縮`不全_ が ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=現れる--【・*で(用量) |*←〈一つの〉_用量__レベル_200 mg/m2  の epirubicin 』 】┏┓。

これらの_データ_ は ハイライトを当てる--【・*に |*←〈その〉重要性{☆の}¨ ⌒〔 ☆←新しい 方法《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_早期_ の 発見{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{§(の性質の)}¨ ⌒〔 §←リスクが高い--【・*への |*←_うっ血性`心不全_--【・*に於いて |*←〈その〉最低の_用量_ の _アントラサイクリン系`化学療法剤_《複数》 】、--【 ∬ (する)ことのために | ∬=■_最適化する_【・*を |*←〈その〉¨使用{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_化学療法_】|-そして-|■_低下させる_【・*を |*←_心臓_ダメージ 】┏┓。    更に、--【・*に基づき… |*←上記の_データ_】━━、以前 の _アントラサイクリン系`化学療法剤_への 曝露 は ¨ ∬ ¨(される)べきである 【 ∬=見なされる【・※であると|※←〈一つの〉_心臓`血管`系_リスク_要因_--【 ∬ (する)場合には∬=考慮する_【・*を |*←_治療__選択肢_《複数》--【・*に於いて |*←〈その〉_転移性_ の _状況設定_ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacist )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= June 2, 2009 )
「英文原題」=Cumulative Dose of Anthracycline

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

投与_スケジュール

本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_臨床_研究《複数》_ は _示して在る_【・『 』ということを… |『〈その〉_発症`頻度{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_急性_ 、及び、 _慢性__心臓__毒性_】━━ は ¨ ∬ ¨(する)ようである 【 ∬=_¨※¨によって異なってくる【・※←■_〈その〉速度{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_アントラサイクリン系`化学療法剤__投与_{☆の間の}¨ ⌒〔 ☆←それぞれのセッション】|-及び-|■__投与_スケジュール 』 】┏┓。    初期の _研究《複数》_ は 報告して在る_【・『 』ということを… |『_持続`点滴《複数》{☆の}{★の間での}¨ ⌒〔 ☆←フリーの doxorubicin ⌒〔 ★← 48 〜 96 時間】━━ は 低下させた_【・*を |*←_心臓`毒性_ 』 】┏┓。    更に、〈その〉_治療__有効性_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← doxorubicin 】━━ は 低下しなかった--【・*により |*←_持続`点滴 】┏┓。    〈一件の〉 より_最近_ の _メタ分析_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← 5 件の_ランダム化__比較`臨床試験_《複数》{ その中で¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==異なる_アントラサイクリン系`化学療法剤__投与_スケジュール《複数》 が 比較された--【・*に於いて |*← がん _患者さん《複数》_ 】━━ は _示した_【・*を |*←〈一つの〉_統計的に__有意_に より_低_い率 の _うっ血性`心不全_--【・*により |*←〈一つの〉 6 時間以上 での _アントラサイクリン系`化学療法剤_点滴--【・*と比較して |*← より短い点滴時間 】┏┓。    〈一つの〉 6 時間以上 の 点滴_実施`時間 は 、また、¨ ∬ ¨(する)ようであった 【 ∬=低下させる_【・*を |*←〈その〉¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_不顕性の__心臓_ダメージ 】┏┓。

_後ろ向き`方式__分析_《複数》 は 見出して在る_【・『 』ということを… |『_毎週 1 回の__投与_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← doxorubicin 】━━_は ¨※¨である 【・※←かなり より_低く__心臓`毒性_的 --【・*よりも |*← 3 週間に 1 回の_投与_』 】┏┓。    多変量`_分析_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←リスク_要因_《複数》{☆への}¨ ⌒〔 ☆← doxorubicin_心臓`毒性_】━━ は _示した_【・『 』ということを… |『_毎週 1 回スケジュール の doxorubicin_治療_ は 伴う_【・*を |*← より_低_い_アントラサイクリン系`化学療法剤_−_誘発の__心臓_ダメージ--【・*よりも |*←伝統的な 3 週間に 1 回のスケジュール 』 】┏┓。    これらの_知見_《複数》 は サポートされる--【・*により |*←〈一つの〉 より以前の_後ろ向き`方式__研究_{ その中では ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶== 3 種類の主要なタイプ《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_投与_スケジュール】━━ が 使用された__ : __3 週間ごとの 単回`_投与_3 週間ごとの 連続 3 日間_投与__毎週 1 回の__投与_ 】┏┓。    〈その〉対応する _全体的__発症`頻度_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←薬物−誘発 _うっ血性`心不全_】━━_は ¨※¨であった 【・※← 2。9%、2。4% 、及び、 0。8%--【・それぞれ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacist )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= June 2, 2009 )
「英文原題」=Dosing Schedules

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_その他の__治療`介入/_治療_の 影響

概観

本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

一連の_その他の__治療_《複数》 が 、また、¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=持つ_【・*を |*←_有害 な _心臓_への影響《複数》--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_進行期`乳がん_】、《そして、 このこと は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=■_貢献する_【・*に |*←〈その〉_全体的_ な _心臓_リスク{☆に対する}¨ ⌒〔 ☆←これらの_患者さん《複数》】|-そして-|■__潜在的_に 悪化させる_【・*を |*←_アントラサイクリン系`化学療法剤_−随伴の__心臓`毒性__》 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacist )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= June 2, 2009 )
「英文原題」=Effect of Other Interventions and Treatments

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

放射線`療法

本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_放射線`療法_{☆への}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_胸郭_】━━ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=_誘発する_【・*を |*←_早期_ 、及び、 _遅発性_ の _心臓__影響_《複数》--【もし『 』なら…|『心臓の一部 が 含まれて在る--【・*に |*←〈その〉照射野 』】┏┓。    _研究《複数》_ が _示して在る_【・『 』ということを… |『_アントラサイクリン系`化学療法剤_−随伴の__心臓_ダメージ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=¨※¨となる【・※← より明白--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==既に受けたことがある_【・*を |*←_心臓_傷害{☆による}¨ ⌒〔 ☆←_放射線`療法_ 】 』 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←〈一件の〉¨¨研究{☆の}¨ ⌒〔 ☆← 105 名の患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_】━━、〈その〉_累積的_¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆← ∬ (する)こと | ∬=発症する_【・*を |*←_うっ血性`心不全_--【・*の後に |*←〈一つの〉 epirubicin / paclitaxel −含有__レジメン_ ━━_は ¨※¨であった 【・※←_低_い_--〔・*までは |*←_累積的_epirubicin_用量_《複数》 990 mg/m2 】__ : __しかし、〈その〉¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆← ∬ (する)こと | ∬=発症する_【・*を |*←心不全 ━━ は 増加した--【・劇的に--【『 』の場合…|『〈一つの〉_累積的__用量_990 mg/m2 超に到達した 』】--【・特に*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←もう一つの _心臓`血管`系_リスク_要因_{☆のような}¨ ⌒〔 ☆←以前の_放射線`療法_{☆への}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉胸壁 】┏┓。    しかし、最新の方法《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_乳房部_/胸壁_放射線`療法_{☆のような}¨ ⌒〔 ☆←_強度‐変調‐放射線療法《 IMRT 》】━━ は 現在では 回避する_【・*を |*←如何なる 感知可能な _用量_{☆への}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉心臓--【・*に於いて |*←大部分の_患者さん《複数》_ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacist )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= June 2, 2009 )
「英文原題」=Radiation Therapy

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

その他の__薬_の_併用__投与

本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

一連の_研究_《複数》 が _報告して在る_【・*を |*←〈一つの〉相乗的な_影響_{☆への}¨ ⌒〔 ☆←_心臓`毒性_--【『 』の場合…|『_アントラサイクリン系`化学療法剤《複数》 が _投与_される--【・*と一緒に |*←_その他の__薬_《複数》 』】┏┓。    しかし、〈一つの〉顕著な問題点{ ∬((する)場合の)}¨ ⌒〔 ∬=解釈する_【・*を |*←¨結果《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←これらの_研究《複数》_ 】━━_は ¨『 』(右記)¨ということである『_心臓`毒性_ は _首尾一貫`的_には 定義されていない 』 】┏┓。

それ《=『 』ということ(右記)》━━は 立証されている……【・=『_アントラサイクリン系`化学療法剤_《複数》、と、trastuzumab_は 持つ_【・*を |*←相乗的_影響_《複数》{☆への}¨ ⌒〔 ☆←_心臓_機能不全--【 ∬ (された)場合に∬=同時に_投与_された 】 』 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←〈一件の〉_フェーズ_3__臨床試験_{☆による}¨ ⌒〔 ☆← Slamon et al.】━━、New York Heart Association (NYHA) III/IV の 心不全 が 観察された--【・*に於いて |*← 16%の¨患者さん《複数》{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=治療された--【・*により |*← trastuzumab + _同時`実施の__アントラサイクリン系`化学療法剤_/ cyclophosphamide《 _アントラサイクリン系`化学療法剤_/ cyclophosphamide だ けの場合、3% 》 】┏┓。    〈一つの〉_同様_な傾向 が 報告された--【・*から |*←〈一件の〉_研究_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==_示した_【・『 』ということを… |『〈その〉_発症`頻度_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_うっ血性`心不全_《 NYHA III/IV 》 、又は、 _心臓_系 の 原因による 死亡 】━━_は ¨※¨であった 【・※← より大きい_--〔・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==受けた_【・*を |*←_同時`実施の_¨治療{☆による}¨ ⌒〔 ☆← doxorubicin / cyclophosphamide / paclitaxel / trastuzumab《 4。1% 》 】--【・*の場合よりも |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==受けなかった_【・*を |*← trastuzumab--【・*として |*←¨一部{☆の}¨ ⌒〔 ☆←彼らの_治療__レジメン_《 0。8% 》 】 』 】┏┓。

¨併用{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_アントラサイクリン系`化学療法剤_《複数》、と、paclitaxel 】━━ は 、また、報告されて在る_【 ∬ (する)と | ∬=もたらす_【・*を |*←〈一つの〉 より高頻度の_心臓`毒性_ 】、--【『 』であるが…|『このこと は ¨※¨ではない 【・※←〈一つの〉_首尾一貫`的_ な _知見_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_臨床試験_《複数》_ 』】┏┓。    例えば、〈一件の〉_ランダム化__研究_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_】━━ は 報告した_【・*を |*←〈一つの〉 より高頻度の_うっ血性`心不全_《 NYHA II/III/IV 》--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=治療された--【・*により |*←_同時`実施の_doxorubicin + paclitaxel 】--【・*よりも |*←¨患者さん《複数》{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=治療された--【・*により |*← doxorubicin + cyclophosphamide 】、--【『 』であるが…|『〈その〉_結果《複数》__は ¨※¨ではなかった 【・※←_統計的に__有意_《 それぞれ 3%1% : P = 0。62 》】┏┓。    --【・*の段階で |*←〈一つの〉_累積的_doxorubicin_用量_180 mg/m2 】━━、¨患者さん《複数》{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=治療された--【・*により |*← paclitaxel 】━━_は 持った_【・*を |*←〈一つの〉 より大きな¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_心臓`毒性_--【・*よりも |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==受けなかった_【・*を |*← paclitaxel 《 危険率 2。5 》 】┏┓。    対照的に、--【・*に於いて… |*←〈一件の〉_後ろ向き`方式_¨分析{☆の}¨ ⌒〔 ☆← 657 名の患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_進行期`乳がん_】━━、_併用__治療_{☆による}¨ ⌒〔 ☆← doxorubicin、と、paclitaxel 】━━ は 伴った_【・*を |*←〈一つの〉_心臓_系 リスク{§(の性質の)}¨ ⌒〔 §←同様--【・*に |*←_アントラサイクリン系`化学療法剤__単剤`治療_ 】--【・最大限*まで |*←〈一つの〉_アントラサイクリン系`化学療法剤__累積的__用量_340 〜 380 mg/m2 】┏┓。    _更なる__研究_ が 従って、 必要とされる--【 ∬ (する)ことのために | ∬=_決める_【・*を |*←[『 』(→右記)であるか否か… |『 〈その〉¨追加{☆の}{★への}¨ ⌒〔 ☆← paclitaxel ⌒〔 ★←〈一つの〉_アントラサイクリン系`化学療法剤__レジメン_】━━ が 実際に 増加させる_【・*を |*←〈その〉¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_心臓`毒性_ 』(か否か)】┏┓。    しかし、〈その〉 paclitaxel / doxorubicin_研究《複数》_ は 実際に _示す_【・*を |*←〈一つの〉強度の 実施順序 依存性--【・*のために |*←このリスク 】┏┓。    このこと は ¨ ∬ ¨(する)ことの可能性がある 【 ∬=¨※¨による【・※←〈その〉キャリアである cremophor EL { ∬ (される)}¨ ⌒〔 ∬=使用される--【・*に於いて |*← paclitaxel の 調製 】┏┓。     ∬ (する)こと | ∬=_投与_する_【・*を |*← paclitaxel--【・*の前に |*← doxorubicin ━━ は もたらす_【・*を |*← より高い血中_レベル_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_アントラサイクリン系`化学療法剤_--【・*と比較して |*←〈その〉反対の _投与_順序】、《[ この]順序 が 従って、 ¨※¨となって在る【・※←〈その〉_標準的__臨床`実地_ 》 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacist )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= June 2, 2009 )
「英文原題」=Co-administration of Additional Agents

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_患者さん_に関連したリスク_要因_

年齢

本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

加齢 は 引き続き¨※¨である 【※←¨一つ{☆の}¨ ⌒〔 ☆←    〈その〉単一の 最大のリスク_要因_《複数》{☆への}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_】、、《約 50%の_乳がん_が¨ ∬ ¨して…| ∬=起きて--【・*に於いて |*← 61 歳以上の女性《複数》 》 】┏┓。    高齢 は 、また、¨ ∬ ¨(する)ようである 【 ∬=¨※¨である 【・※←〈一つの〉リスク_要因_{☆への}¨ ⌒〔 ☆←発症{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_アントラサイクリン系`化学療法剤_−_誘発の__心筋障害_ 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←初期の_後ろ向き`方式__分析_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉記録《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆← 4018 名の患者さん《複数》{☆を有する}{ ¶ ところの#←}¨ ⌒〔 ☆← がん 《 平均年齢 49 歳 》⌒〔 ←#¶==受けていた_【・*を |*← doxorubicin 】】━━、〈一つの〉着実な 増加{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆← ∬ (する)こと | ∬=発症する_【・*を |*←_アントラサイクリン系`化学療法剤_−_誘発の__うっ血性`心不全_ 】━━ が 観察された--【・*に伴い |*←増加する年齢 】┏┓。    これらの_知見_《複数》 は 確認されて在る--【・*により |*← より_最近_ の _後ろ向き`方式__データ_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==_示す--【・▽が¨ ∬ ¨であると||▽←年齢| ∬=¨※¨である 【・※←〈一つの〉重要な リスク_要因_{☆への}¨ ⌒〔 ☆← doxorubicin −関連__うっ血性`心不全_--【・*の後に |*←〈一つの〉_累積的__用量_400 mg/m2 】、、《 より_年配_ の _患者さん《複数》_《 65 歳超 》が¨ ∬ ¨して…| ∬= 2。25 倍_うっ血性`心不全_を経験しやすい--【・*と比較して |*← より_若年_ の _患者さん《複数》_《 65 歳未満 》 】┏┓。

〈一つの〉増加{☆に於ける}{★に伴う}{▼の後の}¨ ⌒〔 ☆←_心臓__毒性_への_被`影響性_⌒〔 ★←加齢⌒〔 ▼←¨治療{☆による}¨ ⌒〔 ☆← epirubicin 】 ━━ は 立証された--【・*に於いて |*←〈一件の〉_前向き方式__研究_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← 120 名の患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_進行期`乳がん_ 】┏┓。    50 歳超の¨患者さん《複数》{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=治療された--【・*により |*←〈一つの〉高い_累積的__用量_ での epirubicin《 1000 mg/m2 》 】━━_は 持った_【・*を |*←〈一つの〉 68% の _保険数理学的な_¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆← ∬ (する)こと | ∬=発症する_【・*を |*←〈一つの〉_重症の_《 _ベースライン_から 25%超 の _左室`駆出率《 LVEF 》_の低下 》 --【・*と比較して |*← 36% の 50 歳未満の_患者さん《複数》_ 】┏┓。    --【・*に於いて… |*← 50 歳超 の _患者さん《複数》_】━━、〈その〉大部分《 68% 》 の _心臓_イベント《複数》 は 起きた--【・*に於いて(時期) |*←_アントラサイクリン系`化学療法剤__治療_後 の 期間】--【・*を伴って |*←〈一つの〉_中央値での_発現 3 〜 4 ヶ月後 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacist )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= June 2, 2009 )
「英文原題」=Age

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

既存の_心臓`血管`系_の_病気/心臓__リスク`要因

本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

--【・*の時点で… |*←_診断_】━━、〈一つの〉_実体的な_数の¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_】━━_は ¨※¨である 【・※←_有意_なリスクにある--【 ∬ (する)ことの | ∬=発症する_【・*を |*←_心臓`血管`系_の_病気_ 】--【・*の理由から |*←年齢 、及び、 _その他の_重要な_心臓__リスク`要因_《複数》{☆のような}¨ ⌒〔 ☆←高血圧、 糖尿病 、及び、 肥満】━━、そして、これらのこと は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=不利に影響する_【・*に |*←_生存_ 】┏┓。    〈その〉¨¨存在{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉_心臓__リスク`要因_】━━ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=_増加させる_【・*を |*←〈その〉可能性{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_治療_−関連_ の _心臓_イベント】、--【『 』であるように…|『示唆された--【・*により |*←〈一つの〉初期の _後ろ向き`方式__研究_ 』】┏┓。    〈その〉可能性{ ∬ (する)ことの}¨ ⌒〔 ∬=発症する_【・*を |*← doxorubicin −_誘発の__うっ血性`心不全_ 】━━_は ¨※¨であった 【・※← より高い_--〔・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←以前からの_心臓_病 、又は、 高血圧】、--【『 』であるが…|『このこと_は ¨※¨ではなかった 【・※←_統計的に__有意_ 』】┏┓。

70 kg 以上の 体重も、また、見出されて在る【・※であると|※←〈一つの〉_予後`因子_{☆への}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_心臓`毒性_⌒〔 ★←¨患者さん《複数》{☆を有する}{ ¶ ところの#←}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_⌒〔 ←#¶==受けつつある_【・*を |*← doxorubicin 】┏┓。    〈一つの〉上昇した BMI 値《 27 kg / m2 》━━ が 見出されて在る_【 ∬ (する)と | ∬=_有意_に 関連する_【・*に |*←〈その〉発症{☆の}{★の後の}¨ ⌒〔 ☆←_左心室`機能`不全_⌒〔 ★←_補助療法_としての epirubicin −ベース_化学療法_--【・*に於いて |*←_早期‐乳がん_患者さん《複数》_ 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←_この研究_】━━、_左心室`機能`不全_ は 起きた--【・*に於いて |*← 0。9%の_患者さん__人口集団_{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉 BMI 27 kg / m2 未満--【・*と比較して |*← 1。8%の¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉 BMI 27 kg / m2 以上 】┏┓。    --【・*と同時に… |*← ∬ (する)こと | ∬=持つ_【・*を |*←〈一つの〉_一般的に評価されたリスク{☆への}¨ ⌒〔 ☆←_心臓`血管`系_疾患 ━━、過重`体重 、又は、 肥満の_患者さん《複数》_ は 受ける_【・*を |*←比率的に より大きな_用量_ の _アントラサイクリン系`化学療法剤_《複数》--【・*と比較して |*←平均的な 体重の_患者さん《複数》_《 mg/m2 ベースで計算した場合 》】━━、そして、このこと は ¨ ∬ ¨(する)ことの可能性がある 【 ∬=もたらす_【・*を |*←増加した _急性__心`機能`不全_ 】┏┓。

しかし、全ての公刊された_データ_ が 報告しているわけではない_【・*を |*←〈一つの〉プラスの関連性{☆の間の}¨ ⌒〔 ☆←_心臓__リスク`要因_《複数》、と、増加した_心臓`毒性_ 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←〈一件の〉¨¨研究{☆の}¨ ⌒〔 ☆← 105 名の患者さん《複数》{☆を有する}{ ¶ ところの#←}¨ ⌒〔 ☆←_進行期`乳がん_⌒〔 ←#¶ =受けた_【・*を |*←〈一つの〉 epirubicin / paclitaxel −含有__レジメン_ 】】〓〓、〈その〉_累積的_確率{ ∬ (する)ことの}¨ ⌒〔 ∬=発症する_【・*を |*←_うっ血性`心不全_ 】〓〓 は 見出された【・※であると|※←同様である_--〔・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する 、又は、 有しない}¨ ⌒〔 ☆←少なくとも 1 つの既存の_心臓`血管`系__リスク`要因__--〔・*まで |*←_累積的_epirubicin_用量_990 mg/m2 《 _累積的_リスク 10%12% 》 】┏┓。

(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacist )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= June 2, 2009 )
「英文原題」=Preexisting Cardiovascular Disease or Cardiac Risk Factors

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

性別が女性

本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

女性の性別_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉独立した_リスク`要因_{☆への}¨ ⌒〔 ☆←_心臓_異常《複数》{☆の後の}¨ ⌒〔 ☆←¨治療{☆による}{★のための}¨ ⌒〔 ☆← doxorubicin ⌒〔 ★←小児 がん 】┏┓。    しかし、初期_研究《複数》_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← doxorubicin −_誘発の__心臓__毒性_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←成人¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←さまざまな がん 《複数》{☆を含む}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_】〓〓 は _報告した_【・『 』ということを… |『性別 は ¨ ∬ ¨しなかった 【 ∬=影響する (の否定)--【・*に |*←〈その〉程度{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_心内膜`心筋_障害 』 】┏┓。    更に、--【・*に於いて… |*←〈一件の〉_研究_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← 141 名の成人¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =以前に受けたことがある_【・*を |*← doxorubicin −ベース の _化学療法_--【・*のために |*←_リンパ腫_ 】】〓〓、_多変量`解析_ が _示した_【・*を |*←〈一つの〉_有意_な 関連性{☆の間の}¨ ⌒〔 ☆←男性の性別、と、_左心室`機能`不全_ 】┏┓。    論争 が 、そのようなわけで、残ったままになっている--【・*について |*←[『 』(→右記)であるか否か… |『 女性の性別  が 受けやすくさせる--【・*に § を ||*←〈その〉_患者さん_| § ←〈一つの〉 より大きな¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_心臓__毒性_』(か否か)] 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacist )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= June 2, 2009 )
「英文原題」=Female Sex

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_アントラサイクリンの_心臓__毒性_低下への_戦略_


概観


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

いくつかの_戦略_《複数》 が 採用される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=低下させる_【・*を |*←〈その〉_発症`頻度_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_アントラサイクリン系`化学療法剤_−に伴う_心臓`血管`系__合併症_《複数》 】┏┓。    これらの_戦略_《複数》 は 含む_【・*を |*←■_ ∬ (する)こと | ∬=スクリーニングする_【・*を |*←_患者さん_−関連_ 、及び、 _治療_−関連_ の _心臓__リスク`要因_《複数》 ■_ ∬ (する)こと | ∬=調整する_【・*を |*←〈その〉スケジュール{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_アントラサイクリン系`化学療法剤__投与_】 ■_注意深いモニタリング{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_心臓_系 異常《複数》】■_ ∬ (する)こと | ∬=採用する_【・*を |*←〈一つの〉_代替的な__戦略_{☆のような}¨ ⌒〔 ☆←リポソーム_剤型_ ■__選択_する_【・*を |*←〈一つの〉_化学療法__レジメン_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =含まない_【・*を |*←_アントラサイクリン系`化学療法剤_ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacist )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= June 2, 2009 )
「英文原題」=Strategies to Reduce the Cardiotoxicity of Anthracyclines

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

リスク`要因_スクリーニング、_心臓イベント予防


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

それ《=『 』ということ(右記)》〓〓が 勧められる……【・=『_患者さん《複数》_ が 評価される--【・*について |*←既存の _心臓__リスク`要因_《複数》《 Table 3 》--【 ∬ (する)ことの前に | ∬=開始する_【・*を |*←¨治療{☆による}¨ ⌒〔 ☆←_アントラサイクリン系`化学療法剤_《複数》 】 』

Table 3 : _アントラサイクリン系`化学療法剤_−_誘発の__心臓__毒性_への_リスク`要因_

_治療_関連

_患者さん_関連


--【・*から類推して… |*←_その他の__心臓__傷害_《複数》】〓〓、〈その〉¨使用{☆の}{★の段階での}¨ ⌒〔 ☆← ACE 抑制薬《複数》、や、ベータブロッカー《複数》⌒〔 ★←_病気_の_早期__ステージ_】〓〓 は _示す_【・*を |*←増加した_有効性_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉¨予防{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_有害`心臓系`事象_《複数》 】┏┓。    ¨※¨が 存在する 【・※←証拠{=『 』という(右記)}¨=『事前_治療_ が ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=防止する_【・*を |*←〈その〉_駆出率_低下{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =見られる--【・*により |*←_高用量`化学療法_ 】 』 】┏┓。    ¨¨〈その〉_長期的__有効性_ 、及び、 _忍容性_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←この_戦略_】〓〓 は ¨※¨に値する【・※←_臨床試験_ での テスト 】┏┓。    しかし、それ《=『 』ということ(右記)》〓〓は 覚えておくべきである……【・=『 ACE 抑制薬《複数》 、及び、 ベータ・ブロッカー《複数》 は _予防_しない_【・*を |*←_筋`細胞_のアポトーシス《 〈その〉基礎にあるメカニズム{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_アントラサイクリン系`化学療法剤__毒性_ 》】__ : __これらの_薬_《複数》 は 単に _改善_している_【・*を |*←〈その〉心臓の 補償メカニズム《複数》】〓〓、そして、そのようなわけで、これらの_薬_ は ¨ ∬ ¨(される)べきでない 【 ∬=見なされる (の否定)【・※であると|※←〈一つの〉解毒剤】、、《 可能にさせて_【・*を |*← より高い_用量_の_アントラサイクリン系`化学療法剤_ の _投与_ 》 】┏┓。    適当な場合には、 _患者さん《複数》_ は 、また、¨ ∬ ¨(される)べきである 【 ∬=アドバイスされる--【・*について |*←方法《複数》{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=低下させる_【・*を |*←彼らの_心臓_リスク--【・*を通じて |*←禁煙、 脂質・血圧 引き下げ、 運動`増加 、及び、 体重`引き下げ 】┏┓。

(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacist )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= June 2, 2009 )
「英文原題」=Screening for Risk Factors and Prevention of Cardiac Events

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

用量制限、_投与_スケジュール調整


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

〈その〉¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_アントラサイクリン系`化学療法剤__心臓`毒性_】〓〓 は ¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=最小化される--【 ∬ (する)ことにより | ∬=保つ_【・*を |*←〈その〉一生の間での 総`累積_用量_--【・*以内に |*←推奨 限界_用量_ 】┏┓。    それ《=『 』ということ(右記)》〓〓が _一般的に 推奨されている……【・=『〈その〉一生の間の 累積_用量_は¨ ∬ ¨(である)べきである 【 ∬=¨※¨である 【・※← doxorubicin で 550 mg/m2 未満、 epirubicin で 900 mg/m2 未満 』 】┏┓。    しかし、このアプローチ は ¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=もたらす_【・*を |*←_アントラサイクリン系`化学療法剤_の_投与_の中止--【・*に |*←いくらかの¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =得られる可能性がある_【・*を |*←_更なる__利益_{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←_治療_ 】┏┓。

--【・*に加えて… |*←_累積的__用量_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_アントラサイクリン系`化学療法剤_《複数》】〓〓、それ《=『 』ということ(右記)》〓〓 が 提唱されて在る……【・=『曝露{☆への}¨ ⌒〔 ☆←ピーク濃度《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_アントラサイクリン系`化学療法剤_《複数》】〓〓 が ¨ ∬ ¨(である)ようである 【 ∬=¨※¨である 【・※←〈一つの〉重要な_要因_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_病因論_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_アントラサイクリン系`化学療法剤__心臓`毒性_ 』 】┏┓。    --【『 』であることから…| ∬ (する)こと | ∬=変更する_【・*を |*←ボーラス_注射_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_アントラサイクリン系`化学療法剤_--【・*へ |*←長時間`点滴  が 報告されて在る【・※であると|※← より_低__毒性_ 』】〓〓、それ《=『 』ということ(右記)》〓〓 が 提唱されて在る……【・=『〈一つの〉_潜在的__戦略_{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=減少させる_【・*を |*←〈その〉¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_アントラサイクリン系`化学療法剤_−_誘発の__心臓`毒性_ 】〓〓_は ¨※¨である 【・※←点滴{☆にわたる}¨ ⌒〔 ☆←数時間 』 】┏┓。     ∬ (する)こと | ∬=置き換える_【・*を |*←ボーラス_投与_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_アントラサイクリン系`化学療法剤_--【・*により |*←遅い点滴 〓〓 は 、しかし、引き続き¨※¨である 【※←_論争的_ 】┏┓。    _現行の_良好な_臨床`実地__は ∬ (する)ことである 【 ∬=実施する_【・*を |*←〈一つの〉ボーラス--【・*を通して |*←〈一つの〉高速に流れる生理食塩水`点滴 】--【・*の理由から |*←〈その〉増加した¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_血管外`漏出_/組織壊死{☆による}¨ ⌒〔 ☆←_皮膚`強刺激性`物質《複数》 】┏┓。    --【 ∬ (する)ことのために …| ∬=点滴する_【・*を |*←_アントラサイクリン系`化学療法剤_--【・*で(時間) |*← 24 時間超 】〓〓、¨※¨が 存在する 【・※←〈その〉_潜在性{ ∬ (する)ことの}¨ ⌒〔 ∬=使用する_【・*を |*←小さな点滴器具《複数》--【・*を通して |*←〈一つの〉_中心`輸液`ライン_ 】┏┓。    このこと は ¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=低下させる_【・*を |*←〈その〉¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_血管外`漏出_】〓〓、しかし、それ は ¨ ∬ ¨(する)ことの可能性がある 【 ∬=_潜在的_に _増加させる_【・*を |*←〈その〉¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_感染症_、 _化学療法_コスト、 ラインを準備したり、_毎週 1 回 洗浄するための 看護時間 】┏┓。    追加的なコスト《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_治療__手順_ 、及び、 胸部 X −線《 ラインの位置の確認用 》】〓〓 は 、また、¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=考慮の必要がある 】┏┓。    加えるに、いくつかのライン《複数》 は ¨ ∬ ¨しない 【 ∬=「_血液_バックする」 (の否定)】__ : __従って、 このこと は ¨ ∬ ¨(である)であろう 【 ∬=¨※¨である 【・※←大きな懸念事項--【 ∬ (する)場合に∬=チェックする_【・*を |*←ラインの位置--【・*の前に |*←_アントラサイクリン系`化学療法剤__投与_ 】┏┓。    全体として、 従って、 大部分のケースで、 長時間 での 点滴《複数》 は 推奨されない--【・*として |*←〈一つの〉_戦略_{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=低下させる_【・*を |*←_アントラサイクリン系`化学療法剤_−随伴の__心臓`毒性_ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacist )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= June 2, 2009 )
「英文原題」=Dose Limitation and Schedule Modification

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

モニタリング


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_活性的_ な モニタリング{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_患者さん_ の _心臓__機能_】〓〓 が ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=助ける_【 ∬ (する)ことを | ∬=■_ガイドする_【・*を |*←〈その〉_最適な__化学療法_実施 】|-そして-|■_最小化する_【・*を |*←_累積的__心臓`毒性_】、--【 ∬ (する)一方で∬=維持する_【・*を |*←_抗−腫瘍__有効性_ 】┏┓。    一連の技術《複数》_が ¨※¨である 【・※←使用可能】、--【・*を含めて |*←¨使用{☆の}¨ ⌒〔 ☆←生検】画像検査《複数》《 より_最近_では 》開発_【・*を |*←_特定的な_マーカー《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_心臓_傷害 】┏┓。

以降、以下のような項目で説明されています。詳細 は 原文をお読みください。



(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacist )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= June 2, 2009 )
「英文原題」=Monitoring of Anthracycline-induced Cardiotoxicity

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

代替的_アントラサイクリン系`化学療法剤


リポゾーム化_アントラサイクリン系`化学療法剤

本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_リポゾーム化_ _アントラサイクリン系`化学療法剤__剤型_《複数》 は 開発されて在る--【 ∬ (する)ことのために | ∬=_増加させる_【・*を |*←〈その〉_治療係数_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←遊離_アントラサイクリン系`化学療法剤_《複数》 】┏┓。    〈その〉カプセル化{☆の}{★の中への}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉_細胞`毒性`的__治療薬_⌒〔 ★←〈一つの〉大分子ベクター{☆のような}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉_リポゾーム】〓〓 は _有意_に低下させる_【・*を |*←それの_分布`容積_】、《 減少させて_【・*を |*←■_それの分散】|-そしてその結果-|■_健常組織への_毒性_ 》--【 ∬ (する)一方で∬=増加させる_【・*を |*←〈その〉濃度{☆の内部での}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉 がん 組織 】┏┓。    ¨※¨が 存在する 【・※← 2 つの_剤型_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_リポゾーム化__アントラサイクリン系`化学療法剤_《複数》】__ : __非−ペギル化 、及び、 ペギル化┏┓。    数件の_臨床試験_《複数》_ が _調べて在る_【・*を |*←〈その〉¨有効性{☆の}¨ ⌒〔 ☆←これらの_剤型_の doxorubicin 】〓〓、そして、_示して在る_--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←これらの_剤型_《複数》| ∬=持つ_【・*を |*←_同様_ な _有効性_--【・*を伴って |*← より少ない_心臓`毒性_--【・*と比較して |*←遊離の doxorubicin 】┏┓。

--【・*に於いて… |*←〈一件の〉_フェーズ_3_¨¨_臨床試験_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← 509 名の患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_】〓〓、ペギル化_リポゾーム化_doxorubicin 50 mg/m2 《 4 週間に 1 回 》 は 提供した_【・*を |*←_比肩`可能的__有効性_《 _中央値での__進行無し`生存_期間 6。9 ヶ月間7。8 ヶ月間 》--【・*と比較して |*←遊離の doxorubicin 60 mg/m2 《 3 週間に 1 回 》】、--【・*を伴って |*←_有意_に低下した_心臓`毒性_《 4%19% 》 】┏┓。    ¨※¨が 存在した 【・※← より少ない¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_心臓`毒性_ の 発症--【・*により |*←ペギル化_リポゾーム化_doxorubicin--【・*よりも |*← doxorubicin--【・*に於いて |*←全ての_分析_されたサブグループ《複数》】--【・*を含めて |*←サブグループ《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←増加した_心臓_リスク《 65 歳以上、 以前 の _補助療法__アントラサイクリン系`化学療法剤_経験、 _心臓__リスク`要因_《複数》 》 】┏┓。    ペギル化_リポゾーム化_doxorubicin は 、しかし、¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=■_蓄積する--【・*の中に |*←〈その〉皮膚】|-そして-|■_伴う_【・*を |*←_Palmar - plantar 紅斑症《 PPE 》_《 _手足`症候群_ 》 】┏┓。
◆◆◆◆◆編集メモ:ここまで一旦投稿済み◆◆◆◆◆--

2 件の_ランダム化__フェーズ_3__臨床試験_《複数》_ が _示して在る_【・『 』ということを… |『_非−ペギル化リポゾーム化 doxorubicin_は ¨※¨であった 【・※←_有意_に より_低__毒性__--〔・*よりも |*←_伝統的_doxorubicin--【・*に於いて |*←〈その〉_第一線`治療_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_】、--【 ∬ (する)一方で∬=提供する_【・*を |*←_比肩`可能的_な_抗−腫瘍__活性_ 】 』 】┏┓。    加えるに、¨※¨が 存在した 【・※←〈一つの〉傾向{☆への}¨ ⌒〔 ☆←_低__毒性_--【・*に於いて |*←〈その〉_非−ペギル化リポゾーム化 doxorubicin_グループ_】、--【・*を伴って |*← より少ない_グレード3_ 、又は、 4の_下痢_ 、及び、 _吐き気_/_嘔吐_ 、及び、  より少ないグレード 4 の_好中球`減少症_ 】┏┓。    _Palmar - plantar 紅斑症《 PPE 》_《 _手足`症候群__は ¨※¨であった 【・※←〈一つの〉稀な_副作用_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_非−ペギル化リポゾーム化 doxorubicin 】、、《 起きて--【・*に於いて |*← 0。5%未満の_患者さん《複数》_--【・*に於いて |*←〈その〉 2 件の_フェーズ_3__研究《複数》_ 》 】┏┓。

〈その〉¨結果《複数》{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←〈一件の〉_後ろ向き`方式__分析_《 --【・*に基づき |*←_データ_{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉 2 件の_ランダム化__臨床試験_《複数》_ 》〓〓 は _示唆する_【・『 』ということを… |『¨患者さん《複数》{☆を有する}{ ¶ ところの#←}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_⌒〔 ←#¶ =_再発_する--【・*の 6 ヶ月間超 後に |*←_アントラサイクリン系`化学療法剤__治療_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_補助療法__状況設定_ 】〓〓 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=_反応_する_【・*に |*←_アントラサイクリン系`化学療法剤_−ベース_治療_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_転移性_ の _病気_ 』 】┏┓。    加えるに、¨※¨が 存在する 可能性がある 【・※← より大きな_利益__--〔・*から |*←_非−ペギル化_リポゾーム化_doxorubicin--【・*よりも |*←遊離の doxorubicin--【・*に於いて |*←〈その〉_第一線`治療_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←これらの_患者さん《複数》_ 】、--【『 』であるように…|『示された--【・*により |*←■_〈一つの〉_有意_に より高い_全体的`奏効率_《 31%11% 》|-そして-|■_〈一つの〉_有意_に 伸長された_治療挫折まで`期間_《 _中央値で 4。2 ヶ月間2。1 ヶ月間 》】┏┓。    _知見_《複数》{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←〈一件の〉_メタ分析_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =比較した_【・*を |*←_非−ペギル化_リポゾーム化_doxorubicin--【・*と(比較対象) |*←遊離の doxorubicin 】〓〓 が 、また、_示した_【・*を |*←〈一つの〉_統計的に__有意_ な  より_低_い率{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_臨床的_ 、及び、 _臨床的_/_不顕性の_ 心不全--【・*により |*←_非−ペギル化_リポゾーム化_doxorubicin 】┏┓。
◆◆◆◆◆編集メモ:ここまで一旦投稿ずみ◆◆◆◆◆--

--【・*に於いて… |*←〈一件の〉比較_臨床試験_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← 160 名 の _アントラサイクリン系`化学療法剤__未経験__転移性`乳がん__患者さん《複数》_】〓〓、※の両方 |※←_非−ペギル化_リポゾーム化_doxorubicin 、及び、 epirubicin 〓〓_は 持った_【・*を |*←比較的に_低_率 の _心臓`毒性_--【・*に於いて |*←〈一つの〉最大 累積_用量_600 mg/m2 】┏┓。    _非−ペギル化_リポゾーム化_doxorubicin_は 、また、¨※¨であった 【・※← より優れる_--〔・*よりも |*← epirubicin_--〔・*の点で |*←_中央値での__治療挫折まで`期間_《 5。7 ヶ月間4。4 ヶ月間 》 、及び、 _中央値での__病気`進行`まで`期間_《 7。7 ヶ月間5。6 ヶ月間 》 】┏┓。

--【・*に基づき… |*←上記の_データ_】〓〓、_リポゾーム化_doxorubicin は ¨ ∬ ¨(される)べきである 【 ∬=考慮される--【・*として |*←〈一つの〉_治療__選択肢_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}{ ¶ ところの#←}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_⌒〔 ←#¶ =¨※¨の状態である 【・※←_心臓_リスク 】┏┓。    更に、_非−ペギル化_リポゾーム化_doxorubicin は ¨ ∬ ¨(する)と考えられる 【 ∬=持つ_【・*を |*←_有効性_ 、及び、 _心臓__毒性_上の利点《複数》--【・*よりも |*←フリーの doxorubicin--【・*のために |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =_補助療法_で_治療_される--【・*により |*←_アントラサイクリン系`化学療法剤_ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacist )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= June 2, 2009 )
「英文原題」=Liposomal Anthracyclines

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

鉄キレート_薬_


(グループ・テーマ=Topics 3 資料 C=心臓リスクのある_進行期`乳がん__患者さん_ での _アントラサイクリン化療剤使用 ≫ アントラサイクリンの_心臓__毒性_低下への_戦略 ≫ 代替的_アントラサイクリン系`化学療法剤_ ≫ 鉄キレート剤_)_《項目全体を一応まとめたので、次はチェック→ファイル組込み、暫定HTML化実施のこと》_

本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

dexrazoxane _は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉鉄−キレート_薬_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =¨ ∬ ¨(する)と考えられている 【 ∬=減少させる_【・*を |*←〈その〉_心臓`毒性_的な_効果{☆の}¨ ⌒〔 ☆← doxorubicin--【 ∬ (する)ことにより | ∬=ブロックする_【・*を |*←〈その〉フリーラジカルの生成 】┏┓。    --【『 』であるが…|『それの_利益_《複数》{☆に対する}¨ ⌒〔 ☆←遅発性の _心筋障害_】〓〓 は 引き続き¨※¨である 【※←未知 』】〓〓、それ は 知られている_【 ∬ (する)ことが | ∬=減少させる_【・*を |*←〈その〉直ちの_心臓`毒性_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← doxorubicin 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←〈一件の〉_最近_ の _メタ分析_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← 6 件の_ランダム化__比較`臨床試験_《複数》】〓〓、《 それらの大多数 は 組込んだ_【・*を |*←成人¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_進行期`乳がん_ 》、dexrazoxane  は 見出された_【 ∬ (する)ことが | ∬=_予防_する_【・*を |*←心臓ダメージ 】__ : __しかし、それ《=『 』ということ(右記)》〓〓が 示唆された……【・=『¨患者さん《複数》{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=治療された--【・*により |*← dexrazoxane 】〓〓 は ¨ ∬ ¨(する)ことの可能性がある 【 ∬=持つ_【・*を |*←〈一つの〉 より_低_い_抗−腫瘍__奏効率_{☆への}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_アントラサイクリン系`化学療法剤_による治療 』 】┏┓。    そのようなわけで、--【『 』であるが…|『 dexrazoxane  は ¨ ∬ ¨(される)ことの可能性がある 【 ∬=考慮される--【・*として |*←〈一つの〉_潜在的__戦略_{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=低下させる_【・*を |*←_アントラサイクリン系`化学療法剤__心臓`毒性_ 】 』】〓〓、それの使用 は ¨ ∬ ¨(される)べきである 【 ∬=考量される--【・*に対して |*←〈その〉可能的な¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉 より_低_い_奏効率_ 、及び、 コスト増加 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacist )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= June 2, 2009 )
「英文原題」=Iron-chelating Agents

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_アントラサイクリンを含まない_化学療法__レジメン_


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

一つの_戦略_{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=低下させる_【・*を |*←_アントラサイクリン系`化学療法剤_に伴う_心臓`毒性_ 】〓〓_は 単純に ∬ (しない)ことである 【 ∬=使用しない_【・*を |*←〈一つの〉_アントラサイクリン系`化学療法剤_ 】┏┓。    --【『 』であるが…|『クラスとしてのタキサン系化学療法剤《複数》 は 知られている_【 ∬ (する)ことが | ∬=持つ_【・*を |*←〈一つの〉_潜在的__心臓`毒性_リスク 】 』】〓〓、〈一件の〉_研究_{ ∬ ((を)した)}¨ ⌒〔 ∬=比較した_【・*を |*← doxorubicin / cyclophosphamide--【・*と(比較対象) |*← docetaxel / cyclophosphamide 】〓〓 は _示して在る_【・『 』ということを… |『_治療_{☆による}¨ ⌒〔 ☆← docetaxel 】〓〓 は もたらさなかった_【・*を |*←明確な_心臓`毒性_ 』 】┏┓。    しかし、--【『 』の一方で…|『〈一件の〉_最近_ の _メタ分析_ は _示して在る_【・『 』ということを… |『タキサン系化学療法剤《複数》_は ¨※¨である 【・※←同等_--〔・*に |*←_単剤__アントラサイクリン系`化学療法剤_《複数》--【・*の点で |*←_奏効率_《複数》 、及び、 _生存_ 』】〓〓、タキサン系化学療法剤《複数》_は ¨※¨であった 【・※←_有意_に より_低_効果_--〔・*よりも |*←_アントラサイクリン系`化学療法剤_《複数》_--〔・*の点で |*←_進行無し`生存_ 】┏┓。    そのようなわけで、〈その〉_選択_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉 より_低__心臓`毒性_的な_薬_《 _アントラサイクリン系`化学療法剤_よりも 》】〓〓 は ¨ ∬ ¨(される)べきである 【 ∬=バランスを取られる--【・*に対して |*←■_〈一つの〉_潜在的_ な _有効性_低下】|-そして-|■_〈その〉_全体的__毒性`プロフィール_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉 2 つの_薬_《複数》 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacist )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= June 2, 2009 )
「英文原題」=Chemotherapy Regimens Which do not Include an Anthracycline

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

心臓イベントの_治療


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_心臓`毒性_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =起きる--【■_・*の間に |*←_アントラサイクリン系`化学療法剤_による治療 -又は-■_・*の後の最初の 1 年間に |*←_アントラサイクリン系`化学療法剤_による治療 の 完了】〓〓 は しばしば 現れる--【・*として |*←不整脈《複数》{☆のような}¨ ⌒〔 ☆←心房細動 、又は、 心膜炎 】┏┓。    これら は ¨ ∬ ¨(される)べきである 【 ∬=十分に評価される、そして、_治療_される--【・*に従って |*←_標準的__ガイドライン_《複数》《 このこと は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=含む_【・*を |*←〈その〉¨使用{☆の}¨ ⌒〔 ☆←心拍数 、又は、 周期−修正_薬_《複数》 、及び、 抗血栓薬《複数》 》 】┏┓。    ¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_症状_性_うっ血性`心不全_】〓〓 は ¨ ∬ ¨(する)べきである 【 ∬=受ける_【・*を |*← ACE 抑制薬《複数》 、及び、 ベータブロッカー/利尿剤--【『 』の場合…|『水分過負荷 が ある 』】┏┓。    それ《=『 』ということ(右記)》〓〓が 推奨される……【・=『医者《複数》 は フォローする_【・*を |*←〈その〉_ガイドライン_《複数》{☆による}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉 National Institute for Health and Clinical Excellence--【・*のために |*←¨管理{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_うっ血性`心不全_】、--【・*を伴って |*←_早期__レビュー_{☆による}¨ ⌒〔 ☆←心臓病科 』 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacist )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= June 2, 2009 )
「英文原題」=Treatment of Cardiac Events

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

結論


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_戦略_《複数》{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=予防し、_管理_する_【・*を |*←_アントラサイクリン系`化学療法剤_−_誘発の__心臓`毒性_ 】〓〓_は ¨※¨である 【・※←重要_--〔・*のために |*←全ての_進行期`乳がん__患者さん《複数》_ 】┏┓。    理想的には、これら は ¨ ∬ ¨(される)べきである 【 ∬=開始される--【・*の前に |*←_アントラサイクリン系`化学療法剤__治療_】、--【 ∬ (する)ことのために | ∬=最小化する_【・*を |*←〈その〉可能性{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_不可逆的_ な _心臓_ダメージ 】┏┓。    --【・*に加えて… |*← ∬ (する)こと | ∬=スクリーンする_【・*を |*←_患者さん《複数》_--【・*について |*←_患者さん_− 、及び、 _治療_−関連_ の _心臓`血管`系__リスク`要因_《複数》 】〓〓、_先取り的な_¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←修正可能的な _リスク`要因_《複数》】〓〓 も、また、¨ ∬ ¨(される)べきである 【 ∬=実施される《 例えば、高血圧_患者さん《複数》_ は ¨ ∬ ¨(する)べきである 【 ∬=受ける_【・*を |*←■__治療薬_{☆のような}¨ ⌒〔 ☆← ACE_抑制薬_《複数》】|-及び-|■__その他の_ライフスタイル面のアドバイス--【 ∬ (する)ことのために | ∬=低下させる_【・*を |*←血圧--【・*の前 、及び、 その途中に |*←_アントラサイクリン系`化学療法剤__治療_ 】 》 】┏┓。    _心臓__機能_ は 、また、¨ ∬ ¨(される)べきである 【 ∬=正確に評価される--【 ∬ (する)ことの前に | ∬=開始する_【・*を |*←_アントラサイクリン系`化学療法剤__治療_ 】__ : __--【・*の場合… |*←_高リスク_ の ¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←良好な_予後_】〓〓、繰り返しての評価《複数》{☆の間での 、及び、 その後の}¨ ⌒〔 ☆←_治療_】〓〓 が 、また、¨ ∬ ¨(される)べきである 【 ∬=考慮される 】┏┓。    更に、〈その〉_選択_された 評価`方法 は ¨ ∬ ¨(である)べきである 【 ∬=¨※¨である 【・※←評価`方法{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =当該センター が 熟知している 】┏┓。    一生の 累積_アントラサイクリン系`化学療法剤_投与量 は ¨ ∬ ¨(される)べきである 【 ∬=限定される--【・*の範囲内に |*←推奨`限度《複数》《 doxorubicin で 450 〜 550 mg/m2 、epirubicin で 800 〜 1,000 mg/m2 》】〓〓、そして、考慮 が なされるべきである--【 ∬ (する)ことの | ∬=使用する_【・*を |*←〈一つの〉 より_低__心臓`毒性_的 な _レジメン_《 _アントラサイクリン系`化学療法剤__治療_への 代替_レジメン_ の 採用 や _リポゾーム化_製剤 の 使用 といった 》 】┏┓。    --【・*を考慮すれば… |*←コスト 、及び、 _その他の_実際的な 考慮《複数》】〓〓、〈その〉後者の_戦略_ が ¨ ∬ ¨(である)であろう 【 ∬=¨※¨である 【・※←特に_利益_的_--〔・*に |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =■_以前に受けたことがある_【・*を |*←_アントラサイクリン系`化学療法剤_--【・*に於いて |*←_補助療法_ の _状況設定_】|-又は-|■_持つ_【・*を |*←低下した_心臓__機能_ 】〓〓--【『 』であることから…|『_非−ペギル化 _リポゾーム化_doxorubicin は ¨ ∬ ¨(する)ようである 【 ∬=持つ_【・*を |*←_有効性_ 、及び、 _心臓`毒性_面 での _利益_《複数》--【・*と比較して |*←遊離の doxorubicin--【・*に於いて |*←左記のような_患者さん《複数》_ 』】┏┓。

我々の キー推奨《複数》 は 以下の通り__ : __




(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacist )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= June 2, 2009 )
「英文原題」=Conclusions

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

資料 B=転移性 乳がん の 治療に於ける進歩(資料ご紹介の作成年月=09/12)


資料名=Medscape Hematology-Oncology(ご紹介作成年月 : '08/10)


このコーナーでは、上記の資料の内容の概略をご紹介しています。各ページには、当該ページに対応する原資料サイトのページへのリンクを設定してありますが、原資料サイト での ページ構成変更により、リンク切れとなっております場合は、本家サイトの

リンク集のページ

の、「情報の存在を ご紹介しているサイト」の項目に 当該原資料サイトへのリンクを収載しておりますので、そこからジャンプしてください。《当該原資料サイトには、当サイトでご紹介している以外にも豊富な情報が記載されておりますので、原資料サイトをご覧になることを強くお勧めします》

尚、このコーナーでご紹介しております原資料の日付は下記の通りです :

原資料更新時期=October 15, 2008 

本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

イントロダクション


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事のおおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

--【・*に於いて… |*←〈その〉 2008 年度の Breast Cancer Symposium 】━━、いくつかの興味深い¨アブストラクト《複数》{☆に関する}¨ ~~〔 ☆←¨外科的、病理学的、及び、内科的な管理{☆の}¨ ~~〔 ☆←進行期の乳がん】━━ が 発表された┃。    〈その〉ハイライト《複数》の中には¨※¨が 有った【・※←いくつかの¨プレゼン《複数》{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==¨ ∬ ¨ことの可能性がある 【 ∬=¨※¨である 【・※←意味がある--【・*に於いて |*←現行の臨床実地 】┃。    また注目すべき であったのは¨※¨であった【・※←進展中の有益な¨インプット{☆からの}{★の間 での }¨ ~~〔 ☆←聴衆メンバー《複数》~~〔 ★←〈その〉プレゼン《複数》 】┃。


(記事のおおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Hematology-Oncology)
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= October 15, 2008 )
「英文原題」=Advances in the Treatment of Metastatic Breast Cancer  Introduction

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

遠隔転移があるケース での 原発腫瘍の局所領域的な治療


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事のおおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

¨※¨が 存在する 【・※←大きな異種混交性--【・*に於いて |*←¨臨床実地{☆に関する}¨ ~~〔 ☆←¨外科的 治療介入{☆のための}¨ ~~〔 ☆←〈その〉原発の 乳房部腫瘍、及び、腋の下のリンパ節《複数》--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ~~〔 ☆←同時性の遠隔転移《複数》】━━、そして、〔何も無い( no )ランダム化 、前向き方式でのデータ 〕__ が 現在 存在している(の否定)--【 ∬ (する)ことのために | ∬=知らせる--【・*に |*←我々の治療方針決定 】┃。    いくつかの後ろ向き方式でのシリーズ が 示唆する--【・*を |*←〈一つの〉生存利益--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{ ∬ ((を)した)}¨ ~~〔 ∬=受けた--【・*を |*←外科手術、及び、放射線療法の両方 】━━、そして、¨いくつか{☆の}¨ ⌒〔 ☆←これらの研究《複数》】━━ は 耐えて在る--【・*を |*←¨テスト{☆の}¨ ⌒〔 ☆←多変量解析--【 ∬ (する)ことのために | ∬=コントロールする--【・*を |*←潜在的に混乱させる的な変数《複数》 】┏┓。    2 件の新しい¨アブストラクト《複数》{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←この主題】━━ が 提示された--【・*に於いて |*← BCS 2008 】┏┓。

Neuman and colleagues は 試みた--【 ∬ (する)ことを | ∬=明らかにする--【・*を |*←患者さん¨サブセット《複数》{ ¶ ところの}--【・*に於いて |*←〈一つの〉前向き方式で維持されたデータベース⌒〔 ¶==¨ ∬ ¨と考えられる 【 ∬=利益を得る--【・*から |*←原発腫瘍の治療 】┏┓。    〈その〉分析 は 含んだ--【・*を |*← 151 名 の¨患者さん《複数》{☆を有する}{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ☆←ステージ IV の病気⌒〔 ¶==受けた--【・*を |*←外科手術--【・*の間に |*← 2000 年〜 2003 年--【・*のために |*←彼らの原発腫瘍--【・*以内に |*←〈その〉初回の診断から 30 ヶ月間未満 】┏┓。    Kaplan-Meier カーブ《複数》 が 作成された━━、そして、Cox 回帰法 が 使用された--【 ∬ (する)ことのために | ∬=明らかにする--【・*を |*←¨因子《複数》{§(の性質の)}¨ ⌒〔 §←予後予測的--【・*について |*←生存 】┏┓。    外科手術 は 実施された--【・*に於いて |*← 61 名《 40% 》の患者さん《複数》】__ : __ステージ決めに先行して 28 名治療奏効後の局所コントロールとして、又は、限定された遠隔病態のケース 14 名緩和の目的 13 名組織採取のため 6 名 】┏┓。    局所治療 は含んだ--【・*を |*←腋の下のリンパ節郭清 34 / 61 名、及び、術後~放射線療法 14 / 61 名 】┏┓。    Cox 回帰_分析_ は 見出した_【・*を |*←_乳房部_手術 、及び、 _エストロゲン`レセプタ`陽性_ 、及び、 _HER2 −陽性_ の _病気_--【・*として |*←_予後`予測`的_--〔・*のために |*←_改善_された_生存_】__ : __内臓_転移_《複数》 は 伴った_【・*を |*←〈一つの〉 より劣った_生存_ 】┏┓。    〔何も無い( no )_利益_ 〕 が 見られた(の否定)--【・*から |*←_外科手術_--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_三重陰性_ の _病気_ 】┏┓。    --【・*と関わりなく… |*←_レセプタ_ステータス《陽性・陰性》】━━、_外科手術_ は もたらした_【・*を |*←優れた_局所_コントロール 】┏┓。

Badwe 等 は 報告した--【・*について |*←非常に_早期_ の _データ_{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←おそらく〈その〉最初の_前向き方式_、_ランダム化__臨床試験_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_局所`領域`的__治療_《 _外科手術_ + _放射線`療法_ 》_局所`領域`的__治療_無し 】┏┓。    〈その〉_研究_ は 含んだ_【・*を |*←¨患者さん《複数》{ ∬ ((を)する)}{ ¶ ところの#←}¨ ⌒〔 ∬=呈する_【・*を |*←_転移性`乳がん_ 、及び、 〈一つの〉無傷の _乳房部__原発__腫瘍_ 】⌒〔 ←#¶==全員 が 受けた_【・*を |*←_化学療法_{☆による}¨ ⌒〔 ☆← cyclophosphamide / 5-fluorouracil / epirubicin《 CEF-90_レジメン_ 》--【・*にわたり |*← 6 サイクル--【・術前に 】┏┓。    それらの_患者さん《複数》_ は 層別化された--【・*により |*←_ホルモン_レセプタ_ステータス《陽性・陰性》内臓_骨_主体 の _病気_数{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_転移_箇所《複数》】━━、そして、それらの_患者さん《複数》_ は _ランダムに振り分けられた--【・*へ |*←_局所`領域`的__治療_観察だけ 】┏┓。    --【・*の内… |*← 93 名の患者さん《複数》{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=振り分けられた--【・現在までに 】】━━、33%の_患者さん《複数》_ が _病気`進行_した--【・*以内に |*← 6 ヶ月間 】┏┓。    --【・*により… |*←■_限定されたパワー{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_研究】|-及び-|■__患者さん_組み込み が 進展中であること】━━、¨※¨は 存在して在らない 【・※←差異(否定){☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_進行無し`生存_--【・*の間に |*←〈その〉_外科手術__グループ_と _非−_外科手術__グループ_--【・現在までのところ《 72%61% 》 】┏┓。    〈一つの〉_コックス`比例`ハザード`モデル_ が 明らかにした_【・『 』ということを… |『_局所`領域`的__治療_ 、及び、 _ホルモン__レセプタ_ステータス《陽性・陰性》 が ¨※¨である 【・※←_有意_な 決定`因子《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_進行無し`生存_ 』 】┏┓。

一つの因子{ ∬ (されない)}¨ ⌒〔 ∬=あまりしばしば考慮されない--【・*として |*←〈一つの〉層別`変数--【・*に於いて |*←そのような_分析_《複数》 】━━_は ¨※¨である 【・※←〈その〉_臨床的_コース{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_病気_{☆を受けての}¨ ⌒〔 ☆←曝露{☆への}¨ ⌒〔 ☆←_第一線__全身的`治療_ 】┏┓。    ■_--【・*に於いて… |*←私の経験】||-及び-||■_--【・*によれば |*←〈その〉聴衆 の 応答{☆への}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉電子`投票{☆に関する}{★の間に於ける }¨ ⌒〔 ☆←この問題⌒〔 ★←〈その〉_転移性__腫瘍_ボード セッション】━━、大部分 の _腫瘍_医《複数》 は ¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=観察する_【・*を |*←〈その〉行動{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_転移_《複数》--【 ∬ (する)ことの前に | ∬=決定する--【・*について |*←〈その〉_潜在的_ な 価値{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_局所`領域`的__治療_ 】┏┓。    _前臨床的_実験的 証拠 、及び、 _自己`播種_仮説 は 提起する_【・*を |*←〈その〉概念{=『 』という(右記)}¨=『おそらく我々は ¨ ∬ ¨(である)べきである 【 ∬=¨※¨である 【・※← より_攻撃的__--〔・*について |*←〈その〉_局所_コントロール事項--【・*に於いて |*← より多くの¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←同時性 の 遠隔_転移_《複数》 』 】┏┓。


(記事のおおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Hematology-Oncology)
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)10/15/2008
「英文原題」=Locoregional Therapy of the Primary Tumor in Patients With Distant Metastases

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

原発腫瘍と転移病巣とでの ER、PR、及び、HER2ステータスの違いの可能性


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

--【『 』の時には…|『_患者さん《複数》_ が 疑われる_【 ∬ (している)と | ∬=生じている{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_異時性の_遠隔_転移_《複数》 】 』】━━、〈その〉格言{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==_腫瘍_医《複数》 が 教えられている 】━━_は ∬ (する)ことである 【 ∬=「■_決着を付ける--【・*に |*←この問題】|-そして-|■_得る_【・*を |*←いくらかの組織】」 】┏┓。    生検 での 確認{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_転移性_ の _病気_】━━_は ¨※¨である 【・※←〈その〉ルール--【・*という よりも |*←〈その〉例外 】┏┓。    実際の所、--【・*の間に |*←〈その〉_腫瘍__部門`セッション_{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←_転移性_ の _病気_】━━、Dr. Martine Piccart は 行なった_【・*を |*←〈一つの〉強力な嘆願{ ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=強調する_【・*を |*←〈その〉必要性{☆の}¨ ⌒〔 ☆←組織サンプリング 】┏┓。    しかし、¨『 』(→右記)¨のであろうか『どの程度の頻度で ¨¨進化 、又は、 クローン選択{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_がん細胞《複数》_】━━ が 起きる、《 もたらして_【・*を |*←不一致{☆に於ける}{★の間での}¨ ⌒〔 ☆←_ホルモン_ 、及び、 HER-2_レセプタ_ステータス《陽性・陰性》⌒〔 ★←〈その〉_原発__腫瘍_、と、その後の 遠隔_転移_《複数》 》(のであろうか)? 】┏┓。

Alvarez 達 は 調べた_【・*を |*← 961 名の患者さん《複数》{☆を有する}{ ¶ ところの#←}¨ ⌒〔 ☆←_再発性__転移性`乳がん_⌒〔 ←#¶==持った_【・*を |*←_腫瘍_組織{§(の性質の)}{★からの}¨ ⌒〔 §←_入手`可能的_--【・*のために |*← HER-2_分析_{☆による}¨ ⌒〔 ☆← FISH 法 】⌒〔 ★←※の両方 |※←■_〈その〉_原発__腫瘍_/腋の下のリンパ節《複数》】|-そして-|■__転移_箇所 】┏┓。    ¨※¨が 存在した 【・※← 82 名の患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==以前に受けていた_【・*を |*← FISH HER-2 検査{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←※の両方 |※←_原発__腫瘍_《複数》 、及び、 _転移_《複数》 --【・*として |*←¨一部{☆の}¨ ⌒〔 ☆←日常的 な _臨床_ケア 】┏┓。    〈その〉_中央値での_期間長{☆から★までのの}¨ ⌒〔 ☆←_原発__腫瘍_ の _診断_⌒〔 ★←_転移_】━━_は ¨※¨であった 【・※← 33 ヶ月間 】┏┓。    一致{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆← HER-2 FISH 検査 _結果《複数》_】━━ は 見られた--【・*に於いて |*← 77 例《 94%》{☆のうちの}¨ ⌒〔 ☆← 82 例 】┏┓。    全ての 5 例の 不一致ケース《複数》_は ¨※¨であった 【・※←_原発_では_HER2 −陽性_→_転移_では_HER2 ‐陰性 】┏┓。    〔何も無い( no )_補助療法_としての trastuzumab 〕━━ が _投与_された(の否定)--【・*に於いて |*←如何なるケース《複数》 】┏┓。

Simmons 達 は 、また、調べた_【・*を |*←〈その〉程度{☆の}¨ ⌒〔 ☆←一致{☆に於ける}{★の間での}¨ ⌒〔 ☆←■_HER-2 ステータス《陽性・陰性》《 FISH 法で 》】|- また、同様に -|■_エストロゲン レセプタ 、及び、 プロゲステロン レセプタ の ステータス《陽性・陰性》《 _免疫`組織`化学_ 》⌒〔 ★←_原発__乳房部__腫瘍_《複数》 、及び、 遠隔`_転移_《複数》 】┏┓。    〈その〉_研究_ は 対象とした_【・*を |*← 29 名の¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==受けた_【・*を |*←成功的な 生検《複数》 】┏┓。    --【・*にもかかわらず… |*←高い_臨床的_疑い{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_転移_《複数》】━━、3 / 29 の _患者さん《複数》_《 10%》___は 持った_【・*を |*←良性の_病気_--【・*で |*←生検 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←もう 1 名の_患者さん_】━━、〈その〉生検 は 示した_【・*を |*←_低`グレード__リンパ腫_ 】┏┓。    --【・*の内… |*←残りの 25 名の患者さん《複数》】━━、2 名{☆を有していた}¨ ⌒〔 ☆←_HER2 ‐陰性 の _原発__腫瘍_《複数》】━━_は 持った_【・*を |*←_HER2 −陽性__転移_《複数》《 反対の方向は無し : これは Alvarez に よる結果とは対照的 》 】┏┓。    ¨※¨が 存在した 【・※←〈一つの〉変化{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_ホルモン__レセプタ_ステータス《陽性・陰性》--【・*に於いて |*← 40% の ケース《複数》 】┏┓。    生検_結果《複数》_ は 直接的に 導いた--【・*へ |*←〈一つの〉顕著な変更{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_管理_--【・*に於いて |*← 20% の _患者さん《複数》_ 】┏┓。

組織`確認 は ¨ ∬ ¨(される)べきである 【 ∬=見なされる【・※であると|※←「_標準的_な 実施`手順」--【・*に於いて |*←大部分 の ¨患者さん《複数》{ ∬ (される)}¨ ⌒〔 ∬=疑われる_【・*を |*←_転移性`乳がん_ 】┏┓。    --【・『 』だけではなく…|『〈一つの〉生検 は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=確認 、又は、 否定する_【・*を |*←〈一つの〉_診断_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_ 』】━━、--【・『 』でもある…|『_その他の__診断_《複数》 は 時として 為される--【・思いがけなく 』】┏┓。    --【・*に於いて… |*←時代{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_補助療法_trastuzumab 】━━、それ《=『 』ということ(右記)》━━が 考えられる……【・=『¨患者さん《複数》{ ∬ ((を)した)}¨ ⌒〔 ∬=_再発_した--【・*の後に |*← trastuzumab_治療_ 】】━━ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=持つ_【・*を |*← より少ない/_最小限_ の HER-2_レセプタ_/_遺伝子__増幅_】、《 〈一つの〉_知見_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==¨ ∬ ¨(する)ことの可能性がある 【 ∬=持つ_【・*を |*←〈一つの〉インパクト{☆への}¨ ⌒〔 ☆←引き続いての_治療__選択肢_《複数》 】 》 】┏┓。    それ《=『 』ということ(右記)》━━は 注目すべきである……【・=『〈一つの〉_最近_公刊された¨¨比較{☆の}¨ ⌒〔 ☆← HER-2 ステータス《陽性・陰性》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_原発__腫瘍_、と、播種された_腫瘍__細胞_《複数》( 骨髄中の )】━━ は 示した_【・*を |*←一致--【・*に於いて |*←わずかに 62% の _患者さん《複数》_ 』 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←もう一つの _研究_】━━、不一致的な HER-2 ステータス《陽性・陰性》{☆の間の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_原発__腫瘍_、と、同側 の 腋の下の_リンパ節__転移_《複数》】━━ は 見られた--【・*に於いて |*←わずかに 2% の _患者さん《複数》_ 】┏┓。

--【・*に於いて… |*← Memorial Sloan-Kettering Cancer Center 】━━、我々は 持つ_【・*を |*←〈一つの〉ユニークなセット{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨¨マッチした_乳房部__原発__腫瘍_《複数》、と、_脳転移_《複数》{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==受けた_【・*を |*←医学的に 適応のある _開頭手術_ 】__ : __我々は 観察して在る--【・*を |*←非常に 高い 一致{☆に於ける}{★の間での}¨ ⌒〔 ☆← HER-2、 エストロゲン・_レセプタ_ 、及び、 プロゲステロン・_レセプタ_ステータス《陽性・陰性》⌒〔 ★←〈その〉_乳房部__原発__腫瘍_、と、_脳転移_《複数》 】┏┓。    --【・*を考慮すれば… |*←欠如{☆の}¨ ⌒〔 ☆←容易なアクセス{☆への}{★のための}¨ ⌒〔 ☆←頭蓋内の _病気⌒〔 ★←生検_】━━、_左記の_観察 は 示唆する【・『 』ということを… |『それ は ¨ ∬ ¨(でない)と考えられる 【 ∬=必要でない--【・*のために |*←決定{☆の}¨ ⌒〔 ☆←これらの_レセプタ_《複数》 の ステータス《陽性・陰性》】、--【『 』という程度まで…|『そのような知識 は ¨ ∬ ¨(する)ことの可能性がある 【 ∬=持つ_【・*を |*←〈一つの〉インパクト{☆への}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_選択_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_全身的`治療_ 』】 』 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Hematology-Oncology)
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)10/15/2008
「英文原題」=ER, PR, and HER2 Status in the Primary Tumor and Distant Metastasis: A Moving Target?

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

HER-2 陽性の転移性の乳がん の 中枢神経系 転移 : RegistHER Study


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

…(前略:_診断_や 予後に関する_データ_)…

〈その〉 206 名の患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==受けた_【・*を |*← trastuzumab--【・*に引き続いて |*←〈一つの〉_診断_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_中枢神経系__転移_《複数》 】━━_は 持った_【・*を |*←〈一つの〉_中央値での__生存期間_17。5 ヶ月間】━━、一方、〈その〉 126 名の患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==受けなかった_【・*を |*← trastuzumab 】━━_は 持った_【・*を |*←〈一つの〉_中央値での__生存期間_5。5 ヶ月間 】┏┓。    にも関わらず、〈一つの〉関連性 は ¨ ∬ ¨(される)ことができない 【 ∬=推測される 】┏┓。

※の両方 |※←〈その〉頻度 、及び、 _早期_ の 発症 {☆の}¨ ⌒〔 ☆←_脳転移_《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←この_大規模_、 観察 _研究_】━━_は ¨※¨である 【・※←際だっている 】┏┓。    --【『 』であるが…|『以前 の 公刊された_データ_ は 主張する--【・*に反対して |*←スクリーニング{☆のための}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_中枢神経系__転移_《複数》⌒〔 ★←_無症状性の_¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←主として_HER2 ‐陰性 の _病気_】--【・*の理由から |*←欠如{☆の}¨ ⌒〔 ☆←明確な_生存`利益_ 』】━━、〈その〉リスク/_利益__分析_ は ¨ ∬ ¨(である)ことの可能性がある 【 ∬=¨※¨である 【・※←異なる--【・*に於いては |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_HER2 −陽性__転移性`乳がん_ 】┏┓。    --【たとえ『 』であっても…|『 より_早期_ の _治療`介入_《複数》{☆のような}¨ ⌒〔 ☆←_定位`手術的`照射《 SRS 》_ 、又は、 _切除_】━━ が ¨ ∬ ¨しない 【 ∬=もたらす (の否定)--【・*に於いて |*←_改善_された_死亡率_--【・*により |*←定期的な_中枢神経系_スクリーニング《 例えば 脳 MRI 》】━━、¨※¨が 存在する可能性がある 【・※←〈一つの〉インパクト{☆への}¨ ⌒〔 ☆←_神経的 ステータス 、及び、 _生活の質_《 つまり_病的状態_ 》 】┏┓。    --【『 』の一方で…|『いくらかの人《複数》 は ¨ ∬ ¨(する)まで 行って在る 【 ∬=提案する_【・*を |*←〈一件の〉_前向き方式__臨床試験_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_予防的_頭蓋照射--【・*に於いて |*←この_患者さん__人口集団_ 』】━━、それ《=『 』ということ(右記)》━━のように考えられる……【・=『〈一つの〉 より妥当的な 第一歩 は ¨ ∬ ¨(である)であろう 【 ∬= ∬ (する)ことである 【 ∬=_前向き方式_に 調べる_【・*を |*←〈その〉_潜在的__利益_{☆の}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆←スクリーニング MRI ⌒〔 ★←この_高リスク__患者さん__人口集団_】 』 】┏┓。

大部分の_腫瘍`医_《複数》 は 支持する_【 ∬ (する)ことを | ∬=継続する_【・*を |*← trastuzumab--【・*のために |*←罹患した¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==発症する_【・*を |*←_中枢神経系__転移_《複数》 】、--【『 』の場合に限り…|『¨※¨は 存在しない 【・※←_病気`進行_(否定){☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←頭蓋外 の _病気_ 』】┏┓。    このアプローチ は ¨ ∬ ¨(される)と考えられる 【 ∬=正当化される】━━、そして、それ は 実際に¨※¨である 【・※←私 の _一般普通的_ な _臨床`実地_ 】┏┓。    [『 』(→右記)であるか否か… |『 ¨追加{☆の}{★への}{▼に於ける }¨ ⌒〔 ☆← lapatinib ⌒〔 ★← trastuzumab ⌒〔 ▼←この特定 の _状況設定_】━━ が もたらす_【・*を |*←追加的 な _利益_ 』(か否か)]━━ は 未だ ¨※¨である 【・※←未知】━━、しかし、それ は ¨ ∬ ¨(される)ことの可能性がある 【 ∬=推測される--【・*に基づき |*←既存の証拠 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Hematology-Oncology)
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)10/15/2008
「英文原題」=CNS Metastases in HER2-Positive Metastatic Breast Cancer: The RegistHER Study

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

アントラサイクリン系/タキサン系は使用した後 の 化学療法


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

2007 年 10 月に、 ixabepilone が _認可_された--【・*として |*←〈その〉最初の epothilone {☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_臨床的_使用{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆← がん _治療_ 】┏┓。    この_認可_ は なされた--【・*に基づき |*←_Phase II__単剤`治療__データ_ 、及び、 〈その〉「 046 」_ ランダム化_¨¨_臨床試験_{☆の}{★のための}¨ ⌒〔 ☆← capecitabineixabepilone / capecitabine ⌒〔 ★←_アントラサイクリン系`化学療法剤_− 、及び、 タキサン系化学療法剤−_治療−抵抗性_ の _転移性`乳がん_ 】┏┓。    〈その〉 046_臨床試験_ は 示した_【・*を |*←〈一つの〉 より高い_奏効率_ 、及び、 〈一つの〉_統計的に__有意_ な ¨¨_伸長_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_進行`まで`期間_、《 有利として_【・*を |*←〈その〉¨併用{☆の}¨ ⌒〔 ☆← ixabepilone / capecitabine 》 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←〈その〉 2008 年度 BCS 会議】━━、Dr. Gabriel Hortobagyi は 提示した_【・*を |*←〈その〉統合¨結果《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_左記の__臨床試験_、と、 より_大規模_ な _ランダム化__臨床試験_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← capecitabineixabepilone / capecitabine《 〈その〉「 048 」_臨床試験_ 》 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←〈その〉統合された_大規模__分析_《 前の方の_臨床試験_752 例 + 048 試験 1221 例 》】━━、〈一つの〉傾向{☆への}¨ ⌒〔 ☆←増加した_全体的`生存_】━━ が 見られた┏┓。    --【『 』であるが…|『¨※¨は 存在しなかった 【・※←_統計的に__有意_ な 差異(否定){☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_全体的`生存_ 』】━━、〈一つの〉有利性 が 見られた《 p =.0.231 》--【・*に於いて |*←〈一つの〉事前`定義の_Cox 回帰法_モデル{ ∬ ((を)した)}¨ ⌒〔 ∬=調節した--【・*について |*←_ベースライン__予後`因子_《複数》《 _活動ステータス_、年齢、臓器サイトの数、 内臓_転移_、エストロゲン レセプタステータス《陽性・陰性》 》 】┏┓。    両方 の _研究《複数》_ は 確認した_【・*を |*←〈その〉_臨床的`利益_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← ixabepilone--【・*を伴って |*←■__統計的に__有意_ な _改善_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_進行無し`生存_】|-そして-|■__管理`可能的な__安全性`プロフィール_ 】┏┓。

このようなことから、_腫瘍医_《複数》 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=_選択_する_【・*を |*← ∬ すること | ∬=採用する_【・*を |*← ixabepilone--【・*で(やり方) |*←_単剤_ 、又は、 capecitabine との_併用_ --【・*に基づき |*←既存 の _データ_ 】┏┓。    --【『 』であるが…|『主張 が ¨ ∬ ¨(される)ことがある 【 ∬=なされる--【・*の方を有利として |*←_併用_ 、又は、 _順次`実施__単剤__化学療法_--【・*のために |*←_転移性`乳がん_ 』】━━、この 決定 は 究極的には ¨※¨の問題である【・※←医道 と 同様に 医科学 】┏┓。    〈一件の〉今後 の Cancer and Leukemia Group B による_ランダム化__Phase III__臨床試験_ は ¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=比較する_【・*を |*← ixabepilonepaclitaxel + ナノ粒子 アルブミン−結合 paclitaxel《 いずれも bevacizumab との_併用_ 》--【・*として |*←_第一線`治療_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Hematology-Oncology)
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)10/15/2008
「英文原題」=Chemotherapy After Anthracyclines and Taxanes

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

資料 A= ステージ IV の乳がん の 治療《CancerConsultants》(資料ご紹介の作成年月=08/12)


《上記の標題について ご紹介しています》

資料名=CancerConsultants.com


このコーナーでは、上記の資料の内容の概略をご紹介しています。各ページには、当該ページに対応する原資料サイトのページへのリンクを設定してありますが、原資料サイト での ページ構成変更により、リンク切れとなっております場合は、本家サイトの

リンク集のページ

の、「情報の存在を ご紹介しているサイト」の項目に 当該原資料サイトへのリンクを収載しておりますので、そこからジャンプしてください。《当該原資料サイトには、当サイトでご紹介している以外にも豊富な情報が記載されておりますので、原資料サイトをご覧になることを強くお勧めします》

尚、このコーナーでご紹介しております原資料の日付は下記の通りです :

原資料更新時期=7/15/2008 

本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

治療 の 概観


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事のおおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

¨患者さん《複数》{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=診断された 【・※を有すると|※←ステージ IV 、又は、転移性の乳がん《複数》】━━_は 持つ--【・*を |*←¨病気{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==拡大して在る--【・*から |*←〈その〉罹患した乳房部 --【・*へ |*← 1 つ、又は、複数の¨サイト《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉身体】┏┓。    歴史的に、転移性の乳がん は 見なされて在る【・※であると|※←非‐治癒可能的】__ : __そして、¨目標{☆の}¨ ⌒〔 ☆←治療】━━_は ¨※¨であってきて在る 【・※← ∬ すること | ∬=■_提供する--【・*を |*←¨解消{☆の}¨ ⌒〔 ☆←症状《複数》】|-そして-|■_伸長する--【・*を |*←生存期間、及び、生活の質 】┏┓。    しかし、¨※¨が 存在してきて在る 【・※←いくつかの重要な¨進歩《複数》{ ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=もたらす--【・*を |*←¨追加{☆の}¨ ⌒〔 ☆←多くの更なる治療選択肢《複数》 】┏┓。    これら は 含む--【・*を |*←〈その〉現在は広範となっている¨使用{☆の}¨ ⌒〔 ☆←タキサン系による化学療法】¨開発{☆の}¨ ⌒〔 ☆←分子標的治療薬《複数》】¨開発{☆の}¨ ⌒〔 ☆← より活性的なホルモン療法薬《複数》 】┏┓。

以下の記述_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉一般的な¨概観{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨治療{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←転移性の乳がん 】┏┓。    治療 は 典型的には構成される--【・*から |*←化学療法、及び、ホルモン療法 】┏┓。    ¨存在{☆の}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆←ホルモンレセプタ《複数》⌒〔 ★←〈その〉乳がん細胞《複数》】━━ が 決める--[『 』(→右記)であるか否かを… |『 ホルモン療法_が ¨※¨である 【・※←〈一つの〉治療選択肢 』(か否かを)] 】┏┓。    --【・もし『 』なら…|『〈その〉がん ¨ ∬ ¨しない 【 ∬=持つ (の否定)--【・*を |*←エストロゲン‐、又は、プロゲステロン‐レセプタ《複数》 』】━━、¨主体{☆の}¨ ⌒〔 ☆←治療】━━_は ¨※¨である 【・※←化学療法 】┏┓。    治療 は 、また、¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=含む--【・*を |*←外科手術、放射線療法、分子標的治療薬、又は、¨併用{☆の}¨ ⌒〔 ☆←これらの治療技術《複数》 】┏┓。    集学的な治療《 これ は 使用する--【・*を |*←複数の治療技術《複数》 》__ が 次第に多く認識されつつある--【・*として |*←〈一つの〉重要な¨アプローチ{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=改善する--【・*を |*←〈一つの〉患者さん の ¨チャンス{☆の}¨ ⌒〔 ☆←治癒、又は、生存期間の伸長 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←いくらかのケース《複数》】━━、¨参加{☆への}¨ ⌒〔 ☆←〈一件の〉¨臨床試験{ ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=使用する--【・*を |*←新しい、革新的な治療《複数》 】━━ が ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=提供する--【・*を |*←〈その〉最も有望的な治療 】┏┓。

¨環境《複数》{§(の性質の)}¨ ⌒〔 §←ユニークな--【・*に |*←それぞれの患者さん 】━━ が ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=影響する--【・*に |*←『どのように、これらの一般的な原則《複数》 が 適用されるか 】┏┓。    ¨潜在的な利益{☆の}¨ ⌒〔 ☆←集学的な治療、臨床試験への参加、又は、標準的な治療】━━ は ¨ ∬ ¨べきである 【 ∬=注意深く比較検討される--【・*と |*←〈その〉潜在的なリスク《複数》 】┏┓。    〈その〉¨情報{☆の}¨ ⌒〔 ☆←このサイト】━━ は 意図されている--【 ∬ (する)ことを | ∬=助ける--【 ∬ (する)ことを | ∬=■_教育する--【・*を |*←患者さん《複数》--【・*について |*←彼らの治療選択肢《複数》】|-そして-|■_容易にする--【・*を |*←共同 での 、又は、シェアしての¨決定作業プロセス{☆との}¨ ⌒〔 ☆←彼らの主治医 】┏┓。

〈その〉¨トピック《複数》{ ∬ (される)}¨ ⌒〔 ∬=カバーされる --【・*に於いて |*←このセクション】━━ は 含む :

◇ホルモン療法
◇化学療法
◇分子標的治療薬
◇¨治療{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←ステージ IV の¨病気{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←特定的な特徴《複数》】



(記事のおおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: CancerConsultants Patients)(タイプ別)
「英文原題」=Overview

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

ホルモン療法


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事のおおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

¨成長{☆の}¨ ⌒〔 ☆←ある種の 乳がん細胞《複数》】━━ は ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=予防される、又は、遅くされる--【 ∬ (する)ことにより | ∬=低下させる--【・*を |*←¨曝露{☆への}¨ ⌒〔 ☆←エストロゲン 】┏┓。    これ_が ¨※¨である 【・※←¨目標{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨ホルモン療法{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←乳がん 】┏┓。

エストロゲン_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉必須的な¨女性ホルモン{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==産生される--【・*により |*←〈その〉卵巣《複数》、及び、副腎《複数》 】┏┓。
…(中略:エストロゲンに関する一般的説明)…
--【・*無しでは… |*←エストロゲン】━━、〈その〉女性の身体 は ¨ ∬ ¨ことができない 【 ∬=維持する--【・*を |*←妊娠】━━、そして、¨※¨である 【・※←リスクが高い--【・*の |*←心臓疾患、及び、骨粗鬆症 】┏┓。

エストロゲン は 、また、¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=引き起こす--【・*を |*←いくらかの がん の成長 】┏┓。    〈その〉乳房部、子宮、及び、その他の 女性‐臓器《複数》 は 構成される--【・*から |*←¨細胞《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==刺激される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=成長する 】--【 ∬ (された)場合に∬=曝露された--【・*に |*←エストロゲン 】┏┓。    これらの細胞《複数》 は 含む--【・*を |*←エストロゲン‐レセプタ《複数》 】┏┓。    ¨エストロゲン{ ∬ ((を)している)}¨ ⌒〔 ∬=循環している--【・*の中で |*←血液循環 】━━ は 結合する--【・*に |*←これらのレセプタ《複数》】━━、そして、刺激する--【・*を |*←成長‐関連の¨活性《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉細胞 】┏┓。    --【・『 』の場合…|『¨細胞《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==持つ--【・*を |*←エストロゲン‐レセプタ《複数》 】━━ が ¨※¨になる【・※←がん性 』】━━、¨曝露{☆への}¨ ⌒〔 ☆←エストロゲン】━━ は 増加させる--【・*を |*←〈その〉がん の成長 】┏┓。    ¨がん 細胞《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==持つ--【・*を |*←エストロゲン‐レセプタ《複数》 】━━ は 呼ばれる--【・*と |*←エストロゲン‐レセプタ‐陽性《 ER ‐陽性 》の がん 《複数》 】┏┓。

¨切除{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉卵巣《複数》《 〈その〉¨臓器{§(の性質の)}¨ ⌒〔 §←主として担当する--【 ∬ (する)ことを | ∬=産生する--【・*を |*←エストロゲン--【・*に於いて |*←閉経前の女性《複数》 】 》━━_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉効果的な¨アプローチ{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=除去する--【・*を |*←エストロゲンの産生 】━━、そして、それ は 広く使用される--【・*に於いて |*←多くの国々 】┏┓。    もう一つのアプローチ_は ∬ (する)ことである 【 ∬=使用する--【・*を |*←¨薬《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=実現する--【・*を |*←同様な効果--【 ∬ (する)こと無しに | ∬=切除する--【・*を |*←〈その〉卵巣《複数》 】┏┓。    現在、多くの¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←エストロゲン‐レセプタ‐陽性の乳がん】━━ は まず 治療される--【・*により |*←〈一つの〉¨薬{☆と呼ばれる}¨ ⌒〔 ☆← tamoxifen《 Nolvadex® 》《[ この]薬は ブロックする--【・*を |*←〈その〉¨成長‐刺激‐効果《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←エストロゲン》 】┏┓。    しかし、〈一つの〉新しいグループの薬《複数》であるアロマターゼ阻害薬《複数》__ が より最近に 開発されて在る━━、そして、認可されて在る--【・*により |*←〈その〉米国 FDA--【・*のために |*←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←エストロゲン‐陽性の乳がん 】┏┓。


(記事のおおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: CancerConsultants Patients)(タイプ別)
「英文原題」=Hormonal Therapy for Metastatic Breast Cancer

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

アロマターゼ阻害薬


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事のおおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

アロマターゼ阻害薬《複数》 は 効果を表す--【 ∬ (する)ことにより | ∬=抑制する--【・*を |*←¨形成{☆の}{★の中での}¨ ⌒〔 ☆←エストロゲン⌒〔 ★←身体 】┏┓。    アロマターゼ_は ¨※¨である 【・※←〈その〉¨酵素{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==開始する--【・*を |*←¨転換{☆の}{★への}¨ ⌒〔 ☆←エストロゲン⌒〔 ★←その活性型 】┏┓。    アロマターゼ阻害薬《複数》 は 効果を表す--【 ∬ (する)ことにより | ∬=■_抑制する--【・*を |*←アロマターゼ】|-そして、それにより-|■_低下させる--【・*を |*←体内の活性型エストロゲンのレベル 】┏┓。    このこと_は ¨※¨である 【・※←対照的--【・*と |*← tamoxifen《 この薬 は 作用を表す--【 ∬ (する)ことにより | ∬=ブロックする--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←エストロゲン| ∬=入る--【・*に |*←細胞《複数》--【 ∬ (する)ことにより | ∬=結合する--【・*に |*←〈その〉細胞《複数》の エストロゲン‐レセプタ《複数》 】 》 】┏┓。

現在のところ、3 品目のアロマターゼ阻害薬《複数》 が 認可されている--【・*のために |*←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←閉経後の¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←乳がん】__ : __Femara®《 letrozole 》、Arimidex®《 anastrozole 》、Aromasin®《 exemestane 》 】┏┓。    研究 は 示している【・『 』ということを… |『¨初回治療{☆の}{★による}¨ ⌒〔 ☆←転移性の乳がん ⌒〔 ★← Femara®、又は、Arimidex®】━━ は ¨ ∬ ¨(する)ようである 【 ∬=もたらす--【・*を |*← より良好な結果状況《複数》--【・*よりも |*←¨治療{☆による}¨ ⌒〔 ☆← tamoxifen 』 】┏┓。    〈その〉アロマターゼ阻害薬《複数》 は 遅らせる--【・*を |*←進行までの期間】━━、そして、それら は ¨ ∬ ¨と考えられる 【 ∬=伴う--【・*を |*← より少ない副作用《複数》--【・*よりも |*← tamoxifen 】┏┓。

--【・*のためには… |*← より詳細な情報】━━、参照されたい--【・*を |*←「乳がん の ホルモン療法」の項目 】┏┓。(*)

(*)原文には、当該文書へのリンクが設定されています。


(記事のおおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: CancerConsultants Patients)(タイプ別)
「英文原題」=Aromatase inhibitors

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

化学療法


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事のおおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

化学療法_は ¨※¨である 【・※←¨治療{ ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=含む--【・*を |*←¨使用{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨薬《複数》{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=殺す--【・*を |*← がん 細胞《複数》 】┏┓。    ¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←¨_乳がん { ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==持たない--【・*を |*←エストロゲン/プロゲステロン レセプタ《複数》 ¨患者さん《複数》{ ∬ ((を)しない)}¨ ⌒〔 ∬=反応しない--【・*に |*←ホルモン療法 ¨患者さん《複数》{ ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=必要とする--【・*を |*←¨緩和{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨症状{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←進行性の_乳がん 】━━ は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=利益を得る--【・*から |*←¨治療{☆による}¨ ⌒〔 ☆←化学療法 】┏┓。    現在、¨※¨が 存在する 【・※←いくつかの標準的な治療レジメン《複数》】━━、そして、約 25%の¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==受ける--【・*を |*←化学療法 】━━ は ¨ ∬ ¨であろう 【 ∬=経験する--【・*を |*←〈一つの〉完全寛解 】┏┓。

¨タイプ{☆の}{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ☆←化学療法⌒〔 ¶==選択される 】━━ は ¨※¨によって異なってくる【・※←〈その〉患者さん の 治療目標 】┏┓。    --【・もし『 』なら…|『〈その〉治療目標_は ∬ (する)ことである 【 ∬=■_緩和する--【・*を |*←症状《複数》 】|-そして-|■_改善する--【・*を |*←生活の質】 』】━━、それ《 ∬ すること(右記)》━━ が より望ましいであろう……∬=選択する--【・*を |*←〈一つの〉¨化学療法レジメン{☆を伴う}¨ ⌒〔 ☆←最小限の副作用《複数》 】┏┓。    他方、--【・もし『 』なら…|『〈その〉治療目標_が ∬ (する)ことである 【 ∬=試みる--【 ∬ (する)ことを | ∬=治癒する--【・*を |*←〈その〉 がん 】 』】━━、■_¨治療{☆による}¨ ⌒〔 ☆← より攻撃的な化学療法レジメン《複数》】|-又は-|■_¨参加{☆への}¨ ⌒〔 ☆←¨臨床試験《複数》{ ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=評価する--【・*を |*←新しい治療戦略《複数》 】━━ が ¨ ∬ ¨かも知れない 【 ∬=¨※¨である 【・※← より適切 】┏┓。

それ《 ∬ すること(右記)》━━ が 重要である……∬=慎重に考慮する--【・*を |*←治療目標 】┏┓。    このことの一つの理由_は ¨『 』(右記)¨ということである『¨初回治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←ステージ IV の_乳がん 】━━_は ¨※¨である 【・※←典型的には より効果的--【・*よりも |*← ∬ すること | ∬=治療する--【・*を |*←¨ がん { ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==再発して在る 】┏┓。    これ_は ¨※¨である 【・※←--【・『 』の理由から…|『 がん 細胞《複数》 は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=¨※¨となる【・※←治療に耐性 』】┏┓。    ¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==興味がある--【・*に |*←攻撃的な治療】━━、そして、目的_が ¨※¨である 【・※←治癒 】━━ は ¨ ∬ ¨しても良いかも知れない 【 ∬=考慮する#←--【・*を |*←■_攻撃的な治療】|-又は-|■_¨参加{☆への}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉臨床試験--←#【・*として |*←彼らの最初の治療 】┏┓。


(記事のおおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: CancerConsultants Patients)(タイプ別)
「英文原題」=Chemotherapy Treatment of Metastatic Breast Cancer

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

タキサン系化学療法剤


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事のおおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

近年、〈一つの〉¨クラス{☆の}{★と呼ばれる}¨ ⌒〔 ☆←化学療法剤《複数》⌒〔 ★←〈その〉タキサン系化学療法剤《複数》】━━ が 広く使用されて在る--【・*に於いて |*←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん 】┏┓。    Taxotere®《 docetaxel 》、及び、Taxol®《 paclitaxel 》__ が いずれも¨※¨である 【・※←¨タキサン系化学療法剤《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==--【 ∬ (された)場合に∬=使用された--【・その他の化学療法剤《複数》との併用、又は、順次実施で 】━━、¨ ∬ ¨(する)ようである 【 ∬=持つ--【・*を |*← より高度な ¨抗 がん 活性{★のための}--【・*よりも |*←以前の 非‐タキサン系化学療法剤系の化学療法 ⌒〔 ★←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_転移性‐乳がん】┏┓。    〈その〉最良の¨スケジュール{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=投与する--【・*を |*←タキサン系化学療法剤《複数》 】━━ は 依然として 評価されつつある┏┓。    いくつかの研究《複数》 は 示す--【・『 』ということを… |『 より頻繁な投与 が ¨ ∬ ¨かも知れない 【 ∬=¨※¨である 【・※← より優れている--【・*よりも |*←〈その〉標準的なスケジュールである 3 週間に 1 回の投与 』 】┏┓。

¨結果《複数》{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←〈一件の〉大規模な臨床試験】━━ は 示す--【・『 』ということを… |『 Taxotere® が もたらす--【・*を |*← より高い 抗 がん 奏効率《複数》、進行無し生存、全体的生存--【・*と比較して |*← Taxol®《 テーブル 1 参照 》

テーブル 1 : _乳がん の治療に於ける Taxotere®Taxol®の比較

    Taxotere®Taxol®
抗 がん 奏効率32%25%
進行無し生存期間5. 7ヶ月間3. 6ヶ月間
_全体的‐生存期間15. 4ヶ月間12. 7ヶ月間



(記事のおおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: CancerConsultants Patients)(タイプ別)
「英文原題」=Taxanes

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

Abraxane


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事のおおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

〔 Abraxane®《 ナノ粒子‐アルブミン‐結合 paclitaxel 》 〕


〈一つの〉新しい¨技術{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=患部供給する--【・*を |*←抗 がん 治療薬《複数》 】━━ が 最近 開発されて在り、¨※¨と呼ばれる【・※←ナノ粒子‐アルブミン‐結合《 nab 》技術 】┏┓。    Abraxane®_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉¨治療薬{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==患部供給する--【・*を |*←〈その〉抗 がん 治療薬 paclitaxel--【 ∬ (を)して | ∬=使用する--【・*を |*← nab 技術 】┏┓。    この技術 は 使用する--【・*を |*←アルブミン《 身体中に最も多量に存在している蛋白質 》--【 ∬ (する)ことのために | ∬=患部供給する--【・*を |*←〈その〉 paclitaxel--【・*へ |*← がん 細胞《複数》 】┏┓。

Abraxane® は 提供する--【・*を |*←いくつかの利点《複数》--【・*と比較して |*←〈その〉伝統的な剤型の paclitaxel《 この剤型 は 呼ばれている--【・*と |*← Taxol®】━━、そして、構成されている--【・*から |*←〈一つの〉毒性的な化学溶媒--【・*に加えて |*←〈その〉活性薬 》 】┏┓。    --【・*の場合… |*← Abraxane®】━━、50%だけ より多くの薬 が ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=投与される】━━、そして、 より多くの活性薬 が 運び込まれる--【・*に |*←〈その〉 がん 細胞《複数》】━━、そして、患者さん《複数》 は 経験する--【・*を |*← より少ない副作用《複数》 】┏┓。

--【・*に於いて… |*←〈一件の〉¨臨床試験{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==直接比較した--【・*を |*← Abraxane®--【・*と |*← Taxol®--【・*に於いて |*←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆← 454 名の¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_転移性‐乳がん 】】━━、Abraxane® は 2 倍にした--【・*を |*←抗 がん 奏効率《複数》】━━、そして、有意に伸長した--【・*を |*←進行までの期間--【・*を伴って |*← より少ない副作用《複数》--【・*と比較して |*← Taxol®】《 テーブル 2 参照 》┏┓。

テーブル 2 : Abraxane® は Taxol®よりも結果状況を改善する。

    Abraxane®Taxol®
奏効率33%19%
進行までの期間23. 0週間16. 9週間
_全体的‐生存期間65週間55. 7週間
グレード 4 の_好中球‐減少症9%22%


(記事のおおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: CancerConsultants Patients)(タイプ別)
「英文原題」=Abraxane®

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

併用`化学療法レジメン


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事のおおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

¨併用《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆← 2 種類以上の化学療法剤《複数》】━━ は 呼ばれる--【・*と |*←レジメン《複数》 】┏┓。    レジメン《複数》 は 示されて在る--【 ∬ (する)ことが | ∬=殺す--【・*を |*← より多くの がん 細胞《複数》--【・*よりも |*←単一の化学療法剤《複数》 】┏┓。    これは ¨→『 』 #¨ということが理由である ……#『それぞれのタイプの薬 は 干渉する--【・*に |*← がん 細胞《複数》の増殖--【・*で |*←異なる¨ポイント《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←それらの細胞《複数》のライフサイクル 』 】┏┓。    --【・『 』であることから…|『全ての がん 細胞《複数》_が ¨※¨であるということはない 【・※←同一の成長フェーズ--【・同時点で 』】━━、化学療法レジメン《複数》_は 持つ--【・*を |*←¨能力{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=干渉し、殺す--【・*を |*← より多くの がん 細胞《複数》 】┏┓。

〈その〉最適な¨スケジュール{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=投与する--【・*を |*←レジメン《複数》 】━━ は 依然として評価されつつある┏┓。     ∬ すること | ∬=投与する--【・*を |*←化学療法剤《複数》--【・順番に《 つまり、同時にではなく 》 】━━ は 示して在る--【・*を |*←有望性 】┏┓。


(記事のおおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: CancerConsultants Patients)(タイプ別)
「英文原題」=Combination Chemotherapy Regimens

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

タキサン系化学療法剤−含有 のレジメン


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事のおおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

現行の研究《複数》 は 示す--【・『 』ということを… |『〈その〉以下のタキサン系化学療法剤−含有のレジメン《複数》 が 改善する--【・*を |*←結果状況《複数》--【・*よりも |*←〈一つの〉単一の化学療法剤、又は、伝統的なレジメン《複数》 』 】┏┓。

〔 doxorubicin + paclitaxel 《 AT レジメン 》 〕


2 件の臨床試験《複数》《 2001 年、及び、2003 年に公刊 》__ は 示して在る【・『 』ということを… |『¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==受ける--【・*を |*← AT レジメン 】 ━━ は 生存する--【・ より長期間】━━、そして、¨※¨である 【・※← がん −無し の 状態にある--【・ より長期間】━━、又は、経験する--【・*を |*←〈一つの〉 より長期的な期間--【・*の前に |*← がん の進行--【・*よりも |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==受ける--【・*を |*←〈その〉一般的な¨化学療法`治療{☆から成る}¨ ⌒〔 ☆← 5-fluorouracil + doxorubicin + cyclophosphamide《 FAC レジメン 》 】』《 テーブル 3 を参照のこと 》

テーブル3 : _転移性‐乳がん の 治療に於ける ATレジメンFACレジメン

    AT レジメンFAC レジメン
がん 再発までの期間8. 3ヶ月間6. 2ヶ月間
平均_生存期間_23. 3ヶ月間18. 3ヶ月間
がん の 進行までの期間8. 1ヶ月間6. 6ヶ月間


〔 TACレジメン《 Taxotere® + doxorubicin + cyclophosphamide 》 〕


--【・*の試みとして… |*←更なる 治療改良】━━、〈一つの〉第 3 の薬 が 追加されて在る--【・*に |*←〈その〉 AT レジメン】━━、そして、評価された--【・*として |*←¨初回治療{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_転移性‐乳がん 】┏┓。    部分的な、又は、完全な¨消失{☆の}{★に続いての}¨ ⌒〔 ☆← がん ⌒〔 ★←¨治療{☆による}¨ ⌒〔 ☆← TAC レジメン】━━ が 起きた--【・*に於いて |*← 77%の患者さん《複数》 】┏┓。    --【・*の時点で… |*←治療から 2 年後】━━、ほぼ 60%の患者さん《複数》 が ¨※¨であった 【・※←生存している 】┏┓。

〔 Gemzar®《 gemcitabine 》 + Taxol®《 GTレジメン 》 〕


¨結果《複数》{☆の}{ ∬ (を)された ¨ ⌒〔 ☆←〈一件の〉_臨床試験__⌒∬=報告された --【・2004 年に】_━━ は 示す--【・『 』ということを… |『 Gemzar® + Taxol®__ は 改善する--【・*を |*←生存--【・*よりも |*← Taxol®単独治療--【・*に於いて |*←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ☆←_転移性‐乳がん⌒〔 ¶==停止して在る--【 ∬ (する)ことを | ∬=反応する--【・*に |*←_アントラサイクリン系`化学療法剤_による治療 】 』 】┏┓。《 テーブル 4 を参照のこと 》

テーブル 4 : Taxol®単独治療に比較しての Gemzar® + Taxol®の生存利益

    Gemzar® + Taxol®Taxol®単独
1年後の_生存率_70. 0%60. 9%
_全体的‐生存期間18. 5 ヶ月間15. 8 ヶ月間


--【・*に… |*← 2004 年 4 月】━━、〈その〉米国 FDA は 認可した--【・*を |*← GT レジメン--【・*として |*←¨_初回治療_{☆の}{★の後の}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_転移性‐乳がん⌒〔 ★←¨_治療`挫折_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←先行の_アントラサイクリン系`化学療法剤_−含有の化学療法】、--【・『 』でない限り…|『_アントラサイクリン系`化学療法剤《複数》_ が ¨※¨である 【・※←臨床的に使用禁忌 』】┏┓。


(記事のおおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: CancerConsultants Patients)(タイプ別)
「英文原題」=Regimens that Include a Taxane

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

分子標的‐治療


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事のおおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

_分子標的‐治療_は ¨※¨である 【・※←¨治療《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=■_選択的に標的する--【・*を |*← がん 細胞《複数》】|-そして-|■_最小化する--【・*を |*←¨ダメージ{☆への}¨ ⌒〔 ☆←正常細胞《複数》 】┏┓。    これ は 意味する【・『 』ということを… |『¨副作用《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_分子標的‐治療】━━_は ¨※¨である 【・※←一般的に 重症度が より低い 』 】┏┓。    _分子標的‐治療《複数》 は ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=容易に併用される--【・*と |*←化学療法 】┏┓。    ¨_進歩《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←科学、及び、技術】━━ は 導いて在る--【・*へ |*←¨開発{☆の}¨ ⌒〔 ☆←いくつかの異なるタイプの_分子標的‐治療《複数》 】┏┓。

〔 ヒト上皮成長因子レセプタ− 2 《 HER-2 》 〕


多くの_分子標的‐治療薬《複数》 は 作用を現わす--【 ∬ (する)ことにより | ∬=標的する--【・*を |*←〈一つの〉¨蛋白質《 レセプタ 》¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==多量に存在している--【・*の上に |*←¨表面{☆の}¨ ⌒〔 ☆← がん 細胞《複数》 】┏┓。    HER-2_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉¨蛋白質{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==過剰発現している《 正常よりも多く存在している 》--【・*に於いて |*←¨1 人{☆のうちの}¨ ⌒〔 ☆← 3 名の¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん 】┏┓。    HER-2 は 刺激する--【・*を |*←〈その〉コントロールされない¨成長、及び、増殖{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉 がん 細胞《複数》--【 ∬ (する)ことにより | ∬=結合する--【・もっぱら--【・*に |*←その他の¨蛋白質《複数》{☆と呼ばれる}¨ ⌒〔 ☆←成長因子《複数》《 これら は 循環している--【・*の中で |*←血液循環 》 】┏┓。

- Herceptin®《 trastuzumab 》 -


Herceptin®_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉¨タイプ{☆の}{★と呼ばれる}{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ☆←_分子標的‐治療薬⌒〔 ★←〈一つの〉_モノクロナル抗体_⌒〔 ¶==結合する--【・*に |*← HER-2 蛋白質 】┏┓。    ¨結果《複数》{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←〈一件の〉重要な_臨床試験_】━━ が 示す--【・『 』ということを… | ∬ すること | ∬=追加する--【・*を |*← Herceptin®--【・*に |*←化学療法 ━━ は 改善する--【・*を |*←生存--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←進行期の_HER2 ‐陽性_の_乳がん 』 】┏┓。

--【・『 』の理由で…|『_HER2 ‐陽性_の_乳がん は 知られている--【 ∬ (する)ことが | ∬=反応する--【・*に |*← Herceptin® 】 』】━━、それ《=『 』ということ(右記)》━━は 必須である……【・=『全ての_乳がん の患者さん《複数》 は テストされる--【・*について |*← HER-2《 の過剰発現 》--【・*の時点で |*←診断--【 ∬ (する)ことのために | ∬=決める--[『 』(→右記)であるか否かを… |『 Herceptin® が ¨ ∬ ¨べきである 【 ∬=¨※¨である 【・※←¨一部{☆の}¨ ⌒〔 ☆←彼らの治療計画 』(か否かを)】 』 】┏┓。

- Taxotere® + Herceptin® -


研究 は 示唆する【・『 』ということを… |『¨追加{☆の}{★への}¨ ⌒〔 ☆← Herceptin® ⌒〔 ★← Taxotere®】━━ は 有意に改善する--【・*を |*←結果状況《複数》--【・*に於いて |*←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_HER2 ‐陽性_の__転移性‐乳がん』 】┏┓。    ¨結果《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈一件の〉 24 ヶ月間の研究】━━ が 示す--【・『 』ということを… |『¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==受けた--【・*を |*← Taxotere® + Herceptin® 】━━ は 生存した--【・ より長期間】━━、そして、経験した--【・*を |*← より多くの 抗 がん 反応《複数》--【・*よりも |*←¨患者さん《複数》{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=治療された--【・*により |*← Taxotere®だけ 】 』 】┏┓。《テーブル 5 を参照のこと》

テーブル 5 : Taxotere®への Herceptin®追加による生存改善

    Taxotere® + Herceptin®Taxotere®だけ
抗 がん _奏効率_61%34%
_生存率_31. 2%22. 7%

Taxotere®、paclitaxel、及び、gemcitabine による化学療法 は 全て 効果的に 併用されて在る--【・*と |*← Herceptin® 】┏┓。    _臨床試験《複数》__が ¨※¨である 【・※←進展中--【 ∬ (する)ことのために | ∬=決める『どの治療レジメン_が ¨※¨である 【・※←〈その〉最も活性的--【・*を伴って |*←〈その〉最小の副作用《複数》 』 】┏┓。

- Avastin®《 bevacizumab 》 -


Avastin®_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉¨_分子標的‐治療薬{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==ブロックする--【・*を |*←〈一つの〉¨蛋白質{☆と呼ばれる}¨ ⌒〔 ☆←血管内皮成長因子《 VEGF 》 】┏┓。    _血管内皮`成長`因子《 VEGF 》_ は 刺激する--【・*を |*←¨成長{☆の}¨ ⌒〔 ☆←新しい血管《複数》 】┏┓。    ¨薬《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==干渉する--【・*に |*←_血管内皮`成長`因子《 VEGF 》_ 】━━ は ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=遅くする、又は、停止する--【・*を |*←¨成長{☆の}¨ ⌒〔 ☆← がん 細胞《複数》】━━、そして、また、¨ ∬ ¨ことの可能性がある 【 ∬=改善する--【・*を |*←¨患部送達{☆の}{★への}¨ ⌒〔 ☆←化学療法剤⌒〔 ★←がん 細胞《複数》--【 ∬ (する)ことにより | ∬=正常化する--【・*を |*←血液供給 】┏┓。

--【・*に於いて… |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ☆←進行期の_HER2 ‐陰性の_乳がん⌒〔 ¶==受けたことがない--【・*を |*←¨先行治療{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←転移性の病気 】 】━━、¨治療{☆による}¨ ⌒〔 ☆← Avastin® + paclitaxel 】━━ は もたらした--【・*を |*←〈一つの〉 より長期間の_ がん−進行までの期間_--【・*よりも |*←¨治療{☆による}¨ ⌒〔 ☆← paclitaxel だけ 】┏┓。    ¨追加{☆の}¨ ⌒〔 ☆← Avastin®】━━ は 、しかし、¨ ∬ ¨しなかった 【 ∬=有意に改善する--【・*を |*←_全体的`生存_ (の否定) 】┏┓。


(記事のおおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: CancerConsultants Patients)(タイプ別)
「英文原題」=Targeted Therapy

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

特定的な特徴を伴うステージ IV _乳がん の治療


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事のおおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

いくつかのステージ IV _乳がん は 持つ--【・*を |*←特定的な特徴《複数》】__ : __これら は 含む--【・*を |*←■_〈一つの〉¨再発{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←特定の部位《複数》 】|-又は-|■_¨拡大{☆への}¨ ⌒〔 ☆←特定の¨領域{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉身体 】┏┓。    これらの がん 《複数》 は 典型的には 治療される--【・*により |*←外科手術、放射線療法】━━、又は、管理される--【・*により |*←特定的な薬物治療《複数》 】┏┓。    ¨タイプ《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←ステージ IV _乳がん 】━━ は 含む :


〔 骨転移《複数》 〕


_乳がん の¨細胞《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==拡大して在る--【・*に |*←〈その〉骨《複数》 】━━ は 呼ばれる--【・*と |*←骨転移《複数》 】┏┓。     がん は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=拡大する--【・*に |*←〈その〉骨《複数》--【・『 』の場合…|『個々の がん 細胞《複数》 が 離れる--【・*から |*←〈その〉もともとの腫瘍】━━、そして、移動する--【・*の中で |*←血液循環、又は、リンパ系--【・『 』まで…|『それらの がん 細胞 が 定着する--【・*に |*←〈一つの〉¨小さな血管{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉新しい領域 』】 』】┏┓。    〈その〉細胞 は それから 成長する--【・*へ |*←もう一つの腫瘍 】┏┓。    ¨管理{☆の}¨ ⌒〔 ☆←骨転移《複数》】━━ は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=含む--【・*を |*←〈一つの〉ビスフォスフォネート薬 】┏┓。


- ビスフォスフォネート薬《複数》 - :

ビスフォスフォネート薬《複数》_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉¨医薬品のクラス{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==減少させる--【・*を |*←骨の破壊--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆← がん 】┏┓。    _臨床試験《複数》_ は 示して在る--【・『 』ということを… |『ビスフォスフォネート薬《複数》 は ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=■_有意に減少させる--【・*を |*←¨数{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨骨折《複数》{ ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=起きる--【・*から |*←¨ がん { ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==拡大して在る--【・*に |*←〈その〉骨 】|-そして-|■_低下させる--【・*を |*←¨痛み{☆に伴う}¨ ⌒〔 ☆←¨ がん { ∬ ((を)している)}¨ ⌒〔 ∬=巻き込んでいる--【・*を |*←〈その〉骨 】 』 】┏┓。

--【・*に… |*← 2003 年 11 月】━━、〈その〉 American Society of Clinical Oncology は 推奨した--【・*を |*←¨使用{☆の}¨ ⌒〔 ☆←ビスフォスフォネート薬 Zometa®《 zoledronic acid 》、又は、Aredia®《 pamidronate 》--【・*のために |*←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←¨骨転移{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん 】┏┓。    〈その〉最適な ¨治療`実施`期間、及び、タイミング{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=投与する--【・*を |*←ビスフォスフォネート薬《複数》 】━━ は 依然として 評価されつつある--【・*に於いて |*←_臨床試験《複数》_ 】┏┓。    研究者《複数》_は ¨※¨である 【・※←期待している【・『 』ということを… |『ビスフォスフォネート薬《複数》 は ¨ ∬ ¨ことの可能性がある 【 ∬=助ける--【 ∬ (する)ことを | ∬=予防する--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←いくらかの_患者さん《複数》_| ∬=発症する--【・*を |*←骨転移 】--【・もし『 』なら…|『ビスフォスフォネート薬《複数》 が 投与される--【・*の前もって |*←骨への拡大 』】 』 】┏┓。

--【・*のためには… |*← より多くの詳細情報】━━、参照してもらいたい--【・*を |*←〈その〉「骨`合併症、と、 がん 」(*) 】┏┓。

(*)原文には、当該文書へのリンクが設定されています。

〔 _乳がん の局所領域的な再発 〕


--【 ∬ (する)ことの後に …| ∬=受ける--【・*を |*←¨外科的`治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん --【・*により |*←_乳房部_切除術、又は、_乳房部_−温存的な手術《 _ランペクトミー_ + 放射線療法 》 】━━、いくらかの_患者さん《複数》_ は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=経験する--【・*を |*←〈一つの〉局所`再発《 これ は 定義される--【・*として |*← がん の¨再発{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉以前に罹患した_乳房部_、胸壁、又は、_乳房部_上の皮膚 》 】┏┓。    〈その〉 がん は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=また、再発する--【・領域的に《 近くの_リンパ節_《複数》の巻き込み 》 】┏┓。    ¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==経験する--【・*を |*←〈一つの〉領域的`再発 】━━_は ¨※¨である 【・※← より可能性が高い--【 ∬ (する)ことの | ∬=発症する--【・*を |*←全身的な病気 】┏┓。

¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_局所_再発《複数》】━━ は ¨※¨によって異なってくる【・※←『どのように、〈その〉 がん が 最初に 治療されたのか 』】 :

--【・*にもかかわらず… |*←効果的な¨_局所_コントロール{☆による}¨ ⌒〔 ☆←_外科手術_、及び、_放射線`療法_】━━、〈その〉大部分の¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==経験する--【・*を |*←〈一つの〉_局所_再発 】━━ は 究極的には 発症する--【・*を |*←_全身的な_ がん 】┏┓。    追加の¨治療{☆による}¨ ⌒〔 ☆←_化学療法_、又は、ホルモン療法】━━ が ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=助ける--【 ∬ (する)ことを | ∬=根絶する--【・*を |*←〈その〉¨残存_がん細胞《複数》_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==究極的に もたらす--【・*を |*←〈一つの〉_全身的な_再発 】┏┓。    残念ながら、このこと は 未だ あまり評価されて在らない--【・*に於いて |*←比較`_臨床試験《複数》_ 】┏┓。

〔 ステージ IV −_病気の証拠無し`状態_ 〕


いくらかの_患者さん《複数》_ は 経験する--【・*を |*←〈一つの〉単一の¨箇所{☆の}{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ☆← がん 再発⌒〔 ¶==¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=効果的に 除去される--【・*により |*←_外科手術_、又は、_放射線`療法_ 】、《 除去して--【・*を |*←全ての¨証拠{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_再発性_ がん 》 】┏┓。    これらの_患者さん《複数》_ は その後 見なされる--【 ∬ (する)と | ∬=持つ--【・*を |*←ステージ IV である が 、_病気の証拠無し`状態_ 】┏┓。    --【・『 』であっても…|『 がん が ¨ ∬ ¨と考えられる 【 ∬=成功的に除去された--【・*により |*←_外科手術_や_放射線`療法_ 』】━━、約 80%の これらの_患者さん《複数》_ は 死亡する--【・*により |*←¨合併症《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_転移性_の病気--【・*以内に |*←治療から 4 年間 】┏┓。    このこと は 示唆する【・『 』ということを… |『その他の箇所の¨ がん { ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==¨ ∬ ¨ことができなかった 【 ∬=発見される--【・*により |*←現在`存在している検査法《複数》 】━━ が 存在していた--【・*の時点で |*←外科的`治療 』 】┏┓。    追加的な¨治療{☆による}¨ ⌒〔 ☆←¨_全身的な__化学療法_{☆に続いての}¨ ⌒〔 ☆←_外科手術_や_放射線`療法_】━━ が ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=改善する--【・*を |*←_結果状況_《複数》 】┏┓。

¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←¨ステージ IV −_病気の証拠無し`状態_{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=治療された --【・*により |*←_局所_治療、と、それに続いての doxorubicin −ベースの_化学療法_】━━ は 示されて在る--【 ∬ (する)ことが | ∬=■_ より長期的に生存する|-そして-|■_¨※¨である 【・※← がん 無しの状態 】--【・*よりも |*←〈一つの〉同様な¨グループ{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==受けなかった--【・*を |*←追加的な__全身的`治療_ 《 テーブル 6 を参照のこと 》 】┏┓。

テーブル 6 : doxorubicin −ベースの_化学療法_追加的な_全身的`治療_無し の 比較

    _化学療法__全身的`治療_無し
3年後_生存率_84%66%
3年後 _がん無し`生存率_50%11%


(記事のおおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: CancerConsultants Patients)(タイプ別)
「英文原題」=Treatment of Stage IV Breast Cancers with Specific Characteristics

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

治療改善への戦略


概観


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の おおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

¨開発{☆の}¨ ⌒〔 ☆← より_効果的_な がん_治療_《複数》】━━ は 必要とする【・『 』ということを… |『新しい、そして、革新的な_治療_《複数》 が 評価される--【・*に於いて |*← がん の _患者さん《複数》_ 』 】┏┓。    _臨床試験《複数》__は ¨※¨である 【・※←¨_研究_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==評価する--【・*を |*←¨_有効性_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←新しい_薬_《複数》、又は、_治療__戦略_《複数》 】┏┓。    将来の¨_進歩《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_転移性‐乳がん】━━ は ¨ ∬ ¨であろう 【 ∬=もたらさせる--【・*から |*←継続しての¨評価{☆の}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆←新しい_治療_《複数》⌒〔 ★←_臨床試験《複数》_ 】┏┓。    ¨参加{☆への}¨ ⌒〔 ☆←〈一件の〉_臨床試験_】━━ は ¨ ∬ ¨ことの可能性がある 【 ∬=■_提供する--【・*に |*←_患者さん《複数》_--【・*を |*←¨アクセス{☆への}¨ ⌒〔 ☆← より良好な_治療_《複数》】|-そして-|■_進める--【・*を |*←〈その〉既存の¨知識{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←この がん 】┏┓。    ¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==興味がある--【 ∬ (する)ことに | ∬=参加する--【・*に |*←〈一件の〉_臨床試験_ 】━━ は ¨ ∬ ¨べきである 【 ∬=ディスカスする--【・*を |*←¨リスク、及び、_利益_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_臨床試験《複数》_--【・*と |*←彼らの主治医 】┏┓。    ¨領域《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_活性的_な¨研究{ ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=目指す--【・*を |*← ∬ すること | ∬=改善する--【・*を |*←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_転移性‐乳がん 】━━ は 含む--【・*を |*←以下のもの】(*)

(*)mougitaro 注:これらの項目について、それぞれ、以降に詳細が記述されています。


(記事の おおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: CancerConsultants Patients)(タイプ別)
「英文原題」=Strategies to Improve Treatment

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

標的‐治療


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
*****blg↓********************

〔 上皮成長因子レセプタ《EGFR》抑制薬《複数》 〕


上皮成長因子レセプタ《 EGFR 》《複数》_は ¨※¨である 【・※←小さな蛋白質《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==見出される--【・*の上に |*←表面{☆の}¨ ⌒〔 ☆←全ての_細胞《複数》_ 】┏┓。    上皮成長因子レセプタ《 EGFR 》 は もっぱら 結合する--【・*に |*←小さな蛋白質《複数》{★と呼ばれる}{ ∬ ((を)している)}¨ ⌒〔 ∬=_血液_中を循環している 】⌒〔 ★←_成長因子_《複数》 】┏┓。    ¨¨結合`作用{☆の間の}¨ ⌒〔 ☆←上皮成長因子レセプタ《 EGFR 》、と、_成長因子_《複数》】━━ は 刺激する--【・*を |*←生物学的なプロセス{☆の内部での}{ ∬ (する)ことのための ¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_細胞__⌒∬=促進する--【・*を |*←コントロールされた_細胞_成長 】_ 】┏┓。    しかし、--【・*に於いて… |*←多くの_がん細胞《複数》_】━━、上皮成長因子レセプタ《 EGFR 》 は 非常に過剰発現している━━、又は、〈その〉¨¨上皮成長因子レセプタ《 EGFR 》の_生物学`的_プロセス{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==通常的に刺激する--【・*を |*←_細胞_成長 】━━_は ¨※¨である 【・※←恒常的に_活性化している】、《 もたらして--【・*を |*←〈その〉コントロールされない、そして、過剰な¨¨成長{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_がん細胞《複数》_ 》 】┏┓。    いくつかの¨¨_薬_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==抑制する--【・*を |*←上皮成長因子レセプタ《 EGFR 》 】━━ が 開発されて在る━━、そして、それら は 現在 評価されつつある--【・*に於いて |*←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_ 】┏┓。

Tarceva®《 erlotinib 》_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉上皮成長因子レセプタ《 EGFR 》抑制薬{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==_認可_されている--【・*のために |*←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_進行期`非小細胞`肺がん_ 】━━、そして、それ は 評価されつつある--【・*に於いて |*←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←その他の がん 《複数》--【・*を含めて |*←_進行期__乳がん_ 】┏┓。

- tipifarnib《 Zarnestra® 》 -


tipifarnib_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉_薬_{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=デザインされた --【 ∬ (する)ことのために | ∬=ブロックする--【・*を |*←〈一つの〉キー酵素{ ∬ ((を)している)}¨ ⌒〔 ∬=関与している--【・*に |*←〈一つの〉_遺伝子_的 異常{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==¨※¨である 【・※←一般的--【・*に於いて |*←多くの がん 《複数》 】┏┓。    tipifarnib は 遅くする、又は、停止させる--【・*を |*←〈その〉過度な増殖{☆の}{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ☆←_がん細胞《複数》_⌒〔 ¶==結果として起きる--【・*から |*←この_遺伝子_変異 】┏┓。    ¨¨研究者《複数》{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←英国】━━ が 見出して在る【・『 』ということを… |『 tipifarnib_は 持つ--【・*を |*←一定の 抗− がん _活性_--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_進行期__乳がん_ 』 】┏┓。

- ワクチン《複数》 -


一つの¨¨_戦略_{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=刺激する--【・*を |*←〈その〉免疫システム--【 ∬ (する)ことのために | ∬=攻撃する--【・*を |*←_がん細胞《複数》_ 】━━_は ¨※¨である 【・※←¨使用{☆の}¨ ⌒〔 ☆←ワクチン《複数》 】┏┓。    _がん細胞《複数》_ は しばしば 発現する--【・*を |*←特定の小さな蛋白質《複数》、や、炭水化物《 抗原《複数》 》¶ ところの}--【・*の上に |*←_細胞_表面⌒〔 ¶==発現されない--【・*によっては |*←健常_細胞《複数》_ 】┏┓。    ワクチン《複数》 は しばしば構成される--【・*から |*←これらの特定的な抗原《複数》、《[ これらの]抗原物質《複数》は ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=■_直接に採取される--【・*から |*←〈その〉_患者さん_の_がん細胞《複数》_、又は、その他の_患者さん_の_細胞《複数》_|-又は-|■_産生される--【・実験室で》 】┏┓。    --【・『 』の場合…|『これらの抗原《複数》 が _注射_される--【・*の中へ |*←_患者さん_の身体 』】━━、〈その〉免疫システム は 認識する--【・*を |*←それらの抗原《複数》--【・*として |*←「外来性」】━━、そして、¨ ∬ ¨であろう 【 ∬=攻撃する--【・*を |*←〈その〉_がん細胞《複数》_{ ∬ ((を)している)}¨ ⌒〔 ∬=発現している--【・*を |*←〈その〉抗原《複数》 】┏┓。    研究者《複数》 は 現在 評価しつつある--【・*を |*←さまざまな_戦略_《複数》{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=促進する--【・*を |*←〈その〉免疫応答{☆に対する}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_注射_された抗原《複数》 】、--【・*を含めて |*← ∬ すること | ∬=結合させる--【・*を |*←〈その〉_患者さん_自身の 免疫_細胞《複数》_--【・*と |*←〈その〉特定的な抗原《複数》--【・*に於いて |*←実験室--【・_注射_に先行して 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: CancerConsultants Patients)(タイプ別)
「英文原題」=Targeted Therapy

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

ホルモン療法_の_進歩


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
*****blg↓********************

研究者《複数》 は 続けている--【 ∬ (する)ことを | ∬=評価する--【・*を |*←方法《複数》{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=改善する--【・*を |*←_ホルモン療法_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_ 】--【 ∬ (する)ことにより | ∬=評価する--【・*を |*←新しい_薬_《複数》、又は、異なる¨¨方法《複数》{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=_投与_する--【・*を |*←_薬_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==既に使用されている 】┏┓。    Aromasin®、及び、Faslodex®《 fulvestrant 》 が _認可_された--【・*のために |*←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_転移性__乳がん_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==停止している--【 ∬ (する)ことを | ∬=_反応_する--【・*に |*← tamoxifen 《 しかし、--【・*としてではなく |*←_初回`治療_ 》 】┏┓。    しかし、研究 は 今や 示す【・『 』ということを… |『これらの 2 つの 抗−エストロゲン_薬_ は ¨ ∬ ¨(する)ようである 【 ∬=¨※¨である 【・※← より優れる--【・*よりも |*← tamoxifen--【・*として |*←_初回`治療_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_転移性_の病気 』 】┏┓。    _抗_ がん _奏効_《複数》_は ¨※¨であった 【・※← 3 倍 優勢--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=治療された--【・*により |*← Aromasin® 】--【・*と比較して |*←¨患者さん《複数》{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=治療された--【・*により |*← tamoxifen 《 41%17% 》 】┏┓。    ¨治療{☆による}¨ ⌒〔 ☆← Faslodex®】━━も、また、もたらした--【・*を |*← より多くの_抗_− がん _奏効_《複数》--【・*よりも |*← tamoxifen 】━━、そして、¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==受けた--【・*を |*← Faslodex® 】━━ は 経験した--【・*を |*←〈一つの〉 より_長期的_な_進行`まで`期間_ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: CancerConsultants Patients)(タイプ別)
「英文原題」=Advances in Hormonal Therapy

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

化学療法_の_進歩


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
*****blg↓********************

〔 新しい_化学療法__レジメン_《複数》 〕


評価{☆の}¨ ⌒〔 ☆←新しい_多重__薬__化学療法__レジメン_《複数》{☆を含む}¨ ⌒〔 ☆←タキサン系化学療法剤《複数》、Gemzar® 、及び、 Xeloda®《 capecitabine 》( 白金系化学療法剤を併用する場合あり )】━━ が 進展中である┏┓。

〔 _投与`集中__治療_ 〕


〈一件の〉_大規模__臨床試験_{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=実施された --【・*に於いて |*←_早期__ステージ_の_乳がん_】━━ が 示した--【・『 』ということを… |『迅速な_投与_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_単剤_ での _化学療法剤_《複数》】━━ が 低下させる--【・*を |*←_再発_例数《複数》--【・*と比較して |*←標準的な_多重__薬__多重_サイクル_化学療法_ 』 】┏┓。    医者《複数》 は 考えている【・『 』と… |『--【・*により… |*← ∬ すること | ∬=迅速に_投与_する--【・*を |*←いくつかの異なる_単剤_ での _化学療法剤_《複数》 】━━、_がん細胞《複数》_{§(の性質の)}¨ ⌒〔 §←関与している--【・*に |*← がん の_再発_ 】━━ が ¨ ∬ ¨ではなかろうか 【 ∬=破壊される--【・『 』の前に…|『それらの_細胞《複数》_ が ¨※¨となる【・※←_耐性_ 』】 』 】┏┓。

〔 _高用量__化学療法_ 、及び、 _自家`幹細胞`移植_ 〕


--【・『 』であることから…|『伝統的な用量の_化学療法_ は ¨ ∬ ¨(する)ようである 【 ∬=治癒する--【・*を |*←一定数の_患者さん《複数》_ 』】━━、いくらかの医者《複数》 は 考えている【・『 』と… |『非常に_高用量_の_化学療法___ が ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=治癒する--【・*を |*←_更に より多くの_乳がん_例《複数》 』 】┏┓。    加えるに、 より多くの_化学療法_ が 示されて在る--【 ∬ (する)ことが | ∬=殺す--【・*を |*← より多くの_がん細胞《複数》_ 】┏┓。    しかし、_高用量__化学療法_ は 殺す--【・*を |*←重要な 赤血球《複数》 、及び、 白血球《複数》】__ : __従って、 --【 ∬ (する)ことのために | ∬=戦う--【・*と |*←この_副作用_ 】━━、この_治療_ は 併用される--【・*と |*←_投与_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_患者さん_自身の_幹細胞_《複数》 】┏┓。

或る_研究_ は 示唆する【・『 』ということを… |『_高用量__化学療法_ は ¨ ∬ ¨しない 【 ∬=もたらす--【・*を |*← より悪い_結果状況_《複数》 (の否定)】━━、そして、それ は ¨ ∬ ¨ことの可能性がある 【 ∬=治癒する--【・*を |*←いくらかの_患者さん《複数》_ 』 】┏┓。    --【・*に基づき… |*←評価{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_結果状況_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←約 1,000 名の¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_】━━、研究者《複数》 は 推定する【・『 』ということを… |『¨患者さん《複数》{ ∬ ((を)した)}¨ ⌒〔 ∬=受けた--【・*を |*←_高用量__化学療法_ + _幹細胞`移植_ 】━━ は ¨ ∬ ¨という傾向がある 【 ∬=_生存_する--【・少なくとも 3 〜 5 年間 より長く--【・*の後に |*←_治療_--【・*よりも |*←¨患者さん《複数》{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=_治療_された--【・*により |*←伝統的な_用量_ 】 』 】┏┓。    〈一件の〉小規模の_研究_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==評価した--【・*を |*←_高用量__化学療法_ + _自家`幹細胞`移植_ 】━━ は 示す--【・『 』ということを… |『治癒 が ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=¨※¨である 【・※←可能--【・*により |*←このアプローチ 』 】┏┓。    --【・*の内… |*← 22 名の¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==受けた--【・*を |*←¨治療{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_転移性`乳がん_ 】】━━、14%の_患者さん《複数》_ は _生存_した--【・10 年間以上--【・*無しに |*← がん の_再発_】━━、そして、考えられた【・※であると|※←治癒された--【・*から |*←彼らの病気 】┏┓。    _高用量__化学療法_ は ¨ ∬ ¨(する)ようである 【 ∬=もたらす--【・*を |*←〈その〉最良な_結果《複数》_--【・*に於いて |*←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_最小限_の がん 】┏┓。    --【・*の内… |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==■__外科的_に 切除_してもらった--【・*を |*←彼らの_ステージ IV_の がん 】|-AND / OR-|■_照射してもらった--【 ∬ (する)ことのために | ∬=除去する--【・*を |*←明確な がん 】、と、それに続いての_高用量__化学療法_ + _自家`幹細胞`移植_ 】】━━、半数超《 55% 》の_患者さん《複数》_ が _生存_した--【・*無しに |*←_再発_の証拠 】┏┓。

その他の_研究_《複数》 は 示して在らない--【・*を |*←〈一つの〉改善--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=治療された--【・*により |*←_高用量__化学療法_ 】┏┓。    進展中の_臨床試験《複数》_ が ¨ ∬ ¨であろう 【 ∬=究極的に決める--【・*を |*←[『 』(→右記)であるか否か… |『 一定の_患者さん《複数》_ は ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=_利益_を得る--【・*から |*←この_治療__戦略_ 』(か否か)] 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: CancerConsultants Patients)(タイプ別)
「英文原題」=Advances in Chemotherapy

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

新しい_ビスフォスフォネート薬_


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
*****blg↓********************

Boniva®《 ibandronate 》_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉_ビスフォスフォネート薬_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=_投与_される--【・静脈`_注射_ 、又は、 _経口__投与_で 】┏┓。    ※の両方 |※← Zometa® 、及び、 Aredia® ━━_は ¨※¨である 【・※←_ビスフォスフォネート薬_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==¨ ∬ ¨こと だけ ができる 【 ∬= _投与_される--【・静脈`_注射_で】┏┓。    _経口__投与_ は させる--【・*を § に ||*←_治療_| § ← より便利--【・*のために |*←_患者さん《複数》_ 、及び、 医療従事者《複数》 】┏┓。    現在、Boniva® は _認可_されている--【・*のために |*←¨¨_予防_ 、及び、 _治療_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_閉経後の__骨粗鬆症_ 】┏┓。

研究者《複数》{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←欧州】━━ は 見出して在る【・『 』ということを… |『 Boniva® は ■_低下させる--【・*を |*←_骨__合併症_《複数》】、--【・*を含めて |*←骨折《複数》 、及び、 脊髄`圧迫】|-そして-|■_低下させる--【・*を |*←必要性{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_放射線`療法_ 、又は、 _外科手術_--【・*よりも |*←_プラセボ_--【・*に於いて |*←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_骨転移_{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←_乳がん_ 』 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: CancerConsultants Patients)(タイプ別)
「英文原題」=New Bisphosphonate Drugs

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他