目次

index


→トップページへ戻る


お手数ですが、もう一度下記のリンクをクリックしてください:

情報データベース(肺)のトップページへ




********************
当ファイルの目次ページへ

060305pa 視点:非小細胞肺ガンに於ける遺伝子変異と gefitinib への感受性


記事の紹介(by Medscape)


(参考資料r14 Medscape Hematology-Oncology Headlines)
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、ジャンプ先は、原資料の最初のページです)

原記事へのリンク

記事のおおまかな内容: 上記リンク先の該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

記事標題: 視点:非小細胞肺ガンに於ける遺伝子変異と gefitinib への感受性

この記事は、¨論評 ※ ¨を提供する【 ※← 2 件の、Journal of Clinical Oncology 誌 2005 年 10 月号に掲載された¨研究 ☆ ¨に関する〔 ☆←非小細胞肺ガンの患者さんに於ける gefitinib の使用 〕 】。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みくださり、内容をご確認ください 。

********************
当ファイルの目次ページへ

論文 1:日本のグループによる研究論文


(参考資料r14 Medscape Hematology-Oncology Headlines)
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、ジャンプ先は、原資料の最初のページです)

原記事へのリンク

記事のおおまかな内容: 上記リンク先の該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

論文の標題: 上皮成長因子レセプタ( EGFR )遺伝子の変異、及び、遺伝子コピー数の増加が、gefitinib に対する感受性を予言する¨(〔※〕に於いて )¨〔 ※=再発性の非小細胞肺ガンの患者さん 〕

サマリー

この研究では、※を調べた〔 ※=非小細胞肺ガンの患者さんに於ける EGFR 遺伝子変異、及び、コピー数 〕¨(〔☆〕を目的として )¨〔 ☆=これらのもので、EGFR tyrosine kinase inhibitor である gefitinib の奏効の程度を予言できるかどうかを決めること 〕。   66 名の¨患者さん ※ ¨〔 ※←非小細胞肺ガンで、手術の後に再発を経験し、gefitinib の投与を受けた 〕のうち、39 名が、EGFR 遺伝子変異を有していた。 奏効率、ガンの進行までの期間、全体的な生存率、のいずれも、¨患者さん ※ ¨のほうが¨患者さん ☆ ¨よりも有意に優れていた〔 ※← EGFR 遺伝子に変異がある 〕〔 ☆← EGFR 遺伝子が野生型である(変異がない) 〕。   同様に、増加した EGFR コピー数の場合のほうが、有意に※を伴っていた〔 ※=より高い奏効率、及び、より長いガン進行までの期間 〕。

原論文のアブストラクト
(日本の研究グループによる論文です)

コメント

¨観察 ※ ¨〔 ※← EGFR 遺伝子変異を gefitinib 投与後のより良い生存と関連づけた 〕は、¨日本人 ☆ ¨に特有なものかも知れない【 ☆←このような変異が、より頻繁にみられる¨(〔 § 〕よりも )¨〔 §=北米や欧州の人 〕 】。   北米や欧州の人に於ける最近の研究では、当該変異のみられる割合は、明確に低く( 10% 未満)、また、もっと重要なことには、そのような遺伝子変異の存在は、必ずしも※を予言しなかった〔 ※=EGFR tyrosine kinase inhibitor による治療後の、より良い生存〕。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みくださり、内容をご確認ください 。

********************
当ファイルの目次ページへ

論文 2:SWOGによる研究論文


(参考資料r14 Medscape Hematology-Oncology Headlines)
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、ジャンプ先は、原資料の最初のページです)

原記事へのリンク

記事のおおまかな内容: 上記リンク先の該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

論文の標題: 増加した上皮成長因子レセプタ遺伝子のコピー数( FISH 法で検出)は、※を伴う【 ※=¨患者さん ☆ ¨でのgefitinib への感受性の増大〔 ☆←細気管支-肺胞ガンの 〕 】:Southwest Oncology Group による研究

サマリー

この研究では、※を見出すことを目的とした〔 ※=細気管支 - 肺胞ガン( BAC )の治療のための選択方法 〕。   ( BAC は、発生頻度が高まりつつある{とくに、より若い¨女性 ※ ¨の間で〔 ※←喫煙経験がない〕})。   fluorescence in situ hybridization 法( FISH )が使用された¨(〔※〕のために )¨【 ※=¨ 81 名の患者さん ☆ ¨での EGFR、及び、HER2 遺伝子コピー数を評価すること〔 ☆←進行性の BAC で、gefitinib による治療を受けた〕 】。   生存の改善が、gefitinib による治療の後に¨患者さん ※ ¨に於いて見出された〔 ※← EGFR 遺伝子のコピー数が( FISH 法による検出の結果)増加している 〕。

原論文のアブストラクト

コメント

この¨ EGFR プロファイリング ※ ¨【 ※← BAC 腫瘍の¨標本 ☆ ¨を使用した〔 ☆← Southwest Oncology Group (SWOG) protocol 0126 による 〕 】に関する後ろ向き研究により示された¨何が? § ¨〔 §=EGFR コピー数の増加が、全体的な生存と関連づけられる 〕。   この観察は、最近の Tsao 論文で見られたことと矛盾しない。 このデータは勇気づけるものである。 何故なら、このデータは¨基準 ※ ¨を与えるものであるからである〔 ※← EGFR tyrosine kinase inhibitor による治療が有効な患者さんを選択するための 〕¨(〔☆〕に基づき )¨ 〔 ☆=比較的に明確な FISH 検査(パラフィン埋め込みの組織サンプルで実施可能) 〕。

1 件の SWOG 臨床試験( S0602 )が¨患者さん ※ ¨〔 ※←化学療法を受けたことがなく、進行性の非小細胞肺ガンで、パフォーマンスステータス 2 の 〕を対象として提案されており、当該臨床試験では、全ての患者さんは FISH 法による EGFR スクリーニングを受ける。 ¨患者さん ※ ¨〔 ※← Hirsh 法によって FISH 陽性である 〕は、その後、☆、又は、 § による治療に振り分けられるであろう〔 ☆=第 1 線 erlotinib 〕〔 §=標準的な化学療法 〕 。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みくださり、内容をご確認ください 。

********************
当ファイルの目次ページへ